2010年04月20日

エティオピア物語 第一巻 25-2

   Και καθώς εκείνη τον ρωτούσε άν θρηνεί, όπως συνήθως, για την κοινή τους συμφορά, ή μήπως κάποιο νέο κακό τον έχει βρεί, « και ποιό κακό », της είπε, « μπορεί να είναι πιό μεγάλο, ποιό άδικο μπορεί να είναι πιό βαρύ από το να με απαρνηθεί η Χαρίκλεια και, παραβαίνοντας και όρκους και υποσχέσεις, να συγκατατεθεί σε άλλο γάμο ; »




 ハリクレアは、二人に共通の災難、あるいは、テアゲニスに起こった新しい災いについて悲しんでいるのですかと、いつものように、彼に尋ねました。「もっと悪いことが、」 テアゲニスは、ハリクレアに言いました。「誓いと約束を破って、別の結婚を受け入れるハリクレアが僕を捨てるよりも、もっと悪いことが酷くなることがあり得るだろうか、もっと不当なことがもっと辛くなることが起こりえるだろうか?」




「συγκατατεθεί」、
συγκατατίθεμαι 異能動態動詞・再帰動詞・カサレヴサ動詞:承諾する
パラタティコスはなし、アオリスト:συγκατατέθηκα 、
イポタテキ・アオリスト: να συγκατατεθώ
posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Είμαι στο μώλο

 フローベールの『ギリシャ旅行記』を読んでいると、 το μικρό μώλο と言う語がありました。意味は、小さな埠頭だと思います。辞書ですと、μώλος は、男性名詞なのですが、中性名詞として使ってあるようでした。
 それで、他の使用例はどうなのかと思って、検索してみました。

 ハリス・アーレクシウの2006年のアルバム『Βύσσινο και νεράντζι』に「Είμαι στο μόλο」という歌があります。これも、埠頭の意味ですが、たぶん中性で、オメガがオーミクロンに変わってます。こういう異表記はたくさんあるのでしょう。

Χάρις Αλεξίου [ Το επίσημο website ] :: Haris Alexiou [ The official website ]
posted by kyotakaba at 10:04| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする