2011年06月30日

波の夢 2-4-1

  Εγώ, χωρίς ποτέ να οργώσω ή να σπείρω, το εθέριζα εν μέρει.





私は、耕すことも種を播くことも全くせずに、分け前を取り入れたものだ。
posted by kyotakaba at 16:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 33-2

   Αποφάσισα λοιπόν να φύγω από τους Καταδούπους από το φόβο μήπως η βασκανία κάποιου δαίμονα μου στερούσε και τη δεύτερη αυτη κόρη・ έτσι, κατέβηκα τον Νεΐλο ώς τη θάλασσα, βρήκα ένα καράβι κι έβαλα πλώρη για την πατρίδα.



 「そして、誰だかの邪気の恐ろしい眼差しが私から二番目の娘を奪い去りはしないかと言う恐れのために、カタドウボスを去る決心をしたのです。そうして、ナイル河を海まで下りました。そこに、船が一層あったのです。私は故郷に向けて出航したのです。」



βασκανία : η (μαγικού τύπου) κακή επίδραση που ασκείται πάνω σε κάποιον (ή κάτι) από άνθρωπο ο οποίος κοιτάζει με φθόνο ή με θαυμασμό που υποκρύπτει φθόνο



「 έβαλα πλώρη για 」、
βάζω πλώρη για : 〜へ向けて出航する
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月29日

波の夢 2-3-3

κ' έλεγεν: “Εις το όνομα του Πατρός και του Υιού και του Αγίου Πνεύματος, σπέρνω αυτό το χωράφι, για να φάνε όλ' οι ξένοι κ' οι διαβάτες, και τα πετεινά τ' ουρανού, και να πάρω κ εγώ τον κόπο μου!”




そして、農夫は言う。「父と子と精霊の名に於いて、この畑に種をまくのだ。それは、異国の人達の誰でもが、ここを通る誰でもが、そして空の鳥たちが、食べれるようにとすることなのだ。その後で、幾分かを私が取るのだ。」
posted by kyotakaba at 17:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ελληνικα παιδικά παιχνιδια 1950-60

 1950年代のギリシャのオモチャ

Greek toy museum in Rhodes Greece






posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η άλλη Ελλάδα 1950-1965

 『 Η άλλη Ελλάδα 1950-1965 』
Κωνσταντίνος Μεγαλοκονόμος

出版社:ΤΟΠΟΣ   2007年刊
30ユーロ。

 1950年から1965年の白黒の写真。


Topos Books







posted by kyotakaba at 14:30| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

波の夢 2-3-2

Το χωράφι ήτον του γεωργού μόνον εις τας ημέρας που ήρχετο να οργώση ή να σπείρη, κ' έκαμνε τρις το σημείον του σταυρού




そして畑があった。日中に農夫が一人だけで遣って来て、耕し種を撒く。それから、三度の十字架を切る、そんな畑だ。
posted by kyotakaba at 18:33| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 33-1

   Και τώρα συνεχίζω τη διήγηση του Χαρικλή. ≪ 'Οταν λοιπόν ≫, είπε, ≪ έφτασα στο σπίτι, έτρεξε να με προϋπαντήσει η κόρη και δεν είπε βέβαια τίποτε ― τότε ακόμα δεν ήξερε ελληνικά ―, αλλά μου φίλησε το χέρι και μόνο που την είδα ένιωσα πιό χαρούμενος・ συνάμα απορούσα που, σαν τα σκυλάκια ράτσας που κουνάνε την ουρά τους στον καθέναν ακόμα κι άν τον ξέρουν πολύ λίγο, έτσι κι αυτή κατάλαβε αμέσως την αγάπη μου και με γλυκοχαιρετούσε σάν πατέρα της.



 さて、ハリクリスの物語を続けましょう。
 こう話しました。「家に着くと、女の子は私を出迎えに駈けて来たのです。何も話しませんでした。― その時には、まだ、女の子はギリシャ語を知らなかったのです。 ― けれども、私の手にキスをしたのです。私は女の子を見るだけで、とても楽しく思えたのです。と同時に、戸惑いもしたのです。その人がどんな人かもほとんど知りもしないのに、誰にでも尾を振る血統のいい子犬のように、すぐに私の愛情が分かって、まるで私が父親でもあるかのように、この女の子は、嬉しげに挨拶するのではなかろうかと思ったのです。」







 「 Και τώρα συνεχίζω τη διήγηση του Χαρικλή. 」は、この物語の登場人物の言葉ではなく、物語『エティオピア物語』を語る人の声です。
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月27日

波の夢 2-3-1

  Όλα εκείνα ήσαν ιδικά μου. Οι λόγοι, αι φάραγγες, αι κοιλάδες, όλος ο αιγιαλός, και τα βουνά.





 そこにあるもの全てが、私自身だった。断崖、谷、海岸、山、そう言われるもの全て。




 「 Οι λόγοι 」の意味がよく分かりません。
posted by kyotakaba at 14:48| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Special Olympics ATHENS 2011 Opening Ceremony Greek Flag / Anthem

 gemichal さんのチャンネルから。gemichal さん、スペシャルオリンピックのビデオをいくつか投稿されていますので、たぶん、会場で撮影されたもの。

YouTube - ‪gemichal's Channel‬‏
http://www.youtube.com/gemichal


posted by kyotakaba at 08:13| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月26日

It's A Wonderful Winning World

 スペシャルオリンピックが開催しました。開会式では、Άλκηστις Πρωτοψάλτη と、イタリアの歌手 Vittorio Grigolo が「 It's A Wonderful Winning World 」を歌いました。




posted by kyotakaba at 10:23| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

波の夢 2-2-2

Εφαινόμην κ' εγώ ως να είχα μεγάλην συγγένειαν με τους δύο τούτους ανέμους, οι οποίοι ανέμιζαν τα μαλλιά μου, και τα έκαμναν να είναι σγουρά όπως οι θάμνοι κ' αι αγριελαίαι, τας οποίας εκύρτωναν με το ακούραστον φύσημα των, με το αιώνιον της πνοής των φραγγέλιον.




この二つの風で、私は成長したと思っている。風は私の髪をたなびかせ、巻き毛にした。それは、恰も、灌木か野生のオリーブのように見えた。倦むことを知らない性の風は、鞭のような息を永遠に吹き続けて、それらを捩じ曲げていた。




αγριελαίαι:αγριος+ελαία
αι は、接続詞の ή か知ら?
φραγγέλιον、Φραγγέλιο = μαστίγιο / καμουτσίκι
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

World Cup Tasters

 World Cup Tasters、コーヒーを聞き分ける大会、で、2011年度の優勝者は、ギリシャの Kyriakos Ouzounidis さんでした。
6月22日、オランダで開かれた大会。
 Κύριακος Ουζουνίδης さん。



World Cup Tasters


GreekCuppingChamp2011.jpg
posted by kyotakaba at 09:13| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月24日

Special Olympics

 Special Olympics 、第13回大会が、アテネで開催されます。25日から、

Special Olympics: Home







posted by kyotakaba at 18:53| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 32-3

   Γύρισα σπίτι καταστενοχωρημένος και πληγωμένος βαθιά που δεν στάθηκε δυνατό να μάθω για την κόρη ποιά ήταν κι από που και ποιοί ήταν οι γονείς της " ≫. ≪ Δεν είναι ν' απορείς ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ ακόμα κι εγώ στενοχωριέμαι που δεν το έμαθα, αλλά ίσως θα το ακούσω στη συνέχεια ≫. ≪ Θα το ακούσεις ≫, είπε ο Καλάσιρις.




 「ひどく落胆して深く傷付いて、私は家に帰りました。女の子について、誰であるのか、何所から来たのか、両親は誰なのか、知ることは出来ないようになったからです。」 すると、クニモンは言いました。「貴方が途方に暮れることはないです。私も知ることができないで、落胆しています。けれども、この続きを、お聞かせ下さいますよね。」 カラシリスは言いました。「お聞き下さい。」



「 καταστενοχωρημένος 」、
καταστενοχωρώ ( κατά - στενοχωρώ ) στενοχωρώ κάποιον πάρα πολύ:
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月23日

波の夢 2-2-1

  Η πετρώδης, απότομος ακτή μου, η Πλατάνα, ο Μέγας Γιαλός, το Κλήμα, έβλεπε προς τον Καικίαν, και ήτον αναπεπταμένη προς τον Βορράν.



 懐かしい切り立った岬、巌。プラタナ、メガス・イァロス、それに、クリーマ。それらは、ケキアに面している。そして、北に向かって開けている。




αναπεπταμένη : αναπεπταμένος / αυτός που έχει αναπετασθεί (απλωθεί)
posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 32-2

   Και κάποιος μου έδωσε την είδηση ότι είχε φύγει από τη χώρα, ή μάλλον ότι είχε απελαθεί・ ο σατράπης τον είχε απειλήσει με θάνατο άν δεν βρισκόταν έξω από τα σύνορα της χώρας προτού βασιλέψει ο ήλιος. Και όταν ρώτησα την αιτία, ' διότι ', μου είπε ο πληροφοριοδότης μου, ' ο πρεσβευτής εξέφραζε την απαίτηση των Αιθιόπων να μην εκμεταλλεύονται οι Πέρσες τα μεταλλεία που, καθώς έλεγε, ανήκαν στην Αιθιοπία '.



 「すると、誰だかが、その人はもうこの国を去ったということ、さらに実は、国外追放にされたのだ、と言うことを知らせてくれたのです。太守は、その人が、もし太陽が沈む前に境界から外の国外に居なければ、死罪にすると脅したと言うことです。それで、私はその理由を尋ねたのです。話しをしてくれた人はこう言いました。「大使は、エティオピアに所属する、と大使は言っていました、鉱山をペルシャ人が採掘しないようにと言う、エティオピアの要求を言ったからなのです。」」



「διότι」 γιατί

「εξέφραζε」 εκφράζω
posted by kyotakaba at 12:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月22日

το θερινό ηλιοστάσιο

Σήμερα η μεγαλύτερη μέρα του χρόνου

Με το θερινό ηλιοστάσιο, τη μεγαλύτερη σε διάρκεια ημέρα του χρόνου, ξεκινά επίσημα σήμερα το καλοκαίρι.


今日は一年で最も昼が長い日。

今日は一年でいちばん昼が長い夏至である今日、夏が正式に始まります。
posted by kyotakaba at 17:15| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 2-1-3

Όλον το κατάμερον εκείνο, το καλούμενον Ξάρμενο, από τα πλοία τα οποία κατέπλεον ξάρμενα ή ξυλάρμενα, εξωθούμενα από τας τρικυμίας, ήτον ιδικόν μου.



そこにいる誰でもが、沖を往く船から、外の世界への旅に呼ばれる、そして、そのうちの何人かは、嵐に吹き飛ばされて、荒れる海の航行へと出るのだ、それが私だった。



ここの文は、全く分かりません。見当もつかないので、雰囲気で。


κατέπλεον は、πλέον と言うカサレヴサがあるので。副詞で、更に、の意味。
ξάρμενα は、αρμενίζω 帆走する、と言う動詞があるので。
ξυλάρμενα は、ξυλάρμενος と言う形容詞があるので。που ταξιδεύει με όλα του τα πανιά μαζεμένα, λόγω κακοκαιρίας
εξωθούμενα は、εξωθώ と言う動詞があるので。押し出す。
posted by kyotakaba at 15:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月21日

波の夢 2-1-2

έβοσκα τας αίγας της Μονής του Ευαγγελισμού εις τα όρη τα παραθαλάσσια, τ' ανερχόμενα αποτόμως δια κρημνώδους ακτής, ύπερθεν του κράτους του Βορρά και του πελάγους.



私は海辺の山でエヴァンゲリスモス修道院の山羊を放牧していた。強い北風と海風に押されて、海岸からの坂は急峻に登っていた。


ここの文は、構成がよく分かりません。
「ύπερθεν του κράτους του Βορρά και του πελάγους」は、「 τ' ανερχόμενα αποτόμως δια κρημνώδους ακτής」を説明し、また、「 τ' ανερχόμενα αποτόμως δια κρημνώδους ακτής」は、「τα όρη τα παραθαλάσσια」の説明しているのか?



ύπερθεν は、中世ギリシャ語で、above の意味らしいです。現代語の υπέρ と同じ? 属格が続いているけれど。現代語だと、〜の為に、〜に賛同して、と言う意味ですけれど。
posted by kyotakaba at 17:48| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 32-1

   Έτσι κι έκαμα : παρέλαβα την κόρη, της κάλυψα το πρόσωπο με το πέπλο της και την οδήγησα στο σπίτι μου・ όλη εκείνη την ημέρα τη φρόντιζα και τη γέμιζα περιποιήσεις και ευγνωμονούσα τους θεούς που μου την έστειλαν και κόρη μου την ενόμιζα και την ονόμαζα・ και την επομένη έσπευσα στο ναό της Ίσιδος όπου είχα συμφωνήσει να συναντηθώ με τον ξένο・ ώρα πολλή περπατούσα εκεί γύρω και, επειδή δεν φαινόταν πουθενά, πήγα στο παλάτι του σατράπη και ρώτησα άν είχε δεί κανείς τον πρεσβευτή των Αίθιόπων.



 「こう男は話しました、それで私は次のようなことをしたのです。その女の子を私は引き取りました。そして、その子のベールで女の子の顔を覆い、私の家に連れて行ったのです。その日は一日その子の世話をしたのです。女の子をおもてなしで満腹にさせました。その間中、私は、私にこの子を送ってくれた神々に感謝をしていました。私はその子を私の娘だと思いました、そして名前を付けました。次の日、外国の人と会うことを約束していたイシスの神殿に、私は急いで行ったのです。そして、長い時間、そこをぐるぐると歩いて回っていました。ですが、誰も現れなかったのです。ですから、太守の宮殿に行って、誰かエティオピアの大使を見てないかと尋ねたのです。」



ενόμιζα は、νόμιζα かと思います。



 ここまで、若い男について、πρεσβευτής 大使と言う語は使ってあるのですが、エティオピアのと言うことはなかった、と思います。羊飼いたちの代表、と、私は訳していました。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月20日

波の夢 2-1-1

  Η τελευταία χρονιά που ήμην ακόμη φυσικός άνθρωπος ήτον το θέρος εκείνο του έτους 187... Ήμην ωραίος έφηβος, καστανόμαλλος βοσκός,




 187×年の夏が、私が自然のままの人間であった最後の時間だった。…、私は、端正な若者、栗色の髪の羊飼いだった。
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νέες θεραπείες με φάρμακα από την αρχαιότητα

 カセメリニ web 版、11年6月16日付け記事、


Νέες θεραπείες με φάρμακα από την αρχαιότητα

  Σιρόπια, κολλύρια, αλοιφές, σταγόνες, χάπια που συνδύαζαν δεκάδες ουσίες χρησιμοποιούνταν στην αρχαιότητα για την αντιμετώπιση σχεδόν όλων των γνωστών ασθενειών. Τα γραπτά του Ιπποκράτη αναφέρουν περίπου 250 φαρμακευτικά φυτά. Ο Γαληνός, ο δεύτερος σπουδαιότερος γιατρός της Αρχαιότητας μετά τον Ιπποκράτη, παρασκεύαζε τα περίφημα ≪Γαληνικά Φάρμακα≫, μερικά εκ των οποίων περιείχαν έως και 100 διαφορετικές ουσίες έκαστο. Ο Νικόλαος Μυρεψός (το 1.300 μ.Χ.) συνέτασσε συνταγολόγιο με περισσότερα από 2.200 φάρμακα. Η αρχαία αυτή γνώση ≪κρατάει≫ έως και σήμερα μέσα από γραπτά, τα οποία επιστήμονες ερευνούν και ανακαλύπτουν συνεχώς νέες θεραπευτικές ιδιότητες γνωστών ουσιών.



古代由来の薬による新しい治療法

シロップ状の飲み薬、点眼剤、塗り薬、点滴、数十の物質を組み合わせた錠剤、そういったものは、古代に於いても、既知の病気のほぼ全部に対して、対処法として使われていました。ヒポクラテスの書いたものには、約250の薬草が挙げられています。古代の、ヒポクラテスの次に偉大な医者である、ガレモスは、有名な「ガレニカ薬」を調合しました。その中の幾つかの薬は、おおよそ100種類の物質を含んでいるものです。ニコラオス・ミレプソス ( 西暦1300年 ) は、2200以上の薬の処方集を編纂しました。古代の知識は、今日まで、書物の中に「保持」されています。科学者は、それらを研究しています。そして、これまで知られていた物質の中に、薬効のある性質を立て続けに発見しているのです。



κολλύριο
συντάσσω
posted by kyotakaba at 11:23| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月19日

Αμμουλιανή: Η μικρή άγνωστη

 カセメリニの ταξίδια で、Αμμουλιανή が紹介されていたので、

http://trans.kathimerini.gr/4dcgi/_w_articles_taxgreece_8_25/06/2009_285741


Αμμουλιανή: Η μικρή άγνωστη
アモウリアニー、あまり知られていない場所


Στην Αμμουλιανή είχα βρεθεί πριν από χρόνια. Τότε που δεν υπήρχαν ακόμα πολλά ξενοδοχεία, ταβέρνες και μπαράκια. Τότε που οι επιλογές ήταν περιορισμένες και ο κόσμος την επισκεπτόταν για να κάνει ήσυχες, οικογενειακές διακοπές.

Σήμερα, η Αμμουλιανή βρίσκεται σε τροχιά ανάπτυξης. Οι κάτοικοι μιλούν με ενθουσιασμό για το νησάκι τους και το χαρακτηρίζουν ≪Μύκονο της Χαλκιδικής≫. Μέσα σε μερικά χρόνια, τα ξενοδοχεία και γενικότερα οι τουριστικές υποδομές έχουν πολλαπλασιαστεί.


何年か前、私は、アモウリアニーに行ったことがあります。その時には、ホテルも、タベルナも、バーもあまりありませんでした。選べるものは、限られていました。誰もが、静かに過ごすため、家族で休暇を過ごすために、此処を訪れていました。

今では、アモウリアニーは、発展の途上にあります。自分たちの島について、夢中になって話し、「ハルキディキのミコノス」であると決めつける人がいるのです。この数年のうちに、ごく一般的なホテルや観光施設が倍増しています。



 ユーチューブにとても綺麗なビデオもあったので、

posted by kyotakaba at 16:08| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月17日

Συνοικία το Ονειρο

 映画『 Συνοικία το Ονειρο 』の公開五十周年ということで、劇場にかかっています。

 1961年の Αλέκος Αλεξανδράκης 監督作品。
夢と言う名前の町




 これは、最後のシーン、




Cine.gr - Τανίες Συνοικία το Ονειρο - A Neighborhood Named the Dream

Synoikia to Oneiro (1961) - IMDb


http://www.youtube.com/watch?v=FYo-S0GmPNA
posted by kyotakaba at 18:51| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 31-5

   Είμαι βέβαιος ότι θα τηρήσεις όλα όσα συφωνήσαμε・ βασίζομαι στους όρκους σου και επίσης στο χαρακτήρα σου・ μέρες τώρα που μένεις εδώ σε παρακολουθώ και διαπιστώνω ότι είσαι ένας γνήσιος Έλληνας. Αυτά είναι όσα πολύ σύντομα μπορώ να σου πώ τώρα γιατί το καθήκον της πρεσβείας με καλεΐ・ αύριο θα συναντηθούμε κοντά στο ναό της Ίσιδος και θα σου δώσω πιό ακριβείς και πιό σαφείς πληροφορίες για την κόρη '.




 「私は、貴方が私たちの合意したことを全部守って下さるのは確かだと思っています。貴方の外見と、それからまた、性格を基にしてそう思うのです。貴方が此処にいらっしゃる何日か、私は貴方を観察しました。そして、貴方は正真正銘のギリシャ人であることが分かったのです。今、私が貴方にお話し出来ることをとても短くして、聞いて貰いました。と言うのは、使者の役目が私にはありますから。明日、イシスの神殿の近くでお会いしましょう。そうしたら、女の子についてのもっと正確なもっとはっきりした報告を致しましょう。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

波の夢 1-6-3

κ' εγώ δεν δύναμαι ούτε να είπω, ούτε να πράξω τίποτε περισσότερον παρ όσον μου επιτρέπει η στενή δικαιοδοσία, την οποίαν έχω εις το γραφείον του προϊσταμένου μου.





上司の事務所の中で、私が持っているごく限られた司法上の権限以外のことは、私は、話すことも何かを行うことも全く許されない。
posted by kyotakaba at 22:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 1-6-2

το τόξον τα οποία διαγράφει το κοντόν σχοινίον, παρομοίως




短い弦が張られた弓と同様だ。



この行、実はさっぱり分かりません。
το τόξον は、中性名詞・単数の主格なのだと思います。弓。
τα οποία 、τα は冠詞? 冠詞+οποίος の関係代名詞? では、中性複数なのは、何を指しているのか? το τόξον ?
διαγράφει は、動詞、三人称・単数のエネトータス。 ( この辺りの文、現在形でいいのか? ) この動詞の主格は?
το κοντόν σχοινίον 冠詞+形容詞+実詞。中性単数。対格なのか?
παρομοίως は副詞?

διαγράφω は、線を引く、線を引いて削除する、の語義だけれど、この文では、どういう意味に使っているのか?

この文は、独立した一つのことを叙述しているのか、それとも、先の文の ακτίνα を説明するための従属節なのか?



 などと、全て分からないので、見当で、日本語を当てました。
posted by kyotakaba at 22:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Βασίλης Παπακωνσταντίνου

 ロックン・ローラー Βασίλης Παπακωνσταντίνου 、シンタグマ広場でコンサート。2011年6月15日。


posted by kyotakaba at 15:03| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

"Είναι ώρα ευθύνης"






http://www.youtube.com/PrimeMinisterGR
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 31-4

   Ήδη πρέπει να συζητήσω με το σατράπη το ζήτημα για το οποίο με έστειλαν εδώ・ η ακρόαση έχει όριστει για σήμερα. Την κόρη την παραδίδω στα χέρια σου και στα χέρια των θεών που έφεραν έτσι τα πράγματα με τους όρους της ένορκης συμφωνίας μας : να τη διαφυλάξεις ελεύθερη και να τη δώσεις γυναίκα σε ελεύθερο και να δώσεις μαζί και την ταινία αυτη που σου εμπιστεύομαι εγώ ή μάλλον η μητέρα που την απόθεσε εκεί μαζί με το μωρό της.




 「それで、私がここに送られて来た問題に付いて、太守と協議しなければならないのです。謁見は今日に決められているのです。その女の子を貴方の手に私は委ねます、私たちが誓いを立てて合意した条件の下で、物事をもたらしてくれる神の手に委ねるのです。条件と言うのは、貴方が女の子を自由のままにしてあげて、そして、自由な大人の女性になるようにさせて、その時には、この帯を女の子に与える、と言うものです。私は、貴方を信用しています。と言うよりも、ここに、赤ん坊と一緒にこの帯を残した母親が、貴方を信用しているのです。」





διαφυλάξεις : διαφυλάγω
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Axel Accessories

 MEGA TV の番組『 Το Πρωινό μου 』で、プレゼンテーションされた、Η AXEL の春夏コレクション。






Το Πρωτινό μου:
MEGA TV: ΠΡΩΙΝΟ MOU


Axel Accessories
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

MetroGreece: "Γιατί μένω στο Σύνταγμα"

posted by kyotakaba at 09:15| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月15日

波の夢 1-6-1

  Καθώς ο σκύλος, ο δεμένος με πολύ σχοινίον εις την αυλήν του αυθέντου του, δεν ημπορεί να γαυγίζη ούτε να δαγκάση έξω από την ακτίνα




 飼い主の庭に何本もの紐で縛られている犬のように、私は、吠えることも、紐の長さを越えて、噛み付くことも出来ない。
posted by kyotakaba at 15:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月14日

波の夢 1-5-3

Και είμαι περιωρισμένος και ανεπιτήδειος, ουδέ δύναμαι να ωφεληθώ από την θέσιν την οποίαν κατέχω πλησίον του δικηγόρου μου, θέσιν οιονεί αυλικού.


私は出来ることも限られていて手際も良くない。まるで廷臣のように、弁護士の近くに場所を得て、利益を得ると言うことはありそうもない。



見当なのですが、かなり違うかも。

οιονεί は、「類似の」と言う意味。
posted by kyotakaba at 18:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Kalomira - "Proino mou"

2011年6月13日、朝の MEGA テレビの番組

posted by kyotakaba at 17:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ποδηλατόδρομοι

 in.gr の6月12日付けの記事から、

Ποδηλατόδρομοι οι λεωφορειολωρίδες της Αθήνας από τις 20 Ιουνίου

6月20日から、アシナ市内のバス走行路線は、自転車走行路線に。


 安全になるのか危険になるのか、よく分からないのですが。


http://news.in.gr/greece/article/?aid=1231113187
posted by kyotakaba at 09:20| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月13日

波の夢 1-5-2

Σήμερον εξακολουθώ να εργάζωμαι ως βοηθός ακόμη εις το γραφείον επιφανούς τινος δικηγόρου και πολιτευτού εν Αθήναις, τον οποίον μισώ, αγνοώ εκ ποίας σκοτεινής αφορμής, αλλά πιθανώς επειδή τον έχω ως προστάτην και ευεργέτην.




今日でも、有名な弁護士の事務所で助手として働き続けている。そして、嫌いなアテネで政治活動をしている。関係を隠しているので誰だかを私は知らないのだけれど、後援してくれる篤志家が確かにいるらしいからである。



ほとんど見当です。
posted by kyotakaba at 21:53| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 31-3

   Στην αρχή λοιπόν έτσι ζούσε χωρίς να το ξέρει κανείς. Επειδή όμως, καθώς περνούσε ο καιρός, η κόρη έδειχνε πιό μεγάλη και πιό όμορφη από το συνηθισμένο και η ομορφιά της ούτε κρυμμένη κάτω από τη γή δεν θα μπορούσε να περάσει απαρατήρητη αλλά κι από κει κάτω, πιστεύω, θα έλαμπε, φοβούμενος μή βγεί στο φώς η ιστορία της με αποτέλεσμα κι εκείνη να χαθεί κι εγώ κάτι δυσάρεστο να πάθω, κατάφερα να με στείλουν πρεσβευτή στο σατράπη της Αιγύπτου. Έτσι λοιπόν ήλθα εδώ παίρνοντας μαζί μου και την κόρη με σκοπό να ρυθμίσω τα σχετικά με αυτήν.




 「それで、始めの間は、そこに居ると言うことをを誰に知られずに、女の子は暮らしていたのです。けれども、それから、時間が経つと、女の子は、平凡な人たちの中にあって、ずっと高貴に、ずっと美しく見えるようになったのです。その美しさは、人目につかないように地面の下には隠せないし、地面の下にあっても、きっと輝くだろうと私は信じています、女の子の出自が光の中に現れて、その結果、その子がいなくなってしまうのではないかと言う不安で、私は、気を揉むのが嫌でした、それで、羊飼いたちが私をエジプトの太守の元に代表として送り出すことを承諾したのです。それで、私は、女の子を連れて、その子に関すことを調停する目的で、一緒にここに来たのです。」



κατάφερα να με στείλουν πρεσβευτή στο σατράπη της Αιγύπτου. の να 節の中の動詞 στείλουν の主格は、羊飼いたち。
それで、羊飼いたちが私をエジプトの太守に代表として送り出すことを承諾したのです。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月11日

EU Film Days 2011にてギリシャ映画上映

 ブログ『日本語で読むギリシャ』から:

「今年もやってまいりましたEU Film Days2011.
今のギリシャ映画を見ることのできる数少ない機会、ことしのラインナップは
誰もが知っている画家・エル・グレコの生涯を描いた「El Greco」。

今年の映画祭は東京・京都・広島・岡山・山口・高松の各会場で開催されますが
残念ながらギリシャ映画は東京のみ、英語字幕での上映となります。
監督のヤニス・スマラグディス氏(Γιάννης Σμαραγδής)は1946年クレタ島
イラクリオン生まれ、ギリシャとパリで監督術を学び、1972年ショートフィルムの
「ちっぽけなこと(Δύο τρία πράγματα)」でデビュー、映画監督としての
キャリアをスタートさせました。



EU Film Days 2011にてギリシャ映画上映 - 日本語で読むギリシャ

エル・グレコ | EU Film Days 2011


Cine.gr - Τανίες El Greco

El Greco (2007) - IMDb





posted by kyotakaba at 13:11| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月10日

波の夢 1-5-1

Μεγάλην προκοπήν, εννοείται, δεν έκαμα.


大きな儲けは、言うまでもなく、私は得られなかった。
posted by kyotakaba at 15:21| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 31-2

   Μαζί με το παιδάκι είχαν αποθέσει και την αρμαθιά των πετραδιών που σου έδειξα μόλις πρίν και μιά μεταξωτή ταινία όπου, με γράμματα του τόπου μας, ήταν πυκνά πυκνά υφασμένη η ιστορία της κόρης・ σίγουρα η μάνα είχε προνοήσει να δώσει στο παιδί της τα σύμβολα αυτα της αναγνώρισης. Κι εγώ, μόλις τα διάβασα και έμαθα τίνος ήταν το παιδάκι και από που, το πήρα και το πήγα σ' ένα αγρόκτημα μακριά από την πόλη και το παρέδωσα στους βοσκούς να μου το αναθρέψουν με αυστηρότατη εντολή να μην πούν λέξη σε κανέναν・ όσο για τα πετράδια που είχαν εκτεθεί μαζί μ' αυτην, τα κράτησα μήν και γίνουν αιτία να κινδυνέψει η κόρη.




 「母さんは、その小さな子供と一緒に、宝石の束を置いていたのです。それは、先ほど、貴方にお見せしたものです。そして、絹の帯がありました、それには文字があったのですが、娘の物語がびっしりびっしりと織り込まれていたのです。賢明な母さんは、自分の子だと証しになる符丁を子供に与えて、将来に備えていたのです。それで私は、それを読んで、子供が誰の子か、どこから来たのか、分かったのです。それで、私は子供を拾い上げました、そして、私は子供を都市から遠い田園に連れて行きました。それで、羊飼いたちに渡したのです。それで、決して誰にも話すなと厳しく言い置きして、私のために育てるようにと言ったのです。娘と共に置かれていた宝石についてですが、娘が危険な目に遭うと言うことが起こらないように、私が保管していました。」




αναθρέψουν:αναθρέφω / ανατρέφω
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月09日

波の夢 1-4-3

Τέλος, αρχίσας τας σπουδάς μου σχεδόν εικοσαετής, εξήλθα τριακοντούτης από το Πανεπιστήμιον・ εξήλθα δικηγόρος με δίπλωμα προλύτου...



二十歳になった頃が、私の学究の生活の始まりだった。三十になる頃、大学を去った。私は、弁護士の開業免許を得て大学を出た。




εξήλθα は、『 The date of Ezana,' Constantine ' of Ethiopia 』の20. - 25. に、
Εξήλθα πολεμήσαι τους ΝΩΒΑ, と言う文があります。
これの英訳は、I went out to make war on the Noba なので、
go out なのだと思います。έξω έρχομαι なのだと。

他は、見当です。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月08日

Αρετή Κετιμέ

 と、もう一人、iTunesでみたの、Αρετή Κετιμέ 。

アルバム『 Καλή σου τύχη 』

ホームページ:
Areti Ketime Official Website


posted by kyotakaba at 18:25| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΓΙΟΡΓΟΣ ΔΡΑΜΑΛΗΣ

 Γιώργος Δράμαλης は、セサロニキの Βαλμάδα出身のブズーキ奏者。

 アルバム『 8 ΧΟΡΔΕΣ 』


posted by kyotakaba at 18:15| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Απολογισμός του Φεστιβάλ Υπερηφάνειας 2011

 6月に行われている、Απολογισμός του Φεστιβάλ Υπερηφάνειας 2011 。

Απολογισμός του Φεστιβάλ Υπερηφάνειας 2011





posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ο κήπος του Μεγάρου Μουσικής Αθηνών

 数日前、メガロ・ムシキーの庭で、詩人 Ο Τίτος Πατρίκιος と η Κική Δημουλά の二人の催し物があるの言うニュースがありました。

 で、私は、メガロ・ムシキーに庭があるのを知りませんでした。とてもきれいな庭のようです。

Ο Κήπος του Μεγάρου



kiposfirst.jpg


その、 Ο Τίτος Πατρίκιος と η Κική Δημουλά の二人のキポスでの講演。




posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 31-1

   Εκείνος τότε μίλησε ως εξής : ‘ Την κόρη αυτή που βλέπεις, ξένε, για λόγους που θα μάθεις σε λιγάκι, η μάνα της την άφησε έκθετη στης τύχης τα γυρίσματα όταν ακόμα ήταν μωρό στα σπάργανα κι εγώ τη βρήκα και την περιμάζεψα・ δεν το έβρισκα σωστό να αφήσω σε κίνδυνο θανάτου μιά ψυχή άπαξ και είχε περιβληθεί σώμα ανθρώπου ( αυτή είναι μιά από τις έντολές των Γυμνοσοφιστών που λίγον καιρό πρίν αξιώθηκα να γίνω μαθητής τους )・ άλλωστε στα μάτια του παιδιού κάτι μεγάλο έλαμπε και θεϊκό, τόσο ζωηρά και σαγηνευτικά με κοίταξε καθώς στεκόμουν και το παρατηρούσα.




 「それから、男は次のように言ったのです。「異国の方、今貴方がご覧になっている少女について、分けを少しだけお教えしましょう。この子の母さんは、運の巡り合わせで、この子を捨て子にしたのですよ。まだお襁褓をした赤ん坊の時にですよ。それで、私は、見つけたんですよ。拾ったんです。人間の体をたった一度だけ取り巻く一つの魂を、死の危機に放ったまま、それを眺め続けてることはしませんでした。( その少し前に、私が弟子になった、裸の哲学者の教えの一つが、そういうことだったのです。 ) そうして、子供の目は大きくて輝いていました。神々しくて、とても生き生きとしていて魅惑的で、私を見詰めていたのです。その間、私は突っ立って、子供を観察していました。」」




περιμαζεύω:συγκεντρώνω σκορπισμένα πράγματα / περιορίζω / περιθάλπω

άπαξ : επίρρημα : μία φορά μόνο
posted by kyotakaba at 12:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月07日

波の夢 1-4-2

όπου κατετάχθην αμέσως εις την ανωτέραν τάξιν, είτα εις την εν Αθήναις Ριζάρειον.



そこで、アテネ・リザレイオ校の上級のクラスに編入された。



κατατάσσω


 Ριζάρειο と言う名前の学校が今でもあるようですが、関係はないかもしれません。

Εκκλησιαστικό Λύκειο Ριζαρείου Σχολής
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月06日

Χταπόδι στιφάδο

Χταπόδι στιφάδο



posted by kyotakaba at 15:30| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

η Αθήνα σήμερα

で検索したら、






posted by kyotakaba at 14:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 1-4-1

Αφού έμαθα τα πρώτα γράμματα πλησίον του γηραιού Σισώη, εστάλην ως υπότροφος της Μονής είς τινα κατ' επαρχίαν ιερατικήν σχολήν



 シイソス老人の元で読み書きの初歩を学ぶと、私は、郡の神学校に奨学生として送り出された。




εστάλην は、στέλνω の中動相かなと、

τινα は、που のことのよう。


見当です。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月05日

ασυνάρτητος

 リンク元に、「支離滅裂 ギリシャ語」とあったのでメモ。

ασυνάρτητος :επίθετο:ασυνάρτητος - η - ο / χωρίς λογική σύνδεση

web で、使用されている文を検索して、最初に見つけたもの。書評でした。

Οι "Ασυνάρτητες ιστορίες" είναι μια έκπληξη.
支離滅裂なストーリーは、ある意味驚きです。
Σου Παπαδάκου の『 Τσουράνγκα 』の紹介の文の冒頭。
( これくらいの長さだと、Google Translate で読み上げます。 )

ασυνάρτητος - définition et traduction
posted by kyotakaba at 09:06| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月04日

エティオピア物語 第二巻 30-6

   Κι όταν έδωσα τον όρκο που μου ζήτησε με οδήγησε στο σπίτι του και μου έδειξε μιά κόρη θεσπέσιας ομορφιάς που εκείνος μέν έλεγε πώς ήταν επτά χρονώ, αλλά εμένα μου φαινόταν ότι πλησίαζε σε ηλικία γάμου, τόσο η σπάνια ομορφιά κάνει τον άνθρωπο να μοιάζει και στο σώμα πιό μεγάλος. Κι εγώ έμεινα με το στόμα ανοιχτό : από τη μιά δεν καταλάβαινα τί γινόταν κι από την άλλη δεν χόρταινα να βλέπω τη μορφή της.




 「それから、男が私に求めた誓いをすると、男は私を自分の家に案内したのです。そして、驚くほど美しい一人の女の子を私に見せたのです。男は、この娘は七歳だと言ったのですけれど、私には、婚礼に相応しい歳に達しているように思えたのです。類い稀な美しさが、人に、もっと成長しているように思わせたのです。私はと言えば、口が開いたままでした。何が起こっているのか一つも分かりませんでした。女の子の側で、その姿を眺めるのに飽きることがなかったのです。」




θεσπέσια:θαυμάσια
από την άλλη:από την άλλη πλευρά
posted by kyotakaba at 09:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月03日

波の夢 1-3-3

Εκεί έκλαυσε το αμάρτημά του, το έχον γενναίαν αγαθοεργίαν ως εξόχως ελαφρυντικήν περίστασιν, και λέγουν ότι εσώθη.



そこで、自分の罪を嘆いていた。修道院には恐れを知らない無私の精神があった。それは、境遇を和らげるのも、救いと言われいるものだった。
posted by kyotakaba at 18:17| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 30-5

   Γέλασα μόλις τ' άκουσα κι όταν εκείνος ζήτησε να μάθει την αιτία, ' γελάω ', του είπα, ' γιατί είναι αστείο να τάζεις δώρα τόσο ακριβά κι από πάνω να δίνεις και ανταμοιβή ακόμα πιό πολύτιμη από τα δώρα'. ' Έχε μου εμπιστοσύνη ', είπε εκείνος, ' μόνο ορκίσου πώς θα μεταχειριστείς το δώρο μου με τον καλύτερο τρόπο και σύμφωνα με τις δικές μου οδηγίες'. Εγώ τα είχα εντελώς χαμένα, αλλά με είχε κυριέψει η ελπίδα και έτσι δέχτηκα να ορκιστώ.




 「それを聞くや否や私は笑ったのです、すると、男は何故だかを知りたがりました。私は男に言いました。「君が贈物をした上に、その報酬として、さらに高価な贈物をすると誓うと言うのが、可笑しいので、笑ったのです。」 男は言いました。「私を信用して下さい。私の案内に従って、私の贈物を一番いいようにお扱いになると誓って下さい。」 私は、まるっきり、途方に暮れました。ですけれど、希望が私の心を捉えたので、誓うことを承知したのです。」



τάζω : κάνω ένα τάμα


「 ορκίσου 」、
ορκίζω の命令形・アオリスト。
posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

test

test




posted by kyotakaba at 18:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 1-3-2

Αργότερα αφού εξησφάλισε την οικογένειάν του, ενθυμήθη την παλαιάν υποχρέωσιν του, εφόρεσε και πάλιν τα ράσα, ως απλούς μοναχός την φοράν ταύτην, κωλυόμενος να ιερατεύη κ' εγκατεβίωσεν εν μετανοία, εις το Κοινόβιον του Ευαγγελισμού.




その後、家族を皆失った。それから、嘗ての務めを思い出し、一回の修道者だった時の法衣を再び着た。聖職者になるのは難しいので、エヴァンゲリスモス修道院で、悔恨の内に時を過ごした。



全く見当です。まるで違う意味かも知れません。
posted by kyotakaba at 15:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月01日

波の夢 1-3-1

Ευθύς μετά την αποκατάστασιν των πραγμάτων, επί Καποδίστρια κυβερνήτου, εδίδασκεν εις διάφορα σχολεία ανά την Ελλάδα, και είχεν ου μικράν φήμην, υπό το όνομα “ο Σωτηράκης ο δάσκαλος”.




身を固めると直ぐに、先生は、カポディストリアコス内閣の時代だったけれど、ギリシャの様々な学校で教えていた。「ソティラキス( お助け ) 先生」と言う名前で、小さくはない評判を得た。




見当です。
ου や、υπό は、古典語と同じなのだと思います。
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 30-4

   Κι εγώ, μόλις τ' αντίκρισα, ' φίλε μου ', είπα, ' κοίτα να βρείς άλλους αγοραστές γι' αυτά γιατί εγώ, και όλη μου την περιουσία να έδινα, μόλις και μετά βίας θα μπορούσα ν' αγοράσω ένα από τα πετράδια που μου δείχνεις'. ' Έ λοιπόν ', μου αποκρίθηκε, ' άν δεν μπορείς να τ' αγοράσεις, μπορείς βέβαια να τα πάρεις δώρο'. Και βέβαια μπορώ ', είπα, ' μόνο που δεν καταλαβαίνω γιατί αστειεύσαι έτσι μαζί μου '. ' Δεν αστειεύομαι ', είπε εκείνος, ' μιλάω πολύ σοβαρά, και παίρνω όρκο στο θεό που τιμάται σ' αυτον το ναό ότι θα σ' τα χαρίσω όλα άν, εκτός από αυτά, στέρξεις να πάρεις κι άλλο ένα δώρο, ακόμα πιό πολύτιμο από τα πετράδια αυτα'.




 「私は、それらを目の当たりにして直ぐに言いました。「君、私は君が他の買い手に会っているのを見ましたよ。あの人たちの中で、何故私なのか知ら。それに、私が君に出す財では、君が私に見せた宝石の中の一つでも、買うことは、とてもとても出来ないでしょう。」 男は私に答えました。「ええ、それでは、貴方がお買いになれないとしても、贈物をお取りになれますよ、きっと。」 私は言いました。「きっと出来る。分かりませんね。君はふざけているのですね。」男は言いました。「ふざけてはいません。とても真面目に話しています。貴方に贈ろうとしたどれも、この神殿で、価値があると言う宣言を神から貰ったのです。他のものがなくても、貴方が一つの贈物を取って下さることをご承知下さいましたら、それだけで、他の宝石よりも価値があるのです。」」




「 μόλις και μετά βίας 」、
για κάτι που γίνεται με μεγάλη δυσκολία και κόπο



 この部分、男の話す会話文は、読み難いです。意味を取り違えているかもしれません。片言のギリシャ語で話していると言う設定なので、そのなのかもしれません。
posted by kyotakaba at 12:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする