2008年06月28日

酸っぱいチェリーと苦いオレンジ

 NHK・FMの番組、ゴンチチの『世界の快適音楽コレクション』で、
「酸っぱいチェリーと苦いオレンジ」ハリス・アレクシーウ が放送されました。
(原題には、「酸っぱい」と「苦い」はなくて、サクランボとダイダイです)

「Vissino Ke Neradzi」Haris Alexiou
「ΒΥΣΣΙΝΟ ΚΑΙ ΝΕΡΑΤΖΙ」Χάρις Αλεξίου


on iTunes store.gr


on HMV



Haris Alexiou webページ


MySpace


posted by kyotakaba at 11:20| Comment(3) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月26日

Η Πρωτομαγιά

『Τα καλά παιδιά』から「Η Πρωτομαγιά」。


Με το ξημέρωμα τα παιδιά τρέχουν στο σχολέιο με τις έτοιμασίες τους. Φοβούνται μήπως δεν προφθάσουν.
Σε λίγο μπαίνουν στη γραμμή καί ξεκινούν. Ο δρόμος αντηχεί από γέλια καί τραγούδια. Τραγουδούν το Χρυσό Μάη.
Πλησιάζουν σ' ένα ποταμάκι. Στην όχθη του είναι ένα ίσιο καταπράσινο μέρος.
Πλατάνια, ιτιές και βελανιδές κάνουν παχύν ήσκιο. Έδω αφήνουν τις ετοιμασίες τους καί σκορπίζονται. Άλλα μαζεύουν λουλούδια καί άλλα παίζουν. Έτσι η εξοχή βουΐζει από τις φωνές καί τα γέλια.
Σε λίγο τα κορίτσια πιάνονται στο χορό. Όλα χορεύουν όμορφα, μά πιό όμορφα η Άννα. Ό Ρήγας τη βλέπει καί χαίρεται.
'Υστερα παίρνει το Γιαννάκη καί χάνονται· ξεμακραίνουν μαζεύοντας λουλούδια. Διαλέγουν τα πιό καλά καί τα φέρνουν στην Άννα.
Κάθονται έπειτα καί τρώγουν· δίνουν καί στο Γιαννάκη από το φαγί τους.
Ύστερα κάνουν τρία όμορφα στεφάνια καί τα κρέμουν στο δέντρο.
Τ' άλλα παιδιά ζηλεύουν καί τρέχουν να κάμουν καί κείνα.



「五月一日」

 夜明けに、子どもたちは自分達のお弁当を持って学校に急ぎます。時間に間に合わないのではと不安です。
 直ぐに列に入り、出発します。道は、笑い声と歌を響かせます。みんなで黄金の五月の歌を歌います。
 小川に近づきます。小川の土手は、真直ぐな若緑色の場所です。
 プラタナス、柳、樫が太い影を作っています。そこに、自分達のお弁当を放り出しておいて、みんなはばらばらに散ります。ある子たちは、花を摘みます。ほかの子たちは遊びます。それで、郊外は叫び声と笑い声でぶんぶんしています。
 直ぐに、女の子たちは、踊りを始めます。みんな上手に踊ります。でも、いちばん上手なのはアンナです。リゴスはアンナを見ています。嬉しがっています。
 それから、新しい仲間が入りました。でも、見失いました。みんなは花を摘んでいて新しい子から離れていました。いちばん綺麗なのを選んで、アンナにあげます。
 それから、すわって食べます。新しい仲間に、みんなの食べ物をあげます。
 それから、三つの綺麗な花輪を作って樹に掛けます。
 ほかの子たちは羨ましがって、急いでそれを作ります。
posted by kyotakaba at 16:31| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月24日

Η ΠΟΛΙΤΙΚΗ ΔΙΚΟΝΟΜΙΑ ΣΤΗΝ ΙΑΠΩΝΙΑ 

 今朝も、毎日するように、アクセス解析のリフェラ元を見ました。「στην」で検索された方がありました。それは、それなのですが、その検索結果一覧に、『 Η ΠΟΛΙΤΙΚΗ ΔΙΚΟΝΟΜΙΑ ΣΤΗΝ ΙΑΠΩΝΙΑ 』という書籍が挙っていました。
 中村英朗 さんという方が著された本です。2008年の2月に刊行されています。全文ギリシャ語。中村英朗さんについては、web で簡単に検索しただけでは、知ることは出来ませんでした。比較民事法研究所についても同様です。比較法研究所は、各大学にも設けられていると思われるので、その何所かでしょうか。
 出版は成文堂からです。中村英朗さんの著作は他にも、『ギリシャの民事訴訟法学』があります。こちらは、1999年刊行。日本語。「アテネ大学のベイス教授その他の論考を集めた論文集。」とのこと。
 『ギリシャの民事訴訟法学』は、国会図書館にも所蔵されています。

『 Η ΠΟΛΙΤΙΚΗ ΔΙΚΟΝΟΜΙΑ ΣΤΗΝ ΙΑΠΩΝΙΑ 』
成文堂
楽天

『ギリシャの民事訴訟法学』
成文堂
楽天


posted by kyotakaba at 09:18| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月23日

ΤΟ ΣΠΙΤΙ ΤΟΥ ΡΟΔΑΚΗ ΣΤΗΝ ΑΙΓΙΝΑ

 18世紀末の農家、Αλέκος Ροδάκηςの家が、エギナ島にあります。この突出した美しさの家を保存しようという運動に関連した書籍、ビデオを備忘します。


『ΤΟ ΣΠΙΤΙ ΤΟΥ ΡΟΔΑΚΗ ΣΤΗΝ ΑΙΓΙΝΑ』ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΑΚΡΙΤΑΣ


「Το σπίτι του Ροδάκη στην Αίγινα」FOTO ART MAGAZINE


YouTube に投稿してあるビデオ:
説明文:
Πρέπει να σώσουμε το μνημείο αρχιτεκτονικής κληρονομιάς ΣΠΙΤΙ ΤΟΥ ΡΟΔΑΚΗ, στο Μεσαγρό Αίγινας, εγκαταλεμμένο.

エギナ島のメサギロに打ち捨てられたままのロダーキの家、この記念的な建築遺産を、私たちは守らなければいけません。


ビデオのスーパーインポーズ:
κλματαριά
κι ασβεστωμένη αυλή …

Στη βοεά του χρ'ονου …

Η ομορφιά υπάρχε ακόμα …

θα σώσουμε την κληρονομιά μας;


葡萄の蔦が這い、白く塗られた庭、
それは、時間の生贄となっていて…

美しさは、未だに、あるのだけれど…

私たちの遺産を守れるだろうか?




posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月13日

Η ΠΗΓΗ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 藪の中

Όταν έφτασε στην πηγή, δεν την είδε πουθενά. Ετιμαζόταν να πάρει το δρόμο της επιστροφής, όταν άκουσε ένα σιγανό κλάμα ν' ανεβαίνει μέσα απ' τα ψηλά χόρτα, κοντά στην πηγή. Έψαξε προς τα 'κει και βρήκε τα ρούχα της γυναίκας του κι ένα μωρό -- ένα πολύ μικρό μωρό, μπορεί και έξι μόλις μηνών!
Η γερόνισσα είχε πιει πάρα πολύ μαγικό νερό· είχε πιει τόσο πολύ γύρισε στα χρόνια της νιότης της και πιο πίσω ακόμα, στην ηλικία που τα παιδιά ούτε καν μιλούν.
Πήρε το παιδάκι στα χέρια του κι αυτό τον κοίταξε μ' ένα βλέμμα ερωτηματικό και θλιμμένο. Το βάσταξε ώς το σπίτι - ψιθυρίζοντάς του κουβέντες -- ενώ σκέψεις παράξενες και μελαγχολικές γύριζαν στο μυαλό του.



 泉に着いても、どこにも妻を見かけませんでした。帰り道をとりかけたとき、幽かな泣き声が、泉の近くの丈の高い叢の中から上がっているのを聞きました。その辺りを探しました、そして、妻の着物を見つけました。それから、赤ん坊。とても小さな、やっと六ヶ月になったかのような赤ん坊です!
 老女は、とてもたくさんの奇跡の水を飲んだのでした。あまりに沢山飲んだので、彼女の若い時分へと戻ったのですが、ずっと以前の時分へでした。話すことも出来ない子供の年へです。
 小さな子を両の掌に載せて、夫は、訝しげなそして悲しげな眼差しで、その子を見詰めました。その子を家まで抱えて帰りました。その子に様々な話を囁きながら。彼の頭の中では、奇妙なそして沈痛な考えが巡っていたのですけれど。


έξι μόλις μηνών:
μήνας (月) が、複数形の属格になって、前の数詞 έξι (6) を形容しています。
私たちの感覚では、数詞は形容詞の一部ですが、ギリシャ語では、数詞は実詞になるので、このように、複数になる語が属格になって形容するのでしょうか。


ψιθυρίζοντάς του κουβέντες :
του ψιθρίζει τις κουβέντες.
[ それに、彼は囁く、会話を ][ 三人称代名詞・弱形-動詞-女性名詞複数形・対格 (冠詞は省略)]
なのですが、 ψιθυρίζω が分詞になっているので、目的語が二つとも動詞の後ろへ移動したのでしょうか。
posted by kyotakaba at 11:55| Comment(3) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月11日

Sea Turtles in Zakynthos, Greece

ザキントス島での、ウミガメの保護活動に、ボランティア参加した方が投稿したビデオが、YouTube にありました。


posted by kyotakaba at 22:00| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΠΗΓΗ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 飲む

Κι έφυγε τρέχοντας για το δάσος, ολομόναχη.
Βρήκε την πηγή, γονάτισε κι άρχισε να πίνει. Ω! Πόσο δροσερό και γλυκό ήταν αυτό το νερό! Έπινε, έπινε, έπινε και δεν σταμάτησε παρά μόνο για ν' ανασάνει.
Ο άντρας της την περίμενε ανυπόμονος· περίμενε να τη δει να επιστρέφει μεταμορωμένη σ' ένα όμορφο, λυγερό κορίτσι. Όμως εκείνη δεν φάνηκε καθόλου. Ανησύχησε, κλείδωσε το σπίτι και κίνησε να τη βρει.




 急いで森に行きました、まるっきり一人でです。
 妻は泉を見つけました。跪いて飲み始めました。ああ! その水は、何と喉に心地よく甘い水だったでしょう。妻は飲みました。飲みました、飲みました。息をするため以外には、休みませんでした。
 夫は、逸る思いをしながら待っていました。美しい優しげな娘に変わって帰って来た妻を目にするのを期待していました。けれども、彼女は一向に姿を現しません。心配して、家を閉めて、探しに行きました。
posted by kyotakaba at 10:49| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月09日

テレビのギリシャと地震

8日に、パトラスで地震があったそうです。死者も出た被害の大きさのようです。
とても心配です。

一昨日の7日には、NHKの特別企画番組『エコ大紀行』で、ザキントス島でのウミガメの保護活動の様子を見て、その後、TBSの番組『世界ふしぎ発見』で、ヒオス島でのパスハのお祭り、花火合戦を見て、昨日には、BSフジの番組『欧州鉄道の旅』のギリシャの回(2002年のものの再放送) を楽しみました。

そのような後ですので、余計に心配です。


追記:
2006年5月1日の日記では、NHKのニュースで花火合戦を放送していたことを書いています。そのニュースでは、キーオス島と表記していました。
2006年5月1日

ギリシャ語表記は、Χίος
ΧΙΟΣ
posted by kyotakaba at 09:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月06日

Η ΠΗΓΗ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 独り

Μετά από αρκετή ώρα όμως κατάφερε να την πείσει ο νεαρός που στεκόταν τώρα μπροστά της, ήταν πράγματι ο άντρας της. Της είπε πού ήταν η πηγή και της ζήτησε να τον ακολουθήσει. Εκείνη τότε είπε:
« Έγινες τόσο ωραίας και τόσο νέος που δεν μπορεί να συνεχίσεις ν' αγαπάς μια γριά - γι' αυτό πρέπρι αμέσως να πιω απ' αυτό το νερό κι εγώ. Όμως δεν γίνεται να λείψουμε απ' το σπίτι κι οι δύο. Περίμενε εδώ κι εγώ θα πάω μοναχή ».




 しばらくすると、今、自分の前に立っている若者が、まさしく、自分の夫だと合点しました。夫は妻に泉が何所にあるのかを言い、自分に追いて来るように言いました。彼女は答えました。
「あなたは、そんなに美しくそんなに若くなったのですから、おばあさんを愛し続けることは出来ませんね。ですから、直ぐに、私もその水を飲まなけれないけません。けれども、二人ともが家を留守にすることは出来ません。ここで待っていてください。一人で行きます。」





「Μετά από αρκετή ώρα」は、十分な時間の後、という意味です。納得するのに必要な時間が経って、ということですけれど、日本語だと、どう言えばいいでしょうか?
 自分の前に立っている若者が、正に自分の夫だと納得するのには隙がかかりました。
では、少し違います。

posted by kyotakaba at 16:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月05日

浦島伝説

 ハーンの掌編、浦島が一瞬で年老いるという奇跡、泉が一瞬で若返るという奇跡、の組み合わせも愉快です。

 浦島伝説を改めて読むと、これは不思議な伝承だと、改めて感じました。
 基本的には、人間が天人と交わる話です。けれども、人間と天人の交わりという伝承では、例えば、「羽衣伝説」のように、天人が此岸に降臨して来て人間と交わる、という型を、まず、思い浮かべます。浦島では、浦島子(浦島太郎)が、天界( 異界 )へ赴きます。
 それでは、人間が天界( 異界 )へ赴く伝説では、例えば、「胡蝶の夢」のように、異界で一生を過ごした後、目が覚めて、此岸に戻ってみると、一晩しか経っていなかった、という型の伝承があります。浦島では、異界では三年で、此岸では三百年が経っていました。
 開けてはいけない秘密のものも、家の奥にあることが多いのですが、浦島では、島子に手渡されています。
 伝承・神話では、様々な型があるので、浦島のような型もあるのでしょうけれど。なんだか、何もかもが反対に創られているように思われました。
 ハーンが、三百年を四百年に変えたのは、ハーンの持っている、アイルランドかギリシャの伝説の時間感覚なのでしょうか、あるいは、記紀の時代と草子の時代との差なのか知ら。

 研究書がないか知らと、web検索して見ました。
『浦島伝説の研究』林晃平 おうふう。『浦島太郎の文学史』三浦佑之 五柳書院 がありました。
 『浦島太郎の文学史』は、三浦教授のホームページがありました。
浦島説話
三浦佑之 宣伝版

 教授の研究では、7世紀後半の官人・伊預部馬養 の作品が原型であるとのことです。
九州( 現中国 )の奇伝物語を模範に創作されたものではないかと。

松岡正剛 氏の千夜千冊に取り上げられています。
2002年10月09日『浦島太郎の文学史』




 さて、また、「Η ΠΗΓΗΣ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ」で、web検索をしましたら、
『The Fountain』と言う映画がありました。2006年の作品。
『The Fountain』on IMDb

『The Fountain』on Apple Trailers


posted by kyotakaba at 11:44| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月04日

Η ΠΗΓΗΣ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 疾走

Την ίδια στιγμή ένιωσε να τον πλημμυρίζουν καινούριες δυνάμεις. Κοίταξε έκπληκτος τα άκρα του, που ο χρόνος είχε μαράνει από καιρό· τώρα ήταν καλογραμμένα και δυνατά με σφιχτούς, νεανικούς μυς.
Χωρίς να το ξέρει, είχε πιει απ' την πηγή της νιότης, κι έτσι είχε ξανανιώσει.
Στην αρχή χοροπήδαγε και φώναζε απ' τη χαρά του· ύστερε άρχισε να τρέχει προς το σπίτι· ήταν η πρώτη φορά στη ζωή του που έτρεχε τόσο γρήγορα. Όταν μπήκε στο σπίτι του, η γυναίκα του τρόμαξε, γιατί τον πέρασε για ξένο· κι όταν της μίλησε για το θαύμα, δεν μπόρεσε να τον πιστέψει αμέσως.




 同じ瞬間に、新しい力が自分に漲るのを感じました。驚いて、手足を見詰めました。それは、若い盛りをずっと過ぎた、歳月が萎えさせた手足でした。けれども今は、引き締まり若々しい筋肉がついて、見た目も綺麗で力強い手足です。
 知らないまま、若さの泉の水を飲んだのでした。それだから、若返ったのです。
 嬉しさから、まず、跳ね回り、それから、叫びました。そうしてから、家へ向けて走り始めました。その時のように早く走るのは、生まれて始めてでした。家へ入った時、妻は、彼を怖がりました。彼を知らない人だと思ったからです。それに、奇跡について妻に話しても、直ぐには、老人を信じることが出来ませんでした。



「 η γυναίκα του τρόμαξε 」の
του は、所有格、「彼の妻」とも読めます。
対格、「彼を怖がる」とも読めます。
両方を兼ねている??


posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Cla 「Sexto Andar」

 Clã の「Sexto Andar」。
ポルトガルのバンドです。
RÁDIO E TELEVISÂO DE PORTUGAL のYouTubeチャンネルから。
http://www.youtube.com/rtp
ギリシャのEPT も、YouTube チャンネルがあるといいのですが。


posted by kyotakaba at 09:14| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月02日

ΕΛΛΗΝΙΚΗ ΓΛΩΣΣΑ

 辞書ではないのですけれど、

 books in Greek のweb店頭を、今朝、見てみましたら、
『ΕΛΛΗΝΙΚΗ ΓΛΩΣΣΑ』が並んでいましたので。
私が、アテネの語学教室で使っていたもの。

著者のΜΠΑΜΠΙΝΙΩΤΗΣ は、著名な国語学者(ギリシャ語)と聞きました。
『Ορθογραφικό Λεξικό της Νέας Ελληνικής Γλώσσας』も教授の著作。


Books in Greek

ELLMP.JPG


20ユーロですか、、
高い、、、、
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(4) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΠΗΓΗΣ ΤΗΣ ΝΙΟΤΗΣ 若返り

Άξαφνα τότε, είδε το πρόσωπό του στο νερό και τινάχτηκε προς τα πίσω. Ήταν βέβαια το δικό του πρόσωπο, αλλά πολύ διαφορετικό απ' που είχε συνηθίσει να βλέπει στον παλιό καθρέφτη του στιτιού. Ήταν το πρόσωπο ενός πολύ νέου άνδρα! Δεν πίσετευε στα μάτια του.
Έφερε τα χέρια στο κεφάλι του που, μια στιγμή μόλις πιο πριν, ήταν φαλακρό. Πυκνά μαύρα μαλλιά το σκέπαζαν τώρα. Και το πρόσωπό του είχε γίνει απαλό σαν παιδιού· είχε χαθεί και η παραμικρή ρυτίδα.




 瞬く間のことでした。水に映った顔を見て、老人は後ろに飛び退いてしまいました。それは、確かに自分の顔でした。けれども、うちの馴染んだ鏡で見慣れた顔とは、まるっきり違っています。それは、とても若い男の顔でした。老人は自分の眼を信じませんでした。
 手を頭に当てました。ほんの僅か前には、はげ頭でした。いまでは、密な黒い髪が覆っています。顔は子供のように柔らかくなっています。ほんの小さな皺も消えています。
posted by kyotakaba at 10:32| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

ΘΑΛΑΣΣΑ

 夏だ、ギリシャだ、海だ、ということで、
YouTube を見て回ると、Μελίνα Κανά が歌う、Κώστας Μουντάκης の「ΘΑΛΑΣΣΑ」の映像がありました。
 「Στην υγειά μας ( 乾杯!) 」というテレビの番組でのもの。



歌詞も添えてありましたので、

Μεσοπέλαγα αρμενίζω κι έχω πλώρα τον καημό
κι έχω την αγάπη πρύμα κι άλμπουρο τον χωρισμό

Θάλασσα, μη με διώχνεις μακριά
Χωρισμέ, μου ματώνεις την καρδιά

Την κορφή του Ψηλορείτη με παράπονο θωρώ
και με δάκρυα απ' την Κρήτη φεύγω κι αποχαιρετώ

Θάλασσα, μη με διώχνεις μακριά
Χωρισμέ, μου 'χεις κάψει την καρδιά

Μαύρη μοίρα το 'χει γράψει, να μακραίνω, να χαθώ
και να ζω μακριά απ' την Κρήτη κι από κείνη π' αγαπώ

Θάλασσα, μη με διώχνεις μακριά
Χωρισμέ, μου 'χεις κάψει την καρδιά




悲しい歌でした。

「海」

海原を航行する、憧れに舳先を向けて、
艫と帆には、愛しい人との別れを受けながら、

海よ、私を遠くへとは流さないでくれ、
別れよ、お前は私の心を血塗にする。

高峰の頂を見詰める、別れを告げ旅立ったクレタ、
そこから流れ落ちる涙、悲しみに沈みながら。

海よ、私を遠くへとは流さないでくれ、
別れよ、お前は私の心を断ち切ってしまった。

暗い運命が待っている、遠くへ行き、行方が知れなくなるという運命、
クレタから遠く、愛する人から離れて暮らすという運命。

海よ、私を遠くへとは流さないでくれ、
別れよ、お前は私の心を断ち切ってしまった。



いくつかの語は、古典語のままなのでしょうか、πλώρα、πρύμα など。

Κώστας Μουντάκης は、1926年生まれの歌手、作曲家です。
クレタのΜυλοποτάμος のΑλφά と言う村の出身。

Great teachers of Cretan music and their followers


posted by kyotakaba at 14:39| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする