2009年12月31日

『留まれ、アテネ』

 『留まれ、アテネ』
ジャック・デリダ   Jacques Derrida
矢橋透 訳

みすず書房  2009年12月刊

留まれ、アテネ:みすず書房

『Demeure, Athènes』
Galilée (ガリレー出版社)

Demeure, Athènes:Galilée

v_9782718607931.jpg






留まれ、アテネ

留まれ、アテネ

  • 作者: ジャック・デリダ
  • 出版社/メーカー: みすず書房
  • 発売日: 2009/12/18
  • メディア: 単行本





英訳、ペーパーバック


Athens, Still Remains

Athens, Still Remains

  • 作者: Jacques Derrida
  • 出版社/メーカー: Fordham Univ Pr
  • 発売日: 2010/08/16
  • メディア: ペーパーバック






ギリシャ語訳:
『ΑΘΗΝΑ-ΣΤΗ ΣΚΙΑ ΤΗΣ ΑΚΡΟΠΟΛΗΣ』
Ζακ Ντεριντά
出版社:ΟΛΚΟΣ
翻訳者:Β. Μπιτσώρης


Εκδόσεις "ΟΛΚΟΣ"


skia.jpg




posted by kyotakaba at 08:29| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月28日

ΔΩΔΕΚΑ ΚΑΙ ΕΝΑ ΨΕΜΑΤΑ

 ARGA の新刊愛内を覗いて、表紙の絵がよかったので。

『Δώδεκα και ένα ψέματα』Αλέξανδρος Αδαμόπουλος
ギリシャ文学 小説
ARGA 出版  2009年刊

『12と1つの嘘』

Αλέξανδρος Αδαμόπουλος 、
1953年生アテネで生まれて、パリに移住、
ヤニス・クリストウの音楽協会(?)で活動していたそう。

AGRA Publications

紹介しているページ:
Αλέξανδρος Αδαμόπουλος, Δώδεκα και ένα ψέματα « αγριμολόγος


983.gif
posted by kyotakaba at 09:40| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月27日

エティオピア物語 第一巻 15-5

   Θεοί, καλά να πάθω : γιατί του άκαμα κακό αντί να τον καλοπιάσω; Γιατί τον καταδίωκα αντί να τον ικετεύω; Αρνήθηκε την πρώτη φορά, αλλά με το δίκιο του· ντρεπόταν να σμίξει με τη γυναίκα ενός άλλου και μάλιστα του πατέρα του· μπορεί όμως και να τον κατάφερνα, μπρεί να μέρευε με τον καιρό και με τα παρακάλια και ν' άλλαζε τη γνώμη του. Αλλά εγώ ήμουν θηρίο ανήμερο : δεν φέρθηκα σάν γυναίκα ερωτευμένη· σάν να ήμουν κάποια κυρά που ο δούλος την παράκουσε, το θεώρησα φοβερό που περιφρόνησε τη Δημαινέτη, κι άς ήταν τόσο πιό ώραιος απο μένα.



 ああ、神々よ、私が死んでしまうとよいのに。どうして、私はクネモンに甘えさせないで、酷いことをしたのかしら? どうしてあの人に助けを求めないで、責め立てたのかしら? 最初、あの人は拒んでいたわ、それは当然なのよ。他の夫の妻である女が、関係を持つのは恥ずべきことだわ。それもあの人の父親の妻だったのに。けれども、あの人を口説き落とすことは出来るし、懇願して、だんだんと大人しくさせて、あの人が考えを変えるようにさせることも出来るわ。私は、まさに獣だったのよ。恋する女性のようには振る舞わなかったわ。使用人が従わない奥方のようだったわ。あの人がディメネティを軽蔑していると言う恐ろしい考えは、けれども、私には、とてもいいものだったわ。


Αρνήθηκε - αρνούμαι

「με το δίκιο του」、
με το δίκιο (του) να have good reason to


μέρευε - ημερεύω

「με τον καιρό」、
しだいに



「κι άς」、
この部分はよく分かりません。και αν のような意味かと思いました。
posted by kyotakaba at 21:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月21日

Μέσα σε δύο χρόνια γέμισε με νερό η Μεσόγειος

 12月10日付けのト・ビーマの記事。ネイチャーにも同じ記事がありましたので。
地中海の形成についての研究のニュース。

 その冒頭部分:

ΛΟΝΔΙΝΟ Ισπανοί επιστήμονες πραγματοποίησαν μια ενδιαφέρουσα μελέτη για τη δημιουργία της Μεσογείου. Ηταν ήδη γνωστό ότι η λεκάνη της Μεσογείου, η οποία κάποτε ήταν ενωμένη με τον Ατλαντικό, κάποια στιγμή «αποσπάστηκε» και τα Στενά του Γιβραλτάρ μετατράπηκαν σε ισθμό. Εχει διαπιστωθεί επίσης ότι πριν από περίπου 5,5 εκατ. χρόνια ένα γεωλογικό φαινόμενο που ονομάστηκε «η κρίση αλμυρότητας του Μεσσηνίου» και διήρκεσε 50.000-400.000 χρόνια προκάλεσε την εξάτμιση των νερών της Μεσογείου, μετατρέποντας την από θάλασσα σε μια ρηχή αλμυρή λίμνη.


διήρκεσε διέρχομαι


ロンドン、スペインの研究者たちが地中海の形成に関しての一つの興味深い見解を実証しました。これまでは、地中海の構造盆地は、かつては、大西洋と一体化していて、ある時に、”引き離され”て、峡部がジブラルタル海峡に変わったと知られていました。それが約550万年前だと確認したのです。「メシギノスの塩分の危機」と言う名前の地質学的現象の時代に、それは5万年から40万年の間続いたのですが、地中海の水の蒸発を引き起こし、海を浅い塩分の多い湖へと変えたのです。


 その後、約530万年前に水が戻って来たらしいのですが、それが、およそ二年間の間のことで、大洪水であったと考えられると言うことです。その大洪水は、海面の上昇のスピードが、一日あたり、10メートル以上であった可能性だと言うことです。
(現在言われている温暖化などとは規模が違うようですが、、)
posted by kyotakaba at 10:19| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月18日

エティオピア物語 第一巻 15-4

   Τώρα όμως φαντάζομαι πώς τον βλέπω, μου φαίνεται σάν να είναι εδώ, σάν να τον ακούω να με μέμφεται για το άδικο που του έκαμα, και νιώθω ντροπή· είναι ώρες που φαντάζομαι πώς θα έρθει και θα τον ξαναδώ και θα τον απολαύσω η πώς εγώ θα πάω να τον βρώ, όπου κι άν βρίσκεται. Αυτά με καίνε, αυτά με τρελαίνουν.



 けれども今はどうかと言えば、あの人を見ることを夢見ているのよ、まるで、あの人がここにいて、私があの人にした悪行を非難しているのが聞こえるかのように、私には思えるの。恥ずかしく思うの。今は、あの人がやって来て再びまみえて私が喜んで迎える、そうでなければ、あの人がいるだろうところへ私が探しにいくことを夢見ているのよ。そんなことが私の気を狂わせるのよ。


「είναι ώρες που 〜」、
που 以下の節で述べられることをしている時間だ。
posted by kyotakaba at 20:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月17日

エティオピア物語 第一巻 15-3

   Κι εκείνη ' καλή μου Θίσβη', είπε, ' ποιά λύτρωση μπορέι να βρεθεί όταν εκείνος που θα μπορούσε να με λυτρώσει είναι τώρα μακριά και μένα με έχει σκοτώσει η ανέλπιστη φιλανθρωπία τών δικαστών; Γιατί άν τον λιθοβολούσαν, άν τον σκότωναν, το πάθος μου εξάπαντος θα πέθαινε μαζί του· όταν κάθε ελπίδα έχει χαθεί, ελευθερώνεται η ψυχή κι αυτοί που πάσχουν παύουν να πονούν όταν δεν έχουν τίποτε να περιμένουν.


 それで、あの女は言ったんだ。「私のかわいいシスヴィ、」それから、こう言ったんだ。「私を救うことが出来るだろうあの人が、今は遠くにいて、判事たちの思いもしなかった博愛が私を苦しめていると言うのに、どんな救いが有り得ると言うのか知ら? もしも、判事たちがあの人を石投げの刑にして、あの人を殺してしまっていたら、私の苦しみもあの人と一緒に、間違いなく、死んでしまっていたでしょうに、希望がなくなってしまった時はいつも、魂は解き放たれるものなのよ、待たなければならないと言うことが、もうちっとも、なくなったら、私を苦しめていること共は、私に痛みを与えるのを止めるのですからね。」



「να βρεθεί」、
βρίσκομαι 、有るの意味。

「εκείνος」、
ここでは、クネモンを指しています。

「μένα με έχει σκοτώσει」、
「μένα 」も「με」も、σκοτώσει の目的語で同一のものを指しています。対格の強形と弱形で繰り返されています。


「εξάπαντος」、
副詞、間違いなく。
posted by kyotakaba at 21:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月16日

ビザンツ皇妃列伝

 『ビザンツ皇妃列伝』
井上浩一
白水社  2009年12月刊

白水社



ビザンツ皇妃列伝―憧れの都に咲いた花 (白水Uブックス 1109)

ビザンツ皇妃列伝―憧れの都に咲いた花 (白水Uブックス 1109)

  • 作者: 井上 浩一
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2009/12
  • メディア: 単行本





 96年に筑摩書房から刊行されていたもの。
posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月15日

Γεύσεις από τη Μικρασία: Περισσότερες από 200 παραδοσιακές συνταγές

 Books in Greek の web店、ショーウィンドウから。

『Γεύσεις από τη Μικρασία』
Ελίκα Παυλίδου

『小アジアの味』、200以上の伝統的料理のレシピ。
出版社:Μεταίχμιο

Γεύσεις από τη Μικρασία: Περισσότερες από 200 παραδοσιακές συνταγές

b148948.jpg
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

NewsIt

 Τάσσος Παπαδόπουλος 元キプロス大統領のニュースを検索している時に見つけたものです。

 NewsIt 。ギリシャのニュース・サイト。
http://www.newsit.gr/

 NewsIt の YouTube のチャンネル:
http://www.youtube.com/newsITvideo

 ニュースビデオは、Mega TV のもののようです。

 Τάσσος Παπαδόπουλος 元キプロス大統領のニュース:


posted by kyotakaba at 10:05| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月14日

エティオピア物語 第一巻 15-2

   Κι εκείνη, βλέποντάς την τόσο βαριά οργισμένη και ενοχλημένη και άλλο τόσο τρελή από έρωτα και θυμό, αποφάσισε να την προλάβει και να εξασφαλίσει τη σωτηρία της ρίχνοντάς την, πρώτη εκείνη, σε παγίδα. Παρουσιάστηκε λοιπόν σ' αυτήν και ' τί κάνεις έτσι, κυρά μου', της είπε, ' γιατί μέμφεσαι άδικα τη θεραπαινίδα σου; Εγώ, και παλιά και τώρα, σε υπηρέτησα κατά το θέλημα σου· κι αν κάτι δεν πήγε καλά, άλλος δε φταίει παρά η τύχη· οσο για μένα, είμαι πρόθυμη, άν το προστάξεις, να επινοήσω κάτι που θα σε γλιτώσει από τα βάσανα'.



 それで、あの女は、シスヴィのことをとてもひどく怒っていて、不愉快に思ってもいるし、それにまた、劣情と怒りとで気がひどく狂ったようになっていたものだから、シスヴィを転落から救うことを請け合おうと申し出ることを決心したんだよ、それは最初の罠だったんだ。それで、彼女が姿を現したんだ。「それで、何事でしょう、奥様」とシスヴィは言ったんだ。「あなた様の女中であるわたくしを、どうして酷く非難なさるのです? わたくしは、過去も今も、あなた様の御意志のままにお仕えしております。上手くいかなくても、運命以外の所為ではありません。わたくしの所為でもありません。もしも、そうお命じになるのでしたら、わたくしは喜んで、苦しみからあなた様を解き放す方法を考え出します。」


οργισμένος : furious οργισμένος
ενοχλημένος : ενοχλώ の受動完了分詞:苛立たされる

「 φταίει παρά η τύχη 」、
φταίει : φταίω :〜の所為である
παρά : 〜よりほか
posted by kyotakaba at 21:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月13日

Η εξαφάνιση της σορού του Τάσσου Παπαδόπουλου

 12月13日、in.gr のニュースから。
http://www.in.gr/news/article.asp?lngEntityID=1085267&lngDtrID=244

Στο σκοτάδι οι έρευνες για την εξαφάνιση της σορού του Τάσσου Παπαδόπουλου

暗中の、タソス・パパドプロスの遺体の消失の調査

 「Το Σάββατο τελέστηκε το ετήσιο μνημόσυνο του Τάσσου Παπαδόπουλου」
土曜日、タソス・パパドプロスの一周忌の追悼式が執り行われた。

 タソス・パパドプロスは、2008年12月12日に亡くなったキプロスの元大統領。

 て、生き返って墓から出て行った?

1085267_b.jpg
posted by kyotakaba at 20:25| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Tσαρούχης: Συνταίριαξε Ανατολή και Δύση

 12月12日付けのカセメリニの記事から。画家ヤニス・ツァルヒスの回顧展の記事。

見出しは、
Tσαρούχης: Συνταίριαξε Ανατολή και Δύση
ツァルヒス:東方と西方を融合した

記事の一部:
Είναι ασφαλώς το μεγαλύτερο εικαστικό γεγονός της χρονιάς που φεύγει και αυτό που ανοίγει με λαμπρότητα τη χρονιά του έρχεται: σε δύο ορόφους του Μουσείου Μπενάκη της οδού Πειραιώς, από το ερχόμενο Σάββατο 19 Δεκεμβρίου και μέχρι τις 13 Μαρτίου του 2010 θα έχουμε την ευκαιρία να δούμε την πρώτη μεγάλη αναδρομική έκθεση έργων του Γιάννη Τσαρούχη, με αφορμή την επέτειο των 100 χρόνων από τη γέννησή του, στις 13 Ιανουαρίου 1910 στον Πειραιά.

 これは、終わろうとしている今年に行われた絵画展覧会の明らかに最大のもので、来る年を輝かしく開ける絵画展です。ピレウス通りにあるベナキー博物館の二階で、来る12月19日土曜日から、2010年の3月13日まで、1910年1月13日に生まれで、その生誕100年の記念にちなんだ、ヤニス・ツァルヒスの始めての大規模な回顧展を観賞するの機会を得られるでしょう。


「Στα έργα του θα ξαναδούμε τις επιρροές του (από τη βυζαντινή αγιογραφία και τον Φώτη Κόντογλου, αλλά και την κλασική τέχνη της ζωγραφικής έτσι όπως τη διδάχτηκε δίπλα στον Κώστα Παρθένη) την ξεχωριστή του τεχνοτροπία, την αποτύπωση της όψης δύο διαφορετικών κόσμων, της Ανατολής και της Δύσης.」

 彼の作品に、東方と西方と言う異なった二つの世界の形状の痕跡と言う技法上の特質に、彼の受けた様々の影響を再認識するでしょう。( ビザンチンの聖人画やフォティス・コンドグルーの影響、また一方では、コンスタンティノス・パルセニスと共に学んだ絵画の古典的技法の影響 )

..:: Yannis Tsarouchis ::..

Κωνσταντίνος Παρθένης - Βικιπαίδεια

Φώτης Κόντογλου - Βικιπαίδεια



Μουσείο Μπενάκη:
http://www.benaki.gr/index.asp?lang=gr

Μουσείο Μπενάκη : ΕΠΙΣΚΕΨΗ / ΕΚΘΕΣΕΙΣ / ΜΕΛΛΟΝΤΙΚΕΣ
posted by kyotakaba at 11:12| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月10日

エティオピア物語 第一巻 15-1

   Όταν όμως έμενε μόνη, μεμφόταν ασταμάτητα τη Θίσβη πώς τάχα δεν την είχε υπηρετήσει σωστά : ' Μόνο για το κακό είσαι άξια ', της έλεγε, ' στον έρωτα δεν με βοήθσες, αυτό όμως που έμελλε να μου στερήσει τον πολυαγαπημένο μου, το έπραξες προτού προλάβω καλά καλά να σου το πώ και ούτε μου έδωσες καιρό ν' αλλάξω γνώμη '. Ήταν ολοφάνερο πώς κάτι κακό μελετούσε εναντίον της Θίσβης.



 けれども、あの女は一人になると、ちゃんと自分に仕えていないではないかと、頻りに、シスヴィを責めるんだよ。「お前は役立たずだよ。」とあの女はシスヴィに言ったんだ。「私の恋を、お前は助けてくれなかった。あの人を、私の最愛の人を私は失ったんだよ。お前は私に考えを変える時間を呉れることもなく、それをお前に告げる十分な余裕ができる前に、お前をあれを決行してしまったんだよ。」 明らかに、あの女は、シスヴィのことを悪く思っていたんだよ。




μεμφόταν、μέμφομαι 責める、非難する

τάχα、副詞 もしかして、きっと、

「Μόνο για το κακό είσαι άξια」、
凶事にだけ、お前は価値がある。

「μου στερήσει」、
μου αρέσει と同じような表現。
最愛の人を失った。

έπραξες、πράττω カサレヴサの動詞、行う
アオリストは、έπραξα、パラタティコスは、έπραττα
posted by kyotakaba at 22:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界ふれあい街歩き アテネ

 NHKの番組『世界ふれあい街歩き』は好きな番組で、楽しみにしています。アテネも、いつか取り上げられるだろうと待っていました。けれども、かならずチェックしているのでもなく、放送曜日さえ忘れているくらいで、肝心のアテネの回を見逃してしまいました。
 放送は、12月3日の木曜日でした。

 再放送が、11日の朝8時からあります。NHK-Hi vision。
NHK 世界ふれあい街歩き|歩き方

見逃しちゃんねる(12月13日まで):
NHKオンデマンド 世界ふれあい街歩き,「アテネ(ギリシャ)」
posted by kyotakaba at 08:56| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月08日

Η αγάπη θα σε βρεί όπου και να 'σαι

 iTunesの今週のヒットから、

『ΚΑΛΑΣ』Μιχάλης Χατζηγιάννης
2009年のアルバム

iTunes.gr


ホームページ:
Μιχάλης Χατζηγιάννης





『Ο Στατρός του Νότου』Γιάννης Κούτρας

iTunes.gr



『Η αγάπη θα σε βρεί όπου και να 'σαι』Χάρις Αλεξίου
http://www.alexiou.gr/

iTunes.gr




『30 Νυχτερινά』Μάνος Χατζιδάκις
http://www.hadjidakis.gr/


iTunes.gr

posted by kyotakaba at 14:50| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月07日

エティオピア物語 第一巻 14-6

   Όσο για κείνην, άρχισαν να την καταδιώκουν οι Ερινύες και με ακόμα μεγαλύτερη μανία σ' αγαπούσε από τότε που έφυγες και δεν σταματούσε τους θρήνους, δήθεν για τον δικό σου, αλλά στην πραγματικότητα για τον δικό της πόνο. Νύχτα μέρα φώναζε ' Κνήμων ', και σε αποκαλούσε ' παιδί της γλυκύτατο ' και ' ψυχή της ', έτσι ώστε ακόμα και οι φίλες που σύχναζαν στο σπίτι της την παίνευαν απορημένες που μιά μητριά έδειχνε πόνο μητρικό, και πάσχιζαν να την παρηγορήσουν και να την ενθαρρύνουν· κι εκείνη έλεγε ότι δεν πρόκειται να βρεί παρηγοριά στη συμφορά της και ότι άλλες δεν ήξεραν τι αγκάθι έχει μέσα στην καρδιά της.



 それで、ディメネティ についてだけれどもね、エリニス達があの女に付き纏い出したんだよ。君が去って以来と言うもの、あの女は君を愛し続けて、それは最大の狂おしさと言っていい程で、嘆くのを止めないんだ。うわべは君のことを嘆いているようなのだけれど、本当のところは、あの女自身の苦しみを嘆いていたんだ。夜になると、「クネモン」と叫ぶんだ。それで、君のことを、「いちばん可愛い子」「私の魂」と呼ぶんだよ。そんなものだから到頭、あの女の家に足繁く出入りする友人達は、当惑して、あの女を、母親らしい苦しみを見せている母親だと言って、褒めそやしていたんだ。それで、何とかして、あの女を慰めて元気付けようとしていたんだ。すると、あの女は、自分の災難に慰めを与えてくれることは重要ではない、自分の心の中の棘が何かなのか誰も分からないと言うことがなによりのことなのだ、と言ったんだ。


δήθεν …… , στην πραγματικότητα
見かけは…、本当のところは…。

「οι φίλες που σύχναζαν στο σπίτι της την παίνευαν απορημένες 」、
απορημένες は、主格の三人称複数形ですから、οι φίλες のカテゴロメニ。
友人達は戸惑っていた、そして、παίνευαν ( 褒めそやす ) した。


πρόκειται は、〜こそが重要である、〜する予定だ、の非人称動詞。

posted by kyotakaba at 07:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月06日

Ψυχή Βαθιά

 ブログ「ギリシャへ ギリシャから」で紹介されていた、Παντελής Βούλγαρης 監督の『Νύφες』。
海を渡る花嫁  - ギリシャへ そして ギリシャから
 この監督の今年、2009年公開の作品は、『Ψυχή Βαθιά』です。これも、世界大戦後の内戦を描いたもののようです。

Cine.gr - Νυφες - Brides

Cine.gr - Ψυχή Βαθιά


 YouTube にあったトレーラー:





posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Ομήρου Οδύσσεια - Σοφία Ζαραμπούκα - AUDIO BOOK』

 Books in Greek からのダイレクトメールから、

『Ομήρου Οδύσσεια - Σοφία Ζαραμπούκα - AUDIO BOOK』
出版社:Pathos Publishing
* Pathos Publishing *

Ομήρου Οδύσσεια, Σοφία Ζαραμπούκα


pathos_publishing_20091016142247.jpg
posted by kyotakaba at 09:56| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『Ετυμολογικό λεξικό της νέας ελληνικής γλώσσας』

 『Ετυμολογικό λεξικό της νέας ελληνικής γλώσσας』
現代ギリシャ語、語源辞典

Γεώργιος Μπαμπινιώτης

出版社:Κέντρο Λεξικολογίας

Lexicon.gr :: Κέντρο Λεξικολογίας


Ετυμολογικό λεξικό της Νέας Ελληνικής Γλώσσας.
Ιστορία των λέξεων


 48.60ユーロなので、、、

lex_etymology.jpg
posted by kyotakaba at 09:44| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月05日

Η Ζωή στους Βράχους

 『Η Ζωή στους Βράχους』、Αλίντα Δημητρίου 監督のドキュメンタリー映画。2009年の作品。世界大戦後の内戦の時に、民主勢力に参加して戦い、その後に、ヒオス島に流刑になった女性たちの証言など。

Cine.gr - Η Ζωή στους Βράχους - Among the Rocks

I zoi stous vrahous (2009): IMDb





http://altcine.wordpress.com/2009/11/14/among-the-rocks/
posted by kyotakaba at 20:57| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月04日

Η μάχη του Μαραθώνα 2.500 χρόνια μετά

 12月3日付け、ト・ビーマの記事。

 公益法人イドリマス・ヤニス・ラチィ が、マラトンに博物館を作り、マラトンに関する書籍を公刊すると言うニュースのようです。

http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=302800&dt=03/12/2009

 その冒頭の部分:

Η μάχη του Μαραθώνα 2.500 χρόνια μετά

Το μυθικών διαστάσεων ιστορικό γεγονός αποτελεί τον πυρήνα μιας νέας έκδοσης του Ιδρύματος Λάτση

Ενας χορταριασμένος τύμβος, οι σπόνδυλοι και το κιονόκρανο μιας μαρμάρινης κολόνας, κάποιες επιγραφές εδώ κι εκεί. Ταπεινά λείψανα που σίγουρα δεν μπορούν να συναγωνισθούν τα αριστουργήματα τέχνης των μεγάλων μουσείων. «Μόνο μέσα από αυτά όμως έχουμε την ευκαιρία να αφουγκραστούμε τον χαμηλό τόνο της ζωής αυτής της γωνιάς στην αγροτική καρδιά της Αττικής, όπου μία ημέρα του Σεπτέμβρη, πάνε 2.500 χρόνια από τότε, η μοίρα καθόρισε τη συνάντηση με μία μοναδική στιγμή, όταν το ήρεμο μαραθώνιο τοπίο φωτίστηκε ξαφνικά από τη λάμψη της Ιστορίας που τοσημάδεψε με τη σφραγίδα της αιωνιότητας » γράφει ο αρχαιολόγος κ. Γιώργος Σταϊνχάουερ στον πρόλογο της έκδοσης «Ο Μαραθών και το Αρχαιολογικό Μουσείο», που παρουσιάστηκε χθες από το Κοινωφελές Ιδρυμα Ιωάννη Σ. Λάτση και τη Εurobank ΕFG.



 マラトンの戦いの2,500年後
神話世界の歴史的出来事が、イドリマトス・ラチィの出版の中心になりました。

 草生した墓、大理石の柱の何本かの胴や柱頭、何かの碑文がここかしこにあります。粗末な残骸は、確かに、大博物館の傑作芸術品に敵うことはないでしょう。「けれども、アッティカ地方の田園地帯の隅で、あの時から2500年経た後で、9月のある日に、彼らの生活の低い声に耳をそばだてる機会を得ることが出来るのです、それは、あの瞬間に邂逅すると言うことなのです。その時には、マラトンの風景は、永遠の刻印が印された歴史のランプによって、突然に明かりを当てられるのです。」と、考古学者のK. ヨルゴス・スタインハウエルが序文に書いています。「オ・マラトン、考古学博物館」と、公益法人イドリマス・ヤニス・ラチィがユーロバンク EFG で発表しました。

 τοσημάδεψε と言う動詞はわかりませんでした。記事もよく分からないのですが、たぶん、博物館を作るのだと思います。

 追記:この記事、webでフォントがくずれているようで、τοσημάδεψε の所は、το σημάδεψε だと思います。σημαδεύω (印を押す) のアオリスト。



 Γιάννης Λάτσης は、1910年生まれ、2003年没の、海運で財を成した富豪。その財団が、Κοινωφελές Ίδρυμα Ιωάννη Σ.Λάτση です。

Κοινωφελές Ίδρυμα Ιωάννη Σ.Λάτση - ΑΡΧΙΚΗ
posted by kyotakaba at 16:26| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月03日

Κάλαντα Χριστουγέννων

 12月になりましたから、






http://www.youtube.com/watch?v=Hmtpm8y9QpU
posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月02日

エーゲ海・猫たち楽園の島々

 『エーゲ海・猫たち楽園の島々』  ( DVD )

シンフォレスト 2008年発売
シンフォレスト


エーゲ海・猫たち楽園の島々 [DVD]

エーゲ海・猫たち楽園の島々 [DVD]

  • 出版社/メーカー: 竹緒
  • メディア: DVD







posted by kyotakaba at 15:09| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 14-5

   Τίποτε δεν μου διέφυγε από όσα έγιναν η ειπώθηκαν γιατί, όπως ξέρεις, σχετίζομαι με τη Θίσβη κι εκείνη μου τα λεέι όλα. Όταν λοιπόν σου επιβλήθηκε η άδικη εξορία, ο δύστυχος παρέρας σου, μετανιωμένος για την πράξη του, αποσύρθηκε σε κάποιον μακρινό αγρό κι εκεί περνούσε τις μέρες του ον θυμόν κατέδων, όπως λεέι το έπος.



 それで、起こったこと全部が話されるまで、伯母は僕をまるっきり放さないんだ。というのはだね、君も知っているシスヴィだけれど、彼女に関係することの全部を僕に話すんだよ。それで、不当な追放の刑が君に科せられたときに、君の不運なお父上は、ご自分のされたことを後悔なさっていて、どこか遠くの田舎に引き蘢られて、叙事詩のいう所のシモスの失せた日々を過ごされているそうだ。



ειπώθηκαν、λέω のパセティキ・フォニ のアオリスト・三人称複数形。
λέω の中動相受動態は、λέγομαι 、アオリスト単数一人称は、ειπώθηκα 。 パラタティコス単数一人称は、λεγόμουν 。



「ον θυμόν κατέδων」は、ホメロスの『イリアス』から。
Ιλιάς, Z 202
 θυμός については、ウィキペディアの説明、
「In Homer's works, thumos was used to denote emotions, desire, or an internal urge. Thumos was a permanent possession of living man, to which his thinking and feeling belonged. When a Homeric hero is under emotional stress he may externalize his thumos, conversing with it or scolding it」
http://en.wikipedia.org/wiki/Thumos
 κατέδων も古典語だと思います。なので見当で訳をつけました。
posted by kyotakaba at 10:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年12月01日

Μάλιστα, κύριε... Ζαμπέτα

 Books in Greek のweb ショーウィンドウで目についたもの。

『Μάλιστα, κύριε... Ζαμπέτα』
Κώστας Παπασπήλιος
出版社:Εμπειρία

http://www.brainfood.gr/empiria.php
μάλιστα, κύριε... Ζαμπέτα - Εμπειρία Εκδοτική



『Η ζωή μου』
Ναπολέων Λαπαθιώτης
出版社:Κέδρος
http://www.kedros.gr/

Η ΖΩΗ ΜΟΥ




『Ελληνική πολιτική ιστορία 1950 - 2004』
出版社:Ελληνικά Γράμματα

Εκδοτικός Οίκος Ελληνικά Γράμματα - Ελληνική Πολιτική Ιστορία

posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする