2017年05月25日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」2  





  Αφού πήδησε κάμποσες φορές χωρίς να τον κυνηγήσουν, ξαναγύρισε και κουνιόταν πότε στο ένα, πότε στο άλλο παιδί. Ήταν σαν να 'λεγε : ≪ Δεν θα μου μάθετε κανένα παιχνίδι; ≫  
  Στο τέλος άρπαξε την πετσέτα του Φουντούλη στα δόντια του και την έφερνε με μανία βόλτες στον αέρα. Τότε όλα τα παιδιά με γέλια και φωνές τον κυνήγησαν γύρω στις καλύβες. Τρέχοντας γλιστρούσε, έπεφτε, γαύγιζε, φυσούσε και σιγομούγκριζε, σαν να έγινε κάτι σπουδαίο. Μα κι αλήθεια, κάτι σοβαρό γινόταν. Κατόρθωσε ο Γκέκας να τον κυνηγήσουν. Αυτό ήθελε. Πού να γυρίσει τώρα στον Γεριθανάση!  
  Τα παιδιά πάνε με τα παιδιά.     





 ゲガスは、どれだけ跳ねても、子供たちが後を追って来ないものだから、戻って来ました。そして、ある子に尻尾を振っては、また、別の子のところに行って、尻尾を振ったのです。それはまるで、こう言っている様でしたよ。「ねえ、ぼくに、なにかあそびをおしえてよ。」 
 最後には、ゲガスは、フォンドリスのタオルに噛み付いてひったくったのです。そして、夢中になって、タオルを空中で振り回したのです。そうすると、子供たちも、笑いながら、叫びながら、小屋のを回って、ゲガスを追い掛けたのです。ゲガスは、走っては滑り、転んで、吠え、ハァハァ言って、小声で唸るのです。まるで、偉くなったみたいにです。でも、実際、ゲガスは真面目だったのです。ゲガスは、子供たちに自分を追わせると言う目的を達成したのです。そうしたかったのです。そして、やっと、ゲロサナシスさんのところへ帰りました。 
 子供たちには、子供たちが合っているのです。     





第三十ニ章「対狐の義勇警察官」、おわり   

posted by kyotakaba at 15:07| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 17-3

  Και ο Υδάσπης πρόθυμα και με ευχαρίστηση δέχτηκε την ήττα υπομένοντας αυτοπροαίρετα την περιπόθητη βία και, βλέποντας τα πλήθη να συνεχίζουν ασταμάτητα τους αλαλαγμούς και όλο και πιό προκλητικά να επεμβαίνουν επευφημώντας, άφησε τη χαρά να γεμίσει την ψυχή του και περίμενε να κατασιγάσει η ταραχή από μόνη της.





 イダスピス王は、喜んで、こころよく敗北を受け容れたのです。自ら望んで、愛すべき騒動に耐えていたのです。そして、大衆が止まることのない叫びを上げ続けるのを、それも、段々と、拍手をしながら挑発的に割り込んで来るのを見ていたのです。そして、喜びが自分の魂を満たしていくままにしておいたのです。そうして、騒動がひとりでに静まるのを待ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月24日

エティオピア物語 第十巻 17-2

  Εμείς σε έχουμε αναγνωρίσει ως βασιλιά μας・ αναγνώρισε και συ τον εαυτό σου ως πατέρα. Είθε να συγχωρήσουν οι θεοί τη φαινομενική παρανομία. Περισσότερο θα παρανομήσουμε άν αντισταθούμε στο θέλημά τους・ κανείς άς μη θανατώσει την κόρη που εκείνοι έχουν σώσει. Εσύ, ο πατέρας του δήμου, γίνε πατέρας και στην οικογένειά σου ≫. Και φωνάζοντας τέτοια και άλλα παρόμοια, προσπαθούσαν και έμπρακτα να εμποδίσουν τη θυσία μπαίνοντας μπροστά στον Υδάσπη και εμποδίζοντάς τον να προχωρήσει και ζητώντας να εξευμενιστούν οι θεοί με άλλων θυσίες.





 「私たちは、貴方を私たちの王だと認めています。貴方自身は、自分を父だと認めています。どうか、神々が、うわべだけの違法をお許し下さいます様に。何よりも、私たちが神々の意思に反していると誤解しているのではないでしょうか。神々が命を助けて来たこの娘を、誰も殺さないでおきましょう。王様、国の父である貴方、どうか、貴方の家族の父となって下さい。」 そうして、民衆は、似た様なことを叫びながら、イダスピス王の前に割って入って、出来るだけ、生贄の儀式を妨害しようとしたのです。王が進むのを邪魔したのです。そして、神々が他の生贄で怒りを鎮めて下さる様にお願いしたのです。   




posted by kyotakaba at 08:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月23日

エティオピア物語 第十巻 17-1

  Και με τα λόγια αυτά έπιασε τη Χαρίκλεια κάνοντας πώς θα την οδηγούσε στο βωμό και στη φωτιά που έκαιγε σ‘ αυτόν, αλλά πιό πολύ καιγόταν ο ίδιος από πόνο και ευχόταν να μην είσακουστούν τα απατηλά του λόγια. Και το πλήθος των Αιθιόπων, συγκλονισμένο από το λόγο του, ούτε στιγμή δεν άντεξε να βλέπει τη Χαρίκλεια έτοιμη για θυσία και όλοι μαζί ανέκραξαν ≪ σώσε την κόρη, σώσε το βασιλικό αίμα, σώσε εκείνην που έχουν σώσει οι θεοί・ σ‘ το συγχωρούμε・ το έθιμο έχει τελεστεί.




 そう言うと、イダスピス王は、ハリクレアの手を取ったのです。そうして、ハリクレアを導こうとしたのです、祭壇へ、炎へと。その炎は、王に焼きつく様でした。けれども、王自身は、苦悩で焼かれ苦しんでいるのでした。そして、自分の真心からではない言葉を、神々が聞き入れない様に祈るのでした。一方、エティオピアの民衆は、王の言葉に動揺していたのですが、一瞬でも、生贄の支度をしたハリクレアを見ることに耐えられなかったのです。全員が、一緒に、こう叫んだのです。「その娘を救え、王家の血筋を救え、神々が助けて来たその娘を救え。王よ、私たちは、貴方がそうするのを許す。しきたりは、もう既に、成されているのです。」
posted by kyotakaba at 15:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月22日

エティオピア物語 第十巻 16-10

  ακολούθησε τον πατέρα σου που δεν ήταν γραφτό να σε νυφοστολίσει ούτε να σε οδηγήσει σε γαμήλια παστάδα και θαλάμους, αλλά σε ετοιμάζει για θυσία και, αντί για λαμπάδες του γάμου, τις λαμπάδες της θυσίας ανάβει και αυτά τα ανθισμένα σου νιάτα οδηγεί στο βωμο. Και σείς θεοί, συγχωρήσε με άν ο πόνος με νίκησε και ξεστόμισα λόγο ανόσιο, εγώ που για πρώτη φορά είπα τη λέξη “ παιδί μου“ και την ίδια στιγμή το θανάτωσα ≫.




νυφοστολίζω : ντύνω και στολίζω νύφη

イダスピス王の台詞の中のここの文章では、イダスピス王が自分のことを、「お前の父」と呼び、その行為を、一人称ではなく、三人称単数で述べている。   




 「お前の父に追いて来なさい。この父は、花嫁に花嫁衣装を着せることを運命付けられてはいないのだ。それに、お前を新婚の家、寝屋に案内することもない。そうではなくて、私は、お前に生贄の用意をさせるのだ。婚礼の松明の代わりに、生贄の松明に火を点けるのだ。お前の今が花盛りの若さを祭壇へと引き連れて行くのだ。それから、神々の皆様、もし、苦悩が私を打ち負かして、私が涜神的な言葉を発しても、どうかお許し下さい。この私は、「我が子」と言う言葉を初めて喋ったのです。その同じ瞬間に、その「我が子」を殺すのです。」 
posted by kyotakaba at 13:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月18日

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」2 





  Ο Γκέκας γεννήθηκε κι αυτός τσοπανόσκυλο. Έχει αυτιά όρθια και μυτερά, και το μαλλί μεγάλο και δασύ. Είναι άσπρος μ' ένα σταχτί μπάλωμα στη ράχη, στα πόδια και στο πρόσωπο. Φαίνεται ενός χρόνου σκύλος και είναι κουτάβι.  
  Α, μα δεν υποφέρεται η ζωή στα βλάχικα. Σαν πολύ βαρύς είναι ο Γεροθανάσης. Προχτές που του δάγκωσε λιγάκι ο Γκέκας τη φουστανέλα, έφαγε μια με την αγκλίτσα. Δεν παίζει ο γέρος. Μα ούτε και τα μικρά παιδιά παίζουν. Πάνε με το κοπάδι. Ο Λάμπρος, που ήταν μικρός, βόσκει διακόσια γίδια. Δεν έφτανε αυτό, διαβάζει τώρα και μια φυλλάδα. Να παίξει με τα πρόβατα : Αυτά δεν παίζουν, μόνο βόσκουν. Λοιπόν σηκώθηκε ο Γκέκας κι ήρθε στα παιδιά. Και να τον διώξουν, δεν φεύγει από 'δώ.    





 ゲカスは牧羊犬として産まれたのです。直立して尖った耳を持ってます。毛は長くて詰んでいます。白色で、背中と足と顔に灰色のぽっちがあるのです。一歳になったばかりの様に見えます。子犬なのです。 
 でも、山岳での生活は辛くないのです。ゲロサナシスさんは、とっても厳格ですから。一昨日、ゲカスは、ほんのちょっと、フスタネーラを齧ったのです。すると、杖でぶたれました。老人は遊ばないのです。でも、小さな子供のラブロスも遊ばないのです。山羊の群れと一緒に行ってしまいますから。ラブロスは、幼いです。でも、二百頭の山羊を放牧させているのです。それに、ラブロスは来ていません。今は、冊子を読んでいるのです。では、羊たちと遊びましょうか? 羊たちは遊ばないのです。ただ、草をもしゃもしゃ食べるだけなのです。そうして、ゲカスは立ち上がったのです、そして、子供たちの所へ来たのです。子供たちは、ゲカスを追い返したけれど、ゲカスは、ここから帰らないのです。
posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 16-9

  Όσο για σένα θυγατέρα μου ( όνομα ποθητό που για πρώτη και τελευταία φορά σου απευθύνω ), μάταια ωραία και μάταια πίσω στην αγκαλιά μας, εσύ που πιό πολύ κακοτύχησες στην πατρίδα παρά στα ξένα ― τη σωτηρία βρήκες στα ξένα και στον τόπο που γεννήθηκες σε περιμένει ο θάνατος ― , μην ταράζεις την ψυχή μου με θρήνο : τώρα περισσότερο παρά ποτέ δείξε εκείνο το γενναίο και βασιλικό φρόνημά σου・




 「私の娘よ、お前については、( 最初で最後の時に、愛おしい名前でお前を呼ぼう、 ) 無駄に美しいお前、それに、私たちの腕の中にあることは無益なのだ。お前は、外国でよりも母国での方が、ずっと不幸なのだ。お前は、外国では救済を見つけた。此所、お前が産まれた土地では、死がお前を待っているのだ。泣いて私の魂を掻き乱してはならないぞ。今この時こそ、お前の王家の勇敢な意気込みを示して見せるのだ。」
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月17日

エティオピア物語 第十巻 16-8

  Όσο πιό πολύ σας νιώθω να συμπάσχετε, όσο μεγαλύτερος είναι ο πόνος σας για τα δικά μου βάσανα, τόσο εγώ προτιμώ το δικό σας από το δικό μου καλό και τόσο λίγο λογαριάζω τον δικό μου πόνο που μένω άκληρος και τα πικρά δάκρυα της Περσίννας από δώ, που την ίδια στιγμή απόχτησε και έχασε το πρώτο της παιδί・ πάψτε λοιπόν, άν θέλετε, να κλαίτε και να μας συμπονείτε μάταια και άς αρχίσουμε την τελετή.




συμπάσχω : πάσχω μαζί με άλλους ή για ένα πάθημά τους και συμμερίζομαι τον πόνο τους ή για ένα κοινό πάθημα που αφορά άμεσα και εμένα





 「皆さんのほとんどの人が、私の苦しみを自分の苦しみの様に共に苦しんでおられるのだと、私は思います。私の苦難についての皆さんの苦悩があまりに大きいので、私は、私の利益よりも皆さんの利益を選ぶのです。そして、跡継ぎが居ないと言う自分の苦しみ、そして、ここに居るペルシナの苦い涙のことは、少しも考慮をしないのです。ペルシナは、同じ瞬間に、自分の最初の子供を得て、失ったのです。ですから、皆さん、もしそう望むのでしたら、泣き叫ぶのを止めて下さい。無益に私たちに同情するのを止めて下さい。さあ、儀式を始めましょう。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月16日

エティオピア物語 第十巻 16-7

  Κι αυτήν που ως εχθρά μου δεν θανάτωσα και ως αιχμάλωτη δεν έβλαψα, αυτήν την ίδια, τώρα που αποδείχτηκε ότι είναι θυγατέρα μου, δεν θα διστάσω να τη θυσιάσω, εφόσον είναι αυτή και η δική σας θέληση, δεν θα υποχωρήσω στην οδύνη ― πράγμα που και σε κάθε άλλον πάσχοντα πατέρα ίσως θα συγχωρούνταν ― ούτε θα προσπέσω γονατιστός παρακαλώντας σας, προσαρμοζόμενοι στη φύση και στα πάθη που κινεί, να με συγχωρήσετε άν παραβώ αυτή τη φορά το νόμο, με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία.





 「私が敵として殺しはしなかった、また、捕虜として傷付けることもしなかった、この娘、それが今は、私の娘であることを明らかにされた、この娘を、生贄にすることを、それが皆さんの意志である限り、私は躊躇いはしないでしょう。悲しみの為に退き下がったりはしないつもりです。 − 他の同じ様に苦しんでいる父親達にであったら、おそらく、許されるだろうと言うことが、現実でしょうけれど − 私は跪いたりしません。皆さんは自然の道理に適っていらっしゃる、それに、その自然が動かす諸情緒に馴染んでいらっしゃる、その皆さんに、神々を讃える他の方法もあるのだと言うことを理由にして、今回は法を破ることになっても、私を赦して下さいと、お願いしたりはしないのです。」   



προσαρμοζόμενοι は呼格、σας を指している。 
κινεί の主格は、φύση なのだと思う。 
「 να με συγχωρήσετε άν παραβώ αυτή τη φορά το νόμο, με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία. 」の節は、παρακαλώντας の内容なのだと思う。
τα θεία 中性複数対格、よくわからないけれど、意味としては、神々になるのだと思う。
posted by kyotakaba at 15:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 16-7 d

Κι αυτήν που ως εχθρά μου δεν θανάτωσα και ως αιχμάλωτη δεν έβλαψα, αυτήν την ίδια, τώρα που αποδείχτηκε ότι είναι θυγατέρα μου, δεν θα διστάσω να τη θυσιάσω, εφόσον είναι αυτή και η δική σας θέληση, δεν θα υποχωρήσω στην οδύνη ― πράγμα που και σε κάθε άλλον πάσχοντα πατέρα ίσως θα συγχωρούνταν ― ούτε θα προσπέσω γονατιστός παρακαλώντας σας, προσαρμοζόμενοι στη φύση και στα πάθη που κινεί, να με συγχωρήσετε άν παραβώ αυτή τη φορά το νόμο, με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία.


Google翻訳: 
そして、私の敵として1を殺さないと囚人を傷つけない、この同じことが今では私の娘であることが証明されたことと、あなた自身の意志は、悲しみに引き下がるない場合、私が犠牲になることを躊躇しないだろう - どのそして、他の被害者の父は許されるかもしれない - 私は神を称えるために、他の方法があることを地面に今回、法律に違反した場合どちらの物乞いあなたの膝に衝突し、移動し、自然と情熱で適応、私を許して。 

WorldLingo 翻訳: 
そして彼女は私の娘であること1つこの証明された私が今害を与えた捕虜ように私がまた殺さなかった私の憎悪心ように彼自身、私はまた苦しむ父の互いで多分許される悲しみ-事-で今回に法律違反すれば叔母さんに名誉を与える他の方法またある原因となるとこれおよびあなた専有物意志なら、要求している私退かないどちらのprospesoのgonatistos性質と動かす情熱で合わせられて、許すべき私彼を犠牲にすることを躊躇しない。  


自分、途中まで、 
 「私が敵として殺しはしなかった、また、捕虜として傷付けることもしなかった、この娘、それが今は、私の娘であることを明らかにされた、この娘を、生贄にすることを、それが皆さんの意志である限り、私は躊躇いはしないでしょう。悲しみの為に退き下がったりはしないつもりです。 − 他の同じ様に苦しんでいる父親達にであったら、おそらく、許されるだろうと言うことが、現実でしょうけれど − 跪いて皆さんにお願いしたりもしません。」 

προσαρμοζόμενοι この分詞複数形が皆さん達なのか、他の父親達なのか分からない。 
κινεί この三人称単数動詞の主格が何なのか分からない。 
με το αιτιολογικό ότι υπάρχουν και άλλοι τρόποι να τιμήσουμε τα θεία この節がどこに繋がっているのか分からない。 

私は馬鹿だから、大馬鹿だから、考える頭が無いから、
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月15日

エティオピア物語 第十巻 16-6

  Άν έτσι θέλουν οι θεοί, να μου τη χαρίζουν και την ίδια στιγμή να μου τη στερούν ( το ίδιο έπαθα στη γέννηση, το ίδιο και τώρα στην ανεύρεσή της ), εγώ δεν μπορώ να το πώ・ το αφήνω σε σας να το σκεφτείτε・ ούτε μπορώ να ξέρω άν εκείνην που εξόρισαν στα πέρατα της οικουμένης και ύστερα ως εκ θαύματος την έφεραν αιχμάλωτη για να μου την προσφέρουν, θα τη δεχτούν και πάλι για δικό τους σφάγιο.





 「神々は、この娘を私に与えると、同時に、私から奪い去ることを望んでおられるのかどうか、( この娘が産まれた時の苦しみと、同じ苦しみを、この娘を再発見した、今、苦しんでいるのです。 )、私は、何とも言えません。そのことは、皆さんがお考えになるのに任せます。それに、神々は、この娘を世界の涯に追放したのです。その後に、奇跡によって、私に与える為に、捕虜になった娘を私の下へ連れて来たのです。神々は、その娘を、自分たちの生贄として、受け取って下さるのかどうかも、私には分からないのです。」
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月11日

προβατάκια

 ヤニス・リッツオスの詩「 Πρωινό Άστρο 」に出て来た語、προβατάκια。 
「 Πρωινό Άστρο 」の中では、単に、子羊ちゃん、と言うだけの意味で、そのままなのだけど。 
 辞書を引くと、白い波頭の意味もあるのに、へえ、と思った。 
(ναυτικός όρος) αφρός που εμφανίζεται όταν ένα μικρό κύμα σπάζει από τον άνεμο 
小さな波が風で砕ける時に現れる泡。 

 英語だと、white horse って、言うんだ。
posted by kyotakaba at 21:40| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十ニ章「対狐の義勇警察官」 




Ένας εθελοντής χωροφύλακας για την αλεπού




  Φεύγοντας ο Γεροθανάσης άφησε κι άλλο δώρο : τον μικρό του σκύλο, τον Γκέκα.  
  Ο Γκέκας είχε έρθει μαζί του, μα τώρα δεν έφευγε. Ήθελε να μείνει με τα παιδιά. Ακολούθησε τον Γεροθανάση ως τα δέντρα, έπειτα ξαναγύρισε. Ο Γεροθανάσης του φώναξε, πάλι ο Γκέκας πήγε ως εκεί, μα πάλι ξαναγύρισε. Αφού γύρισε δυο-τρεις καλύβες και τις μύρισε καλά, στάθηκε μπροστά στον Δημητράκη και στον Κωστάκη, και τους κοίταξε κουνώντας την ουρά, σαν να τους έλεγε : ≪ Παίζουμε; ≫ Πριν του απαντήσουν, άρχισε αυτός τα πηδήματα. Έτρεχε χωρίς να τον κυνηγάει κανείς. Δηλαδή : ≪ Αν δεν παίζετε εσείς, παίζω εγώ ≫.  
  Τα παιδιά έβαλαν τα γέλια. Να ένας εθελοντής !





        対狐の義勇警察官   

 ゲロサナシスさんは、もう一つの贈り物を置いて、帰って行ったのです。小さい犬だったのです。ゲカスです。 
 ゲガスはゲロサナシスさんと一緒に来たのです。でも、帰らなかったのです。子供たちと残りたがったのです。木立まで、ゲロサナシスさんに付いて行きました。それから、ぐるっと戻って来たのです。ゲロサナシスさんは、ゲガスを呼びました。ゲガスはそこまで行きました。でも、また、戻って来たのです。二、三棟の小屋を回って、それをよく嗅いだのです。それから、ディミトラキスとコスタキスの前で止まりました。そして、二人を見詰めると、尻尾を振ったのです。まるで、ふたりにこう言っている様でしたよ。「あそびましょ、」 ふたりがゲガスに答える前に、ぴょんぴょんし始めました。誰も追っかけないのに、走り出したのです。こうです。「ふたりがあそばないなら、ぼくあそぶから。」 
 子供たちは、笑い出しました。そう、有志なのです。 
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月10日

エティオピア物語 第十巻 16-5

  Σας βλέπω να χύνετε δάκρυα, καταλαβαίνω τα ανθρώπινα αισθήματα που σας κατέχουν, την ευσπλαχνία σας για την κόρη που τόσο πρόωρα θα χαθεί αλλά και για μένα που μάταια έλπισα πώς θ’ αποχτήσω διάδοχο του γένους μου・ είμαι όμως υποχρεωμένος, ίσως ακόμα και παρά τη θέλησή σας, να τηρήσω το πατροπαράδοτο έθιμο προτάσσοντας το καλό της πατρίδας από το προσωπικό μου συμφέρον.





 「私は、皆さんが涙を流すのを見ました。皆さんを捉えている人間的諸感情も、皆さんのこの娘への同情心も分かっています。自分の家系の後継を得る事を無益に望んでいたこの私には、あまりに早く亡くしてしまうことになる、この娘ヘの同情心です。けれども、私には、義務があるのです。おそらく、皆さんの意志には反するのでしょうけれど、伝統的な慣習を、私は守らなければならないのです。ですから、私の個人的な利益よりも、祖国の為の事を優先するのです。」
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月09日

エティオピア物語 第十巻 16-4

  Και απευθυνόμενος στους παρευρισκόμενους, ≪ είδατε ≫, είπε, ≪ και ακούσατε ότι οι θεοί, ολωσδιόλου ανέλπιστα, με ανέδειξαν πατέρα και με πολλές αποδείξεις έχει πιστοποιηθεί ότι αυτή εδώ η κόρη είναι η θυγατέρα μου・ όσο για μένα, τόση είναι η αγάπη μου για σας και την πατρίδα, ώστε καθόλου δεν νοιάζομαι για τη διαδοχή του γένους μου και για την αναγόρευσή μου ως πατέρα ― διπλή ευτυχία που θα μπορούσε να μου δοθεί από κείνην ― και σπεύδω, για το δικό σας το καλό, να τη θυσιάσω στους θεούς.




 そして、王は居合わせた人々に呼び掛けて、こう言ったのです。「皆さんは、神々がまったく思いもかけず私を父に選び出したのをご覧になり、お聞きになったのです。そして、多くの証拠で、この娘が私の娘であることが証明されたことを、ご覧になり、お聞きになったのです。私自身も、私の愛する妻も、貴方たちと祖国の為の者なのですが、これで、私は、もう私の家系の継承について何も心配することがないのです。神から父親として選ばれるかどうかを心配することがないのです。この娘が私に贈ってくれることが出来る二重の幸運なのです。さあ、皆さんの利益の為に、私は、急ぎます。この娘を神々への生贄にするのです。」   


posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月08日

エティオピア物語 第十巻 16-3

  Παρ’ όλ’ αυτά δεν ξέχασε το βασιλικό του καθήκον : στάθηκε μιά στιγμή και κοίταξε το πλήθος ― με την ίδια συγκίνηση όλοι έχυναν δάκρυα χαράς μαζί και ευσπλαχνίας και σήκωναν κραυγή ώς τους αιθέρες χωρίς ούτε ν’ ακούν τους κήρυκες που πάσχιζαν να επιβάλλουν σιωπή ούτε και να εκφράζουν καθαρά τί ήθελαν και θορυβούσαν έτσι ― και, με μιά επιβλητική χειρονομία, κατασίγασε τη θύελλα που συνείχε το δήμο.





 それでもやはり、イダスピスは、自分の王の役目を忘れませんでした。直ぐに立ち上がって、群衆を見詰めたのです。王は、皆が感動して、同情とそれから喜びの涙を流し、そして、天まで響く叫び声を挙げているのだ、と思ったのです。それも、静粛にさせようと努めている触れ役人の言うことを聞きもせず、自分たちが何を望んでいるのかをはっきりと言い表すこともせず、大声を上げているのだと思ったのです。それで、威厳のある手振りで、人々をしっかりと捉えている嵐を沈めたのです。
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月04日

エティオピア物語 第十巻 16-2

  Και ο Υδάσπης, βλέποντας τη γυναίκα του πνιγμένη στα δάκρυα, τη λυπόταν, ράγιζε η καρδιά του κι έπασχε μαζί της, αλλά δεν έπαυε να στέκει ακίνητος κοιτάζοντας τη σκηνή με μάτι σκληρό σαν σίδερο, αντιπαλεύοντας τον πόνο και τα δάκρυα. Κι ενώ η ψυχή του παράδερνε ανάμεσα στην πατρική στοργή και στην επιθυμία να φανεί άνδρας κι η γνώμη του, σαν πλοίο σε τρικυμία, κλυδωνιζόταν γέρνοντας πότε στο ένα και πότε στο άλλο, τέλος νικήθηκε από τη φύση την απροσμάχητη και όχι μόνο πίστεψε ότι είναι πατέρας, αλλά και παραδόθηκε στο πάθος του πατέρα・ και σηκώνοντας την Περσίννα που είχε σωριαστεί σφίγγοντας στην αγκαλιά την κόρη της, μπροστά στα μάτια όλων, αγκάλιασε τη Χαρίκλεια ραίνοντάς τη ― σπονδή πατρική ― με ποταμούς δακρύων.





 イダスピス王は、妻が涙で噎んでいるのを見ると、妻を憐れんだのです。王の心は、悲しみで張り裂けました。そして、ペルシナ女王と共に、苦しんだのです。けれども、微動もせずに立っているのを止めることはありませんでした。鉄の様な硬い目でその場面を見ていたのです。そして、心痛と涙に苦しんでいたのです。そしてまた、王の魂は、父としての愛情と自分の意見は男らしく見られたいと言う願望との間で、嵐の時の船がある時はこちらに傾ぎある時はあちらに傾ぐ様に、激しく揺れたのです。そして遂には、抵抗する事の出来ない自然の感情に負けたのです。自分が父だと信じるだけでなく、父の情に我を忘れたのです。そして、胸に娘をきつく抱きしめたまま倒れ込んでいるペルシナを起こすと、すべての人の目の前で、ハリクレアを抱きしめると、河の様涙を流しながら、「父を祝う神酒」を振り撒いたのです。
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月03日

エティオピア物語 第十巻 16-1

  Άλλο δεν μπόρεσε να συγκρατηθεί η Περσίννα και ξαφνικά πετάχτηκε απ’ το θρόνο κι έτρεξε ν’ αγκαλιάσει τη Χαρίκλεια κι έτσι, κρατώντας τη σφιχτά, έχυνε δάκρυα ασυγκράτητης χαράς φωνάζοντας χωρίς ν’ αρθρώνει λόγια ( έτσι η υπερβολική χαρά γεννά συνήθως θρήνο ) και λίγο έλειψε να σωριαστεί μαζί με τη Χαρίκλεια.





 けれど、ペルシナ女王は、感情を抑えることができなかったのです。突然に、御座から飛び降りました。そして、駆け寄って、ハリクレアを抱きしめたのです。そうして、彼女をきつく抱きしめながら、止めどない喜びの涙を流したのです。そして、はっきりとした言葉にすることもなく、叫んだのです。( 度を超えた喜びと言うものは、ほとんど号泣になるのです。 ) そうして、もう少しで、ハリクレアと一緒に倒れるところでした。
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月02日

エティオピア物語 第十巻 15-2

  Και ο Σισιμίθρης ≪ απομένει ακόμα κάτι ≫, είπε. ≪ Πρόκειται για τη βασιλεία και για τη γνήσια διαδοχή της και, πρίν απ’ όλα, για την ίδια την αλήθεια. Δείξε το μπράτσο σου, κόρη μου, πάνω από τον πήχη είχε ένα μελανό σημάδι ― καθόλου δεν είναι απρεπές να αποκαλύψεις αυτό που αποδεικνύει τους γονείς και το γένος σου ≫. Κι αμέσως, γύμνωσε η Χαρίκλεια το αριστερό της μπράτσο και φάνηκε κάτι σαν κύκλος από έβενο ― κηλίδα μελανή πάνω στο αλαβάστρινο δέρμα.





 すると、シシミシリスはこう言ったのです。「まだ、残っていることがあります。問題になるのは、この娘の王位と正式な継承権なのです。そして、何よりもまず、この娘が本物かどうかです。お前の片方の腕を見せてご覧なさい。さあ。前腕にひとつ黒子があった筈です。 ― お前が前腕を晒して見せても、まったく無作法ではないのです。その黒子がお前の両親と素性を明らかにするのですから。」 そうすると、直ぐに、ハリクレアは、めくって左の前腕を見せました。雪花石膏の様な肌の上に、黒い母斑がありました、それは黒檀の円の様でした。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月01日

エティオピア物語 第十巻 15-1

  Αμέσως δόθηκε διαταγή στους υπηρέτες να σηκώσουν την εικόνα και να τη φέρουν επιτόπου. Και σαν την έστησαν στο πλάι της Χαρίκλειας, το πλήθος ξέσπασε σε χειροκρότημα και όλοι μαζί φώναζαν καθώς ο ένας εξηγούσε στον άλλον ό,τι είχε καταλάβει από όσα λέγονταν και πράττονταν και όλοι είχαν μείνει έκθαμβοι από την εκπληκτική ομοιότητα・ ο ίδιος ο Υδάσπης δεν μπορούσε πιά να αμφιβάλλει και για ώρα πολλή έμεινε εκεί σαν μαρμαρωμένος, κυριευμένος από χαρά και θάμβος.   



επιτόπου : στο ίδιο μέρος, στον ίδιο τόπο





 直ぐに、召使たちに、絵を取り出してここに持ってくる様に、と言う命令が出されました。そして、召使たちがその絵をハリクレアの側に立てると、大衆は、突然に、拍手喝采を始めたのです。皆が一緒に叫びました。同時に、一人の者が、そこで話されたこと行われたことから、分かったことを他の者に説明したのです、そして、また、その者がまた別の者に説明していったのです。そして、驚く程似ていることに、全員が、いつまでも、唖然としていたのです。イダスピス王自身も、もうそれ以上疑うことができませんでした。長い時間、そこに突き立ったままでした。まるで、大理石にでもされたかの様でした。喜びと驚きに捉えられていたのです。
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

Ο Γεροθανάσης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





  Μ' αυτή την υπογραφή πουλάει, αγοράζει, ξέρει που βρίσκεται η περιουσία του.  
  ≪ Ξέρω κι εγώ ≫, λέει, ≪ δεκάξι γράμματα ≫.  
  Και λέει αλήθεια. Τα μέτρησε μια φορά όσα κάνουν την υπογραφή του και τα βρήκε δεκαέξι. Μια ζωή τώρα δεν έγιναν δεκαεφτά.  
  Ό,τι του λείπει σε γράμματα, το έχει ο Γεροθανάσης σε νου. Δεν τον γέλασε κανείς, μα ούτε και γέλασε κανέναν. Λόγο δεύτερο δεν έχει. Έναν και σωστό. Όταν κατεβαίνει στην πολιτεία - γιατί πηγαίνει και στην πολιτεία μια φορά τον χρόνο, τη Λαμπρή - πιάνει όλο τον δρόμο και γυρίζουν και τον κοιτάζουν αυτόν και την αγκλίτσα του. Τότε κουνούν το κεφάλι και λένε : ≪ Τι γάλα να τρώει! Τι γιαούρτια! Τι μυζήθρες! ≫  
  Είναι ογδόντα χρόνων, μα την αγκλίτσα δεν την πάτησε χάμω. Πόσες φορές είδε ν' ανθίζει ο γάβρος κι η οξιά! Πόσοι χειμώνες έριξαν επάνω του τη βροχή και το χαλάζι! Και πάλι ολόισιος είναι.  
  Να 'χουμε τα καλά σου γεράματα, Γεροθανάση!    





 その署名で、彼は、物を売り、物を買うのです。自分の財産が何所にあるのか、分かっているのです。 
 「文字を十六も知っておる、私は。」とゲロサナシスさんは言いました。 
 本当のことを言っているのです。ある時、署名をして、文字を数えたのです。すると、文字は十六あったのです。一生かかって、十七文字にはならなかったのです。 
 ゲロサナシスさんは、文章に無いものは全部、頭の中に入れていたのです。誰も、ゲロサナシスさんを騙しませんでしたし、ゲロサナシスさんは誰も騙さなかったのです。二番目の言葉はなかったのです。一言、「よし」だけなのです。街に降りると、と言うのも、ゲロサナシスさんは一年に一度、復活祭の時に、街に降りていたのですから、通りを独り占めにするのです。皆んながゲロサナシスさんを取り巻いて、彼の羊飼いの曲がった杖をじっと見詰めるのです。そうして、頭をゆっくり振って、言うのです。「すばらしい食用のミルク! すばらしいヨーグルト! すばらしいミジスラ! ( 山羊の乳のチーズ )」 
 ゲロサナシスさんは、八十歳です。でも、杖を地面に押し立てないのです。野生のイラクサやブナが花を着けるのを、一体何回見たことでしょう! 何回の冬が、彼の上に、雨や霰を降らせたでしょう! それでも、背筋がしゃんとしているのです。 
 私たちは、あなたの年齢をお祝いしましょう、ゲロサナシスさん!    





第三十一章「ゲロサナシス」、終り   
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月26日

エティオピア物語 第十巻 14-7

  Κι εσύ έχε όποια γνώμη θέλεις・ εμείς κανέναν δεν θεωρούμε αρμόδιο να μας κρίνει : δεν ζούμε για ν’ αρέσουμε στους άλλους・ επιδιώκουμε την αρετή και μας αρκεί να ικανοποιούμε τη συνείδησή μας. Όσο για το χρώμα της κόρης, η ταινία θα σου λύσει την απορία : σ’ αυτήν, η Περσίννα από δώ ομολογεί ότι συνέλαβε την κόρη σας καθώς φαντασιωνόταν βλέποντας την εικόνα της Ανδρομέδας την ώρα που έσμιγε μαζί σου・ άν λοιπόν θέλεις και άλλη απόδειξη, δεν έχεις παρά να κοιτάξεις το πρωτότυπο : την Ανδρομέδα που εμφανίζεται απαράλλαχτη στη ζωγραφιά και στα χαρακτηριστικά της κόρης ≫.





 「王様は、ご自分がお望みになる助言をお取りなさい。私たちは、私たちを判断するのには、適当な人は誰もいないと考えています。私たちは、他の人に好かれる様に、生きているのではありません。私たちは、私たちの良心を満足させるのに足りる、徳を追い求めているのです。貴方の娘の肌の色については、その帯が疑惑を貴方に解いてみせるでしょう。その帯の上で、ここに居るペルシナ女王様が、貴方と交わった時に、アンドロメダ女神の絵を見てそれを想像しながらこの娘を妊娠した、と告白されているのです。もし、貴方が他の証明をお望みなのでしたら、原物をじっくりと見る他ないでしょう。絵にそっくりそのまま表されたアンドロメダ女神と、その娘の容姿とをです。」
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月25日

エティオピア物語 第十巻 14-6

  Τον στραβοκοίταξε ο Σισιμίθρης και ≪ δεν ξέρω τί έχεις πάθει ≫, του είπε χαμογελώντας, ≪ και τόσο αταίριαστα πρός τον δικό σου χαρακτήρα με κατηγορείς πώς κάνω το συνήγορο, πράγμα που εγώ δεν θεωρώ κακό : για μένα, γνήσιος δικαστής είναι ο συνήγορος της δικαιοσύνης. Και γιατί τάχα δεν θα φανώ συνήγορος δικός σου μάλλον παρά της κόρης σου αναδεικνύοντάς σε, συν θεώ, πατέρα και προστατεύοντας αυτήν που έσωσα μωρό στα σπάργανα και τώρα έχει φτάσει στο άνθος της ηλικίας της;



συν θεώ : με τη βοήθεια του Θεού





 シシミシリスは、イダスピス王を咎める様に見ました。そして、微笑んで、こう言いました。「私は、貴方が何に苦しんでいるのか、分かりません。貴方の持つ特徴とあまりにも不一致なものですから、貴方は、私が弁護していると批難しているのですが、実際、私は間違っているとは思いません。私はと言えば、正式な裁判官で、正義を擁護する者なのです。今、花の盛りに達してるこの娘、この娘を、神々の御陰を持って、お襁褓を履いている時に命を救い、貴方をこの娘の父だと名指しした、この私を、この娘の弁護者ではなく、貴方の弁護者であるとは思えない、と言うのは何故なのでしょう?」  




posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月24日

エティオピア物語 第十巻 14-5

  ≪ Υπέροχα τα λές, Σισμίθρη ≫, του είπε ο Υδάσπης, ≪ και μάλλον σαν ένθερμος συνήγορος μιλάς παρά σαν δικαστής. Πρόσεχε μόνο μήπως λύνοντας το ένα πρόβλημα ανακινείς άλλο φοβερό από το οποίο πολύ δύσκολα θα απαλλασσόταν η γυναίκα μου : πώς έγινε αυτό το αφύσικο, Αιθίοπες εμείς και οι δύο, να γεννήσουμε λευκ ο παιδί; ≫




 イダスピス王はシシミシリスにこう言いました。「シシミシリス、見事に言ってくれた。それも、裁判官としてでなく、熱心な弁護者として、話してくれた。ただ、一つの問題を解くことで、他の不安を掻き立てるのではないのだろうか、と言うことには留意してくれ。私の妻は、その不安から解消されることは、とても難しいだろう。私たち二人はエティオピア人だ、その二人が白い子供を儲けると言う、不自然なことが、どうすれば起こるのだ?」
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月21日

Ο Γεροθανάσης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十一章「ゲロサナシス」 





Ο Γεροθανάσης






  Σήμερα ήρθαν δυο τσοπάνηδές κι έφεραν γάλα. Δεν είναι πολύ, γιατί τώρα τα πρόβατα και τα γίδια στέρφεψαν, μα είναι δώρο του Γεροθανάση. Τους έφεραν και μια γαλατόπιτα, καμωμένη από τα χέρια της Αφρόδως. Κι αυτή δώρο του Γεροθανάση.    Τέλος τούς ήρθε κι ο ίδιος ο Γεροθανάσης.  
  Ο Γεροθανάσης φοράει άσπρη φουστανέλα, άσπρες κάλτσες, άσπρο σκούφο. Κι είναι τα γένια του και τα μαλλιά του άσπρα. Είναι χιονισμένος χειμώνα-καλοκαίρι. Κατακάθαρος. Η Ρούμελη θα τον λευκαίνει τον γέρο! Είναι ο πρώτος τσέλιγκας σε κείνα τα βουνά. Από έξι χιλιάδες τα ζωντανά του δεν έπεσαν ποτέ κάτω. Είναι ο παππούς της γενιάς. Έδωσε κόρες κι εγγονές στις γύρω καλύβες. Έχει δοσμένες κι άλλες σε βουνά μακριά, που δεν φαίνονται. Όλες τις προίκισε και το βιος του δεν σώνεται.  
  Γράμματα δεν ξέρει, έμαθε όμως και βάζει την υπογραφή του, σιγά-σιγά και γερά, με μια αγκλίτσα στο τέλος.  





     ゲロサナシス  

 今日は、二人の羊飼いが来ました。ミルクを持って来てくれたのです。あまりたくさんではありません。今は、山羊も羊もいないからです。だから、それは、ゲロサナシスさんの贈り物だったのです。それに、アフロドウのお手製のミルクパイもひとつ、子供たちに持って来たのです。それもゲロサナシスさんの贈り物でした。 
 そうして、その後、ゲロサナシスさん本人が、子供たちの所へやって来ました。 
 ゲロサナシスさんは、白いフスタネーラを履いていました。白いソックスを履いていました。白い帽子を被っていました。顎髭と髪の毛も白いのです。冬も夏も雪に覆われているのです。とても清潔です。ルウメリは、老人を白くするものなのです。ゲロサナシスさんが、この山の最初の牧人なのです。彼の六千頭の家畜の中で、下に落ちたものはありません。彼は一族の祖先です。自分の側の小屋に娘たちと孫たちを住まわせています。遠くの山にも、それは見えもしないのですけれどね、子供がいます。娘たち全員に持参金を持たせました。彼の人生は、もう残っていないのです。 
 ゲロサナシスさんは、文字を知りません。けれども、署名をすることは覚えたのです。杖で、ゆっくりゆっくり、でも、最後までしっかりと書くのです。
posted by kyotakaba at 14:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月20日

エティオピア物語 第十巻 14-4

  ≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.


 シシミシリスはこう言いました。「私が見つけた時には、その幼女は白い肌でした。過ぎ去った月日は、今のこの娘の年齢と一致しています。この娘が捨てられてから今までの年月は、全部で十七年になります。けれども、彼女が幼女の時の眼差し、彼女の様々な表情、それに、驚く程の美しさ、それらのすべてが今の彼女のものに似ている様に、私には思われます。」  




συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、 
κλείσει は、空欄( ) を埋めよ、と言う設問の時の κλείνω の使い方なのだと思います。 
ώς τα τώρα の τα は代名詞だと思います。χρόνια 中性名詞複数 なのだと。τώρα は副詞。 
που είχε τότε は、το βλέμμα だけに掛かっている形容詞句なのだと思います。
το βλέμμα、τα χαρακτηριστικά、η ομορφιά の三つの実詞、主格が並列されて、 
それが合わさるので、動詞 φαίνονται が三人称複数形なのだと。 

posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 14-4 r

Google翻訳 : 
「ホワイトは、」Sisimithrisは言った、「私はそれを見つけたpaidoulaは自分自身との時間が現在の年齢に沿ったもので過ごしました:17年の合計は、それが今のように放棄された閉鎖されています。しかし、その時に見て、彼女の顔やekpagli美しさのすべての機能は、すべてのは、現在のように私には思えます。」 

World Lingo 翻訳 : 
「白」は、Sisimithrisを言った、「のはまた渡される彼女の実際の年齢と一致すること私が私および時間を見つけたpaidoylaだった: 合計で17年は今として彼女の放棄から閉まった。 しかし彼女の人および彼女のekpagliの美のすべての特徴持っていたまた一見は、すべて実際と」類似している私に現われ。
posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

 エティオピア物語 第十巻 14-4
≪ Λευκή ≫, είπε ο Σισιμίθρης, ≪ ήταν και η παιδούλα που βρήκα τότε εγώ και ο καιρός που πέρασε συμφωνεί με την τωρινή της ηλικία : συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. Αλλά και το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της, όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά ≫.

 まったく分からない。 
συνολικά δεκαεφτά χρόνια έχουν κλείσει από την εγκατάλειψή της ώς τα τώρα. のところ、
ώς τα τώρα の τα は、何なのか? τώρα に付く冠詞である筈はないし、中性代名詞複数形の弱形なのか? 
では、何故、この位置にあるのか? 
όλα μου φαίνονται όμοια με τα τωρινά のところも同様に、
τα τωρινά と。ただ、この τα は、中性複数の冠詞に思える。τωρινά は形容詞で、その前の όλα に対応しているのかと。ただその時の όλα は、過去のハリクレアの諸表情を言うのだろうけれど。  

また、
κλείσει の意味が分からない。 
εγκατάλειψή της の意味が分からない。 
το βλέμμα που είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της και η έκπαγλη ομορφιά της の意味が分からない。 είχε τότε και όλα τα χαρακτηριστικά του προσώπου της はβλέμμα を形容するのだろうけれど、その関係が理解出来ない。  



 これ程に、理解力に欠け、現代ギリシャ語の語彙に乏しい、私が、ギリシャ語を勉強する意味がない。今直ぐに止めるべきだ。 
 証明されたのは、私があまりに馬鹿だと言うことだけだった。
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

エティオピア物語 第十巻 14-3

  Κι επειδή πάλι φάνηκε να αδημονεί ο Υδάσπης, ≪ αυτά ≫, είπε η Χαρίκλεια, ≪ είναι τα σημάδια αναγνώρισης που προορίζονται για τη μητέρα μου・ για σένα είναι αυτό το δαχτυλίδι ≫・ και έδειξε την παντάρβη. Και ο Υδάσπης, αναγνωρίζοντας το δαχτυλίδι που είχε χαρίσει στην Περσίννα για τους αρραβώνες τους, ≪ καλό μου κορίτσι ≫, είπε στη Χαρίκλεια, ≪ τα γνωρίσματα είναι βέβαια δικά μου αλλά δεν μπορώ ακόμα να πιστέψω ότι εσύ που τα χρησιμοποιείς είσαι η κόρη μου και όχι κάποια άλλη που κάπως έτυχε να τα βρεί・ γιατί σύν τοίς άλλοις το χρώμα σου είναι κατάλευκο και δεν φαντάζει αιθιοπικό ≫.





συν τοις άλλοις : εκτός των άλλων, μαζί με όλα τ' άλλα, σε όλα τα άλλα πρόσθεσε ότι, σαν να μη φτάνει αυτό





 すると、イダスピス王が、再び困惑した様子をしたのです。すると、ハリクレアがこう言いました。「これが、誰だかを識別する印しです。これは、誰がわたしの母かを分かる為に使うのです。あなた様には、この指輪です。」 こう言って、パンダビルを見せました。イダスピス王は、その指輪が何であるかが分かりました。それは、自分たちの婚約の為にペルシナに贈ったものだったのです。そしてハリクレアにこう言いました。「お嬢さん、それらの印しの品々は、確かに、私のものだ。しかし、私は、お前が私の娘だ、と、まだ信じることは出来ない。お前はそれを利用しているのだが。お前は、偶々それを見つけた、まったくの他人ではない、とは信じられないのだ。それより何より、お前の肌は、純白だ。エティオピア人の肌には見えないのだ。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月18日

エティオピア物語 第十巻 14-2

  Υπήρχαν όμως και κάποια άλλα γνωρίσματα εκτεθειμένα μαζί της, που εγώ τα έδωσα σ’ εκείνον που παρέλαβε την κόρη, έναν καθ’ όλα άψογο Έλληνα ≫. ≪ Κι αυτά επίσης σώζονται ≫, είπε η Χαρίκλεια κι έδειξε στη στιγμή τα περιδέραια. Ακόμα πιό πολύ ταράχτηκε η Περσίννα σαν τα είδε και, στην ερώτηση του Υδάσπη τί ήταν αυτά και άν μπορεί να του δώσει περισσότερες εξηγήσεις, το μόνο που αποκρίθηκε ήταν ότι τα αναγνωρίζει, αλλά, παρ’ όλ’ αυτά καλό θα ήταν να τα εξετάσει και στο σπίτι.





 「ですが、他にも、その娘と一緒に置き去りにされた印しの品物があったのです。私は、それを、娘を引き取った方に渡したのです。どの点でも、申し分のないギリシャ人でした。」 すると、その瞬間、ハリクレアは「それらも、ここに残ってます。」と言って、首飾りを見せたのです。それを見ると、ペルシナ女王は、更に、ひどく動揺したのです。それは何なのか、自分にもっと詳しい説明がでいるのか、と言う、イダスピス王の問い掛けに、ペルシナが答えたのは、ただ、見覚えがある、それでもやはり、自宅に持ち帰って調べるのが好いだろう、と言うことだけでした。     


posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

訂正

 エティオピア物語 第十巻 13-5 :
けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この独特の品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか?  


それに、この独特の品物が他人の手には落ちなかった、  の部分  
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、 
に訂正。
posted by kyotakaba at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月17日

エティオピア物語 第十巻 14-1

  Τότε πήρε το λόγο ο Σισιμίθρης. ≪ Οι πρώτες ερωτήσεις σου ≫, είπε, ≪ έχουν την απάντησή τους : αυτός που βρήκε την κόρη έκθετη και την ανάθρεψε κρυφά και την οδήγησε στην Αίγυπτο όταν με έστειλες εκεί ως πρεσβευτή, είμαι εγώ και ξέρεις βέβαια ότι σε μας δεν επιτρέπεται το ψέμα. Αναγνωρίζω και την ταινία, που είναι, όπως βλέπεις, χαραγμένη με βασιλικά αιθιοπικά γράμματα κι εσυ το ξέρεις πιό καλά από τον καθέναν πώς γράφτηκαν από το χέρι της Περσίννας.





 すると、シシミシリスが言葉を引き取りました。そしてこう言いました。「王様の最初のご質問は、それぞれ解答があります。その捨て子の女の子を見つけたのは、そして、密かに育てたのは、この私です。そして、王様が私を大使としてエジプトに送った時に、この私が、その娘をエジプトに連れて行ったのです。それに、王様は、私たちには、嘘が許されていないことを、よくご存知です。私はその帯に見覚えがあります。王様もご覧になっています様に、その帯には、エティオピア王家の文字が刻まれています。そして、その文字はペルシナ女王様の手で書かれたものであることを、他の誰よりも、貴方様がご存知のことです。」
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

Όταν το ρήμα γίνεται όνομα

 『 Όταν το ρήμα γίνεται όνομα 』。 
Παντελής Μπουκάλας 

『動詞が名詞になる時』 
パンテリス・ボウカロス 

古い民謡の研究なのか知ら??? 

出版は、Άγρα 社、 2016年刊。 

.:BiblioNet : Όταν το ρήμα γίνεται όνομα / Μπουκάλας, Παντελής Σ. 

posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月14日

エティオピア物語 第十巻 13-5

  Αλλά και πώς αποδεικνύεται ότι αυτή εδώ είναι εκείνη; Ποιός μπορεί να βεβαιώσει ότι το έκθετο παιδί δεν πέθανε και ότι τα γνωρίσματα δεν έπεσαν στα χέρια κάποιου άλλου που τα οικειοποιήθηκε; Μήπως κάποιος δαίμονας μας παίζει άσχημα παιχνίδα και, φορώντας σαν προσωπείο τη μορφή αυτής της κόρης, διασκεδάζει με τον πόθο μας για τεκνοποιία και προσπαθεί να μας δώσει νόθο και υποβολιμαίο διάδοχο επισκιάζοντας με την ταινία την αλήθεια σαν με σύννεφο; ≫




 「けれども、ここに居るこの娘がその娘だと、どうやって証明するのだ? いったい、誰が、捨てられた子が死んでいない、と確かめることが出来るのだ? それに、この印しの品物が他人の手には落ちなかった、そして、不正に使われなかった、と確かめることが出来るのだ? あるいは、何かの悪魔が、酷い遊びで私たちを弄んでいるのではないのか? 仮面の様に、この娘の姿を被っているのではないか? そして、私たちが子供を切望している思いを、気晴しにしているのではないのか? その悪魔は、本当は雲の様なこの帯を使って、偽物の娘を、何所か他所から来た後継者を私たちに与えようとしようとしているのではないのか?」   



4月18日、訂正  
この独特の品物が他人の手には落ちなかった 
→ 
この印しの品物が他人の手には落ちなかった、
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月13日

Στους ίσκιος των πεύκων

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三十章「松の樹蔭」 


Στους ίσκιος των πεύκων






  Σήμερα είναι Κυριακή. Κάτι ξεχωριστό έχει τούτο το πρωί. Τα παιδιά είναι ξαπλωμένα στους ίσκιος. Είναι σαν ξεχασμένα κάτω από τα δέντρα. Ξεκουράζονται.  
  Πεύκο, ευλογημένο πεύκο!  
  Από τις χαραμάδες των κλαδιών του βλέπουν τον ουρανό. Τα κλαδιά του σκίζονται σε πολλά κλαδιά μικρότερα, κι αυτά πάλι σε άλλα μικρά-μικρά παρακλάδια, που μοιάζουν με αμέτρητα ψιλά σκοινιά, κομποδεμένα σαν τα δίχτυα. Τα φύλλα του, που είναι σαν βελόνες, γίνονται κρόσια και κει μέσα παίζει ο αέρας κι ο γαλάζιος ουρανός.  
  Σαλεύει το πεύκο κι η άκρη του ίσκιου του σαλεύει μαζί. Φυσάει σαν μακρινή θάλασσα. Να μπορούσαν ν' ακούνε ξαπλωμένοι ώρες πολλές αυτό το νανούρισμα. Μόνο η μάνα τους θα έλεγε τόσο καλό τραγούδι, όταν τα είχε στην κούνια.  
  Δεν είπε η βοσκοπούλα την άλλη φορά πως τα δέντρα έχουν χάδι και χαϊδεύουν; Όλα τα παιδιά νιώθουν αυτό το χάδι.  
  Πεύκο ευλογημένο!






      松の樹蔭  

 今日は日曜日です。何か特別のことがあるのです。子供たちは、樹蔭に寝そべっていますよ。樹の下で、何の用もなさそうにしてます。休んでいるのです。 
 松、幸せな松! 
 子供たちには、枝々の間から、空が見えます。松の枝は、別れて、小さな枝になっています。その小さな枝は、また別れて、もっともっと小さな枝になっているのです。まるで、測れない程細かな綱に似ている枝です。網の様に、結び目で結ばれています。葉は、針の様です。ふさ飾りになっています。その中で、空気、青い空が戦いでいるのです。 
 松が揺れます。すると、影の先も一緒に揺れるのです。遠くの海の様に鳴ります。ほら、子供たちは、寝転がって、何時間も、この子守り歌を聞くことが出来るのですよ。こんなに素敵な歌は、子供たちが揺り籠にいた時に、歌ってくれた歌ぐらいでしょう。 
 前に、山羊飼いの娘は、樹々がやさしい手を持っていて、撫でてくれる、と教えてくれなかったでしょうか? 子供たちは皆んな、やさしく撫でられていると感じているのです。 
 幸せな松!    



第三十章「松の樹蔭」、全。
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 13-4

  Τέλος, όταν διάβασε ο Υδάσπης για την εγκατάλειψη της Χαρίκλειας και για την αιτία της, ≪ το ήξερα ≫, είπε. ≪ ότι είχα αποχτήσει μιά κόρη・ τότε όμως είχα μάθει ― η ίδια η Περσίννα μου το είπε ― ότι είχε πεθάνει, ενώ τώρα μαθαίνω ότι την άφησαν έκθετη. Ποιός όμως τη βρήκε και την έσωσε και την ανάθρεψε και ποιός την έφερε στην Αίγυπτο όπου και αιχμαλωτίστηκε;





 とうとう、イダスピス王は、ハリクレアが捨てられたことについて、ハリクレアがそうなった理由についてを読んだのです。すると、こう言いました。「私はこのことを知っていた。私が一人娘を得ていたと言うことだ。けれども、私はこう教えられていた。ここに居るこのペルシナがこう言ったのだ。その娘は死んだのだと。今、私は、女王たちは娘を置き去りにしたのだ、と分かった。だが、誰がその娘を見つけたのだ? そして、誰がその娘を救ったのだ? 誰が育てたのだ? そして誰が、この娘をエジプトに連れて来たのだ? そこで、この娘は捕えられたのだけれど。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月12日

エティオピア物語 第十巻 13-3

  Την πήρε λοιπόν ο Υδάσπης και, αφού παρακάλεσε τους Γυμνοσοφιστές να πλησιάσουν και να τη διαβάσουν μαζί του, άρχισε να διαβάζει κατάπληκτος・ άλλο τόσο κατάπληκτος ήταν και ο Σισιμίθρης・ το πρόσωπό του έδειχνε μύριες μεταπτώσεις ενώ το βλέμμα του πήγαινε συνεχώς από την ταινία στη Χαρίκλεια.





 そうして、イダスピス王は手紙を取ると、裸形の賢者たちに、側に来て、自分と一緒にその手紙を読む様に、頼んだのでした。そして、読み始めて、驚いたのです。一方、シシミシリスもとても驚いていていたのです。シシミシリスの顔は、急な変化を見せました。そしてまた、彼の視線は、ずっと、帯とハリクレアに向けられているのでした。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月11日

エティオピア物語 第十巻 13-2

  Ο ίδιος ο Υδάσπης παρατήρησε την κατάπληξη και την αγωνία που την κατείχε και ≪ γυναίκα ≫, είπε, ≪ τί σου συμβαίνει; τί έπαθες μόλις σου έδειξαν αυτό το γράμμα; ≫ Κι εκείνη ≪ βασιλιά ≫, του απάντησε, ≪ αφέντη μου και άνδρα μου, άλλο τίποτε δεν μπορώ να σου πώ, παρά μόνο πάρε και διάβασε・ η ταινία αυτή θα σου φανερώσει τα πάντα ≫. Του την έδωσε και σώπασε σκυθρωπή.






 イダスピス王、本人は、女王の驚愕と女王の心を占めている煩悶に気付いたのです。そしてこう言ったのです。「妻よ、どうしたのだ? 彼等があの手紙を出して見せただけで、お前は何に苦しんでいるのだ?」 ペルシナ女王は王にこう答えました。「王様、ご主人様、私の夫。他に何もあなたに言うことは出来ません。それをお取りになってお読み下さい、と言うばかりです。その帯が、すべてをあなたに明らかにすることでしょう。」 そして、その帯を王に渡して、陰鬱な顔で、黙ったのです。 


追記、訂正: 
最後の σώπασε σκυθρωπή のところ、 
不機嫌になり、黙ったのです。 
→ 
陰鬱な顔で、黙ったのです。 
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月10日

エティオピア物語 第十巻 13-1

  Και λέγοντας αυτά έβγαλε από τη μέση της την ταινία που είχε εκτεθεί μαζί με κείνην, την ξεδίπλωσε και την παρουσίασε στην Περσίννα. Κι εκείνη, αμέσως μόλις την αντίκρισε, έμεινε άναυδη και, για ώρα πολλή, κοίταζε εμβρόντητη μιά την ταινία και μιά την κόρη. Έτρεμε όλη, η καρδιά της πήγαινε να σπάσει και την περίχυνε κρύος ιδρώτας : από τη μιά χαιρόταν που την ξανάβρισκε κι από την άλλη τα είχε χαμένα από το απίστευτο και το απροσδόκητο και φοβόταν τις υποψίες και τη δυσπιστία που θα έδειχνε ο Υδάσπης μετά την αποκάλυψη ή ακόμα και την οργή του και ίσως ίσως την τιμωρία.





τα έχω χαμένα : έχω σαστίσει





 そう言うと、ハリクレアは、お腹から、自分の帯を外したのです。帯は、ハリクレアと一緒に捨てられていたものなのです。それを拡げて、ペルシナ女王に差し出しました。ペルシナ女王はそれを向こうから眺めると、直ぐに、口がきけないままになったのです。そして、かなりの間、驚いた様子で、その帯とその娘を見詰めたのです。ペルシナは、全身が震えました。彼女の心臓は、割れてしまい、冷たい汗が彼女に降り掛かったのです。一方では、娘に再び会えたことを喜んでいたのです。他方では、信じられない、予期していなかったことに、戸惑っているのでした。そして、イダスピス王が、秘密が明かされた後に、見せるだろう疑惑と不信を恐れたのです。さらに、王の怒りとおそらくおそらくあるだろう罰を恐れたのです。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月08日

Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας

 『 Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας 』 
Θωμάς Σιταράς 
出版社: Ωκεανίδα  2016年出版 

『昔のアテネの語録』 
ソマス・シタラス 

1,900年代のアテネの資料集の様、 

.:BiblioNet : Τα ανάλεκτα της παλιάς Αθήνας / Σιταράς, Θωμάς 

posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月07日

ギリシャ語コーパス

 右サイドバーに、「ギリシャ語コーパス」を加えた。
posted by kyotakaba at 16:37| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月06日

Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十九章「村の教師」 





Ένας δάσκαλος στην Κοινότητα






  Καλά, του έμαθαν ας πούμε την άλφα. Τον έμαθαν να συλλάβίζει. Μα ύστερα; Κι Φάνης κι ο Δήμος νιώθουν πως δεν θα μπορέσουν να διαβάσουν το παιδί παραπέρα. Πρέπει να το πάρει κάποιος καλύτερος απ' αυτούς.  
  Φτάνοντας στις καλύβες διηγήθηκαν τι είχε γίνει.  
  ≪ Να, ένα τόσο δα μικρό είναι ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Και να δείτε πώς τα κοίταζε τα γράμματα, και πώς τα 'παιρνε ≫.  
  Όλα τα παιδιά συγκινήθηκαν μ' αυτή την ιστορία. Θέλουν να έρχεται ο Λάμπρος εκεί, να τον διαβάζει πότε ο ένας πότε άλλος.  
  ≪ Όχι, ένας να τον διαβάζει ≫, είπε ο Αντρέας.  
  Ποιος θα είναι αυτός; Στην στιγμή συλλογίστηκαν ποιος ξέρι τα περισσότερα γράμματα και διάλεξαν τον Δημητράκη. Αυτός θα διαβάσει το βλαχόπουλο.  
  Λοιπόν γίνεται στην κοινότητα και σχολείο.





           村の教師   

 二人が、アルファを言ってラブラスに教えたのは良かったですね。一音、一音、読むことも教えました。でも、それからは? ファニスもディモスも、自分たちは、この子にこれ以上勉強を教えることは出来ない、と思っていたのです。自分たちの中から、もっと良い人を連れて来なければならなかったのです。 
 ファニスとディモスは、小屋に着くと、何が起こったか、話したのです。 
 「ね、とても幼い子なんだよ。その子が文字をじっと見つめている様子を、文字を拾う様子を、見てごらんよ。」と、ファニスは言いました。 
 子供たちは、みんな、その話しにほろりとしました。ラブロスをここに連れて来ようと思ったのです。ここでなら、ある時には、この子、ある時には、他の子が、ラブロスに教えられるのですから。
 アンドレアスがこう言ったのです。「いや、ある一人が、ラブロスに教えよう。」 
 それは誰がいいのか知ら? 直に、子供たちは、誰が一番に文を知っているのかを、じっくり考えたのです。そして、ディミトラキスを選んだのです。彼なら、山羊飼いに教えられるでしょう。 
 こうして、村に学校が出来たのです。  





第二十九章「村の教師」、全。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月05日

エティオピア物語 第十巻 12-4

  Κάθε δίκη, βασιλιά μου, δυό μέγιστες αποδείξεις αναγνωρίζει, τα γραπτά πειστήρια και τις καταθέσεις των μαρτύρων・ και τα δυό θα σού τα παρουσιάσω για να αποδείξω ότι είμαι κόρη σου・ και ως μάρτυρα δεν θα καλέσω τον πρώτο τυχόντα, αλλά τον ίδιο το δικαστή ( γιατί η εγκυρότερη πιστοποίηση των λεγομένων είναι όσα ξέρει ο δικαστής ) και ως γραπτό πειστήριο προσάγω το γράμμα αυτό στο οποίο εκτίθεται η δική μου και η δική σας τύχη ≫.





 「王様。それぞれの裁判は、書かれた証拠と目撃者の証言と言う、二つの大きな証拠を認めるのです。わたしは、そのふたつを、あなたに提出しましょう。わたしがあなたの娘であることを、を明らかにする為にです。目撃者については、最初に偶然会った人を召還したりはしません、そうではなくて、裁判官その人を召還するつもりです。( 私が話したことについて、最も信頼出来る確証は、すべて、裁判官がご存知なのです。 ) 書かれた証拠としては、この手紙を提出します。そこには、わたし自身と、あなたの運命が暴露されているのです。」
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 12-4

Κάθε δίκη, βασιλιά μου, δυό μέγιστες αποδείξεις αναγνωρίζει, τα γραπτά πειστήρια και τις καταθέσεις των μαρτύρων・ και τα δυό θα σού τα παρουσιάσω για να αποδείξω ότι είμαι κόρη σου・ και ως μάρτυρα δεν θα καλέσω τον πρώτο τυχόντα, αλλά τον ίδιο το δικαστή ( γιατί η εγκυρότερη πιστοποίηση των λεγομένων είναι όσα ξέρει ο δικαστής ) και ως γραπτό πειστήριο προσάγω το γράμμα αυτό στο οποίο εκτίθεται η δική μου και η δική σας τύχη ≫.


Google翻訳:
各試験では、私の王は、2つの最大の証明は書かれた証拠や証人の証言を認識し、そして二人はあなた、私はあなたの娘だ証明するために表示されます、と目撃者は彼女が出会う最初の男を呼び出すことはありませんが、裁判官は、同じように証明敗走はこの地雷が露出されている文字と、あなた自身の運命書かれた(のために最も権威の認定はとても裁判官が何であるかを知っています)。」 


私はとても馬鹿だからまるで分からない。
posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月04日

エティオピア物語 第十巻 12-3

  Πάρε τη λοιπόν από δώ και άς μη διανοηθεί πιά καμιά αναβολή της θυσίας ≫. ≪ Κανείς δεν θα με πάρει ≫, ανέκραξε η Χαρίκλεια, ≪ προτού το διατάξουν οι κριτές・ όσο για σένα, αυτή τη στιγμή υπόκεισαι σε δίκη, δεν είσαι δικαστής. Την ξενοκτονία, βασιλιά μου, ίσως την επιτρέπει ο νόμος, την παιδοκτονία όμως ούτε αυτός ούτε η φύση, πατέρα μου, δεν σου την επιτρέπει・ γιατί ― κι άς το αρνιέσαι ― σήμερα οι θεοί θα σε αναδείξουν πατέρα μου.




 「それでは、この娘をここから連れ去れ。生贄の延期がこれ以上にあると、この娘に考えさせるな。」 すると、ハリクレアは声を張り上げました。「裁判官たちが命じる前に、わたしを連れ去るのは、どなたでも、仕兼ねるでしょう。王様については、今この瞬間、裁判の席に座っているのです。あなたは、裁判官ではないのです。王様、法は、たぶん、外国人殺しは許すのでしょうね。けれども、お父様、法も、自然も、子殺しは、あなたに許しはしないのです。あなたは、それを否定されていますけれど、今日、神々は、あなたをわたしの父と指名するのだからです。」
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月03日

エティオピア物語 第十巻 12-2

  Τότε πλέον ο βασιλιάς έδειξε όχι μόνο να αδιαφορεί για τα λεγόμενα, αλλά και να αγανακτεί・ και θεωρώντας το πράγμα χλεύη και προσβολή, ≪ Ώ Σισιμίθρη και όλοι οι άλλοι ≫, είπε, ≪ βλέπετε που οδηγεί η ανεξικακία; Πέστε μου, δεν είναι ολωσδιόλου τρελή αυτή η κόρη που, με παράτολμα ψέματα, επιχειρεί να σώσει τη ζωή της εμφανίζοντας επί σκηνής και εκ του μη όντας σαν από μηχανής την κόρη μου, εμένα που ποτέ, όπως ξέρετε, δεν ευτύχησα να γίνω πατέρας και μόνο μιά φορά απόχτησα μιά κόρη και, την ίδια στιγμή που έμαθα τη γέννηση, έμαθα και το χαμό της;




εκ του μη όντας : από το τίποτα, χωρίς να υπάρχει τίποτε





 すると、王は、話されたことに関心がないと言うだけでなくて、それ以上に、ひどく立腹していることを伺わせたのです。起こっていることは、 愚弄と異議申し立てだと考えたからです。こう言いました。「シシミシリス様、それに、他の方々。寛大さが何を導いたか、ご覧になりましたか? この娘は、どこも狂ってはいないのです。そう言って下さい。この娘は、途方もない嘘を言って、自分の命を救おうとしているのです。それで、舞台の上に、在りもしない私の娘を、まるで機械仕掛けの神の様に、登場させたのです。皆様もご存知の様に、私は、父になる幸運には恵まれなかったのです。一度だけ、娘を得ました。けれども、誕生を知った、その瞬間に、その娘の死去を知ったのです。」  

王の台詞は、疑問文になっているけれど、ただ、同意を求めている様に思うので、上の様に訳しました。
posted by kyotakaba at 15:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 12-2

 私は、まるで、分からない。 

Τότε πλέον ο βασιλιάς έδειξε όχι μόνο να αδιαφορεί για τα λεγόμενα, αλλά και να αγανακτεί・ και θεωρώντας το πράγμα χλεύη και προσβολή, ≪ Ώ Σισιμίθρη και όλοι οι άλλοι ≫, είπε, ≪ βλέπετε που οδηγεί η ανεξικακία; Πέστε μου, δεν είναι ολωσδιόλου τρελή αυτή η κόρη που, με παράτολμα ψέματα, επιχειρεί να σώσει τη ζωή της εμφανίζοντας επί σκηνής και εκ του μη όντας σαν από μηχανής την κόρη μου, εμένα που ποτέ, όπως ξέρετε, δεν ευτύχησα να γίνω πατέρας και μόνο μιά φορά απόχτησα μιά κόρη και, την ίδια στιγμή που έμαθα τη γέννηση, έμαθα και το χαμό της;   

Google翻訳 
そして、今、王は言葉に無関心でなく、憤慨していないだけを示したとの事の冷笑と侮辱を考慮すると、「ああ、そうでないSisimithriの誰もが、」彼はあなたがそれは忍耐をリードしてご覧ください」と言いましたか?無謀に嘘をついたことで、あなたが知っているように父親になるには十分に幸運ではない、ステージ上で、これまでmachinaの娘として自分自身をされていない中での表示の命を救おうと、この娘は完全に狂っていない、教えてくださいと一度だけ私たちは娘を持って、私は出産のことを学んだと同時に、私は損失を学んだと?  

Worldlingo 翻訳 
それから既に王は彼だけ前述、しかしまたaganakteiにindeferentであることを示した・ そして事contumelyおよび違反を考えると、「O Sisimithriは、anexikakiaを導くことを他のすべての」 「見るか。 知っているように私達をない私が、olosdioloy異常、敢えてすることが場面でそして機械からのようにないことからうそと、試み示す彼女の生命を私の女の子救うこの女の子、決して、eytychisaが私父に似合わない時間のapochtisaが女の子および、だけ私が生れを学んだ同じ時、私chamoを彼女また学んだemena落ちることを許可すればか。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月01日

Γλυκό Φασόλι

 『 Γλυκό Φασόλι 』。ギリシャ映画ではないのだけれど。日本の河瀬直美監督の作品『あん』。ギリシャでも公開されたので。 
 Γλυκό Φασόλι 、そのままだと、甘いインゲン豆。 

Cine.gr - Τανίες An - Γλυκό Φασόλι - AKA : Sweet Bean  

posted by kyotakaba at 16:48| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二十八章「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」 





Τι είδε ο Λάμπρος όταν τελείωσε το μάθημα







  Ο Λάμπρος υπάκουσε σαν καλός μαθητής. Μα όταν σήκωσε το κεφάλι του από το χαρτί και κοίταξε γύρω, πήδησε σαν να τον κέντρισαν σφήκες.  
  Τα γίδια είχαν φύγει! Μόλις κατάλαβαν πως ο τσοπάνης είχε τον νου του αλλού, σκόρπισαν στους ψηλούς γκρεμούς. Πολύ λίγα είχαν μείνει κάτω. Τα πιο πολλά προχώρησαν επάνω στον μεγάλο βράχο. Άλλα είχαν χαθεί στις σκισμάδες του, άλλα είχαν σκαρφαλώσει στα κοτρώνια. Πεντ-έξι, τα τρελότερα, τα είδε ο Λάμπρος ανεβασμένα ψηλά στην κορυφή.  
  Στο ηλιοβασίλεμα, καθώς λιγόστευε το φως, φαίνονταν ίσκιοι μαύροι επάνω στον ουρανό, καθώς η μαύρη μελάνη επάνω στο χαρτί. Από κει επάνω ατάραχα κοίταζαν τον Λάμπρο, σαν να του έλεγαν : ≪ Τι καλά που κάνεις να διαβάζεις την άλφα! ≫
  Τότε ο τσοπάνης άρχισε τρελό τρέξιμο, σφύριγμα και πετροβόλημα.




     授業が終わったとき、ラブロスが見たものは   


 ラブロスは、優等生の様に、素直に聞きました。でも、冊子から頭を上げて辺りを見ると、胡蜂に刺された様に、飛び上がったのです。 
 山羊たちは、行ってしまってました! 山羊たちは、山羊飼いが他のことに心を奪われていると分かると直ぐに、高い崖の上で、てんでんに散って行ったのです。ほんの僅かの山羊が、下に残っていました。ほとんどの山羊は、大きな岩の上に、行っていたのです。あるものは、岩の割れ目に隠れていました。あるものは、離れ岩によじ登っていました。五六頭、ひどく夢中になった山羊が、頂上の高みへ登っているのを、ラブロスは見たのです。 
 日没でした。光りが少なくなるに従って、空の高い所は、黒い影の様になります。まるで、冊子の上の黒いインクの様でした。上の方から、山羊たちは、落着いて、ラブロスを眺めていました。まるで、こう言っている様でしたよ。「アルファが読めて、よかったねえ!」 
 そうして、山羊飼いは、猛然と走り始めたのです。口笛を吹きました、石を投げました。   







「授業が終わったとき、ラブロスが見たものは。」全。
posted by kyotakaba at 14:37| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第十巻 12-1

  Κι επειδή εκείνος απόρησε και είπα ότι λέει ψέματα, ≪ για τα μικρότερα ≫, του είπε, ≪ απορείς, ενώ τα μεγαλύτερα είναι άλλα・ γιατί δεν είμαι μόνο εντόπια αλλά και έχω την πρώτη και πιό στενή συγγένεια με το βασιλικό γένος ≫. Και επειδή και πάλι ο Υδάσπης είπε περιφρονητικά ότι αυτά είναι ανοησίες, ≪ πάψε ≫, του είπε, ≪ πατέρα μου, να εξευτελίζεις τη θυγατέρα σου ≫.





 王は、当惑して、この娘は嘘を言っている、と言ったのです。すると、ハリクレアは王にこう言ったのです。「まだ些細なことに、あなたは戸惑っておられます。でも、より重要なことが、別にあるのです。わたしは、ただ、地元の人間と言うだけではないのです。わたしは、王の一族と一番のとても緊密な関係があるのです。」 すると、イダスピス王は、再び、軽蔑した口調で、馬鹿馬鹿しいと言いました。そうすると、ハリクレアは、王にこう言ったのです。「お父様、あなたの娘を辱めるのは、止して下さい。」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする