2010年04月28日

ソクラテス

 4月27日は、ソクラテスの命日、処刑の日と新聞にあった、
4月27日と書いてあるものと、
2月15日、2月25日と書いてあるものがある。

 紀元前だから、暦も違うし。
posted by kyotakaba at 15:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 26-2

   Και η Χσρίκλεα τον έσφιγγε στην αγκαλιά της και τον καταφιλούσε βρέχοντας το πρόσωπό του με τα δάκρυά της και λέγοντας « τί χαρά μου δίνουν οί φόβοι σου μή χάσεις την αγάπη μου· τόσες και τόσες συμφορές, το βλέπω, δεν λύγισαν τον πόθο σου για μένα. Μήν αμφιβάλλεις όμως, Θεαγένη, ότι δεν θα μπορούσαμε ούτε κάν να μιλάμε μεταξύ μας όπως τώρα, άν δεν είχα δώσει αυτές τις υποσχέσεις.



 ハリクレアはテアゲニスを自分の胸にしっかりと抱きしめて、涙ぐみながら青年の顔を見詰めて、キスを浴びせました。そして言いました。「貴方の不安が、貴方に私の愛を見失なうことをさせなければ、どんなに私には嬉しいことでしょう。どんなにどんなに災難が多くても、貴方の私への恋心が折れることがないことは分かっています。でも、テアゲニス、あの約束はしなかったのではと疑わないで下さい。そんなことを、お互いに言うことは、金輪際ありませんよ。



「καταφιλούσε」、
καταφιλώ キスを浴びせる



「 Μήν αμφιβάλλεις όμως, Θεαγένη, ότι δεν θα μπορούσαμε ούτε κάν να μιλάμε μεταξύ μας όπως τώρα, άν δεν είχα δώσει αυτές τις υποσχέσεις. 」、
( Μήν αμφιβάλλεις άν δεν είχα δώσει αυτές τις υποσχέσεις. )の文に、
( ότι δεν θα μπορούσαμε ούτε κάν να μιλάμε μεταξύ μας όπως τώρα )
が挿入されているのだと思います。
ότι 以下の挿入節は、αμφιβολία ( 疑惑 )に関しての補足。疑惑の内容でなく、
疑惑の扱いに付いて、ハリクレアの考えを述べているのだと思いました。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Οί Νουαγοί

 日本では、iPad はまだなのですけれど。iTunes store のaudio books で、今、よく売れているのが、『 Οί Νουαγοί 』です。ギリシャ語です。日本の iTunes store でも購入出来ます。

iTunes


 ギリシャ語で制作されていますけれど、原書はスペイン語。ペルーの哲学者、エルナン・ネイラの小説作品です。
 Hernán Neira
1960年生まれ。

Hernán Neira

 原題は、『 A golpes de hacha y fuego 』。

 アマゾンでも、ギリシャ語のCDブックがカタログにはあります。
購入は難しいようですが。

Amazon.com: Ameland - El naufragio de la luz (Oi Navagoi) [Audiobook in GREEK language] (Greek Edition) (9783981209044): Hernan Neira, Eric Tscherne: Books

 小説の概要は、
Ameland スペイン語


posted by kyotakaba at 09:20| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする