2009年09月30日

エティオピア物語 第一巻 11-3

   Είχε μιά μικρή δούλα, τη Θίσβη, όχι άσχημη στην όψη, που ήξερε να τραγουδάει παίζοντας παίζοντας κιθάρα. Την έριξε για δόλωμα σε μένα παραγγέλλοντάς της να κάνει τάχα πώς με ερωτεύτηκε. Και κείνη, που πρίν πολλές φορές είχε αποκρούσει τις ερωτικές προτάσεις μου, τώρα έκανε τα πάντα -- βλέμματα, νεύματα, μισόλογα -- για να με προσελκύσει· κι εγώ ο ανόητος, νόμιζα πώς είχα ομορφύνει ξαφνικά και,όταν πιά έφτασε να έρθει νύχτα στην κάμαρά μου, την καλοδέχτηκα· την επομένη ξανάρθε και απο τότε μου ερχόταν τακτικά.



 あの女には若い婢が一人いました。シスヴィと言います。容姿は醜くはなくて、竪琴を弾きながら歌うことをよくしました。あの女は、あたかも彼女が私を愛しているふうに装うように命じて、私の所に寄越したのです。それで、それ以前に、私の愛の告白を彼女は何度も撥ね付けていたのです。それがその時には、眼差し、頷き、呟き、その何もかもが、私を誘惑していたのですから。私は愚かでしたから、突然に私は美男になったのだと思ったのです。それで、彼女が夜に私の部屋を訪れて来た来た時には、彼女を歓待したのです。翌日も彼女はやって来ました、それからと言うもの、彼女は決まって私の所に来るようになったのです。



「Είχε μιά μικρή δούλα」、
Είχε の主格は、ディメネティ。


「ήξερε να τραγουδάει」、
ξερώ να τραγουδώ 、歌うことを知っている。上手に歌える。



「παίζοντας κιθάρα. 」、
κιθάρα 、現代語ではギターですが、古代なので竪琴。


「τάχα πώς με ερωτεύτηκε. 」、
τάχα 〜、〜のふりをする。
posted by kyotakaba at 16:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月27日

Δήμος Ζωγράφου

アテネ大学のあるゾグラフ地区のホームページ:

ギロギロバスの写真も

http://62.1.42.61/
Δήμος Ζωγράφου
posted by kyotakaba at 10:05| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月24日

ΣΑΝΤΥΜΠΕΛ

『ハロー!サンディベル』のギリシャ語版。




SANDYBELLgrPROJECT:
http://www.youtube.com/SANDYBELLgrPROJECT
posted by kyotakaba at 09:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月23日

Ελληνική Ορνιθολογική Εταιρεία

Ελληνική Ορνιθολογική Εταιρεία
ギリシャ鳥類学協会

posted by kyotakaba at 19:10| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 11-2

   Και όταν χόρτασε το θυμό του, " πατέρα μου ", του λέω, " τώρα τουλάχιστον, άν όχι πρίν, έχω δικαίωμα να μάθω γιατί με χτύπησες ". Και κείνος, ακόμα περισσότερο οργισμένος, " τί είρωνεία ! " λέει· " τίς ανόσιες πράξεις του ζητάει να μάθει απο μένα ! " Και, γυρίζοντας μου την πλάτη, έφυγε για να πάει στη Δημαινέτη· αυτή όμως ακόμα δεν είχε χορτάσει και μηχανεύτηκε δεύτερο εκδικητικό σχέδιο.


 父の怒りが治まったとき、「お父様」と私は父に話しかけました。「前にはありませんでしたけれど、せめて今なら、私を打つわけを知ることを許して下さい。」 父は、まだたいそう怒っていました。「何と言う皮肉だ!」と言いました。「やつの堕落した行状のこと等を、私から聞き出したいと思うなんて。」 それから、父は私に背を向けて、ディメネティのところへと立ち去って行きました。あの女は、まだ満足はしておらず、二番目の復讐の計画を企んでいたのです。



「Και όταν χόρτασε το θυμό του」、
χορταίνω 満足する、ここでは、怒りなので、「治まる」の語を当てました。


「έχω δικαίωμα να μάθω γιατί με χτύπησες」、
δικαίωμα 女性名詞「権利、許可」、
クネモンが父に懇願をしている表現だと思います。
なぜ私を打つのか、どうか教えて下さい。


「οργισμένος」、
形容詞 「激怒している」
動詞は、εξοργίζω



「τίς ανόσιες πράξεις του ζητάει να μάθει απο μένα ! 」、
[τίς ανόσιες πράξεις του] が動詞 ζητώ の目的語。
(τίς ανόσιες πράξεις) (冠詞+形容詞+実詞) に所有代名詞 του が付いています。
posted by kyotakaba at 10:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月22日

『学術都市アレクサンドリア』野町啓

『学術都市アレクサンドリア』野町啓
講談社学術文庫  09年9月刊
講談社


学術都市アレクサンドリア (講談社学術文庫)

学術都市アレクサンドリア (講談社学術文庫)

  • 作者: 野町 啓
  • 出版社/メーカー: 講談社
  • 発売日: 2009/09/10
  • メディア: 文庫






Bibliotheca Alexandrina Project ビブリオテカ・アレクサンドリア・プロジェクト:
http://www.bibalex.jp/index.html
小学館のプロジェクト
Bibliotheca Alexandrina Project ビブリオテカ・アレクサンドリア・プロジェクト

アレクサンドリア図書館, 公式日本語サイト, Home:
http://www.bibalex.jp/Japanese/index.htm


posted by kyotakaba at 09:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月21日

エティオピア物語 第一巻 11-1

   Και κείνος, μόλις τ' άκουσε, χωρίς λέξη και χωρίς ερώτηση καμιά, χωρίς να με καλέσει να απολογηθώ, βέβαιος πως δεν ήταν δυνατό να με συκοφαντεί αυτή που τόσο με αγαπούσε, χωρίς στιγμή να χάσει, μ' έπιασε ανυποψίαστο σε κάποιο μέρος του σπιτιού και με άρχισε στις γροθείς κι ύστερα κάλεσε τους δούλους να με μαστιγώσουν χωρίς να ξέρω κάν αυτο το στοιχειώδες : γιατί μ' έδερναν.




 すると父は、女の言葉を聞いてすぐに、言葉もなく、何の返答もせずに、また、私を呼びつけて弁明させることもせずに、あの女が、これほど私を愛しているのに、私を中傷することは有り得ないことだと思い込んで、家のどこかに私がいることは疑いないと思っていたので、私を取り逃がすような間を置くことはなく、私を捕えて、拳を振るいだしたのです。それから、なぜ私を打つのかそもそものことは全く私には知らせないで、私を鞭打つために家隷を呼んだのです。



χωρίς で文が並べられています。

「χωρίς να με καλέσει να απολογηθώ」、
イポタテキィ(接続法 (連用形) ) が重ねて使われています。
χωρίς να με καλέσει 、 χωρίς 〜なしに
私を呼ぶことなしに。καλέσει の主格は、父。
καλέσει να 〜、〜するために呼ぶ。
να απολογηθώ 、απολογηθώ の主格は私。
私が弁明するために、私を父は呼ぶ。
日本語の構成では、このままでは、分かり難いかと思います。


「βέβαιος πως ・・」、
βέβαιος は形容詞、〜と確信している状態である。主格は父。
ここでは形容詞の様態で、副詞のような働き。
〜と確信しているので。


「ανυποψίαστο σε κάποιο μέρος του σπιτιού」、
ανυποψίαστο 、形容詞。
働きは、上の βέβαιος と同じように、副詞のよう。
〜は、疑いがないので。
ανυποψίαστο は中性になっているので、この語の主格は、冠詞 το のような、
文を示すものだと思います。
私が家のどこかにいることは、疑いないので。


「χωρίς να ξέρω」、も、
言葉そのままでは、「私が知ることなく」なのですが、
「私に弁明させるために呼ぶことなく」と同様に、
「父が私に知らせることなしに」と、理解しました。
posted by kyotakaba at 18:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月20日

昇る ανατέλλω

ανατέλλω 太陽、月が昇る。

η μέρα άρχισε ν' ανατέλλει.  夜が開け始めた。
posted by kyotakaba at 21:43| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月17日

Ευρωπαϊκής Εβδομάδας Μετακίνησης

 16日付のト・ビーマ、
ヨーロッパ交通習慣に関するニュースがありました。

見出しは、
「Δωρεάν οι μετακινήσεις με όλα τα μέσα μαζικής μεταφοράς την Τρίτη」

すべての公共交通が火曜日に無料!

 9月22日です。European Mobility Week で。

記事:
http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=1&artId=288714&dt=16/09/2009


European Mobility Week のホームページ:
European Mobility Week | Clean air for all

posted by kyotakaba at 09:58| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

H Αστυπάλαια

 こんな音楽ビデオがあったと、教えて頂きました。

Κρίστη Στασινοπούλου の歌。  Kristi Stassinopoulou クリスティ・スタシノプル

 以前に、最新のアルバム『Ταξιδοσκόπιο (Taxidoskopio)』が発表された時には、日本のラジオでも紹介されて、このブログにも備忘したと思ったのですが、ないようです。

 ビデオのものは、その前の、2002年発表のアルバム『ΤΑ ΜΥΣΤΙΚΑ ΤΩΝ ΒΡΑΧΩΝ (The Secrets of the Rocks)』から。 タイトル曲。
 ビデオが撮影された場所は、Αστυπάλαια (Asypalaia アスティパレア) 。サントリーニ島の東にあります、美しい島です。

Astypalaia - a beautiful island in the Aegean Sea


 クリスティ・スタシノプル のホームページ:
http://www.krististassinopoulou.com/
Kristi Stassinopoulou



タキシードスコピオ

タキシードスコピオ

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: KINGRECORDS.CO.,LTD(K)(M)
  • 発売日: 2007/08/08
  • メディア: CD




The Secrets of the Rocks

The Secrets of the Rocks

  • アーティスト:
  • 出版社/メーカー: Wrasse
  • 発売日: 2003/08/04
  • メディア: CD






posted by kyotakaba at 08:15| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月16日

エティオピア物語 第一巻 10-4

   Καθώς όμως εκείνος την πίεζε ρωτώντας τη με επιμόνη τί είχε πάθει, " ο θαυμάσιος " , του λέει, " ο ευσεβής νέος, ο κοινός μας γιός, που εγώ, μάρτυς μου ο θεός, τον αγάπησα περισσότερο κι από σένα, καταλαβαίνοντας, από κάποιες ενδέιξεις, ότι είμαι έγκυος, πράγμα που σου έκρυβα ώσπου να βεβαιωθώ, περίμενε τη στιγμή που έλειπες κι ενώ εγώ, κατά τη συνήθειά μου, τον νουθετούσα λέγοντάς του να μην έχει το νού του στις εταίρες και στο πιοτό (γιατί είχα καταλάβει πώς κάτι τέτοια έκανε, αλλά δεν σου το έλεγα για να μην με νομίσεις κακή μητριά), ενώ έτσι τον ορμήνευα ιδιαιτέρως για να μην τον κάνω να κοκκινίσει,είπε για σένα και για μένα λόγια τόσο αισχρά που ντρέπομαι να τα επαναλάβω και, κλωσώντας με στην κοιλιά, με έφερε στην κατάσταση που βλέπεις " .



 けれども、父は、何に苦しんでいるのか執拗にあの女に尋ねました。「素敵なお方。」 彼女は父に言いました。「敬虔な若者、私たちの息子はです。そして私は、神も私の証人です、貴方より以上にあの子を愛していました。いくつかの兆しで、私は身籠っていると気が付いたのものですから、そのことは、私が確かだと思うまでは、貴方様には隠しておいたのですが、あの子は貴方が留守の時を待っていたのです、私はしきたり通りに、娼婦に向けるような気、お酒のようなつもりを持たないように言って、あの子にお説教をしたのです。(そのようなことは分かっていたのですよ、けれど、貴方が私を悪い母親だと考えないように貴方には言わなかったのです。) 貴方を赤面させないように、ほかの人には分からないようにあの子にお説教したのですけれど、貴方や私についてとても恥ずかしい言葉を言ったのです。その言葉は、繰り返して言うのには恥ずかしいです。そして私のお腹を蹴って、貴方が今ご覧のような有り様にしたのです。」
posted by kyotakaba at 23:14| Comment(1) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月14日

エティオピア物語 第一巻 10-3

   Κι επειδή εγώ αντιστεκόμουν με όλες τις δυνάμεις μου και απέκρουα όλα τα χάδια και τις υποσχέσεις της, στέναξε βαθιά κι απελπισμένα και έφυγε· μόλις είχε περάσει η νύχτα κι έβαλε η καταραμένη σε εφαρμογή το εκδικητικό της σχέδιο· πρώτα πρώτα, δεν σηκώθηκε καθόλου απο το κρεβάτι και, όταν έφτασε ο πατέρας μου και τη ρώτησε τί έχει, έκανε τάχα πώς ένιωθε μεγάλη αδυναμία και δεν αποκρίθηκε με την πρώτη.





 それで、私は、私の持てる力のすべてを使って抵抗を続け、彼女の愛撫や誓いのすべてを払いのけたのです。低くそして失望したようにうめいて、あの女は去って行きました。夜が去るとすぐに、彼女の呪いが復讐の計画を実行に移したのでした。まず始めに、私の父が帰宅した時に、寝床から全く起き上がりませんでした。それに、父があの女に、何があったのか、どうもひどく弱っているようだが、と尋ねても、最初は答えなかったのです。




「κι έβαλε η καταραμένη σε εφαρμογή το εκδικητικό της σχέδιο· 」、
分かり難い文でした。
主格は、「η καταραμένη」。 辞書には、実詞としてはありませんでした。けれど、
この文では、実詞になってるのだと思います。「呪い」。
動詞は、「έβαλε」。βάζω 当てる。
対格は、「το εκδικητικό της σχέδιο」。所有代名詞 της が実詞 σχέδιο の前に。
「彼女の復讐の計画」。
呪いが彼女の復讐の計画を・・に置く。
前置詞 σε +実詞 εφαρμογή で、置く対象を示しています。
「実行に置く」
呪いが彼女の復讐の計画を実行に移したのでした。



「πρώτα πρώτα」、
まず始めに。
posted by kyotakaba at 22:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月12日

πλανώμενος

 リフェラ元に、「武者修行」のギリシャ語と言う検索がありまして。

英語の errant 、knight-errant に当たる語を探されているようでしたけれど。

 errant を辞書で引くと、πλανώμενος と言う語があります。
πλανώ は、間違える、迷うと言う動詞で、さまようと言う意味もあります。πλανώμενος はその分詞。

発音:What is πλανώμενος? Definition of πλανώμενος

 πλανώ から派生した語に、πλανόδιος と言う形容詞があります。errant で引いた時には、こちらの語の方が先に挙げてありましたが。 πλανώ +οδός で作られた語。「旅回りの」の意味。川原辞書には、「πλανόδιος ραψωδός」(吟遊詩人)と言う語も挙げられています。
 ο πλανόδιος ιππότης と書けば、諸国を放浪している騎士の意味になるかもしれません。
posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 10-2

   Και κείνη, μόλις με πρωταντίκρισε, βγήκε εκτός εαυτής και, χωρίς πιά να κρύβει τον ερωτά της, με τον πόθο γυμνό, έτρεξε κοντά μου και με αγκάλιασε λέγοντας " Άχ εσύ, ο νέος Ιππόλυτος, ο Θησέας μου ! " Τί λέτε να ένιωσα, εγώ που και τώρα κοκκινίζω καθώς σας τα διηγούμαι ; Έφτασε το βράδυ και ο πατέρας μου θα δειπνούσε στο πρυτανείο. Καθώς ήταν πάνδημη εορτή και το συμπόσιο έμελλε να κρατήσει ώς το πρωί, μου ρίχνεται εκείνη και επιχειρεί τα αθέμιτα.




 そしてあの女は、私をちらと見るやいなや、彼女一人で外へ出て来て、彼女の劣情を少しも隠すことなく、情欲を剥き出しにして、私の側に駆け寄り、私を抱きしめて言ったのです。「ああ、お前、若いヒッポリトス、私のテセウス!」 あなた方に詳しく語ろうとすれば、今でも、私は赤面するのですが、この私が感じるものを、あなた方は何と言うでしょうか? 夜が来ると、私の父は、評議院で夕食を摂ることになりました。全市民の祝祭でしたから、饗宴が朝まで続けられる筈でした。あの女は私を押し倒して不貞を働こうとしたのです。



「πρωταντίκρισε」、
πρωταντίκριζω 、この語は辞書では見つけられませんでした。
πρωτα - αντίκριζω (見る) なのだと思います。
初めて見た、というのではなくて、視界の一番先頭の端にで見る、と言うような感じ、
姿が目に入ったとたんに、外へ出た、と言う描写なのだと。


「Ιππόλυτος」「Θησέας」、
テセウスは、ギリシャ神話に登場する伝説のアテナイ王。
ヒッポリトスは、テセウスの息子。
伝説では、テセウスの後妻フェドラがヒッポリトスに情を交わすように迫り拒絶されたために、テセウスにヒッポリトスに強姦されたと偽りを言い、そして、激怒したテセウスはヒッポトリスを殺す、ということです。



「πάνδημη εορτή」、
εορτή は、γιορτή (祭日) と同じ、
πάνδημος は、「全市民の」と言う形容詞。パンデミノス。
最近、新型インフルエンザのニュースでしばしば聞く、パンデミックは、このギリシャ語から。
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月11日

3びきのかわいいオオカミ

 長い夏休みが終わって、ΕΛΕΥΘΕΡΟΥΔΑΚΗΣ が営業を再開しました、web ショーウィンドウを覗いてみました、『Τα τρία μικρά λυκάκια Μια πανηγυρική τρισδιάστατη έκδοση ενός κλασικού πλέον βιβλίου』と言う可愛らしい本が目に留まりました。 (この長い文、全部題名なのでしょうか?)
http://www.books.gr/ViewShopProduct.aspx?Id=2638512

 作者は、Ευγένιος Τριβιζάς  (ユージーン・トリビザス)。

 以前にも、この著者の本を備忘していました。けれども、姓と名を取り違えていました。

2008年08月03日: The Two Tides


 『Τα τρία μικρά λυκάκια Μια πανηγυρική τρισδιάστατη έκδοση ενός κλασικού πλέον βιβλίου』は、日本語にも翻訳があります。
『3びきのかわいいオオカミ』。
翻訳者は、こだま ともこ。  (小玉知子)
大日本絵画 社から、2005年の発行。
国立国会図書館 NDL-OPAC(書誌 詳細表示 )



3びきのかわいいオオカミ

3びきのかわいいオオカミ

  • 作者: ユージーン トリビザス
  • 出版社/メーカー: 冨山房
  • 発売日: 1994/05
  • メディア: 大型本





posted by kyotakaba at 09:08| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

エティオピア物語 第一巻 10-1

   Και να τι έγεινε στο τέλος. Στη γιορτή των Μεγάλων Παναθηναίων, όταν οι Αθηναίοι εν πομπή φέρνουν διά ξηράς το πλοίο στην Αθηνά, ήμουν στην τάξη των εφήβων και, αφού έψαλα τον καθιερωμένο παιάνα στη θεά και ακολούθησα κατά την παράδοση την πομπή, γύρισα σπίτι όπως ήμουν με τη γιορτινή στολή μου, φορώντας τη χλαμύδα και το στεφάνι.




 最後に起こったことは次のようなことです。大アテネの全域の祝日の日でした。その日には、アテネ市民は行列に出て、舟を運ぶのです、アテネ市の中を陸地を通って運ぶのです。私は、若者の列にいました。それから、いつもと同じ讃歌を神に歌い捧げていました。伝統に従って、行列について歩いたのです。家に帰っても、ハラミダ(短いマント)とステファニ(花冠)を付けて、祭典の服装でいました。




「οι Αθηναίοι εν πομπή φέρνουν διά ξηράς το πλοίο στην Αθηνά,」、

 この文は、エネトータス (現在形) です。アテネの風習を説明しているので、常にそうなのだからです。
 この文の基幹は、「οι Αθηναίοι φέρνουν το πλοίο στην Αθηνά,」です。
アテネ市民たちは、アテネで、舟を運ぶ。
「εν πομπή」、
εν は前置詞で、 σε と同じです。行列にいるアテネ市民たち。
「διά ξηράς」、
διά は前置詞で、 για と同じような働き。
ここでは、続く実詞が属格ですから、〜を横切って、〜の間ずっと、の意味。
陸地を横切って。
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

秋の前触れ

 カセメリニの天気予報を見ると、アテネは、雨で、最低気温が18度で、最高気温が25度の予報です。セサロニキも雨で、16度ー21度。イオニアは、やはり雨で、最低が10度、最高が21度です。カラバも、14度ー21度。
 冬時間への切り替えはまだまだですが、もう、秋冬の前触れのようなものなのでしょうか。


ΔΗΜΟΣ ΙΩΑΝΝΙΤΩΝ
posted by kyotakaba at 14:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

現代ギリシア語文法ハンドブック

『現代ギリシア語文法ハンドブック』
福田千津子
白水社  2009年4月刊

白水社 : 書籍詳細|現代ギリシア語文法ハンドブック



現代ギリシア語文法ハンドブック

現代ギリシア語文法ハンドブック

  • 作者: 福田 千津子
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2009/04
  • メディア: 単行本







宣伝文:
「必携! 本格的文法書
 「古典」ギリシア語に比べ、圧倒的に参考書の少なかった「現代」ギリシア語に待望の本格的文法書が登場。詳細な項目、簡潔な説明、豊富な例文は、使いやすく読んで楽しく、中級学習者にも必要充分。目次や索引を活用して、必要な項目にもすぐアクセス。学習者必携!」

posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

エティオピア物語 第一巻 9-4

Μά γιατί να σας κουράζω λέγοντας όλα όσα έκανε ; Γιατί να σας απαριθμήσω τους πειρασμούς που μεταχειρίστηκε, τις υποσχέσεις που μου έδινε, πότε "γιόκα μου" πότε "γλυκέ μου" όνιμάζοντας με κι ύστερα πάλι "κληρονόμο της " και σε λίγο "ψυχή της", ανακατεύονατς τα πιό τρυφερά γλυκόλογα με τα πιό σαγηνευτικά και ψάχνοντας να βρέι τα πιό κατάλληλα μέσα για να με παρασύρει, τα πιό σεμνά όταν έπαιζε τη μητέρα και πιό άτοπα όταν άφηνε να φανεί ολοκάθαρα η ερωμένη ;


 ところで、起こったことの何もかもをお話しするのはあなた方を疲れさせないでしょうか? 彼女が使った誘惑の数々、あの女が私に寄越した数々の約束、ある時は、「私の坊や」と言い、ある時は、「私の愛しい人」と言い、それから再び、「彼女の相続人」と呼び、すぐに、「彼女の心」と呼んで、とても優しい丁寧な言葉ととても誘惑的な言葉、母を演じる時には、最も慎み深い言葉、美しい愛人のままの時には、最も不謹慎な言葉、それらをを混ぜて、私を誘惑するのに一番相応しい方法を見つけようと探していたのですけれど、それらを、お二人の前に並べ上げるのはどうなのでしょうか?



 クネモンが語っているのは過去時制に於いてなのですが、クネモンにとっては話すことは現在時制で、語っている中の女性は、パラタティコス時制になっています。
posted by kyotakaba at 09:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月01日

What is ειρωνεία?

 今日のリフェラ元に、「アイロニー ギリシャ語表記」と言うグーグル検索がありましたので。

 ですけれど、ギリシャ古典哲学での、アイロニーは、分かりません。現代ギリシャ語での、「皮肉」の語義のイロニア を備忘します。

英語での、「irony」。

ειρωνεία

ει は二重母音なので、「イ」、後ろの ει にトノス (アクセント)。

ει- イ /ρω- ロ / νεί- ニ / α- ア

What is ειρωνεία? Definition of ειρωνεία
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする