2019年06月25日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」3





  Πήραν τον Φουντούλη. Αυτός έχει και μάνα και πατέρα και γιαγιά και παππού. Κι έχουν όλοι γερά δόντια. Έσκυψε και φόρεσε στη νύφη τα παπούτσια της κι η νύφη τον φίλησε στα κόκκινα μάγουλά του.
  Το απόγευμα έγιναν τα στεφανώματα. Ο παπάς διάβασε πολλές ευχές από ένα παλιό βιβλίο, που ήταν γεμάτο κεριά. Έψελνε ο παπάς κι ο ψάλτης και βοηθούσε κι ο Γεροθανάσης λίγο. Τα έχει ακούσει πολλές φορές ο Γεροθανάσης. Τόσες κόρες κι εγγονές πάντρεψε, που κοντεύει να τα μάθει απέξω. Επάνω στο στεφάνωμα ο νουνός έριξε στις πλάτες της νύφης και του γαμπρού ένα τριανταφυλλί μεταξωτό ύφασμα.





 みんなは、フォンドゥリスを選びました。フォンドゥリスは、母さんと父さんとおばあちゃんとおじいちゃんがいます。それで、その全員が、丈夫な歯をしているのです。フォンドゥリスは、身を屈めて花嫁に靴を履かせました。すると、花嫁は、フォンドゥリスの真っ赤なほっぺにキスをしました。 
 午後には、結婚式になりました。司祭は、一冊の古い聖書からたくさんのお祝いの言葉を読んだのです。聖書にはろうそくがいっぱいついてました。司祭が詠唱しました。聖歌隊の人が詠唱しました。それを、ゲロサナシスさんが少し手伝ったのです。ゲロサナシスさんは、これまで何度も聖歌を聴いたことがあるのです。何人もの娘と息子が結婚しているのです。ほとんど暗記しているのです。結婚式で、名付け親は、花嫁と花婿の背中に絹地のバラを投げつけたのです。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月24日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」2





  Μέσα σε μια καλύβα οι γυναίκες και τα κορίτσια στολίζουν τη νύφη. Όλη την ώρα που τη στόλιζαν, τα βιολιά έπαιζαν λυπητερό σκοπό. Άμα τελείωσαν το στόλισμα, ζήτησαν από ένα παιδί να φορέσει της νύφης το άσπρο παπούσι, που της το έφερε ο γαμπρός. Πρέπει να έχει και μάνα και πατέρα το παιδί που θα το κάνει αυτό.





 一棟の小屋の中で、女たちと少女たちが花嫁を飾っているのですよ。みんなが花嫁を飾っている間中ずっと、悲しい曲を奏でています。飾り付けが終わるとすぐに、女たちは一人の子供に、花嫁に白い靴の片方を履かせる様に頼んだのでした。その靴は、花婿が花嫁に持って来たものなのです。母さんと父さんは、この靴を履かせる子供を置いておかなければならないのです。   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

夢十夜 第一夜の1-4

大きな潤のある眼で、長い睫に包まれた中は、ただ一面に真黒であった。その真黒な眸の奥に、自分の姿が鮮に浮かんでいる。




Ήταν μεγαλές κόρες της με την υγρασία. Και τυλιγομένα από τα μακρά ματόκλαδα, οπού ήταν μια κατάμαυρη θάλασσα από το σκοτάδι. Και το είδωλο μου επέπλεε στο κατάμαυρο βάθος των κορών καθαρά.



追記、訂正: 
Ήταν μεγαλές κόρες με την υγρασία.

Ήταν μεγαλές κόρες της με την υγρασία.


στο κατάμαυρο βάθος της κόρης

στο κατάμαυρο βάθος των κορών
posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

75. Ο γάμος της Αφρόδως 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十五章「アフロドウの結婚」1





Ο γάμος της Αφρόδως




  Έρχεται το συμπεθερικό. Έρχεται στ’ άλογα με τα κόκκινα και με τα πράσινα κιλίμια…
  Μπροστά είναι ο παπάς με τ’ άσπρα γένια. Είναι και το φλάμπουρο με μήλο κόκκινο στην κορυφή.
  Ακολουθεί ο νουνός, ο γαμπρός κι οι συμπέθεροι. Οι άντρες με την κάτασπαρη φουστανέλα, οι γυναίκες με τα φλουριά στο στήθος. Όλα τα παιδιά είναι καλεσμένα στον γάμο. Ξεκίνησαν μαζί με τον κυρ-Στέφανο και πάνε στις βλάχικες καλύβες.





アフロドウの結婚 


 結婚の行列がやって来ます。赤と青の手織り敷き布を負った馬に乗って遣って来ます、…。 
 前には、白いひげの司祭がいます。旗竿のてっぺんに赤いリンゴを付けた三角旗があります。 
 名付け親が続きます、それから花婿、そして、花婿花嫁のそれぞれの両親。そうして、真っ白なフスタネーラを履いた男たち、胸にフロリーの金貨を着けた女たちが続きます。子供たちは、みんな、結婚式に招待されているのです。子供たちは、ステファノスさんと一緒に出掛けて、羊飼いの集落へ行ったのです。  





posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

74. Η λειτουργία 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」3





  Αμέσως, άμα πήραν το αντίδωρο, ο κυρ-Στέφανος με τα παιδιά ασπάστηκαν τις εικόνες, φίλησαν το χέρι των πατέρων και ξεκίνησαν. Είχαν να κάνουν πολύ δρόμο για να γυρίσουν στις καλύβες. Έφευγαν όλα ευχαριστημένα και στον δρόμο θυμούνταν ακόμα τη λυγερή φωνή του πατέρα Αμβρόσιου.
  Από πέρα γύρισαν και είδαν άλλη μια φορά το μοναστήρι. Φαινόταν σαν άσπρο σπιτάκι μέσα σε δέντρα ήσυχα, μακριά από τον κόσμο.





 アンディードロ[ 聖体のパン ]を手に取ると直ぐに、スレファノスさんはイコンに口づけしました、子供たちもそうしました。そして、司祭たちの手に口づけしてから出発しました。小屋に帰るのには、長い道のりがあったのです。みんなはとても感謝して立ち去りました、そして、道すがらずっと、アンブロシオス司祭のしなやかな声を思い出していたのです。 
 帰ってから、もう一度、子供たちは修道院を見たのです。森の中の白い小さな家に見えました、それは世間から遠くて構われずにいるのです。   





第七十四章「奉神礼」、おわり。   


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月17日

74. Η λειτουργία 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」2





  Όταν ύστερα μπήκε ο ήλιος η λειτουργία έγινε πιο ωραία. Ο παπα-Γαβριήλ λειτουργούσε αργά, σιγόφωνα και με τάξη. Ο πατήρ Σερμαφείμ κι ο πατήρ Αγάπιος κι ο πατήρ Δανιήλ στα στασίδια τους, κρατώντας τα μακριά κομπολόγια, έλεγαν πότε-πότε κανένα τροπάριο. Όταν ο πατήρ Αμβρόσιος έψαλε το χερουβικό, τι γλυκά που ψήλωσε τη φωνή του! Οι καλόγεροι και τα παιδιά σκύβοντας προσκυνούσαν τα άγια, που έβγαιναν αργά. Εκείνη τη στιγμή θαρρούσες πως τα εικονίσματα ακούνε χαρούμενα την ψαλμωδία. Ο Φάνης ένιωθε πως ψυχή του πετούσε μαζί με τα ελαφρά σύννεφα που έβγαιναν από το θυμιατήρι…





 それから、太陽が入って来ると、奉神礼はもっと素晴らしいものになりました。ガブリイール司祭がゆっくりと静かな声で順番に式を執り行いました。セルマフェイム司祭とアガピオス司祭とダニイル司祭が、自分たちの席で、長いコンボロイを掲げて、時々、讃詞を唱えました。アンブロシオス司祭が智天使を詠唱した時の、あの高くした声はなんて優しいことでしょう! 修道士たちと子供たちは、身を屈めて聖徒たちを拝んだのです。聖徒たちはゆっくりと出て来ました。その時、みなさんは、イコンが詠唱を聴いて喜んでいるのだと思うでしょう。ファニスは、自分の魂が、吊り香炉から出て来た軽い雲と一緒に飛んていると思ったのです。   


posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月13日

夢十夜 第一夜の1-3

自分も確にこれは死ぬなと思った。そこで、そうかね、もう死ぬのかね、と上から覗き込むようにして聞いて見た。死にますとも、と云いながら、女はぱっちりと眼を開けた。  





Επομένως, εγώ, επισής, ήμουν βέβαιος ότι αυτή ήταν κοντά στο θάνατο. Τότε, γέρνοντας επάνω από το πρόσωπο της και κοίταζα την όψη της, λοιπόν, της ρώτησα : ≪ Μπα, εσύ ετοιμάζεις να πεθάνεις τώρα; ≫ Και λέγοντας :≪ Ναι, εκτελώ ≫, άνοιξε τα μάτια της εξ’ ολόκληρου.
posted by kyotakaba at 16:21| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月12日

74. Η λειτουργία 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十四章「奉神礼」1





Η λειτουργία




  Στη λειτουργία της άλλης ημέρας, που ήταν Κυριακή, ξύπνησαν και πήγαν από τη νύχτα ακόμα. Άκουσαν τον όρθρο. Γαλάζιο φως φάνηκε την αυγή από τα παράθυρα κι έδιωξε το σκοτάδι της εκκλησίας.





 次の日の、それは日曜でしたが、奉神礼では、修道士たちは前の夜からずっと起きていたのです。オルソロス[ 朝の時課 ] が聞こえています。夜明けに、窓から青い光が見えて来て、教会の暗闇を追い出します。   




posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月11日

73. Το απόδειπνο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」2





  Πάλι οι καλόγεροι μπήκαν στην εκκλησία, όλοι, ως κι ο πατήρ Ιωσήφ. Στο στασίδι ένας καλόγερος διάβαζε ψαλμούς ώρα πολλή…
  Η εκκλησία ήταν κατασκότεινη. Άλλο φως δεν είχαν μέσα παρά μόνο ένα κερί, εκείνο που κρατούσε ο καλόγερος για να βλέπει στο βιβλίο. Καθώς διάβαζε, τα παιδιά έβλεπαν την όψη του να φέγγει από το κερί με κόκκινο και ζωηρό φως, σαν να καίγεται.





 また、修道士たちは教会に入りました。イオシフ司祭までの全員です。席で、一人の修道士が詩篇を読みました、何時間もです…、 
 教会は真っ暗でした。一本のろうそくの他は、何の明かりもないのです。そのろうそくは、あの修道士が聖書を読むために持っているものです。修道士が本を読んでいる間、子供達は、修道士の顔がろうそくの赤い鮮やかなで照り映えているのを見たのです、まるで顔が燃えているようでした。   




第七十三章「夕食後のミサ」、おわり。   

posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月10日

73. Το απόδειπνο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十三章「夕食後のミサ」1





Το απόδειπνο




  Το βράδυ μετά το φαγητό οι αυλόπορτες του μοναστηριού έκλεισαν με βαριά σίδερα. Μα πάλι χτύπησε η καμπάνα.
  ≪ Είναι άλλος εσπερινός αυτός ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος στα παιδιά. ≪ Είναι το απόδεινο ≫.
  ≪ Δεν το έχουμε στις δικές μας εκκλησίες ≫, είπε ο Φάνης.
  ≪ Στον κόσμο αυτά δεν γίνονται ≫, είπε ο ηγούμενος. ≪ Στα μοναστήρια όμως είναι αλλιώς κανονισμένο. Εμείς οι καλόγεροι μια δουλειά έχουμε, την προσευχή ≫.





 食事の後の夜には、修道院の庭門は、重い鉄で閉じられたのです。すると、また、鐘が鳴りました。 
 ステファノスさんが子供たちに「次の晩禱ですよ。」と言いました。「アポディプノと言います。」
 「ぼくたちの教会ではこの時間にミサはないです。」と、ファニスが言いました。 
 修道院長は、「一般にはないのです。」と言いました。「けれども、修道院には、違った規則があるのです。私たち修道士は、一つの仕事があり、祈祷があるのです。」   



posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月06日

夢十夜 第一夜の1-2

女は長い髪を枕に敷いて、輪郭の柔らかな瓜実顔をその中に横たえている。真白な頬の底に温かい血の色がほどよく差して、唇の色は無論赤い。とうてい死にそうには見えない。しかし女は静かな声で、もう死にますと判然云った。  





Η γυναίκα εστρώνε τα μακριά μαλλιά της στο μαξιλάρι, και μέσα στα μαλλιά έβαζε το ωοειδές πρόσωπο της που είχε το ασαφές περίγραμμα. Ζτο βάθος των λευκών μάγουλων της το χρώμα του ζεστού αίματος έμαπαινε αρκετά. Ταχείλια ήταν κόκκινα βεβαίως. Δεν φαίνεται να είναι κοντά στο θάνατο καθόλου. Ωστόσο, αυτή υποστήριξε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο ≫.






posted by kyotakaba at 15:53| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月05日

72. Ο εσπερινός 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」6





  Άμα ο παπάς είπε την τελευταία ευχή, οι καλόγεροι κατέβηκαν από τα στασίδια τους, σταυροκοπήθηκαν και βγήκαν από την εκκλησία ένας-ένας. Τελευταίος έμεινε ο πατήρ Ιωσήφ κι άρχισε πάλι, τρέμοντας στα πόδια του, να προσκυνά τις εικόνες με τη σειρά τους. Αφού έκανε ώρα πολλή να τις ασπαστεί, βγήκε αργοπατώντας και κρυφολέγοντας τους ψαλμούς μέσα στα χείλη του. Από την εκκλησία τράβηξε πέρα στο περιβόλι, βρήκε την άσπρη γίδα του δεμένη στον φράχτη και της έδωσε να φάει ένα δροσερό κλαράκι. Έπειτα πήγε και κλείστηκε στο κελί του.





 司祭が最後の祝福の言葉を述べると直ぐに、修道士たちは席から降りて、胸に十字を切りました。そうして、ひとり、ひとりと、教会から出て行ったのです。最後に残っていた、イオシフ司祭も、動き始めました。足を震わせながら、順番にイコンを拝んだのです。時間をたっぷりかけてイコンに口づけした後、口の中で讃歌を唱えながらゆっくり歩いて、外に出たのです。教会から果樹園の向こうまで足を引き摺って歩きました。すると、囲いに繋がれている真っ白の山羊に気がつきました。それで、一本の瑞々しい小枝を与えて食べさせたのです。それから、また歩いて行って、自分の独居室に入ると閉め切ったのです。   






第七十二章「晩禱」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月04日

72. Ο εσπερινός 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」5





  Ο πατήρ Αμβρόσιος, ο αγιορείτης, που είχε τη λυγερή φωνή και ήξερε την ψαλτική από τα παλιά βιβλία, έψελνε χωρίς να κουνάει καθόλου το κεφάλι ούτε το χέρι. Το έλεγε ασάλευτος, σαν κολόνα της εκκλησίας, γιατί έτσι ψέλνουν στο Άγιον Όρος. Από το αριστερό απαντούσε ο πατήρ Ιωσήφ. Μόλις ακουγόταν η φωνή του.





 アンブロシオス司祭は、アトス山の修道士なのですが、しなやかな声をしていて、古い本で詩篇を覚えていたのですが、頭も手も揺らすことなく詠唱したのです。司祭は詩篇を全く動かずに語ったのです、その様子はまるで教会の柱の様でした。それは、アトス山ではその様に詠唱していたからなのです。左側から、イオシフ司祭が応えました。アンブロシオス司祭の声が聞こえたら直ぐになのです。   






posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月03日

72. Ο εσπερινός 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」4





  Έμπαινε στην εκκλησία κάθε τόσο ένας καλόγερος πολύ σιγά, σαν να ήταν μια σκιά, και πήγαινε σ’ ένα στασίδι. Εκεί πια στεκόταν ακίνητος, σαλεύοντας μόνο κάποτε το χέρι για να σταυροκοπηθεί.





 教会には、修道士が一人ずつとてもゆっくりと入って来ます、まるで影の様です、そして、席へと歩いたのです。それから、そこに、動かずにずっと立っていました、ただ、たまに、十字を切るのに手が揺れるだけでした。   





posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月31日

夢十夜 第一夜の1-1

 αで撰集抄の現代ギリシャ語訳をしていたのだけど、( と言っても、内容を簡単にして、 ) 今度は、夏目漱石の『夢十夜』を現代ギリシャ語に訳してみようかと思って。 

第一夜の1-1: 

 こんな夢を見た。
 腕組をして枕元に坐っていると、仰向に寝た女が、静かな声でもう死にますと云う。



  Είχα ένα όνειρο, το εξής:
  Καθόμουν με σταυρωμένα χέρια. Βρισκόμουν πέρα από το κεφάλι της μιάς γυναίκας. Η γυναίκα πλάγιαζε ανάσκελα. Έτσι, αυτή είπε με απαλή φωνή : ≪ Εγώ θα πεθάνω σε λίγο. ≫





posted by kyotakaba at 16:39| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

72. Ο εσπερινός 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」3





  Ο πατήρ Γαβριήλ, ο λειτουργός, άνοιξε ελαφρά τη δεξιά πόρτα του ιερού, που είχε ζωγραφισμένο τον αρχάγγελο με το αστραφτερό σπαθί και μπήκε μέσα. Φόρεσε το πετραχήλι του και είπε : ≪ Ευλογητός ο Θεός ημών πάντοτε, νυν και αεί και εις τους αιώνας των αιώνων ≫.
  Τότε άρχισε ο εσπερινός.





 ガブリイール司祭が、ミサの執行役だったのですが、至聖所の右の扉を優しく開けました。扉には、煌めいている剣を持った天使長が描かれていました。そして、司祭は入って来ました。ペトラヒーリを着ていました。そして言いいました。「我らが神は、この今も、永遠にも、幾世紀にも、讃えられている。」 
 そうして、晩祷が始まりました。 




posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月28日

72. Ο εσπερινός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」2





  Πρώτος μπήκε μέσα ο πιο γέρος από όλους τους καλογέρους, ο πατήρ Ιωσήφ, σκύβοντας τη ράχη και τρέμοντας στα πόδια του. Με όλα τα γερατειά του πέρασε από όλες τις εικόνες και τις ασπάστηκε, τη μία κοντά στην άλλη, κατά την τάξη των αγίων, κρυφοψέλνοντας το τροπάριο του καθενός. Έπειτα σύρθηκε στο στασίδι του αριστερού ψάλτη και κάθισε με πολύν κόπο.





 最初に、修道士全員の中で一番歳をとった、背中は曲がり足が震えているイオシフ司祭が、入って来ました。全身老いた体で、全てのイコンに立ち寄りました。聖者たちの順に従って、ひとつ、その側のひとつと立ち寄ったのです。そして、聖者の讃歌を口の中で歌いながら、イコンに口づけしました。それから、左の聖歌隊の席に足を引きずって行って、大変な苦労をして座ったのです。   





posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月27日

72. Ο εσπερινός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十二章「晩禱」1





Ο εσπερινός



  Στις έξι το δειλινό σήμανε η καμπάνα.
  Ο Φάνης μπήκε στην εκκλησία και στάθηκε σε μια γωνιά κοντά σε έναν στύλο. Εκεί ήρθαν ύστερα και τ’ άλλα παιδιά. Ο κυρ-Στέφανος ανέβηκε σ’ ένα στασίδι. Η εκκλησία ήταν σκοτεινή και είχε μια ευωδιά σαν από βάγια. Ο Φάνης έβλεπε στους τοίχους και στον θόλο παλιές ζωγραφιές αγίων. Το πρόσωπό τους ήταν μαυρισμένο από την πολυκαιρία, μα ο φωτοστέφανος που είχαν γύρω στο κεφάλι τους έλαμπε.





 夕方の六時に鐘が鳴りました。 
 ファニスは教会に入りました、そして、柱の近くの角に立ったのです。すると、そこに、他の子供たちも来ました。ステファノスさんは、信者席の一つに着きました。教会は暗くて、棕櫚の葉からする様な良い香りがしました。ファニスは、幾つもの壁に、そして丸天井に描かれている聖者たちの古い絵を見ました。聖者たちの顔は、長い年月で黒ずんでいました、でも、聖者たちの頭を取り巻いている光輪は輝いていました。   


posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月22日

71. Στο μοναστήρι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」5





  ≪ Να που έγινες κι εσύ μια φορά ερημίτης σαν κι εμάς ≫, είπε ο πατήρ Δανιήλ στον Φάνη. Και τον χάιδεψε.
  Ο κελάρης έφερε τον δίσκο με το γλυκό και με το κρύο νερό. Κι όταν ξεκουράστηκαν τα παιδιά, βγήκαν να δουν το μοναστήρι. Γύρισαν στο περιβόλι, που το φυτεύουν και το σκαλίζουν οι καλόγεροι. Πήγαν στις συκιές κι έκοψαν γλυκά σύκα. Είδαν παραπέρα τις καρυδιές και τις βελανιδιές, είδαν και τα όρθια κυπαρίσσια, που στέκουν από εκατό χρόνια και φυλάνε το μοναστήρι.





 「すると、君は、一度は、私たちの様な隠者になったわけですね。」とダニイル司祭はファニスに言いました。そして、彼を撫でました。 
 ケラリス[ 修道院の食料庫の責任者 ] が一皿のお菓子と冷たい水を持って来たのです。そして、子供たちは疲れが取れて元気になると、外に出て修道院を見て回ったのです。果樹園を回りました。修道士たちが耕して植えた果樹園なのです。子供たちはイチジクの木のところへ行きました、イチジクを捥いだのです。向こうに、クルミの樹やクヌギの樹があるのにも気がつきました。それに、まっすぐな糸杉の樹が何本もあるのも目にしたのです。糸杉は、百年も立っているのです、そして、修道院を見守っているのです。   






第七十一章「修道院で、おわり。 

posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月21日

71. Στο μοναστήρι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」4





  Και διηγήθηκε σ’ αυτόν και στους καλογέρους, που ήρθαν εκεί, το ταξίδι των παιδιών στο βουνό. Οι καλόγεροι, που σπάνια βλέπουν ανθρώπους, άκουγαν με προσοχή τις ιστορίες των παιδιών, το ανέβασμα στον Αραπόβραχο και το χάσιμο του Φάνη, σαν να άκουγαν καλό παραμύθι.





 そして、ステファノスさんは、山での子供たちの旅のことを、修道院長とそこにやってきた修道士たちに物語ったのです。滅多に人間を見ることのない修道士たちは、注意深く、子供たちについての物語りを聞きました。アラポブラホスに登ったこと、ファニスが行方不明になったこと、それらを、まるで面白いおとぎ話を聞く様に聞いていたのです。   






posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月20日

71. Στο μοναστήρι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」3





  ≪ Κοπιάστε ≫, τους είπε, ≪ στο ηγουμενείο ≫.
  Πρώτα πέρασαν από την εκκλησία να προσκυνήσουν. Ήταν παλιά η εκκλησία, ίσαμε τετρακοσίων χρόνων. Άναψαν το κερί τους, προσκύνησαν κι ύστερα ανέβηκαν στου ηγούμενου.
  ≪ Τι νέα φέρνετε από τον κόσμο; ≫ ρώτησε ο ηγούμενος.
  ≪ Από την ερημιά ερχόμαστε, πάτερ ≫, του απάντησε ο κυρ-Στέφανος.





 「修道院長室へお入りなさい。」と修道院長は子供たちに言いました。 
 子供たちは、まず、教会に立ち寄ってお祈りをしました。古い教会でした、ほぼ四百年の教会なのです。自分たちのロウソクに火を点けて、お祈りをして、それから、修道院長のところへ上がりました。 
 「下界からどんなニュースを持ってこられたかな?」と修道院長は子供たちに尋ねました。 
 「私達は、荒地から来たのです、司祭様。」とステファノスさんが答えました。   



posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

71. Στο μοναστήρι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」2





  ≪ Κάποιοι μας έρχονται ≫, είπε ένας καλόγερος κι έδειξε με το χέρι του κάτι ανθρώπους που ανέβαιναν τον ανήφορο προς τον Αϊ-Λιά.
  Είναι τα παιδιά μαζί με τον κυρ-Στέφανο. Έρχονται στο μοναστήρι να προσκυνήσαν, όπως το ήθελαν από τόσον καιρό.
  Ευχαριστήθηκε ο ηγούμενος όταν έφτασαν και του είπαν πως έρχονται να λειτουργηθούν.





 「誰か何人かの人が、私たちのところへ遣って来ています。」と一人の修道士が言って、手で、アイ・リアスの方へ坂を登っている人を差しました。 
 それは、ステファノスさんと一緒の子供たちなのでした。お祈りに遣って来るところなのです。子供たちは、ずっとそうしたいと願っていたのですから。 
 子供たちが到着してミサをしに来ましたと言うと、修道院長は喜びました。  




posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月14日

71. Στο μοναστήρι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十一章「修道院で」1





Στο μοναστήρι



  Στο ψηλό μοναστήρι του Αϊ-Λιά, έξω από την αυλόπορτα, στέκονται οι καλόγεροι και κοιτάζουν μακριά. Οι κάμποι και οι λόφοι απλώνονται αποκάτω και πιο πέρα λάμπει το ποτάμι της Ρούμελης σαν ασημένο. Κάπου-κάπου ένας καλόγερος σηκώνει αργά το χέρι και δείχνει πέρα. Πάντα στο ίδιο ψήλωμα στέκονται τέτοιες ώρες από τον καιρό που μπήκαν στο μοναστήρι. Αγναντεύουν από κει τους τόπους που είναι πράσινοι τον χειμώνα και ξανθοί το καλοκαίρι. Κι έτσι παρηγοριούνται που δεν βλέπουν ανθρώπους. Πενήντα οχτώ σωστά χρόνια κοιτάζει από κείνο το ψήλωμα ο ηγούμενος, ο πατήρ Ιωσήφ.





 高地のアイ・リアスの修道院で、庭門の外に、修道士たちが立って遠くを眺めています。いくつもの平原といくつもの丘が下に広がっています。そして、ずっと向こうに、ルウメリの川が銀の様に輝いています。時々、一人の修道士がゆっくりと片手を上げて、遠くを指さします。修道士たちは、修道院に入ってからずっと、いつも、この同じ高台に何時間も立っているのです。ここから、冬には緑で夏には金色の土地を見晴るかすのです。そうして、人に会わないことを慰めるのです。間違い無く、五十八年も、この高台から、修道院長イオシフ司祭は眺めているのです。   



posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月13日

70. Ένα μήνυμα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」4






  Να τι έγραψε προχτές στο τετράδιό του: ≪ Είμαι ο Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από τη Γρανίτσα, του δήμου Απεραντίων. Έχω και την Αφρόδω αδερφή και σκύλο τον Μούργο. Και παππούλη τον Γεριθανάση. Και δάσκαλο τον Δημητράκη. Κι έναν σουγιά. Τα γίδα είναι άταχτα ζωντανά. Τα καλά παιδιά πηγαίνουν στο σκολειό και μαθαίνουν να γράφουν. Το πουρνάρι έχει τον καλύτερο ίσκιο. Ένα, δύο, τρία τέσσερα, πέντε, έξι, εφτά, οχτώ, εννιά, δέκα. Έχω και καλαμάρι.
  Άγιος ο Θεός, αμήν.
  Λάμπρος Πέλεκας του Αντωνίου από Γρανίτσα ≫.
  Αυτά τα είχε γράψει ο Λάμπρος. Όλοι οι τσοπάνηδες, που είναι στα Τρίκορφα και στ’ άλλα βουνά κι ο Γεροθανάσης μαζί, δεν ξέρουν τόσα γράμματα.





 では、おととい、ラブロスは自分の帳面になんとかいたでしょう、こうなのですよ:「ぼくはペレカス・アントニオすの息子、ラブロス。アペランディオ郡のグラニツァ出身です。姉さんがいます、アフロドウです。犬のムロゴスもいます。それに、おじいちゃんのゲロサナシス。それから、ディミトラキス先生がいます。それに、ナイフを一本持ってます。ヤギ達はきかんぼうで元気でいっぱいです。いい子たちは学校に行って、字を書くのを習います。ひいらぎにはいい木陰があります。いち、に、さん、よん、ご、ろく、しち、はち、きゅう、じゅう。それから、僕は、インク壺を持ってます。 
 アギオス、セオス、アミーン。 
 グラニツァ生まれのペレカス・アントニウスの息子、ラブロス。」   
 これがラブロスが書いたものです。トリコルファや他の山にいる羊飼いたち、ゲロサナシスもそうですが、彼らはこれ程たくさんの文字を知らないのです。





第七十章「ひとつの知らせ」、おわり。   



posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月09日

Η βασιλική δρυς 7

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Αργότερα έμαθα, διαβάζοντας μυθολογία, ότι οι Αμαδρυάδες πεθαίνουν με τη δρυ στην όποια βρίσκονται ενσωματωμένες.

Έλειπα για χρόνια από το νησί. Όταν επέστρεψα, μεγάλος πια, επισκέφτηκα τα μέρη των παιδικών μου ανάμνησεων.

Η βασιλική δρυς δεν ήταν πια εκεί.

≪ Τί απέγινε το μεγάλο δέντρο που βρισκόταν παλιά εδώ πέρα; ≫

≪ Ο σχωρεμένος ο Βαργένης το έκοψε. Κι από τότε που το έκοψε… ≫

≪ … προκοπή δεν είδε. αρρώστησε και σε λίγες μέρες πέθανε! ≫

Τελικά το μεγάλο δέντρο ήταν στοιχειωμένο!





後になって、神話を読んだことで、僕は、ハマドリュアスたちは樫の木と一緒に死ぬと言うことを知った。彼女たちは樫の中にいたのだから。 

僕は、何年も島を留守にしていた。帰ったのはずっと大きくなってで、その時に、子供時代の思い出の場所を訪ねた。 

女王の樫の樹はそこにはなかった。 

「昔ここにあった大きな樹はあれからどうなったのですか?」  

「バルゲニスが許しをもらって伐ったのです。それで、伐った後…」 

「…、儲けは見なかったのです。病気になって、ほんの二、三日で死んでしまいました。」 


結局、巨樹は霊に取り憑かれていたのだ!     





おわり   


グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』、全部終わり。  


posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月03日

Ερασιτέχνης επαναστάτης

 『 Ερασιτέχνης επαναστάτης 』、 
『ペトロス伯父と「ゴールドバッハ予想」』『 Logicomix 』のアポストロス・ドキアディス の新作。 
 数学の話ではなく、政治的なストーリーの様。 

Ίκαρος 出版から、2018年に刊行。 

.:BiblioNet : Ερασιτέχνης επαναστάτης / Δοξιάδης, Απόστολος Κ.  


作家本人が語る: 
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

Η βασιλική δρυς 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Πες τους να μη με κόψουν, αλλιώς θα κάνω ακούσια κακό. Δεν είμαι νύμφη αθάνατν. Θα ζήσω όσο ζει κι αυτό το δέντρο… ≫


Έφυγα έντρομος, τρέχοντας όσο πιο γρήγορα μπορούσα.


Πήγα τους γονείς μου. Είχαν τρελαθεί απ’ την ανησυχία τους.





「他の人たちに、私を切らない様に言いなさい。そうしなければ、不本意だけれど、お前に災いを与えてやろう。私は、不死の妖精ではないのだ。この樹が生きている限り、生きれるのだ…」 

僕は驚いて立ち去った、そして、出来るだけ速く走った。 

僕は両親の元へ行った。両親は、気も狂わんばかりに僕を心配していた。  





posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月24日

70. Ένα μήνυμα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」3





  Ο Δημητράκης πήγε να το πει αμέσως στ’ άλλα παιδιά. Καλύτερα να μην το είχαν μάθει. Είναι συλλογισμένα, είναι πολύ λυπημένα. Μόνο ο Λάμπρος δεν είναι λυπημένος. Τον νου του τον έχει στο βιβλίο. Σφίγγει το καλαμάρι που του χάρισαν τα παιδιά, κρατάει καλά την πένα και γράφει. Μόνος του γράφει. Κάθεται, συλλογίζεται, και κείνα που έχει μέσα στο κεφάλι του, τα λέει στο χαρτί.
  Η βροχή πήρε κάμποσα πράγματα, πήρε και τη ζάχαρη. Δεν πήρε όμως το τετράδιο του Λάμπρου.





 ディミトラキスは、すぐに、他の子たちに教えに行きました。知らない方が良かったのです。子供たちは物思いに沈んでしまいました、とても悲しかったのです。ラブロスだけが、悲しんでいませんでした。ラブラスの頭は本でいっぱいでした。子供たちがラブロスに上げた、インク壺を握りしめ、ペンを上手に手に取って書くのです。ラブロスは自分一人で書くのです。座って、考えて、自分の思考に集中している彼は、その考えたことを紙の上で述べているのです。 
 雨はたくさんのものを持って行きました。砂糖も持ち去りました。けれども、ラブロスの帳面は持って行かなかったのです。   



posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

70. Ένα μήνυμα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」2





  Η Αφρόδω ακούστηκε να τελειώνει το τραγούδι που είχε αρχίσει μια φορά. Η φωνή της ήταν λυγερή και παραπονιάρικη, σαν το λάλημα της φλογέρας. Το ‘λεγε λυπημένα, το ‘λεγε και χαρούμενα, ώσπου το τραγούδι έσβησε μέσα στον λόγγο.
  ≪ Άκου, η Αφρόδω! ≫ είπε ο Δημητράκης στον Λάμπρο, καθώς έκαναν το μάθημα.
  ≪ Την παντρεύουμε ≫, είπε ο Λάμπρος.
  ≪ Αλήθεια; ≫ ρώτησε ο Δηνητράκης, σαν να μην το πίστεψε.
  ≪ Τη δίνουμε πέρα σ’ ένα χωριό που το λένε Περιστέρι. Σε άλλο βουνό ≫.
  ≪ Πότε; ≫
  ≪ Την άλλη Κυριακή ≫.





 アフロドウがさっき始めた歌を終えるのが聞こえました。彼女の声は、細くて泣いているようでした。まるで、鳥笛の様でした。悲しそうでした。嬉しそうでした。そして到頭、歌は藪の中へ消えて行きました。  
 「聞いて、アフロドウだ!」と、ディミトラキスはラブロスに言いました。その時、勉強をしていたのです。 
 「うちは、姉さんをお嫁に出すんだ。」とラブロスは言いました。
 「ほんとう?」、ディミトリスは、信じられないと言う様に尋ねました。 
 「ずっと向こうの村に遣るんだ。ペリステーリと言う名前の村だよ。あっちの山だよ。」 
 「いつ?」 
 「次の日曜日に。」   



posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

70. Ένα μήνυμα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」1





Ένα μήνυμα



Απόψε νειρευόμουνα,
μητέρα, μητερίτσα μου,


ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα.


και δυο ποτάμια με νερό,
-ξήγα, μητέρα μ’ τ’ όνειρο.


Ο πύργος είν’ ο άντρας μου,
το περιβόλι ο γάμος μου.


Τα δυο ποτάμια με νερό
είναι το συμπεθερικό.






今夜、夢を見ている、 
母さんの、ちっちゃな母さんの、 

高い塔をわたしは登る、 
果樹園に入る。 

そして、二本の川、水のある、 
水のない川、夢の中の母さん。 

塔はわたしの夫、 
果樹園でわたしの結婚式。 

水のある二本の川は、 
結婚して親戚になる。   





posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

Η βασιλική δρυς 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Μου φάνηκε ότι δέντρο σιγά σιγά…

… άλλαζε. Οι ρίζες χωρίστηκαν κι έγιναν δυο πανέμορφα πόδια.


… ο κορμός έγινε κοιλιά, το ξύλο έγινε στήθος που προεξείχε προκλητικά.


Α! Δεν είναι δέντρο! Είναι κόρη! Και όσα δέντρα βλέπουμε είναι γυναίκες!





樹が次第次第に…、 

…変わっていくように、僕には見えた。根が分かれていって、とっても美しい脚になった。 

…、幹はお腹になり、節は刺激的に飛び出ている乳房になった。 

あ! 樹ではなかった! 少女なのだ。僕たちが目にしている樹々はすべてが、女の人なのだ。    




… ο κορμός έγινε κοιλιά, το ξύλο έγινε στήθος που προεξείχε προκλητικά. のところの、
το ξύλο は、何を指しているのかわかりません。
Πύλη では、「σκληρή ουσία που βρίσκεται κάτω από το φλοιό των δέντρων και μερικών θάμνων και σχηματίζει τον κορμό, τα κλαδιά και τις ρίζες:」と説明されているけれど。 
樹と何種類かの灌木の樹皮の下にある硬い物質。幹、枝、根を形成するもの。 

分からないので、節にしました。 

ウィキソース Βικιθήκη に乗せられている原文では、次の箇所のところかと思うけれど、Ξύλο と言う語は使われてないようなので。 
Μοῦ ἐφάνη, ὅτι τὸ δένδρον -ἔσῳζον καθ’ ὕπνον τὴν ἔννοιαν τοῦ δένδρου- μικρὸν κατὰ μικρὸν μετέβαλλεν ὄψιν, εἶδος καὶ μορφήν. Εἰς μίαν στιγμὴν ἡ ρίζα του μοῦ ἐφάνη ὡς δύο ὡραῖαι κνῆμαι, κολλημέναι ἡ μία ἐπάνω εἰς τὴν ἄλλην, εἶτα μετ’ ὀλίγον ἐξεκόλλησαν καὶ ἐχωρίσθησαν εἰς δύο˙ ὁ κορμὸς μοῦ ἐφάνη, ὅτι διεπλάσσετο καὶ ἐμορφοῦτο εἰς ὀσφύν, εἰς κοιλίαν καὶ στέρνον・ οἱ δύο παμμέγιστοι κλάδοι μοῦ ἐφάνησαν ὡς δύο βραχίονες, χεῖρες ὀρεγόμεναι τὸ ἄπειρον, εἶτα κατερχόμεναι συγκαταβατικῶς πρὸς τὴν γῆν, ἐφ’ ἧς ἐγὼ ἐκείμην˙ καὶ τὸ βαθύφαιον, ἀειθαλὲς φύλλωμα μοῦ ἐφάνη ὡς κόμη πλουσία κόρης, ἀναδεδημένη πρὸς τ’ ἄνω, εἶτα λυομένη, κυματίζουσα, χαλαρουμένη πρὸς τὰ κάτω.

Τὸ πόρισμά μου τὸ ἐν ὀνείρῳ ἐξαχθὲν καὶ εἰς λῆρον ἐν εἴδει συλλογισμοῦ διατυπωθέν, ὑπῆρξε τοῦτο. ≪Ἄ! δὲν εἶναι δένδρον, εἶναι κόρη˙ καὶ τὰ δένδρα, ὅσα βλέπομεν εἶναι γυναῖκες!≫



posted by kyotakaba at 15:29| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」7





  Ακούγοντας αυτή την καταστροφή, τα παιδιά έμειναν αμίλητα και λυπημένα. Ο χωριάτης όμως κούνησε το κεφάλι του και είπε για τους Πουρναρίτες: ≪ Αφού δεν άφησαν ρίζα ξερή στις ράχες, ποιος τους έφταιξε; Οι ίδιοι το ‘φεραν το νερό που τους έπνιξε ≫.





 その被害を聞いて、子供たちは、悲しんで黙ったままでした。けれども、村人は、頭を振ってプウルナリの人々のことをこう言ったのです。「あの人たちが尾根の樹の根を枯らせたのだからね、あの人たちの災いは誰の所為だい? あの人たち自身が、自分たちを溺れ死にさせた水を持って来たのだよ。」 



第六十九章「子供たちの小屋での嵐」、おわり   



posted by kyotakaba at 12:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」6





  Μεγάλη νεροποντή που ήρθε από τις ράχες έπνιξε τα καλαμπόκια, τα καπνά και τα τριφύλλια του. Το νερό που κατέβασε ο χείμαρρος έσπασε ένα γεφύρι κι από κει όρμησε μέσα στο χωριό. Έπεσαν οπίτια στο Πουρνάρι, πνίγηκαν γίδια και πρόβατα, ακόμα κι αγελάδες. Λένε πως τρεις Πουρναρίτες, εκεί που πάλευαν να γλιτώσουν τα σπίτια τους, τους πήρε το νερό.





 尾根から来た猛烈な土砂降りの雨は、トウモロコシ、葉タバコ、クローバーを水浸しにしました。急流となって降る水は、橋を壊し、そこから村へなだれ込んだのです。プウルナリのどこもかしこもを壊しました。山羊や羊や、その上に、牛までも溺れ死にさせたのです。家を守ろうと頑張った三人のプウルナリの人が、水に攫われたと言うことなのです。   





posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」5





  Οι λοτόμοι, όταν έστηναν τις καλύβες, είχαν φροντίσει ακόμα και για τις μπόρες. Μια καλύβα, τη μεγαλύτερη, τη σκέπασαν με χράμι υφασμένο από τραγίσιο μαλλί. Αυτό δεν το περνάει τίποτα.
  Το βράδυ, από έναν χωριάτη που πέρασε και πήγαινε στην Πέτρα, έμαθαν πως η θύελλα πιο κάτω έκανε καταστροφή.
  Πάει το Πουρνάρι!





 樵たちは、小屋を建てた時に、やはり、嵐のことを気に掛けていたのです。一軒の小屋、一番大きな小屋ですが、樵たちはそれを山羊の毛で織った粗織りの布で覆っていたのです。それは、水を少しも通しませんでした。 
 夕方に、子供たちは、ペトラへ向かうのに通った村人から、嵐はずっと下まで破壊したと教えられたのでした。 
 プウルナリはおしまいです!    






追記、訂正: 
ペトラへ向かうのに通った農民から のところ、
農民 

村人  
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ

 Πατλάκουτζα Μάρθα の20世紀ギリシャの聖人、の伝記。 

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ | ΕΞΗ ΕΚΔΟΣΕΙΣ
2015年、ΕΞΗ 出版社。 



Άγιος Παΐσιος - Βικιπαίδεια
1924年カッパドキアのファルサ生まれ、1994年没。

伝記は他にも、 
Γεώργιος Ν. Φουκαδάκης が書いたもの: 
.:BiblioNet : Άγιος Παΐσιος ο Αγιορείτης / Φουκαδάκης, Γεώργιος Ν.
posted by kyotakaba at 18:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

Η βασιλική δρυς 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Έφτασα επιτέλους! Άρχισα να κυλιέμαι στο χορτάρι. Ήμουν κατάκοπος, ένιωθα ευτυχία, ονειρώδη απόλαυση.

Ρέμβαζα τους δυνατούς της κλώνους, ανάσαινα με ηδονή την πνοή της αύρας της…

Εκατοντάδες πουλιά ξεκουράζονταν πάνω της και με ευχαριστούσαν με τα τραγούδια τους.

Κι όπως ήμουν κουρασμένος, ο ύπνος με πήρε κάτω από το πελώριο δέντρο και μου έδειξε εικόνες…





とうとう辿り着いた! 僕は、草を転がり始めた。僕は疲れ切っていたけれど、幸せと夢の様な喜びを感じていた。 

そよ風が吹く嬉しさにほっと一息をついて、女王の枝々の力について空想した。 

何百羽の鳥が、女王の上で休んでいたし、その歌声で僕を喜ばせていた。 

僕はとても疲れていたものだから、眠気が僕を大きな樹の下に連れていき、ある光景を見せた…

posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」4





  Ο Σπύρος όμως το πήρε και πέταξε μόνος του όλες τις σκουριές που είχε μέσα. Από την ώρα που βρήκε την πέτρα, συλλογίζεται να μην ξαναμαζέψει πράγματα που δεν χρειάζονται.
  ≪ Και σεις που κρυφτήκατε; ≫ ρώτησε ο Μαθιός.
  ≪ Μας έπιασε όλους μαζί εδώ μέσα ≫, απάντησαν. ≪ Φράξαμε την πόρτα μ’ ένα στρώμα και το κρατούσαμε ώρα πολλή με δύναμη. Η καλύβα όμως δεν έσταξε καθόλου κι έτσι γλιτώσαμε… ≫




 スピロスは箱を手放しませんでした。中に入っていたものだけを捨てたのです。あの石を見つけた時から、役に立たないものは、また集めるのはしない様にしようと考えていたのでした。 
 「それで、君たちはどこに隠れたの?」と、マシオスは尋ねました。 
 「嵐に降り込められて、みんな一緒にこの中に痛んだ。」と五人は答えました。「みんなで、ひとつのマットレスを長い間抱えて力一杯押し付けて戸を塞いでいたんだ。でも、小屋は全然雨漏りもしなかったんだ、それで、ぼくらは助かった…」 



posted by kyotakaba at 11:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」3






  Άμα αντίκρισαν τις κατοικίες τους, φώναξαν αμέσως για ν’ ακουστούν. Τα πέντε παιδιά που είχαν μείνει εκεί βγήκαν το ένα ύστερα από τ’ άλλο. Ήταν σωστά, οι καλύβες όμως όχι. Τρεις καλύβες ήταν γκρεμισμένες και σκόρπιες. Το νερό συνεπήρε τα κλαδιά τους μαζί με πολλά πράγματα που ήταν μέσα. Πήρε μερικά σκεπάσματα, το ράφι, δυο τενεκέδες και δυο καρβέλια ψωμί. Το κουτί του Σπύρου ούτε η θύελλα το πήρε.





 子供たちは、小屋を目にすると、すぐに、その場で聞こえる様に叫んだのです。残っていた五人の子供たちは、一人、また一人と、出て来ました。子供たちは無事でした。でも、小屋は元通りではありませんでした。三軒の小屋は、壊されてバラバラにされていました。水は、小屋の材木と中にあったたくさんのものを一緒に押し流したのです。嵐は、屋根のどこかの部分、棚、缶を二つ、丸パンを二つ、盗って行ったのです。でも、スピロスの箱は盗りませんでした。 




posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」2





  Τι να γίνονται οι καλύβες; Τι να έγιναν τα παιδιά που άφησαν εκεί; Ο Κωστάκης, ο Γιώργος, ο Σπύρος, ο Καλογιάννης, ο Φουντούλης. Πόσο τα συλλογίστηκαν, όταν έπεφτε η μπόρα! Κατεβαίνουν γρήγορα. Στον δρόμο κοιτάζουν τη γη. Μόλις ήταν υγρή. Είχε πιει όλο το νερό κι ήταν διψασμένη.





 小屋はどうなったでしょう? そこに置いてきた子供たちはどうなったでしょう? コスタキスは、スピロスは、カロヤニスは、フォンドゥリスは? 土砂降りのにわか雨が降った時には、子供たちはどんなに考えたでしょう! すぐにひらめいたのです。道で、子供たちは、地面を見つめたのでう。もう地面は潤んでいました。すでに、水を全部飲んでいたのです、地面は喉が渇いていたのです。  


追記、訂正: 
土砂降りのにわか雨が降った時には、子供たちはどんなに考えたでしょう! すぐにひらめいたのです。道で、子供たちは、地面を見つめたのでう。もう地面は潤んでいました。すでに、水を全部飲んでいたのです、地面は喉が渇いていたのです。  

土砂降りの雨が降った時には、子供たちは、それは、小屋や置いてきた仲間のことを考えたのです。急いで降りました。道では、子供たちは地面に気をつけました。びしょ濡れになったばかりでした。地面は水を全部飲み終えてました。地面は喉が渇いていたのです。




posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 そうして三年が経ち、ある夕方、その人は、西に沈む太陽を拝みながら死んだ。 





  Ύστερα, τρείς χρόνια πέρασαν. Ένα βράδυ, αυτός πέθανε προσευχόμενος για τον ήλιο που βασίλευε στο δύση.





おわり 



posted by kyotakaba at 08:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

雲林院の説法で発心した人 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 何故、昼間に都を回らないのか、と問う人があった。その人は、明るい内だと多くの人に会い、女性を見ると妻を思い出し、子供を見ると我が子を思い出す、それが煩悩になるからと答えた。 





  Είχε τον ένα άνθρωπο που τον ρώτησε γιατί δεν κυκλοφρούσε μέσα στην πολή ημέρα. Αυτός απάντησε : Κατά το φώς της ημέρας θα συναντήσω πολλούς άνυρωπους. Και όταν βλέπω την γυναίκα, θα θυμηθώ τη σύζυγο μου. Επιπλέον, όταν βλέπω το παδί, θα θυμηθώ το τέκνο μου. Το θα γίνεται προσκόλληση, και το μου θα δώσει την οδύνη.





posted by kyotakaba at 08:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

Η βασιλική δρυς 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。  





Και το άλλο πρωί, πριν απολύσει η λειτουργία, το έσκασα.

Νόμιζα ότι ήξερα καλά τον δρόμο. Έτρεχα κιόλας να φτάσω γρήγορα, να φτάσω την ερωμένη μου - επειδή η δρυς υπήρξε η πρώτη παιδική μου ερωμένη…


Σύντομα όμως χάθηκα, κάπου θα πήρα λάθος στροφή και βρέθηκα να ανεβαίνω σε μια πλάγια.


Από την κορυφή που βρέθηκα όμως, δεν μπορούσα να μη δω τη βασίλισσα, αφού δέσποζε στο τοπίο!

Άρχισα να τρέχω προς το μέρος της, δίχως να νοιάζομαι για τα αγκαθιά και τα βράχια που με πλήγωναν.





次の朝、ミサが終わる前に、僕は抜け出した。 

道はよく分かっていると思っていた。もう走り出していた。早く着こうと、僕の恋人のところへ着こうと走り出していた。樫の樹は、子供時代の、僕の最初の恋人だったから。 

けれども、直ぐに道に迷った。どこか曲がり角を間違ったのに違いなかった。そして、自分が山腹を登っていることに気がついた。 

そこに立った頂からは、僕は、一帯を支配していた女王を見ることは出来なかった。 

僕は、女王のいる方へ走り始めた。僕を痛めつけるいばらや岩のことは考えもしなかった。   



posted by kyotakaba at 14:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」1





Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών




  Πώς πέρασε ο χαλασμός! Σαν να μην είχε γίνει τίποτα. Πάλι ο ήλιος έλαμψε το δειλινό κι από τη γη έβγαινε μια ευωδιά.
  Τα παιδιά γυρίζουν πίσω και στον δρόμο μιλούν για τη θύελλα. Εκείνη τους έριχνε νερό από τα παράθυρα κι αυτά την έβλεπαν αδιαφορώντας αν βρέχονταν κι αν κρύωναν. Είναι βρεμένα τα φορέματά τους. Μα τι είδαν! Μόνο για τη θύελλα άξιζε να πάνε στο βουνό.





子供たちの小屋での嵐    



 こうして、破壊は通り過ぎました! まるで何もなかったかの様です。夕方には太陽がまた輝いて、地面からは良い香りがしています。 
 子供たちは帰るのです、その路で、嵐について話し合いました。嵐は、窓から子供たちに水を浴びせました。子供たちは、自分たちが濡れようが冷えようが、まるで無関心に、嵐を眺めていました。子供たちの服はびしょ濡れでした。でも、子供たちは見たのです! 嵐を見ただけでも、山に来た価値があるのです。   


posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

68. Η θύελλα 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」7





  Η θύελλα, αφού πέρασε από εκεί, έτρεξε πέρα στην άλλη άκρη, από τα Τρίκορφα. Έτρεχε μυριάδες μέτρα στο λεπτό. Έκοψε δέντρα στη μέση σαν σπαθί, ξεριζωσε άλλα. Μεγάλοι κορμοί έπεσαν κάτω, άλλοι έμειναν όρθιοι, χωρίς κλαρί και φύλλο. Ένα μικρό πεύκο, που το έβλεπαν να παλεύει με τη θύελλα, τώρα το βλέπουν πάλι όρθιο και λυγερό.
  Σε λίγα λεπτά της ώρας η θύελλα ήταν μακριά. Μόλις φαινόταν πέρα σαν αχνός. Τότε ξανάγινε γαλήνη. Φύλλο δεν σάλευε. Τα δέντρα στάθηκαν σε προσευχή.





 嵐はそこを通り過ぎると、もう直ぐに、トリコルファの向こうの端のもっと向こうを走っていました。1分の間に、何万メートルも走るのです。樹々を真ん中で切っていましたが、それはまるで刀でしたかの様でした。根から引き抜かれた樹もありました。大きな幹が下に倒れていました。また、立ったままの幹もありましたが、枝も葉もないのです。小さな松、子供たちはその松が嵐に苦しんでいるのを見ていました。今、子供たちは、その松が再びしなやかに真っ直ぐになっているのを見るのです。 
 ほんのわずかの間に、嵐は遠くへ行っていました。遠くに蜃気楼の様に見えるだけでした。それから、また穏やかになりました。葉っぱは揺れていませんでした。樹々は祈祷の姿勢になっていました。




第六十八章「嵐」、おわり。  

posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 その人は、山の奥に粗末な庵を自分一人で建てた。そして、昼間は、庵の中でずっとお経を唱えていた。日が暮れて暗くなると、都に降りて、広く歩き回って物乞いをし、僅かばかりのものを深く感謝し頂いて帰った。身を伸ばして休む間はなかった。 





  Αυτός έχτισε το άθλιο ερημητήριο μόνος του στο βάθος βουνού. Όλη ημέρα στο ερημητήριο έψαλλε την προσευχή για τον Βουδά. Και όταν βραδιάζε και σκοτείνιαζε, αυτός κατέβαινε στη πολή. Και περιφερόταν ευρύτατα μέσα στην πόλη, ζητώντας. Έτσι, δεχόταν το ασήμαντο κάτι με μεγάλη ευγνωμοσύνη του. Και γύριζε στο ερημητήριο του. Δεν είχε μια στιγμή να ξεκουράσει απλωμένος.





posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

68. Η θύελλα 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」6





  Άκουγες τον τρελό κρότο γυαλιών και καρφών.
  Τα παιδιά, που τα κυνηγούσε το νερό από τα παράθυρα, πήγαιναν στις γωνιές για να φυλαχτούν. Μα ήθελαν και να βλέπουν. Ήταν γεμάτα φόβο και θαυμασμό.
  Απέξω χτυπούσαν συνατά την πόρτα πέντε λατόμοι. Σε κάποιο φουντωτό δέντρο εκεί απέξω είχαν κρυφτεί και γλίτωσαν. Τους άνοιξαν και μπήκαν μέρσα.





 ガラスや釘がものすごく大きな音を立てるのが聴こえますよ。 
 子供たちは、窓のところから水を追っかけて行って、隅へ行って、どうなるか見張ったのです。どうなるか見たいと思っていたのですけれどね。怖さと驚きでいっぱいだったのです。 
 外で、五人の石切り職人たちが続けざまに戸を叩きました。外に何か生い茂った樹が生えていました。石切り職人たちはそこに隠れていたのです。そして逃げ出したのです。子供たちは、石切り職人たちに戸を開けてやりました。すると、彼らは入って来たのです。   



posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

世界の国境を歩いてみたら・・・

 BS11の番組『世界の国境を歩いてみたら・・・』、4月5日の放送は、「ギリシャ×北マケドニア 『国名変更に揺れる国境を歩いてみたら』」。
国境を歩くのは、小説家の羽田圭介さん。

https://www.bs11.jp/education/sp/national-border/
posted by kyotakaba at 22:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

Η βασιλική δρυς 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。  





Πάντα όμως με συνόδευαν οι γονείς μου και δεν μπορούσα. Περνούσαμε από ‘κει όταν πηγαίναμε στο ξωκλήσι του αι Γιάννη, στο πανηγύρι.

Τη χρόνια εκείνη όμως, η μαγική εντύπωση της βελανιδιάς με είχε κυριεύσει ζωηρότερα από ποτέ…

Όλη τη νύχτα, ξύπνιος και κοιμισμένος, την ονειρευόμουν.





けれども、いつも、両親が僕と一緒に行くので、そんなことは出来なかった。僕たちは、お祭りで聖ヤニスの祠に行く時には、そこに立ち寄っていた。 

けれども、その頃、樫の樹の不思議な印象が僕を捉えていた。最高に生き生きしている樫の樹… 

一晩中、起きていても、寝ていても、樫の樹のことを夢見ていた。  
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

68. Η θύελλα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」5





  Η θύελλα τότε πήγε από τα παράθυρα. Τα έσπασε και τα δυο, τα πέταξε κάτω στο πάτωμα κι έχυνε μέσα σωρούς νερό. Από τα σπασμένα παράθυρα φάνηκε έξω χαλασμός. Νερό και χαλάζι στριφογύριζε και χόρευε. Ήταν σαν να κυλούν βαρέλια γύαλινα. Έσπαζαν κι αυτά και κυλούσαν επάνω τους άλλα, και στα συντρίμμια τους άλλα.





 すると、嵐は窓に向かいました。二つの窓を壊しました、そして、床に投げ落としたのです、そうして、大量の水を注ぎ込んだのです。壊れた窓からは、外の大荒れの様子が見えました。雨と霰が、ぐるぐる回って踊っているのです。ガラスの樽が回っている様でした。ガラスの樽が、他の樽の上で回って割れるのです、そして、また他の樽の破片の上で回るのです。   





posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

68. Η θύελλα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」4





  Άστραψε. Πέντε χρυσές οχιές στριφογύρισουν με την ουρά στη γη και την κεφαλή στον ουρανό. Ο αέρας κρύωσε ξαφνικά. Μεγάλο βουητό ακούστηκε. Ώσπου να τρέξουν μέσα στο σπίτι, η θύελλα έφτασε κι ήθελε να μπει. Έσπρωχναν από μέσα τα παιδιά την πόρτα, έσπρωχνε αυτή απέξω. Χρειάστηκε να βάλουν όλα μαζί τη δύναμή τους για να κλείσουν και να συρτώσουν.





 ピカリと光りました。五匹の金のマムシが、大地で尻尾を、空で頭をくねらせていました。風は、突然に冷たくなりました。大きな唸り音が聞こえました。子供たちが、急いで家に駆け込む前に、嵐は遣って来てしまって、家に入り込もうとしたのです。子供たちは、中から戸を押しました。嵐は外から押したのです。戸を閉めて閂を掛けるためには、みんなの力を合わせて押さなければならなかったのです。   





posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする