2019年02月21日

5. Ο Σκέλεθρας 18

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Γύρισε πίσω μισότρελος. Ζούσε στην κόλαση που ζούν όσοι έχουν καταληφθεί από μια εμμονή ιδέα. Παντού έβλεπε κόκαλα. Δεν μπόρουσε να σκέφτει τίποτα άλλο.



Δεν άντεχε το Τιρίλλη. Του φώναζε συνεχώς, το έδερνε με το παραμικρό. Σκέφτοταν διαρκώς ότι θα τον κληρονομούσε και θα του ‘βγαζε από το δόντι το χρυσό βούλωμα…




Για να κοιμηθεί έπαιρνε κάθε νύχτα αφιόνι κι έβλεπε πάντα το ίδιο όνειρο.



Σε ένα αμφιθέατρο ο καθηγητής έδειχνε στους φοιτητές ένα μεγάλο σκελετό που άνοιγε το στόμα…



Παραμελούσε τη δουλεία του. Μέρα με τη μέρα αδυνάτιζε.


Ώρες ώρες ένιωθε ότι το σκέλεθρο του ήταν ένας τρελός που προσπαθούσε να βγει από τον ζουρλομανδύα…





彼は半ば狂って戻ってきた。地獄に生きている様だった。そこに住む人は誰も固定観念に捕らえられているのだ。いつも骨を見ていた。他のことは少しも考えられなかった。 

彼は、ティリリースに我慢が出来なかった。始終、彼に怒鳴り、些細なことで殴った。きっと自分を相続して、歯から金の被せ物を取り出すに決まっていると、ずっと考えていた。 

毎晩、寝るためにケシを吸った。すると、いつも、同じ夢を見た。 

ある講堂で、教授が学生たちに口を開けた骨格を示していた…

仕事をなおざりにした。日に日に衰弱していった。 

時々、自分の骨は狂人である様に思った。骨は、どうにかして拘束服から抜け出そうとしているのだ…



posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

65. Στο νεροπρίονο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」3





  Ένα κλαράκι βγαίνει στη γη και σε σαράντα-πενήντα χρόνια δίνει αυτά τα μεγάλα μαδέρια. Πόσα καλά θα δώσουν στους ανθρώπους αυτά τα ξύλα! Τα πάνε για να γίνουν σπίτια, καράβια, εκκλησίες, γεφύρια, για να κάνουν αμάξια, έπιπλα, κουτιά, βαρέλια, κουπιά, καλάθια, βιβλία. Χίλια πράγματα θα γίνουν με τούτη την ξυλεία, βαριά κι ελαφρά, από το μεγαλύτερο ως το μικρότερο. Από το κατάρτι του καραβιού ως τις μικρές ξυλόπροκες που καρφώνουν τα παπούτσια.





 小さな枝が地面に出てきて、四、五十年で、そうした大きな角材を与えてくれるのです。そんな木材を人間に与えてくれるとは、何て素晴らしいのでしょう! それらの材木は、家、舟、教会、橋になるのです。車、家具、箱、樽、櫓、籠、本を作るのに使われるのです。重いもの軽いもの、最も大きいものから最も小さいものまで、何千もの物が、この材木で作り出されるのです。船のマストから、靴に釘を打つ小さな木の鋲まで。   





posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

65. Στο νεροπρίονο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」2





  Το νεροπρίονο δούλευε όπως ένας μύλος. Το νερό έπεφτε από ένα κανάλι και με την ορμή του κινούσε ένα μεγάλο όρθιο πριόνι. Όλους τους κορμούς, που έκοβαν οι λοτόμοι στο δάσος, τους έφερναν εκεί. Το πριόνι τους έσκιζε κι έφτιαχναν απ’ αυτούς την ξυλεία: σανίδες, πάτερα, μαδέρια. Πόση ξυλεία ήταν εκεί! Την είχαν στοιβαγμένη σε μεγάλους σωρούς. Πάντα το πριόνι έκοβε και πάντα κουβαλούσαν.





 水力製材場は、水車小屋と同じ様に動くのです。水が水路から落ちて来て、その勢いで大きな直立した鋸を動かすのです。樵たちが森で切った木の幹は、全部がここに運ばれてくるのです。鋸はその幹を切り裂いて、それから、板、梁、角材といった材木を作り出すのです。どれだけの材木がそこにあることでしょう! もうすでに、大きな山に材木が積み上げられています。鋸はずっと切っています。そして、樵たちはずっと運んでくるのです。   





posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

65. Στο νεροπρίονο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」1





Στο νεροπρίονο




  Την ώρα που ο δασάρχης έλεγε αυτά, είχαν μπει μέσα στο δάσος. Πρώτα πέρασαν πολλή ώρα από πεύκα. Ύστερα, αφού προχώρησαν πιο ψηλά, μπήκαν στα λυγερά και τα ίσια έλατα.
  ≪ Ακόμα ψηλότερα από δω ≫, είπε ο σταθμάρχης, ≪ είναι ένα δάσος από οξιές. Μα τώρα θα μείνουμε εδώ στο πριόνι. Φτάσαμε ≫.





 監督官がこう語り終えた時、皆んなは森の中に入ったのです。最初は、長い間、松の樹々の中を通りました。それから、ずっと高いところへ進むと、真っ直ぐでほっそりした樅の樹々の中に入ったのです。 
 駐在所の警察官が言いました。「ここよりももっと高くなりますよ。そこは、山毛欅の森です。でも、さあここです、私たちは製材所に居るはずですよ。着きました。」
posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

5. Ο Σκέλεθρας 17

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ταξίδεψε στο εξωτερικό.

Πήγε στο ινστιτούτο. Φώναζε, παραληρούσε, τους παρακαλούσε να του δώσουν πίσω το σκελετό του, να μην του στερήσουν το μνήμα του.

≪≪ Σας παρακαλώ! Είμαι ο άνθρωπος με το πουλημένο σκέλεθρο… Δώστε το μου πίσω… ≫≫

Τον πέρασαν για τρέλο. Τον έβγαλαν έξω και του απαγόρεψαν την είσοδο στο ινστιτούτο.



≪ Μια απάντηση… Σας παρακαλώ, δώστε μου μια… ≫

≪ Απάντηση… ≫





外国へ旅立った。 

協会へ行った。叫び、喚いて、墓から自分の骨奪わないよう、返してくれるように懇願した。 

「お願いです! 私は骨を売った者です、…、返してください…」 


協会の人々は、彼を狂人と思い違いした。彼を外に追い出して、協会へは立入禁止にした。 

「ご回答を…、お願いです、私にお回答を…、」 

「ご回答を…」   



posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」8





Ενωμένα πολεμούν τον βαρύ χειμώνα και το καυτερό καλοκαίρι. Ενωμένα μεγαλώνουν, κάνουν μεγάλους κορμούς και πετούν δυνατά κλαριά. Έτσι γίνεται στα ύψη των βουνών μια μεγάλη πολιτεία που τη λέμε δάσος. Αυτή εδώ! ≫





「ひとつになって、過酷な冬と、それに、酷暑の夏と戦うのです。ひとつなって大きくなり、大きな一つの幹のようになるのです、そして、強い枝を伸び出していくのです。そうして、山脈の高地で、大きな集合体になるのです、それを私たちは森と呼ぶのです。ここがそれなのです!」   





第六十四章「枯れた樹々」、おわり   

posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月12日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」7





Κι όμως αυτό είναι το δάσος. Κάνει καλό στον άνθρωπο με χίλιους τρόπους, σε αμέτρητο καιρό. Δεν κουράζεται ποτέ. Ζει και μας χρησιμεύει, πεθαίνει και μας χρησιμεύει. Για να μας δώσει όμως το δέντρο όσα μας χαρίζει, πρέπει να ζει με χιλιάδες άλλα δέντρα. Γιατί, όπως οι άνθρωποι, έτσι και τα δέντρα ζουν πολλά μαζί στους τόπους που θέλουν αυτά και βοηθούν το ένα το άλλο.





「けれども、それが森なのです。数千の仕方で、数え切れない年月の間、人間に益を与えてくれるのです。疲れるということがまるでないのですよ。生きて私たちに役立って、死んで私たちに役立つのです。森は、けれども、私たちが必要としているものすべてを私たちに与えるためには、何千本もの他の樹々と一緒に生きなければならないのです。というのは、人間と同様に、樹々は、自分たちが望むところにたくさんが一緒に生きて、一つが他の一つと助け合うからなのです。」
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月07日

5. Ο Σκέλεθρας 16

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪≪ Εσύ! εσύ φταις για τη δυστυχία μου! Δεν θα υποχωρήσω! ≫≫
≪≪ Ούτε εσύ ούτε κανένας από το συμβούλιο δεν θα δει τα κόκαλα μου! ≫≫

≪ Θεέ μου… είσαστε άρρωστος… Δεν είσαστε καλά… ≫



≪ Μην ανησυχείς! Δεν σπάει το κόκαλο από το δάχτυλο μου… ≫


≪ Έχεις πυρετό! Να δω τον σφυγμό σου… ≫


≪ Α… Θες να ψαχουλέψεις τα κόκαλα μου, ε; “Δικά μου είναι”, λές, “Τα ‘χω αγορασμένα!” Όχι! Δεν θα σ’ αφήσω! Δεν είναι ακόμα δικά σου!!! ≫


≪ Δεν πέθανα ακόμα! ≫





「貴方は! 貴方は私の不幸の責任があるでしょう! 私は引き退るつもりはないですよ!」 
「貴方も、協会の誰も、私の骨を見ることはないでしょう!」 

「神様…、貴方は病気ですよ…、具合が良くないです…、」 


「心配しないでください! 私の指は骨折しません!」 

「貴方は熱がありますよ! 貴方の脈を見てみましょう…、」 

「あ…、私の骨を引っ掻き回したいのでしょう、ね、そうでしょう? 貴方は、「私のもの、私が買ったもの。」と言われる。違います! 私は貴方に好きにさせません! まだ、貴方のものじゃない!!! 」

「私はまだ死んでいません!」 




posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月06日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」6





Και σήμερα που οι άνθρωποι είναι πολλοί κι έχουν ανάγκη από μεγάλες φωτιές για τις εργασίες τους, ανοίγουν τη γη και βρίσκουν όσα κάρβουνα θέλουν. Με αυτά ανάβουν τις μηχανές, κινούν τα εργοστάσια, τους σιδηροδρόμους και τα βαπόρια. Συλλογιστείτε πόσες είναι αυτές οι μηχανές και πόσα κάρβουνα χρειάζονται. Ποιος να το έλεγε πως εκείνα τα πεθαμένα δέντρα θα χρησίμευαν ύστερα από χιλιάδες χρόνια!





「人間が多くなって、活動のために、大きな火が必要になった現代、人間たちは大地を開いて、欲しいだけの炭を見つけるのです。その炭を使って、人間たちは、エンジンに点火して工場や鉄道や汽船を動かすのです。君たち、考えてごらんなさい、どれだけのエンジンがあって、どれだけの炭が必要なのかを。何千年もの後になって、この大地の中の死んだ木が役に立つ様になるだろうと、誰が言い得たでしょう!」   




posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月05日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」5





Καθώς περνούσαν τα χρόνια, άλλα δάση φύτρωναν και ψήλωναν κι αυτά όπως τα πρώτα, κι ύστερα γερνούσαν και πέθαιναν. Κι άνοιγε η γη και τα έθαβε. Και πάλι άλλα φύτρωναν. Τι έγιναν εκείνα τα πεθαμένα δάση; Δεν χάθηκαν. Σήμερα που σκάβουμε πολύ βαθιά τα ξαναβρίσκουμε. Δεν είναι δέντρα όπως ήταν. Τα ξύλα τους μέσα στη γη έγιναν κάρβουνα, σκληρά σαν την πέτρα και μαύρα κάρβουνα.





「何年もの年月が経つのにつれて、前とは別の森が現れて、高くなって、最初の森と同様になるのです。それから、年老いていって、死んでしまうのです。そして、大地が口を開いて、その森を地中に埋めるのです。そして、また、別の森が芽吹くのです。死んだ森はどうなるのでしょうね? 無くなりはしないのです。私たちがとても深く掘る様になった現代、私たちは、その森を再発見しているのです。元そうであった様な樹木ではありません。森の材木は、大地の中で炭になるのです。石の様に固くて黒い炭なのです。」   




posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月04日

Τέλος εποχής για περίπτερα;

 2月3日付の in.gr の記事から: 
https://www.in.gr/2019/02/03/greece/telos-epoxis-gia-periptera/


Τέλος εποχής για περίπτερα;
Αμείλικτα τα ερωτήματα που εγείρονται για την επιβίωσή τους

Το φθινόπωρο του 1911 το πρώτο περίπτερο της Αθήνας στήθηκε στην οδό Πανεπιστημίου – κατά ένα περίεργο παιχνίδι της τύχης ήταν το ίδιο που ≪κατάπιε≫ η γη εξαιτίας της δράσης του μετροπόντικα τον Οκτώβριο του 1997.

Κάπως έτσι γεννήθηκε ένας ελληνικός θεσμός, πραγματικά μοναδικός στον κόσμο, με τα περίπτερα να μεταλλάσσονται μέσα στα χρόνια, αντανακλώντας τις περιπέτειες της σύγχρονης Ελλάδας.



ペリプテラは終わってしまうのか? 
ペリプテラが生き残ると言うことはあるのかと言う冷酷な質問 

1911年の秋に、アテネの最初のペリプテラがパネピステミオ通りに立ちました。運命の奇妙な戯れで、その等の場所は、1997年10月に、地下ネズミ[ トンネルボーリングマシン ] の活動の所為で大地に「飲み込まれ」ました。 

世界にここにしかないペリプテラと言うギリシャの制度の一つは、こうして生まれたのです。そして、年月の中で、現代ギリシャの波乱を反映し、変化を被っているのです。



ペリプテラ、キオスク、無くなろうとしているのでしょうか? 

Μετροπόντικα : Μηχάνημα διάνοιξης σηράγγων - Βικιπαίδεια

posted by kyotakaba at 19:12| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

64. Τα πεθαμένα δέντρα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」4





Με δυσκολία ζούσαν εκεί λιοντάρια και αρκούδες και λύκοι και μεγάλα πουλιά με φτερούγες θεόρατες και με ατσαλένια νύχια. Όποιο θηρίο μπορούσε, έτρωγε το μικρότερο για να ζήσει. Μέσα στους λόγγους αυτούς ο ήλιος δεν μπορούσε να μπει. Νύχτωνε από την ημέρα. Τα δάση εκείνα γέρασαν και τα δέντρα τους έπεσαν κάτω. Κι επειδή άνοιξε η γη από σεισμούς και κατακλυσμούς, εκείνα χώθηκαν σε τάφους μεγάλους, πολλές οργιές βαθιά.





「その様な時、ライオンやクマやオオカミ、それに巨大な羽と鋼鉄の様な爪を持つ大きな鳥は、困難を覚えながら生きていたのです。どんな猛獣も、生きるために自分より小さな動物を食べて生きていくことが出来るのです。こうした茂みの中には、太陽の光は入ることが出来ません。昼から夜の様なのです。森が年老いて行くと、それに連れて、樹々が地面に倒れるのです。それから、地震や洪水で大地が開くと、樹々は、何オルギアの深さの大きな墓の中に失われて行くのです。」   


posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月03日

Περιμένοντας τη νονά

 映画『 Περιμένοντας τη νονά 』
Cine.gr - Τανίες Περιμένοντας τη νονά
Perimenontas ti Nona (2019) - IMDb

 Νίκος Ζαπατίνας ニコス・ザパティナス監督の喜劇。 



posted by kyotakaba at 15:28| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月31日

5. Ο Σκέλεθρας 15

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Θα τους δώσω τις δέκα χιλιάδες, κι άν μου χαρίσουν τους τόκους, τους δίνω και το Τρίλλη! ≫
≪ Ώραιο θα φαίνεται μέσα στη γυάλα, δίπλα στο έμβρυο… ≫


≪ Ξέρετε… Για κείνη την υπόθεση… Για τον σκελετό μου… ≫
≪ Που σου ‘ρθε τώρα, μετά από τόσα χρόνια; ≫



≪ Τον θέλω πίσω! Είμαι έτοιμος να υποστώ την “Ποινική Ρήτρα”… ≫


≪ Έτσι εύκολα θαρρείς γίνονται αυτά; Πρέπει να συνεδριάσει το συμβούλιο του ινστιτούτου στο εξωτερικό… Το οποίο, σημειωτέον, δεν απαρτίζεται πια από τα ίδια άτομα… ≫


≪ Ν’ απολύτρωθα, Γιατρέ! Είναι φοβερό αυτό που συμβαίνει… Να στερουν από έναν άνθρωπο τη ζωή του τάφου… ≫
≪ … Είναι τόσο γλυκιά… Τώρα που ερχόμουν τη δοκίμασα… Τόσο γαλήνια… ≫



≪ Καλύτερα να τους γράψεις εσύ ο ίδιος. Εγώ δεν θέλω να ανακατεύω ξανά… Πώ πώ… Πολύ ρομαντικά το πήρες το πράγμα… Τί σημασία έχει; ≫






「協会の者たちに一万フラン遣ろう、利子が要るのなら、ティリリースを協会の者たちに遣ろう。」 
「いいぞ、きっと、胎児の側の、ガラスケースの中で、見映えがいいだろう。」 

「ご存知かと…、あの件のことですが…、私の骨のことです…、」 
「今日はどこから来たのですか? こんなに何年も経った後で、」 

「元に戻して欲しいのです! 私は、「罰則規定」を受けるつもりです。」 

「それでは、引き起こることを簡単に考えているのですか? 海外で、協会の会議を開かないといけませんよ。協会は、そこは注意してください、あの時と同じ個々人で構成されてはないのですよ。」 

「私を完全に自由にしてください、先生! 起こっていることは恐ろしいです…、墓から人間の命を奪うなんて…」 
「…、とても甘美な…、今日私がそこから来たところ、そこで味わった…、とても穏やかな…、」

「貴方ご自身が、協会の方達に手紙を書いた方が良いですよ。私は、また、面倒を起こしたくありません…。おやおや、物事をえらくロマンティックにお取りですね…、どう言う意味ですか?」    



posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月30日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」3





  ≪ Και τα δέντρα; ≫ ρώτησε ο Μαθιός.
  ≪ Όπως οι λοτόμοι, έτσι και οι καρβουνιάρηδες ≫, είπε ο δασάρχης, ≪ κόβουν μόνο τα δέντρα που τους λέμε εμείς να κόψουν κι έτσι δεν χαλάνε το δάσος. Το καλό όμως είναι που τα περισσότερα κάρβουνα τα έχουμε χωρίς να κόβουμε δέντρα. Τα βρίσκουμε στη γη. Και θα σας πω το γιατί. Εδώ και χιλιάδες χρόνια, τα δάση ήταν τόσο πυκνά, που δεν μπορούσε να μπει μέσα ζώο να βοσκήσει.





 「樹は?」とマシオスが尋ねました。 
 「木こりの様に、炭焼き職人たちも、」と監督官が話します。「私たちが彼らに切ってもいいと行った樹だけを切るのです。それで、森は、損なわれないのです。ですが、良いことには、私たちは、樹々を切らないでも、もっと良い炭を持っていると言うことなのです。それらは、大地にあるのです。なぜそんなことがあるのかをお話ししましょう。何千もの間、森はとても詰んでいたのです。それで、動物は、草を食みに中に入れませんでした。」   


posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月29日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」2





  Τους είπε πως για να κάνουν κάρβουνα, ρίχνουν πολλά ξύλα σ’ ένα μεγάλο καμίνι. Σκεπάζουν το καμίνι με χώμα, αλλά τόσο καλά, ώστε να μην μπαίνει αέρας από πουθενά. Ύστερα, από μια τρύπα που έχουν αφήσει επίτηδες, βάζουν φωτιά στα χωμένα ξύλα. Το καμίνι σκεπασμένο καίει σιγά και λίγο-λίγο με τη σιγανή φωτιά τα ξύλα γίνονται κάρβουνα.





 監督官は子供たちに炭を作る方法をこの様に話したのです。たくさんの材木を一つの大きな竈に投げ入れるのです。窯を土で覆います。どこからも空気が入らない様にしっかりと覆うのです、それから、意図的にそのままにしておいた一つの穴から、埋められた材木に火を点けるのです。覆われた窯はゆっくりと燃えます。わずかな火で、少しずつ少しずつ材木は炭になるのです。   




posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月28日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」1





Τα πεθαμένα δέντρα



  Είχαν περάσει από παλιά καμίνια, όπου έφτιαχναν άλλες χρονιές κάρβουνα οι καρβουνιάρηδες. Εκεί στάθηκαν λίγο και τους εξήγησε ο δασάρχης τον τρόπο που γίνονται τα κάρβουνα.




 一行は、古い竈がいくつかあるのを通り過ぎたのです。そこでは、炭焼き職人たちが、昔年、炭を作っていたのです。みんなは、そこに少しの間立ち止まりました。監督間は、子供たちに、炭になる出来方を説明したのです。 





posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月24日

5. Ο Σκέλεθρας 14

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Γειά σας. Χρειάζεστε τίποτα; ≫



≪ Όχι τώρα. Αλλά… μπορώ να ρίξω μια μάτια; ≫


≪ Όμορφα… Όμορφα… ≫


≪ Πόσο στοιχίζει ένα καλό; ≫


≪ Από 50 έως 500... ≫
≪ Μμμ… Και 500 ο τάφος, χίλια… ≫


≪ Ωραία, Ωραία, θα σας προτιμήσω! ≫





「こんにちわ。何か御入用ですか?」 

「いや、今は。けれど…、ちょっと見るだけでもいいですか?」  

「美しい…、美しい…、」  

「いいものは、いくら掛かりますか?」 

「50ドラクマから500ドラクマまでありますが、」 
「んんん、墓に500、一千…、」 

「よろしい、よろしい、貴方の方がいいでしょう!」   


posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月23日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 11

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」11





  ≪ Ο Λάμπρος τα προσέχει ≫, συλλογίστηκαν τα παιδιά.
  ≪ Τόσα χρόνια και δεν πήγε ποτέ του στο δικαστήριο. Να ήταν όλοι οι τσοπάνηδες σαν κι αυτόν! Πώς προστατεύει τα δέντρα ο Γεροθανάσης! Αν δείτε στον ύπνο σας καμιά γίδα που βγάζει νερό, να ξέρετε πως δεν είναι δική του. Οι δικές του βγάζουν μόνο γάλα ≫.





 「ラブロスは、家畜たちを注意して見ているんだ。」と子供たちは考えたのです。 
 「もう何年もの間、あの人が裁判所に行くことなんてちっともないのです。羊飼いの誰もが彼の様だったらいいのに! ゲロサナシスさんがどれだけ森を守っていることでしょう! 君たちが、夢の中で、水を溢れさせている山羊を見たとしても、それはゲロサナシスさんの山羊ではないことを分かって下さいね。他でもないゲロサナシスさんの山羊は、乳だけを出すのですよ。」 



第六十三章「村人の夢」、おわり。   



Τόσα χρόνια και δεν πήγε ποτέ του στο δικαστήριο. のところ、
του が、なぜあそこにあるのか分からない。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月22日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 10

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」10





  ≪ Κι αν περνούσαν πρόβατα; ≫ ρώτησε ο Κωστάκης.
  ≪ Και τα πρόβατα φέρνουν ζημιά. Γιατί περνώντας από το δάσος πατούν τα νέα δεντράκια που μόλις φυτρώνουν. Γι’ αυτό τα κοπάδια δεν πρέπει να τα φέρνουμε ποτέ κοντά στο δάσος, μα να τα βρόσκουμε στα λιβάδια, όπως κάνει ο Γεροθανάσης, που αγαπά αληθινά τα δάση. Ποτέ κατσίκι δικό τους δεν μας έφαγε κλαρί ≫.





 「羊たちが通ったら?」と、コスタキスが尋ねました。 
 「羊たちも損害をもたらしますよ。森を通り抜ける時に、芽生えたばかりの新しい小さな木を踏んづけるからなのです。そう言う訳だから、山羊や羊の群れを、森の近くに連れてくることは、決してしてはならないのです。そうでなくて、草原に放牧すべきなのです。ちょうど、ゲロサナシスさんがしているようにです。ゲロサナシスさんは、本当に、森を大切に思っているのです。ゲロサナシスさん自身の仔山羊は、一匹だって、枝を食べて私たちを苦しめないのです。」   



posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月21日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」9 





Γιατί στην άκρη του κλωναριού είναι το μάτι, το μπουμπούκι που θα πετάξει το βλαστάρι. Άμα η γίδα το κόψει, το κλωνάρι δεν μεγαλώνει πια σε ύψος. Αν τον καιρό που αυτά τα δέντρα ήταν μικρά, έβοσκε εδώ ένα κοπάδι γίδια, δεν θα είχαμε που να καθίσουμε αυτή τη στιγμή. Το δάσος θα ήταν όλο χαμόκλαδα ≫.





「枝の先は蕾だからなのです。芽なのです、新芽が芽吹くはずなのです。山羊がそれを切り取ってしまうと、枝はそれ以上高くならないのです。樹々がまだ低い間に、そこに山羊の群れを一つ放牧したのなら、その時には、座るようなところはなくなるでしょう。森は、全部が潅木になるでしょう。」 


posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

Στο Σώμα της

 映画『 Στο Σώμα της 』。 
監督:Ζαχαρίας Μαυροειδής ザハリアス・マブロイディス 
2018年作品。 
ドキュメンタリー。 

映画の説明から: 
Κάθε χρόνο, στις 31 Ιουλίου, οι ≪δεκαπεντάρηδες≫ επιστρέφουν στα κελιά της ανενεργής Μονής της Κοίμησης, στο νότιο άκρο της Θηρασιάς. Για δύο βδομάδες προσεύχονται υπέρ αναπαύσεως των νεκρών και υπέρ υγείας των ζωντανών. Τον υπόλοιπο χρόνο αναπολούν το παρελθόν αγναντεύοντας την κοσμοπολίτικη Σαντορίνη στην άλλη μεριά του ηφαιστείου.

 毎年七月31日に、「十五体の幽霊」が、シラシア島の南端にあるキミシ修道院の空いている独居室に帰って来ます。二週間の間、死者の安楽と生者の健康を祈るのです。一年の残りの日々は、火山の反対側の世界的に有名なサントリーニ島を鳥瞰しながら、過去を思い出しているのです。 


Cine.gr - Τανίες Στο Σώμα της - Across her Body

Across her body (2018) - IMDb


posted by kyotakaba at 18:04| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月17日

5. Ο Σκέλεθρας 13

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Να πάρει! Πώς δεν το σκέφτηκα; ≫
≪ Να επιστρέψω στο ινστιτούτο τις δέκα χιλιάδες, μαζί με τους τόκους, ν’ απαλλάξω τον σκελετό μου! ≫


≪ ΑΑΑΧ… Τί γλυκά που αισθάνονται στο μνήμα οι πεθαμένοι… ≫



≪ “ Φωσφορισμός σαπίλας ”, άκουγα να το λένε! ≫
≪ Η γλυκά τυλίγει το λυμένο σκέλεθρο. ≫
≪ Σιωπή… Ησυχία… Ησυχία… ≫



ΑΑΑΑ



≪≪ Στον γιατρό!!! ≫≫





「まったく! どうして、私はそれを考えなかったんだ?」 
「私は一万フランを返そう、利子もつけて返そう。そうして、私の骨を借金の形から外そう。」 

「ああああ…、死者たちが墓の中で感じているのは、なんて甘美なんだ…」 

「これが「腐敗する時の燐光」と、聞いたことがある。」 
「甘美がばらけた骨を包む。」 
「沈黙…、静寂…、静寂…」 


ああああ 

「医者に!!!」   



posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月16日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」8





  ≪ Αγαπάτε τη γίδα ≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Και ποιος δεν αγαπάει τέτοιο χαριτωμένο ζώο! Όσο όμως ζωηρό είναι τόσο καταστρέφει τα φυτά. Γυρεύει το κλαρί και διαλέγει πάντα την κορυφή. Κατεβάζει το κλωνάρι για να το φάει στην άκρη. Άμα δεν το φτάνει, ανεβαίνει στο δέντρο. Η μανία της να ζητάει τις τρυφερές άκρες φέρνει στα δέντρα καταστροφή.





 「君たちは山羊が大好きでしょう。それに、こんなに可愛らしい動物を誰が好きにならないでしょう! けれども、元気なだけ、それだけたくさん植物を食べ尽くしてしまうのですよ。山羊は小枝を探して、いつも、先端を選ぶのです。枝の先を食べようと、下に落とすのです。先に届かないと、木に登るのです。柔らかい枝を求める山羊の熱中は、樹々に破滅をもたらすのです。」  




posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」7





  Τι σωστό ήταν αυτό τ’ όνειρο του φτωχού ανθρώπου! Ύστερα από τη φωτιά και το τσεκούρι, η γίδα είναι ο μεγαλύτερος εχθρός που έχει το δάσος ≫.
  ≪ Αλήθεια; ≫ έκαναν τα παιδιά.





 「貧しい人の夢はなんと正しいのでしょう! ヤギは、火よりも斧よりも強力な森にとっての敵なのです。」 
 「本当ですか?」と子供たちは言いました。   




posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月12日

Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας

 ギリシャの石造りの橋の写真集: 
『 Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας 』
写真:Δημητράκης Αργύρης Δ.
出版社:Αδάμ - Πέργαμος 1999年初版 

.:BiblioNet : Τα πέτρινα γεφύρια της Ελλάδας / Δημητράκης, Αργύρης Δ.



 ギリシャの高速道路、エグナティア道の写真集: 
『 Εγνατία οδός 』
写真:Αργύρης Δημητράκης
著述:Αντώνης Ιορδάνογλου
出版社:出版社:Αδάμ - Πέργαμος 2008年初版 

.:BiblioNet : Εγνατία οδός / Ιορδάνογλου, Αντώνης

Εγνατία οδός: 
Εγνατία Οδός - Βικιπαίδεια
ギリシャで最長670キロの高速道路。2009年開通。ギリシャの西端のイグメニツァ Ηγουμενίτσα から東端のキポイ Κήποι まで。  

http://www.egnatia.eu/page/


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月10日

5. Ο Σκέλεθρας 12

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Οι άνθρωποι πάντα διάλεγαν την πιο όμορφη μεριά του χωρίου, την πιο ευάερη, την πιο ευήλια και την έκαναν νεκροταφείο... ≫
≪ Θεέ μου... πάει... τα χάνω… πώς θα ζήσω έτσι; ≫


( 歌 )≪ Δεν υπάρχει γλυκύτερο πράγμα… ≫



≪ Από ένα μνήμα… από έναν ιδιόκτητο τάφο… ≫


( 歌 )≪ … Από τη ζεστά του σπιτιού… ≫



≪ Άχ, Να!! ένα σπιτικό… μια γυναικούλα να σε φροντίζει, να σου κλείσει τα μάτια … ≫



≪ Αλλά, Όχι, όχι! ένα μνήμα! Ένα δικό σου μνήμα! Αυτό είναι το γλυκύτερο πράγμα… ≫



≪ Θεέ μου, Που κατάντησα, νοσταλγώ ένα μνήμα! ≫





「人間というものは、いつも、田舎の最も美しい場所、最も風通しの良い場所、最も日当たりの良い場所を選んで墓にするものだ…」 

「神様、…、参った…、私はそれらを失った…、どうやって私はこれから生きていくんだ?」 

( 歌 ) 「もっと甘いものはない…」 

「ある墓から…、他でもない私の墓から…」 

( 歌 ) 「…うちの暖かみよりも…」 

「ああ、そうだ! 我が家…、小綺麗な小女がお前の世話をやく、お前の目を閉じさせる…」 

「けれど、違う!違う! 墓だ! 私の墓だ! それが一番甘いものだ…」 

「神様、私は何処に零落するのか、私は墓が恋しい!」 



posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月09日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」6





  Ο χωριάτης, όταν ελιδε πως και το βιβλίο δυσκολεύεται να εξηγήσει τ’ όνειρό του, του φάνηκε πως μεγάλο κακό θα του γίνει. “Συμπέθερε”, του είπε τότε κάποιος χωριάτης, “τι κάθεσαι και σκοτίζεσαι; Το πράμα είναι φανερό. Η γίδα τρώει το κλαρί. Το κλαρί κρατάει τα χώματα και τα χαλίκια στις ράχες. Άμα φαγωθεί το κλαρί, παίρνουν οι βροχές το χώμα και το χαλίκι και το πηγαίνουν στον χείμαρρο. Ο χείμαρρος φουσκώνει, κατεβαίνει στους κάμπους και καταστρέφει. Αν το κλαρί είναι στη θέση του, δεν γίνεται τίποτα απ’ αυτά. Να λοιπόν γιατί η γίδα βγάζει νεροποντή. Σωστά τα είδες στον ύπνο σου”.





 「村人は、その本は自分の夢を解くのには上手くいかないのが分かると、それはつまり、もっと大変な悪いことが自分に起こるのではないかと思ったのでした。それから、他のある村人がその村人に、こう言ったのです。「兄さん、座り込んで何を考えているんだい? ことは明らかだよ。山羊は小枝を食べる。小枝は、尾根で土と砂利を抱え込んでいる。山羊が小枝を食べると、雨が土と砂利を取り去って、流れの速い川へ持って行ってしまう。川は水かさを増して、平原へ下って行って、駄目にしてしまう。小枝が本来のところにあれば、そんなことは何も起こらないよ。それで、分かったかい、これが、山羊が大雨を起こす理由なんだ。君は、眠っていてそれを見たんだよ、それに違いない。」」  



posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月08日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」5   




  Η γίδα ήταν τέτοια, ο χωριάτης όμως δεν είχε κανέναν συγγενή στην Αμερική.
  Ο ψάλτης έβαλε τα γυαλιά του στην άκρη της μύτη και διάβασε άλλη σελίδα. “Νερόν. Εάν ιδείς νερόν και τρέχει από βρύσιν και το νερόν κάμνει βροντήν πολλήν εις το σταμνίον, τότε εις καβγάν θέλει εμπλέξεις. Εάν το νερόν τούτο τρέχει από αυλάκι…”
   “Από γίδα!” Φώναξε ο χωριάτης. “Τι λέει το βιβλίο, άμα τρέχει νερό από γίδα;”
  “Το βιβλίο”, είπε ο ψάλτης, “δεν λέει τίποτα σε τούτο το ζήτημα, αν και είναι χίλιων χρόνων ονειροκρίτης, γραμμένος από τους σοφούς του κόσμου”.





 「山羊はその通りでしたが、でも、村人はアメリカに親戚は誰もなかったのです。 
 聖歌隊の人は、眼鏡を鼻の先に当てて、別のページを読み始めました。「水。水を見たならば、そしてその水が泉から湧いて出て、水瓶を大きな音でカラカラ鳴らすならば、揉め事は縺れるだろうと言うことだ。水が用水路から湧いて出ているならば、…」 
 「山羊から!」と村人は叫びました。「山羊から水が湧いていたら、何と本には書いてあるのですか?」 
 聖歌隊の人はこう言いました。「本は、そうした問題では、何も書いていません。この本は、世界中の賢者によって書かれた、千年分の夢占いのだが。」」



posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月07日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」4





  Πήγε στον αριστερό ψάλτη και του είπε τ’ όνειρο. Εκείνος έβαλε τα γυαλιά του, πήρε από το ράφι ένα μεγάλο βιβλίο κι αφού του τίναξε τη σκόνη, το άνοιξε και διάβασε δυνατά: “Γίδα. Εάν ιδείς εις τον ύπνον σου γίδα, ενάν μεν συμβαίνει και είναι μαύρη η γίδα και έχει τα κέρατα γυριστά, τούτο σημαίνει ότι θέλεις λάβει ογλήγορα γράμμα συστημένον από τους συγγενείς σου από την Αμερική”.





 「村人はとても優れた聖歌隊の人のところに行きました。そして、その人に夢のことを話したのです。その聖歌隊の人は、自分の眼鏡を取り出しました。そして、本棚から一冊の大きな本を取って、埃をはたくと、その本を開いて大きな声で読み出したのです。「牝山羊。眠っている時に自分の雌山羊を見たならば、しかも黒い雌山羊で、曲がった角が生えているならば、それは、お前が、アメリカの親類から速達描き留めの手紙を受け取りたいと欲してると言うことを示しているのだ。」」   




posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月06日

2019年01月03日

Μεταπτυχιακός φοιτητής μετέγραψε το ≪Μονόγραμμα≫ του Ελύτη σε γραφή Braille

 カセメリニの2019年1月2日付の記事から: 
http://www.kathimerini.gr/1002762/article/epikairothta/ellada/metaptyxiakos-foithths-metegraye-to-monogramma-toy-elyth-se-grafh-braille



Ο Απόστολος Γαρούφος, μεταπτυχιακός φοιτητής στις Τεχνολογίες Πληροφορικής και Επικοινωνίας (ΤΠΕ) και στην Ειδική Αγωγή και Ψυχοπαιδαγωγική της Ένταξης, στο Δημοκρίτειο Πανεπιστήμιο Θράκης, με προπτυχιακές σπουδές στην ελληνική φιλολογία και κατεύθυνση στις νεοελληνικές και βυζαντινές σπουδές, χρησιμοποιώντας ειδικό λογισμικό, μετέγραψε σε γραφή Braille το ≪Μονόγραμμα≫ του Οδυσσέα Ελύτη.



 トラキアのディモクリティオ大学で情報・通信技術科と総合科の教育心理学の専門課程の大学院生、アポストロス・プリロフォリキスさんは、ギリシャ文学、現代ギリシャ語科、ビザンチン研究科の学部生たちと共に、特殊なソフトウェアを使って、オデッセアス・エリティスの『モノグラマ』を点字に書き直しました。  


Τεχνολογίες Πληροφορικής και Επικοινωνίας (ΤΠΕ) とΕιδική Αγωγή και Ψυχοπαιδαγωγική της Ένταξης は、科の名称だと思うのだけど、よく分かりません。 
ΤΕΧΝΟΛΟΓΙΕΣ ΤΗΣ ΠΛΗΡΟΦΟΡΙΑΣ ΚΑΙ ΤΗΣ ΕΠΙΚΟΙΝΩΝΙΑΣ ΓΙΑ ΤΗΝ ΕΚΠΑΙΔΕΥΣΗ

Εξειδίκευση στις Τ.Π.Ε. και Ειδική Αγωγή – Ψυχοπαιδαγωγική της Ένταξης – Δια-Ιδρυματικό – Διατμηματικό Πρόγραμμα Μεταπτυχιακών Σπουδών του Τμήματος Ελληνικής Φιλολογίας του Δημοκριτείου Πανεπιστημίου Θράκης και του Ινστιτούτου Πληροφορικής και Τηλεπικοινωνιών (Ι.Π.&Τ.) του Ε.Κ.Ε.Φ.Ε. "Δημόκριτος"


トラキアのディモクリティオ大学: 
Δημοκρίτειο Πανεπιστήμιο Θράκης


オデッセアス・エリティスの『モノグラマ』: 

Οδυσσέας Ελύτης - Βικιπαίδεια

.:BiblioNet : Το μονόγραμμα / Ελύτης, Οδυσσέας, 1911-1996


posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月26日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」3





  ≪ Ήταν ένας χωριάτης ≫, άρχισε να λέει ο δασάρχης, ≪ κι είχε μια γίδα. Την πήγαινε στο δάσος κι έβοσκε. Μια μέρα που την άρμεγε, τι να δει; Αντί γάλα, έβγαζε νερό. Το νερό γέμισε την καρδάρα, πλημμύρισε τον τόπο και κατέβηκε με ορμή στους κάμπους. “Έλα, για όνομα του Κυρίου”, είπε ο χωριάτης την ώρα που πνιγόταν. Γιατί όλα αυτά στ’ όνειρό του τα είδε! Όταν ξύπνησε, πήγε σε δυο χωριάτες εκατό χρόνων να του εξηγήσουν τ’ όνειρο. Ο ένας γέρος του είπε πως το νερό θα είναι γάλα. Ο άλλος του είπε πως θα έχει να κάνει με δικαστήρια. “Οι γέροι παραγέρασαν”, είπε. “Ας πάω να δω τον ψάλτη, που διάβασε περισσότερα”.





 「それは、一人の村人がいたのです。」と、監督官は話し始めたのです。「牝山羊を一匹飼っていたのです。その山羊を森に連れて行って、草を食べさせていたのです。ある日のこと、山羊の乳を搾っていた時、その人は何を見たでしょう? 乳ではなくて、水が出てきたのです。その水は乳の樽をいっぱいにしたのです。あたりに溢れ出しました。そして勢いよく平原に下って行きました。その村人は溺れ死ぬ時に、「さあ、とうとう、主の御名のままに、」と言ったのです。と言うのは、それらすべてを、この村人は夢に見ていたからです。目が覚めて、二人いる百歳の村人のところに行って、自分の夢を解いてもらったのです。一人の老人は、その村人に、その水は乳だろうと言いました。もう一人の老人は、その村人に、裁判と関係があるのではなかろうか、と言ったのです。その村人は、「老人たちは歳を取りすぎている。教会の聖歌隊の人のところに行くことにしよう。あの人は、たくさん読んでいるから。」と言いました。」 


posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月20日

5. Ο Σκέλεθρας 11

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Καλημέρα, Κυρ Σκελεθρά! ≫


≪ Καλημέρα… αλλά μη με λές “Σκελεθρά”… έχω όνομα… Παύλο με λένε… ≫



≪ Τι έπαθες σήμερα, που σου ’ρθε μετά από δέκα χρόνια, Κυρ-Σκελεθρά; ≫


≪ Θα φύγω! ≫
≪ Θα πάρω το τρένο να κάνω ένα ταξίδι. ≫
≪ Χρόνια έχω να πάω… ≫
≪ Η εξοχή θα μου κάνει καλό… ≫




≪ Θα με κάνει να ξεχάσω… ≫





「おはようございます、骨氏。」 

「おはよう、…、ですが、「骨氏」と呼ばないで下さい。私には名前があります…、パウロスと呼んで下さい。」 

「何があったのですか? 骨氏、今日はあれから10年経った日になりますが?」 

「私は出て行こう!」 
「列車に乗って旅に出よう。」 
「行かなければならない時だ…」 
「田舎は僕を良くしてくれるだろう…」 

「忘れさせてくれるだろう…」  



posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月19日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」2





  ≪ Είναι του Γεροθανάση ≫, είπαν τα παιδιά στον δασάρχη.
  ≪ Πόσα είναι; Μήπως ξέρετε; ≫, ρώτησε ο δασάρχης.
  ≪ Ο Λάμπρος που τα βόσκει λέει πως είναι καμιά διακοσαριά ≫.
  ≪ Μα πώς ο Γεροθανάσης, με τόσες χιλιάδες πρόβατα, έχει μόνο διακόσια γίδια; Δεν σας φαίνεται παράξενο; Έχει ο Γεροθανάσης τον λόγο του! Έχει ακούσει το όνειρο του χωριάτη ≫.
  ≪ Και ποιο είναι το όνειρο του χωριάτη; ≫ ρωτούν τα παιδιά.





 「あれは、ゲロサナシスさんの群れです。」と、子供たちは監督官に言いました。 
 「どれくらいだろう? もしかして、君たちは知っているのかい?」と、監督官は尋ねました。 
 「今草を食べさせているのがラブロですですが、だいたい二百だと言っていました。」 
 「おや、でも、何千もの羊を持っているゲロサナシスさんが、たった二百の山羊とは? 君たちには変には思えないかい? ゲロサナシスさんは何か理由があるんだ! 彼は、村人の夢を聞いたことがあるのだから。」 
 「村人の夢というのは何ですか?」と子供たちは尋ねました。   


posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

63. Τ’ όνειρο του χωριάτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十三章「村人の夢」1





Τ’ όνειρο του χωριάτη





  Ο Καλογιάννης φώναξε ξαφνικά : ≪ Παιδιά, ο Λάμπρος! ≫
  Γύρισαν και είδαν εκεί παρακάτω στην πλαγιά το μαύρο κοπάδι που έβοσκε και προχωρούσε. Ο Λάμπρος είχε μείνει πίσω και τ’ οδηγούσε με το σφύριγμα. Σφύριζε τόσο ωραία! Νόμιζες πως ακούς χαρούμενη γαλιάντρα. Τα γίδια άκουγαν το σφύριγμα του κι επειδή καταλάβαιναν πως τους έλεγε να πάνε μπροστά, προχωρούσαν ευχαριστημένα.





 カロヤニスが突然に叫んだのです。「みんな、ラブロスだ!」 
 みんなは振り向きました。そして、ずっと下の斜面にひとつの黒い群れを目にしたのです。群は草を食んでは、前に進んんでいました。ラブロスは後ろにいたままです。群れを口笛で導いているのです。とても上手に吹くのです! 皆さん、楽しそうな雲雀が歌っているのを聴いていると思ってご覧なさい。ヤギたちはラブロスの口笛を聞いて、ラブロスが前に進めと言っているのか分かるのです。それで、喜んで前へ進むのです。
posted by kyotakaba at 13:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

62. Και τα δέντρα πονούν

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」  





Και τα δέντρα πονούν




  Εκεί κοντά ένας άνθρωπος κρατώντας μικρό κι ελαφρό τσεκουράκι χάραζε τα πεύκα.
  ≪ Πουρναρίτης! ≫ είπαν τα παιδιά μόλις τον είδαν.
  ≪ Δεν μπορεί να είναι κακός άνθρωπος ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ γιατί θα έφευγε μόλις μας άκουσε ≫.
  Ρώτησαν τότε τα παιδιά κι έμαθαν πως αυτός ο ρετσινάς έχει την άδεια του δασάρχη να μαζεύει το ρετσίνι.
  Όταν πλησίασαν είδαν αλήθεια με τι μεγάλη προσοχή χάραζε τ’ αγαπημένα πεύκα για να σταλάζει το ρετσίνι χωρίς να πάθουν τίποτα. Τους έκανε σιγά-σιγά μια πολύ στενή χαραματιά. Ήξερε πως και τα δέντρα πονούν.





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」 


 近くで、小さくて軽い斧を手に持ったひとりの人が、松の樹に刻みを入れていました。 
 「プウルナリの人だ!」と、子供たちは、その人を見るとすぐに言いました。 
 「悪い人ではない様だよ。」と、マシオスが言うのです。「悪い人だったら、僕たちの声が聞こえたら、すぐに逃げただろうからね。」 
 そうして、子供達は尋ねて、その人は松やに取りで、監督官の許可を持っていて、松やにを集めているのだ、と言うことを知ったのです。 
 子供達は近づいてみて、その人が、松の樹が少しも痛むことなく松やにを垂らす様に、本当に大きな注意を払って刻みを入れていると言うことを目にしたのです。ゆっくりゆっくりと、とても狭い刻み目をつけていくのです。その人は、樹がどれくらいで痛むかは知っていたのです。   





第六十二章「樹がどれくらいで痛むか」、おわり。  


posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

トラブゾンの猫

 作家 小田実さんと妻で画家の玄順恵さんの旅行記。小田実さんが亡くなる直前の、ギリシャ・トルコ旅行の思い出。 

トラブゾンの猫 : 小田実との最後の旅 - Webcat Plus

posted by kyotakaba at 21:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

5. Ο Σκέλεθρας 10

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





≪ Θεός σχωρέσ’ τον, αλλά ήταν λέρα ο μακαρίτης. ≫
≪ Τί κακό έκανα; ≫




≪ Μόνο τα επαγγελματικά να βάλεις… άδικα, τοκογλυφία, ψευτιά…. και τσιγκουνιά… και… Πώς το είπε ο καλλιτέχνης; Κυνισμός! ≫
≪ Το κρανιακόν οστούν… Το μετωπικόν οστούν… ≫




ΑΑΑΑΑΑ

≪≪ Άτιμο παιδί! Το δόντι! ≫≫
≪ Τί σου ‘κανα, μπάρμπα; ≫
≪ Όνειρο ήταν, μπάρμπα, όνειρο… ≫






「神は彼を休め給うた、けれども、この故人は、人間の屑だった。」 
「私はどんな悪事をしたのだ?」 

「お前は攻撃することだけが職業で、…、不正、高利、嘘、そして吝嗇。それに、芸術家はこのことをどう言ったか? 犬儒派!」 

「これが頭蓋骨、…、これが額の骨、…、」 

ああああああ 

「恥知らずな子め! 歯か!」 
「おじさん、僕がおじさんに何をしたの?」
「夢だよ、おじさん、夢だよ…」  



posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

61. Από που έρχεται το νερό 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」3





Για να σταλάζει όμως το νερό και να μπει στη γη πρέπει ο τόπος να είναι φυτεμένος. Αν δεν υπάρχουν χλωρά και ξερά φύλλα να το κρατήσουν, τότε το νερό πηγαίνει στα ξεροπόταμα και χάνεται στη θάλασσα και στον αέρα. Λοιπόν και τις βρύσες ακόμα, το ευλογημένο το δάσος μας τις δίνει. Αν αφήναμε τους ανθρώπους να κόψουν το δάσος, αυτή η βρυσούλα εδώ θα στέρευε. Θα στέρευαν όλες οι βρύσες που συναντήσαμε από την πόλη ως εδώ και μαζί μ’ αυτές και το ποτάμι ≫.





「けれども、水が浸透して大地に入る為には、植物が生えている場所が要るのです。水を保っておく青々した葉、それに枯葉がないと、水は、水の無い川床へ行ってしまい、海か空気の中へ逃れてしまうのです。つまり、泉はですね、恵まれた森が私たちにもたらしてくれているのです。もし、森を切ってしまう人間たちを放っておくと、ここにある、小さな泉は干上がってしまうでしょう。それだけでなく、町からここまで私たちが目にした泉もすべて干上がってしまうでしょうし、そららの泉と共に、川も干上がってしまうでしょう。」   





第六十一章「水はどこから来るか」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

61. Από που έρχεται το νερό 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」2





  Κανένας δεν ήξερε ν’ απαντήσει.
  ≪ Από τις βροχές και τα χιόνια ≫, είπε ο δασάρχης, ≪ το νερό σταλάζει σιγά μέσα στο χώμα και πηγαίνει σε μεγάλες δεξαμενές από πέτρα που έχει μέσα της η γη. Από κει βγαίνει με τις βρύσες και τα ποτάμια. Από τις βρύσες και τα ποτάμια το παίρνουν τα ζώα, οι άνθρωποι, τα σπαρτά, οι μύλοι.





 誰も知らないので、答えがありませんでした。 
 「雨と雪から、」と監督官は話し始めました。「水はゆっくりと地面に浸透するのです。そうして、その水は巨大な石で出来た水貯めに行くのです。その水貯めは、大地が自分の中に持っているのです。そこから、泉や川となって、出て行くのです。泉や川から、動物たちや人間たちや田畑や水車小屋は水を取るのです。」 





posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

61. Από που έρχεται το νερό 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十一章「水はどこから来るか」1





Από που έρχεται το νερό



  Σταμάτησαν σε μια βρυσούλα που μόλις ακουγόταν το λίγο και κρύο νερό της. Ήξεραν πως τόσο κρύο νερό δεν πρέπει να το πίνουμε όταν είμαστε ζεστοί από δρόμο κι έβρεξαν μόνο τα χέρια τους. Ήταν ταπεινή βρυσούλα, ήσυχη, που σπάνια έβλεπε διαβάτες εκεί ψηλά.
  ≪ Από που να έρχεται τούτο το νεράκι; ≫ ρώτησε ο Πάνος.
  ≪ Από το βουνό ≫, είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Ναι, μα πώς βρέθηκε μέσα στο βουνό; ≫ ρώτησε ο δασάρχης.





水はどこから来るのか 




 一行は、ある小さな泉で立ち止まりました。それは、冷たい水が小さく鳴っていたのです。みんなは、道中で身体が火照っている時には、こんな冷たい水を飲むものではないと言うことは、知っていました。ただ、手をその水に浸すだけが良いのです。それは、慎ましやかな小さな泉でした。こんな高地では、そこを通る人は稀にしか見ることのない様な泉でした。 
 「このちょろちょろの水はどこから来るの?」とパノスが尋ねました。 
 「山からだよ。」と他の子供たちが言いました。 
 「そうです。でも、山の中にどう言う風にあるのかな?」と監督官が尋ねました。   



posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月06日

5. Ο Σκέλεθρας 9

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ
ΘΕΛΩ ΤΟ ΔΟΝΤΙ ΣΟΥ.


≪ Ώστε σαύρα είχα ψυχή, άλλοι έχουν γουρούνι, άλλοι έχουν παγόνι… ≫





お前の歯、 
私はお前の歯が欲しい。 

「それで、私は蜥蜴の魂を持っていた。ある人たちは豚の魂だった、ある人たちは孔雀の魂だった、…」



posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月04日

60. Ο χείμαρρας 9

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」9





Κοντά σε κείνο που κόπηκε βοηθάμε άλλο δέντρο να μεγαλώσει. Κι αν δεν φύτρωσε μόνο του, το φυτεύουμε εμείς. Έτσι το δάσος ξαναπαίρνει εκείνο που μας δίνει. Αν όμως αφήσουμε να πέσει στα δέντρα όποιος θέλει και να κόβει ό,τι θέλει, το δάσος θα χαθεί. Και άμα λείψει αυτό, εμείς οι άνθρωποι θα πεθάνουμε από τη δίψα ≫.





「木こりが樹を切った側で、私たちは、他の樹が大きくなるのを手伝うのです。樹が自力では生えてこない場合には、私たちが樹を植えるのです。こうして、森は、元に戻って、私たちに恩恵を与えるのです。けれども、もし、私たちが、欲しいだけ全ての樹を切ってしまうような人間に成り果ててしまったら、森は無くなってしまうでしょう。そして、森がなくなるとすぐに、私たち人間は、喉の渇きのために死んでしまうでしょう。」  





第六十章「急流」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月03日

60. Ο χείμαρρας 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」8





  ≪ Καλά έκανες, παιδί μου, να το ρωτήσεις≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Οι λατόμαι κόβουν μόνο τα δέντρα που τους λέμε εμείς να κόψουν. Τα δέντρα αυτά είναι σαράντα, πενήντα κι εβδομήντα χρόνων το καθένα. Γέρασαν δηλαδή και ήρθε η ώρα τους να δώσουν ξυλεία, για να βγουν στη θέση τους άλλα μικρά, που πάλι θα μεγαλώσουν σαν αυτά.





 監督官はこう言いました。「君、そういうことを質問するとは、とても良いことです。木こりたちは、私たちが彼らに切りなさいと言った木々だけを切っているのですよ。それらの樹々は、どれも、四十年、五十年、七十年の樹なのです。つまり、年老いていて、材木になる時が来ているのです。そして、その場所に、新しい小さな樹が出てくる様になるのです。小さな木は、また、それらの樹々のように大きくなるのです。」  



posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月02日

Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου

 『 Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου 』 
Ιτσίρο Κισίμι
出版社:Ψυχογιό 2018年6月刊 

.:BiblioNet : Τόλμησε να είσαι ο εαυτός σου / Kishimi, Ichiro


 日本の哲学者、アドラー心理学研究者、岸見一郎教授と古賀史健の共著の翻訳。
『嫌われる勇気』だろうか? 
嫌われる勇気 : 自己啓発の源流「アドラー」の教え - Webcat Plus
ギリシャ語の題名をそのまま訳すと、「敢えてあなた自身でいる」。
岸見一郎のギリシャ語表記は:Ιτσίρο Κισίμι
古賀史健のギリシャ語表記は:Φουμιτακέ Κόγκα

posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年12月01日

Ο συλλέκτης

 『 Ο συλλέκτης 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Ίκαρος 2018年刊  

.:BiblioNet : Ο συλλέκτης / Soloúp

離婚した父親が娘の通学を伺うのだけれど、接触を恐れた母親がタクシーを使うようになった為、父親はタクシーのナンバーを書き残して集めるようになった、、、 

posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αϊβαλί

 『 Αϊβαλί 』 グラフィックノベル 
Soloúp
出版社:Κέδρος 2014年刊  

.:BiblioNet : Αϊβαλί / Soloúp

イズミルからギリシャ本国へ移住させられた人々の物語。 

posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月29日

5. Ο Σκέλεθρας 8

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





ΧΙ ΧΙ


≪ Γιατί γελάς; ≫


≪ Τίποτα… το δόντι σου γυαλίξει…. Γυαλίξει το χρυσάφι… ≫



Πήγε να γελάσει κι αυτός, αλλά μια σκέψη τον πάγωσε : Αυτό το άτιμο πλάσμα θα τον κληρονομούσε!



≪ Αυτό το σιχαμερό πλάσμα θα ‘ρθει στο μνήμα μου να απαιτήσει το χρυσό μου δόντι. Αλλά ποίο μνήμα; Εγώ δεν θα ‘χω μνήμα… ≫



Την ίδια νύχτα…





ヒ ヒ 

「お前はなぜ笑っているのだ?」 

「全然…、おじさんの歯はピカピカ…金がピカピカに光って… 」 


骨氏は結局笑った。けれども、ある考えが彼をぞっとさせた。「あの恥知らずが自分の財産を相続するのだ」と言う考えだった。  

「あのむかつく奴が私の墓に来るのだろう、そして、私の金歯を要求するのだ。だが、どの墓だ? 私は墓を持たないつもりだ。」  

その同じ夜…、   



posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月28日

60. Ο χείμαρρας 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十章「急流」7





  Ο Μαθιός, συνηθισμένος από το σχολείο, σήκωσε το χέρι και ρώτησε : ≪ Τότε, γιατί δεν εμποδίζουν τους λοτόμους να κόβουν ξύλα; ≫





 マシオスは手を挙げて質問しました。学校でそうしているのに慣れていたのです。「そうしたら、木こりに樹を切らさない様にしないのはなぜですか?」


posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする