2006年10月31日

The Land and the Sea of Greece

 『ピアノのためのバレエ音楽集』演奏:ラモウ (ピアノ) (音楽CD)

on HMV


 このCDの記事を書かれているブログ
CD購入日記
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イスタンブル

 私は、あまり、ものを知りません。それで、イスタンブルと言う都市の名前も、単に名前としてだけを知っていました。この名前の由来は、いろいろあるのだと、最近、知りました。
 その由来の一つが、ギリシャ語だということです。「都市へ(で)」という、「στην πολη」からだというものです。これが、トルコ語では、sの音だけでは発音出来ないので、i がついたのだ、と説明されています。
 これを、日本語に置き換えると、「市へ(しへ)」と言っていたのが、都市の名称だと思われ、「しへ」では発音しづらいので、い(i) が前について、「いしへ」と呼ばれるようになって、これに漢字が当てられて、「石辺」になりました、と言う感じか知ら。
posted by kyotakaba at 10:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月30日

現代ギリシャ語辞典

 書籍の現代ギリシャ語辞典は、国内で発売されているものは、
川原拓雄『現代ギリシア語辞典』が唯一かと思います。
on Amazon

 現代ギリシャ語を学習する方には必携かと。

 少しだけ調べたい方もいらっしゃいますが。図書館には収蔵されているかと。以下の県立、府立図書館にはあります。ただし、版が最新のものとは限りません。それに、ギリシャ語を調べるもので、日本語から引くことは出来ませんが…

東京都立図書館
北海道立図書館
青森県立図書館
岩手県立図書館
秋田県立図書館
新潟県立図書館
富山県立図書館
石川県立図書館
福井県立図書館
山形県立図書館
福島県立図書館
茨城県立図書館
栃木県立図書館
群馬県立図書館
埼玉県立図書館
千葉県立図書館
神奈川県立図書館
長野県立図書館
山梨県立図書館
岐阜県立図書館
静岡県立図書館
愛知県立図書館
三重県立図書館
滋賀県立図書館
京都府立図書館
奈良県立図書館
和歌山県立図書館
大阪府立図書館
兵庫県立図書館
鳥取県立図書館
岡山県立図書館
島根県立図書館
広島県立図書館
山口県立図書館
香川県立図書館
徳島県立図書館
愛媛県立図書館
高知県立図書館
福岡県立図書館
大分県立図書館
熊本県立図書館
宮崎県立図書館
佐賀県立図書館
長崎県立図書館
鹿児島県立図書館
沖縄県立図書館


 また、八木橋正雄、鈴木敦也 編の『現代日希小辞典』は、電子複写ということですが、国立国会図書館に所蔵されています。

 ギリシャで発行されているものは、コラキアニティス・ヴァシリス『現代希日辞書』があります。『Νεο Συγχρονο Ιαπωνο-ελληνικο λεξικο』kastaniotis 出版。

posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

web現代ギリシャ語辞書

 編集ページのアクセス解析を見ると、「ギリシャ語辞書」と言う検索を、しばしば見ます。
きっと、役には立っていないと思うのですが。
 他には、「ギリシャ語で ・・・」というのも。

 それで、「現代ギリシャ語辞書」としたカテゴリを作っておくことにしました。以下のwebページがご参考になるのではないかと。(以前の2006年09月10日の記事と重複しますが)

LEXICON: Greek-English

in.gr-dictionary

Persus

現代ギリシャ語辞典:大井一徹

辞書.辞典.翻訳.語学検索


 また、各語を一覧するwebページ
Open- Dictionary

 同様な、辞書ページ
Dictionary.com



 ギリシャ語の動詞の活用表
Modern Greek Verbs


 在ギリシャ日本領事館の岡さんの、楽しい
駄洒落ギリシャ語辞典



 翻訳webページ
world lingo

babelfish

Inter Tran



 遊びで、あなたの名前をギリシャ語でと言うもの
Your Name In Greek


 聖書のギリシャ語辞典
聖書センター



 この最近で、検索のあったもの
(どれも見出し語で、格や数の変化をしてませんし、冠詞がついていません)

ギリシャ語で、夜 は、「νύχτα 」女性名詞。
ギリシャ語で、花 は、「λουλούδι 」中性名詞。「άνθος」カサレヴサ、中性。
ギリシャ語で、月 は、「σελήνη 」女性名詞、カサレブサ。
           「φεγγάρι 」中性名詞。
ギリシャ語で、投げる は、「πετώ(άω) 」、
             「ρίχνω 」。
ギリシャ語で、新しい は、「κανουρι/-ος/ -ια/ -ο」形容詞。
             「νε/-ος/ -α/ -ο」。
ギリシャ語で、春 は、「άνοιξη 」女性名詞。「έαρ」カサレヴサ、中性名詞。
ギリシャ語で、雲は、「σύννεφο」中性名詞。
ギリシャ語で、蜘蛛は、「αράχνη」女性名詞。
ギリシャ語で、女性は、「γυναίκα (妻の意味)」女性名詞、「θηλυκό (雌の意味)」中性名詞。
ギリシャ語で、土は、「χώμα」中性名詞。
ギリシャ語で、魔法は、「μάγεμα」中性名詞。
ギリシャ語で、アルバムは、「λεύκωμα」。中性名詞。
ギリシャ語で、意味は、「σημασία」(語義)。女性名詞。
           「νόημα」(意図、考え)。中性名詞。
ギリシャ語で、雄は、「αρσενικός」。形容詞、(雄の)。名詞はない。
ギリシャ語で、回転木馬は、 分かりません。
遊園地は、λούνα-παρκ です。(フランス語から、不変の中性名詞)
carousel を辞書で引くと、「 ιπποδρόμιο 」ですが、競馬場以外の語義は説明されていないので、回転木馬も指すのかどうかは分かりません。
ギリシャ語で、闇は、「σκοτάδι」中性名詞。
ギリシャ語で、雨は、「 βροχή 」。女性名詞。
雨が降るは、「 βρέχει 」非人称単数。
ギリシャ語で、葬儀は、「κηδεία」女性名詞。
ギリシャ語で、先駆は、「πρωτοπορία」女性名詞。
ギリシャ語で、未来は、「μέλλον」中性名詞。
ギリシャ語で、過去は、「παρελθόν」中性名詞。
ギリシャ語で、回転は、「στροφή」女性名詞、「γύρος」男性名詞。
ギリシャ語で、蛾は、「σκώρος」男性名詞。
ギリシャ語で貝は、「θαλασσινά」中性名詞複数。ですけれど、これは魚介類の意味です。
二枚貝は「δίθυρα」。巻貝は分かりません。
貝殻は、「όστρακο」中性名詞。
貝は、「κόγχη」。女性名詞。貝殻は、「κοχύλι」。中性名詞。
ギリシャ語で、見つめるは、「ατενίζω」。動詞。
ギリシャ語で、爽快は、辞書には、「δροσιστικός」と「τονωτικός」。共に形容詞。
「δροσιστικός」は、のどの渇きを潤す飲料などに。
「τονωτικός」は、元気づけるの意味。
私が思いついたのは、「καθαρός」。空が澄み切っていると言うような意味。
ギリシャ語で、趣味は、「γούστο」中性名詞。これは、好みの意味。
hobby は、そのままギリシャ語表記になるだけで、「χόμπυ」中性。
ギリシャ語で、実は、「καρπός」男性名詞。
ギリシャ語(Greek)で「コンピュータ」は、「υπολογιστής」男性名詞。
あるいは、そのままギリシャ語表記で「κομπιούτερ」中性名詞。
ギリシャ語で、溢れるは、「πλημμυρίζω」動詞。
ギリシャ語で、模倣は、「απομίνηση」女性名詞。
μίμηση まね。μιμητής 男性名詞:模倣者。
μιμούμαι 動詞:まねる、見習う
ギリシャ語で、寛容は、「 ανοχή 」女性名詞。( 他の意見・信仰に対して )
ギリシャ語で、新聞は、「 εφημερίδα 」女性名詞。
ギリシャ語で、羽撃くは。鳥が翼を動かす動作の羽撃くは、φτεροκοπώ, φτερουγίζω 。
社会へ ( 未来へ ) 羽撃くは、αναχωρώ ( 出発する )。αναπηδώ ( 跳び上がる ) ? 。単に飛ぶは、πετώ 。
ギリシア語で、針葉樹は、「 κωνοφόρο 」中性名詞。
ギリシャ語で、信頼は、「 εμπιστοσύση 」女性名詞。
posted by kyotakaba at 09:54| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月29日

σαλταμπικος ?

 トンボと言う語、
 私は、荒木英世先生の『ギリシャ語基本単語2000』を持っています。これを頼りにギリシャ語を覚えているのですけれど。この本には、トンボが、「σαλταμπικος」と出ています。41項の動物の名前(4)です。
 でも、「σαλταμπικος」と言う語は、辞書にありません。川原辞書にも。Oxford Leaner's にも。
 in.gr には、「dory」と。
 う〜ん、ひょっとして古典語? でもないの…

 「 σαλτος 」(跳梁)と似ているし、もしかしたら、トンボをさしているのかも…

2009年1月21日追記
ギリシャの辞典サイト、Live-Pedia.gr には、「σαλταμπίκος」と言う語が使われています。

Λιμπελούλα:live-Pedia

「λιμπελούλα η (ουσιαστικό) [ ΕΤΥΜΟΛΟΓΙΑ :νεολατ. λ. libellula (λατ. λ. libellus = μικρό βιβλίο, φυλλάδιο)] το έντομο σαλταμπίκος, αλλιώς αετομάχος: Μυρ. Παν. "...σα νάπιανε στον αέρα μπροστά στο πρόσωπό της τίποτα πεταλούδες ή λιμπελούλες με πολύ λιανά φτερά". 」
posted by kyotakaba at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月28日

Απο αυριο η χειμερινη ωρα

 28日付のカセメリニの記事です。見出しは、「明日から冬時間」。
ギリシャでは、10月の最終週の日曜日から、普通時間!に戻ります。三月の最終日曜からが夏時間でした。

「 Επανερχεται απο τα ξημερωματα η κανονικη ωρα
ΣΤΙΣ 4.00 το πρωι της Κυριακης οι δεικτες των ρολογιων θα πρεπει να γυρισουν μια ωρα πισω και να δειξουν 3.00. 」

「夜明けから、普通時間が戻ってくる。

日曜の朝の四時に、時計の針は一時間戻って三時を指すように、戻さなければならないでしょう。」

 どうして、夜明けが複数形(τα ξημερωματα)になっているのかはわかりません。
posted by kyotakaba at 19:03| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月27日

web-TV

 今日、「アテネより愛をこめて 〜素顔のギリシャ」と言うブログで、web で、視聴出来るギリシャのテレビ放送を紹介されているのを見ました。9月30日付です。これまでは、リアルプレイヤーで試聴出来るERT SAT のみだったので、喜んだのですが。
アテネより愛をこめて 〜素顔のギリシャ

 mms という、URL は、Mac OS 10 では、繋がりません。残念。それで、少し探してみましたら、「EASY WEBTV AND RADIO」というページを見つけました。このページのソフトをダウンロードすると、世界各国のテレビが見られるようです。が、やはり、for PC とは、Macでは駄目なのかも。
EASY WEBTV AND RADIO

 ギリシャのテレビは、以下のものがリストにされていました。
GREECE

Alter TV
Astra TV (Gr)
ATV
HIR TV
Mad TV
MAD TV Live
Mega Cosmos
Nikaia Church
Omega TV
OPA TV
Parliament 95K
Party TV
Patra TV
Patra TV
Word of God - English Lanuage Broadcast
(58k)
Word of God - English Lanuage Broadcast
(94k)
Word of God - Greek Lanuage Broadcast (58k)
Word of God - Greek Lanuage Broadcast (94k)
Word of God - Italian Lanuage Broadcast (58k)
Word of God - Italian Lanuage Broadcast (94k)




posted by kyotakaba at 12:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

国連コンサート

un-concert.gif

 今朝(06.10.26)、ERT SAT を見ていたら、国連でのコンサートを放送していました。ギリシャ人の歌手のようなのですが、よく分かりません。新しいものでなくて、古い記録かもしれないし。放送は、ギリシャ時間だと、朝の三時前だから。

 と、国連のカレンダーを見たら、「United Nations Day Concert: A concert featuring the National Symphonic Orchestra of Greece, in commemoration of the 61st anniversary of the founding of the United Nations.」と。
国連カレンダー


27日追記
関連記事
HR-Net


27日追記 2
国連コンサートの記事が、カセメリニにも。
また、ERT on Line にも。

ERT on Line

posted by kyotakaba at 08:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月24日

「イソップ」の世界

 リフェラ元を見ると、「イソップとラフォンテーヌ」で検索された方がありました。それで、以前イソップについての記事をweb で検索した折に、見つけていたページのことを思い出しました。
 それを、ブックマークはしていませんでしたので、再度探して、ここにメモしておきます。

「イソップ」の世界

posted by kyotakaba at 16:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月23日

πλυντηριο

 アテネで暮らしたアパートでは、前に住んでいた方が日用品をたくさん置いていって下さったので助かりました。その中に、洗濯機がありました。洗濯機と言っても、ブリキのようなバケツに蓋がついているだけです。大きさも大きめの鍋くらい、高さは、膝丈くらい。底にモーターがあって、ファンが回ります。なので、洗濯機と言えば洗濯機。でも、濯ぐときには、いったん出さなければいけないし、脱水はしないので、、、
 こんな道具は、日本では見たことない、と思っていたのですけど、きのう電気店に行くと、「電気バケツ」という商品がありました。「使い方はいろいろ」と、宣伝文句。使い方次第なのですね。

電気バケツ National


 洗濯機は、現代ギリシャ語で「πλυντηριο」。

posted by kyotakaba at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月22日

トンボ - Odonta - 歯

 去る10月16日(月曜日)の夜に、NHK ハイビジョンで、『関口知宏 鉄道の旅 トルコ・ギリシャ』という番組を放送していました。俳優の関口知宏さんが、列車で旅行をするという紀行ものです。
 ギリシャに入る国境の駅で、旅行中のギリシャの大学生と踊ったり、当地の楽器で合奏を楽しんだりと、見ていても楽しいものでした。
 その中で、北部の町、地名を覚えていないのですが、あるいはエデサだったか、で、清流をカヌーで下るという出来事がありました。その川の中に、水が湧いている所があり、とてもきれいなので、飲める程なのだと、紹介されていました。そこに、羽の青黒いトンボが飛んできました。カワトンボの一種かと思われます。清流にしかいない珍しい種だと。関口さんも感動されていました。
 ところで、そのトンボは、番組中では、「リベルラ」と紹介されていました。これが、この種の名前だとは思われません。
 というのは、現代ギリシャ語でトンボは、「Λιβελλουλη」なのです。(リベルーリ) よく似ています。もしかすると、ガイドさんは、「トンボ」と言っただけなのかもしれません。
 web で言語を調べますと、各国語をトンボで何と言うかの一覧表を見つけました。
open-Dictionary
 リベルラと似た言語がいくつかあります。川原辞書を見ると、ギリシャ語の「Λιβελλουλη」も、ラテン語由来となっています。スペイン語でも、リベルラなのは、そうだからでしょう、最も好きなスペイン語にこのリベルラが挙げられるそうですけれど。
 カワトンボは、英語では、broad-winged damselflies ですが。ところで、英語でトンボは、
「Odonta」です。英語かな、学名でもないと思うのですが…昆虫学では、Odonta です。
 これは、なんと、ギリシャ語由来なのです!!ギリシャ語を知っておられる方はすぐに分かると思いますが、「歯」です。
こちらのwebページを参照
 探していて、「Tree of Life」というきれいなページも見つけました。
Odonta: Dragonflies and damselflies

 それから、カワトンボ Calopeteryx virgo の写真も、これは、番組中のものに似ているようですが、でも、違うものかと。
Calopterygidae : Centre for Environmental Data and Recording

 そんなわけで、あのトンボの名前は、まだ分かりません。でも、現代ギリシャ語の「トンボ」がラテン語由来ということは、古典語でトンボはなんと言うのでしょう。


07年12月06日追記:
あのトンボの名前は、まだ分かりません。
ところで、この記事を書いた時には、書いたとばかりに思っていたもので、抜けていたことがあるので追記します。
トンボ目には、Libellula と言う属があります。けれども、それは、胴の幅の広いものです。日本には、ヨツボシトンボ と言う名称のものがいるようです。



09年01月09日追記:
ウィキペディアの「トンボ」の項に、似た種の写真。
「ジゴープテラ」と言う名前。

09年01月09日「青いトンボ、リベルラ!」


posted by kyotakaba at 17:23| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ナナ・ムスクーリ

 今日(10.22)放送の「ワールドミュージックタイム」で、ナナ・ムスクーリの「メラ・マユ」が放送予定。

『Live At Herod Atticus』に所収のもの? NHKの番組表にあるレコード番号は、このCDのものですが。

music.stgeorgeonline.com.au

on HMV
HMV のは、カタログ番号が違うのですが、と、よく見たら、ポリグラム版で、ユニバーサル版もありました。これは同じ番号。
ユニバーサル版

 それから検索していると、ユニバーサル・グリースでは、今年、『Μονη περπατω』を再発したようです。
greekmusicshop.gr
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月18日

イメ・ロミアー

 中国新聞、10月18日付の紙面に、ギリシャという言葉がありましたので読んでしまいました。連載記事の「憲法考 くにとひと(毎週水曜掲載)」の31です。
 その中から気になった幾つかをメモします。

 ギリシャの社会派作家のペトロス・マルカリス :
1937年生まれ、出生地はイスタンブール、父親はアルメニア人。イスタンブールのオーストリア人学校で学ぶ。
 短編集『アテネ・バルカンの首都』アルメニア人の流入などグローバル化時代の社会現象を描いてきた。
 記事に引かれている彼の言葉は、EU憲法に関する発言「文化こそメーンディッシュなのに、政治によってデザート扱いにされている」

 軍政時代に、フランス・ドイツからギリシャ国内向けに放送された歌。
メリメ・メルクーリ 「イメ・ロミアー (わたしたちはローマ人)」 :
「こんなでたらめがあるものか。ねえ、みんな、わたしの話を聞いてちょうだい。わたしが本当のギリシャ人じゃないなんて…」
 ギリシャ人は、今でも、ときおり、自分たちをローマ人と呼びますが、それは、イタリアにあるローマではなくて、コンスタンチノープルが首都のローマ国を差してます。



 ペトロス・マルカリス を検索した結果:
Greece in Britain 2006

Ithaca online


on Greekbooks on-line

 ペトロス・マルカリスは、アンゲロプロス映画の脚本を手掛けている人と同一人物かどうかは分かりません。




 メリメ・メルクーリに関して
from Wikipedia
HELLENIC Culture
メルクーリ財団ギリシャ語版
posted by kyotakaba at 09:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月17日

アテネ市の大変

foto1.jpg
 カセメリニの10月16日付の記事です。
記事の文章は、延々と続いて、分かりづらいので、途中で適当に切って読みました。切り方が適当かどうかは、不安なのですが。
Ενα παιδι σφηνωνεται αναμεσα σε δυο αυτοκινητα παρκαρισμενα στη γωνια, για να ανεβει στο πεζοδρομιο, μια χαρακτηριστικη σκηνη της αβιωτης καθημερινοτητας στην υπερτροφικη Αθηνα
(アクセント記号は使っていません、語尾シグマはコード& # 9 6 2 ; を記入しています。)

「子供が一人、角に駐車している二台の車の間に割り込んでいます、歩道に上がるためです、アテネの至る所での毎日の大変さの一つの特徴的場面です。」

σφηνωνω :差し込む、割り込む
παρκαρω :駐車する
αβιωτος :生きがだい
υπερτροφικος :至る所 overgrown
posted by kyotakaba at 16:21| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月15日

『ああ知らなんだこんな世界史』清水義範

 ギリシャも、きっと関係していると思われる書籍。
『ああ知らなんだこんな世界史』清水義範
毎日新聞社
on Amazon

 ギリシャに住んで、一番想うのは、自分がどれほどヨーロッパの思考の枠にいたかということです。それも、日本に生まれた者が貰い受けた枠で、身に合ったものというわけでもないのに。
posted by kyotakaba at 17:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月14日

unself 語学レッスン 大井一徹

 今朝も、編集ページで閲覧された方のリフェラ元をチェックしました。すると、グーグルの検索一覧にまた、知らなかったwebページがリストにありました。
 大井一徹先生のギリシャ語講座です。先生ご自身のwebページは、知っていたのですけれど。
ギリシャ・Ellatha
 新しく知ったwebページは、「語学学校」。
ギリシャ語の言語:語学学校

 そこで紹介されているのが、「 unself 」にある、大井先生の動画レッスンです。
大井一徹

unself 語学レッスン一覧
posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月11日

Αξια

 トヨタのカローラが新しくなりました。新型の名前は、セダンが「カローラ アクシオ」なのだそうです。トヨタの説明では、「アクシオ」はギリシャ語で品質、と。
corolla Axio

 品質は、現代ギリシャ語では、「ποιοτητα」(女性名詞)ではなかったかしら。
axio と言う綴りだと、ギリシャ語綴りは、「αξιο」?
 「αξια」(女性名詞) と言う語はあります。値段ですけど…、価値と言う意味もあります。品質と言う意味でも使うのかしら。
 古典語では知りません…
posted by kyotakaba at 15:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月09日

Nena Venetsanou

 私は、ギリシャ出身のピアニスト、Vassilis Tsabropoulos のファンなのですが、
彼のwebページは、今日まで見ていませんでした。
Vassilis Tsabropoulos webページ
 このディスコグラフィを見て、Nena Venetsanou と言う歌手を知りました。
Νενα Βενετσανου
 彼女の参加のアルバムは、『Το Προσωπο Της Αγαπης : The Face Of Love』です。
アマゾン等では見つかりません。
 ツァブロプーロスのページには、一曲が、MP3ファイルになっていますので、聞けます。
 ギリシャのwebサイトでは、
on musical.gr
 このアルバムはありませんでしたけれど、iTunesに、Nena Venetsanou のアルバムがありました。

on iTunes

これは、タイトル『Sappo de Mytilene』からすると、サッフォーの詩を歌にしたものでしょうか。
posted by kyotakaba at 17:59| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

Ο ερχομος του φθινοπωρου

 秋になりました。以前に、使用したギリシャ語の教科書に、そんな表現があったので、ノートを取り出してみました。

Με τον ερχομο του φθινοπωρου η εικονα της μικρης γειτονιας μας αλλαξε ξαφνικα.Ολα πηραν μια αλλη μορφη.

(秋の到来で、ごく近所の光景は突然変わった。すべてが別の姿をとった。)

φθινοπωρο (中性名詞)は、主格では、φθινο のο にアクセントですが、属格で、πωρου のω にアクセントが移ります。

動詞から名詞に変わったものは、中性になるのかと思っていましたら、ερχομος の様に男性名詞もあるのですね。

παιρνω(πηραν)は、着る、装うのような意味で使っているのかも。


今回は、試しに、語尾シグマに文字コードを入力してみました。私のiMacでは、上手く語尾シグマが表示されていますが、Windowsマシン等ではどうなっているかは分かりません。アクセント記号は、これまでと同様に、使用しませんでした。
posted by kyotakaba at 16:53| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月01日

駄洒落ギリシャ語辞典

 今日も、朝に、seesaa の編集ページでアクセス解析の欄を見ました。
リフェラ元には、たびたび検索されている、「ギリシャ語辞典」の語がありました。google で、「ギリシャ語辞典」を検索された方があったのです。それは、これまでも度々だったのですが。そのグーグルの検索結果一覧に、今まで知らなかった、webページがありました。
 それは、ギリシャ領事館の岡さんの『駄洒落ギリシャ語辞典』です!!
イシガキ ユミコ さんのwebページ『エーゲ海 風の島々』内にあります。

 内容は、ギリシャ語の単語の読みを、日本語の駄洒落で覚えられるようにしたものようのです。
例:
  「勉強はまあします :勉強 μαθημα」
(マーシマ) が、(まーします)に。
ギリシャ語部分は、コピーが出来ないので、画像になっているのかもしれません。ですので、アクセント記号も語尾シグマも問題ありません。


駄洒落ギリシャ語辞典

是非、ご覧下さい!
posted by kyotakaba at 08:40| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする