2010年07月31日

11 Θαλασσινά δρομολόγια τέχνης

 ガソリンの値上げや運送会社のストなどのニュースも多いのですが。
夏のバカンス向きの記事から。
 美術展の紹介です。記事にはたくさんの展覧会が紹介されていたのですが、その中から三つを。

 ト・ビーマの7月25日付記事から。

11 Θαλασσινά δρομολόγια τέχνης
Ελληνες και ξένοι καλλιτέχνες εκθέτουν έργα τους στα νησιά: σε μουσεία, γκαλερί αλλά και αντισυμβατικούς χώρους. Μια επιλογή με γεγονότα από την Υδρα ως τη Χίο και από την Ανδρο ως την Αστυπάλαια


Κέα
«Ενας Αύγουστος» είναι ο τίτλος της ζωγραφικής έκθεσης του Ανδρέα Κοντέλλη που φιλοξενείται από στις 7-31 Αυγούστου στο Βουρκάρι Κέας (Αίθουσα Τέχνης art s.a.).Ο όγδοος μήνας του ημερολογίου μέσα από εικόνες που συνθέτουν παζλ των άλλοτε ανέμελων και άλλοτε μελαγχολικών καλοκαιρινών στιγμών μας.

ContentSegment_15326621$W1000_H0_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg




Μύκονος
Η αίθουσα τέχνης Κapopoulos Fine Αrts στη Μύκονο φιλοξενεί ως τις 3 Αυγούστου την έκθεση των Μπενουά Παρέ και Ανδρέα Ψαράκου.Τα πολύχρωμα κόμικς του πρώτου συναντούν τα εξίσου ζωηρά μικρογλυπτά του δευτέρου.Τα έργα του Παρέ χαρακτηρίζονται από εκρήξεις αγνών χρωμάτων, ανόθευτη ευτυχία και ανεμελιά,φλερτάροντας με την καλοκαιρινή ραστώνη.Οσο για τον Ψαράκο,χρησιμοποιεί σύρματα,εφημερίδες,papier masse, γύψο,στόκο,κόλλες και πολλά χρώματα,προκειμένου να δημιουργήσει το ανάγλυφο σύμπαν του.Τέλος,από τις 28/8 ως τις 5 Σεπτεμβρίου ο Χριστόφορος Μπαλαμπανίδης και ο Διονύσης Ματαράγκας παρουσιάζουν την έκθεσή τους «Τα πλοία θα σαλπάρουν για Μύκονο;».

ContentSegment_15326634$W1000_H0_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg




Χίος
Η Ρhotobiennale της Θεσσαλονίκης παρουσιάζει στον χώρο Citrus Μemories στη Χίο τη φωτογραφική έκθεση «Εσωτερικός κόσμος- Χίος» του Στρατή Βογιατζή.Ο δημιουργός μάς καλεί να επισκεφθούμε τους εσωτερικούς χώρους των 24 χωριών της μαστίχας στη Χίο.Αρχοντόσπιτα,λαϊκά σπίτια,κελάρια,αποθήκες,καπνοπωλεία, κουρεία,καφενεία,χώροι παρατημένοι από χρόνια αποπνέουν την ατμόσφαιρα μιας άλλης εποχής.

ContentSegment_15326693$W1000_H0_R0_P0_S1_V1$Jpg.jpg




芸術を廻る海の旅行計画の11のプラン。

ギリシャや諸外国の芸術家の作品が、島々の美術館やギャラリー、そればかりではなく、あるいは、普段では展覧会に使わないような場所で展示されています。イドラからヒオスまで、アンドロスからアストパライアまで、一つの旅行案を見てみましょう。


ケア島
『ある八月』、アンドレア・コンデリーの絵画展の題名です。ケア島のブウラカリで、8月の7日から31日までの間、開かれています。( アートセンター大展示場 ) 暦の中の第八番目の月は、絵の中で、私たちの嘗ての、ある時は長閑でありある時は憂鬱であった夏の時を、パズルのように組み合わせています。


ミコノス島
ミコノス島のカロロウロス・ファインアーツの芸術展示場は、8月3日まで、ベノウサ・パレとアンドレア・プサラクウ展を開いています。初めて、パレの多色のコミック画がプサラクウの生命感ある小さな彫像に、同次元で取り合わされています。パレの作品は、その色の爆発によって、混じりけのない幸福、夏の気怠さにくっついている暢気さを特徴にしています。プサラクウは、ワイヤーや新聞、紙粘土、石膏、パテ、糊、非常に多くの色、森羅万象を彫像に創造出来るものならば何でも使うのです。その後、8月28日から9月5日まで、ハリストフォロス・バラバニディスとディオニシス・マタラグカスが『舟がミコノスへ出航するだろう』展が開かれます。


ヒオス島
セサロニキでのフォトビエンナーレが、ヒオス島のシトラス・メモリエス村で、ストラティー・ボギアタジーの『ヒオス - 内的世界』展を開いています。作者は、ヒオス島のマスチハの24の村の中を訪れたかのように、私たちを思わせます。屋敷、民家、食料庫、蔵、タバコ屋、床屋、カフェニオ、過ぎて行った時間の中で忘れられて行った物たちが、まるで違う時代の雰囲気を振り撒いています。




http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=34&artId=345215&dt=25/07/2010

a
posted by kyotakaba at 14:07| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月22日

Περιορίστηκε η φωτιά στη Σάμο

 7月21日付け、カセメリニweb 版記事の見出し、

Περιορίστηκε η φωτιά στη Σάμο

サモス島の火事は押さえ込まれた。
posted by kyotakaba at 07:06| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月20日

Τί είδε ο Ρήγος στα χωράφια 4

Ο Ρήγας κοιτάζει με προσοχή κι όλο ρωτά τον πατέρα του. Θέλει να τα μάθη όλα· κι εκείνος πρόθυμα του απαντά.
― Τί θα κάμουν τα δεμάτια, πατέρα;
― Στο αλώνι θα τ' αλωνίσουν· ύστερα θα λιχνίσουν, για να ξεχωρίσουν το σιτάρι από το άχυρο. Το άχυρο θα το φυλάξουν στον αχυρώνα για τα ζώα· το σιτάρι θα το αλέσουν στο μύλο του μπάρμπα - Θύμιου, για να κάνουν αλεύρι και απ' αυτό ψωμί.
― Το δρεπάνι ποιός το κάνει, πατέρα;
― Ο μπάρμπα - Πέτρος ο σιδεράς, παιδί μου, λέει ο κύρ Θωμάς, θα πάμε καμιά μέρα, παιδί μου, στο σιδεράδικο και στο μύλο. Τώρα πιά βράδιασε· άς γυρίσωμε στο σπίτι.
Γυρίζουν, αλλ' ο Ρήγας δεν παύει να ρωτά.





 リガスは注意深く見て、何もかもをお父さんに尋ねました。何もかもを知りたかったのです。お父さんは、よろこんで、答えます。
 「みんなは束をどうするの? お父さん。」
 「脱穀場で、脱穀するんだよ。そうしてから、篩いにかけるんだよ。小麦を籾殻から分かるためにするんだよ。籾殻はね、納屋に貯めておくんだ、家畜のためにね。小麦はね、おじさんの水車小屋で挽くんだよ。シモスおじさんの水車小屋でね。小麦粉にするためにね、小麦粉からパンを作るんだよ。」
 「だれが鎌を作るの? お父さん。」
 「ペトロスおじさんさ。鍛冶屋さんだよ、ぼうや。ソマスさんと言うんだよ。いつか鍛冶小屋と水車小屋に行ってみよう、ぼうや。今は、もう日が暮れた。さあ、お家に帰ろうか。」
 そして、リガスとお父さんは帰りました。でも、リガスは尋ねるのを止めません。
posted by kyotakaba at 15:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月19日

Τί είδε ο Ρήγος στα χωράφια 3

   Έτσι πλησιάζουν στα χωράφια τους.
Ακούνε τραγούδια. Κοιτάζουν και βλέπουν πολλούς θεριστές στη γραμμή, άνδρες και γυναίκες.
Χαρούμενοι και τραγουδώντας οι χωρικοί αυτοί θερίζουν με τα γυριστά δρεπάνια τους και αφήνουν τα χειρόβολα. Άλλοι τα μαζεύουν και τα δένουν δεμάτια· άλλοι φορτώνουν τα δεμάτια και τα κουβαλούν στ' αλώνια.



 そうして、リガスとお父さんは自分たちの畑に近づきました。
 歌が聞こえます。見ると、たくさんの、男も女もいる刈り手が並んでいました。
 村人たちは嬉し気で、歌いながら、彼らの曲がった鎌で刈っていました。それから、刈った房はそのままにしていました。他の人たちがその房を集めていました。そして、束に括っていました。また他の人たちが、束を担いで、脱穀場に運んでいました。
posted by kyotakaba at 11:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

Τί είδε ο Ρήγος στα χωράφια 2

   Κοιτάζει γύρω τον κάμπο και παραξενεύται.
Πρίν από λίγον καιρό τον είδε καταπράσινο και τώρα τον βλέπει άλλοιώτικο· τα σιτάρια, τα κριθάρια, η σίκαλη και η βρώμη είναι κατακίτρινα. Γι' αυτό όλο και ρωτά τον πατέρα του.



 リガスは平原をぐるっと見回しました。それで、びっくりしました。
 少しばかり前に、平原が黄緑色だったのを見たのです。でも、今は、様変わりしているのを見ているのです。小麦も、大麦も、ライ麦も、それに、燕麦も明るい黄色なのです。みんなそうなのですから、リガスはお父さんに尋ねました。


「 ρωτά 」、
エネトータスの三人称単数。ρωτάει 、または、ρωτά 。
posted by kyotakaba at 10:19| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月15日

Τί είδε ο Ρήγος ατα χωράφια 1

 読本『よい子たち』から、
 リガスが田園で見たもの


   Ήρθε πιά το καλοκαίρι. Τα σιτάρια έχουν κιτρινίσει κι άρχισε το θέρισμα. Στο αλώνι του κύρ Θωμά όλο και κουβαλούν δεμάτια. Ο Ρήγας παρακαλέι τον πατέρα να τον πάρη να ιδή πώς θερίζουν.
Μιά Τετάρτη απόγεμα ξεκινούν.
Είναι ζέστη και ο Ρήγας ιδρώνει, μα από τη χαρά του δεν καταλαβαίνει την κούραση.




 もう夏が来ています。小麦は黄色くなって、刈り取りが始まってました。ソマスさんの脱穀場では、みんなが小麦の束を運んでます。リガスはお父さんに従いて連れて行ってもらって、どんなふうに刈り取るのかを見に行ったのです。
 ある木曜日の午後に、リガスとお父さんは出掛けました。
 暑い日でしたから、リガスは汗をかきました。でも、うれしくて、疲れに見舞われることはありませんでした。



「 να τον πάρη」、
πάρη は、παίρνω のイポタテキィ・アオリスト、三人称単数。 現代語表記だと、 πάρει 。

「 να ιδή 」、
ιδή は、βλέπω のイポタテキィ・アオリスト、三人称単数。現代語表記だと、δει またはまれに、ιδεί 。
posted by kyotakaba at 19:54| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月13日

Έλα να παίξουμε

 あーそーぼっ! と言う歌。




 もう夏休みは始まってますし、
posted by kyotakaba at 09:48| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月12日

Η Κληρονόμος

 サッカーのワールドカップ2010もスペインの優勝で終わりました。ギリシャも念願の一勝を挙げました。
 そこで、サッカーに関わった映画。

 『 Η Κληρονόμος 』、2009年の作品。監督は、Παναγιώτης Φαφούτης 。

 元航空機の乗客アテンダントのベラは、夫を突然無くします。夫はサッカーチームを持っていました。ベラが、夫の遺産を相続出来る条件は、そのサッカーチームを維持すること。サッカーについては全く何も知らないのですが、、、コメディです。
 映画の題名は、『相続人』。

Cine.gr - Η Κληρονόμος

I klironomos (2009) :IMDb







posted by kyotakaba at 09:56| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 33-4

   Και καθώς το γύρισαν ολόκληρο, ψάχνοντας ακόμη και στις πιό κρυφές γωνιές, χωρίς να βρούν τίποτε απο όσα έλπιζαν παρά μόνο κάποια πράγματα ευτελή που οι άλλοι δεν είχαν νοιαστεί να κρύψουν στην υπόγεια σπηλιά, έβαλαν φωτιά στις καλύβες. Ήδη κόντευε να βραδιάσει και, φοβούμενοι να μείνουν στο νησί ( οι ντόπιοι που είχαν διαφύγει μπορούσαν τώρα να τους στήσουν κάποια ενέδρα ), έφυγαν για να πάνε στους δικούς τους.




 こうして、島を隈無く廻ったのでした。それから尚も、隠れた隅まで捜しましたけれど、期待していたような物は何も見つけられなかったのです。つまらないがらくただけでした。敵達は地下の洞窟に隠すと言うことにはそれまで関心を払った経験が無かったからでした。それで、家々に火を放ちました。もう日暮れが近づいていました。島に留まることには不安を覚えていたので、( 逃げている地元民達が、今度は、何処かで待ち伏せを仕掛けているかもしれないからです。 ) 自分達の領地へと戻って行きました。



「 φοβούμενοι 」、φοβούμενος 、φοβάμαι のパラキメノス・メトヒー。
(受動完了分詞)
posted by kyotakaba at 09:20| Comment(1) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月11日

エティオピア物語 第一巻 33-3

   Οί υποσχέσεις του φουσκωσαν τα μυαλά των ληστών που ούτε μέσα στη βράση της μάχης δεν ξέχασαν την προσδοκία του κέρδους και, όταν κάποιος τον αναγνώρισε, τον έπιασαν ζωντανό με τίμημα τη ζωή πολλών δικών τους και τον μετέφεραν δέσμιο στη στεριά· οι μισοί απ' αυτούς τάχτηκαν να τον φρουρούν ενώ εκείνος τους μεμφόταν πικρά για τη φαινομενική φιλανθωπία τους και αγανακτούσε περισσότερο για τα δεσμά παρ' όσο για το θάνατο· οι υπόλοιποι όρμησαν στο νησί πιστεύοντας πώς θα έβρισκαν εκεί τα πολυπόθητα κειμήλια και σκύλα.




 彼の約束事は盗賊達の頭の中で誇張され、しかも、闘いの混乱の最中にあっても利益への期待を忘れることもなかったので、誰かがシアニスを見分けた時には、多くの味方の命を代償にして、彼を生きたまま捕えたのでした。そして、拘束して陸へと運んだのでした。盗賊達の半数の者達は、彼らの目に見えて分かる博愛精神に対して、シアニスが辛辣な非難をするかどうか、また、死よりも縛めの身となることにより怒るのかどうかを見張って、彼がどう言う人間か確かめようとしました。残りの者達は、島へと雪崩れ込みました。そこには、欲しくてたまらない宝があり、女がいると信じていたからです。






「με τίμημα」、〜を犠牲にして。


「τάχτηκαν」、「 ταυτίζομαι 身元を確認する 、〜とみなす」のυ がχ の表記に変わっているのだと思います。


「μεμφόταν」、μεμφόμαι 非難する


「σκύλα」、雌犬、女の蔑称
posted by kyotakaba at 15:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月10日

Τα ίσια ανάποδα

 iTunes store のトップセールにあったもの、
Γιώργος Μαζωνάκης のアルバム『 Τα ίσια ανάποδα 』。

ヨルゴス・マゾナキス 『タ・イシア・アナポダ/正反対』

ホームページ:
http://www.mazonakis.net/
Yiorgos Mazonakis - the official website

 YouTube にある歌、( official )





2010coverTAISIAANAPODA-small.jpg
posted by kyotakaba at 19:28| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月09日

エティオピア物語 第一巻 33-2

   είχε έναν αδελφό στη Μέμφιδα, τον Πετόσιρη, ο οποίος, αν και νεότερος, είχε σφετεριστεί το ίερατικό αξίωμα του προφήτη παραβαίνοντας τον πατροπαράδοτο νόμο. Μαθαίνοντας λοιπόν ότι ο μεγαλύτερος αδελφός του είχε γίνει αρχηγός συμμορίας και φοβούμενος μήπως βρεί κάποια ευκαιρία να του επιτεθεί και συνάμα ανησυχώντας μήν αποκαλυφθεί με τον καιρό η κατάχρηση του αξιώματος ( πολλοί, το ήξερε, υποψιάζονταν ότι είχε σκοτώσει τον άφαντο πιά Θύαμη ), έστειλε κήρυκες στους ληστρικούς οικισμός τάζοντας πάμππολλα χρήματα και βοσκήματα σε όποιους θα του τον έφεραν ζωντανό.




 シアニスは、メンフィスのペトシリに一人の兄弟がいました。それは、年が下の弟でしたけれど、世襲の決まりを破って、予言者と言う神官の位をシアニスから奪ったのでした。そうしてその後、彼の長兄が盗賊の首領になっていると知ると、もしかすると、彼を襲う機会がシアニスにあるのではないかと恐れて、また同時に、その時には、高官の地位を簒奪したことが明らかになってしまうことを不安に思って、( 多くの人がこのことを知って、姿を消したシアニスを既に殺しているのではないかと疑い出す恐れ ) 盗賊の居住地に使者を送って、シアニスを生きたまま、彼の元へ連れて来た者には誰であっても、極めて多額の金と家畜を約束したのでした。



「 νεότερος 」、νεότερος = νεώτερος


「 επιτεθεί 」、επιτίθεμαι
パラタティコス να επιτεθώ, -είς, -εί / -ούμε, -είτε, ούν
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(1) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 33-1

   Οί ληστές αυτοί ήταν οι ίδιοι που είχαν τραπέι σε φυγή σάν έφτασαν ο Θύαμης και δικοί του στο Ηρακλεωτικό στόμιο· είχαν τότε αγανακτήσει που τούς έκλεψαν τα κλεμμένα και, καταστενοχωρημένοι που έχασαν τη λεία να ήταν νόμιμο κτήμα τους, είχαν επιστρέψει στα μέρη τους για να συγκεντρώσουν όσους είχαν απομείνει. Κι αφού ζήτησαν βοήθεια και απο τους γύρω ληστρρικούς οικισμύς, υποσχόμενοι ίσο και όμοιο μερίδιο στη λεία, αναγορεύτηκαν αρχηγοί της εκστρατείας. Και να γιατί ήθελαν να πιάσουν τον Θύαμη ζωντανό :




 その山賊たちは、シアニスと仲間たちがイラクレオティコの河口に到着した時に、敗走していった、まさにその山賊たちでした。その時に、シアニス達がその山賊たちから盗品を奪ったこと、正当には彼らの略奪品である筈のものを失ってひどく落胆させられたことに、怒っていたのでした。そして、自分たちの領地に戻って、そこに残っている者全員を集合させたのでした。それに、周囲の盗賊の住処にいる者達にも助けを求めたのでした。戦利品の平等の分け前と言う約束を、盗賊団の首領達は満場一致で裁決したのでした。これが、山賊たちがシアニスを生きたまま捕えようとした理由なのでした。



「καταστενοχωρημένοι」、
καταστενοχωρημένος 、κατα - στενοχωρημένος


「 ίσο και όμοιο 」、
ίσος 、 όμοιος 、両方とも等しいの意味。


「 αναγορεύτηκαν 」、αναγορεύω - αναγορεύομαι


「εκστρατείας 」、εκστρατεία は遠征隊の意味ですが、
正規軍ではないので、盗賊団にしました。
posted by kyotakaba at 09:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月08日

エティオピア物語 第一巻 32-4

   Έτσι είναι οί ληστές : λογαριάζουν το χρήμα πιό πολύ από την ίδια τη ζωή και η λέξη φιλία ή συγγένεια για κείνους έχει μία μόνο σημασία : κέρδος. Αυτό λοιπόν γινόταν και αυτούς.




 と言うのも、敵も山賊だったからです。山賊は、命そのもの、あるいは、友好的な言葉、あるいは、山賊たちにとってただ一つだけ意味を持つより血族関係、それらよりも金にずっと重きを置いています。利益、結局、それが、山賊たちに生じたものなのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月07日

エティオピア物語 第一巻 32-3

   ήδη κρατούσαν αιχμάλωτο τον Θύαμη και η σύλληψη αυτού και μόνο του ανθρώπου ήταν γι' αυτούς ολοκληρωτική νίκη· και μολονότι είχαν πιάσει ζωντανό τον υπαίτιο του φονικού παρ' όσο θλίβονταν για όσους δικούς τους είχαν χάσει.



 ついに、シアニスは捕えられました。彼を、彼たった一人を捕えることは、敵達にとっては、完全な勝利だったのです。殺人犯を生きたまま捕らえたのにも拘らず、失った味方達のことを悲しんでいるにも拘らず、それは完全な勝利だったのです。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月06日

エティオピア物語 第一巻 32-2

   Κι εκείνος αμυνόταν για μεγάλο διάστημα, ώσπου του ρίχτηκαν πολλοί μαζί κι άρπαξαν απ' το χέρι του το δόρυ· συνάμα έχασε και τον υπασπιστή του που μαχόταν στο πλάι του γενναία και τώρα, θανάσιμα τραυματισμένος κατά τα φαινόμενα και χωρίς καμιά ελπίδα πιά, είχε βουτήξει στη λίμνη, και σάν καλός κολυμβητής που ήταν, δεν αναδύθηκε παρά όταν βρέθηκε εκτός βολής· με δυσκολία μεγάλη κολύμπησε πρός το βάλτο, ενώ κανείς εχθρός δεν νοιάστηκε να τον καταδιώξει :



 シアニスはで広い範囲で防戦を続け、敵が一斉に彼に飛びかかり、彼の手から槍を奪うまで戦い続けたのです。また、彼の側で勇敢に戦ってきた副官を失ったのでした。決定的なことに、見た目からでも傷を負っていて、もう希望はないと思えたので、シアニスは湖に助かる道を求めたのでした。水上に矢が打たれている間は、浮かび上がらない程に、彼は達者な泳ぎ手だったからです。とても難しくはあったのですが、シアニスは沼に向かって泳ぎました。敵の誰かがシアニスのことを通報すると言う心配はしなかったのです。



「 κατά τα φαινόμενα 」、外見上


「 νοιάστηκε 」、νοιάζομαι 心配する
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΓΙΑ ΧΑΤΗΡΙ ΣΟΥ

 「 ΓΙΑ ΧΑΤΗΡΙ ΣΟΥ 」、女優で歌手のΖωή Φυτούση が歌う歌。詳細は分からないのですが、50年代頃?
作詞は、Βαγγέλης Γκούφας 。作曲は、Σταύρος Ξαρχάκος 。映画の中?

 歌詞を、stixoi.info から、
http://www.stixoi.info/stixoi.php?info=Lyrics&act=details&song_id=4376


Στίχοι: Βαγγέλης Γκούφας
Μουσική: Σταύρος Ξαρχάκος
Πρώτη εκτέλεση: Ζωή Φυτούση

Τα πικρά φιλιά σου
γλυκό τραγούδι τα 'χω κάνει φυλαχτό
Την πλατιά αγκαλιά σου
λευκό λουλούδι άνοιξε για να κρυφτώ
Τα πουλιά ταξίδεψαν στο καλό
κι έμεινα να σ' αγαπώ
καθώς ο γλάρος δε μακραίνει απ' το γιαλό

Για χατίρι σου ξημερώνει
βγαίνει η πούλια
βγαίνει ο αυγερινός
γοργοφτέρουγο χελιδόνι
ντύνεται γαλάζια ο ουρανός

Τα πουλιά ταξίδεψαν στο καλό
κι έμεινα να σ' αγαπώ
καθώς ο γλάρος δε μακραίνει απ' το γιαλό





あなたの苦いキス、
甘い歌を私はその苦いキスのお守りにするの。
あなたの広い腕の中で、
白い花が開いて、私は隠れるの。
小鳥たちは天気のいい日に旅立つわ、
でも、私はあなたを思い続けるわ、
カモメが岸から離れないように。

あなたに都合良く、夜が明けるわ、
すばる星が消えてゆく、
夜明けの金星が消えてゆく、
速い翼のツバメが来て、
空は青くなったわ。

小鳥たちは天気のいい日に旅立つわ、
でも、私はあなたを思い続けるの、
カモメが岸から離れないように。



 なぜか、YouTube のリンクが出来ません。



 あ、障害が修復されたようです、





posted by kyotakaba at 09:39| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

エティオピア物語 第一巻 32-1

   Μόλις είχε αρχίσει η συμπλοκή όταν φώναζε κάποιος « Αυτός είναι ο Θύαμης, προσέξτε όλοι ! » κι ευθύς τα σκάφη σχηημάτισαν κύκλο και τον έβαλαν στη μέση. Και καθώς εκείνος αμυνόταν άλλους πληγώνοντας κι άλλους σκοτώνοντας με το δόρυ του, θαύμα πρωτόγνωρο ήταν εκείνο που γινόταν : ούτε ένας απ' αυτούς δεν τον χτυπούσε, ούτε ένας δεν έστρεφε το ξίφος εναντίον του, αλλά όλοι πάσχιζαν για να τον πιάσουν ζωντανό.




 闘いが始まるや否や、誰かが叫び続けました。「あれはシアニスだ。皆、気をつけろ!」。そして、すぐに、幾艘かの舟が円陣を組んで、シアニスをその中に入れました。そうして、シアニスは、ある者たちには傷を負わせ、ある者たちは自分の槍で殺して、自分の身を守っていたのでした。そこで起こっていることは、信じられないような不思議なことでした。敵の中の誰もシアニスに一撃を与えず、誰も、シアニスに刀を向けませんでした。そして、全員が何とか彼を生きたまま捕えようとしていたのでした。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世界・夢列車に乗って

 BS・TBSの番組『世界・夢列車に乗って 』の7月5日放送分は、「ギリシャ ペロポネソス半島 歴史舞台を往く」

 番組紹介:
「ギリシャ・ペロポネソス半島には、紀元前16世紀のミケーネをはじめ、コリント、オリンピアなどの古代遺跡が多く残されている。そうした歴史ある土地を巡る夢列車の旅。コリントから南へ向かう列車の旅は、風光明媚な海辺のリゾート都市ナフプリオへ。一方、半島北部ではカラブリタ行き登山鉄道からの絶景を堪能。古代からの歴史遺産と大いなる自然、そして優雅なリゾートステイを楽しむ旅を紹介する。」

http://www.bs-tbs.co.jp/app/program_details/index/KDT0705300


YouTube にあった、ギリシャの列車好きな VagelisPy さんのビデオ、

posted by kyotakaba at 08:49| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月04日

Τώρα και υπερπολυτελή ξενοδοχεία κάνουν προσφορές

 カセメリニ web版 7月4日付け記事。


Kυριακή, 4 Iουλίου 2010

Τώρα και υπερπολυτελή ξενοδοχεία κάνουν προσφορές


Γενναίες προσφορές στις τιμές και ειδικά «πακέτα» επιστρατεύουν οι ξενοδόχοι για να τονώσουν το ενδιαφέρον των παραθεριστών, χωρίς να εξαιρούνται και τα υπερπολυτελή ξενοδοχεία από αυτήν τη στρατηγική που υπαγόρευσε η οικονομική κρίση. Ετσι, μονάδες «πέντε αστέρων» διαφημίζουν «για κάθε επτά διανυκτερεύσεις η μία δωρεάν», τα ταξιδιωτικά γραφεία επεκτείνουν τις διευκολύνσεις, ενώ προσελκύουν πελάτες με «δωρεάν διαμονή και φαγητό για τα παιδιά».



http://news.kathimerini.gr/4dcgi/_w_articles_ell_100004_04/07/2010_406931



超豪華なホテルのサービス

大胆な価格、それに付随したサービスの提供で、各ホテルは、観光客の関心を惹こうと知恵を絞っています。それは経済危機に対する計画を迫られている超豪華なホテルも例外にはしていません。ついに、五つ星も同調して、「七泊につき一泊無料」と宣伝しています。旅行代理店は、値引きを延長しています。その上に、「お子様には、宿泊とお食事を無料!」と言って、お客を勧誘しています。



4-07-10_406931_1.gif.jpeg
posted by kyotakaba at 17:25| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

Πέρσες

 アテネ・フェスティバルの頃です。

 カセメリニにΣτεφανίας Γουλιώτη さんと言う女優さんが出ていました。それで、YouTube で検索してみました。2008年の舞台、Αισχύλος アイスキュロスの『Πέρσες The Persians ペルシア人 』のプロモーションビデオがありました。
( DVD で発売されているのかしら? )



17-06-10_342837_31.jpg
posted by kyotakaba at 22:12| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΤΟ ΒΗΜΑ

Το Βήμα στο iPhone

 知りませんでした。

 iPod、iPhone、iPad で、新聞『 ΤΟ ΒΗΜΑ 』が読めます。

 APP で、アプリケーションが無料ダウンロード出来ます。

http://itunes.apple.com/gr/app/to-bhma/id371963797?mt=8

on iTunes app

スクリーンショット(2010-07-02 14.06.59).png
posted by kyotakaba at 14:08| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月01日

test

test


ほどのへだたり 現代ギリシャ語.002.gif
posted by kyotakaba at 21:07| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第一巻 31-4

   Ο Θεαγένης και ο Κνήμων υποχώρησαν κι αυτοί, αλλά μάλλον για άλλους λόγους παρά από φόβο· μόνο ο Θύαμης, ίσως από φιλοτιμία, η ίσως και μη θέλοντας να ζήσει μετά το θάνατο της Χαρίκλειας, ρίχτηκε μές στο κέντρο της εχθρικής παράταξης.



 テアゲニスとクニモンは、引き下がりました。恐怖からではなく、理由があったのです。シアニスただ一人が、あるいは誇りからか、あるいはハリクレアが死んだ後には生きることを望まなかったからか、敵が並んでいるその真ん中に身を投じたのでした。
posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする