2011年04月30日

Εφυγε από τη ζωή ο Λάκης Σάντας

 ト・ビーマ、4月30日付け記事から、

Εφυγε από τη ζωή ο Λάκης Σάντας
απεβίωσε το Σάββατο σε ηλικία 89 ετών

ラキス・サンタス、死去。
土曜日に、89歳で死去。

ラキス・サンタスは、第二次大戦中のレジスタンスとして有名な人物。1940年の5月30日に、アクロポリスにそれまで掲げられていたナチスのハーケン・クロイツを降ろした人物。
70年前の記念的な日に、後一ヶ月と言う日に亡くなったと言うことです。
posted by kyotakaba at 21:40| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νεώτεροι συγγραφείς για τον Παπαδιαμάντη

 ト・ビーマ、4月29日付け記事から、


Νεώτεροι συγγραφείς για τον Παπαδιαμάντη
Εκδοση του Μορφωτικού Ιδρύματος της ΕΣΗΕΑ κυκλοφόρησε προσφάτως για τον μεγάλο Ελληνα συγγραφέα με αφορμή τα 100 χρόνια από την γέννησή του



パパディアマンティスにつながる最新の作家たち

ΕΣΗΕΑ ( アテネ日刊紙編集連合 )の教育機関の出版部が、最近、ギリシャの偉大な作家の生誕百年に際して、刊行しました。


http://www.tovima.gr/books-ideas/article/?aid=397981&h1=true



ΕΣΗΕΑ : Ένωσις Συντακτών Ημερησίων Εφημερίδων Αθηνών
http://www.esiea.gr/gr/index.html
posted by kyotakaba at 09:25| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月28日

ηλεκτρονική διακυβέρνηση

 カセメリニ web 版、4月27日付け記事から、

Προχωρά το 40ωρο στο Δημόσιο
Την αύξηση των ωρών εργασίας για τους δημοσίους υπαλλήλους από 37,5 που ισχύει σήμερα σε 40 προβλέπει διάταξη του νομοσχεδίου για την ηλεκτρονική διακυβέρνηση.



公共機関で40時間へ、推進

公務員の就業時間を37.5より増やすことについて、現在では、法案の条項に40時間と記されるとの推測が電子投票で優勢です。


Προχωρώ : βαδίζω μπροστά

Ηλεκτρονική διακυβέρνηση:e-government
posted by kyotakaba at 10:55| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月27日

Φιστίκι Αίγινας

 エギナ島のピスタチオの収穫の様子





Aegina 's blogspot
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

τσιγάρα ≪χύμα≫

 カセメリニ web 版、4月23日付け記事から


Πωλούνται πάλι τσιγάρα ≪χύμα≫
Επιστροφή στο 1950-60



再び、たばこバラ売りに
1950−1960年に逆戻り
posted by kyotakaba at 14:44| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月24日

ルウルウド

 Αλέξανδρος Παπαδιαμάντης の『 Άνθος του γιαλού 』、訳を訂正して、他のサイトに投稿しました。題名も、「ルウルウド」に。


縦書き文庫 | ルウルウド(キヨうた迦羽)
posted by kyotakaba at 09:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月22日

Βροχή από ≪πεφταστέρια≫

 カセメリニ web 版、4月22日付け記事見出し、

Βροχή από ≪πεφταστέρια≫ τη νύχτα της Μ. Παρασκευής

ペルセウス座流星雨、メガロ・パラスケビ ( 聖大金曜日 )の夜に
posted by kyotakaba at 21:35| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νίκος Παπάζογλου

 このところ、iTunes music store でヒットしているのは、4月17日に亡くなった、Νίκος Παπάζογλου の「 Αύγουστος ( 八月 ) 」。
Νίκος Παπάζογλου は、1948年生まれ。


Alpha TV の番組『 Αλ Τσαντίρι Νιουζ 』でのライブ、
Alpha TV (BETA) - ΑΡΧΙΚΗ





posted by kyotakaba at 10:03| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月21日

Φεύγει η... Αθήνα για Πάσχα

 カセメリニの見出しから、

Φεύγει η... Αθήνα για Πάσχα

パスハで、アシナは去る

訂正:
パスハの間、出掛けますか、…それともアテネに

 22日が、Μεγάλη Παρασκευή で、24日の日曜日が、Κυριακή του Πάσχα で、25日の月曜日が、Δευτέρα του Πάσχα 。

 パスハは復活の日です。


 あ、今年のパスハは、イースターと同じ日、
posted by kyotakaba at 21:58| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 26-5

   Μπήκα στον ιερό χώρο, προσκύνησα, και μόλις είχα σχηματίσει στο νού μιά ευχή όταν ακούστηκε βαριά η φώνη της Πυθίας :

Εσύ που αφήνοντας τις πολύβλαστες όχθες του Νείλου
προσπαθείς ν' αποφύγεις όσα σου έχουν κλωσμένα οι πανίσχυρες μοίρες,
έχε θάρρος : γρήγορα εγώ θα σου δώσω της Αιγύπτου την εύφορη γή για την ώρα άς είσαι φίλος μου.




 「私は聖域に入りました。そして、礼拝したのです。と言うのは、ピュシアの荘厳な声を聞きたいと言う願いを心にずっと画いていたからなのです。

そのピュシアの言葉は、
『ナイルの緑豊かな岸辺を後にして来たお前、
強力な運命が紡いで来たすべてから、逃れようとしているお前、
信じなさい。直ぐにも、私はお前に、エジプトに肥沃な土地を与えよう、
お前は、今や、我が友なのだから。」

posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月20日

エティオピア物語 第二巻 26-4

≪ θα σου την πώ ≫, είπε και ξαναγύρισε στα όσα είδε και άκουσε στην πόλη. ≪ Θαύμασα λοιπόν το κέντρο της πόλης με τους δρόμους και τις αγορές και τις κρήνες του, πήγα και στην Κασταλία και ραντίστηκα με το αγίασμα κι αμέσως ύστερα έσπευσα στο ναό : ο κόσμος έλεγε ότι ήταν η ώρα που διεγειρόταν η προφήτισσα κι αυτο έδινε στα πόδια μου φτερά.




 「市のことをお話ししましょう。」そう言って、自分が見聞きした市に帰って行くようでした。「それで、私は、市の中心の道路、市場、泉に驚いたのです。そして、カスタリアに行って聖水を浴びました、その後直ぐに、神殿へと急いで行ったのです。:世間では、今は、女予言者が活発になっている時なのだ、と言われていました。そう言う話しが、私の足に翼を生やしたのです。」
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月19日

Εδεσματολόγιον Κρήτης

 『 Εδεσματολόγιον Κρήτης 』 クレタ島の食事
出版社:Σαββάλας

Εκδόσεις Σαββάλας Α.Ε.

『 Εδεσματολόγιον Κρήτης 』の紹介ページは、pdf ファイル:
http://savalas.gr/pr/28155.pdf

34.90ユーロ。

28155.jpg
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 26-3

   ≪ Πολύ ωραία μιλάς ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ το βλέπω πώς την ένιωσες την πυθική πνοή・ έτσι ακριβώς μου περιέγραφε το τοπίο των Δελφών και ο πατέρας μου που είχε σταλεί εκεί από την πόλη των Αθηναίων ώς ιερομνήμων ≫. ≪ Ώστε είσαι Αθηναίος, γιέ μου; ≫ ≪ Ναί ≫, είπε εκείνος. ≪ Και τ' όνομά σου; ≫ ≪ Κνήμων ≫, αποκρίθηκε・ ≪ όσο για τ' άλλα, θα τα μάθεις ύστερα・ τώρα όμως πές μου συνέχεια ≫.



 クニモンは言いました。「とても巧みに貴方は話されています。ピュシアの雰囲気について理解されていることが、私には分かります。アテネ市から使節として派遣された私の父が、ちょうど、デルフォイの風景を私に描いてみせたことがあるのです。」「それでは、貴方はアテネ市民なのですか? 親しいお方。」「ええ、そうです。」クニモンは言いました。「それでは、貴方のお名前は何と?」「クニモンです。」と答えました。「その他のことについては、後ほどに、お聞きになって下さい。今は、続きをお話し下さい。」
posted by kyotakaba at 12:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月15日

エティオピア物語 第二巻 26-2

   Και λίγο πρίν να μπώ, μιά αληθινά θειά ευωδία έφτασε ώς εμένα από κεί και η πόλη καθ' όλα μου φάνηκε ενδιαίτημα θεών και πιό πολύ εξαιτάς του τοπίου・ γιατί σάν φρούριο, σάν αληθινή αυτοσχέδια ακρόπολη κρέμεται από πάνω της ο Παρνασσός και σάν λαγόνες την αγκαλιάζουν οι πρόποδές του ≫.




「市へ入城する少し前、市から私の所まで、本当に神々しい香りが漂って来ていました。風景の所為で、市のどこもが、私には、神々の棲み家のように思えたのです。と言うのも、市は、まるで要塞のようですし、あるいは、まるでパルナッソス山の上に懸かった思いもかけず突然に建てられたアクロポリスのようですし、それに、パルナッソス山の麓に抱かれているようでしたから。」





「 να μπώ 」、
μπαίνω


「 ενδιαίτημα 」、
η κατοικία, το μέρος όπου κάποιος κατοικεί
posted by kyotakaba at 12:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月14日

Παραρλάμα και άλλες ιστορίες του Δημοσθένη Βουτυρά

 『 Παραρλάμα και άλλες ιστορίες του Δημοσθένη Βουτυρά 』。

 小説家 Δημοσθένης Βουτυράς の小説をグラフィック・ノベルにしたもの。

Δημοσθένης Βουτυράς は、1872年生まれ、1958没の作家。コンスタンチンノープル生まれ。


 表紙が空を飛んでいる男。


出版は、ΤΟΠΟΣ  2011年3月刊


Topos Books




COVER-VOUTYRAS-small.jpg




 暗い話しのよう。でも、絵もいいです。







posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

エティオピア物語 第二巻 26-1

   ≪ Τις ενδιάμεσες περιπλανήσεις μου τις παραλείπω, γιέ μου, γιατί δεν έχουν καμιά σχέση με ό,τι ζήτησες να μάθεθς. Μαθαίνοντας δε ότι υπήρε στην Ελλάδα μιά πόλη ονομαζόμενη Δελφοί, χτισμένη μακριά από το θόρυβο του κόσμου, που ήταν ιερό του Απόλλωνος αλλά και τέμενος άλλων θεών και εντευκτήριο σοφών, αποφάσισα να πάω εκεί με τη σκέψη ότι ένας τόπος αφιερωμένος στους θεούς και στη λατρεία τους ήταν το πιό κατάλληλο καταφύγιο για έναν ιερωμένο. Μπήκα λοιπόν στον κόλπο της Κρίσσας, αποβιβάστηκα στην Κιρραία και πήρα βιαστικά το δρόμο πρός την πόλη.





 「放浪の間にあった事は省きますよ、貴方、貴方が知りたがっている事とは全く関係ないですから。世間の物音から遠い所に建てられた、デルフォイと言う名前のギリシャの都市に私は仕えるようになっていました。そこは、アポロンの神域でしたけれど、他の神々の神殿と賢者たちの社交場がありました。そこは神々に捧げられた所だと考えて、そこに行くことを私は決めたのです。人々の信仰は、神官の私には、隠れるのにとても具合が良かったのです。ですので、私はクリサの港に入り、上陸して、市街への道を急いだのです。」




「 της Κρίσσας 」、
Η Κρίσα (και Κρίσσα) ήταν αρχαία Φωκική πόλη.
現代では、Το Χρισσό と言う名前の村になっているようです。


Official Portal Δήμου Δελφών

Chrisso , Hrisso , Χρισσό , Chriso , Fokida , Φωκίδα
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月09日

Το επώνυμό μου είναι προφανώς ελληνικό

 ト・ビーマの記事から。フランスの女優 アンナ・ムグラリス の記事から。

≪Το επώνυμό μου είναι προφανώς ελληνικό, αλλά όλως περιέργως πάντα μου προκαλούσε προβλήματα στη Γαλλία≫ λέει χαμογελώντας η Αννα Μουγκλαλίς


「私の姓は明らかにギリシャのものなのです。ですけれど、フランスでは、誰もが知りたがるので、問題が起こるのです。」と、アンナ・ムグラスは微笑みながら言った。


http://www.tovima.gr/culture/article/?aid=394349



Anna Mouglalis - IMDb


映画『 Coco Chanel & Igor Stravinsky ( 2009 ) 』のサイト:
Coco Chanel & Igor Stravinsky, un film de Jan Kounen , au cinema le 30 decembre 2009



321F79B1989EA481F3C65900006E9C69.jpg
posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月08日

エティオピア物語 第二巻 25-7

   Ακόμα μιά φορά τινάχτηκε ο Κνήμων σάν να τον είχε χτυπήσει κεραυνός στο άκουσμα του ονόματος του Θύαμη, αλλά συγκρατήυηκε και έμεινε σιωπηλός περιμένοντας ν' ακούει τη συνέχεια. Και ο γέροντας συνέχισε ώς εξής :



 シアニスの名前を聞いて、クニモンはもう一度、雷に打たれたように跳び上がりました。けれども、こらえて黙ったままでしました。そして、続きを聞こうと待ちました。老人は、次のように話を続けたのです。
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Πάσχα στην Κέρκυρα

 『 Πάσχα στην Κέρκυρα 』
出版社:Τοπίο

 ケルキラ島のパスハについての本。 ( コルフ島 )

 135枚の写真、160ページ。豪華本。

 45ユーロと、私には高価なので、、、

ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΤΟΠΙΟ

1300959985-b-PASXA.jpg
posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月07日

エティオピア物語 第二巻 25-6

   Γιά να μη δούν λοιπόν τα μάτια μου το απαίσιο αυτο θέαμα, που και ο ήλιος, πιστεύω, θα απέφευγε σκεπάζοντας με νέφη τις ακτίνες του, και για να κάμω αθέατο το φόνο των παιδιών στα πατρικά μου μάτια, έφυγα από την πατρική μου γή και από το πατρικό μου σπίτι χωρίς να πώ σε κανέναν την αλήθεια, αλλά προφασιζόμενος πώς θα πήγαινα στη Μεγάλη Θήβα τάχα για να δώ τον πρωτότοκο γιό μου που έμενε εκεί κοντά στον εκ μητρός πάππο του. Θύαμης ήταν τ' όνομά του, φίλε μου ≫.




 「ですから、その恐ろしい光景、太陽が棚引く雲で光を放つことを止めると言う光景、私はそうなると信じているのです、それを自分の目で見ないように、そして、父親の両の目で、子供たちの殺人を見ないようにと、故郷と我家からはなれたのです。離れるのに、誰にも本当のことは言わなかったのです。そして、大テーバイに行くつもりだと言い訳をしたのです。そこは、母方の祖父の家の近くで、そこにいる長男に会えるかもしれないと、言ったのです。貴方、シアニスが息子の名前なのです。」




「 με νέφη 」、
νέφος :( 中性名詞 ) 雲。複数形は、νέφη 。


「 να κάμω αθέατο το φόνο 」、
ο φόνος を αθέατος にする。殺人を目に見えないようにする。


「 πρωτότοκο γιό 」、
πρωτότοκος :長男
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月06日

Παιδιά της Ελλάδος

 iTunesで、『 Παιδιά της Ελλάδος 』と言うタイトルのベスト盤?がヒットチャートにあったので、

Σοφία Βέμπο は、1910年アシナ生まれで、1978年没の歌手、女優。


on iTunes


「 Παιδιά της Ελλάδος 」は、1940年の歌。






歌詞の一番:

Μες τους δρόμους τριγυρνάνε,

οι μανάδες και ζητάνε ν' αντικρίσουνε

τα παιδιά τους π' ορκιστήκαν,

στο σταθμό σαν χωριστήκαν να γυρίσουνε.


通り通りを彷徨っている、
母親たちは、我が子に
会おうとして、そう心に決めているから、
そこで別れたように、そこに帰って来るかとでも言うように。
posted by kyotakaba at 09:38| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

Τόδα

 Γιάνης Πίτσος の『 Η ΕΛΕΝΗ 』の中の一行、

Τόδα στα μάτια τους

 が???

 Τόδα は、τώρα ? でもないようだし、Τό δα としても、δα が?
τηρώ なのか?
posted by kyotakaba at 14:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 25-5

   Γιατί φοβόμουν, φίλε μου, μη με πιέσει πιό πολύ το άστρο που επικρατούσε τότε και ενδώσω και σε έμπρακτη αμαρτία・ αλλ' αυτό που πιό πολύ με ανάγκαζε να φύγω ήταν οι γιοί μου που μία μυστική εκ θεών σοφιά μου προμάντευε ότι θα σκοτωθούν ο ένας από το ξίφος του άλλου.




 「貴方、と言うのは、私は、私を支配している星があまり私に影響していないので、現世の罪に負けてしまうのではないかと、心配だったからです。ですけれど、私を離郷させる様につよく強いたのは、私の息子達なのです、神の神秘の叡智が、私に予言をしていたのです。一人の息子がもう一人の息子を刀で殺す、と言うものなのです。」




「 πιέσει 」、
πιέζω 。「押す」の意味ですけれど、ここでは、επικρατώ に近い意味ではないかと思いました。


「 ενδώσω 」、
ενδίδω
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月04日

Οι Ιππείς της Πύλου

 『 Οι Ιππείς της Πύλου 』
Νίκος Καλογερόπουλος 監督作品。
ODEON 社。

よく分からないけど、コメディ。

Cine.gr - Τανίες Οι Ιππείς της Πύλου

Oi ippeis tis Pylou (2011) - IMDb






posted by kyotakaba at 15:13| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月03日

ΟΙ ΑΛΗΘΙΝΟΙ ΑΘΗΑΙΟΙ ΔΕΝ ΠΛΗΣΙΑΖΟΥΝ

 『 LOGICOMIX 』の台詞から。 ( 全く重要でない台詞、ただ、アクロポリスに登ると言うところで、 )


Ο ΧΕΝΡΙ ΜΙΛΕΡ ΕΙΠΕ ΟΤΙ ΟΙ ΑΛΗΘΙΝΟΙ ΑΘΗΑΙΟΙ ΔΕΝ ΠΛΗΣΙΑΖΟΥΝ ΠΟΤΕ ΤΗΝ ΑΚΡΗΠΟΛΗ!

真のアテネ市民はアクロポリスには決して近づかない、とヘンリー・ミラーは言った。


 本当はどうなのでしょう? 春になったら、アクロポリスに εκδρομή に行きましょうね、と言われたけど。あ、アテネ出身の人ではなかった。
 それから、この言葉、本当に、ヘンリー・ミラーが言ったのかどうかは知りません。
posted by kyotakaba at 20:54| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月01日

エティオピア物語 第二巻 25-4

   Ώς δικαστής λοιπόν του εαυτού μου, επέβαλα την ποινή που ταίραζε στο σφάλμα μου, όχι το έμπρακτο ― θεός φυλάξοι ! ― αλλά το κατά διάνοιαν, και, τιμωρώντας την επιθυμία μου με εξορία, έφυγα ο βαριόμοιρος από την πατρίδα μου υπείκοντας στο πρόσταγμα της μοίρας και επαφιέμενος σ' αυτην για να ορίσει όπως ήθελε τη ζωή μου και συνάμα αποφεύγοντας την επικατάρατη Ροδώπη.




 「そして、私自身が裁判官となって、私に、過ちに合った罰を科したのです。実際にと言うのではないのです。― 神はご覧なのです! ― 良識に従って、私を追放の刑に処したのです。そして、災難に見舞われた私は、運命の指図に従って故郷を去ったのです。そして、他人の意見のままに、それが私が望んだ人生であるかの様に、そこに居を定めたのです。と同時に、呪わしいロドビから逃れたのです。」




「 επέβαλα 」、
επιβάλλω



「 βαριόμοιρος 」、
βαριόμοιρος : που η μοίρα τον έχει χτυπήσει με βαριά χτυπήματα


「 υπείκοντας 」、
υπακούω : ακολουθώ τις εντολές, πειθαρχώ στις διαταγές που δέχομαι

「 πρόσταγμα 」、
εντολή, διαταγή

「 επαφιέμενος 」、
επαφίεμαι: αφήνω τον εαυτό μου στην κρίση των άλλων


「 επικατάρατη 」、
αυτός που τον βαραίνει ή του αξίζει η κατάρα
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする