2008年05月30日

古代ギリシャのアングルハープ

ブリヂストン美術館で、今日5月30日に、復元された古代ギリシャのアングルハープの演奏が行なわれたとのこと。

復元は、木戸敏郎。レクチャーも。
演奏は、西陽子。
曲目は、三輪眞弘の「蝉の法」。


posted by kyotakaba at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Καράβι μικρό

YouTube に、Φίλιππος Πλιάτσικας の昨07年、6月30日の、Λυκαβηττός でのコンサートのビデオがありましたので、

歌は、「Καράβι μικρό」。


posted by kyotakaba at 10:20| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

都市計画の世界史

『都市計画の世界史』日端 康雄
講談社新書  2008年3月刊

古代アテネについての説明もあるようです。


日端康雄 ホームページ


posted by kyotakaba at 10:17| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月29日

Η ΠΗΓΗΣ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ  水

Το νερό ήταν παράξενα διάφανο και καθαρό κι εκείνος διψούσε γιατί η μέρα ήταν ζεστή κι είχε δουλέψει σκληρά. Έτσι, έβγαλε το μεγάλο ψάθινο καπέλο του, γονάτισε κι άρχισε να πίνει. Θα 'λεγες πως το νερό αυτό του 'δινε μια περίεργη δύναμη.



 水は、不思議なほど透明で澄んでいました。老人は喉が渇いていました。その日は暑くて、それに、懸命に働いていましたから。それだから、大きな麦わらの帽子を取り、跪いて飲み始めました。水は、老人に不思議な力を与えるかのようです。



Θα 'λεγες πως το νερό αυτό του 'δινε μια περίεργη δύναμη.

「 Θα έλεγες 」は、Θα + パラタティコス、で、可能法です。
推量。
〜のようだ、と言う意味でしょうか。
ここでは、司馬遼太郎の「〜と言ってよいだろう」と言う言い方に近いのでしょうか。

posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

άνθος

NHKのBS1での放送、ABCニュース「ナイトライン」を見ていましたら、
マンハッタンで、レストランを経営しているギリシャ系の男性を取り上げた話題を放送していました。
Michael Psilakis と言う方。ギリシャ系三世。

経営しているレストラン「anthos」のwebページ:
anthos
( http://www.anthosnyc.com/ )

カサレブサの「 άνθος 」(花) ですね。

ABC ニュースの記事:
Bring People Together' With Food
http://abcnews.go.com/Entertainment/story?id=4939541&page=1

New York Times の記事:
Michael Psilakis
http://topics.nytimes.com/top/reference/timestopics/people/p/michael_psilakis/index.html



posted by kyotakaba at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月26日

Η ΠΗΓΗ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 冒頭

 ハーンの説話集から「若さの泉」を読んでみます。
冒頭、


Πριν από πολλά πολλά χρόνια ζούσε κάπου στα βουνά ένας ξυλοκόπος με τη γυναίκα του. Ήταν πολύ γέροι και δεν είχαν παιδιά. Κάθε μέρα ο άντρας πήγαινε μόνος του στο δάσος για να κόψει ξύλα, ενώ η γυναίκα έμενε στο σπίτι και ύφαινε.
Μια μέρα, ο γέροντας αναζητώντας ένα συγκεκριμένο είδος ξύλου, προχώρησε στο δάσος βαθύτερα απ' όσο συνήθιζε, όταν ξαφνικά βρέθηκε στην άκρη μιας μικρής πηγής που δεν είχε ξαναδεί ποτέ του.




 ずっとずっと昔、ある山間に、一人の木こりが妻と一緒に住んでいました。とても年をとっていました、それに、子供もいませんでした。毎日、夫は一人で木を切りに森へ通いました。一方の妻は、うちに残って、機織りをしていました。
 ある日のこと、老人は、ある決まった形の木を根気よく探して、いつも行くよりも深く、森の中へ進んでいきました。すると、突然、それまで見たことのない小さな泉の辺りに立っていました。





「ένα συγκεκριμένο είδος ξύλου」の部分、
「ある」「特定の(現在完了分詞、形容詞、対格)」「形 (中性名詞、対格)」「材木 (中性名詞、属格)」。
「ξύλου」は、実詞の属格です。前の語を修飾する働きをしています。
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

Για χρόνια πλάγιαζα νωρίς

Για χρόνια πλάγιαζα νωρίς, Μερικές φορές, μόλις έσβηνα το κερί, τα μάτια μου έκλειναν τόσο γρήγορα, ώστε δεν πρόφταινα ν' αναλογιστώ:

 ある年には、早く床に付いたものだ、時には、ろうそくを消すが早いか、私の眼は閉じていた、何かを思い起こす間もない程に、


 『失われた時を求めて』の冒頭。ギリシャ語題は、『ΑΝΑΖΗΤΩΝΤΑΣ ΤΟΝ ΧΑΜΕΝΟ ΧΡΟΝΟ』。
 現代ギリシャ語訳は、Παύλος Α. Ζάννας 。
ΒΙΒΛΙΟΠΩΛΕΙΟΝ ΤΗΣ ΕΣΤΙΑΣ 社 版。
xame1.jpg


ΒΙΒΛΙΟΠΩΛΕΙΟΝ ΤΗΣ ΕΣΤΙΑΣ


posted by kyotakaba at 10:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月19日

新刊

 books in greek のweb店に並んでいた書籍から、

『17.000 ελληνικές παροιμίες』
1万7千のギリシャのことわざ。
 手元にあるといいのですが、web価格で、29.70ユーロ。送料が8ユーロくらいなので、
(値上がりしている) 6000円弱になりそう、、、

17000par.jpg



『Η κομμώτρια』Ελένη Λυγιανή
小説。題名は『美容師』。
なのですが、装丁に、ポルトガルの歌手、Mariza の写真が??
b130704.jpg

posted by kyotakaba at 10:35| Comment(1) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

YouTube Channel

 YouTUbe にある、ギリシャを扱ったチャンネルをいくつか拾いました。

これまで、記事に投稿したもの、

GreekOrthodox:
http://www.youtube.com/GreekOrthodox

地方のテレビ局? diktyo1:
http://www.youtube.com/diktyo1


今日検索したもの

livegreece: コミュティ放送局?
http://www.youtube.com/livegreece


deltatelevision: デレタテレビの公式? 1年前のビデオのみですが??
http://www.youtube.com/deltatelevision


Corfuland Channel: コルフ島の紹介
http://www.youtube.com/corfuland


halkidikigreece: ハルキディキ半島の紹介
http://www.youtube.com/halkidikigreece


KonSro Channel: ギリシャ国内の観光映像
http://www.youtube.com/KonSaro


panos1977 Channel: ギリシャの鉄道ファン?
http://www.youtube.com/panos1977




UniversalMusicGreece Channel: ユニバーサルレコード・ギリシャのチャンネル
http://www.youtube.com/UniversalMusicGreece





ついでに、見つけた、ALTER テレビの番組に出演していた、
ブズーキを弾きながらライキを歌う、小さな男の映像。

posted by kyotakaba at 09:05| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

アテネ 最期の輝き

『アテネ 最期の輝き』澤田 典子
岩波書店  2008年3月刊
「紀元前4世紀,アレクサンドロス大王の華々しい遠征の蔭で,マケドニアに敗れたアテネはどのように生きていたのか.民主政が終焉しギリシアの時代が幕を閉じるまでのアテネの最後の姿を,政治家・弁論家デモステネスを軸に生き生きと描く.一次史料にもとづいて従来の通説を再検討し,新しい見方を提示する.」
岩波書店の宣伝文。

岩波書店

posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月16日

Πάμε Χαβάη

 iTunes store をブラウズしていますと、この最近に売れているものは、Άλκηστις Πρωτοψάλτη (Alkistis Protopsalti) の歌う「Πάμε Χαβάη」のようです。
 アルバム『ΣΤΟ ΩΡΑΙΟΤΕΡΟ ΣΗΜΕΙΟ』に収められている歌です。

 夏のバカンスを前に、ギリシャの人々も、旅行気分になっているのでしょうか。

歌詞は、(の冒頭)
(webで見たものです。)

Πάμε Χαβάη


Λοιπόν έλα, στη μηχανή ανέβα.
Πάμε Χαβάη με μια ρόδα.

Αν είσαι σπίτι, τότ' ετιμάσου (ετοιμασία σου)
για Χαβάη, πάμε κάπου που δεν
έχουμε πάει, μόνο μην κάτσουμε άλλο σπίτι. (κατοικούμε)

( 括弧内は、歌詞のままでは分からなかったので、この語かなと思うものを入れました)


ハワイに行こう!

さあ、マシーンに乗りなさい。
車に乗って、ハワイに行こう。

うちにいるのなら、ハワイへの用意は出来てるでしょ、
行ったことのない何所か、
住んでいる家でないところへ行こう。




on iTunes store jp.


YouTube に投稿されているフィルム。(オフィシャルではないようですが)




Άλκηστις Πρωτοψάλτη webページ


posted by kyotakaba at 09:47| Comment(5) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月15日

ΟΥΡΑΣΗΙΜΑ 白砂

Έτσι, πάνω στην απελπισία του, άρχισε να θρηνεί και να κλαίει πικρά.
Μόνο για μια στιγμή όμως, γιατί ξαφνικά άρχισε ν' αλλάζει. Ένα ρίγος τον διαπέρασε ολόκληρο· τα δόντια του έπεσαν· το πρόσωπό του ζάρωσε· τα μαλλιά του έγινα άσπρα σαν το χιόνι· τα άκρα του μαράθηκαν· οι δυνάμεις του τον εγκατέλειψαν· σωριάστηκε στην άμμο άψυχος, τσακισμένος απ' το βάρος τετρακοσίων χειμώνων.




 そして、浦島は絶望の極みにあって、嘆き、更に、痛ましく泣き始めました。
 けれども、突然、ほんの一瞬で、彼は変わってしまいました。一回の震えが身体全体を貫きました。歯は抜けてしまいました。顔には皺が寄りました。髪は雪のように白くなりました。四肢は萎えてしまいました。生力は抜けてしまいました。浦島は、砂の上に、四百回の冬の重さのために折れて、力なく倒れてしまいました。
posted by kyotakaba at 10:13| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月14日

Zita Swoon

実は、ギリシャとは全く関係ないのですけれど、

Zita Swoon という、ベルギーの歌謡バンド。
(Zita は、ζ かも知れませんけれど)

このバンドのフィルムがとても面白いものでしたので。世界のあちこちで、路上演奏をした様子を録画しているようです。
 「I Feel Alive In The City」と言う歌、ここは何所でしょう? ギリシャの何所かと言われると信じてしまいそうです。YouTube に投稿された方は、詳しいクレジットを書かれていないので分からないのですが。
15日追記:コルシカ島のカルヴィなのだと。




こちらは、イスタンブールのボスポラス海峡。
「People can't stand」。




posted by kyotakaba at 10:27| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月13日

ΟΥΡΑΣΙΜΑ 浦島の問い

Όμως, τι είδους ψευδαίσθηση ήταν αυτή;
Και τι να υπήρχε τάχα στο κουτί;
Και δεν μπορούσε άραγε το περιεχόμενό του να 'ταν κι η αιτία της ψευδαίσθησης;
Η αμφιβολία νίκησε την πίστη του κι απερίσκεπτα αθέτησε την υπόσχεση που 'χε δώσει στην αγαπημένη του. Έλύσε το μεταξωτό κορδόνι κι άνοιξε το κουτί !




 けれども、どんな類いの幻覚だったのだろうか。
それに、箱の中には、一体何があるのだろうか。
それに、箱の中身が、幻覚の原因に違いないのではないだろうか。
 疑惑は信頼に勝ってしまいました。それで、無分別にも、浦島は、妻にした約束を破ってしまいました。絹の紐を解き、箱を開けたのです。





「δεν μπορούσε άραγε ・・ να 'ταν ・・」は、
「〜であることは、言を待たないだろう」の様な意味だろうと思いました。

posted by kyotakaba at 09:50| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月12日

ΟΥΡΑΣΙΜΑ 此岸

Ωστόσο, ο Ουρασίμα πήγε στο νεκροταφείο του χωριού -στο παλιό νεκροταφείο που δεν χρησιμοποιούσαν πια - και βρήκε εκεί τον τάφο του, τους τάφους του πατέρα του,της μητέρας του και των συγγενών του κι ακόμα τους τάφους πολλών άλλων ανθρώπων που ήξερε. Κι ήταν τόσο παλιοί, σκεπασμένοι με τόσα βρύα, που ήταν δύσκολο να διαβάσει κανείς τα ονόματα στις πλάκες.
Ήταν σίγουρος πως είχε πέσει θύμα μιας περίεργης ψευδαίσθησης, έτσι ξεκίνησε για την παραλία, κρατώντας το κουτί, το δώρο της κόρης του Θεού της Θάλασσας.




 けれども、浦島は、村の墓地へと行きました。もう誰も弔わない墓地です。そこで、浦島は彼の墓を見つけました。父と母の二つの墓も見つけました。また、親戚の沢山の墓も見つけました。その上に、彼が知っていた他の人々の多くの墓も見つけたのです。それらはとても古いものでした。それに、苔に覆われているものですから、墓の面にある名前を読むことが難しくなっていました。
 奇妙な幻想に迷い落ちていたのは、確かなようです。それから、浦島は、再び、海岸へ行きました。海の神の娘の贈り物、玉手箱を抱えたまま、海岸へ行ったのです。



posted by kyotakaba at 08:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月11日

Ταινία Του Μέμπιους

 YouTube を見ていましたら、「メビウス Μεβιυσ」という、題の映像がありました。日本のアニメーションを学んでいる学生のもののようでした。
 ギリシャ文字表記が、やや、変に思えました。それで、調べました。
 メビウスと言うのは、「メビウスの輪」のことでしょうか。
 調べているうちに、ギリシャ語のweb事典を見つけました。


「メビウスの輪」のギリシャ語表記は、「Ταινία Του Μέμπιους」です。
Μέμπιους は、もともとドイツ人の学者の名前でしょう。
Αύγουστο Φερδινάνδο Μέμπιους  (August Ferdinand Möbius)

見つけたギリシャ語web百科事典の説明:

Ταινία Του Μέμπιους



見つけた百科事典は、上のLivePedia.gr と、Ελληνική Εγκυλοπαίδεια です。


LivePedia.gr


Ελληνική Εγκυλοπαίδεια



posted by kyotakaba at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャのある光景

 YouTube  で、ギリシャの方のチャンネルを探してみました。diktyo 1 と言う方のチャンネルがありました。
http://www.youtube.com/profile?user=diktyo1
 北部のカストリアの方です。カストリアは、オレスティアーダ湖に面した町です。
Λίμνη Ορεστιάδα ( オレスティアーダ湖 )
wikipedia

 チャンネルには、町の様子が撮影されたものがいくつかありました。町への不満を訴えるようなものなのですが。

 一つは、冬になると雨が降るのですが、降るだびに冠水するというもの。

日付が2007年の6月5日なのですが?

 もう一つは、交通指導員( 警察官 ) の規制で誘導される交差点の混乱。


県が、通勤時間帯に工事を行ったためだと。
posted by kyotakaba at 11:12| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月09日

ΟΥΡΑΣΙΜΑ  老人

Οι ψαράδες τον κοιτούσαν απορημένοι, κι αυτός, όμως, δεν θυμόταν να 'χε ξαναδεί αυτά τα πρόσωπα πότε του.
Πέρασε τότε, στηριζόμενος σ' ένα μπαστούνι, ένας γέροντας κι ο Ουρασίμα τον ρώτησε πώς θα μπορούσε να πάει στο σπίτι της οικογένειας Ουρασίμα. Ο γέρος όμως, έκπληκτος, τον έβαλε να επαναλάβει την ερώτηση πολλές φορές και τέλος φώναξε:
« Ουρασίμα Τάρο! Πάνε πάνω από τετρακόσια χρόνια που πνίγνκε· στο νεκροταφείο μάλιστα υπάρχει ένα μνημείο αφιερωμένο στη μνήμη του. Οι τάφοι των δικών του είναι κι αυτοί στο ίδιο παλιό νεκροταφείο, που δεν χρησιμοποιείται πια. Ουρασίμα Τάρο! Πώς μπορείς να ρωτάς πού είναι το σπίτι του; Τι ανονσία! »
Και συνέχισε το δρόμο του κουτσαίνοντας, γελώντας με την αφέλεια της ερώτησης.



 漁師達は不思議そうに浦島を見詰めていましたけれど、浦島は、その何人もの面立ちに一度でも会ったことがあるのか、全く思い出せませんでした。
 そうしていると、一人の老人が、杖に縋りながら通りました。そこで、浦島は、浦島一家の家へはどうゆけば、行けるのかと尋ねました。けれども、老人は、驚いた様子で、何度も質問を繰返させました。そして、とうとう叫びました。
「浦島太郎! 四百年よりまだ前に溺れ死んだよ。墓地には、彼の思い出に捧げられた碑が、間違いなく、あるよ。太郎の家族の墓は、古い墓地にある、もう、誰も弔わないのだけれど。浦島太郎! 太郎の家が何所かなんて、どうして尋ねるのかね。何てばからしい。」
 そして、問いの考えのなさを笑いながら、老人は足を引き摺りつつ、道行きを続けました。





「Τι ανονσία!」は、感嘆文。


posted by kyotakaba at 13:03| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャ語で「春」は、

 今朝、リンク元を見ると、「ギリシャ語で、春」の検索がありました。
その検索結果に、愛犬の名前に、エアルと付けた方のブログがありました。
「エアル」は、ギリシャ語で、春の意味だから、これを選んだとのことでした。

 現代ギリシャ語で、「春」は「 άνοιξη (アーニクシ)」です。
カセレブサ( 文語のような語 ) では、「 έαρ (エーアル)」です。
で、古典語も、έαρでしょう。古典語では、ε に気息記号がつきます。
以前に、「一羽の燕は春を作らず」と言うことわざの記事を投稿しました。

Ενα χελιδονι δεν φτιαχνει την ανοιξη.

ある掲示板に、春はギリシャ語で、VAR と書かれている方がありました。
έαρ のことだと思います。古典語の発音やローマ字表記については分かりませんので、
v の理由は分かりません。


posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月05日

ケルキラ島のパスハ

 カセメリニの記事で、建物から赤い壺をぶらさげている写真を見たことはありました。
ケルキラ島のパスハの行事です。水の入った壺、布製のようですが、それを落とすのです。
その様子が、YouTube にありました。
YouTube のCorfu Times のチャンネルです。




 ケルキラ島は、ギリシャ最西端の島。ベネチア支配の時には、コルフ島( Corfu )と呼ばれていました。
 Κέρκυρα
posted by kyotakaba at 16:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΟΥΡΑΣΙΜΑ  浦島の見た村

Το μέρος, παρ' ότι ήταν ίδιο, ήταν συγχρόνως και διαφορετικό. Το καλύβι των γονιών του είχε εξαφανιστεί. Υπήρχε βέβαια ένα χωριό, αλλά τα σχήματα των σπιτιών ήταν παράξενα· το ίδιο και τα δέντρα και τα χωράφια, ακόμα και τα πρόσωπα των ανθρώπων. Σχεδόν όλα τα χαρακτηριστικά πράγματα που θυμόταν, είχαν εξαφανιστεί. Ο ναός Σίντο φαινόταν να 'χε ξαναχτιστεί σε καινούρια τοποθεσία. Στις γειτονικές πλαγιές τα δάση δεν υπήρχαν πια. Μόνο το κελάρυσμα του μικρού χειμάρρου, που διέσχιζε το χωριό, και το σχήμα των βουνών παρέμεναν ίδια. Όλα τ' άλλα ήταν άγνωστα και καινούρια.




 国は同じだったのですが、それでも、同時に、違っていました。浦島の両親の柴戸はなくなっていました。村は確かにあります。けれども、家々の影は風変わりでした。樹々や田畑、それに人々の顔は同じなのです。浦島が思い出す、特徴のあるものは、ほとんどどれも、なくなっていました。神社が新しい場所に再建されているのが見えました。側の斜面には、もう、森がありませんでした。村を横切る細い流れのさらさらという音と、山々の影だけが、同じのままでした。他のすべてが、知らないものか、新しいものでした。
posted by kyotakaba at 16:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月04日

Charis Tsevis

Μου γνώρισε τον κύριο Τσέβη το περιοδικό, Mac fan.
Χάρης Τσέβης, έιναι Σχεδιαστής Οπικής Επιακοινωνίας και Έλληνας.
Και μένει στην Αθήνα. Και είναι ο γνωστός σχεδιαστής.





 書店で、雑誌「Mac fan」を見ました。表紙には、Mac製品の写真をモザイクに使い、スティーブン・ジョッブスの顔を作った絵が使われていました。
 このデザインをしたのが、Tsevis という方です。誌面には、彼は、アテネを拠点に広く活動している、webデザイナーだと、紹介されていました。もちろん、Mac 愛用者ということです。


Tsevis 氏のブログ:
http://tsevis.blogspot.com/


Flickr に展示されている、Tsevis 氏の作品:
http://www.flickr.com/photos/tsevis/

YouTube のTsevis 氏のチャンネル:
http://www.youtube.com/tsevis


posted by kyotakaba at 12:34| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月03日

The moon rises ( ) the east. 再

 「The moon rises ( ) the east.」での検索が、このところ、多いので、再度、考えてまとめてみます。
(一度閲覧された方は、再度ご覧になることはないのでしょうけれど、
それに、このブログは、現代ギリシャ語学習のためのものなのですが)
4月24日の記事

The moon rises ( ) the east. の括弧内に何かの前置詞を入れるという設問でしたら、
答えは、 in です。

「月は東にのぼる」と言う文です。

この文を書いた人が叙述しようとしている内容は、
一つには、

昔の人でしたら、
「人間の知らない世界から、月は、東の空に、のぼる。」ということでしょう。
現代の我々でしたら、
「私たちの見ることの出来ない、地球の反対側から、月は、東の空にのぼる。」なのでしょう。
この場合、「のぼる」は、「現れる」に近い意味合いになります。

また一つには、
「rise のぼる」が、「ある特定の領域の低位の点から上位の点へ移動する」という意味の自動詞であることに留意して、

「月は、領域[東の空]に於いて、低位置から高位置へのぼる。」という状況を
描写しようとしているのでしょう。


「the East」というのが、概念語のように漠然と感じられますが、
「the east Sky」と、場所を特定すれば、理解がしやすいのではないでしょうか。


「月は東からのぼる。」という文をよく見かけます。
これは、日本語として、正しい表現ではないでしょう。
このような誤用は、文法的な誤りではなく、表現の誤りですが、
多くの人が、天体運動を前提として考えているからでしょう。
月、だけでなく地球から見る全ての天体、は、私たちに見ることが出来る空の領域の東側から西側へ移動します。
それがあるので、「から」を用いてしまうのではないでしょうか。
「月は東からのぼる。」と書いた時に言い表したかった内容は、
「月は東の地平線に現れて、そこから高空へと上昇しながら、空の西側へと移動し、…。」ということなのでしょう。
英語で書くならば、
「The moon moves from the east side to the west side in the sky.」が適当なのではないでしょうか。


posted by kyotakaba at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αλίμονο

 朝、YouTube を点けましたら、お薦めに、Δημήτρης Μητροπάνος の「Αλίμονο」の映像が挙げてありました。
 お薦めのものとは違う、テレビの番組での録画が、ブズーキの演奏がよいので、
(番組の詳しい紹介などはないので分かりません)

「Αλίμονο」は、悲しみを表す間投詞。





『ΚΑΛΟΚΑΙΡΙΑ ΚΑΙ ΧΕΙΜΩΝΕΣ ΖΩΝ.』と言う題のライブ録音のアルバムには、「ΔΥΟ ΝΥΧΤΕΣ-ΑΛΙΜΟΝΟ-ΑΛΙΜΟΝΟ」とメドレーで収録されているようです。
iTunesのGreece store にはあるのですが。
他には、Music-Bazaar.com でも、ダウンロード販売がされています。
http://www.music-bazaar.com/main.php?page=album&id=5729&lfs=gr

posted by kyotakaba at 08:33| Comment(3) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月02日

Χριστός Άνέστη

 パスハ( 復活祭) は、4月27日でした。

 YoutTube に、GreekOrthodox さんという方のチャンネルを見つけました。
http://youtube.com/GreekOrthodox

その中のパスハの映像、聖歌です。





上の YouTube の映像の関連を見ていましたら、昨年のパスハを録画したものがありました。復活祭の前夜の蝋燭の行列の儀式を録画したもののようです。何所の教会かは分かりませんけれど。

posted by kyotakaba at 13:20| Comment(7) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする