2010年04月14日

エティオピア物語 第一巻 24-2

   Τους παρείχε όλα τα αναγκαία για να ζούν πολυτελέστερα και κάπου κάπου, σε ένδειξη σεβασμού πρός την αδελφή του, καλούσε τον Θεαγένη στο τραπέζι του· την ίδια τη Χαρίκλεια είχε αποφασίσει να μην τη βλέπει και πολύ πολύ μην και ξανάψει στη θέα της ο πόθος που τον έτρωγε και τον καταναγκάσει να κάνει κάτι αντίθετο πρός την απόφαση και την υπόσχεσή του.




 三人が贅沢に暮らすのに必要なものはすべて提供されて、時折、シアニスは、テアゲニスの妹である娘に対しての敬意の証しとして、テアゲニスを自分の食卓に呼ぶのでした。ハリクレア当人には、決して決して合わないことを決心したのでした。また、シアニスを苦しめて、その上、彼の決心と約束に反することをするように強いる欲望が、ハリクレアの女神を激昂させないようにすることも決心したのでした。




「Τους παρείχε όλα τα αναγκαία」、
παρείχε / παρέχω 提供する。 時制変化は変則。
パラタティコス:παρείχα
アオリストは、原則なし。慣習的ではないが、単数で、παρέσχε のことも。
未来形:θα παράσχω
完了形:έχω παράσχει
イポタテキ・アオリスト:να παράσχω
分詞:παρέσχοντας

http://modern-greek-verbs.tripod.com/parexo.html


「σε ένδειξη σεβασμού πρός την αδελφή του, καλούσε τον Θεαγένη στο τραπέζι του· 」、
この文の動詞 καλούσε の主格は、シアニス。
την αδελφή του の所有代名詞 του は、テアゲニスを指しています。テアゲニスの。
αδελφή は、ハリクレアのことですが、テアゲニスから見て妹。この場面では、
ハリクレアが自分たちは兄妹だと言っているので、シアニスは、それを信じているので。
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする