2011年03月31日

エティオピア物語 第二巻 25-3

   Βλέποντας τότε ότι η γυναίκα εκείνη ήταν η αρχή των δεινών που μου είχαν προφητέψει τα θεϊκά σημεία και καταλαβαίνοντας ότι αυτη έπαιζε το ρόλο του πεπρωμένου και ότι ο δαίμονας της τότε μοίρας μου την είχε υποδυθεί εν είδει προσωπείου, αποφάσισα να μην ντροπιάσω την ιεροσύνη που είχα σύντροφο από παιδί και μπόρεσα να μη βεβηλώσω τη λατρεία και τα τεμένη των θεών.




 「しかし、その女が天の兆しが私に予言していた苦難の始まりだったと、思ったのです。その娘が宿命の役を演じていたこと、そして、私の運命の悪魔が仮面を使ってその娘に変装していることが分かったのです。ですから、子供の時から共にあった聖職を辱めないことを決めたのです。信仰と神殿を冒涜することは私は出来ないのです。」




「 είχε υποδυθεί 」、
υποδύομαι


「 εν είδει 」、
λόγιος τύπος που συνήθως παρομοιάζει
εν είδει περιστεράς: με τη μορφή περιστεριού, σαν περιστέρι.
μου το ανακοίνωσε εν είδει τελεσιγράφου
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月29日

Φίλα με Ακόμα

「 Φίλα με Ακόμα 」Πάνος Μουζουράκης






Πάνος Μουζουράκης と Κωστής Μαραβέγιας が二人で歌うもの

http://www.greektube.org/content/view/137212/2/



歌詞の一番:

Μια τεράστια του χρόνου σπατάλη, κάτι το αδύνατο
Να εφεύρεις το όνειρο, μια ζωή σε μια μέρα
Μια σκηνή πέρα από την σελήνη
Ένας όμορφος κόσμος, που απέχει ένα βήμα
Μην ανάβεις το φως, τράβα απλά την κουρτίνα
Πεταλούδες γυρνούν στην Αθήνα
Πάρκα στο κέντρο, καλοκαίρι μυρίζει
Μια μητέρα, μια ερωμένη, μία κόρη περιμένει
Αλλάζουν όλα, αλλάζω κι εγώ
Ένας μαγνήτης στο ψυγείο, ένα σημείωμα, ένα αστείο
Ένα σπίτι, ένα φιλί, ένα αντίο

Φίλα με ακόμα
Φίλα με ακόμα
Όλα τα άλλα ηχούν μακρινά
Ένα αστέρι που σκάει στου ουρανού την καρδιά

Φίλα με ακόμα
Φίλα με ακόμα
Θέλω να ‘μαι μαζί σου, να κυνηγάω μαζί σου
Τα κύματα όλα της μοίρας



膨大な時間が費やされたけれど、夢を
仕立て上げることは出来なかった。月の向こうの
ある日のある生活のある場面。美しい宇宙。
それは夢だった。月には足跡が一つ取り残されている。
灯りを点けるのは止そう、カーテンを引こう。そうすれば、
たくさんの蝶がアシナに帰って来る。
都心の公園に帰って来る、そして、夏の香りがする。
一人の母親、一人の恋する女、一人の乙女が待っている。
すべてが変わるのを、そして何より、この私が変わるのを待っている。
冷蔵庫のマグネットの一つ、メモの一つ、冗談の一つ。
一軒の家。そして、くちづけが一回。そして、さよなら。

くちづけて、もう一度、
私にくちづけて、もう一度。
ほかの何もかもが遠くに聞こえる。
星が一つ、心の中の空で破裂する。

くちづけて、もう一度、
私にくちづけて、もう一度。
君と一緒にいたい、君と一緒に
運命の波を追いかけたいんだ。



ニ番:

Ένα κορίτσι χορεύει στον ουρανό, στο δωμάτιο
Το δρόμο, την δουλειά, το σχολείο
Μια ψυχή και άλλη μία, και μια συνομιλία
Μόνο μάτια, και λέξη καμία
Ένα τέλειο λάθος, μια καινούργια αρχή
Ένα δάκρυ που δεν μπορεί να κρυφτεί
Μια ανάσα βαθιά, για να μην τρελαθώ
Μια ιστορία αγάπης, τι πιο απλό
Και Θεός, και αμαρτία, για μια ευκαιρία
Για όσους δεν βρήκαν το χρόνο να ψάξουν
Είμαι μέσα σου η λύση, που θα τιμωρήσει
Σε όσους δεν έχουν φτερά να πετάξουν


一人の少女が踊っている、空で、部屋で、
道で、事務所で、学校で。
魂が一つ、また別の魂が一つ、それらの会話が一度、
それは瞳だけの会話、言葉はない。
完璧な嘘が一つ、新しい原則が一つ、
隠すことの出来ない涙が一雫、
気が違わない様に深呼吸を一回、
ある愛の物語りとは、何と単純なのだろう。
神、この千載一遇の好機に残念な事に、
人々は神を探す時間もない。
神、私に対するあなたの答えはもうすでに出ている。貴方は罰するだろう、
飛び立つ翼を持たない人々を罰するのだ。



三番:

Και τυχαίο και γραφτό, το μεγάλο μωρό
Που παίζει με τόξο και βέλη
Που χτυπάει και φεύγει, όλα τα ανατρέπει
Μα ο χάρτης τον δρόμο σου δείχνει
Του κρυμμένου θησαυρού, το ταξίδι τελειώνει
Εκεί που είναι αδύνατον να ‘μαστε όλοι
Σε κοιτάζω στα μάτια, σαν καθρέφτες γυαλίζουν
Το πιο ωραίο εαυτό μας αντικατοπτρίζουν


偶然と必然、巨大な赤ん坊がいる、
弓と矢で戯れている、そして、
矢を当てては逃げ出す。そして、何もかもが転倒する。
道に落ちている地図が君に
秘宝のありかを示しているけれど、旅は終わりなんだ。
そこでは、私たちは何も出来ない。
そして、私は君を見つめる、その瞳は、まるで鏡の様に輝いて、
私たち自身を映している、とても綺麗だ。







追記:
この歌は、イタリア映画『 Baciami ancora 』に使われた同名の歌「 Baciami ancora 」をギリシャ語にしたもの。
イタリアの歌手 Jovanotti の作品。
歌詞は、Πάνος Μουζουράκης が書いたものかもしれません。
Baciami ancora (2010) - IMDb
posted by kyotakaba at 22:25| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 25-2

   Συχνά λοιπόν ερχόταν και στο ναό της Ίσιδας, όπου ιερουργούσα, και απέδιδε λατρεία στη θεά προσφέροντας θυσίες και πανάκριβα αναθήματα. Ντρέπομαι, αλλά θα το πώ : πολλές φορές η θέα της υπέτασσε και μένα, νικούσε την εγκράτεια που είχα ασκήσει μιά ολόκληρη ζωή και, αφού για καιρό πολέμησα τα μάτια του σώματος με τα μάτια της ψυχής, ένιωσα τελικά νικημένος και έτοιμος να παραδοθώ στο ερωτικό πάθος.




 「それから、屢々、ロドビは、イシスの神殿に参っていました。私は、そこで、祭儀を執り行っていたのです。ロドビは、生贄ととてつもなく高価な捧げものを奉納して、神に対しての信仰を表したのです。恥ずかしいのですけれど、お話ししましょう。ロドビの容姿は何度も私をひれ伏せさせたのです。私が全生涯をかけて修行して来た禁欲を打ち負かしたのです。魂の目と一緒に肉体の目と闘って、とうとう、打ち負かされたことを認めて、恋の情熱に溺れる覚悟が出来たのです。」




「 πανάκριβα 」、
πανάκριβος : πάρα πολύ ακριβός


「 αναθήματα 」、
τάμα 、捧げもの


「 υπέτασσε 」、
υποτάσσω


「 να παραδοθώ 」、
παραδίδομαι






 「 αναθήματα 」、捧げもの。
アクロポリス博物館の web ページに、説明がありますので、
( 銅製の αναθήματα )
Η Αίθουσα των Αρχαϊκών Έργων

anathimata1(1)_723_396.jpg
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月27日

Nicostratos: Le Pelican

 『 Nicostratos: Le Pelican 』 ( Ενα Ξεχωριστό Καλοκαίρι )
これはまだ公開されてないのかも。

Cine.gr - Τανίες Nicostratos: Le Pelican - Ενα Ξεχωριστό Καλοκαίρι


制作会社:Feelgood Entertainment


 エーゲ海の島の漁師の子供の男の子が、ぺりかんのひなを拾って、、、と言う映画のようですが。

YouTube には、この映画の撮影の様子と思われるビデオがあります。映画のタイトルは、『 Καλοκαίρι στο Αιγαίο 』とされています。ワーキング・タイトルなのかどうか?






posted by kyotakaba at 20:57| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η Υπογραφή

 『 Η Υπογραφή 』 2011年
Στέλιος Χαραλαμπόπουλος 監督

制作会社:Feelgood Entertainment

Η Άννα, μια νεαρή ιστορικός τέχνης ετοιμάζει ένα τιμητικό αφιέρωμα στα έργα της διάσημης ζωγράφου Μαρίας Δήμου. Στο πλευρό της για να την βοηθήσει είναι ο σύντροφος της Δήμου και στενός συνεργάτης της, Άγγελος. Μαζί θα ξετυλίξουν το κουβάρι της ζωής της Μαρίας, της οποίας τον θάνατο τυλίγει ένα πέπλο μυστηρίου. Αυτοκτονία ή δολοφονία; Η Άννα σταδιακά βυθίζεται γοητευμένη στη ζωή και τα πάθη της ζωγράφου, σύντομα, όμως, θα ανακαλύψει πως ο Άγγελος κρύβει πολλά μυστικά...


アナは、美術史家の若い娘、著名な画家・マリア・ディノの作品の記念展の準備をしている。それを、陰から支援するのは、ディノの夫で、共同制作者だった、アンゲロス。二人は一緒に、マリアのもつれた生涯と彼女の死を包んでいる謎のベールを解いていこうとする。自殺なのか、殺人なのか? アナは、次第に、マリアの人生の魅力と画家の苦しみに引き込まれていく。略。しかし、彼女は、アンゲロスが多くの秘密を隠していることに気が付いて、、、


Cine.gr - Τανίες Η Υπογραφή


I ypografi (2011) - IMDb


Στους Κινηματογράφους | Κινηματογράφος | feelgood entertainment




posted by kyotakaba at 20:24| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

η θερινή ώρα

Σε ισχύ η θερινή ώρα από τις 3 τα ξημερώματα της Κυριακής


日曜日の早朝3時から、夏時間が発動

Έτσι, στις 3 τα ξημερώματα οι δείκτες των ρολογιών θα πρέπει να μετακινηθούν και να δείχνουν 4 το πρωί.


ですから、早朝3時に、時計の針は、朝四時を指す様に変更しなければなりません。



793DAF86D01B1373D12CA965BA78C491.jpg
posted by kyotakaba at 09:17| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月25日

エティオピア物語 第二巻 25-1

   Και να τί μου συνέβη : μιά νέα γυναίκα από τη Θράκη, στο άνθος της ηλικίας της, που μόνο τη Χαρίκλεια δεν ξεπερνούσε ομορφιά, Ροδώπις το όνομα, δεν ξέρω από ποιόν τόπο φεύγοντας και πώς μά σίγουρα επί κακώ όσων τη γνώρισαν, έτυχε τότε να περιφέρεται στην Αίγυπυτο και ήδη ζούσε επιδεικτικά στη Μέμφιδα μέσα σε άπειρα πλούτη συνοδευόμενη από πολλές θεραπαινίδες και εξασκημένη σε όλων των είδων τα ερωτικά δόκανα・ κανείς απ' όσους τη συναντούσαν σεν μπορούσε να της αντισταθεί, τόσο κυριαρχική, τόσο ακαταμάχητη ερωτική σαγήνη ασκούσε κάθε βλέμμα της.




  「それから、私に起こったことと言うのはこのようなことです。一人の華の盛りの年頃のスラキー ( トラキア )の若い娘がいました。、けれども、ただ一人ハリクレアにはその美しさは適いませんけれどもね、名前はロドピと言いました、どういう理由でそしてどうやってトルキアを離れたのかは、私は知りません。けれども、その娘に何か災厄があったことは確かなのです。そして、エジプトの地を彷徨うことになっていたのです。それから、メンフィスに住んでいて、恋の誘惑に関わるあらゆる事を営んでいて、多くの女中を引き連れていて、無尽の富があるので目立っていました。その娘に引き連れられている女達の内の誰も、娘に敵いませんでした。娘はそれ程に絶対的な女王のようで、それ程に抗いようもなく恋させる魅力を、眼差しを投げる度に発揮していたのです。」




「 θεραπαινίδες 」、
θεραπαινίδα : η υπηρέτρια
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月22日

エティオピア物語 第二巻 24-7

   Κάτι σάν κέρδος σ' αυτες τις περιστάσεις είναι ότι η πρόγνωση αμβλύνει το χτύπημα της συμφοράς・ γιατί είναι αφόρητο, γιέ μου, το απρόσμενο κακό και πιό υποφερτό το αναμενόμενο : το ένα παραλύει το μυαλό, ενώ το άλλο η συνήθεια το κυβερνάει με τη σκέψη.



 「まるで、人々の暮らしには、それが得でもあるかのように、予言は、災難の襲来には効かなくなるのです。我が息子よ、予期しない災害や、待ち構えていて耐えられるようなことを越えているの様なものには、人は耐えられないからなのです。一つには、そのようなものは、理性を麻痺させるものですし、また一つには、習慣が思考を御しているのです。」
posted by kyotakaba at 21:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

エティオピア物語 第二巻 24-6

   Κι όταν σ' εκείνην έλαχε άλλη φύση, αρχικά μέν ζούσα χωρίς δοκιμασίες καμαρώνοντας τα δύο παιδιά που μου είχε αφήσει・ αλλά δεν πέρασαν πολλά χρόνια και η μοιραία περιφορά τών ουρανίων σωμάτων άλλαξε τη ζωή μου, το μάτι του Κρόνου ενέσκηψε στο σπιτικό μου φέρνοντας την καταστροφή, την οποία η σοφία μου είχε μεν προφητέψει, αλλά δεν μου έδωσε τον τρόπο να αποφύγω : γιατί τις αμετάκλητες βουλές της μοίρας μπορείς να τις προβλέψεις αλλά δεν είναι μπορετό να τις ξεφύγεις.




 「妻が別の世界に入ってしまっても、最初の内は、妻が私に残していった二人の子供を誇りにしながら、私は苦難もなく生活していたのです。そうして、長い年月が過ぎました。そして、天体の運命の運行が私の人生を変えたのです。土星の目が、私の家族に視線を投げつけて、災難を運んで来たのです。その災難を、知識は私に予言していました、でも一方で、逃げ出す方法は授けていなかったのです。土星の意思は揺るぎのないものですから、人はそれを予測することは出来るのです。けれども、それを避けることは出来ないのです。」





「 ενέσκηψε 」、
hurl 、ενσκήπτω

「 μπορετό 」、
μπορετός :( επίθετο ) 可能な、動詞 μπορώ の形容詞形。
posted by kyotakaba at 10:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月20日

貝合せ

 aimotokiyotakaba - α でやっている、堤中納言物語の訳。と言っても、堤中納言物語を元にして、話しを作り変えての訳ですけれど。

 その「貝合せ」。
とても、現代ギリシャ語になっているとは思えません。でも、、


Στο καλοκαίρι, ο αριστοκράτης έκανε θέλημα του αυτοκράτορα και πήγε στην αμμουδιά του Συλα-χαμα, Κησου. Όταν αυτος επέστρεψε για την πρωτεύσα, ο καιρός είχε περάσει και είχε έρθει ο Οκτώβριος, το φθινόπωρο. Ο αριστοκράτης είχε μετέφερει ένα όμορφο όστρακο ως το ενθύμιο που πήρε στο νησί-Τακα.
Τα χαράματα, έφτασε στη πόλη. Βρέθηκε ακόμα το μισοφέγγαρο στον δυτικό ουρανό. Και το έδαφος ήταν ψυχρό. Ο δρόμος ήταν τυλιγμένος με την ομίχλη που συνεχιζόταν μακριά. Ο αριστοκράτης μπόρεσε να βλέπει μόνο λίγο μπροστά του με την ομίχλη. Αλλά φάνηκε ο δρόμος να προχώρησει πλαί σε ένα τοίχο που δεν είχε καμιά ρωγμή.
Άκουσε τον όμορφο ήχο από την λύρα. Ο ήχος ήρθε από άλλη πλευρά του τοίχο. Και ο αριστκράτης κοίταξε γύρω και έψαξε το στομίο. Ο τοίχος, δε, συνεχιζόταν μακριά, και το ήταν όλο που αυτος παρατήρησε. Ο αριστοκράτης προχώρησε πλαί στο τοίχο και ο τοίχος τέλειωσε στην διασταύρωση. Στην απέναντι πλευπά της διασταύρωστης, βρέθηκε ένας θρυμματιζόνμενος περίβολος και βρέθηκε ένα έρημο αρχοντικό.
Τα μικρό κορίτσια κάλπασαν, κουβεντιάζοντας ταχύ και μπήκαν στο αυτο αρχοντικό. Τα κορίτσια είπαν, ≪ Σοβαρά ! απορούσαμε ! ≫. Έπαψε η λύρα.
≪ Σήμερα είναι η ημέρα που συμμετέχει σε μιά άμιλλα η πριγκήπισσα μας και η έκθεση του όστρακου. ≫
≪ Όμως, δεν μαζεύουμε κανένα όμορφο όστρακο, τίποτα ! ≫
≪ Η πριγκήπισσα της γειτονιάς δωρίζεται πολύ δαπανηρό όστρακο από τον πατέτα της. ≫
≪ Αλλά η πριγκήπισσα μας έχει χάσει τον πατέρα και την μητέρα της με την αρρώστια πρόωρα. ≫
≪ Και δεν έχει κανένα έμπιστο άνθρωπο. ≫
Τα μικρά κορίτια έπαν αντίστοιχως. Ο αριστοκράτης είχε μπει στο αρχοντικό από την ρωγμή και κρυβόταν στο αφανή τόπο και παρακολουθούσε όλα. Στο δωμάτιο ένα όμορφο κορίτσι καθοταν βάζοντας την λύρα δίπρα. Η πριγκήπισσα φορούσε τα λιτά ρούχα.
≪ 'Ηταν αρκετά για τα όρστακο που εσέις μαζεύεις. ≫, είπε το κορίτσι. Τότε, μπήκε άλλη πριγκήπισσα που φορούσε τα λαμπρό ρούχα σε σωρό. Ήταν η πριγκήπισσα της γενιτονιάς. Μόλις είδε το λιτό όστρακο στο χέρι του μικρού κοριτσιύ αδιάφορα, βγήκε.
Τα μικρά κορίτσια ξέσπασαν σε κλάματα και είπαν ομόφωνα πρός την πόρτα, ≪ Κύριε - Γυαννη, μας σώστε ! ≫ Πίσω από την πόρτα, βρέθηκε ο κρυμμένος αριστικράτης. Έτσι, έβαλε το όστρακο που από το νησί-Τακα κάτω από ρην πόρτα.
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月19日

海岸の花 18.2

Κ᾿ ἡ Σπίθα ἐκείνη, ἡ φωτιὰ τοῦ πελάγου ποὺ εἶδες, Μάνο, εἶναι ἡ ψυχὴ τοῦ Βασιλόπουλου, ποὺ ἔλιωνε, σβήσθηκε στὰ σίδερα τῆς σκλαβιᾶς, καὶ κανεὶς δὲν τὴν βλέπει πιά, παρὰ μόνον ὅσοι ἦταν καθαροὶ τὸν παλαιὸν καιρόν, καὶ οἱ ἐλαφροΐσκιωτοι στὰ χρόνια μας≫.

τέλος


「そして、その火花、マノスよ、お前が見ているあの海の光は、王子の魂なのだ。奴隷の鉄の枷で窶れ果てた王子の魂なのだ。大昔の世界が清純であった時を除いては、誰も、それを見ることは出来ないのだ。今の我らの時代では、幻視者だけが海の光を見ることが出来るのだ。」

終り


「 ἐλαφροΐσκιωτοι 」、
αλαφροΐσκιωτος : αυτός που μπορεί να βλέπει ξωτικά, νεράιδες, φαντάσματα
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシア文明

 『ギリシア文明』
フランソワ・シャムー François Chamoux ( 1915- 2007 )
桐村泰次 訳

論創社   2010年3月刊

原題『 LA CIVILISATION GRECQUE 』1963年刊


Francois Chamoux - Civilizatia greaca (vol. 2)

Hellenistic civilization - Google Books




Books.or.jp 【書籍の詳細】ギリシア文明 ギリシアブンメイ


ギリシア文明 [単行本] / フランソワ シャムー (著); Fran〓@7AB7@cois ...


posted by kyotakaba at 09:19| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月18日

海岸の花 18.1

≫Μερικοὶ λένε, πῶς τὸ Ἄνθος τοῦ Γιαλοῦ ἔγινε ἀνθός, ἀφρὸς τοῦ κύματος.


「幾人かの者は、海岸の花は、波の泡となった、と言っておるのだ。」



追記:


ἀνθός ( 花 ) とἀφρὸς ( 泡 ) の語が似ていることを使っています。
posted by kyotakaba at 12:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 24-5

   ≪ Όλα θα τα μάθεις ≫, είπε ο γέροντας, ≪ Πρώτα όμως θα σου μιλήσω σύντομα για τα δικά μου, όχι για ν' αποφύγω με σοφιστείες τη διήγηση, όπως εσυ νομίζεις, αλλά για να σε προετοιμάσω ν' ακούσεις τα συμβάντα με την κανονική σειρά. Πατρίδα μου είναι η Μέμφις και τ' όνομα του πατέρα μου Καλάσιρης και άν τώρα περιφέρομαι σε ξένους τόπους, δεν ήμουν πάντα έτσι・ παλιά ήμουν προφήτης. Παντρεύτηκα κατά τους νόμους της πόλης κι έχασα τη γυναίκα μου κατά το νόμο της φύσης.




 老人は言いました。「全てを貴方は知るでしょう。けれども、最初に、わたし自身のことについて、かいつまんでお話しするつもりなのです。詭弁を使って、物語りを避けているのではないのです。貴方がご存知のように、普通の順序で出来事を貴方にお聞かせする心算なのです。私の故郷はメンフィスなのです。父の名前は、カラシリスです。今は異国を放浪しておりますから、ずっと故郷には居りません。嘗ては、私たちは神の言葉を告げる神官だったのです。都の法に従って、結婚しました。そして、自然の法則に従ってその妻を亡くしたのです。」
posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月17日

海岸の花 17.3

Καὶ τὸ Βασιλόπουλο, ποὺ εἶχε πέσει στὰ χέρια τῶν βαρβάρων, ἐπαρακάλεσε νὰ γίνῃ Σπίθα, φωτιὰ τοῦ πελάγους, γιὰ νὰ φτάση ἐγκαίρως, ὡς τὴν ἡμέρα ποὺ γεννᾶται ὁ Χριστός, νὰ φυλάξη τὸν ὅρκο του, ποὺ εἶχε δώσει στὴ Λουλούδω.




「蛮族の手に落ちていた王子は、火花、海の光が生じるように懇願していたのだ。キリストの生誕の日に、ちょうど帰れるようにと、そう頼んでいたのだ。ルウルウドにした誓いを守るために帰れるように、そう頼んでいたのだ。」


訂正:
ἐγκαίρως は地方。γίνῃ は自分がΣπίθαになる。

 「そして、ルウルウドが波に投げていた涙は海を苦くして、風に投げていた溜息は散り散りにされて、天に投げていた祈りは全知全能の神の御座に届くことなく大地に落ちたのだ。そうして、高く聳える二つの巌の間に、人の言う海岸の花、芳しい小花が芽吹いた、その花は不過視、目には見えない花なのだ。そして王子、ハリストの生誕の日までにはこの国に戻り、ルウルウドに与えた誓いを守りたい王子は、けれど、蛮族の手に落ちそれが出来ない王子は、海の光、人の言う不知火に化身したいと願を懸けたのだ。」
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月16日

海岸の花 17.2

Ἕνα λουλουδάκι ἀόρατο, μοσχομυρισμένο, φύτρωσε ἀνάμεσα στοὺς δυὸ αὐτοὺς βράχους, ὁποὺ τὸ λὲν Ἀνθὸς τοῦ Γιαλοῦ, ἀλλὰ μάτι δὲν τὸ βλέπει.



「目には見えない芳しい小花が、あの二頭の岩の間に芽吹いたのだ。人はそれを海岸の花と呼んだのだ。だが、見ることは出来ないのだ。」
posted by kyotakaba at 12:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月15日

海岸の花 17.1

≫Τὰ δάκρυα τῆς κόρης ἐπίκραναν τὸ κῦμα τ᾿ ἁρμυρό, οἱ ἀναστεναγμοί της ἐδιαλύθηκαν στὸν ἀέρα, κ᾿ ἡ προσευχή της ἔπεσε πίσω στὴ γῆ, χωρὶς νὰ φθάση στὸ θρόνο τοῦ Μεγαλοδύναμου.




 「娘の涙は、波を塩辛くしたのだ。娘の溜め息は、風にのって散り散りになったのだ。そうして、娘の祈りは大地に落ちたのだ。娘の祈りは、全知全能の神の御座には届くことはなかったのだ。」
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月14日

海岸の花 16.3

Τὸ Βασιλόπουλο εἶχε χυμήξει μὲ ἀκράτητην ὁρμή, ἀπάνω στὸ μούστωμα καὶ στὴ μέθη τῆς νίκης. Οἱ βάρβαροι μὲ δόλο τὸν εἶχαν αἰχμαλωτίσει!




「王子は、抑えの利かない勢いで、襲い掛かったのだ。勝利のとば口、半ばにいたのだ。蛮族は、罠で王子を捕えたのだ。」



「 μούστωμα 」、
分かりません。μού + στόμα としても、意味が分からないのですが。
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月13日

フジテレビ『大使館の食卓』106回 駐日ギリシャ共和国大使館

 BSフジテレビの番組『大使館の食卓』106回は、駐日ギリシャ共和国大使館。
放送は、3月6日。見逃しました。と言うか、BS日テレは、『トラベリックス』なので忘れてました。『トラベリックス』見て、『世界ふれあい街歩き』だから、、

 再放送、3月13日、午後9時。 ( 放送されるかどうか? )

大使館の食卓 -Back Number-

 番組ホームページのレシピから、

1. スパナコピタ
2. コトプロ・レモナト
3. タラモサラタ
4. ヤウルティ・メ・メリ(蜂蜜ヨーグルト)

ホームページには各レシピがあります。
posted by kyotakaba at 08:36| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月12日

春めく

 in.gr、3月12日付け記事、

Ανοιξιάτικο Σαββατοκύριακο με ηλιοφάνεια και κανονικές για την εποχή θερμοκρασίες


陽差しのために春めいた週末に、
気温は、この時期の平均に。
posted by kyotakaba at 21:45| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 24-4

   Αλλά ο Κνήμων τον διέκοψε : ≪ Πολλά λές για βουκόλους και σατράπες και βασιλείς ≫, του είπε. ≪ Λίγο ακόμα και θα με ξεγελούσες αλλάζοντας κουβέντα・ το επεισόδιο που παρεμβαλλεις δεν έχει, που λέει ο λόγος, καμιά σχέση με την υπόθεση. άσ' το λοιπόν και έμπα στην αφήγηση που μου έταξες γιατί σε πιάνω να φέρεσαι σάν τον Πρωτέα από τον Φάρο με μόνη διαφορά ότι εσύ, αντί να αλλάζεις κάθε τόσο τη μορφή σου, αλλάζεις θέμα συζητήσεως ≫.




 ところが、クニモンは老人を遮りました。そして言いました。「貴方は、牛飼いや太守や王については、多くのことを語られました。直ぐにも、話題を変えて、私を騙すおつもりなのですか。貴方が加えられる出来事は、物事の道筋では、事件と何の関係も無いものです。ですから、それは置いておいて、私に約束した物語の中身に入って下さい。なぜかと言えば、それほど度々にご自分の姿を変えたり、話題の主題を変えたりする代わりに、貴方そのものが見えないだけの、灯台の中でも一番の灯台だと、私は貴方のことを考えているのですから。」



「 άσ' 」、
αφήνω のピロスタティキ( 命令形 )・アオリスト、単数。


「 έμπα 」、
μπαίνω のピロスタティキ( 命令形 )・アオリスト、単数。
posted by kyotakaba at 08:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月11日

Εικόνες αποκάλυψης στην Ιαπωνία

Σεισμός 8,8 βαθμών - συνεχείς μετασεισμοί- πολλοί τραυματίες

黙示録の図、日本で
posted by kyotakaba at 16:54| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΚΑΝΑΡΙΝΙ ΜΟΥ ΓΛΥΚΟ

 Ρόζα Εσκενάζι を扱ったドキュメンタリー映画。
Ρόι Σερ 監督作品、2011年。 監督はどこの国の人? 出資は、イスラエル、ギリシャ、フランス。

 cine.gr には、まだ掲載がないようです。
 IMDb には、
My Sweet Canary (2011) - Full cast and crew

 セサロニキ映画祭:
Φεστιβάλ Ντοκιμαντέρ Θεσσαλονίκης :: TDF13 - Πρόγραμμα


 これを知ったのは、ブログ『ギリシャへ そして ギリシャから』で、
『可愛いカナリア』 - ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece


 映画のトレーラー:




ハリス・アーレクシウも出ています。( 若い )
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 16.2

Τὸ φουσάτο του εἶχε νικήσει στὴν ἀρχή, τὰ φλάμπουρά του εἶχαν κυριέψει μὲ ἀλαλαγμὸ τὰ κάστρα τῶν βαρβάρων.



「王子の軍隊は始めは勝っていたのだ。王子の旗は、喊声と共に蛮族の砦を征服したのだ。」



「 φουσάτο 」、
η ένοπλη ομάδα. το στράτευμα
posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月10日

まちがい

 『海岸の花』で、繰り返される「Νά, τώρα θὰ ῾ρθῆ τὸ Βασιλόπουλο, νὰ πάρη τὴν Λουλούδω!」、
ずっと、「その時、王子が遣って来た。そして、ルウルウドを抱き上げたのだ!」と、過去形のように訳していたのですが、未来形か推量でないといけなかったのです。θα ですから。
 なんだか分からないまま読んでいたので。

さあ、ついに、王子が遣って来たのではないか、そして、ルウルウドを抱き上げるのではないか!

と、訂正します。
posted by kyotakaba at 21:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 24-3

   Και είναι οργισμένος που του άρπαξαν την Αθηναία κόρη όχι μόνο επειδή ήταν ερωμένη του και έξοχη τραγουδίστρια, αλλά και επειδή την πήγαινε, όπως έλεγε, στον βασιλιά των Αιθόπων για να συντροφεύει τη γυναίκα του στην τέλεση των ελληνικών εθίμων. Καθώς λοιπόν η αρπαγή της του στερεί τη μεγάλη ανταμοιβή που προσδοκούσε, έχει κινήσει κάθε μηχανή για να την ξαναπάρει・ αλλά κι εγώ ο ίδιος τον παρότρυνα με την ελπίδα πώς ίσως θα μπορούσε να σώσει και τα οαιδιά μου ≫.




「その怒りは、ナフシキリスから奪ったアテネの娘が、愛人で優れた歌手であったからと言うだけではなく、彼の言う所によれば、エティオピアの王の所へ娘を連れて行って、ギリシャ的な習慣での儀式に出る王妃にお供をさせる筈だったと言う理由から、起こったものなのです。このような分けですから、娘の誘拐は、ナフシキリスから莫大な謝礼を貰う機会を奪ったのです。彼はそれを期待していたのです。それで、シスヴィを奪い返すために、度々の策略を計り始めたのです。ですけれど、私自身は、彼を励ましているのです。もしかすると、私の子供たちを救うことも出来るのではないかと言う期待があるからなのです。」
posted by kyotakaba at 21:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 16.1

≫Πέρασαν τὰ Χριστούγεννα, τελειώθηκε τὸ μυστήριο, ἔγινε ἡ σωτηρία, καὶ τὸ Βασιλόπουλο δὲν ᾖρθε νὰ πάρη τὴν Λουλούδω! Οἱ βάρβαροι εἶχαν πάρει σκλάβο τὸ Βασιλόπουλο.



 「キリスト生誕祭は過ぎていった、神秘は終わったのだ。救済が行われたのだ。そして、王子はルウルウドを抱き上げにこなかったのだ! 蛮族は、王子を奴隷にしたのだ。」
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月09日

エティオピア物語 第二巻 24-2

   Κι όταν ο γέροντας τον ρώτησε ≪ τί έπαθες; ≫, ≪ αναρωτιέμαι ≫, απάντησε, ≪ πώς και με τίνος υποστήριξη σχεδίασε την επιδρομή ≫. Και κείνος ≪ φίλε μου ≫, είπε, ≪ στο όνομα του Μεγάλου Βασιλιά την Αίγυπτο κυβερνάει ο Ορονδάτης κι έχει ορίσει φρούραρχο αυτης εδώ της πόλης τον Μιτράνη・ αυτον λοιπόν, αντί πολλών χρημάτων, έχει πάρει μαζί του ο Ναυσικλής με πολυάριθμο στρατό και πλήθος καβαλάρηδες.




 老人がクニモンに「何を苦にしておられるのか?」と尋ねると、クニモンは答えました。「一体、誰の差し金で、襲撃が企てられたのだろうかと、私は怪訝に思うのです。」 すると、老人は言いました。「優しいお方、大王の名の下にエジプトは支配されていて、そして、ここ、ミトラニーの都の守備をオロンダティスが司っているのです。そして、大金の代わりに、ナフシキリスは、大人数の軍隊と共に、多くの騎兵を連れて行ったのです。」



2013年2月21日訂正
「優しいお方、大王の名の下にエジプトは支配されていて、そして、ここ、ミトラニーの都の守備をオロンダティスが司っているのです。そして、大金の代わりに、ナフシキリスは、大人数の軍隊と共に、多くの騎兵を連れて行ったのです。」

「優しいお方、大王の名の下にエジプトをオロンダティスが支配しています、そして、この都の守備にミトラニスを指定しているのです。そして、ナフシキリスは、大金の代わりに、ミトラニスと共に、大人数の軍隊と多くの騎兵を連れて行ったのです。」
posted by kyotakaba at 22:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 15.4

Ἄνοιξαν τὰ πλούσια τὰ δισάκια τους, κ᾿ ἐπρόσφεραν δῶρα: χρυσὸν καὶ λίβανον καὶ σμύρναν.
- ≫Νά! τώρα θὰ ῾ρθῆ τὸ Βασιλόπουλο, νὰ πάρη τὴν Λουλούδω!




「三人の長老は、中身の詰った革袋を開いたのだ。そして、贈物を捧げた。金、乳香、没薬だった。」
「さあ、ついに、王子が遣って来たのではないか、そして、ルウルウドを抱き上げるのではないか!」
posted by kyotakaba at 12:38| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

エティオピア物語 第二巻 24-1

   ≪ Και που βρίσκεται τώρα ≫ ρώτησε ο Κνήμων όταν αναγνώρισε το όνομα του Ναυσικλή. ≪ Έχει πάει για κυνήγι ≫. Κι όταν ο Κνήμων ρώτησε τί ζώα κυνηγούσε, ≪ τα πιό άγρια θηρία ≫, απάντησε, ≪ που ναί μεν ονομάζονται άνθωποι και βουκόλοι, αλλά ζούν από τη ληστεία και είναι πολύ δύσκολο να πιάσεις γιατί έχουν για φωλιές και τρύπες τους το έλος ≫. ≪ Και για ποιό πράγμα τους κατηγορεί; ≫ ≪ Για την αρπαγή μιάς Αθηναίας ερωμένης του ― Θίσβη έλεγε πώς ήταν το όνομα της ≫. ≪ Αλίμονο ≫, είπε ο Κνήμων κι αμέσως σώπασε σάν κάτι να τον είχε συγκρατήσει.




 クニモンは、ナフシキリスの名前を聞き留めると、尋ねました。「それで、その方は今何所に居られるのですか。」「猟りに出掛けているのです。」 そして、クニモンがどんな動物を猟るのかと聞くと、老人は答えました。「とても凶暴な獣です。人間・牛飼いと呼ばれているのです。獣たちは、強奪をして生きています。そして、沼地に巣や隠れ穴を持っているので、捕まえるのはとても難しいのです。」「それでは、どんなことで、ナフシキリスさんは、獣たちを非難しているのですか?」 「彼の愛人でアテネの女性の強奪なのです。 ― 女性の名前は、シスヴィと呼ばれていました。」 「ああ、何と悲しい事か!」とクニモンは言いました。そして、そう言うと直ぐに、何かがクニモンを押さえつけているかのように、黙り込んだのでした。
posted by kyotakaba at 21:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 15.3

Οἱ τρεῖς βασιλικοὶ γέροι ξεπέζεψαν ἀπ᾿ τὶς καμῆλες τους, ἐμπήκαν στὸ Σπήλαιο, κ᾿ ἔπεσαν κ᾿ ἐπροσκύνησαν τὸ Παιδί.




「三人の王室の長老は駱駝から降りたのだ。洞窟の中に入り、身を投げ出して、御子を跪拝したのだ。」


「 ξεπέζεψαν 」、
ξεπεζεύω : κατεβαίνω από τη ράχη αλόγου ή άλλου υποζυγίου
posted by kyotakaba at 12:34| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月07日

エティオピア物語 第二巻 23-6

   ≪ Θ' ακούσεις τα πάντα ≫, είπε ο γέροντας, ≪ και μακάρι να βρισκόταν κοντά μας και ο καλός μου ο Ναυσικλής που, με διάφορες προφάσεις, του έχω άλλοτε αρνηθεί τη διήγηση που τόσο επίμονα μου ζητούσε ≫.



 老人は言いました。「貴方はすべてを聞かれるのでしたら、私の友人ナフシキリスが側にいてくれたらよかったのにと思うのです。以前に、私は、ナフシキリスがそれはしつこく話しを聞かせてくれと頼むのを、色々な言い訳を付けて、断っていたのです。」



「 μακάρι να βρισκόταν 」、
μακάρι να パラタティコスは、〜であったならばよかった。
posted by kyotakaba at 22:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Χιόνια στο κέντρο της Αθήνας

 in.gr 3月6日付け記事から、

Χιόνια ακόμα και στο κέντρο της Αθήνας αναμένονται την Τρίτη

火曜日には、アテネ中心部に、まだ雪が見込まれる
posted by kyotakaba at 14:47| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 15.2

Καὶ τ᾿ ἀστεράκι, ἕνα λαμπρὸ χρυσὸ ἀστέρι, ἐχαμήλωσε κ᾿ ἐκάθισε στὴ σκεπὴ τῆς Σπηλιᾶς, κι ἔλαμπε μὲ γλυκὸ οὐράνιο φῶς, ποὺ παραμέριζε τῆς νύχτας τὸ σκοτάδι.


「多数の小さな星の中で、一つ金に輝く星があったのだ。それが、降りて来て、洞窟の覆いの上に留ったのだ。天空の灯りは優しく輝いていた。夜から、闇を追い遣ったのだ。」




「 ἐχαμήλωσε 」、
χαμηλώνω
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月04日

エティオピア物語 第二巻 23-5

   Κι αφού έφαγαν καρύδια και σύκα και φρέσκους χουρμάδες και άλλα τέτοια που αποτελούσαν τη μόνη τροφή του γέροντα ( γιατί ούτε μιά ζωή δεν θυσίαζε για την τροφή του ) και ήπιαν ο ένας το νερό κι ο άλλος το κρασί του, ο Κνήμων, μετά από μικρή παύση, ≪ γέροντα ≫, είπε, ≪ ξέρεις πόσο αγαπάει ο Διόνυσος τις ιστορίες και τις κωμωδίες・ εκείνος λοιπόν βασιλεύει αυτη τη στιγμή στην ψυχή μου και εμπνέει τον πόθο της ακρόασης και με βιάζει ν' απαιτήσω από σένα την ανταμοιβή που μου έταξες και είναι ώρα ν' αρχίσεις τη διήγηση στήνοντας σάν επί σκηνής το δράμα ≫.




 そして、胡桃と無花果と新鮮な椰子の実、そのほかの老人一人分の食べ物を食べて、( と言うのは、老人の食べ物の為には、一頭の命も犠牲に捧げられてないからなのです。 ) 老人は水を飲み、他方のクニモンは、老人の葡萄酒を飲んだのです。クニモンは、少しだけ休んだ後、言いました。「ご老人、貴方は、神話や喜劇の中のディオニソスが何を大切にしているかをよくご存知です。なるほど、ディオニソスが私の精神を支配してしまった時には、話しを聞くことへの熱望を起こさせるのです。私に貴方からの報酬を受ける様に無理強いするのです。私に取る様に定められている報酬です。さあ、貴方が、劇の舞台の上での様に立って、物語を始める時間ですよ。」



「 χουρμάδες 」、
χουρμάς 、男性名詞。語尾が ας で、そのαにトノスがある男性名詞の複数形・語尾は、- άδες に。
posted by kyotakaba at 20:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 15.1

≫Ἔφτασαν κ᾿ οἱ τρεῖς Μάγοι, καβάλα στὶς καμῆλες τους. Εἶχαν χρυσὲς μίτρες στὸ κεφάλι, κ᾿ ἐφοροῦσαν μακριὲς γοῦνες μὲ πορφύρα κατακόκκινη.


 「さらに、三人の魔術師が遣って来たのだ。駱駝に乗って来た。魔術師達は、頭に金の司教冠を冠っていたのだ。そして、赤見の強い紫色の長い毛皮を纏っていた。」



「 οἱ τρεῖς Μάγοι 」、は、オリオン星座の真ん中のベルトの三つの星のことも言うようです。
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Οι Καρυάτιδες καθαρίζονται με ακτίνες λέιζερ

 3月3日付け、カセメリニ web 版記事から。

Οι Καρυάτιδες καθαρίζονται με ακτίνες λέιζερ



Οι Καρυάτιδες του Ερεχθείου δεν κουβαλούν μόνο τον πολιτισμό της αρχαίας Ελλάδας, αλλά αιθάλη και κρούστα αιώνων. Η μέθοδος λέιζερ, που πρωτοεφαρμόστηκε στη δυτική ζωφόρο του Παρθενώνα, έχει πια δοκιμαστεί επαρκώς, αφού οι αρχαιολόγοι ήθελαν να είναι σίγουροι: ≪Για τα μνημεία μείζονος σημασίας, όπως είναι τα μνημεία της Ακρόπολης, χρειάζεται προσοχή και περισυλλογή≫. Ο συνδυασμός υπέρυθρου και υπεριώδους μήκους κύματος έχει πλέον αναλάβει δράση κατά της αιθάλης...



カリアティードは、放射線レーザーで洗浄される

エレクティオンのカリアティードは、古代ギリシャの文明を伝えているだけではありません。何世紀にも亘る、かさぶたの様になった煤も持って来ているのです。レーザーを使う手段は、パルセノンの西側のフリーズには初めて実施されるの方法で、考古学者は、「アクロポリスの遺跡群は、非常に重要な遺跡であるのだから、注意と破損しないように徹底した管理が必要である。」と言って、この方法が安全であることをも求めていましたけれど、すでに十分に試されているものです。赤外線と紫外線の波長の組み合わせは、煤に対してより高い効能を発揮しているのです。


A_karyatides_14363.jpg


posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月03日

エティオピア物語 第二巻 23-4

   ≪ Μελλοντικά και άδηλα μου τάζεις ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ ενώ μπορείς με όσα έχεις τώρα να με ανταμείψεις ≫. ≪ Πές μου τί βλέπεις να έχω γιατί ακόμα και κομμάτι από το σώμα μου είμαι πρόθυμος να θυσιάσω ≫. ≪ Κανένας μέλος σου δεν χρειάζεται να κόψεις, αλλά θα θεωρήσω ότι έχω πάρει όλα όσα θέλω άν στέρξεις να μου ιστορήσεις από που είναι και ποιοί είναι οι γονείς τους, πώς έχουν φτάσει εδώ και τί βάσανα έχουν πετάσει ≫. ≪ Θα πάρεις ≫, αποκρίθηκε ο γέροντας, ≪ ανταμοιβή μεγαλύτερη από κάθε άλλη, πιό μεγάλη από όση θα έπαιρνες άν μου γύρευες όλα τα πλούτη του κόσμου. Αλλά τώρα άς τσιμπήσουμε κάτι γιατί θα χρειαστεί κι εγώ πολλά να πώ κι εσύ πολλά ν' ακούσεις ≫.




 クニモンは言いました。「来る日に、貴方が私に贈り物を下さるのは明らかです。ですけれど、今、私にお返しをされることも出来るのです。」「私の身体の一部を刻んで、それを捧げるのさえ喜んでしますのに、私がお返しに持っているものとは、一体何なのでしょう、教えて下さい。」「貴方の何所も切る必要などありませんよ。ですが、もし貴方が、何所のご出身で、あの人たちの両親が誰で、どうやってここに来たのか、そして、どんな苦役が降り掛かったのかを、私にお話し下さることをご承知なさるのでしたら、私が望んでいる何もかもを頂くことになると、思います。」老人は答えました。「ではお取り下さい。他のどれよりも大きなお返しです。世界のすべての富を私にせがんだとしても、そのすべてよりも大きなお返しですよ。ですが、では、さあ、何かを少しだけつまみましょう。と言うのは、私は多くを語らねばなりませんし、貴方は多くを聞かねばならないからです。」




「 άν στέρξεις 」、
στέργω
posted by kyotakaba at 20:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Mαρία Εγγλέζου

 iTunes music store に、Mαρία Εγγλέζου の2011年のアルバム『 Φύγε άν μπορείς 』があったので。

MARIA EGGLEZOY


 マリア・エグレズは、テッサリアの Καρδιτσα の出身。

( オフィシャルのビデオではないようですが、 )


posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 14.2

Εἶχαν ἰδεῖ τὸν Ἄγγελον ἀστραπόμορφον, μὲ χρυσογάλανα λευκὰ φτερά, εἶχαν ἀκούσει τ᾿ ἀγγελούδια ποὺ ἔψαλλαν: Δόξα ἐν ὑφίστοις Θεῷ! Ἔμειναν γονατιστοί, μ᾿ ἐκστατικὰ μάτια, κάτω ἀπὸ τὸ παχνί, πολλὴν ὥρα, κ᾿ ἐλάτρευαν ἀχόρταγα τὸ θάμα τὸ οὐράνιο. Νά! τώρα θὰ ῾ρθῆ τὸ Βασιλόπουλο, νὰ πάρη τὴν Λουλούδω!




「羊飼い達は、金をまぶした蒼と純白の羽根を持つ、閃光を放つ天使を見ていたのだ。小天使が讃歌を歌うのを聴いていたのだ。生ける神を讃えよ! 羊飼い達は、長い間、我を忘れた目つきで、飼い葉桶の元に跪いたのだ。そうして、飽きることなく、天の奇跡を崇めたてたのだ。見るのだ! その時、王子が遣って来た。そして、ルウルウドを抱き上げたのだ!」



「 ἀστραπόμορφον 」、
αστραπόμορφος (επίθετο) : ο όμοιος με την αστραπή, αυτός που δίνει λάμψη όμοια με την αστραπή.


「 ὑφίστοις 」、
分かりません。υπάρχω と関連した語かと思いました。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月02日

エティオピア物語 第二巻 23-3

   ≪ Ώ Απόλλων ≫, ανέκραξε ο γέροντας, ≪ ώ θεοί ! Και που γής; Πές μου ! Σωτήρας και θεός μου θα γίνεις ≫. ≪ Και ποιά θα είναι η ανταμοιβή μου; ≫ είπε ο Κνήμων. ≪ Πρός το παρόν η ευγνωμοσύνη・ αυτο είναι, πιστεύω, το πιό όμορφο δώρο για έναν φρόνιμο άνθρωπο και ξέρω πολλούς που το φυλάνε σάν θησαυρό στην ψυχή τους・ και άν κάποτε επιστρέψω στην πατρίδα μου ― και τα θείκα σημάδια λένε πώς αυτο δεν θ' αργήσει ― , θα σου χαρίσω όσα πλούτη ποθεί η ψυχή σου ≫.




 老人は声を張り上げて言いました。「ああ、アポロン!! おお、神々よ! それで、この地上の何所になのですか? 教えて下さい! 貴方は、私にとって、救い主か神様なのではないでしょうか。」 クニモンは言いました。「私への報酬は何になるのでしょうね。差し当たり、感謝の気持ちなのでしょう。良識のある人間への、最も優れた贈り物は、この感謝の気持ちであると、私は信じております。それに、心の中に、さも宝物であるかの様に、この感謝の念を貯め込んでいるたくさんの人を私は知っているのです。それに、もしいつの日にか、私が故郷に帰ったならば、― 天の兆しは、私の帰郷がそう遅くはないと言っているのです。― そうすれば、貴方の心が望むだけの富を、私は貴方に贈るでしょう。」




「 Πρός το παρόν 」、
差し当たり
posted by kyotakaba at 20:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 14.1

Ἦρθαν οἱ βοσκοί, δυὸ γέροι μὲ μακριὰ ἄσπρα μαλλιά, μὲ τὶς μαγκοῦρες τους, ἕνα βοσκόπουλο μὲ τὴ φλογέρα του, θαμπωμένοι, ξαφνιασμένοι, κ᾿ ἔπεσαν κ᾿ ἐπροσκύνησαν τὸ θεῖο Βρέφος.



 「そこに、羊飼い達が遣って来た。二人の老人がいた。老人たちは、長い白髪で、杖を突いていたのだ。一人の羊飼いの娘がいた。羊を呼ぶ笛を持っていたのだ。羊飼い達は、魅入られて驚いていたのだ。だから、身を投げ出して、聖なる赤子を跪拝したのだ。」



「 ἐπροσκύνησαν 」、
προσκυνώ
posted by kyotakaba at 12:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Έρκυνα

 リヴァディアのエールキナを紹介するビデオが、YouTube に合ったので。

 エールキナの伝説:
 エールキナは、ペルセフォニの友だちでした。ペルセフォニが二回目の誘拐に遭う前のことです。二人は、ある日、町の近くで、鵞鳥と遊んでいました。でも、鳥は、逃げ出して、岩の後に隠れました。ペセルフォには、鵞鳥を捕まえようと、石を起こしました。すると、泉が大地から吹き出したのです。その泉が、エールキナの泉です。
 トロフォニオスの神託所のお告げを信じる信者たちが、この泉に来て、水浴びをしました。短い期間あったと言うことです。





posted by kyotakaba at 11:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月01日

エティオピア物語 第二巻 23-2

   Πάγωσε ακούγοντας τα ονόματα ο Κνήμων και, κοιτάζοντας τον γέροντα από πάνω ώς κάτω, ≪ τί μου λές ; ≫ του είπε, ≪ όντως είναι παιδιά σου ο Θεαγένης και η Χαρίκλεια ; ≫ ≪ Ναί, φίλε μου ≫, είπε ο γ'ερπντας, ≪ παιδιά μου, που όμως δεν μου τα γέννησε μητέρα・ οι θεοί μου τα έκαμαν δώρο και οι ωδίνες της ψυχής μου τα γέννησαν・ η αφοσίωσή μου σ' αυτα θεωρήθηκε στοργή πατρική και εξαιτίας της εκείνοι σάν πατέρα με είχαν και πατέρα με ονόμαζαν. Αλλά πές μου, εσύ που τους γνώρισες ; ≫ ≪ Όχι μόνο τους γνώσια ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ αλλά σού φέρνω και χαρμόσυνη είδηση : ζούν ≫.




 二人の名前を聞いて、クニモンは凍りつきました。そして、老人を上から下まで見入って、言いました。「何と言われました? 本当に、テアゲニスとハリクレアはお父様のお子さんなのですか?」 すると老人は言いました。「ええ、そうですよ、親切なお方。私の子供たちなのです。けれども、母親( 私の妻 )が産んでくれたものではないのですけれどね。神々が私に授けてくれたのです。私の魂の陣痛であの子たちが産まれたのです。あの子たちへの私の献身は、実の父親の愛情だと考えられてます。その愛情故に、二人は、実の父親の様に、私をお父様と呼んでいたのです。ですけれど、教えて下さい。貴方は、何所で二人をお知りになったのですか?」 クネモンは言いました。「いいえ、ただ知っていると言うだけではありませんよ。私は貴方によい知らせを持って来ているのです。二人は生きています。」
posted by kyotakaba at 20:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

海岸の花 13.2

Ἕνα βοϊδάκι κ᾿ ἕνα γαϊδουράκι ἐσίμωσαν τὰ χνῶτα τοὺς στὸ παχνὶ κ᾿ ἐφυσοῦσαν μαλακὰ νὰ ζεστάνουν τὸ θεῖο Βρέφος. Νά, τώρα θὰ ῾ρθῆ τὸ Βασιλόπουλο, νὰ πάρη τὴν Λουλούδω!



「子牛が一頭、子驢馬が一頭飼い葉桶に、臭い息を寄せていた。そして、聖なる赤子に、優しく近づいたのだ。さあ、ついに、王子が遣って来たのではないか、そして、ルウルウドを抱き上げるのではないか!」



「 βοϊδάκι 」、
βούς ( 牛:カサレヴサ ) に近い語か? βοϊδάκι で、赤と黒の斑のトカゲを指すこともあるようですが。

「 ἐσίμωσαν 」、
σιμώνω
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする