2011年02月28日

エティオピア物語 第二巻 23-1

   Και με τα λόγια αυτά χύνει από την κούπα του άκρατο νερό ― γιατί αυτό έπινε ― λέγοντας ≪ προσφέρω αυτη τη σπονδή στους εντόπιους θεούς και θεούς των Ελλήνων και στον Πύθιο Απόλλωνα κι ακόμα στον Θεαγένη και στη Χαρίκλεια, τους τέλειους νέους, γιατί κι εκείνους στους θεούς τους κατατάσσω ≫. Και συνάμα έχυνε δάκρυα προσφέροντας σ' αυτους, άλλη σπονδή, τους θρήνους.



 老人は唱えごとを言いながら、盃から清浄な水 ― それは飲料水でした。― を注ぎました。このように唱えました。「この土地の神々そしてギリシャの神々そしてピシオス・アポロンに神酒を捧げます。そしてまた、テアゲニスとハリクレアの素晴らしい若人二人に神酒を捧げます。と言うのも、私は二人を神の類いだとしているのですから。」 それと同時に、涙を流したのです。その涙は、悲しみに捧げられる、また別の献酒なのでした。
posted by kyotakaba at 20:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 13.1

≫Ἔφτασε ἡ μέρα ποὺ ὁ Χριστὸς γεννᾶται. Ἡ Παναγία μὲ ἀστραφτερὸ πρόσωπο, χωρὶς πόνο, χωρὶς βοήθεια, γέννησε τὸ Βρέφος μὲς στὴ Σπηλιά, τὸ ἐσήκωσε, τὸ ἐσπαργάνωσε μὲ χαρά, καὶ τὸ ῾βαλε στὸ παχνί, γιὰ νὰ τὸ κοιμίση.




 「キリストの生誕日が来た。輝ける顔をした聖母は、苦しもなく、手助けもなく、洞窟の中で御子を産んだのだ。赤ん坊を取り上げ、喜んで産着を着せた。そして、寝せる為に、飼い葉桶に置いたのだ。」


ἐσπαργάνωσε は、σπάργανα : 赤ん坊の襁褓、産着 の動詞形なのだと思いました。
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月25日

『女殺人者』

 アレクサンドロス・パパディアマンティス『女殺人者』、読みました。横山潤さんの訳。近代文芸社刊。

 とても魅了されました。マジック・リアリズムのような感じでした。イタロ・カルヴィーノのような感じか知ら。独特の言葉遣い、混淆した文体 ( らしいです、 ) は、中上健次の様かも知れません。
 物語自体の時間は、復活祭前後の数週間に設定されている様です。娘が女児を出産して、その子も母体も病気であったのを、寝ずに看病している間に、無意識のうちに赤ん坊を殺してしまい、赤ん坊は病死と処理された後も苦悩に取り憑かれ、ふと正気を失った間に、近所の幼い女児二人を溜め池に投げ入れ殺してしまい、その後、居合わせた井戸に少女が落ちて溺死した事故の側に偶々居合わせて、それが疑われて、島の山中を逃げ回った挙句、島の先の人が立ち入るのが難しい岩の上にある修道院の司祭の元に逃げようとして、溺死するまでが物語の筋です。その時間に、彼女の人生の様々な時期、時間が挿入されます。ですので、非常に長い時間、近代ギリシャ、ビザンチン以降のギリシャの歴史が、その数週間に同時に流れているようで、深みを感じました。
 逃亡中に、羊飼いに示唆された、逃亡の道順「暗い洞窟からブドウの道、そして、小鳥の泉、そして、隠者の住処」は、もちろん、宗教的な意味合いがあって、この物語の底流になっているのだと思います。

 横山潤さんは、もう退官された大学の先生のようです。英文学の先生。ロレンス・ダレルの研究からギリシャ文学へも興味を持たれた様です。それで、この本も、英語からの重訳。

原文は、ウィキソースで読めます。
( 私には、とても難しいですが、、、 )

Η Φόνισσα - Βικιθήκη

 題名の女殺人者は、何とか他の言い方出来ないか知ら、、、
posted by kyotakaba at 22:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 22-5

   ≪ Μήπως θα 'θελες ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ να μου εξιστορήσεις και το πώς και πότε σου συνέβη το τρομερό αυτο κακό; ≫ ≪ Αργότερα ≫, απάντησε εκείνος・ ≪ τώρα είναι ώρα να νοιαστούμε την κοιλιά μας・ αυτο ακριβώς, ότι δηλαδή εννοεί να προηγείται απ' όλα, είχε στο νού του ο Όμηρος όταν πολύ εύστοχα την είπε επικατάρατη. Πρώτα όμως, όπως το συνηθίζουν οι Αιγύπτιοι σοφοί, άς κάμουμε σπονδές πρός τους θεούς : κανένα κακό δεν θα με πείσει να τις παραλείψω, ποτέ κανένας πόνος δεν θα έχει τη δύναμη να με ταράξει τόσο, ώστε να ξεχάσω τα θεία ≫.




 クニモンは言いました。「もしかしたら、お父様に起こった恐ろしい災難を、どの様にそして何時かを、私に詳しくお話下さるのですか?」 老人は答えました。「また後にしましょう。今は、私たちのお腹について心配する時刻ですよ。空腹に対して、呪いの言葉をとても的を得て言ったことを、ホメロスは心に刻んでいます。お腹が何よりも優先するようにせがむと言うのは、けだし、至言なのです。けれども、まず、エジプトの賢者たちが常にしているように、私たちも、神々に献酒を捧げましょう。どんな災疫も、私がお腹のことを考えることを省くことは承服させることは出来ません。また、私が神を忘れさせるほどに、私を動揺させる苦しみなど、全くないのです。」




「 συνέβη 」、
συμβαίνω のアオリスト・三人称単数


「 πολύ εύστοχα την είπε επικατάρατη. 」、
「 θα με πείσει να τις παραλείψω, 」、
の女性代名詞、την と τις は、κοιλιά のこと。

この部分は、『オデッセイア』の第十七歌286~287行に基づいています。

岩波文庫『オデュッセイア』、松平千秋訳
「しかし、いきり立つ胃の腑を抑さえつけておくわけにはゆかぬ、いまいましい胃の腑めは、人間にとってはさまざまな禍いの因となり、…、畢竟胃の腑のためじゃ。」

Οδύσσεια/ρ : 286-299
γαστέρα δ' οὔ πως ἔστιν ἀποκρύψαι μεμαυῖαν,
οὐλομένην, ἣ πολλὰ κάκ' ἀνθρώποισι δίδωσι・
τῆς ἕνεκεν καὶ νῆες ἐΰζυγοι ὁπλίζονται
πόντον ἐπ' ἀτρύγετον κακὰ δυσμενέεσσι φέρουσαι."
posted by kyotakaba at 20:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 12

≫Ἐπῆγε τὸ Βασιλόπουλο. Ἔμεινεν ἡ Λουλούδω, ρίχνοντας τὰ δάκρυά της στὸ κῦμα, στὸν ἀέρα στέλνοντας τοὺς ἀναστεναγμούς της, καὶ τὴν προσευχὴ στὰ οὐράνια, νὰ βγῆ νικητὴς τὸ Βασιλόπουλο, νὰ ἔρθη ἡ μέρα ποὺ θὰ γεννηθῆ ὁ Χριστός, νὰ γυρίση ὁ σαστικός της νὰ τὴν στεφανωθῆ.



 「王子は行ってしまった。ルウルウドは残ったのだ。そして、自分の涙を波間に投げ捨てたのだが、風は娘の溜め息の数々を送り届けていたのだ。娘は、王子に勝利がもたらされるように、キリストの生誕の日がちゃんと訪れるように、そうしたら、婚約した王子が自分を花嫁に娶りに戻って来ますように、と、天に祈ったのだ。」




σαστικός:ο μνηστήρας, ο αρραβωνιαστικός.
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月24日

エティオピア物語 第二巻 22-4

   ≪ Μά πές μου, πατερούλη, ποιά ήταν η περιπλάνηση που λές; ≫ ≪ Ληστές ≫, είπε, ≪ μου άρπαξαν τα παιδιά μου και, μολονότι ξέρω τους ενόχους, δεν μπορώ να τα σώσω・ τριγυρίζω λοιπόν γύρω από το μέρος προσπαθώντας με θρήνους να μαλακώσω τον πόνο μου σάν πουλί που είδε με τα μάτια του το φίδι να του κουρσεύει τη φωλιά και να κατασπαράζει τα μικρά του και ούτε να πλησιάσει τολμά ούτε να φύγει αντέχει, γιατί μάχονται μέσα του ο φόβος και η αγάπη, και φτερουγίζει κρώζοντας γύρω από την πολιορκημένη του φωλιά απευθύνοντας το θρήνο του ― μάταιη ικεσία ορφανεμένης μάνας ― σε ανήμερες καρδιές που δεν γνωρίζουν έλεος ≫.




 「お父様、仰った放浪がどんなものだったか、お話下さいませんか?」老人は話しました。「盗賊たちが、私の子供たちを私から奪ったのです。私は犯人たちが分かっているのですが、子供らを救うことは出来ないのです。それで、恰も、自分の巣に蛇が襲い掛かって雛たちを全滅させるのを、勇敢に近づくことも出来ず、かと言って、耐えて去ることも出来ないまま、見ている鳥のように、苦しみを和らげようと、悲しみながら歩き回っているのです。鳥が近づけも去ることも出来ないのは、自分の中で、恐れと愛が闘っているからで、巣の周りで、ガーガー鳴いて悲しみを言い表しながら羽ばたいているのです。 ― けれど、寄る辺のない母の無駄な嘆願なのです。 ― 慈悲を知らない獰猛な心の持ち主には。」
posted by kyotakaba at 22:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 11.2

Ἕνα Βασιλόπουλο ἀπὸ τὰ ξένα τὴν ἀγάπησε τὴν ὄμορφη Λουλούδω. Τῆς ἔδωκε τὸ δαχτυλίδι του, κ᾿ ἐκίνησε νὰ πάῃ στὸ σεφέρι καὶ τῆς ἔταξε μὲ ὅρκον ὅτι, ἅμα νικήση τοὺς βαρβάρους, τὴν ἡμέρα ποὺ θὰ γεννηθῆ ὁ Χριστός, θὰ ἔρθη νὰ τὴν στεφανωθῇ.



「異国のある王子が美しいルウルウドに恋をしたのだ。王子はこの娘に指輪を贈った。そして、自分は旅に出ることを承知させたのだ。そして、宣誓をして、蛮族を打ち倒して、直ぐのキリストの生誕の日に、娘を連れに戻る、と約束をしたのだ。」



σεφέρι:το ταξίδι
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月23日

エティオピア物語 第二巻 22-3

   Και ο γέροντας ≪ όχι στου Δία τις αυλές ≫, του αποκρίθηκε, ≪ αλλά σ' ενός ανθρώπου που τιμά απαρέγκλιτα τον ξένιο και ικέσιο Δία. Γιατί κι εκείνος, γιέ μου, περιπλανήθηκε και ταξίδεψε πολύ κι είχε την ευκαιρία να γνωρίσει πολλέις και πολλών ανθρώπων τα ήθη και τις σκέψεις・ έτσι λοιπόν, πρίν από λίγες μέρες, συνάντησε και μένα πλάνητα και χαμένο και, όπως έκανε με άλλους πολλούς, με δέχτηκε στο σπίτι του ≫.




 すると老人がクニモンに答えました。「いいえ、ゼウスの廷臣ではないですよ。ゼウスへの嘆願者の異国人に、極めて誠実に対する人間です。と言うのも、我が息子よ、ここの主人は、放浪に出て、長い旅をしたのです。そして、たくさんの人間の様々な性質や考えに会う機会を得たのです。それで、数日前なのですが、主人は私に会い、私を迷い人と間違えたのです。そして、他の多くの人にしたのと同様に、この家に招いてくれたのです。」
posted by kyotakaba at 20:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 11.1

≫Βλέπετε αὐτὸ τὸ χάλασμα, τὸ Καλύβι τῆς Λουλούδως, ποὺ λένε πῶς εἶναι στοιχειωμένο; Ἐδῶ τὸν παλαιὸν καιρὸ ἐκατοικοῦσε μιὰ κόρη, ἡ Λουλούδω, ὁποὺ τὴν εἶχαν ὀνοματίσει γιὰ τὴν ἐμορφιά της, - ἔλαμπε ὁ ἥλιος, ἔλαμπε κι αὐτὴ - μαζὶ μὲ τὸν πατέρα της τὸν γερό-Θεριὰ (ἑλληνικὰ τὸν ἔλεγαν Θηρέα), ὅπου ἐκυνηγοῦσε ὅλους τους Δράκους καὶ τὰ Στοιχειά, μὲ τὴν ἀσημένια σαγίτα καὶ μὲ φαρμακωμένα βέλη.



 「お前達は、幽霊が出ると言われた、花の小屋 ( カリービ・ティス・ルウルウド ) の騒ぎを知っているのかい? そこには昔、一人の娘が住んでいたんだ。彼女は美しかったので、ルウルウドと言う名前を付けられていたのだ。 − 太陽が輝けば、彼女も輝いていたのだ。 − 彼女は、父親のセリア爺さん ( ギリシャ名は、シレーアだ。 ) と一緒に、銀の矢と毒の鏃を使って、龍や幽霊を狩っていたんだ。」


ἐμορφιά:ομορφιά

σαγίτα:σαΐτα




11年4月19日、訂正:

 「お前たちは幽霊が出ると噂されている廃墟となって居る花の館が見えて居るか。館には昔、一人の娘が、銀の矢と毒の鏃を用いて龍や妖怪を狩っていた父親のセリヤ翁と一緒に住んで居ったのだ。ルウルウド(花)と言う名前を与えられて居った、それほどに美しく、太陽が輝けば、娘も輝いていたのだ。そんな娘に、異国の王子が恋をした。王子は続けなければならない旅の途中にあったのだが、娘に指輪を贈り、遣って来るハリストの生誕の日には、蛮族を打ち倒してルウルウドを連れに戻ると、誓いを立てたのだ。」
posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月22日

エティオピア物語 第二巻 22-2

   Η μιά του έπλενε τα πόδια και τίναζε τη σκόνη από τα σαντάλια του, άλλη άπλωνε γι' αυτόν στρωσίδια μαλακά για να ξαπλώσει, άλλη έφερνε σταμνί νερό και άναβε φωτιά, άλλη κουβαλούσε τραπέζι φορτωμένο ψωμί σταρένιο και κάθε λογής ώριμα φρούτα. Και ο Κνήμων ≪ πατερούλη ≫, είπε γεμάτος θαυμασμό, ≪ στου ξένιου Δία τις αυλές θαρρώ πώς είμαστε, τόσο εγκάρδια, τόσο φιλικά μάς υποδέχονται ≫.



 その中の一人がクニモンの足を洗い、サンダルの埃を払いました。別の一人が、二人の為に、寝そべるように長い絨毯を敷きました。また別の一人が、小さな水瓶に入った水を持って来て、灯りを点けました。また別の一人が、小麦のパンとあらゆる種類の熟した果物を載せた食卓を運んで来ました。クニモンは、感心し切って言いました。「これほどに心中から、これほどに友好的に、この人たちが歓待するとは、これほどに心中から、これほどに友好的に、この人たちが歓待するとは、お父様、私たちは異国の神のゼウスの廷臣達であるように思えます。」




≪ πατερούλη ≫, είπε γεμάτος θαυμασμό, ≪ στου ξένιου Δία τις αυλές θαρρώ πώς είμαστε,
の部分、『オデッセウス』第七歌の180行、第九歌270行の表現を踏まえて。

なのですが、よく分かりません。
≪ πατερούλη στου ξένιου Δία τις αυλές θαρρώ πώς είμαστε, τόσο εγκάρδια, τόσο φιλικά μάς υποδέχονται ≫.
[ πατερούλη / 中性名詞/ 主格? あっ! これ呼格、クニモンが老人に呼びかけているんだ。:πατέρας と同じ ] [ στου ξένιου / 前置詞+冠詞・男性名詞 / 属格あるいは与格 ]
[ Δία / 男性名詞 / 属格 ] [ τις αυλές / 冠詞・女性名詞 / 対格 ]
これらが、どう構成されているのかが、分かりません。

23日訂正:次の22-3 も読んで、上の部分の訳を訂正しました。 

Οδύσσεια/η -180 「 πᾶσιν ἀνὰ μέγαρον, ἵνα καὶ Διὶ τερπικεραύνῳ 」

Οδύσσεια/ι -270 「 Ζεὺς δ' ἐπιτιμήτωρ ἱκετάων τε ξείνων τε, 」

岩波文庫、松平千秋 訳
第七歌の180行:「ポントノオスよ、大切に扱わねばならぬ嘆願者には常に付き添われる、雷を楽しむゼウスに神酒を献じたいと思うから、」
第九歌270行:「ゼウスは嘆願者、異国人に加えられる悪事を罰して下さる客の守り神」
posted by kyotakaba at 21:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 10

Ὁ Κόκοϊας, ἤρχισε τότε νὰ διηγῆται:
- Ἀκοῦστε νὰ σὰς πῶ, παιδιά. Ἐγὼ ποὺ μὲ βλέπετε, ἔφθασα τὴ γριά-Κοεράνω τοῦ Ραγιά, τὴν μαννοὺ αὐτῆς τῆς Βάσως τῆς γειτόνισσας, καθὼς καὶ τὴ μάννα τῆς Γκαβαλογίνας, ἀκόμα κι ἄλλες γριές. Μοῦ εἶχαν διηγηθῆ πολλὰ πρωτινά, παλαιικὰ πράματα, καθὼς κι αὐτὸ ποὺ θὰ σὰς πῶ τώρα:





 すると、ココイアスは、話しに遣って来た。
「私が話すことを聞くんだ、お前達。お前達が会っているこの私は、隣の夫人バソの母親であり、ガバロギアの母親であり、ラギアのコエラノ婆さんの元に行っていたのだ。他の婆さん達の所へもだ。婆さん達は、私にたくさんの昔のこと、古い事柄を教えてくれた。それを今から、お前達に話してやろう。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月21日

エティオピア物語 第二巻 22-1

   Παίρνουν λοιπόν μιά βάρκα ― πολλοί περαματάρηδες περίμεναν εκεί έτοιμοι να εισπράξουν κάποιο ναύλο ― , διαπεραιώνονται στην πόλη και φτάνουν στο σπίτι όπου είχε καταλύσει ο γέροντας. Ο οικοδεσπότης δεν ήταν εκεί και τους υποδέχτηκε ευγενικά η κόρη του, μιά νέα κοπέλα σε ηλικία γάμου, και όλες οι θεραπαινίδες του σπίτιου που βάληθηκαν να περιποιούνται τον ξενό σάν πατέρα τους ― έτσι, φαίνεται, τις είχε προστάξει ο αφέντης τους.




 そうして、二人は一艘の小舟を捉まえました。 − たくさんの平底舟が幾許かの渡し賃を取ろうとして、待機していました。 ―  二人は、街を通り抜けて、老人が泊まっている屋敷に着きました。家の主はいませんでした。娘さんが愛想よく二人を出迎えました。娘は、結婚の年頃の若い娘でした。家の女中たちは皆、自分達の父親に対してのように、外国人の世話をさせられていましたけれど、それは、主人が女中たちに命じていたように見えました。




「 διαπεραιώνονται 」、διαπεραιώνομαι
posted by kyotakaba at 22:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 9.2

Ὁ Γιαλὴς ἠναγκάσθη μὲ συστολὴν κατωτέραν της ἡλικίας του νὰ ὁμολογήση, ὅτι δὲν ἔβλεπε τὸ φῶς, περὶ οὗ ὁ λόγος, ἀλλ᾿ ἐπείθετο εἰς τὴν διαβεβαίωσιν τοῦ Μάνου, ὅστις ἔλεγεν ὅτι τὸ βλέπει.




ヤリスは、年下の為に恐縮してしまい、マノスにはそれを見たのは絶対だと言い聞かせたのに、光を見ていないことを、渋々に認めなければならなかった。



ἠναγκάσθη は、αναγκάζομαι
posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月19日

Θανάσης Παπακωνσταντίνου

 iTunes の music store に、Θανάσης Παπακωνσταντίνου の新作『 O ελάχιστος εαυτός 』が出ていたので。2011年2月リリース。

on iTunes

MySpace:
Thanasis Papakonstantinou | ミュージック(無料)、ツアー日程、写真、動画


 YouTube を探してみたら、2002年のアルバム『 Αγρύπνια 』のビデオ(?) が。






 Θανάσης Παπακωνσταντίνου のアルバムのアートワークはどれも素敵です。
Θανάσης Παπακωνσταντίνου (δισκογραφία) - Βικιπαίδεια
posted by kyotakaba at 11:39| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月18日

海岸の花 9.1

Ὁ Λίμπος ἤκουσε μετὰ προσοχῆς. Εἶτα ἐγέλασε:
- Ἀμ᾿ ποὺ νὰ τὰ ξέρετε αὐτὰ ἐσεῖς, οἱ νέοι, εἶπε, σείων σφοδρῶς τὴν κεφαλήν. Τὸν παλαιὸν καιρὸν τέτοια πράματα, σὰν αὐτὸ ποὺ εἶδες, Μάνο, τὰ ἔβλεπαν ὅσοι ἦταν καθαροί, τώρα τὰ βλέπουν μόνο οἱ ἐλαφροΐσκιωτοι. Ἐγὼ δὲ βλέπω τίποτα!.. Τὸ ἴδιο κι ὁ Γιαλὴς βλέπει αὐτὸ ποῦ λὲς πῶς βλέπεις;





 リボスは話しを耳を峙てて聞いた。それから言った。
「お前たちのいるところであったことを知っているのか。」 若者達は頭を激しく振ったので、リボスは続けていった。
「大昔にも、マノスよ、お前が見たのと同じようなことを言う者が居った。それらは、何も見つけられなかった。結局、幻を見ただけだったのだ。だが、儂は何も見てない! ヤリスは、見たと言っているものを見たのか?」 




もうさっぱり分からないので、適当です。


4月17日 訂正:
「 Ἀμ᾿ ποὺ νὰ τὰ ξέρετε αὐτὰ ἐσεῖς, οἱ νέοι, εἶπε, σείων σφοδρῶς τὴν κεφαλήν. 」のところ、
お前たちのような若者は、ひどく錯乱した考えを持つものだと言われているのを、知りなさい



訂正、全文

 リボスはマノスの話を静かに聞いた、そうして、言った。
「お前たちは、自分たちがどういうものであるのか、知らなければならない。お前たちのような若者は、とんでもない錯乱を考えに持つものなのだ。大昔にも、マノスよ、お前が言うのと同じ騒ぎがあったのだ。しかし、何もなかった、ただ、希薄な幻影があっただけだ。儂は何も見ていない! マノスよ、お前が見たと言うものを、ヤリンス自身は見ているのか?」
 ヤリンスは、年長者を前に恐れ入って、マノスが見たとの証言を肯っていたのに、光を見てはいないことを認めるほかはなかった。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月17日

Άρον-άρον

 2月17日付け、in.gr の記事の見出し、

Άρον-άρον αποσύρθηκε η εγκύκλιος για τους ημιυπαίθριους με εντολή πρωθυπουργού


Άρον-άρον は急いで。

ημιυπαίθριους は、ημι は半分、υπαίθριος は、戸外の、と言う形容詞。

回状は、半ば外へ出された所で、首相の命により、大慌てで、撤回された。
posted by kyotakaba at 22:07| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 21-7

   Δεν θα σε φιλοξενήσω βέβαια στο σπίτι μου, αλλά σ' ενός ευγενικού ανθρώπου που έχει δεχτεί και μένα ως ικέτη κι εκεί θα μάθεις ό,τι επιθυμείς για μένα κι ύστερα εσύ θα μου μιλήσεις για τα δικά σου ≫. ≪ Πάμε ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ κι εμένα ο δρόμος μου είναι πρός την πόλη : έχω κανονίσει να συνατηθώ εκεί με κάτι φίλους ≫.



 「本当の所、私の家で貴方をもてなすのではありません。私を請願者として迎え入れて下さっているある親切な方のお宅なのです。そこで、貴方は、私についてお望みのことを何もかもお知りになるでしょう。その上で、貴方ご自身のことについて、お話下さい。」 クニモンは言いました。「さあ、行きましょう。道は、私に町を向けています。私は、この町で、友人達と会う手配をしているのです。」
posted by kyotakaba at 21:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Εγώ, ο Γιαννούλης Χαλεπάς

 以前にメモしておいた、映画『 Εγώ, ο Γιαννούλης Χαλεπάς 』。
ギリシャの彫刻家 Γιαννούλης Χαλεπάς を描いたものです。

Εγώ, ο Γιαννούλης Χαλεπάς: aimotokiyotakaba - β

 メモした時には、cine.gr にも、IMDb にも、まだデータがなかったのですが、登録されていたので、

Cine.gr - Τανίες Εγώ, ο Γιαννούλης Χαλεπάς - I, Giannoulis Chalepas
Ego, o Giannoulis Halepas (2010) - IMDb

 音楽は、Σωτηρία Αδάμ 。ソティリア・アダム。とても興味があります。


ユーチューブのトレーラー
面白そうです、とても。


posted by kyotakaba at 18:58| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 8.2

Ὁ Μάνος παρεκάλεσε τὸν Κόκοϊαν νὰ κατεβῇ παρακάτω καὶ νὰ ὁμιλῇ σιγανώτερα. Εἶτα δὲν ἐδίστασε νὰ τοῦ διηγηθῆ τὸ ὅραμά του.



マノスは、ココイアスに下へ降りて来て、もっと穏やかに話すように頼んだ。それから、マノスは自分の夢を語ることには、躊躇はなかった。




σιγανώτερα :σιγανός
posted by kyotakaba at 12:33| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月16日

エティオピア物語 第二巻 21-6

   ≪ Έ λοιπόν ≫, απάντησε ο γέροντας , ≪ επειδή φαίνεσαι Έλληνας και κάποια κακή τύχη σε αναγκάζει να μεταμφιέζεσαι και επειδή όχι μόνο εσύ έχεις μεγάλο πόθο ν' ακούσεις τα δικά μου, αλλά κι εγώ έχω καημό να τα ιστορήσω ( άν δεν σε συναντούσα, ίσως θα τα 'λεγα σ' αυτές εδώ τις καλαμιές, που λέει ο λόγος ), άς φύγουμε από την όχθη αυτή και από τον Νείλο ( σε μέρος που φλογίζεται από τον ήλιο του μεσημεριού δεν είναι ευχάριστο ν' ακούγονται μακροσκελείς διηγήσεις ) και, άν δεν έχεις κάτι βιαστικό να κάνεις, άς πάμε στην πολίχνη που βλέπεις εκεί απέναντι.




 老人は答えました。「それでは、貴方はギリシャ人に見えますから、きっと、何かの不運が貴方に姿を変えることを強要したのですね。それ故、貴方が私のことを聞きたいとどうしても思っているばかりではなく、私もまた、何とか語りたいと切に思っている、このように言われるのですね。( もし私が貴方にお会いしていなければ、おそらくは、諺の言うように、ここの切り株に、不運の数々を話していたことでしょう。 ) さあ、この岸、ナイルを後にしましょう。( 真昼の太陽で焼かれている場所は、とても長い物語をお互いに聞き合うには、いい場所ではありませんよ。 ) 貴方が何か急ぎのご用が無いのでしたら、さあ、向こう岸にある町に行きましょう。」




「 θα τα 'λεγα 」、
θα +パラタティコスは、可能法。
posted by kyotakaba at 21:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 8.1

- Γιὰ ποῦ, ἂν θέλῃ ὁ Θεός, παιδιά; τοὺς ἐφώναξεν. Εἶναι βραδιὲς τώρα ποὺ τρέχετε ἔξω ἀπὸ τὸ λιμάνι, χωρὶς νὰ γιαλεύετε, χωρὶς νὰ πυροφανίζετε - καὶ τὰ ψάρια σας δὲν τὰ εἴδαμε. Μήπως σὰς ὠνείρεψε καὶ σκάφτετε πουθενά, γιὰ νὰ βρῆτε τίποτα θησαυρό;



 リボスは二人に向かって叫んだ。
「神の御心だとしても、一体どこへ行くのだ、お前たち! 港から外洋へ船を出すとは。今は、凪いでもいない、明かりもない夜だぞ。魚もいないぞ。夢でも見て、宝物がどこかにあるかもと考えているのか?」




γιαλεύετε は、γαληνεύω かも?

πυροφανίζετε は、πυροφάνι に近い語?

構文はよく分からないので、適当に意味になるように読みました。
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月15日

エティオピア物語 第二巻 21-5

   Κι όταν ο Κνήμων ρώτησε κατάπληκτος πώς είναι δυνατόν να ντύνεται κανιές με γιορτινά στις συμφορές και ζήτησε να μάθει ποιές ήταν αυτές, ≪ Τον Τρωικό πόλεμο ζητάς να σου ιστορήσω ≫, αποκρίθηκε ο γέροντας, ≪ και σμήνος κακών και τον άπειρο βόμβο τους γυρεύεις ν' ακούσεις. Αλλά εσύ, νέε μου, που πάς κι από που έρχεσαι ; Κι ενώ μιλάς ελληνικά, πώς βρέθηκες στην Αίγυπτο ; ≫ ≪ Θά αστειεύεσαι ≫, είπε ο Κνημών・ ≪ ζητάς να μάθεις τα δικά μου χωρίς να μου εξηγήσεις τίποτε για σένα, και μάλιστα ενώ εγώ ρώτησα πρώτος ≫.




 呆れたクニモンが、災難の時にお祭りの衣裳を着ると言うことがあるものなのかどうかを尋ね、どのような災難なのか教えて欲しいと言うと、「トルコ戦争について私に語って欲しいのですか。」と老人は答えました。続けて言いました。「災難の大軍、その止むことない羽音の唸りを、貴方は聞かせて欲しいと言うのですか。けれども貴方、お若い方、貴方は何所から来てどこへ行かれるのですか? それに、貴方はギリシャ語をお話しだ、どうしてエジプトに居られのですか?」 クニモンは言いました。「貴方は、ご自分のことは何も説明されないで、私のことだけをお知りになりたいのですか、実際の所、私が先に尋ねましたのに。」



「 νέε μου 」、
νέε は、νέος の呼格。
posted by kyotakaba at 20:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 7.2

Ὁ Λίμπος ὁ Κόκοϊας τοὺς εἶδεν, ἐξῆλθεν ἀπὸ τὴν καλύβην του, φορῶν ἄσπρον σκοῦφον καὶ ράσον μακρύ, ὅπως ἐσυνήθιζε κατ᾿ οἶκον, ἐπήδησε δυὸ τρεῖς βράχους πρὸς τὰ ἐκεῖ, κ᾿ ἔφθασε παραπάνω ἀπὸ τὸ μέρος, ὅπου εὑρίσκοντο οἱ δυὸ φίλοι.



リボス、ココイアスは自分の家から遠く望んで二人を見ていた。リボスは、白い頭巾と長い被衣を身に着けていた。いつものように、家の下、そこには、二、三の岩が飛び出していた。その更に上に見える所に、二人はいた。





εὑρίσκοντο :βρίσκω
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月14日

エティオピア物語 第二巻 21-4

  ΚΙ εκείνος είπε ότι δεν μπορέι να χαρεί γιατί η κακουτυχία δεν τον αφήνει. ≪ Έλληνας είσαι, φίλε μου ; ≫ ρώτησε τότε έκπληκτος ο Κνήμων. ≪ Όχι ≫, είπε ο γέροντας, ≪ είμαι από δώ, Αίγυπτιος ≫. ≪ Γιατί λοιπόν είσαι ελληνικά ντυμένος ; ≫ ≪ Τύχη κακή ≫, απάντησε ο ξένος, ≪ με έχει έτσι γιορτινά μεταμφιέσει ≫.


 すると、老人は、悪運が自分を放さないものだから、挨拶をすることができないと言ったのでした。「貴方はギリシャ人なのですか? お優しい方。」と、驚いているクニモンは尋ねました。「いいえ、」と老人は言いました。「このとおり、私はエジプト人です。」と。「それではどうして、ギリシャの服装をしておられるのですか?」 異邦人は答えました。「不運が、私に祭りの衣裳に変装させているのです。」
posted by kyotakaba at 21:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 7.1

  Μίαν νύκτα, ὁ Κορωνιὸς καὶ ὁ ἐγγονὸς τῆς Φαφάνας ἡτοιμάζοντο νὰ λύσουν τὴν βάρκαν, καὶ νὰ κωπηλατήσουν, τετάρτην φοράν, διὰ νὰ κυνηγήσουν τὸ ἀσύλληπτον θήραμά των.




 ある夜、コロニモスとファファナの孫息子は、小舟の舫を解いて、漕ぎ出そうとしていた。二人がまだ捕まえられない目標物を追って出航するのは、四回目だった。


ὁ Κορωνιὸς は、マノス。 ὁ ἐγγονὸς τῆς Φαφάνας は、ヤリンス。

ἡτοιμάζοντο は、ετοιμάζω 。
κωπηλατήσουν は、κωπηλατώ 。
posted by kyotakaba at 12:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

東方キリスト教美術 《柳宗玄著作選2》

 『東方キリスト教美術 《柳宗玄著作選2》』
柳宗玄
八坂書房  近刊予定

八坂書房:書籍詳細:東方キリスト教美術 《柳宗玄著作選2》
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月12日

エティオピア物語 第二巻 21-3

   Σταμάτησε για μιά στιγμή ο Κνήμων και, καθώς ο γέροντας περνούσε και ξαναπερνούσε από μπροστά του χωρίς να φαίνεται ότι καταλαβαίνει πώς ήταν κάποιος πλάι του ― τόσο οι έγνοιες τον απασχολούσαν κι ο νούς του όλος ήταν στη σκέψη τους δοσμένος ―, τον κοίταξε καταπρόσωπο και του είπε ≪ χαίρε ≫.




 ある時、クニモンは立ち止まりました。すると、老人は通り過ぎていきました。それから、クニモンの前から戻ってきて、また通り過ぎていきました。老人は、自分の側に誰かいることが分かっているようには、クニモンには思えませんでした。― それほどに、気がかりは老人の心をいっぱいにしていたのでした。老人の精神は、全部、考え事に縛り付けられていたのでした。― クニモンは老人の顔の方を凝視しました。それから、「こんにちわ。」と言ったのです。
posted by kyotakaba at 22:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 6.3

Ἡ καλύβη του, ὅπου ἔρημος καὶ μόνος ἐκατοικοῦσεν, ἔκειτο ὀλίγους βράχους παραπέρα ἀπὸ τὸ σπίτι τῆς Λουλούδως, ὅπου ἔδενε τὴν βάρκαν του ὁ Μάνος, ἀνάμεσα εἰς τὸ σπίτι τῆς Βάσως τοῦ Ραγιᾶ καὶ τῆς Γκαβαλογίνας.




老人が独りで住んでいた荒れ果てた小屋は、ルルドの家の先の岩の近くだった。リボスは、そこから、ラギアのバソの家とグゥカバロギアの家の間を通して、マノスの小舟を見ていた。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

η Φωτεινή Δάρρα

 ト・ビーマの2月11日付け記事に、


Μέγαρο Μουσικής Αθηνών
Τον έρωτα τραγουδά η Φωτεινή Δάρρα

Διαβάστε περισσότερα: http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=4&artid=383988&dt=11/02/2011#ixzz1DhEVVony


フォティニ・ダッラ、愛の歌をアテネ・メガロ・ムシキで

コンサートは2月15日。


 フォティニ・ダッラは、ザキントス生まれの歌手。オペラやミュージカルの?

web ページ : http://www.fotinidarra.gr/
Φωτεινή Δάρρα

MySpace : http://www.myspace.com/fdarra
Fotini Darra / Φωτεινή Δάρρα | ミュージック(無料)、ツアー日程、写真、動画







posted by kyotakaba at 09:04| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月11日

海岸の花 6.2

Ἐκάθητο ὅλην τὴν νύκτα, ἀγρυπνῶν, σιμὰ εἰς τὸ παράθυρόν του, βλέπων πρὸς τὴν θάλασσαν, καὶ πότε ἐδιάβαζε τὰ βιβλία του, πότε ἐρρέμβαζε πρὸς τὰ ἄστρα καὶ πρὸς τὰ κύματα.



窓の側に、一晩中座って、眠らずに、海を見ていた。時には、本を読み、時には星や波に向かって夢想していた。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 21-2

   Ήδη πλησίαζε στον Νείλο κι ετοιμαζόταν να διαπεραιωθεί στη Χέμμη, όταν είδε έναν γέροντα που περπατούσε πλάι στην όχθη και, διατρέχοντας μπρός-πίσω την ίδια πάντα απόσταση, φαινόταν σάν να μοιραζόταν με το ποτάμι κάποιες έγνοιες του・ είχε κάτασπρα μαλλιά που έπεφταν στους ώμους του κατά τον τρόπο των ιερέων, γένια πυκνά και μακριά που έδιναν έναν αέρα μεγαλοπρέιας, και η στολή όπως και τ' άλλα του φορέματα έφεραν πιό πολύ πρός το ελληνικό.




 クニモンは、もう、ナイル河には近づいていました。河を渡ってヘミーに行くつもりなのでした。ナイル河に近づいた時に、クニモンは、一人の老人を見かけました。老人は、岸の側を歩いていました。クネモンは老人と前後に同じ間隔をとって急いでいると、老人とクニモンとは、河について、心配を共有しているように思えたのでした。老人は、真っ白な髪をしていました。その髪は肩まで伸びて、神官の髪型のようでした。濃い顎髭は長くて、堂々とした雰囲気を与えていました。衣裳やそのほかの身に着けているものは、ギリシャ人がよく身に着けているものでした。



διαπεραιώνω : ferry over,across
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月10日

海岸の花 6.1

  Εἷς μόνον γείτων εἶχε παρατηρήσει τὰς ἐπανειλημμένας νυκτερινὰς ἐκδρομὰς τῶν δυὸ φίλων μὲ τὴν βάρκαν. Ὁ Λίμπος ὁ Κόκοϊας, ἄνθρωπος πενηντάρης, εἶχε διαβάσει πολλὰ παλαιὰ βιβλία μὲ τὰ ὀλίγα κολλυβογράμματα ποὺ ἤξευρε, καὶ εἶχεν ὁμιλήσει μὲ πολλὰς γραίας σοφάς, αἵτινες ὑπῆρξαν τὸ πάλαι.




 一人の隣人が二人の毎日繰り返される夜の航行を見張っていた。リボス、ココイアス、五十代の男だ。男が知っていた、ほんの僅かの初等教育の実際的な知識だけで、古いたくさんの本を読んでいた。多くのギリシャの賢人達、過去に生きた人たちと語り合っていた。



 γραίας とか、αἵτινες は、分からないので、適当に当てました。


κολλυβογράμματα :
οι στοιχειώδεις πρακτικές γνώσεις
posted by kyotakaba at 15:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Σε κινητοποιήσεις προσανατολίζονται οι περιπτερούχοι

 ト・ビーマ、2月9日付け記事から、


Σε προκήρυξη συνεχών απεργιακών κινητοποιήσεων προσανατολίζεται η Ομοσπονδία Περιπτερούχων Καπνοπωλών Ελλάδος (ΟΠΚΕ).

Διαβάστε περισσότερα: http://www.tovima.gr/default.asp?pid=2&ct=1&artId=383577&dt=09/02/2011#ixzz1DVvOqsmL

 ギリシャ・タバコ販売・ペリプテロ連合は、ストライキ活動の継続を声明文で指示しました。
posted by kyotakaba at 10:58| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ποδιά του τοίχου

 フローベールの『ギリシャ旅行記』のギリシャ語翻訳に、「 ποδιά του τοίχου 」と言う語があります。

 壁のエプロンと言うのはどういうものなのか知ら??
 犬矢来のような? それは変だし、、

文は、
Ο δρόμος βρισκόταν ανάμεσα στην πλατεία κι έναν τοίχο・ στην ποδιά του τοίχου, να λιάζονται στον ήλιο, ήταν κι άλλες καθισμένες, και ξαπλωμένες καταγής, να απλώνοται σαν να ήταν πάνω σε χαλί.


 στην πόδια του τοίχου なのか知ら? 11日付記: あ、冠詞が女性です。πόδια だと、στα πόσια του τίχου でないと。

 壁の土台になっているものが、壁よりもせり出しているのか知ら??
posted by kyotakaba at 09:14| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月09日

エティオピア物語 第二巻 21-1

   Έκοψε λοιπόν ο Κνήμων τα μαλλιά του τόσο όσο χρειαζόταν γιά ν' αλλάξει τη ληστρική θωριά του σε όψη πολιτισμένου ανθρώπου κι αμέσως ρίχτηκε στο δρόμο για τη Χέμμη, όπου είχε συμφωνήσει να συναντηθεί με τον Θεαγένη.




 クニモンが髪を切ったのは、盗賊の風貌を文化的な人間の姿形にする必要がどうしてもあったからなのでした。そして直ぐに、ヘミーに向けて道に飛び出しました。そこで、テアゲニスに会うと言う約束をしていたのでした。
posted by kyotakaba at 21:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 5.4

Τὴν νύκτα τῆς τρίτης ἡμέρας, καὶ πάλιν δυὸ ἢ τρεῖς ἡμέρας μετ᾿ αὐτήν, οἱ δυὸ ναυτίλοι ἐπεχείρησαν ἐκ νέου τὴν ἐκδρομήν. Πάντοτε ἔβλεπαν τὴν μυστηριώδη λάμψιν νὰ χορεύῃ εἰς τὰ κύματα. Εἶτα, ὅσον ἐπλησίαζαν αὐτοί, τόσον τὸ ὅραμα ἔφευγε. Καὶ τέλος ἐγίνετο ἄφαντον. Τί ἄρα ἦτο;




 その日の後、二日目も三日目も、二人の船乗りは短い巡航を試みていたが、その三日目の夜。いつもと変わらず、二人は、不思議な光が波の上で踊っているのを見た。そして、二人が近づくと、幻は遠のいていった。ついには、見えなくなった。それで、あれは一体何なのか?





 二葉亭四迷の小説を読むのとどっちが辛いかしら?
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ヨルゴス・ダーダラス

 ト・ビーマがヨルゴス・ダーダラスのシリーズを刊行するようです。

ΤΟ ΒΗΜΑ: ΓΙΩΡΓΟΣ ΝΤΑΛΑΡΑΣ
posted by kyotakaba at 08:10| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月08日

エティオピア物語 第二巻 20-5

   Κι όταν με ανακούφιση είδε το φώς της μέρας, έκοψε πρώτα τα μαλλιά του, που τα είχε αφήσει μακριά κατά τη συνήθεια των βουκόλων, ώστε να μην τρομάζουν βλέποντάς τον οι περαστικοί ούτε να μπαίνουν σε υποψίες. Γιατί οι βουκόλοι, ανάμεσα σε άλλα που μεταχειρίζονται για να εμπνέουν τρόμο, αφήνουν τα μαλλιά τους μακειά να πέφτουν ώς τα φρύδια και καμαρώνουν σάν φτάνουν ώς τους : ξέρουν καλά ότι τα μακριά μαλλιά κάνουν πιό ελκυστικούς τους ερωμένους και τους ληστές πιό φοβερούς.




 日の光を見て気持ちが鎮まると、クニモンは、まず、自分の髪を切りました。牛飼いたちの習慣に従って、長いままにしていたのでした。そうすると、通りかかった人たちが彼を見ても怖がらないし、疑いを抱かなくなるのでした。と言うのは、牛飼い達は、他人の中にあって、恐怖を起こさせるように振る舞うもので、髪を眉に落ちるまで長くしていて、眉に着くことを得意がるからなのです。彼らは、長い髪が、自分達を魅力的な恋人に、恐ろしい盗賊にすることをよく知っているのです。
posted by kyotakaba at 20:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 5.3

Ὁ Μάνος, μαζὶ μὲ τὸν Φαφάναν, ἔκαμαν πολλοὺς σταυρούς. Ἀντήλλαξαν ὀλίγας λέξεις:
- Δὲν εἶναι φανάρι, δὲν εἶναι καΐκι, ὄχι.
- Καὶ τί εἶναι;
- Εἶναι...
Ὁ Γιαλὴς τῆς Φαφάνας δὲν ἤξευρε τί νὰ εἴπῃ.




マノスは、ファファナの人と一緒に、たくさんの十字を切った。二人は短い言葉を取り交わした。
「燈台じゃない。小舟じゃない。違う。」
「それじゃあ、何なんだ?」
「それは、……」
ファナナのヤリスは、言うべきことを知らなかった。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η Κάρπαθος / η μουσική της

 lesovosolive さんのブログで紹介されていた「 'Karpathos / The land and it's music' 」がとてもいいので、自分のブログにもリンクしておこうと思います。

 黒髪 - ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece


 Η Κάρπαθος 島。





 これ、以前にリンクした「 Οι τέχνες που χάνονται-Σάμος 」の制作者 Zisopoulos のもの。

Οι τέχνες που χάνονται-Σάμος: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 09:33| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月07日

エティオピア物語 第二巻 20-4

   πλαγιασμένος κάτω απ' αυτά, ώρα πολλή βασανιζόταν άγρυπνος : σε κάθε σάλαγο, σε κάθε ριπή ανέμου, σε κάθε φύλλου θρόισμα νόμιζε πώς άκουγε τον Θέρμουθη・ άν ο ύπνος τον νικούσε μιά στιγμή, του φαινόταν πώς έτρεχε ακόμα και, στρέφοντας αδιάκοπα το βλέμμα πρός τα πίσω, περίμενε να δεί τον φανταστικό διώκτη του και, ενώ ήθελε να κοιμηθεί, αντιστεκόταν σ' αυτό που ποθούσε φοβούμενος μήπως του φέρει όνειρα ακόμα πιό τρομακτικά από την αλήθεια και σάν να αγανακτούσε με τη νύχτα που του φαινόταν πώς δεν έλεγε να τελειώσει.




 夜の帷の下で横たわって、クニモンは、長い間、眠れずに苦しんでいました。叫び声がする度に、突風が吹く度に、葉擦れの音がする度に、セルムウシスの声を聞いたように思うのでした。眠りが一瞬でもクニモンを負かしてしまえば、セルムウシスはまだここに駆けつけようとしていて、自分の背後に、眼差しを絶え間なく回しながら、今にも、目に見えない追跡者は自分を見つけ出そうとしている、と言うふうに思えるのでした。そして、眠ろうとすると、現実よりも恐ろしい夢を見せて怖がらせようとして、そうさせまいとするのでした。クニモンには、あたかも、夜が怒っていて、夜が終わったとは言わないでいるように思えるのでした。


και σάλαγο (το) = μεγάλη βουή πλήθους ανθρώπων ή ζώων που κινούνται / η κραυγή του βοσκού προς τα ζώα.


「 σάν να αγανακτούσε 」、
αγανακτούσε がパラタティコス形になっているのが何故なのかは分かりません。
posted by kyotakaba at 21:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νατάσα Θεοδωρίδου

 Νατάσα Θεοδωρίδου、ナターシャ・セオドリドウ

 オフィシャルなビデオを探したのですが、なぜだか、Sony Music Greece は、エジプトのデモのビデオになってるしで、、、

最新のアルバムでもなくて、2009年のアルバム『 Μια κόκκινη γραμμή 』の中の「 Μια κόκκινη γραμμή 」赤い線



posted by kyotakaba at 16:54| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 5.2

Ὅσον ἔπλεαν αὐτοὶ μὲ τὴν βάρκαν, τόσον τοὺς ἔφευγε, χωρὶς νὰ κινῆται ὀφθαλμοφανῶς, ὁ μυστηριώδης πυρσός. Ἔβαλαν δύναμιν εἰς τὰ κουπιά, ≪ἐξεπλατίσθηκαν≫. Τὸ φῶς ἐμακρύνετο, ἐφαίνετο ἀπώτερον ὁλονέν. Ἦτο ἄφθαστον. Τέλος ἔγινεν ἄφαντον ἀπὸ τοὺς ὀφθαλμούς των.



二人が小舟で海に出た時には、奇怪な灯火ははっきりと見えることはなかった。二人は櫓に力を入れた。「もっと沖へいこう。」 光はずっと遠くに、何もかもよりもまだ先にあるように見えた。光は、辿り着くことの出来ないものだった。結局、二人の目には、見えなくなった。




もしかしたら、こういう意味かもしれません、、
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月04日

エティオピア物語 第二巻 20-3

   Ο δε Κνήμων, αφότου άφησε τον Θέρμουθη, έτρεχε συνεχώς χωρίς ανάσα ώς τη στιγμή που το σκοτάδι έκοψε την ορμή του και κρύφτηκε εκεί όπου που τον βρήκε η νύχτα σκεπάζοντας, όσο μπορούσε, το σώμα του με φύλλα・



 ですけれど、クニモンは、セルムウシスを置き去りにしてからと言うもの、暗闇がクニモンの勢いを止めた時までは、一休みもせずに走り続けたのでした。そして、夜がクニモンの所に来て、出来る限り、夜の帷でクニモンの身体を隠したのでした。
posted by kyotakaba at 21:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

≪ γεια σου Αθήνα ≫!

 ≪ γεια σου Αθήνα ≫! という web ページ。
アテネのシンタグマに、カメラを設置したブースを据えて、その中で、一般の人が、短いコメントを話す、と言うもののようです。

 ビデオは、完全にダウンロードするまで、停止にしておいてから、再生した方がよいようです。通信状況にも依るのでしょうが。


<για σου Αυήνα>!

http://www.geiasouathina.gr/
posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 5.1

  Ἐπῆγαν μίαν νύκτα, ὅταν ἡ σελήνη ἦτο ἐννέα ἡμερῶν, κ᾿ ἔμελλε νὰ δύση περὶ τὴν μίαν μετὰ τὰ μεσάνυχτα. Τὸ φῶς ἐφαίνετο ἐκεῖ, ἀκίνητον ὡς καρφωμένον, ἐνῷ ὁ πύρινος κολοβὸς δίσκος κατέβαινεν ἤρεμα πρὸς δυσμᾶς κ᾿ ἔμελλε νὰ κρυφθῆ ὀπίσω τοῦ βουνοῦ.



 月が九日目の日、つまり、真夜中ごろに月が西に沈む夜に、マノスたちは出掛けた。光はそこに見えた。釘で留められたかのように動かなかった。一方、灯の点った脚のない皿、月は西に向かって降下して行った。月は、山の後に隠れた。




 こんな意味なのか知ら?
posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月03日

エティオピア物語 第二巻 20-2

   Καθώς όμως ο Κνήμων δεν φαινόταν πουθενά και η νύχτα προχωρούσε, έπεσε ο Θέρμουθης στον ύπνο που, με το δάγκωμα φαρμακερού φιδιού, έγινε ύστατος ύπνος θανάτου, ίσως από τη θέληση της μοίρας που όρισε να βρεί θανάτο κακό σάν τη ζωή του.




 けれども、クニモンは何所にも現れませんでした。夜が更けていくと、セルムウシスは、眠りに落ちてしまいました。その眠りは、毒のある蛇の一噛みのために、最期の死の眠りとなってしまいました。おそらく、セルムウシスの生きた生涯と同じように、死も不運なものにしようと決めた運命の女神の意思のためなのでしょう。
posted by kyotakaba at 21:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 4.4

Ὅθεν ὁ Μάνος, ἐπειδὴ ἦτο ἀσθενὴς ἄνθρωπος, καθὼς εἴπομεν, νέος εἰκοσαετής, ἐκάλεσεν ἐπίκουρον καὶ τὸν Γιαλὴν τῆς Φαφάνας, δέκα ἔτη μεγαλύτερόν του, ἀφοῦ τοῦ διηγήθη τὸ νυκτερινὸν ὅραμά του, διὰ νὰ τοῦ κάμῃ συντροφιὰν εἰς τὴν ἀσυνήθη ἐκδρομήν.



それで、マノスは病弱だった。けれども、もうすぐ二十歳の若者だったので、ファファナのヤリンスの手伝いに呼ばれていたのだ。ヤリンスは、マノスよりも十歳年長だった。彼はマノスに自分の夜見た夢を、奇怪な冒険を共有するために、語っていた。



もう、たぶんこうかなぁ?と言う感じです。

「 Ὅθεν 」、
άρα, επομένως




追記:
この辺りから、マノスとヤリンスの関係を反対に読んでいるようです。マノスがヤリンスを手伝いに呼んだのだと思います。
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Ετερον Ημισυ

 『 Το Ετερον Ημισυ 』    ( もう半分 )

Παναγιώτης Χριστόπουλος 監督
2011年公開


 心理療法を受ける夫婦のコメディ、たぶん、コメディ。

Cine.gr - Τανίες Το Ετερον Ημισυ

To eteron imisy (2011) - IMDb


トレイラー:




posted by kyotakaba at 10:07| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月02日

エティオピア物語 第二巻 20-1

   Στο μεταξύ ο Θέρμουθης είχε φτάσει στην κορφή και είχε καθίσει σε μιά πέτρα να ξεκουταστεί. Περίμενε να σκοτεινάσει εντελώς ( το σχέδιό τους ήταν να μπούν νύχτα στην πόλη να ψάξουν για τον Θύαμη ) και συνάμα δεν έπαυε να ψάχνει με το βλέμμα μήπως και έβλεπε τον Κνήμωνα να έρχεται, κλώθοντας μες στο νού του τα πιό μοχθηρά σχέδια εναντίον του : δεν είχε πάψει να τον υποψιάζεται για το φόνο της Θίσβης και λογάριαζε να τον σκοτώσει με πρώτη ευκαιρία και ύστερα να ξεσπάσει τη λύσσα του και εναντίον του Θεαγένη.



 その間に、セルムウシスは頂上に着きました。そして、石の上に座って休んでいました。すっかり暗くなるのを待ちました。( 二人の計画は、夜に街に入りこんで、シアニスを探すと言うものでした。 ) それから、クニモンが来るのではないかと眼差しを投げて探すのを止めないでいながら、同時に、心の中では、クニモンに対してのとても悪い企みがぐるぐる回っているのでした。セルムウシスは、シスヴィを殺した犯人ではないかと、クニモンを疑うことを止めてはいないのでした。そして、まず最初に彼を殺して、それから、勢いに乗ってテアゲニスに立ち向かおう、と考えていたのでした。




「 να μπούν 」、
μπαίνω 、
パタティコス:έμπαινα
アオリスト:μπήκα
イポタテキィ・アオリスト:να μπω / μπεις / μπει //να μπόυμε / μπείτε / μπουν
posted by kyotakaba at 20:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 4.3

καὶ τοὺς ρεμβασμούς του πρὸς τ᾿ ἄστρα καὶ τὴν Πούλιαν, νὰ φθάση ἕως ἐκεῖ, νὰ ἰδῆ τί εἶναι, καί, ἐν ἀνάγκῃ, νὰ τὸ κυνηγήση τὸ μυστηριῶδες ἐκεῖνο φέγγος.


マノスの星と昴についての夢想のために、彼はそこに近づいたのだ。その不思議な光を捉まえるには、それが必要だった。


まったく見当で、文を短く区切って読んでいるので、文脈を間違えているかもしれません。
イポタテキィがどう文を繋げているのか、分からないので、順接のように読んでいます。(日本語の連用形に近い感じ)
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月01日

Κυκλοφοριακό χάος στο Λεκανοπέδιο

 in.gr の2月1日付けの記事の見出し、

Κυκλοφοριακό χάος στο Λεκανοπέδιο λόγω της απεργίας στα μέσα μεταφοράς


運輸のストライキの為、アッティカでは交通の混乱


Λεκανοπέδιο は、Λεκανοπέδιο Αττικής のことのようです。アシナ、ピレイアを含む盆地。
posted by kyotakaba at 21:26| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 19-7

   Και αυτό έκανε μιά και δύο και τρείς φορές για να σιγουρευτεί ο άλλος και κάθε φορά έλεγε πώς δυσκολεύται να τον προφτάσει・ και όταν πιά συνήθισε ο Αιγύπτιος τις αργοπορίες του, σταμάτησε για τελευταία φορά και ρίχτηκε κρυφά στην κατηφόρα τρέχοντας μ' όλη του τη δύναμη πρός το πυκνότερο μέρος του δάσους.




 セルムウシスに信用してもらうという、クニモンの懇願は、一度、ニ度、三度もされたのでした。懇願の度に、セルムウシスは、自分に追いつくことは難しいと言ったのでした。エジプト人は、クニモンが遅れることにかなり慣れてきて、とうとう、立ち止まりました。そして、クニモンは、坂を飛び降りて、自分独りの力で、森の繁みに向かって駆け出したのでした。
posted by kyotakaba at 21:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 4.2

καὶ δὲν ἔβλεπε κανὲν ἴχνος ἐκεῖ τὴν ἡμέραν, τὸ ὁποῖον νὰ ἐξηγῇ τὴν παρουσίαν τοῦ φωτὸς τὴν νύκτα, νὰ πλεύση τὰ μεσάνυχτα, διακόπτων τὸν μακάριον ὕπνον του,



昼には、そこに何の跡も見えなかった。夜の間に光が出現することを説明できる人はいなかった。それで、マノスは、長く眠ることを止めて、真夜中に船を出したのだ。




まるっきり見当です。
動詞は、どれも、三人称単数だと思います。語尾変化は、ἐξηγῇ 、πλεύση は、たぶん、イポタテキィ・アオリストで、 たぶん現代語の ει なのだと思います。 διακόπτων は、メトヒーなのだと思います。


「深い眠りを止めて真夜中に船を出す人はいなかった。」の部分を訂正。
→「夜の間に光が出現することを説明できる人はいなかった。それで、マノスは、長く眠ることを止めて、真夜中に船を出したのだ。」
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする