2017年01月20日

『撰集抄』の一和僧都 4-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





すると、神が現れて言った。「思いは何で包んでも隠せない。お前は恨みを抱いて寺を出た。それは果まで行っても晴れはしない。本寺に戻って精進するんだ。」 
 千鳥の落とす涙の様な滴が一和を洗った。  





Τότε ο θεός εμφανίστηκε και είπε. ≪ Κανείς δεν μπορεί να κρύψει την προσδοκία του, την τυλίγοντας με κανένα. Εσύ έφυγες από τον ναόυ νιώθοντας την μνησικακία μέσα στην καρδιά σου. Και αν φτάνεις στην άκρη του κόσμου, η καρδιά σου θα δεν καθαρίσει. Επίστρεψε στο ναό σου, και αφιερώσου ≫.  
  Το βροχοπούλι έριξε μια σταγόνα. Αυτή ήταν σαν το δάκρο. Και η σταγόνα έλυνε αυτόν.  


おわり τέλος
posted by kyotakaba at 15:16| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月19日

Η γριά Χάρμαινα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」2  





  Από τη ζώνη της γριάς κρεμόταν ένα μικρό μπουκαλάκι που είχε μέσα λάδι.  
 ≪ Κι από που έρχεσαι, κυρούλα; ≫  
 ≪ Η χάρη της! Πήγα κι άναψα το καντήλι στην Αγία Ζώνη, στο ρημοκλήσι ≫.  
 ≪ Πού είναι αυτό; ≫  
 ≪ Εδώ που ανεβαίνουμε. Είναι γκρεμισμένο. Μα ξέρεις τι παλιό; Ήμουνα σαν εσάς μικρή και κείνο είχε γκρεμιστεί. Μα εγώ πάω κι ανάβω το καντήλι της χάρης της δυο φορές τη βδομάδα. Ξέρεις πόσον καιρό βάζω λάδι σ' αυτό το καντήλι; Τριάντα χρόνια τώρα. Έχω βλέπεις δυο ρίζες ελιές. Ναίσκε. Κι Αγία Ζώνη, παιδί μου, τους δίνει πάντα καρπό για τα λάχανά μου και για το καντήλι. Και δεν κάνει, βλέπεις, να μείνει κείνο το καντήλι δίχως λάδι. Γιατί αυτό το ρημοκλήσι είναι παλιό, από παππού και προσπάππου. Κι όσο το καντήλι του είναι αναμμένο, φοβάται να βγει ο ξορκισμένος ≫.  
 ≪ Και ποιος είναι αυτός ο ξορκισμένος; ≫  
 ≪ Η ώρα η κακή του, το ξόρκι να τον πιάσει! Αράπης είναι, μακριά από δώ. Στον Αρπόβραχο κάθεται. Ναίσκε≫.  





 老女のベルトには、小さな瓶がぶら下がっていました。中には油を入れていたのですよ。 
 「おばあさん、どこから来たのですか?」 
 「ありがたいこと! わたしはね、アヤ・ゾニイに行って、カンテラに灯を点したんだよ。祠にね。」 
 「それはどこにあるのですか?」 
 「登ったところだよ。崩れ落ちているんだけれどねえ。でも、ぼうやたちは、どれくらい古いか知ってるのかい? わたしがね、ぼうやたちと同じくらいの子供だった時にも、もう崩れ落ちていたんだよ。でも、わたしはね、週に二回ね、行って、献灯の灯をカンテラに点すんだよ。ぼうやたち、わたしが、どれくらいの年月、あのカンテラに油を注いだか分かるかい? 三十年だよ。わたしはね、オリーブの樹を二本持っているんだよ。そうよ。ぼうやたち、分かるかい、アヤ・ゾニイはね、わたしのオリーブの樹にね、いつも、実をならせてくれるんだよ。ひとつには、わたしの食べ物のために、もうひとつには、カンテラのためになんだよ。わかるかい、油がないと、カンテラは用が立たないんだ。祠は古いからね。おじいさんの そのまたおじいさんの時からなんだよ。カンテラが点っているとね、魔物が恐れて出て来ないんだ。」 
 「魔物って、誰なの?」 
 「魔物には不運な日を、魔除けが魔物をとらえますように! アラピスだよ。ここからずっと多くだよ。アラポブラホに住んでいるんだよ。そうなんだよ。」
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 3-2

  Η διαταγή εκτελέστηκε αμέσως : οι αγγελιοφόροι, με στεφάνια από λωτούς του Νείλου στο κεφάλι και στα χέρια κλαδιά φοινικιάς, διέτρεξαν έφιπποι τις κεντρικές συνοικίες της πόλης με μόνη την όψη τους αναγγέλλοντας στους πολίτες τη νίκη.





 命令は直ぐに実行されました。触れ役人たちは、ナイル河の蓮の花の冠を頭に被り、手には椰子の枝を持っていたのですが、馬に乗って、都市の中心の街区街区を走り、人々に勝利と言う点だけの告知を知らせて回ったのです。
posted by kyotakaba at 11:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

『撰集抄』の一和僧都 4-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 一和は、浜千鳥の後を追って、尾張の鳴海潟と言う所に着いた。そこにあった社で祈りを上げた。 



  Ο Ύτσιβα καταδίωξε ένα βροχοπούλι. Έτσι έφτασε το Ναρουμεί της πολιτείας Όβαρης. Το Ναρουμεί ήταν λασπότοπος. " Ναρου-μεί " σημαίνει " η θάλασσα που ηχεί ". Όπου υπήρε ένας ναός. Ο Ύτσιβα προσευχήθηκε εκεί.
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 3-1

  Όταν έφτασαν τα γράμματα, η Περσίννα ≪ να λοιπόν ≫, είπε, ≪ πώς εξηγείται το όνειρο που είδα αυτή τη νύχτα, ότι έμεινα έγκυος και αμέσως ύστερα γέννησα και ήταν το νεογέννητο μιά κόρη στον ανθό της ηλικίας της : οι πόνοι της γέννας σήμαιναν, ως φαίνεται, τους κινδύνους του πολέμου και η κόρη που γεννήθηκε τη νίκη. Πηγαίνετε λοιπόν στην πόλη να τη γεμίσετε με της χαράς τα ευαγγέλια ≫.





 手紙が届くと、ペルシナは、こう言ったのです。「まあ、この夜、わたしが見た夢は、わたしは妊娠して、直ぐに生むのだけれど、新しく生まれた子はもう花の盛りの娘になっている、と告げていたわ。産む苦しみは、戦争の危険を、産まれた娘は、勝利を意味している様に思えるわ。では、賢者の皆さん、あの都市へ行って下さい。嬉しい知らせで都市を満たして下さい。」  


posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月17日

『撰集抄』の一和僧都 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 これも運命だと納得しようとしたのだけれど、一和は、やはり、心残りがあった。それで、持経だけを持って、都を出て行った。     






  Ο Ύτσιβα προσπαθούσε να θεωρήσει ότι το θέλησε η τύχη, και να συγκατανεύσει. Αλλά αυτός λυπόταν ακόμα. Και έφυγε από την πολή κρατώντας ένα μικρό κανόνα του.
posted by kyotakaba at 16:08| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 2-2

  Και στη γυναίκα του την Περσίννα έγραφε τα εξής : ≪ Μάθε ότι νίκησα και ― πράγμα που για σένα είναι το πρώτο ― ότι είμαι στη ζωή. Στέρξε λοιπόν να ετοιμάσεις με κάθε μεγαλοπρέπεια τις ευχαριστήριες πομπές και τις θυσίες και παρακάλεσε μαζί μου τους σοφούς ― ήδη κι εγώ τους έχω στείλει μήνυμα ― να σπεύσουν μαζί με σένα έξω από την πόλη, στην ιερή γή την αφιερωμένη στους προστάτες μας θεούς, τον Ήλιο, τη Σελήνη και τον Διόνυσο ≫.





 それから、妻のペルシナには、次の様な手紙を書いたのです。「私が勝ったことを知って下さい。でも、貴女にとって一番のことはこちらですね、私が生きていることを知って下さい。それから、祝賀の行列と生贄とを、貴方が、それぞれ絢爛豪華に準備することをご承知下さい。それから、賢者たちには、私は既に伝言を送ってはいるのですが、どうか、わたしと一緒にお願いして下さい。賢者様たちには、貴女と一緒に、急いで都市から出て、神聖な土地、私たちの守護神たち、太陽神と月神とディオニソスに捧げられた土地に駆け付けて下さる様に、お願いするのです。」
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月16日

エティオピア物語 第十巻 2-1

  Στους σοφούς τους ονομαζόμενους Γυμνοσοφιστές που είναι πάρεδροι και σύμβουλοι του βασιλιά έγραφε : ≪ Στο πανσέβαστο Συνέδριο ο βασιλεύς Υδάσπης・ με εξαιρετική χαρά σας αναγγέλλω τη νίκη κατά των Περσιών όχι υπερηφανευόμενος για το κατόρθωμα ( την τύχη την αμφίρροπη σέβομαι και φοβούμαι ), αλλά συγχαίροντάς σας για την προφητεία που τώρα, όπως και πάντα, επαληθεύεται. Σας παρακαλώ λοιπόν με όλον το σεβασμό να καθαγιάσετε με την παρουσία σας ενώπιον του κοινού των Αιθιόπων τις ευχαριστήριες επινίκιες θυσίες ≫.





πανσέβαστος : Εξαιρετικά σεβαστός・


επινίκιος : ο αναφερόμενος μετά από νίκη



 そして、王の代理を務め、王に助言をする、裸形の賢者と言われる知者たちに、イダスピス王は、次の様な手紙を書いたのです。「至上に敬服する評議員の皆様へ イダスピス王。 この上ない喜びを以て、貴方樣方に、ペルシャへの勝利を報告いたします。成功したので自慢をしているのではありません。( どうなるかも分からない運命に、私は、恭順していますし、恐れても降ります。 ) けれども、今、貴方樣方の予言に対しまして、お祝いを申し上げます。予言は何時もの様に実現いたしました。それですから、全幅の敬意を以てお願いいたします。どうか、エティオピアの人々の現前にお姿を現して、この上なく喜ばしい勝利の報告の犠牲祭を行って下さい。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

λουλουδόσκονη

 ヤニス・リッツォスの詩「 Πρωινό Άστρο 」に使われていた語「 λουλουδόσκονη 」。 
手持ちの辞書では見つからない。意味も分からない。 
 ごそのものだと、λουλουδό - σκονη なのだろうけれど。花の粉。 花粉だと、γύρη と言う語があるけれど。
使われている連は、
Θέλω να σού φέρω
ένα περιβολάκι
ζωγραφισμένο με λουλουδόσκονη
πάνω στο φτερό μιάς πεταλούδας
για να σεργιανάει το γαλανό όνειρό σου.  

蝶の羽に紋様を描いているのだから、鱗粉なのだろうか。鱗粉は、鱗で、λέπι と言う語もあるけれど。 

持って来てあげよう、 
可愛いお庭をね、 
お庭って、一羽の蝶だよ、
羽の上に模様を描いてる鱗粉は、花片の様だからね、
蝶は、君の青い夢の中をふらふら飛び回るから。  

と訳して見た。 

また、μητερούλα は、乳母と言う意味ではないか。 

posted by kyotakaba at 21:35| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の一和僧都 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 ところが、一和には驚くことが起こった。当時、奈良の都には、全国から秀才が集まる学校があった。その主任講師が新しく選ばれた。一和は自分が選ばれると思っていたのだけれど、選ばれたのは別の人だったのだ。 





  Αλλά, ο Ύτσιβα έτυχε την έκπληξη. Εκείνο τον καιρό, στο Νάρα, που ήταν μητρόπολη, βρισκόταν ενα σχολείο που οι ικανοί καλόγεροι συγκεντρωνόνταν από την ολόκληρη χώρα. Και το σχολείο ανανέωσε τον κύριο λέκτορα. Ένω Ύτσιβα είχε αναμείνει ότι θα διαλεχτεί ο ίδιος, στην πραγματικότητα, ο άλλος διαλέχτηκε.
posted by kyotakaba at 15:22| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η γριά Χάρμαινα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十五章「ハルミナおばあちゃん」1  






Η γριά Χάρμαινα


  Ενώ ανέβαιναν για το Χλωρό, συνάντησαν μια γριά φορτωμένη ένα δεμάτι κλαδιά.  
  Ήταν η βάβω η Χάρμαινα, η πιο γριά που υπάρχει στο Μικρό Χωριό. Λένε πως είναι ενενήντα χρόνων, μια η ίδια δεν θυμάται πόσο είναι. Κι όμως δεν μπορεί, λέει, να ζήσει χωρίς δουλειά. Θα δουλεύει ώσπου να την πάρει ο Θεός.  
 ≪ Καλημέρα, κυρούλα ≫, της φώναξαν.  
 ≪ Η ώρα η καλή, αγγόνια μου ≫, απάντησε.  
 ≪ Είσαι καλά, κυρούλα; ≫  
 ≪ Τι καλά να είμαι 'γω, παιδιά μου! Μόνο δόξα να 'χει ο Θεός. Άχ, ας ξαποστάσω λίγο ≫.  
  Απόθεσε το μικρό της φόρτωμα στο πεζούλι κι αναστέναξε η κυρούλα η καημένη. Αναστέναξε από τον κόπο κι από τα χρόνια. Είχε βαρεθεί να ζει. Έτσι λέει. Κι όμως αν ερχόταν ένας να της πάρει και τη ζωή και το φόρτωμα δεν θα 'δινε ούτε το ένα ούτε το άλλο. Όσο κανείς στέκει στα πόδια του, είναι πάντα η ζωή καλή.






           ハルミナおばあちゃん  

 ハロロに向かって登っている途中、子供たちは、小枝の束を背負った老女に出会ったのです。 
 ハルミナばあばでした。ミクロ・ホリオで、一番の年寄りなのです。九十歳だと言われていたのですよ。でも、本人はどれくらい生きてるか覚えてないのです。それでもね、ばあばは、働かないと生きてはいけない、と言うのです。神様が、ばあばを連れて行くまで、働くのでしょうね。 
 「こんにちわ、おばあさま」と子供たちはばあばに呼び掛けました。
 「いいおひよりだね、かわいいぼうやたち」と答えました。 
 「お元気ですか? おばあさま」 
 「わたしは、とっても元気だよ、ぼうやたち。神様のおかげさまだよ。ああ、わたしは、すこし休もうかな。」 
 ばあばは、小さな荷物を石畳に降ろしました。そして、貧しいおばあさまは、溜息を吐いたのです。苦労と年で、溜息を吐いたのです。ばあばは、生きるのにもうんざりしていたのです。そうして、話し始めました。けれども、もし、誰かが、ばあばに命と荷物を持って来たとしても、命も荷物も与えはしないのです。誰でも、自分の足で生きていけば、きっと、良い人生になるのです。 
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月12日

エティオピア物語 第十巻 1-3

  πρίν φύγει, είχε στείλει δύο επίλεκτους ιππείς με τη διαταγή ν’ αλλάζουν άλογα σε κάθε κώμη ή πόλη, ώστε να φέρουν το ταχύτερο την καλή είδηση της νίκης στη Μερόη.





 王は、出発する前に、二人の精鋭の騎士を送り出していたのです。騎士には、勝利の吉報をメロイに一番の速さでもたらす様にと命令を出していました。その為には、各村、町で馬を乗換える様にと言っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月11日

『撰集抄』の一和僧都 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「一和僧都」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 昔、奈良に一和と言う人がいた。一途に仏教を学んだ人だった。研鑽の末、僧都の位まで進んだ。彼の博学な知識と深遠な智慧には、寺の僧侶たちだけでなく、世間の人々も賞讃を与えていた。  





  Τον παλιό καιρο στο Νάρα στεκόταν ενάς καλόγερος. Τον έλεγαν Ύτσιβα. Ο Ύτσιβα αφοσιωνόταν την μελέτη του. Εκέινος μάθαινε τον Βουδισμό. Με΄τα την εμβριθής μελέτη, ο Ύτσιβα προάχθηκε στην θέση του δεσπότη. Γιά την πολυμάθεια και βαθιά σοφία του, όχι μόνο οι καλόγεροι, αλλά και οι άνθρωποι του κόσμου του έδιναν τον θαυμασμό.
posted by kyotakaba at 18:18| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 1-2

  Στην αρχή λοιπόν βάδιζε συνεχώς σε παραποτάμιες περιοχές ακολουθώντας την όχθη του Νείλου・ και όταν έφτασε στους καταρράχτες, θυσίασε στον Νείλο και στους θεούς των συνόρων και, αλλάζοντας κατεύθυνση, ακολούθησε τους μεσογειακούς δρόμους ώσπου έφτασε στις Φίλες・ εκεί ξεκούρασε δύο μέρες το στρατό του και πάλι έστειλε μπροστά τους περισσότερους και μαζί έστειλε και τους αιχμαλώτους・ ο ίδιος παρέμεινε για να ενισχύσει τα τείχη της πόλης και, αφού εγκατέστησε φρουρά, ξεκίνησε κι εκείνος・





 それから、王は、最初のうちは、ナイル河の岸に沿って、ゆっくり歩いたのです。滝に着くと、ナイル河と国境の神々に生贄を捧げました。そして、進む方向を変えたのです。フィラに到着するまで、内陸の道を通ったのです。そこで、王の軍隊は、二日間、身体を休めていたのです。そして、王は、再び、軍隊のほとんどを、自分の先へ送り出したのです。それと一緒に、捕虜も送り出しました。王自身は、フィラに残ったのです。そして、都市の城壁を強化したのです。そして、護衛を置くと、王自身も出発したのです。
posted by kyotakaba at 15:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月10日

古典ギリシャ語

 慶応義塾志木高等学校が、古典ギリシャ語の非常勤講師を募集していた。普段は、大学の教授がするのだろうけれど、何かの都合で、一年間、空席になるのかも。 
 でも、驚いたのは、高校で、古典ギリシャ語の授業があると言うこと。選択科目だけれど。 

古典ギリシャ語 | 慶應義塾志木高等学校
posted by kyotakaba at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 1-1

  Αυτά λοιπόν έγιναν στη Συήνη, μιά πόλη που έφτασε στο χείλος της καταστροφής και ξαφνικά, λόγω της δίκαιης κρίσης ενός ανθρώπου, είχε μιά τόσο αίσια μεταστροφή της τύχης. Ο δε Υδάσπης, αφού έστειλε από πρίν στην Αιθιοπία το μεγαλύτερο μέρος του στρατού του, ξεκίνησε κι εκείνος ενώ Συηναίοι και Πέρσες τον κατευόδωναν με επευφημίες ώσπου απομακρύνθηκε από την πόλη.





 シイニーで起こったのは、こう言うことだったのです。都市は、破滅の瀬戸際まで行ったのです。そして、突然に、一人の人間の公正さから、とても幸運なことに、運命を変えたのです。イダスピス王と言えば、王は、自分の軍隊のほとんどを、先にエティオピアに送り返していたのです。それから、自分が出発しました。その時には、シイニーの人々とペルシャの人々は、都市から相当に離れるまで王に附いて行き、歓呼の声を上げながら見送ったのです。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

Ω

Ω, ω



文字の名前は、「オメガ」。 ωμέγα 。母音。
読み方は、オ。   





Ώ, ώ,
Ωρίσατε!
Οι ωροδείκτες ωρύονταν!
Στο ωκεανό έχει ωριμάσει το ωροσκόπιο!
Τα ώτα στο ωδείο!
Τα ωάρια μέσα στη ωδή!
Ών, ων!!
Ωχριώ.




続きを読む
posted by kyotakaba at 11:39| Comment(0) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

バシリス・パパニコラウ – ΒΑΣΙΛΗΣ ΠΑΠΑΝΙΚΟΛΑΟΥ

 Kawamasa さんの web ページで紹介されていたので。 

 ギリシャの画家バシリス・パパニコラウさんの日本語での web ページが開設されたそうなので。 

バシリス・パパニコラウ – ΒΑΣΙΛΗΣ ΠΑΠΑΝΙΚΟΛΑΟΥ
posted by kyotakaba at 10:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月06日

Οι Ζαβοπαναγήδες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」2  





  Κι αυτός δεν ήξερε τι λέει. Ωστόσο έβγαλε από τον κόρφο του μια φυλλάδα. Κι επειδή δεν ήξερε να τη διαβάσει, την κοπάνιζε μέσα στις δυο παλάμες του. Φώναζε πως αυτός εννοεί να πάει με τον νόμο.  
  Ζαβοπαναγής ήταν με τ' όνομα. Για το πείσμα του μπορούσε να χαλάσει το χωριό. Όλα τα κοινοτικά έργα τα κυνήγησε. Και όμως άμα τον λένε Ζαβοπαναγή θυμώνει και σηκώνει τη μαγκούρα του. Στο τέλος πήρε τους τέσσερις χωριανούς με το μέρος του. Από ένας έγιναν πέντε Ζαβοπαναγήδες. Όταν τους είδαν πέντε οι άλλοι χωριάτες εκείνο το πρωί θύμωσαν κι αυτοί.  
 ≪ Να πάτε στο καλό ≫, είπαν, ≪ Ζαβοπαναγήδες! Δεν σας χρειαζόμαστε, θα τον φτιάξουμε εμείς τον δρόμο. Περισσότερη είναι η γκρίνια σας από το καλό σας ≫  
  Ξεκίνησαν εφτά-οχτώ με τα εργαλεία και πήγαν στον χαλασμένο δρόμο. Μα ήταν αργά. Τα παιδιά τον είχαν διορθώσει μια μέρα πριν. Μήπως δεν ήταν δική τους ωφέλεια να το κάνουν; Κι αυτά περνούσαν από κει.  





 この男は、自分が何を言っているのかは、分からなかったのですよ。それなのに、懐から小冊子を取り出したのです。それでも、この男は、冊子を読むことも知らなかったのです。それで、両の掌で、冊子を叩いたのです。そして、自分は法に適っていると叫んだのです。 
 この男は、ひねくれパナギスと言う呼名で知られていました。この男の強情は、村を潰しかねなかったのです。共同の仕事は、すべて、この男は、撥ね付けるのです。けれども、ひねくれパナギスと呼ばれると、直ぐに、腹を立てて、へそ曲がりを見せるのです。そして、とうとう、四人の村人を味方にしました。一人から、五人のひねくれパナギスになったのです。その日の朝、他の村人は、五人を見ると、怒り出したのです。 
 村人たちは言いました。「よしいいだろう、ひねくれパナギスども! お前らは要らない。わしらが路を造ろう。お前らの好い所なんかほとんどない、お前らは愚痴ばっかりだ。」 
 そして、七、八人の村人が道具を持って出掛けて行きました。壊れた路のところへ行ったのです。でも、遅かったのです。子供たちが、一日前に、もう修繕していたのです。もしかしたら、そうすることは、子供たちの得にはならなかったのでしょうか? でも、子供たちは、そこを通って来たのですよ。   




第二十四章「ひねくれパナギスたち」、おわり
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月31日

Η Ρόζα της Σμύρνης

 『 Η Ρόζα της Σμύρνης 』。Γιώργος Κορδέλλας ヨルゴス・コルデラス監督、2016年作品。 

 小アジアでのギリシャの遺物を収集してる( 学芸員?? ) のディミトリスは、ある骨董店で、血に染まったウェディングドレスと、それに入っていた手紙を見つける。調査をする内に、それが、恋人マリアナの祖母のものだと言うことが分かる。そうして、イズミル出身の祖母の経験した悲劇が明らかになって行く。 

Cine.gr - Τανίες Η Ρόζα της Σμύρνης - Roza of Smyrna  

Roza of Smyrna (2016) - IMDb  

Facebookのページ: 
Η Ρόζα της Σμύρνης 





posted by kyotakaba at 09:33| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月29日

Φωτεινή Βελεσιώτου

 Φωτεινή Βελεσιώτου フォティニー・ベレシオートゥ。ライカの歌手。声だけを聞いたら、男性かと思ったけれど、女性。1958年、カルディツァ生まれ。 

今年、2016年に、新しいアルバム『 Η παράσταση αρχίζει ( ショーが始まる ) 』。

Η παράσταση αρχίζει : Βελεσιώτου Φωτεινή : Mygreek.fm  

YouTube にチャンネルがあって、3年前のどこかのブズキアか何かでの演奏が公開されているので: 
 

この歌は「 Νταλίκα 」。1981年に書かれた歌。Νταλίκα は、大型トレーラー。 
stixoi.info: Νταλίκα
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月28日

Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της

 『 Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της 』 
Bente Kiilerich 
出版社: Καπόν

 セサロニキのロトンダのモザイク画についての書籍。
 Bente Kiilerich は、ノルウェーの Bergen 大学の研究者。 

.:BiblioNet : Η Ροτόντα της Θεσσαλονίκης και τα ψηφιδωτά της / Kiilerich, Bente 

 言語は、ギリシャ語と英語で。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月27日

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門

 『 Logicomx 』、邦訳は、どうなったのか、知らないままだったのですが、なんと、昨年に、出版されていました。 

ロジ・コミックス: ラッセルとめぐる論理哲学入門   

松本剛史 訳  
村夏輝 監修

筑摩書房  2015年7月刊
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月23日

Άγιον Όρος

 『 Άγιον Όρος 』。
Αλέξανδρος Μωραϊτίδης   アレクサンドロス・モライティディス 

 アレクサンドロス・モライティディスは、1850年生まれ、1929年没の人。母はアレクサンドロス・パパディオマンディスの従姉妹になるらしい。 

 アトス山に旅行した時の、旅行記。 

.:BiblioNet : Άγιον Όρος / Μωραϊτίδης, Αλέξανδρος, 1850-1929
posted by kyotakaba at 09:46| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων

 『 Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων 』 
アレクサンドロス・パパディオマンディスの短編集。クリスマス、新年、神現祭の頃に関係するものを集めたものと。 

.:BiblioNet : Τα Χριστουγεννιάτικα, τα Πρωτοχρονιάτικα και των Φώτων / Παπαδιαμάντης, Αλέξανδρος, 1851-1911  

出版社は、Πατάκη 。
posted by kyotakaba at 09:41| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月22日

エティオピア物語 第九巻 27-3

  Για όλ’ αυτά, άν επιζήσω, εγγυώμαι ειλικρινή ειρήνη και αιώνια φιλία μεταξύ Αιθιόπων και Περσών και υπόσχομαι ότι θα εκτελέσω όσα προστάχτηκαν πρός χάριν των Συηναίων・ κι άν πάθω κάτι, είθε οι θεοί να ανταμείψουν τον Υδάσπη, τον οίκο και το γένος του, για όσα καλά μου έκαμε ≫.





 「こうしたすべてのことがその理由です。もし、私が生き延びることが出来たのなら、真正の平和と、エティオピアとペルシャとの間の恒久な友好を保証いたします。それに、シイニーの人々の為に、命じられたことはすべて実行することをお約束します。私の身に何かが起こった時には、王が私にして下さったすべての善行の故に、神々が、イダスピス王、それに王の家、王の一族に、報われます様に。」     






第九巻、終わり
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月21日

エティオピア物語 第九巻 27-2

  ≪ Δεν νομίζω ≫, είπε πρός τους παρευρισκόμενους, ≪ ότι παραβαίνω τα πατροπαράδοτα αναγνωρίζοντας για βασιλιά μου εκείνον που μου δωρίζει τη σατραπεία και προσκυνώντας τον πιό δίκαιο άνθρωπο του κόσμου ο οποίος, ενώ μπορούσε να με θανατώσει, μου χάρισε τη ζωή και, ενώ η μοίρα μου ήταν να γίνω σκλάβος, μου παραχώρησε τη σατραπεία.





 オロンダティスは、居合わせた人たちに向けて、こう言いました。「私は、私が伝統に背いている、とは思っていません。私に太守の地位を与えて下さったのは、この王だと、分かっているのですから。そして、だから、私は、世界で最も公正なこの方に跪拝するのです。この方こそ、私を殺すことも出来たのにです、この方こそ、私に命を給わって下さり、その上に、私の運命では奴隷になるところだったのに、王は、太守の地位を下さいました。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

エティオピア物語 第九巻 27-1

  Στα λόγια του αυτά ως τα ουράνια έφτασαν οι επευφημίες από πολίτες και στρατιώτες και τα χειροκροτήματα αντήχησαν ώς πέρα μακριά・ ο δε Οροονδάτης έτεινε τα χέρια, τα σταύρωσε κι έσκυψε να τον προσκυνήσει, πράγμα αντίθετο πρός τα ήθη των Περσών που δεν συνήθιζαν τέτοιες εκδηλώσεις λατρείας σε άλλον βασιλιά.





 王のこの言葉を受けての、都市の人々と兵士たちの歓声は、幾層もの空までも届いたのです。そして、その拍手は、ずっと遠くまで聴こえたのです。一方、オロンダティスは、両手を伸ばして、その両手を重ね合わせました。それから、身を屈めて、王を拝んだのです。実は、こうした行為は、ペルシャの儀礼には反しているのです。ペルシャの儀礼では、他の王に恭順を示すと言う、習慣はないのです。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月19日

エティオピア物語 第九巻 26-3

  Και σύ, άν επιζήσεις, διατήρησε το αξίωμα του σατράπη και στείλε μήνυμα στο βασιλιά των Περσών ότι “ ο αδελφός σου ο Υδάσπης με το στρατό μου σε νίκησε αλλά με την καλή του γνώμη σου απέδωσε όλα όσα κατείχες επιθυμώντας, άν και συ το θέλεις, τη φιλία σου, το ωραιότερο πράγμα στον κόσμο, αλλά και πρόθυμος για πόλεμο, άν εσύ τον ξαναρχίσεις. Όσο για τους Συηναίους, τους απαλλάσσω για δέκα χρόνια από τους φόρους και σου παραγγέλλω να κάμεις και συ το ίδιο ” ≫.





 「それで、貴公、貴公が生き存えたら、太守の地位はそのままにしなさい。それから、ペルシャの王へ伝言を送りなさい。この様な伝言だ。「貴方様の兄上、イダスピス王は、その軍隊で、貴方を打ち負かしました。けれども、王の立派なご意見に依れば、王は、貴方様が所有しているものは全て、貴方にお返しになると言うことです。そして、王は、貴方様がそれを望めばですが、この世界で最も素晴らしいもの、つまり、貴方様の友情をご所望なのです。ただ、王は、貴方様が戦争をまた始められるのでしたら、進んで戦争をします。シイニーの人たちについては、私は、十年の間、税を免除します。そこで、貴方にも、同じ様にする様に命じるのです。」」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月18日

エティオピア物語 第九巻 26-2

  Κι αφού άκουσε όλους τους άλλους για ό,τι είχε καθένας να ζητήσει, τέλος, ασχολήθηκε με τον Οροονδάτη που είχε προστάξει να μεταφερθεί μπροστά του με φορείο. ≪ Εγώ ≫, του είπε, ≪ εφόσον έχω επιτύχει σ’ αυτά που αποτελούσαν τις αιτίες του πολέμου κατακτώντας τις αρχικές προφάσεις της έχθρας, τις Φίλες και τα μεταλλεία των σμαραγδιών, δεν έχω πάθει αυτό που παθαίνουν οι περισσότεροι ούτε θέλω να επαυξήσω τις επιτυχίες μου από πλεονεξία ούτε και θα επιδιώξω ως νικητής να επεκτείνω επ’ άπειρον την εξουσία μου, αλλά αρκούμαι στα όρια που εξαρχής έθεσε η φύση χωρίζοντας την Αίγυπτο από την Αιθιοπία με τους καταρράκτες, Ώστε, αφού κατέκτησα εκείνα για τα οποία εξεστράτευσα, επιστρέφω στην πατρίδα μου σεβόμενος το δίκιο.





 そして、王は、他の捕虜たち、その全員が、最後に、オロンダティスのお世話をしたいと願っている、と聞いたので、王の前に、オロンダティスを担架で運んで来る様に命じていたのでした。王は、オロンダティスに言いました。「当初の敵意の口実だった、フィラの都市、エメラルドの鉱山を獲得し、戦争の原因であった事どもを片付けたのだから、私は、多くの人が悩んでいることでは、悩まないのだ。私は、貪欲から自分の成功をより多くすることを望まないし、自分の支配権を無際限に拡張する為の勝利を追い求めもしないだろう。そうではなく、昔から、自然が置いた境界に、私は満足しているのだ。その境界とは、滝によって、エジプトとエティオピアを隔てている、それだ。そうして、遠征した戦いに勝利を収めたのだから、私は、公平を尊重して、故国に帰るのだ。」
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 26-2

 私は、あまりに馬鹿で無能だから、この文章が、まるで理解出来ない。これ以上読むのは無駄だから、もう止める。このブログも削除する。 

Κι αφού άκουσε όλους τους άλλους για ό,τι είχε καθένας να ζητήσει, τέλος, ασχολήθηκε με τον Οροονδάτη που είχε προστάξει να μεταφερθεί μπροστά του με φορείο. ≪ Εγώ ≫, του είπε, ≪ εφόσον έχω επιτύχει σ’ αυτά που αποτελούσαν τις αιτίες του πολέμου κατακτώντας τις αρχικές προφάσεις της έχθρας, τις Φίλες και τα μεταλλεία των σμαραγδιών, δεν έχω πάθει αυτό που παθαίνουν οι περισσότεροι ούτε θέλω να επαυξήσω τις επιτυχίες μου από πλεονεξία ούτε και θα επιδιώξω ως νικητής να επεκτείνω επ’ άπειρον την εξουσία μου, αλλά αρκούμαι στα όρια που εξαρχής έθεσε η φύση χωρίζοντας την Αίγυπτο από την Αιθιοπία με τους καταρράκτες, Ώστε, αφού κατέκτησα εκείνα για τα οποία εξεστράτευσα, επιστρέφω στην πατρίδα μου σεβόμενος το δίκιο.   


Google翻訳: 
そして彼は、誰が最終的にOroondatiに対処アスクたのか、他の全てを聞いた後、担架で彼の前に移動されるように命じられました。 「私は、 "彼女は私が元の口実の憎しみをキャプチャ戦争の原因は何であったかに成功した場合、親愛なるとエメラルドの鉱山は、私が最もに何が起こるか被っていないか、私は私の成功に追加することができます」、と述べました欲からも無期限に私の力を拡張するための勝者として求めたが、もともと滝とエチオピアからエジプトを分離する性質によって設定された制限する内容であるので、彼は運動をするためにそれらのを征服した、私は私の故郷に戻ってきます権利を尊重します。


World Lingo 翻訳: 
そしてそれの後でそれによってが運ばれた前部伸張器との彼のであるprostaxeiがあったこと各自を取扱った、最終的に、それを頼んでもらったものがのためのOroondatiを他のすべての聞いた。 「私は」彼に、ほとんどのどちらもほしいと思う私が高めたり私の成功を私がexestrateysa私を征服した後、権利を尊重している私が私の故国で戻す何を初めから滝が付いているエチオピアからエジプトを分ける性質を置いた限界で満足する苦しまないがものが私の力を不明確に拡張するようにどちらも勝利者として努めない貪欲貪欲から憎悪心の最初の口実、エメラルドの友人および鉱山を征服する戦争の原因を構成したものがで私が苦しまなかったら達成したら、「言った。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月17日

エティオピア物語 第九巻 26-1

  Έτσι μίλησε και άρχισε να επιθεωρεί και να εξετάζει τους άλλους αιχμαλώτους που περνούσαν από μπροστά του : άλλους απ’ αυτούς χάριζε ( αυτούς που εξαρχής είχαν την τύχη να είναι δούλοι ) και κείνους που ήταν από καλή γενιά, τους άφηνε ελεύθερους. Κατά μέρος έβαλε δέκα νέους και άλλες τόσες κόρες που ξεχώριζαν για τα νιάτα και την ομορφιά τους και πρόσταξε να οδηγηθούν μαζί με τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια για ίδια μ’ εκείνους χρήση.





 王はこう話すと、他の捕虜たちを検分し、検査し始めました。捕虜たちは、王の前を通り過ぎたのです。王は、その捕虜たちからある者たちを引き離しました。その者たちは、良い家柄だったので、自由なままにさせたのです。( 他の捕虜たちについては、初めから、奴隷になる運命だったのです。 ) 十人の若者と、同じ人数程の、その若さと美しさで抜きん出ている娘を、王は脇に出したのです。そして、同じあの目的な為に、テアゲニスとハリクレアと一緒に連れて行く様に、命じたのです。
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月16日

エティオピア物語 第九巻 25-5

  Αλλά ποιός είναι αυτός εδώ στο πλάι τους που μοιάζει με ευνούχο; ≫ ≪ Και πράγματι είναι ευνούχος ≫, απάντησε ένας από τους υπηρέτες, ≪ Βαγώας το όνομα, το πιό πολύτιμο αγαθό του Οροονδάτη ≫. ≪ Άς πάει μαζί τους κι αυτός ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ όχι ως ιερό σφάγιο, αλλά ως φύλακας του ενός από τα σφάγια, αυτής εδώ της κόρης, που είναι τόσο όμορφη, ώστε χρειάζεται προσεκτική φροντίδα άν θέλουμε να διαφυλαχτεί αγνή ώς την ώρα της θυσίας. Εκ φύσεως οι ευνούχοι είναι ζηλότυποι・ τις απολαύσεις που έχουν οι ίδιοι στερηθεί είναι ταγμένοι να εμποδίζουν και στους άλλους ≫.




 「ところで、側にいる、宦官の様な男は誰なのだ?」 召使いの一人が答えました。「実際に、宦官です。名前は、バゴアスです。オロンダティスの一番に価値のある財産です。」 イダスピス王はこう言いました。「その男も一緒に行かせよう。神聖な生贄としてではない。生贄の男の方を見張る役だ。娘の護衛だ。娘は大層に美しい、それだから、細心の配慮が必要なのだ。私たちは、犠牲祭の時まで、娘の純潔を保ちたいのだから。素より、宦官は嫉妬深いものだ。自分たちが奪われている楽しみにのことでは、神掛けて、他人の邪魔をするものなのだ。」
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月15日

エティオピア物語 第九巻 25-4

  Και η Χαρίκλεια ≪ πλάι στους βωμούς ≫, απάντησε, ≪ πάνω στους οποίους ξέρουμε πώς θα θυσιαστούμε, θα μάθετε ποιά είμαι και ποιοί είναι οι γονείς μου ≫. ≪ Και που γής είναι αυτοί; ≫ τη ρώτησε ο Υδάσπης. ≪ Και εδώ βρίσκονται και πάντως, όταν έλθει η ώρα να θυσιαστώ, θα είναι παρόντες ≫. Και ο Υδάσπης, χαμογελώντας και πάλι, ≪τώ όντι ονειρεύεται ≫ είπε, ≪ αυτή η ονειρογέννητη θυγατέρα μου που φαντάζεται ότι οι γονείς της έχουν ως εκ θαύματος μεταφερθεί από τη μακρινή Ελλάδα στη Μερόη. Πάρτε τους λοιπόν και φροντίστε να έχουν όλη την περιποίηση και την αφθονία που αρμόζει σε σφάγια επίσημης θυσίας.



τώ όντι : εἰμί の μετοχή 、中性、単数、与格。   





 すると、ハリクレアは、こう答えました。「祭壇の側で、貴方様は、わたしが何者で、わたしの両親が何者なのかを知ることになるでしょう。その祭壇で、わたしたちが生贄になる筈ということは、わたしたち、ちゃんと知っています。」 イダスピス王はこう尋ねました。「お前の両親は、この世の者たちなのか? ここに確かに居るのか、私が生贄を捧げる時間が来た時、両親はその場に居るのか。」 それから、微笑んで、また、こう言いました。「私の夢で生まれた娘が、二人が居ることを夢見ているのか。その娘の両親は、遠いギリシャからメロイに、奇跡で送られた様に思えるぞ。この二人の若者を連れて行け。そうして、厳粛な犠牲祭の生贄に相応しい、全てに亘る気遣いと贅沢が持てる様に世話をするんだ。」
posted by kyotakaba at 22:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月14日

エティオピア物語 第九巻 25-3

  Αλλά πώς ≫, πρόσθεσε γελώντας πρός τους παρευρισκόμενος, ≪ δεν απόχτησα και γιο στο όνειρό μου, αφού ο νεαρός αυτός είναι αδελφός της κόρης και, κατά τα λεγόμενά σας, εφόσον επρόκειτο να τον δώ, έπρεπε τ’ όνειρο να μου παρουσιάσει από πρίν το είδωλό του; ≫ Στράφηκε ύστερα πρός τη Χαρίκλεια και, μιλώντας ελληνικά ( τη γλώσσα αυτή τη μελετούν με προσοχή οι Γυμνοσοφιστές και οι βασιλείς των Αιθιόπων ), ≪ και σύ, κορίτσι μου ≫, της είπε, ≪ γιατί σωπαίνεις και δεν απαντάς καθόλου στην ερώτηση; ≫





 「けれども、」と、居合わせた者たちに微笑みながら、付け加えました。「夢の中でも、私に息子は得られなかった。ところが、この若者は、この娘の兄と言うのだから、君たちの言う事に依れば、こうしてこの若者を私が見ているのであるのだから、夢は、前もって、この若者の幻を私に見せている筈なのだな? 」 それから、王は、ハリクレアの方へ向いて、ギリシャ語で話したのです。( 裸形の賢人[ インドの河畔にいる賢者 ]とエティオピアの王たちは、気を付けながら、この言葉を勉強しているのです。 ) 王は、ハリクレアにこう語りかけました。「お前、どうして、黙したままで、問いに答えないのだ?」  

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月13日

エティオピア物語 第九巻 25-2

  Και οι αξιωματούχοι είπαν ότι ήταν κάποιο πλάσμα της φαντασίας αφού η ψυχή συχνά πλάθει από πρίν ως είδωλα τα μέλλοντα. Άφησε τότε κατά μέρος το όνειρο ο Υδάσπης και ρώτησε τους δύο νέους ποιοί ήταν κι από που. Η Χαρίκλεια έμεινε σιωπηλή και απάντησε ο Θεαγένης λέγοντας ότι είναι αδελφοί και Έλληνες. Και ο Υδάσπης ≪ εύγε, Ελλάς! ≫, είπε, ≪ που είσαι μητέρα τέλειων παιδιών και, εκτός των άλλων, μας παρέχεις γνήσια και καλοσήμαδα σφάγια για τις επινίκιες θυσίες μας.



κακοσήμαδος





 高官たちは、魂は屢々前もって未来の事どもを幻として作り出して見せるので、それは想像上の人物でしょう、と言いました。それで、イダスピス王は、夢の事は脇に置いておいて、二人の若者に、彼らは何者で、何処の出かを尋ねたのです。ハリクレアは黙ったままでした。それで、テアゲニスが答えたのです。自分たちは兄と妹でギリシャ人だと言いました。すると、イダスピス王は言いました。「素晴らしい、ギリシャ! 貴女は、完璧な子供の母だ。その上に、私たちの勝利を祝う犠牲祭に、本物の好い薫りの生贄を提供してくれるのだ。」
posted by kyotakaba at 12:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月12日

エティオピア物語 第九巻 25-1

  Έτσι συνομιλώντας, είχαν ήδη φτάσει στο βασιλιά・ στο ίδιο μέρος είχε οδηγηθεί και ο Βαγώας. Και ο Υδάσπης, όταν τους είδε όρθιους μπροστά του, σηκώθηκε για λίγο από το θρόνο του και ≪ ελεήστε με θεοί ≫, είπε και ξανακάθισε συλλογισμένος. Κι όταν οι αξιωματούχοι που τον περιέβαλλαν τον ρώτησαν τί είχε πάθει, ≪ είδα στον ύπνο μου ≫, είπε, ≪ ότι απόχτησα μιά κόρη σαν κι αυτή που είχε φτάσει μεμιάς στο άνθος της ηλικίας της・ κι ενώ δεν είχα δώσει καμιά σημασία το όνειρο, μου ξανάρθε στο νού σαν είδα το κορίτσι αυτό που τόσο μοιάζει με την κόρη του ονείρου ≫.





 こうして話しながら、二人は、王の下へ着いたのです。同じ所へ、バゴアスも連れて来られていました。イダスピス王は、自分の前に直立している彼らを見ると、王座から少し腰を上げて、「神々よ、私を憐れみ下さい。」と言ったのです。そして、また腰を降ろすと、じっと考え込んだのです。すると、王を取り囲む高官たちが、何をお苦しみなのですか、と尋ねたのです。王は言いました。「私は、夢で見たのだ。私が一人の娘を得ると言う夢だ。それも、花の盛りの歳に達した娘なのだ。私は、夢に何の意味もないと思っていたのだが、それを思い出したのだ。その夢の娘にあまりにそっくりな、少女を、今、見たものだから。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月09日

Οι Ζαβοπαναγήδες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十四章「ひねくれパナギスたち」1  





Οι Ζαβοπαναγήδες



  Όταν τελείωσαν τους δρόμους τα παιδιά, πήραν τα εργαλεία και κατέβηκαν στο Μικρό Χωριό για να το δώσουν πίσω. Φτάνοντας στην πλατεία είδαν τον Ζαβοπαναγή. Είχε πάρει με τη γνώμη του άλλους τέσσερις χωριανούς. Φώναζαν κι αυτοί στον προεστό πως τον δρόμο δεν πρέπει να τον διορθώσουν οι κάτω χωριανοί, μα οι χωριανοί της απάνω συνοικίας.  
  Όλοι ≪ πρώτο μεν ≫ έλεγαν.  
  ≪ Πρώτο μεν, ο νόμος το λέει αλλιώς ≫.  
  ≪ Πρώτο μεν ≫ ( πάλι πρώτο μεν! ) ≪ αν περάσει ο δρόμος λίγο παραπάνω μας παίρνει τρεις πιθαμές κτήμα ≫.  
  ≪ Τρεις πιθαμές πέτρα ≫, είπε ο προεστός.  
  ≪ Πέτρα-ξεπέτρα είναι κτήμα μας ≫  
  ≪ Τότε ας μη σας πάρει την πέτρα, ας περάσει απέξω ≫.  
  ≪ Να περάσει απέξω; Καλά ≫, έλεγε ο Ζαβοπαναγής. ≪ Μα έλα δω: Πρώτο μεν... ο νόμος, τι λέει ο νόμος; ≫   





          ひねくれパナギスたち     

 子供たちは、路を造り終わると、道具を手に持って、ミクロ・ホリオに降りて行きました。道具を返すためです。広場に着くと、ひねくれパナギスを見たのです。パナギスは、他の四人の村人の意見を聞いて来ていたのです。彼らは、村長に怒鳴っていました。下の村の者が路を修繕しなくてはいけないなんてことはない、でなくて、上の村落の者たちが修理すべきだ、と言っていたのですよ。
 皆が言いました。「第一に、」
 「第一に、法がそうなっている、そうでないなら、」 
 「第一に、」( また、第一に、と言ってますよ。 ) 「路が自分たちの上を通れば、3ピサミを地所に取る。」
 「3ピサミ[ 長さ ]の石だ。」と、村長は言いました。 
 「石も石くれも俺らのものだ。」 
 「それなら、路がお前たちに石を持って行かない様にさせよう。外を通らせよう。」 
 「外を通るって? いいだろう。」と、ひねくれパナギスは言いました。「ま、見よう。第一に、…、法、、、法は何と言ってるんだ?」
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月08日

エティオピア物語 第九巻 24-8

  Αλλά και άν ο Υδάσπης αναγνωρίσει κάποιο απ’ αυτά, ποιός είναι εκείνος που θα τον πείσει ότι είναι η Περσίννα που μου τα έδωσε και μάλιστα ως μητέρα στην κόρη της; Άχ Θεαγένη, μόνο ένα αναντίρρητο σημάδι αναγνώρισης υπάρχει : η φύση της μητέρας, που την κάνει, αμέσως μόλις συναντήσει το παιδί της, να νιώσει ένα βαθύ συναίσθημα στοργής, μιά μυστική συμμετοχή στα βάσανά του. Άς μην παραμελήσουμε λοιπόν εκείνο που μπορεί να καταστήσει έγκυρα όλα τα άλλα αναγνωριστικά σημάδια ≫.





καθιστώ





 「けれども、もし、イダスピス王がこの印から、わたしが誰だかと分かるとすれば、この印の品をわたしに渡したのはペルシナ女王で、女王は、その娘の母である、と言うことを、王に説得出来るのは誰なのですか? ああ、テアゲニス様。ひとつだけ、反対を決して言えない、わたしが誰かを分かる印があります。母性です。母性は、子供に会えば、たちどころに、母親に、深い親子の愛情を感じさせるのです。子供の苦しみへの不思議な関係を感じさせるのです。わたしたちは、喋り過ぎないでおきましょう。そうすることが、誰だかを分からせる、他の印のすべてを信頼あるものにさせることが出来る事なのです。」
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月07日

エティオピア物語 第九巻 24-7

  ≪ Κι ομως ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ τα σημάδια αναγνώρισης που ξέρω ότι φυλάς με τόση προσοχή, θα αποδείξουν ότι δεν είμαστε ψεύτες ούτε απατεώνες ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ τα σημάδια ≫ είπε, ≪ είναι σημάδια γι’ αυτούς που τα ξέρουν και με εφοδίασαν μ’ αυτά όταν με άφησαν έκθετη, ενώ γι’ αυτούς που τα αγνοούν ή δεν είναι σε θέση να τα αναγνωρίσουν όλα, είναι τυχαία κειμήλια και περιδέραια που ίσως προσάψουν σε όποιον τα έχει υπόνοια κλοπής ή και ληστείας.




προσάψουν σε όποιον τα έχει υπόνοια κλοπής ή και ληστείας. :
προσάπτω : προσάπτω κτ σε κτ :: blame sb for sth
κτ = υπόνοια κλοπής ή και ληστείας
σε κτ = όποιον τα έχει





 テアゲニスは言いました。「けれども、見分けるための印があるではないか。僕は、君がそれをとても気を使って大切にしてるのを知っているよ。その印が、私たちが嘘つきでもないし、詐欺師でもない事を証明するに違いないよ。」 すると、ハリクレアは言いました。「印は、それらを知っている人にとっての印なのですよ。わたしを捨てた時、それらの品をわたしの身に付けさせた、そのことを知っている人にとっての印なのです。それに対して、それらの品を知らない人、あるいは、それらすべてが何かを見分ける立場にない人、その様な人々にとっては、この印は、よくある家宝と首飾りなのですよ。彼らは、たぶん、窃盗か略奪の疑いがあると言って、それらを持っている人を責めるでしょう。」
posted by kyotakaba at 14:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

エティオピア物語 第九巻 24-6

  Άν όμως, παρασυρόμενοι από τη μεγάλη μας χαρά, δηλώσουμε αμέσως ποιοί είμαστε ενώ εκείνοι που το ξέρουν και μπορούν να το βεβαιώσουν δεν είναι παρόντες, υπάρχει φόβος άθελά μας να δυσαρεστήσουμε το συνομιλητή μας και να υποστούμε τις συνέπειες της δίκαιης οργής του・ δεν αποκλείεται να θεωρήσει χλεύη ή και αλαζονεία το ότι κάποιοι αιχμάλωτοι προορισμένοι να ζήσουν ως σκλάβοι αρχίζουν να διηγούνται απίθανες ιστορίες παριστάνοντας, σαν σε κάποιο εντυπωσιακό θεατρικό τέχνασμα, τα παιδιά του βασιλιά ≫.




υφίσταμαι : υφίσταμαι τις συνέπειες
χλεύη : = χλευασμός : εμπαιγμός





 「けれども、もし、わたしたち二人が喜びのあまり我を忘れて、直ぐにも、わたしたちが何者かを明らかにしたりしたら、でも、その事を知っていて、確証してくださる方たちは、今ここに居ないのですから、不本意ですけれど、わたしたちが話す相手を不愉快にさせる恐れがあるのです。それに、王の怒りを買う恐れもあるのです。王が、わたしたちがそう言う事を、嘲り、あるいは、傲慢だと考えることはないとは言えないのです。奴隷として生きる事になっている捕虜の人たちが、派手な演劇の遣り方で、王の子供の振りをして、嘘の作り話しを言い始めた、と考えるでしょう。」
posted by kyotakaba at 11:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月05日

エティオピア物語 第九巻 24-5

  ≪ Άν όμως προλάβουν να μας θυσιάσουν ≫ είπε ο Θεαγένης, ≪ ή και να μας δωρίσουν ως σκλάβους ματαιώνοντας την άφιξή μας στην Αιθιοπία; ≫ ≪ Εντελώς το αντίθετο θα συμβεί ≫ είπε η Χαρίκλεια. ≪ Συχνά έχεις ακούσει από τους φρουρούς ότι τρεφόμαστε ως ιερά σφάγια με σκοπό να θυσιαστούμε στους θεούς της Μερόης・ ώστε κανένας φόβος δεν υπάρχει να μας δωρίσουν ή να μας σκοτώσουν προηγουμένως εφόσον είμαστε αφιερωμένοι στους θεούς με υπόσχεση την οποία άνθρωποι τόσο ευσεβείς θα θεωρήσουν αθέμιτο να παραβούν.




 テアゲニスは言いました。「けれども、私たちを生贄にするのが先になったら、そうでなくても、奴隷として贈られたて、エティオピアに辿り着く事を出来なくしてしまったら、どうするの?」 ハリクレアは言いました。「全く反対の事が起こるでしょう。貴方は、度々、護衛兵たちから聞いているでしょう。メロイの神々に捧げる為に、生贄として太らせる、って。ですから、私たちを贈り物にするとか、私たちを一番先に殺すとか言う恐れはないのです。わたしたちは、とても敬虔な人々との約束で、神々に捧げられるのですから。そんな人たちは、約束を破る事を不敬だと考えるでしょうから。」
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月02日

Οι νοικοκυραίοι παίρνουν είδηση 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十三章「飼い主たちは気づく」3  





  Ο Χαρήστος κι ο Δήμος τότε άρχισαν να λένε ≪ το τραγούδι του κόκορα με το γεράκι ≫, που κι ο ίδιος στάθηκε και το άκουγε σαν να ήταν γι' αυτόν.

Ένας κόκορας ολάσπρος
με ψηλό λειρί,
καμαρώνει και φουσκώνει
και λιλιά φορεί
και θαρρεί πως το κοτέτσι
μόλις τον χωρεί.


Άμα βρει κανένα σπόρο
μέσα στην αυλή,
το κεφάλι του σηκώνει
και το διαλαλεί,
να το μάθουνε σε δύση
και σ' ανατολή.


Τη στιγμή που σουλατσάρει
με το βήμα αργό,
≪ Δεν ξανάειδα ≫, λεν οι κότες,
≪ τέτοιο στρατηγό ≫.
Μα κι ίδιος συλλογιέται
≪ Μωρέ τι είμαι γω! ≫


Ξάφνω βλέπει ένα γεράκι...
Αχ! Την ώρα αυτή
το βαρύ περπάτημά του
έχει μπερδευτεί
κι αστραπή μες στο κοτέτσι
τρέχει να κρυφτεί.





 その時、ハリストスとディモスは、「鷹に雄鶏」と言う歌を歌い始めました。当の雄鶏は、じっと立って、歌を聞いていました。まるで、その歌が自分の事だと言うかの様でしたよ。 

いちわのおんどり、まっしろけ 
たかいとさか、
おおいばりで、ふくらんで、
つまらないものをみにつけて、
このとりかご、はいれるかしら 
と、かんがえてる。 

にわのなかで、
なにかことがおこると、
あたまをもたげて、
それをみなにしらせる、 
にちぼつがくるよ、と
よあけがくるよ、と。 

ゆっくりなあしどりで、
ぶらりぶらりあるいていると、 
めんどりたちがくちぐちにいう。
「こんなしょうぐん、にどとみないよ。」
おんどりはかんがえる、
「ねえ、わしはなんなんだい!」 

とつぜん、たかがあらわれた… 
ああ! そのとき、
おんどりのどうどうとした
あしどりはみだれてしまった、 
でんこうせっか、とりかごの
なかにまっしぐら、かくれたよ。   






第二十二章「飼い主たちは気づく」、おわり。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月01日

エティオピア物語 第九巻 24-4

  Γιατί όσα η τύχη έχει κάμει εξαρχής πολύπλοκα, αυτά και για να περατωθούν χρειάζεται κατ’ ανάγκην μακροχρόνια διαδικασία・ άλλωστε μιά κατάσταση τόσο περίπλοκη για τόσο πολύν καιρό δεν είναι φρόνιμο να διαλευκανθεί μεμιάς, όταν μάλιστα η κορωνίδα της υπόθεσής μας, εκείνη από την οποία εξαρτάται όλη η πλοκή και η λύση της, θέλω να πώ η Περσίννα η μητέρα μου, δεν είναι εδώ παρούσα. Είναι βέβαια στη ζωή・ αυτό έδωσαν οι θεοί και το μάθαμε ≫.





 「運命は、最初から複雑になっていました。それはつまり、運命が先に進む為には、必然的に、長い年月の過程が必要だと言うことなのです。その上に、これ程長い間、これ程複雑な状況なのですから、全部を一緒に解明するのは賢明なことではありません。わたしたちの事態は、今まさに、一番の難所にあるのです。その、わたしたちについての事は、すべてが、運命の成り行きと解決に掛かっているのです。今ここに、わたしの母のペルシナがいない、と言うことを言わなければなりません。お母様は確かに生きておられます。それは、神々がわたしたちに知らせてくれた事なのです。」
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月30日

エティオピア物語 第九巻 24-3

  Και ο Θεαγένης είπε σιγά στη Χαρίκλεια : ≪ Θα πείς, πολυαγαπημένη μου, στο βασιλιά όλα τα σχετικά με μας. Γιατί να που βασιλιάς είναι ο Υδάσπης, εκείνος ο ίδιος που τόσες φορές μου έχεις πεί ότι είναι ο πατέρας σου ≫. Και η Χαρίκλεια ≪ άχ γλυκέ μου ≫, του είπε, ≪ οι μεγάλες υποθέσεις χρειάζονται μεγάλες ετοιμασίες.





 テアゲニスはハリクレアに小声でこう言いました。「愛しい愛しい君、君は、王に私たちのことについてのすべてを話すべきだよ。そこにいる王がイダスピス王なのだからね。その王が、君が私に何度も言った様に、君のお父様なのだkらね。」 すると、ハリクレアはこう言ったのです。「ああ、やさしい貴方。重要な件は、たくさんの準備が必要なのです。」
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月29日

エティオピア物語 第九巻 24-2

  ≪ Καλά κάνατε ≫, είπε ο Υδάσπης, ≪ που μου το θυμίσατε・ γιατί τους φέρατε σε ώρα ταραχής και δεν τους καλοπρόσεξα. Άς πάει λοιπόν κάποιος να τους φέρει και άς έλθουν και οι υπόλοιποι αιχμάλωτοι ≫. Κι αμέσως οδηγήθηκαν μπροστά του : κάποιος πήγε τρέχοντας στις σκευοφόρους και είπε στους φρουρούς τους να τους οδηγήσουν το γρηγορότερο στο βασιλιά. Κι εκείνοι ρώτησαν κάποιον φρουρό που ήταν μιξοβάρβαρος που τους πήγαιναν・ κι όταν εκείνος είπε ότι ο βασιλιάς Υδάσπης επιθεωρεί τους αιχμαλώτους, ≪ θεοί σωτήρες ! ≫ ανέκραξαν με μιά φωνή οι δυό νέοι στο άκουσμα του ονόματος του Υδάσπη・ γιατί ώς εκείνη τη στιγμή αμφέβαλλαν άν ήταν αυτός ο βασιλιάς ή κάποιος άλλος.





μιξοβάρβαρος : Που ανήκει σε έθνος αποτελούμενο από διάφορα βάρβαρα φύλα





 イダスピス王はこう言いました。「よくやった。君らは、それを思い出させてくれた。こんな混乱の時に、君たちはそれらを連れて来たのだから、私は、二人を、まだよく見ていないのだ。それでは、誰かにそれらを連れて来させよう。それに、他の捕虜も来させよう。」 直ぐに、二人は王の前に連れて来られました。誰かが走って荷車のところに行ったのです。そして、警護兵たちに、二人を、早急に、王のところに連れて行く様に言ったのです。彼らは、一人の警護兵に、二人を連れて行く様に頼んだのです。その警護兵は、蛮族の男でした。警護兵たちが、イダスピス王が捕虜を詳しく調べるのだ、と言うと、二人の若者は、イダスピス王の名前を聞いて、声を一つにして、「救いの神々よ!」と大声で叫んだのです。と言うのも、二人は、その時までは、もしかしたら、その王と言うのは、もしかしたら、他の王ではないかと、疑っていたからなのです。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月28日

Πολλοί Τούρκοι αναζητούν σπίτι στην Αθήνα

 11月27日付け、カセメリニの見出し。 

Πολλοί Τούρκοι αναζητούν σπίτι στην Αθήνα 

多くのトルコ人がアテネで家を求めている。 
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第九巻 24-1

  Μετά από αυτόν παρουσιάστηκαν εκείνοι που αιχμαλώτισαν τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια και ≪ βασιλιά μου ≫, είπαν, ≪ τα δικά μας λάφυρα ούτε χρυσάφι είναι ούτε πολύτιμα πετράδια, πράγματα που στην Αιθιοπία είναι φτηνά και βρίσκονται στα ανάκτορα σωρός, αλλά κόρη σου φέρνουμε και νέο αγόρι, αδέλφια μεταξύ τους και Έλληνες, που στο ανάστημα και στην ομορφιά, εκτός από σένα βέβαια, όλους τους ξεπερνούν・ γι’ αυτό και αξιώνουμε να μη μείνουμε αμέτοχοι στη μεγαλοδωρία σου ≫.





 その兵士の後ろに、テアゲニスとハリクレアを捕えた者たちが現れて、こう言いました。「王様、この私たちの戦利品、それが金であっても宝石であってもですが、エティオピアにあっては、安価な品物です。宮殿には、山と盛られているのですから。ですが、私たちが、王様の下に連れて来た、娘と若者は、彼らは兄妹ですが、そしてギリシャ人ですが、その背丈、美しさでは、この二人は、他の誰よりも勝っております。もちろん、王様は別です。ですから、私たちが王様の豪儀さに与らないままで終わることのない様に、お願い申し上げます。」
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月25日

エティオピア物語 第九巻 23-5

  Χαμογέλασε τότε ο Υδάσπης και ≪ τί πιό βασιλικό ≫, είπε, ≪ από το να μην υστερήσει η γενναιοδωρία μου από τη φιλοχρηματία του; Εξάλλου και ο νόμος του πολέμου επιτρέπει να σκυλεύει τον αιχμάλωτο εκείνος που τον πιάνει. Ώστε άς φύγει παίρνοντας με την άδειά μου εκείνο που, και χωρίς τη θέλησή μου, εύκολα θα μπορούσε να κρατήσει κρύβοντάς το ≫.





 イダスピス王は笑って言いました。「その者の拝金主義よりも、私の大様さが劣らない様にすることよりも、もっと王者らしいことがあるだろうか? その上に、戦争の法では、捕えた者がその捕虜から強奪することを許されているのだ。それだから、その者に、私の許可を与えて持って行かせようではないか。私の本意ではないけれど、この者がそれを隠して持っていることは簡単に出来るだろう。」
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月24日

エティオピア物語 第九巻 23-4

  Και συνάμα του έδειχνε τον τελαμώνα του σατράπη στολισμένον με εγκόλλητα πολύτιμα πετράδια, έργο τόσο πολλών ταλάντων, ώστε πολλοί από τους παρευρισκόμενους φώναξαν ότι αυτό είναι κειμήλιο βασιλικό και δεν ταιριάζει να το πάρει ιδιώτης.





 そう言うと同時に、兵士は王に、一枚の太守の飾り帯を見せたのです。宝石がしっかりくっついていました。大変な職人の仕事の品です。すると、居合わせた者たちの中の多くが叫んだのです。その帯は王家の財宝で、平民が取るには相応しくない、と言ったのです。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする