2019年04月24日

70. Ένα μήνυμα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」3





  Ο Δημητράκης πήγε να το πει αμέσως στ’ άλλα παιδιά. Καλύτερα να μην το είχαν μάθει. Είναι συλλογισμένα, είναι πολύ λυπημένα. Μόνο ο Λάμπρος δεν είναι λυπημένος. Τον νου του τον έχει στο βιβλίο. Σφίγγει το καλαμάρι που του χάρισαν τα παιδιά, κρατάει καλά την πένα και γράφει. Μόνος του γράφει. Κάθεται, συλλογίζεται, και κείνα που έχει μέσα στο κεφάλι του, τα λέει στο χαρτί.
  Η βροχή πήρε κάμποσα πράγματα, πήρε και τη ζάχαρη. Δεν πήρε όμως το τετράδιο του Λάμπρου.





 ディミトラキスは、すぐに、他の子たちに教えに行きました。知らない方が良かったのです。子供たちは物思いに沈んでしまいました、とても悲しかったのです。ラブロスだけが、悲しんでいませんでした。ラブラスの頭は本でいっぱいでした。子供たちがラブロスに上げた、インク壺を握りしめ、ペンを上手に手に取って書くのです。ラブロスは自分一人で書くのです。座って、考えて、自分の思考に集中している彼は、その考えたことを紙の上で述べているのです。 
 雨はたくさんのものを持って行きました。砂糖も持ち去りました。けれども、ラブロスの帳面は持って行かなかったのです。   



posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月23日

70. Ένα μήνυμα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」2





  Η Αφρόδω ακούστηκε να τελειώνει το τραγούδι που είχε αρχίσει μια φορά. Η φωνή της ήταν λυγερή και παραπονιάρικη, σαν το λάλημα της φλογέρας. Το ‘λεγε λυπημένα, το ‘λεγε και χαρούμενα, ώσπου το τραγούδι έσβησε μέσα στον λόγγο.
  ≪ Άκου, η Αφρόδω! ≫ είπε ο Δημητράκης στον Λάμπρο, καθώς έκαναν το μάθημα.
  ≪ Την παντρεύουμε ≫, είπε ο Λάμπρος.
  ≪ Αλήθεια; ≫ ρώτησε ο Δηνητράκης, σαν να μην το πίστεψε.
  ≪ Τη δίνουμε πέρα σ’ ένα χωριό που το λένε Περιστέρι. Σε άλλο βουνό ≫.
  ≪ Πότε; ≫
  ≪ Την άλλη Κυριακή ≫.





 アフロドウがさっき始めた歌を終えるのが聞こえました。彼女の声は、細くて泣いているようでした。まるで、鳥笛の様でした。悲しそうでした。嬉しそうでした。そして到頭、歌は藪の中へ消えて行きました。  
 「聞いて、アフロドウだ!」と、ディミトラキスはラブロスに言いました。その時、勉強をしていたのです。 
 「うちは、姉さんをお嫁に出すんだ。」とラブロスは言いました。
 「ほんとう?」、ディミトリスは、信じられないと言う様に尋ねました。 
 「ずっと向こうの村に遣るんだ。ペリステーリと言う名前の村だよ。あっちの山だよ。」 
 「いつ?」 
 「次の日曜日に。」   



posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月22日

70. Ένα μήνυμα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第七十章「ひとつの知らせ」1





Ένα μήνυμα



Απόψε νειρευόμουνα,
μητέρα, μητερίτσα μου,


ψηλόν πύργον ανέβαινα,
σε περιβόλι έμπαινα.


και δυο ποτάμια με νερό,
-ξήγα, μητέρα μ’ τ’ όνειρο.


Ο πύργος είν’ ο άντρας μου,
το περιβόλι ο γάμος μου.


Τα δυο ποτάμια με νερό
είναι το συμπεθερικό.






今夜、夢を見ている、 
母さんの、ちっちゃな母さんの、 

高い塔をわたしは登る、 
果樹園に入る。 

そして、二本の川、水のある、 
水のない川、夢の中の母さん。 

塔はわたしの夫、 
果樹園でわたしの結婚式。 

水のある二本の川は、 
結婚して親戚になる。   





posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月18日

Η βασιλική δρυς 5

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Μου φάνηκε ότι δέντρο σιγά σιγά…

… άλλαζε. Οι ρίζες χωρίστηκαν κι έγιναν δυο πανέμορφα πόδια.


… ο κορμός έγινε κοιλιά, το ξύλο έγινε στήθος που προεξείχε προκλητικά.


Α! Δεν είναι δέντρο! Είναι κόρη! Και όσα δέντρα βλέπουμε είναι γυναίκες!





樹が次第次第に…、 

…変わっていくように、僕には見えた。根が分かれていって、とっても美しい脚になった。 

…、幹はお腹になり、節は刺激的に飛び出ている乳房になった。 

あ! 樹ではなかった! 少女なのだ。僕たちが目にしている樹々はすべてが、女の人なのだ。    




… ο κορμός έγινε κοιλιά, το ξύλο έγινε στήθος που προεξείχε προκλητικά. のところの、
το ξύλο は、何を指しているのかわかりません。
Πύλη では、「σκληρή ουσία που βρίσκεται κάτω από το φλοιό των δέντρων και μερικών θάμνων και σχηματίζει τον κορμό, τα κλαδιά και τις ρίζες:」と説明されているけれど。 
樹と何種類かの灌木の樹皮の下にある硬い物質。幹、枝、根を形成するもの。 

分からないので、節にしました。 

ウィキソース Βικιθήκη に乗せられている原文では、次の箇所のところかと思うけれど、Ξύλο と言う語は使われてないようなので。 
Μοῦ ἐφάνη, ὅτι τὸ δένδρον -ἔσῳζον καθ’ ὕπνον τὴν ἔννοιαν τοῦ δένδρου- μικρὸν κατὰ μικρὸν μετέβαλλεν ὄψιν, εἶδος καὶ μορφήν. Εἰς μίαν στιγμὴν ἡ ρίζα του μοῦ ἐφάνη ὡς δύο ὡραῖαι κνῆμαι, κολλημέναι ἡ μία ἐπάνω εἰς τὴν ἄλλην, εἶτα μετ’ ὀλίγον ἐξεκόλλησαν καὶ ἐχωρίσθησαν εἰς δύο˙ ὁ κορμὸς μοῦ ἐφάνη, ὅτι διεπλάσσετο καὶ ἐμορφοῦτο εἰς ὀσφύν, εἰς κοιλίαν καὶ στέρνον・ οἱ δύο παμμέγιστοι κλάδοι μοῦ ἐφάνησαν ὡς δύο βραχίονες, χεῖρες ὀρεγόμεναι τὸ ἄπειρον, εἶτα κατερχόμεναι συγκαταβατικῶς πρὸς τὴν γῆν, ἐφ’ ἧς ἐγὼ ἐκείμην˙ καὶ τὸ βαθύφαιον, ἀειθαλὲς φύλλωμα μοῦ ἐφάνη ὡς κόμη πλουσία κόρης, ἀναδεδημένη πρὸς τ’ ἄνω, εἶτα λυομένη, κυματίζουσα, χαλαρουμένη πρὸς τὰ κάτω.

Τὸ πόρισμά μου τὸ ἐν ὀνείρῳ ἐξαχθὲν καὶ εἰς λῆρον ἐν εἴδει συλλογισμοῦ διατυπωθέν, ὑπῆρξε τοῦτο. ≪Ἄ! δὲν εἶναι δένδρον, εἶναι κόρη˙ καὶ τὰ δένδρα, ὅσα βλέπομεν εἶναι γυναῖκες!≫



posted by kyotakaba at 15:29| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月17日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」7





  Ακούγοντας αυτή την καταστροφή, τα παιδιά έμειναν αμίλητα και λυπημένα. Ο χωριάτης όμως κούνησε το κεφάλι του και είπε για τους Πουρναρίτες: ≪ Αφού δεν άφησαν ρίζα ξερή στις ράχες, ποιος τους έφταιξε; Οι ίδιοι το ‘φεραν το νερό που τους έπνιξε ≫.





 その被害を聞いて、子供たちは、悲しんで黙ったままでした。けれども、村人は、頭を振ってプウルナリの人々のことをこう言ったのです。「あの人たちが尾根の樹の根を枯らせたのだからね、あの人たちの災いは誰の所為だい? あの人たち自身が、自分たちを溺れ死にさせた水を持って来たのだよ。」 



第六十九章「子供たちの小屋での嵐」、おわり   



posted by kyotakaba at 12:27| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」6





  Μεγάλη νεροποντή που ήρθε από τις ράχες έπνιξε τα καλαμπόκια, τα καπνά και τα τριφύλλια του. Το νερό που κατέβασε ο χείμαρρος έσπασε ένα γεφύρι κι από κει όρμησε μέσα στο χωριό. Έπεσαν οπίτια στο Πουρνάρι, πνίγηκαν γίδια και πρόβατα, ακόμα κι αγελάδες. Λένε πως τρεις Πουρναρίτες, εκεί που πάλευαν να γλιτώσουν τα σπίτια τους, τους πήρε το νερό.





 尾根から来た猛烈な土砂降りの雨は、トウモロコシ、葉タバコ、クローバーを水浸しにしました。急流となって降る水は、橋を壊し、そこから村へなだれ込んだのです。プウルナリのどこもかしこもを壊しました。山羊や羊や、その上に、牛までも溺れ死にさせたのです。家を守ろうと頑張った三人のプウルナリの人が、水に攫われたと言うことなのです。   





posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」5





  Οι λοτόμοι, όταν έστηναν τις καλύβες, είχαν φροντίσει ακόμα και για τις μπόρες. Μια καλύβα, τη μεγαλύτερη, τη σκέπασαν με χράμι υφασμένο από τραγίσιο μαλλί. Αυτό δεν το περνάει τίποτα.
  Το βράδυ, από έναν χωριάτη που πέρασε και πήγαινε στην Πέτρα, έμαθαν πως η θύελλα πιο κάτω έκανε καταστροφή.
  Πάει το Πουρνάρι!





 樵たちは、小屋を建てた時に、やはり、嵐のことを気に掛けていたのです。一軒の小屋、一番大きな小屋ですが、樵たちはそれを山羊の毛で織った粗織りの布で覆っていたのです。それは、水を少しも通しませんでした。 
 夕方に、子供たちは、ペトラへ向かうのに通った村人から、嵐はずっと下まで破壊したと教えられたのでした。 
 プウルナリはおしまいです!    






追記、訂正: 
ペトラへ向かうのに通った農民から のところ、
農民 

村人  
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月13日

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ

 Πατλάκουτζα Μάρθα の20世紀ギリシャの聖人、の伝記。 

ΑΓΙΟΣ ΠΑΙΣΙΟΣ | ΕΞΗ ΕΚΔΟΣΕΙΣ
2015年、ΕΞΗ 出版社。 



Άγιος Παΐσιος - Βικιπαίδεια
1924年カッパドキアのファルサ生まれ、1994年没。

伝記は他にも、 
Γεώργιος Ν. Φουκαδάκης が書いたもの: 
.:BiblioNet : Άγιος Παΐσιος ο Αγιορείτης / Φουκαδάκης, Γεώργιος Ν.
posted by kyotakaba at 18:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月11日

Η βασιλική δρυς 4

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Έφτασα επιτέλους! Άρχισα να κυλιέμαι στο χορτάρι. Ήμουν κατάκοπος, ένιωθα ευτυχία, ονειρώδη απόλαυση.

Ρέμβαζα τους δυνατούς της κλώνους, ανάσαινα με ηδονή την πνοή της αύρας της…

Εκατοντάδες πουλιά ξεκουράζονταν πάνω της και με ευχαριστούσαν με τα τραγούδια τους.

Κι όπως ήμουν κουρασμένος, ο ύπνος με πήρε κάτω από το πελώριο δέντρο και μου έδειξε εικόνες…





とうとう辿り着いた! 僕は、草を転がり始めた。僕は疲れ切っていたけれど、幸せと夢の様な喜びを感じていた。 

そよ風が吹く嬉しさにほっと一息をついて、女王の枝々の力について空想した。 

何百羽の鳥が、女王の上で休んでいたし、その歌声で僕を喜ばせていた。 

僕はとても疲れていたものだから、眠気が僕を大きな樹の下に連れていき、ある光景を見せた…

posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」4





  Ο Σπύρος όμως το πήρε και πέταξε μόνος του όλες τις σκουριές που είχε μέσα. Από την ώρα που βρήκε την πέτρα, συλλογίζεται να μην ξαναμαζέψει πράγματα που δεν χρειάζονται.
  ≪ Και σεις που κρυφτήκατε; ≫ ρώτησε ο Μαθιός.
  ≪ Μας έπιασε όλους μαζί εδώ μέσα ≫, απάντησαν. ≪ Φράξαμε την πόρτα μ’ ένα στρώμα και το κρατούσαμε ώρα πολλή με δύναμη. Η καλύβα όμως δεν έσταξε καθόλου κι έτσι γλιτώσαμε… ≫




 スピロスは箱を手放しませんでした。中に入っていたものだけを捨てたのです。あの石を見つけた時から、役に立たないものは、また集めるのはしない様にしようと考えていたのでした。 
 「それで、君たちはどこに隠れたの?」と、マシオスは尋ねました。 
 「嵐に降り込められて、みんな一緒にこの中に痛んだ。」と五人は答えました。「みんなで、ひとつのマットレスを長い間抱えて力一杯押し付けて戸を塞いでいたんだ。でも、小屋は全然雨漏りもしなかったんだ、それで、ぼくらは助かった…」 



posted by kyotakaba at 11:35| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月09日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」3






  Άμα αντίκρισαν τις κατοικίες τους, φώναξαν αμέσως για ν’ ακουστούν. Τα πέντε παιδιά που είχαν μείνει εκεί βγήκαν το ένα ύστερα από τ’ άλλο. Ήταν σωστά, οι καλύβες όμως όχι. Τρεις καλύβες ήταν γκρεμισμένες και σκόρπιες. Το νερό συνεπήρε τα κλαδιά τους μαζί με πολλά πράγματα που ήταν μέσα. Πήρε μερικά σκεπάσματα, το ράφι, δυο τενεκέδες και δυο καρβέλια ψωμί. Το κουτί του Σπύρου ούτε η θύελλα το πήρε.





 子供たちは、小屋を目にすると、すぐに、その場で聞こえる様に叫んだのです。残っていた五人の子供たちは、一人、また一人と、出て来ました。子供たちは無事でした。でも、小屋は元通りではありませんでした。三軒の小屋は、壊されてバラバラにされていました。水は、小屋の材木と中にあったたくさんのものを一緒に押し流したのです。嵐は、屋根のどこかの部分、棚、缶を二つ、丸パンを二つ、盗って行ったのです。でも、スピロスの箱は盗りませんでした。 




posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月08日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」2





  Τι να γίνονται οι καλύβες; Τι να έγιναν τα παιδιά που άφησαν εκεί; Ο Κωστάκης, ο Γιώργος, ο Σπύρος, ο Καλογιάννης, ο Φουντούλης. Πόσο τα συλλογίστηκαν, όταν έπεφτε η μπόρα! Κατεβαίνουν γρήγορα. Στον δρόμο κοιτάζουν τη γη. Μόλις ήταν υγρή. Είχε πιει όλο το νερό κι ήταν διψασμένη.





 小屋はどうなったでしょう? そこに置いてきた子供たちはどうなったでしょう? コスタキスは、スピロスは、カロヤニスは、フォンドゥリスは? 土砂降りのにわか雨が降った時には、子供たちはどんなに考えたでしょう! すぐにひらめいたのです。道で、子供たちは、地面を見つめたのでう。もう地面は潤んでいました。すでに、水を全部飲んでいたのです、地面は喉が渇いていたのです。  


追記、訂正: 
土砂降りのにわか雨が降った時には、子供たちはどんなに考えたでしょう! すぐにひらめいたのです。道で、子供たちは、地面を見つめたのでう。もう地面は潤んでいました。すでに、水を全部飲んでいたのです、地面は喉が渇いていたのです。  

土砂降りの雨が降った時には、子供たちは、それは、小屋や置いてきた仲間のことを考えたのです。急いで降りました。道では、子供たちは地面に気をつけました。びしょ濡れになったばかりでした。地面は水を全部飲み終えてました。地面は喉が渇いていたのです。




posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 そうして三年が経ち、ある夕方、その人は、西に沈む太陽を拝みながら死んだ。 





  Ύστερα, τρείς χρόνια πέρασαν. Ένα βράδυ, αυτός πέθανε προσευχόμενος για τον ήλιο που βασίλευε στο δύση.





おわり 



posted by kyotakaba at 08:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月06日

雲林院の説法で発心した人 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 何故、昼間に都を回らないのか、と問う人があった。その人は、明るい内だと多くの人に会い、女性を見ると妻を思い出し、子供を見ると我が子を思い出す、それが煩悩になるからと答えた。 





  Είχε τον ένα άνθρωπο που τον ρώτησε γιατί δεν κυκλοφρούσε μέσα στην πολή ημέρα. Αυτός απάντησε : Κατά το φώς της ημέρας θα συναντήσω πολλούς άνυρωπους. Και όταν βλέπω την γυναίκα, θα θυμηθώ τη σύζυγο μου. Επιπλέον, όταν βλέπω το παδί, θα θυμηθώ το τέκνο μου. Το θα γίνεται προσκόλληση, και το μου θα δώσει την οδύνη.





posted by kyotakaba at 08:32| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月04日

Η βασιλική δρυς 3

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。  





Και το άλλο πρωί, πριν απολύσει η λειτουργία, το έσκασα.

Νόμιζα ότι ήξερα καλά τον δρόμο. Έτρεχα κιόλας να φτάσω γρήγορα, να φτάσω την ερωμένη μου - επειδή η δρυς υπήρξε η πρώτη παιδική μου ερωμένη…


Σύντομα όμως χάθηκα, κάπου θα πήρα λάθος στροφή και βρέθηκα να ανεβαίνω σε μια πλάγια.


Από την κορυφή που βρέθηκα όμως, δεν μπορούσα να μη δω τη βασίλισσα, αφού δέσποζε στο τοπίο!

Άρχισα να τρέχω προς το μέρος της, δίχως να νοιάζομαι για τα αγκαθιά και τα βράχια που με πλήγωναν.





次の朝、ミサが終わる前に、僕は抜け出した。 

道はよく分かっていると思っていた。もう走り出していた。早く着こうと、僕の恋人のところへ着こうと走り出していた。樫の樹は、子供時代の、僕の最初の恋人だったから。 

けれども、直ぐに道に迷った。どこか曲がり角を間違ったのに違いなかった。そして、自分が山腹を登っていることに気がついた。 

そこに立った頂からは、僕は、一帯を支配していた女王を見ることは出来なかった。 

僕は、女王のいる方へ走り始めた。僕を痛めつけるいばらや岩のことは考えもしなかった。   



posted by kyotakaba at 14:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月03日

69. Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十九章「子供たちの小屋での嵐」1





Η θύελλα στις καλύβες των παιδιών




  Πώς πέρασε ο χαλασμός! Σαν να μην είχε γίνει τίποτα. Πάλι ο ήλιος έλαμψε το δειλινό κι από τη γη έβγαινε μια ευωδιά.
  Τα παιδιά γυρίζουν πίσω και στον δρόμο μιλούν για τη θύελλα. Εκείνη τους έριχνε νερό από τα παράθυρα κι αυτά την έβλεπαν αδιαφορώντας αν βρέχονταν κι αν κρύωναν. Είναι βρεμένα τα φορέματά τους. Μα τι είδαν! Μόνο για τη θύελλα άξιζε να πάνε στο βουνό.





子供たちの小屋での嵐    



 こうして、破壊は通り過ぎました! まるで何もなかったかの様です。夕方には太陽がまた輝いて、地面からは良い香りがしています。 
 子供たちは帰るのです、その路で、嵐について話し合いました。嵐は、窓から子供たちに水を浴びせました。子供たちは、自分たちが濡れようが冷えようが、まるで無関心に、嵐を眺めていました。子供たちの服はびしょ濡れでした。でも、子供たちは見たのです! 嵐を見ただけでも、山に来た価値があるのです。   


posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

68. Η θύελλα 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」7





  Η θύελλα, αφού πέρασε από εκεί, έτρεξε πέρα στην άλλη άκρη, από τα Τρίκορφα. Έτρεχε μυριάδες μέτρα στο λεπτό. Έκοψε δέντρα στη μέση σαν σπαθί, ξεριζωσε άλλα. Μεγάλοι κορμοί έπεσαν κάτω, άλλοι έμειναν όρθιοι, χωρίς κλαρί και φύλλο. Ένα μικρό πεύκο, που το έβλεπαν να παλεύει με τη θύελλα, τώρα το βλέπουν πάλι όρθιο και λυγερό.
  Σε λίγα λεπτά της ώρας η θύελλα ήταν μακριά. Μόλις φαινόταν πέρα σαν αχνός. Τότε ξανάγινε γαλήνη. Φύλλο δεν σάλευε. Τα δέντρα στάθηκαν σε προσευχή.





 嵐はそこを通り過ぎると、もう直ぐに、トリコルファの向こうの端のもっと向こうを走っていました。1分の間に、何万メートルも走るのです。樹々を真ん中で切っていましたが、それはまるで刀でしたかの様でした。根から引き抜かれた樹もありました。大きな幹が下に倒れていました。また、立ったままの幹もありましたが、枝も葉もないのです。小さな松、子供たちはその松が嵐に苦しんでいるのを見ていました。今、子供たちは、その松が再びしなやかに真っ直ぐになっているのを見るのです。 
 ほんのわずかの間に、嵐は遠くへ行っていました。遠くに蜃気楼の様に見えるだけでした。それから、また穏やかになりました。葉っぱは揺れていませんでした。樹々は祈祷の姿勢になっていました。




第六十八章「嵐」、おわり。  

posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 その人は、山の奥に粗末な庵を自分一人で建てた。そして、昼間は、庵の中でずっとお経を唱えていた。日が暮れて暗くなると、都に降りて、広く歩き回って物乞いをし、僅かばかりのものを深く感謝し頂いて帰った。身を伸ばして休む間はなかった。 





  Αυτός έχτισε το άθλιο ερημητήριο μόνος του στο βάθος βουνού. Όλη ημέρα στο ερημητήριο έψαλλε την προσευχή για τον Βουδά. Και όταν βραδιάζε και σκοτείνιαζε, αυτός κατέβαινε στη πολή. Και περιφερόταν ευρύτατα μέσα στην πόλη, ζητώντας. Έτσι, δεχόταν το ασήμαντο κάτι με μεγάλη ευγνωμοσύνη του. Και γύριζε στο ερημητήριο του. Δεν είχε μια στιγμή να ξεκουράσει απλωμένος.





posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月01日

68. Η θύελλα 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」6





  Άκουγες τον τρελό κρότο γυαλιών και καρφών.
  Τα παιδιά, που τα κυνηγούσε το νερό από τα παράθυρα, πήγαιναν στις γωνιές για να φυλαχτούν. Μα ήθελαν και να βλέπουν. Ήταν γεμάτα φόβο και θαυμασμό.
  Απέξω χτυπούσαν συνατά την πόρτα πέντε λατόμοι. Σε κάποιο φουντωτό δέντρο εκεί απέξω είχαν κρυφτεί και γλίτωσαν. Τους άνοιξαν και μπήκαν μέρσα.





 ガラスや釘がものすごく大きな音を立てるのが聴こえますよ。 
 子供たちは、窓のところから水を追っかけて行って、隅へ行って、どうなるか見張ったのです。どうなるか見たいと思っていたのですけれどね。怖さと驚きでいっぱいだったのです。 
 外で、五人の石切り職人たちが続けざまに戸を叩きました。外に何か生い茂った樹が生えていました。石切り職人たちはそこに隠れていたのです。そして逃げ出したのです。子供たちは、石切り職人たちに戸を開けてやりました。すると、彼らは入って来たのです。   



posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月30日

世界の国境を歩いてみたら・・・

 BS11の番組『世界の国境を歩いてみたら・・・』、4月5日の放送は、「ギリシャ×北マケドニア 『国名変更に揺れる国境を歩いてみたら』」。
国境を歩くのは、小説家の羽田圭介さん。

https://www.bs11.jp/education/sp/national-border/
posted by kyotakaba at 22:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月28日

Η βασιλική δρυς 2

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。  





Πάντα όμως με συνόδευαν οι γονείς μου και δεν μπορούσα. Περνούσαμε από ‘κει όταν πηγαίναμε στο ξωκλήσι του αι Γιάννη, στο πανηγύρι.

Τη χρόνια εκείνη όμως, η μαγική εντύπωση της βελανιδιάς με είχε κυριεύσει ζωηρότερα από ποτέ…

Όλη τη νύχτα, ξύπνιος και κοιμισμένος, την ονειρευόμουν.





けれども、いつも、両親が僕と一緒に行くので、そんなことは出来なかった。僕たちは、お祭りで聖ヤニスの祠に行く時には、そこに立ち寄っていた。 

けれども、その頃、樫の樹の不思議な印象が僕を捉えていた。最高に生き生きしている樫の樹… 

一晩中、起きていても、寝ていても、樫の樹のことを夢見ていた。  
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月27日

68. Η θύελλα 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」5





  Η θύελλα τότε πήγε από τα παράθυρα. Τα έσπασε και τα δυο, τα πέταξε κάτω στο πάτωμα κι έχυνε μέσα σωρούς νερό. Από τα σπασμένα παράθυρα φάνηκε έξω χαλασμός. Νερό και χαλάζι στριφογύριζε και χόρευε. Ήταν σαν να κυλούν βαρέλια γύαλινα. Έσπαζαν κι αυτά και κυλούσαν επάνω τους άλλα, και στα συντρίμμια τους άλλα.





 すると、嵐は窓に向かいました。二つの窓を壊しました、そして、床に投げ落としたのです、そうして、大量の水を注ぎ込んだのです。壊れた窓からは、外の大荒れの様子が見えました。雨と霰が、ぐるぐる回って踊っているのです。ガラスの樽が回っている様でした。ガラスの樽が、他の樽の上で回って割れるのです、そして、また他の樽の破片の上で回るのです。   





posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

68. Η θύελλα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」4





  Άστραψε. Πέντε χρυσές οχιές στριφογύρισουν με την ουρά στη γη και την κεφαλή στον ουρανό. Ο αέρας κρύωσε ξαφνικά. Μεγάλο βουητό ακούστηκε. Ώσπου να τρέξουν μέσα στο σπίτι, η θύελλα έφτασε κι ήθελε να μπει. Έσπρωχναν από μέσα τα παιδιά την πόρτα, έσπρωχνε αυτή απέξω. Χρειάστηκε να βάλουν όλα μαζί τη δύναμή τους για να κλείσουν και να συρτώσουν.





 ピカリと光りました。五匹の金のマムシが、大地で尻尾を、空で頭をくねらせていました。風は、突然に冷たくなりました。大きな唸り音が聞こえました。子供たちが、急いで家に駆け込む前に、嵐は遣って来てしまって、家に入り込もうとしたのです。子供たちは、中から戸を押しました。嵐は外から押したのです。戸を閉めて閂を掛けるためには、みんなの力を合わせて押さなければならなかったのです。   





posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雲林院の説法で発心した人 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 仏法を説く導師の語り口は神々しい様で、人々は、涙を流して有難がっていた。その人も、心の底から感銘してしまった。 
 そして、その人は、そのまま家に帰ることもなく、出家してしまったのだ。    





  Ο εκπαιδευτής εξηγούσε τον Βουδισμό. Και η ομιλία του ήταν τόσο όμορφος, ώστε οι παρευρισκόμενοι το θεώρησαν θεότητα και ήταν ευγνώμονα με δάκρυα. Αυτός επίσης σιγκινόταν πολύ και ευτύπωσε τον λόγο του εκπαιδευτή στο βάθος της καρδίας του.
  Έπειτα, αυτός άφησε τον κόσμο να γίνει μοναχός χωρίς να περνάει από στο σπίτι δικό του.





posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月25日

68. Η θύελλα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」3





  Την ώρα που είχαν τελειώσει το φαγητό, τα παιδιά ένιωσαν στον αέρα μια παράξενη μυρωδιά. Έρχεται θύελλα. Γύρισαν και κοίταξαν μακριά. Τα πέρα βουνά είχαν χαθεί. Ομίχλη, σαν χειροπιαστό μαλλί, είχε σταθεί ανάμεσα τ’ ουρανού και της γης. Η θύελλα νόμιζες πως συλλογιζόταν που να ορμήσει. Για μια στιγμή τράβηξε κατά τον κάμπο, έπειτα άλλαξε δρόμο και γύρισε πίσω κατά το Χλωρό. Τα δέντρα ανατρίχιασαν, έσκυψαν και κάτι είπαν το ένα με το άλλο.





 食事が終わる時には、子供たちは、風に変な匂いを感じたのです。嵐がやって来たのでした。子供たちは、振り返って遠くを見つめました。向こうの山々は、見えなくなっていました。もやが、それは羊毛の様に手で触れそうでした、大地と空の間にじっとしていたのです。その様子は、嵐がどこに襲いかかろうか思いを巡らしているのだと、あなたは思うかもしれません。ある瞬間、嵐は平野の方へ進みました。それから、向きを変えて、ハロロの方へ戻って行ったのです。樹々は身震いしています、屈みこんで、次から次へ何かを言伝ています。   




posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月20日

68. Η θύελλα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」2





  ≪ Οι λοτόμοι δεν είναι μαραγκοί ≫, είπε ο δασάρχης. ≪ Και όμως κοιτάτε, παιδιά, τι λεπτοκαμωμένο πράγμα έκαναν από το άχρηστο ξύλο ≫.
  Κάθισαν σ’ αυτό το τραπέζι ο δασάρχης με όλα τα παιδιά. Μαζί τους φώναξε να καθίσει κι ο πιο γέρος λοτόμος.
  Εδώ και λίγη ώρα είναι βαριά κουφόβραση. Ξαφνικά συννέφιασε.






 「樵たちは建具師ではないのです。」、こう監督官は言ったのです。「けれども、みんな、よく見てごらん、使い道のない材木からなんて細かな細工ものを作るのでしょうね。」 
 監督官と子供達みんなは、このテーブルに座りました。その時、みんなに叫んだ人がいました、一人のとても年老いた樵だったのです。 
 すぐに、重々しく曇った天気になりました。突然、曇って暗くなったのです。  


posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月19日

雲林院の説法で発心した人 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「雲林院の説法で発心した人」を、少しだけ、下書き。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??





 その人は、京の都に住む裕福な人だった。それに、品位のある人だった。その人が、ある時、雲林院で行われた説法に出掛けて行った。その人は庭で静かに導師の説話を聴いていた。    





  Αυτός ήταν ντόπιος Κιότοιος. Και αυτός ήταν πλούσιος και αξιοπρεπής. Μια μέρα αυτός βγήκε να αφουγκραστεί το κήρυγμα που είχε στο ναό Ουνλίν-ιν. ( ο Ουνλίν-ιν σημαίει το σπίτι στο δάσος του νέφου. ) Αυτός άκουγε το αφήγημα του εκπαιδευτή ήσυχα στη αυλή.



posted by kyotakaba at 17:53| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

68. Η θύελλα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十八章「嵐」1





Η θύελλα






  Απέξω απ’ το μικρό σπίτι οι λοτόμοι είχαν στήσει εδώ και καιρό ένα πολύ μεγάλο τραπέζι για να τρώνε. Κανένα πλάνισμα και κανένα στολίδι δεν είχε. Ήταν όλο από κλαδιά περιττά, καρφωμένα το ένα κοντά στο άλλο. Μόνο ξύλα και καρφιά.





 小さな家の外に、樵たちは、食事のために大きなテーブルを、ずっと、据えていました。鉋もかけられていませんし、飾りも何もありませんでした。全部不用の枝で出来ていて、隣り合った枝を釘で留めているのです。材木と釘だけなのです。   



posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月18日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」3




  Και τότε τους είπε πως μέσα στη γη είναι πολλές και μεγάλες τέτοιες πέτρες που έχουν μέταλλο. Άλλες έχουν σίδερο, άλλες χαλκό, άλλες μολύβι. Ακόμα κι ασήμι και χρυσάφι. Το βουνό τα δίνει όλα αυτά.
  Ενώ άκουγε ο Σπύρος εκείνα που έλεγε ο δασάρχης για τα μέταλλα, κοίταζε τ’ άλλα παιδιά και καμάρωνε. Η πέτρα του έδωσε αφορμή να τα μάθουν αυτά.
  Να που βρήκε κι ο Σπύρος ένα χρήσιμο πράγμα.




 それから、監督官は子供たちに、このような金属を含んでいる石が、それも大きな石がしかもたくさん地面の中にはあるのだと言う事を話したのです。ある石は鉄を含んでいます。ある石は銅を、ある石は鉛を含んでいるのです。さらに、銀や金を含んでいるものもあるのです。山は、それら全部をもたらしてくれるのです。 
 監督官が金属について話しているのを聞いている間、スピロスは、他の子供たちを見つめて、気取っているのでした。スピロスの石は、子供たちに金属のことを学ぶ機会を与えたのでした。 
 ですから、スピロスは役に立つものを見つけたと言うわけなのです。   




第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」、おわり。   




posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月17日

Καζαμία Ελλήνων

 Μιχάλης Κατσαρός ミハリス・カツァロスの詩集『 Καζαμία Ελλήνων 』。 
Καζαμία は、天文暦、農事暦のような意味だと言うこと。 ギリシャの天文暦。
1996年出版。
 内容はわからないのだけど、表紙の絵がとても興味を引くので。 

b116609.jpg


.:BiblioNet : Καζαμία Ελλήνων / Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

 ミハリス・カツァロスは、1916年キパラシア生まれ、1998年没の詩人。 
.:BiblioNet : Κατσαρός, Μιχάλης, 1919-1998

Μιχάλης Κατσαρός - Βικιπαίδεια


posted by kyotakaba at 17:52| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月14日

Η βασιλική δρυς 1

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης アレクサンドロス・パパディオマンディスの『 Η βασιλική δρυς 樫 女王 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 
 この作品の原文は、ウィキソースで読めます。 
Υπό την βασιλικήν δρυν - Βικιθήκη
原文での題名は、『 Υπό την βασιλικήν δρυν 』。    


Όταν πέρνουσα από εκεί κοντά, δεν χορταίνα να τη θαυμάζω…

Ήταν, με την άγρια καλλονή της, η βασίλισσα! Η ψυχή μου γέμιζε συγκίνηση σαν την αντίκριζα…

… Ποθούσα να πηδήξω από το γαϊδουράκι μου, να τρέξω κοντά της, να αγκαλιάσω τον κορμό της που θα χρειάζοταν πέντε παιδιά σαν κι εμένα για να τον αγκαλιάσουν, να σκαρφαλώσω στα κλαδιά της… να κυλιστώ στο χορτάρι από κάτω της…




その側を通り過ぎる時、僕は、踊って彼女を讃えることはしなかった…

野生の美しさを持つ、それは女王だった! 面と向かうと、僕の魂は、感動でいっぱいになった。 

僕はしてみたかった…、自分の小さなロバから飛び降りて、側まで走って行って、僕の様な子供だと抱えるのに五人は要りそうなその幹を抱きしめて、枝に攀じ登って…、それから、その下の草地で転げまわる、そんなことをしてみたかったのだ。   



posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月13日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」2





  Όταν τον είδαν τ’ άλλα παιδιά από μακριά, είπαν γελώντας: ≪ Ο Σπύρος τώρα θα βάζει στο κουτί του και λιθάρια≫. Και όμως άμα πλησίασαν, είδαν πως δεν ήταν σαν τις άλλες πέτρες αυτή που μάζεψε ο Σπύρος. Ήταν μαύρη πολύ και βαριά. Μα σε πολλές μεριές έλαμπε σαν να ήταν ασημέμια.
  ≪ Μπορεί να έχει σίδερο μέσα ≫, είπε ο δασάρχης, όταν του έδειξαν την πέτρα.





 他の子供たちが遠くからそれを見て、笑いながらこういったのです。「ほら、スピロスは、石を箱に入れるつもりだよ。」 けれども、近づいてみると、それが、スピロスが集めていた石とは違った石だと気がついたのです。とても黒くて重たいのです。あちこちの面で、まるで銀であるかの様に輝いていました。 
 子供たちがその石を監督官に見せると、「たぶん中に鉄が入っているのでしょう。」と、彼は言いました。   




posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月12日

67. Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十七章「スピロスは便利なものを見つける」1





Ο Σπύρος βρίσκει κάτι χρήσιμο






  Ο Σπύρος ήταν με φουσκωμένη την τσέπη. Κάτι έκρυβε μέσα και δεν έλεγε τίποτα. Ο Φουντούλης όλο κοίταζε την τσέπη του Σπύρου και στο τέλος τον ρώτησε.
  ≪ Αχλάδι είναι; ≫
  ≪ Αυτό που είναι δεν το τρώνε ≫, απάντησε ο Σπύρος. Κι έβγαλε από την τσέπη του μια πέτρα.





      スピロスは便利なものを見つける   


 スピロスはポケットを膨らませていました。ポケットの中に何かを隠しているですが、何も言いませんよ。フォンドゥリスがスピロスのポケットをじっと見ています。そしてとうとう尋ねたのです。 
 「梨かい?」 
 「これは食べられないよ。」と、スピロスは答えました。すると、ポケットから石を取り出したのです。 



posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月11日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」3





Οι μαύροι κάβοι καρτερούν να σε αρπάξουν.
Μα οι ναύτες έχουν σκαλώσει στα σκοινιά. Ο καπετάνιος είναι παλικάρι.
Σαν το δελφίνι που σ’ ακολουθεί χορεύεις απάνω στην πράσινη θάλασσα.
Θα φτάσεις! Θα φτάσεις!
Και θ’ αράξεις ανάμεσα στα πολλά κατάρτια.
Χαιρετισμούς να πεις στα μεγάλα λιμάνια.
Χαιρετισμούς στην πόλη να πεις!
Πάντα καλός να είναι ο γυρισμός σου.
Πάντα να φέρνεις θησαυρούς.
Μαύρο μαντήλι να μη φορεθεί για σένα.
Καλορίζικο! Καλοτάξιδο!





黒い岬々があなたをしっかり掴もうと待っている。 
ほら、もう船乗りたちはロープに登っている。船長は勇者だ。 
あなたについて来るイルカと同じように、あなたはみどりの海の上で踊っている。 
きっとたどり着く、あなたはきっとたどり着く! 
そして、あなたはたくさんのマストの間に錨をおろすだろう。 
あなたは大きな港に挨拶を送る。 
あなたは都市に挨拶を送る! 
あなたの帰りの道中がずっと無事なように。 
宝をきっと持って帰るように。 
あなたのために、黒いハンカチを着ないように。 
幸運を! 安全な道中を!     






第六十六章「新しい舟への歌」、おわり   





posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月09日

Μάτση Χατζηλαζάρου 「Αντίστροφη αφιέρωση 」

 詩人アンドレアス・エンベリコスの妻だったマチィー・ハジラザロウ Μάτση Χατζηλαζάρου の自作の詩「Αντίστροφη αφιέρωση 」の朗読。 
あべこべの献身

.:BiblioNet : Χατζηλαζάρου, Μάτση, 1914-1987


posted by kyotakaba at 11:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月07日

5. Ο Σκέλεθρας 20

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ο πληρεξούσιος γιατρός του ινστιτούτου και το Τιρίλλη βρέθηκαν μπροστά σ’ έναν σωρό κρύα στάχτη.

ΤΕΛΟΣ.



協会の代表の医師とティリリースは、一盛りの冷たい灰の前に居た。 

終わり 


posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月06日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」2





Άσπροι γλάροι σ’ ακολουθούνε. Απάνω στα κατάρτια σου ξεκουράζονται.
Άσπρα χωριά σε βλέπουν από πράσινους λόφους.
Άσπρες ακρογιαλιές παρακαλούν να πας ν’ αράξεις.
Μάνες κι αδερφές φωνάζουν να σταθείς να πάρεις χαιρετίσματα.
Τα κύματα πηδούν απάνω σαν άλογα μ’ άσπρη χαίτη.





白いかもめたちがあなたについて行く。白いかもめたちはあなたのマストの上で休んでいる。 
白い村々が緑の丘からあなたを見ている。 
白い砂浜があなたに錨を下ろすようにと招いている。 
母さんたち、姉さんたち、妹たちがあなたに止まって挨拶するように叫んでいる。 
波が飛び上がる、まるで白いたてがみの馬のように上に飛び上がる。   


posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

66. Το τραγούδι στο νέο καράβι 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十六章「新しい舟への歌」1





Το τραγούδι στο νέο καράβι




Χαιρετισμούς στη θάλασσα!
Στ’ ακρογιάλια χαιρετισμούς!
Να! Σε στέριωσαν κιόλας. Σε βλέπω. Ξεκίνησες.
Φορτωμένο είσαι με το ξανθό σιτάρι, με το χρυσό καλαμπόκι.
Φορτωμένο είσαι με τα κίτρα και τα πορτοκάλια που τα ‘θρεψε ο ήλιος.
Στην πλώρη έχεις τον σταυρό. Στην πρύμνη έχεις το βαγγέλιο.
Κι ανάμεσα έχεις την Παναγιά Παρθένα με το καντήλι της αναμμένο.





     新しい舟への歌   



海への挨拶をたくさん! 
海辺への挨拶をたくさん! 
ほら! もうあなたにくっついている。わたしはあなたがみえる。あなたは動き出す。 
あなたは積んでいる、金の小麦、金のとうもろこし。 
あなたは積んでいる、シトロンとオレンジ、太陽が育てた果物たち。 
船首には十字架がある。船尾には福音書がある。 
真ん中には灯の点ったロウソクが供えられた全き神聖な処女を載せている。    





Παναγιά Παρθένα は、日本語では、通常、聖母マリアと訳されているのですけれど。言葉そのものには、「母」の意味は全くないので。思想の上でも、「母」という考え方はしないのだと思います。  


posted by kyotakaba at 14:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月04日

65. Στο νεροπρίονο 7

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」7






  Στο θέαμα τούτο τα παιδιά ένιωσαν μια επιθυμία. Τους ήρθαν στον νου τα κύματα και τα ταξίδια που έχουν ακούσει και ήθελαν να πάνε, να πάνε…
  Ο Αντρέας και ο Φάνης θυμήθηκαν τη θάλασσα που είδαν με τον μεγάλο ήλιο.
  Τότε η μάνα του πρωτομάστορα λοτόμου, μια γριά, πολύ γριά, που δεν έβλεπε καθόλου τον κόσμο, καθισμένη σε μια πέτρα τραγούδησε το νέο καράβι με αυτά τα λόγια:





 この光景に、子供たちは、ある憧れを感じたのです。子供たちの頭の中に波がやってきたのです。それに、聞いたことがある旅の数々が頭に浮かびました。そうすると、子供達は、行きたいと思いました、行きたいのです…
 アンドレアスとファニスは、自分たちが見た、大きな太陽と一緒の海を思い出したのです。 
 それから、樵の棟梁のかあさんが、おばあさんです、とても年取ったおばあさんですけれど、その人は、まるでまわりを見ていないのですけれど、岩の上に座って、こんな風に、新しい船の歌を歌うのです:   





第六十五章「水力の製材所で」、おわり。   


posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月03日

Η δική μου ελληνική κουζίνα

 『Η δική μου ελληνική κουζίνα 』( 書籍 )   ぼくのギリシャ料理 
Άκης Πετρετζίκης   アーキス・ペトレジーキス 

.:BiblioNet : Η δική μου ελληνική κουζίνα / Πετρετζίκης, Άκης 

 アーキス・ペトレジーキスは、セサロニキ出身の人。
posted by kyotakaba at 20:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月28日

5. Ο Σκέλεθρας 19

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ώσπου συνέλαβε τον φριχτό τρόπο να απολυτρώθει απ’ τη ζωή, τον κληρονόμο, το ινστιτούτο. Πούλησε όλη του την περιουσία και την έκανε χαρτιά.


Αγόρασε κάμποσο κατράμι κι έδιωξε το Τιρίλλη.

≪ Πάρε το βιβλίο σου κι άμε να διαβάσεις “τα δύο κροταφικά, τα δύο βρεγματικά…” ≫



Έχυσε όλο το κατράμι στη μέση της άδειας καμάρας. Δεν σκέφτηκε καθόλου πώς πριν δέκα χρόνια έιχε ξανακάνει κάτι παρόμοιο…





遂には、相続人、協会から命を免れる恐ろしい方法を思い付いた。自分の財産を全部売って、それを証書にした。 

骨氏は、相当量のタールを買って、ティリリースを追い出した。 

「お前の本を手にとって、さあ、読みなさい。「二つの顳顬、二つの頭頂骨」だ。」 

タールを全部、空の部屋の中に注ぎ入れた。十年前に同じ様なことをしたことは全然考えなかった…
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月27日

65. Στο νεροπρίονο 6

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」6





  ≪ Από εδώ το βουνό πάει στον γιαλό ≫, είπε ο δασάρχης στα παιδιά.
  Τα ξύλα που έστειλαν στο ποτάμι αυτή την ώρα οι λοτόμοι θα χρησίμευαν για ένα καράβι. Ήταν διάφορα ξύλα, από πεύκα, από βελανιδιά, από οξιά. Μαζί με την άλλη ξυλεία του καραβιού κατέβαζαν από άλλο δρόμο δυο κορμούς από τετράψηλα έλατα, δεμένους πίσω από μουλάρια. Ήταν τα κατάρτια του.





 「ルウメリは、ここ山から海岸まで行くのですよ。」と監督官は子供たちに言いました。 
 先ほど樵たちが川に送り出した材木は、どこかの船に使われることでしょう。様々な材木がありました。松の材木、樫の材木、橅の材木です。船用の他の材木と一緒に、違う道から、ラバの後ろに括り付けられた二本のとても高い樅の木の幹が降りて来ました。船の帆柱なのでした。   





posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月26日

65. Στο νεροπρίονο 5

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」5





  Από την κορυφή όπου ήταν, ως κάτω στο νερό, οι λοτόμοι παρατούσαν τα κούτσουρα και τα μαδέρια, και εκείνα κυλούσαν στη ράχη και κατέβαιναν ορμητικά στο ρέμα. Στο ρέμα πάλι τα παραλάβαιναν άλλοι λοτόμοι. Τα έριχναν μέσα και πηγαίνοντας αυτοί στις άκρες τα συνόδευαν καθώς ταξίδευαν μέσα στο νερό. Όταν σταματούσαν σε τίποτα λιθάρια ή όταν μαζεύνταν πολλά, οι λοτόμοι τα βοηθούσαν πάλι να γλιστρήσουν. Τα πήγαινε έτσι η Ρούμελη ως κάτω στον κάμπο, όπου γινόταν πλατύ ποτάμι. Και πάλι από κει σιγά-σιγά τα ταξίδευε ως τη θάλασσα. Εκεί τα έπαιρναν και τα κουβαλούσαν στο εργοστάσιο.





 樵たちは、自分たちがいる頂から下の水へ、切り株や角材を投げ落とすのです。材木は尾根を転がって、勢いよく流れの中に落ちて行くのです。川の流れでは、他の樵たちが、その材木をまた受け取るのです。樵たちは、材木を真ん中に投げます、そして自分たちは岸を進むのです。そして、材木が水の中を旅している間、それに付いて行くのです。材木が石か何かで止まるとか、あるいは、たくさんの材木が集まってしまうと、樵たちは上手く抜け出られる様に助けるのです。こうして、ルウメリは、材木を下の平原まで運ぶのです。平原では、ルウメリは広い河になっています。そして、ルウメリは、また旅をします。ゆっくりゆっくりと、海まで旅をするのです。そこでは、人々が材木を拾い上げ、工場へ運ぶのです。    


posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月25日

65. Στο νεροπρίονο 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」4





  Τι έπλασε ο ήλιος κι η βροχή! Τι μας χαρίζει το δάσος!
  ≪ Ελάτε να δείτε πώς ταξιδεύουν τα ξύλα ≫, είπε ο δασάρχης.
  Πήγαν ως την άκρη και κοίταξαν κάτω στον γκρεμό. Κάτω είδαν τη Ρούμελη. Από το μέρος αυτό η Ρούμελη είχε πολύ νερό, επειδή τώρα ερχόταν ίσια από την πηγή της, δίχως να χωρίζεται πουθενά.
  Τη χαιρέτησαν όλοι σηκώνοντας το χέρι: ≪ Γεια σου, Ρούμελη! Πάντα κοντά μας είσαι! ≫





 太陽は、そして、雨は、何と言うものを創り上げたのでしょう! 森は、何と言うものを私たちに贈っていてくれるのでしょう!  
 「来て御覧なさい、材木がどのように旅をするのかを見てごらん。」と監督官は言いました。 
 みんなは端まで行きました、そして崖の下を一心に見たのです。子供たちは、下の方でルウメリを見ていました。ルウメリは、この場所からたくさんの水があるのです。水は水源からどこでも分かれることもなく真っ直ぐ来ているからです。 
 子供達はみんなが、手を挙げて、ルウメリを歓迎しました。「ごきげんよう、ルウメリー! いつもぼくたちの側にいるね!」   


posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月21日

5. Ο Σκέλεθρας 18

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Γύρισε πίσω μισότρελος. Ζούσε στην κόλαση που ζούν όσοι έχουν καταληφθεί από μια εμμονή ιδέα. Παντού έβλεπε κόκαλα. Δεν μπόρουσε να σκέφτει τίποτα άλλο.



Δεν άντεχε το Τιρίλλη. Του φώναζε συνεχώς, το έδερνε με το παραμικρό. Σκέφτοταν διαρκώς ότι θα τον κληρονομούσε και θα του ‘βγαζε από το δόντι το χρυσό βούλωμα…




Για να κοιμηθεί έπαιρνε κάθε νύχτα αφιόνι κι έβλεπε πάντα το ίδιο όνειρο.



Σε ένα αμφιθέατρο ο καθηγητής έδειχνε στους φοιτητές ένα μεγάλο σκελετό που άνοιγε το στόμα…



Παραμελούσε τη δουλεία του. Μέρα με τη μέρα αδυνάτιζε.


Ώρες ώρες ένιωθε ότι το σκέλεθρο του ήταν ένας τρελός που προσπαθούσε να βγει από τον ζουρλομανδύα…





彼は半ば狂って戻ってきた。地獄に生きている様だった。そこに住む人は誰も固定観念に捕らえられているのだ。いつも骨を見ていた。他のことは少しも考えられなかった。 

彼は、ティリリースに我慢が出来なかった。始終、彼に怒鳴り、些細なことで殴った。きっと自分を相続して、歯から金の被せ物を取り出すに決まっていると、ずっと考えていた。 

毎晩、寝るためにケシを吸った。すると、いつも、同じ夢を見た。 

ある講堂で、教授が学生たちに口を開けた骨格を示していた…

仕事をなおざりにした。日に日に衰弱していった。 

時々、自分の骨は狂人である様に思った。骨は、どうにかして拘束服から抜け出そうとしているのだ…



posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

65. Στο νεροπρίονο 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」3





  Ένα κλαράκι βγαίνει στη γη και σε σαράντα-πενήντα χρόνια δίνει αυτά τα μεγάλα μαδέρια. Πόσα καλά θα δώσουν στους ανθρώπους αυτά τα ξύλα! Τα πάνε για να γίνουν σπίτια, καράβια, εκκλησίες, γεφύρια, για να κάνουν αμάξια, έπιπλα, κουτιά, βαρέλια, κουπιά, καλάθια, βιβλία. Χίλια πράγματα θα γίνουν με τούτη την ξυλεία, βαριά κι ελαφρά, από το μεγαλύτερο ως το μικρότερο. Από το κατάρτι του καραβιού ως τις μικρές ξυλόπροκες που καρφώνουν τα παπούτσια.





 小さな枝が地面に出てきて、四、五十年で、そうした大きな角材を与えてくれるのです。そんな木材を人間に与えてくれるとは、何て素晴らしいのでしょう! それらの材木は、家、舟、教会、橋になるのです。車、家具、箱、樽、櫓、籠、本を作るのに使われるのです。重いもの軽いもの、最も大きいものから最も小さいものまで、何千もの物が、この材木で作り出されるのです。船のマストから、靴に釘を打つ小さな木の鋲まで。   





posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月19日

65. Στο νεροπρίονο 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」2





  Το νεροπρίονο δούλευε όπως ένας μύλος. Το νερό έπεφτε από ένα κανάλι και με την ορμή του κινούσε ένα μεγάλο όρθιο πριόνι. Όλους τους κορμούς, που έκοβαν οι λοτόμοι στο δάσος, τους έφερναν εκεί. Το πριόνι τους έσκιζε κι έφτιαχναν απ’ αυτούς την ξυλεία: σανίδες, πάτερα, μαδέρια. Πόση ξυλεία ήταν εκεί! Την είχαν στοιβαγμένη σε μεγάλους σωρούς. Πάντα το πριόνι έκοβε και πάντα κουβαλούσαν.





 水力製材場は、水車小屋と同じ様に動くのです。水が水路から落ちて来て、その勢いで大きな直立した鋸を動かすのです。樵たちが森で切った木の幹は、全部がここに運ばれてくるのです。鋸はその幹を切り裂いて、それから、板、梁、角材といった材木を作り出すのです。どれだけの材木がそこにあることでしょう! もうすでに、大きな山に材木が積み上げられています。鋸はずっと切っています。そして、樵たちはずっと運んでくるのです。   





posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月18日

65. Στο νεροπρίονο 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十五章「水力の製材所で」1





Στο νεροπρίονο




  Την ώρα που ο δασάρχης έλεγε αυτά, είχαν μπει μέσα στο δάσος. Πρώτα πέρασαν πολλή ώρα από πεύκα. Ύστερα, αφού προχώρησαν πιο ψηλά, μπήκαν στα λυγερά και τα ίσια έλατα.
  ≪ Ακόμα ψηλότερα από δω ≫, είπε ο σταθμάρχης, ≪ είναι ένα δάσος από οξιές. Μα τώρα θα μείνουμε εδώ στο πριόνι. Φτάσαμε ≫.





 監督官がこう語り終えた時、皆んなは森の中に入ったのです。最初は、長い間、松の樹々の中を通りました。それから、ずっと高いところへ進むと、真っ直ぐでほっそりした樅の樹々の中に入ったのです。 
 駐在所の警察官が言いました。「ここよりももっと高くなりますよ。そこは、山毛欅の森です。でも、さあここです、私たちは製材所に居るはずですよ。着きました。」
posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月14日

5. Ο Σκέλεθρας 17

 グラフィック・ノベル集『 Το Γιούσουρι και άλλες φανταστικές ιστορίες 』に収められた、Νίκος Νικολαΐδης ニコス・ニコァイディス の『 Ο Σκέλεθρας 骨 』、その作品のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。 





Ταξίδεψε στο εξωτερικό.

Πήγε στο ινστιτούτο. Φώναζε, παραληρούσε, τους παρακαλούσε να του δώσουν πίσω το σκελετό του, να μην του στερήσουν το μνήμα του.

≪≪ Σας παρακαλώ! Είμαι ο άνθρωπος με το πουλημένο σκέλεθρο… Δώστε το μου πίσω… ≫≫

Τον πέρασαν για τρέλο. Τον έβγαλαν έξω και του απαγόρεψαν την είσοδο στο ινστιτούτο.



≪ Μια απάντηση… Σας παρακαλώ, δώστε μου μια… ≫

≪ Απάντηση… ≫





外国へ旅立った。 

協会へ行った。叫び、喚いて、墓から自分の骨奪わないよう、返してくれるように懇願した。 

「お願いです! 私は骨を売った者です、…、返してください…」 


協会の人々は、彼を狂人と思い違いした。彼を外に追い出して、協会へは立入禁止にした。 

「ご回答を…、お願いです、私にお回答を…、」 

「ご回答を…」   



posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

64. Τα πεθαμένα δέντρα 8

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六十四章「枯れた樹々」8





Ενωμένα πολεμούν τον βαρύ χειμώνα και το καυτερό καλοκαίρι. Ενωμένα μεγαλώνουν, κάνουν μεγάλους κορμούς και πετούν δυνατά κλαριά. Έτσι γίνεται στα ύψη των βουνών μια μεγάλη πολιτεία που τη λέμε δάσος. Αυτή εδώ! ≫





「ひとつになって、過酷な冬と、それに、酷暑の夏と戦うのです。ひとつなって大きくなり、大きな一つの幹のようになるのです、そして、強い枝を伸び出していくのです。そうして、山脈の高地で、大きな集合体になるのです、それを私たちは森と呼ぶのです。ここがそれなのです!」   





第六十四章「枯れた樹々」、おわり   

posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする