2018年08月20日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」2





  Να πούμε την αλήθεια δεν ήταν εκεί ο Θύμιος ο Κουδουνάς. Ήταν στα Σάλωνα. Μα έπαιζε τη μουσική του σαν να ήταν εκεί. Γιατί ακούστηκε μακριά ένα κοπάδι πρόβατα με τα κουδούνια του, κι αυτά τα κουδούνια ήταν όλα από το εργαστήρι του Θύμιου. Από κει ψωνίζει ο Γεροθανάσης.
  ≪ Άκου, άκου! ≫ είπαν ο Δημητράκης κι ο Γιώργος μαζί.





 本当のことを言えば、そこは鐘叩きシミオスの土地ではありませんでした。シミオスはサロナの人なのです。でも、シミオスは、自分がサロナにいるかの様に音楽を奏でたのです。と言うのも、遠くから羊の群れがシミオスの鐘を鳴らすのが聞こえたのです。その鐘は、全部がシミオスの作業所で出来たものなのです。シミオスの作業所で、ゲロサナシスおじいさんは鐘を買ったのです。 
 「聞いて、聞いて」と、ディミトラキスとヨルゴスが一緒に言いました。 





アンフィサ - Wikipedia

posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月08日

55. Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十五章「サロナの鐘叩きシミオス」1





Ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα






  Απόψε μετά το φαγητό κάθισαν έξω κι άναψαν μια μεγάλη φωτιά, γιατί έκανε ψύχρα. Άργησαν να κοιμηθούν απόψε. Ήθελαν να χαρούν τον Φάνη. Είπαν ένα τραγούδι, είπαν δεύτερο και τρίτο. Είπαν κι ένα παραμύθι. Με το παραμύθι και με φωτιά σαν χειμώνας ήταν.
  ≪ Απόψε έχετε μεγάλη χαρά ≫, είπε ο Θύμιος ο Κουδουνάς από τα Σάλωνα. Σταθείτε να σας παίζω κι εγώ μια μουσική ≫.





サロナの鐘叩きシミオス


 その日の夜、食事の後、子供たちは外に座りました。そして、大きな焚き火を焚いたのです。ちょっと寒かったものですから。その夜は、眠りにつくのは遅くなりました。ファニスと楽しく過ごしたかったのです。一つの歌を歌いました、それから次の歌を歌いました、そして三番目の歌を歌いました。それから、お話を一つ語りました。お話と焚き火、冬の様でした。 
 「君たちは、今夜、大変なお楽しみだね。」と、サロナの鐘叩きシミオスが言いました。「君たちに私が一曲演奏するのを許してくれないかな。」 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月07日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」2





  Ο Καλογιάννης έβγαλε το γιλέκο του και παράστησε τον μυλωνά, όταν προσπαθούσε να το φορέσει. Όταν τραγούδησε και το:

  Τούτη η γης που την πατούμε,
  όλοι μέσα θε να μπούμε,

  ήταν απαράλλαχτος ο Μπαρμπακούκης.
  Τι γέλια έγιναν! Γελούσε κι ο Γκέκας. Έτσι έλεγαν τα παιδιά, πως γελούσε. Είχε κι αυτός το στόμα ανοιχτό και σήκωνε το κεφάλι του, τάχα πως κουβέντιαζε κι αυτός, τάχα πως τα καταλάβαινε όλα με το νι και με το σίγμα. Σαν να ‘λεγε κι αυτός για τον μυλωνά: ≪ Χι, χι, χι, τον Μπαρμπακούκη! ≫





 カロヤニスは自分のチョッキを脱ぎました、そして、チョッキを着ようとしていた時の粉挽き職人の真似をしたのです。その時には、粉挽き職人はこの歌を歌っていました。 

  われらがふむ、この土地は 
  みんながいずれなかにはいるのさ 

 それは、バルバコウキスとそっくりでした。 
 どれ程可笑しかったことでしょう! 犬のゲカスも笑ったのです。ゲカスがどの様に笑ったか、子供達はこう言っています。犬は、口を開けたまま頭を持ち上げていました。おしゃべりしている様でしたし、語頭から語尾まで何でも分かっている様でした。犬のゲカスは、「ヒ、ヒ、ヒ、バロバコウキスそっくりだ!」と、カロヤニスの粉挽き職人のことを言っている様でした。 





第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月06日

54. Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十四章「ゲカスは、ずっと、いい機嫌。」1 





Ακόμα κι ο Γκέκας είναι γελαστός






  Έφτασαν στις εννιά το βράδυ.
  Είκοσι παιδιά έτρεξαν στον Φάνη και τον σήκωσαν στα χέρια. Ήθελαν να μάθουν αμέσως πού πήγε και τι είδε. Πώς χάθηκε και πώς βρέθηκε. Όλοι μαζί τον ρωτούσαν.
  ≪ Σιγά-σιγά ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Θα σας τα πω ύστερα ≫.
  ≪ Θα σας πούμε για τον Αράπη ≫, είπε ο Μαθιός.
  ≪ Πήγαμε στο σπίτι του και τον είδααμε ≫.
  ≪ Αυτό δεν είναι τίποτα ≫, είπε ο Καλογιάννης. ≪ Είδαμε τον μεθυσμένο μυλωνά. Είχε πιει ένα αμπέλι κρασί ≫.
  ≪ Και ποιος σας άλεσε το αλεύρι; ≫ ρώτησε ο Δημητράκης.
  ≪ Το αλεύρι το άλεσε ο μύλος ≫.
  ≪ Ο μυλωνάς τι έκανε; ≫
  ≪ Να τι έκανε ≫.





 子供達は、夜の九時に着きました。 
 二十人の子供たちがファニスのことろへ駆け寄りました。そして、みんなの手で抱き上げたのです。 二十人の子供たちは、ファニスがどこに行き何を見たのかを、すぐに知りたがりました。みんなが一斉に、ファニスに尋ねたのです。 
 「ひとつ、ひとつ」とファニスは言いました。「後、みんなに話すから。」 
 マシオスは、「アラピスのことを話してあげるよ」と言いました。
 「あの人の家に行ったんだよ、僕らは会ったんだ。」 
 「なんでもなかったよ、」と、カロヤニスは言いました。「酔っ払った粉挽き職人に会ったよ。ぶどう酒を飲んでた。」 
 「それでは、誰が、小麦粉に挽いたの?」と、ディミトラキスは尋ねました。 
 「水車が小麦粉を挽いたんだよ。」 
 「粉挽き職人は何をしたの?」 
 「こうしたんだ。」  




8月7日、訂正: 
カロやニス→カロヤニス  
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月01日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」4





  Δεν είναι ο πρώτος τέτοιος βράχος. Πολλές πέτρες από μακριά μοιάζουν με ανθρώπινο πρόσωπο. Μια γριά μπορεί να τις πάρει για στοιχειά. Ένα παιδί μπορεί να τις φοβηθεί. Ένα παιδί, μα όχι άντρες όπως ο Αντρέας, ο Φάνης, ο Μαθιός, ο Καλογιάννης, ο Κωστάκης.
  Όχι αυτοί που τόλμησαν ν’ ανεβούν και να δουν.
  Και τώρα γελούν με τα λόγια της γριά-Χάρμανινας!
  Πού είναι οι φωτιές του Αράπη; Πού είναι ο Αράπης; Από μακριά κοιτάζουν τον βράχο και του φωνάζουν;
  ≪ Ε, Αράπη! ≫
  ≪ Να βάλεις τον σκούφο σου, μπαρμπα-Αράπη! ≫
  ≪ Να καπνίσεις και το τσιμπούκι σου, γερό- Αράααπη! ≫
  ≪ Καληνύχτα, γερο-Απάααπη! ≫





 それが最初の岩ではないのです。多くの岩が、遠くからだと、人間の顔に似ているのです。ある老婆が幽霊と間違ってしまうかもしれません。ある子供がそれを怖がるかもしれまでせん。ある子供、でも、それは、アンドレアスやファニスやマシオスやカロヤニスやコスタキスの様な勇者ではないのです。 
 勇敢にも登って行って直面した彼らは、怖がるような子供ではないのです。 
 今、彼らは、ハルミナおばあちゃんの言ったことを笑っているのです! 
 アラピスの火はどこですか? アラピスはどこですか? 子供達は、遠くから岩を見つめて、叫んだのす。 
 「やあ、アラピス!」 
 「頭巾をかぶりなよ、アルピスおじさん!」 
 「パイプをふかせなよ、アルピスおじいさん!」 
 「おやすみ、アルピスおじいさん!」 





第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」、おわり。 

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月31日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」3





  ≪ Για κοιτάτε, παιδια ≫, λέει ο Μαθιός, ≪ πώς φαίνεται ο Αρπόβραχος από μακριά. Σαν άνθρωπος ≫.
  Γύρισαν και κοίταξαν τον Αραπόβραχο που μαύριζε στο σκοτείνιασμα. Στην κορυφή του έβλεπες αλήθεια ένα κεφάλι, ένα μέτωπο, μια πλατιά μύτη, ένα στόμα και δυο χοντρά χείλη. Από κοντά οι πέτρες εμείνες δεν έλεγαν τίποτα. Από μακιριά όμως σχημάτιζαν ένα πρόσωπο, σαν πρόσωπο αράπη. Γι’ αυτό λοιπόν πίστεψαν οι γριές πως εκεί κατοικεί αράπης!





 「みんな、ちょっと、」とマシオスは言いました。「遠くからだと、アラポブラホスがどう見えるか見てよ。人間みたいだよ。」 
 みんなは振り返って、アラポブラホスをじっと見ました。アラポブラホスは暗闇の中で黒々としていました。その頂には、人々は、本当に頭を見出すのです。額があります、広い鼻があります、口がひとつあります、そこに太い唇が二枚あるのです。近くからだと、岩のままで、何も表してはいないのです。けれども、遠くからだと、顔の形になるのです、アラビア人のような顔です。それだから、老人たちは、そこにアラビア人が住んでいると信じていたのです。 



posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月30日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」2





  ≪ Πώς θα περιμένουν! ≫ είπε ο Μαθιός. ≪ Αργήσαμε, πολύ αργήσαμε ≫.
  ≪ Αργήσαμε, μα τι είδαμε; ≫ είπαν τ’ άλλα παιδιά.
  ≪ Είδες τι μεγάλος που ήταν ο ήλιος; ≫
  ≪ Όταν άγγιζε τη θάλασσα, σάλευε ≫.
  ≪ Για δες, κάτι σύννεφα, για δες! ≫
  Ενώ βράδιαζε, τα σύννεφα στον ουρανό ήταν κατακόκκινα. Έπαιρναν ακόμα χρώμα από τον σβησμένο ήλιο, λίγο-λίγο όμως μαύριζαν κι αυτά.





 「みんなはどんなに待っているだろう!」とマシオスが言いました。「ぼくたちは遅くなったよ、とっても遅くなった。」 
 「遅くなったね、でも、ぼくたちは何を見たの?」と、ほかの子供たちが言いました。 
 「太陽があんなに大きいのを見たことある?」 
 「海に触った時、太陽は輝いたよ。」 
 「見て、雲、見て!」 
 日が暮れている間、空の雲は真っ赤でした。まだ、消えていく太陽から色を取り出していました。でも、少しずつ、少しずつ、暗くなっていったのです。 

posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月18日

暑気休暇

 暑いので、読んでないです、、、
posted by kyotakaba at 18:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月11日

53. Καληνύχτα γέρο-Αράπη! 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」1





Καληνύχτα γέρο-Αράπη!




  Κατεβαίνουν τα παιδιά γρήγορα. Βιάζονται πολύ γιατί θα νυχτώσουν.  
  Να, έφυγαν από τον Αρπόβραχο.   
  Πέρασαν τα λαγκάδια, έφτασαν στον δρόμο όπου είχαν δει το πάτημα του Φάνη και πηγαίνουν με γρήγορο βήμα προς τον έλατο. Θα κόψουν από κει πάλι δρόμο, θα φτάσουν γρήγορα στις καλύβες και θα φέρουν εκεί τον Φάνη, που τον περιμένουν.  





 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十三章「アラピスおじいさん、こんばんわ!」 

 子供たちは、急いで降りました。夜になりそうなので、とても急いだのです。 
 そう、アラポブラホスから立ち去ったのです。 
 谷間を通り抜けました、そして、ファニスの足跡を見つけた路に出ました。それからも、急ぎ足で 樅に向かって進んだのです。子供たちは近道をするつもりなのです。そうすると、早く小屋に着きたいのです、ファニスを連れて行きたいのです。そこで、他の子たちがファニスを待っているのです。 


posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月10日

52. Ο Αραπόβραχος 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」7 





  Όταν ήρθαν πιο κοντά και στάθηκαν στην κορυφή, τίποτα δεν βρήκαν. Οι πέτρες εκείνες ήταν πέτρες όπως όλες οι άλλες. Τις κοίταξαν καλά, τις άκουσαν, έμειναν πέτρες.  
  Πού λοιπόν είναι ο Αράπης;  
  Αντί να δουν τον Αράπη, τα παιδιά είδαν από κει επάνω ένα λαμπρό θέαμα.  
  Κάτω στο βάθος, πολύ-πολύ μακριά, η πλατιά θάλασσα περίμενε τον ήλιο. Τον ήλιο του Φάνη. Ο ήλιος κατέβαινε στο νερό, μεγάλωνε και κοκκίνιζε. Τα βουνά είχαν τις κορυφές κόκκινες. Τα σύννεφα έλαμπαν από φως. Αν είναι συννεφάκια εκείνα το μικρά που στέκουν στον αέρα ή αγγελούδια με χρυσά φτερά, δεν ξέρει κανείς. Ο ήλιος μεγάλωσε περισσότερο, κατεκοκκίνισε, άγγιξε το νερό. Κι αφού κοίταξε λίγο την πλάση, βυθίστηκε.  
  Γι’ αυτή την ομορφιά είχε χαθεί ο Φάνης.  





 子供たちはもっと頂上に近づきました、そして、頂上に立ったのです。その時、子供たちは何も見出しませんでした。岩は、他の岩どれとも同じ様に、岩でした。子供たちは、しっかりと岩を見ました。岩に耳を澄ませました。でも、岩のままでした。 
 それでは、アルピスはどこにいるのでしょうね? 
 アルピスに出くわす代わりに、子供たちは、その上から輝かしい光景を見たのでした。 
 風景の下の底の方では、それはそれは遠いのです、広い海が太陽を待っていました。ファニスの太陽を待っているのです。太陽は海水に落ちて行きつつあるのです、次第に大きくなり、赤くなっていきます。山々は、頂きを赤くしています。雲は太陽の光で輝いています。空中で動かない小さな雲なのか、金の翼の小さな天使なのか、誰も見分けられないのです。太陽は、この上なく大きくなります、真っ赤になりました、そして水に当たりました。そして、宇宙を少し見てから、沈んだのです。
 この美しさの為に、ファニスは迷子になったのでした。 




第五十ニ章「アラポブラホス」、おわり。  


posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月09日

52. Ο Αραπόβραχος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」6 





  ≪ Ελάτε, ελάτε ≫, φώναξε, ≪ από δω βγαίνουν ≫.  
Ανέβηκε πάλι στην πέτρα κι έδωσε στους άλλους. Σκαρφάλωσαν ένας-ένας. Από κει πια βάδισαν ελεύθερα προς την κορυφή. Μα στην κορυφή είδαν πάλι κάτι μεγάλες πέτρες. Αυτές εδώ ήταν πολύ αλλιώτικες. Ήταν μαύρες...  
  ≪ Δεν είναι αυτή τάχη η σπηλιά του Αράπη; Στην κορυφή θα κάθεατι για να βλέπει όλους τους τόπους. Το ασυλλόγιστοι που είμαστε. Τι θέλουμε εδώ; ≫ είπαν μέσα τους δυο-τρεις από τους μικρούς ταξιδιώτες. Αν μπορούσαν θα γύριζαν πίσω. Τώρα νιώθουν τον μεγάλο φόβο. Οι μικρές τους καρδιές χτυπούσαν δυνατά, σαν του λαγού. Δεν θέλουν να πάνε εμπρός. Περπατούν δύσκολα. Κάθε στιγμή περιμένουν πως μια πέτρα θα σηκωθεί σιγά-σιγά.  





 「おいで、おいでよ」とアンドレアスは叫びました。「ここから、岩は出ているんだ。」 
 彼は、もう一度、岩に登って他の子たちに言葉を掛けました。他の子たちは、ひとりひとり攀じ上りました。そこからは、頂きへ向かって、もう自由に歩いたのです。でも、頂きでは、子供たちは、また、もっと大きな岩に直面したのです。それは、とても変わった岩でした。黒くて…、 
 旅する子供たちの中から年少の二三人がこう言ったのです。「これが、もしかしたら、アラピスの洞窟ではないの? 頂上に座って辺り一帯を見ているんだろう。こんなことをして、ぼくたちは軽はずみだ。ぼくたちは、ここで何をしたいんだろう? 」 子供たちは戻れるでしょうか。今、子供たちは、大きな恐怖を感じているのです。彼らの小さな心臓は強く打っているのです、まるで、野兎の心臓の様です。前へ行きたくないのです。歩くのが大変なのです。一瞬、一瞬、今にもある岩がゆっくりゆっくり起き上がり出さないかと、身構えていたのです。 

posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月05日

Logicomix 224

 『 Logicomix 』ギリシャ語版、224ページのウィトゲンシュタインとラッセルの会話を訳して見ました: 





[ Ήμουν στο διαμέρισμά μου, στο Πανεπιστήμιο, ένα φθινοριάτικο απόγευμα, όταν... ]

≪ Είστε το κύριο κατηγκητή Ράσελ; ≫



[ Μπήκε μέσα ένας νεαρός ξένος. ]
≪ Ο κύριος κατηκητής φρέγκε μ' έστειλε εσάς. ≫


≪ Τι κάνει ο κύριος καθηγητής; ≫
≪ Λέει ότι εσείς είστε ο καλύτερος κατηγκητής για λογκική. ≫
[ Άρα, απέκτησα καινούργιο μαθητή! ]



[ Εξαρχής, μου έκανε τεράστια εντύπωση η παθιασμένη σχέση του με τη φιλοσοφία. ]
≪ Μια στα σιγκουρα ξέρουμε μόνο αποτέλεσμα από λογκικές πράξεις! ≫



≪ Έχουμε όμως και τη γηώση των εμπερικών δεδομένων. ≫
≪ Όχι ≫
≪ Τότε τι λες για τις πληροφοριες των αισθησεων; ≫
≪ Όχι! ≫
[ Τέτοιο πάθος, το είχα ξαναδεί μόνο στο νεότερο εαυτό μου. ]




≪ Αυτό που είναι μόνο από εμπειρία, ντεν μπαίνει σε συζήτηση γκια την αλητεία! ≫
≪ Μα έλα τώρα! Σίγουρα θα παίρνεις και κάποια εμπειρικά δεδομένα στα σοβαρά! ≫



≪ Δε θα δεχθείς, για παράδειγμα, ως αληθή τη δήλωση ≪ Δεν ύπαρχει ένας ρινόκερος στο δωμάτιο ≫;



≪ Όχι! ≫
[ Το όνομα του νέου μου μαθητή ήταν Λούντβιχ Βίτγκενσταίν. ] 
 







 ある秋の午後、私は、大学の私の部屋に居たのだが、その時…、 
「アナタ様はラッセル・キョ授でいらっしゃいますか?」 

…中に、一人の外国の若者が入って来た。 
「フレーゲ・キョ授が僕を貴方のところに寄越したのです。」 

「教授は何と?」 
「アナタ様はロンリ学の最高のキョ授だと、言いました。」 
つまり、私は新しい学生を得たのだった。 


初めから、哲学への情熱的な関心が私に強い印象を与えた。
「論理的行為からの結果のみ、私たちは、カク実に、知ることになるのです。」 


「けれども、経験的事実の知識も、私たちにはありますよ。」 
「ないです。」 
「では、感覚の情報については、君はどう思うのですか?」 
「ないです。」 
これ程の情熱、私は、若い頃の自分自身の中だけに見たことがあるものだった。  

「経験からのみのものは、真理のダメの議論に入りまセン。」 
「けれどもね、幾つかの既知の経験を君が真剣に取り上げるだろうことは、確実だよ。」 


「例えば、「部屋には一頭の犀が居ない。」を真の命題と受け容れないのかな?」 

「いいえ!」 
この私の若い学生の名前は、ルードヴィッヒ・ヴィトゲンシュタインだ。 





追記、訂正: 
命題と受け容れるかな?

命題と受け容れないのかな?
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月04日

52. Ο Αραπόβραχος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」5  





  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάκης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  
  ≪ Θα μπορέσουμε ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ο Κωστάκης δεν μίλησε. Από αρχή που ήρθαν στο δάσος προσέχει τα λόγια του Αντρέα. Μα σήμερα τον κοίταζε σαν μεγαλύτερο. Σήμερα ο λόγος του Αντρέα είναι σαν προσταγή. Ποιος βρήκε τον Φάνη;  
  Ο Κωστάκης ακολούθησε.  
  Ο Αντρέας βρήκε ανάμεσα σε δυο πέτρες μια σκισμάδα γεμάτη με μικρούς θάμνος. Την έψαξε πρώτα καλά με το ραβδί του, έβαλε το πόδι του μέσα, ανέβηκε σε μεγαλύτερη πέτρα κι από κει πήδησε πίσω.  





 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」 
 「きっと、ぼくたちは通り抜けられるよ。」とアンドレアスが言いました。 
 コスタキスは口を利きませんでした。コスタキスは、森に来た初めから、アンドレアの言葉に注意しているのです。でも、今日は、コスタキスは、アンドレアスが大人であるかの様に、彼を見詰めたのです。今日では、アンドレアの言葉は、命令の様です。誰がファニスを見つけたのでしょう? 
 コスタキスは従いました。 
 アンドレアスは、二つの岩の間に、小さな灌木でいっぱいの割れ目が一つあるのを見つけました。まず、杖を使ってその割れ目をしっかりと探りました。それから、足を中に入れました。そして、大きな岩に登りました。そして、そこから岩の後ろへ飛んだのです。 


posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月03日

52. Ο Αραπόβραχος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」4 





  Ο Κωστάκης φοβόταν για το στοιχειό. Τα λόγια της γριάς Χάρμαινας για τον Αράπη τα θυμάται σαν τώρα δα. Θυμάται τον γέρο κοντά στον μύλο, που έκανε για τον Αραπόβραχο τον σταυρό του. Καθώς περπατάει συλλογιίζεται : ≪ Τι θέλουμε εδώ; Φαίνεται τόπος στοιχειωμένος! Να κλεισούρα γύρω, η απάτητη κατηφοριά, οι μεγάλες πέτρες που φυλάνε τον Αράπη. Ο Αράπης θα είναι στην κορφή. Θα κοιμάται... Θα μας ακούσει που ανεβαίνουμε... Θα τιναχτεί. Θα μας αρπάξει, θα μας ρίξει κάτω σε καμιά σπηλιά κατασκότεινη. Για χρόνια και χρόνια... ≫  





 コスタキスは、幽霊を恐がっていたのです。ハルミナおばあちゃんのアルピスについての話しを、まさしく今、思い出したのでした。水車小屋の近くの老人を思い出しました。老人は、アラポブラホスに十字を切っていました。歩きながら考えたのです。「ここでぼくたちはどうしたいのだろう? 幽霊の出そうな場所だよ! ほら、周りは隘路だ。誰も通ったことのない下り坂、大きな岩が幾つも、それらがアラピスを守っているんだ。アラピスはきっと頂きにいる。眠っている…。登って来ているぼくたちを聞くだろう。…、さっと立ち上がるだろう。ぼくたちをさっと捕まえる。きっと、ぼくたちをまっ暗な洞穴に投げ込むんだ。何年も、何年も…、、、」 



posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月02日

52. Ο Αραπόβραχος 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」3 





  ≪ Κι αν πάθουμε τίποτα; ≫
  ≪ Είμαστε πέντε ≫, είπε ο Αντρέας.
  Ακολούθησαν όλοι.
  Ανέβαιναν τον βράχο δύσκολα πολύ. Τους πιάστηκε η αναπνοή και στάθηκαν δυο φορές για ν’ ανασάνουν. Όταν έφτασαν στα κοτρώνια χρειάστηκε να περπατήσουν γύρω-γύρω για να βρουν ανάμεσα πέρασμα. Τόσο σφιχτά οι πελώριες αυτές πέτρες έζωναν τον βράχο. Νόμιζες πως έστεκαν επίτηδες εκεί για να εμποδίζουν. Πουρνάρια φύτρωναν αναμεταξύ. Άγρια πουλιά με γυριστή μύτη πετούσαν από τις τρύπες στον αέρα.
  ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάλης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.  





 「それで、もし、ぼくたちに何かあったら?」 
 「ぼくたちは五人だ。」とアンドレアスは言いました。 
 みんなが付いて行きました。 
 子供たちは、とても大変な思いをして、岩を登りました。子供たちは息が切れました。二度程立ち止まって、一休みしたのです。離れ岩に着いた時、中を通る道を探すのに、ぐるぐる歩き回らなければなりませんでした。大きな石が幾つも、岩を取り囲んで硬くくっついていたのです。人は、それらの石がわざとそこに立っていると思うでしょうね、そして邪魔をするんだと。柊が、その間に生えています。曲がった嘴の野鳥が、巣から空に飛び出しました。 
 「行こう。」とコスタキスが言いました。「通り抜けられないよ。」  

posted by kyotakaba at 15:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

『高い山々』、第五十章「ファニスに向けて進む」2 の訂正。 


Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι のところ、
小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました 
→ 
小径もまるでないブナと柊の林の中、柊の茂みのなかを進みました。
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

分からない

 『高い山々』の次の部分は分からない。 

≪ Κι αν πάθουμε τίποτα; ≫
≪ Είμαστε πέντε ≫, είπε ο Αντρέας.
Ακολούθησαν όλοι.
Ανέβαιναν τον βράχο δύσκολα πολύ. Τους πιάστηκε η αναπνοή και στάθηκαν δυο φορές για ν’ ανασάνουν. Όταν έφτασαν στα κοτρώνια χρειάστηκε να περπατήσουν γύρω-γύρω για να βρουν ανάμεσα πέρασμα. Τόσο σφιχτά οι πελώριες αυτές πέτρες έζωναν τον βράχο. Νόμιζες πως έστεκαν επίτηδες εκεί για να εμποδίζουν. Πουρνάρια φύτρωναν αναμεταξύ. Άγρια πουλιά με γυριστή μύτη πετούσαν από τις τρύπες στον αέρα.
≪ Πάμε ≫, είπε ο Κωστάλης, ≪ δεν μπορούμε να περάσουμε ≫.
 


Google翻訳: 
「もし何か手に入れたら? ≫
    「私たちは5人です」とAndreasは言いました。
    彼らはすべて従った。
    彼らは一生懸命動揺していた。 彼らは呼吸を捕らえられ、呼吸するために二度立ちました。 彼らがコテージに着いたら、通路を見つけるために歩かなければなりませんでした。 だから、これらの石の石は岩に触れた。 あなたは彼らがそれを故意に防ぐためにそこにいると思った。 彼らの間にポーランド人が芽生えました。 野生の鳥が鼻で空中の穴から飛び出しました。
    「行こう」と、「私たちは合格できません」とKostalisは言った。

Bing 翻訳 
"私たちに何かが起こったら?" "我々は5です" とアンドレアスは言った。
彼らはすべて続いた。
十分に懸命に岩に登った。 彼らは息に巻き込まれ、ため息に2回立っていた。 彼らが kotrwnia に着いたとき、彼らは通路の間を見つけるために歩き回っていた。 だから、これらの巨大な石は岩を Ezwnan タイト。 あなたはそれを防ぐためにわざと立っていたと思った ホリーは成長した 曲線の鼻を持つ野生の鳥は、空気中の穴を飛んだ。
「行きましょう」と Kwstalis は言った。
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月27日

52. Ο Αραπόβραχος 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」2 





  Όλοι γύρισαν και κοίταξαν αυτό το παράξενο ύψωμα. Τους έπιασε φόβος. Αυτός λοιπόν είναι ο Αραπόβραχος! Τον κοίταξαν καλά ως την κορφή.  
  ≪ Ανέβηκες ως επάνω; ≫ ρώτησε ο Ανδρέας.  
  ≪ Όχι, στάθηκα χαμηλά. Δεν μπορούσα ν’ ανεβώ ≫.  
  Ο Αντρέας είπε τότε: ≪ Πάμε όλοι μαζί ν’ ανεβούμε ≫.  
  ≪ Αντρέα! ≫ είπε ο Κωστάκης φοβισμένος.  
  ≪ Εσύ ≫, είπε ο Ανδρέας, ≪ θυμάσαι τα λόγια της γριάς Χάρμαινας και φοβάσαι. Μα για πες μου. Ο Φάνης δεν τον πάτησε τον Αραπόβραχο; Κι όμως είναι εδώ μαζί μας. Δεν έπαθε τίποτα. Είναι ντροπή μας να φοβόμαστε σαν τις γριές ≫.  





 みんなは振り返りました。そして、その変わった尾根を見たのです。恐怖が子供たちを捉えました。それがつまり、アラポブラホスなのです! 子供たちは、頂上までじっくりと見ました。 
 「君は上まで上がったの?」とアンドレアスは尋ねました。 
 「いいや。ずっと下の方で立ち止まったよ。ぼくは、登れなかったんだ。」 
 そうすると、アンドレアスはこう言いました。「みんなで行こう、そして登ろう。」 
 「アンドレア!」と恐がったコスタキスは言いました。 
 アンドレアスはこう言います。「君。君はハルミナおばあちゃんの言ったことを思い出したんだね、それで、恐くなったんだ。でも、考えてくれ。ファニスはアラポブラホスを踏まなかったのかい? それで、ここにぼくたちと一緒にいるじゃないか。少しもひどい目に会ってない。おばあさんたちみたいに恐がるなんて、ぼくたちには不面目だよ。」  



posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月26日

52. Ο Αραπόβραχος 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十ニ章「アラポブラホス」1  





Ο Αραπόβραχος






  Η ωραιότερη μέρα που πέρασαν ως τώρα είναι αυτή. Ποτέ δεν αγάπησαν τον Φάνη, όσο σήμερα που τον ξαναβρήκαν. Δεν χωρίζονται σήμερα. Για να δουν το νερό που αναβρύζει από τον βράχο, πήγαν όλοι μαζί. Στα πλατάνια κατέβηκαν όλοι μαζί. Ο ένας θα έδινε για τον άλλο τη ζωή του.  
  Ήταν απόγευμα όταν ξεκίνησαν να φύγουν.  
  ≪ Πες μας, Φάνη ≫, ρώτησε ο Ανδρέας, ≪ ανέβηκες χτες σε κανέναν βράχο; ≫  
  ≪ Ναι ≫, είπε ο Φάνης κι έδειξε τον βράχο.  





 子供たちが過ごた一番いい日は、今のこの日でした。子供たちは、今日と同じ程に、ファニスを好きになった日はありませんでした、今日は、ファニスをまた見つけた日なのです。今日は、別々になりません。岩から湧き出している水を見ようと、みんなが一緒に歩き始めました。プラタナスの木立をみんなで下りました。ひとりが別のひとりに自分の元気をあげていたのに違いありません。 
 子供たちが、立ち去ろうとまた動き出したのは、午後でした。 
 「教えてくれない、ファニス、」とアンドレアスは尋ねました。「昨日、どれかの岩に登ったの?」 
 「そうなんだ。」とファニスは言いました。そして、あの岩を指差したのです。 


posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月25日

51. Τα δώρα της ημέρας 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」6 





  Ήταν οι σύντροφοί του. Ήταν ο Αντρέας και τ’ άλλα τέσσερα παιδιά. Ναι έρχονται γι’ αυτόν...  
  Δεν μπόρεσε να μιλήσει αμέσως. Χτύπησε τα χέρια του στον αέρα σαν δυο μεγάλα φτερά. Όρμησε τον κατήφορο. Ήθελε μ’ ένα πήδημα να φτάσει απέναντι. Έπειτα στάθηκε και τους έβγαλε μια φωνή, μια μεγάλη φωνή.
  Τα παιδιά τον άκουσαν. Τότε απ’ τη μια πλαγιά ο Φάνης, από την άλλη οι σύντροφοί του έτρεχαν κάτω τρελά στο ρέμα για ν’ ανταμωθούν. Πηδούσαν γκρεμίζοντας χώματα και χαλίκια. Φωνές χαρούμενες αντιλάλησαν στην κλεισούρα :  
  ≪ Εδώ, εδώ! Από δω, έλα, έλα! ≫





 彼の仲間たちでした。それは、アンドレアスと他の四人の子供たちなのでした。ええ、彼のところに来たの… 
 ファニスは、直ぐには口が利けませんでした。空中で両手を、大きな翼の様に、打ったのです。下り坂の方へ走り出しました。一飛びして、反対側に飛んで行きたかったのです。それから、立ち止まって、子供たちに向けて、声を上げました、大きな声です。 
 子供たちはファニスの声を聞きました。そうなのです、片方の斜面ではファニスが、反対の斜面では仲間たちが、出会おうと、懸命な勢いで走っていたのです。泥や小石を跳ね散らしながら、飛び跳ねていました。喜びに溢れた声が隘路に谺しました。 
 「ここ、ここ、こっちだ、ほら、来て!」 





第五十一章「お昼の贈り物」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

51. Τα δώρα της ημέρας 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」5  





  Συλλογιζόταν : ≪ Θα σηκωθώ, θα πάρω πάλι τον ίδιο δρόμο, θα πάω, θα πάω και θα κοιτάζω μόνο για τον έλατο. Αν μπορέσω και βρω τον έλατο, ξέρω από κει και πέρα να πάω για τις καλύβες. Θα τους βγω ξαφνικά μπροστά ≫.  
  Κοίταζε τη μεγάλη κατηφοριά που είχε περάσει χτες, κοίταζε τα χαλίκια, τα κόκκινα χώματα, τους μικρούς θάμνους.  
  ≪ Μπα ≫, είπε ξαφνικά , ≪ τι είναι αυτά που κατεβαίνουν; Κατσίκια; ≫  





 考えたのです。「ぼくは立ち上がろう、ぼくはまた同じ道を行こう、行こう、進もう、それに、樅の樹だけを注目しよう。樅の樹を見つけることが出来れば、それから先は分かるんだ、それで、そこから小屋に行こう。きっと、急に、小屋の前に出るだろうね。」 
 ファニスは、長い下り坂を見ました、昨日通った下り坂です。砂利を、赤い地面を小さな灌木をじっと見ました。 
 「おやっ」と突然に言いました。「下っているあれらは何? 子山羊かな?」   



posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

51. Τα δώρα της ημέρας 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」4 





  Σηκώθηκε, έτρεξε λίγο παραπέρα και ξανάρθε. Πεινούσε πολύ. Άνοιξε το σακούλι του και βρήκε το ψωμί του και το λίγο φαγητό του.  
  Όλες οι ελπίδες του ήρθαν.  
  Να, έτσι ν’ απλώσει το χέρι, του φαινόταν πως θ’ άγγιζε τις καλύβες. Έφαγε καλά και ήπιε νερό από το παγούρι του. Έπειτα ξεχάστηκε κοιτάζοντας την απέναντι πλαγιά.  





 立ち上がり、向こうに少し走って、戻って来ました。とてもお腹が空いていたのです。自分の袋を開けると、僅かの食べ物、パンを見つけたのです。 
 様々な希望が全部、ファニスの所にやって来ました。 
 さあ、それで、手を伸ばしてみたのです。小屋に触れるのではないか知ら、と彼には思えたのです。気持よく食べました、そして、自分の水筒の水を飲みました。反対側の斜面を見ながら、ファニスは思いに耽ったのです。  



posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月18日

51. Τα δώρα της ημέρας 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」3  





  Τέλος ήρθε ο ύπνος. Αυτή τη φορά ήρθε πιο βαρύς. Θα κοιμήθηκε ο Φάνης πέντε ως έξι ώρες στη σειρά. Καταλάβαινε στον ύπνο του πως κρύωνε, μα δεν μπορούσε να σηκωθεί.  
Όταν άνοιξε τα μάτια του ξέχασε όλη του τη δυστυχία. Είδε την ημέρα. Είδε δέντρα χρυσά από τον ήλιο. Όλα τον κοίταζαν σαν φίλοι. Πουλιά του μιλούσαν. Το νερό δεν φώναζε άγρια όπως τη νύχτα. Τραγουδούσε. Ο θάμνος του δεν ήταν πια μαύρος. Είχε ένα ωραίο χρώμα πράσινο βαθύ και γυάλιζε. Τα δυο δεντράκια του, δυο φουντωτά και στρογγυλά πουρνάρια, του έλεγαν : ≪ Εδώ είμαστε, Φάνη ≫.  





 遂には、眠りが来ました。その時には、とても強い眠りだったのです。ファニスは、五時間か六時間をずっと眠るのに違いありませんでした。眠っていても寒いのは分かっていたのですけれど、起き上がることは出来ませんでした。 
 目を開けた時には、ファニスは、自分の不運をすっかり忘れていました。陽を見たのです。陽光で金色の樹々を見たのです。何もかもが、彼を友達であるかの様に見詰めていたのです。鳥たちは彼に話し掛けています。水は、夜の様に荒々しく叫んではいませんでした。ファニスは歌いました。繁みは黒いところは少しもありませんでした。素敵な濃い緑色をしていましたし、輝いていました。二本の小さな樹が、二本のよく繁ってまるい柊の樹が彼にこう言いました。「ファニス、わたしたちはここにいます。」 


posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月16日

Η Πάπισσα Ιωάννα

 『 Η Πάπισσα Ιωάννα Graphic novel 』
.:BiblioNet : Η Πάπισσα Ιωάννα / Ροΐδης, Εμμανουήλ Δ., 1836-1904  

 Εμμανουήλ Ροΐδης エマノウイール・ロイディスの小説『 Η Πάπισσα Ιωάννα 法皇イワナ 』をグラフィック・ノヴェルにしたもの。『 Η Πάπισσα Ιωάννα 』は、1886年発表の小説。女性が自分の性を隠して法皇に上り詰めると言うもの。当時、ロイディスは、法的にも告訴され、また、教会からは破門された、と言うこと。  
( 追記:オスマン帝国時代、シロス島は教皇庁の保護下にあって、島民は殆どカトリック教徒になった。ギリシャ独立戦争の時もシロス島は中立の立場。ギリシャ独立後にギリシャ王国に編入、1824年に初めての東方正教の教会が建てられた。 )
 ロイディスは、1836年、シロス島の生まれ。名前の読み方、エマニュエルでいいのか知ら? 


 表紙は重厚な感じなのだけれど、中はどうなのか知ら? ちょっと見てみたい、、、 




女教皇ヨハンナ - Wikipedia 

それから、アメリカの作家 Donna Woolfolk Cross も、1996年に小説『 Pope Joan 』を発表している。 
この小説を元に、ドイツの Sönke Wortmann 監督が映画『 Pope Joan 』を撮っている。2009年。
1972年にも、イギリスのマイケル・アンダーソン監督が『 Pope Joan 』のタイトルで映画を撮っている。
posted by kyotakaba at 11:43| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月15日

Ερωτόκριτος Ένα σπάνιο εικονογραφημένο χειρόγραφο

 『 Ερωτόκριτος 』のルーマニア・アカデミー図書館所蔵の写本を出版物にしたもの。 
 美しい挿画も多数。
.:BiblioNet : Ερωτόκριτος / Κορνάρος, Βιτσέντζος, 1553-1613 

 この写本を書籍化したものは、67ユーロくらい。

 『 Ερωτόκριτος 』は、17世紀初頭に、クレタの詩人 Βιτσέντζος Κορνάρος ビツェンゾス・コルナロスが書いた叙事詩。 
 アテネの王女アレトウサ Αρετούσα と臣下の若者エロトクリトス Ερωτόκριτος との恋冒険物語り。 
 エロトクリトスは王女アレトウサに恋するのだけれど、身分が違うので人に開かすことも出来ず、王女の窓の下で恋の歌を歌うだけ。王女もその歌に惹かれる様に成るけれど、王がその恋を許すことはなくエロトクリトスを捉えようとするので、彼は国外に逃れて。、、、と言う様な物語り。 
 10,012アイアンブからなる。 

ウィキソース: 
Ερωτόκριτος - Βικιθήκη
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月14日

Κλεοπάτρας Θάνατος 6

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





11-48p
[ Ετιέν Ζοντέλ ≪Κλεοπάτρα Αιχμάλωτος≫ ]

Ντίν Ντίν

≪ Η καμπάνα!!! Φαίνεται ότι ετοιμάζεται η κηδεία της καημένης της Κλεοπάτρας... ≫




12-49p
≪ Με ζητήσατε, κύριε; ≫

Τάκ Τάκ Τάκ

≪ Θα είναι τα καρφιά που κλείνουν την κάσα της νεκρής... ≫  





11-48 
エチエンヌ・ジョデル『囚われのクレオパトラ』 

ディン、ディン。 

「鐘だ。可哀想なクレオパトラの葬儀の用意が整った様だ。」
 
Cléopâtre captive - Wikipedia 

12-49 
「私に御用ですか、ご主人様?」 

タック、タック、タック。 

「あれは、きっと、棺桶を閉じる釘だろう。」  





『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、おわり。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月13日

51. Τα δώρα της ημέρας 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」2  





  Κρυώνει και θέλει να κουνηθεί. Μα μόλις σηκώθηκε, μαζεύτηκε πάλι. Άλλους ίσκιους είδε από κει να έρχονται. Όλα τ’ άστρα είναι και τώρα στον ουρανό, καθώς την άλλη φορά. Απόψε όμως δεν τα βλέπει ο Φάνης.  
  Σ’ αυτή τη θέση που βρίσκεται, θυμάται χίλια-δυο πράγματα. Έρχονται στον νου του όλα μαζί : τα παιχνίδια που έπαιξε, το περσινό του μάθημα, ένα φρούτο που έκοψε κι έφαγε μικρός, μια φωλιά που είχε βρει... Όλα πάνε κι έρχονται στον νου του, όπως τα μυρμήγκια στη φωλιά. Βουίζει το κεφάλι του. Τα βλέφαρά του είναι ζεστά και φουσκωμένα. Θέλει να κοιμηθεί πολύ.  





 冷えました、それで動こうと思ったのです。でも、立ち上がると、直ぐに、またしゃがみ込みました。そこから、別の影が来るのを見たのです。星々は、他の時と変わらず、空にあります。けれども、今夜は、ファニスはそれを見ないのです。 
 そんな状況にあって、ファニスは千も二千ものことを思い出すのです。それらが彼の頭の中にみんな一緒に入って来るのです。遊んだ玩具、去年の学課、切ってちょっと食べた果物、以前に見つけていた巣、…。それらみんなが彼の頭の中を行ったり来たりするのです。それはちょうど、巣の中の蟻の様でした。ファニスの頭は、ブーンと唸っていました。両方のまぶたが熱っぽくて腫れていました。とても眠たかったのです。 



posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月12日

51. Τα δώρα της ημέρας 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十一章「お昼の贈り物」1 





Τα δώρα της ημέρας






  Ο Φάνης ξύπνησε μέσα στη νύχτα. Α, πόσο τρόμαξε αυτή τη φορά!  
  Τα δέντρα στο σκοτάδι θαρρούσε πως ξεκίνησαν να έρθουν επάνω του. Τα έβλεπε ν’ αλλάζουν σχήμα, να γίνονται άνθρωποι μαύροι που ετοιμάζονται να τον πάρουν.  
  Η ψύχρα τον έκανε να μαζευτεί στον θάμνο. Βύθιζε το πρόσωπο στα φύλλα του, μα πάλι το έβγαζε ξαφνικά και κοίταζε μήπως έρχονται μαύροι άνθρωποι. Να είχε κι ένα ρούχο! Μια στιγμή ένιωσε τη μητέρα του να του ρίχνει σιγά-σιγά, από τα πόδια ως τον λαιμό, ένα μαλακό, ζεστό σκέπασμα. Άπλωσε να το πιάσει και δεν το βρήκε.  





       お昼の贈り物 


 ファニスは夜中に目を覚ましました。ああ、その時はなんて恐かったのでしょう! 
 暗闇の中の樹々が動き出して自分の上へ伸し掛って来る様に思えたのです。ファニスは、樹々が形を変えている様に見えたのです。今にも自分を捕まえようとしている黒い人間になっている様に見えたのです。 
 寒さは、ファニスが繁みで縮こまる他ない様にさせていました。繁みの葉っぱに顔を埋めたのですが、突然また、顔を出して、黒い人間たちが来るのではないか知ら、と目を見張ったのです。そうだ! ファニスは一枚の敷布を持っていたのですよ。そう気が付いた瞬間、母さんがゆっくりゆっくりと足から首まで柔らかい暖かい覆いを投げ掛けてくれたのを感じたのです。ファニスはそれを掴もうと手を伸ばしました、でも見つけられませんでした。  





posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月11日

50. Περπατούν για τον Φάνη 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」8  





  ≪ Σιγά ≫, φώναξε ο Ανδρέας. ≪ Σιγά μη μου τα χαλάσετε. Πατάτε με προσοχή. Το πρώτο χνάρι μας οδηγεί. Είδατε; Το πόδι είναι γυρισμένο από δω. Θα πει πως εδώ πήγαινε. Μα που πηγαίνει τάχα; Μήπως σ’ αυτό τον βράχο; ≫  
  Κι έδειξε τον Αραπόβραχο.  
  Τον κοίταξαν, χωρίς να ξέρουν πως είναι ο Αραπόβραχος. Και πήγαιναν προς το μέρος εκείνο γυρεύοντας άλλα πατήματα.  





 「落ち着いて、」とアンドレアスは大声で言いました。「落ち着いて、君たち、足跡がぼくに分からない様にはしないで。慎重に地面を踏んで。最初の足跡がぼくたちを案内するんだよ。分かる? ここできびすを返している。きっとここを通ったのだろう。でも、一体、どこへ行ったのだろう? もしかしたら、あの岩?」 
 アンドレアスはアラポブラホスを見ました。 
 みんなも見ました。でも、アラポブラホスが何なのか分からないままです。そして、べつの足跡を探して、そちらの方へ進んだのです。 




第五十章「ファニスに向けて進む」、おわり。  


posted by kyotakaba at 11:13| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

Κλεοπάτρας Θάνατος 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





9-46p
Ο Σοφός δεν είχε φανεί απόψε, αλλά ούτε και το τέρας είχε δώσει σημεία ζωής.




10-47p
ξαφνικά...

Σκριιιιιιιι

Βοηθεια!


Ο σοφός μπήκε αγουροξυπνημένος στο γραφείο του, χωρίς να φαντάζεται τι θα αντίκριζε.   






9-46 
学者は、今夜、姿を見せなかった。けれども、怪物も活動の兆しを見せていなかった。


10-47 
突然に…、 

スキリイイイイイ 

助けて! 

半分眠っている学者が、どんなものに直面するか思いもせずに、書斎に入って来た。  


posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月06日

50. Περπατούν για τον Φάνη 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」7 







  ≪ Έξι και στον Φάνη; ≫ φώναξε ο Ανδρέας. ≪ Αλήθεια; ≫  
  ≪ Ναι, ναι, το θυμάμαι ≫.  
  Τότε ο Ανδρέας, σκύβοντας κάτω με προσοχή, είπε : ≪ Να οι έξι πρόκες του Φάνη ≫.
  Έσκυψαν και είδαν επάνω σε λίγο μαλακό χώμα τυπωμένο ένα χνάρι παπουτσιού. Τόσο καθαρό είχε βγει, που μπορούσες να μετρήσεις όλα τα καρφιά του.  
  ≪ Από δω πέρασε ≫, είπε ο Ανδρέας.  
  Άρχισαν όλοι να πηδούν από τη χαρά τους.  





 「ファニスには六本? 本当?」とアンドレアスは叫びました。 
 「うん、うん、僕はそう覚えているよ。」 
 すると、アンドレアスは注意深く下に屈み込んで、こう言ったのです。「ほら見て、ファニスの六本の鋲だよ。」  
 子供たちは身を屈めて、柔らかい土の上にかすかに印された靴の足跡を見たのです。それはとてもはっきりと跡が出ていたので、鋲を全部数えることが出来たのです。 
 「彼は、ここを通って行ったんだ。」とアンドレアスは言いました。 
 みんなは、嬉しくて跳ね始めたのです。 
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

50. Περπατούν για τον Φάνη 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」6  





  ≪ Όχι, δεν είδα τίποτα ≫, είπε, ≪ Για πέστε μου ένα πράγμα. Όταν πήγαμε πρώτη φορά στο Μικρό Χωριό, ποιος από σας έδωσε τα παπούτσια του στον μπαλωματή και τους έβαλε πρόκες; ≫  
  ≪ Εγώ ≫, είπε ο Μαθιός.  
  ≪ Κι εγώ ≫, είπε ο Δημητράκης.  
  ≪ Πόσες πρόκες σας έβαλε στο τακούνι; Θυμάστε; ≫  
  ≪ Τέσσερις ≫.  
  ≪ Και μένα το ίδιο ≫.  
  ≪ Μα σε όλους έβαλε τέσσερις; Θυμάστε; ≫  
  ≪ Στον Γιώργο έβαλε εξι ≫, είπε ο Μαθιός. ≪ Τόσες ήθελε ο Γιώργος. Και στον Φάνη έξι ≫.  





 「いや、何も分からない、」とアンドレアスは言いました。「それで、ひとつ事実をぼくに教えてくれないか。ぼくたちが最初にミクロ・ホリオに行った時だけど、君たちのうちの誰が、靴直し職人に靴を出して、鋲を留めてもらったんだい?」 
 「ぼくだ」とマシオスが言いました。 
 「それにぼく」とディミトラキスが言いました。 
 「踵に何本の鋲を打ったの? 覚えているかい君たち?」 
 「四本だ。」 
 「ぼくにも同じ。」 
 「でも、みんなが四本なの? 覚えているかい?」 
 「ヨルゴスには六本だ。」とマシオスが言いました。「ヨルゴスはそれだけしたがってた。それに、ファニスにも六本。」 





πέστε : λέω の命令形。アオリスト、複数形。πείτε。 



posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月04日

50. Περπατούν για τον Φάνη 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」5  





  Γύρισαν και περπατούσαν συλλογισμένοι. Πήγαιναν ο ένας πίσω από τον άλλο. Κανένας δεν μιλούσε. Είχαν βαριά την ψυχή. Ποτέ δεν έκανε κακό σε κανέναν τους ο Φάνης! Και τώρα να χαθεί έτσι από μπροστά τους; Πώς θα πάνε πίσω χωρίς αυτόν;  
  ≪ Παιδιά ≫, είπε ξαφνικά ο Αντρέας και στάθηκε.  
Χοροπήδησε η καρδιά των άλλων. ≪ Τι; Τι; Τι είδες; ≫ τον ρώτησαν.  





 考えこんでいる子供たちは、ぐるぐる回って歩いたのです。一人の子が他の子の後ろに付いて歩いたのです。誰も喋りませんでした。こころに重りを持っていたのです。ファニスは皆のだれにも悪いことはしませんでしたよ! 今、子供たちの前から消えてしまったのでしょうか? ファニスがいなくて、どうやって戻ることが出来るでしょう? 
 「みんな」と突然にアンドレアスが言って、立ち上がりました。 
 他の子たちの心臓は跳ね上がりました。みんなは彼に「何? 何? 何が分かったの?」と尋ねました。
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月31日

Κλεοπάτρας Θάνατος 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





7-44p
≪ Τί μπορούμε να κάνουμε, Σοφέ Κόμη του Μπούφον; Το τέρας αυτό είναι ανίκητο!!!! ≫
≪ Το δίχως άλλο πρόκειται για τον δράκο της αποκάλυψης! Τρέφεται μόνο με γυναικεία σάρκα και είναι όντως ανίκητος! ≫

≪ Σας αφήνω. Έχω σημαντικότερες εργασίες που με πιέζουν. ≫

≪≪ Αυτή είναι η τιμωρία του θεού για τις αμαρτίες μας! Μετανοείτε, αμαρτωλοί, έστω και τώρα που έφτασε το τέλος... ≫≫
≪ Έλα, βρε χρυσόστομε, κι εσύ τώρα! ≫




8-45p
Από τότε, ανάμεσα στις γυναίκες βασίλευε ο τρόμος. Δεν τολμούσαν πια να κατέβουν από το ράφι τους. Κάθε ξημέρωμα το τέρας έτρεχε ουρλιάσζοντας στο δωμάτιο...



ΣΚΡΙΙΙΙΙΙΙΙ



... καταστρέφοντας τα πάντα στο διάβα του!



Μα πιο δυστυχισμένη απ' όλες ήταν η Κλεοπάτρα, που δεν μπορούσε πια να βρέθει με τον αγαπημένο της Οθέλο.

Ώσπου, μια νύχτα που όλοι κοιμόντουσαν βαριά...

ΤΟΚ ΤΟΚ    





7-44 
「賢明なビュホン伯爵様、私たちに何が出来るでしょう? あの怪物は無敵です!!!」 
[ ジョルジュ=ルイ・ルクレール・ド・ビュフォン - Wikipedia ] 
「黙示録の龍に違いない! 女の肉だけで養われるのです、そして、本当に無敵です。」 

「貴方たちに任せましょう。私はもっと重要な仕事があるのです。それらの仕事が私に迫って来るのです。」 

『あれは、我々の罪の数々に対する神の罰である! 悔い改めなさい、罪人たちよ、然に在らん、終末が来たのだ…、』 
「ほら、見ろよ。アーメン、お前は今だよ。」


8-45 
 それから、女性たちの間では、恐怖が君臨した。女性たちは、敢えて、棚から降りて来ようとはしなかった。夜明けにはいつも、怪物が部屋を唸りながら走ったのだった。 

スキリイイイイイ 

…、通過したところの何もかもを破滅させながら! 

 ところで、すべての者の中で最も不幸だったのは、クレオパトラだった。彼女は、最愛のオセロスに会えなかったのだ。 

 そうして、ある夜、全員が深く眠っていると… 

トン、トン  

posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

50. Περπατούν για τον Φάνη 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」4 





  Πού να πάνε; Να κατεβούν κάτω στον βυθό της κλεισούρας; Θα κινδύνευε η ζωή τους. Ν’ ανεβούν επάνω στη ράχη και να τραβήξουν προς τα έλατα; Να γυρίσουν πίσω και να πάρουν άλλον δρόμο; Σταμάτησαν και άρχισαν να συλλογίζονται. Στο άγριο εκείνο μέρος λιγόστευε το θάρρος τους. Αλλιώς ξεκίνησαν, αλλιώς είναι τώρα. Αποφάσισαν να γυρίσουν πίσω, εκεί όπου είχαν αφήσει τα δέντρα, κι από κει να πάρουν άλλον δρόμο.  





 子供たちはどこへ行くのでしょう? 隘路の底まで下るのでしょうか? 子供たちの命が危ないことになるでしょう。尾根に登って樅の樹の方へ行くのでしょうか? 引き返して他の道を取るのでしょうか? 子供たちは、立ち止まって考え始めました。荒れたその場所で、子供たちは自信がなくなって行くのでした。動き出さないと、今、出発しないと。子供たちは、戻ることに決めました。後にして来た林のところまで戻るのです、そこから違う道を取ることに決めたのです。  




posted by kyotakaba at 12:46| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月29日

50. Περπατούν για τον Φάνη 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」3  





  Καθένας έκανε αυτή τη σκέψη, μα φοβόταν να την πει στον άλλο.  
  Ανέβηκαν ψηλά προς το φρύδι της κλεισούρας. Έσκυβαν και κοίταζαν κάτω, με μεγάλη όμως προσοχή, πιασμένοι από πέτρες ή από καμιά ριζα. Δεν μπόρεσαν τίποτα να δουν. Φώναζαν, μα η φωνή τους κατέβαινε στο χάος της κλεισούρας, χτυπούσε στις πέτρες κι ύστερα ανέβαινε και τους έφερνε τον αντίλαλο : ≪ Φάνη! ≫ Σαν να τους έλεγε πως πρέπει ν’ απελπιστούν.  





 それぞれが、そう思ったのです。でも、みんな、それを他の子に言うのは恐かったのです。 
 子供たちは、隘路の上の高い尾根に向かって登って行きました。屈み込んで下を見詰めました。けれども、大変に用心して覗いたのです。岩か何かの根にしがみついて見たのです。何も見つけられませんでした。子供たちは叫びました。でも、子供たちの声は隘路の深淵に落ちて行ったのです。そして、岩に当たって、それから、上がって来ましたけれど、谺を子供たちの下へ持って来たのです。「ファニス」と言う声です。それは、まるで、子供たちに希望を失う他ない、と言っているかの様でした。

το φρύδι : το άκρο ενός γκρεμού, ενός βράχου, μιας τάφρου, το κράσπεδο ενός υψώματος  


posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月28日

50. Περπατούν για τον Φάνη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」2 





  Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι, ανοίγοντας αυτοί δρόμο, τον δρόμο που θα πήγαινε προς τον Φάνη. Ποιος ήταν αυτός ο δρόμος; Έφτασαν σε γυμνούς και άγριους γκρεμούς. Αυτοί οι γκρεμοί κατέβαιναν κάτω βαθιά και σχημάτιζαν τη μεγάλη κλεισούρα. Η φωνή εκεί αντιλαλούσε. Και το μάτι έβλεπε όλον αυτό τον φοβερό γκρεμό.  
  ≪ Αν ο Φάνης γλίστρησε εκεί πουθενά κι έπεσε και πήγε κάτω; ≫  





 子供たちは前へ進みました。小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました。子供たちが道を切り開いて進んだのです。ファニスのところへ繋がる道を切り開いて行ったのです。それはどんな道でしょう? 子供たちは草木のない荒れた崖に出たのです。崖は深く落ち込んでいて、長い隘路を作っていました。そこでは、声が谺するのです。視線は、この恐ろしい崖を全部見てしまったのです。 
 「もしかして、ファニスはここのどこかで滑って、下に落ちでしまったのでは?」  




7月2日、訂正: 
Τράβηξαν μπροστά, μέσα από οξιές και πουρνάρια, χωρίς κανένα μονοπάτι のところ、
小径もまるでないブナ林の中、柊の茂みのなかを進みました 
→ 
小径もまるでないブナと柊の林の中、柊の茂みのなかを進みました。 

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月24日

Κλεοπάτρας Θάνατος 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





5-42p
ΟΧΙ!
ΑΑΑΑΑΧ

Το φριχτό τέρας που κατοικούσε στον τοίχο γλυκάθηκε. Κατάλαβε ότι υπήρχε τροφή εκεί έξω και βάλθηκε να μεγαλώνε! Το άνοιγμα της σπηλιάς του...

Και κάποια στιγμή, ώρα μετά, όρμησε στο δωμάτιο!




6-43p
Μόνο Εικόνα





止めて! 
あああああう 

恐ろしい怪物は壁に住んでいて大人しくしていた。外に食べ物があると知って、大きくなろうと外に出た! 壁の穴の開口部は…  

暫く後、ある瞬間、部屋に突進した。

6-43 
絵だけ 
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月23日

50. Περπατούν για τον Φάνη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五十章「ファニスに向けて進む」1 





Περπατούν για τον Φάνη





  Το γλυκοχάραμα ξεκίνησαν οι χτεσινοί σύντροφοι του Φάνη, κι ο Αντρέας μαζί μ’ αυτούς.  
  ≪ Να κόψουμε δρόμο ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Να πάμε ίσια στον έλατο από δω ≫.  
  Έκοψαν δρόμο κι έφτασαν στον έλατο.  
  Ο Αντρέας παρατήρησε από κει επάνω καλά όλους τους γύρω τόπους.  
  ≪ Ο Φάνης ≫, είπε, ≪ βέβαια δεν θα ‘φυγε από δω για χαμηλά μέρη. Θα πήγε σε κορυφές, τον ξέρω εγώ. Λοιπόν από δώ να τραβήξουμε ≫.  





       ファニスに向けて進む 


 優しい夜明けに、昨日ファニスと一緒行った子たちが出発しました。アンドレアスも彼らと一緒です。 
 「近道をしよう。」とアンドレアスは言いました。「ここから樅の樹のところまで真っ直ぐ行こうよ。」 
 子供たちは近道をしました。そして、樅の樹のところへ着きました。 
 アンドレアスは、その上から、辺り全部をしっかりと観察したのです。 
 こう言いました。「ファニスは、ここから低い方へはきっと行かなかったと思う。きっと、頂きの方へ行ったんだろう。ぼくは彼をよく知っているんだ。それで、ぼくたちは、ここから先へ進もう。」  

posted by kyotakaba at 12:34| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月22日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」5 





  Μίλησε τότε ο Κωστάκης : ≪ Θυμάσαι, Αντρέα, τι μας είπε η γριά Χάρμαινα; Μας είπε πως εδώ κάπου κοντά σε κάποιον βράχο είναι ένα στοιχειό, ένας αράπης. Και πήρε πολλούς ανθρώπους. Κάπως έτσι μας τα είπε ≫.  
  Τότε σώπασαν όλοι. Σηκώθηκαν σε λίγο και πήγαν να πλαγιάσουν. Μα κανένας τους δεν μπόρεσε να κλείσει μάτι καλά.  
  Ο Αντρέας γύριζε στο στρώμα. Δυο-τρεις φορές βγήκε έξω και κοίταξε. Περίμενε ανήσυχα το φως πού έφερνε την αυγή επάνω στα βουνά.





 それから、コスタキスはこう言ったのです。「アンドレアス、君は、ハルミナおばあちゃんがぼくたちに言ったことを覚えている? どこかの岩の近くに、おばけ、アラピスがいるって言ったよね。それで、たくさんの人間を取ってしまったって。それから、
もう少し話してた。」 
 すると、みんな黙り込みました。少しして、立ち上がって、横になりに行ったのです。でも、子供たちの誰も、目をちゃんと閉じることが出来なかったのです。 
 アンドレアスは、マットレスの上で何度も向きを変えました。二三度、外に出て、じっと見つめました。不安な気持で、山々の上に夜明けを持って来る光を待っていたのです。  





第四十九章「小屋で大心配」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月21日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」4 





  ≪ Εδώ κοντά στον μύλο βρήκαμε έναν γέρο με σκούφο μαύρο στο κεφάλι. Έτσι σαν καλόγερος φαινόταν, μα φορούσε παλιά και σκισμένα ρούχα. " Μπάρμπα ", του λέμε, " μήπως πέρασες απ' την κλεισούρα; " " Ναι ", μας είπε. " Μήπως είδες κανένα παιδί; " " Είδα ένα παιδί από μακριά ", είπε. " Πού; " Ο γέρος δεν μας το 'λεγε αμέσως. Συλλογίστηκε όμως καμπόσο και μας κοίταξε. " Το πού ", είπε, " φοβάμαι να σας το πω. Να, στον Αραπόβραχο το είδα ". " Τι είναι ο Αραπόβραχος; " ρωτήσαμε. " Είναι ο βράχος του Αράπη ", απάντησε, " να μη ρωτήσετε περισσότερα ". Κι έφυγε κάνοντας τον σταυρό του ≫.  




 「水車小屋の近くで、ぼくたちは、頭に黒い頭巾を被った一人のおじいさんに出会ったんだ。修道士の様に見えたよ、古くてぼろぼろの服を着てたけどね。ぼくたちはその人に話し掛けたんだ。「おじいさん、もしかして、隘路から来たのですか?」、するとぼくたちに「そうです。」と言ったんだ。「もしかして、子供を見ませんでしたか?」「遠くに一人の子供を見ましたよ。」「どこで?」、お年寄りは直ぐにはぼくたちにそれを言わなかったんだ。けれども、かなり考えて、ぼくたちを見詰めたんだ。そしてこう言ったんだ。「どこでと君たちに言う事には、私は心配なのだ。いいだろう、私は、アラポブラホスで子供を見たのだよ。」「アラポブラホスと言うのはなんですか?」とぼくたちは尋ねた。「それは、アラビア人の岩だ。」と答えてくれたんだ。そして、「これ以上は尋ねない様に。」と言ったの。それから、お年寄りは、十字を切って行ってしまったんだ。」  




5月22日、訂正: 
アラビア人の岩だ。 
→ 
アラピスの岩だ。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月17日

Κλεοπάτρας Θάνατος 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





3-40p
Μετά από τόσο καιρό, ήταν ολοί τους γνωστοί μεταξύ τους...

... Κι έτσι δεν ήταν παράξενο να βλέπεις τις πιό ετερόκλητες παρέες...

4-41p
≪ ... μεταξύ μας τώρα, και μη σου ξεφύγει λέξη... ≫
≪ ... δεν ξέρεις τι γίνεται μέσα μου, όταν δεν βλέπει κανείς... ≫
≪ ... μ' έχουν κάνει ερωτική φωλίτσα, κατάλαβες; ≫
≪ Ποίοι; ο Οθέλος και η Κλεοπάτρα! Πέφτεις απ' τα συννέφα, Ε; Δεν ήξερες ότι τα έχουν, Έτσι; Κανείς δεν το ξέρε! Εκτός από μένα το κράτουν κρυφό ... ≫
≪≪ Τώρα θα πάρεις αυτό που σου αξίζει, για να πάψεις να ανακατώνεσαι στις ζωές των άλλων! ≫≫

Κουτσομπόλα!!

Όχι! Όχι! Εκεί!

Λυπήσου με!





3-40 
相当の時が経っているので、彼ら全員はお互いの間で既知の間柄だった。 

…、それだから、貴方がお互いに全く関係のない者同志が友人になっているのを見たとしても、不思議ではないのだ。 

4-41 
「…、私たちの間で、言葉を忘れないで…」 
「… 誰も見てないのだから、貴方は私の中で起こっていることを知らない。…」 
「皆が私に小さな愛の巣を作るの、貴方は分かる?」 
「誰たちだ? オセロスとクレオパトラ! 雲から落ちたのか? それで、どういう関係なのか知らないのか? 誰も知らない! 私以外には、皆それを隠している…」 
『今こそ、自分を価値あるものにするものを取るんだ、そして、他人の人生に混じり合うのを止めろ!』 

噂話だ! 
違う! 違う! あっちだ! 
私にお情けを!
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」3  





  ≪ Θα ξεκινήσουμε από δω στο χάραμα ≫, είπε ο Αντρέας. ≪ Πάμε γρήγορα να πέσουμε ≫.
  ≪ Μα δεν σου είπαμε και το άλλο, Αντρέα ≫, είπε ο Μαθιός.
  ≪ Είναι τίποτ' άλλο; ≫
  ≪ Ναι, είναι κάτι άλλο που δεν το ξέρεις ≫. Και με χαμηλή, φοβισμένη φωνή, πρόσθεσε : ≪ Ο Φάνης πήγε στον Αραπόβραχο ≫.
  ≪ Ποιον Αραπόβραχο; ≫ ρώτησε ο Αντρέας. ≪ Είναι ο βράχος που μας έλεγε η γρια; ≫   





 「ぼくたちは、夜明けにここから出発するのがいい。」とアンドレアスが言いました。「今は直ぐに眠りに就こう。」 
 「でも、アンドレアス、君に言ってないことがあるんだ。」とマシオスが言いました。 
 「まるで別のことなの?」 
 「そう。君が知らない別のことなんだ。」、そして、低い怯えた声でこう続けたのです。「ファニスはアラポブラホス[ アラビア岩 ] に行ったんだ。」 
 「アラボブラホスって何のこと?」とアンドレアスは尋ねました。「おばあさんがぼくたちに言った岩のことなの?」 


posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月15日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」2 





  ≪ Πρώτα τον ζήτησε ο Πάνος κι ο Μαθιός εκεί τριγύρω ≫, λέει ο Κωστάκης. ≪ Έπειτα κατεβήκαμε όλοι από κει. Συλλογιστήκαμε αν πρέπει να πάμε πίσω στον μύλο ή να τραβήξουμε προς την κλεισούρα. Τραβήξαμε κατά την κλεισούρα μα δεν είχε δρόμο. Ανεβήκαμε σε ψηλώματα, φωνάξαμε, φωνάξαμε, τίποτα. Προχωρήσαμε, μα είδαμε πως ο ήλιος κόντευε να βασιλέψει. Πότε να πάμε στον μύλο, πότε να γυρίσουμε; ≫  





 「最初に、パノスが探したんだ。そして、マシオスがその辺り一面を探した。」とコスタキスは言いました。そしてこう続けました。「それから、ぼくたちはみんなでそこから降りたんだ。それで、ぼくたちは、水車小屋に戻った方が良いのか、山の細道を進んだ方が良いのか考えたの。細道の方へ進んだの、でも、路は分からなかったんだ。ぼくたちは、高台に登って、叫んで叫んだの。全然だった。まだ進んだけれど、太陽が沈みそうなのに、ぼくたちは気が付いたんだ。水車小屋に着くのは、そして、帰るの何時になる?」
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月14日

49. Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十九章「小屋で大心配」1 





Μεγάλη ανησυχία στις καλύβες





  Όταν έφτασαν οι άλλοι το βράδυ από τον μύλο στις καλύβες κι είπαν πως έχασαν τον Φάνη, λύπη μεγάλη έπεσε στα παιδιά. Τα πιο αδύνατα δάκρυσαν. Ο Σπύρος κι ο Γιώργος ήθελαν να πάνε κρυφά να κλάψουν. Τα πιο δυνατά συλλογίστηκαν τι θα κάνουν.  
  Ο Αντρέας έκρυψε την ταραχή του κι άρχισε να τα ρωτάει με λεπτομέρειες όλα. Του είπε ο Κωστάκης το πού, το πότε και το πώς.  





       小屋で大心配     

 夜になって、他の子たちが水車小屋から小屋に着いて、ファニスを見失ってしまったと言うと、大きな悲しみが子供たちに落ちて来たのです。弱い子たちは涙を流して泣きました。スピロスとヨルゴスは隠れに行きたがりました、隠れて泣くのです。しっかりした子たちは何をすれば良いのか考えました。 
 アンドレアスは、自分の動揺を隠して、細かなことも全部を尋ね始めたのです。コスタキスは彼に、どこで、いつ、どう言う風にを話しました。 
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

Ρεπό

 1982年の映画『 Ρεπό 』。監督は、Βασίλης Βαφέας バシリス・バフェアス。 
お休みなのに、雑用が次から次に、草臥れ果てて、、、と言う映画らしい。コメディ。 

Cine.gr - Τανίες Ρεπό - Day Off 

Repo (1982) - IMDb 

ERT で放送したときの予告? 
https://www.youtube.com/watch?v=7KSrfaUYknQ
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

Κλεοπάτρας Θάνατος 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Πλάτων Ροδοκανάκης プラトン・ロドカナキス の『 Κλεοπάτρας Θάνατος クレオパトラの死』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





1-38p
Κοντεύε πιά να ξημέρωσει, όταν ο σοφός άφησε τη βιβλιόθηκη του για να πάει για ύπνο.

Τότε, οπώς κάθε μέρα γύρω στα ξημερώματα, το ρόλοι σταμάτησε να χτύπα. Ο χρόνος ακινητοποίηθηκε.

Ο πίνακας πάνω από το τζάκι...

2-39p
... ζώντανεψε. Οι καβαλάρηδες συγκρούονταν σώμα με σώμα.

Τα λουλούδια του χαλίου ζωντάνευαν κι αυτά.

Το πουλί που στολίζε μια κασετίνα στο γράφειο, άρχισε να κέλαηδα.

Και τότε, όπως κάθε μέρα γυρώ στα ξημερώματα, οι ήρωες και οι ηρωίδες των βιβίον βγήκα κι αυτοί.  





1-38
学者が書斎を後にして寝に行った時には、もう殆ど夜が開けるときだった。 

すると、毎日と同じ様に夜明け近くなると、時計は鳴るのを止めた。時間が止められたのだ。 

暖炉の上の絵が… 

1-39 
…生命を持った。 騎士たちは身体と身体でぶつかり合った。 

絨毯の花も生きた花になった。 

書き物机にある筆箱を飾っている鳥が、囀り始めた。 

そして、毎日と同じ様に夜明け近くになると、本のヒーローやヒロインたちが出て来た。  

posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月09日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」6   





  Ο Φάνης δεν έκλαιγε τώρα. Τα μάτια του στέγνωσαν. Σαν να πήρε θάρρος. Έπιασε το σακούλι του κι ένιωσε πως κάτι ήταν μέσα. Είχε και το παγούρι του. Είχε ψωμί και νερό. Χάιδεψε έπειτα τον θάμνο με τα δυο του χέρια. Και τον χάιδεψε, θαρρείς, κι ο θάμνος. Ήταν ένας μαλακός και φουντωμένος σκίνος.  
  Σ’ αυτό το ευωδιαστό κρεβάτι έγειρε ο Φάνης. Κι αφού δυο φορές του ήρθε ο ύπνος και δυο φορές τινάχτηκε τρομαγμένος, στο τέλος αποκοιμήθηκε.  





 ファニスは、もう泣いていませんよ。彼の両方の目は乾いたのです。勇気を手に入れた様です。自分の袋を取り上げて、中に何があるか手探りしました。水筒がありました。パンと水があるのです。それから、両手で繁みを撫でました。まるで、勇者がそうする様に繁みを撫でたのです。それは、柔かくよく繁ったスキノスの樹でした。 
 その薫りのいいベッドでファニスは起きていたのです。眠りは二度彼の所に来ました、二度怯えて飛び起きました。最後には、眠り込んだのです。  






第四十八章「ひとりぼっちのファニス」、おわり。  

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月08日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」5  





  Ο Φάνης έκλαψε. Πόσο έκλαψε, η νύχτα το ξέρει. Μα όταν στέγνωσαν τα μάτια του, συλλογίστηκε έναν άλλο Φάνη. Εκείνον που ήταν δασοφύλακας.  
  ≪ Ντροπή να κλαις, εσύ που φύλαξες το δάσος! Εσύ που ήσουν σκοπός με τ’ άλλα παιδιά τη νύχτα ≫. Έτσι του είπε η φωνή μέσα του. Και πάλι του ξαναείπε : ≪ Είσαι λιγόψυχος, Φάνη. Την άλλη φορά, που σου ρίχτηκε το μαντρόσκυλο, δείλιασες. Όταν είδες τον Μπαρμπακώστα χτυπημένο, λιγοψύχησες. Μα δεν είναι έτσι ο Δήμος. Δεν είναι έτσι ο Αντρέας. Πρέπει να είσαι παλικάρι ≫. Και σε λίγο η φωνή είπε : ≪ Περίμενε την ημέρα ≫.  





 ファニスは泣いたのです。とても泣いたのです、夜はそれを知っていますよ。けれど、両方の目が乾くと、別のファニスのことを考えました。森林警備官のファニスのことです。 
 「泣いたりして恥ずかしい、森を監視する君だ! 他の子と一緒に夜の歩哨になった君だ。」 ファニスの中で声がこう言ったのです。その声がまた言いました。「ファニス、君は臆病だ。前、牧羊犬が君に飛び掛かった時には、怖じ気づいた。殴られたバルバコースタスさんを見た時には、意気地なしだった。でも、君はディモスじゃないし、君はアンドレアスじゃない。勇敢な若者でなければ。」 そして声は直ぐにまた言いました。「昼を待つんだ。」 

posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月07日

48. Ο Φάνης ολομόναχος 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四十八章「ひとりぼっちのファニス」4   





  Μόλις ακούμπησε, του ήρθε στον νου η Μαρούλα, η αδερφή του. Του φάνηκε πως τάχα έπαιζαν... Μια πεταλούδα δίπλωνε τάχα τα φτερά της επάνω σ’ ένα φύλλο κι έκανε πως αποκοιμάται. Και, όταν πλησίαζαν να την πιάσουν, έφευγε.
  Έπειτα είδε τη μητέρα του να γυρίζει δεξιά κι αριστερά μέσα στο σπίτι, όλο να σιάζει κι όλο να φροντίζει. Ήθελε να μιλήσει και στις δυο. Νόμιζε πως του μιλούσαν : ≪ Φάνη ≫. Μήπως αποκοιμήθηκε; Όχι. Στον λάρυγγά του είχε μαζευτεί ένας κόμπος από λύπη. Αυτός ο κόμπος λύθηκε κι έγινε κλάματα.   

[ σιάζει : συγυρίζει, τακτοποιεί. ]  





 横になると直ぐに、ファニスの心の中にマルウラが遣って来ました、ファニスの妹です。ファニスには、まるで、二人で遊んでいる様に思えたのです。…、そう、ちょうど。一羽の蝶が、ちょうど花びらの上で羽をたたんで、うとうとしている。それで、二人が捕まえようと近づくと、飛んで行ってしまった。 
 それに、母さんが家で右に左に立ち回っているのも見たのです。いつもいつも、家を片づけて、いつもいつも、家を直しているのです。ファニスは二人に話し掛けたいと思ったのです。二人が自分に話し掛けてると思ったのです、「ファニス」と。もしかして、ファニスは眠りこんでいるのか知ら? いいえ。悲しみの所為で、ファニスはのどには、ずっと痞えるものがあったのです。この痞えがとれると、わっと泣き出したのです。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする