2010年11月30日

エティオピア物語 第二巻 14-3

   Κι εκείνοι τον ρώτησαν ποιά σχέση είχε με τη Θίσβη, που τη βρήκε και γιατί την αναζητούσε. Ο Θέρμουθης τους απάντησε και σ' αυτό : την άρπαξε, είπε, από κάποιους εμπόρους, την ερωτεύτηκε τρελά και αρχικά μεν την κρατούσε κρυμμένη, αλλά, μετά την έφοδο των εχθρών, την κατέβασε στο σπήλαιο και τώρα τη βρήκε σκοτωμένη από κάποιους που δεν μπορεί να ξέρει, αλλά που ευχαρίστως θα μάθαινε ποιοί είναι για να καταλάβει και την αιτία.



 すると、三人はセルムウシスに、シスヴィとはどう言う関係なのか、どこで彼女見つけ、なぜ彼女を捜していたのかを訪ねました。セルムウシスが、三人に答えたのは次のようなことでした。シスヴィを、彼は、ある豪商から略奪したのでした。すると、彼は、シスヴィに狂ったように恋をしてしまい、最初は、隠してはなかったのですが、敵の襲撃の後に、シスヴィを洞窟へ降ろしたのです。そして、今、誰だか知れない者のために殺されているのを見つけたのです。それだから、どうしてだかをわからせてくれる誰にでも、喜んで教えを請うだろう、と、話したのでした。
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

【地球百景】豪華客船でいくシネマクルーズ

 昨晩 ( 11月29日 )は、BS・TBSで、『【地球百景】豪華客船でいくシネマクルーズ』と言う番組が放送されて、ギリシャの回だったので見ました。客船 ぱしふぃっく びいなす のクルーズで、寄港地を、その土地にゆかりのある映画に関連させて見ると言う番組です。製作は、2003年と言うことなので、再放送かもしれません。

 ギリシャの最初の寄港地は、ピレウスで、関連の映画は、『日曜日はダメよ』。メリナ・メルクーリ のこと。
メルクーリ記念館:
Welcome to the Frontpage The MELINA MERCOURI FOUNDATION

 2003年には、まだ存命だった、夫のジュールズ・ダッシンのインタビュー、メリナ・メルクーリ通りの自宅にて。
( 地図だと確認出来ないのですが、撮影された映像には、プレートに Οδός Μελίνας Μερκούρη とありました。 )


 それから、ロドス島。『ナバロンの要塞』。
アンソニー・クイン海岸。

Anthony Quinn - Rhodes Greece (Rhodos, Rodos) Beach Guide


 そのほか、アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデスの胸像が並んでいるところ。アテネ( 国立庭園の柵? )

 撮影時には、まだ若い監督 ( 名前を覚えていません ) のインタビュー。
posted by kyotakaba at 09:11| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月29日

エティオピア物語 第二巻 14-2

   Κι εκείνος διηγήθηκε τα πάντα : πώς ο λήσταρχος ήλθε στα χέρια με τους επιδρομείς, πώς όρμησε στο κέντρο της δύναμης των εχθρών αψηφώντας τον δικό τους και τον δικό του θάνατο, πώς σκότωνε όποιον του έπεφτε στα χέρια χωρίς να κινδυνεύει επειδή υπήρχε διαταγή να τον πιάσουν οπωσδήποτε ζωντανό και, τέλος, πώς ο ίδιος, μετά τον τραυματισμό του, είχε κολυμπήσει ώς τη στεριά και τώρα είχε έλθει στη σπηλιά να βρεί τη Θίσβη・ άλλο, έλεγε, δεν ήξερε.


 それで、セルムウシスはすべてを物語りました。盗賊の首領が侵略者たちの手に落ちたこと。敵をものとも思わず、自分の死をも恐れず、敵の勢力の真ん中に突進したこと。シアニスの懐に飛び込んで来た者は誰でも殺したこと。敵は、何があっても生きたまま捕えるようにと言う命令があった為に危険はなかったのです。最後は、セルムウシスは、怪我を負いながらも陸まで泳いで、シスヴィを見つけようと、今やっと、洞窟に来たのだと言うことを詳しく述べたのです。そして、その他のことは知らないと言いました。
posted by kyotakaba at 16:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月28日

本のこと

 『封印の島』を、図書館で借りました。ですけれど、ページを開いて早々に、戸惑ってしまいました。
「空を切って飛んだもやい綱が海綿をたたき、しぶきがアレクシスのむきだしの腕を濡らした。…… 小さなみすぼらしい舟の客は彼女一人だった。」という文です。これを読んで、アレクシスと言う船員と、まだ名前の明かされていない主人公と思われる女性が描かれているように、私は思いました。でも、そうではなくて、アレクシスが彼女なのでした。アレクシスが女性名に使われると言うことがあるのでしょうか? ギリシャ語翻訳でも、 η Αλέξις とされていますけれど。私には、外国人の名前のように思えました。実際には、イギリス人なのですが。それでも、彼女の母親はギリシャ人で、ギリシャの名前を貰ったと言う設定でした。
 私は、ギリシャ語をよく知っているわけではありません。こう言う用法があるのを、私が知らないだけかもしれません。私が知っているギリシャ語では、これは男性名詞の形で、女性の名前には不自然に感じました。イギリス人なら、仕方ないのでしょうが。それでも、ヨーロッパ大陸でも、アレクシスは男性名だと思うのですが、、イギリス人なら仕方ないのかもしれません。
 ウィキペディアには、1940年代から、アメリカ合衆国で、女性の名前に使われ出した、と記載されてました。


 最近、Watanabe Junichi の『 Πέρα από τα ανθισμένα λιβάδια 』が、出版されました。

Πέρα από τα ανθισμένα λιβάδια


『花埋み』(荻野吟子の伝記小説)の翻訳


 今朝の新聞に、篠田節子の新刊の広告がありました。『廃院のミカエル』
ギリシャの廃墟修道院で何が起こったか。
廃院のミカエル| 篠田 節子| 小説/戯曲|BOOKNAVI|集英社
 翻訳されるかしら。
posted by kyotakaba at 09:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月27日

修道院

 アソスの聖パブロ修道院のビデオ:


posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 14-1

   Λύγισε στα λόγια αυτά η καρδιά του Κνήμωνα και, πλησιάζοντας, σήκωσε τον Θέρμουθη που είχε αγκαλιάσει τα γόνατα του Θεαγένη και να τον ρωτάει με επιμονή που ήταν ο Θύαμης.



 その言葉で、クニモンの心はほぐれました。そして、セルムウシスに近づいて、テアゲニスの両の膝に抱きついていた彼を立たせたのです。そして、執拗に、シアニスは何処にいるか質したのです。


λυγίζω : κάμπτω , υποχωρώ
posted by kyotakaba at 08:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月26日

エティオピア物語 第二巻 13-3

   Ο Θεαγένης όμως, αντί να φοβηθεί, μάλλον οργίστηκε στη θέα του ξένου και, τείνοντας το ξίφος έτοιμος να τον χτυπήσει άν επιχειρούσε κάτι άτοπο, ≪ στάσου ≫, του είπε, ≪ αλλώς σε σκότωσα・ άν δεν το έχω κάμει ώς τώρα, είναι γιατί σάν να μου φαίνεται πώς σε γνωρίζω και επιπλέον δεν φανέρωσες ακόμα τους σκοπούς σου ≫. Πρόσπεσε τότε ο Θέρμουθης και βάλθηκε να παρακαλεί ― ικέτης εκ περιστάσεως και όχι από καλή διάθεση ― καλώντας και Κνήμωνα ώς επίκουρο και λέγοντας πώς δεν είναι σωστό να τον σκοτώσουν αφού ποτέ δεν τους αδίκησε・ ακόμα και την προηγούμενη μέρα, έλεγε, ήταν με τους δικούς τους και τώρα είχε έλθει σ' εκείνους ώς φίλος.



 けれども、テアゲニスは、恐れることはなく、それどころか、異国の神に対して激怒して、剣の方に手を伸ばして、その男が何か怪しい事をしようとしたら、その男を打ち掛かろうとしたのです。そして、男に言いました。「止まれ。さもないと殺すぞ。お前が誰だか、私は知らないし、その上、お前の目的をお前まだ明かしてないのだから、今はまだそうしないけれどな。」そうすると、セルムウシスは畏まって、懇願し始めました。 ― 状況のために懇願者となっているので、自由な意志で懇願しているのではなかったのです。 ― クニモンを助っ人に読んで、テアゲニス達に何も悪いことをしていないのに、自分を殺すのは正しくない、と言ったのです。そして、それに前日には彼らと共に居たし、今は友人として来たのだ、と言ったのです。




οργίζομαι : θυμώνω πολύ

Πρόσπεσε : προσπέφτω : 前に身を投げる、平伏する

βάλθηκε : βάζομαι να

επίκουρος : βοηθός
posted by kyotakaba at 08:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月25日

Σπιναλόγκα, το νησί των "ζωντανών νεκρών"

 Victoria Hislop の『 the Island 』、作家のホームページにページがありましたので。

Victoria Hislop - author of "The Return" and "The Island"


 ギリシャ語翻訳を出版している出版社のページ:

Βιβλίο το νησί, Victoria Hislop, Βικτόρια Χίσλοπ, σπιναλόγκα, εκδόσεις Διόπτρα,



 それから、これは、小説の舞台となった、ハンセン病を隔離するための島について書かれた書籍。

『Σπιναλόγκα, το νησί των "ζωντανών νεκρών"』
Αντώνης Αλιμπέρτης
出版社:Mystis Editions  2010年刊

Σπιναλόγκα, το νησί των "ζωντανών νεκρών" - Book Press
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月24日

TO ΝΗΣΙ

 YouTube の関連ビデオを見ていたら、もうひとつ映画がありましたので。と言っても、テレビ映画です。MEGA TV で放映されたもので、イギリスの作家 Victoria Hislop のベストセラー『 The Island 』( 2005年出版 )を映像化したもの。2010年の10月放送。
 クレタ島のスピナロンガが舞台なのだそうです。

MEGA TV: TO ΝΗΣΙ -





ロマンス。

 本は邦訳がありました。
『封印の島』
みすず書房  2008年5月刊
ハンセン病に関連した小説のようです。

封印の島 上:みすず書房
posted by kyotakaba at 10:03| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μικρό Εγκλημα

 この11月21日の日曜日に催された、「第17回大阪ヨーロッパ映画祭」に、ギリシャの映画も出品されていたそうです。
こちらのブログで、
ひさびさのギリシャ映画 www.ナゴヤハロー(裏) The小ネタ集

Festival du film européen d’Osaka (part. 1) ≪


 上映されたのは、『 Μικρό Εγκλημα 』。2008年の映画です。
監督は、キプロス出身の Χρίστος Γεωργίου 。

 制作会社は、Audio Visual Entertaiment
Audio Visual Entertainment

 セサロニキ映画祭の時の資料、
Φεστιβάλ Κινηματογράφου Θεσσαλονίκης :: TIFF49 - Sections Detail


Cine.gr - Τανίες Μικρό Εγκλημα

Mikro eglima (2008) - IMDb

YouTube にあるトレーラー:




コメディです。

O Λεωνίδας, νεαρός αστυνομικός, έχει μόλις μετατεθεί σ’ένα πανέμορφο, πλην όμως απομονωμένο νησί του Αιγαίου. Οι επαγγελματικές του προκλήσεις περιορίζονται στο να τοποθετεί πινακίδες ≪Απαγορεύεται ο γυμνισμός≫ στις ερημικές παραλίες του νησιού. Οι συνθήκες θ’ αλλάξουν όταν ο Λεωνίδας ανακαλύψει στο γκρεμό το πτώμα του γέρου Ζαχαρία. Ήταν ατύχημα ή, όπως υπαγορεύει το ένστικτο του Λεωνίδα, τα πράγματα δεν είναι τόσο απλά; Όπως ο κάθε κάτοικος του νησιού, που ερμηνεύει το θάνατο του Ζαχαρία σε συνάρτηση με τον εαυτό του, έτσι κι ο Λεωνίδας θα χρησιμοποιήσει τις εμπειρίες του για να σχηματίσει τη δική του εκδοχή για το τι συνέβη με τον Ζαχαρία, αλλά και με τη δική του ζωή, όπως ξαφνικά ανατράπηκε, μέσα στην ησυχία του καταγάλανου Αιγαίου.
( セサロニキ映画祭の紹介から 、トレーラーは、QuickTimeのは、私のMacは何故か変に小さな画面になります、、)

cine.gr にもトレーラーがあります。

posted by kyotakaba at 09:17| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月23日

エティオピア物語 第二巻 13-2

   Και η μεν Χαρίκλεια, βλέποντας ξαφνικά μπροστά της έναν γυμνό άνδρα, τραυματισμένο και με μάτι κόκκινο σάν το αίμα, χώθηκε στο βάθος της σπηλιάς, από φόβο ίσως, αλλά πιό πολύ από ντροπή μπροστά στην άπρεπη γύμνια του απροσδόκητου επισκέπτη・ ο δε Κνήμων άρχισε σιγά σιγά να οπισθοχωρεί : γνώριζε τον Θέρμουθη και, βλέποντάς τον να εμφανίζεται απροσδόκητα εκεί, δεν είχε καμιά αμφιβολία πώς είχε έλθει με κακό σκοπό.



 怪我をしていて、血のような赤い目をしている、裸の一人の男を、突然に自分の前に見出したハリクレアは、洞窟の奥へと隠れたのです。それは、ひとつには、おそらく恐ろしさのためで、またひとつには、思いもしなかった来訪者の不躾な裸をとても恥ずかしく感じたからなのです。けれども、クニモンは、じりじりと、後退りを始めたのです。セルムウシスだと見分けると、彼が思いがけずにそこに現れたのを見たのですが、悪だくみを持ってやって来たと言う疑念は何も持たなかったのでした。



「 χώθηκε 」、
χώνομαι



「 τραυματισμένο και με μάτι κόκκινο σάν το αίμα 」、のところ、
Φιλόστρατος του Νερβιανού の文章から、と言うこと。
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ちょっと思ったこと

 「地球は青かった 現在完了」と言う検索でのアクセスがありました。それで、少し考えました。

 これは、基本的には、日本語の問題なのですが。そして、複雑な問題に思えます。

 「地球は青かった。」という文が、発話者が非人称的な立場で、状況を描写している場合。
この文は、主格〔地球〕が、〔青い〕という状態に分類される、という主意であり、この分類に置かれる状態と言うのは、過去の状態であると、助詞〔た〕によって、示されています。

 英語で書けば、The earth was blue.
 現代ギリシャ語で書けば、Η Γη βρέθηκε γαλάζια.  ( είμαι を使わなかったのは、アオリストがなく、パラタティコスだけだからです。)

日本語では、ひとつの状況が、ある期間、持続していることを示すのは、「た」のような助詞単独では、難しいと思います。
そのような状態を、英語とギリシャ語で書けば、

 The earth had been blue.
 Η Γη ήταν γαλάζια.  ( είμαι のパラタティコスを使いました。 )

この状況を、日本語で書く場合は、

 地球はずっと青かった。

と、書いた方がいいと思います。
 ですけれど、英語の文は、過去完了になっています。ギリシャ語は、パラタティコスを使っているので、その状態が持続していると言うことだけを言っているので、過去かどうかは示せないのですが、現在の状態を言う場合は、エネトータスで十分なので、過去の持続と推定されます。そこで、問題なのが、日本語の意味の作り方です。発話者が「地球は青かった。」と言った場合、聞き手は、その状態は、現在と切り離された過去の状態である、と、一般には受け取られると思います。「青い」と言う状態が持続していたとしても、それは、過去に於いてであると。日本語の場合、過去に始まった状態( 動作 ) が現在も進行中であると、示せるような表現は、とても難しいのだと思います。「地球は太古以来ずっと青いままである。」とか、「地球は太古以来青い状態が続いている。」と言う方が示し易いのだと思います。


 さて、問題は、それだけではないのです。「地球は青かった。」は、日本ではある人の言葉として流布されています。その言葉は、回顧談の中で使われるようなものです。

 「私が月に行った時、私は地球を見ました。その時、地球は青かったです。」

と言うような文です。これは、日本語が持っている特徴が出ている文なのです。私が見た地球と言う対象物が青いと言う状態に分類される、と言うひとつの事と、それを私が見たと言う過去の動作とが、混淆されて、ひとつの文をなしているのです。
 「地球が青い。」と言う認識は、ある種永続的なものです。その認識を〔私〕が得たのが過去の事だったのです。

 英語で書けば、 I felt that the earth is blue.
 ギリシャ語で書けば、 Θεώρησα οτι η Γη είναι γαλάζια.

です。
 ですから、発話者は、聞き手に、「あなたが、これから行って地球を見ても、青いですよ。」と言う意味を「地球は青かった。」の文に持たせることが出来るのです。



 「地球は青かった。  現在完了」と、考えようとしている人がいるとしたら、「私は見た」と言う過去の行為と、「地球は青い」と言う永続的な状況を、混淆しているのではないか、と思いました。

 それとも、ただ単に、「今まで地球は青かった。」と言う意味を考えているのか知ら。
posted by kyotakaba at 10:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月22日

エティオピア物語 第二巻 13-1

   Τέλος, θεώρησε καλύτερο να μην τους πλησιάσει αρχικά ώς εχθρός και να επιτεθεί αφού πρώτα εξασφαλίσει κάποια όπλα. Και μ' αυτή τη σκέψη, παρουσιάζεται μπροστά στον Θεαγένη και τους άλλους κοιτάζοντας ολόγυρα με βλέμμα άγριο και σκληρό που πρόδιδε την κρυφή επιθυμία της ψυχής του.



 けれども、セルムウシスは、まずは、テアゲニスたちに敵として近づかない方がいいし、何か武器を確保して初めて攻撃する方がいい、と考えました。よく考えて、テアゲニスと後二人の前に、姿を現したのでした。野性的で鋭い目で周囲を見回しながら、現れたのです。その目は、彼の心の中に隠された願望を如実に示しているのでした。



「 βλέμμα άγριο και σκληρό 」の部分は、Λουκιανός ルキアノスの 『 Τίμων ή Μισάνθρωπος 嘘好き、または懐疑者』の中の文章を踏まえての表現と言うこと。
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

πολιορκώ

πολιορκώ : κάνω αποκλεισμό  封鎖する
posted by kyotakaba at 09:04| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月21日

Στους 150.000 οι νεκροί από το 1965

 11月20日付け、in.gr ニュース記事から。


Στους 150.000 οι νεκροί από το 1965

Χιλιάδες νεκρούς και τραυματίες μετρά κάθε χρόνο η Ελλάδα εξαιτίας τροχαίων

Κάθε χρόνο η χώρα έχει 3.650 νεκρούς σε τροχαία


死者の1965年からの総計、150,000に。

ギリシャでは、各一年の累計で、毎年、交通事故で、数千の死者と負傷者がある。

毎年、全国で、交通事故で3,650人の死者がある。



 人口比で言えば、交通事故の死者、ひどく多いように思えます。
posted by kyotakaba at 18:33| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月20日

ακμή

 先日、NHK総合の番組『世界ふれあい街歩き』で、アテネが取り上げられて放送されました。( ハイビジョンでは、昨年の12月に放送、撮影は9月頃。 ) そのなかで、私が気になったのは、薬草を取り扱う店。そこで、足の疲れに効くと、松かさを出していました。

 ですので、それに関したものがないかと、インターネットで検索してみました。すると、下のページがありました。

Δίανθος, Θεραπευτικά και Αρωματικά Βότανα και Φυτά

 その中から、松かさの薬湯をお湯に入れると言う部分。

Αν ρίξουμε το αφέψημα τους στο νερό του μπάνιου, μας ξεκουράζουν, ηρεμούν τα νεύρα, ανακουφίζουν τους καταθλιπτικούς και ταυτόχρονα ωφελούν σε δερματικά προβλήματα, εξανθήματα και ακμή. Είναι επίσης χρήσιμο για ρευματισμούς και αρθρίτιδα.

風呂の水に薬湯を入れると、疲れを取り、神経を休め、ストレスを和らげ、同時に、皮膚の荒れや汗疹、にきびに効能があります。その上、リウマチや関節炎にも有効です。

 ακμή は、ニキビの意味もあるのですね。英語だと、pimple、zit 。


 松かさは、κουκουνάρι πεύκου 。


ακμή :
πάθηση του δέρματος, πιο συνηθισμένη στους εφήβους, η οποία εκδηλώνεται με την εμφάνιση εξανθημάτων στο πρόσωπο

皮膚の病気、若者に多く見られる。発疹の症状とともに顔の表面に現れる。
posted by kyotakaba at 16:47| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Λιζέτα Καλημέρη

 Λιζέτα Καλημέρη は、セサロニキで生まれ育った人。セサロニキのアリストテレス大学卒業。1994年に、Γιώργος Καζαντζής の歌「 Πνοή του Ανέμου 」を歌ったアルバムでデビュー。





 Γιώργος Καζαντζής のMySpce:

Yorgos Kazantzis

posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μάλαμας Σωκράτης

Ο Σωκράτης Μάλαμας είναι τραγουδοποιός, τραγουδιστής και κιθαρίστας. Είναι ένας από τους πιο γνωστούς Έλληνες συνθέτες και ερμηνευτές και ένα από τα πιο χαρακτηριστικά παραδείγματα του λεγόμενου έντεχνου τραγουδιού.

( ウィキペディアから )



posted by kyotakaba at 10:07| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

エティオピア物語 第二巻 12-5

   Τέλος, άκουσε κάποιο θρόισμα σάν βόμβο από ομιλίες να μεταφέρεται από τα κοίλα του σπηλαίου ( ήταν ο Θεαγένης και ο Κνήμων που συζητούσαν ώς εκείνη τη στιγμή ) και, υποθέτοντας πώς αυτοί ήταν οί σφαγείς της Θίσνης, βρέθηκε σε μεγάλη αμηχανία : από τη μιά η ληστρική ψυχή του και η βαρβαρική οργή, που τώρα ξάναβε ακόμα περισσότερο από την ερωτική ατυχία, τον ωθούσαν να ορμήσει σ' αυτούς που θεωρούσε υπαίτιους, κι από την άλλη, ξαρμάτωτος και χωρίς ξίφος καθώς ήταν, αναγκαζόταν, θέλοντας και μη, να συγκρατείται.



 そして、洞窟の空洞から運ばれて来る会話の、唸るように小さく響いているのを聞いたのです。( それは、その時に話し合っていた、テアゲニスとクニモンの会話なのでした。 ) セルムウシスは、これらはシアニスがした殺戮だと推量して、ひどくうろたえたのでした。ひとつには盗賊の意気から、またひとつには、野蛮な怒り、それは、恋愛が不幸に終わった為、今、さらに一層、燃え上がったのでした、その怒りから、セルムウシスは背を押されて、犯人だと思い込んだテアゲニスとクニモンの方へ突進したのです。武装もしておらず、剣も全く持っていなかったのですけれど、否も応もなく、無理にでも捕えようとしたのです。



「 θρόισμα 」、
θρόιζω ( さらさらと音がする )

「 θέλοντας και μη 」、
: nolens-volens、否も応もなく
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月18日

エティオピア物語 第二巻 12-4

   μα εκείνες άλλο πιά δεν ήταν παρά στάχτη. Με δυσκολία αναγνωρίζει από την πέτρα το στόμιο, ανάβει κάποια καλάμια που είχαν απομείνει εκεί να κουφοκαίγονται κι αρχίζει να κατεβαίνει χωρίς ανάσα φωνάζοντας τη Θίσβη με' τ' όνομά της ― το μόνο που ήξερε να πεί στα ελληνικά・ και μόλις την είδε νεκρή, στάθηκε εκεί ώρα πολλή αποσβολωμένος.


 けれども、そこには、灰以外には何もありませんでした。難儀して、たくさんの石くれの中から入り口を見分けて、そこに残って燻っていた何本かの葦に火を点けて、シスヴィを名前で呼びながら、休みもせずに降りて行ったのです。セルムウシスがギリシャ語で話せる唯一の知っている言葉がシスヴィの名前だったのです。そして、遺体を見ると、そこに長い間、声も出せずに愕然として立ちすくんでいました。


「 κουφοκαίγονται 」、
κουφοκαίω ( くすぶる )


「 αποσβολωμένος 」、
αποσβολωμένος : άφωνος από την έκπληξη
posted by kyotakaba at 12:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月17日

エティオピア物語 第二巻 12-3

   Κι εκείνη, κατατρομαγμένη από όσα της συνέβαιναν και μη γνωρίζοντας τα μονοπάτια που οδηγούσαν στο βάθος, στάθηκε εκεί που την έβαλε. Εκεί τη βρήκε ο Θύαμης και τη σκότωσε παίρνοντας τη για τη Χαρίκλεια. Σ' αυτην τώρα βιάζεται να πάει ο Θέρμουθης νομίζοντας πώς την έχει γλιτώσει από τον κίνδυνο του πολέμου・ και φτάνοντας στο νησί, ανηφορίζει τρέχοντας πρός τις καλύβες・



 そして、シスヴィは、彼女の身に起こったこと、それに、深くまで連れてこられた狭い通路のことは知らないので、怯えていて、置いて行かれたところに立っていました。そこで、シアニスは彼女を見つけたのです。そして、ハリクレアと取り違えて、彼女を殺したのでした。そして今、セルムウシスは、シスヴィは戦いの災いからは逃れられていると考えていて、彼女の所に行こうと急いでいたのでした。そして島に着き、小屋の方へ急いで坂を上がったのでした。


「 συνέβαιναν 」、
συμβαίνω
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月16日

エティオピア物語 第二巻 12-2

   Πρίν από λίγες μέρες, την είχε δεί σε κάποια κλεισούρα του βουνού συνοδευόμενη από τον έμπορο Ναυσικλή, της έστησε καρτέρι και την άρπαξε・ και όταν Θύαμνς, μέσα στην ταραχή της εχθρικής εφόδου, τον έστειλε να φέρει το ζώο για τη θυσία, θέλοντας να τη σώσει από τα βέλη και να τη διαφυλάξει για τον εαυτό του, την κατέβασε κρυφά στο σπήλαιο και, μέσα στη βιασύνη και την ταραχή του, την άφησε κοντά στο στόμιο.


 数日前、セルムウシスは、山の中のある監禁場所で、ナフシキリの商人と一緒に来ていたシスヴィを見ていたのでした。そして、彼女を待ち伏せ、掠らったのです。そのとき、シアニスは、敵の攻撃の混乱の最中で、彼を生け贄のために動物を運ぶ使いに出していたのでした。それで、セルムウシスは、たくさんの矢からシスヴィを助け出し、彼女を守りたいと思って、人に知られずに洞窟へ連れ降ろしたのでした。彼は大急ぎで、それに混乱していたのです。ですから、入り口の近くにシスヴィを置いたままにしたのでした。


「 διαφυλάξει 」、
διαφυλάσσω
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メスイルカ

 昨日、web を見ていたら、「メスイルカ」は? と言うものがありました。

 簡単な辞書だと、「イルカ」は、το δελφίνι と中性名詞なのです。「 θαλάσσιο θηλαστικό 水棲哺乳類 」と説明。

 それで、たとえば、η γάτα ( ネコ )、 ο σκύλος ( イヌ )、το αλόγο ( ウマ ) のように、語尾を変えればいいかな、と思ったのですけれど。ο γάτος ( オスネコ )、 η σκύλα ( メスイヌ )、η αλόγα ( メスウマ、ο αλόγος と言うのはないようですが、フローベールの『ギリシャ旅行記』では使ってたような気もします。 ) のように。

 どうも、ο δελφίνος, η δελφίνη と言う使用例は見つけられませんでした。

 το θηλυκό δελφίνο ( メスのイルカ )、 το αρσενικό δελφίνο ( オスのイルカ ) と言うのか知ら?

 アリストテレスの『博物誌』の566 b に、「 ο δελφίς και η φώκαινα 」と使われている箇所があります。
D. M. (David Mowbray) Balme が2002年に、Cambridge University Press から出版したもの。
 古典語なので、現代とは違うのですが。

 現代では、το δελφίνο は、イルカ一般を差して、η φώνικαινα は、ネズミイルカを指すのに使っています。


 それで、こんなweb ページも見つけました。
DolphinFriends
PDF ファイルで、ギリシャ語版もあります。
posted by kyotakaba at 12:09| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月15日

エティオピア物語 第二巻 12-1

   Έτσι λοιπόν είχαν τα πράγματα μ' εκείνους. Ο δε Θέρμουθης, ο υπασπιστής του Θύαμη, τραυματισμένος, όπως είπαμε, στη μάχη, είχε βγεί κολυμπώντας στη στεριά και, όταν έπεσε το σκοτάδι, βρήκε μιά βάρκα που επέπλεε στο έλος ανάμεσα στα ναυάγια, την πήρε και έσπευσε στο νησί να βρεί τη Θίσβη.



 彼ら三人に起こったことはそうのようなことでした。ところで、シアニスの副官のセルムウシスですが、彼は、すでに語られたように、闘いで怪我を負っていましたけれど、泳いで陸地へと逃れ出ていました。その時には暗闇が降りていました。そして、一艘の小舟を見つけたのです。小舟は、遭難して沼に浮かんでいたのでした。セルムウシスは、その小舟を取って、シスヴィを見つけるために島に急いだのでした。



「 επέπλεε 」、
επιπλέω : δε βουλιάζω 、παραμένω στην επιφάνεια ενός υγρού


「 έσπευσε 」、
σπεύδω : πηγαίνω κάπου βιαστικά
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μαχαιροβγάλτης

 『 Μαχαιροβγάλτης 』 2010年
監督:Γιάννης Οικονομίδης

切り裂き魔 のような意味?

トレーラー:




メイキング?:





Μαχαιροβγάλτης

Cine.gr - Τανίες Μαχαιροβγάλτης

Macherovgaltis (2010) - IMDb
posted by kyotakaba at 10:17| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月13日

Όλα για την κολοκύθα

 カセメリニの記事「Κολοκυθομανία」の続き、
Κολοκυθομανία: aimotokiyotakaba - β


Μεγάλο λαχανικό και σε διάφορα σχήματα είναι η Curcubita maxima ή Curcubita moscata. Πότε μοιάζει με μεγάλο πορτοκαλί μπουκάλι, πότε έχει μακρύ-μακρύ λαιμό, πότε είναι σαν τεράστια σταγόνα και πότε στρογγυλή, πιεσμένη στους πόλους, σαν αυτή που, με το μαγικό άγγιγμα, έγινε άμαξα για τη Σταχτοπούτα. Συνήθως πορτοκαλί είναι το χρώμα της αλλά και πράσινο ή άσπρο εξωτερικά, με ρίγες πρασινωπές ή αυλάκια. Η σάρκα της είναι χρυσοκίτρινη, φτάνει και μέχρι το βαθύ πορτοκαλί, υπόγλυκη, με χαμηλές θερμίδες (μόνο 15 στα 100 γρ.), αλλά με πολλές βιταμίνες: Α, Β καροτίνη και C. Επίσης κάλιο, ασβέστιο, φώσφορο και φυτικές ίνες είναι τα προσόντα που την κάνουν πολύτιμη για τη διατροφή μας, όπως και ο μικρός θερινός συγγενής της, το κολοκυθάκι (Curcubita pepo).


野菜の中で大きなもので、しかも様々な種類があるものと言えば、クウキゥアビタ・マキシマ ( curcubita maximaラテン名 ) かあるいは、クウキゥアビタ・モスカタ( curcubita moscata )です。あるものは、大きなオレンジ色のビンに似ていて、あるものは、長い長い首があり、あるものは、まるで巨大な滴のような形、またあるものは、ちょうど、魔法のタッチでシンデレラの馬車になったもののように、丸く、両極がつぶれていています。大抵は、表面の色はオレンジ色でですが、緑色や白いものもあります。そして、緑がかった縞模様と溝があります。果肉は、金色に近い黄色です。とても甘くて、オレンジの甘みの濃さに匹敵します。ですけれど、カロリーは低いです。 ( 100グラムにたった15カロリー ) また、多くのビタミンもあります。A、BカロチンにC。さらによいことに、カルシウム、リン、植物繊維があります。それらは、私たちの食事の価値を増すような特徴を持っているものなのです。また、夏季のカボチャの種類には、小さなもので、コロキサキ ( curcubita prpo ズッキーニ ) があります。




単語メモ:

θερμίδα : カロリー
βιταμίνες : ビタミン
ασβέστιο : カルシウム 
φώσφορος : リン
φυτικές ίνες : 食物繊維


12-11-09_307463_21.jpg





 料理まで辿り着けませんでした、、
posted by kyotakaba at 14:47| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月12日

エティオピア物語 第二巻 11-5

   ≪ Άλλο δεν απομένει παρά να μας πείς ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ πώς, πότε και γιατί έγινε ο φόνος ≫. ≪ Και που να ξέρω ; ≫ αποκρίθηκε ο άλλος. ≪ Δεν έγινα δά και μάντης με το που μπήκα στη σπηλιά, όπως συμβαίνει σε όσους μπαίνουν στο άδυτο της Πυθώς ≫. Ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια ξέσπασαν τότε ξαφνικά σε στεναγμούς και θρήνους : ≪ Άχ Πυθώ ! Άχ Δελφοί ! ≫ φώναζαν, ενώ ο Κνήμων σώπαινε κατάπληκτος μην μπορώντας να καταλάβει τί είχαν πάθει σάν άκουσαν το όνομα της Πυθώς.




 そしてテアゲニスは言いました。 「貴方が私たち二人に言われたこと以外は何も残っていませんよ。どうやって、何時、何故、殺人者が現れたのか、貴方は言われました。」他方のクニモンが応じました。「私が知っているって? まるでピソウの聖域に入ってそうなるように、洞窟に入ることで、私が予言者になっただなんて、とんでもないですよ。」 そうすると、テアゲニスとハリクレアは、突然に、呻き声と嘆声を上げ始めました。「ああ、ピソウ! ああ、デルフィ!」と二人は叫びました。一方、驚いたクニモンは、ピソウの名前を二人が聞いて、何を苦しんでいるのか分からずに、黙りました。



「 δά 」、
強調の小辞


「 Πυθώ 」、
デルフィの古い名前。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月11日

エティオピア物語 第二巻 11-4

   ≪ Γιά τα άλλα δεν μπορώ να σου πώ τίποτε ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ όσο για το ποίος τη σκότωσε, μάλλον ήταν ο Θύαμης άν κρίνουμε από το ξίφος που βρήκαμε πλάι στο πτώμα : αυτο εδώ το έμβλημα της λαβής ― ένας αετός σμιλεμένος στο φίλντισι ― ξέρω πώς είναι το δικό του ≫.



 クニモンは言ったのです。「他のことどもについては、貴方に言えることは私には何もありません。誰がシスヴィを殺したかと言うことについては、死体の側にあった剣から、それがシアニスではないかと私たちは考えられます。ここにある剣です、柄に紋章があります、象牙に鷲が彫ってあります。私はそれがシアニスのものだとは知っているのですが。」



「 όσο για 」、
〜に関しては


「 σμιλεμένος 」、
σμιλεύω
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ανοιχτά και το Σάββατο το 20% των φαρμακείων της χώρας

 11月10日付け、in.gr の記事から。

Ανοιχτά και το Σάββατο το 20% των φαρμακείων της χώρας


Σε εφαρμογή τίθεται από την 1η Δεκεμβρίου ο νόμος που προβλέπει ότι κάθε Σάββατο, το 20% των φαρμακείων θα λειτουργούν κανονικά.



全国の薬局の20%が土曜日に開店

12月1日から、毎土曜日に薬局の20%が確実に営業することを課す法律の施行が発効されます。
posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月10日

エティオピア物語 第二巻 11-3

   ≪ Πότε πιά θα πάψεις ≫, είπε ο Θεαγέμης, ≪ να δείχνεις τόσο υπέρμετρη ανδρεία ώστε να φοβάσαι είδωλα και σκιές ; Σε λίγο θα μάς πείς ότι με τα μαγικά της ξεγέλασε και τα δικά μου μάτια, κι άς μήν έχω κανένα ρόλο στο έργο. Αλλά όχι : είναι στ' αλήθεια πεθαμένη, πτώμα τελείως, γι' αυτο συ μην τη φοβάσαι, Κνήμων. Άραγε όμως ποιός είναι ο ευεργέτης σου φονιάς και πώς και πότε κατέβηκε εδώ ; Νά τί με βάζει σε μεγάλη απορία και με μπερδεύει ≫.



 テアゲニスは言いました。「何時になったら、幻や影に怯えるほどまでに度の過ぎた勇気を見せるのを止めるのですか? すぐに、貴方は、シスヴィのまやかしで私の目を騙したと言うのでしょう。けれど、私は芝居の何かの役を演じたりはしませんよ。そんなことはないです。本当に死んでいましたよ、まるっきりの死体でした。ですから、シスヴィを恐れてはいけません、クニモン。けれども、貴方の恩人になる殺人者は、一体誰なのでしょう? そして、どう言う方法で何時、ここに降りたのでしょう? 何が私を大変な戸惑いの中に置いて、混乱させているのでしょう?」
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月09日

エティオピア物語 第二巻 11-2

   Αλλά τί ήταν άραγε αυτό που μηχανευόσουν μ΄αυτο το γράμμα ; Τί σοφιζόσουν πάλι εναντίον μου που η Δίκη σε εμπόδισε να εκτελέσεις ; Γιατί εγώ ακόμα και νεκρή σε υποψιάζομαι και πολύ φοβάμαι πώς είναι ψευτιά ο θάνατος της Δημαινέτης και με ξεγέλασαν αυτοί που μου το είπαν και συ έρχεσαι ποντοπορώντας ακόμα και στην Αίγυπτο να στήσεις εναντίον μου άλλη πάλη θεατρική σκηνή ≫.



 「けれども、この手紙でお前が目論んでいたことは、一体何だったんだい? 私に対して、また何を考え出していたんだい? そして、裁判がお前にさせないようにしていたと言うのは何なんだい? お前はもう死んでいるけれど、私はまだ、お前を疑っているんだ。そして、ディメネティの死と言うのは嘘ではないかと不安なんだ。お前たちがそう言って私を騙そうとしてるのではないかと不安なんだ。それで、お前が海を越えてエジプトに来て、また別の舞台を設けようとしているのではないかと、不安なんだ。」



「 μηχανευόσουν 」、
μηχανεύομαι

「 εκτελέσεις 」、
εκτελώ

「 ποντοπορώντας 」、
πόντος + πορεύομαι
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビザンツ 驚くべき中世帝国

 『ビザンツ 驚くべき中世帝国』
ジュディス・ヘリン   Judith Herrin
井上浩一 監訳 / 足立広明、中谷 功治、根津由喜夫、高田良太 訳
白水社  2010年10月刊


白水社


 Judith Herrin :1942年生まれ。ビザンチン研究家、教授。バーミンガム大学で博士号。
2002年に、ビザンチン研究の功績で、ギリシャ国大統領から Τάγμα της Τιμής の金十字を授与される。

『Women in Purple. Rulers of Medieval Byzantium』(2001)
『A Medieval Miscellany』(1999)
『The Formation of Christendom』(1987)

 現在は、ロンドンのキングスカレッジ教授。

Professor Judith Herrin :Staff :King's College London




 『ビザンツ 驚くべき中世帝国』の原題は、『Byzantium: The Surprising Life of a Medieval Empire 』。
2007年に、 Princeton University Press から初版。



Herrin, J.: Byzantium: The Surprising Life of a Medieval Empire.

 ギリシャ語訳は、まだないような、、あるのかも、、
追記: ΧΕΡΙΝ ΤΖΟΥΝΤΙΘ
『ΤΙ ΕΙΝΑΙ ΤΟ ΒΥΖΑΝΤΙΟ』がそうか知ら?? ΩΚΕΑΝΙΔΑ 出版。
Τι είναι το Βυζάντιο




ビザンツ 驚くべき中世帝国

ビザンツ 驚くべき中世帝国

  • 作者: ジュディス ヘリン
  • 出版社/メーカー: 白水社
  • 発売日: 2010/10/28
  • メディア: 単行本








Byzantium: The Surprising Life of a Medieval Empire

Byzantium: The Surprising Life of a Medieval Empire

  • 作者: Judith Herrin
  • 出版社/メーカー: Princeton Univ Pr
  • 発売日: 2009/09/08
  • メディア: ペーパーバック




posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

Κολοκυθομανία

 カセメリニの料理のページ、カボチャの話題なのですが、分からない語がたくさん出て、、

 その書き出し部分。


  Το χειμωνιάτικο λαχανικό με την υπόγλυκη γεύση μπορεί να ταιριάξει με λογιών-λογιών υλικά, με αποτέλεσμα δεκάδες νόστιμα φαγητά. Από σούπες και πουρέ μέχρι λαδερά και πίτες και από ριζότο μέχρι μαγειρευτά με κρέατα, κόκκινα και λευκά. Ακόμα και σε ομελέτα μπορούμε να τη χρησιμοποιήσουμε!


強い甘みのある冬の野菜は、多種の素材、数十ものおいしく作られた料理に合わせることができます。スープやピューレから、オリーブ油やパイまで、リゾットから赤や白の牛肉の料理まで。さらに、オムレツに使うことも出来ます。


λογιών-λογιών は、 πολλών ειδών (για να δηλωθεί η ποικιλία) たくさんの種類
κρέατα は、牛肉の料理のようですが、、


 カボチャまでたどりつけません、、


12-11-09_307461_21.jpg
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

ポリポリ

 テレビを点けていたのですが、コマーシャルになって、「ポリポリ」と言う歌が聞こえて来ました。セブンネットショッピングのコマーシャルでした。Άννα Βίση の「 Το πολύ πολύ 」かと思ったのですが、そうでもないようです。


 それで、Άννα Βίση の新曲、「 Αγάπη είναι εσύ 」。



posted by kyotakaba at 18:21| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月04日

エティオピア物語 第二巻 11-1

   Αυτά έλεγε στο γράμμα της η Θίσβη. Και ο Κνήμων ≪ Θίσβη ≫, είπε, ≪ χαίρομαι που πέθανες και που έγινες η ίδια αγγελιοφόρος των συμφορών σου παραδίδοντας στα χέρια μας, μέσω του ίδιου του σφαγμένου σώματός σου, τη διήγησή τους. Νά που κάποια τιμωρός Ερινύα σε κυνήγησε, όπως φαίνεται, σ' όλη τη γή και δεν απόθεσε το εκδικητικό της μαστίγιο παρά μόνο σάν με βρήκε στην Αίγυπτο για να με βάλει να δώ με τα μάτια μου την ποινή σου.




 このように自分の手紙でシスヴィは言っていました。そして、クニモンは言いました。「シスヴィ、お前は死んでしまった。でも、そのお前が、自分の惨劇を伝える使者となって、私は嬉しいよ。お前は、自分の刺殺された身体の中に入れていたこれらの物語を私たちの手に渡したんだね。ああ、ほら、復讐の女神エリニアのどなたかが、見ての通り、お前を地上の何処までも追い詰めたのだね。そして女神は、私をエジプトで見つけて、その私にお前が罰せられる姿を見させることなしには、女神の復讐の鞭を当てなかったのだね。」
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月03日

kathimerini.gr | Καθημερινή ePaper

 カセメリニのe-paper の宣伝。
一月、9.9ユーロ。
 ( 安いようにも思えますけど、 )

http://portal.kathimerini.gr/epaper

 なぜか、戦前のデモンストレーションのビデオがMacのデスクトップで。これは、私のコンピューターがMacだからか?
posted by kyotakaba at 14:43| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 10-4

   Άν όμως τίποτε δεν μπορεί να κατευνάσει την οργή σου, κάμε μου ό,τι θέλεις・ μόνο πάρε με και πάλι σκλάβα σου κι άς πεθάνω άν πρέπει・ καλύτερα να πάω από το χέρι σου και να λάβω ταφή ελληνική παρά να ζώ μιά ζωή χειρότερη από θάνατο και να ανέχομαι, εγώ μιά Αθηναία, αγάπη βαρβαρική πιό δυσάρεστη από το μίσος ≫.



 「ですけれど、あなた様のお怒りを鎮めることが少しも出来ないのでしたら、あなた様がお望みのことを何でもわたくしにして下さい。ただ、わたくしをまたあなた様の奴隷になさるか、それとも、そうしなければならないのでしたら、わたくしは死にましょう。あなた様のお手によって死ぬのでしたら、そして、死よりも悪い生き様を生きるのではなくギリシャ式の葬儀を執り行うなら、その方がいいです。そうして下さっていいです。わたくしは、アテネの女です。憎しみよりも、野蛮な愛の方が気持ち悪いのですから。」





イポタテキィが続いて、分かり難いです。

posted by kyotakaba at 14:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月02日

Athens a history of 8000 years.

 インターネットで検索をしていましたら、SkyscraperCity と言うページの中の「Athens a history of 8000 years.」という記載を見つけました。( 英文 )  これがとても面白そうです。写真も多数あるので、写真を見るだけでも、楽しめます。

http://www.skyscrapercity.com/showthread.php?t=672156

 たとえば、アテネ公国の時代に、アクロポリスのパルテノン神殿跡に立てられた、教会の Frankish tower とか。

frankishtower1875ui1.jpg


 1860年のアテネ、

athens1860xo5.jpg

1912年のエルムー通りとか

ermou12ct2.jpg


二十世紀初頭のシンタグマとか、

syntearlyyw2.jpg


1950年のオモニアとか、とか、

omonia50ir3.jpg
posted by kyotakaba at 14:58| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 10-3

   Αλλά εγώ, αφέντη μου, κάποιος Θεός έδωσε και σε είδα να περνάς και σε αναγνώρισε και στέλνω κρυφά αυτό το γράμμα μιά γριούλα που μένει μαζί μου παραγγέλλοντάς της να το δώσει στα χέρια του όμορφου Έλληνα που είναι φίλος του άρχοντα. Γλίτωσέ με λοιπόν από τα ληστρικά χέρια και δέξου τη θεραπαινίδα σου και, άν το θέλεις, σώσε με μαθαίνοντας πώς, άν σε αδίκησα, αναγκασμέμη το έκαμα, ενώ όσα έπραξα για την τιμωρία της εχθράς σου ήταν δική μου απόφαση.



 「だけれどわたくしは、私のだんな様、神のどなたかが、あなた様がお通りになるのをわたくしに見せて下さったのです。わたくしはあなた様が分かりました。それで、あるおばあさんに、この手紙をこっそり渡したのです。おばあさんは、わたくしと一緒にいる人です。その人に、首領の友人である美しいギリシャ人の手に渡すように言付けたのです。ですから、わたくしを盗賊の手から助けて下さい。あなた様の婢を迎え入れて下さい。そうして、もしお望みでしたら、どうすればいいかの方法を見つけ出してわたくしをお助け下さい。もし、わたくしがあなた様に悪いことをしたのでしたら、それをわたくしは望んでしたのです。その上で、わたくしは、あなた様の敵を罰することをしたのです。それは、わたくしが自分で決めてしたのです。」




「 δέξου 」、
δέχομαι の命令形。


「 θεραπαινίδα 」:γυναίκα που εργάζεται (και πολλές φορές μένει) σε ένα σπίτι φροντίζοντας την καθαριότητα, το μαγείρεμα και όλες τις άλλες οικιακές εργασίες


「 έπραξα 」、
πράττω
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

28ο Διεθνή Μαραθώνιο Αθηνών

 28回アテネ国際マラソン大会。  εικοστό όγδοο Διεθνή Μαραθώνιο Αθηνών.

 マラソン大会のニュース。

10月31日付け、カセメリニ web 版から、

Λαμπρός κλασικός μαραθώνιος

Στις 9 το πρωί της Κυριακής δόθηκε η εκκίνηση του 28ου Μαραθωνίου, που φέτος αποκτά ιδιαίτερη βαρύτητα, λόγω της επετείου των 2.500 χρόνων από την Μάχη του Μαραθώνα.


輝かしい古典的マラソン

日曜日の朝9時に、第28回マラソン大会が開始されました。マラソンの闘いから2500年の記念の年と言う理由で、今年は、特別に重要な年です。



10月31日付け、in.gr のニュースから、

Πάνω από 22.000 δρομείς έλαβαν μέρος στον 28ο Διεθνή Μαραθώνιο Αθηνών

第28回アテネ国際マラソン大会に、22000人以上のランナーが参加しました。


MEGA TV :
http://www.megatv.com/megagegonota/summary.asp?catid=17533&subid=2&pubid=17264762

首相も走ってます。


2B84146EDFD08BFB629BFCA8EB2146AA.jpg
posted by kyotakaba at 09:19| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする