2009年06月30日

エティオピア物語 第一巻5-3

   Στα έλη εκείνα ζούν οι Αιγύπτιοι ληστές· άλλος έχει χτίσει το καλύβι του σ' ένα μικρό κομμάτι στεριά που εξέχει από το νερό, άλλοι κατοικούν σε βάρκες -- πορθμεία και συνάμα κατοικίες· πάνω σ' αυτές γνέθουν το μαλλί οι γυναίκες τους, πάνω σ' αυτές γεννάνε.



 その沼地には、 エジプト人の盗賊が住んでいた。ある者たちは、水から覗いた僅かばかりの土地に、粗末な小屋を建てていたが、一方、ある者たちは、小舟に住んでいた。小舟は渡し船であると同時に住処であった。その上で、盗賊の妻たちは、糸を紡いでいたし、その上で、出産をしていた。


「συνάμα」、副詞:同時に


この文では、
γυναίκα (妻) というγが冒頭の語に、γνέθω (紡ぐ)、γεννώ (産む) という、やはり冒頭がγで、女性に関係するような動詞を合わせて並べているのだと思います。
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

χελωνοπερπατήματα

 歩く亀。
 以前に、私も、山の中を歩く亀について書きました。アテネ大学の裏山の林の中で歩き回っていた亀です。
http://aimotokiyotakaba.seesaa.net/article/18506774.html

 よく参照しているlesvosolive さんのブログに、以前に、アテネ市中心街にある国立公園で撮影されたナイチンゲールのビデオがリンクされていました。
http://blog.goo.ne.jp/lesvosolive/e/6834d391d3a530168eb70a23f61fc9bb
 このビデオをYouTube に投稿していた gipapanta45 さんが、亀のビデオも投稿されていました。

「Με φόντο την Αθήνα, εκεί ψηλά στον Υμηττό, χελωνοπερπατήματα ένα ανοιξιάτικο απόγευμα ...」
ある春の午後、アテネの背後のイミトス山の山頂で、歩き回るカメ。

「χελωνοπερπατήματα」は、
「χελωνο」カメ と、「περπατήματα」歩きまわる事、散歩(動詞を実詞化したもの)を
くっ付けた語?






Υμηττός Hymettus イミトス:google maps

View Larger Map
posted by kyotakaba at 09:51| Comment(2) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

エティオピア物語 第一巻5-2

   Και να πως ήταν η λίμνη : την περιοχή ολόκληρη οι Αιγύπτιοι την ονομάζουν Βουκολία και είναι ένα κοίλωμα του εδάφους που υποδέχεται κάποια νερά απο τις πλημμύρες του Νείλου και γίνεται λίμνη· στο μέσον έχει άπειρο βάθος και στα άκρα καταλήγει σε έλος. Αυτό που είναι για τις θάλασσες τα ακρογιάλια, είναι για τις λίμνες τα έλη.



 それはいったいどのような湖だったかと言えばこのようであった。エジプト人はその一帯全部をブコリアと呼んでいたのだけれど、そこは、窪地であって、ナイルの氾濫した水が流れ込んで、湖が出来たところだった。流れの途中でには、底の知れない深みもあって、湖まで至る前に、そこで分岐して沼地に終わる水もあった。それは、海に対しての海辺のように、湖に対して沼沢があるようだった。




 ここの文章は、湖の説明なのですが、分かりにくいので、見当で訳しました。



「κοίλωμα του εδάφους 」、
κοίλωμα 中性名詞:くぼみ。
έδαφος 中性名詞:大地。
大地で、ナイルの河よりも低くなっている部分があって、その描写でしょうか。
ついでに、盆地は、 λεκανοπέδιο (中性名詞) です。

「υποδέχεται」、
υποδέχομαι 、動詞:下で受け止める、迎える。



「στο μέσον」、途中で。

「στα άκρα」、
άκρο 中性名詞:端、四肢
本流から別れたと言う感じだと思いました。

「σε έλος」、
έλος 中性名詞:沼

「καταλήγει」、
καταλήγω 最後は・・になる。



「ακρογιάλια」、
ακρογιάλι は海辺なのですけれど、
ここでは、たぶん、陸地の部分を言うのではなくて、瀬(陸に接した水の浅い部分)を言うのだと思います。陸地から離れた外海の深い海と、瀬の浅いところ。
それと同じように、大きくて深い湖があって、その周辺に、水深が浅い(けれども底なしのぬかるみ) 沼があると言う、描写なのだと思いました。 
posted by kyotakaba at 10:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

日にち

 今日リフェラ元を見ると、「ギリシャ語 10日の読み方」と言う検索がありました。

 それで、「十月十日に」と言うときと、「十日の日程で」と言うときでは、違うなと思いながら、テキストを繰ったのですが。
 今まで、私は、何と思う事もなく、「十月十日に」のような、日にちの場合は、序数を使っていました。
Την 10η Οκτώβριου (δέκατη) のように。
 けれども、荒本英世先生のテキストを見ると、普通の数字が使ってあって、
στις τρεις Μαίου. と冠詞も複数形で。冠詞には前置詞もついて。
 あれ、と思って、ΜΠΑΜΠΙΝΙΩΤΗ 教授のテキストを見ると、
「Την 28η Οκτωβρίου του 1940 οι Έλληνες είπαν το ιστορικό "ΟΧΙ" στη φασιστική Ιταλία.」
「Στις 25 του Μάρτη του 1821 ξέσπασε η Ελληνική Επανάσταση ενάντια στους Τούρκους κατακτητές με το σύνθημα "Ελευθερία ή Θάνατος".」
 と、両方の使い方が、それもひとつの文章の中で使ってありました。何か、使い分けの理由があるのかどうかは分かりません。

 それで、新聞を見てみると、最近のに、
「Στις 31 Μαϊου του 1809, ο Φραντς Γιόζεφ Χάιντν πέρασε στην αιωνιότητα έχοντας συμπληρώσει τα 77 του χρόνια.」がありました。
 月の中の何番目かの日なので、序数の方が自然な気もします、一方で、時計の時刻は、普通の数字で複数形で使われるので、それに合わせるのなら、その方がいいようにも思います。
 序数の場合は、冠詞だけで、前置詞 σε は使わずに、数字の場合は、σε を付けるようですけれど。

 どっちでもいいのか知ら?
posted by kyotakaba at 09:15| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月25日

エティオピア物語 第一巻5-1

   Επί δύο στάδια σχεδόν ακολούθησαν την παραλία κι ύστερα, αλλάζοντας δρόμο, άφησαν στα δεξιά τους τη θάλασσα και πήραν τον ανήφορο ίσια πρός το βουνό. Με δυσκολία έφτασαν στην κορυφή κι άρχισαν να οδεύουν βιστικά πρός μιά λίμνη που απλωνόταν απο την άλλη πλευρά του βουνού.



 二スタディオン(約400メートル)の間はずっと、海岸を連なって進んだ。それから、道を変えた。右手に、海を後にして進んだ。山へと真直ぐな上り道を取った。山頂に到るのには難儀したので、急いて、別の山の山腹から広がっている湖へと歩き始めた。



「ακολούθησαν」、
ακολούθώ 「ついて行く」の語義で、三人称複数のアオリストになっています。
少女と若者が主格とも思えますが、彼らも含めた一行であって、連なって歩いている様子の描写に読みました。


「άφησαν στα δεξιά τους τη θάλασσα」、
海は一行の右手にあって、それを後にして、左手の山への道を進んだのですが、
私の訳し方では、海を後にして、右側の道へ進んだように読めて、困ります。
「彼らの右手にある海を後にして進んだ。」とすればいいのでしょうが、
άφηνω の語義は「残す」で、「一行は、彼らの右手に海を残して」なので。



「Με δυσκολία έφτασαν στην κορυφή」、
山頂に至る困難の為に、湖へと急いだ。「山頂を迂回して湖へ行った」とも読めるように思います。
けれども、「έφτασαν」がアオリストになっているので、「一端山頂へ登って、その道が険しくて苦しかったので、そこでは休まずに、湖へ向かった」と読みました。


「μιά λίμνη που απλωνόταν」、
απλώνομαι 拡がる。
パラタティコス時制で、三人称複数。
複数になっているのは、水などを複数で表すからでしょうか。
posted by kyotakaba at 10:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月24日

Taso's "Athens, Greece"

 YouTube に投稿されていたビデオ。アメリカ在住の青年タソさんの投稿。名前からすると、ギリシャ系なのかもしれませんが。6分少々のビデオは、ご自身が撮影したスティール写真とホームビデオを組み合わせたもの。アテネ市のポートレイト。伴奏に使われている歌は、ギリシャ語で歌われていますが、ジャズスタイル。ギリシャの歌をジャズにしたのか、ギリシャのジャズ音楽家の作品なのかどうか、分かりません。
 私が、これまで見たアテネ市を撮影したビデオの中では、一番アテネらしさが出ているのではと思います。とても好きなビデオです。住み古された切なさを感じます。
 投稿が2008年の2月なので、撮影はそれ以前だと。


 
posted by kyotakaba at 08:37| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月23日

エティオピア物語 第一巻4-3

   Και ήταν αξιοπερίεργο αυτο που συνέβαινε· σαν δούλος φαινόταν ο κύριος και ο νικητής είχε οριστεί υπηρέτης των αιχμαλώτων. Έτσι είναι : η ευγενική εμφάνιση και η θέα του κάλλους ακόμα και ληστρική ψυχή ξέρει να υποτάσσει, ακόμα και τους πιο σκληρόκαρδους μπορέι να τιθασεύει.


 奇妙な事が起こっていた。奴隷があたかも主人のように見えた。勝者は捕囚の召使いに決められたようだった。少女は高貴な容姿で、その美貌はあらわだった。けれども、盗賊の心は、意のままに出来る非情さをその心に従える術を知っていた。




「 η θέα 」、
女神(η θεά) に似ているけれど、トノスの位置が違っています。
「光景」の語義ですが、ここでは、exposure (露出) に近い意味なのだと思いました。少女の美しさは、隠すことができないほどの美しさだということだと。


「 ληστρική ψυχή ξέρει να υποτάσσει, ακόμα και τους πιο σκληρόκαρδους μπορέι να τιθασεύει.」の文はとても読みにくいです。
盗賊のこころは知っている。 何を知っているのか?
「υποτάσσω」することを知っている。
感情を抑えるの意味もありますが、従属させるの語義。何を従属させるのか?
「σκληρόκαρδος」非常さ。これは形容詞なのですが、実詞として使われているのか、ψυχή か何かの実詞が省略されているのか。
「非常さをこころに従属させることをしっている。」
対格。複数形なのは、たとえば、美貌(κάλλος)が通常(τα κάλλοη)と複数形になっているのと同じなのではと。
「μπορέι να τιθασεύει」は、その「σκληρόκαρδος」を説明する節。
που のような関係代名詞はありませんが、あるような感じに読みました。
「τιθσασεύω」 は動物を飼いならすの語義。
posted by kyotakaba at 16:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月22日

エティオピア物語 第一巻4-2

   Κάτι απο τα λόγια, μα πιο πολύ απο τα νεύματα, κατάλαβε ο λήσταρχος την ικεσία της κόρης. Και με την ελπίδα ότι, αν σωζόταν ο νέος, θα μπορούσε να γίνει πολύτιμος συνεργός του, ξεπέζεψε ο ίδιος και ο υπασπιστής του κι ανέβασε τους αιχμαλώτους πάνω στ' άλογα. Πρόσταξε ύστερα τους άλλους ληστές να συσκευάσουν τα λάφυρα και να ακολουθήσουν και ξεκίνησε τρέχοντας πλάι στους δύο νέους και στηρίζοντας τους μην τυχόν και γλιστρήσει κανείς απο τ' άλογο.


 言葉でないもの、多くは身振りであったけれども、それから、少女の意図を山賊は理解した。若者が生きていれば、得難い自らの従者になるであろうと期待して、自身と副首領は下馬して、捕えた二人を馬へ上げた。そうして、他の賊達へ略奪品を詰め込むように命じた。また、二人の脇を走りながら付いて来て、二人を支えて何かの弾みで馬から滑り落ちないようにするように命じた。


「ξεπέζεψε ο ίδιος και ο υπασπιστής του」、
ξεπεζεύω 動詞:降りる。三人称単数のアオリスト時制の形がとられています。
(ο ίδιος) と(ο υπασπιστής του) の二つの実詞があるので、三人称の複数になるのではとも思い、単数のであるのは、二つが同格で同じひとつのものかとも思ったのですが。それぞれがそれぞれの馬から下りたので、単数なのかと。
(二騎が先導して現れていました。そのそれぞれの馬に少女と若者を乗せたのだと)
posted by kyotakaba at 14:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月20日

新アクロポリス博物館

 新アクロポリス博物館の記事。カセメリニから。6月20日付け、web版。

見出しが素敵だったので。

Ο Πολιτισμός επιστρέφει στο λίκνο του

文明は、その揺籃の地へ戻る


(イギリスは返還したのか知ら???)

http://news.kathimerini.gr/4dcgi/_w_articles_civ_1_19/06/2009_319068

カセメリニの写真

acropolis2.jpg

the new Acropolis Museum


エミレーツ航空で行くギリシャフリータイム7日間
posted by kyotakaba at 08:31| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月18日

ぼくのアテネ

 私はiMacを使っています。購入した当初では、付属していたアプリケーション・ソフト、ガレージバンドは、私には不要のもののように思っていましたけれど、いじっているうちに、楽しくなってしまいました。
 ギリシャで撮った写真を見る時に、そのいじっていて意図もせずに(ただボタンをあれこれ押しているだけ) 出来た音を伴奏にしたりして楽しんでいます。



















posted by kyotakaba at 09:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

エティオピア物語 第一巻4-1

   Τελος, πλησιάζει ο λήσταρχος την κόρη, βάζει το χέρι του στον ώμο της και την προστάζει να σηκωθεί και να τον ακολουθήσει. Κι εκείνη, που δεν καταλάβαινε τα λόγια αλλά μάντευε την προσταγή, προσπαθούσε να σύρει μαζί της τον νέο, που επίσης πάσχιζε να την κρατήσει, και, κατευθύνοντας το ξίφος προς το στήθος της, απειλούσε να σκοτωθεί αν δεν έπαιρναν μαζί και τους δυό.


 とうとう、一人の山賊が少女に近づいた。掌を彼女の肩に当てて、立ち上がって彼に従いてくるように少女に命じた。ところが、少女は言葉を理解しなかった。けれども、命令の見当をつけて、若者を一緒に引っ張っていこうとし、その上、若者を抱えようと踏ん張った。彼女の胸に真直ぐに刀が向けられていて、命令に従わなければ二人共に殺すと脅していた。




「κατευθύνοντας το ξίφος προς το στήθος της, απειλούσε να σκοτωθεί αν δεν έπαιρναν μαζί και τους δυό.」
この文の主格は、「το ξίφος」。
この「剣」が行なっていることは、(動詞) κατευθύνω (向く) と、
απειλώ (脅す) 。
「剣は彼女の胸に向いて、脅した。」
脅す内容は、 να でつなげられる文で示しています。
「〜すると脅す。」
να の節の中は、
「αν δεν έπαιρναν」の条件節と「σκοτωθεί」の主節。
「και」以下の「τους δυό」は、「σκοτωθεί」の対格で、「και」は、
その後に対格が来ることを示すものです。
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(1) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Φραντς Γιόζεφ Χάιντν

 ト・ビーマの Δευτέρα 18 Μαΐου 2009 [ 13:38 ] 付けの記事。(でも、今日、目にしたのです。)
 フランツ・ヨセフ・ハイドンの記事。没後二百年と言うことで。

http://www.tovima.gr/default.asp?pid=47&ct=4&artid=268620&afid=13&dt=18/05/2009

 見出し:
「 Φραντς Γιόζεφ Χάιντν
Η ζωή του, η εποχή του, το έργο του
200 χρόνια από το θάνατό του 」
フランツ・ヨセフ・ハイドン
その生涯、その時代、その作品
没後200年

 冒頭の文:
「Στις 31 Μαϊου του 1809, ο Φραντς Γιόζεφ Χάιντν πέρασε στην αιωνιότητα έχοντας συμπληρώσει τα 77 του χρόνια.」

 1809年5月31日、フランツ・ヨセフ・ハイドンは、77年の生涯を終えて、永劫へと去っていきました。

συμπληρώνω は、「埋める」と言う語義。 試験の問題などで、空欄に語を入れて補充しなさい、と言う場合などにも使います。期間満了するの意味も。「συμπληρώσει τα 77 του χρόνια.」だと、日本語の「享年七十七」に近いのでしょう。

「στην αιωνιότητα」永劫へ。ハイドンのような偉大な芸術家に相応しい表現だと思います。
posted by kyotakaba at 09:34| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月16日

さくらシンドローム

 アテネにある日本のアニメーションを好きな人たちの団体、さくらシンドロームのパーティーが、6月12日にあったのだそうです。

さくらシンドローム:
http://www.sakurasyndrome.com/

 紹介していた Greece- Japan の記事:
http://www.greece-japan.com/en/publish/article_226.shtml

posted by kyotakaba at 09:57| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月15日

"Ελένη" του Γιάννη Ρίτσου

 もうひとつ、ヤニス・リッツオスのニュース。(今年は生誕百年なので、6月13日が誕生日) リッツオス『エレニ』の舞台上演をすると言うもの。
 リッツオスには舞台作品もありますが、ウィキペディアの作品一覧を見ると、『エレニ』は、舞台作品ではなくて、詩作品のようです。


http://entertainment.in.gr/html/ent/086/ent.66086.asp


 ARTOPOS の MYRIOBIBLOS にある、抄:
http://www.myriobiblos.gr/texts/greek/ritsos_eleni.html




書店 ΒΙΒΛΙΟΠΩΛΕΙΟ ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ  で、
http://www.books.gr/ViewShopProduct.aspx?Id=2634132



2634132.jpg


posted by kyotakaba at 16:38| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μέρα Μαγιού μου μίσεψες

 YouTubeのおすすめビデオにあったもの。
「Μέρα Μαγιού μου μίσεψες」。
ヤニス・リッツオス (Γιάννης Ρίτσος)の詩に、ミキス・テオドラキス (Μίκης Θεοδωράκης)が曲をつけたもの、のようです。

 詩どころか、題名さえ読めません。
Μαγιού は、五月 Μάϊος のこと?
μίσεψες は、μισεύω ( 追放する )という言う動詞?

 最初のスタンザ、

Μέρα Μαγιού μου μίσεψες
μέρα Μαγιού σε χάνω
άνοιξη γιε που αγάπαγες
κι ανέβαινες απάνω

五月のある日、あなたは私を追いやった、
その日、私はあなたを失った、
恋人たちの春、
あなたは、登っていった。





posted by kyotakaba at 10:00| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

エティオピア物語 第一巻3-6

   Τη φοβερή εκείνη σφαγή νόμιζαν πως την είχαν κάμει οι προηγούμενοι ληστές και, βλέποντας την κόρη με την ξενική και περίβλεπτη στολή, τόσο αδιάφορη για τα φοβερά πράγματα που συνέβαιναν σαν να μην είχε τίποτα συμβεί, να δίνεται όλη στη φροντίδα των τραυμάτων του νέου πονώντας με τον πόνο του σαν να τον ένιωθε η ίδια, τη θαύμαζαν για την ομορφιά και για το θάρρος της και ένιωθαν δέος μπροστά στον τραυματία· τόσο ωραίος κειτόταν και τόσο μεγαλόσωμος τώρα που κάπως είχε συνέλθει και το βλέμμα του ξανάβρισκε σιγά σιγά τη λάμψη του.





 山賊たちは、この恐ろしい殺戮をしたのは前に来た山賊たちだろうと考えた。そう考えたのは、少女の他所の国の目を引く服装を見たからなのだけれど。少女は、まるで何も起こらなかったかのように、生じている凄まじい様子には、あまりに関心がなく、そして、まるでそれを自分が感じているかのように、痛みに苦しんでいる若者の看護に没頭していた。そのような少女を、山賊たちは、少女の美しさと剛胆さの故に、賛嘆した。そして、その怪我人に対して畏怖を感じた。若者は、十分に休んだし、また、相当に大きな身体だったので、今や、どうにか回復したようだった。彼のまなざしは、次第ゝに輝きを回復していった。



「είχε συνέλθει 」、
συνέλθει、συνέρχομαι の三人称単数・過去完了。
posted by kyotakaba at 16:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月11日

Έβδομο κρούσμα

 6月9日付けの記事から、
見出し「Έβδομο κρούσμα του Η1Ν1 στην Ελλάδα 」
ギリシャで七人目のH1N1患者

κρούσμα 中性名詞:症例、患者、事例

 インフルエンザは、「γρίπη」女性名詞。








現代ギリシア語辞典

現代ギリシア語辞典

  • 作者: 川原 拓雄
  • 出版社/メーカー: リーベル出版
  • 発売日: 2004/07
  • メディア: −




posted by kyotakaba at 10:08| Comment(1) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻3-5

   Και να που η κόρη για δεύτερη φορά αιχμαλωτίζεται χωρίς να έχει πότε πρίν αιχμαλωτιστεί· το μυστήριο της σκηνής αναστέλλει την ορμή των ληστών που μόλις πρίν έσπευδαν πρός την αρπαγή.



 そのような次第で、少女は、初めの山賊には確かに捕えられないうちに、捕えられることが二度目になってしまった。現状の不可解さは、略奪しようと勇んで来た山賊たちの勢いを殺いでしまった。



「Και να που」、これで、έτσι の様な意味に読みました。
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月10日

エティオピア物語 第一巻3-4

   Νά όμως που εκείνη τη στιγμή άλλο πλήθος ληστών καταφθάνει οδηγούμενο από δύο καβαλάρηδες. Τούς είδαν οι προηγούμονοι ληστές και, χωρίς να σηκώσουν τα όπλα, χωρίς να πάρουν το παραμικρό από τη λεία, το έβαλαν στα πόδια προσπαθώντας να γλιτώσουν την καταδίωξη : οι ίδιοι μόλις έφταναν τους δέκα κι έβλεπαν ότι οι νεοφερμέμοι ήταν τρείς φορές τόσοι.



 ところがその時、二人の騎手に先導された別の大勢の山賊が遣って来た。始めに来ていた山賊たちは、その山賊たちを見ると、武器を取り上げもせず、略奪品の内の僅かでもを取ろうともせずに、徒歩で何とか追っ手から逃れようとした。自分たちは、十人に達するばかりの数だったのに、新参の山賊は三倍の数に見えたからだった。


「πλήθος ληστών」、πλήθος 中性名詞(大勢)。抽象的な語です。こちらを主格にして、山賊と言う具体語を属格にしています。このように、数詞や抽象語を主格にして具体語を属格で付ける表現は、よく使われます。たとえば、「100万人の観光客」と言う場合でも、「観光客の100万」という言い方をします。


「το έβαλαν να γλιτώσουν 」、
το は、να 以下の節。
それをせざるを得ない、と言うような意味だと読みました。
posted by kyotakaba at 11:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月08日

Μέσα μου ο αέρας που φυσά....

 YouTube で見たΞυλούρης Γιώργηςの「Μέσα μου ο αέρας που φυσά....」。

 海面の上すれすれを這うように滑空する鳥の航跡のような旋律も、目眩をさせるようで魅力的です。低い歌声も。伴奏はリュートなのでしょうか?

Ξυλούρης Γιώργης はクレタの人。

mantinada.gr

 Amazon.jp にアルバム『Mountain Rebels』(2008年)。
入手可能かどうか分かりませんけれど。

on Amazon.jp




 写真もきれいです、たぶんクレタの風景。
posted by kyotakaba at 09:14| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

エティオピア物語 第一巻3-3

   Όταν πια νόμισαν πως πήραν αρκετά (και ήταν τόσα που μπρούσαν να χρτάσουν και ληστρική ακόμα πλεονεξία), απόθεσαν τη λεία στην ακρογιαλιά και τη χώρισαν σε ίσα μερίδια, όχι ανάλογια με την αλία των πραγμάτων, αλλά ανάλογα με το βάρος τους. Όσο για την κόρη και τον νέο, σκέφτονταν να ασχοληθούν μ' αυτούς αργότερα.




 山賊たちが十分に取ったと考えると、(賊の欲望さえも満足させることが出来るほど品物は豊富だった) 略奪品を海岸に下ろした。そして、同じ分けぶんに分けた。品物の価値ではなく、その重さに応じて、同じだけ分けた。少女と若者については、後で、自分たちに仕えさせようと考えた。


(και ήταν τόσα που μπρούσαν να χρτάσουν και ληστρική ακόμα πλεονεξία)、
και ήταν のκαι は、文と文、あるいは、節を繋ぐものです。
ここでは、πήραν αρκετά και ήταν τόσα で、十分取ったけれど、それは・・、と
前の文を説明するようになっています。
και ληστρική のκαι は、μπρούσαν に続くイポタテキーの節の主格を示すために使われています。χρτάσουν の主格が、ληστρική πλεονεξία です。
posted by kyotakaba at 10:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

Ενας γέρος

 YouTube で見つけたもの、カヴァフィスの詩にメロディを付けて、歌にしたもの。

カヴァフィスの詩「Ενας γέρος」に、ギリシャのΘάνος Παναγόπουλος と言う青年が、自作のメロディを作曲して、ギターの伴奏で歌っているもの。






posted by kyotakaba at 12:25| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

NEON coffee-house

 ブログ『ギリシャの光あふれる暮らしと旅』に、カフェ・ネオンについての記事がありました。
http://luludia.exblog.jp/10332773/

 そこに、画家 Γιάννης Τσαρούχης のことも書かれていました。ツァルゥヒスには、このカフェの絵があるのだということでした。
 私は、ギリシャについては、ほとんど知らないので、この画家も知りませんでした。

 web で、Tsarouchis Foundation を見てみました。コレクションには、この絵はないようでしたけれど、shop に、シルクスクリーンがありました。750ユーロ。

Tsarouchis Foundation:
http://www.tsarouchis.gr/

もう一度コレクションをよく見たら、ありました。
http://www.tsarouchis.gr/gr/m_3498.htm

met_75.jpg
posted by kyotakaba at 11:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻3-2

   Αλλά απο τα τραγικά της λόγια λέξη δεν καταλάβαιναν οι ληστές, Τους άφησαν λοιπόν εκεί με μόνο δυνατό φρουρό την αδυναμία τους και, ορμώντας στο πλοίο, βάλθηκαν να ξεφοτώνουν (περιφρονώντας όλα τ' άλλα που ήταν πολλά και διάφορα) χρυσάφι και αδήμι, πολύτιμα πετράδια και μεταξωτά· καθένας κουβαλούσε όσα μπορούσε.



 けれども、これも少女の持つ悲劇性からなのか、山賊たちは言葉を理解しなかった。そして、弱っている二人がいるそこに屈強な警護を一人だけ付け、二人をそのままにして、船へと群がった。(ほとんどの物は見過ごされていて、品物は豊富で多彩だった。) そして、金、銀、高価な宝石、絹織物、運ぶことが出来る物は何もかもを船から降ろそうとした。



「με μόνο δυνατό φρουρό την αδυναμία τους」、
「την αδυναμία」と「τους」 は同格に近い表現と思います。
「την αδυναμία」は、実詞化した形容詞の単数対格で、
「τους」は、三人称代名詞の複数・対格なので、二つのものが同じではないようにも見えますが、
「弱さ」と「彼ら」は同じなのだと思います。



(περιφρονώντας όλα τ' άλλα που ήταν πολλά και διάφορα) 、
περιφρονώντας、περιφρονώ は「無視する、軽蔑する」の意味の動詞ですけれど、ここでは、αφήνω の様な意味で使っているのだと思いました。
posted by kyotakaba at 10:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

Λεξικό Νεοελληνικής Λογοτεχνίας. Πρόσωπα - έργα - ρεύματα - όροι

『Λεξικό Νεοελληνικής Λογοτεχνίας. Πρόσωπα - έργα - ρεύματα - όροι』

ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΠΑΤΑΚΗ 社から出版されているもの。

各分野ごとに、専門家が説明を書いた、用語集のようなものでしょうか。

http://www.patakis.gr/ViewShopProduct.aspx?Id=230579

表紙は、ギリシャの著名な現代画家、Γιάννης Μόραληςの『島』。


posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻3-1

   Μόλις όμως οί ληστές την προσπέρασαν και στάθηκαν μπροστά της έτοιμοι να επιχειρήσουν κάτι κακό, σήκωσε πάλι το κεφάλι η κοπελίτσα και, βλέποντας το μελαψό χρώμα και τη σκληρότητα της όψης τους, «άν είστε», είπε, «φαντάσματα των νεκρών που κείτονται εδώ, δεν είναι δίκαιο να μας παρενοχλείτε : οι περισσότεροι από σας σκοτωθήκατε ο ένας από το χέρι του άλλου· κι αν εμείς έχουμε σκοτώσει μερικούς, το κάμαμε σε νόμιμη άμυνα και για να εκδικηθούμε την προσβολή που δέχτηκε η σεμνότητά μου· άν πάλι είστε ζωντανοί και, όπως όλα δείχωουν, ζείτε από τη ληστεία, έρχεστε στην κατάλληλη στιγμή: λυτρώστε μας από τα βάσανα και δώστε ένα τέλος στο δράμα μας σκοτώνοντάς μας».



 山賊たちが、背後から回り込み少女の前に立って、今や襲いかかろうとした、その時に、乙女は、また頭を擡げた。そして山賊たちの容姿の、その凝ったような黒い色、険しい様子を見て、言った。「もしや、貴方達は、ここに横たわる死者の亡霊ですか。私たちを苛むのは理に適いません。貴方達のほとんどは、お互いに殺し合ったのです。もし、何人かを私たちが殺してしまっていたとしても、それは、正当防衛でしたのです。私の礼節が受けた攻撃への反攻のためのものです。もしや、貴方達が、見たままの生きた人たちならば、山賊たちに頼んで下さい。時宜は到来しました。私たちを殺して、私たちの物語に終りを与えて、苦しみから解き放って下さい、と。」



「οί ληστές την προσπέρασαν και στάθηκαν μπροστά της」、
προσπέρασαν (προσπερνώ) は、「追い越す」の意味ですが、少女は元から止まっているので、少女の背後から近づいて前へ出た、と言うふうに読みました。

「έτοιμοι να επιχειρήσουν κάτι κακό」、
悪事を試みようと準備していた。


「ο ένας από το χέρι του άλλου」、
ο ένας τον άλλο お互いに。



「το κάμαμε σε νόμιμη άμυνα 」、
το は、不定冠詞の用法、κάμαμε の対格。
前の文の「εμείς έχουμε σκοτώσει μερικούς」を指す。

「και για να」以下の節は、νόμιμη άμυνα の説明。
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする