2011年01月31日

エティオピア物語 第二巻 19-6

   Ήδη είχε αρχίσει να βραδιάζει・ ανηφόριζαν τώρα σ' ένα λόφο πίσω από τον οποίο υπέθετε ο Θέρμουθης ότι βρισκόταν η κωμόπολη όπου κρατούσαν τον αιχμαλωτισμένο Θύαμνη, άν δεν τον είχαν κιόλας σκοτώσει. Ο Κνήμων άρχισε τότε να παραπονιέται πώς τον πονούσε αφόρητα η κοιλιά του από το πολύ φαγητό και πώς τον είχε πειράξει το γάλα και παρακαλούσε τον Θέρμουθη να προχωράει μπροστά και κείνος σε λιγάκι θα τον έφτανε.




 もう、日が暮れ始めていました。そのとき、二人は、ある丘を登っていたのです。その丘の後には、もうすでに殺されていないとしたら、捕虜になったシアニスが、そこに捉えられているだろうと、セルムウシスが思い込んでいる、大きな村があったのです。その時、クニモンは、多過ぎた食事とのためと、それに、乳が当たった為に、お腹が耐えられないほどに痛む、と訴え始めたのです。そして、セルムウシスに、自分は直ぐに追いつくでしょうから、先に行くように頼んだのでした。
posted by kyotakaba at 22:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 4.1

 4 も長い文章なので、適当な句点で切って読みました。


  Τί, λοιπόν, ἦτο τὸ φῶς ἐκεῖνο; Ἠσθάνετο ἐπιθυμίαν, ἐπειδὴ σχεδὸν καθημερινῶς ἐπέρνα μὲ τὴν βάρκα του ἀπὸ ἐκεῖνο τὸ πέραμα, ἀνάμεσα εἰς τὰ δυὸ χλοερὰ νησάκια,


 それでは、あの光は何なのか? それを知りたいと言う気持ちが嵩じて、ほとんど毎日、マノスは、自分の小舟を使って、緑豊かなニ島の島の間の水路を通って遣って来ていた。



「 Ἠσθάνετο 」 、カサレブサの動詞だと思いますが、Ἠ は、語形変化の時に付く接頭音なのでしょう、現代語の έ のような。
σθεναρός 「強い」と言う形容詞が現代語にもあります、σθένος と言うカサレヴサの名詞「強さ」も現代語の辞書にあります。
たぶん、それの動詞形なのだと思います。

πέραμα は、渡し、水、で、πέλαγος とほぼ同じ意味かと。
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月30日

Ο Αντονι Κουίν, τα κανόνια του Ναβαρόνε και η... πλαζ

 1月30日付け、ト・ビーマの記事から、



Η πολυετής διαμάχη του αμερικανού ηθοποιού με το Ελληνικό Δημόσιο για μια παραλία στη Ρόδο που του παραχωρήθηκε από το κράτος τη δεκαετία του ΄60 και για την οποία ζητούν αποζημίωση πλέον οι κληρονόμοι του

Ο Αντονι Κουίν, τα κανόνια του Ναβαρόνε και η... πλαζ


ΔΥΟ ΦΟΡΕΣ το τελευταίο διάστημα λέγεται ότι βρέθηκε στο υπουργείο Οικονομικών για να συναντήσει τον γενικό γραμματέα του υπουργείου κ. Δ. Γεωργακόπουλο ο αμερικανός πρεσβευτής στην Αθήνα κ. Ντάνιελ Μπένετ Σμιθ.
Και τις δύο φορές δεν ανακοινώθηκε το παραμικρό.Τι γύρευε όμως ο αμερικανός πρεσβευτής στο υπουργείο Οικονομικών; Οι Αμερικανοί φαίνεται ότι πιέζουν, εν μέσω οικονομικής κρίσης,την ελληνική κυβέρνηση να βάλει βαθιά το χέρι στην τσέπη και να αποκαταστήσει οικονομικά μετά θάνατον τον... Αντονι Κουίν.



Διαβάστε περισσότερα: http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=32&artId=381290&dt=30/01/2011#ixzz1CV12X2Ma



アメリカの俳優とギリシャ国との長年の論争。それは、60年代の十年間は、国からその俳優に認められていたロドス島のある海岸についてもの。また、その海岸について、俳優の相続人たちは補償をも求めており、その論争。

『ナバロンの要塞』のアンソニー・クインとビーチ

最近、財務省に於いて、長官のD. ゲオルガコプウロ氏が在アテネアメリカ大使館のダニエル・ベネット・スミス氏と面題する機会がニ度あったと言われている。
しかし、二度とも、些細なことさえ公式発表はされていない。財務省で、アメリカ大使は何を要求したのか? 経済危機の中にあって、アメリカ人は、ギリシャ政府に対して、懐中に深く手を差し込んで、アンソニー・クイン死後の経済的問題を決着するように強要しているように思える。
posted by kyotakaba at 16:48| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月29日

Ισμαήλ Κανταρέ

 1月28日付け、ト・ビーマ、今日は何の日。

Γεννήθηκε ο Ισμαήλ Κανταρέ

イスマイル・カダレ生まれる。   Ismail Kadare

アルバニアの作家。1936年1月28日生まれ。
1990年にフランスに亡命、以後、パリ在住。

邦訳作品
イスマイル・カダレ

『死者の軍隊の将軍』(Gjenerali i Ushtrisë së Vdekur 1963年)
『城』 (Kështjella 1970年) ( は邦訳がないかも )
『石の年代記』(Kronikë në gur 1971年)
『砕かれた四月』(Prilli i Thyer 1980年)
『夢宮殿』(Pallati i ëndrrave 1981年)
『誰がドルンチナを連れ戻したか』 1986年
『草原の神々の黄昏』 1996年


≪Δικτατορία και αυθεντική λογοτεχνία είναι ασυμβίβαστες≫, είχε δηλώσει το 1990 ο συγγραφέας Ισμαήλ Κανταρέ, όταν αποφάσισε να εγκαταλείψει την Αλβανία. Η διαφυγή του στην Γαλλία, όπου ζήτησε πολιτικό άσυλο, έπεσε τότε σαν κεραυνός εν αιθρία, μόλις δυο μήνες πριν από την πτώση του κομουνιστικού καθεστώτος.

Διαβάστε περισσότερα: http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=380979&dt=28/01/2011#ixzz1CNRC94DR


「独裁政治と純文学は両立はしない。」と、、1990年にアルバニアを諦めて去った時、作家イスマル・カダレは公言した。フランスへの逃亡は、政治的な亡命を求めてのものだった。そのわずかニヶ月後に、青天の霹靂のように、共産体制は崩壊した。
posted by kyotakaba at 09:08| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月28日

エティオピア物語 第二巻 19-5

   Σάν λύκοι ή τσακάλια καταβρόχθιζαν τα κομμάτια που μόλις είχαν ροδίσει στη φωτιά κι έσταζαν στα μάγουλά τους τα αίματα καθώς μασούσαν το μισοψημένο κρέας. Κι όταν χόρτασαν την πείνα τους, ήπιαν και γάλα και συνέχισαν το δρόμο τους.



 クニモンとセルムウシスは、狼かジャッカルのように、火で狐色になったばかりの部分を貪り食べたのでした。そして、半焼けの肉を噛みながら、自分たちの頬に血を滴らせたのです。空腹を満たすと、次には、乳を飲みました。そして、道行きを続けたのです。
posted by kyotakaba at 22:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 3

  Ἔβλεπε, βραδιὲς τώρα, τὸ παράδοξον ἐκεῖνο μεμακρυσμένον φῶς νὰ τρέμῃ καὶ νὰ φέγγῃ ἐκεῖ εἰς τὸ πέλαγος, ἐνῷ ἤξευρεν, ὅτι δὲν ἦτο ἐκεῖ κανεὶς φάρος. Ἡ Κυβέρνησις δὲν εἶχε φροντίσει δι᾿ αὐτὰ τὰ πράγματα εἰς τὰ μικρὰ μέρη, τὰ μὴ ἔχοντα ἰσχυροὺς βουλευτάς.



 夜になって、マノスは、長く延びている風変わり光が、海の上で、揺れていたり、輝いていたりするのを眺めていた。マノスは、そこに燈台がないことは知っていた。お役所は、このような、有力な議員もいない、地方の小さな村の問題には関心を払わなかった。



μεμακρυσμένον は、μακραίνω の古形の形容詞化したもの??
τρέμῃ は、τρέμω 、
φέγγῃ は、φέγγω 、
ἤξευρεν は、ξέρω 、
Κυβέρνησις は、κυβέρνηση のカサレヴサ、
δι᾿ は、για 、

か知ら、、、
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月27日

エティオピア物語 第二巻 19-4

   Στο δρόμο συνάντησαν κάτι κοπάδια που οι βοσκοί τα είχαν εγκαταλείψει για να τρυπώσουν πιό βαθιά στο δάσος, έσφαξαν ένα κριάρι από τους μπροστάρηδες, ίσα ίσα που το ζέσταναν επάνω στη φωτιά που είχαν ανάψει προτού φύγουν οι βοσκοί και, χωρίς να περιμένουν να ψηθεί, ρίχτηκαν στο φαγητό・ τόσο τους θέριζε τα σπλάχνα η πείνα.




 その道中で、クニモンとセルムウシスは、ある群れに出会いました。その群れは、牛飼いたちが森のもっと深くに隠れるために諦めてしまったものでした。群れを率いていた一頭の牡羊は、牛飼いたちに屠られていました。それは、火の上で熱せられていました。火は、牛飼いたちが逃げ出す前に熾したものでした。牛飼いたちは、それが焼けて料理に成るのを待たずに逃げたのでした。ちょうど、空腹は、クニモンとセルムウシスのはらわたを苛んでいたのでした。
posted by kyotakaba at 22:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 2.2

Ἐκαλεῖτο κοινῶς ≪τῆς Λουλούδως τὸ Καλύβι≫. Διατί; Κανεὶς δὲν ἤξευρεν. Ἤ, ἂν ὑπῆρχον ὀλίγα γραΐδια ≪λαδικά≫, ἢ καὶ δυὸ τρεῖς γέροι, γνωρίζοντες τὰς παλαιὰς ἱστορίας τοῦ τόπου, ὁ Μάνος δὲν ἔτυχεν εὐκαιρίας νὰ τοὺς ἐρωτήση.



それを皆は「小舟の花」と呼んでいた。なぜ? 誰も訳を知らなかった。「ラディカ ( オリーブを絞ってオイルを摂る道具 )」と呼ぶおばあさんがほんの何人かいた。二、三人のおじいさんが、土地の古い歴史を知っていたけれど、マノスは、おじいさんたちに尋ねる機会はなかった。



「τὰς」:女性冠詞
「ἔτυχεν」:は、έχω の古形???
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪Κόκκινο≫ Κομισιόν στη συγχώνευση Olympic Air και Aegean Airlines

 カセメリニ web 版、1月26日付け記事から:


≪Κόκκινο≫ Κομισιόν στη συγχώνευση Olympic Air και Aegean Airlines


Η Ευρωπαϊκή Επιτροπή επικαλείται συνθήκες μονοπωλίου και αυξήσεις ναύλων.

Η Ευρωπαϊκή Επιτροπή ανακοίνωσε σήμερα ότι απαγορεύει, με βάση τον κανονισμό συγκεντρώσεων της ΕΕ, την προτεινόμενη συγχώνευση της Aegean Airlines με την Olympic Air, καθώς θα οδηγούσε σε οιονεί μονοπώλιο της ελληνικής αγοράς αεροπορικών μεταφορών.




コミッションは、オリンピック・エアとエージアン・エアラインの統合に『赤』

欧州委員会は、独占法、及び通行費の高騰に関する条約に提訴

今日、欧州委員会は、EU の統合の基準に基づいて、エージアン・エアラインとオリンピック・エアの統合の計画を、ギリシャの航空交通の市場の準独占にに道を開くとして、禁止する、と発表しました。




「οιονεί」:類似の、擬似的な、準・・
posted by kyotakaba at 09:30| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月26日

エティオピア物語 第二巻 19-3

   Με την ανατολή του ήλιου, ο Κνήμων και ο Θερμουθης πέρασαν στην απέναντι όχθη της λίμνης και άρχισαν να προχωρούν μέσα σε δάσος πυκνό με φουντωτά κλαδιά που έκαναν δύσκολο το πέρασμα. Μπροστά πήγαινε ο Θέρμουθης・ το είχε ζητήσει ο Κνήμων με την πρόφαση μέν ότι ο Θέρμουθης, που γνώριζε τα μέρη, μπορούσε ευκολότερα να βρεί το δρόμο, αλλά στην πραγματικότητα για τη δική του ασφάλεια και για να βρεί κάποια ευκαρία να αποδράσει.




 日が昇ると、クニモンとセルムウシスは、湖の向こう側に渡りました。そして、枝が生い茂って通り抜けるのが大変な松林の中を進み始めました。セルムウシスが先を歩みました。セルムウシスが先を進むことは、クネモンが、土地を知っているセルムウシスは路を見つけることが容易だ、と言う理由をつけて求めたものでした。けれど、実際には、クニモン自身の身の安全と逃走の機会を見つけるために、それを求めたのです。
posted by kyotakaba at 21:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 2.1

  Ὁ Μάνος τοῦ Κορωνιοῦ, λεμβοῦχος ψαράς, ἦτον ἀδύνατος στὰ μυαλὰ ὅπως καὶ πᾶς θνητός. Ἀρκετὸν ἦτο ἤδη ὁποὺ ἔδενε τὴν βάρκαν του κάθε βράδυ ἐκεῖ, δίπλα εἰς τοὺς δυὸ μαυρισμένους βράχους, κάτω ἀπὸ τὸ ἐρημόσπιτον ἐκεῖνο, τ᾿ ὁλόρθον ἄψυχον φάντασμα, τὸ ὁποῖον εἶχε τὴν φήμην, ὅτι ἦτο στοιχειωμένον.



 コロニモスのマノス、船で出る漁師、死すべき人間に相応しく、彼は頭が弱かった。もう随分のこと、毎夕、空き家の下の二つの黒ずんだ岩の隣の岩に、自分を結わえていた。その家は、まるっきり生気のない幻のようで、誰だかが、幽霊がいると噂していた。



 もうまるっきり見当です。
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月25日

エティオピア物語 第二巻 19-2

   Στα λόγια του αυτά εκείνοι χαμογέλασαν αχνά και βεβιασμένα και μόνο με τα χείλη και, αφού ορκίστηκαν στους θεούς ότι θα τηρήσουν τη συμφωνία και ότι ποτέ, όσο περνάει από το χέρι τους, δεν θα εγκαταλείψουν ο ένας τον άλλον, έβαλαν σε εφαρμογή το σχέδιό τους.




 ク二モンのその言葉で、皆は、弱々しく、ぎこちなく、唇だけで笑いました。そして、今さっき取り決めたことを守る、手が届く限り誰も他のものを見捨てはしない、計画の実行に勤める、と神々に誓ったのでした。
posted by kyotakaba at 21:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η σταχομαζώχτρα

 ト・ビーマ、1月24日付け記事から。

Η σταχομαζώχτρα
Το διήγημα του Παπαδιαμάντη θα γίνει ταινία τρισδιάστατων κινουμένων σχεδίων


Διαβάστε περισσότερα: http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artId=379996&dt=24/01/2011#ixzz1C1MpY800


『スタホマゾフトラ』
パパディアマンディスのお話が3次元アニメーションになります。

Τρισδιάστατη ταινία κινουμένων σχεδίων θα γίνει το διήγημα ≪Η σταχομαζώχτρα≫ του Αλέξανδρου Παπαδιαμάντη, με αφορμή τη συμπλήρωση φέτος των 100 χρόνων από τον θάνατό του. Την ταινία, που θα προβληθεί από την ΕΡΤ τα Χριστούγεννα, θα ντύσει μουσικά ο Δημήτρης Παπαδημητρίου.

没後百年に合わせて、アレクサンドロス・パパディアマンディスのお話『スタホマゾフトラ』が三次元のアニメーションになります。クリスマスにERT が公開する予定。音楽は、ディミィトリス・パパディミィトリウが付けます。

 音楽のパパディミィトリウは、アレクサンドロス・パパディアマンディスの縁者???
MySpace :
Dimitris Papadimitriou / Δημήτρης Παπαδημητρίου - Myspace : 音楽の無料試聴、動画、写真、ブログなど
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 1.4

νὰ τρεμοφέγγῃ, ἐκεῖ μακράν, εἰς τὸ βάθος τῆς μελανωμένης εἰκόνος, ἐπιπολῆς εἰς τὸ κῦμα, καὶ νὰ στέκῃ ἐπὶ ὥρας, φαινόμενον ὡς νὰ ἔπλεε, καὶ μένον ἀκίνητον.



それらは瞬いているのだけれど、遠くにあり、墨のように黒い風景の底、波の表面にあり、時間を止めており、見た目には水に浮いて動かないままに見えた。


ほぼ全部見当です。


τρεμοφέγγω
μελανωμένος
επιπλέω
πλέω
μένω

かなぁ??
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Όμηρος Οδύσσεια

 Όμηρος Οδύσσεια の ρ 222の文章を検索して、見つけた web ページです。

ホメロスの『オデェッセイア』の古典語と、Αργύρης Εφταλιώτης 、Καζαντζάκης ( ニコス・カザンザキス?? ) 、Ζήσιμου Σίδερη の近代語、現代語訳が併置され、参照できるようにしてあります。

ΟΜΗΡΟΥ ΟΔΥΣΣΕΙΑ


このように、

スクリーンショット(2011-01-25 8.58.24).gif
posted by kyotakaba at 08:59| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月24日

エティオピア物語 第二巻 19-1

   ≪ Δεν θα είναι τόσο εύκολο ≫, αποκρίθηκε ο Θεαγένης, ≪ αφού η Χαρίκλεια από δώ δεν είναι συνηθισμένη σε μεγάλη πεζοπορία・ αλλά παρ' όλ' αυτά θα πάμε, αφού πρώτα μεταμφιεστούμε σε φτωχούς περιπλανώμενους ζητιάνους ≫. ≪ Και μά τον Δία ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ έχετε τόσο άθλια όψη ― και πιό πολύ η Χαρίκλεια που τώρα δά της έβγαλαν το μάτι ! ― ώστε, με τα μούτρα που έχετε, όχι ξεροκόμματα, αλλά τρίποδες και λέβητες θα σας δώσουν.



 「あまり簡単そうではないですね。」、テアゲニスが答えました。「私が見た所、ハリクレアは長い徒歩の行道には慣れていないようですから。それでもやはり、行きましょう。ですから、まず最初に、貧しい放浪の物乞いに変装しましょう。」 クニモンが言いました。「それに、デウスに誓って、貴方はとても貧相な顔立ちをされている。 ― 今や真に、目を取り出したハリクレアさんは、もっと哀れです! ― それで、あなた方がされた顔は、うわべだけではありませんよ。きっと、鼎の大釜があなた方にもたらしたものなのですね。」




「 παρ' όλ' αυτά 」、それでもやはり

「 μά τον Δία 」、
μά : 〜に誓って

「 τρίποδες και λέβητες 」、
三本足の大釜は、『 Οδύσσεια 』ρ 222 に見られる。 と、脚注に。
『 Όμηρος Οδύσσεια 』
ρ 222 αἰτίζων ἀκόλους, οὐκ ἄορας οὐδὲ λέβητας・
posted by kyotakaba at 22:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪Δεν πληρώνω!≫

 1月23日付け、カセメリニ web版記事から。

http://news.kathimerini.gr/4dcgi/_w_articles_ell_100064_23/01/2011_429908



Διευρύνεται το ≪Δεν πληρώνω!≫
Αρνούνται υποχρεώσεις σε τράπεζες, λεωφορεία και διόδια


≪Δεν πληρώνω!≫ απαντούν όλο και περισσότεροι πολίτες, που αρνούνται να εκπληρώσουν οικονομικές υποχρεώσεις κάθε τύπου. Το κίνημα ≪αντίδρασης≫ γεννήθηκε πριν από δύο χρόνια από οδηγούς που σταμάτησαν να καταβάλλουν διόδια ως ένδειξη διαμαρτυρίας για την κακή ποιότητα του οδικού δικτύου συγκριτικά με τις τιμές των διοδίων. Σήμερα, ≪δεν πληρώνουν≫ και εκατοντάδες επιβάτες αστικών συγκοινωνιών, ενώ τα χρέη των νοικοκυριών σε λογαριασμούς ΔΕΚΟ, δόσεις δανείων και καρτών συνεχώς διογκώνονται.





「支払わない!」が拡がる
銀行で、バスや高速道路の債務を拒否

「支払わない!」と答える人が、ますます、増えてます。各種の支払い義務を拒否しているのです。「反対」運動は、ニ年前に、通行量に対して交通網の質の悪さへの異議の表明として、通行料の支払いを止めた運転手から始まりました。今日、「支払わない!」は、公共交通の何百の乗客、更に、世帯主の公共料金の支払い、ローンの支払い、カードの支払いにまで、波及しています。



「 όλο και περισσότεροι 」:ますます

「 διογκώνομαι 」:billow , bulge, intumesce


A_den110_14363.jpg
posted by kyotakaba at 17:22| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 1.3

ἔβλεπε, λέγω, ἀνοικτὰ εἰς τὸ πέλαγος, ἔξω ἀπὸ τὰ δυὸ ἀνθισμένα νησάκια, τὰ φυλάττοντα ὡς σκοποὶ τὸ στόμιον τοῦ λιμένος, ἓν μελαγχολικὸν φῶς - κανδήλι, φανόν, λαμπάδα, ἢ ἄστρον πεσμένον -



− それから、花が盛りのニ島の小島の外の開けた海、そして、港から外海への出入り口の目当てになっている櫓を見ていた。その気持ちを悲しくさせる灯り、燭台、街灯、松明、あるいは海に落ちている星明かりを見ていたのだ。




ほとんど見当です。

「 φυλάττοντα 」 は、『アナバシス』の第五巻、第四章の26 に使われていたので、たぶん「櫓」ではないかと。

「高台に築いた木の櫓にいたモッシュノイコイの王は」

ΑΝΑΒΑΣΙΣ 5-4-26 :

ἐπεὶ δὲ οὐχ ὑφίεντο οἱ Ἕλληνες, ἀλλὰ ὁμόσε ἐχώρουν, ἔφευγον οἱ βάρβαροι καὶ ἐντεῦθεν, λιπόντες ἅπαντες τὸ χωρίον. ὁ δὲ βασιλεὺς αὐτῶν ὁ ἐν τῷ μόσσυνι τῷ ἐπ᾽ ἄκρου ᾠκοδομημένῳ, ὃν τρέφουσι πάντες κοινῇ αὐτοῦ μένοντα καὶ φυλάττουσιν, οὐκ ἤθελεν ἐξελθεῖν, οὐδὲ ὁ ἐν τῷ πρότερον αἱρεθέντι χωρίῳ, ἀλλ᾽ αὐτοῦ σὺν τοῖς μοσσύνοις κατεκαύθησαν.
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月22日

海岸の花 1.2

ἐκεῖ ἔστρωνε συνήθως τὴν κάπαν ἐπάνω στὴν πλώρην τῆς βάρκας, κ᾿ ἐκοιμᾶτο χορευτὸν καὶ νανουρισμένον ὕπνον, τρεῖς σπιθαμὲς ὑψηλότερ᾿ ἀπὸ τὸ κῦμα, θεωρῶν τὰ ἄστρα, καὶ μελετῶν τὴν Πούλιαν καὶ ὅλα τὰ μυστήρια τοῦ οὐρανοῦ -



− 彼はいつも、小舟の舳先に外套を敷いていた。そして、波の揺れを子守り歌にして眠っていた。波から掌三枚ほどの高さに、星々を眺めて、昴とそのほかの空にある全部の謎を考えていた。



半分以上見当です。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシャ語 羽ばたく 未来

 今朝、リンク元を見ると、「ギリシャ語 羽ばたく 未来」と言う検索からのアクセスがありました。
 そろそろ、学校の卒業の季節なので、このような言葉への関心があったのかと思います。ですけれど、これはとても難しい内容です。

 「未来へ羽ばたく」と言う表現は、耳にすることも多く、その内容も簡単に理解出来ているように感じています。ですけれど、この表現で表されている状況を仔細に検討してみると、事象と言葉との間に、飛躍があることがわかります。ですので、外国語に移す場合、そのまま単語を変えただけでは、表現の内容は移されないと思います。

 「羽ばたく」と言う語。広辞苑では、鳥が両翼を拡げてうつ、と説明されています。鳥の行う動作を示す言葉なのです。鳥の翼は可動なのですが、それを動かして空気を打つ動作、その場合、音を立てることも含むと思いますが、を示しているのです。その動作は、空中を飛ぶためのものなので、もちろん、空中を飛んでいる時の動作も示しますけれど、実際には飛んでいなくて、単に翼を動かしているだけのときも示します。飛んでいないときの動作は、「はためく」に近いものなのだろうと思います。

 さて、では、「未来へ羽ばたく」とは、どのような状況を言っているのでしょうか。おそらくは、ひな鳥が成長して、いよいよ巣立つ時の様子を示しているのだと思います。巣の縁に立って、まずは翼を動かしてみて、それから、翼で空気を打って浮き上がる練習をして、そうして、ついに、空へ浮き上がり、自らのそして独りでの生活へと旅立つ、そのような様子を言っているように思います。
 それを、私たちは「羽ばたく」の一語で、了解しているのです。
 私は思うのですが、「羽ばたき立つ」と言う方が、まだ、状況に近いのではないでしょうか。

 同様の表現が、各国語にあるのかどうかは分かりません。

 「羽ばたく」に当たるギリシャ語は、φτεροκοπώ あるいは、φτερουγίζω と言う語があります。
 「出発する」に当たるギリシャ語は、αναχωρώ 。

 と考えて、「未来へ羽ばたく」を作文してみます。

 Τώρα μαθαίνω να φτερουγίζω και μποεώ να αναπηδώ από την φωριά, ετσί θα αναχωρήσω πρός το μέλλον.

 今や私は羽ばたきを覚え巣から跳び上がることが出来る、だから、未来へ向けて旅立とう。


 一言で言うギリシャ語の表現もあるのかもしれません。


追記:
τινάζομαι ( τινάζω ) は、勢いよく飛び出すの意味がありそうです。

追記 2 :
αναπεταρίζω は、φτερουγίζω の意味、
http://aimotokiyotakaba.seesaa.net/article/276129872.html
posted by kyotakaba at 09:54| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月21日

Κλείνουν δύο ακόμα ξενοδοχεία στο κέντρο της πόλης

 1月21日付け、カセメリニ web版記事から、

Κλείνουν δύο ακόμα ξενοδοχεία στο κέντρο της πόλης
Η Grecotel κλείνει δυο ξενοδοχεία στην Αθήνα, αλλά ανοίγει άλλα δυο στην Περιφέρεια.


≪Xαστούκι≫ για το ξενοδοχειακό δυναμικό της Αθήνας αποτελεί η ανακοίνωση της Μαρι Δασκαλαντωνάκη, εντεταλμένης συμβούλου της Grecotel, για την παύση λειτουργίας των δυο ξενοδοχείων του Ομίλου στο κέντρο της πρωτεύουσας, την Ομόνοια.



街の中心で、二軒のホテルの閉鎖

グレコテルは、アテネで二軒のホテルを閉鎖、一方、地方に二軒を開業

グレコテルの経営評議会の理事、マリ・ダスカランドナキが出した、首都の中心オモニアにあるグループの二つのホテルの営業停止の発表は、アテネ市の有力なホテルへの「平手打ち」となりました。



 「 εντεταλμένης συμβούλου 」 は、CEO のことかと思うのですが。

 オモニアは、アテネ市の中でも治安の悪い所なので、ホテルが撤退するのは、だからなのではないでしょうか。

Grecotel Hotels: Luxury 5 Star Hotels Greece & 4 Star Hotels Greece
posted by kyotakaba at 23:30| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 1.1

 Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης の『 Ἄνθος τοῦ γιαλοῦ 』、冒頭を読んでみました。

 なのですが、カサレヴサで、しかも、冒頭から、120語近くの一続きの一文でした。なので、ハイフォンが入る所まで。

Ἐπὶ πολλὰς νύκτας κατὰ συνέχειαν ἔβλεπεν ὁ Μάνος τοῦ Κορωνιοῦ, ἐκεῖ ὅπου ἔδενε τὴν βάρκαν του κάθε βράδυ, κοντὰ στὰ Κοτρώνια τοῦ ἀνατολικοῦ γιαλοῦ, ἀνάμεσα εἰς δυὸ ὑψηλοὺς βράχους καὶ κάτω ἀπὸ ἕνα παλαιὸν ἐρημόσπιτον κατηρειπωμένον, -


 幾晩も続いてコロニモスのマノスを見かけることが多かった。彼は、毎夕、自分の小舟に縛られていた。小舟は、東部の海岸のコトロニアに近い、二本の高い巌の間、一軒のすっかり壊れてしまっている古い空き家の下にあった。



 半分見当です。
posted by kyotakaba at 14:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月20日

エティオピア物語 第二巻 18-5

   Ο κνήμων συμφώνησε και υπέδειξε μιά πόλη ονμαζόμενη Χέμμη, πλούσια και πολυάνθρωπη, χτισμένη στην όχθη του Νείλου, πάνω σ' ένα λόφο, για να προστατεύται από τους ληστές・ απείχε έλεγε, κοντά εκατό στάδια από την αντικρινή όχθη της λίμνης και, για να τη βρούν, έπρεπε να τραβήξουν ίσια πρός τα νότια.




 クニモンは同意しました。そして、ヘミーと言う名前の町を提案しました。ヘミーは豊かで人口が多い町で、盗賊から守るためにナイルの岸の丘の上に建てられていると言いました。クニモンの言葉とは違って、テアゲニスとハリクレアがそれを見つけるは、湖の岸から約20キロの所なのです。ですので、南に向かって真直ぐ進まなければなりませんでした。


「 υπέδειξε 」、
υποδείχνω = υποδεικνύω


「 απείχε 」、
απειθώ
「 απείχε έλεγε 」、
言葉とは違って、の意味だと思います。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノスタルジアの考古学

 『ノスタルジアの考古学』
ジョン・ボードマン
西山伸一 訳
国書刊行会  2010年12月刊

John Boardman :
1927年生まれ。英国アカデミィ会員。美術史家、古代ギリシャ芸術の専門。
ケンブリッジ、モードリン・カレッジ卒業、1952年から1955年まで、兵役で英国情報部に所属し、British School at Athens の助手としてギリシャに派遣される。帰国後はオックスフォード大学で研究。

原題『 The Archaeology of Nostalgia 』 2002年刊


国書刊行会

ノスタルジアの考古学 - Webcat Plus

ノスタルジアの考古学 [単行本] / ジョン ボードマン (著); John Boardman...

The Archaeology of Nostalgia: How the Greeks Re...



British School at Athens 
posted by kyotakaba at 08:39| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月18日

エティオピア物語 第二巻 18-4

   Αλλά έλα, κάμε καρδιά, σκέψου πώς πρέπει να φερθείς σάν άνδρας・ η γνώμη μου είναι ότι πρός το παρόν η ανάγκη επιβάλλει να συμφωνήσεις και να πάς μάζι του ώστε να μην υποψιαστεί το σχέδιο της απόδρασής μας・ φόβος βέβαια δεν υπάρχει κανείς : εκείνος είναι άοπλος κι εσύ οπλισμένος με ξίφος και κατάφρακτος・ ύστερα, μόλις σού δοθεί η ευκαιριά, φεύγεις χωρίς να σε πάρει είδηση κι έρχεσαι να μας συναντήσεις σε όποιο μέρος συμφωνήσουμε・ άν δεν έχεις αντίρρηση, πές μας άν ξέρεις κάποια ήσυχη πόλη εδώ κοντά για να συναντηθούμε εκεί ≫.




 「ですけれど、さあ、勇気を出しましょう。男性らしく振る舞わなければならないことを考えて下さい。私の考えでは、今は、セルムウシスに同意することが、どうしても必要です。それに、彼が私たちの逃亡の計画を疑わなくなるまで、貴方が彼と一緒に行く必要があるのです。実際には、恐れは少しもありませんよ。セルムウシスは丸腰です、貴方は刀と鎧で武装しているのですよ。そして、好機が貴方に与えられたなら直ぐに、セルムウシスが貴方に気が付かないまま、去るのです。そして、何処か私たちが取り決めていた所で合流するために来るのです。もし貴方に反対の意見がないのでしたら、そこで私たちが落ち合う、どこかここから近い平穏な町をご存知なら、教えて下さい。」



「 κάμε καρδιά 」、
κάνω καρδιά : 勇気を出す

「 σκέψου 」、
σκέφτομαι の命令形、アオリスト。単数形。
ここでは、テアゲニスはクニモンに対して尊称を使ってないようです。


「 φερθείς 」、
φερώ の中動相のイポタテキィ・アオリストの二人称単数。


「 πρός το παρόν 」、
目下、差し当たり


「 δοθεί 」、
δίνομαι のイポタテキィ・アオリスト、三人称単数。
この文の主格は、η ευκαιριά 。
ですけれど、何故イポタテキィ・アオリストなのか?
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月14日

エティオピア物語 第二巻 18-3

   αλλά εκείνος δεν είχε κάνει παρά λίγα βήματα και γύρισε πίσω λέγοντας πώς δεν ήθελε να αναλάβει μόνος μιά τέτοια αναζήτηση・ ο Κνήμων, έλεγε, έπρεπε να μοιραστεί τον κίνδυνο πηγαίνοντας μαζί του. Ο δε Θεαγένης, βλέποντας τον Κνήμωνα δειλιάζει ( γιατί φαιινόταν πόσο αγωνιούσε καθώς μετέφραζε τα λόγια του Αιγύπτιου ), ≪ στη γνώμη ≫, του είπε, ≪ είσαι δυνατός, αλλά στην τόλμη πιό αδύνατος・ σε ξέρω κι από άλλα, μά πιό πολύ το βλέπω στα τωρινά.



 けれども、セルムウシスは、ほんの少し歩いただけで、行かなかったのです。このような捜索を一人で始めるのはしたくないと言って、戻って来たのです。クニモンは、セルムウシスと一緒に行って、危険を共にしなければならなくなったのです。けれども、テアゲニスは、クネモンが恐れているのが分かったので、( エジプト人の言葉を通訳するのに、とても苦しんでいるように見えたからです。 ) 彼に言いました。「私の意見なのですが、貴方は強い人です。けれども、勇敢さと言う点では、とても弱い人です。これまでのことで、私は貴方のことを知っています。でも、今、それがとてもよく分かりました。」
posted by kyotakaba at 14:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μενεξεδένιος

 フローベールの『ギリシャ旅行記』で使われていた語、「 Μενεξεδένιος 」。

ενώ δεξιά ένα μενεξεδένιο γυάλωμα αρχίζει να κυματίζει σαν διάφανο νερό πάνω στη σιδερένια απόχρωση των φύλλων.


 よく分かりません。スミレに関連したもの、ということなのですが。形容詞。

Μενεξεδένιος - Live-Pedia.gr

 菫色、と語を当てましたけれど。「 γυάλωμα 」も、以前使われていたのですが、分からないままですし。

 γυάλωμα は、画像で検索すると、ガラスのような光沢のある装飾品が検索結果にあります。
posted by kyotakaba at 09:42| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月13日

エティオピア物語 第二巻 18-2

   Βάζουν ύστερα το πτώμα της Θίσβης σ' ένα κοίλωμα και, μην έχουντας χώμα, το σκεπάζουν με στάχτη από τις σκηνές και, όσο τους επέτρεπε η περίσταση, της αποδίδουν τις νεκρικές τιμές υποκαθιστώντας με δάκρυα και θρήνους τις καθιερωμένες τελετές. Ήδη είχε έλθει η στιγμή να φύγει ο Θέρμουθης・



 それから、シスヴィの遺骸を穴に収めました。ですが、土がありませんでした。ですから、燃えた天幕の灰で遺骸を覆いました。状況が三人に許しているのは、常識的な葬式での涙や嘆きに代わって、シスヴィに死者の尊厳を表すると言うことがすべてだったのです。その時にはすでに、セルムウシスは、去っていました。
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

στάθμευση

 1月11日付けのカセメリニの記事から。

 アテネ中心部の自動車の駐車の問題。


≪Σαφάρι≫ στο κέντρο της Αθήνας για το παράνομο παρκάρισμα


1. Η εκτεταμένη παράνομη στάθμευση ουσιαστικά δεν επιτρέπει την ομαληκυκλοφορία των πεζών στην πόλη.

2. Η αίσθηση της ανομίας και της αδικίας είναι διάχυτη.

3. Η ταχύτητα των οχημάτων μειώνεται σχεδόν κατά 50% και διπλασιάζεται ο χρόνος που ξοδεύει κανείς μέσα στο αυτοκίνητο λόγω κυρίως του διπλοπαρκαρίσματος.

4. Μειώνεται επικίνδυνα η ορατότητα σε κάποιες στροφές λόγω διπλά σταθμευμένων οχημάτων, με αποτέλεσμα να αυξάνονται οι πιθανότητες για τρακάρισμα.




無法な駐車のために、アテネの中心部は《サファリ》に。

1. 広範囲な不法の駐車は、実際に、市街地の中での、歩行者の潤滑な移動を許していません。

2. 無法と不公平の印象の感が強まっています。

3. 車輛の速度は、ほぼ50%減速され、主に、二重駐車のために、自動車の中の人が無駄にする時間は、ニ倍になっています。

4. 4. 危険なことに、車の二重の駐車のために、角での視認性が減じられています。その結果、自動車事故の可能性が増加しています。
駐車:παρκάρισμα、στάθμευση
posted by kyotakaba at 10:32| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月07日

エティオピア物語 第二巻 18-1

   Συμφώνησαν οι άλλοι και αποφάσισαν να ενεργήσαν έτσι・ ορμούν λοιπόν στο στόμιο του σπηλαίου, ξυπνούν τον Θέρμουθη που ήταν βυθισμένος για καλά στον ύπνο, του λένε όσα είχαν αποφασίσει να του πούν και, κάθως ήταν άνθρωπος ελαφρόμυαλος, τον πείθουν χωρίς δυσκολία.



 他の二人、テアゲニスとハリクレアは同意して、そのように実行する決心をしました。そして、洞窟の入り口に急いで行きました。安らかな眠りで、深く眠り込んでいるセルムウシスを起こして、彼に言おうと決めていたことを話したのでした。セルムウシスは思慮の足りない男でしたから、三人は、難なく彼を納得させたのでした。



「 να του πούν 」、
πούν : λέω のイポタテキィ・アオリスト、三人称複数
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月06日

エティオピア物語 第二巻 17-5

   Μόνοι εμείς πιό εύκολα θα σκεφτούμε και θα επιχειρήσουμε τα πρέποντα・ εξάλλου είναι και φρόνιμο να απαλλαγούμε από αυτον τον άνθρωπο που, όπως όλοι οι ληστές, είναι εκ φύσεως πονηρός και εριστικός και επιπλέον μας υποψιάζεται κάπως λόγω της Θίσβης και συνεπώς, δοθείσης ευκαιρίας, όλο και κάτι θα σκαρώσει εναντίον μας ≫.



 「私だけの方が、いい方法を考えるのも、実行するのも簡単です。その上に、あのような男からは逃れた方が賢明なのです。盗賊たち皆と同様に、根っからの悪人で、喧嘩好きなのです。それに、セルムウシスは、シスヴィのことで、私たちを少し疑っているのです。ですから、機会が与えられれば、私たちに対して、何でもするでしょう。」



「 τα πρέποντα 」、
πρέπων の中性、複数。ここでは対格。

ο πρέπων
του πρέποντος
τον πρέποντα
οι πρέποντες
των πρεπόντων
τους πρέποντες

η πρέπουσα
της πρέπουσας
την πρέπουσα
οι πρέπουσες
των πρεπουσών
τις πρέπουσες

το πρέπον
του πρέποντος
το πρέπον
τα πρέποντα
των πρεπόντων
τα πρέποντα


「 εύκολα θα 」、
θα は、 να とほぼ同じのではないかと思います。


「 απαλλαγούμε 」、
απαλλάσσουμαι のイポタティキ・アオリスト、一人称複数


「 εκ φύσεως 」、
εκ は、〜から( 時間や地点、理由 ) の前置詞、続く実詞は属格。
φύσεως 、φύση の属格。
φύση の属格は、φύσης の場合と、φύσεως の場合があります。


「 εριστικός 」、
που αγαπά να ερίζει, που με τη στάση του αυξάνει την ένταση σε μια διαφωνία, που συνηθίζει να προκαλεί ή να συντηρεί έριδες, ο φιλόνικος.



「 δοθείσης ευκαιρίας 」、
given the opportunity
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αντώνιος Μιχαηλίδης

 今朝、新聞を拡げると、キプロスの文字が目に留まりました。キプロスのニコシア出身の、流行音楽家・ミック・カーン ( ステージネーム? ) 氏の訃報記事。58年生まれで、61年には、英国に移民したとのこと。

 本名は、Αντώνιος Μιχαηλίδης 。( 英文表記の名前から、推測しました。 )
移民後は、キプロス、ギリシャとは、関係を持たなかったのでしょうか、特に記事はないようです。
posted by kyotakaba at 12:19| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月05日

το Ημερολόγιο 2011

 よく分からないのですが、ユーチューブに「 ημερολόγιο 2011 」と言う題のビデオがありました。

ギリシャの暦、2011。


posted by kyotakaba at 18:48| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 17-4

Γιατί είναι δόλια γενιά οι βουκόλοι και πολύ μάλλον τώρα που δεν έχουν αρχηγό να καταστέλλει την αγριότητά τους. Πρέπει λοιπόν να φύγουμε από το νησί : σάν από δίχτυ ή φυλακή πρέπει να αποδράσουμε αφού προηγουμένως διώξουμε τον Θέρμουθη με το πρόσχημα πώς πρέπει να ψάξει με επιμονή μήπως και μάθει κάτι για τον Θύαμη.



 「牛飼いは狡賢い種族で、今となっては、その上に、彼らの野蛮さを抑える首領がいないのですから。ですから、私たちは、この島を立ち去らなければなりません。網か牢獄からのように、私たちはここから逃れなければならないのです。その前に、シアニスについて何かが分かるかもしれないから、どうしても、セルムウシスがそれを探らなければならないと、理由を付けて、セルムウシスを追いやりましょう。」
posted by kyotakaba at 14:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月04日

Στοιχεία ανθρώπινης ζωής

 カセメリニ web 版、1月3日付け記事見出し

Στοιχεία ανθρώπινης ζωής από τεκμήρια 130.000 χρόνων στην Κρήτη

クレタに、推定130.000前の人間の生活の証拠が


Στοιχεία :
στοιχείο は、「要素」の意味の中性名詞ですが、
化学用語で、元素、
法律用語で、「証拠」の意味も。
データー、とか電池の意味も。
posted by kyotakaba at 21:55| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Δύο τύποι εισιτηρίων

in.gr の1月4日付け記事から、

http://news.in.gr/greece/article/?aid=1231073106


Δύο τύποι εισιτηρίων από 1η Φεβρουαρίου για τις αστικές συγκοινωνίες

Αθήνα
Εισιτήρια δύο τύπων θα καθιερώσει το υπουργείο Υποδομών από την 1η Φεβρουαρίου στις αστικές συγκοινωνίες της Αθήνας. Τα νέα εισιτήρια θα είναι αυξημένα από 20% έως 40% από την ισχύουσα τιμή τους.

Σύμφωνα με πρόταση του υπουργείου Υποδομών, το ένα εισιτήριο θα είναι μίας χρήσης, θα κοστίζει 1,20 ευρώ και θα χρησιμοποιείται μόνο για μία διαδρομή, καλύπτοντας όλα τα μέσα μεταφοράς εκτός από το Μετρό.

Το δεύτερο εισιτήριο θα κοστίζει 1,40 ευρώ και θα έχει ισχύ σε όλα τα μέσα μεταφοράς για διάστημα 90 λεπτών, όπως ισχύει και σήμερα με το ενιαίο εισιτήριο του ενός ευρώ.



公共交通の切符、ニ種類が、ニ月一日から

ニ月一日から、都市基盤・交通網・省は、アテネ市の公共交通での、二通りの切符を認める予定です。新しい切符は、現行の価格よりも20%から40%高くなる予定です。

都市基盤省の案によると、一つ目の切符は、一回の使用で、費用は1.2 ユーロになる予定です。また、メトロ以外のすべての交通機関で使えますが、一行程だけに使用出来るというものです。

二つ目の切符は、1.4 ユーロの費用で、90分の間、すべての交通機関で有効にすると言う予定です。現在、1 ユーロの単一価格の切符が有効なのと同様です。






「 ισχύουσα 」は、現行の、と言う意味のようです。手持ちの辞書にはなかったのですが。


Υπουργείο Υποδομών, Μεταφορών και Δικτύων 、日本の省庁だと、国土交通省でしょうか???

 記事の内容は、よく分かりません。今まで1ユーロだったのが、値上がりすると言うのだけは分かります。
1.2ユーロの方は、一回乗っただけ、乗り換えなし。1.4ユーロの方は、乗り換え、それもバスからトラム、トローリーへも可、だけど、90分以内、と言うのでしょうか?
posted by kyotakaba at 16:02| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年01月01日

Ταξίδι στη Μυτιλήνη

 『 Ταξίδι στη Μυτιλήνη 』  2010年  ミティリーニの旅
監督:Λάκης Παπαστάθης

 パリで20年暮らした主人公が、故郷のミティリーニに戻って、 と言う映画。

Ταξίδι στη Μυτιλήνη

Cine.gr - Τανίες Ταξίδι στη Μυτιλήνη

Taxidi sti Mytilini (2010) - IMDb










 ミティリーニは、レスボス島の首都。

posted by kyotakaba at 15:06| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする