2009年04月30日

Γιάννης Ρίτσος

ContentSegment_11043322$W310_H_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg

 ト・ビーマweb版の4月29日付けの記事に、ヤニス・リッツォスの記念展示のお知らせがありました。

見出し
Εκδηλώσεις για τον Γιάννη Ρίτσο στη Μονεμβασιά
モネムバシアで、ヤニス・リッツォスの記念展示会

Συμπληρώνεται ένας αιώνας από τη γέννησή του
彼の誕生から一世紀が過ぎました。

 記事の最初の部分。
「Η Μονεμβασιά, η γενέθλια πόλη του Γιάννη Ρίτσουτιμά τα 100 χρόνια από τη γέννησή του (Πρωτομαγιά του 1909) με μια σειρά εκδηλώσεων που έχουν στόχο να αναδείξουν την πολύπλευρη προσωπικότητα του ποιητή και να περάσουν στη νέα γενιά τα πανανθρώπινα μηνύματα του έργου του.」
生誕百年(1909年5月1日生まれ)を迎えるヤニス・リッツォスの生誕の町、モネムバシアは、詩人の多面な人格を際立たせ、また、彼の作品の全人類的なメッセージを若い世代に渡すことを、目的とした一連の展示会が、モネムバシアで行われます。


Γιάννης Ρίτσος (Yiannis Ritsos)
http://el.wikipedia.org/wiki/Γιάννης_Ρίτσος

モネムバシア
http://en.wikipedia.org/wiki/Monemvasia

Μονεβασιά

日本語訳は、中井久夫 訳で『括弧・リッツォス詩集』があるようです。
みすず書房 1991年刊。


6月からのようです。

http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=265741&dt=29/04/2009
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(4) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻1-4

   Κι όμως δεν θα μπορούσες να πείς πως ήταν μάχη καθαρή αυτό που είχε γίνει : μαζί με τα πτώματα ήταν ανακατεμένα θλιβερά απομεινάρια απο κάποιο κακότυχο φαγοπότι που είχε αυτή τη φρικτή κατάληξη· μερικά τραπέζια ήταν ακόμα γεμάτα φγητά κι άλλα κείτονταν καταγής πλάι στά χέρια των νεκρών που τα είχαν χρησιμοποιήσει αντί για όπλα στην απρόβλεπτη εκείνη μάχη· άλλα σκέπαζαν σώματα ανθρώπων που είχαω νομίσει πως θα 'βρισκαν κάτω απο αυτά καταφύγια· έβλεπες κρατήρες αναποδογυρισμένους να κρέμονται απο τα χέρια των νεκρών που είτε έπιναν είτε ετοιμάζονταν να τους χρησιμοποιήσουν αντί για πέτρες· η αιφνίδια συμφορά τους είχε διδάξει καινούργιες χρήσεις, αναγκάζοντάς τους να χρησιμοποιούν τα ποτήρια για βέλη.


 けれども、起こった戦いがどのようなものだったかを隈無く言うことは出来ないだろう。遺体は、悲惨な終わり方となった、不幸な誰だかの料理の残りと、無惨にも混ぜ合わされていた。あるテーブルには、まだ、食べ物が満たされていた。別のテーブルは、予期出来なかった戦いで、それを武器の代わりにしようとした死者の手の側に、地面に転がっていた。あるテーブルは、そこに隠れ場所を見つけたと思われる人の身体を覆っていた。また、酒壷がひっくり返された状態で、それを飲もうとしていたのか、あるいは、投石の代わりに使おうとしていたのか、いずれか分からないけれど、それを持つ死者の手からぶら下がっていた。不意の惨事は、彼らに、矢の代わりに杯を使うという、新しい使い道を、否も応もなく、教えたのだった。
posted by kyotakaba at 08:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

Χρώματα και αρώματα της άνοιξης

 ト・ビーマweb版、4月28日付けに、春の花の展示会のニュースがありました。

Αθήνα - Τρίτη 28 Απριλίου 2009



Χρώματα και αρώματα της άνοιξης

  Στα χρώματα της άνοιξης ντύθηκε το Πάρκο «Σοφία Βέμπο», στο Πεδίον του Αρεως στη Θεσσαλονίκη, καθώς εκεί διοργανώνεται η Ανθοέκθεση κάθε χρόνο από τον κεντρικό δήμο της συμπρωτεύουσας. Στον χώρο της έκθεσης παρουσιάζονται άνθη, φυτά και πρωτότυπες συνθέσεις από 60 ανθοπαραγωγούς που προέρχονται από διάφορες περιοχές της Βόρειας Ελλάδας. Η Ανθοέκθεση θα λειτουργεί από τις 09.00 ως τις 14.00 και από τις 17.00 ως τις 22.00, ενώ θα διαρκέσει μέχρι τις 9 Μαΐου. Παράλληλα, αύριο θα εγκαινιαστεί και η ανθοκομική έκθεση του Δήμου Καλαμαριάς, η οποία διοργανώνεται επί 22 συνα πτά έτη.(ΑΠΕ/ΝΙΚΟΣ ΑΡΒΑΝΙΤΙΔΗΣ)


http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=1&artId=265520&dt=28/04/2009




春の色と香り

 セサロニキのペリドン・トゥ・アレウス公園の中のソフィア・ベボ記念公園が、春の彩りを纏っています。それは、セサロニキの中心地区のアンソエクセシが、毎年、催すものです。会場では、ギリシャ北部のさまざまな土地原産のものから、60名の花生産者が新しく創り出した、花や植物が展示されています。アンソエクセシは、5月9日までの間、9時から14時までと、17時から22時まで、開場されています。また、明日には、カラマリアス地区の花壇が公開されます。これは、22年以上開催されているものです。



 ペリドン・トゥ・アレウス(Pedion tou Areos) は、同名の公園がアテネにもあります。同じ名前の公園が、セサロニキにもあるのでしょうか? 私の読み間違いなのでしょうか?


「συμπρωτεύουσας」、
συμπρωτεύουσα 女性名詞、国で二番目に大きい都市。セサロニキのこと。

「Σοφία Βέμπο」は、女優。1910-1978。
http://el.wikipedia.org/wiki/Σοφία_Βέμπο


ContentSegment_11036541$W310_H_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg


http://www.thessalonikicity.gr/astiki_anaptixi/Prasino/antho-09.htm


posted by kyotakaba at 09:38| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月28日

Το μακροβιότερο Νομπέλ και το «μαγικό» ελιξίριό του

 ト・ビーマに、百歳を祝う、イタリアの生理学者リータ・レーヴィ=モンタルチーニの記事がありました。AP のローマからの配信ですけれど。

 見出しは、「Το μακροβιότερο Νομπέλ και το «μαγικό» ελιξίριό του」。
「最長寿のノーベル賞学者と不老長寿の《魔法》」

写真と、その説明。

265442_310x.jpg

「Με ένα ποτήρι σαμπάνια γιόρτασε τα 100 της χρόνια η Ρίτα Λέβι-Μονταλτσίνι, νομπελίστρια και ισόβια γερουσιαστής. Η γηραιά κυρία διαθέτει εξαιρετική πνευματική διαύγεια χάρη σε σκεύασμα που ανακάλυψε η ίδια (AP/Riccardo De Luca)」
「 百歳を祝う一杯のシャンパンを口にするノーベル賞受賞者で終身上院議員のリータ・レーヴィ=モンタルチーニ。老婦人は、発見をした時と同じ、優れて知的で澄んだ能力があります。」



http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=2&artId=265442&dt=27/04/2009
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月27日

エティオピア物語 第一巻1-3

   Η παραλία, γεμάτη σώματα ανθρώπων που είχαν πρόσφατα σφαγιαστεί, άλλα νεκρά άλλα μισοπεθαμένα με κάποια μέλη τους να σπαράζουν ακόμα, μαρτυρούσε ότι η μάχη μόλις είχε τελειώσει.



 海岸は、今しがた惨殺されたばかりの人間の遺体で満ちていた。一団の内のある者は死んでおり、ある者は、まだもがいていて瀕死だった。その様子で、戦いが終わったばかりだということは明らかだった。



「μαρτυρούσε」、
μαρτυρώ 動詞「証拠になる、明らかにする」の三人称単数パラタティコス時制。
ここでは、非人称のようになっています。
posted by kyotakaba at 09:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月25日

Η Πύλη για την Ελληνική Γλώσσα

 webサイト『Η Πύλη για την Ελληνική Γλώσσα』。(ギリシャ語への門)
 右サイドバーの、お気に一リンクに加えました。

http://www.greek-language.gr/greekLang/el/index.html
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

エティオピア物語 第一巻1-2

   Και να τί είδαν : ένα καράβι δεμένο από τα σχοινά της πρύμης, έρημο εντελώς και φορτωμένο ως τα μπούνια. Το πράγμα φαινόταν και από μακριά : από το βάρος του φορτίου το νερό είχε ανέβει ως το τρίτο ζωνάρι του πλοίου.



 そして彼らが見たものは、船尾を綱で繋がれた一層の小舟だった。全く誰も居らず、目一杯に荷を積まれた舟。その様子は、遠くからでは、荷の重さのために海水が船の第三吃水線まで上がっているように見えた。
posted by kyotakaba at 15:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΝΕΡΟΠΟΝΤΗ

 iTunes storeのトップセラーにあったもの。

『Neroponti』 Alkinoos Ioannidis
『Νεροποντή (どしゃぶり)』Αλκίνοος Ιωαννίδης

Αλκίνοος Ιωαννίδης は、69年に、北キプロスのニコシアに生まれた人です。
ということは、74年の分断を、幼年で経験した人なのだと思います。

Αλκίνοος Ιωαννίδης:ウィキペディア



on iTunes store



Αλκίνοος Ιωαννίδης:My Space


EL ARRULLO(エルアルージョ) に入荷しているといいのですが、
http://www.ahora-tyo.com/top/index.php


posted by kyotakaba at 09:43| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

Αγία Μαρίνα 聖マルガリータ

 アテネに住んでいたとき、毎日、前を通りかかる宗教用具のお店の店先に、きれいなイコンが飾ってあり、それが欲しくてならなかったので、買いました。
 イコンには、Αγία Μαρίνα と書いてありました。でも、わたしは、それを、聖母マリアだとばかり思っていました。どうして、マリナと書くのか知ら、とは思ったのですけれど。それに、どうして、手に槌を持って悪魔を退治しているのか知ら、とも思っていたのですけれど。
 それが、マリアではなくてマリナだと、最近知りました。英語だと、マルガリータ。聖マルガリータ、アンティオキアのマルガリータ。
 アンティオキアのマルガリタ:ウィキペディア

Η Αγία Μαρίνα και το θαύμα


 何年も経ってから、知ったのでした。

File0004.jpg




アヤ・マリナ 賛美歌

posted by kyotakaba at 22:36| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月21日

エティオピア物語 第一巻1-1

 『エティオピア物語』を読んでみます。

 ΑΡΓΑ 出版社、現代語訳、ΑΛΟΗ ΕΙΔΕΡΗ


第一巻、1-1

   Η μέρα μόλις πού χαμογελούσε και ο ήλιος καταύγαζε τις κορυφογραμμές, όταν κάποιοι άνδρες με ληστρικό οπλισμό ξεπρόβαλαν από τους λόφους που υψώνονται πάνω απο τις εκβολές του Νείλου στο στόμιο το καλούμενο Ηρακλεωτικό. Στάθηκαν λίγο εκεί και βάλθηκαν να ψάχνουν με τα μάτια τη θάλασσα κάτω. Πρώτα άφησαν το βλέμμα τους να πλανηθεί στο πέλαγος και , καθώς κανένα πλεούμενο δεν υποσχόταν άγρα ληστρική, έριξαν τη ματιά τους στην κοντινή παραλία.




 明け初めると直ぐに、太陽は連なる頂を照らした。陽に明るくなると、イラクレオティコと呼ばれるナイル河口の流出口の上に聳えている丘から、山賊風の武装を着けた男達が現れた。少しの間、そこに立ち、目で下の海に何かを探そうとしていた。初めには、眼差しを海の上に彷徨わさせていたが、野卑な盗賊に期待を抱かせるような船はなかったので、視線を身近な海岸線へ投げ掛けた。



posted by kyotakaba at 18:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月20日

『祈りの心身技法』

『祈りの心身技法 十四世紀ビザンツのアトス静寂主義』
久松 英二
京都大学学術出版会  2009年3月刊
京都大学学術出版会

on Amazon.jp

紀伊国屋web書店


久松 英二:
久松 英二:Read
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Πες μου μια λέξη

「Πες μου μια λέξη」。
作詞:Αλέκος Σακελλάριος (Alekos Sakellarios)。
作曲:Μάνος Χατζιδάκις (Manos Hatzidakis)。

歌:Δημήτρης Χορν (Dimitris Horn) とΜάρω Κοντού (Maro Kodou).

映画の中で使われたと思うのですけれど、その映画は分かりません。



ジャズ風にアレンジされたもの




エレクトロニクス風にアレンジされたもの




クレタのイラクリオンでの催し物での




 ウィキペディアで見ると、Δημήτρης Χορν とΜάρω Κοντού が一緒に出演している映画は、『Αλίμονο στους νέους』です。1961年のΑλέκος Σακελλάριος 監督の作品。けれども、上の歌が、その映画に使われたかどうかは確認出来ませんでした。
posted by kyotakaba at 09:04| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月19日

Ο Θεός δίνει το 'να, δίνει και τ' 'αλλο.

『Παροιμίες και Φράσεις』から。

ことわざ、
「Ο Θεός δίνει το 'να, δίνει και τ' 'αλλο.」

神は一つを与えて、それから、また別のものを与える。

 「天は二物を与えず」ではなくて、「禍福は糾える縄の如し」のような意味のようです。

 説明は、
「Η σωή μας έχει και καλά και άσχημα. Να μην καυχιόμαστε όταν είμαστε ευτυχείς, ούτε να απελπιζόμαστε στις άσχημες στιγμές.」

私たちの人生にはよい時も悪い時もあります。幸運だからといって驕ってはなりませんし、また、不運な時にも絶望してはいけません。
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月18日

タッチ・オブ・スパイス

 今日の深夜(19日1時半)に、映画『タッチ・オブ・スパイス』を、福岡の西日本放送が放映するようです。私は見ることができません。他にも、放映する局はないでしょうか。
posted by kyotakaba at 21:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΑΠΧΑΙΑ ΕΛΛΗΝΙΚΗ ΚΑΙ ΒΥΖΑΝΤΙΝΗ ΓΡΑΜΜΑΤΕΙΑ

 先日購入した『ΑΙΘΟΠΙΚΑ』は、ΑΡΓΑ 出版社からのものです。
 ΑΡΓΑ 出版社には、ΑΠΧΑΙΑ ΕΛΛΗΝΙΚΗ ΚΑΙ ΒΥΖΑΝΤΙΝΗ ΓΡΑΜΜΑΤΕΙΑ というシリーズがあります。『ΑΙΘΟΠΙΚΑ』も、そのシリーズの中の一冊でした。
 『ΑΙΘΟΠΙΚΑ』の巻末に、シリーズのカタログがありました。それを見て、ビザンチン絵画を表紙に使った本が私の注意を引きました。
 『ΑΛΕΞΙΑΣ』と『ΧΡΟΝΟΓΡΑΦΙΑ』です。

 『ΑΛΕΞΙΑΣ』は、ΑΝΝΑ ΚΟΜΝΗΝΗ の著作。(英語タイトル:The Alexiad)
Άννα Κομνηνή(Anna Komnene アンナ・コムネナ)は、ビザンチン帝国、コムネノス王朝の皇帝アレクシオス1世コムネノスの皇女ということです。
アンナ・コムネナ:wikipedia
Alexiad:wikipedia

734.gif




 『ΧΡΟΝΟΓΡΑΦΙΑ』は、 ΜΙΧΑΗΛ ΨΕΛΛΟΣの著作。(the Chronographia 年代記)
 Μιχαήλ Ψελλός(Michael Psellos ミカエル・プセルロス) 。
ミカエル・プセルロス:wikipedia

 『年代記』の邦訳も無いのでしょうか?

259 PSELLOS HRONOGRAFIA.gif




ΑΡΓΑ Publications


posted by kyotakaba at 10:20| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月17日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 23

   Σύντομα ο Κόγκι ανάρρωσε κι έζησε τόσο που μπόρεσε να κάνει πολλές ακόμα ζωγραφιές. Λένε ότι πολύ καιρό αφού πέθανε, μερικές από τις ζωγραφιές του με ψάρια έτυχε κάποτε να πέσουν στη λίμνη κι ότι τα ψάρια ξεκόλλησαν αμέσως απ' το μετάξι ή το χαρτί, όπου ήταν ζωγραφισμένα, και κολύμπησαν πέρα μακριά!



 直ぐに、興義和尚は快復して長生きをしました、それで、もっとたくさんの絵を描くことが出来ました。幾年もの長い歳月の後、亡くなったということです。和尚の幾枚かの魚の絵は、いつのことか、どういう訳だか、湖へ落ちたと言うことです。魚たちは、落ちると直ぐに、そこに描かれていた絹や紙から抜け出て、遠くへと泳いで行ったと伝えられています。



「έζησε」、
ζω のアオリスト形です。
「生きる、生活する」の意味でしたら、パラタティコス時制になるのが適当と思います。
アオリストなので、survive の意味だと思いました。




「Λένε」、〜ということです。


「έτυχε κάποτε να」、
τυχαίνω να は、偶々〜が起こった、の意味ですけれど、
誰かが意図して捨てたというのでもなく、理由が明らかでもなく、
落ちてしまった、というような意味だと思いました。


 「興義和尚の話」はこれでおしまいです。
posted by kyotakaba at 09:56| Comment(3) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月16日

Αιθιοπικά ή Τα περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν

 注文していた『Αιθιοπικά ή Τα περί Θεαγένην και Χαρίκλειαν』がBooks in Greek から届きました。
 封筒に貼られた切手には、Νίκος Κούρκουλοςという人の肖像画が使われていました。俳優ということです。

ウィキペディアの説明:
http://el.wikipedia.org/wiki/Νίκος_Κούρκουλος

IMDb の説明:
http://www.imdb.com/name/nm0468042/

 実は、この本を、Books in Greek で購入するのには、少々、手間がかかりました。Books in Greek は、最近、ページを新しくして、きれいになりました。それで、システムも変更されたのでしょう、購入の諸事項を記入して、最後の終了を押すと、どうしても、「ぺーじがありません」という表示になってしまいました。結局、電子メールでの注文になりました。


 封筒.jpg

 中を開いて、最初は、この本は研究書だったのか知ら、と思ってしまいました。冒頭に解説がかなりの量ついていました。本文も、脚注が多いです。

 第二巻、冒頭の挿絵のページ:

写真 1.jpg


 全部読むとしたら、何年かかるでしょう…


 YouTube に投稿されていた、Νίκος Κούρκουλος の出演している舞台か映画かのビデオ:
http://www.youtube.com/watch?v=V8_Wr5l-moM



posted by kyotakaba at 10:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 22

   Όταν ο ιερέας τελείωσε την ιστορία του, έκπληκτα τα αδέρφια άρχισαν να σκέφονται και ο Σούκε του είπε: «Θυμάμαι τώρα ότι είχα προσέξει πως όση ώρα κοιτάζαμε το ψάρι, το στόμα του κουνιόταν, δεν ακούγαμε όμως καιμιά φωνή … Τώρα πρέπει να στείλω στο σπίτι έναν υπηρέτη με τη διαταγή να πετάξει τα υπολείμματα του ψαριού λίμνη».


 和尚が話を終えると、兄弟は考え込みました。そして、介は和尚に言ったのです。「今、思い出しました。魚を見ている間はずっと、魚の口が動いていることに気が付いておりました。ですが、何の声も聞こえなかったのですが…、さて、誰か奉公人を魚の残りを湖に放るようにとの指示を持たせて使いに遣らなくてはなりません。」



「τα αδέρφια」、兄弟たち。複数形。男女の区別はない。
posted by kyotakaba at 09:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月15日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 21

   »Έτσι ο μάγειράς σας με πήγε στην κουζίνα και με πέταξε βίαια επάνω σ' ένα σανίδι, όπου υπήρχε ένα τρομερά κοφτερό μαχαίρι. Με το αριστερό του χέρι μρ πίεσε προς τα κάτω, ενώ με το δεξί έπιασε το μαχαίρι· του φώναξα : "Πώς μπορείς να με σκοτώνεις τόσο απάνθρωπα ! Είμαι ένας πιστός του Βούδα! Βοήθεια! Βοήθεια!" Την ίδια στιγμή όμως ένιωσα το μαχαίρι να με χωρίζει στα δύο· ήταν ένας φρικτός πόνος! Άξαφνα τότε ξύπνησα και είδα ότι βρισκόμουν εδώ, στο ναό».



 それから、あなたのお屋敷の料理人が、私を厨房へ携えてゆきました。そして、俎板の上に乱暴に放りました。そこには、一本の恐ろしい鋭い包丁があったのです。左手で私を下に押し付けて、右手で包丁を取り上げました。その時、私は彼に叫んだのです。「私を殺そうなどと、どうしてそんな恐ろしいことが出来るのですか!私は仏徒です!助けて、助けて下さい!」 けれども、その瞬間、包丁が私を二つに切り分けるのを感じたのです。それは凄まじい痛さでした! そして、突然目覚めて、ここ、お寺にいることがわかったのです。」
posted by kyotakaba at 12:32| Comment(3) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

ΤΑΞΙΔΙ ΣΤΑ ΠΑΛΙΑ ΣΧΟΛΙΚΑ ΧΡΟΝΙΑ - ΑΙΓΙΝΑ

 エギナ島にある小学校の写真をスライドショーにして、ノスタルジックにまとめたものが、YouTube に投稿されていました。
 93年に立て替えられたようです。
 古い写真は、懐かしく感じられます。



posted by kyotakaba at 18:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ιστορία της Χαρτογραφίας του ελληνικού χώρου 1420-1800

 Boos in Greek のweb店、ショーウィンドウに並んでいた本から。

『Ιστορία της Χαρτογραφίας του ελληνικού χώρου 1420-1800』

ギリシャの地図に関する研究の本です。
E.I.E (国立ギリシャ研究財団)出版。

E.I.E

Books in Greek:

Books in Greek

約80ユーロなので。

xartes1420.jpg
posted by kyotakaba at 08:06| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月13日

ΣΑΡΑΚΗΝΟΙ

 インターネットのメールを受け取りました。知らない方でしたけれど、YouTube に投稿されたご自分のビデオでした。ビデオは、ΣΑΡΑΚΗΝΟΙ という所の、たくさんの滝の写真をスライドショーにしたものに音楽を付けたものでした。音楽は、現代のエレクトロニクス楽器のビートになっていますが、伝統的な歌のようです。
 ΣΑΡΑΚΗΝΟΙ は、ギリシャ北部の、マケドニア県の、エデッサより北で、マケドニア共和国の国境に近い所にあります。

 それをリンクしておきます。




地図:


大きな地図で見る
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

EKEBI CHILDRENS BOOK FAIR

 2008年の子供読書博覧会のコマーシャルビデオ。
YouTube に、映像制作会社が投稿していたので。




EKEIBI


posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

Ο Ντούτσε αφηγείται

 YouTube に投稿されていた短編アニメーション映画。
ギリシャでの、最初のアニメーション映画ということです。1942年。



posted by kyotakaba at 09:40| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 20

   »Εκεί, όταν άνοιξαν το καλάθι, είδα εσένα και τον Τζούρο να παίζετε χαρτιά στο νότιο δωμάτιο και τον Καμόρι να σας παρακολουθεί τρώγοντας ένα ροδάκιωο. Σε λίγο βγήκατε όλοι σας βεράντα για να με δείτε και χαρήκατε πολύ που ήμουν ένα τόσο μεγάλο ψάρι. Σας φώναξα όσο πιο δυνατά μπορούσα: "Δεν είμαι Ψάρι ! Είμαι ο Κόγκι -- ο Κόγκι ο ιερέας ! Σας παρακαλώ αφήστε με να γυρίσω πίσω στο ναό !" Εσείς όμως χειροκροτούσατε απ' τη χαρά σας και δεν δώσατε καμία σημασία στα λόγια μου.



 それから、籠が開いた時、あなた様と十朗殿が、南の部屋で、札遊びをなさっており、掃守が桃を食べながら、あなた樣方を見ているのを、私は見たのです。すぐに、あなた樣方は皆、軒縁に出ていらっしゃって、私をご覧になり、私が大きな魚ですから、大変に喜ばれました。私は、あなた樣方に、出来る限りの大きな声で叫んだのです。「魚ではありませんぞ!興義ですぞ。僧の興義ですぞ。どうか、私が水の中へ帰れるように放して下さりませ。」 しかしながら、あなた樣方は、嬉しさで手を打っておられ、私の言葉の意味がお分かりにならないのでした。
posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

ディズニー映画の歌をギリシャ語で

『白雪姫』




『眠れる森の美女』




『美女と野獣』





『シンデレラ』


posted by kyotakaba at 13:01| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 19

   »Παρ'όλα αυτά, μετά από λίγο η πείνα μου έγινε τ'οσο έντονη, που δεν μπόρεσα ν' αντισταθώ στον πειρασμό. Έτσι ξαναγύρισα κολυμπώντας στο αγκίστρι, ενώ σκεφτόμουν ότι ακόμα κι αν μ' έπιανε ο Μπάνσι, δεν θα μου έκανε κακό γιατί ήταν φίλος μου παλιός. Δεν κατάφερνα όμως να απαγκιστρώσω το δόλωμα, και καθώς η μυρωδιά της τροφής μ' έκανε να χάσω την υπομονή μου, το κατάπια ολόκληρο με μια χαψιά. Αμέσως ο Μπάμσι τράβηξε την πετονιά του και μ' έπιασε. Του φώναξα "Τι κάνεις; Με πονάς! " Φαίνεται όμως ότι δεν μ' άκουγε και γρήγορα πέρασε ένα σπάγκο μέσα απ' το στόμα μου. Μετά, με πέταξε στο καλάθι του μ' έφερε σπίτι σας.



 そうは申しましても、少し経つと、空腹は大変に強くなりまして、誘惑に抗うことが出来なくなるほどでした。そうして、泳いで、針の所へ、また戻ってゆきました。文四が私を捕えたにしても、痛めつけたりはしないだろう、と言うのも、昔なじみの友人なのだから、と考えたから、戻って行ったのです。罠を針から何とかして外すことは出来ませんでした、でも、ますます、食べ物の匂いは私の辛抱を失わせます。それで、それを一飲みに丸ごと飲み込んでしまったのです。すぐに、文四は釣り糸を引いて、私を捕えました。私は文四へ叫んだのです。「何をなさるのですか、痛いです!」 ですけれど、文四には私の言うことが聞こえないようでした。そして、すばやく、私の口から糸を抜き取りました。そのあと、籠の中へ、私の身体を放り込んだのです。



「Παρ'όλα αυτά」、
それでもやはり


「 ενώ σκεφτόμουν ότι ακόμα κι αν μ' έπιανε ο Μπάνσι, 」、
ενώ-パラタティコス時制 は、〜している間。
ここでは、理由の副節のように読みました。
ενώ-アオリスト時制/現在形 では、〜にも拘らずの意味になりますから。

「καθώς η μυρωδιά της τροφής μ' έκανε να χάσω την υπομονή μου, 」、
καθώς-パラタティコス時制 は、〜するにつれて。


「σπάγκο」、糸。
Oxford Learner's や川原辞書では、σπάγγος とあります。
ウィクショナリーには、σπάγκος であります。
posted by kyotakaba at 09:13| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月07日

Αριστόγατες

 YouTube に、ディズニー映画『The Aristocats おしゃれキャット』のギリシャ語吹き替えがありましたので、

子猫たちがピアノを弾いて歌う場面









on Amazon.jp



ついでに、
フランス語吹き替え:



ドイツ語吹き替え:




英語:




スペイン語:




ポルトガル語:


posted by kyotakaba at 09:17| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月06日

パズズ神の像

 新聞社ビーマが、ルーブル美術館の所蔵品を撮影して、一品ごとの写真にに解説をつけた本を出版したようです。
それを、web に公開していましたので、その一つを読んでみます。

ビーマの記事:
http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=259721


Ενεπίγραφο αγαλματίδιο του δαιμονα Pazuzu

1η χιλιετία π.Χ., Ασσυρία, Χαλκός, Υ.: 15 εκ., πλ.: 8,60 εκ., πάχ.: 5,60 εκ. Απόκτημα, 1872.  Τμήμα Ανατολικών Αρχαιοτήτων
O Pazuzu εμφανίστηκε κατά την 1η χιλιετία π.Χ. Είναι ένα μυθικό, υβριδικό πλάσμα με σώμα ανθρώπου και κεφάλι «δράκου-φιδιού» που μορφάζει. Θυμίζει ταυτόχρονα σκύλο και γάτα. Αναπαρίσταται ως τετράπτερος δαίμονας, με δύο ζεύγη φτερών που μοιάζουν, όπως και τα πόδια του, με αυτά των αρπακτικών, με ουρά σκορπιού και σώμα συχνά καλυμμένο με λέπια. Η επιγραφή στο πίσω μέρος των φτερών προσδιορίζει την προσωπικότητά του: «Είμαι ο Pazuzu, γιος του Hanpa. O βασιλιάς των κακών πνευμάτων του ανέμου που βγαίνει με βία από τα βουνά και λυσσομανά, είμαι εγώ!». 




 パズズ神の彫像。

紀元前一千年。アッシリア。銅。高さ:15cm。幅:8.6cm。厚さ:5.6cm。納入、1872年。古代オリエントの部門。

 パズズは、紀元前一千年頃に現れました。人間の身体と龍蛇の頭で形成された、ある種の神話的な、混淆の創造物です。
同時に、犬と猫も思い起こさせます。
足にも似た二対の羽と、猛禽類の耳、蠍の尾と、しばしば、鱗に覆われた身体で、四翼の神として表されます。
翼の後ろの部分にある銘が、この像が何者であるかを確定しています。
「我は、ハンパの息子、パズズである。山々から、猛威を持って荒れ狂って吹き下ろす風の悪鬼の王とは、この我である。」

パズズ神の写真:
http://assets.tovima.gr/files/Pazuzu%20MAK%2010-b.jpg

pazuzu mak 10-b.jpg

posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月05日

接続のブラウザ

 前にも書いたかもしれませんが、気になるので。
接続の記録を見ると、OS に携帯電話があるのです。
 今ですと、接続したブラウザは、
MSIE4、MSIE6、MSIE7、MSIE8。5は何故かありませんでした。
Netscape4.79、Netscape5。
Safari3.12、Safari5.25。
Firefox2、Firefox3。
今日は、Opera はありません。
これらは、PC。OS は、Win、Mac、Unix、Linux です。
それから携帯電話。
DoCoMo。今日は、Ezweb はありません。
ブラウザは、N905iとSH02A。

 気になるのは、PC でさえ、ギリシャ文字がどのブラウザでも表示されるかどうか分からないのですが、携帯電話では、どうなのかと言うことです。最新の機種なら表示出来るのかも、とは聞いたのですが。
posted by kyotakaba at 15:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 18

   »Όταν ο καιρός ήταν άσχημος, πήγαινα στα βαθιά. Πήγαινα πολύ χαμηλά - και στα χίλια πόδια ακόμα - κι έπαιζα στο βυθό της λίμνης. Όταν όμως πέρασαν δυο-τρεις μέρες ευχάριστης περιπλάνησης, άρχισα να πεινάω πολύ κι επέστρεψα σ' αυτή τη γειτονιά ελπίζοντας πως θα 'βρισκα κάτι να φάω. Εκείνη ακριβώς την ώρα έτυχε να ψαρεύει ο Μπάνσι, ο ψαράς. Πλησίασα το αγκίστρι που 'χε κατεβάσει στο νερό. Πάνω σ' αυτό υπήρχε ένα δόλωμα για ψάρια που μύριζε ωραία. Την ίδια στιγμή θυμήθηκα την προειδοποίηση του Δράκου Βασιλιά κι απομακρύθηκα κολυμπώτας, λέγοντας στον εαυτό μου:
"Οπως και να 'χει δεν πρέπει να φάω τροφή που να περιέχει ψάρι - Είμαι ένας πιστός του Βούδα".




 天気が悪い時には、深みへゆきました。とても深い所です、千フィートよりももっとです。そうして、湖の底で遊んだのです。けれども、楽しく逍遙する日が、二三日も経つと、とても空腹になりました。それで、何か食べるものが見つかるだろうと期待して、浅瀬に戻ったのです。私が戻ったその時は、たまたま、ちょうど、漁師の文四が漁をする時間でした。水の中へ下ろされた針へ、私は近寄りました。針の上には、いい匂いのする、魚向けの罠があったのです。まさにそのとき、私は、竜王の警告を思い出したのです。それで、泳いで遠ざかりました。自分自身に言い聞かせながら。
「いずれにしても、魚が入っている食べ物を食べるべきではないでしょう、だって、私は仏に仕える者なのですから。」




「 Όταν όμως πέρασαν δυο-τρεις μέρες ευχάριστης περιπλάνησης」、
この文の主格は、「μέρες (日々)」。
この主格、日々の動作は「πέρασαν」。動詞は複数形のアオリスト時制。
「ευχάριστης περιπλάνησης」は女性形の属格で、「日々」の内容を説明している。


「γειτονιά」は、「近所」の意味ですけれど、元々いた浅瀬のことだと思いました。


「έτυχε να ψαρεύει ο Μπάνσι」、
τυχαίνω να は、「たまたま〜が起こった所に居合わせる」。


「Οπως και να 'χει」、
Οπως και να έχει は、「とにもかくにも」の意味。
posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 17

   »Από 'κει κι έπειτα, μου φάνηκε ότι κολύμπησα πολύ μακριά, φτάνοντας έτσι σε πολλά ωραία μέρη. Μ' ευχαριστούσε απλά και μόνο να κοιτάζω το φως του ήλιου να χορεύει πάνω στο γαλάζιο νερό ή ακόμα να θαυμάζω την ωραία αντανάκλαση των λόφων και των δέντρων πάνω σε ακίνητες και απάνεμες επιφάνειες…… Θυμάμαι ιδιαίτερα την ακτή ενός νησιού -- ή του Οκιτσουσίμα ή του Τσικουμπουσίμα -- που η αντανάκλασή της στο νερό έμοιαζε με κόκκινο τοίχο …… Μερικές φορές πλησίαζα στην ακτή τόσο πολύ που μπορούσα να δω τα πρόσωπα και ν' ακούσω τις φωνές των περαστικών, άλλοτε πάλι κοιμόμουν πάνω στο νέρο, ώσπου ξυπνούσα τρομαγμένος απ' τον ήχο κάποιου κουπιού που πλησίαζε, Το βράδυ είχε ωραίο φεγγάρι, αλλά δεν ήταν λίγες και οι φορές που με τρόμαξαν οι φωτισμένες ψαρόβαρκες του Κατασέ, που 'βγαίναν πυροφάνι.



 さて、それで、とても遠くまで泳いだように私には思えたのです。それで、いくつかのとても素晴らしい所へまで辿り着いたのです。青い水面の上で揺らめく太陽の光を見詰める、ただそれだけ、あるいは、動きもせず風もない水面の上に映えている丘々や樹々の像を感嘆する、それだけで、私はうれしかったのです。…、なにより、ある島のことをよく覚えています。興津島と竹生島です。そこでの、水面の反映は、赤い壁のようでした。… 何度かは、岸に近づいてみました。行き交う人の顔が見える、その声が聞こえるほどに近くまでです。ある時には、水の上で眠っていました。近づいてくる誰かの櫂の音にはっとして、目が覚めるまで眠っていました。美しい月の晩、漁火を出して明るく照らされた堅瀬の漁船が、私を怯えさせたことは少なくはないのです。




「μέρη」、μέρος 中性名詞、「場所」。
大きさや規模を表すような、または、それに関係するような中性名詞は、
複数の語尾が、η になる。


「αντανάκλαση」、女性名詞「反射」。ここでは、水面に映っているものの影だと思います。
「赤い壁のようでした。」というのは、竹生島の朱色の神垣のこと?
posted by kyotakaba at 09:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月02日

Lunch at the Plaka

 YouTube に投稿されていたビデオ。
アメリカの方が、ギリシャへ旅行をされて、プラカで食事を摂った時の様子。




ギリシャ旅行 オーダーメイド見積もり:web travel

ギリシャ旅行 H.I.S

ギリシャ旅行 阪急交通社

ギリシャ旅行専門店 MARISOL
posted by kyotakaba at 09:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月01日

Η δε γυνή να φοβήται τον άνδρα

 YouTube に投稿されていた、映画『Η δε γυνή να φοβήται τον άνδρα』の一場面。
1965年の作品。Γιώργος Τζαβέλλας 監督。

 主演のΜάρω Κοντού が窓辺に腰掛けて歌う場面。窓の下で、手回しの自動オルガン(?)を鳴らしている辻芸人。町並みがプラカっぽくも見えますけれど、65年頃は、どこでもこんな風だったのでしょうか?




『De gyni na fovitai ton andra, I』IMDb


『Η δε γυνή να φοβήται τον άνδρα』wikipedia.gr




追記:
この映画、ロケーションは、やはり、プラカと言うことです。
映画自体も優れた作品のようです。
プラカが撮影されていると言うだけでも、興味がわきます。
デジタル・リマスターされて、字幕も付けて、
リージョン2で、販売されるとうれしいです。
posted by kyotakaba at 10:19| Comment(6) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΙΣΤΟΡΙΑ ΤΟΥ ΙΕΡΕΑ ΚΟΓΚΙ 16

   »Με αυτά τα λόγια ο αγγελιαφόρος και το ψάρι του έφυγαν και χάθηκαν στα βαθιά νερά. Κοιτάχτηκα και είδα ότι όλο μου το σώμα είχε σκεπαστεί με λέπια που έλαμπαν σαν το χρυσάφι κι ότι είχα βγάλει πτερύγια. Συνειδητοποίησα τελικά ότι στην πραγματικότητα είχα μεταμορωθεί σε χρυσόψαρο. Εκείνη τη στιγμή ότι μπορούσα να κολυμπήσω και να πάω όπου ήθελα.



 そう言うと、使者と魚は去ってしまい、水の底へ見えなくなってしまったのです。じっと見詰めていますと、私のからだ全体が、黄金のように輝く鱗で覆われてしまっていて、それに、ひれが出ていることが分かったのです。しばらくしてやっと、私が、本当に、黄金の魚に変身したと言うことを自覚したのです。その時に、行きたいと思うどこにでも泳ぐことが出来るようになったのです。
posted by kyotakaba at 10:03| Comment(1) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする