2010年03月31日

Πραγματοποιήθηκαν οι πρώτες συγκρούσεις σωματιδίων στον LHC

 3月31日付け、カセメリニ web版記事から。

Πραγματοποιήθηκαν οι πρώτες συγκρούσεις σωματιδίων στον LHC


Ο Μεγάλος Επιταχυντής Αδρονίων στο CERN κατέρριψε αρχικά το ρεκόρ ενέργειας, με την ενέργεια των σωματιδίων που κυκλοφορύσαν μέσα στον επιταχυντή έφτασαν τα 3,5 τρισεκατομμυρίων ηλεκτρονιοβόλτ (TeV). Λίγο αργότερα σημειώθηκαν οι πρώτες συγκρούσεις σωματιδίων, όπως ανέφεραν επιστήμονες από το CERN μέσω Twitter, αλλά και στο επίσημο webcast του CERN, σε ενέργεια 7 TeV. Ο ενθουσιασμός είναι διάχυτος μεταξύ των επιστημόνων στο CERN και γίνεται λόγος για μια νέα εποχή στην επιστήμη της Φυσικής, καθώς οι μετρήσεις δεδομένων που προέκυψαν από τις συγκρούσεις καταγράφονται με επιτυχία.


LHC に於いて、初めての粒子の衝突が実現した。

CERN にある巨大なハドロン加速器は、その中で循環している粒子のエネルギーが3.5 兆電子ボルト( TeV. )に達して、これまでのエネルギーの記録を破りました。直後に、最初の粒子の衝突に成功しました。そのように、CERN から科学者達は、ツィッターを通じて発表しました。一方、CERN の公式なwebサイトでは、エネルギーは、7 TeV であると。CERN の科学者達の間では、興奮が振り撒かれています。自然科学に新しい理論と時代が生まれました。また、この衝突によって発生した測定データは、正確に記録されました。


σωματίδιο particle
αδρόνιο hadron
καταρρίπτω 切り落とす、更新する
τρισεκατομμύριο 兆
σημείωνω 印を付ける、目的を達する、成功する
αναφέρω 発表する



30-03-10_330886_1.jpg


 ( web版新聞の有料化をする所が出ていますが、カセメリニもそうなると、嫌だなと思いますが、、 )
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月30日

Π

Π,π


文字の名前は、「ピ」。πι 。
読み方は、ピ。子音。
二重子音「μπ」、語頭では、バ。語中では、ンバ。


Ένα παραμύθι·
Πάλαι,
στο πλατύ πεδίο περπατούσε
ένας παραπονιάρης παλαισής.
Η πνοή του πάγωσε το πλούσιο πηγάδι.
Προ πάντων, πειράχτηκε ένα παπί.
Το παπί πάθαινε από τον πάγο,
και πεινούσε.
Τέλος πάντων, τον πρόσταξε να
παψει την πνοή του.
Ο παλαισής πνίγηκε, και πλημμύρισε
το πηγάδι.
Ο παλαισής έγινε παπί.
Ένα πλοίο τον παρέσυρε για
την περίβλεπτα πύλη.
Εκεί, ο παλμός του έναι πάγιος.






続きを読む
posted by kyotakaba at 08:12| Comment(2) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月29日

エティオピア物語 第一巻 22-5

   Η αιματοχυσία που είδατε εκεί έγινε κατά τη διάρκεια του συμποσίου με το οποίο γιορτάζαμε τη σωτηρία μας. Οι ναύτες, θέλοντας ν' αρπάξουν τα χρήματα, μας επιτέθηκαν για να μας σκοτώσουν. Ακολούθησε φονική συμπλοκή κατά την οποία χάθηκαν όλοι, και οι δικοί μας και οι άρπαγες, ο ένας από το χέρι του άλλου. Απ' όλους μόνο εμείς επιζήσαμε ― που μακάρι να μην είχαμε επιζήσει ! ― σωσμένοι σάν οικτρό απομεινάρι, με μόνο μιά καλοτυχία στη συμφορά μας : ότι κάποιος θεός μας έριξε στα χέρια σας κι εμείς, που μόλις πρίν φοβόμασταν το θάνατο, έχουμε τώρα να σκεφτούμε γάμο· κι με τίποτε δεν θέλω να τον αρνηθώ.



「貴方様がご覧になった惨事は、私共の無事を祝う宴の間に起こったのです。船乗り達は、金を強奪しようとして、私共を殺そうと襲い掛かったのです。誰かの戦闘の声に続いて、全員が亡くなってしまいました。私共自身が強奪者になったのです、ある者が別の者には強奪者だったのです。全員の中で、私共二人だけが、生き残ったのです。 ー 生き残らなかったらよかったのに! ー 私たちの惨事での唯一の幸運、それが、惨めな残り物のような救われた者となることでした。神のどなたかが、貴方様の手に私共を投げたのです、そして、さっきまで死を恐れていた私共なのに、今は、結婚を考えて居ります。私はお申し出を断りたいとは少しも思いません。」



「 μακάρι να 」、
μακάρι να + イポタテキ 、〜しますように。
μακάρι να + パラタティコス、〜だったらいいのに。
μακάρι να + 完了、〜だったらよかったのに。



「σωσμένοι」、
σώνω ( 救う ) の受動完了分詞。主格複数形。



「φοβόμασταν」、
φοβάμι のパラタティコス、
一人称複数形は、φοβόμαστε、 φοβούμαστε、φοβόμασταν の三つの形。


「με τίποτε」、
副詞句のように。
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

διακόπτη

 ブログ『ギリシャへ そして ギリシャから』に、アースアワーの記事がありました。
アース・アワー - ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece
その関連の記事、Pathfinder から。

見出し:

Χιλιάδες πόλεις και μνημεία κατέβασαν τους διακόπτες για την Ώρα της Γης

数千の都市と記念館が、全地球のために、停電を行った。

Χιλιάδες πόλεις και μνημεία κατέβασαν τους διακόπτες για την Ώρα της Γης - Pathfinder Tech
http://tech.pathfinder.gr/tech/874770.html

διακόπτη で、停電。
κατεβάζω は、降ろす、下げるの語義です。

874770-184807708.jpg



追記:






posted by kyotakaba at 10:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月26日

πεινώ

πεινώ お腹が減っている。
διψώ 喉が渇いている。
νυστάζω 眠たい。

便意はどう言うのか知ら?

排便は、
αφοδεύω, αποπότω, χέζω と言う語がありますが。
posted by kyotakaba at 09:51| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

ιερό της Αφροδίτης στην Αφαία Σκαραμαγκά

 今、ギュスターブ・フローベールの『ギリシャ旅行記』も読み出したところなのですが、( aimotokiyotakaba-β παράρτημα で ) その文章を引用している、Σκαραμαγκάς を紹介している web ページを見つけました。

Δήμος Χαϊδαρίου

そのページは、
Ιστορική Αναδρομή > Αρχαία Περίοδος > Ιερό Αφροδίτης στο Σκαραμαγκά
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 22-4

   Είχαμε κάμει το μεγαλύτερο μέρος του ταξιδιού όταν πέσαμε σε ξαφνική τρικυμία : άνειμος σφοδρός, σίφουνες αλλεπάλληλοι και κεραυνοί που έπεφταν στη θάλασσα παρέσυραν το πλοίο έξω απο την πορεία του, ενώ ο κυβερνήτης, ανίκανος να αντιμετωπίσει τη βιαιότητα της καταιγίδας, είχε αφήσει το καράβι ακυβέρνητο, στη διάθεση τών κυμάτων. Εφτά μέρες και εφτά νύχτες ταξιδεύαμε με μόνο κυβερνήτη τον άνεμο ώσπου εξωκείλαμε στην ακτή όπου σείς μας αιχμαλωτίσατε.



 「私どもは旅の間のほとんどを、突然の嵐の中で費やしました。激しい風、何度も繰り返す竜巻、そして、海に落ちる稲妻は船を針路から外れて押し流しました。その上、操舵手は暴風の猛烈さに立ち向かう力は持って居りませんで、波のままに船が漂流するのに任せていました。七日と七晩、風に操られるだけの航海でした、貴方様が私共を捕えたあの渚で座礁するまでそうだったのです。」




「πέσαμε」、
πέφτω 、「落ちる」が第一の語義、〜の状況に陥る、当たるの意味。

「τρικυμία」「καταιγίδα」、
共に嵐の意味。「τρικυμία」は三角波。

「εξωκείλαμε」、
εξοκέλλω 「座礁する」カサレヴサ。
アオリストは、εξώκειλα 。
現代語で、座礁するは、「τπροσαράσσω」。


「άνειμος σφοδρός, σίφουνες αλλεπάλληλοι」、
形容詞は実詞の後ろ。
posted by kyotakaba at 09:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

Συνεργασία Ελλάδας – Τουρκίας για τη συντήρηση βυζαντινών έργων

 3月24日付け、カセメリニ web 版記事。

Συνεργασία Ελλάδας – Τουρκίας για τη συντήρηση βυζαντινών έργων


Παρουσίαση βιβλίου στο Αρχαιολογικό Μουσείο της Κωνσταντινούπολης.

«Συγχαίρουμε τη συνεργασία Ελλάδας και Τουρκίας για τη συντήρηση των βυζαντινών μνημείων. Για εμάς τους χριστιανούς, η Αγία Σοφία είναι η Μεγάλη Εκκλησία», είπε σήμερα ο Οικουμενικός Πατριάρχης Βαρθολομαίος στο Αρχαιολογικό Μουσείο της Κωνσταντινούπολης, μιλώντας στην παρουσίαση του βιβλίου «Η ελληνική συμβολή στη συντήρηση της Αγίας Σοφίας» της καθηγήτριας του Μετσόβιου Πολυτεχνείου, Τόνιας Μοροπούλου.
Ο Οικουμενικός Πατριάρχης εξήρε τις προσπάθειες που γίνονται τελευταία για τη συντήρηση της βυζαντινής κληρονομιάς της Πόλης.
«Είναι προς τιμήν της τουρκικής κοινωνίας το ενδιαφέρον που επιδεικνύει για τη συντήρηση των βυζαντινών μνημείων», είπε.
Ο γενικός γραμματέας της Πολιτιστικής Πρωτεύουσας της Ευρώπης Istanbul 2010, Μεχμέτ Γκιοκχάν, που οργάνωσε την παρουσίαση του βιβλίου τόνισε πως ο οργανισμός τον οποίο διευθύνει συνεισφέρει στο ερευνητικό πρόγραμμα για τη συντήρηση της Αγίας Σοφίας, «ένα από τα σημαντικότερα κομμάτια της πολιτισμικής κληρονομιάς της Πόλης», όπως χαρακτηριστικά είπε.
Το βιβλίο της κ. Μοροπούλου αφορά τα ερευνητικά προγράμματα που πραγματοποιήθηκαν στο πλαίσιο κοινής συνεργασίας που υπεγράφη πριν από 16 χρόνια, μεταξύ των Πανεπιστημίων Princeton, Βοσπόρου και του Εθνικoύ Μετσoβίου Πολυτεχνείου για τη συντήρηση και την προστασία στο πέρασμα του χρόνου του κτιρίου της Αγίας Σοφίας.


ビザンチンの作品の保存のため、ギリシャとトルコの協力。

コンスタンチンノープルの考古学博物館で覚え書きを公開

 「ビザンチン遺構の保存に関してのギリシャとトルコの協力に対して、私たちは祝意を表します。私たちキリスト教徒にとって、アヤ・ソフィアは壮大な教会なのです。」このように、今日、コンスタンチンノープル総主教・バルソロマイオスは、コンスタンチンノープルの考古学博物館で述べました。そして、「これが、アヤ・ソフィアへのギリシャの貢献です。」と、アテネ国立工科大学( Ε.Μ.Π )のトニアス・モロポウロウ教授は話しました。

 総主教は、最近のコンスタンチンノープルのビザンチン遺産の保存に対して行われている諸処の努力を賞賛しました。

 「トルコ社会のビザンチンの遺構に対して示されている関心は、価値あるものです。」と述べました。

 2010年欧州文化首都・イスタンブールの総書記長・メフメット・グィオクハン、彼が覚え書きの公開を行ったのですが、アヤ・ソフィアの保存の研究問題への貢献を指導しているのは当機関であると強調しました。「アヤ・ソフィアはコンスタンチンノープルの文化遺産の重要なものの一つである」と特に強調して述べました。

 アヤ・ソフィアの建築物の時間の経過からの保存と保護に関するプリンストン大学、ボスポロス大学とアテネ国立工科大学との間の、16年前に調印された、共同計画の実現への研究に関する、モロポウロウ教授の覚え書きです。



 「εξήρε」、賞賛する、と言う意味らしいのですけれど、分かりません。
賞賛するには、εξυμνώ、επααινώ と言う語があるのですが。
posted by kyotakaba at 14:09| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

エティオピア物語 第一巻 22-3

   Φορτώθηκε λοιπόν ένα πλοίο με χρυσάφι και ασήμι και φορέματα και ό,τι άλλο θα χρειαζόταν για τους αγώνες και για την πάνδημη ευωχία και ανοιχτήκαμε στο πέλαγος· οι γονείς μας, που ήταν ηλικιωμένοι και φοβούνταν το θαλασσινό ταξίδι, είχαν μείνει στο σπίτι, ενώ πλήθος άλλοι συμπολίτες μας είχαν επιβιβαστεί στο ίδιο πλοίο με μας ή ακολουθούσαν με άλλα σκάφη.



 「ですので、一艘の船に、金銀と衣裳、それに競技に必要となるだろうあらゆるもの、全員の祝宴のご馳走を積んで、私共は海へ漕ぎ出したのでございます。私共の両親は、歳を取っておりまして、海上の旅を不安に思っておりましたので、家に残って居りました。一方、たくさんの同郷の方々が私共と同じ船に乗るか、あるいは、小舟で付いて来ました。」



「ευωχία」、
το πλούσιο φαγοπότι 豪華な食事。
feast 、祝宴、ごちそう。
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月20日

Zorro ο γάτος

 ドキュメンタリー映画『Zorro ο γάτος』、見つけました。

ホームページ:
Zorro the cat - Ζορό ο γάτος, Ντοκιμαντέρ


追記:

 監督:Σελάνα Βροντή 
 2010年のセサロニキ映画祭、ドキュメンタリーに出品。

Φεστιβάλ Ντοκιμαντέρ Θεσσαλονίκης :: TDF12 - Πρόγραμμα

Zorro_The_Cat.jpg

Zorro o gatos (2010)


posted by kyotakaba at 18:34| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο Ζorro

 2010年3月20日付け、ト・ビーマ記事。

 太った猫の映画。

Ο Ζorro ο κεραμιδόγατος «σημαδεύει» την Αθήνα

Για πρώτη φορά ένα ελληνικό στρουμπουλό γατί «αφηγείται» τη ζωή και την καθημερινότητά του στη μεγάλη οθόνη


野良ねこゾロ、アテネに足跡を残す。

一匹のギリシャの太った猫が、生き様と日常を、巨大なスクリーンに映し出される始めての機会。




κεραμιδόγατος 野良猫


 映画のタイトルは、『Zorro ο γάτος』なのだと思います。映画についての情報は見つけられませんが、、


http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=321259&dt=20/03/2010


ContentSegment_14132219$W310_H_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg

 

ZORRO2_m.jpg
posted by kyotakaba at 18:22| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 22-2

   Ιδού λοιπόν τα σχετικά με μάς : Ίωνες είμαστε, γεννημένοι στην Έφεσο· κι επειδή ανήκουμε σε επιφανή οικογένεια και έχουμε και τους δύο γονείς εν ζωή ( κάτι τέτοια παιδιά ο νόμος ορίζει να υπηρετούν σε ιερά ), εγώ έγινα ιερειά της Αρτέμιδος και ο αδελφός μου από δώ του Απόλλωνος. Κι όταν τέλειωσε ο χρόνος της ιεροσύνης μας ( η τιμή δίδεται για ένα έτος ), ετοιμαστήκαμε να φύγουμε για τη Δήλο, επικεφαλής της επίσημης αποστολής της πόλης· εκεί, σύμφωνα με ένα έθιμο της πατρίδας μας, επρόκειτο να οργανώσουμε μουσικούς και γυμνικούς αγώνες και να αποθέσουμε την ιεροσύνη.




 「それではお聞き下さい。私共はイオニア人です。エフェソスの生まれです。名家の家の者です。二親とも存命です。( 法で、何人かの子供は神殿に仕えるように定められています。 ) 私は、アルテミスの巫女になりました。そして、ここにいる兄は、アポロンの神官になったのです。神殿に仕える期間が終わりましたので、( 神官の名誉は一年の間だけ与えられるのです。 ) 都市の正式な使節の先頭となって、デロス島へ向かおうとしていました。私どもの母国の習慣に従って、そこで、音楽と運動競技の試合を催して、神官を歓迎するのです。」




「τα σχετικά με」、〜について、

「ανήκουμε」、
ανήκω 〜に属している。

「εν ζωή」、
εν = σε


「ιεροσύνης」、
ιεροσύνη 聖職者。

「επικεφαλής」、
名詞、形容詞にも用いられる、不変。ここでは副詞。

「επρόκειτο να οργανώσουμε」、
επρόκειτο = πρόκειται

「να αποθέσουμε」、
αποθέσουμε は、αποθέτω ( 置く )のイポタテキ・アオリストの一人称複数形なのですが、意味がよく分かりません。供えるの意味にも使えるのでしょうか?
似た動詞で、 αποθεώνω ( 歓迎する ) があり、こちらではないかと思って、そう読みました。
イポタテキ・アオリスト・一人称複数形は、να αποθεώσουμε です。
posted by kyotakaba at 14:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月19日

エティオピア物語 第一巻 22-1

   Επειδή όμως ζητήσατε και από μένα να μιλήσω και δίνετε έτσι ένα πρώτο δείγμα φιλανθρωπίας με το να προσπαθείτε να αποκτήσετε αυτο που δικαιούσθε με την πειθώ και όχι με τη βία, αλλά και επειδή όλα όσα είπατε εμένα αφορούν, αναγκάζομαι να παραβώ τις παρθενικές μου συνήθεις και να αποκριθώ στον κύριό μου και μάλιστα να μιλήσω για γάμο, κι αυτο μπροστά σε τόσους άνδρες.



 「ですのに、貴方様は、私に話すようにお求めでございます、そして、お申し出には、無理強いではなくて、私が納得する権利があるのですが、その納得を何とか得ようとされるという、慈愛の証拠を、まずお見せになりました。けれども、貴方様が私に仰ったことに関する限りでは、私は、私のごく普通の乙女らしさを破り、主人に返事をし、そして、結婚についてこちらの殿方達の面前で、話さざるを得ません。」



「δικαιούσθε」、
δικαιούμαι + να 、当然〜の権利がある。

「όλα όσα είπατε εμένα αφορούν,」、
αφορώ [όσαν -- αφορά / 〜に関する限り]


「αναγκάζομαι να」、
やむなく〜する


「παραβώ」、
παραβαίνω


「δικαιούσθε」、
δικαιούμαι 。
イポタテキ・エネストタス ( アオリストは無し ) の二人称複数形は、
να δικαιούστε / δικαιούθε 。一人称複数形は να δικαιούμαστε / δικαιμούσθα
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月18日

Ακατα μάκατα σουκουτου μπε

 今日、リフェラ元に、「ギリシャ・童謡」という検索があったのですが。

 日本で童謡と言えば、鈴木三重吉などが、大正期に提唱して創られた、子供向けの芸術的な歌曲を指すのですが。
 そのようなものを、インターネットだけで探すのは、私には難しくて、お手上げです。

 クリスマス・キャロルや、復活祭の時に、子供たちが歌う歌もありますが。
 また、子供たちが遊んでいる時に歌う歌、、伝承歌謡の中のもの、、

 数え歌、早口言葉も調べてみました。

数え歌は、Λαχνίσματα 。早口言葉は、Γλωσσοδέτες ですが。
テキストのページは、あるのですが、耳で聞くことができるようなものは見つけられませんでした。

 YouTube に、ビデオがありましたけれど、はっきりは聞こえません。

Άκατα μάκατα σούκουτου μπε
άμπε φάμπε ντομινέ
άκατα μάκατα σούκουτου μπε
άμπε φάμπε βγε.

意味は分かりません、、、



posted by kyotakaba at 21:46| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Κύκλος ζωής του ανθρώπου

Κύκλος ζωής του ανθρώπου

人間の生の輪

Γέννηση
Έμβρυο
Βρέφος
Νήπιο
Παιδί
Έφηβος
Ενήλικας
Μεσήλικας
Ηλικιωμένος
Θάνατος


誕生
胎児
乳児 ( 生後250日くらいまで )
幼児 ( 口がきけない、μωρό,βρέφος を含めて )
子供
青年
成年
中年
年配

posted by kyotakaba at 16:30| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

το Ημερολόγιο

 ギリシャの名前の日のカレンダーのwebページ。

Εορτολόγιο Ελληνικών Ονομάτων έτους 2010 - home page, eortologio, γιορτές - εορτολόγιο - εορτολογιο - Greek namedays

 検索したら、ドイツのサイトで、各国のカレンダーもありました。
そのギリシャ、
でも、祭日がありません、、

Ημερολόγιο 2010


宗教カレンダー、
Ενοριακά Νέα - Ημερολόγιο
posted by kyotakaba at 14:58| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月17日

エティオピア物語 第一巻 21-3

   Κι εκείνη έμεινε για πολύ με το βλέμμα χαμηλωμένο κινώντας πότε πότε το κεφάλι σάν να πάσχιζε να βρεί τα λόγια και να συγκεντρώσει τις σκέψεις της· και να που τώρα σηκώνει τα μάτια στον Θύαμη, που έστεκε θαμπωμένος όσο ποτέ από την ομορφιά της ( η έντονη σκέψη είχε κάνει τα μάγουλά της ακόμα πιό ρόδινα και το βλέμμα της πιό αστραφτερό ), και αρχίζει να μιλάει. « Ο λόγος », είπε ενώ ο Κνήμων μετέφραζε, « έπρεπε μάλλον να απευθυνθεί στον αδελφό μου από δώ, τον Θεαγένη· σε μια συγκέντρωση ανδρών, αρμόζει στη γυναίκα η σιωπή και στον άνδρα η απόκριση.



 娘は、ほとんどの間、目を伏せたままだったけれども、時折、言葉を理解しようと努めているかのように、あるいは、自分の思いに集中しようと努めているかのように、頭を動かしていた。今、娘は、シアニスに眼差しを挙げたのでした。シアニスは、それまで、娘の美しさに眩しがりながら立っていた。 ( 強い思いは、娘の頬をより鮮やかな薔薇色にし、娘の眼差しはもっと輝いたのでした。 ) そして、話しはじめました。クネモンが翻訳しながら話したのです。「お話しは、むしろ、私の兄、ここにいるテアゲニスに向けられるべきです。男たちの集会では、女には無言が、男には返答が相応しいものです。」


「 Θύαμη, που έστεκε」、
στέκομαι のパラタティコス・三人称単数形。
パラタティコスは、 έστεκόμουν / στεκόταν の形も。
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

エティオピア物語 第一巻 21-2

   Γαιτί άν ήταν να ασκήσω το νόμο της εξουσίας, θα έφτανε η επιθυμία μου και μόνο : όσοι έχουν το δικαίωμα να παίρνουν με τη βία, δεν χρειάζεται να ρωτάνε· όταν όμως πρόκειται για γάμο, είναι απαραίτητη η συγκατάθεση και των δύο ». Και απευθνόμενος πρός την κόρη « θα ήθελες », τη ρώτησε, « να γίνεις σύντροφός μου; » Και συνάμα την παρακάλεσε να πέι ποιοί ήταν και από ποιούς κατάγονταν.



「もし、私が、権力の慣らいを行使するような者だったら、私ひとりの力で、私の望みは達成されるだろう。権力を持つものは、誰であろうとも、尋ねる必要もなく、強制的に取り上げる権利をもっているのだ。しかし、ことが結婚の場合には、二人の同意が不可欠なのだ。」。 そして、娘に質問を向けて尋ねたのでした。「貴方は私の花嫁になることを望みますか?」 そして、同時に、どのような家系からの出身で、それはどのような人なのかを言うように、頼んだのでした。



「να ασκήσω το νόμο της εξουσίας,」、
νόμος は法の意味ですが、ここでは、条文法のようなものでなく、慣習に近い意味だと思いました。
posted by kyotakaba at 12:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

Η αύξηση του ΦΠΑ προκαλεί ανατιμήσεις

 3月15日付けカセメリニweb版記事、
見出し:
Η αύξηση του ΦΠΑ προκαλεί ανατιμήσεις

消費税の上昇は物価の高騰を引き起こす。


ΦΠΑ = Φόρος Προστιθέμενης Αξίας 。
Φόρος 税。
προστιθέμενος 付加。
αξία 価値。  προστιθέμενη αξία 付加価値。

ανατιμήση 値上がり。
posted by kyotakaba at 17:45| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 21-1

Έ λοιπόν, φίλοι μου, ποίος γάμος θα ήταν πιό ταιριαστός παρά να πάρει ένας ιερέας μιά ιέρεια; » Επευφήμησαν όλοι και του ευχήθηκαν να ζήσει ευτυχισμένος. Και κείνος, ξαναπαίρνοντας το λόγο, « σας ευχαριστώ », είπε, « αλλά το σωστό είναι να μάθουμε και τη γνώμη της κόρης γι' αυτό.



「そこで、諸君、神官と巫女が挙げるのには、どのような結婚式がよいのだろうか?」 全員が喝采をし、シアニスが幸福に暮らせるようにと祈りを捧げました。そして、シアニスは、「諸君、ありがとう」と言い、ふたたび話しはじめました。「しかし、このことについて、娘の意見を我々が知ることが、正しいことだ。」


「του ευχήθηκαν να ζήσει ευτυχισμένος. 」、
εύχομαι 人のために〜を祈る。 対称の人は、動詞の前、属格。
posted by kyotakaba at 12:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月14日

2010年03月12日

エティオピア物語 第一巻 20-2

   Έπειτα τη στοχάζομαι ενάρετη και μετρημένη : μιά γυναίκα που ξεπερνά όλες τις άλλες σε ομορφιά κι όμως, με την αιδημοσύνη του βλέμματός της, αναγκάζει όσους την αντικρίζουν να της φέρονται με σεβασμό, δεν είναι φυσικό να δίνει την καλύτερη εντύπωση ; Και το σπουδαιότερο απ' όλα, μου φαίνεται πώς είναι ιέρεια κάποιας θεότητας : ακόμα και μέσα στη δυστυχία, θεωρεί αθέμιτο να βγάλει την ιερή στολή και το στεφάνι της.




「さらに、この娘は貞淑で節度ある娘だと思う。その美貌で他の誰よりも抜きん出ている女性である、けれども、この娘の眼差しの恥ずかしげな様子のために、この娘に対面した者は誰もが、恭しいな態度を取らざるを得ないのだ。最上の印象がもたらされるのは自然だろうか? 他の誰よりもすぐれた人物であると、何かの神に仕える巫女であろうと、私には思えるのだ。そのようにすぐれた人物は、不幸の中にあってさえも、神聖な装飾や冠を外すことは不謹慎なことと見なすものなのだ。」




「να της φέρονται με σεβασμό」、
φέρονται - φέρομαι =συμπεριφέρομαι 、振る舞う。

「στοχάζομαι」も「θεωρεί」も、〜を・・と考えるを表す語として使われているようです。
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月11日

エティオピア物語 第一巻 20-1

   Θέλω επίσης να σας εκθέσω και τους λόγους. Κατ' αρχάς μου φαίνεται αριστοκρατικής καταγωγής· το συμπεραίνω και από τον πλούτο της αμφιεσής της και από το ακατάβλητο φρόνημα που επιδεικνύει μέσα στη συμφορά.



「また、私は、その理由を述べたいと思う。まずはじめに、私には、貴族の出自に思えたのだ。この娘の豪華な衣裳と、それから、災難の中で示している、砕かれることのない強い心根から、そのように推測したのだ。」


「Κατ' αρχάς」、
κατ' αρχήν と同じ。
posted by kyotakaba at 21:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月10日

エティオピア物語 第一巻 19-7

   Αλλά κι αυτο δεν σάς το ζητώ ως δώρο : για αντάλλαγμα, δέχομαι να μήν πάρω τίποτε από τα άλλα λάφυρα. Κι επειδή η τάξη των ιερέων περιφρονεί την Πάνδημη Αφροδίτη, έχω αποφασίσει να μην τη χρησιμοποιήσω ως όργανο ηδονής, αλλά για να μου δώσει απογόνους.



「私は、献上品としてこのことを諸君に求めるのではない。また、報酬としても、他の戦利品の中から、何も取らないことも承知するのだ。聖職者階級の者は、世界の何処にでも影響しているアフロディーテを敬わないものだ。であるから、私は、この外国の娘を快楽の道具としては扱わないのだ、この娘が私に子孫を与えてくれるものとして扱うのだ。」

「 Πάνδημη Αφροδίτη 」、
πάνδημος は、「すべての人々」。インフルエンザのニュースでよく耳にした、パンデミックの語源。


「 περιφρονεί 」、
περιφρονώ は、軽蔑するの意味の動詞。


「 χρησιμοποιήσω 」、
χρησιμοποι[ω は、使用する、利用するの意味の動詞。
posted by kyotakaba at 09:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月08日

Καλωσορίζοντας την Άνοιξη και τα χελιδόνια!

 春とツバメ、アテネにようこそ!

 ギリシャ鳥類学会は、ツバメを迎える行事をするのだそうです。アテネのような都市では、ツバメが巣を作るための材料を見つけ難くなったので。

Καλωσορίζοντας την Άνοιξη και τα χελιδόνια! - Ελληνική Ορνιθολογική Εταιρεία - Προστασία για τα πουλιά και το περιβάλλον

posted by kyotakaba at 22:46| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

«Αποκάλυψης», now

 カセメリニweb 版、3月8日付け記事。

«Αποκαλυπτικό» σκηνικό με κίτρινο ουρανό στην Αττική

Κίτρινο το χρώμα του Αττικού ουρανού, λόγω της αφρικανικής σκόνης.

Σε εικόνα που θύμιζε σκηνικά «Αποκάλυψης» παρέπεμπε ο Αττικός ουρανός το πρωί, λόγω της μεταφοράς σκόνης μέσω ανέμων από την Αφρική.

Το φαινόμενο θα διαρκέσει μέχρι αργά το βράδυ όπου και αναμένεται να καθαρίσει ο ουρανός.


アッティキの黄色い空で覆われた風景

アフリカの砂塵のために、アッティキの空は黄色い色。

アフリカから風に載って運ばれて来る砂塵のために、この朝、アッティカの空は、『黙示録』を思いださせる光景で苛まれます。

空が晴れるのが待ち望まれますが、この現象は、明日の夕方まで継続するでしょう。



παραπέμπω 責める、攻撃する。差し向ける。



A_africa_14667.jpg
posted by kyotakaba at 22:28| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 19-6

   Σήμερα όμως ζητώ από σας ένα μόνο από τα λάφυρα : αυτή εδώ την ξένη κόρη. Θα μπορούσα βέβαια να τη δώσω ο ίδιος στον εαυτό μου, θεωρώ όμως προτιμότερο να την πάρω με κοινή απόφαση· θα ήταν ανοησία να καρπωθώ την αιχμάλωτη με το έτσι θέλω και να φανώ ότι κάνω κάτι παρά τη θέληση των φίλων μου.



「しかしながら、今日は、戦利品の中の一つを諸君に願い出るのです。ここにいる、外国の娘だ。確かに、私自身が私に与えることは出来るのだ。しかしながら、皆が一致して決めた上で娘を得ることを、私はむしろ望むのだ。捕虜を不当に手に入れること、すなわち、同志たちの意思に逆らって何かをすると思われることが、私に起こるのを望むとは、愚かしいことだ。」



να καρπωθώ καρπώνομαι 利用する、不当に使う
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月06日

Ορθόδοξο βίκι

 オーソドックスのウィキ(ペディア) というのがあるのですね。
Ορθόδοξο βίκι
OrthodoxWiki

 日本語の版はありませんけれど。

Αρχική σελίδα - OrthodoxWiki


Rigpa Wiki というも、


Rigpa Wiki

posted by kyotakaba at 21:48| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 19-5

   Όσο για τους αιχμαλώτους, τους μεν γερούς άνδρες που θα μπορούσαν να μας είναι χρήσιμοι τους κατέτασσα στη δική μας δύναμη, τους δε πιό αδύναμους τους πουλούσα. Γυναίκα ποτέ δεν πείραξα : όσες ήταν από καλή γενιά τις απέδιδα έναντι χρημάτων ή και μόνο από οίκτο για τη δυστυχία τους· τις παρακατιανές, για τις οποίες η σκλαβιά ήταν μάλλον φυσική κατάσταση παρά αποτέλεσμα της αιχμαλωσίας, τις μοίραζα σε σας για να σας υπηρετούν.



 「捕虜については、我々のために役に立つような老いていない男性については、我々の兵力に編入し、そうではなく、弱い者については、売りに出している。女性については、決して傷付けはしない。良家の娘であったなら、金と引き換えにか、あるいは、その悲運に同情を覚えるだけで、返している。低い身分の女性の中で、捕虜であるよりはむしろ、奴隷の身分である方が本性に適なっている者たちは、諸君たちに仕えるように、その女たちを分け与えている。」



κατατάσσω 分類する

「τους δε πιό αδύναμους τους πουλούσα.」、
δε 小辞:それに反して

απέδιδα αποδίδω 返す

έναντι 副詞:引き換えに。属格を伴って。

παρακατιανός 低い身分
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月05日

エティオピア物語 第一巻 19-4

   Όπως όλοι ξέρετε, είμαι γιός του προφήτη της Μέμφιφος και, όταν, μετά την παραίτηση του πατέρα μου, στερήθηκα την ιεροσύνη εξαιτίας του σφετερισμού της από τον νεότερο αδελφό μου, κατέφυγα σε σας για να πάρω εκδίκηση και να ξανακερδίσω το αξίωμα μου. Σείς με αξιώσατε να γίνω αρχηγός σας και από τότε ζω μαζί σας χωρίς να απονέμω στον εαυτό μου τόποτε περισσότερο από όσα απονέμω στους άλλους : άν πρόκειτει για χρήματα, φροντίζω πάντα να μοιράζονται εξίσου, άν πρόκειτει για πώληση αιχμαλώτων, καταθέτω την είσπραξη στο κοινό ταμείο, με την πεποίθηση ότι στον άξιο ηγέτη αρμόζει να μετέχει στις δυσκολίες περισσότερο και στα κέρδη το ίδιο.



「諸君全員がご存知のように、私はメンフィスの神官の息子だ。我が父の退官の後、簒奪者である我が弟によって、司祭の地位を奪われたのだ。そして、私は、復讐をし、我が地位を奪還するために、諸君らの元に逃げて来たのだ。諸君らは、ありがたくも、私に、諸君らの首領の地位を与えて下さった。それ以来、私は、諸君らの誰に分けられるよりも多くのものを、私自身が取ると言うことは決してないままで、諸君らと共に暮らして来ている。困難をより多く、利益は同じに分ち合うのが、首領の地位に相応しいという信念で、金が、分けられるのものの場合には、私は、常に、均等に分けられるように気を配っている。売られる捕虜の場合には、換金の一般的な金額を明かしている。」



εξαιτίας 副詞、〜の為に、〜によって。

Ιεροσύνη 司祭

να πάρω παίρνω のイポタテキ・アオリスト。

πρόκειτει για-( αιτιατική ) 問題は〜である

στον άξιο ηγέτη άξιος は、名詞として使われているようです。

κέρδη  κέρδος 中性名詞:利益。複数形の語尾は η 。
posted by kyotakaba at 10:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月04日

«Πουλήστε νησιά», λένε Γερμανοί

 3月4日付け、カセメリニ web版 記事の見出し。

«Πουλήστε νησιά», λένε Γερμανοί

島を売れ! とドイツは言った。

 メルクル首相は、コルフ島を売れと言ったそうです。

nisida5.jpg
posted by kyotakaba at 21:14| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

κόππα και σαμπί ( δίσιγμα )

 古典語は知らないので、コッパ とサンピ は知りませんでした。ウィキペディアにちゃんとありました。今は使われていない文字。

Κόππα  「90」を表す文字。

( これを、私のMacBook 15 で入力する方法はあるのか知ら? )
ウィキペディアの画像:

800px-Qoppa_uc_lc.svg.png


σαμπί ( Δίσιγμα と、ギリシャ語のウィキペディアでは ) 「900」を表す文字。

800px-Sampi_uc_lc.svg.png

ユーロのマークが反対になったような。




他に使われなくなった文字は、
エフに似た、Δίγαμμα 。w の音。

160px-Digamma_uc_lc.svg.png

エムに似た Σαν 。s の音。

160px-San_uc_lc.svg.png
posted by kyotakaba at 08:41| Comment(0) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月03日

The Greek Alphabet



「 Ksereis ellinika? 」が「クセリイス エリニカ? Ξέρεις ελληνικά ;」って、直ぐに気が付かない私は、「オーヒ、デン クセロー エリニカ」です。



ピの後のQ ( q ) のような文字、オメガの後のピが傾いたような文字、何ていうんでしょう?
でも、この表見て、どうして、アルファベットが24文字なのか、ちょっとだけ分かったような気も。
posted by kyotakaba at 23:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 19-3

   Κι όταν έφτασαν και συγκεντρώθηκε και όλος ο άλλος κόσμος, κάθισε ο Θύαμης πάνω σ' ένα ύψωμα και, αφού αναγόρευσε το νησί Εκκλησία του Δήμου και πρόσταξε τον Κνήμωνα να μεταφράσει στους αιχμαλώτους τα λόγια του ( γιατί δεν ήξερε καλά τα ελληνικά ενώ ο Κνήμων ήξερε αιγυπτιακά ), μίλησε ως εξής : « Φίλοι συστρατιώτες, γνωρίζετε ποιά αιθήματα τρέφν για σας και πώς σας έχω πάντοτε συμπεριφεθεί.



 三人が到着した時には、他の者たちは皆が集まっていて、シアニスは、高台に座っていました。そして、一つの島を人民の教会に選び出すと、クニモンに、自分の言葉を捕虜たちに翻訳するように瞑しました。( と言うのは、シアニスはギリシャ語をよくは知らなかったのですが、一方、クニモンはエジプト語を知っていたからです。 ) シアニスは次のように言ったのです。「親愛なる同志たち、どんな要求が諸君を駆り立てているのか、そして、諸君に対して、私が、常にどのような態度を取るのかを、諸君は知っている。」



αναγορεύω 選出する

συστρατιώτης 同志

αιθήματα = αίτημα 要求
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月02日

エティオピア物語 第一巻 19-2

   Κι εκείνοι, « ποιά τύχη άραγε μας περιμένει ; », έλεγαν δρόμο δρόμο και συνάμα ικέτευαν τον Κνήμωνα, άν μπορούσε, να τους βοηθήσει· κι εκείνος τους το υποσχόταν και τους έδινε θάρρος διαβεβαιώνοτάς τους ότι ο λήσταρχος δεν ήταν ολωσδιόλου βάρβαρος, αλλά είχε και κάτι ήμερο στο χαρακτήρα του επειδή καταγόταν από επιφανή οικογένεια και εξ ανάγκης έκανε αυτη τη ζωή.



 「一体どんな運命が私たちを待っているのかしら」と、二人は、道々、話していました。また、同じ道行きの途中で、もし出来るならば、自分たちを助けて欲しいと、クニモンに懇願したのです。クニモンは、助けることを二人に約束しました。そして、盗賊の首領は野蛮なところはまったくなく、やむを得ず今のような生活をしているのだけれど、名家の出身であるので、性格には穏やかなものがあるのだと、二人に明言して、勇気を持たせたのでした。



「άραγε」、副詞、〜だろうか。

「δρόμο δρόμο」、副詞のように使われています。στο δρόμο δρόμο なのだと思います。

「ολωσδιόλου」副詞、まったく。

「καταγόταν από」、κατάγομαι από 〜の出身である。

「εξ ανάγκης」、κατ' ανάγκης やむを得ず。
posted by kyotakaba at 19:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月01日

エティオピア物語 第一巻 19-1

   Έτσι λοιπόν ο Θύαμης εξηγούσε το όνειρο ή μάλλον αυτη την εξήγηση έδινε η επιθυμία του. Και με την αυγή, κάλεσε κοντά του τους προύχοντας τών υπηκόων του και πρόσταξε να φέρουν ενώπιόν του τα λάφυρα -- έτσι, επί το μεγαλοπρεπέστερον, ονόμαζε τα σκύλα -- και επίσης έστειλε να φωνάξουν τον Κνήμωνα με την εντολή να φέρει μαζί του και τους ξένους που είχε στη φρούρησή του.




 こうして、シアニスは、夢を解釈しました、と言うよりむしろ、自分の願望を夢に付与したのです。夜明けになると、彼の配下の中の主立った者たちを、自分の元に呼び寄せました。そして、戦利品をシアニスの前に持って来るように命じたのです。ーー 犬たちと呼ばれる配下の者たちは、広大な周囲を取り巻く陸地に住んでいたのですが ーー。 また、その上に、使いを出して、見張っている外国人たちをクニモンと共に連れて来るようにと言う命令を持たせて、クニモンを呼びにやったのでした。



「 αυτη την εξήγηση έδινε η επιθυμία του.」、
αυτη と την εξήγηση は同格、同じものです。

「 μεγαλοπρεπέστερον 」、
μεγαλο - πρεπέ - στερον 。広いー周りー陸地。




Κνήμων を、これまで、クネモンと書いていました。ここから、クニモンに訂正します。
posted by kyotakaba at 12:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αποκλείει οικονομική βοήθεια προς Ελλάδα η Μέρκελ

 カセメリニ web 版、2月28日付け記事の見出し、

Αποκλείει οικονομική βοήθεια προς Ελλάδα η Μέρκελ

メルクルは、ギリシャへの経済的援助を閉ざす。

αποκλείω は、閉め出す、排除するの意味。
ですから、ドイツはギリシャへの経済的援助をしないということなのでしょうけれど。

posted by kyotakaba at 08:19| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする