2009年01月30日

ΟΔΥΣΣΕΙΑ 1 ΟΔΥΣΣΕΑΣ ΚΥΚΛΩΠΑΣ

  YouTube に投稿されていた、子供向けと思われる、オデッセイア。
Γ.Π. は、テレビ局でしょうか?
 ガイドの人は、英語です。制作者などは、分かりません。

 キュクロプス の話。



posted by kyotakaba at 12:02| Comment(4) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Διάλειμμα Κρατάει Δύο Ζωές

 iTunesをブラウズしていて、新しくカタログされたされたらしいアルバムのアートワークがきれいで目を引いたもの:

『Το Διάλειμμα Κρατάει Δύο Ζωές』Λαυρέντης Μαχαιρίτσας
2001年発表のアルバム。

iTunes store.gr

ホームページ:
Maxairtritsas

to_dialeimma_2_zoes.jpg

posted by kyotakaba at 08:49| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月28日

Ο Γιωργάκης άρρωστος 4

  Ο κύρ Ηλίας ήρθε ανήσυχος.
Αμέσως έδωκε καθαρτικό στο Γιωγάκη.
Ήταν πολύ άνοστο και δεν το ήθελε. Τι να κάνη όμως; Οί πόνοι ήταν δυνατοί και δεν έπαυαν.
Το ήπιε· έτσι έπαψαν οί πόνοι και λιγόστεψε ο πυρετός.
Το βράδυ του έδωκαν και κινίνο αρκετό.
Το πρωί ήταν καλύτερα, αλλ' αδύνατος και τ' αυτιά του βούΐζαν.
Όλη τη βδομάδα έπαιρνε κινίνο κι έτρωγε έλαφρά φαγητά. Έτσι έγινε καλά.
Από τότε αποφάσισε να μη ξαναφάη άγουρα, σάπια και ακάθαρτα οπωρικά· και το έκανε.
Το πάθημα έγινε μάθημα σ' αυτόν και στ' άλλα παιδιά.
Έτσι όλο το καλοκαίρι ήταν γερά και χαρωπά.





 イリアさんはね、気持ちが急きながらやって来たの。
 すぐにね、ヨルガーキスに下剤を与えたの。
 とてもまずいから、ヨルガーキスは欲しがらなかったの。けれども、飲まないでどうなったかと言えば、痛みは強いままで止まなかったの。
 飲むと、痛みは止んで、熱はひいたの。
 夜には、十分にキニーネを与えたの。
 朝には、前よりよくなっていたけれど、弱っていて、耳鳴りがしたの。
 その一週間はずっと、キニーネを摂って、軽い食事を食べたの。それでよくなったの。
 それからはね、熟れていないのや、腐ったのや、よごれたくだものは、もう食べないことに決めたの、ヨルガーキスはね。ヨルガーキスはその通りにしたの。
 この災難はね、ヨルガーキスとほかの子供たちのお勉強になったの。
 それでね、夏の間中、みんな、元気で楽しかったの。




「ανήσυχος」、形容詞の主格形ですけれど、副詞なのだと思います。
現代では、-ως の語尾の副詞はありますけれど、-ος はないのではと思うのですけれど。
ανήσυχα が、現代の表記だと思います。

「έδωκε」、δίνω の三人称アオリスト形だと思います。これも現代では、κではなくσの表記です。έδωσε 。

「καθαρτικό」には、冠詞が使われていません。中性名詞対格。いくつかある下剤のどれかと特定しないためなのか、いくつか考えられる処置から下剤を選んだからなのか、分かりません。

「Τι να κάνη όμως;」は、疑問文になっていますけれど、文全体が接続詞の様な感じです。
「Το ήπιε·」も、セミコロンですけれど、接続詞のような感じです。

「παύω」、動詞( 止む )。「έπαυαν」三人称複数、パラタティコス時制。「έπαψαν」三人称複数、アオリスト時制。

「βούΐζαν」、動詞「βούΐζω」の三人称複数、パラタティコス時制。
音をもとにした動詞、ぶーんと音をたてている様子。
三人称で複数なのは、ふたつの耳が両方とも音をたてているから。





τελεία και παύλα (これでおしまい)
posted by kyotakaba at 08:41| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

Τζιβαέρι μου

民謡「Τζιβαέρι μου」:

使用してある絵画や演奏については情報が付けられていないので分かりません。



posted by kyotakaba at 09:25| Comment(4) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Σπυριδούλα

 自分のアクセスの関連を辿っていたら、下のYouTube ビデオに。
アレクサンドロス君射殺事件抗議のコンサートの一部:




Σπυριδούλα と言うロックバンド。
posted by kyotakaba at 09:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月26日

つらら

 今朝、アクセス解析のリフェラ元を見ましたら、「Χιόνι 読み方」と言う検索がありました。そのグーグルでの検索結果には、「MSN相談箱 ギリシャ語で[氷柱]と[吹雪]」と言うページもありました。

 この数日は、私の住んでいる所もとても寒いです。
 それで、つららを指すギリシャ語を辞書で調べてみました。
MSN相談箱では、「σταλακτίτης πάγου」と回答がありました。
これは、Oxford learner's のicicle に当てられている語です。
σταλακτίτης は、鍾乳石で、川原辞書には、用例として、σταλακτίτης πάγου が挙げられています。
 ヴァシリス辞書では、「κρύσταλο πάγου」と。κρύσταλλος は、透明な水の意味で、川原辞書には、これも、κλύσταλλος πάγου でつらら、と。

グーグル検索で結果が出るのは、κρύσταλο πάγου です。いくつかのブログと、気象のページと思われるものが検索結果に挙ります。σταλακτίτης πάγου ではありません。Answers.com のicicle の訳語には挙げられていますけれど。
 in.gr では、「κρύσταλλοι πάγου」で結果があります。σταλακτίτης πάγου ではありません。

 そもそも、「つらら」を「氷」から区別してないのかもしれません。
 日本語でも、広辞苑で「つらら」を引くと、源氏の「つららとぢ駒ふみしだく山川を」が例文に引かれていますし、屋根などから垂れ下がった「垂氷」に意味が特化されたのは、案外と近年なのかもしれません。
 「ふぶき」にしても同様で、「乱吹」がもともとで、雪が激しい風とともに降る「吹雪」(Blizzard)に特化されたのは、新しいことかもしれません。

 辞書には、「χιονοθύλλα」とあります。でも、これも、Google検索では結果がありません。Blizzard をそのままか、ギリシャ文字表記にした方が分かりやすいのかもしれません。
posted by kyotakaba at 10:04| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月25日

Ο Γιωργάκης άρρωστος 3

  Δεν πέρασε όμως πολλή ώρα και να ! άρχισε να καταλαβαίνη πόνο στό στομάχι. Όσο πήγαινε ο πόνος δυνάμωνε· τον έπιασε και πυρετός δυνατός.
Γι' αυτό έρεσε στο κρεβάτι· έκαλαιγε και βογγούσε πολύ.
Η μητέρα του και η γιαγιά ανησυχούσαν πολύ. Γιατρός δεν ήταν στο χωριό και δεν ήξεραν τι να κάνουν.
Η Άννα τότε έτρεξε στο χωράφι να φωνάξη τον κύρ Ηλία. τ' άλλα παιδιά ήταν πολύ λυπημένα.




 でもね、ヨルガーキスがおなかに痛みを覚え始めるのには、ながい時間はかからなかったの。時間が経つほど、痛みは強くなったの。それに、ひどい熱も出たの。
 それだから、ベッドに倒れ込んだの。それで、ひどくうめいて泣いたの。
 お母さんとおばあさんはね、とても心配したの。お医者さんは村にはいなかったの。それで、何をしていいかわからなかったの。
 だから、アナはね、イリアさんを呼びに、畑へ走って行ったの。ほかの子供たちはね、とても悲しそうにしてたの。





「Δεν πέρασε όμως πολλή ώρα και να ! άρχισε να καταλαβαίνη πόνο」、
接続法が二つ続けて使用されています。

接続法:日本語の文法用語で説明すると、一つの用言を、別の用言につなげるように変化させたもの。英語の文法用語で説明すると、一つの動詞を別の動詞につなげるように変化させたもの、to 不定詞に似ている。

最初の「να ! 」は、「Δεν πέρασε」につながります。ですから、この文の主格(主語)は、να ! 以下の節です。「〜するということは、多くの時間を要しなかった。」


「Όσο πήγαινε」、比較級は使われてはいませんけれど、〜すれば、それだけ〜になる。の意味です。


「πυρετός δυνατός」、形容詞が後に置かれています。


「έκαλαιγε」、
「泣く」と言う語の「κλαίω」のパラタティコス時制。
「βογγούσε」も、「βογκώ」のパラタティコス時制。

posted by kyotakaba at 11:33| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月22日

Songs of An Other

 ツヴァイプロスと同じ頃、サヴィナ・ヤナトウもECMからアルバムを発表していました。
題名は『Songs Of An Other』。

ECM

 ヤナトウのYouTube のチャンネルから


on Amazon.jp
posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

θαλάσσα πλατιά Μιχάλης Χατζηγιάννης

 「θαλάσσα πλατιά」、YouTube には、15musiclife さんと言う方が、エギナへ向かう船から撮影したエーゲ海の映像のビデオがありました。この映像に付けられているのは、Μιχάλης Χατζηγιάννης の歌う「θαλάσσα πλατιά」です。2000年のアルバム『Παράξενη Γιορτή』に収められています。




 Μιχάλης Χατζηγιάννης のホームページ:

Μιχάλης Χατζηγιάννης
http://www.michalishatzigiannis.gr


 15musiclife さんは、origami が趣味のようですね。Οριγκάμι

Playlist: origami tutorials
posted by kyotakaba at 09:36| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο Γιωργάκης άρρωστος 2

  Ο Γιωργάκης άρχισε να μαζεύη απ' αυτά και να τρώη.
Ο Ρήγας πήρε δυό, είδε πώς δεν ήταν καλά και τα πέταξε.
-- Γιωργάκη, φώναξε, μην τρώς· δεν είναι καλά· είναι σκουληκιασμένα και γι' αυτό έπεσαν· γέμισαν και χώματα.
Που να τ' ακούση όμως αυτά ο Γιωργάκης !
-- Εγώ έφαγα κι άλλη φορά και δεν έπαθα τίποτε, έλεγε.
Έτσι έφαγε πολλά.





 ヨルガーキスはね、それをひろって食べ出したの。
 リーガスはね、ふたつを取り上げて、それがよくないと分かったから、それを捨てたの。
 「ヨルガーキーちゃん!」リーガスは叫んだの。「食べないでよ。よくないよ。虫がはいっているよ。それに、落ちているから泥だらけだよ。」
 それを聞いたヨルガーキスたらね、
「前にも食べたんだもん。ちっともわるいことなかったもん。」って、
言ったの。
 それでね、たくさん食べたの。



 この読本は古いものなので、表記が、現在とは違う語があります。あるいは、文法も違っているのがあるのかもしれません。

「να μαζεύη」「να τρώη」、
語尾のη、「η」「ει」はともに、「イ」の音ですけれど、現在では、
動詞の語尾にηは使いません。
また、μαζεύω、τρώω ともに、接続法のアオリスト時制と思われますので、
「 να μαζέψει」「 να φάει」が、現在での表現だと思います。

「μην τρώς」は、命令法のアオリスト時制ですけれど、
これも、現在では、
「μην φάγεις」だと思います。


「Που να τ' ακούση」、
ακούση は、「να ακούσει」。
Που は「τ' ακούση αυτά」の節と、主格の「ο Γιωργάκης」を繋ぐ関係代名詞です。
現在では、που だけで、να の接続法は必要ないのではと思います。

posted by kyotakaba at 08:36| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月20日

θάλλασα πλατιά

 ブログ『ギリシャへ ギリシャから』に、女優のAliki Vougiouklaki さんが歌う「Άσπρη μέρα」が紹介されていました。
 内容は、重いものなのですけれど。
 ともかく、私には、あまりに美しい歌ですので、魅了されるばかりです。ナナ・ムスクーリのものもありますけれど、Aliki Vougiouklaki の録音の方が魅力的です。
 「Άσπρη μέρα」の他のものを、YouTube で検索しました。60年の映画『Mantalena』の中で歌う場面のものがありました。
 「Thalassa platia  θάλλασα πλατιά」広い海 です。
 これもとても美しい歌です。




Aliki Vougiouklaki:IMDb



posted by kyotakaba at 19:38| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『古典ギリシア語事始』

 今朝、webページ『古典ギリシア語事始』を参照しようと思い、ブックマークから接続したのですが、
 「「Highway Internet」は2008年4月21日より、「GyaO BB ベーシック」として
サービス内容を一新、変更させていただきました。
長年のご愛顧を賜りまして、誠にありがとうございました。」
 ということで、ページがありませんでした。GyaO は、Highway Internet のページをそのまま引き継ぐことはしなかったそうなので、失われてしまったようです。
 作者が、違うサービスを使ってページを公開していれば、そこに接続すれば、閲覧出来るのでしょうけれど。「古典ギリシア語事始」検索では、見つかりません。
 失なっているのであれば、とても残念です。

 でも、検索の結果で、『古典ギリシア語事始』のあるページが出ることも、08年4月以降でも、あったようにも思うのですが、、

 検索していて、今まで知らなかったwebページ も見つけましたけれど。


Andreas' Personal Home Page
 聖トマス大学のAndrea Bonazzi教授のページ。
イソップ物語の古典ギリシャ語があります。PDF書類です。


追記:
『古典ギリシャ語事始』は、まだ、INTERNET ARCHIVE では、見ることが出来るようです。
INTERNET ARCHIVE:
http://www.archive.org/index.php
posted by kyotakaba at 09:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

Ο Γιωργάκης άρρωστος 1

 αλφαβητάριο 『τα καλά παδιά よいこたち』から、
「Ο Γιωργάκης άρρωστος 病気になったヨルガーキス」


  Στόν κήπο του κύρ Ηλία ήταν πολλά δέντρα· κερασιές, βυσσινιές, ροδακινιές, ροδιές, κυδωνιές, καρυδιές, κορομηλιές, δαμασκηνιές κι άλλα.
Ένα πρωί κατέβηκαν έκει ο Γιωργάκης κι ο Ρήγας.
Είδαν πεσμένα πολλά δαμάσκηνα, άλλα ώριμα κι άλλα άγουρα.




 イリアさんのお庭には、たくさんの木があるの。サクランボの木でしょ、スノミサクランボの木でしょ、モモの木でしょ、ザクロの木でしょ、マルメロの木でしょ、クルミの木でしょ、セイヨウスモモの木でしょ、スモモの木でしょ、それにまだいろいろ。
 ある朝ね、ヨルガーキスとリーガスはね、そこにおりて行ったの。
 二人はね、いっぱいスモモが落ちているのに気がついたの、でもね、熟れてるのや熟れてないのがあったの。
posted by kyotakaba at 08:55| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月16日

Το Αγορι που Ζωφραφιζε Γατες 21 それから

 
  Κι ακόμα, για πρώτη φορά, κατάλαβε γιατί ο σοφός γέροντας του είχε πει ν' αποφεύγει τα μεγάλα μέρη τη νύχτα και να προτιμά τα μικρά.
Από 'κει κι έπειτα το αγόρι έγινε διάσημος ζωγράφος. Όσοι πηγαίνουν στην Ιαπωνία, μπορούν ακόμα να δουν μερικές από τις γάτες που ζωγράφισε.





 それから、やっと、智慧深い和尚さんが、夜には広い所を避けなさい、狭い場所を選びなさい、と言ったわけが分かったのです。
 その後に、男の子は、有名な画家になりました。日本に行く人は誰でも、今でも、彼が描いた猫の絵のいくつかを見ることができるのです。




「Από 'κει κι έπειτα」、
Από 'κει と έπειτα は、同じことの繰り返しだと思います。
έκει は、ここでは場所を指してはいないと思います。





これで、「猫を描いた小僧」はおしまいです。めでたし、めでたし。

posted by kyotakaba at 10:19| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月14日

Δίθυρα

 今朝、リフェラ元を見ると、「ギリシャ 貝」と言う検索がありました。そういえば、ギリシャ語で貝は何と言うか、と思い、辞書を引いてみました。

 「貝」はありませんでした。
「魚介類」がありました。θαλασσινά 、中性名詞の複数形。
 そう言えば、英語でも、shellfish ですね。貝と言う生き物と言う感じではないですね。
「貝殻」は、όστρακο 中性名詞。

 ですので、ウィキペディアで調べてみました。項目としての貝はないようです。
 二枚貝はありました。「Δίθυρα」。
この項の説明から、「Τα μαλάκια (軟体動物)」が分かりました。
 けれども、巻貝は分かりません。

 Δίθυρα で挙げられている動物の例。

「το μύδι」カラスガイ。
「το στρείδι」カキ。
「η αχιβάδα」ハマグリ。
「η πίννα」ピナ。ハボウキガイ。
「το κυδώνι」トリガイ。
「ο λιθοδόμος」イシマテガイ。

 巻貝がないので、Gastropoda 腹足網 で調べましたけれど、ウィキペディアにありませんでした。


 追記:
lesvosolive さんが教えて下さいました。
κοχύλι 貝殻
κόγχη 貝
川原辞書では、θαλασσινά は食用の貝、κόγχη は生物の貝。二枚貝巻貝の区別はなし。と説明されています。
両方ともに、カサレヴサかも知れません。川原辞書にはサンスクリット系の語と。
この語は、OXford Learner's にはありません。
web辞書で調べると、κόγχη は、niche 壁龕 とあります。
Webster's Online Dictionary では、
κόγχη は、古典語では、shell、現代語では、die-cast 、nicheと。
また、
shell に当たる語として、
κέλυφος 殻、κοχύλι 巻貝、όστρακο 貝殻・甲羅、οβίδα (bombshell, cannon ball)と。


shell:Webster's Online Dictionary


コグヒー:Online Talking Dictionary


posted by kyotakaba at 10:13| Comment(2) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月13日

Άκαρπες οι έρευνες

 Tρίτη, 13 Iανoυαρίου 2009 1月13日付け記事
 海運会社の社長誘拐のニュース。
見出しは、「Άκαρπες οι έρευνες」
成果のない捜索

「Συνεχίζεται η προσπάθεια των διωκτικών αρχών για τον εντοπισμό των δραστών της απαγωγής του εφοπλιστή Περικλή Παναγόπουλου, την ώρα που ο 74χρονος εφοπλιστής αντιμετωπίζει σοβαρό πρόβλημα υγείας και έχει ανάγκη από καθημερινή ιατρική φροντίδα.」

船主 ペリクリー・パナゴープールーの誘拐現場特定のための初動捜査の努力は続けられていますけれど、船主は74歳と言う年齢にあって、日常的に医学的な処置が必要であり、健康上の重大な問題に直面している。


posted by kyotakaba at 21:35| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月12日

Το Αγορι που Ζωφραφιζε Γατες 19 血がべったりの猫たちの口

  Όμως ποιος ή τι θα μπορούσε να τον έχει σκοτώσει; Κανένας άνθρωπος ή άλλο πράγμα δεν φαινόταν, Ξαφνικά το αγόρι παρατήρησε ότι τα στόματα όλων των γατιών, που είχε ζωγραφίσει το προνγούμενο βράδυ, ήταν κόκκινα και μουσκεμένα στο αίμα. Κατάλαβε τότε πως το δαιμόνιο το είχαν σκοτώσει οι γάτες που είχε ζωγραφίσει.



 ですけれど、いったい誰が、あるいは、何が化け物を殺すことが出来たのでしょうか。どんな人も、また人ではなくて、どんな物も、現れませんでした。突然に、男の子は、猫たちの口の様子、前の晩に男の子が描いた猫です、その口が真っ赤で、血で濡れているのに気がついたのです。それで分かったのです。自分が描いた猫たちが化け物を殺したことが分かったのです。



「θα μπορούσε」は、θα + パラタティコス時制で、可能法。


「των γατιών」のγατιών は、ι が入っているので、中性なのだと思います。
複数属格の冠詞は、男性、女性、中性ともに、των なので。
複数女性名詞だと、των γάτων だと思いますから。
なぜ中性になっているのかは分かりません。


「το δαιμόνιο το είχαν σκοτώσει」のτο δαιμόνιο とその後ろの το は同じものです。το δαιμόνιο は実詞のままです、対格です。それを代名詞にしたのが後ろの το です。




posted by kyotakaba at 13:08| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月09日

ZITA SWOON - I FEEL ALIVE IN THE CITY

 Zita Swoon の、Club 22 での演奏。

Club 22 は、Σουτσσου 通りにあるようです。コロナキ地区。


posted by kyotakaba at 22:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青いトンボ、リベルラ!

 ギリシャ語の辞書を引くと、「トンボ」は「λιβελλούλη」とあります。
それで、ウィキペディアを調べても見つけることが出来ませんでした。「昆虫」の項には、「λιβελλούλη」と言う語は使われていたのですけれど。
 今日は、簡単に、日本語で「トンボ」のページを出して、その「Ελληνικά」のリンクを開いてみました。「Οδοντόγναθα」のページが、ちゃんとありました。

ウィキペディアのトンボのページ

オドンドグナサ と読むのでしょう。
これは目の名称Odonda と同じなのですね。

 そのページに、あの、関口知宏さんの番組に出た、青いトンボに似た種の個体の写真が掲載されています!!!
 3年も経って、、、

Ζυγόπτερα
ジゴープテラ と言う読みでいいのでしょうか?

 私のこの役に立たないブログで、検索の多いのは、「リベルラ」です。
このお正月にも、再放送があったので、多くの検索がありました。
 けれども、私も分からないままでした。

 とりあえず、「ジゴープテラ」ではないかと、いう所まで、偶然ですけれど、辿り着きました。

 写真は、ウィキペディアのもの。
200px-Calopteryx_virgo_male_edit.jpg




 ただ、「Οδοντόγναθα」は、私の手持ちの辞書にはありません。Oxford Learner's ですが。川原辞書、2000年の新版。in.gr の辞書検索でも。
 検索すると、ギリシャ語の昆虫のサイトがあります。一般には使われない、(学術)用語なのかもしれません。けれども、語そのものは、「リベルラ」と違って、全くのギリシャ語です。
Οδοντό は歯で、γναθα は顎です。トンボの見た目の様子なのでしょう。




11日追記:
 2006年に放送されて以来、再放送の度に気になって調べるのですが、分からないままでした。博物館の学芸員さんに尋ねればよかったのかもしれませんけれど、そこまでせずに、図書館やwebで調べるだけでした。 web でも、系統的に調べれば早く見つかったのかもしれません。
 今回のお正月の再放送で、また気になって、web の検索をして、これまでに見つけられなかったページに出会いました。
『南仏自然写真館』と『トンボの素顔』です。双方ともに、連絡先がありましたので、質問してみることにしました。どちらのホームページの制作者の方もご親切で、お答えを頂きました。とてもありがたいことだと思います。
 『南仏自然写真館』の方は、南仏にお住まいなので、放送の番組はご覧ではないのですが、Calopteryx virgoだろうとご教示くださいました。
 『トンボの素顔』の方は、日本のアオハダトンボとそっくりだ、と教えて下さいました。
 ですので、ウィキペディアのΖυγόπτερα でおそらく間違いないのだと思います。細かな種までは分かりませんけれど。
 うれしいお正月です。


南仏自然写真館

トンボの素顔



 それで、「アオハダトンボ」で、YouTubeを検索すると、




以前の記事:
2006年10月22日
2006年10月29日
2006年11月12日
posted by kyotakaba at 18:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

恋は水色

 「恋は水色」を歌い、ユーロヴィジョン・コンテストにルクセンブルグ代表で出場した、ヴィッキーは、コルフ島出身のギリシャ系なのだそうです。9歳の時に移民。
 1967年のユーロヴィジョンのビデオがYouTube にありましたので:
(もちろん、フランス語なのですが)
Vicky Leandros
Βίκυ Λέανδρος






 他にもいろいろあるのでしょうけれど、ギリシャ語のもの:
「κακομαθημένο πεδί」(甘えん坊? いたずらっ子?)




 当時は、日本語で録音した物もあるのですね、驚きです。60年代って、なんだか今よりももっと国際的だったのでしょうか?
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"ΠΟΔΑΡΙΚΟ" ΜΕ ΑΥΞΗΣΕΙΣ ΜΑΣ ΕΚΑΝΕ ΤΟ 2009

 1月9日付けカセメリ二web版から、
内閣改造で新閣僚の宣誓の記事:

ypourg1.jpg

 それよりも興味を引いたのは、ロシアのガス供給停止の影響の記事:

「Δεν ήθελε να δει άδεια την εκκλησία του, ο ιερέας στο Γκριγκόρεβο της Βουλγαρίας, λόγω της κρίσης με το φυσικό αέριο. Έτσι από νωρίς φούντωσε την ξυλόσομπα για να βρουν οι πιστοί ζεστό τον ναό. (AP Photo/Petar Petrog)」AP通信から
 ギリシャ国内ではなくて隣国のブルガリアの様子。

foto4.jpg


 ト・ビーマでは、大学のデモの記事。
でも、それよりも、私の注意を引いたのは、ビデオニュースでの公共交通の運賃値上げのニュース。
「"ΠΟΔΑΡΙΚΟ" ΜΕ ΑΥΞΗΣΕΙΣ ΜΑΣ ΕΚΑΝΕ ΤΟ 2009」
足が高くなる2009年。

バスもトラムもトローリーも地下鉄も電車も、1ユーロになると言うことです。
トラムは0.4ユーロ、バスは0.5ユーロ、電車は0.7ユーロ、地下鉄は0.8ユーロ、だったのですが。
 
posted by kyotakaba at 09:24| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月08日

新・現代日希辞典

 コラキニアス・ヴァシリス先生の『現代日希辞典』をリンクしていませんでした。

ですので、週パン社カスタニョティス社のページと書籍検索の結果のページを備忘します。


カスタニョティス社
ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΚΑΣΤΑΝΙΩΤΗ
Kastaniotis
カスタニョティス社


Νέο σύγχρονο ιαπωνο-ελληνικό λεξικό



978-960-03-4454-7.jpg





 以前に、カテゴリー「ギリシャ関連書籍」で投稿していたようでした。

 コンピューターが故障して、ハードディスクを交換する前には、いくつかの出版社もブック・マークを付けていたのですが、それもなくなっています。
 それで、出版社を集めたwebサイトを備忘しておこうと思います。


Publishers Global


posted by kyotakaba at 10:32| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月06日

The Boy Who Drew Cats

 今日のリフェラ元には、「"The Boy Who Drew Cats" 題名」の検索がありました。
それで以前に見たwebサイトをもう一度見ようと検索したのですけれど、見つかりませんでした。
 けれども、富山大学の図書館所蔵の『ちりめん文庫』を見つけましたので、備忘します。


ちりめん本


posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Αγορι που Ζωφραφιζε Γατες 18 惨劇の跡

Τότε βγήκε απ' την κρυψώνα του πολύ προσεκτικά και κοίταξε τριγύρω. Το πρώτο πράγμα που είδε ήταν ότι όλο το πάτωμα του ναού ήταν σκεπασμένο με αίμα, και στη μέση το πτώμα ενός πελώριου, τερατώδη ποντικού. Ενός ποντικού δαίμονα, μεγαλύτερου κι από αγελάδα !



 それから、とても注意しながら隠れていたところから出ました、そして、辺りを見回しました。そして最初に見たものは、お寺の床一面が血に覆われていたことでした。そして、真ん中に遺骸があるのを見ました。何か大きいものの遺骸です。それは途方もなく大きな鼠でした。鼠のような物の化け物でした。雌牛よりも大きいのでした。



「προσεκτικά」は、現代では、προσεχτικά と表記。

「το πτώμα ενός πελώριου」、
πελώριος は、巨大なと言う形容詞です。なので、
το πελώριο πτώμα と書いても良さそうなのですが、
不定冠詞を付けた形容詞を属格で το πτώμα に付けたのは、
何か得体の知れない大きな物の遺骸と言う感じだからだと思います。
また、形容詞も主格のまま実詞の前に置くのでなく、属格にして修飾することは多くあります。
これ以降にも、「ποντίκι 中性名詞:ネズミ」に不定冠詞がついているのは、
何かネズミに似ているよく分からないものと言う感じがあるのだと思います。



「Το πρώτο πράγμα」「το πάτωμα」「το πτώμα」
と、ちょっと似た単語が並んでいるのが面白く感じました。

posted by kyotakaba at 09:34| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Γιατί τόσα εγκαταλελειμμένα νεοκλασικά;

 カセメリニweb版、1月6日火曜日付け記事から、 (Tρίτη, 6 Iανoυαρίου 2009)
署名記事なので、記者の名前が見出しのあとにあります。

見出しは、
Γιατί τόσα εγκαταλελειμμένα νεοκλασικά;

Το ΥΠΠΟ δείχνει αδυναμία διαχείρισης της ακίνητης περιουσίας του στην Πλάκα, όπου ιστορικά κτίρια ρημάζουν
Της Γιωτας Συκκα」
記者の名前は属格。

「どうして、新古典主義(の建物)はこれほどに見捨てられているのか?
文化省は、プラカにある歴史的建物が荒廃している事について、プラカ地区での不動産の管理の脆弱さを指摘している。」

 プラカ地区には、新古典式の建物が残されているのですが、荒れた家が多いのです。観光地区でもあり、土産物店も多いのですが、地上階は土産物店として使用するために補修されていても、一階や屋根は荒れたままと言う建物も多いです。
 カセメリニの写真は、風の党の後ろに新古典式建物が見えます。これはきれいに補修されています。
A_Plaka050109A2_14363.jpg



「ΥΠΠΟ」は、Υπουργείο Πολιτισμού。文化省。




 他には、クリスマス休暇が明けたので、早速、武装闘争のニュースも。二十歳の警官が狙撃されて重体と言うニュース。
 それから地震のニュース。死者もいる模様。


posted by kyotakaba at 08:43| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月04日

καλή χρονιά

ΧΡΟΝΙΑ ΠΟΛΛΑ & ΚΑΛΗ ΧΡΟΝΙΑ









 上のビデオで、おじさんが弾いている楽器。私は知りませんでしたので、ナゴヤハローさんに尋ねました。クリティキ・リラ ということでした。Cretan lira
www.ナゴヤハロー

Cretan lira:Wikipedia

posted by kyotakaba at 19:47| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語

 『エティオピア物語』五巻あたりまで読みました。とても面白いです。その面白さは、語りにあるのだと思います。一人の人物がまた一人の人物へ物語を語って聞かせる設定になっているので、描写される情景が、人の目で見る様に限定されたもので、身近に感じるからでしょうか。もちろん、その一人が語る様子を描写する作者の視線もあります。また、一人が語る物語の中に、別の人が語る様子が描写され、その人が語る物語がありもします。これは、プラトンの対話篇にも使われる手法です。
 地元の図書館を通して他県の図書館に所蔵のものを借りているので、返却期限の延長もできないのですが、読むのが遅い私は、読み切れそうにないのが残念です。

『エティオピア物語』
『Aethiopica』
ギリシャ語では、『Αιθιοπικά』。

 Books in Greek で検索すると、DeAGOSTINIのものがありました。 
DeAGOSTINI て、イタリアの出版社なのですね。

 現代ギリシャ語と思われるものは、
『Αιθιοπικά ή Τα περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν』。

Books in Greek

greekbook.gr


posted by kyotakaba at 17:12| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月03日

「なぜその門を揺すってこじ開けようとなさるのか」

 ヘリオドロス『エティオピア物語』下田立行訳を少しばかり読みました。
 冒頭部分の、主人公、カリクレイアとテアゲネスが盗賊に捕えられて、その盗賊の住処に連れてゆかれて、そこにいた、彼らと同様に捕えられていたギリシャ人、クネモンに会うところで、エウリピデスの『メデイア』の台詞が使われていました。カリクレイアとテアゲネスが、クネモンに捕えられた経緯を尋ねた時に、それを話したくないクネモンの返答に、その台詞は使われています。「なぜその門を揺すってこじ開けようとなさるのか」と言う台詞です。
 慣用表現として使われているのかもしれない、と思いました。それで、webで検索してみました。
 この台詞は、『Μήδεια』の1317行です。

 英文の訳は直ぐに見つかりました。


Medea:Poetry in Translation

 古典ギリシャ語のものは、Anemi (キプロス大学図書館)の蔵書の電子画像で見つかりました。

Anemi Degital Library

PDF 書類です。84ページに1317行はあります。

ΜΗΔΕΙΑ


英文では、
「What now, Jason? Why all this shaking and banging at the door? Are you after these dead children and after me, their murderess? 」

古典語では、
「τί τάςδε κινείς κάναμοχλεύεις πύλας,
νεκρούς ερευνών κάμε την ειργασμένην;」
(気息記号は付けていません)

現代語では、アリストテレス大学(セサロニキ大学)図書館の電子画像にあるのですが、
全文ではないのかもしれません。見つけられませんでした。

ΓΙΑΝΗ ΠΕΡΓΙΑΛΓΓΗ の訳


 ですので、現代語ではどういうのか分かりませんでした。
「τί τάςδε κινείς κάναμοχλεύεις πύλας,
νεκρούς ερευνών κάμε την ειργασμένην;」
この古典語では、私には分からない語が多くて読めません。
τί は、疑問詞でしょう。
τάςδε は分かりません。
κινείς は、κίνω 動かす、でしょう。
κάναμοχλεύεις は分かりません。 κλονίζω 揺さぶる、が現代語ではあります。
叩くの現代語は、χτυπώ 。
πύλας は門。現代語では、πύλη 。

ですので、現代語では、
Γιατί κλονίζεις χτυπώντας την πύλη;
でしょうか?


 そこで、『Greek Proverbs』に取り上げられているエウリピデスの文句。
Η δράση φέρει καλύτερα αποτελέσματα από τα λόγια.
行動は言葉よりも良い結果をもたらす。
これは、どの悲劇にあるのかは知らないのですが。
posted by kyotakaba at 10:13| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする