2009年07月28日

エティオピア物語 第一巻 8-5

   « Κι ακόμα περισσότερο θα ανακουφιστείς το πρωί », είπε ο επιφορτισμένος με τη φρούρησή τοτς· « θα σου βρώ ένα βότανο που σε τρείς μέρες θα σου κλείσει τα τραύματα· εγώ ο ίδιος έχω πείρα του πράγματος : απο τότε που οι ληστές αυτοι μ' έφεραν αιχμάλωτο σε τούτα τα μέρη, κάθε φορά που ένας υπήκοος του λήσταρχου έφτανε εδώ τραυματισμένος σε κάποια συμπλοκή, αυτο το βότανο τον έκανε καλά σε λίγες μέρες.




 「朝には、まだもっと好くなりますよ。」少女と若者の世話を負わされた男が言った。「貴方に薬草を見つけて来てあげましょう。その薬草は、三日の内に、傷口を塞いでしまうでしょう。私自身も経験したことなのです。ここの山賊たちが、私をこの地に捕虜として連れて来て以来、山賊の国の臣民の誰かが、戦闘で怪我をすれば、その度に私の所に来ます。その薬草で、数日の内に、怪我をした者を治すのです。




「ο επιφορτισμένος」、( 役を負わされた )。
επιφορτίζω のパラキメノス・メトヒ。
負わせる相手は、対格で、負わせるものは、με + 対格。
例文:
τον επιφόρτισαν με μια σημαντκή αποστολή. ( 彼に重要な任務を負わせた。)
命じられたものは、語尾が単数男性形なので、一人の男性。



「θα σου κλείσει τα τραύματα·」、
この文の主格は、βότανο。(薬草/ハーブ)
目的語は、「属格の二人称単数代名詞 σου 、あなたに」間接目的語と
「τα τραύματα (傷)」直接目的語。
「薬草は、貴方に対して、傷を閉ざすでしょう。」
トラウマは、身体の傷。
posted by kyotakaba at 21:42| Comment(2) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mύρωνας Στρατής

 iTunes store を見ると、Mύρωνας Στρατής と言う人がヒットしているようでした。切ないポップ・ビートの歌。甘い顔立ちの青年です。英語表記:Stratis Mironas 。 ストラティス・ミロナス。


 iTunes store の日本店でも販売しています。
アルバム『Tora Ine Allios』

 レーベルは、Lyra らしいのですが、Lyra のホームページでは、検索が出来なくて分かりませんでした。
ホームページ:http://www.lyra.gr/default.aspx

 検索していて、MyGreek.fm というサイトを見つけました。ギリシャの大衆音楽を紹介しているサイトのようです。
http://www.mygreek.fm/

 MySpace:
http://www.myspace.com/myronstratis

 オフィシャルではないと思いますけれど、YouTube にあったもの:




3f4bcff6988a2036bda365bbcbd266c2.jpg
posted by kyotakaba at 09:39| Comment(1) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

エティオピア物語 第一巻 8-4

   Θα έλεγε κι άλλα, αλλά τη σταμάτησε ο Θεαγένης λέγνοντας « πάψε, ψυχή μου πολυαγαπημένη· εύλογα βέβαια θρηνείς, αλλά δεν καταλαβαίνεις πόσο εξοργίζεις τα θεία : σ' αυτα δεν πρέπουν μομφές, αλλά δεήσεις και προσευχές· με κατηγόριες δεν εξευμενίζεται η θεότητα ». Κι εκείνη « έχεις δίκο », απάντησε, « εσύ όμως, καλέ μου, πώς είσαι ; »« Απο το προηγούμενο βαράδυ νιώθω πιο ανακουφισμένος », είπε εκείνος. « Οι περιποιήσεις του νεαρού λιγόστεψαν τη φλόγα των πληγών μου ».



 少女はさらに話そうとしていたのだけれど、テアゲニスが話し初めて少女を遮った。「止めてくれないか、私の魂、最愛の君、啼いてくれたことには、本当に感謝しているよ。だけれど、どれほど神々を怒らせているか、君は分かっていないよ。君には、咎め立ては相応しくない、祈願と祈祷が似合っているんだよ。神が怒りを鎮めないのは、僕を咎めておくれ。」 そこで、「貴方の言う通りです。」と少女は答えた。「貴方、愛しい方、でも、お加減は如何です?」「昨晩よりも、ずっと楽になったと感じるよ。」「若者の手当は、僕の傷の火照りを軽くしてくれた。」



παύω  動詞:止める
ευλογώ  動詞:感謝する
θρηνώ  動詞:慟哭する
εξοργίζω  動詞:怒らせる
δέηση  女性名詞(カサレヴサ):祈願
προσευχή  女性名詞:祈祷
εξευμενίζω  動詞:なだめる
έχεις δίκο  君の言う通り  δίκο 中性名詞:正しいこと
posted by kyotakaba at 17:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΟΔΟΣ ΝΕΦΕΛΗΣ' 88

 NHK FM の番組、ワールドミュージックタイムで、ハリス・アレクシーウがリクエストされて、かかりました。お話は、北中正和さん。
 選曲されたのは、1995年発表のアルバム『ΟΔΟΣ ΝΕΦΕΛΗΣ' 88』から、「ΟΙ ΦΙΛΟΙ」。
 日本盤も、マーキュリーレコードから出版されて、タイトルは、アルバムが『ネフェリス通りにて』、番組で放送された歌は、「愛すべき人たちよ」。

ホームページ:
http://www.alexiou.gr/

 YouTube を探すと、「ΟΙ ΦΙΛΟΙ」は見つからなかったのですが、「Ο ΑΝΘΡΩΠΟΣ ΤΟΥ ΚΑΒΟΥ」がありました。(通り過ぎてゆく男たち)





posted by kyotakaba at 09:15| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

Η δική μου Ελλάδα

『Η δική μου Ελλάδα』
写真家 Ελένη Λεούση の写真に、Patrice Chaplin が文章を付けたもの。
Ελένη Λεούση は、1968 年に、ギリシャを出て、ロンドンで写真を学んだ人とのこと。
彼女が、2002年に、ギリシャを再訪して、2003年までの間に、撮影したギリシャの写真。

Patrice Chaplin は、ロンドン在住の作家のよう。
webページ:
City of Secrets - Patrice Chaplin

出版社は、ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΠΑΤΑΚΗ、2004年出版。

Λεούση, Ελένη


on THE BOOKSTORE ANTIPOLIS

on Books in Greek

b86684.jpg
posted by kyotakaba at 10:22| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

『ビザンツ文明』

『ビザンツ文明』
キリスト教ローマ帝国の伝統と変容
ベルナール・フリューザン  Bernard Flusin
Site officiel de l’Université Paris-Sorbonne (Paris IV)
大月康弘 訳

白水社
(文庫クセジュ)
2009年07月刊

白水社
on Amazon.jp

ビザンツ文明―キリスト教ローマ帝国の伝統と変容 (文庫クセジュ)

ビザンツ文明―キリスト教ローマ帝国の伝統と変容 (文庫クセジュ)

  • 作者: ベルナール フリューザン
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2009/07
  • メディア: 単行本





『La civilisation byzantine』
on Amazon.fr
posted by kyotakaba at 22:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

エティオピア物語 第一巻 8-3

   Που θα σταματήσεις; Αν είναι να πεθάνω αγνή, γλυκό θα είναι το τέλος μου, αν ομως κάποιος μέλλεται να με προσβάλει αισχρά, εμένα που ούτε ο Θεαγένης δεν με άγγιξε ποτέ, εγώ, για να προλάβω την ατίμωση, θα κρεμαστώ. Αγνή, όπως έμεινα ως τώρα, θα μείνω ως το θάνατο και ωραίο σάβανο θα είναι για μένα η σεμνότητα· δικαστής όμως πιο σκληρός απο σένα δεν θα υπάρξει ποτέ »



 どうすれば、お止めになるのでしょうか。 私の純潔が失せてしまえばお止めになるのでしょうか、神様、それは私の終わりです。けれども、誰が私に陵辱を犯そうとするのでしょう。私には、テアゲニスさえ、少しも触れないのに。私は辱めから逃れます、首をくくります。私は今まで純潔でした。死ぬまで純潔でしょう。慎みが、私の最上の経帷子です。貴方様よりも厳しい裁判官はいないでしょう。」
posted by kyotakaba at 22:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月16日

エティオピア物語 第一巻 8-2

   Μόνη τώρα πιά η κόρη ( γιατί η διαταγή ήταν να τη βάλουν να ξαπλώσει σε ένα στρώμα καταγής ) , στέναξα βαθιά και, με τα μάτια πλημμυρισμένα στα δάκρυα, « Απόλλων », είπε. « πόσο σκληρά μας τιμωρείς για τα λάθη μας ! Δεν σου έφτασαν όσα κακά μας έστειλες στο παρελυόν, δεν σου έφτασε η στέρηση των δικών μας, η σύλληψη μας απο πειρατές, οι κίνδυνοι σε μύριες θάλασσες ; Έπρεπε τώρα να υποστούμε και δεύτερη αίχμαλωσία στη στεριά και ποιός ξέρει ποιά ακόμα πικρότερα κακά να προσδοκούμε ; »



 その時には少女は一人きりだった、(地面に床を延べてそこに少女を寝かせるようにと言う命令だったので) 両の目に涙を溜めて深い溜め息をついた。「アポロン様」と呟いた。「私たちの過ちに対して、とても酷くお罰しになるのですね。これまでに、私たちにお齎しになった幾つもの辛苦では十分でないのですね。海賊の虜になったこと、果てしない海での危険、そんな私たちの困窮では、ご満足なさらないのですね。今度は、陸で、二度目の捕囚となって山賊に服従しなければなりません。もっと辛い災難があるだろうと予期する人が誰かあるでしょうか。」




「Δεν σου έφτασαν」、
φτάνω 動詞 第一の語義は、「着く、到着する」。
「十分になる」の意味も。


「μας έστειλες στο παρελυόν」、
過去に於いて、私たちに送った。
στέλνω 動詞 「送る」
時制の語形変化は特殊です。
エネトータス (現在形) 
στέλνω / στέλνεις / στέλνει / στέλνουμε / στέλνετε / στέλνουν
パラタティコス ( 通時 )
έστελνα / έστελνες / έστελνε / στέλναμε / στέλνατε / έστελναν
アオリスト ( 過去形 )
έστειλα / έστειλες / έστειλε / στείλαμε / στείλατε / έστειλαν




「μύριες θάλασσες」、
μύριοι 形容詞「無数の」
posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月15日

市内バス 400番線

 アテネ市内のバスについて、

http://www.cityofathens.gr/el/katoikoi/xrisima/sygkoinonies/leoforeio


 400番線について、

http://www.oasa.gr/?pageid=105

 400番線の路線地図、主な観光地は回ります。
pdf:
http://www.oasa.gr/pdf/400-1.pdf



 アテネの観光案内のブログ:
http://www.athensguide.org/blog/

posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月14日

エティオピア物語 第一巻 8-1

Στο έλος είχε πέσει σιωπή και η πρώτη νυχτερινή βάρδια είχε αρχίσει. Η κόρη μπορούσε τώρα ανενόχλητη να παραδοθεί στο θρήνο. Η νύχτα απο μόνη της δυναμώνει, πιστεύω, τον πόνο γιατί κανένας ήχος, κανένα θέαμα δεν του εναντιώνεται και η λύπη αφήνεται ελεύθερη να κυριαρχήσει στην ψυχή.




 沼地は静まり返っていた。最初の夜番が始まっていた。今になって、少女は、何にも邪魔されることがなく、悲嘆に暮れることが出来るのだった。夜と言うものは、少女がひとりきりでいれば、苦しみを強めるものだ、と私は思う。何か一つの音さえ、何か一つの目に見えるものさえ、苦しみに抗わうものがなく、悲しみは自由にされていて、魂を支配しているからだ。



「Στο έλος είχε πέσει」、
πέφτω のイペルシネリコス(過去完了形) 。
基本的な語義は、「落ちる」ですが、〜の状態になる、の意味も。
ここでは、無人称のようになっていて、周りが静寂な様子の描写です。
完了形が使われているのは、既にそのような状態が続いているからでしょう。
パラタティコスでないのは、それが一過性のことだと言う意識があるのでは。



「Η κόρη μπορούσε τώρα ανενόχλητη να」、
それから、
「η λύπη αφήνεται ελεύθερη να」、
ともに、接続法を使って、連用表現をする動詞の文なのですが、
να の前に、形容詞のカテゴロメニがあります。
それぞれ、「邪魔するものがないので、〜出来た」
「自由なので、〜させられるままになった」ですが、
副詞のように読んでもいいのだと思います。

「苦しみを紛らわすような物音も、見えるものも何もなく、悲嘆は思うままに人の魂を支配できるのだから、少女が一人きりの夜は、苦しみが強まってしまうものだ、と私は思う。」


「πιστεύω」、一人称単数のエネトータスなのは、語り手の行為で、この動詞の主格は語り手だから。
また、その前の、δυναμώνει が三人称単数のエネトータスなのは、
常にそう言うものだから。
posted by kyotakaba at 17:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

エティオピア物語 第一巻 7-3

   Μόλις έφτασε εκεί, έδιωξε όλους τους άλλους προστάζοντας τους να τον επισκεφθούν την επομένη και, μένοντας μόνος με τους στενούς του φίλους, μοιράστηκε μαζί τους ένα πρόχειρο δείπνο. Όσο για τους δύο νέους, τους παρέδωσε σ' έναν νεαρό 'Ελληνα που είχε αιχμαλωτιστεί πρόσφατα με σκόπο να συνεννοείται μέσω αυτου μαζί τους. Τον εγκατέστησε μιά καλύβα κοντά στη τους και τον πρόσταξε να φροντίσει τον νέο και να διαφυλάξει την κόρη απο κάθε προσβολή. Ύστερα, καταβεβλημένος απο την επίπονη οδοιπορία και με πλήθος φροντίδες στο μυαλό του, πραδόθηκε στον ύπνο.



 到着するとすぐに、首領は、他の山賊たちを追い返した。それから、若者と少女には、彼の後ろに付いて来て、首領の友人たちと共にそこに留まり、簡単な夕食を共にするように命じた。二人の若者については、また、つい最近捕囚となっていた一人のギリシャ人に若者を引き合わせた。首領には、彼らの間で意志が通じるようにと言う目算があったからだ。首領は、ギリシャの若者を少女と若者二人の近くに住まわせた。そして、若者の世話をすること、また、少女を襲うあらゆる危険から守るように命じた。そうしてから、厳しかった行軍と神経に応える気がかりがあまりに多くて疲れ果てていたので、そのまま眠りに任せてしまった。




「τους παρέδωσε σ' έναν νεαρό 'Ελληνα που είχε αιχμαλωτιστεί πρόσφατα με σκόπο να συνεννοείται μέσω αυτου μαζί τους. 」、
この文の主格は、λήσταρχος 。
目的語は、三人称複数の対格 τους 、かれらに(「かれら」は、少女と傷を負った若者。) と、
έναν νεαρό 'Ελληνα (一人のギリシャ人の若者)の二つ。
直接目的語は、τους で、
間接目的語は、前置詞 σε を前に置いた νεαρό 。

「νεαρό」は、関係代名詞で繋げられた節で説明がつけられています。
「που είχε αιχμαλωτιστεί πρόσφατα」の部分。

「με σκόπο 」と、その後に接続法で繋げられた節は、
この文の基幹の動詞 παρέδωσε を補足して説明している節。




「καταβεβλημένος」、
καταβάλλω の受動完了分詞。
καταβλημένος と βε が抜けることも。






 この文では、主格が、山賊の首領になっています。これまでは、少女だったのですが。この首領も、物語の需要な人物になるので、ここで、焦点を当てられたのでしょうか。
posted by kyotakaba at 11:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

エティオピア物語 第一巻 7-2

   Βλέποντας το πλήθος των λαφύρων και τη θεσπέσια ομορφιά της κόρης, νόμιζαν ότι οι ομότεχνοί τους είχαν συλήσει κάποια ιερά ή ναούς πολύχρυσους και, μαζί με τους θησαυρούς, άρπαξαν και την ιέρεια ή ίσως και το έμψυχο άγαλμα της ίδιας της θεάς· τόσο αμαθείς ήταν. Και επευφημώντας τον για το ανδραγάθημά του, συνόδευαν το λήσταρχο στην κατοικία του· κι αυτή ήταν ένα νησάκι απομακρυσμένο απο τα άλλα που χρησίμευε ως κατάλυμα μόνο σ' αυτόν και σε λίγους δικούς του ανθρώπους.





 出迎えた山賊たちは、大量の略奪品と少女の神々しい美しさを見て、自分たちの同胞は、黄金で埋め尽くされた寺院か神殿に略奪を働いて、宝物と共に、巫女か、あるいはもしかして、神に生写しの生きている像を奪って来たのだろうと考えた。それほどに、山賊たちは何も知らなかったのだ。それから、山賊たちは、首領の英雄的な成果を讃えながら、彼の住居まで付いて行った。首領の住居は、他からひとつだけ遠く離れた小島だった。そこは、彼一人か極めて親しい僅かの者が寝泊まりするのに使っている所だった。



「είχαν συλήσει」、
略奪する、という動詞の過去完了形と思われます。
けれども、私の持っている辞書では、συλήσει の原形になるだろう動詞を見つけられませんでした。
「σύληση」聖物窃盗という女性名詞はありました。


「οι ομότεχνοί」、
この実詞の主格・単数は、ομότεχνος だと思われます。
この語も、手持ちの辞書にはありませんでした。
wordlingo の機械翻訳では、同僚と出ます。
google の翻訳機械では、出来ません。
『Complete Vocabulary Guide to the Greek New Teatament』 では、
practicing the same trade とあります。
なので、ここでは、同胞の意味ではないかと思いました。
posted by kyotakaba at 10:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Complete Vocabulary Guide to the Greek New Testament

 『エティオピア物語』を読んでいて、手持ちの辞書にはない語をwebで探していて、見つけたものです。
 現代ギリシャ語ではなくて、新約聖書のギリシャ語辞典。

 Google のBooks search で見つけられるもの、
『omplete Vocabulary Guide to the Greek New Testament』
Warren C. Trenchard

http://books.google.com/books?id=cqwERDudag0C&lpg=PA223&ots=BkMuYMQvNZ&dq=%CE%BF%CE%BC%CF%8C%CF%84%CE%B5%CF%87%CE%BD%CE%BF%CF%82&pg=PP1




 Amazon.jp で、

Complete Vocabulary Guide to the Greek New Testament

Complete Vocabulary Guide to the Greek New Testament

  • 作者: Warren C. Trenchard
  • 出版社/メーカー: Zondervan
  • 発売日: 1998/11/01
  • メディア: ハードカバー



posted by kyotakaba at 09:39| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月08日

エティオピア物語 第一巻 7-1

   Ο ήλιος έγερνε πρός τη δύση όταν έφτασαν στη λίμνη οι ληστές και ο αρχηγός τους. Κι ενώ εκείνοι κατέβαζαν τους νέους από τα άλογα και φόρτωναν τη λεία στις βάρκες, πλήθος άλλοι ληστές που είχαν παραμείνει στη λίμνη ξετρύπωναν απο όλα τα σημεία του έλους και έτρεχαν όλοι μαζί πρός το λήσταρχο προϋπαντώντας τον σάν ένα είδος βασιλιά.






 太陽は西に傾いていた。そのような時刻になって、盗賊とその首領は湖に着いたのだった。そこに、若者たちを馬から降ろし、それから、略奪品を小舟に積んだ。湖に住んでいる大勢の他の盗賊たちが、沼地のすべての場所から出て来て、まるで王を出迎えるかのように、皆が一緒になって、首領の方へと駈け急いだ。





「πλήθος άλλοι ληστές που είχαν παραμείνει στη λίμνη ξετρύπωναν απο όλα τα σημεία του έλους και έτρεχαν όλοι μαζί πρός το λήσταρχο προϋπαντώντας τον σάν ένα είδος βασιλιά.」、

基幹の文は、「πλήθος άλλοι ληστές έτρεχαν πρός το λήσταρχο」。
大勢の盗賊たちは、首領の方へと急いだ。

「ληστές」は、関係代名詞で繋がれた節で説明されています。「που είχαν παραμείνει στη λίμνη」
湖に住んでいる盗賊たち。
また、動詞 ξετρύπωναν (パタタティコス時制、三人称複数) の節は、έτρεχαν と順列というよりも、
これもまた、「ληστές」を説明しているように思います。
「「湖地帯に住んでいて、そのいろんな沼地から出て来ていた」-「盗賊たち」は、」というような、
長い主格の節。


ξετρύπωνω 動詞:外へだす、突然現れる


「ο λήσταρχος 」実詞、男性名詞:盗賊の首領。
「ο αρχηγός」 は、単にリーダー。λήσταρχος は盗賊の首領。







追記:
Ο ήλιος έγερνε
έγερνε のρ が落ちていましたので訂正しました。
γέρνω 傾く
posted by kyotakaba at 09:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

Καστελόριζο

 もう夏休みですね、ギリシャの少し前の新聞では、大学の入試が話題になっていたりしました。試験が終われば、10月までは夏休みです(9月半ば)。

 バカンスで、ギリシャを訪れる人も多いでしょう。うらやましいです。
「うらやましい」の現代ギリシャ語、辞書を引くと「ζηλευτός」形容詞。

 ポピュラー音楽家のデビッド・ギルモア氏が、そこを訪れて、音楽のインスピレーションを得たと言う、島、Καστελόριζο のことを以前書きました。
(kastellorizo island)
http://aimotokiyotakaba.seesaa.net/article/65947273.html

 その Καστελόριζο を紹介するビデオが YouTube にいくつかありますが、きれいなものを。





posted by kyotakaba at 10:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

エティオピア物語 第一巻 6-2

   Γιά να μην κιδυνεύουν από τυχόν επιδρομές, έχουν μηχανευτεί την πιό ισχυρή οχύρωση : ανοίγοντας κάποια ελικοειδή και δαιδαλώδη μονοπάτια, κατασκεύασαν περάσματα πανεύκολα για κείνους που τα ξέρουν, αδιάβατα όμως για τους άλλους. Αλλά φτάνουν τόσα για τη λίμνη και για τους βουκόλους που την κατοικούν.



 不意の襲撃で危機に陥らないように、とても堅牢な防備が作られていた。防備のために、曲がりくねり迷路になっている小径が通されていた。それを知っている者には容易だけれど、知らないよそ者には通ることが出来ないという通路だった。そこに住んでいる牛飼いたちは、湖にまで着くことが出来るのだった。




 この文章も、そのまま日本語に変えると分かりにくくなります。
「έχουν μηχανευτεί την οχύρωση」という文が主な文で、
コロン(:)で、その防備がどのようなものかを説明した文を続けています。
その説明の節も、「ανοίγοντας μονοπάτια, 」が主な文なのですが、
このひとつの文だけでなく、同じことを
「κατασκεύασαν περάσματα」と表現を変えて、繰り返されます。
そして、より詳しい説明も加えられます。
posted by kyotakaba at 15:05| Comment(1) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

エティオピア物語 第一巻 6-1

   Και λένε πως πολλοί βουκόλοι γεννιούνται στη λίμνη· εκείνη έχουν για τροφό, εκείνη για πατρίδα· φρούριο απόρθητο είναι για τους ληστές· γι' αυτό και συρρέουν εκεί άνθρωποι τέτοιου είδους : όλοι τους έχουν το νερό για τείχος και τα πυκνά καλάμια του έλους για χαράκωμα.



 山賊たちにとっては、そこは難攻不落の要塞だった。山賊たちの誰もが、防壁として水を、そして、塹壕として生い茂った葦を手に入れられた。それだから、同じような者が集まっていた。そこは彼らの祖国となった。また、そこ、湖地帯では、多くが牛飼いになったと言う。飼料が十分だったからだ。





 この文章は、セミコロン( · )とコロン(:)で複数の分がつなげられていますけれど、実はひとつの文です。
 文は、大きく分けて、
「λένε πως πολλοί βουκόλοι γεννιούνται στη λίμνη· εκείνη έχουν για τροφό」、
と、
「εκείνη για πατρίδα· φρούριο απόρθητο είναι για τους ληστές· γι' αυτό και συρρέουν εκεί άνθρωποι τέτοιου είδους : όλοι τους έχουν το νερό για τείχος και τα πυκνά καλάμια του έλους για χαράκωμα.」
の二つです。
 二つ目の長い方をさらに分けると、大きく二つの文であると考えられます。
「εκείνη για πατρίδα· φρούριο απόρθητο είναι για τους ληστές· γι' αυτό και συρρέουν εκεί άνθρωποι τέτοιου είδους 」

「 όλοι τους έχουν το νερό για τείχος και τα πυκνά καλάμια του έλους για χαράκωμα.」
です。


 さて、この文章の主な部分は、冒頭の節です。
「πολλοί βουκόλοι γεννιούνται στη λίμνη」この湖地帯で、多くの者が牛飼いになった。
セミコロン、コロンで続けられる節は、その理由です。
「飼料がたくさんあった」と言う理由で「多くの者が牛飼いになった。」

それ以降の節も、上の主な節の理由です。
「「水を防壁にし、密な葦を塹壕に出来る」と言う理由で、「そこが難攻不落の要塞」であった。」
と、言う理由で、
「似たような(山賊たち) が集まった。」

「似たような人間が集まった」と言うのが、また、ひとつの理由で、
「そこが祖国となった。」

「似たような人間が集まり、そこがひとつの祖国になった」
と言うのが理由で、
多くの者が、牛飼いになった。
と言う文章です。

 ギリシャ語を読む練習なので、なるべく、元のギリシャ語の順序のまま日本語に訳しているのですが、この文では、それは難しいので、「多くの者が牛飼いになった。」は、文の後ろにしました。
posted by kyotakaba at 15:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月02日

エティオピア物語 第一巻5-4

   Και τα μωρά τους στην αρχή τα τρέφει το μητρικό γάλα κι ύστερα τα ψάρια της λίμνης ξεραμένα στον ήλιο. Κι όταν αρχίσουν να μπουσουλάνε, τα δένουν μ' ένα λουρί από τα σφυρά τους και τ' αφήνουν να πάνε ώς την άκρη της βάρκας ή της καλύβας ποδαγωγώντας τα με τον πρωτότυπο αυτό τρόπο αντί να τα χειραγωγούν.



 山賊たちの赤ん坊には、最初に、母親の乳と共に、天日に干した湖の魚を食べさせるのだった。這い始めると、足首をひもで結んで、小屋か小舟の端までは行けるように自由にさせた。手を取って教えるかわりに、足を取って教えるということの初めだった。



「τα τρέφει το μητρικό γάλα κι ύστερα τα ψάρια της λίμνης ξεραμένα στον ήλιο.」、
この文の主格は、 οι Αιγύπτιοι ληστές とοι γυναίκες τους、省略されています。
それが行っている動作が、τρέφει 。食べさせる。
その動作の対格になっているのが、τα μωρά で、冒頭の実詞のままのτα μωρά と、
動詞の直前のτα は同じ。

「τα ψάρια της λίμνης ξεραμένα」、
(魚:複数・対格)(湖:属格)(完了分詞)
完了分詞の「ξεραμένα 干された」は、魚を形容しているのですが、
(στον ήλιο 天日に)という、句がついているので、後ろに。

動詞 (τρέφει) は、二つの目的語を取っています。
「τρέφει」と「γάλα και ψάρια」、
二つの目的語ともに、対格になっています。
(「赤ん坊たち」に、)の方も属格ではなく対格になっています。
エネトータスなのは、常にそうだからなのですが、
単数なのは何故でしょう。それぞれ各自の親ということでしょうか。





「τα σφυρά」、くるぶし、足首。
Oxford Learner's では、単数はなくて、複数形だけになっていました。


「χειραγωγώ」、手を取って導く。
「ποδαγωγώ」、と言う語は辞書にはないのですが、「χειραγωγώ」に倣って作られた語だと思います。
posted by kyotakaba at 14:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月01日

Νέο εισιτήριο διάρκειας τριών ημέρων εγκαινιάζει σήμερα ο ΟΑΣΑ

 7月1日付けのト・ビーマ web版記事。

 公共交通のツーリスト・チケットに関するニュース。
http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=1&artId=276248&dt=01/07/2009

見出しは、
Νέο εισιτήριο διάρκειας τριών ημέρων εγκαινιάζει σήμερα ο ΟΑΣΑ
OASA は、新しい三日間切符を今日開始

記事
「Ένα νέο εισιτήριο για τα μέσα μαζικής μεταφοράς της Αττικής διάρκειας τριών ημερών και κόστους 15 ευρώ κυκλοφορεί από σήμερα ο ΟΑΣΑ για την καλύτερη εξυπηρέτηση των επισκεπτών που θα παραμένουν για λίγες ημέρες στην Αθήνα.
Το νέο εισιτήριο (Tourist Ticket), ισχύει για τρεις ημέρες από την πρώτη επικύρωση κατά την πρώτη επιβίβαση για όλα τα μέσα μαζικής μεταφοράς αρμοδιότητας του ΟΑΣΑ.
Επίσης, ισχύει για απεριόριστες μετακινήσεις από και προς το αεροδρόμιο, καθώς και για τη λεωφορειακή γραμμή 400 «Αξιοθέατα της Αθήνας».

Η πώληση του τριήμερου εισιτηρίου των 15 ευρώ θα γίνεται από τα εκδοτήρια εισιτηρίων της ΕΘΕΛ στο αεροδρόμιο, του Προαστικού στο αεροδρόμιο και στους σταθμούς Λαρίσης και Πειραιά από το Μετρό στο σταθμό Σύνταγμα και από τον ΗΣΑΠ στους σταθμούς Πειραιάς και Ομόνοια.



 ΟΑΣΑ は、今日から、アテネ市に僅かの間滞在する来訪者により便利なように、アテネ区内3日間15ユーロの新しい切符を発売します。
新しい切符(ツーリスト・チケット)は、ΟΑΣΑ 所管の公共交通のすべてで、最初に発行されて乗車してから、3日間有効です。
 また、空港への行き来と、「アテネ観光」の路線バスの400線にも、同様に、制限がありません。





 15ユーロの三日間切符の販売は、空港の ΕΘΕΑ の切符販売所、ラリッサ、ピレウスの駅、メトロでは、シンタグマ駅、ΗΣΑΠ(アテネ-ピレウス電鉄)では、ピレウスとオモニア駅で、行われます。


1028192_b.jpg







Vodafone.gr - iPhone 3G


市内バス400番について:
aimotokiyotakaba - β: 市内バス 400番線
posted by kyotakaba at 18:24| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする