2006年11月18日

柿はギリシャ語で

 あるギリシャ留学経験のある方のweb日記に「柿はギリシャ語でディオースピロス」とありました。そうなんだろう、と思い、綴りはどうなのだろうと、辞書を繰ってみましたが分かりません。
 in,gr に適当に入れてみても駄目ですし。lexicon に、persimmon を入れてもでませんし…
 英語の辞書を見ると、persimmon は、「any of several trees of the genus Diospyros」とあります。もしかしたら、ディオースピロスは属名かもと思い、植物辞典を見てみました。
 そこには、柿の説明に、「学名:Diospyros kaki 、Diospyros : カキノキ属 、kaki : 柿(日本名)」
とありました。この属名の語源の説明に、「ギリシャ語のDios(神) + pyros(穀物)、神の食べ物の意味」と。
 現代ギリシャ語をそのまま当てると、「θεος + σπυρι」でしょうか。
 辞書を見ても、θεο の周りに、「柿」と言う語は見当たりませんけれど。
 


2012年11月15日追記:
http://aimotokiyotakaba.seesaa.net/article/300623357.html
柿は、λωτός で通じるのでは。
posted by kyotakaba at 16:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月17日

ブローブ

 webを検索していて見つけたページです。備忘します。
ブロードバンドを使い、動画でその地域の様子を配信しているページです。
brobe.com
ギリシャもありましたので、
こちら

posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月16日

エレニ・カラインドルーの記念コンサート

『絶滅に寄せる哀歌』
 アテネのコンサート・ホールでの、カラインドルーを讃えたコンサートの実況録音だそうです。
録音は2005年の3月。アテネのホールと言えば、やはり、Μεγαρο Μουσικης でしょうね。
2枚組のCD。ECM から発売。

on HMV
posted by kyotakaba at 16:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界のテーブルクロス布地シリーズ

 たまたま、web で見かけたページにギリシャ関連のものがありましたのでチェックしました。

ミシンのオズ

posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月12日

ギリシャの昆虫たち

 今朝のリフェラ元は、「リベルラ」で検索された方が多くありました。その検索一覧に、ギリシャの昆虫に関するものがありましたので、備忘します。
『夢惑う世界・昆虫たち』というwebページの中にありました。森みつぐ さんという記名があります。
http://www5c.biglobe.ne.jp/ mmmworld/s2/s2s3/s2s3s1/s231_gs.html
biglobe のwebぺーじは、チルドバーが使ってあります。私のiMacで、コピー・ペーストし、送信すると、それが認識されません。私は、その解決方法を知りませんので、チルドバーの部分は、空欄にしました。www5c.biglobe.ne.jp/ の直後です。ここにチルドバーが入ります。あるいは、「夢惑う世界・昆虫たち」で、検索されると見つかるかと。

 さて、このページに紹介されているトンボは、三種類だけで、それもカワトンボではありませんので、あの「リベルラ」ではありません。残念でした。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月10日

雑誌「PAPER SKY」

PAPER SKY 16号はギリシャ特集、
ism

 これは、ブログには載らないのでしょうか。
i-travel

posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

古典関連のもの二冊

 「THEORIA & PRAXIS」という、哲学の先生(らしい)のweb日記で見つけた本二冊を備忘します。
(哲学の本ではなくて、古代ギリシャ関連の本)

『古代ギリシア・ローマの料理とレシピ』Andrew Dalby・Sally Grainger  今川香代子 訳
丸善書店出版部2002年7月刊


『訴えられた遊女ネアイラ ― 古代ギリシャのスキャンダラスな裁判騒動』デブラ・ハメル
藤川芳朗 訳
草思社2006年8月刊


THEORIA & PRAXIS

posted by kyotakaba at 09:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

ギリシャ関連書籍、最近の刊行

『古典ギリシア語入門(CD付新装版)』池田 黎太郎
白水社2006年10月刊


『古代ギリシア  地中海への展開』周藤 芳幸
京都大学学術出版会 2006年10月刊
アマゾンで

posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

トノス母音を試して

 エクスプローラーでは、トノス母音が表示されてないということは、ひょっとして、文字記号ではなくて、そのまま入力すれば、表示するのかも、と思いました。それで、試したのですけれど、エクスプローラーでは、そもそも、ギリシャ語入力自体が出来ませんでした。
 エクスプローラーは、5.2です。マイクロソフトは、すでに、Mac向けのサポートはしていませんので、以前のままです。
 Windows-Explorer って、なんてつまらないんだろう、と思います。Windowsって、本当に不便だと思うのですが。


 ところで、リフェラ元の一覧で、関連のブログを見つけました。ギリシャ語入力プログラムを開発されたというものです。
古典ギリシア語入力ソフト

この方のwebページ:
jeanLuca's cafe

posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

test: アクセント記号付き母音

 アクセント記号付き(トノス)の母音も、文字コードで表示出来るのではないかと、web を検索しました。すると、「古典ギリシャ語 ギリシャの箱」に、コード表がありました。ギリシャ関連の定評のあるwebページです。知ってはいたのですが、古典語だし、それほど見ていなかったのが、いけませんでした。
古典ギリシャ語文字コード一覧

 その文字コードを記入して試してみます。

小文字
アルファ:ά
エプシロン:έ
イータ:ή
イオータ:ί
オーミクロン:ό
イプシロン:ύ
オメガ:ώ

大文字
アルファ:Ά
エプシロン:Έ
イータ:Ή
イオータ:Ί
オーミクロン:Ό
イプシロン:Ύ
オメガ:Ώ


 大丈夫のようです。面倒ですけど、文字コードを記入で、トノスも使えることが分かりました。





  11月5日追記
 私は、iMacを使ってこのブログを作成しています。普段使うwebブラウザは、サファリです。トノス表示を確認したのは、サファリでです。また、ファイヤーフォックスでも確認しました。AOL接続ソフトでも確認しました。けれども、普段、インターネットエクスプローラーは使いませんので見ていませんでした。今日、エクスプローラーでみると、語尾シグマは表示していますが、トノス母音は化けていました。元々、エクスプローラーでは、ギリシャ文字がきれいには表示されてもいませんでしたけれど。
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月01日

『すぐにつかえる 日本語-ギリシャ語-英語辞典』

 新しいギリシャ語辞典が出版されました。
『すぐにつかえる 日本語-ギリシャ語-英語辞典』木戸 雅子
国際語学社 2006年10月刊
国際語学社

「日本語にはローマ字表記、ギリシャ語にはカタカタ表記つきなので、日本人もギリシャ人もすぐに使えます。」と言う、広告文句は気を引きます。

木戸雅子さんプロフィール
Read

posted by kyotakaba at 15:54| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする