2011年05月31日

Νίκος Καζαντζάκης

 『 Νίκος Καζαντζάκης 』、カザンザキスの評伝。
Έρη Σταυροπούλου

出版社:Γκοβόστης

ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΓΚΟΒΟΣΤΗ

b166600.jpg
posted by kyotakaba at 15:45| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

τα μολυσμένα αγγουράκια

  in.gr の5月31日付けの記事から見出し、

Καθησυχαστικοί οι Έλληνες γιατροί για τα μολυσμένα αγγουράκια


汚染されたキュウリに関して、ギリシャの医師は冷静
posted by kyotakaba at 15:30| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 1-2-4

Είτα ηγάπησε μίαν Τουρκοπούλαν, καθώς έλεγαν, την έκλεψεν, από ένα χαρέμι της Σμύρνης, την εβάπτισε και την ενυμφεύθη.


その時、先生は一人のトルコの女性を愛した。女性は、イズミルの後宮に閉じ込められていたと言われていた。先生はその女性に洗礼を与えて、そして結婚した。



「 ηγάπησε 」、
αγαπώ

「 Τουρκοπούλαν 」、
Τουρκοπούλα:η νέα που κατάγεται από την Τουρκία

「 ενυμφεύθη 」、
νυμφεύω=παντρεύω
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月30日

波の夢 1-2-3

Εις τους χρόνους της Επαναστάσεως ήτον μοναχός και διάκονος.



独立戦争の時には、修道士で助祭だった。
posted by kyotakaba at 15:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αγανακτισμένοι

 このところ毎日紙面にある単語、οι Αγανακτισμένοι 。怒れる人々。
posted by kyotakaba at 08:48| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月28日

波の夢 1-2-2

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Όνειρο στο κύμα 』

1-2-1

Ήτον πρώην διδάσκαλος, και μέχρι τέλους τον προσηγόρευον όλοι εις την κλητικήν “δάσκαλε”.



老人は以前教師だった、だから、最近でも、皆は、老人を「先生」と呼び慣らしていた。
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月27日

波の夢 1-2-1

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Όνειρο στο κύμα 』

1-2-1

Τον χειμώνα που ήρχισ' ευθύς κατόπιν μ' επήρε πλησίον του ο γηραιός πάτερ Σισώης, ή Σισώνης, καθώς τον ωνόμαζον οι χωρικοί μας, και μ' έμαθε γράμματα.



冬が来ると、直ぐに、私は、年老いたシソイス司祭の元に連れて行かれた。村人はシソニス司祭と呼んでいたけれど。老人は私に文字を教えた。



ええと、見当です。
posted by kyotakaba at 18:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Στάθης Δρογώσης - Όμορφη Ζωή

 全国自転車大行進のPR ビデオに使われていた歌「 Όμορφη Ζωή 」です。Στάθης Δρογώσης の歌。

ホームページ:
Στάθης Δρογώσης

1977年、アシナ生まれの歌手です。





もう一曲、「アシナ」


posted by kyotakaba at 08:59| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 30-3

   Κι εκείνος βγάζει ένα πουγκί που είχε κάτω από τη μασχάλη του και απλώνει μπός ατα μάτια μου πλήθος θαυμάσια πολύτιμα πετράδια : μαργαριτάρια ολοστρόγγυλα σε μέγεθος μικρού καρυδιού που άστραφταν κατάλευκα, σμαράγια και υακίνθους, άλλους πράσινος σάν ανοιξιάτικο στάρι με απαλές ανταύγειες στο χρώμα του λαδιού, άλλους στο χρώμα που παίρνει η θάλασσα καθώς ριγέι πάνω από ξέρα σε άβαθο ακρογιάλι αφήνοντας να φανεί βιολετής ο βυθός ― μ' ένα λόγο η συλλογή είχε απ' όλα και ήταν χαρά των ματιών όλα αυτα τα χρώματα που έλαμπαν μαζί.




「その男は、巾着を取り出しました。脇の下に持っていたのです。そして、私の目の前で、たくさんの素晴らしいとても高価な宝石を拡げたのです。小さな胡桃の大きさの真ん丸の真珠、それは、純白に輝いていました。そしてエメラルド、それにヒヤシンス。エメラルドは、油の色に優しく映える春の小麦のような緑。ヒヤシンスは、海が紫色に見える深みを離れて浅い海岸の暗礁の上で小刻みに震える時にとる色。ある意味、その蒐集品は全てが揃っていたのです。一緒になって輝くそれらのたくさんの色は、目に喜ばしいものでした。」
posted by kyotakaba at 08:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月26日

波の夢 1-1

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Όνειρο στο κύμα 』

1-1


Ήμην πτωχόν βοσκόπουλον εις τα όρη. Δεκαοκτώ ετών, και δεν ήξευρα ακόμη άλφα. Χωρίς να το ηξεύρω, ήμην ευτυχής. Την τελευταίαν φοράν οπού εγεύθην την ευτυχίαν ήτον το θέρος εκείνο του έτους 187... Ήμην ωραίος έφηβος, κ' έβλεπα το πρωίμως στρυφνόν, ηλιοκαές πρόσωπον μου να γυαλίζεται εις τα ρυάκια και τας βρύσεις, κ' εγύμναζα το ευλύγιστον, υψηλόν ανάστημα μου ανά τους βράχους και τα βουνά.



 私は山中の貧しい羊飼いの子供だった。十八だったけれど、アルファ・ビータを知らなかった。それを知らなくても、幸福だった。しかし、幸せを味わったのは、189×年の夏が最後だった。その時、私は、端麗な青年だった。そして、早すぎる切なさを知った。私の日に灼けた顔はせせらぎや泉に輝き、体躯は岩々や山々の上でしなやかに丈高く鍛えられていた。




見当です、、
posted by kyotakaba at 15:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

dixitque Deus fiat lux et facta est lux

 リンク元に、「γενηθήτω φώς 読み方」の検索がありました。読み方は、Googleのトランスレートに入れれば、読み上げると思いますけれど。
 旧約聖書の『創世記』の中の句です。ヘブライ語で、 יְהִי אוֹר (yehiy 'or) 。γενηθήτω φώς (or genēthētō phōs) は、コイネー? 古典語。
 και είπεν ο Θεός γενηθήτω φως και εγένετο φως 神が、「光あれ」と言われると、光があった
 現代語の読みだと、ゲニシート・フォスですけど。( 現代でも、句はこのまま言うのだと思います。読み方は現代語読みでも。 )
 ヘブライ語は分からないのですが、γενηθήτω は、現代ギリシャ語だと、γεννώ 生む/生じる だと思います。( 違う語なのかしら、あるいは意味が違う ) 神は光よ生じろと言った、すると光が生じた。
 ラテン語の dixitque Deus fiat lux et facta est lux 。私が訳すと、神は言った。光よ、行え。すると、実際に、光があった。

 
posted by kyotakaba at 09:48| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

エティオピア物語 第二巻 30-2

   Εγώ συγκατατέθηκα με προθυμία και, αφού με οδήγησε σε έναν ναό εκεί κοντά, ' σε είδα ' , μου είπε, ' ν' αγοράζεις φύλλα και ρίζες των Ινδιών και της Αιθιοπίας και της Αιγύπτου・ άν λοιπόν θέλεις ν' αγοράσεις καλό πράγμα και ολωσδιόλου ανόθευτο, είμαι πρόθυμος να σου το προμηθεύσω '. ' Ναί ', είπα, ' θέλω・ δείξε μου '. Και εκείνος μου είπε ' θα τα δείς, μόνο μην πολυπαζαρέψεις την τιμή '. ' Εσύ μάλλον ', του είπα, ' πρέπει να μου υποσχεθείς ότι δεν θα μου τα πουλήσεις ακριβά '.




 「私は快く承知しました。すると、男は私を近くにあるある神殿に案内したのです。そして言いました。「私は見た。貴方がインドやエティオピアやエジプトの花や球根を買うのを。それで、貴方がいいもの完全に純粋なのをを買いたいと思うなら、私はよろこんでお出しします。」私は言いました。「ああ、私に見せてくれ。」するとその男は言いました。「すごく値切らない時だけ、貴方は見ることができます。」男に言いました。「いやいや君、君の方こそ、高くは売らないと約束する必要がありますよ。」」



「 ολωσδιόλου 」、
ολωσδιόλου : εντελώς
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月24日

エティオピア物語 第二巻 30-1

   Ήδη έχεις μάθει, φίλε μου, το λόγο της άφιξής μου στην Αίγυπτο και τώρα θέλω να ακούσεις ένα επεισόδιο ή μάλλον, για να πώ την αλήθεια, το κεντρικό επεισόδιο της διήγησής μου : ενώ περιδιάβαζα στην πόλη ασχολούμενος, με την αγορά κάποιων αντικειμένων που σπανίζουν στην Ελλάδα ( ο μεγάλος πόνος μου είχε με τον καιρό μαλακώσει και ήδη βιαζόμουν να επιστρέψω στην πατρίδα ), με πλησίασε ένας άνδρας με σοβαρή όψη και με βλέμμα που έλαμπε από ευφυΐα・ μόλις είχε περάσει την εφηβική ηλικία και είχε το δέρμα κατάμαυρο. Με φίλησε και μου είπε με σπασμένα ελληνικά πώς θέλει κάτι να μου πεί ιδιατέρως.



 「貴方、貴方はもうすでに、私がエジプトに行った理由は、お聞きになりました。それでは、更なる出来事をお聴き頂きたいと思います。私の物語りの核心の出来事、真実を話したいからです。私は忙しなく都市を見て回っていたのですが、ギリシャでは稀な物品の市場でしたから、( 私の大きな悲しみは時間と共に和らいでいました。そして、私たちは帰国を急いでいたのです。 ) それで、歩いていますと、深刻な様子をしていて、叡智で輝く眼差しをした、一人の男が私に近付いて来たのです。その男は、青年に達したばかりで、真っ黒な肌をしていました。私に口づけをして、私に内々に何か話したいと、片言のギリシャ語で言ったのです。」
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月23日

in.gr - Λεξικό

 in.gr の辞書、有料になったようです。年間19ユーロ。

http://dictionary.in.gr/
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月21日

απειλείται

 カセメリニ web 版、5月20日付け記事から見出し、

Λαγκάρντ: ≪Η Ελλάδα απειλείται με χρεοκοπία≫

「ギリシャは破綻の危機に」とラガルド

απειλώ:
1. φοβίζω
2. βρίσκομαι σε κίνδυνο



Λαγκάρντ :Christine Lagarde、クリスティーヌ・ラガルド、フランスの政治家。

ΔΝΤ は、国際通貨基金、Διεθνές Νομισματικό Ταμείο。  ( International Monetary Fund /Fonds monétaire international )
posted by kyotakaba at 08:50| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月20日

Μπιλόμπα

 『 Μπιλόμπα 』、
2009年製作の Σοφία Παπαχρήστου 監督作品。ギリシャでの公開は、2011年。

コメディ。


trailer:




映画のホームページ:
http://www.biloba.gr/

Biloba - Μια επίκαιρη κωμωδία της Σοφίας Παπαχρήστου




Cine.gr - Τανίες Μπιλόμπα - Biloba

Biloba (2009) - IMDb

posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 29-5

   Κι εγώ, μην μπορώντας να υποφέρω το θεόσταλτο κακό, ναί μέν δεν εγκατέλειψα τη ζωή ― με εμπόδισε η γνώμη των θεολόγνων που θεωρούν την πράξη αυτη αθέμιτη ―, αλλά εγκατέλειψα την πατρίδα μου προσπαθώντας να ξεφύγω από την ερημιά του σπιτιού μου ( γιατί πιό εύκολα ξεχνάς τις συμφορές άν δεν έχεις μπρός στα μάτια σου τα αντικείμενα που τις θυμίζουν ) και, αφού περιπλανήθηκα σε πολλούς τόπους, έφτασα ώς τη δική σου Αίγυπτο και ώς τους Καταδούπους με σκοπό να μελετήσω τους καταρράχτες του Νείλου.



 「私はと言えば、神が下された災事に耐えられないので、確かに、人生諦めはしませんでした。― 神学の知識が私を押し止めたのです。神学では、そのような行為を邪なものと考えているのです。― ですけれど、故郷を捨てたのです。そして、我家の寂しさから逃れようと努めたのです。 ( と言うのは、目の前に思い出させる様な対象物がなければ、災難を忘れるのは、とても容易いからなのです。 ) そうして、様々な土地を放浪した後に、貴方のエジプト、カタドウポスに辿り着いたのでした。ナイルの滝を研究する目的だったのです。」




「 θεόσταλτο 」、
Θεόσταλτος -η -ο : αυτός που στάλθηκε από το Θεό


「 θεολόγνων 」、
θεολογώ:ασχολούμαι με την επιστήμη της θεολογίας, είμαι θεολόγος
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

エティオピア物語 第二巻 29-4

   Δεν πρόλαβε όμως να πλαγιάσει με τον άντρα της και, την ίδια εκείνη νύχτα, πέθανε η δύστυχη είτε από κεραυνό είτε από χέρι εμπρηστή που έβαλε φωτιά στο νυφικό δωμάτιο・ τον υμέναιο, που ακόμα τραγουδιόταν, διαδέχτηκε ο θρήνος, από τη νυφική παστάδα η κόρη μεταφέρθηκε στο μνήμα, οι ίδιες λαμπάδες που φώτιζαν την τελετή του γάμου της άναψαν την επικήδεια πυρά της. Το δράμα αυτο επιστεγάστηκε με ένα ακόμα τραγικό συμβάν : η τύχη μου πήρε τη μητέρα του παιδιού μου που δεν άντεξε τους θρήνους.




 「けれども、娘は夫と寝所を共にする間はなかったのです。その夜に、雷か、花嫁の部屋に火を放った放火犯の手によってか、そのいずれかのために、不運にも、死んでしまったのです。婚礼の歌は、まだ歌われてなかったのです。新婚の花嫁の部屋からは、慟哭が引き続いて上がったのです。娘は墓へと運ばれました。結婚の儀式に点された、その蝋燭が、弔いの灯に点されたのです。この物語は、悲劇的な出来事で最後を飾ったのです。運命は、私から子供の母、私の妻も奪ったのです。妻は、これらの悲しみに耐えられなかったのです。」




「 παστάδα 」、
το νυφικό δωμάτιο.
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ρότζερ Γουότερς (made) in Greece

 ト・ビーマ、5月18日付け記事の見出しに、Ρότζερ Γουότερς (made) in Greece 。

これ、ええと、ロゼル・グウオテロス (made) in Greece と、読んで、何が出来たんだろうと思ったのですが、
Roger Waters in Greece でした。
 ト・ビーマのビデオでは、waters 氏は、ギリシャ語で話す部分もありました。


 ユーチューブにもありましたので、


posted by kyotakaba at 08:15| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月18日

エティオピア物語 第二巻 29-3

   Εμένα η γυναίκα μου για χρόνια δεν έκανε παιδιά και μόνο σε προχωρημένη ηλικία, μετά από ικεσίες πρός το θεό, απόχτησα μιά κόρη, που όμως, κατά την προφητεία του θεού, έμελλε να έχει κακή τύχη. Έφτασε κάποτε σε ώρα γάμου και την πάντρεψα μ' εκείνον που έκρινα καλύτερον από τους υποψήφιους γαμπρούς μου, που δεν ήταν και λίγοι.



 「私と妻には、長い間、子供がなかったのです、そして、高齢になってから初めて、神に祈願した後、一人の女の子を得たのです。けれども、神の予言によると、不運が起こることになっていたのです。結婚の時期が来て、娘婿に名乗り上げた者の内から最も相応しいと私が考えた男性に娘を嫁がせたのです。名乗りを上げたものは少なくはなかったのです。」




「 απόχτησα 」、
αποκτώ
posted by kyotakaba at 12:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

エティオピア物語 第二巻 29-2

   Και καθώς εγώ απόρησα με το παράδοξο, " θα πάψεις ν' απορείς ", είπε, " όταν μάθεις πώς έγινε το πράγμα・ και θα το μάθεις μόλις το θελήσεις ". " Έ λοιπόν, είναι η στιγμή να μου το πείς ", είπα εγώ・ " τώρα αμέσως θέλω να το μάθω ". " Μάθε το ", είπε ο Χρικλής, αφού απομάκρυνε τους άλλους・ " καιρό τώρα θέλω να σου διηγηθώ τις περιπέτειές μου γιατί πιστεύω πώς μπορείς να μου σταθείς σε κάτι χρήσιμος.




 「私がその矛盾に戸惑っていると、ハリクリスさんは言いました。「出来事がどのように起こったかを貴方がお知りになったら、戸惑わなくなるでしょう。貴方は、今にもそれをお知りになりたいでしょう。」私は言いました。「そうです、それを私にお話になる時です。今直ぐに、私は知りたいのです。」ハリクリスさんは、他の人々を退出させて、言いました。「お聞き下さい。今、私の彷徨を貴方に説明申し上げたいと思います。と言うのは、貴方は力になる私の味方だと、私は信じているからです。」」



「 μου σταθείς 」、
στεκόμαι : = βοηθώ
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月16日

エティオピア物語 第二巻 29-1

   Κι ενώ τους εξηγούσα αυτά και άλλα παρόμοια, ο ιερέας του Πυθίου Απόλλωνος, που είχε γίνει στενός μου φίλος ― Χαρικλής ήταν τ' όνομά του ―, " πολύ ωραία τα λές ", μου είπε・ " την ίδια γνώμη έχω κι εγώ και τα ίσια έχω ακούσει από τους ιερείς στους Καταδούπους ". Κι εγώ του είπα " Χαρικλή, έχεις πάει ώς εκεί ; " " Πήγα ", είπε, " σοφέ μου Καλάσιρη ". " Και ποιό χρέος σου επέβαλε να πάς ; " τον ξαναρώτησα. Κι εκείνος " η δυστυχία του σπιτιού μου ", αποκρίθηκε, " που έγινε και αιτία ευτυχίας ".





 「私が、そのことやそのほかの似たことを説明すると、ピュシス・アポロンの神官が、その方とは親友になったのですけれど、ハリクリスと言う名前でした、その方が「とても巧みにお話になりました。私も同じ考えを持っているのです。カタドウポスで神官たちから直接に聞いたことがあるのです。」と、私に言われたのです。それで、「ハリクリスさん、そこへいかれたのですか?」と私は言ったのです。「行きました。賢者のカラシリスさん。」とお答えになられました。「それでは、カタドウポスに行かれるとは、どんな責が負わされたのですか?」と私はこの方に重ねて尋ねたのです。この方はこうお答えになりました。「我家の不幸のためだったのです、そして、それが幸運の元となったのです。」」
posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

‘’τόχαν’’

 Γιάννης Ρίτσος の詩『 Η ΕΛΕΝΗ 』に、「 Τόχαν βαμμένο πράσινο, με μαύρο στόμα. 」と言う行があります。その、Τόχαν と言う語がわかりませんでした。
 インターネットで検索すると、絵画に関するページと思われるものがありました。そのページの Τόχαν と言う語が使われている箇所:
Τι είναι το ταλέντο? Κληρονομικό χάρισμα ή επίκτητο? Ίσως και τα δύο. Εγώ τουλάχιστον γνώρισα πολλούς που ‘’τόχαν’’ αλλά δεν έκαναν τίποτα μ’αυτό.
 このページには、英語の文章も付せられていました。英文での、この部分:
What is talent? Is it an inherited gift, given only to the chosen few, or can it be acquired through striving to attain it? Perhaps the answer is that it is a mixture of both.I have known many who had the talent to paint, but who did nothing with it.
 ギリシャ語の文では、‘’τόχαν’’ と引用符が付けられているので、現代ギリシャ語ではないのではと思います。
 ともかく、「色を塗る」の意味に近いのではと推測します。



追記:
ディミトリスさんがご教示下さいました。
το έχω / το έχουν - το είχαν の短縮。
posted by kyotakaba at 17:02| Comment(2) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ένας στους πέντε Έλληνες δεν θα κάνει φέτος διακοπές

 13日付け、in.gr から、

Ένας στους πέντε Έλληνες δεν θα κάνει φέτος διακοπές


今年、ギリシャ人の五人に一人は、休暇を取らない。

posted by kyotakaba at 08:37| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月13日

エティオピア物語 第二巻 28-5

   Γι' αυτό και είναι γλυκόπιοτος, επειδή τροφοδοτείται από ουράνιες βροχές, και εξαιρετικά ευχάριστος στο άγγιγμα : όχι πιά ζεστός όπως είναι στις πηγές του αλλά ακόμα χλιαρός αφού ξεκινάει από τη διακεκαυμένη. Γιά την ίδια αιτία αυτος και μόνο απ' όλα τα ποτάμια δεν αναδίδει αναθυμιάσεις, πράγμα που οπωσδήποτε θα γινόταν άν πλημμύριζε από το λιώσιμο του χιονιού, όπως μαθαίνω ότι ισχυρίζονται κάποιοι διακεκριμένοι Έλληνες σοφοί.


 「農地にとっては、氾濫した水は甘い飲み物なのです。天の雨から与えられる食事なのです。触り心地もとても気持ちがいいのです。雨は、源でのようにとても熱いと言うのではないのです、けれども、熱帯地帯からやって来たのですから、生暖かいのです。この氾濫の理由に関してなのですが、多くの川の中で、ただナイル河だけが、雪解けで増水して、その水が流出していると言うのではないのです。ギリシャの有名な賢人は、雪解けで洪水が起こると主張していると知ったのですけれど。」



γλυκόπιοτος:για ποτά, ο ευχάριστος στη γεύση, που πίνεται εύκολα, καλόπιοτος.

Διακεκαυμένος:( επίθετο ) ο διάπυρος, ο υπερβολικά θερμός.
( ουσιαστικό ) η ζώνη της επιφάνειας της γης που βρίσκεται ανάμεσα στους τροπικούς κύκλους.
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月12日

エティオピア物語 第二巻 28-4

   Εκεί ανακόπτεται η πρός τα εμπρός φορά τους εξαιτίας του υπερβολικού καύσωνα που επικρατεί σε κείνα τα μέρη, η δε υγρασία που είχε λίγο λίγο συσσωρευτεί και πυκνώσει εξατμίζεται και ξεσπάνε καταρρακτώδεις βροχές. Φουσκώνει τότε ο Νείλος και δεν ανέχεται πιά να είναι ποταμός, βγαίνει από την κοίτη του, απλώνεται σάν θάλασσα στην Αίγυπτο και αρδεύει στο πέρασμά του τους αγρούς.




 「雲は、あまりの酷暑のために前へ進むことを止めるのです。その地方では、たいていいつも酷暑なのです。湿度が少しずつ溜まって、増していって、蒸発が起こって、滝の様な雨が突然出現するのです。そうすると、ナイル河は増水するのです。河だけでは湛えられる程度を超えてしまうのです。川床から溢れ出し、エジプトの地に海の様に広がるのです。そして、通った農地を灌漑するのです。」



αρδεύω:ποτίζω το χωράφι με διοχέτευση νερού
posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Άλμπερτ Κοέν

 コルフのΜουσείο Ασιατικής Τέχνης ( 国立コルフアジア美術館 )で行われた、Άλμπερτ Κοέν を記念するコンサート。

 Άλμπερτ Κοέν は、1895年にコルフに産まれたユダヤ系の人。後のフランを経てスイスに移住し、1981年にジュネーブで亡くなった人。作家なのか知ら???
 フランスの銀行家で、写真で世界の記録を撮らせた Albert Kahn と名前が似てるけど。



posted by kyotakaba at 00:04| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

Σε καμπή της ιστορίας

 「 καμπή της ιστορίας 」で検索をしてみたのですが、『 Σε καμπή της ιστορίας 』と言う題名の書籍がありました。著者は、Άγγελος Τερζάκης (1907-1979) 。Γενιά του ’30 ( 30年世代 ) の作家の一人です。30年世代は、詩人に、Γιώργος Σεφέρης 、Οδυσσέας Ελύτης 、Ανδρέας Εμπειρίκος など。小説家に、Στρατής Μυριβήλης 、Γεώργιος Θεοτοκάς 、Κοσμάς Πολίτης 、Μ. Καραγάτσης など。


 『 Σε καμπή της ιστορίας 』は、小説ではなく、Δοκίμια エッセイです。1995年に、Οι εκδόσεις των φίλων から出版されていますけれど、没後なので、選集なのでしょうか。


Εθνικό Κέντρο Βιβλίου / Από το 18ο αιώνα μέχρι το 1935
posted by kyotakaba at 21:42| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 28-3

   και ότι φουσκώνει το καλοκαίρι όχι επειδή, όπως πολλοί πιστεύουν, οι ετησίες που φυσάνε από απέναντι ανακόπτουν το ρεύμα του, αλλά επειδή οι ίδιοι αυτοί άνεμοι, κατά τη θερινή τροπή, σπρώχνουν όλα τα σύννεφα κατευθύνοντας τα από βορρά πρός νότο ώσπου τα συσσωρεύουν όλα στη διακεκαυμένη ζώνη.




 「ナイル河が夏に増水するのは、多くの人がそうだと信じている様に、反対側から吹く季節風が流れを止めるからではないのです。そうではなくて、その風が、夏の季節の間、北から南へ向けて、灼熱の地帯に雲が溜まるまで、雲を押し流すからなのです。」



「 διακεκαυμένη 」、
διακεκαυμένος : ο υπερβολικά θερμός
posted by kyotakaba at 14:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

καμπή

 「ギリシャ語 辞書 転機」と言う検索があったので、

καμπή:(μεταφορικά) η αποφασιστική στροφή, η αλλαγή
Το σημείο καμπής μία καμπύλης.

「曲がり」の比喩的な使用
もしかしたら、悪化する時に使うのかも。
posted by kyotakaba at 10:13| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

エティオピア物語 第二巻 28-2

   Κι εγώ είπα όσα ήξερα γι' αυτον απο τα ιερά βιβλία, πράγματα που μόνο οι ιερείς γνωρίζουν γιατί μόνο αυτοι μπορούν να τα διαβάζουν・ τους εξήγησα ότι έχει τις πηγές του στα βουνά της Αιθιοπίας, στα σύνορα της Λιβύης, στο μέρος όπου τελειώνει το ανατολικό κλίμα και αρχίζει η μεσημβρία,




 「それで私は、それらのことについて、神聖な書物から知った全てのことを話したのです。神官だけが知っていることを話したのです。と言うのも、神官だけがそれらの書物を読むことが出来るからなのです。集まった方々に、私は、エチオピアの山々やリビアの国境、東方の気候が終わり南方が始まる所に源があること、を説明したのです。」
posted by kyotakaba at 12:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

全国( ギリシャ ) 自転車大行進

 これはたぶんアテネ、








 これはセサロニキ、






 これはサモス島のΚαρλόβασι/ カルロバシ、公園から港の往復と言うことだそうですが、





 これは中部のテッサリアのΤρίκαλα トリカラの





posted by kyotakaba at 08:53| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

4η Πανελλαδική Ποδηλατοπορεία

 Μαζική η συμμετοχή στην 4η Πανελλαδική Ποδηλατοπορεία

第四回全ギリシャ自転車行進に大勢の参加者

8日日曜日に。



posted by kyotakaba at 20:55| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月06日

Οία: 16ος τουριστικός προορισμός στον κόσμο

 ト・ビーマ5月5日付けの記事から、

Οία: 16ος τουριστικός προορισμός στον κόσμο

イア:世界の観光目的地で16位

 TripAdvisor が発表した昨年の世界の人気観光地の順位。一位は、ケープタウン。Το Κέιπ Τάουν

ギリシャのイアは、ヨーロッパの中で16位。


TripAdvisor Travelers' Choice Destinations Awards - Top 25 - World
posted by kyotakaba at 19:28| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 28-1

   Τέλος, κάποιος από τους πιό διακεκριμένους πολίτες ζήτησε να μάθει και για τον Νείλο και ποιές είναι οι πηγές του και ποιά η ιδιάζουσα φύση του εν σχέσει με τους άλλους ποταμούς και για ποιό λόγο αυτός και μόνο απ' όλα τα ποτάμια πλημμυρίζει το καλοκαίρι.



 「遂には、そのとても有名な市民の中の一人が、ナイルについて、その源はどういうもので、他の河と較べて、どういう特徴的な性質なのか、どういう理由で、夏の間、他の河とは違いナイルだけが氾濫するのか、と言うことなどをお知りになりたがったのです。」





「 εν σχέσει με 」、
σχέσει は、σχέση 。〜と関係が、
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月05日

“Άγγελος Κατακουζηνός, ο Βαλής μου”

 Άγγελος Κατακουζηνού という、レスボス島出身の精神科医の伝記。妻の Λητώ が書いたもの。

 『 “Άγγελος Κατακουζηνός, ο Βαλής μου” 』
出版は、カタクウジヌウを記念する財団から。

“Άγγελος Κατακουζηνός, ο Βαλής μου”


Ίδρυμα Άγγελου & Λητώς Κατακουζηνού


exofyllo.jpg




 アンゲロスは、絵も描いていたようです。


tsarouchis_big.jpg
posted by kyotakaba at 17:23| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 27-3

   Και τον μεν πρώτο καιρό κάναμε διάφορες συζητήσεις : ο ένας με ρωτούσε πώς εμείς οι Αιγύπτιοι τελούμε τη λατρεία πρός τους θεούς, άλλος ζητούσε να μάθει για ποιό λόγο σε κάθε περιοχή λατρεύουν άλλα ζώα και τί διηγούνται γι' αυτά, άλλος ρωτούσε για την κατασκευή των πυραμίδων, άλλος για τις δαιδαλώδεις σύριγγες, μ' ένα λόγο ήθελαν να μάθουν τα πάντα για την Αίγυπτο・ γιατί κάθε άκουσμα, κάθε διήγηση αιγυπτιακή θέλγει στο έπακρο τους Έλληνες.



 「最初は、様々な討論を私たちはしたのです。一人の方が、私たちエジプト人はどのように神への奉納の儀式をするのかとお尋ねになったのです。また別の方は、各地域で違う動物を奉納する理由とそれがどのように説明されているかを知りたがっていました。また別の方は、ピラミッドの作り方をお尋ねになりました。また別の方は、エジプトの何もかもを知りたいと言う理由で迷路のようなシリゲス ( テーベにあるファラオの地下の墓のこと ) についてお尋ねになりました。と言うのも、どの噂も、どのエジプトの物語も、とてもとてもギリシャ人たちを魅了したのですから。」



「 δαιδαλώδεις 」、
δαιδαλώδης

「 σύριγγες 」、
Πρόκειται για τους υπόγειους τάφους των Φαραώ στις Θήβες.



「 άκουσμα 」、
είδηση, φήμη


「 στο έπακρο 」、
άκρως 、εξαιρετικά
posted by kyotakaba at 11:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月04日

エティオピア物語 第二巻 27-2

  Με δυό λόγια, δεν μου έλειπε τίποτε : πότε παρακολουθούσα τελετές, πότε επιθεωρούσα θυσίες ― και είναι πολλές και ποικίλες αυτες πού καθημερινά προσφέρουν στο θεό ξένοι και ντόπιοι ―, πότε συζητούσα με φιλοσόφους・ γιατί δεν είναι λίγοι οι φιλόσοφοι που συρρέουν στο ναό του Πυθίου και η πόλη ολόκληρη είναι αληθινός ναός των μουσών με μουσηγέτη το θεό που τις εμπνέει.




「二つの理由で、私は少しも寂しくありませんでした。時には、儀式を見物して、時には、犠牲獣を検分したのです。― 実際、毎日、異国人や地元の人々が神に供える多くのそして多種多様な犠牲獣があったのです。― そして時に、賢者たちと議論をしたのです。と言うのも、ピュシアの神殿に集まって来る賢者は少なくはなかったのです。それに、市全体が、音楽の神が息吹を吹き込んだムーサたちの本当の神殿だったのです。」



「 μουσηγέτη 」、古代のギリシャ音楽
posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

χέζας

 フローベールの『ギリシャ旅行記』に、「 Είναι ο τόπος όπου συναντιούνται όλοι οι χεζάδες του χωριού, 」と言う文がありました。ここでの意味は、「そこは、村中の糞便を集める所だった。」です。
 ですけれど、χέζας には、糞便のほかに、臆病者の意味もあります。「 είναι μεγάλος χέζας 」 は、「 He won't say boo to a goose. 」の意味だと、オックスフォードラーニング辞書に。
posted by kyotakaba at 09:34| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月03日

Παπαδάτες Λάκκα Σούλι καγκελάρι Αϊ Γιώργης 2011 1

 これもパスハの祭儀?? 聖ヨルギスの? ( 聖ヨルギスの祭儀って? ) の踊り垣と言うの??

 北部のΔήμος Λάκκας Σουλίου での








View Larger Map
posted by kyotakaba at 11:36| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

CorfuTimes - Κέρκυρα Πάσχα Πρώτη Ανάσταση 11.00 2011

 今年も、コルフ島のパスハの水かめ落とし。






posted by kyotakaba at 11:16| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Κρητηνία

 Ρόδος の島の中程の西側、海岸から55キロ程の山の上の村、Κρητηνία 。







View Larger Map
posted by kyotakaba at 11:08| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月02日

エティオピア物語 第二巻 27-1

   Αυτον το χρησμό έδωσε κι εγώ ρίχτηκα μπρούμυτα πάνω στο βωμό κι άρχισα να ικετεύω το θεό να με ευσπλαχνιστεί σε όλα τα δεινά μου・ και το πλήθος που ήταν εκεί γύρω ύμνησε το θεό και με μακάρισε που είχα λάβει προφητεία στο πρώτο μου κιόλας προσκύνημα κι από τότε με φρόντιζε με χίλιους τρόπους λέγοντας πώς είχα αξιωθεί να ονομαστώ φίλος του θεού, όπως κάποιος Λυκούργος από τη Σπάρτη, και μου επέτρεψε να κατοικήσω όσο ήθελα στον ιερό χώρο και αποφάσισε να μου παρέχεται σίτιση από την πόλη.




 「そのような神託が与えられたので、私は祭壇に身を投げ出して俯せになり、私の苦難すべてについて、同情をして下さるように、神に懇願し始めたのです。すると、その場の周りにいた人々は、神に讃歌を歌ったのです。そして、私が最初の参拝でもう予言を手にしたと言って、私を祝福して下さったのです。それ以来、私が神の友となる価値のある者だと言って、様々なやり方で世話をして下さったのです、それは、まるで私がスパルタのリクルゴスでもあるかの様でした。そして、聖域の何所でも私が住みたい所に住むことを私に許して下さったのです。その上、市から食事を出すことも決めて下さったのです。」




「 επέτρεψε 」、
επιτρέπω


「 σίτιση 」、
σίτιση : η παροχή τροφής, η τροφοδοσία.
給食、支給の食事。
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Όταν τα ψάρια βγήκαν στη στεριά

 Μιχάλης Κακογιάννης 監督の1967年の作品『 Όταν τα ψάρια βγήκαν στη στεριά 』、4月22日、20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパンから、DVDが出されたそう。
 ギリシャの監督ですけど、Αγγλικά です。英米との合作なので。最初の公開は西ドイツ。それで、字幕も日本語。

 コメディ映画


The Day the Fish Came Out (1967) - IMDb


Cine.gr - Τανίες The Day the Fish Came Out - Οταν τα Ψάρια βγήκαν στη Στεριά
posted by kyotakaba at 11:55| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月01日

Εκδηλώσεις στην πλατεία Κοτζιά

 in.gr のニュース、5月1日付けに記事から、

Με ένα ≪χαλί≫ λουλουδιών 50 τ.μ. υποδέχεται τον Μάη ο Δήμος Αθηναίων



Ακολούθως το διάστημα από τις 22 Μαΐου 2011 έως τις 5 Ιουνίου 2011, στον χώρο της πλατείας Κοτζιά, θα πραγματοποιηθεί η προγραμματισμένη έκθεση λουλουδιών. Θα εκτεθεί μεγάλη ποικιλία φυτών, ενώ γεωπόνοι και φυτοπαραγωγοί θα ενημερώνουν για θέματα πρασίνου και καλλιεργειών.




50平方メートルの花の「絨毯」で、アテネ区は五月を迎えます。


5月22日から6月5日までの間、コッジア広場では、花の展覧会が予定通り開催されます。非常に多彩な植物が展示されます、同時に、農学者や植物生産者が緑化や栽培のテーマで詳しい解説をします。







τ.μ:Τετραγωνικό μέτρο


εκτεθεί:εκθέτω の中動相 εκτίθεμαι のシノプト・メロンダスの三人称単数。


Πλατεία Κοτζιά は、Ευπολίδος 通りとΑθηνάς 通りに面した広場。
posted by kyotakaba at 20:53| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする