2018年12月18日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」1





Τ’ όνειρο του χωριάτη





  Ο Καλογιάννης φώναξε ξαφνικά : ≪ Παιδιά, ο Λάμπρος! ≫
  Γύρισαν και είδαν εκεί παρακάτω στην πλαγιά το μαύρο κοπάδι που έβοσκε και προχωρούσε. Ο Λάμπρος είχε μείνει πίσω και τ’ οδηγούσε με το σφύριγμα. Σφύριζε τόσο ωραία! Νόμιζες πως ακούς χαρούμενη γαλιάντρα. Τα γίδια άκουγαν το σφύριγμα του κι επειδή καταλάβαιναν πως τους έλεγε να πάνε μπροστά, προχωρούσαν ευχαριστημένα.





 カロヤニスが突然に叫んだのです。「みんな、ラブロスだ!」 
 みんなは振り向きました。そして、ずっと下の斜面にひとつの黒い群れを目にしたのです。群は草を食んでは、前に進んんでいました。ラブロスは後ろにいたままです。群れを口笛で導いているのです。とても上手に吹くのです! 皆さん、楽しそうな雲雀が歌っているのを聴いていると思ってご覧なさい。ヤギたちはラブロスの口笛を聞いて、ラブロスが前に進めと言っているのか分かるのです。それで、喜んで前へ進むのです。
posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

62. Και τα δέντρα πονούν

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」  





Και τα δέντρα πονούν




  Εκεί κοντά ένας άνθρωπος κρατώντας μικρό κι ελαφρό τσεκουράκι χάραζε τα πεύκα.
  ≪ Πουρναρίτης! ≫ είπαν τα παιδιά μόλις τον είδαν.
  ≪ Δεν μπορεί να είναι κακός άνθρωπος ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ γιατί θα έφευγε μόλις μας άκουσε ≫.
  Ρώτησαν τότε τα παιδιά κι έμαθαν πως αυτός ο ρετσινάς έχει την άδεια του δασάρχη να μαζεύει το ρετσίνι.
  Όταν πλησίασαν είδαν αλήθεια με τι μεγάλη προσοχή χάραζε τ’ αγαπημένα πεύκα για να σταλάζει το ρετσίνι χωρίς να πάθουν τίποτα. Τους έκανε σιγά-σιγά μια πολύ στενή χαραματιά. Ήξερε πως και τα δέντρα πονούν.





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」 


 近くで、小さくて軽い斧を手に持ったひとりの人が、松の樹に刻みを入れていました。 
 「プウルナリの人だ!」と、子供たちは、その人を見るとすぐに言いました。 
 「悪い人ではない様だよ。」と、マシオスが言うのです。「悪い人だったら、僕たちの声が聞こえたら、すぐに逃げただろうからね。」 
 そうして、子供達は尋ねて、その人は松やに取りで、監督官の許可を持っていて、松やにを集めているのだ、と言うことを知ったのです。 
 子供達は近づいてみて、その人が、松の樹が少しも痛むことなく松やにを垂らす様に、本当に大きな注意を払って刻みを入れていると言うことを目にしたのです。ゆっくりゆっくりと、とても狭い刻み目をつけていくのです。その人は、樹がどれくらいで痛むかは知っていたのです。   





第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」、おわり。  


posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

トラブゾンの猫

 作家 小田実さんと妻で画家の玄順恵さんの旅行記。小田実さんが亡くなる直前の、ギリシャ・トルコ旅行の思い出。 

トラブゾンの猫 : 小田実との最後の旅 - Webcat Plus

posted by kyotakaba at 21:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

5. Ο Σκέλεθρας 10

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Θεός σχωρέσ’ τον, αλλά ήταν λέρα ο μακαρίτης. ≫
≪ Τί κακό έκανα; ≫




≪ Μόνο τα επαγγελματικά να βάλεις… άδικα, τοκογλυφία, ψευτιά…. και τσιγκουνιά… και… Πώς το είπε ο καλλιτέχνης; Κυνισμός! ≫
≪ Το κρανιακόν οστούν… Το μετωπικόν οστούν… ≫




ΑΑΑΑΑΑ

≪≪ Άτιμο παιδί! Το δόντι! ≫≫
≪ Τί σου ‘κανα, μπάρμπα; ≫
≪ Όνειρο ήταν, μπάρμπα, όνειρο… ≫






「神は彼を休め給うた、けれども、この故人は、人間の屑だった。」 
「私はどんな悪事をしたのだ?」 

「お前は攻撃することだけが職業で、…、不正、高利、嘘、そして吝嗇。それに、芸術家はこのことをどう言ったか? 犬儒派!」 

「これが頭蓋骨、…、これが額の骨、…、」 

ああああああ 

「恥知らずな子め! 歯か!」 
「おじさん、僕がおじさんに何をしたの?」
「夢だよ、おじさん、夢だよ…」  



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

61. Από που έρχεται το νερό 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」3





Για να σταλάζει όμως το νερό και να μπει στη γη πρέπει ο τόπος να είναι φυτεμένος. Αν δεν υπάρχουν χλωρά και ξερά φύλλα να το κρατήσουν, τότε το νερό πηγαίνει στα ξεροπόταμα και χάνεται στη θάλασσα και στον αέρα. Λοιπόν και τις βρύσες ακόμα, το ευλογημένο το δάσος μας τις δίνει. Αν αφήναμε τους ανθρώπους να κόψουν το δάσος, αυτή η βρυσούλα εδώ θα στέρευε. Θα στέρευαν όλες οι βρύσες που συναντήσαμε από την πόλη ως εδώ και μαζί μ’ αυτές και το ποτάμι ≫.





「けれども、水が浸透して大地に入る為には、植物が生えている場所が要るのです。水を保っておく青々した葉、それに枯葉がないと、水は、水の無い川床へ行ってしまい、海か空気の中へ逃れてしまうのです。つまり、泉はですね、恵まれた森が私たちにもたらしてくれているのです。もし、森を切ってしまう人間たちを放っておくと、ここにある、小さな泉は干上がってしまうでしょう。それだけでなく、町からここまで私たちが目にした泉もすべて干上がってしまうでしょうし、そららの泉と共に、川も干上がってしまうでしょう。」   





第六十一章「水はどこから来るか」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

61. Από που έρχεται το νερό 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」2





  Κανένας δεν ήξερε ν’ απαντήσει.
  ≪ Από τις βροχές και τα χιόνια ≫, είπε ο δασάρχης, ≪ το νερό σταλάζει σιγά μέσα στο χώμα και πηγαίνει σε μεγάλες δεξαμενές από πέτρα που έχει μέσα της η γη. Από κει βγαίνει με τις βρύσες και τα ποτάμια. Από τις βρύσες και τα ποτάμια το παίρνουν τα ζώα, οι άνθρωποι, τα σπαρτά, οι μύλοι.





 誰も知らないので、答えがありませんでした。 
 「雨と雪から、」と監督官は話し始めました。「水はゆっくりと地面に浸透するのです。そうして、その水は巨大な石で出来た水貯めに行くのです。その水貯めは、大地が自分の中に持っているのです。そこから、泉や川となって、出て行くのです。泉や川から、動物たちや人間たちや田畑や水車小屋は水を取るのです。」 





posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

61. Από που έρχεται το νερό 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」1





Από που έρχεται το νερό



  Σταμάτησαν σε μια βρυσούλα που μόλις ακουγόταν το λίγο και κρύο νερό της. Ήξεραν πως τόσο κρύο νερό δεν πρέπει να το πίνουμε όταν είμαστε ζεστοί από δρόμο κι έβρεξαν μόνο τα χέρια τους. Ήταν ταπεινή βρυσούλα, ήσυχη, που σπάνια έβλεπε διαβάτες εκεί ψηλά.
  ≪ Από που να έρχεται τούτο το νεράκι; ≫ ρώτησε ο Πάνος.
  ≪ Από το βουνό ≫, είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Ναι, μα πώς βρέθηκε μέσα στο βουνό; ≫ ρώτησε ο δασάρχης.





水はどこから来るのか 




 一行は、ある小さな泉で立ち止まりました。それは、冷たい水が小さく鳴っていたのです。みんなは、道中で身体が火照っている時には、こんな冷たい水を飲むものではないと言うことは、知っていました。ただ、手をその水に浸すだけが良いのです。それは、慎ましやかな小さな泉でした。こんな高地では、そこを通る人は稀にしか見ることのない様な泉でした。 
 「このちょろちょろの水はどこから来るの?」とパノスが尋ねました。 
 「山からだよ。」と他の子供たちが言いました。 
 「そうです。でも、山の中にどう言う風にあるのかな?」と監督官が尋ねました。   



posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

5. Ο Σκέλεθρας 9

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ
ΘΕΛΩ ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ.


≪ Ώστε σαύρα είχα ψυχή, άλλοι έχουν γουρούνι, άλλοι έχουν παγόνι… ≫





お前の歯、 
私はお前の歯が欲しい。 

「それで、私は蜥蜴の魂を持っていた。ある人たちは豚の魂だった、ある人たちは孔雀の魂だった、…」



posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

60. Ο χείμαρρας 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」9





Κοντά σε κείνο που κόπηκε βοηθάμε άλλο δέντρο να μεγαλώσει. Κι αν δεν φύτρωσε μόνο του, το φυτεύουμε εμείς. Έτσι το δάσος ξαναπαίρνει εκείνο που μας δίνει. Αν όμως αφήσουμε να πέσει στα δέντρα όποιος θέλει και να κόβει ό,τι θέλει, το δάσος θα χαθεί. Και άμα λείψει αυτό, εμείς οι άνθρωποι θα πεθάνουμε από τη δίψα ≫.





「木こりが樹を切った側で、私たちは、他の樹が大きくなるのを手伝うのです。樹が自力では生えてこない場合には、私たちが樹を植えるのです。こうして、森は、元に戻って、私たちに恩恵を与えるのです。けれども、もし、私たちが、欲しいだけ全ての樹を切ってしまうような人間に成り果ててしまったら、森は無くなってしまうでしょう。そして、森がなくなるとすぐに、私たち人間は、喉の渇きのために死んでしまうでしょう。」  





第六十章「急流」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

60. Ο χείμαρρας 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」8





  ≪ Καλά έκανες, παιδί μου, να το ρωτήσεις≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Οι λατόμαι κόβουν μόνο τα δέντρα που τους λέμε εμείς να κόψουν. Τα δέντρα αυτά είναι σαράντα, πενήντα κι εβδομήντα χρόνων το καθένα. Γέρασαν δηλαδή και ήρθε η ώρα τους να δώσουν ξυλεία, για να βγουν στη θέση τους άλλα μικρά, που πάλι θα μεγαλώσουν σαν αυτά.





 監督官はこう言いました。「君、そういうことを質問するとは、とても良いことです。木こりたちは、私たちが彼らに切りなさいと言った木々だけを切っているのですよ。それらの樹々は、どれも、四十年、五十年、七十年の樹なのです。つまり、年老いていて、材木になる時が来ているのです。そして、その場所に、新しい小さな樹が出てくる様になるのです。小さな木は、また、それらの樹々のように大きくなるのです。」  



posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου

 『 Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου 』 
Ιτσίρο Κισίμι
出版社:Ψυχογιό 2018年6月刊 

.:BiblioNet : Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου / Kishimi, Ichiro


 日本の哲学者、アドラー心理学研究者、岸見一郎教授と古賀史健の共著の翻訳。
『嫌われる勇気』だろうか? 
嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え - Webcat Plus
ギリシャ語の題名をそのまま訳すと、「敢えてあなた自身でいる」。
岸見一郎のギリシャ語表記は:Ιτσίρο Κισίμι
古賀史健のギリシャ語表記は:Φουμιτακέ Κόγκα

posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

Ο συλλέκτης

 『 Ο συλλέκτης 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Ίκαρος 2018年刊  

.:BiblioNet : Ο συλλέκτης / Soloúp

離婚した父親が娘の通学を伺うのだけれど、接触を恐れた母親がタクシーを使うようになった為、父親はタクシーのナンバーを書き残して集めるようになった、、、 

posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αϊβαλί

 『 Αϊβαλί 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Κέδρος 2014年刊  

.:BiblioNet : Αϊβαλί / Soloúp

イズミルからギリシャ本国へ移住させられた人々の物語。 

posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

5. Ο Σκέλεθρας 8

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





ΧΙ ΧΙ


≪ Γιατί γελάς; ≫


≪ Τίποτα… το δόντι σου γυαλίξει…. Γυαλίξει το χρυσάφι… ≫



Πήγε να γελάσει κι αυτός, αλλά μια σκέψη τον πάγωσε : Αυτό το άτιμο πλάσμα θα τον κληρονομούσε!



≪ Αυτό το σιχαμερό πλάσμα θα ‘ρθει στο μνήμα μου να απαιτήσει το χρυσό μου δόντι. Αλλά ποίο μνήμα; Εγώ δεν θα ‘χω μνήμα… ≫



Την ίδια νύχτα…





ヒ ヒ 

「お前はなぜ笑っているのだ?」 

「全然…、おじさんの歯はピカピカ…金がピカピカに光って… 」 


骨氏は結局笑った。けれども、ある考えが彼をぞっとさせた。「あの恥知らずが自分の財産を相続するのだ」と言う考えだった。  

「あのむかつく奴が私の墓に来るのだろう、そして、私の金歯を要求するのだ。だが、どの墓だ? 私は墓を持たないつもりだ。」  

その同じ夜…、   



posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

60. Ο χείμαρρας 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」7





  Ο Μαθιός, συνηθισμένος από το σχολείο, σήκωσε το χέρι και ρώτησε : ≪ Τότε, γιατί δεν εμποδίζουν τους λοτόμους να κόβουν ξύλα; ≫





 マシオスは手を挙げて質問しました。学校でそうしているのに慣れていたのです。「そうしたら、木こりに樹を切らさない様にしないのはなぜですか?」


posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月27日

60. Ο χείμαρρας 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」6





Όταν όμως καίμε και ξεριζώνουμε τα δέντρα, τότε το χώμα και το χαλίκι φεύγει από τις γυμνές ράχες και πηγαίνει στον χείμαρρο. Εκείνος φουσκώνει από τις βροχές και κατεβάζει μια φοβερή δύναμη από χώμα, λιθάρια και νερό, που αφανίζει σπίτια, σπαρτά και ανθρώπους. Αυτό πρέπει να συλλογίζεται καθένας που πηγαίνει να κόψει δέντρο ≫.





「けれども、私たちが樹を燃やして、根から引き抜くと、そうすると、土も小石も裸の尾根から流れ去り、河床へと行ってしまうのです。河は、雨で水かさを増し、土と小石と水との恐ろしい力を持ちながら、下って行くのです。そして、家々や田畑や人間たちを消し去ってしまうのですよ。樹を燃やそうとしている人は誰でも、そのことを深く考えて見なければならないのです。」   



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月26日

60. Ο χείμαρρας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」5





  ≪ Το δέντρο! ≫ έκαναν με απορία τα παιδιά.
  ≪ Να ξέρατε πόση δύναμη έχει ένα δέντρο! Αυτό με τις ρίζες του κρατάει το χώμα και τα χαλίκα σφιχτά, για να μην τα παίρνουν οι βροχές και τα πηγαίνουν στον χείμαρρο. Δεν έχει μόνο το δέντρο αυτή τη δύναμη, μα και οι μικροί θάμνοι, οι αφάνες, το πουρνάρι, η κουμαριά, ακόμα και το θυμάρι. Γι’ αυτό οι φυτεμένοι τόποι γλιτώνουν τους ανθρώπους από τις πλημμύρες.





 「樹!」と、子供たちは驚いたのです。 
 「一本の樹というものは、そても力があることを君たちは覚えておいて下さいね。樹は、根で土と小石をきつくつかんでいます、そうすることで、雨は土と小石を取られないのです。ですから、雨は河床へと行くのです。力があるのは、樹だけではないのです。小さなイバラ、エニシダ、ヒイラギ、イチゴノキ、それに、タイムも力があるのですよ。ですから、植物が生えている場所が人間を洪水から救うのです。」  


エニシダ/αφάνα/ broom: Genisteae - Wikipedia
イチゴノキ/κουμαριά/Arbutus: イチゴノキ属 - Wikipedia
タイム/θυμάρι/thyme : タイム (植物) - Wikipedia



posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月22日

5. Ο Σκέλεθρας 7

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ … τα δύο κροταφικό…
τα δύο βρεγματικά… ≫



≪ Πάψε! Διάβασε αλλό μάθημα! ≫



≪ Να πάω το ληξιπόθεσμο μενταγιόν στην κύρια Άσπα. Πάντα τα αγοράζει από δεύτερο χέρι. Να ξεχαστώ και λιγό… ≫



≪ Να πάρει η οργή! Αυτοί ξέρουν την ιστορία με τον σκελετό μου. Το συζητούσαμε πριν καιρό στο σαλόνι της… ≫



≪ Φρίκη! Να πουλήσω τον ίδιο μου τον σκελετό; Φρίκη! Κυνισμός! ≫

≪≪ Και γιατί δηλαδή φρίκη; Γιατί είμαι κυνικός; Εσύ που είσαι καλλιτέχνης δεν θα έκανες το ίδιο άμα δεν είχες να φας; ≫≫





「… 二つの小さな顳顬… …二つの頭頂骨… 」


「止めなさい! 他の教科書を読みなさい!」 


「アスパ夫人のところへ支払い期限の来たペンダントを持って行こう。夫人はいつも中古品を買うから。うっかりしていた、すぐ前…」 
「畜生! 皆んなは私の骨の話を知っているのだ、以前に、夫人の客間でそのことを話題にしたのだった。」 

「ああ怖! 自分自身の骨を売るか知ら? 恐ろしいわ! 犬儒派ね。」 

「何で恐ろしんだ! 何で私が犬儒派なんだ? 芸術家の貴方も、食べなければならなければ、同じことをしやしないのか?」  



posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月21日

60. Ο χείμαρρας 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」4





  ≪ Είναι ο χείμαρρος ≫, τους είπε. ≪ Οι λύκοι, οι αρκούδες, τα λιοντάρια δεν είναι τίποτα μπροστά στον χείμαρρο. Φέρνουν πολύ μικρή ζημιά και δεν τα βγάζουν πέρα πάντοτε με τον άνθρωπο. Ο χείμαρρος όμως κυνηγά τον άνθρωπο και τον αφανίζει, αυτόν και τη γενιά του. Όταν γεμίσει νερό και κατεβάσει στους κάμπους αυτά τα λιθάρια που βλέπετε, πνίγει ανθρώπους, αμπέλια, ζώα και χωριά ολόκληρα. Οι άνθρωποι χτίζουν τοίχους και σηκώνουν φράχτες για να τον εμποδίσουν, μα είναι οι κόποι τους χαμένοι. Ένας μόνο μπορεί να τα βάλει με τέτοιο θηρίο. Το δέντρο ≫.





 監督官は子供たちにこう言いました。「急流なのです。狼、熊、ライオンは急流の前ではまるっきり形無しなのです。そうした獣たちは、いつも人間に対して上手くいくのではないし、もたらすのはとても小さな被害なのですよ。だけれど、急流は人間を追って来て、その人間とそれにその人の一族をみんな消し去るのです。水がいっぱいになると、急流は、今君たちが見ている小石を平原に落とすのです。そして、人間たち、葡萄畑、家畜たち、村々全部を溺れ死なすのですよ。人間たちは壁を作ります、急流を阻む囲いを立てるのですが、でも、人間たちの骨折り仕事は無くなるのです。この最大の獣と争うことが出来るのはひとつだけなのです。樹です。」  


posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月20日

60. Ο χείμαρρας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」3





  ≪ Εδώ επάνω είναι άγρια και περήφανα όλα ≫, είπε ο δασάρχης.
  Κι αλήθεια έβλεπαν πόσο θεόρατο είναι το βουνό, που φαίνεται από την πόλη σαν γαλανός ίσκιος. Πόσους βράχους, πόσα φαράγγια, πόσες ράχες, πόση πέτρα και κακοτοπιά έχει!
  ≪ Τώρα ≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Θα δείτε το μεγαλύτερο θηρίο που μπορεί να βγει από το βουνό. Να το! ≫
  Τα παιδιά στάθηκαν και κοίταξαν με περιέργεια. Είδαν όμως πως τους έδειχνε το ξεροπόταμο, που κατέβαινε την πλαγιά γεμάτο χαλίκια.





 「ここ高地は、未開で、堂々としている。」と監督官は言いました。 
 本当に、子供たちは、山がどれほどに巨大かを目にしたのです。都市からは、青い影の様に見える山なのです。どれだけの岩壁、どれだけの渓谷、どれだけの尾根、どれだけの岩とがれ場があることでしょう! 
 監督官は言いました。「さあ、君たちは、最大の獣を目にするだろう。いつも、山から出てくるものなのだ。ほら、それだ!」 
 子供たちは立ち止まりました。そして、興味津々で見つめたのです。けれども、監督官が自分たちに指し示した方に、子供たちは、水の無い川床を見ただけでした。その川床は、砂利でいっぱいの斜面を降っていました。  





posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月19日

60. Ο χείμαρρας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」2





  Ένα όρνιο φάνηκε από πάνω τους να σκίζει αργά τον αέρα. Όλοι σήκωσαν το κεφάλι για να κοιτάξουν το μεγάλο πετούμενο, που ταξίδευε ζητώντας την τροφή του. Το όρνιο για μια στιγμή έκοψε την ορμή του και φτερουγιάστηκε, ύστερα χτύπησε πάλι με τις φτερούγες του τον αέρα και χάθηκε πίσω από τα Τρίκορφα…




 一羽のワシがこども達の上に現れました。そして、ゆっくりと風を切りました。みんな、頭を上げて、大きな翼のある鳥を見つめたのです。ワシは、食べ物を求めて旅をしているのです。ある一瞬、ワシは勢いを止めて、羽搏きました。それから、もう一度、両翼で風を打つと、トリコルファの後ろに消えて行ったのです。  


posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月17日

≪βροχή≫ των διαττόντων αστέρων Λεοντιδών

 11月16日付、ト・ビーマの見出しから: 
Η φετινή φθινοπωρινή ≪βροχή≫ των διαττόντων αστέρων Λεοντιδών θα κορυφωθεί το βράδυ του Σαββάτου, 17 Νοεμβρίου

今年の秋の獅子座の流星「雨」が11月17日の夜に頂点に達するだろう。 


posted by kyotakaba at 18:23| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月16日

カヴァフィス全詩

 池澤夏樹 訳 『カヴァフィス全詩』 
書肆山田 2018年9月刊 

カヴァフィス全詩


posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月15日

5. Ο Σκέλεθρας 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Δυο μέτρα μήκος κι ένα πλάτος… Ένα κομματι γής… Πεντακόσια φράγκα! ≫


≪ Σωστή έξωση! ≫
≪ Να τι μένει απ’ τον άνθρωπο… ≫




≪ Αλήθεια ήταν λοιπόν! Πέθανε 80 χρωνών και είχε όλα του τα δόντια! ≫

≪ Λένε πώς υπάρχουν μνήματα που ευωδιάζουν… ≫
≪ Υπάρχουν! ≫




≪ … Κι αλλά που τους κρατάνε άλιωτους… ≫
≪ Υπάρχουν! ≫



≪ Τι ανοησία! Θα ‘λεγε κανείς ότι ζηλεύω τους τάφους… ≫





「長さ2メートル、幅1メートル、…、一区画、五百フラン。」 

「これは強制立退き、そのものよ!」 
「ほら、人間の何が残っているか…」  

「本当だった! この人は八十歳で死んで、歯が全部あった。」 

「香りを放ち続ける想い出があると、人は言うけれど。」 
「ある!」  


「…、でも、何処に散っていかないそれを取っておくんだ、…、」 
「ある!」 

「何て馬鹿馬鹿しい! 私が他人の墓を羨ましがる等と誰も言わないだろう。」





posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月14日

60. Ο χείμαρρας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」1





Ο χείμαρρος



  Την άλλη μέρα ο δασάρχης ήρθε. Πέντε παιδιά έμειναν να φυλάξουν τις καλύβες και τα άλλα ξεκίνησαν μαζί του για το μέρος όπου ήταν το νεροπρίονο. Για να πάνε εκεί πέρασαν από μέρη γυμνά και τραχιά. Σε κάθε βήμα τους γκρεμίζονταν χαλίκια. Ο αέρας ήταν κρύος και βούιζε. Ο ήλιος δεν έκαιγε.





    急流 

 翌日、監督官は遣って来たのです。五人の子供が、小屋を見張るために残りました。他の子供たちは、監督官と一緒に、水力の製材所のあるところへ出かけました。そこに行くには、裸地のゴツゴツしたところを通るのです。子供たちが一歩進むごとに、小石がひっくり返ります。風は、冷たくて唸っています。太陽は燃え上がっていないのです。  




posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月13日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」5





  ≪ Μικρά σπιτάκια έχετε ≫, τους είπε, ≪ μα δύσκολα βρίσκει κανείς μια τόσο προκομμένη κοινότητα ≫. Έπειτα ανέβηκε στο κόκκινο άλογό του. ≪ Σήμερα, παιδιά ≫, είπε, ≪ θα πάω για υπηρεσία στο δάσος. Αύριο θα ξανάρθω και θα σας οδηγήσω ψηλά στο νεροπρίονο. Εκεί θα δείτε αληθινά τι μας δίνει το δάσος. Θέλετε; ≫
  ≪ Ναι, ναι ναι! ≫ φώναξαν όλοι με ενθουσιασμό.





 監督官は子供たちにこう言いました。「君たちは小さな小さな家を持っているんだね。でも、これ程によく働く共同体を見つけるのは難しいよ。」 それから、監督官は自分の赤い馬に乗りました。こう言いました。「私はこれから公用で森に行きます。明日に、また来るつもりですよ。そうしたら、君たちを上の水力の製材所に案内してあげよう。そこで、森が私たちに与えてくれるものは何かを君たちは正しく知ることになるでしょう。君たちは行きたいですか?」 
 「はい、はい、はい!」 皆んなが感激して叫びました。   





第五十九章「森の小さな儀式」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月12日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」4





  Λέγοντας αυτά, έδωσε το μετάλλιο στον Αντρέα. Εκείνος το έδωσε στ’ άλλα παιδιά. Όλα έσκυψαν, το κοίταξαν και το καμάρωναν όπως ήταν ωραία σκαλισμένο κι έλαμπε.
  Ρώτησε έπειτα ο δασάρχης για τη ζωή τους εκεί πάνω, για το φαγητό τους, για τον ύπνο τους, για όλα. Πήγε μέσα στις καλύβες, είδε τους δρόμους και τα άλλα έργα που έκαναν, και χάρηκε για την πάστρα και την τάξη που είδε.





 そう言うと、監督官はメダルをアンドレアスに与えました。アンドレアスは、そのメダルを他の子供たちに渡しました。皆んなは、屈みこんでメダルを見つめ、きれいに彫刻されて輝いているそのメダルを誇らしく思ったのです。 
 そうしてから、監督官は、高地での子供たちの生活について尋ねたのです。また、食事のこと、睡眠のこと、何もかもについて尋ねたのです。そして、小屋の間を通って、その通路を見たのです。それに、その他の子供たちがした仕事を見ました。そして、彼が見た、清潔さと整頓を嬉しく思ったのです。 



posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月10日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





鹿の斑模様の様に雪が残る富士の麓も歩こう、どこも忘れられない美しさがある、けれども、仏の美しさは、いつも、向こうなのだ。」





Ας διαβώ στους πρόποδες του Φούτζι, όπου έχουμε το παρατεταμένο χιόνι. Το χιόνι βρίσκεται διάστικτα, έτσι αυτοί πρόποδες μοιάζουν με το πιτσιλωτό πετσί του ελαφιού. Παντού μπορώ να βρώ μια ομορφιά, αλλά η ομορφιά του Βούδα στέκεται στην άλλη πλευρά πάντα.




「花林院永玄僧正」、おわり。
posted by kyotakaba at 16:21| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月08日

5. Ο Σκέλεθρας 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





!!


Στο κοινό χωνευτήριο…

Ίσως και γι΄ αυτό πήγε βόλτα στο νεκροταφείο τη μέρα της ανακομιδής.


≪ Να λοιπόν που παίρνουν τα κόκαλα των δικών τους… ≫





!!


共同の壺に…

多分それだからだろう、骨氏は、改葬の日に共同墓地に散歩に行った。 

「さて、どこで骨を拾っているのだろうか…」




posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月07日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」3





  Ο δασάρχης κρατούσε ένα ωραίο κουτί με βυσσινί χρώμα. Από το κουτί έβγαλε ένα λαμπερό άσπρο μετάλλιο. ≪ Η τάξη σας ≫, είπε, ≪ πήρε το μετάλλιο της δασικής προστασίας. Το κράτος μ’ έστειλε εδώ να σας το δώσω. Αυτό θα το κρεμάσετε στο σχολείο και θα μείνει πάντα εκεί, για να δείχνει τι κατορθώνουν τα παιδιά όταν θέλουν. Σας αξίζει ≫.





 監督官は、一つの綺麗な箱を抱えていました、深紅色の箱です。その箱から、一つの輝く白いメダルを取り出しました。こう言いました。「君たちのクラスは、森林保護のメダルを取ったのですよ。国は、君たちにメダルを渡すようにここに私を派遣したのです。これは学校に掛けられて掲示されるでしょう。そして、いつもそこにあって、子供たちが望む時にはいつでも、皆さんが何を成し遂げたか教えるのです。君たちはメダルに値するのです。」   





posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月06日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」2





  ≪ Μα εδώ είναι πόλη! ≫ είπε ο δασάρχης.
  Τα παιδιά τον χαιρέτησαν και στάθηκαν μποροστά του.
  ≪ Ήρθα να σας ≫, τους είπε. ≪ Είχα περιέργεια να σας δω. Ποιος είναι ο αρχηγός σας; ≫
  Όλοι γύρισαν και κοίταξαν τον Αντρέα. Εκείνος δεν μιλούσε.





 「おや、ここは都市だね!」と監督官は言いました。 
 子供たちは、監督官に挨拶をして、前に立ちました。 
 監督官は子供たちにこう言いました。「君たちのところへやって来ました。私はね、君たちに会って見たかったのだよ。君たちのリーダーは誰だい?」 
 みんなは振り返って、アンドレアスを見つめました。アンドレアスは口を開きませんでした。 
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月05日

59. Μια μικρή τελετή στο δάσος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十九章「森の小さな儀式」1





Μια μικρή τελετή στο δάσος



  Είναι η πρώτη φορά σήμερα που ήρθε να δει τα παιδιά ο δασάρχης.
  Ο δασοφύλακας που τον ακολουθούσε, του κράτησε το άλογό του. Ο δασάρχης κατέβηκε και κοίταξε τις καλύβες.
  Την πρωινή αυτή ώρα τα παιδιά είχαν τις καθημερινές εργασίες. Ο μάγειρος φορούσε την ποδιά του και μαγείρευε. Άλλα κοίταζαν τη φωτιά. Άλλα σάρωναν το χώμα με μεγάλες σκούπες από φρύγανα. Σ’ ένα δέντρο αποκάτω ο Λάμπρος κι ο Δημητράκης ήταν σκυμμένοι στο βιβλίο. Ο Φουντούλης καθόταν και τους άκουγε. Ήταν τώρα καλά. Ο Μαθιός κι ο Γιώργος καθισμένοι μπάλωναν το ρούχο τους. Έλειπαν δέκα παιδιά που είχαν πάει για λουτρό στη Ρούμελη. Όλα τ’ άλλα δούλευαν στις καλύβες.






森の小さな儀式   


 今日は、森林監督官が子供達に会いに来る初めての時だったのです。 
 一人の森林警備官が監督官について来ました。監督官の馬を曳いていました。監督官は馬から降りて、小屋をしげしげと見ました。 
 朝の時間で、子供たちは、毎日の仕事をしていたのです。料理人は、自分の前掛けを身につけて、料理をしています。炎を見ている子もいます。地面を枯れ枝で作った大きな箒で掃いている子もいます。ある樹の下では、ラブロスとディミトラキスが本の上に屈みこんでいます。フォンドリスは座って、ラプロスとディミトラキスを聞いています。いい天気でした。マシオスとヨルゴスは、座って自分たちの服を繕っています。十人の子供たちはいませんでした、ルウメリに水浴びに行っていたのです。他の子たちは、みんな、小屋で働いていたのです。   


posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





木曾の懸橋も渡ろう、佐野の船橋も渡ろう、逢坂の関も越そう、鳴海潟も歩こう、 


Ας περάσω την γέφυρα από μαδέρι που αιωρείται από τον γκρεμό στο Κισο. Ας περάσω την πλωτή γέφυρα στο Σανο. Ας διασχίσω τον σταθμό διοδίων στο Ουζακα. Ας περπατήσω στην λιμνοθάλασσα Ναρουμη.



木曽の桟 - Wikipedia



posted by kyotakaba at 10:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月01日

5. Ο Σκέλεθρας 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Δέκα χρόνια είχαν περάσει από την εποχή του συμβόλαιου. Ζούσε μονός με τον ανιψιό του, το Τιρίλλη.

≪ Ε ρε σκοτούρα που θα ’χουν σήμερα τόσοι άνθρωποι! ≫





[ Ειδοποιούνται όσοι επιθυμούν να κάνουν ανακομιδή των λειψάνων των νεκρών τους να σπεύσουν έως το τέλος της προθεσμίας. Μέτα τα οστά θα ρίχνονται σε κοινό χωνευτήριο. ]




≪ [ …το κρανιακόν οστούν… τα δύο κροταφικά… ] ≫



Τελευταία σκέφτοταν πολύ τα μελλούμενα ο Σκελεθράς.


Τον Θάνατο του, ας πούμε…



[ Επειδή ο μακαρίτης ο
Σκέλεθρας δεν έχει
κληρονόμους εκτός από το
Τιριλλή, το άτιμο το Τριλλή
ειδοποιείται να προσέλθει να
παραλάβει την περιουσία του.
Επίσης, επειδή τα κόκαλα
είναι πουλημένα και δεν θα
μπουν σε τάφο ή κοινό
χωνευτήριο, ειδοποιείται να
προσέλθει ο εκπρόσωπος του
Ινστιτούτοιυ. ]





 契約した時から十年が過ぎた。彼は独身で、甥のテイリリースと暮らしていた。 

「ほら見てごらん、これでは、多くの人に問題になるだろう。」 

[ 死者の遺体の骨を改葬しようと望んでいる皆さんに、期日の終わりまでには急いで改葬される様にお知らせします。期日後は、共同の壺に投棄される予定です。 ]  

「[ … 一つの頭蓋骨、… 二つのこめかみ…、 ]」   


到頭、骨氏は、これからの事をよく考えて見た。  

自分の死のことを。言わば…、 

[ それから、故骨氏は、ティリリース以外に相続人がいないので、当のティリリースには、骨氏の財産を受け取りに来るようにお知らせします。また、既に骨は売られているので、墓や共同の壺に入ることはありません。協会の代表者がいらしてください。 ]  



posted by kyotakaba at 14:54| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月31日

58. Ο λύκος 14

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」14





  Τα χαράματα μπόρεσε ο λύκος να σταθεί μέσα στα έλατα. Ήταν κουρασμένος κι αγκομαχούσε. Ήταν πληγωμένος και νηστικός. Άλλα ονειρεύτηκε κι άλλα βρήκε. Ωστόσο, επειδή δεν πρέπει σε λύκο να παραπονιέται, έγλειψε τις πληγές του και τράβηξε να βρει καλύτερη τύχη.





 夜明けになって、狼は、樅の木立の中で立ち止まることが出来たのです。疲れていましたし、喘いでいました。傷を負っていましたし、空腹でした。夢に見たのだけれど。見つけたのだけれど。けれども、だからと言って、愚痴を言うのは、狼にはふさわしくないのです。狼は傷を舐めました。そして、もっといい機会を見つけようと進んで行ったのです。  





第五十八章「狼」、おわり。  



posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月30日

58. Ο λύκος 13

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」13




  Και τόση ήταν η ταραχή, που τα παιδιά έχασαν τον ύπνο τους. Είχαν καταλάβει πως εκεί κοντά ήρθε το πιο μεγάλο αγρίμι που είναι στο δάσος. Τέσσερα-πέντε παιδιά βγήκαν κι άναψαν έξω από τις καλύβες μια μεγάλη φωτιά, με προσοχή να μην παταχτεί καμιά σπίθα στα δέντρα. Έχουν ακούσει πως ο λύκος φοβάτει τη φωτιά. Έπειτα όμως τους έφυγε κάθε φόβος με το αδιάκοπο γαύγισμα που άκουγαν. Αυτό έδειχνε πως υπάρχουν σκύλοι πιστοί και δυνατοί, που κυνηγούν τον εχθρό.





 この騒ぎは大変なものでしたから、子供たちは、寝ていられなくなりました。子供達には、もう、とても大きな獣が近づいて来て、森にいるということが分かっていたのです。四人か五人の子供が外に出ました。そして、小屋の外に、火の粉が樹に飛んで行かない様に注意しながら、大きな灯りを点けたのです。子供たちには、狼は火を怖がると聞いたことがあったのです。それに、聞こえてくる絶え間のない犬の吠える声で、それぞれの恐怖が子供たちから出て行ったのです。吠える声で、忠実で強い犬が何頭かいることが分かるのです。敵を追っているのです。   



posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月29日

58. Ο λύκος 12

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」12





  Από τη στιγμή εκείνη οι σκύλοι τον κυνηγούν. Ο Πιστός έπεσε στον δρόμο. Οι άλλοι δυο τρέχουν κοντά στον λύκο. Τον ίδιο δεν τον βλέπουν, ακούν όμως το περπάτημά του ή νιώθουν τη μυρωδιά του. Τον πηγαίνουν από ράχη σε ράχη. Όλη εκείνη τη νύχτα τον κυνηγούν οι σκύλοι, οι τουφεκιές, οι φωνές των τσοπάνηδων.





 その瞬間から、犬たちは、狼を追い始めたのです。ピストスは道に倒れています。他の二頭は、狼の側を走っていました。二頭の犬は、狼そのものを見てはいないのです。けれども、狼の足取りを聞いているか、あるいは、匂いを感じ取っているのです。犬たちは、尾根から尾根へと狼を追って行きました。その夜の間中ずっと、犬たちと、銃声と、羊飼いたちの叫び声が、狼を追いかけたのです。 





posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月28日

撰集抄の花林院永玄僧正 7-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 人里離れた所で、永玄は独り言を言った。
 「老蘇の森にあると言う、追って近づくと消えてしまう帚木の様に、仏は追っても追っても遠くにいる。六十を越した私だけれど、その仏の姿を追って国中を歩いて回ろう。





  Απομακρύνθηκε από το χωριό και στάθηκε στον ακατοίκητο χώρο. Έτσι μονολόγησε : ≪ Λέγεται ότι στο δάσος Ροσο βρίσκεται το δέντρο που λένε χαχακιγί. Το χαχακιγί έχει έχει ένα χαρακτηριστικί. Όταν ο άνθρωπος το πλησιάζει, αυτό θα εξαφανίσει. Ο Βούδας μοιάζει του. Εγώ έχω καταδιώξει τον Βούδα τόσο πολλοί χρόνοι, ακόμα αυτός βρίσκεται μακριά. Αν και εγώ είμαι πάνω από εξήντα ετών και γέρικος, ας πάω να ζήτησω τον ίχνο του Βούδα και θα περιέλθω σε όλη τη χώρα.



posted by kyotakaba at 11:49| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月25日

5. Ο Σκέλεθρας 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Όλοι ήξεραν την ιστορία και τον φωνάζαν πια σκέλεθρα κι αυτός ήταν περήφανος.

≪ Καλημέρα, Κύριε Σκελεθρά! ≫
≪ Καλημέρα, Κύρ-ΓιαννήΙ! ≫



Κι όταν το έφερνε η ώρα, έκανε και πλάκα μ’ αυτή.

≪ Ρε, θα σου σπάσω τα παιδιά!!! ≫
≪ Πουλημένα είναι. Την ευρώπη θα ζημιώσεις! ≫




Δεν ήθελε μάλιστα να κάνει καμιά επιδιόρθωση στα πουλημένα κόκκαλα του. Γιατί να κάνει; Δικά του ήταν , έτσι, όταν αναγκάστηκε κάποτε να πάει στον οδοντογιατρό…

≪ Βγάλ’ το εντελώς! ≫



≪ Αμαρτία είναι, Κύριε Σκελεθρά, γερό δόντι… ≫




Και μόνο με τα πολλά, όταν κατάλαβε πόσο θα πονούσε, δέχτηκε να βουλώσει το δόντι του με χρυσό.





 誰もがこの話しを知っていた。それで、皆は彼のことを骨と呼んでいた。彼は、それを得意に思っていた。 

「お早うございます、骨さん。」 
「お早うございます、ヤニスさん。」 


大変な瞬間が来ると、彼はその話しで揶揄うのだった。
「やい、お前を殺してやろうか、この野郎!」 
「売約済みですよ。あんたはヨーロッパ人に損害を与えることになりますよ。」 

 彼は、売約済みの骨にどんな修繕も施したいとは思わなかった。どうしてそうしたのか? 彼のものだったからだ。ある時、歯科医のところへ行かなければならなくなった。 

「完全に取ってくれ。」 


「それはいけません、骨さん、とても強い歯で…」 


 たくさんの歯の中でその一つだけが、彼をどれだけ痛がらせるかを理解すると、彼は、金でその彼の歯を遮蔽することを受け入れた。





Κι όταν το έφερνε η ώρα, έκανε και πλάκα μ’ αυτή. ところはよく分かりません。 
όσα φέρνει η ώρα δεν τα φέρνει ο χρόνος 、と言う表現なのか??? 

όσα φέρνει η ώρα δεν τα φέρνει ο χρόνος - Βικιλεξικό


posted by kyotakaba at 15:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月24日

58. Ο λύκος 11

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」11





  Ο λύκος δεν μπόρεσε να σταθεί σε τρεις εχθρούς ενωμένους. Είχε μια πληγή μεγάλη στον σβέρκο, είχε σκισμένο το δεξί πλευρό κι άλλες πληγές μικρότερες στο κεφάλι, στα πόδια και στην ουρά. Κι όμως κατόρθωσε να τους ξεφύγει. Σε μια στιγμή μάζεψε όλη του τη δύναμη και τινάχτηκε μακριά. Όρμησαν οι σκύλοι από κοντά, τον άρπαξε ο ένας, μα πάλι ο λύκος έμεινε μοναχός του και χάθηκε.





 狼は、三頭が一つになった敵には耐えられませんでした。首筋に大きな傷を負っていましたし、右の肋骨には罅を入れられて、他にも小さい傷が頭や足や尻尾にあったのです。けれども、狼は、三頭の牧羊犬たちから、うまく逃れることが出来たのです。一瞬、自分の力の全てを集めて、遠くに一飛びしたのです。犬たちは、近くから飛びかかりました。一頭が狼にむしゃぶりつきました。でも、狼だけが残ったのです。犬は死んだのです。   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月23日

58. Ο λύκος 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」10





  Κι αλήθεια, ο ένας σκύλος, ο Πιστός, δεν θα μπορούσε να κρατήσει πολύ στη μάχη. Έφαγε μια φοβερή δαγκωματιά στην κοιλιά. Το αίμα έτρεχε, ο Πιστός δάγκωνε ακόμα, η δύναμή του όμως όσο πήγαινε και λιγόστευε. Μα να, ένας άλλος φοβερός μαντρόσκυλος, ο Κίτσος, έφτασε από κάτω για να βοηθήσει τους άλλους. Αυτός του ρίχτηκε με περισσότερη λύσσα. Τώρα ήταν ένας με τρεις. Πολέμησε και με τους τρεις. Δεν ξέχασε πως είναι λύκος. Μα ήταν πολύ δυνατοί. Είναι πιστοί. Μήνες, ολόκληρο χρόνο τον περιμένουν. Τόσες νύχτες γαύγισαν γι’ αυτόν.





 実際、一頭の犬、ピストスは、戦いにずっと耐えることは出来ませんでした。お腹に恐ろしい一噛みを喰らったのです。血が流れ出ました。ピストスもまだ噛み付いていました。けれども、彼の力はずいぶん抜けて行ってしまい、弱くなっているのでした。でも、ご覧なさい。もう一頭のすごい牧羊犬、キッツォスが下から他の犬を助けに遣って来たのです。とんでもなくいきり立って狼に飛びかかりました。到頭、一等対三頭になったのです。狼は三頭と戦いました。彼は、自分が狼であることを忘れなかったのです。でも、三頭はとても力があったのです。忠犬だったのです。何ヶ月も、まるまる一年も、牧羊犬たちは狼を待っていたのです。幾晩も狼に吠え立てていたのです。  



posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

58. Ο λύκος 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」9





  Τότε άρχισε τον πόλεμο και με τους δύο. Επάνω στον σβέρκο του ένιωσε σαν μαχαίρια τα δόντια των σκύλων. Μα κι αυτός, ξεφεύγοντας, χύθηκε να τους αρπάξει από το ίδιο μέρος. Κυλισμένοι κάτω, φαίνονται σκύλοι κι οι τρεις. Και πάλι φαίνονται λύκοι κι οι τρεις. Ο λύκος είχε να κάνει με δυο. Έπρεπε να σκοτώσει έναν από τους δυο, να μείνει με έναν, ύστερα να νικήσει κι αυτόν και να ορμήσει στα πρόβατα. Γιατί δεν έπαυε να τα συλλογίζεται μέσα στις δαγκωματιές.





 そうして、狼は、この二頭との戦いを始めたのです。自分の首筋に、刃物の様な犬の歯を感じました。でも、狼は、それから逃れて、同じ首筋にしっかり噛み付こうと飛びかかったのです。地面に転がり回る様子は、三頭の犬の様でした。また、一方では、三頭の狼の様でした。狼は、この二頭の犬と関係があるのです。二頭のうちの一頭を殺さなければなりませんでした、そしてもう一頭と残るのです。それから、その一頭を倒して、羊たちに襲いかかるのです。どうして、狼は、噛み合いの最中にも、羊のことを考えるのを止めなかったのでしょう。 


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

撰集抄の花林院永玄僧正 6

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





この様な返事が来た。 「それは永玄と言う僧だと思う。豊富な学識を修め、深い智慧も身に着けていた。一方で、人と交わるのを嫌がり、一人黙想に耽り勝ちだった。余りに優秀なので貫主に推挙されたのだが、失踪してしまった。」 





  Τότε, η απάντηση στάλθηκε από τον ναό. Το γράμμα είπε ως εξής : ≪ Τον γνωρίζουμε. Αυτό μοναχός είναι ο Έϊγεν. ο Έϊγεν είχε μάθει τέλεια για την διαφορετικές επιστήμες. Και έχει την βαθιά σοφία. Αφ’ ετέρου, αυτός φαινόταν απρόθυμος να συναντήσει τους άνθρωπους. Και είχε την τάση να κάνει διαλογισμός μόνος του. Έτσι, ήταν τόσο εξαιρετικός ώστε όλοι επικρότησαν να εκλέξει ως ο πρώτος αββός. Αλλά χάθηκε ≫.



posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月18日

5. Ο Σκέλεθρας 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ … θα μπορούσαμε να σας δώσουμε τώρα ίσαμεΙ… Χμμ… Όχτω με δέκα χιλιάδες φράγκα! ≫

Πήρε 10,000 φράγκα ≪ Αντί συμβολαίου εξασφαλίζοντας τον σκελετόν εις το ινστιτούτον μας… ≫


Με τα λεφτά αγόρασε ένα μαγαζί κι έγινε σαράφης… τοκογλύφος.


Κι επειδή από την εποχή της πείνας γνωρίζε καλά την αξιά των χρημάτων, έγινε ένας τέλειος παραδόπιστος.


≪ Οι κουτόφραγκοι! Δεν μ’ άφηναν να ψοφήσω από την πείνα και μετά να πάρουν με την ησυχία τους το σκελετό μου… ≫





「…、今、私たちが貴方にお支払い出来るのは、大体、…、んんん、一万と八フランです!」 

10,000フランを取りなさい、「私たちの協会に骨格を確かに渡す契約書を…」 

そのお金で一軒の店を買って、コイン売買商…、高利貸しになった。 

飢えていた時からお金の価値はよく知っていたので、この上ない拝金主義者になった。

「馬鹿なユーロッパ人達め。私を放ったままにして飢え死にさせたりはしなかった。飢え死にした後、黙って私の骨を取っていくようなことはしなかった。」 


posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月17日

58. Ο λύκος 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」8





  Φώναξαν οι τσοπάνηδες, το κοπάδι αναταράχτηκε, σκύλοι γαύγιζαν μακριά, η ταραχή απλώθηκε από ράχη σε ράχη.
  ≪ Ξαδέρφια, έρχομαι από ξένον τόπο, είμαι πεινασμένος και δεν θα φύγω! ≫
  Αυτά θα έλεγε ο λύκος στους ξαδέρφους του τους σκύλους, αν ήξερε πως έπαιρναν από λόγια. Μα επειδή ξέρει πως δεν παίρνουν, ετοιμάστηκε. Όποιος μείνει ζωντανός.





 羊飼いたちは叫びました。群れは動揺しました。犬たちは遠吠えをしました。動揺が背中から背中へと広がっていきました。 
 「従兄弟たちよ、私は他所から来たのだ、私は空腹なのだ、立ち去りはしないぞ!」 
 犬たちがその言葉が分かると知っていたならば、狼は、従兄弟であるその犬たちにこう言ったのでしょう。でも、分からないことは知っていましたから、身構えたのです。まだ生きているのです。  



posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月16日

58. Ο λύκος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」7





  Αφού περπάτησε πενήτα χιλιόμετρα, έφτασε στα Τρίκορφα. Σταμάτησε ευχαριστημένος. Άκουσε τα κουδούνια από τα κοπάδια του Γεροθανάση. ≪ Μπράβο, Θύμιο ≫, είπε, γιατί τα γνώρισε τίνος είναι. Στην καλύτερη όμως στιγμή, τη στιγμή που ετοιμαζόταν να χιμήξει, ξαφνικά είδε δυο ξαδέρφους του μπροστά: Τον Μούργο και τον Πιστό. Οι δυο αυτοί μαντρόσκυλοι του Γεροθανάση πήδησαν επάνω του. Μια τουφεκιά ακούστηκε, δεύτερη, τρίτη.





 狼は五十キロ歩いて、トリコルファに着きました。満足気に立ち止まったのです。ゲロサナシスさんの羊の群れからの鐘の音に耳をすましました。「素敵だ、シミオス」と言いました。それが誰のものかを狼は聞き分けられたからです。それは何よりも素敵な瞬間でした、けれども、飛びかかろうとそしたその瞬間、突然に、自分の目の前に二頭の従兄弟を見たのです。ムウルゴスとピストスです。ゲロサナシスさんの牧羊犬の二頭は、狼の上に飛びかかったのです。一発の銃声が聞こえました。二発目、三発目。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

58. Ο λύκος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」6





  Η πείνα του μεγάλωσε. Η δίψα του για αίμα ακόμα περισσότερο. Ακόνιζε τα δόντια του. Έκοβαν σαν το καλύτερο μαχαίρι. Ήταν έτοιμος. Μέσα στ’ άσπρα πρόβατα άρχισε να ονειρεύται τώρα κι ένα μαύρο στη μέση. Ένα με χαϊμαλί. Μπορεί να είναι το λάγιο αρνί. Έτσι, σε κάποιο πρόβατο χαϊδεμένο από τον τσέλιγκα ήθελε να πέσει.





 狼の飢えは大きくなりました。血にへの渇望はもっとひどくなりました。牙を研ぎました。最高のナイフのように切れるのです。用意は出来ていたのです。真っ白な羊の真ん中に真っ黒な一頭がいるのを夢見始めたのです。お守りの付いている羊です。きっと、黒毛の子羊に違いありません。つまり、羊飼いに可愛がられている羊に当たりたいと、狼は思っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

撰集抄の花林院永玄僧正 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 経信は、その女性も連れて来る様にと僧に言った。僧は、黙したまま頷いて退出した。そして、僧はそのまま居なくなってしまった。
 経信は、この僧が気掛かりで興福寺に手紙を書いて尋ねてみた。





  Ο Τουνενοβου πρότεινε σε αυτό μοναχό να την πάει εδώ. Ο μοναχός σιωπηλός έγνεψα και βγήκε. Τότε ο μοναχός έχασε χωρίς να γυρίσει μιά φορά. Ο Τουνενοβου ανησυχούσε για την ασφάλεια του. Και έγραψε στο ναό Κουχουκου να ρωτήσει για αυτό μοναχό.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

Μυστικά και αποκαλύψεις

 ヤニス・リッツオスの娘の Έρη Ρίτσου エリ・リッツオスの小説。母方、ヤニスの妻の方の家系を描いた小説のよう。

.:BiblioNet : Μυστικά και αποκαλύψεις / Ρίτσου, Έρη


posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

5. Ο Σκέλεθρας 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 


1-51

Ο Παυλός έκλεισε τα παραθύρα και άναψε το μαγκάλι για να δώσει τέλος ≪ Στη ζωή του την αβίωτη ≫, όπως έγραψε σ’ ένα χαρτί.

Τον πρόλααβαν την τελευταία στιγμή.

≪ Ανέβαινα να του ζητήσω τα νοίκια που κάθυστερουσε και με χτύπησε η μυρωδιά από το κάρβουνο… ≫

≪ Κερατά! Τόσο καιρό που με βασάνισες τα νοίκια σου, δεν σου χτύπησε η μυρωδιά της πείνας μου… ≫



≪ Το ξέρετε ότι έχετε έναν σκέλετο θαύμα; ≫

≪ Είμαι αντεπιστέλλον μέλος ενός ευρωπαίκου ινστιτούτου. Άν διέθεσες μετά θάνατον τον σκελετό σου στην εταιρεία… ≫






 パウロスは、窓を全部閉めてお仕舞いにする為に火鉢に火を点けた。一枚の紙にこのように書いた。「生きていくのが辛い。」 

 人々は彼の最後の瞬間に間に合った。 

 「私は、滞納している家賃を貰おうと上がって行ったのです。と、木炭の匂いが私の鼻を打ったのですよ。」
 「ケラタス! こんな時に家賃で私を虐めるなんて、私の木炭の匂いは貴方の鼻を打ちはしない…、」  


 「貴方はご自分が世にも珍しい骨格を持っているのをご存知か?」 


 「私は、あるヨーロッパ研究所の会員です。死んだ後に、貴方の骨格を協会に遺贈されてくれたら、…」 
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする