2009年03月26日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 15

   »Μετά από λίγα λεπτά αναδύθηκε απ' το βυθό της λίμνης - καθισμένος στη ράχη του ίδιου μεγάλου ψαριού που μου είχε μιλήσει -ένας άνθρωπος που φορούσε κορόνα κι επίσημα ρούχα πρίγκιπα και μου είπε:
" Έρχομαι σ' εσένα μ' ένα μήνυμα απ'ο το Δράκο Βασιλιά, που γνωρίζει την επιθυμία σου να χαρείς για λίγο τον τρόπο που ζούνε τα ψάρια. Επειδή έσωσες τη ζωή πολλών ψαριών κι επειδή έδειχνες πάντοτε συμπόνια στα ζωντανά πλάσματα, ο Θεός σου χαρίζει τώρα την εμφάνιση του Χρυσού Ψαριού, για να μπορέσεις ν' απολαύσεις τις χάρες του Υδάτινου Κόσμου. Πρέπει όμως να προσέξεις να μη φας ψάρι ή οτιδήποτε φτιάχνεται από ψάρι, όσο ωραία κι αν μυρίζει κι ακόμα να μη σε πιάσει ψαράς και να μη χτυπήσεις στο σώμα με κανέναν τρόπο".




 数分の後、湖の底から、私に話したあの魚の背中に座った、冠を被り、皇子の正装を着た人間が水面に現れたのです、そして言ったのです。
「竜王からの言付けをもってあなた様の元へ参りました。竜王は、少しの間、魚たちがそうしている、その暮らしぶりを楽しみたいという、あなた様の願いをご存知です。あなた様は多くの魚たちの命をお救いになりました、それにまた、いつでも、命ある生き物たちへの慈悲のお心を示して居られます、ですから、神は、今日、水府の恩恵を楽しまれるように、あなた様へ金の魚の姿を贈られます。ですが、魚や、魚から作られたどんな物も食べないようにお気を付けなければなりません。また、何か匂いがしても、漁師があなたを捕らないように、どのようにでも、あなたのお身体を傷つけないようにお気をつけらればよいでしょう。」
posted by kyotakaba at 17:01| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月24日

Η 25η Μαρτίου

 3月24日付けのカセメリニweb版から。

 翌日の25日の独立記念日についての記事。高校生のパレードもあるようです。

この記事の最後の文。

Η 25η Μαρτίου ενώνει τους Έλληνες απανταχού της γης. Οι σκέψεις μου και οι ευχές μου απευθύνονται σε σας και τις οικογένειές σας που μακριά από την Ελλάδα κρατάτε ψηλά την σημαία του Ελληνισμού.

 3月25日は、世界中いたるところに居るギリシャ人を一つにまとめます。ギリシャから遠く離れたあなた、そしてあなたの家族たちに、ギリシャ精神の旗を高く掲げることを求めます。それが、私の思い、願いです。


高校生のパレード
24-03-09_272387_21.jpg

A_25thofmarch_13400.jpg
posted by kyotakaba at 22:55| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 14

   »Εκείνη ακριβώς τη στιγμή ένα πολύ μεγάλο ψάρι έβγαλε το κεφάλι του πάνω απ' το νερό μποροστά μου, και μου μίλησε μ' ανθρώπινη φωνή λέγοντας : "Αυτή σου η επιθυμία μπορεί εύκολα να πραγμτοματοποιηθεί. Παρακαλώ, περίμενε εδώ μια στιγμή !" Τότε το ψάρι ξαναβυθίστηκε στο νερό· δεν το 'βλεπα πια κι έστι περίμενα.



 ちょうどそのとき、一匹の大きな魚が、私の前に、水から頭を出して、人間の声で話したのです。「あなた様のその願いは、簡単に実現するでしょう。少しの間、ここで待っていて下さい。」そうして、その魚は、また、水の中へ潜っていきました。もう、見えませんでした。ですので、待っていました。

posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 13

   »Μόλις βγήκα απ' το σπίτι στον καθαρό αέρα, άρχισα να νιώθω πολύ ελαφρύς· ελαφρύς σαν πουλί που ανοίγει τα φτερά του και αφήνει το δίχτυ ή το καλάθι που το 'χανε κλεισμένο. Περιπλανήθηκα για πολλή ώρα, ώσπου έφτασα στη λίμνη. Τα νερά ήταν τόσο ωραία και γαλανά, που ένιωσα μια έντονη επιθυμία να κολυμπήσω. Έβγαλα τα ρούχα μου, έπεσα στο νερό και άρχισα να κολυμπώ. Με έκπληξη συνειδητοποίησα ότι μπορούσα να κολυμπήσω πολύ γρήγορα και με μεγάλη επιδεξιότητα παρόλο που πάντοτε, πριν απ' αυτή μου την αρρώσιτα, ήμουν πολύ κακός κολυμβητής… Νομίζετε πως ό,τι σας λέω αυτή τη στιγμή είναι απλώς ένα ανόητο όνειρο. Ακούστε όμως ! Καθώς απορούσα μ' αυτή την πρωτόγνωρη ικανότητά μου να κολυμπώ, αντιλήφθηκα πολλά όμορφα ψάρια να κολυμπούν χαμηλότερα και γύρω μου κι άξαφνα ένιωσα να τα ζηλεύω για την ευτυχία τους, γιατί όσο καλός κολυμβητής κι αν είναι ένας άνθρωπος, ποτέ δεν θα μπορέσει να χαρεί το νερό όπως ένα ψάρι.



 うちから清明な空気の中へ出るとすぐに、とても軽々とした気分を感じたのです。ちょうど、閉じこめられていた網や籠を捨てて、羽を拡げた鳥のような軽やかさです。長い間、彷徨いました。そして、彷徨った果てに湖へ行き着いたのです。水があまりに美しくて真っ青でしたものですから、泳ぎたいという強い願望を覚えたのです。服を脱いで、水に飛び込んで泳ぎ始めました。驚いたことには、私がとても速くそれも大変な技量で泳げることが自覚されました。私が病気になる前には、私は、いつでも、下手な泳ぎ手であったにも拘わらずです。……私が、今、話しているは、全て、ただのたわいない夢だと、お考えですか? でも、聞いて下さいませ。この、これまで知らなかった私の泳ぎの能力に戸惑っているうちに、私の周りを楽しげに泳いでいるたくさんの魚たちに気がついたのです。そして突然、魚たちが幸福なので、羨ましくなったのです。と言いますのも、どんなによい泳ぎ手でも、人間であるならば、魚のようには、水を楽しむことは出来ないものですから。




「παρόλο που」、〜にも拘わらず


「πριν απ' αυτή μου」、
πριν από τον καιρό μου、 〜であった以前には
posted by kyotakaba at 07:03| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

Η Λαμπρή 2

  Το μεσημέρι τρώγουν και τσουγκρίζουν τα κόκκινα αυγά.
  Νίκησε ο Ρήγας.
   --- Μ' αυτό, λεέι, θα σπάσω και τα αυγά των φίλων μου. Θα τούς νικήσω όλους.
  Τρείς μέρες τώρα όλο παιγνίδια, χαρές και τσουγκρίσματα.
   Έτσι πέρασε και η Λαμπρή με τα κόκκινα αυγά της.



 お昼にはご飯を食べてね、それから、赤い卵のぶつけ合いをするの。
 リーガスが勝ったのね。
 「お友達の卵はどれも割っちゃうぞ、みんなに勝っちゃうぞ、ほんとだよ。」
って、リーガスは言うのね。
 これがね、三日間の、全部の遊びと楽しみとぶつけ合いなの。
 こうして、復活祭と赤い卵は終わってしまったの。
posted by kyotakaba at 09:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月19日

Αναχωρήσεις

 映画の話題です。

Αναχωρήσεις
Δράμα
παραγωγή: 2008, Ιαπωνία
Πρεμιέρα στην Ελλάδα :12/3/2009

Σκηνοθεσία: Γιοτζίρο Τακίτα
Πρωταγωνιστούν: Κιμίκο Γιο, Μασαχίρο Μοτόκι


Το "Αναχωρήσεις" του Γιοτζίρο Τακίτα, είναι μια συγκινητική ταινία γύρω από το ιαπωνικό έθιμο της προετοιμασίας των νεκρών για την ομαλή "αναχώρηση" τους σε επόμενες ζωές. Η ταινία κέρδισε το Oscar Καλύτερης ξενόγλωσσης ταινίας στην 81η Απονομή και έχει συγκινήσει ιδιαίτερα το κινηματογραφόφιλο κοινό σε όποια χώρα και αν έχει προβληθεί...




『出発』
ドラマ
制作:2008年 日本
ギリシャでの初演:2009年3月12日


監督:ヨジーロ タキタ
主演:キミーコ ヨ、マサヒーコ モトーキ

ヨジーロ タキタの『アナホリーシス』は、後に残る生者たちとの障りのない別れのために、死の準備をするという、日本の風習を扱った、感動的な映画である。この映画は、第81回のオスカー・最優秀外国映画賞を獲得したものだ。また、上映された国では、特に映画好きの人々を感動させている。

http://www.kalimera.gr/cinema/preview_cinema_KALIMERA.asp?id_cinema_all=9626



9626.jpg

posted by kyotakaba at 13:35| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η Λαμπρή. 1

 読本『よい子たち』から、「復活祭」を読んでみます。


Η Λαμπρή. 1


  Έφτασε κι η Κυριακή.
  Από τα μεσάνυχτα κτυπούν οι καμπάνες.
  Ο Ρήγας και η Άννα με τούς γονείς των κρατώντας λαμπάδες πηγαίνουν στην εκκλησία.
  Τι χαρά! Φεγγοβλούσε όλη και ήταν γεμάτη κόσμο.
  Με προσοχή ακούνε τη λειτουργία και το Χριστός Ανέστη.



復活祭
1

 日曜日が来たの。
 真夜中から鐘が鳴っているの。
 リーガスとアナはね、両親と一緒にね、ろうそくを持って教会へ行くの。
 なんて楽しいの! 何もかもが輝いて、人がいっぱい。
 いっしょ懸命に、ミサ曲「キリストはよみがえり」を聴くの。






「Λαμπρή」=Πάσχα、復活祭。

「κτυπούν」、χτυπώ。古い文なので表記が違っています。
posted by kyotakaba at 10:29| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月18日

Τα κορίτσια χορεύουν.

読本『よい子たち』から、「Τα κορίτσια χορεύουν.」(女の子たち、踊る)

  
--- Κυρία! εμείς ξέρομε κι άλλο τραγουδάκι για το χελιδόνι, που το χορεύμε, λένε τα κορίτσια.
--- Εμπρός να το χορέψετε, να το μάθουν και τ' αγόρια.
Τα κορίτσια αρχίζουν :


Όλα όλα σηκωθήτε
όλα κάτω κατεβήτε
για να παίξωμε παιδιά
στ' ανθισμένα τα κλαδιά.

Πάει, έλυωσε το χιόνι
κι ήρθε πάλι χελιδόνι
και γλυκά γλυκά λαλεί
κι όλους έξω μας καλεί.




女の子たち、踊る


「先生! 私たちほかのツバメの歌を知ってます。踊るんです。」
女の子たちが言います。
「前に出て踊って。男の子たちにも覚えてもらいましょう。」
女の子たちは始めます。

みんな、みんな、起きなさい、
みんな、下へ降りて来なさい、
子供たちと遊びましょ、
お花が咲いている枝で。

雪は溶けたの、行ってしまったの、
そして、ツバメがやって来た、
やさしく、やさしく、さえずるの、
私たちみんなを呼んでるの。
posted by kyotakaba at 10:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月17日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 12

   «Ναι», απάντησε ο Σούκε, «αλλά το γεγονός ότι ξέρετε τι συνέβη στο σπίτι μας σήμερα, μας εκπλήσσει, Πείτε μας παρακαλώ, πώς τα μάθατε όλα αυτά ; »
«Ας πω λοιπόν την ιστορία μου», είπε ο ιερέας. «Ξέρετε ότι σχεδόν όλοι πίστευσαν πως ήμουν νεκρός, εσείς οι ίδιοι ήσασταν πριν λίγο εδώ για την κηδεία μου. Πριν τρεις μέρες, όμως, δεν σκέφτηκα καθόλου πως μπορούσα να 'μαι σοβαρά άρρωστος. Θυμάμαι μονάχα ότι ένιωσα αδύναμος και πολύ ζεστός κι ότι θέλησα να βγω έξω να δροσιστώ. Νομίζω μάλιστα ότι σηκώθηκα απ' το κρεβάτι μου με μεγάλη προσπάθεια, κι ότι βγήκα έξω στηριζόμενος σ' ένα μπαστούνι…… Ίσως βέβαια όλα αυτά να είναι η φαντασία μου, αλλά σύντομα θα κρίνετε από μόνοι σας αν λέω αλήθεια ή όχι. θα σας διηγηθώ τα πάντα ακριβώς όπως φαίνεται ότι συνέβησαν……»





 「そうです。」介は答えました。「ですけれど、今日、私どもの家で何が起こったかを、あなた様がご存知と言うことは、私どもを驚かせます。どうか、それら全部をどうやってお知りなったのかをお話しください。」
 「それでは、私の話をしましょう。」和尚は言いました。
「ほとんど皆のものが、私が死んだものと信じていたことは、ご存知のことですね。少し前まで、ここで、まさにあなた方ですが、私の葬儀に慌てておられた。そうですけれど、三日前には、私は自分が重い病気になろうとは、少しも考えておりませんでした。ただ、気怠くて、とても熱っぽく感じて、涼みに外へでたいと思っていたことだけを覚えておるのです。随分と骨を折って寝床から起き上がり、一本の杖に縋りながら外へ出たと、確かに、今は、考えるのです。……、おそらく、本当は、すべて、私がそう思っただけのことかもしれません。けれども、直ぐに、私が真実を言っているのかそうでないのか、あなた樣が、ご自身によってのみ、お分かりになることでしょう。起こったように見えたことを、確かにそのままに、すべて、あなた樣方へ、語りましょう。」




「το γεγονός ότι ξέρετε τι συνέβη στο σπίτι μας σήμερα, μας εκπλήσσει」、
το γεγονός μας εκπλήσσει. がこの文の幹。事実が私たちを驚かせる。





3月18日追記
「Ας πω λοιπόν την ιστορία μου」、
ας-イポタテキー は一人称、三人称の命令形。
ここでも、πω は、λέω のイポタテキー…アオリスト時制なので、一人称の命令形。

また、
ας-パラタティコス時制 は、古典語の用法で、希求法 (ευκτική)。
現代では、願望法(ευχειτκή)で、μακάρι να-パラタティコス時制、の形で使う。

最初に読んだ時、希求法の様に感じたので、
「私に話をさせて下さいませ。」と訳しましたけれど、
一人称命令形なので、
「それでは、私の話をしましょう。」に、訂正しました。
posted by kyotakaba at 08:54| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月14日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 11

   «Έτσι», είπαν μαζί ο Σούκε και ο Καμόρι, ενώ η έκπληξή τους όλο και μεγάλνωε.
«Όταν ο Καμόρι είδε το μεγάλο αυτό ψάρι», συνέχισε ο Κόγκι, «συμφώνησε αμέσως να το αγοράσει, κι όχι μόνο πλήρωσε το ψάρι, αλλά έδωσε στον Μπάνσι και μερικά ροδάκινα σ' ένα δίσκο και τρεις κούπες κρασί. Τότε φωνάξατε το μάγειρα· ήρθε, κοίταξε το ψάρι και το θαύμασε. Μετά σύμφωνα με διαταγές σας, το τεμάχισε και το ετοίμασε για το γλέντι σας …… Δεν έγιναν όλα όπως τα λέω;»




 「それで」介と掃守は、そろって言いました。一方、彼らの驚きは、ますます大きくなります。
 「掃守がその大きな魚を見ると、」和尚は続けました。
「直ぐにそれを買い上げることを承知しました。魚を買っただけでなく、文四へ皿に盛ったいくつかの桃と三杯の酒を与えもしたのです。それから、料理人を呼びました、やって来て、その魚を見て、見ほれていました。それで、料理人は、あなた樣方の指図に従って、その魚を切り分けて、宴会へ供しようとしました。私の言った通りに、すべてが起こりませんでしたか?」



「η έκπληξή τους όλο και μεγάλνωε.」、
όλο και は比較級を伴って、「より〜になる」を表す表現。ここでは比較級はないのですけれど。


「έδωσε στον Μπάνσι και μερικά ροδάκινα σ' ένα δίσκο και τρεις κούπες κρασί.」、
〔 έδωσε 〕(動詞:与える)
〔 στον Μπάνσι 〕 対格、動詞の目的語。エメッソ・アンディキメノ έμμσο αντικείμενο
間接目的語。間接なので、前置詞が付く。
σε (前置詞) τον (冠詞:単数男性対格) Μπάνσι (実詞:個人名)
〔και μερικά ροδάκινα σ' ένα δίσκο〕〔και τρεις κούπες κρασί〕 対格、動詞の目的語。アメッソ・アンディキメノ。直接目的語。直接なので、冠詞と実詞だけ。

エッメソ・アンディキメノは、動詞の前に、属格で置いた方が分かりやすいかもしれないと思います。
Του Μπάνσι έδωσε μερικά ροδάκινα σ' ένα δίσκο και τρεις κούπες κρασί.
(「Μπάνσι」 は、外国語なので、変化を付けませんでした。)


「σύμφωνα με διαταγές σας」、
σύμφωνα は副詞。〜に従って。

posted by kyotakaba at 09:32| Comment(3) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 10

   «Μα,ναι», απάντησε ο Σούκε. «Πώς το ξέρετε όμως;»
«Σε παρακαλώ, μη βιάζεσαι », είπε ο ιερέας. «Αυτός ο ψαράς ο Μπάνσι, πέρασε σήμερα την πόρτα της αυλής σου, έχοντας στο καλάθι του ένα μεγάλο ψάρι, μακρύ ίσαμε τρία μέτρα. Ήταν νωρίς τ' απόγευμα, εσύ και ο Τζούρο είχατε μόλις αρχίσει να παίζετε χαρτιά και ο Καμόρι παρακολουθούσε το παιχνίδι τρώγοντας ένα ροδάκινο, έτσι δεν είναι:»




 「まさに、その通りです。」介は答えました。「けれども、あなた様は、どうしてそれをご存知で?」
「先をお急ぎにならぬように。」和尚は言いました。
「その漁師、文四は、今日、あなた様の敷地の門を通りました。その時には、籠に、一尾の大きな、長さがおおよそ三メートルもあるものだが、魚を入れて持っておったのです。午後も早くでありました。あなた様と十郎殿は、もう、札遊びを始めて居られました。そして、掃守(かにもり)は、桃を食べながら、勝負を見物しておりました。そうではありませんか?」


「Μα」、強めの語。

「μη βιάζεσαι」、βιάζω (強要する) のメソパシィティキー・フォニー βιάζομαι (急ぐ)、
のプロスタティキー(命令) の否定形。


「Αυτός ο ψαράς ο Μπάνσι」、
「Αυτός ο ψαράς 」と「ο Μπάνσι」は、同格。同じものを指している。


「ο Καμόρι」、カモーリ。
掃守。
掃部寮 (かもんりょう)。
平安時代の役名。
宮中の掃除、設営をする。
ここでは、平の館の管理をする役の人でしょう。
posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月12日

ατρύγετος

 「ατρύγετος」。この言葉は、古典の叙事詩に使われる言葉です。ホーメロスの『オデュッセイア』など。海を形容するのに使われる形容詞です。
 高津春繁 先生の『オデュッセイア』中では、「絶え間なく揺れ動く」と「実りのない」の二つの意味があって、訳をする時には、前後の関係によって、いずれかの意味を選んだそうです。

 現代語にも、「ατρύγητος」と言う語があります。形容詞で、まだ収穫していない、の意味です。standing 。
 おそらく、古典語から引き継がれた言葉なのでしょう。「収穫していない」の方は、「実りのない」と同じような意味です。一方の、「動かないまま、淀んでいる」の方は、「絶え間なく揺れ動く」とは、反対のようですけれど。

 上の高津先生の説明を読んで、直ぐに連想したものがあります。
「転石苔むさず。a rolling stone gathers no moss.」です。 
 このことわざについては、以前にも書きましたけれど。
2007年10月21日

 そのときには、現代語での書き方は知らないままでした。それを、D.S.Baker『Greek Proverbs』から引いておきます。

Πέτρα που κυλά δεν έχει χόρτα.
作者不詳

「χόρτα」ですと、草の様に感じますけれど。

 このことわざが示そうとしているものは、結局、何なのかよく分かりません。けれども、「ατρύγετος」との連想から、私は、茫漠とした海のことかもしれないと感じる様になりました。

posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月11日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 9

   Ο Κόγκι ξαπλωμένος σ' ένα ντιβάνι όπου τον είχαν μεταφέρει, τους υποδέχτηκε καλοσωρίζοντάς τους μ' ένα χαμόγελο, κι αφού αντάλλαξαν μερικές ευχάριστες κουβέντες, είπε στον Σούκε :
«Και τώρα, φίλε, σε παρακαλώ να μου απαντήσεις σε μερικές ερωτήσεις που θα σου κάνω. Πρώτα απ' όλα πες μου, αν έχεις την καλοσύνη, αν σήμερα αγόρασες ή όχι, ένα ψάρι από τον Μπάνσι τον ψαρά».





 興義和尚は、寝椅子に自分を移させて、そこに横たわったままで、介たちを出迎えました。笑顔を浮かべて歓迎したのです。そして、短いお礼の言葉を取り交わして、その後、介に言いました。
「さて、あなた、これから私があなたにするちょっとした質問に答えてくださいませんかな。まず、今日、一尾の魚を漁師の文四から買ったかどうかを言ってくださいませんか。」




「ξαπλωμένος」、ξαπλώνω (横たわる) のメトヒー・パラキメノー(現在完了分詞)。
ここでも形容詞的な働きでなく、υποδέχτηκε へつながる節のような働き。


「ένα ντιβάνι όπου τον είχαν μεταφέρει」
τον は興義和尚。人称代名詞、男性、単数の弱形・対格。
「είχαν μεταφέρει」は、三人称複数の過去完了。主格は、寺の小僧たち。
「小僧たちが和尚を寝椅子へ運んだ。」
「その寝椅子に和尚が横たわっている。」
双方の文にある寝椅子を、関係代名詞でつないでいる。


「καλοσωρίζοντάς」、καλωσορίζω のメトヒー・エネストータス(現在分詞)。
ο と ω が反対になっている理由は分かりません。
時代による表記の違いなのか、時制で変わるのか、?

節をυποδέχτηκε の文につないでいる。

υποδέχτηκε とκαλοσωρίζοντάς は、ほぼ同じ意味の語。


「αν σήμερα αγόρασες ή όχι」
αν -- ή όχι (--なのか、あるいは、そうでないのかどうか。)




「Μπάνσι」、 バーンシ。
夢応の鯉魚には、文四とありましたので。



posted by kyotakaba at 16:08| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月09日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 8

   Τότε ένας βοηθός πήγε αμέσως στο σπίτι του Τάιρα νο Σούκε και με έκπληξή του αντίκρισε τον Σούκε, τον αδερφό του Τζούρο και τους βοηθούς του, να γλεντούν όπως ακριβώς είχε πει ο Κόγκι. Όμως αμέσως μόλις άκουσαν το μήνυμα, άφησαν τα ψάρια και το κρασί κι έφυγαν και οι τέσσερις βιαστικά για το ναό.



  そうして直ぐに、一人の小僧が平の介の館へ向かいました。そこで、小僧が驚いたことには、介と、弟の十朗と、従者たちが、和尚の言うまさにその通りに、浮かれ騒いでいるのに、行当ったのです。けれども、伝言を聞くと、すぐさまに、魚や酒を放っておいて、慌てて、寺へと出掛けたのでした。



「αντίκρισε」、αντικρίζω 直面する。

「Τζούρο」、ズーロー。
posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月08日

DIANE KOCHILAS's GrrekFoodTV's channnel on YouTube

 ギリシャ系アメリカ人のDIANE KOCHILAS さん。ギリシャ料理の本を出版されたり、レストランを経営されたりと、有名な方なのだそうです。そのDIANE KOCHILAS さんのYouTube のチャンネル。ギリシャ料理のチャンネルです。

GrrekFoodTV's channnel

ホームページ:
DIANE KOCHILAS

著書『The Food and Wine of Greece』(書籍、洋書、英語)
『The Food and Wine of Greece』 on Amazon.jp




posted by kyotakaba at 17:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 7

   Ο Κόγκι κούνησε το κεφάλι του ικανοποιημένος. Ύστερα είπε :
«Θέλω κάποιος από σας να πάει αμέσως στο σπίτι του Τάιρα νο Σούκε, όπου αυτή τη στιγμή οι νέοι γλεντούν -- τρώνε ψάρι και πίνουν κρασί -- και να τους πει ότι ξαναγύρισα στη ζωή και ότι τους παρακαλώ, αν έχουν την καλοσύνη, να αφήσουν το γλέντι τους και να έρθουν αμέσως κοντά μου, γιατί έχω να τους πω μια θαυμάσια ιστορία !…… Ακόμα », συνέχισε ο Κόγκι,
«θέλω αυτός που θα πάει να δει τι κάνουν ο Σούκε και τ' αδέρφια του· να δει αν πράγματι γλεντούν, όπως το είπα».





 興義和尚は頭をめぐらして、安心した様子になりました。そして言いました。
「お前樣方の誰かに、直ぐに、平の介の館へ行って欲しいのだが、そこでは、若者たちが今この時にも浮かれ騒いでおる、魚を食べ酒を飲んでだが、そこで、彼らに、私が生き返った、と言って欲しいのだよ、それから、そうして貰えると有難いのだけれど、宴は放っておいて、私の所へ直ぐに来るように彼らに頼んで欲しいのだよ。と言うのも、不思議な話を彼らにしなければならないから。それから…」
興義和尚は続けました。
「館に行った使いの者には、介とその兄弟たちが何をしているかを見て欲しいのだよ。本当に、私の言った通り、浮かれ騒いでいるかどうかを見て欲しいのだ。」




「ικανοποιημένος」、
ικανοποιώ (満足させる) のメソパシティキ(中動相)、メトヒー・パラキメノー(現在完了分詞)。
中動相現在完了分詞は、形容詞のように主格を叙述する働きをするのが一般。
ここでも、ήταν が省略されているとも思われますが、
メトヒー・エネストータスの場合と同じように、「〜して、〜なので」のように κούνησε に繋ぐ節のようにも思われます。
副詞化されているのではないと思います。

「Θέλω κάποιος να πάει / να τους πει」、
私は (和尚は)、誰かが、〔行くこと〕+〔言うこと〕、を望んでいる。


「έχουν την καλοσύνη」、
καλοσύνη (女性名詞:親切心)。
έχετε την καλοσύνη να 、〜して頂けませんでしょうか。丁寧な依頼の表現。謙譲表現。


「έχω να τους πω」、彼らに話さなければならない。
έχω να = have to 、=πρέπει να 。義務の表現。
posted by kyotakaba at 15:01| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月07日

wordex-Ελληνικά

 iPod toch、iPhone 用のアプリケーション・ソフト、
「wordex-Ελληνικά」


iTunes APP


Matthew Tippett blog


wordex


iTunes



posted by kyotakaba at 18:08| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η Άνοιξη 3

  Τη στιγμή εκείνη περνούν από πάνω των δύο χελιδόνια.
Τα βλέπουν μερικά παιδιά και φωνάζουν με χαπά:
-- Κυρία, κυρία ! Τα χελιδονάκια! Νάτα!
-- Καλώς τα, καλώς τα.
-- Κυρία, λέει ο Λάμπρος. Ξέρω κι ένα τραγουδάκι για τα χελιδόνια.
-- Ειπέ το, Λάμπρο, να το μάθωμε κι εμείς.

-- Χελιδονάκι μου γοργό,
μου έλειπες τόσον καιρό
σε ταξίδι μακρινό,
μας έφερες κάνα καλό ;

-- Την υγειά και τη χαρά
και τα κόκκινα αυγά.





Αίνιγμα

Από πάμω σαν τηγάνι
από κάτω σαν βαμπάκι
κι από πίσω σαν ψαλλίδι.
Τί είνει ;




 ちょうどそのときにね、みんなの上を、二羽のツバメが通ったの。
 何人かの子供たちはそれを見つけてね、うれしそうに叫んだの。
「せんせ、せんせ! ツバメちゃんよ! わーい!」
「ようこそ!おかえり!」
「せんせーい!」ラーンボロスが言ったの。
「ぼくは、ツバメのお歌を知ってるんだよ。」
「言って頂戴な。みんなでそれを覚えるように。」


速い私の燕、
遠い旅で、
長い間、君がいなくて僕は寂しかったよ。
何かいいもの持って来たの?

健康を、喜びを
それに赤い卵を持って来たのよ。




なぞなぞ

上からは、フライパン、
下からは、吸血鬼、
後からは、ハサミ。
なんだ?







 なぞなぞの答えは、もしかしてツバメ???
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

Ή Άνοιξη 2


   Ξεκινούν και φθάνουν σ' ένα καταπράσινο λειβάδι.
-- Ωραία ελιναι εδώ, κυρία, για να παίξωμε.
-- Ναί, παιδιά, αλλά πρίν αρχίσετε τα παιγνίδια, θέλω να μου πήτε τι βλέπετε γύρω.
Τα παιδιά τριγυρίζουν τη δασκάλα και αρχίζουν να λέγουν ό,τι βλέπουν.





 みんなで出掛けたの、それから、ある若草色の草原に着いたの。
「先生、とてもいいね、ここは、あたしたちが遊ぶのにね。」
「そうですね、みなさん、でも、先生はね、遊びを始めるまえに、まわりで何を見たか、私に言って欲しいの。」
 子供たちは、女先生のまわりを歩き回ったの、それでね、見たものを先生に話し始めたの。



 文章が古いものなので、現代の表記と違うものがあります。


「φθάνουν」、φτάνω の三人称複数形、エネストータス時制(現在)。
θ → τ
Ξεκινούν、φθάνουν ともにエネストータスなのは、いつもそこに行くからでしょうか?


「παίξωμε」、παίζω のイポタテキー・アオリスト時制の一人称複数形。
ω → ου 、現在では、να παιξάουμε 。


「πήτε」、λέω のイポタテキー・アオリスト時制、二人称複数形。
ή → εί  現在では、να πείτε 。
posted by kyotakaba at 10:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月05日

Ή Άνοιξη 1

 読本『よい子たち』から「 Ή Άνοιξη」を読んでみます。

   Πέρασε πιά ο χειμώνας. Οι ημέρες μεγάλωσαν κι ο ήλιος ζεσταίνει καλά τη γή. Είναι χαρά Θεου.
Ωραίος καιρός για περίπατο.
Την Πέμπτη το απόγευμα η δασκάλα ρώτησε τα παιδιά της πρώτης τάξης :
-- Θέλετε να πάμε περίπατο;
-- Θέλομε, θέλομε, κυρία ! φώναξαν όλα τρίβοντας τα χέρια από χαρά.
-- Έμπρός στη γραμμή !


 冬は、もう行ってしまったの。毎日のお昼は長くなって、太陽は気持ちよく大地を暖めているの。晴天。
 散歩にはよいお天気。
 木曜の午後、女先生は、一年生の子供たちに尋ねたの。
「みなさん、お散歩に行きたいですか?」
「行きたい、行きたい、先生!」
みんな嬉しくて手をこすりながら叫んだの。
「整列!」




「χαρά Θεου」神様の喜び=晴天。


posted by kyotakaba at 15:25| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月04日

Όταν θα πάω, κυρά μου, στο παζάρι

 子供の歌です。

posted by kyotakaba at 13:15| Comment(1) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΠΟΛΙΤΙΣΤΙΚΟ ΙΔΡΥΜΑ ΟΜΙΛΟΥ ΠΕΙΡΑΙΩΣ

PIRAEUS BANK GROUP CULTURAL FOUNDATION のプロモーションビデオ:

ΠΟΛΙΤΙΣΤΙΚΟ ΙΔΡΥΜΑ ΟΜΙΛΟΥ ΠΕΙΡΑΙΩΣ
ΠΟΛΙΤΙΣΤΙΚΟ ΙΔΡΥΜΑ ΟΜΙΛΟΥ ΠΕΙΡΑΙΩΣ


posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Alexandris

 以前にリンクしたことのあるdeiktes の別の投稿ビデオ。
伝統民謡「Alexandris」。



ビデオに使用されている絵は、
「Ελληνικός χορός」Pierre Augustin Guys
「μακρινή άποψη του ναού του Ολυμπίου Διός」作者不明




以前にリンクしたdeiktes さんのビデオは:

2009年1月27日

2009年2月5日
posted by kyotakaba at 09:04| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月03日

Galaxidi Flour-Fight

 NHKのニュースでギリシャ本土西部のフォキダ県の町ギャラクシィディで行われるお祭り、小麦合戦を紹介していました。
 このお祭りも、謝肉祭と関係があるのだそうです。オスマン帝国時代に、キリスト教の謝肉祭を禁止したために始まったものと言うことです。
 今年は3月2日に行われたそうです。

 YouTube には、今年のは、まだありませんでしたけれど、2008年のものはありました。



Γαλαξείδι

Wikipedia


大きな地図で見る


posted by kyotakaba at 17:27| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

山車

 カーニバルの山車。
το άρμα」。
元々の意味は、古代の二輪戦車。

 今年、風刺された司祭は、Ηγούμενου Εφραίμ と言う人。不正な資金作りをした疑い。
Μονή Βατοπαιδίου の司祭。

Μονή Βατοπαιδίου:Wikipedia
posted by kyotakaba at 09:06| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η Μεγάλη πέμπτη

 読本『よい子たち』から「Η Μεγάλη πέμπτη.」を読んでみます。


  Έφτασε η Μεγάρη Πέμπτη.
Η κυρά Φανή βάφει κόκκινα αυγά για το Πάσχα. Μπλούμ ! τα βουτά ένα -ένα στην κόκκινη βαφή.
Τα παιδιά γύρω κοιτάζουν με λαχτάρα.
--- Δώσε μας από ένα, μητέρα, λέει η Νίνα.
-- Τα καλά παιδιά δε γυρεύουν σήμερα, απαντά η μητέρα· την Κυριακή με το Χριστός Ανέστη.
Τα παιδιά περιμένουν.




 聖木曜日がやって来たの。
 ファニーの奥さんは、復活祭のために、たまごを赤く塗るの。ボチャーン!たまごをひとつひとつ赤い絵の具に浸けるの。
 周りの子供たちはね、わくわくしながら見詰めているの。
「お母さん、ひとつ頂戴な。」ニーナは言うの。
「よい子はね、今日は欲しがらないのよ。ハリストス様復活の日曜日にね。」
お母さんは答えたの。
 子供たちは待っているの。
posted by kyotakaba at 08:29| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月02日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 6

  Το απόγευμα της ίδιας μέρας ο Κόγκι ξαφνικά συνήλθε και ρώτησε εκείνους που τον πρόσεχαν : «Πόσο καιρό έμεινα έτσι, χωρίς επαφή με τον γύρω κόσμο;»
«Πάνω από τρεις μέρες», απάντησε ένας βοηθός. «Νομίζαμε πως ήσαστε νεκρός και μάλιστα σήμερα το πρωί οι φίλοι και οι ενορίτες σας συγκεντρώθηκαν στο ναό για την κηδεία σας. Κάναμε όλες τις ετοιμασίες, μετά όμως, βλέποντας πως το σώμα σας δεν είχε παγώσει εντελώς, αναβάλαμε την κηδεία και τώρα χαιρόμαστε πολύ που έγινε έστι».




 その同じ日の午後に、興義和尚は、突然に、快復したのです。そして、世話をしている者たちに尋ねました。「私は、どれくらいの時間、周りの世界と接触なくおったのかな。」
 一人の小僧が答えました。「三日以上でございます。」
「私どもは、和尚様がお亡くなりになったのだと思いました。ですので、今日の朝、ご友人方と信者たちがお寺に葬儀のために集まっておりました。皆、準備をしておりました。そうするうち、貴方様のお身体が、完全には冷たくなっていないことが分かりましたので、ご葬儀を延期した所でございました。そして今、このようなことで、とても、皆、喜んでおります。」


「ξαφνικά συνήλθε」、
συνήλθε συνέρχομαι のアオリスト三人称単数。語義は、集まる。
συνέχομαι απο は、病気から快復する。


「ρώτησε εκείνους που τον πρόσεχαν 」、
ρώτησε の主格は、興義和尚。
εκείνους、指示代名詞(εκείνος)。関係代名詞 που で、説明されているから、
τους で、動詞の前に置かれたり、αυτούς を使われたりしていない。


「ήσαστε νεκρός 」「οι ενορίτες σας」「την κηδεία σας」「το σώμα σας」、
ήσαστε、σας は、二人称の複数形。これは尊敬表現。小僧の興義和尚に対しての尊敬表現。


「βλέποντας」、
βλέπω の分詞。節を作って、「αναβάλαμε την κηδεία」につながる。
ここでは、原因・理由の節。〜だから、αναβάλαμε ・・。
posted by kyotakaba at 09:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Πατρινό καρναβάλι

 というわけで、『地球アゴラ』を見ました。楽しかったです。司祭を風刺する山車もちゃんと出ていました。

 YouTube で、今年のカルニバルを見てみました。

海へ行こう!

http://www.youtube.com/watch?v=QcpN1r8Xbe8



仮装をテーブルの上で見せる子供




Πατρινό καρναβάλι


番組で、中継をされた折田芳香さんのブログ:

ギリシャ・イタリア生活日記 地中海とカフェ物語Diary
posted by kyotakaba at 08:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月01日

地球アゴラ

 3月1日の、NHK BS1の番組『地球アゴラ』では、
ギリシャのパトラからの中継が予定されているそうです。
アポクリエスのパレードを生放送で放送する予定と言うことです。

2月15日の「ト ビーマ」の記事に、司祭を批判するような山車が作られていて、
それが問題になっていると言うような記事があったのですが。
子細は分かりません。


ContentSegment_10172421$W310_H_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg

posted by kyotakaba at 08:38| Comment(1) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする