2019年08月16日

夢十夜 第一夜の3-1-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-1-2





穴はしばらくして掘れた。女をその中に入れた。そうして柔らかい土を、上からそっと掛けた。掛けるたびに真珠貝の裏に月の光が差した。





Ύστερα από τις αρκετές ώρες, είχα τελειώσει το σκάψιμο. Εγώ έβαλα την γυναίκα μέσα στην τρύπα. Έτσι, την κάλυψα με το τρυφερό χώμα που έριξα απαλά από πάνω. Κάθε έριξα το χώμα, το φεγγαρόφωτο έπεσε στο εστωτερικό του όστρακου.



posted by kyotakaba at 09:40| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月15日

夢十夜 第一夜の3-1-1

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 3-1-1





 自分はそれから庭へ下りて、真珠貝で穴を掘った。真珠貝は大きな滑かな縁の鋭
どい貝であった。土をすくうたびに、貝の裏に月の光が差してきらきらした。湿った土の匂もした。 





  Εγώ, λοιπόν, κατέβηκα στον κήπο, και έσκαψα μια τρύπα με το όστρακο. Το εστωτερικό του ήταν πράσινο και ομαλό. Και είχε οξύ χείλος. Κάθε που φτυάρισα το χώμα, το φεγγαρόφωτο έπεσε στο εστωτερικό και άστραψε. Μύρισε το υγρό χώμα.




16日訂正: 
και έσκαψα μια τρύπα με όστρακο.

και έσκαψα μια τρύπα με το όστρακο.


posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月12日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」9





  Ο Γκέκας δεν ησύχασε ούτε στιγμή. Όλο φυσούσε, όλο έσκυβε και τη μύριζε, σαν να μην πίστευε πως ψόφησε. Έχει ακούσει από τους γέρους σκύλους πως η αλεπού κάνει κάποτε τον ψόφιο κι ύστερα σηκώνεται και γίνεται άφαντη. Αν θέλει και τούτη εδώ ας σηκωθεί. Μα όχι, αυτό δεν θα γίνει. Ο Γκέκας έχει κάνει σωστά τη δουλειά του.
  ≪ Μπράβο, μπράβο Γκέκα! ≫ του φωνάζπυν όλοι και τον χαϊδεύουν.
  Πηδάει μπροστά τους, τους κοιτάζει στα μάτια και είναι περήφανος όσο κανένας άλλος σκύλος.





 ゲカスは、一時も大人しくしていませんでした。ずっと、ハァハァしています、ずっと、身を乗り出していて、狐をクンクン嗅いでいたのです。まるで、狐が死んだとは信じていない様でしたよ。ゲカスは、年寄り犬から、狐は、時々、死んだふりをして、それから、立ち上がってどこかへいなくなってしまう、と聞いていたのです。狐は、今起き上がろうか知らと思っているかもしれません。でも、違います。そんなことは起こらないのです。ゲカスは、自分の仕事をちゃんとしたのです。 
 「すばらしい、すばらしいよ、ゲカス!」と皆んなはゲカスに向かって叫びました。そして、撫でたのです。 
 ゲカスは、皆んなの前で飛び跳ねました。そして、目を見開いて皆んなを見つめました。他のどんな犬よりも胸を張っているのです。  

posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月08日

夢十夜 第一夜の2-4

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-4





 自分はただ待っていると答えた。すると、黒い眸のなかに鮮に見えた自分の姿が、ぼうっと崩れて来た。静かな水が動いて写る影を乱したように、流れ出したと思ったら、女の眼がぱちりと閉じた。長い睫の間から涙が頬へ垂れた。――もう死んでいた。 





  Κι εγώ απάντησα με μια λέξη: ≪ Θα περιμένω≫. Έτσι, το είδωλο μου, που είχε την καθαρή σχήμα μέσα στην κόρη της, άρχισε να θολώσει. Όπως το νερό, που είχε μείνει ακίνητο, τρέμει ξαφικά, και χαλά το είδωλο που αντανακλούσε. Μόλις εγώ έβλεπε το νερό να τρέχει, τα μάτια της έκλεισε με κρακ. Ένα δάκρυ έσταξε στο μάγουλο της μέσα από μακρά ματόκλαδα της. Αυτή ήδη ήταν νεκρή.





posted by kyotakaba at 16:19| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月07日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」8





  Έτσι, αφού πάλεψε άδικα, έμεινε ξαπλωμένη και ακίνητη. Τα παιδιά μαζεύτηκαν γύρω της και την κοίταξαν καλά στο φως του φεγγαριού. Κοίταξαν τα μυτερά της αυτιά, το μυτερό της στόμα, τη μεγάλη της ουρά, που ήταν μακριά όσο το μισό της σώμα. Αυτό λοιπόν είναι το αγρίμι που τρώι τους λαγούς, που τρώει τα πουλιά στις φωλιές και τις κότες στα κοτέτσια; Να το τέλος του!
  ≪ Την κακομοίρα ≫, λέει ο Δήμος. ≪ Που να το ‘ξερε πως δεν θα γυρίσει πίσω στη φωλιά της ≫.
  ≪ Ποιος της είπε να μας φάει τόσο μεγάλες κότες; ≫ είπε ο Κωστάκης.





 戦ったけど駄目でした。横たわったままで、動かないのです。子供たちは、狐の周りに集まって、月の光の下で、しっかりと見ました。尖った耳を見ました。尖った口を見ました。長い尻尾も。尻尾は体の半分ほどあるのです。さても、でもこれが、兎を食べる獣なのですか? 巣の中にいる鳥を食べる獣なのですか? それに、鶏小屋にいる鶏を食べる獣なのでしょうか? これが、その獣の最後なのです! 
 「かわいそう、巣に帰れないなんて、思いもしなかったよね。」とディモスは言いました。 
 「誰がこの狐に、ぼくたちのところでこんなに大きな鶏を食べな、と言ったのだろうね?」とコスタキスは言ったのです。  


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月06日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」7





  Ο κυρ-Στέφανος πέρασε το σκοινί από τα πίσω πόδια της αλεπούς και, καθώς την κρατούσε ο σκύλος από τον λαιμό, προσπάθησε να τη δέσει σφιχτά. Μα ο Γκέκας είχε τελειώσει τη δουλειά του. Τόσο σφιχτά την είχε πιάσει από τον λάρυγγα την αλεπού και τόσο βαθιά έμπηξε τα μεγάλα δόντια του, που την έπνιξε.
  Η αλεπού δεν μπόρεσε να ζήσει στο στόμα τέτοιου εχθρού.





 ステファノスさんは、狐の足の後ろから縄を通しました。犬がしっかりと首を抑えていましたよ。その間に、ステファノスさんは、狐をきつく縛ろうとしたのです。でも、外科巣は、もう自分の仕事は終えていたのですね。狐の喉にそれはきつく噛みついていましたから、それに、それは深く自分の大きな牙を食い込ませていたのですから、それで、狐を絞め殺したのです。 
 こんな敵の口では、狐は生きてはいけなかったのです。   





posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月05日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」6





  ≪ Το σκοινί! Ένα σκοινί γρήγορα! ≫ φωνάζει ο κυρ-Στέφανος όταν είδε στο φως του φεγγαριού πως ήταν η αλεπού. Θέλησε να τη δέσει και κρατούσε το τουφέκι του έτοιμο μήπως η αλεπού ξεφύγει.
  Τα περισσότερα παιδιά ρωτούν: ≪ Τρώει; Δαγκώνει; ≫ Και δεν πλησιάζουν. Πρώτη φορά βλέπουν αγρίμι ζωντανό.





 月明かりの下で狐がいるのを見ると、「縄、縄を一本早く!」とステファノスさんは叫びました。ステファノスさんは、狐を縛りたかったのですが、狐が逃げるかもしれないので、鉄砲は構えたままでした。 
 子供たちの多くが、「咬むの? 噛む?」と尋ねました。それで、近づきませんでした。子供達は、野生の動物を見るのが初めてだったのです。  





posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年08月01日

夢十夜 第一夜の2-3

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-3





 自分は黙って首肯いた。女は静かな調子を一段張り上げて、
「百年待っていて下さい」と思い切った声で云った。
「百年、私の墓の傍に坐って待っていて下さい。きっと逢いに来ますから」   





  Ένεψα σιωπηλός εγώ. Η γυναίκα μεγαλώσε την φωνή της. Και η φωνή έγινε δυνατή με μονή μια κλίμακα από την απαλή φωνή, ομώς έχει την στερότητα. Αυτή τολμήσε να πει : ≪ Εκαχό χρόνια, μου περιμείνετε ≫. Η φωνή έδειχνε την απόφαση της, ≪ Εκατό χρόνια, μου περιμείνετε καθισμένος δίπλα στην ταφόπλακα. Εγώ θα σε ξαναβλέπω ασφαλώς ≫.





posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月28日

Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης

 『 Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης 』
Φωτεινή Ζαμουζαρίδου - Νάκκα
Εμπειρία Εκδοτική 2015年刊 

.:BiblioNet : Διηγήματα από τη νησί της Άρτεμης / Ζαμουζαρίδου - Νάκκα, Φωτεινή 


 レロス島を舞台にした短編小説集。
posted by kyotakaba at 21:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月25日

夢十夜 第一夜の2-2

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-2





 自分は、いつ逢いに来るかねと聞いた。
「日が出るでしょう。それから日が沈むでしょう。それからまた出るでしょう、そうしてまた沈むでしょう。――赤い日が東から西へ、東から西へと落ちて行くうちに、――あなた、待っていられますか」   





  Κι εγώ την ζήτησα να μάθω πότε θα έρθει να με δει.
  ≪ Ο ήλιος ανατέλλει. Και αυτός ήλιος δύει. Τότε αντέλλει ξανά. Και δύει ξανά. Ο κόκκινος ήλιος πετά από ανατολιό ορίζοντα. Έτσι πέφτει στο δυτικό ορίζοντα. ΑΠό ανατολικό, στο δυτικό. Πάλι, πάλι. Εσύ, κατά την διάρκεια, μπορείς να με περιμείνεις; ≫



posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月24日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」5





  Ο Γκέκας την πρόφτασε και την άρπαξε από τον λαιμό. Δεν θα την αφήσει! Η αλεπού φωνάζει, δέρνεται, θέλει να δαγκώσει. Σφίγγει τα δόντια του επάνω της και μουγκρίζει ο Γκέκας. Φωνάζουν οι κότες από το κοτέτσι, τρέχει ο κυρ-Στέφανος έξω με το τουφέκι. Ξυπνάει ο Αντρέας, ο Δήμος, ο Κωστάκης. Ξυπνούν όλοι.





 ゲカスは狐に追いつきました。すると、首に噛みついたのです。もう放さないでしょう! 狐は叫びます、激しく動いて嘆きます、噛みつこうとします。ゲカスは牙を狐にきつく押し当てます、そして、唸るのです。雌鶏たちは、鳥かごから鳴き立てます。ステファノスさんが鉄砲を持って外に飛び出して来ましたよ。アンドレアスが起きました、ディモスが起きました、コスタキスが起きました。みんなが起きたのです。   





posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月23日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」4





  Ήταν η αλεπού! Είχε αρπάξει στα δόντια της μια κότα κι έτρεχε. Όταν η αλεπού άκουσε θόρυβο, υποψιάστηκε πως είναι σκύλος. Τότε άφησε την κότα κι έτρεξε περισσότερο.
  Έπρεπε ένας σκύλος να είναι καλός στο τρέξιμο και να βάλει όλα τα δυνατά του για να μπορέσει να τη φτάσει. Τόσο πολύ τρέχει μια αλεπού. Όταν όμως η αλεπού έκανε λίγα πηδήματα, μετάνιωσε και γύρισε ξαφνικά πίσω για να πάρει την κότα. Γιατί τη βρήκε πολύ παχιά.
  Έτσι την έπαθε.





 それは狐でした! 牙で一羽の雌鶏に噛み付いて、逃げたのです。狐は物音を聞くと、犬ではないか知らと、勘ぐったのです。それで、雌鶏をそのままにして、ものすごく慌てて逃げたのです。 
 犬というのは、走るのが上手いに決まっているのです。狐に追いつける様に全力を出せるはずなのです。狐は必死で走っています。でも、狐は、ちょっと飛び出した後、考え直したのです。そして、雌鶏を取ろうと引き返したのです。とっても太っているのを見てたからなのです。 
 そうして、狐はひどい目に会ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月22日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」3





  Ο καημένος ο Γκέκας πολύ στενοχωριέται.
  ≪ Να μπορούσα ≫, συλλογίζεται, ≪ να τους το πω. Θα κουνήσω αύριο την ουρά μου πολλές φορές μποροστά στον Αντρέα, στον Φάνη και στον Δημητράκη. Βέβαια θα με καταλάβουν≫
  Αυτή τη συτιγμή άκουσε κατιτί στις ακρινές καλύβες. Σήκωσε το κεφάλι κι είδε έναν ίσκιο που έφευγε βιαστικός. Τρία πηδήματα έκανε ο Γκέκας. Ποτέ δεν είχε πηδήσει τόσο μακριά στη ζωή του. Ένα κρα! Ακούστηκε και μια πνιγμένη φωνή κότας.





 かわいそうなゲカスは、すっかりしょげています。 
 じいっと考えたのです。「みんなに言えたらなあ。あした、アンドレアスの前でぼくの尻尾を何度も振ってみよう、ファニスの前で振ってみよう、それで、ディミトラキスの前で振ってみよう。きっと、みんなはぼくの言いたいことがわかるよ。」 
 ちょうどその時、小屋の一番端で何か鳴るのが聞こえたのです。ゲカスは、頭を上げました。すると、さっと逃げて行った影が目に入ったのです。ゲカスは、三度飛び跳ねたのです。今まで生きていて、こんなに遠くへ飛んだことはなかったのです。カー! 雌鶏の絞められた声が聞こえました。  

posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

夢十夜 第一夜の2-1

Νατσούμε Σοζέκι Δέκα όνειρα
πρώτο όνειρο 2-1

 しばらくして、女がまたこう云った。
「死んだら、埋めて下さい。大きな真珠貝で穴を掘って。そうして天から落ちて来る星の破片を墓標に置いて下さい。そうして墓の傍に待っていて下さい。また逢いに来ますから」





  Ύστερα από αρκετές ώρες, η γυναίκα ξανάρχισε να πει : ≪ Μετά θα πεθάνω, με θάβετε. Σκάβετε μια τρύπα, χρησιμοποιώντας ένα μεγάλο όστρακο που γεννάει το μαργαριτάρι. Έτσι, θέστε ένα θρύψαλο για την ταφόολακα, που ένα αστέρι έπεσε από τον ουρανό και έσπασε. Και με περιμένετε δίπλα στην ταφόπλακα. Εγώ θα σε ξαναβλέπω ≫.






Νατσούμε Σοζέκι Ten Nights of Dreams Δέκα όνειρα
posted by kyotakaba at 15:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月17日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」2





  ≪ Προχτές ο μπάρμπας μου ο Μούργος κι ο άλλος μπάρμπας μου ο Πιστός κι ο παππούς μου ο Κίτσος κυνήγησαν έναν λύκο… Εγώ τι κάνω εδώ; Μόνο παίζω με τα παιδιά. Και καμιά φορά γαυγίζω. Μα εγώ είμαι μεγάλος σκύλος τώρα. Κι ένας σκύλος που μεγάλωσε δεν πρέπει να τρώει το ψωμί και τα κόκαλα άδικα, όπως εγώ. Τα παιδιά δεν έχουν κοπάδια να φυλάξω ούτε άλλη δουλειά μου δίνουν. Δεν έχω κάνει τίποτα! ≫





 「おととい、ぼくのムウルゴスおじさんと、もう一人のおじさん、ピストスおじさんは、それに、おとうさん、キッツォスは、一頭の狼を追いかけて…、で、ぼくはここで何をする? みんなと遊ぶだけ。で、時々、吠える。でも、ぼくは、もう、大人の犬だよ。大人になった犬と言うものは、パンや骨を無駄に食べちゃいけないよ、ぼくみたいには。子供のみんなは、守る羊の群れも持ってないし、他の仕事をぼくにくれないし。ぼくはなにもしてない!」  





posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月16日

76. Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十六章「ゲカスは、しなくてはいけないことはなんでもした」1



Ο Γκέκας έκανε ό,τι έπρεπε




  Ο Γκέκας περίμενε να ξαναγίνει ο γάμος της Αφρόδως και την άλλη μέρα. Είχε ροκανίσει τόσα κόκαλα την Κυριακή!
  Πήγε στις βλάχικες καλύβες και τη Δευτέρα και την Τρίτη και την Τετάρτη. Είδε όμως πως ο γάμος δεν γίνεται κάθε μέρα. Άμα γύρισε στις καλύβες των παιδιών τη νύχτα, έλαμπε στον ουρανό το στρογγυλό φεγγάρι. Ο Γκέκας δεν γαύγιζε το φεγγάρι, καθώς συνήθιζε, γιατί είχε το βράδυ εκείνο πολλά στον νου του. Κάθισε απέξω από τις καλύβες, με το κεφάλι κοντά στην ουρά του, και συλλογιζόταν.





 次の日には、ゲカスは、もう一度アフロドウの結婚式が始まるのを待っていました。ゲカスは、日曜日には、それはたくさんの骨をかじっていたのです! 
 月曜日になって、ゲカスは羊飼いの小屋に行ってみました。火曜日にも、水曜日にも行ってみたのです。けれども、結婚式は毎日はないと言うことが分かったのです。夜、子供たちの小屋に帰る時には、丸い月が空に輝いていました。ゲカスは月に吠えませんでした、いつもはそうしているのにです。夜には、多くのことが頭の中にあったからなのです。小屋の外に座って、頭を尻尾の側にくっ付けて、じっと考えていたのです。  

posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月15日

Η έρημος

 シリアのアレッポ出身で、アルメニア系、ギリシャ在住の歌手でウード奏者のHaig Yazdjian が歌う「 Η έρημος 」。
2010年の歌? 
 作詞は、Νίκος Μωραΐτης。作曲は、Haig Yazdjian。 
Haig Yazdjian - Wikipedia

stixoi.info: Η έρημος
http://www.stixoi.info/stixoi.php?info=Lyrics&act=details&song_id=40196&hl=Έρημος

Φταίει η ερημιά
φταίει η έρημος
φταίει η τόση αμμουδιά
Που όλο αλλάζει μορφή στα βουνά

Κι όσο περπατώ
τόσο πουθενά
μόλις πλησιάζω εγώ
ό, τι αγάπησα φεύγει μακριά

νύχτα, νύχτα
πέσε νύχτα να μην βλέπω
μες στα μάτια του την ξενιτιά
νύχτα, νύχτα
κείνος που ήτανε δικός μου
έγινε του κόσμου
η ερημιά

φταίει η ερημιά
φταίει η έρημος
Που όταν φτάνω στο νερό
Δεν έχω δίψα σαν πριν να το πιω

Κι όλο περπατώ
Κι όλο στην αρχή
φταίει που μέσα μου η ψυχή
Είναι χωμάτινη, είναι από γη


荒野のせいだ、
砂漠のせいだ、 
あんまりの砂のせいだ、
山の何もかもが形を変えている。 

僕はが歩く、
どこもかしこも、
僕が好きだった場所、そこに近づけば、 
そこは遠くに行ってしまう。 

…、 


posted by kyotakaba at 22:08| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月11日

夢十夜 第一夜の1-6

 じゃ、私の顔が見えるかいと一心に聞くと、見えるかいって、そら、そこに、写ってるじゃありませんかと、にこりと笑って見せた。自分は黙って、顔を枕から離した。腕組をしながら、どうしても死ぬのかなと思った。  



  Τότε, την ρώτησα, χωρίς καμμία αμφιβολία, αν μπορέσει να αναγνωρίσει την όψη μου. Και αυτή μου γύρισε το χαμόγελα της: ≪ Να, εδώ εσύ αντανακλάσαι≫. Εγώ σώπασα. Απέσυρα το κεφάλι μου από το μαξιλάρι της. Και ζύγιζα με το νου με σταυρωμένα χέρια: ≪ Αυτή θα πεθάνε ο,τιδήποτε≫.






posted by kyotakaba at 16:02| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月10日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」10





Τα βιολιά έπαιζαν στο ξεκίνημα, τα κορίτσια τραγουδούσαν:

Πούν’ η νύφη μας,
το κορίτσι μας…
Πήγε στον μπαξέ,
στα τριντάφυλλα…


  Ο αδερφός του γαμπρού έσυρε το γκέμι από το άλογο της νύφης. Για τιμή της αυτός θα πάει όλο τον δρόμο πεζός. Το συμπεθερικό ξεκίνησε, ανέβηκε το ύψωμα, φεύγει για το Περιστέρι. Τώρα φαίνεται πολύ μακριά. Σε λίγο χάθηκε πίσω από το βουνό.
  Αφρόδω, καλή μας Αφρόδω!





 ヴァイオリンが、出発の時に、演奏されます。少女たちが歌います。 

わたしたちの花嫁が言うの、
わたしたちの女の子…
庭に行くの、 
バラの咲いてる…

 花婿の弟が、花嫁の馬の手綱を引きます。面目にかけて、彼は、道中ずっと歩くのでしょう。結婚の行列が動き始めました、丘に登ります、ペリステリに向けて出発したのです。今は、もう遠くに見えます。もうすぐ、山の後ろに見えなくなります。 
 アフロドウ、元気でね、アフロドウ!   



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月09日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」9





  Η Αφρόδω φίλησε τον Λάμπρο πολύ. Έπειτα φίλησε και τα παιδιά σαν τον Λάμπρο. Φίλησε τον Φάνη και τον Δήμο στα δυο μάγουλα, φίλησε τον Αντρέα, τον Φουντούλη και τον Κωστάκη. Δάκρυσε ο Φουντούλης. Δάκρυσε ο Φάνης.





 アフロドウは、ラブロスにキスしました、たくさんです。それから、みんなにも、ラブラスにと同じ様にキスしたのです。ファニスにキスしました。ディミトラキスには両頬にキスしました。アンドレアスに、フォンドゥリスに、コスタキスにキスしました。フォンドゥリスは泣きました。ファニスも泣きました。 



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月08日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」8





  Το πρωί φόρτωσαν τα προικιά.
  Η νύφη προχώρησε για ν’ ανεβεί στο στολισμένο της άλογο. Τα μάγουλά της ρόδιζαν όπως οι ράχες από τον ήλιο που πρόβαλε εκείνη τη στιγμή. Όταν χαιρέτησε τη μητέρα της, τον αδερφό της, τους δικούς της, έκλαιγαν όλα τα γεροθανασαίικα. Τα δάκρυα έτρεχαν νερό. Να τα δυο ποτάμια που είχε δει η Αφρόδω στ’ όνειρό της!





 朝、皆んなは、嫁入り道具を積み込みました。 
 花嫁は、前へ進んで、飾り付けられた馬に上がりました。アフロドウの両頬は薔薇色になりました。その時姿を現した太陽で、薔薇色になった尾根尾根と同じでした。自分の母、妹たち、家の者たちにに挨拶をすると、ゲロサナサイカはみんな泣いたのです。涙が流れ落ちました。ああ、アフロドウが夢で見た二本の川がそれなのでした。  




posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月04日

夢十夜 第一夜の1-5-2

すると女は黒い眼を眠そうに睜たまま、やっぱり静かな声で、でも、死ぬんですもの、仕方がないわと云った。





Τότε η γυναίκα, κρατώντας τα μαυρλές κόρες της ανοιγομένα μεγάλα κατά της νύστας, είπε με απαλή φωνή : ≪ Το λες. Αλλά εγώ θα πεθάνω τώρα και δεν έχω άλλη επιλογή ≫. .





posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月03日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7






Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.






 すると今度は、花婿の両親が歌います: 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを受け入れて下さい、 
出て来て受け入れて下さい、 
きれいに歩くウズラを受け入れて下さい。  

ウズラを見て下さい、見て下さい、 
太陽か、月かに見間違うでしょう。 
ウズラが歩く様を見て下さい、
剣を持った天使の様。 

あなたらが捕まえようと近づくと、 
太陽か、月の様に見えるでしょう。 

出て来て下さい、奥さん、お姑さん、 
出て来て、ウズラを鳥かごに入れて下さい、 
きれいにさえずる小鳥の様に。  







 この歌の歌詞の訳は、見当です。 

posted by kyotakaba at 14:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

75. Ο γάμος της Αφρόδως 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」7


まるで分かりません。 


Και οι συμπέθεροι πάλι του γαμπρού τραγούδησαν:

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να δεχτείς την πέρδικα,
για να δεχτείς την πέρδικα
που περπατεί λεβέντικα.

Για ιδέστε την, για ιδέστε την,
ήλιο, φεγγάρι πέστε την.
Για ιδέστε την πως περπατεί,
σαν άγγελος με το σπαθί.

Αυτού που ζύγωσες να μπεις,
ήλιος, φεγγάρι θα φανείς.

Έβγα, κυρά και πεθερά,
για να τη βάλεις στο κλουβί,
σαν το πουλί να κελαηδεί.



Google翻訳: 
そして、新郎の新郎は再び歌いました:

私は行った、女性と義母、
ヤマウズラを受け入れる
ヤマウズラを受け入れる
誰が寛大に歩きます。

彼女に会うために、彼女のために、
太陽、月は彼女に言う。
彼の歩き方を見ると
剣を持った天使のように。

あなたが入ってきたのは
太陽、月が現れるでしょう。

私は行った、女性と義母、
ケージに入れる
歌う鳥のように。 


Bing 翻訳: 
そして、新郎は再び歌いました:

EVGA、愛人と義母、
パートリッジを受け入れるには
パートリッジを受け入れるには
レヴェンティカを歩く者

ほとんどの場合、
太陽よ、月が言うんだ
彼女の歩き方に関しては
剣を持った天使のように

体重の重い男
太陽、ムーンが登場します。

EVGA、愛人と義母、
檻に入れるには
まるで鳥が見えるかのように。


posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月02日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」6





  Ο παπάς, καθώς άκουγε πως ο Γεροθανάσης ήθελε να ξανανιώσει, τον κοίταζε και χαμογελούσε.
  Ύστερα οι συμπέθεροι της νύφης τραγούδησαν τούτο το τραγούδι:

Πουλάκι κλαίει στον ποταμό,
κι εγώ έτυχε και διάβαινα.
Εστάθηκα και το ρωτώ:
≪ Τι έχεις και κλαις, πολάκι μου; ≫
≪ Εχτές ήμουν στη μάνα μου,
Κι απόψε στο πεθερικό ≫.






 司祭は、聴きながらゲロサナシスさんはどれだけ若返りたいのだろうと思い、彼を見つめて微笑んだのです。 
 それから、花嫁の両親がこの様な歌を歌いました: 

小鳥が川で泣いてます、 
そこに、わたしは、たまたま通りかかりました。 
それで、立ち止まって小鳥に尋ねました: 
「どうして泣いてるの? 小鳥さん」 
「きのうまで、わたしは母さんと一緒にいました、 
今晩、わたしは嫁ぎ先の身になるのです。」    


posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月01日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」5





  Έπειτα ήρθε η σειρά του Γεροθανάση να τραγουδήσει. Πάντα στους γάμους του σπιτιού του λέει το πρώτο τραγούδι ύστερα από το τροπάριο. Ο τσέλιγκας, κρατώντας το άσπρο του κεφάλι ακίνητο, είπε σιγά και σοβαρά τούτο το τραγούδι:

Ένας γέρος γέροντας,
κι ουδέ τόσο γέροντας,
εκατόν εννιά χρονών,
πότιζε το γρίβα του.
Τα βουνά τριγύριζε
και τα δέντρα κοίταζε.
≪ Σεις βουνά, ψηλά βουνά,
τώρα με την άνοιξη
δε με ξανανιώνετε
μένα και το γρίβα μου,
όπως ξανανιώνονται
και καινούρια γίνονται
τούτα τα χαμόδεντρα,
τα χιλιόχρονα κλαριά,
να γινόμουν κι εγώ νιός,
όπως ήμουν μια φορά; ≫






 それから、ゲロサナシスさんが歌う番が来ました。村の結婚式では、いつも、讃詞の後は、ゲロサナシスさんが最初に歌うことになっていました。白い頭を動かさずにいる、この牧人は、ゆっくりと真剣にこの様な歌を歌うのです: 

ひとりの年取った年寄り、 
こんなに年取ったものはいない、 
百と九歳の年寄り、 
自分の灰色の馬に水を飲ませる。 
山々が取り囲んでいる、 
樹々が見つめている。 
「山よ、高い山々よ、 
今は春だからといって、 
私を若がえらさないでお呉れ、
私と灰色の馬とを、 
春には新しくなる 
この茂みの様には、 
樹齢千年の樹々の様には、 
かつて一度はそうだった、
若者の私にしないでお呉れ、 
若返らさないでお呉れ。」   







追記: 
歌の歌詞の中の台詞の最後に、疑問符が付いているのだけれど、 
それがなぜかは分かりません。文章は、疑問文ではない様に思うのですが。 

posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月27日

夢十夜 第一夜の1-5-1

 自分は透き徹るほど深く見えるこの黒眼の色沢を眺めて、これでも死ぬのかと思った。それで、ねんごろに枕の傍へ口を付けて、死ぬんじゃなかろうね、大丈夫だろうね、とまた聞き返した。   



  Εγώ, που θαύμαζα την στιλπνές μαυρλές κόρες της, απόρησα γιατί θα πεθάνει και αυτή που είχε τις κόρες που ήταν τόσο μαυρές ώστε φαίνονταν διαφανείς. Έτσι έβαλα το στόμα μου δίπλα στο μαξιλάρι της και πάλι της ρώτησα μύχια: ≪ Δεν θα πεθάνεις; Ηρεμείς; ≫
posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月26日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」4





  Το βράδυ έστρωσαν το τραπέζι έξω από τις καλύβες. Η νύφη κάθισε στο ένα μέρος με τις συμπεθέρες μαζί και στο άλλο οι άντρες. Τα πρώτα ξαδέρφια της νύφης κι ο Λάμπρος μαζί έφερναν το φαγητό και κερνούσαν το κρασί.
  Όταν ο παπάς σήκωσε τα χέρια κι έφτιαξε το καλιμαύχι του, σώπασαν όλοι γιατί κατάλαβαν πως θα πει το τροπάριο. Και τότε ο γέρος ο παπάς από το Περιστέρι, με τα άσπρα του τα γένια, έψαλε ωραία με δυνατή φωνή τον ύμνο της Θεοτόκου.





 夜になると、みんなは小屋の外に食卓を幾つも広げました。花嫁は婚家の女性たちの一団と一緒に座りました。男たちは別の食卓に着きました。花嫁の本いとこの女の子たちとラブロスが一緒に、食事を運び、ワインを注ぎました。 
 司祭が手を上げて、カリマフィを直した時、全員が黙りました。司祭が讃詞を唱えるのが分かっていたからです。ペリステリから来た年老いた司祭は、白い髭を蓄えていましたが、力強い声で聖母の賛歌を詠唱したのです。  



posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月25日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」3





  Πήραν τον Φουντούλη. Αυτός έχει και μάνα και πατέρα και γιαγιά και παππού. Κι έχουν όλοι γερά δόντια. Έσκυψε και φόρεσε στη νύφη τα παπούτσια της κι η νύφη τον φίλησε στα κόκκινα μάγουλά του.
  Το απόγευμα έγιναν τα στεφανώματα. Ο παπάς διάβασε πολλές ευχές από ένα παλιό βιβλίο, που ήταν γεμάτο κεριά. Έψελνε ο παπάς κι ο ψάλτης και βοηθούσε κι ο Γεροθανάσης λίγο. Τα έχει ακούσει πολλές φορές ο Γεροθανάσης. Τόσες κόρες κι εγγονές πάντρεψε, που κοντεύει να τα μάθει απέξω. Επάνω στο στεφάνωμα ο νουνός έριξε στις πλάτες της νύφης και του γαμπρού ένα τριανταφυλλί μεταξωτό ύφασμα.





 みんなは、フォンドゥリスを選びました。フォンドゥリスは、母さんと父さんとおばあちゃんとおじいちゃんがいます。それで、その全員が、丈夫な歯をしているのです。フォンドゥリスは、身を屈めて花嫁に靴を履かせました。すると、花嫁は、フォンドゥリスの真っ赤なほっぺにキスをしました。 
 午後には、結婚式になりました。司祭は、一冊の古い聖書からたくさんのお祝いの言葉を読んだのです。聖書にはろうそくがいっぱいついてました。司祭が詠唱しました。聖歌隊の人が詠唱しました。それを、ゲロサナシスさんが少し手伝ったのです。ゲロサナシスさんは、これまで何度も聖歌を聴いたことがあるのです。何人もの娘と息子が結婚しているのです。ほとんど暗記しているのです。結婚式で、名付け親は、花嫁と花婿の背中に絹地のバラを投げつけたのです。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」2





  Μέσα σε μια καλύβα οι γυναίκες και τα κορίτσια στολίζουν τη νύφη. Όλη την ώρα που τη στόλιζαν, τα βιολιά έπαιζαν λυπητερό σκοπό. Άμα τελείωσαν το στόλισμα, ζήτησαν από ένα παιδί να φορέσει της νύφης το άσπρο παπούσι, που της το έφερε ο γαμπρός. Πρέπει να έχει και μάνα και πατέρα το παιδί που θα το κάνει αυτό.





 一棟の小屋の中で、女たちと少女たちが花嫁を飾っているのですよ。みんなが花嫁を飾っている間中ずっと、悲しい曲を奏でています。飾り付けが終わるとすぐに、女たちは一人の子供に、花嫁に白い靴の片方を履かせる様に頼んだのでした。その靴は、花婿が花嫁に持って来たものなのです。母さんと父さんは、この靴を履かせる子供を置いておかなければならないのです。   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

夢十夜 第一夜の1-4

大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。




Ήταν μεγαλές κόρες της με την υγρασία. Και τυλιγομένα από τα μακρά ματόκλαδα, οπού ήταν μια κατάμαυρη θάλασσα από το σκοτάδι. Και το είδωλο μου επέπλεε στο κατάμαυρο βάθος των κορών καθαρά.



追記、訂正: 
Ήταν μεγαλές κόρες με την υγρασία.

Ήταν μεγαλές κόρες της με την υγρασία.


στο κατάμαυρο βάθος της κόρης

στο κατάμαυρο βάθος των κορών
posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」1





Ο γάμος της Αφρόδως




  Έρχεται το συμπεθερικό. Έρχεται στ’ άλογα με τα κόκκινα και με τα πράσινα κιλίμια…
  Μπροστά είναι ο παπάς με τ’ άσπρα γένια. Είναι και το φλάμπουρο με μήλο κόκκινο στην κορυφή.
  Ακολουθεί ο νουνός, ο γαμπρός κι οι συμπέθεροι. Οι άντρες με την κάτασπαρη φουστανέλα, οι γυναίκες με τα φλουριά στο στήθος. Όλα τα παιδιά είναι καλεσμένα στον γάμο. Ξεκίνησαν μαζί με τον κυρ-Στέφανο και πάνε στις βλάχικες καλύβες.





アフロドウの結婚 


 結婚の行列がやって来ます。赤と青の手織り敷き布を負った馬に乗って遣って来ます、…。 
 前には、白いひげの司祭がいます。旗竿のてっぺんに赤いリンゴを付けた三角旗があります。 
 名付け親が続きます、それから花婿、そして、花婿花嫁のそれぞれの両親。そうして、真っ白なフスタネーラを履いた男たち、胸にフロリーの金貨を着けた女たちが続きます。子供たちは、みんな、結婚式に招待されているのです。子供たちは、ステファノスさんと一緒に出掛けて、羊飼いの集落へ行ったのです。  





posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

74. Η λειτουργία 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」3





  Αμέσως, άμα πήραν το αντίδωρο, ο κυρ-Στέφανος με τα παιδιά ασπάστηκαν τις εικόνες, φίλησαν το χέρι των πατέρων και ξεκίνησαν. Είχαν να κάνουν πολύ δρόμο για να γυρίσουν στις καλύβες. Έφευγαν όλα ευχαριστημένα και στον δρόμο θυμούνταν ακόμα τη λυγερή φωνή του πατέρα Αμβρόσιου.
  Από πέρα γύρισαν και είδαν άλλη μια φορά το μοναστήρι. Φαινόταν σαν άσπρο σπιτάκι μέσα σε δέντρα ήσυχα, μακριά από τον κόσμο.





 アンディードロ[ 聖体のパン ]を手に取ると直ぐに、スレファノスさんはイコンに口づけしました、子供たちもそうしました。そして、司祭たちの手に口づけしてから出発しました。小屋に帰るのには、長い道のりがあったのです。みんなはとても感謝して立ち去りました、そして、道すがらずっと、アンブロシオス司祭のしなやかな声を思い出していたのです。 
 帰ってから、もう一度、子供たちは修道院を見たのです。森の中の白い小さな家に見えました、それは世間から遠くて構われずにいるのです。   





第七十四章「奉神礼」、おわり。   


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

74. Η λειτουργία 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」2





  Όταν ύστερα μπήκε ο ήλιος η λειτουργία έγινε πιο ωραία. Ο παπα-Γαβριήλ λειτουργούσε αργά, σιγόφωνα και με τάξη. Ο πατήρ Σερμαφείμ κι ο πατήρ Αγάπιος κι ο πατήρ Δανιήλ στα στασίδια τους, κρατώντας τα μακριά κομπολόγια, έλεγαν πότε-πότε κανένα τροπάριο. Όταν ο πατήρ Αμβρόσιος έψαλε το χερουβικό, τι γλυκά που ψήλωσε τη φωνή του! Οι καλόγεροι και τα παιδιά σκύβοντας προσκυνούσαν τα άγια, που έβγαιναν αργά. Εκείνη τη στιγμή θαρρούσες πως τα εικονίσματα ακούνε χαρούμενα την ψαλμωδία. Ο Φάνης ένιωθε πως ψυχή του πετούσε μαζί με τα ελαφρά σύννεφα που έβγαιναν από το θυμιατήρι…





 それから、太陽が入って来ると、奉神礼はもっと素晴らしいものになりました。ガブリイール司祭がゆっくりと静かな声で順番に式を執り行いました。セルマフェイム司祭とアガピオス司祭とダニイル司祭が、自分たちの席で、長いコンボロイを掲げて、時々、讃詞を唱えました。アンブロシオス司祭が智天使を詠唱した時の、あの高くした声はなんて優しいことでしょう! 修道士たちと子供たちは、身を屈めて聖徒たちを拝んだのです。聖徒たちはゆっくりと出て来ました。その時、みなさんは、イコンが詠唱を聴いて喜んでいるのだと思うでしょう。ファニスは、自分の魂が、吊り香炉から出て来た軽い雲と一緒に飛んていると思ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

夢十夜 第一夜の1-3

自分も確にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。  





Επομένως, εγώ, επισής, ήμουν βέβαιος ότι αυτή ήταν κοντά στο θάνατο. Τότε, γέρνοντας επάνω από το πρόσωπο της και κοίταζα την όψη της, λοιπόν, της ρώτησα : ≪ Μπα, εσύ ετοιμάζεις να πεθάνεις τώρα; ≫ Και λέγοντας :≪ Ναι, εκτελώ ≫, άνοιξε τα μάτια της εξ’ ολόκληρου.
posted by kyotakaba at 16:21| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

74. Η λειτουργία 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」1





Η λειτουργία




  Στη λειτουργία της άλλης ημέρας, που ήταν Κυριακή, ξύπνησαν και πήγαν από τη νύχτα ακόμα. Άκουσαν τον όρθρο. Γαλάζιο φως φάνηκε την αυγή από τα παράθυρα κι έδιωξε το σκοτάδι της εκκλησίας.





 次の日の、それは日曜でしたが、奉神礼では、修道士たちは前の夜からずっと起きていたのです。オルソロス[ 朝の時課 ] が聞こえています。夜明けに、窓から青い光が見えて来て、教会の暗闇を追い出します。   




posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

73. Το απόδειπνο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」2





  Πάλι οι καλόγεροι μπήκαν στην εκκλησία, όλοι, ως κι ο πατήρ Ιωσήφ. Στο στασίδι ένας καλόγερος διάβαζε ψαλμούς ώρα πολλή…
  Η εκκλησία ήταν κατασκότεινη. Άλλο φως δεν είχαν μέσα παρά μόνο ένα κερί, εκείνο που κρατούσε ο καλόγερος για να βλέπει στο βιβλίο. Καθώς διάβαζε, τα παιδιά έβλεπαν την όψη του να φέγγει από το κερί με κόκκινο και ζωηρό φως, σαν να καίγεται.





 また、修道士たちは教会に入りました。イオシフ司祭までの全員です。席で、一人の修道士が詩篇を読みました、何時間もです…、 
 教会は真っ暗でした。一本のろうそくの他は、何の明かりもないのです。そのろうそくは、あの修道士が聖書を読むために持っているものです。修道士が本を読んでいる間、子供達は、修道士の顔がろうそくの赤い鮮やかなで照り映えているのを見たのです、まるで顔が燃えているようでした。   




第七十三章「夕食後のミサ」、おわり。   

posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

73. Το απόδειπνο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」1





Το απόδειπνο




  Το βράδυ μετά το φαγητό οι αυλόπορτες του μοναστηριού έκλεισαν με βαριά σίδερα. Μα πάλι χτύπησε η καμπάνα.
  ≪ Είναι άλλος εσπερινός αυτός ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος στα παιδιά. ≪ Είναι το απόδεινο ≫.
  ≪ Δεν το έχουμε στις δικές μας εκκλησίες ≫, είπε ο Φάνης.
  ≪ Στον κόσμο αυτά δεν γίνονται ≫, είπε ο ηγούμενος. ≪ Στα μοναστήρια όμως είναι αλλιώς κανονισμένο. Εμείς οι καλόγεροι μια δουλειά έχουμε, την προσευχή ≫.





 食事の後の夜には、修道院の庭門は、重い鉄で閉じられたのです。すると、また、鐘が鳴りました。 
 ステファノスさんが子供たちに「次の晩禱ですよ。」と言いました。「アポディプノと言います。」
 「ぼくたちの教会ではこの時間にミサはないです。」と、ファニスが言いました。 
 修道院長は、「一般にはないのです。」と言いました。「けれども、修道院には、違った規則があるのです。私たち修道士は、一つの仕事があり、祈祷があるのです。」   



posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

夢十夜 第一夜の1-2

女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。  





Η γυναίκα εστρώνε τα μακριά μαλλιά της στο μαξιλάρι, και μέσα στα μαλλιά έβαζε το ωοειδές πρόσωπο της που είχε το ασαφές περίγραμμα. Ζτο βάθος των λευκών μάγουλων της το χρώμα του ζεστού αίματος έμαπαινε αρκετά. Ταχείλια ήταν κόκκινα βεβαίως. Δεν φαίνεται να είναι κοντά στο θάνατο καθόλου. Ωστόσο, αυτή υποστήριξε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο ≫.






posted by kyotakaba at 15:53| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

72. Ο εσπερινός 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」6





  Άμα ο παπάς είπε την τελευταία ευχή, οι καλόγεροι κατέβηκαν από τα στασίδια τους, σταυροκοπήθηκαν και βγήκαν από την εκκλησία ένας-ένας. Τελευταίος έμεινε ο πατήρ Ιωσήφ κι άρχισε πάλι, τρέμοντας στα πόδια του, να προσκυνά τις εικόνες με τη σειρά τους. Αφού έκανε ώρα πολλή να τις ασπαστεί, βγήκε αργοπατώντας και κρυφολέγοντας τους ψαλμούς μέσα στα χείλη του. Από την εκκλησία τράβηξε πέρα στο περιβόλι, βρήκε την άσπρη γίδα του δεμένη στον φράχτη και της έδωσε να φάει ένα δροσερό κλαράκι. Έπειτα πήγε και κλείστηκε στο κελί του.





 司祭が最後の祝福の言葉を述べると直ぐに、修道士たちは席から降りて、胸に十字を切りました。そうして、ひとり、ひとりと、教会から出て行ったのです。最後に残っていた、イオシフ司祭も、動き始めました。足を震わせながら、順番にイコンを拝んだのです。時間をたっぷりかけてイコンに口づけした後、口の中で讃歌を唱えながらゆっくり歩いて、外に出たのです。教会から果樹園の向こうまで足を引き摺って歩きました。すると、囲いに繋がれている真っ白の山羊に気がつきました。それで、一本の瑞々しい小枝を与えて食べさせたのです。それから、また歩いて行って、自分の独居室に入ると閉め切ったのです。   






第七十二章「晩禱」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

72. Ο εσπερινός 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」5





  Ο πατήρ Αμβρόσιος, ο αγιορείτης, που είχε τη λυγερή φωνή και ήξερε την ψαλτική από τα παλιά βιβλία, έψελνε χωρίς να κουνάει καθόλου το κεφάλι ούτε το χέρι. Το έλεγε ασάλευτος, σαν κολόνα της εκκλησίας, γιατί έτσι ψέλνουν στο Άγιον Όρος. Από το αριστερό απαντούσε ο πατήρ Ιωσήφ. Μόλις ακουγόταν η φωνή του.





 アンブロシオス司祭は、アトス山の修道士なのですが、しなやかな声をしていて、古い本で詩篇を覚えていたのですが、頭も手も揺らすことなく詠唱したのです。司祭は詩篇を全く動かずに語ったのです、その様子はまるで教会の柱の様でした。それは、アトス山ではその様に詠唱していたからなのです。左側から、イオシフ司祭が応えました。アンブロシオス司祭の声が聞こえたら直ぐになのです。   






posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

72. Ο εσπερινός 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」4





  Έμπαινε στην εκκλησία κάθε τόσο ένας καλόγερος πολύ σιγά, σαν να ήταν μια σκιά, και πήγαινε σ’ ένα στασίδι. Εκεί πια στεκόταν ακίνητος, σαλεύοντας μόνο κάποτε το χέρι για να σταυροκοπηθεί.





 教会には、修道士が一人ずつとてもゆっくりと入って来ます、まるで影の様です、そして、席へと歩いたのです。それから、そこに、動かずにずっと立っていました、ただ、たまに、十字を切るのに手が揺れるだけでした。   





posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

夢十夜 第一夜の1-1

 αで撰集抄の現代ギリシャ語訳をしていたのだけど、( と言っても、内容を簡単にして、 ) 今度は、夏目漱石の『夢十夜』を現代ギリシャ語に訳してみようかと思って。 

第一夜の1-1: 

 こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。



  Είχα ένα όνειρο, το εξής:
  Καθόμουν με σταυρωμένα χέρια. Βρισκόμουν πέρα από το κεφάλι της μιάς γυναίκας. Η γυναίκα πλάγιαζε ανάσκελα. Έτσι, αυτή είπε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο. ≫





posted by kyotakaba at 16:39| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

72. Ο εσπερινός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」3





  Ο πατήρ Γαβριήλ, ο λειτουργός, άνοιξε ελαφρά τη δεξιά πόρτα του ιερού, που είχε ζωγραφισμένο τον αρχάγγελο με το αστραφτερό σπαθί και μπήκε μέσα. Φόρεσε το πετραχήλι του και είπε : ≪ Ευλογητός ο Θεός ημών πάντοτε, νυν και αεί και εις τους αιώνας των αιώνων ≫.
  Τότε άρχισε ο εσπερινός.





 ガブリイール司祭が、ミサの執行役だったのですが、至聖所の右の扉を優しく開けました。扉には、煌めいている剣を持った天使長が描かれていました。そして、司祭は入って来ました。ペトラヒーリを着ていました。そして言いいました。「我らが神は、この今も、永遠にも、幾世紀にも、讃えられている。」 
 そうして、晩祷が始まりました。 




posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

72. Ο εσπερινός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」2





  Πρώτος μπήκε μέσα ο πιο γέρος από όλους τους καλογέρους, ο πατήρ Ιωσήφ, σκύβοντας τη ράχη και τρέμοντας στα πόδια του. Με όλα τα γερατειά του πέρασε από όλες τις εικόνες και τις ασπάστηκε, τη μία κοντά στην άλλη, κατά την τάξη των αγίων, κρυφοψέλνοντας το τροπάριο του καθενός. Έπειτα σύρθηκε στο στασίδι του αριστερού ψάλτη και κάθισε με πολύν κόπο.





 最初に、修道士全員の中で一番歳をとった、背中は曲がり足が震えているイオシフ司祭が、入って来ました。全身老いた体で、全てのイコンに立ち寄りました。聖者たちの順に従って、ひとつ、その側のひとつと立ち寄ったのです。そして、聖者の讃歌を口の中で歌いながら、イコンに口づけしました。それから、左の聖歌隊の席に足を引きずって行って、大変な苦労をして座ったのです。   





posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

72. Ο εσπερινός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」1





Ο εσπερινός



  Στις έξι το δειλινό σήμανε η καμπάνα.
  Ο Φάνης μπήκε στην εκκλησία και στάθηκε σε μια γωνιά κοντά σε έναν στύλο. Εκεί ήρθαν ύστερα και τ’ άλλα παιδιά. Ο κυρ-Στέφανος ανέβηκε σ’ ένα στασίδι. Η εκκλησία ήταν σκοτεινή και είχε μια ευωδιά σαν από βάγια. Ο Φάνης έβλεπε στους τοίχους και στον θόλο παλιές ζωγραφιές αγίων. Το πρόσωπό τους ήταν μαυρισμένο από την πολυκαιρία, μα ο φωτοστέφανος που είχαν γύρω στο κεφάλι τους έλαμπε.





 夕方の六時に鐘が鳴りました。 
 ファニスは教会に入りました、そして、柱の近くの角に立ったのです。すると、そこに、他の子供たちも来ました。ステファノスさんは、信者席の一つに着きました。教会は暗くて、棕櫚の葉からする様な良い香りがしました。ファニスは、幾つもの壁に、そして丸天井に描かれている聖者たちの古い絵を見ました。聖者たちの顔は、長い年月で黒ずんでいました、でも、聖者たちの頭を取り巻いている光輪は輝いていました。   


posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

71. Στο μοναστήρι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」5





  ≪ Να που έγινες κι εσύ μια φορά ερημίτης σαν κι εμάς ≫, είπε ο πατήρ Δανιήλ στον Φάνη. Και τον χάιδεψε.
  Ο κελάρης έφερε τον δίσκο με το γλυκό και με το κρύο νερό. Κι όταν ξεκουράστηκαν τα παιδιά, βγήκαν να δουν το μοναστήρι. Γύρισαν στο περιβόλι, που το φυτεύουν και το σκαλίζουν οι καλόγεροι. Πήγαν στις συκιές κι έκοψαν γλυκά σύκα. Είδαν παραπέρα τις καρυδιές και τις βελανιδιές, είδαν και τα όρθια κυπαρίσσια, που στέκουν από εκατό χρόνια και φυλάνε το μοναστήρι.





 「すると、君は、一度は、私たちの様な隠者になったわけですね。」とダニイル司祭はファニスに言いました。そして、彼を撫でました。 
 ケラリス[ 修道院の食料庫の責任者 ] が一皿のお菓子と冷たい水を持って来たのです。そして、子供たちは疲れが取れて元気になると、外に出て修道院を見て回ったのです。果樹園を回りました。修道士たちが耕して植えた果樹園なのです。子供たちはイチジクの木のところへ行きました、イチジクを捥いだのです。向こうに、クルミの樹やクヌギの樹があるのにも気がつきました。それに、まっすぐな糸杉の樹が何本もあるのも目にしたのです。糸杉は、百年も立っているのです、そして、修道院を見守っているのです。   






第七十一章「修道院で、おわり。 

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

71. Στο μοναστήρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」4





  Και διηγήθηκε σ’ αυτόν και στους καλογέρους, που ήρθαν εκεί, το ταξίδι των παιδιών στο βουνό. Οι καλόγεροι, που σπάνια βλέπουν ανθρώπους, άκουγαν με προσοχή τις ιστορίες των παιδιών, το ανέβασμα στον Αραπόβραχο και το χάσιμο του Φάνη, σαν να άκουγαν καλό παραμύθι.





 そして、ステファノスさんは、山での子供たちの旅のことを、修道院長とそこにやってきた修道士たちに物語ったのです。滅多に人間を見ることのない修道士たちは、注意深く、子供たちについての物語りを聞きました。アラポブラホスに登ったこと、ファニスが行方不明になったこと、それらを、まるで面白いおとぎ話を聞く様に聞いていたのです。   






posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

71. Στο μοναστήρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」3





  ≪ Κοπιάστε ≫, τους είπε, ≪ στο ηγουμενείο ≫.
  Πρώτα πέρασαν από την εκκλησία να προσκυνήσουν. Ήταν παλιά η εκκλησία, ίσαμε τετρακοσίων χρόνων. Άναψαν το κερί τους, προσκύνησαν κι ύστερα ανέβηκαν στου ηγούμενου.
  ≪ Τι νέα φέρνετε από τον κόσμο; ≫ ρώτησε ο ηγούμενος.
  ≪ Από την ερημιά ερχόμαστε, πάτερ ≫, του απάντησε ο κυρ-Στέφανος.





 「修道院長室へお入りなさい。」と修道院長は子供たちに言いました。 
 子供たちは、まず、教会に立ち寄ってお祈りをしました。古い教会でした、ほぼ四百年の教会なのです。自分たちのロウソクに火を点けて、お祈りをして、それから、修道院長のところへ上がりました。 
 「下界からどんなニュースを持ってこられたかな?」と修道院長は子供たちに尋ねました。 
 「私達は、荒地から来たのです、司祭様。」とステファノスさんが答えました。   



posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

71. Στο μοναστήρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」2





  ≪ Κάποιοι μας έρχονται ≫, είπε ένας καλόγερος κι έδειξε με το χέρι του κάτι ανθρώπους που ανέβαιναν τον ανήφορο προς τον Αϊ-Λιά.
  Είναι τα παιδιά μαζί με τον κυρ-Στέφανο. Έρχονται στο μοναστήρι να προσκυνήσαν, όπως το ήθελαν από τόσον καιρό.
  Ευχαριστήθηκε ο ηγούμενος όταν έφτασαν και του είπαν πως έρχονται να λειτουργηθούν.





 「誰か何人かの人が、私たちのところへ遣って来ています。」と一人の修道士が言って、手で、アイ・リアスの方へ坂を登っている人を差しました。 
 それは、ステファノスさんと一緒の子供たちなのでした。お祈りに遣って来るところなのです。子供たちは、ずっとそうしたいと願っていたのですから。 
 子供たちが到着してミサをしに来ましたと言うと、修道院長は喜びました。  




posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする