2018年10月16日

58. Ο λύκος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」7





  Αφού περπάτησε πενήτα χιλιόμετρα, έφτασε στα Τρίκορφα. Σταμάτησε ευχαριστημένος. Άκουσε τα κουδούνια από τα κοπάδια του Γεροθανάση. ≪ Μπράβο, Θύμιο ≫, είπε, γιατί τα γνώρισε τίνος είναι. Στην καλύτερη όμως στιγμή, τη στιγμή που ετοιμαζόταν να χιμήξει, ξαφνικά είδε δυο ξαδέρφους του μπροστά: Τον Μούργο και τον Πιστό. Οι δυο αυτοί μαντρόσκυλοι του Γεροθανάση πήδησαν επάνω του. Μια τουφεκιά ακούστηκε, δεύτερη, τρίτη.





 狼は五十キロ歩いて、トリコルファに着きました。満足気に立ち止まったのです。ゲロサナシスさんの羊の群れからの鐘の音に耳をすましました。「素敵だ、シミオス」と言いました。それが誰のものかを狼は聞き分けられたからです。それは何よりも素敵な瞬間でした、けれども、飛びかかろうとそしたその瞬間、突然に、自分の目の前に二頭の従兄弟を見たのです。ムウルゴスとピストスです。ゲロサナシスさんの牧羊犬の二頭は、狼の上に飛びかかったのです。一発の銃声が聞こえました。二発目、三発目。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月15日

58. Ο λύκος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」6





  Η πείνα του μεγάλωσε. Η δίψα του για αίμα ακόμα περισσότερο. Ακόνιζε τα δόντια του. Έκοβαν σαν το καλύτερο μαχαίρι. Ήταν έτοιμος. Μέσα στ’ άσπρα πρόβατα άρχισε να ονειρεύται τώρα κι ένα μαύρο στη μέση. Ένα με χαϊμαλί. Μπορεί να είναι το λάγιο αρνί. Έτσι, σε κάποιο πρόβατο χαϊδεμένο από τον τσέλιγκα ήθελε να πέσει.





 狼の飢えは大きくなりました。血にへの渇望はもっとひどくなりました。牙を研ぎました。最高のナイフのように切れるのです。用意は出来ていたのです。真っ白な羊の真ん中に真っ黒な一頭がいるのを夢見始めたのです。お守りの付いている羊です。きっと、黒毛の子羊に違いありません。つまり、羊飼いに可愛がられている羊に当たりたいと、狼は思っていたのです。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月14日

撰集抄の花林院永玄僧正 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 経信は、その女性も連れて来る様にと僧に言った。僧は、黙したまま頷いて退出した。そして、僧はそのまま居なくなってしまった。
 経信は、この僧が気掛かりで興福寺に手紙を書いて尋ねてみた。





  Ο Τουνενοβου πρότεινε σε αυτό μοναχό να την πάει εδώ. Ο μοναχός σιωπηλός έγνεψα και βγήκε. Τότε ο μοναχός έχασε χωρίς να γυρίσει μιά φορά. Ο Τουνενοβου ανησυχούσε για την ασφάλεια του. Και έγραψε στο ναό Κουχουκου να ρωτήσει για αυτό μοναχό.
posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月13日

Μυστικά και αποκαλύψεις

 ヤニス・リッツオスの娘の Έρη Ρίτσου エリ・リッツオスの小説。母方、ヤニスの妻の方の家系を描いた小説のよう。

.:BiblioNet : Μυστικά και αποκαλύψεις / Ρίτσου, Έρη


posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月11日

5. Ο Σκέλεθρας 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 


1-51

Ο Παυλός έκλεισε τα παραθύρα και άναψε το μαγκάλι για να δώσει τέλος ≪ Στη ζωή του την αβίωτη ≫, όπως έγραψε σ’ ένα χαρτί.

Τον πρόλααβαν την τελευταία στιγμή.

≪ Ανέβαινα να του ζητήσω τα νοίκια που κάθυστερουσε και με χτύπησε η μυρωδιά από το κάρβουνο… ≫

≪ Κερατά! Τόσο καιρό που με βασάνισες τα νοίκια σου, δεν σου χτύπησε η μυρωδιά της πείνας μου… ≫



≪ Το ξέρετε ότι έχετε έναν σκέλετο θαύμα; ≫

≪ Είμαι αντεπιστέλλον μέλος ενός ευρωπαίκου ινστιτούτου. Άν διέθεσες μετά θάνατον τον σκελετό σου στην εταιρεία… ≫






 パウロスは、窓を全部閉めてお仕舞いにする為に火鉢に火を点けた。一枚の紙にこのように書いた。「生きていくのが辛い。」 

 人々は彼の最後の瞬間に間に合った。 

 「私は、滞納している家賃を貰おうと上がって行ったのです。と、木炭の匂いが私の鼻を打ったのですよ。」
 「ケラタス! こんな時に家賃で私を虐めるなんて、私の木炭の匂いは貴方の鼻を打ちはしない…、」  


 「貴方はご自分が世にも珍しい骨格を持っているのをご存知か?」 


 「私は、あるヨーロッパ研究所の会員です。死んだ後に、貴方の骨格を協会に遺贈されてくれたら、…」 
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月10日

58. Ο λύκος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」5





  Επάνω σε έναν ψηλό κλώνο κάθισε ακίνητη και μαζεύτηκε έτσι που να φαίνεται ένα με το κλαδί.
  Ο λύκος όλα αυτά τα καταλάβαινε. Ο αέρας του έφερνε τη μυρωδιά των αγριμιών που έφευγαν. Είδε και τα χνάρια μερικών και κούνησε το κεφάλι του.
  ≪ Έννοια σας ≫, είπε, ≪ και δεν βγήκα για σας. Πάω για καλό τραπέζι. Για έναν λύκο που βλέπει στον ύπνο του τρεις χιλιάδες πρόβατα, δεν αξίζετε τίποτα ≫. Και προχώρησε.





 イタチは、高い枝の上に座りうずくまったのです。すると、一本の枝に見えるのです。 
 狼は、それら全部が分かっていましたよ。風が狼に逃げていった野生動物たちの匂いを運んでくるのです。いくつかの足跡を見て頭を振りました。 
 こう言ったのです。「お前らは安心しろ。お前らの為に出て来たりはしないんだ。私は、素晴らしい食事の席に行くんだ。夢に三千匹の羊を見た狼には、何の価値もない。」 そして進んで行きました。 



posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月09日

58. Ο λύκος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」4





  Μόνο η νυφίτσα δεν τρύπωσε ακόμα. Έτρεχε στα κλαριά μιας θεόρατης καστανιάς σαν να ρωτούσε : ≪ Τι είναι; Τι τρέχει; ≫ Δεν μπορεί η νυφίτσα να ζήσει αν δεν μάθει όλα τα νέα. Κοίταξε παντού με τις γυαλιστερλές χαντρίτσες των ματιών της, μα κανείς δεν βγήκε να της πει τίποτα. Και η πιο φλύαρη νυφίτσα είχε κρυφτεί. ≪ Για να κρυφτούν όλες οι γειτόνισσες ≫, συλλογίστηκε, ≪ θα πει πως κάτι σοβαρό τρέχει. Ας πάμε, μην έρθουν τίποτα σκάγια ≫.





 イタチだけは、まだ、穴に隠れてないのです。大きな栗の樹の小枝に走って行きました。まるで、「何なの? 何が起こるの?」と小枝に聞いているかの様でした。ニュースをなんでも知らないと、イタチは生きていけないのです。イタチは、ビー玉の様なピカピカ光る眼で上を見上げました。でも、誰も出て来ないのです、イタチに何にも教えてくれないのです。そして、一番おしゃべりのイタチももう隠れたのです。こう考えたのです。「近所のみんなが隠れたのだから、何か怖いことが起こるのに違いないと言うことだ。行こう、銃弾が一個でも来ない様に。」 


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月08日

撰集抄の花林院永玄僧正 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 「私は、興福寺の花林院に住んで居ました。研鑽も積んで、仏教も深く学んでいました。ところが、ある女性と知り合ってしまいました。僧であるにも拘らず、その女性と愛し合ってしまったのです。隠していたのですが、人に知られることになりました。それで、二人で逃げ出したのです。」  





  ≪ Εγώ είχα μείνει στο μοναστήρι Καρίν που βρίσκεται μέσα στη μεγαλή κτήμα του ναού Κουχουκου. Σπούδαζα σκληρά και μελετούσε τον Βουδισμό βαθιά. Ωστόσο, γνωρίστηκε μια γυναίκα. Παρ’ όλο που είμαι μοναχός, εγώ και αυτή αγαπηθήκαμε. Εγώ το έκρυβα, αλλά έγινε γνωστό στον κόσμο. Έτσι, εμείς δυο φύγαμε. ≫



posted by kyotakaba at 14:45| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月03日

58. Ο λύκος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」3




  ≪ Για να φεύγει η αλεπού ≫, είπε ο ασβός, ≪ κάποια μεγάλη δουλειά τρέχει ≫. Και μπήκε σε μια ξένη τρύπα που τη βρήκε άδεια.
  ≪ Για να φεύγει ο ασβός ≫, είπε το κουνάβι, ≪ δεν είμαστε καλά. Κάποιος καλός κυνηγός θα βγήκε εδώ κάτω. Ας καθίσω, να μην πάει το τομάρι μου στην αγορά ≫. Μπήκε μέσα στον κορμό ενός δέντρου εκατό χρόνων. Εκεί ήταν το πατρικό του. Εκεί μέσα η μάνα του τού είχε δώσει το καλό γουναρικό που φορούν αυτό και τ’ αδέρφια του.
  ≪ Δρόμο, δρόμο ≫, είπε ο σκαντζόχοιρος και χάθηκε. Από τον πολύ τον φόβο του δεν πρόφτασε ούτε να τιναχτεί. Μέσα στα αγκάθια του έσερνε πολλά φρύγανα.





 「キツネが逃げてしまうからには、」とアナグマは言いました、「何か大変な面倒ごとがやって来るんだな」。そうして、空なのを見つけた誰のだか知らない穴に入るのです。 
 「アナグマが逃げてしまうからには、」とイタチが言いました、「ぼくたちはよくないぞ。誰か腕の良い猟師がここに出てくるんだろう。じっとしていよう、ぼくの毛皮が市場に行かない様に」。そうして、百年を経たある樹の幹の中に入るのです。そこはイタチの我が家なのです。その中で、イタチのかあさんはこのイタチにいい毛皮を与えたのです。このイタチとその兄弟達は、この毛皮を身に纏っているのです。 
 「にげろう、にげろう」とハリネズミは言いました。そしていなくなりました。あまりに怖くて、身体を振るって埃を落とす時間もなかったのです。ハリネズミの棘の中に、たくさんの枯れ枝を引っ掛けていました。  


posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月02日

58. Ο λύκος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」2





  Χτες το βράδυ είδε στον ύπνο του πως έπεσε μέσα σε τρεις χιλιάδες άσπρα πρόβατα. Από τότε δεν μπόρεσε να κοιμηθεί. Ξεκίνησε και πάει να τα βρει.
  Πέρασε βουνά και βουνά. Δάση από έλατα κι από πεύκα, από καστανιές κι από οξιές. Περπάτησε τα φαράγγια και τις ράχες. Τρακ, τρακ, τρακ! Το πάτημά του χτυπούσε δυνατά, σαν να ήταν πεταλωμένος. Τ’ αγρίμια, που το γνωρίζουν αυτό το περπάτημα, έτρεξαν στην τρύπα τους. Πρώτη η αλεπού, καθώς ήταν ξαπλωμένη σε μια πέτρα, έτρεξε και χώθηκε στον τρίτο διάδρομο της φωλιάς της.





 昨日の夜、狼は夢で、自分が三千の白い羊の中に落ちる様を見たのです。それから、眠ることが出来ないのです。出掛けて、その羊たちを見つけようとしたのです。 
 山をまた山を過ぎました。樅の森、松の森、栗の森、橅の森をすぎました。渓谷や尾根を歩きました。タラック、タラック、タラック! 狼の足音は力強いのです、まるで蹄鉄を打っている様なのです。野生動物たちは、その足音を知っていますから、自分たちの巣に駆け込むのです。どこかの岩で寝転んでいたキツネが、まず最初に走り出します。そして、巣の三番目の廊下に潜り込むのです。 


posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月01日

58. Ο λύκος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十八章「狼」1





Ο λύκος



  Από κάποιο μακρινό βουνό ξεκίνησε ο λύκος.
  Όταν πείνασε πολύ συλλογίστηκε : ≪ Σ’ έναν λύκο σαν και μένα δεν πάει να κυνηγάει την αλεπού. Πόσο θα ζήσω ακόμα; Έναν χρόνο, δύο; Πρέπει να καθίσω τραπέζι σε μεγάλα τσελιγκάτα ≫.
  Να πούμε την αλήθεια, ο λύκος μας είναι λίγο ηλικιωμένος. Φέτος έκλεισε τα δεκατρία. Γέρασε. Άλλαξε το μαλλί του, μα τη γνώση του και την κεφαλή του δεν την άλλαξε. Πάντα στα καλά κοπάδια είναι ο νους του.





狼 

 どこか遠い山から、狼が出発したのです。 
 とてもお腹がすいて、こう考えたのです。「私のような狼には、狐を追うのは似合わない。私は後どれくらい生きるのだろうか? 一年か、二年か? 私は、広い遊牧地帯で食卓に付かなければならない。」 
 本当のことを言えばです、この私たちの狼は、少し年を取っているのです。今年、十三歳を超えるのです。老いたのです。毛は変わってしまいました。でも、知識、頭脳は、変わっていないのです。彼の思いは、いつも、良い羊の群れのことにあるのです。 



posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月29日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





夜も更けた頃、他に誰もいない部屋へ僧を連れて入り、人に聞かれない様に、「貴方は一体如何言うお方か?」と尋ねた。経信が静かにもう一度尋ねると、僧は泣きながら語り出した。  





Προχωρημένη νύχτα πιά, ο Τουνενοβού τον πήγε σε ένα δωμάτιο που ήταν άδειο και κανείς άλλος δεν παρευρισκόταν. Έτσι τον ρωτήσε κλεφτά: ≪ Ποιός είσαι αληθειά; ≫. Και, κατόπιν ξερωτήσε ήσυχα, ο μοναχός άρχισε να διηγήθηκε με πολά δάκρυα.



posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月26日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」8





  Ο Κωστάκης, σκυμμένος με ένα σφυρί, προσπαθούσε να καρφώσει το παπούτσι του με τις πέντε πρόκες του Σπύρου. Μόλις το κάρφωσε και το φόρεσε, κλαπ, άνοιξε κι έχασκε όπως πρώτα. Οι πρόκες του Σπύρου ήταν άχρηστες.
  Ο Κωστάκης ήταν πια με ένα πόδι! Τότε πέντε παιδιά, τέσσερα κι ο Γκέκας πέντε, πήραν το παπούτσι του Κωστάκη και τράβηξαν για το Μικρό Χωριό. Το βράδυ το έφεραν διορθωμένο. Μαζί με το παπούτσι έφεραν κι ένα νέο. Είπαν πως τα δόντια του μπαλωματή από τρία έγιναν δύο.





 コスタキスは、槌を一挺持って前屈みになり、スピロスの五本の鋲を使って、自分の靴を鋲で留めようと頑張ったのです。鋲で留めると、すぐに履いて見ました。クラップ、開いて、初めの様に、靴は大口を開けたのです。スピノスの鋲は、役に立たなかったのです。 
 コスタキスは、もう片足なのです! それから、五人の子供たちが、四人とそれから犬のゲカスで五人なのです、コスタキスの片方の靴を持ってミクロ・ホリオに向かったのです。夕方には、修繕されたのを持って帰ったのです。五人は、靴と一緒に、ニュースも持って来たのです。靴直し職人の歯は、三本から二本になったと言うのです。  




第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」、おわり。 



posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」7







  ≪ Και τι τα κάνει; ≫ ρωτάει ο Γιώργος.
  ≪ Τίποτα. Τι θες να τα κάνει; Μόνο έχει τη μανία να τα μαζεύει. Καμιά φορά προσπαθεί να τραβήξει και βαριά ρούχα ≫.
  Κι ο Σπύρος κάνει τη δουλειά της κίσσας. Απ’ όσα έχει μέσα στο κουτί, κανένα δεν του είναι χρήσιμο.





 「それでカササギは何をするのですか?」とヨルゴスは尋ねます。 
 「何も。君はカササギにそれらをどうして欲しいのかな? カササギは集めるのに熱中しているだけなんだよ。ある時など、重たい服をどうにか引きずって来ようとしていたよ。」 
 そうですね、スピロスも、カササギの仕事をしているのです。箱の中に入っているものはどれも、彼には役に立つものではないのです。 




posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月19日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」6





  ≪ Γι’ αυτό λοιπόν, Σπύρο, περπατάς όλο σκυμμένος, για να βρίσκεις αυτά; Πού είναι οι πρόκες; ≫
  Ο Σπύρος έδειξε πέντε πρόκες σκουριασμένες.
  ≪ Για να τις πάρεις ≫, είπε, ≪ θα μου δώσεις μια πένα της χήνας. ≫
  Ο κυρ-Στέφανος είπε ύστερα στα παιδιά : ≪ Ξέρετε την κίσσα; ≫
  ≪ Όχι ≫.
  ≪ Είναι ένα πουλί που μοιάζει με τον Σπύρο. Μαζεύει πράγματα που δεν του χρειάζονται. Ό,τι βρει : βελόνες, κουτιά, καρφιά, τενεκεδάκια, ακόμα και δεκάρες. Αυτά πάει και τα κρύβει σε μέρος πολύ μυστικό, καθώς στη σκεπή του σπιτιού, σε μια τρύπα όπου δεν πέφτει μάτι ανθρώπου ≫.





 「それで、スピロス、こんなのを見つけるために、ずっとかがんで歩いているの? 鋲はどこにあるの?」 
 スピロスは、五本の錆びた鋲を指さしました。 
 「ガチョウのペンをぼくにくれたら、それを持って行っていいよ。」 
 それからです、ステファノスさんは子供達にこう言ったのです。「君たちは、カササギを知っているかい?」 
 「いいえ。」 
 「スピロスと一緒で、ものを集める鳥なんだよ。自分には役に立たないものを集めるんだ。見つけたものは全部だよ。針、箱、釘、ちっちゃなブリキ缶、それに、十レプタ硬貨。それらを持って行ってね、どこか中のまるでわからないところに隠すんだ。家の屋根とか、人間の目が届かない穴とかにね。」 

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月18日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」5





  Ήταν κι ένα κλειδί από κουτί σαρδέλας, ένα τενεκεδένιο σκέπασμα, μισό ψαλίδι, ένα σίδερο που δεν φαίνεται πια τι είναι και άλλες τέτοιες σκουριές.
  ≪ Σπύρο! ≫ του φώναξε ο Κωστάκης.
  Ο Σπύρος γύρισε ξαφνικά. Όταν τον είδε, του κακοφάνηκε.
  ≪ Έλα, το είδα το κουτί σου ≫, λέει ο Κωστάκης.
  ≪ Έλα τι είδες; ≫
  ≪ Είδα τα αρχαία που έχεις. Για να το δω κι από κοντά ≫.
  Ο Σπύρος είχε μείνει με το στόμα και με το κουτί ανοιχτό.





 それに、イワシの箱の釘が一本、ブリキの蓋、ハサミの片方、もう何だからわからない鉄くず、その他の屑のようなもの。 
 「スピロス!」とコスタキスは彼に呼びかけました。 
 スピロスはハッと振り返りました。コスタキスを見ると、スピロスは気分を悪くしたのです。 
 「ねえ、ぼく、君の箱を見ちゃった。」とコスタキスは言ったのです。 
 「ええ、何を見たの?」 
 「君の持ってる骨董品を見たよ。近くで見ていい。」 
 スピロスは口と箱を開けたままにしていたのです。   


posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月15日

撰集抄の花林院永玄僧正 3-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??




 僧はとても窶れていた。けれども、只人には見えなかった。経信は僧を招き入れて、もて成した。 



  Ο μοναχός ήταν πολύ κάτισχνος. Αλλά δεν φάνηκε ότι ήταν στην μετριότητα. Ο Τιυνενοβου τον οδήγησε μέσα στο σπιτι του και συμπεριφέρθηκε.


16日、訂正:
μέσα を挿入
posted by kyotakaba at 15:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月12日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」4




  Ο Κωστάκης, καθώς είναι μ’ ένα παπούτσι, πλησιάζει στην πόρτα σιγά-σιγά, χωρίς ν’ ακουστεί. Βλέπει τον Σπύρο να σηκώνει το στρώμα και να βγάζει ένα παλιό κουτί από λουκούμια. Το άνοιξε και το έψαχνε. Κανένα παλιό και σκουριασμένο πράγμα δεν έλειπε από μέσα. Εκεί ήταν το παλιό καρφί, η παλιά βελόνα, η παλιά πρόκα, η στραβή σακοράφα κι χαλασμένη πένα, το ξερό καλαμάρι και το σπασμένο κουτάλι.

σακοράφα : Μεγάλη βελόνα για ράψιμο σάκων.
καλαμάρι : Μελανοδοχείο.
λουκούμι : Λουκούμι - Βικιπαίδεια





 コスタキスは、靴が片方だけだったのですけれど、音を立てずにゆっくりゆっくり戸に近づいたのです。そして、スピロスがマットレスを上げて古いルクーミの箱を出すのを見たのです。スピロスは、箱を開けて、中を探しますよ。古い錆びた色々なもので、なくなっていたものはなかった。中にあったのは、古い釘、古い鋲、曲がった大釘、つぶれた万年筆、干からびたインク壺、折れたスプーンなのです。


posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」3





  Ο Σπύρος δεν ήθελε να βλέπει κανείς άλλος το κουτί του. Τον Σπύρο τον ήξεραν όλοι πως είναι σφιχτοχέρης. Ο,τι έχει το κρύβει και μόνο αυτός το βλέπει. Λένε πως έχει ένα κουτί με διάφορα πράγματα μέσα. Αυτό το κουτί το βάζει σ’ ένα μέρος κρυφό στην καλύβα. Μόνο άμα λείπουν οι άλλοι το ανοίγει. Τι να ‘χει μέσα;

 スピロスは、他の誰にも自分の箱を見られたくなかったのです。誰もが、彼はけちだって知っているのです。彼が隠したものは何でも、それを見るのことが出来るのは彼だけなのです。彼は中に色々なものが入っている箱を一つ持っている、と言われているのです。その箱を小屋の中のある隠し場所に置いているのです。他の人が誰もいない時に、スピロスはその箱を開けるのです。彼は中に何を入れているのでしょう? 



posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」2





  Φωνάζουν τον Σπύρο μήπως έχει καμιά πρόκα. Ο Σπύρος πάντα κάτι έχει. Βελόνες, καρφιά, κάτι τέτοια τα μαζεύει.
  ≪ Σπύρο! Σπύρο! Έχεις καμιάσ πρόκα; ≫
  ≪ Μεγάλη; Μικρή; ≫ λέει ο Σπύρος. ≪ Για παπούτσι, για ξύλο, τι τη θέλεις; ≫
  ≪ Το ποπούτσι μου ξεκαρφώθηκε ≫.
  ≪ Τώρα να κοιτάξω ≫.
  ≪ Να ‘ρθω κι εγώ; ≫
  ≪ Όχι, να μην έρθεις ≫.





 子供たちは、いつも、なにか釘を持っていないかと、スピロスを呼んでいました。スピロスは、いつだって、なにかを持っているのです。針、鋲、そう言うものを集めているのです。 
 「スピロス、スピロス! なにか釘の様なのを持ってない?」 
 「大きいの、小さいの?」とスピロスは言いました。「靴の、木の、何に使いたいの?」 
 「ぼくの靴の釘が抜けっちゃたんだ。」 
 「みせて。」 
 「そっちに行こうか?」 
 「いいや、来ないで。」 


posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月08日

撰集抄の花林院永玄僧正 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 夕暮れ時に、六十を過ぎた様な年頃の僧が現れた。顔立ちはとても端正で聡明そうであった。その僧が物乞をした。  





Κατά το σούρουπο ένας μοναχός παρουσιάστηκε. Φάνηκε ότι έχει περάσει την ηλικία των εξήντα. Η οψή του ήταν πολύ τακτική και φάνηκε έξυπνος. Αυτός μοναχός ζητιάνεψε.



posted by kyotakaba at 15:17| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月05日

57. Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十七章「靴が片方だけのコスタキス」1





Ο Κωστάκης με ένα παπούτσι



  Ο Κωστάκης μ’ ένα παπούτσι. Το άλλο το χάλασε χτες στον δρόμο που πήγαν για τον Φάνη. Ξεκαρώθηκε όλο από κάτω και χάσκει. Ο Κωστάκης σέρνει το παπούτσι του σαν να είναι κουτσός ή γέρος. Δεν μπορεί να κάνει πολλά βήματα. Το παπούτσι ανοίγει και κάνει: κλαπ, κλαπ!
  Σπουδαίο πράγμα το παπούτσι... Τι αξίζει ο μπαλωματής! Να περνούσε τώρα ένας... Ή να ερχόταν εκείνος ο μπαλωματής του Μικρού Χωριού, ο γέρας με τα τρία δόντια! Θα χτυπούσε πάλι με τις γροθιές του τον αέρα και θα έραβε.





 コスタキスは靴が片方だけなのです。もう片方は、きのう、ファニスのところへ行ったときの道で駄目にしたのです。下から釘が全部抜けて、大口を開けたのです。コスタキスは、自分の靴を引き摺っていたのですが、それはまるで、びっこになったのか、おじいさんになったかの様でした。何歩も歩けないのです。靴は開いて、こう鳴るのです、クラップ、クラップって。 
 靴は両方あって価値があるので…、靴職人はなんて大切なのでしょう! 今、職人が一人通ってくれたら…、ミクロ・ホリオ靴職人さん、あの三本歯のおじいさんが来てくれたらいいのに! そうしたら、空を打って、また、縫ってくれるだろうに。 


posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月04日

Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο

 第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3 の中の、 
Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.  
の部分、 その中の、「 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο 」を「片手と額が痛かったのです。」と訳したのだけれど。それでいいのかどうか分からない。 
 ここの部分、三つの文なのだけれど、一つ目の主格は、Ο κυρ-Στέφανος 、三つ目の文の主格はΟ Φουντούλης 。それで、二つ目の文は、主格は何だろうか? 
 文の進行からすれば、Ο κυρ-Στέφανοςなのかな、と思う。ステファノスさんがフォンドゥリスの手と額を取った。と言うことかと。でも、έπιασε の前に、Του 単数三人称代名詞の属格( 与格? )が来ているのは何故かと、気になる。
 Τον έπιασε από το χέρι και το μέτωπο. ならば、一般的な表現なのだけれど。 
 それで、Με έπιασε το κεφάλι μου. 頭が痛くなる。 と言う表現があって、でもそれは、対格を使っているのだけれど、 
 μου αρέσει ... と言う表現もあるので、属格でもいいのかな、と思ったので。 

 Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο.  英文法的にいえば、έπιασε 動詞/Του 間接目的語/το χέρι και το μέτωπο 直接目的語と言うことなのかな? でも、それでも、文の意味がよく分からないのだけれど、、、  


追記: 
Του έπιασε το χέρι για να μην πηδήξει. 彼が飛び出さないように、手を押さえた。と言う例文がオックスフォード辞書にあったので、
やはり、主格は、Ο κυρ-Στέφανος で、ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。と言うような意味なのだと。
posted by kyotakaba at 21:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」4





  Ο κυρ-Στέφανος βγήκε έξω και κάλεσε τον Αντρέα με τον Φάνη και τον Δήμο.
  ≪ Φουντούλης ≫, είπε, ≪ είναι πολύ αγαθό παιδί και τον αγαπάμε όλοι, μα ξέρετε το ελάττωμά του. Είναι λαίμαργος. Από δω και πέρα να τον προσέχετε. Σήμερα κι αύριο θα πίνει μόνο ζεστό. Καμιά φασκομηλιά. Έχετε; ≫
  ≪ Ου! Μας άφησε ο Μπαρμπακώστας ένα σακί ≫.
  ≪ Δυο μέρες λοιπόν ο Φουντούλης θα πίνει φασκομηλιά ≫.
  Τι ατυχία! Σε λίγη ώρα η Αφρόδω έστειλε μια πίτα.





 ステファノスさんは外に出ました。そして、アンドレアスにファニス、それにディモスを
呼んだのです。 
 こう言いました。「フォンドゥリスは、とても天真爛漫な子供だね。私たち誰もがあの子が大好きだよね。でも、君たちはあの子の欠点を心得ておかないとね。あの子は、食いしん坊なんだ。これから、あの子に気をつけて世話をしなさい。今日と明日は、温かいものを飲むだけだろう。セージか何かあれば。君たち持っているかい?」 
 「ああ! バルバコースタスさんが一袋ぼくたちに置いて行ってくれたよ。」 
 「それでは、二日間は、フォンドゥリウスはセージを飲むのがいいだろう。」 
 なんて運が悪いのでしょう! それからすぐに、アフロドウがパイを一つ送って来たのです。  




第五十六章「病気になったフォンドゥリス」、おわり。   



posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月03日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」3





  Ο κυρ-Στέφανος προχώρησε στην καλύβα κι έσκυψε επάνω στο παιδί. Του έπιασε το χέρι και το μέτωπο. Ο Φουντούλης άνοιξε τα μάτια του και τον κοίταξε.
  ≪ Τι αισθάνεσαι, Φουντούλη; ≫ ρώτησε ο κυρ-Στέφανος. ≪ Πονάς πουθενά ≫
  ≪ Όχι ≫
  ≪ Τίποτα κουλούρια μήπως έφαγες; ≫
  ≪ Δεν έχω ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Τίποτ’ άλλο βαρύ; Τίποτα ελαφρό; ≫
  ≪ Όχι, ούτε ελαφρό ≫.
  ≪ Για πες μου ≫, σκύβει και του λέει κρυφά, ≪ μήπως έφαγες τίποτα αχλάδια άγρια; ≫
  ≪ Λίγα ≫, είπε ο Φουντούλης.
  ≪ Λίγα; Ως πόσα; ≫
  ≪ Όσα βρήκα στην αχλαδιά ≫.
  ≪ Πότε έγινε αυτό; ≫
  ≪ Προχτές ≫, είπε ο Φουντούλης. ≪ Και χτες ≫.





 ステファノスさんは小屋へ進みました。そして、フォンドゥリスの上に屈み込みました。ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。フォンドゥリス両目を開けて、ステファノスさんを見つめました。 
 ステファノスさんは尋ねました。「フォンドゥリス、どういう感じだい? どこか痛むかい。」
 「いいえ。」 
 「クルウリか何か食べたかな?」 
 「食べない。」と、フォンドゥリウスは言いました。 
 「何かほかに、こってりしたものは? あっさりしたものは?」 
 「いいえ。あっさりしたものも食べないよ。」 
 ステファノスさんは屈み込んでひそひそとフォンドゥリウスに言いました。「私にだけ話してごらん、もしかして、野生の梨を食べなかったかい?」 
 「ちょっと」、とフォンドゥリウスは言いました。 
 「ちょっとなの? 何個ぐらい?」 
 「梨の木にあっただけ。」 
 「何時のことかな?」 
 「おととい、それからきのう。」とフォンドゥリスは言いました。 




9月4日追記、訂正:
片手と額が痛かったのです。→ ステファノスさんはフォンドゥリスの手と額を押さえて見ました。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月02日

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά

Ελεωνόρα Ζουγανέλη - Δεύτερα Κλειδιά | Official Video Clip

posted by kyotakaba at 22:22| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月01日

撰集抄の花林院永玄僧正 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「花林院永玄僧正」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 最近のことだ。宮廷の高官、源経信が田上と言う山里に住んでいた。 
 ある年の九月、月は下弦の頃だった。 





Ήταν πρόσφατο γεγονότα.
Ο Μιναμότο νο Τουνενοβου, αξιωματούχος της αυλή, έμενε στο ορεινό χωριό που ονομαζόταν Τανοκαμη.
Τον Σεπτέμβριο ενός έτους, το φεγγάρι ήταν τελευταίο τόταρτο που έφθινε.



posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月31日

月相 ギリシャ語

 月相をギリシャ語で。 

Φάσεις της Σελήνης 月の各段階 

Νέα Σελήνη
New moon
新月

Αύξων Μηνίσκος
Waxing crescent
三日月

Πρώτο τέταρτο
First quarter
上弦の月

Αύξων Αμφίκυρτος
Waxing gibbous
凸の月

Πανσέληνος
Full moon
満月

Φθίνων Αμφίκυρτος
Waning gibbous
凹の月

Τελευταίο τέταρτο
Last quarter
下弦の月

Φθίνων Μηνίσκος
Waning crescent
逆三日月



ただこれは、天文用語なのか、日常語なのかはわからない。


η ημισέληνος は半月。 
posted by kyotakaba at 21:22| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月29日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」2





  ≪ Να πάμε να φέρουμε γιατρό ≫, λέει ο Δήμος.
  ≪ Πού να τον βρούμε; ≫ ρωτάει ο Αντρέας. ≪ Γιατρό δεν έχει στο Μικρό Χωριό ούτε στην Πέτρα ≫.
  ≪ Να πάμε σε κανένα άλλο χωριό. Να πάμε κάτω στην πόλη ≫.
  Τη στιγμή που τα έλεγαν αυτά, φάνηκε ο κυρ-Στέφανος. Μεγάλο θάρρος πήραν μόλις τον είδαν.
  ≪ Τι κάνετε, παιδιά; Τι κάνεις, Ανδρέα; ≫
≪ Ο Φουντούλης ≫, είπαν τα παδιά.
≪ Τί έκανε ο Φουντούλης; ≫
  ≪ Είναι άρρωστος ≫.





 「お医者を連れに行こうよ。」と、ディモスは言います。 
 「どこで見つけるんだい?」とアンドレアスは尋ねます。「お医者は、ミクロ・ホリオにはいないし、ペトラにもいないよ。」 
 「どこかの他の村に行こうよ。下の町に行こう。」 
 このことを話しているちょうどその時、ステファノスさんが現れたのです。ステファノスさんを見ると、すぐに、大きな勇気が湧いたのです。 
 「どうしたんだい、みんな、どうしたんだい、アンドレアス?」 
 子供たちは言いました、「フォンドゥリスが」 
 「フォンドゥリスがどうしたんだい?」 
 「病気なの。」  

posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月28日

56. Ο Φουντούλης άρρωστος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1





Ο Φουντούλης άρρωστος



  Την άλλη μέρα το πρωί ο Φουντούλης δεν μπόρεσε να σηκωθεί. Το χέρι του καίει και ο σφυγμός του χτυπάει δυνατά. Πρώτη φορά τους έτυχε αρρώστια εδώ ψηλά.
  Ο Αντρέας κάθισε στο κρεβάτι του μικρού συντρόφου του και τον κοιτάζει λυπημένος. Το παιδί θέλει να πετάξει τα σκεπάσματα. Βυθίζεται λίγο σε ύπνο, τινάζεται και γυρίζει από το άλλο πλευρό. Διψάει και θέλει νερό.





第五十六章「病気になったフォンドゥリス」1 



 翌日の朝、フォンドゥリウスは起き上がれませんでした。彼の手は熱があったのです。脈が強く打っていました。この高地で、子供達が病気に罹るのはこれが最初でした。 
 アンドレアスは、小さな仲間のベッドに座って、悲しそうにフォンドゥリウスを見つめていました。この子は、毛布を脱ぎ捨てたがっていました。眠りに少し沈むと、飛び上がり、反対側に向くのです。喉が渇いて水を欲しがりました。  

posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月27日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」5





  Όποιος πέρασε από τα Σάλωνα είδε τον Θύμιο σκυμμένο στο εργαστήρι του. Τίμησε την τέχνη του. Κανένας δεν τον πέρασε στη μαστοριά. Έχει πολλούς καλφάδες. Στέλνει κουδούνια στον Παρνασσό, στο Βελούχι, στον Όλυμπο. Ποιος βιολιτζής μπορεί να μετρηθεί με τον Μαστροθύμιο που κάνει και τραγουδούν οι ράχες;





 サロナを訪れた人は、作業所で屈みこんでいるシミオスを目に留めました。彼の技術を高く評価したのです。誰もその熟達度で彼を超えることはありませんでした。シミオスはたくさんの弟子を持っていました。そして、鐘をパルナッソスやベロウヒやオリンポスに送っていたのです。どのバイオリン奏者がシミオス名人と優劣を競えるでしょうか? 名人が歌えば、峰々も歌うのですから。 





第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月22日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」4





  Μέρες πολλές, εβδομάδες δούλευε στο εργαστήρι του γι’ αυτά τα κουδούνια. Τα έβαζε μέσα στο καμίνι του, ώσπου να γίνουν κόκκινα σαν κάρβουνα. Τα σφυροκοπούσε στο αμόνι, πάλι τα έκαιγε, πάλι τα δούλευε με το σφυρί.
  ≪ Όχι, όχι, ακόμα δεν τραγούδησες ≫, έλεγε. Κι όλο τα χτυπούσε, ώσπου τα έφτιαχνε όπως ήθελε. ≪ Εσύ θα ‘χεις τη φωνή σου και συ τη φωνούλα σου. Εσύ θα τραγουδάς σαν κούκος, εσύ σαν σταλαγματιές νερό. Κι όλα μαζί θα λέτε το τραγούδι που ξέρω εγώ ≫.





 何日も、何週間も、この鐘のために作業所で働いたのです。炉の中に入れるのです。そこで、炭の様に赤くなるまで入れて置きます。それを金床で打つのです、また、焼きます、また、ハンマーを使うのです。 
 「いえいえ、それでは、まだ歌いません。」と言います。望んだ様になるまで、どれも全部を打つのです。「君は君の声を持っているはず、君は可愛い君の声を。君はカッコーの様に歌えるはず。君は滴る水の様に。そして、みんなが一緒に、私の知っている歌を歌うでしょう。」 


posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月21日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」3





  Κι άκουγαν όλοι τα κουδούνια. Από τον χτύπο των κουδουνιών καταλαβαίνουν πώς περπατούν τα πρόβατα, πώς τινάζουν το κεφάλι για να κόψουν το χροταράκι, πώς πάνε λίγα βήματα και στέκουν, πώς βόσκουν, όλο βόσκουν.
  Τραγουδούσαν τα βαθιά κουδούνια, τραγουδούσαν και τα ψηλά, όπως τους είχε πει ο Κουδουνάς. Κι άκουγαν τα βουνά...
  Έτσι τα έφτιαξε τα κουδούνια ο Μαστροθύμιος. Κάθε ένα με τη φωνή του.





 全部の鐘が聞こえたのです。鐘の打つ音で、羊たちがどういう風に歩いているか、どういう風に頭を振って草を切るのか、どんな風に少ない歩数を歩むのか、立ち止まるのか、どういう風に草を食べているのかが分かるのです。全部が草を食べているのです。 
 低い音の鐘が歌っています、そして、高い音の鐘が歌っています。鐘叩きが鐘に教えていた歌なのです。そして、それが山々に聞こえていました。 
 そうして、その鐘は、シミオス名人が作ったものなのです。それぞれにそれぞれの声があるのです。 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月20日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」2





  Να πούμε την αλήθεια δεν ήταν εκεί ο Θύμιος ο Κουδουνάς. Ήταν στα Σάλωνα. Μα έπαιζε τη μουσική του σαν να ήταν εκεί. Γιατί ακούστηκε μακριά ένα κοπάδι πρόβατα με τα κουδούνια του, κι αυτά τα κουδούνια ήταν όλα από το εργαστήρι του Θύμιου. Από κει ψωνίζει ο Γεροθανάσης.
  ≪ Άκου, άκου! ≫ είπαν ο Δημητράκης κι ο Γιώργος μαζί.





 本当のことを言えば、そこは鐘叩きシミオスの土地ではありませんでした。シミオスはサロナの人なのです。でも、シミオスは、自分がサロナにいるかの様に音楽を奏でたのです。と言うのも、遠くから羊の群れがシミオスの鐘を鳴らすのが聞こえたのです。その鐘は、全部がシミオスの作業所で出来たものなのです。シミオスの作業所で、ゲロサナシスおじいさんは鐘を買ったのです。 
 「聞いて、聞いて」と、ディミトラキスとヨルゴスが一緒に言いました。 





アンフィサ - Wikipedia

posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」1





Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα






  Απόψε μετά το φαγητό κάθισαν έξω κι άναψαν μια μεγάλη φωτιά, γιατί έκανε ψύχρα. Άργησαν να κοιμηθούν απόψε. Ήθελαν να χαρούν τον Φάνη. Είπαν ένα τραγούδι, είπαν δεύτερο και τρίτο. Είπαν κι ένα παραμύθι. Με το παραμύθι και με φωτιά σαν χειμώνας ήταν.
  ≪ Απόψε έχετε μεγάλη χαρά ≫, είπε ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα. Σταθείτε να σας παίζω κι εγώ μια μουσική ≫.





サロナの鐘叩きシミオス


 その日の夜、食事の後、子供たちは外に座りました。そして、大きな焚き火を焚いたのです。ちょっと寒かったものですから。その夜は、眠りにつくのは遅くなりました。ファニスと楽しく過ごしたかったのです。一つの歌を歌いました、それから次の歌を歌いました、そして三番目の歌を歌いました。それから、お話を一つ語りました。お話と焚き火、冬の様でした。 
 「君たちは、今夜、大変なお楽しみだね。」と、サロナの鐘叩きシミオスが言いました。「君たちに私が一曲演奏するのを許してくれないかな。」 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」2





  Ο Καλογιάννης έβγαλε το γιλέκο του και παράστησε τον μυλωνά, όταν προσπαθούσε να το φορέσει. Όταν τραγούδησε και το:

  Τούτη η γης που την πατούμε,
  όλοι μέσα θε να μπούμε,

  ήταν απαράλλαχτος ο Μπαρμπακούκης.
  Τι γέλια έγιναν! Γελούσε κι ο Γκέκας. Έτσι έλεγαν τα παιδιά, πως γελούσε. Είχε κι αυτός το στόμα ανοιχτό και σήκωνε το κεφάλι του, τάχα πως κουβέντιαζε κι αυτός, τάχα πως τα καταλάβαινε όλα με το νι και με το σίγμα. Σαν να ‘λεγε κι αυτός για τον μυλωνά: ≪ Χι, χι, χι, τον Μπαρμπακούκη! ≫





 カロヤニスは自分のチョッキを脱ぎました、そして、チョッキを着ようとしていた時の粉挽き職人の真似をしたのです。その時には、粉挽き職人はこの歌を歌っていました。 

  われらがふむ、この土地は 
  みんながいずれなかにはいるのさ 

 それは、バルバコウキスとそっくりでした。 
 どれ程可笑しかったことでしょう! 犬のゲカスも笑ったのです。ゲカスがどの様に笑ったか、子供達はこう言っています。犬は、口を開けたまま頭を持ち上げていました。おしゃべりしている様でしたし、語頭から語尾まで何でも分かっている様でした。犬のゲカスは、「ヒ、ヒ、ヒ、バロバコウキスそっくりだ!」と、カロヤニスの粉挽き職人のことを言っている様でした。 





第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」1 





Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός






  Έφτασαν στις εννιά το βράδυ.
  Είκοσι παιδιά έτρεξαν στον Φάνη και τον σήκωσαν στα χέρια. Ήθελαν να μάθουν αμέσως πού πήγε και τι είδε. Πώς χάθηκε και πώς βρέθηκε. Όλοι μαζί τον ρωτούσαν.
  ≪ Σιγά-σιγά ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Θα σας τα πω ύστερα ≫.
  ≪ Θα σας πούμε για τον Αράπη ≫, είπε ο Μαθιός.
  ≪ Πήγαμε στο σπίτι του και τον είδααμε ≫.
  ≪ Αυτό δεν είναι τίποτα ≫, είπε ο Καλογιάννης. ≪ Είδαμε τον μεθυσμένο μυλωνά. Είχε πιει ένα αμπέλι κρασί ≫.
  ≪ Και ποιος σας άλεσε το αλεύρι; ≫ ρώτησε ο Δημητράκης.
  ≪ Το αλεύρι το άλεσε ο μύλος ≫.
  ≪ Ο μυλωνάς τι έκανε; ≫
  ≪ Να τι έκανε ≫.





 子供達は、夜の九時に着きました。 
 二十人の子供たちがファニスのことろへ駆け寄りました。そして、みんなの手で抱き上げたのです。 二十人の子供たちは、ファニスがどこに行き何を見たのかを、すぐに知りたがりました。みんなが一斉に、ファニスに尋ねたのです。 
 「ひとつ、ひとつ」とファニスは言いました。「後、みんなに話すから。」 
 マシオスは、「アラピスのことを話してあげるよ」と言いました。
 「あの人の家に行ったんだよ、僕らは会ったんだ。」 
 「なんでもなかったよ、」と、カロヤニスは言いました。「酔っ払った粉挽き職人に会ったよ。ぶどう酒を飲んでた。」 
 「それでは、誰が、小麦粉に挽いたの?」と、ディミトラキスは尋ねました。 
 「水車が小麦粉を挽いたんだよ。」 
 「粉挽き職人は何をしたの?」 
 「こうしたんだ。」  




8月7日、訂正: 
カロやニス→カロヤニス  
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」4





  Δεν είναι ο πρώτος τέτοιος βράχος. Πολλές πέτρες από μακριά μοιάζουν με ανθρώπινο πρόσωπο. Μια γριά μπορεί να τις πάρει για στοιχειά. Ένα παιδί μπορεί να τις φοβηθεί. Ένα παιδί, μα όχι άντρες όπως ο Αντρέας, ο Φάνης, ο Μαθιός, ο Καλογιάννης, ο Κωστάκης.
  Όχι αυτοί που τόλμησαν ν’ ανεβούν και να δουν.
  Και τώρα γελούν με τα λόγια της γριά-Χάρμανινας!
  Πού είναι οι φωτιές του Αράπη; Πού είναι ο Αράπης; Από μακριά κοιτάζουν τον βράχο και του φωνάζουν;
  ≪ Ε, Αράπη! ≫
  ≪ Να βάλεις τον σκούφο σου, μπαρμπα-Αράπη! ≫
  ≪ Να καπνίσεις και το τσιμπούκι σου, γερό- Αράααπη! ≫
  ≪ Καληνύχτα, γερο-Απάααπη! ≫





 それが最初の岩ではないのです。多くの岩が、遠くからだと、人間の顔に似ているのです。ある老婆が幽霊と間違ってしまうかもしれません。ある子供がそれを怖がるかもしれまでせん。ある子供、でも、それは、アンドレアスやファニスやマシオスやカロヤニスやコスタキスの様な勇者ではないのです。 
 勇敢にも登って行って直面した彼らは、怖がるような子供ではないのです。 
 今、彼らは、ハルミナおばあちゃんの言ったことを笑っているのです! 
 アラピスの火はどこですか? アラピスはどこですか? 子供達は、遠くから岩を見つめて、叫んだのす。 
 「やあ、アラピス!」 
 「頭巾をかぶりなよ、アルピスおじさん!」 
 「パイプをふかせなよ、アルピスおじいさん!」 
 「おやすみ、アルピスおじいさん!」 





第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」、おわり。 

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」3





  ≪ Για κοιτάτε, παιδια ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ πώς φαίνεται ο Αρπόβραχος από μακριά. Σαν άνθρωπος ≫.
  Γύρισαν και κοίταξαν τον Αραπόβραχο που μαύριζε στο σκοτείνιασμα. Στην κορυφή του έβλεπες αλήθεια ένα κεφάλι, ένα μέτωπο, μια πλατιά μύτη, ένα στόμα και δυο χοντρά χείλη. Από κοντά οι πέτρες εμείνες δεν έλεγαν τίποτα. Από μακιριά όμως σχημάτιζαν ένα πρόσωπο, σαν πρόσωπο αράπη. Γι’ αυτό λοιπόν πίστεψαν οι γριές πως εκεί κατοικεί αράπης!





 「みんな、ちょっと、」とマシオスは言いました。「遠くからだと、アラポブラホスがどう見えるか見てよ。人間みたいだよ。」 
 みんなは振り返って、アラポブラホスをじっと見ました。アラポブラホスは暗闇の中で黒々としていました。その頂には、人々は、本当に頭を見出すのです。額があります、広い鼻があります、口がひとつあります、そこに太い唇が二枚あるのです。近くからだと、岩のままで、何も表してはいないのです。けれども、遠くからだと、顔の形になるのです、アラビア人のような顔です。それだから、老人たちは、そこにアラビア人が住んでいると信じていたのです。 



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」2





  ≪ Πώς θα περιμένουν! ≫ είπε ο Μαθιός. ≪ Αργήσαμε, πολύ αργήσαμε ≫.
  ≪ Αργήσαμε, μα τι είδαμε; ≫ είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Είδες τι μεγάλος που ήταν ο ήλιος; ≫
  ≪ Όταν άγγιζε τη θάλασσα, σάλευε ≫.
  ≪ Για δες, κάτι σύννεφα, για δες! ≫
  Ενώ βράδιαζε, τα σύννεφα στον ουρανό ήταν κατακόκκινα. Έπαιρναν ακόμα χρώμα από τον σβησμένο ήλιο, λίγο-λίγο όμως μαύριζαν κι αυτά.





 「みんなはどんなに待っているだろう!」とマシオスが言いました。「ぼくたちは遅くなったよ、とっても遅くなった。」 
 「遅くなったね、でも、ぼくたちは何を見たの?」と、ほかの子供たちが言いました。 
 「太陽があんなに大きいのを見たことある?」 
 「海に触った時、太陽は輝いたよ。」 
 「見て、雲、見て!」 
 日が暮れている間、空の雲は真っ赤でした。まだ、消えていく太陽から色を取り出していました。でも、少しずつ、少しずつ、暗くなっていったのです。 

posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

暑気休暇

 暑いので、読んでないです、、、
posted by kyotakaba at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」1





Καληνύχτα γέρο-Αράπη!




  Κατεβαίνουν τα παιδιά γρήγορα. Βιάζονται πολύ γιατί θα νυχτώσουν.  
  Να, έφυγαν από τον Αρπόβραχο.   
  Πέρασαν τα λαγκάδια, έφτασαν στον δρόμο όπου είχαν δει το πάτημα του Φάνη και πηγαίνουν με γρήγορο βήμα προς τον έλατο. Θα κόψουν από κει πάλι δρόμο, θα φτάσουν γρήγορα στις καλύβες και θα φέρουν εκεί τον Φάνη, που τον περιμένουν.  





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」 

 子供たちは、急いで降りました。夜になりそうなので、とても急いだのです。 
 そう、アラポブラホスから立ち去ったのです。 
 谷間を通り抜けました、そして、ファニスの足跡を見つけた路に出ました。それからも、急ぎ足で 樅に向かって進んだのです。子供たちは近道をするつもりなのです。そうすると、早く小屋に着きたいのです、ファニスを連れて行きたいのです。そこで、他の子たちがファニスを待っているのです。 


posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

52. Ο Αραπόβραχος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」7 





  Όταν ήρθαν πιο κοντά και στάθηκαν στην κορυφή, τίποτα δεν βρήκαν. Οι πέτρες εκείνες ήταν πέτρες όπως όλες οι άλλες. Τις κοίταξαν καλά, τις άκουσαν, έμειναν πέτρες.  
  Πού λοιπόν είναι ο Αράπης;  
  Αντί να δουν τον Αράπη, τα παιδιά είδαν από κει επάνω ένα λαμπρό θέαμα.  
  Κάτω στο βάθος, πολύ-πολύ μακριά, η πλατιά θάλασσα περίμενε τον ήλιο. Τον ήλιο του Φάνη. Ο ήλιος κατέβαινε στο νερό, μεγάλωνε και κοκκίνιζε. Τα βουνά είχαν τις κορυφές κόκκινες. Τα σύννεφα έλαμπαν από φως. Αν είναι συννεφάκια εκείνα το μικρά που στέκουν στον αέρα ή αγγελούδια με χρυσά φτερά, δεν ξέρει κανείς. Ο ήλιος μεγάλωσε περισσότερο, κατεκοκκίνισε, άγγιξε το νερό. Κι αφού κοίταξε λίγο την πλάση, βυθίστηκε.  
  Γι’ αυτή την ομορφιά είχε χαθεί ο Φάνης.  





 子供たちはもっと頂上に近づきました、そして、頂上に立ったのです。その時、子供たちは何も見出しませんでした。岩は、他の岩どれとも同じ様に、岩でした。子供たちは、しっかりと岩を見ました。岩に耳を澄ませました。でも、岩のままでした。 
 それでは、アルピスはどこにいるのでしょうね? 
 アルピスに出くわす代わりに、子供たちは、その上から輝かしい光景を見たのでした。 
 風景の下の底の方では、それはそれは遠いのです、広い海が太陽を待っていました。ファニスの太陽を待っているのです。太陽は海水に落ちて行きつつあるのです、次第に大きくなり、赤くなっていきます。山々は、頂きを赤くしています。雲は太陽の光で輝いています。空中で動かない小さな雲なのか、金の翼の小さな天使なのか、誰も見分けられないのです。太陽は、この上なく大きくなります、真っ赤になりました、そして水に当たりました。そして、宇宙を少し見てから、沈んだのです。
 この美しさの為に、ファニスは迷子になったのでした。 




第五十ニ章「アラポブラホス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

52. Ο Αραπόβραχος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」6 





  ≪ Ελάτε, ελάτε ≫, φώναξε, ≪ από δω βγαίνουν ≫.  
Ανέβηκε πάλι στην πέτρα κι έδωσε στους άλλους. Σκαρφάλωσαν ένας-ένας. Από κει πια βάδισαν ελεύθερα προς την κορυφή. Μα στην κορυφή είδαν πάλι κάτι μεγάλες πέτρες. Αυτές εδώ ήταν πολύ αλλιώτικες. Ήταν μαύρες...  
  ≪ Δεν είναι αυτή τάχη η σπηλιά του Αράπη; Στην κορυφή θα κάθεατι για να βλέπει όλους τους τόπους. Το ασυλλόγιστοι που είμαστε. Τι θέλουμε εδώ; ≫ είπαν μέσα τους δυο-τρεις από τους μικρούς ταξιδιώτες. Αν μπορούσαν θα γύριζαν πίσω. Τώρα νιώθουν τον μεγάλο φόβο. Οι μικρές τους καρδιές χτυπούσαν δυνατά, σαν του λαγού. Δεν θέλουν να πάνε εμπρός. Περπατούν δύσκολα. Κάθε στιγμή περιμένουν πως μια πέτρα θα σηκωθεί σιγά-σιγά.  





 「おいで、おいでよ」とアンドレアスは叫びました。「ここから、岩は出ているんだ。」 
 彼は、もう一度、岩に登って他の子たちに言葉を掛けました。他の子たちは、ひとりひとり攀じ上りました。そこからは、頂きへ向かって、もう自由に歩いたのです。でも、頂きでは、子供たちは、また、もっと大きな岩に直面したのです。それは、とても変わった岩でした。黒くて…、 
 旅する子供たちの中から年少の二三人がこう言ったのです。「これが、もしかしたら、アラピスの洞窟ではないの? 頂上に座って辺り一帯を見ているんだろう。こんなことをして、ぼくたちは軽はずみだ。ぼくたちは、ここで何をしたいんだろう? 」 子供たちは戻れるでしょうか。今、子供たちは、大きな恐怖を感じているのです。彼らの小さな心臓は強く打っているのです、まるで、野兎の心臓の様です。前へ行きたくないのです。歩くのが大変なのです。一瞬、一瞬、今にもある岩がゆっくりゆっくり起き上がり出さないかと、身構えていたのです。 

posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

Logicomix 224

 『 Logicomix 』ギリシャ語版、224ページのウィトゲンシュタインとラッセルの会話を訳して見ました: 





[ Ήμουν στο διαμέρισμά μου, στο Πανεπιστήμιο, ένα φθινοριάτικο απόγευμα, όταν... ]

≪ Είστε το κύριο κατηγκητή Ράσελ; ≫



[ Μπήκε μέσα ένας νεαρός ξένος. ]
≪ Ο κύριος κατηκητής φρέγκε μ' έστειλε εσάς. ≫


≪ Τι κάνει ο κύριος καθηγητής; ≫
≪ Λέει ότι εσείς είστε ο καλύτερος κατηγκητής για λογκική. ≫
[ Άρα, απέκτησα καινούργιο μαθητή! ]



[ Εξαρχής, μου έκανε τεράστια εντύπωση η παθιασμένη σχέση του με τη φιλοσοφία. ]
≪ Μια στα σιγκουρα ξέρουμε μόνο αποτέλεσμα από λογκικές πράξεις! ≫



≪ Έχουμε όμως και τη γηώση των εμπερικών δεδομένων. ≫
≪ Όχι ≫
≪ Τότε τι λες για τις πληροφοριες των αισθησεων; ≫
≪ Όχι! ≫
[ Τέτοιο πάθος, το είχα ξαναδεί μόνο στο νεότερο εαυτό μου. ]




≪ Αυτό που είναι μόνο από εμπειρία, ντεν μπαίνει σε συζήτηση γκια την αλητεία! ≫
≪ Μα έλα τώρα! Σίγουρα θα παίρνεις και κάποια εμπειρικά δεδομένα στα σοβαρά! ≫



≪ Δε θα δεχθείς, για παράδειγμα, ως αληθή τη δήλωση ≪ Δεν ύπαρχει ένας ρινόκερος στο δωμάτιο ≫;



≪ Όχι! ≫
[ Το όνομα του νέου μου μαθητή ήταν Λούντβιχ Βίτγκενσταίν. ] 
 







 ある秋の午後、私は、大学の私の部屋に居たのだが、その時…、 
「アナタ様はラッセル・キョ授でいらっしゃいますか?」 

…中に、一人の外国の若者が入って来た。 
「フレーゲ・キョ授が僕を貴方のところに寄越したのです。」 

「教授は何と?」 
「アナタ様はロンリ学の最高のキョ授だと、言いました。」 
つまり、私は新しい学生を得たのだった。 


初めから、哲学への情熱的な関心が私に強い印象を与えた。
「論理的行為からの結果のみ、私たちは、カク実に、知ることになるのです。」 


「けれども、経験的事実の知識も、私たちにはありますよ。」 
「ないです。」 
「では、感覚の情報については、君はどう思うのですか?」 
「ないです。」 
これ程の情熱、私は、若い頃の自分自身の中だけに見たことがあるものだった。  

「経験からのみのものは、真理のダメの議論に入りまセン。」 
「けれどもね、幾つかの既知の経験を君が真剣に取り上げるだろうことは、確実だよ。」 


「例えば、「部屋には一頭の犀が居ない。」を真の命題と受け容れないのかな?」 

「いいえ!」 
この私の若い学生の名前は、ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインだ。 





追記、訂正: 
命題と受け容れるかな?

命題と受け容れないのかな?
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

52. Ο Αραπόβραχος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」5  





  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάκης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  
  ≪ Θα μπορέσουμε ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ο Κωστάκης δεν μίλησε. Από αρχή που ήρθαν στο δάσος προσέχει τα λόγια του Αντρέα. Μα σήμερα τον κοίταζε σαν μεγαλύτερο. Σήμερα ο λόγος του Αντρέα είναι σαν προσταγή. Ποιος βρήκε τον Φάνη;  
  Ο Κωστάκης ακολούθησε.  
  Ο Αντρέας βρήκε ανάμεσα σε δυο πέτρες μια σκισμάδα γεμάτη με μικρούς θάμνος. Την έψαξε πρώτα καλά με το ραβδί του, έβαλε το πόδι του μέσα, ανέβηκε σε μεγαλύτερη πέτρα κι από κει πήδησε πίσω.  





 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」 
 「きっと、ぼくたちは通り抜けられるよ。」とアンドレアスが言いました。 
 コスタキスは口を利きませんでした。コスタキスは、森に来た初めから、アンドレアの言葉に注意しているのです。でも、今日は、コスタキスは、アンドレアスが大人であるかの様に、彼を見詰めたのです。今日では、アンドレアの言葉は、命令の様です。誰がファニスを見つけたのでしょう? 
 コスタキスは従いました。 
 アンドレアスは、二つの岩の間に、小さな灌木でいっぱいの割れ目が一つあるのを見つけました。まず、杖を使ってその割れ目をしっかりと探りました。それから、足を中に入れました。そして、大きな岩に登りました。そして、そこから岩の後ろへ飛んだのです。 


posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

52. Ο Αραπόβραχος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」4 





  Ο Κωστάκης φοβόταν για το στοιχειό. Τα λόγια της γριάς Χάρμαινας για τον Αράπη τα θυμάται σαν τώρα δα. Θυμάται τον γέρο κοντά στον μύλο, που έκανε για τον Αραπόβραχο τον σταυρό του. Καθώς περπατάει συλλογιίζεται : ≪ Τι θέλουμε εδώ; Φαίνεται τόπος στοιχειωμένος! Να κλεισούρα γύρω, η απάτητη κατηφοριά, οι μεγάλες πέτρες που φυλάνε τον Αράπη. Ο Αράπης θα είναι στην κορφή. Θα κοιμάται... Θα μας ακούσει που ανεβαίνουμε... Θα τιναχτεί. Θα μας αρπάξει, θα μας ρίξει κάτω σε καμιά σπηλιά κατασκότεινη. Για χρόνια και χρόνια... ≫  





 コスタキスは、幽霊を恐がっていたのです。ハルミナおばあちゃんのアルピスについての話しを、まさしく今、思い出したのでした。水車小屋の近くの老人を思い出しました。老人は、アラポブラホスに十字を切っていました。歩きながら考えたのです。「ここでぼくたちはどうしたいのだろう? 幽霊の出そうな場所だよ! ほら、周りは隘路だ。誰も通ったことのない下り坂、大きな岩が幾つも、それらがアラピスを守っているんだ。アラピスはきっと頂きにいる。眠っている…。登って来ているぼくたちを聞くだろう。…、さっと立ち上がるだろう。ぼくたちをさっと捕まえる。きっと、ぼくたちをまっ暗な洞穴に投げ込むんだ。何年も、何年も…、、、」 



posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

52. Ο Αραπόβραχος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」3 





  ≪ Κι αν πάθουμε τίποτα; ≫
  ≪ Είμαστε πέντε ≫, είπε ο Αντρέας.
  Ακολούθησαν όλοι.
  Ανέβαιναν τον βράχο δύσκολα πολύ. Τους πιάστηκε η αναπνοή και στάθηκαν δυο φορές για ν’ ανασάνουν. Όταν έφτασαν στα κοτρώνια χρειάστηκε να περπατήσουν γύρω-γύρω για να βρουν ανάμεσα πέρασμα. Τόσο σφιχτά οι πελώριες αυτές πέτρες έζωναν τον βράχο. Νόμιζες πως έστεκαν επίτηδες εκεί για να εμποδίζουν. Πουρνάρια φύτρωναν αναμεταξύ. Άγρια πουλιά με γυριστή μύτη πετούσαν από τις τρύπες στον αέρα.
  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάλης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  





 「それで、もし、ぼくたちに何かあったら?」 
 「ぼくたちは五人だ。」とアンドレアスは言いました。 
 みんなが付いて行きました。 
 子供たちは、とても大変な思いをして、岩を登りました。子供たちは息が切れました。二度程立ち止まって、一休みしたのです。離れ岩に着いた時、中を通る道を探すのに、ぐるぐる歩き回らなければなりませんでした。大きな石が幾つも、岩を取り囲んで硬くくっついていたのです。人は、それらの石がわざとそこに立っていると思うでしょうね、そして邪魔をするんだと。柊が、その間に生えています。曲がった嘴の野鳥が、巣から空に飛び出しました。 
 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」  

posted by kyotakaba at 15:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

『高い山々』、第五十章「ファニスに向けて進む」2 の訂正。 


Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι のところ、
小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました 
→ 
小径もまるでないブナと柊の林の中、柊の茂みのなかを進みました。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする