2009年02月27日

Πάντων χρημάτων μέτρον άνθροπος.

 「παντών μέτρον άνθρωπος」で検索がありましたので。

 プロタゴラスの言葉。 ( Πρωταγόρας )
『Greek proverbs』にも、取り上げられています。

古典語では、

Πάντων χρημάτων μέτρον άνθροπος.
(気息記号はつけていません)

現代ギリシャ語では、

Ο άνθρωπος είναι το μέτρο του Σύμπαντος.

人間は森羅万象の計りである。

「Σύμπαντος」、現代の辞書では、「σύμπαν」。

シンバン

posted by kyotakaba at 18:02| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月26日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 5

  Ένα καλοκαίρι ο Κόγκι αρρώστησε, μέσα σε μια βδομάδα δεν μπορούσε πια να μιλήσει και να κουνηθεί καθόλου, έτσι που έλεγες πως ήταν πεθαμένος. Είχαν μάλιστα γίνει και οι ετοιμασίες για την κηδεία του, όταν οι φίλοι του ανακάλυψαν πως το σώμα του ήταν αρκετά ζεστό κι αποφάσισαν να αναβάλουν την κηδεία για λίγο, για να παρακολουθήσουν την κατάσταση του σώματος αυτού, που έμοιαζε νεκρό.




 ある夏のことです、興義和尚は病気になりました。一週間のうちに、話すことも、動くことさえ少しも出来なくなりました。あたかも、死んでいるようでした。和尚の葬儀の準備が始まった、そのちょうど最中に、友人たちは、和尚のからだが、まだまだ温かいのに気がついたのです。それで、興義和尚の葬儀を少し遅らせることに決めました。死んだような和尚のからだの様子を観察するためにです。



「έτσι που έλεγες」、
έτσι έλεγες = λες και 、あたかも〜のよう。


「ήταν πεθαμένος」、
πεθαμένος、πεθαίνω (死ぬ) のパラキメノス。形容詞化。
posted by kyotakaba at 15:42| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

ΑΛΑΣΚΑ

 今日も、iTunesをブラウズしました。それで、Πασχάλης Τερζής の2008年発表のアルバム『Μια νύχτα ζόρικη (大変な夜)』があるのを見つけました。
 そのアルバムには、「ΑΛΑΣΚΑ」と言う歌があります。アメリカのアラスカのようですが?


Mia Nihta Zoriki : Wikipedia



YouTube に (公式ではないのですけれど、)

posted by kyotakaba at 15:51| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月23日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 4

  Κανείς δεν μπορούσε να πείσει τον Κόγκι να πουλήσει κάποια από τις ζωγραφιές του με τα ψάρια. Ήταν πρόθυμος ν' αποχωριστεί κάποιο απ' τα τοπία του ή κάποιον από τους πίνακες που παρίσταναν πουλιά ή λουλούδια. Έλεγε όμως ότι δεν θα πούλαγε ζωγραφιά ζωντανού ψαριού σε άνθρωπο ικανό να σκοτώσει ή να φάει ψάρι. Κι επειδή οι άνθρωποι που ήθελαν ν' αγοράσουν τους πίνακές του έτρωγαν όλοι τους ψάρια, τα χρήματά τους δεν μπορούσαν να τον δελεάσουν.



 魚を描いた絵のうちどれかを売るように、興義和尚に説得出来るものは誰もいませんでした。風景の絵や鳥や花々を描いた絵のうちのどれもよろこんで手放すのです。けれども、生きた魚の絵は、魚を傷つけかねない、か、食べかねない人間には売るつもりはない、と和尚は言っていました。そのようなわけです。和尚の絵を買いたいと思っている人は、誰もが、魚を食べていました。彼らのお金は、和尚を釣り上げることは出来ませんでした。



「Κανείς δεν μπορούσε να πείσει」、
μπορούσε  パラタティコス時制・三人称単数。
πείσει  接続法・アオリスト時制。πείθω (説得して〜させる)。

「Ήταν πρόθυμος ν' 」
πρόθυμος 形容詞。(よろこんで〜する)。


「δεν θα πούλαγε ζωγραφιά」
θα + パラタティコス時制で、可能法。意思を表す。
πουλάω (売る)。


「άνθρωπο ικανό να σκοτώσει」
ικανός 形容詞(〜しかねない)。
σε άνθρωπο ικανό は、冠詞の省略された対格。
posted by kyotakaba at 08:22| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月22日

Greek fairy tale

I found one blog, that is the tale reading. A lady is reading tales from the whole world. In japanese,of course. There are Greek tales. I wonder some greek folks finds my this blog. Thus, when they finds this article, I hope so, they can listen tales with japanese reading.

 Ένα Blog βρήκα, που διαβάζει τα παραμύθια η γυναίκα. Δεν ξέρω κάποιος ελληκός άνθρωπος διαβάζει αυτό blog μου. Αλλά, το βρίσκει,τοτε, μπορεί να ακούει ιάπωνικά. το θέλω.

 童話の朗読のブログを見つけました。音声ファイルです。ギリシャの昔話もありましたので、備忘します。



here
greek fairy tales in japanese
posted by kyotakaba at 10:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月20日

Αιμιλιανός Μονάη

 Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού の朗読にある、カヴァフィイの詩「Αιμιλιανός Μονάη」を読んでみました。
 
Αιμιλιανός Μονάη


Με λόγια, με φυσιογνωμία, και με τρόπους
μια εξαίρετη θα κάμω πανοπλία·
και θ’ αντικρύζω έτσι τους κακούς ανθρώπους
χωρίς να έχω φόβον ή αδυναμία.

Θα θέλουν να με βλάψουν. Aλλά δεν θα ξέρει
κανείς απ’ όσους θα με πλησιάζουν
πού κείνται η πληγές μου, τα τρωτά μου μέρη,
κάτω από τα ψεύδη που θα με σκεπάζουν.―


Pήματα της καυχήσεως του Aιμιλιανού Μονάη.
Άραγε νάκαμε ποτέ την πανοπλία αυτή;
Εν πάση περιπτώσει, δεν την φόρεσε πολύ.
Είκοσι επτά χρονώ, στην Σικελία πέθανε.




  エミリアノス・モナーイ

言葉つき、顔つき、物腰で、
この上ない鎧いを着けるのだ。
そうして、私は、悪意の人々と向い合う、
怖気も弱気もなく。

彼らは私に傷を与えようとする。けれども、私に近づく者、
そんな彼らのうちでも誰も知らない。
私を覆っている嘘の下に、
傷、私の弱点があることは。

エミリアノス・モナーイの誇らしげな言葉。
彼は、そもそも、防御ということをしていたのだろうか?
鎧いにしても装いにしても、彼は、何も身に付けてはいなかった。
シクラで、二十七歳で、死んだ。


朗読は、

Αιμιλιανός Μονάη



「Εν πάση περιπτώσει,」、いずれにせよの意味。

 読んだだけなので、内容までは分かりません。

エミリアノス・モナーイ と言う人物がどういう人なのかも知らないので。

posted by kyotakaba at 16:22| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 3

  Αλλά την πιο ωραία ζωγραφιά με ψάρια, δεν την έκανε βλέποντας τα ψαρια ζωντανά, αλλά όπως τα θυμόταν από ένα όνειρο. Μια μέρα δηλαδή, την ώρα που καθόταν στην άκρη της λίμνης κι έβλεπε τα ψάρια να κολυμπούν, πήρε έναν υπνάκο κι ονειρεύτηκε ότι έπαιζε με τα ψάρια κάτω απ' το νερό. Όταν ξύπνησε, το όνειρο ήταν ακόμα τόσο καθαρό, που μπόρεσε να το ζωγραφίσει, κι αυτή τη ζωγραφιά, που την κρέμασε σε μία κόγχη του δωματίου του στο νάο, την ονόμασε «Το Ψάρι του Ονείρου».



 ですけれど、魚を描いた一番素晴らしい絵は、生きた魚を見て描いたのではありませんでした。ある夢の魚を思い出して描いたものでした。と言うのはつまり、ある日のことでした。和尚が湖の汀にしゃがんで魚が泳いでいるのを見ていたときに、眠気が和尚を捉えました、そして、和尚は、水の下で魚たちと戯れる夢を見たのでした。目が覚めたとき、夢は、なお、とても鮮明でした。ですから、それを描くことが出来るほどでした。そのような次第の絵がその一番の絵なのです。それを寺の和尚の部屋の床の間に掛けて、『夢の魚』と名を付けたのです。


「Αλλά την πιο ωραία ζωγραφιά」、対格になっています。
για την --のように、最も優れた絵に関しては、と言う意味だと思います。


「δεν την έκανε βλέποντας」、
έκανε はζωγράφισε 。アオリスト時制と思います。
κάνω はパラタティコス時制もアオリスト時制もέκανε ですかれど。
アオリスト時制は、έκαμε と書くこともあります。

βλέποντας は分詞。
見てする


「τα θυμόταν」、パラタティコス時制、三人称単数。


「την κρέμασε σε μία κόγχη」、
κόγχη は、ここでは貝ではなくて、壁龕。
お寺なので、掛け軸を掛けるところといえば、床の間だと思います。


「«Το Ψάρι του Ονείρου»」、原文はイタリックです。イタリックに出来ないので、« » にしました。

posted by kyotakaba at 08:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月18日

ギリシャ語文法 K. KUROSAWA さん

 Scribd という、ファイル共有のwebサイトにある、K. KUROSAWA さんのギリシャ語文法書。


ギリシャ語文法 1

ギリシャ語文法 2

ギリシャ語文法 3

ギリシャ語文法 4



K. KUROSAWA さん
posted by kyotakaba at 09:31| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月17日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 2

  Κάθε φορά που είχε καλό καιρό και τα θρησκευτικά του καθήκοντα το επέτρπαν, πήγαινε στη λίμνη Μπίβα κι έβαζε τους ψαράδες να του πιάσουν ψάρια, χωρίς να τα τραυματίσουν, έτσι ώστε μετά να τα ζωγραφίζει την ώρα που κολυμπούσαν μέσα σ' ένα μεγάλο δοχείο με νερό. Αφού τα ζωγράφιζε και τα τάιζε σαν χαϊδεμένα παιδιά, τα ελευθέρωνε πηγαίνοντας τα πίσω στη λίμνη ο ίδιος. Οι ζωγραφιές του με τα ψάρια έγιναν στο τέλος τόσο γνωστές, που οι άνθρωποι έρχονταν από πολύ μακριά για να τις δουν.



 お天気がよくて、信仰のお勤めがそうすることを許しているとき、そんなときはいつでも、和尚は、琵琶湖へとゆくのでした。そして、漁師たちに頼んで、魚たちが和尚に取り付くようにするのでした。漁師たちが魚を傷つけないようにもさせました。そうして、魚が水の入っている大きな器で泳いでいる間中、それを描くようにさせていました。描いてしまうと、まるで可愛い子供たちへするように、魚たちへ餌を与えるのでした。そして、和尚自身が魚たちを湖へと持っていって、放してやるのでした。ついには、和尚の魚の絵はとても有名になりました。それで、人々がとても遠くからもそれらの絵を見に来るのでした。



「τα θρησκευτικά του καθήκοντα」、三人称単数代名詞属格のτου が実詞καθήκονταの前に。

「 το επέτρπαν」、
το は、冠詞 το 。他の文を指すときの用法。
この το =(πήγαινε στη λίμνη Μπίβα)。

επέτρπαν、動詞 επιτρέπω (許可する) のパラタティコス時制・三人称複数形。
アクセントが移る、後ろから3音目の母音 ι (イオータ)は、έ (エープシロン)に変化。

「έβαζε」、動詞βάζω 。「〜に・・させる」の意味。
「βάζω 対格 να --」
ここの対格は、漁師たち「τους ψαράδες」。
να -- は、和尚に取り付く「να του πιάσουν」と(主格は魚)
魚に怪我をさせない「 χωρίς να τα τραυματίσουν」と(主格は漁師たち)
魚を描かせる「να τα ζωγραφίζει」(主格は和尚)。

「έτσι ώστε μετά」は同様の意味の接続詞が並んでいます。「それから、それで、」。


「πηγαίνοντας τα πίσω στη λίμνη ο ίδιος」、πάω の分詞による文。
τα は、中性の三人称複数代名詞の弱形・対格。動詞が分詞になっているため、動詞の後ろに移動。
ο ίδιος ( ιερέας ) は、この分詞の主格となる語。


「τόσο γνωστές, που οι άνθρωποι έρχονταν από πολύ μακριά για να τις δουν.」、
τόσο -- που、は、英語のso -- that のような意味。とても〜になったので、・・になった。



posted by kyotakaba at 09:07| Comment(3) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

Η Σκόνη του Χρόνου

 2月13日付けのカセメリニ web版に掲載されていた、アンゲロプロス監督の『Η Σκόνη του Χρόνου』の記事。

 そのはじめの部分を読みました。

Το «άγγιγμα» του σκηνοθέτη
Καλύπτεται πίσω από την Ιστορία, ενώ εμπνέεται από ένα μεγάλο έρωτα
Της Μαριας Kατσουνακη
Η Σκόνη του Χρόνου ***
ΚΟΙΝΩΝΙΚΟ - ΠΟΛΙΤΙΚΟ ΔΡΑΜΑ
Σκηνοθεσία: Θόδωρος Αγγελόπουλος
Ερμηνεία: Γουίλεμ Νταφόε, Ιρέν Ζακόμπ, Μισέλ Πικολί, Μπρούνο Γκανζ, Ρένη Πιττακή, κ.ά.


Ολα είναι γνώριμα στην αρχή: η μουσική (της Ελένης Καραΐνδρου), οι φράσεις («τίποτα ποτέ δεν τελειώνει»), η ατμόσφαιρα των προσώπων. Στη συνέχεια, ο Θόδωρος Αγγελόπουλος μας καλεί να τον επανανακαλύψουμε. Σε αυτήν την ταινία, δεν είναι ο απόλυτος κυρίαρχος και ενορχηστρωτής. Οι ήρωες λες και αυτενεργούν, ανεξαρτητοποιούνται για το δικό τους ταξίδι. Αυτό είναι και καλό και κακό. Ισως είναι η πρώτη ταινία, μετά το «Ταξίδι στα Κύθηρα», όπου το γενικευτικό: «ανθρώπινο τοπίο» μπορεί να αντικατασταθεί από το πιο συγκεκριμένο: «άνθρωπος». Οι πρωταγωνιστές είναι τέσσερις. Μια γυναίκα, δύο άντρες και ο νεαρός σκηνοθέτης – γιος. Ταινία μέσα στην ταινία, αισθήματα και αισθήσεις που διασχίζουν έναν αιώνα. Ενας έρωτας που διαρκεί όσο και η προδοσία.


監督の「感触」
歴史を包み、大きな愛を呼び起こす


『時の塵』
社会的-政治的ドラマ
監督:セオドロス・アンゲロプロス
出演:グイレム・ダフォエ、イレン・ザコーブ、ミセール・ピコリー、
  ブルーノ・ガンツ、レーニ・ピッツァキー、その他

 手法については、すべて周知のものです。音楽(エレニー・カランドルー)、台詞(終わることがない)、表情の雰囲気、それらはよく知られたものです。最近、セオドロス・アンゲロプロスはインタビューを受けるために、私たちを招きました。この映画には、専制君主も、また、まとめ役もいません。主人公たちは、あたかも、自らが行動するように動き、自らの旅へと一人立ちします。それは、慶事でもあり凶事でもあります。おそらく、『シテール島への旅』の後の、特定の人物を置き換えることのできる普遍的な「人間の風景」の、最初の映画ではないでしょうか。主人公は四人です。一人の女性と、二人の男性。それから、若い映画監督、彼らの息子。映画の中の映画では、愛情と世紀を通じての意識があります。一つの愛は、裏切りにあっても続きます。


κ.ά. は、και άλλα 、その他。

記事の中の「ενορχηστρωτής」は、編曲者、オーケストレーションをする人です。
比喩かなと思いました。

「 λες και 」は、あたかも。


監督、訳者の名前は、ギリシャ語をそのまま読みました。
アンゲロプロス監督は、日本では、テオ・アンゲロプロス監督です。
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

Η ΣΚΟΝΗ ΤΟΥ ΧΡΟΝΟΥ

 アンゲロプロス監督の『Η ΣΚΟΝΗ ΤΟΥ ΧΡΟΝΟΥ』。ベルリン映画祭で公開されたそうです。
 ブログ『ギリシャへそして ギリシャから』で、映画の公式ホームページも紹介されていましたので、備忘します。
http://blog.goo.ne.jp/lesvosolive/e/c817b715277e1059202d693d98e57ab6


Η ΣΚΟΝΗ ΤΟΥ ΧΡΟΝΟΥ

 IDMb にも、トレーラーが付きました。
http://www.imdb.com/video/wab/vi1865941785/


2008年12月04日 の記事
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャを発見してみませんか

 YouTube にある、ギリシャの方のギリシャ紹介の、写真スライドショー。
チャンネル:TuiHellasGreece
http://www.youtube.com/TuiHellasGreece

 現在は、8つのビデオ、スライドショー。
ミコノスと、ハルキディキと、サモスと、アテネと、スキアトスと、ザキントスと、タソスと、サントリーニ。



posted by kyotakaba at 11:16| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月12日

αλογάκι της παναγίας

 現代ギリシャ語で、カマキリ(蟷螂)は、「αλογάκι της παναγίας」と言うらしい。
「聖母の子馬」の意味。
検索すると、写真が結果に上がるので、使われているのだと思います。
 in.gr の検索では結果がありませんけれど。


アロガキティスパナギアス

Panoramio に投稿の写真:

Praying mantis - Αλογάκι της παναγίας


 英語の「mantis」は、ギリシャ語の予言者「μάντης」(男性名詞)からということです。



posted by kyotakaba at 16:56| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 1

 ハーンの読本から、「興義和尚の話」を読んでみます。

 これは、上田秋成の『雨月物語』に収められている「夢応の鯉魚」からのよう。


 Πριν από περίπου χρόνια ζούσε στον περίφημο ναό Μιϊδέρα, στην Οτσού της επαρχίας του Όμι, ένας σοφός ιερέας που λεγόταν Κόγκι. Ήταν ένας σπουδαίος ζωγράφος. Ζωγράφιζε το ίδιο ωραία Βούδες, όμορφα τοπία, ζώα και πουλιά, περισσότερο όμως του άρεσε να ζωγραφίζει ψάρια.



 おおよそ千年の昔、有名な三井寺に、近江の国の大津にある三井寺ですけれど、興義と呼ばれる智慧深い僧侶が住んでいました。優れた画家でした。本物のようにすばらしく、仏や美しい景色、獣らや鳥たちを描いていました。とりわけ、魚を描くのが好きでした。


「επαρχία」は、現在では県。

「ζούσε」「Ζωγράφιζε」は、パラタティコス時制。


「Ζωγράφιζε το ίδιο ωραία Βούδες, όμορφα τοπία, ζώα και πουλιά」の文、

「 ίδιο ωραία」は、副詞。本物のようにすばらしく。
冠詞「το」(対格)は、それ以降のいくつかのものをまとめて代表している。
〔仏(男性名詞複数対格)、美しい風景(中性名詞複数対格)、獣や鳥(複数対格) 〕などを描いていました。
僧侶は、本物のようにすばらしく以下のものを描いていました。仏たち、多くの美しい風景、獣らや鳥たち、をです。


posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού

 web を検索していて見つけた『Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού』(ギリシャ文化研究)というwebページ。

Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού

「Ανθολόγιο Αναγνώσεων」(朗読のアンソロジー)では、朗読を聞くことができます。

 試しに、一番はじめの「Αλεπουδέλης [Ελύτης] Oδυσσέας」の作品、『Άσμα ηρωικό και πένθιμο για τον χαμένο ανθυπολοχαγό της Αλβανίας [απόσπασμα]』を聞いてみました。
 ですが、どこを読んでいるか分かりませんでした。
διαβάζει: Αργυρόπουλος Γιάγκος, Απαγγελία, Polydor 1971

posted by kyotakaba at 16:46| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月09日

Μεγάλη Εγκυκλοπαίδεια των Παιδιών

 トンボに対応するギリシャ語を探す時も困ったのですが、生物の名前など、しばしば分からないことがあります。図鑑があればと、その度に思います。
 語学学習に際しては、その地の小学校、中学校の教科書、理科と社会と算数の教科書を読むのが、習得の近道ではないかとも思いますけれど。

 気になっている図鑑ですけれど、カセメリニには、長い間、図鑑の広告が出ています。
『Μεγάλη Εγκυκλοπαίδεια των Παιδιών』。全20巻で、各巻12ユーロ。

Μεγάλη Εγκυκλοπαίδεια των Παιδιών
カセメリニの出版。

Books in Greek にも、カタログされています。
http://www.books-in-greek.gr/booksingreek/

ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ には、12巻分だけですけれど、
植物図鑑:
Ο κόσμος των φυτών



b135041.jpg

posted by kyotakaba at 09:53| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月07日

トロイア戦争全史

『トロイア戦争全史』松田治
講談社学術文庫  2008年9月刊

松田治教授の遺稿から編纂されたもの;


講談社学術文庫

on Amazon.jp


posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月05日

Konstantinos Maleas

 1月27日にメモした『Τζιβαέρι μου』。
Τζιβαέρι μου
 そのビデオに使われている絵画が気になりました。ですので、投稿者のdeiktes さんに尋ねてみました。ご親切に教えて下さいました、うれしいです。

 私が一番好きなのは、バルコニーに立つ女性像です。これを描いた画家は、英国のオリエント派(というのでしょうか?)の画家、John Frederick Lewis。『Greek Girl Standing on a Balcony』と言う題のようです。
John Frederick Lewis:Wikipedia

英国の『Orientalist Art』と言うホームページ中のJohn Frederick Lewis


 それから、ビデオに使われているギリシャの画家。23秒頃と、1分5秒頃の絵は、Theodore Jacques Ralli。ギリシャのオリエント派の最も重要な画家なのだそうです。
Théodore Ralli:Wikipedia

eikastikon と言うホームページのTheodoros Rallis


 最後の部分の水彩画は、Aggelos Giallinas。ギリシャで最もよく知られている水彩画家なのだそうです。

eikastikon と言うホームページのAngelos Giallinas


 eikastikon と言うホームページは、artpos と言うページの中にあるようです。ギリシャ教会?
http://www.artopos.gr/default_en.asp

 deiktes さんのYouTube のチャンネルには、ほかのギリシャの画家もあります。
http://www.youtube.com/deiktes

Aggelos Giallinas の絵。




Nikiphoros Lytras の絵。




Pericles Pantazis の絵。ギリシャの印象派の画家と言うことです。



Konstantinos Maleas の絵。ポスト印象派の画家ということです。私はこれが好き。
Konstantinos Maleas:Wikipedia







 それから、lesvosolive さんが教えて下さった、クラリネットとサントゥーリを使った「Tzibaeri mou」。Eleni Tsaligopoulou がテレビ番組「για Γουστο」で歌うものが、YouTube に。



posted by kyotakaba at 08:39| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月04日

Big in Japan

 ブログ『アテネより愛をこめて』で、紹介されていた、ギリシャのテレビ局、Alpha のバライティ番組「Big in Japan」。
 12人の一般のギリシャの方が、1ヶ月間ほど日本で暮らして、ゲームをして、負けた人から帰国して、最後に残った人が賞金をもらうと言うものだそうです。
 YouTube で検索してみました。
 alphatvspot's Channel というチャンネルがありました。アルファテレビの公式のものかどうかは分かりませんけれど。そこに、番組の宣伝のビデオがありました。


日本でロケしたギリシャの番組:アテネより愛をこめて





alphatvspot's Channel:
http://www.youtube.com/alphatvblogspot


これは参加した女の子のものようです、


posted by kyotakaba at 09:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月03日

最近の本から

 books in greek のweb店のショーケースで、最近、目を引いたもの。

『Βλέμματα από την Ελλάδα』
Μάνος Ελευθερίου

19世紀から20世紀のギリシャの様々な面すべての印象。

出版社 Μεταίχμιο

on METAIXMIO

私が購入するのは、Books in Greek からが主なのですが、
リンクしても、商品のページに直接繋がらなくなりました。
on Books in Greek

on ELEFTHEROUDAKIS

on The Book Store ΑΝΤΙΠΟΛΙΣ


b137722.jpg







『Το ελληνικό παιχνίδι』
ギリシャの玩具、遊び・ゲームの歴史。

出版社の記載がないのですが、国立銀行の教育財団(MIET:MORFOTIKO IDRYMA ETHNIKIS TRAPEZIS)からの出版のようです。



on Books in Greek
この本はBooks in Greek でしか見つけられないのですが。
MIFTのホームページです。この出版のページにあるのかもしれませんが、検索窓では、探せませんでした。
MIFT

b138474.jpg



蛇足:
最近、Google は、本当に、検索が出来なくなって来ています。
上の『Βλέμματα από την Ελλάδα』も、
Google では、ヒットしません。Yahoo! では簡単にヒットしました。

posted by kyotakaba at 09:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月02日

Ο

Ο,ο


文字の名前は、「オーミクロン」。όμικρον 。
読み方は、オ。母音。
二重母音「οι」(イ)「 ου」(ウ)



Μέσα στην ομίχλη,
ομορφαίνει η ομπρέλα.
και
Η ουρά του όνου οργιάζει.
Η ομιλία του όνου και ούρας·
Η οπτασία της ουσίας ουρεί.
Το οιωνός στην οξιά,
τις όλοι όψες και οικτίρει.
οπλίζει και το οιωνός για την όρεξη.






続きを読む
posted by kyotakaba at 22:02| Comment(1) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする