2011年09月30日

Νικόστρατος, ένα ξεχωριστό καλοκαίρι

 映画『 Νικόστρατος, ένα ξεχωριστό καλοκαίρι 』、完成して公開のようです。

( 三月に記事にしていたのですが、 2011年03月27日 )


Cine.gr - Τανίες Nicostratos: Le Pelican - Νικόστρατος: Ενα Ξεχωριστό Καλοκαίρι

Nicostratos le pélican (2011) - IMDb





posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 4-5-5

Εφοβούμην μήπως τινά αποσκιρτήσουν και μου φύγουν, και τότε έπρεπε να τρέχω να τα ζητώ την νύκτα εις τους λόγγους και τα βουνά οδηγούμενος μόνον από τον ήχον των κωδωνίσκων των τραγών.




子羊のどれかが飛び跳ねて何処かへ行って、私の元からいなくなってしまわないかと、不安だった。だから、山羊たちを迎えに急がなければならなかった。夜になると、山羊は山や薮の中にいるので、夜になると、山羊の小さな鈴の音だけを頼りに探さなければならないから。







απο +σκιρτώ

Κωδωνίσκος : υποκοριστικό του κώδωνας, το μικρό κουδούνι
posted by kyotakaba at 12:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

波の夢 4-5-4

Όσην υπακοήν και αν είχαν προς εμέ τα ερίφια, και αν ήκουον την φωνήν μου διά να καθίσουν ήσυχα, ερίφια ήσαν, δυσάγωγα και άπιστα όσον και τα μικρά παιδιά.




子山羊たちを前に、私の声が聞こえるようにして、静かに座っているように従わせようとしても、子山羊たちは、幼児のように、躾けるのが難しくて、何をするか分からないのだった。




δυσάγωγα:
δυσ= είναι δύσκολο +αγωγή
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 2-4

Τη Θέτη υμνώ, τη χρυσόμαλλη Θέτη,
του ενάλιου Νηρέα την αθάνατη κόρη,
το στολίδι της θάλασσας, τη δική μας Παφία
που ο Δίας το θέλησε να παντρευτεί τον Νηλέα
για να θρέψει στα σπλάχνα της, πολεμόχραρο Άρη,
τον κεραυνό της Ελλάδας, τον θείκο Αχιλλέα
που η δόξα του φτάνει στα ουράνια
και η Πύρρα του χάρισε τον Νεοπτόλεμο
των Ελλήνων σωτήρα και της Τροίας κυρίαρχο.
Ελέησέ μας ήρωμα Νεοπτόλεμε
που όλβιος αναπαύεσαι τώρα στη γή του Πυθίου,
καλόκαρδα δέξου αυτή τη θυσία
και κάμε να φύγει κάθε κακό απ' την πόλη μας.
Τη Θέτη υμνώ, τη χρυσόμαλλη Θέτη.





テティスを讃え申し上げます、黄金の髪のテティスを讃えます、
海に御座します海神ネレウスの不死の娘を讃えます、
海の宝石、我らのパフィア、
ゼウスは、これをテュローの子ネレウスに嫁がせとうと思し給われた、
それの腹中で、戦好みの神アレスを育む為に、
ギリシャの稲妻、神に召されたアキレウスを讃えます、
その誉れは天にも達する、
女神ピュラーはこれに子ネオプトレモスを与え賜うた、
ギリシャ人最後の望みの綱、トロイアの支配者たるネオプトレモスを。
我らが英雄ネオプトレモスを憐れみ給え、
これは、今、ピュシモスの大地に安楽い給う、
これは、犠牲獣を快く受け容れ給う、
我らの都から、あらゆる災事を取り除き給う。
テティスを讃え申し上げます、黄金の髪のテティスを讃えます。




ενάλιος:
αυτός που βρίσκεται μέσα στη θάλασσα,
ο θαλάσσιος


όλβος = ευτυχία

δέξου= δέχομαι ?




9月30日、訂正
Τη Θέτη υμνώ,
これは、Ιλιάς, Α 538 の
「 ἀργυρόπεζα Θέτις θυγάτηρ ἁλίοιο γέροντος. 」を踏まえて、と言うことで、
Θέτη は、アキレウスの母、テティス なのでしょう。
セティ をテティス に訂正します。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月28日

エティオピア物語 第三巻 2-3

   Και μετά από αυτές, Κνήμων …≫ ≪ Τί Κνήμων ≫, είπε Κνήμων・ ≪ και πάλι πάς να μου στερήσεις τα πιό ευχάριστα, παππούλη : προσπερνάς τον ύμνο κι έτσι με βάζεις να παρακολουθώ την πομπή ως θεατής μόνο, αλλά όχι και ως ακροατής ≫. ≪ Άκουσέ τον λοιοόν ≫, είπε ο Καλάσιριης, ≪ αφού το θέλεις・ να πώς ήταν :




 「乙女たちの後には、クニモンさん、・・・」 するとクニモンが言いました。「え、クニモンと言うのは何ですか? ご老人、貴方は、また、とても楽しいことを隠して、私を焦らすのですね。貴方は、讃歌は差し措いておいて、ただの観客として、私に行列を見学させました。けれども、参列者としてでは無くです。」 すると、カラシリスが言ったのです。「ですから、聞いて下さい。貴方がお望みならば聞いて下さい。こう言うことなのです。」


10月3日追記訂正:
Και μετά από αυτές, Κνήμων …≫ のところ、
Κνήμων を、主格のように読んでいましたけれど、呼格だと思いますので、訂正します。

賞讃 を讃歌に訂正
傍観者を参列者に訂正
posted by kyotakaba at 15:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ντίλι Ντίλι

 やはり、iPad向けの app で販売されている電子ブック、『 Ντίλι Ντίλι 』。童謡

App Store - Ντίλι Ντίλι

歌は、
Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού - Παιχνίδια
でも、


Ντίλι-ντίλι-ντίλι,
ντίλι το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε ο ποντικός,
πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και η γάτα,
έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και ο σκύλος
κι έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και το ξύλο
και σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε κι η φωτιά
κι έκαψε το ξύλο
που σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και το ποτάμι
κι έσβησε τη φωτιά
που έκαψε το ξύλο
που σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και το βόδι,
ρούφηξε το ποτάμι
που ’σβησε τη φωτιά
που έκαψε το ξύλο
που σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ήρθε και ο λύκος
κι έφαγε το βόδι
που ρούφηξε το ποτάμι
που ’σβησε τη φωτιά
που έκαψε το ξύλο
που σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Νά τος και ο κυνηγός
και σκότωσε το λύκο
που έφαγε το βόδι
που ρούφηξε το ποτάμι
που ’σβησε τη φωτιά
που έκαψε το ξύλο
που σκότωσε το σκύλο
που έπνιξε τη γάτα
που έφαγε τον ποντικό
που πήρε το φιτίλι
μέσ’ από το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.

Ντίλι-ντίλι-ντίλι,
ντίλι το καντήλι
που έφεγγε και κένταγε
η κόρη το μαντίλι,
ντίλι-ντίλι-ντίλι.



ユーチューブで、
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

αρφαβητάριο

 同じく iPad 向けの、app の電子ブックで、『 αρφαβητάριο 』も販売してました!!!

αρφαβητάριο


何と無料!!


スクリーンショット(2011-09-28 12.59.37).gif
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Logicomix

 私は、iPadを使ってはいないのですが、app で、電子ブックになった『 Logicomix 』を販売してました。ギリシャ語版のようです。

itunes.apple.com/jp/app/logicomix/

450円です。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 4-5-3

Δεν θα μου έκανε ποτέ καρδιά να έβγω από την θάλασσαν, δεν θα εχόρταινα ποτέ το κολύμβημα, αν δεν είχα την έννοιαν του κοπαδιού μου.




もしも、山羊の群れを気に掛けないでいいのだったら、海から出ようと言う気持ちは、私には起こらなかっただろうし、泳ぐのに飽きることはなかっただろう。





χορταίνω
posted by kyotakaba at 12:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月27日

波の夢 4-5-2

Ησθανόμην γλύκαν, μαγείαν άφατον, εφανταζόμην τον εαυτόν μου ως να ήμην έν με το κύμα, ως να μετείχαν της φύσεως αυτού, της υγράς και αλμυράς και δροσώδους.




優しく包まれる感覚で、私は、言葉を忘れるほど魅了された。自分自身が波と一緒になったように、水や潮、涼しさと言う自然の一部に与ったように、私は、夢想したのだ。




αισθάνομαι
μαγεύομαι
άφατος
μετέχω
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 2-2

   Δεν τα κρατούσαν όμως με τα χέρια αλλά τα κουβαλούσαν στο κεφάλι βαδίζοντας στη γραμμή και πιασμένες χέρι χέρι έτσι ώστε να μπορούν και βαδίζουν και να χορεύουν μαζί.




 「けれども、乙女たちは、それらの品物を手で抱えているのではないのです。そうではなくて、頭に載せて運ぶのです。そして、列になって、ゆっくり進むのです。乙女たちは手に手を取っているのです、そうして、一緒に踊りながらゆっくり進むことが出来るのです。」
posted by kyotakaba at 12:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月26日

Αδικος Κόσμος

 『 Αδικος Κόσμος 』、Φίλιππος Τσίτος 監督作品、2011年。

Cine.gr - Τανίες Αδικος Κόσμος - Unfair World

Adikos kosmos (2011) - IMDb




posted by kyotakaba at 21:31| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今日は何の日

 1687年の今日、9月26日、ヴェネチアのフランチェスコ・モロシーニ Francesco Morosini 総督軍は、アテネのパルテノン神殿を破壊。
posted by kyotakaba at 15:39| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 4-5-1

Επέταξα αμέσως το υποκάμισον μου, την περισκελίδα μου, κ' έπεσα εις την θάλασσαν. Επλύθην, ελούσθην, εκολύμβησα επ' ολίγα λεπτά της ώρας.




 シャツとズボンを脱ぎ捨てると、直ぐに、私は、海に飛込んだ。一時間の間ずっと、泳いで、泳いで、泳ぎ回った。

πλέω
κολυμπώ
posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Συν τοις άλλοις

 『 Συν τοις άλλοις 』、
 オデッセアス・エリティス Οδυσσέας Ελύτης のインタビュー集。

出版社:Ύψιλον

b170620.jpg
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Σπίθα. Για μια Ελλάδα ανεξάρτητη και δυνατή

 『 Σπίθα. Για μια Ελλάδα ανεξάρτητη και δυνατή 』、
ミキス・テオドラキス Μίκης Θεοδωράκης の、この最近の情勢に臨んでの、宣言書。

ΙΑΝΟΣ 出版社  2011年刊

IANOS Αλυσίδα Πολιτισμού

posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 2-1

   Μετά τις αγέλες και τους άνδρες που τις οδηγούσαν ακολουθούσαν κόρες Θεσσαλές λυγερές και ομορφοζωσμένες με τα μαλλιά λυτά που χωρίζονταν σε δύο ομάδες : οι πρώτες έφεραν καλαθάκια γεμάτα άνθη και φρούτα της εποχής, οι δεύτερες κάνιστρα με γλυκίσματα και θυμιάματα που έκαναν να ευωδιάζει ο τόπος.




 「動物の群れと、その群れを導いた人々の後には、テッサリアの乙女たちが続きます。たおやかで、二つに分けられた結わえられていない髪を美しく飾っています。最初の乙女たちは、花と季節の果物でいっぱいの籠を運んでいます。二番目の乙女たちは、菓子と、辺りをよい薫りにする香を入れた平籠を運んでいます。」




Κάνιστρο (το) :πλατύ απλωτό καλάθι, το πανέρι
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月24日

Η μετανάστις

 「 προεξαγγελτικό 」を調べていると、web検索で、アレクサンドロス・パパディアマンデスの本が結果一覧にありました。『 Η μετανάστις 』。5ユーロと安いのだけど、

 ト・ビーマのショップ?
http://secure.dolnet.gr/Vimashop/ProductDetailsPopup.aspx?depID=10085&prID=33500


表紙が魅力的
1880年の作品、前年に新聞に発表されたもの。

papadiamantis4.png
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 1-5

   Ακολουθούσαν πλήθος άλλα σφάγια χωρισμένα κατά είδη και οδηγούμενα με τάξη στο ρυθμό του αυλού και της σύριγγας που έπαιζαν κάποιον κατανυκτικό σκοπό προεξαγγελτικό της θυσίας.



 「牛とは別の、種によって分けられた、たくさんの犠牲獣が、その後に続いて歩きます。笛と笙の調子で整然と導かれています。生贄の全てに聴かせる、何か厳粛な曲を奏でているのです。」



προεξαγγελτικό

προεξαγγελτικός -ή -ό
που προεξαγγέλλει κτ. || (κυρ. στο συντ.) Προεξαγγελτική παράθεση, η παράθεση που αναφέρεται σε ολόκληρη πρόταση και που συνήθ. προηγείται και χαρακτηρίζει από πριν το περιεχόμενο της πρότασης που ακολουθεί, π.χ.: ≪Kαι το σπουδαιότερο, κανείς δεν πρόβαλε αντιρρήσεις≫. [λόγ. προεξαγ γέλ(λω) -τικός]



「 σύριγγας 」、
笙と当てたのですが、シリガは、笛の一種、何本もの笛を組んだ小さなオルガンのような楽器。

250px-Panflute1.jpg
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Παζάρι της Λάρισας

 テッサリア地方のラリッサで、9月下旬から10月初めまでの間に行われる、パザーリ。ト・ビーマのビデオ記事にあったので、ユーチューブで探してみました。


posted by kyotakaba at 09:25| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月23日

波の夢 4-4-3

Από το άντρον εκείνο ήρχιζεν ένα μονοπάτι, διά του οποίου ανέβαινε τις πλαγίως την απότομον ακρογιαλιάν, κ έφθανεν εις την κάτω πόρταν του τοιχογυρίσματος του κυρ Μόσχου, του οποίου ο ένας τοίχος έζωνεν εις μήκος εκατοντάδων μέτρων όλον τον αιγιαλόν.




その洞窟から、一本の小径が来ていて、そこから、脇を通って切り立った海岸へ上がっていた。そして、モスホス氏の館を取り巻く壁の扉の下に行き着いていた。そこでは、一枚の壁が、数百メートルに亘って海岸全部を取り囲んでいた。
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 1-4

   Τα βόδια, μαύρα όλα, με ρωμαλέο αυχένα και ελαφρά ανασηκωμένη τη ράχη, κέρατα μέτρια, ίσια και αιχμηρά, σε άλλα επιχρυσωμένα και σε άλλα στεφανωμένα με άνθη, με πόδια φαρδιά κι έναν παχύ λαιμο που τους κρεμόταν ώς τα γόνατα・ ήταν ακριβώς εκατό : το όνομα εκατόμβη εδώ κυριολεκτούσε.




 「牛は、全頭、黒牛です。頑丈な項で、背から軽々と擡げられています。角は普通の長さで、真直ぐで尖っています。ある牛たちは、金箔を施され、ある牛たちは、花の冠を被せられています。幅の広い脚をしていて、肉厚の首が膝のところまで垂れています。きっかりと百頭です。百頭牛は、ここでは、その名前の語義通りに行われるのです。」



φαρδύς - φαρδία - φαρδύ
φαρδιοί - φαρδιές - φαρδιά
posted by kyotakaba at 10:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月22日

波の夢 4-4-2

Δεξιά από τον μέγαν κυρτόν βράχον μου, εσχηματίζετο μικρόν άντρον θαλάσσιον, στρωμένον με άσπρα κρυσταλλοειδή κοχύλια και λαμπρά ποικιλόχρωμα χαλίκια, που εφαίνετο πως το είχον ευτρεπίσει και στολίσει αι νύμφαι των θαλασσων.




私のいる大きな巌の右には、小さな海の洞窟が出来ていた。それは、白い水晶のように透明な貝殻と輝く極彩色の玉砂利が敷詰められていた。海の妖精たちが、整然と並べて飾り付けたように見えた。







Ευτρεπίζω :
ετοιμάζω, ταχτοποιώ, συγυρίζω συνώνυμα: ευπρεπίζω
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 1-3

   Επικεφαλής βάδιζε μιά εκατόμβη που την οδηγούσαν χωρικοί με αγροτικές ενδυμασίες・ φορούσαν όλοι χιτώνες λευκούς σφιγμένους στη μέση με ζώνη・ με το δεξιό χέρι τους, που ήταν γυμνό καθώς επίσης και ο ώμος και ο μαστός, κράδαιναν διπλό πέλεκυ.




 「先頭には、百頭の生贄の牛がゆっくりと歩きます。それは、農家の衣裳を身に着けた村人達が先導するのです。誰もが、帯で腹の所をきつく閉めた、純白のキトンを着ています。人々の右の手、それは腕だけでなく、肩や乳房まで肌も露なのですが、その右の手で、両刃の斧を振り回すのです。」




「 εκατόμβη 」、
Η λέξη παράγεται από το εκατό + βόες. Η εκατόμβη ήταν θυσία από 100 βόδια ή ταύρους και στη συνέχεια εκατόμβη λεγόταν κάθε δημόσια ή μεγαλοπρεπής θυσία, ανεξάρτητα από τον αριθμό και το είδος των ζώων που θυσιάζονταν.
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月21日

波の夢 4-4-1

Ήτον η ουρά της λαμπράς αλουργίδος που σύρεται οπίσω, ή ήτον ο τάπης, που του έστρωνε, καθώς λέγουν, η μάννα του, διά να καθίση να δειπνήση.




それは、後に引き摺られた輝く王の紫の裳裾だった。あるいは、人が言う所によれば、太陽王が自分のマナを夕食として食べる為に、そこに腰を降ろすようにと、敷詰められた絨毯だった。




「 αλουργίδα 」、
είδος πανωφοριού πορφυρού χρώματος και γενικά κάθε πορφυρόχρωμο ρούχο, ιδιαίτερα η βασιλική πορφύρα των βυζαντινών χρόνων.
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 1-2

   ≪ Καλέ μου Κνήμων ≫, είπε ο Καλάσιρης, ≪ για τίποτε στον κόσμο δεν ήθελα να σε κουράσω με τέτοιες άσχετες λεπτομέρεις, γι' αυτο και περιόρισα τη διήγηση στα ουσιώδη, αυτα που εξαρχής μου ζήτησες να πώ・ αφού όμως, σάν γνήσιος Αθηναίος, επιθυμείς να γίνεις θεατής ως εν παρόδω, θα σου περιγράψω εν συντομία την πομπή και επειδή η ίδια το αξίζει, αφού είναι ονομαστή όσο λίγες, και για όσα επακολούθησαν.




 すると、カラシリスが言いました。「ああ、クニモンさん。世間では訳もないことですよ。私は、関係のない細々したことで貴方を煩わせたくはないのです。細々したことの為に、物語りを続けることを妨げてしまうからなのです。物語りは、それを語るように、貴方が私に、初めからお求めになっていることですよ。ですけれど、本物のアテネ市民らしく、貴方は、付随的なことにまで見物の席を望まれています。けれども、私は、その価値に応じただけ、祭列を簡単に述べようと思います。その後に引き続いて起こることに較べて、それ程、重要ではないのです。」



「 σάν γνήσιος Αθηναίος 」、の所は、
Πράξεις των Αποστόλων ( 使徒行伝 ) ]Z の、
όλοι οι Αθηναίοι και οι ξένοι που διαμένουν στην πόλη δεν έχουν άλλη ασχολία από το να διηγούνται και να ακούνε κάποια είδηση.
を踏まえて。
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月20日

波の夢 4-3-3

Ο βράχος ο δικός μου έτεινε προς βορράν, και πέραν από τον άλλον κάβον προς δυσμάς, αριστερά μου, έβλεπα μίαν πτυχήν από την πορφύραν του ήλιου, που είχε βασιλέψει εκείνην την στιγμήν.




岩礁から、私は北に向かった、そして、左側、西に向けて別の岬を越した。その時、太陽の紫色に染められた大地の起伏を見たのだ。その瞬間、日が沈んだ。
posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 1-1

 これから、第三巻を少しずつ読みます。


   ≪ Και όταν πλέον τελέστηκε η πομπή και όλοι οι εξαγνισμοί . . . ≫ ≪ Αλλά δεν τελέστηκαν, παππούλη ≫, τον διέκοψε ο Κνήμων, ≪ ακόμα δεν μου τα έδειξες με τη διήγησή σου・ κι ενώ εγώ σ' ακούω μαγεμένος και βιάζομαι να δώ το πανηγύρι, εσύ ανοίγεις τη σκηνή κι ευθύς την ξανακλείνεις αφήνοντάς με σύξυλο σάν θεατή που φτάνει κατόπιν εορτής, που λέει ο λόγος ≫.




 「そうして、とうとう、行列とすべての浄めの儀式が執り行われたのです。・・・」 そこで、クニモンが遮りました。「ご老人、ですけれど、行われてませんよ。貴方のお話の中で、貴方は、未だ、私に説明をされてません。貴方のお話を聞いて、私は魅了されて、早く祭りを見たいのです。貴方は舞台を開いて、直ぐに、その舞台を、再び閉めてしまわれました。それで、言う所の、祭りが終わって席に着いたかのように、私を驚かせたのです。」



Ξανακλείνω:κλείνω πάλι αντίθετα
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

波の夢 4-3-2

Την ώραν εκείνην είχε βασιλέψει ο ήλιος, και το φεγγάρι σχεδόν ολόγεμον ήρχισε να λάμπη χαμηλά, ως δύο καλαμιές υψηλότερα από τα βουνά της αντικρινής νήσου.




太陽が沈んだ時には、ほとんど満月の月が、向かいの島の山の上、葦二本分程上の低い空で、輝き始めた。
posted by kyotakaba at 12:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月16日

波の夢 4-3-1

Εγύρισα οπίσω, κατέβην πάλιν τον κρημνόν, κ έφθασα κάτω εις την θάλασσαν.




 私が後を振りかえると、山羊たちは再び崖に降りていた。そして、海にまで至っていた。
posted by kyotakaba at 12:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Μπούρτζι αποκαθίσταται

 カセメリニ web 版、9月15日付け記事から、



Το Μπούρτζι αποκαθίσταται


Ενα από τα σημαντικότερα οχυρωματικά έργα στον ελλαδικό χώρο, το Μπούρτζι του Ναυπλίου μπορεί να ελπίζει σε καλύτερες ημέρες, καθώς εγκρίθηκε η μελέτη αποκατάστασης και ανάδειξής του. Ο ογκώδης κεντρικός πύργος θα παραμείνει κλειστός για το κοινό. Διατηρείται η χρήση του εστιατορίου και αναψυκτηρίου στη νότια πλευρά του μνημείου, ενώ στους προμαχώνες σχεδιάζεται η δημιουργία εκθεσιακού χώρου και πωλητηρίου.





ブルジイの再建

 ギリシャ共和国内の最も重要な要塞建築の一つである、ナフプリコのブルジイは、修復の調査と振興が承認されたので、以前よりも良い状態になることが期待されている。中心部の巨大な城塞は、一般の方には非公開になるだろう。記念館の南面にある、レストランと売店の利用は保持される。一方で、陵堡では、展示スペースと販売所の設置が計画されている。


 ユーチューブに投稿されていた、ナフプリコのブルジイ砦:

posted by kyotakaba at 09:48| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月15日

スパムコメント

 スパムコメントのセールは9月の上旬で終わったようなので、記事を元に戻しました。
posted by kyotakaba at 17:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 4-2-4

Επτά ή οκτώ εξ αυτών τράγοι ήσαν κωδωνοφόροι και σα ήκουον μακρόθεν τους κωδωνισμούς των, αν τυχόν εδείκνυον συμπτώματα ανησυχίας.




山羊の七か八頭は鐘を鳴らしていた、ずっと自分の鐘の音を聞いているようだった。鐘の音は、途切れ勝ちに、時々なるのだった。
posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΟΧΙ στο κλείσιμο της ΕΤ1

ΟΧΙ στο κλείσιμο της ΕΤ1

Η ΠΑΝΕΛΛΗΝΙΑ ΟΜΟΣΠΟΝΔΙΑ ΣΥΛΛΟΓΩΝ ΠΡΟΣΩΠΙΚΟΥ ΕΡΓΑΖΟΜΕΝΩΝ ΕΛΛΗΝΙΚΗΣ ΡΑΔΙΟΦΩΝΙΑΣ ΤΗΛΕΟΡΑΣΗΣ (Π.Ο.Σ.Π.Ε.Ρ.Τ.)
http://www.pospert.gr/

posted by kyotakaba at 11:23| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月14日

波の夢 4-2-3

Τα εσφύριξα σίγα διά να καθίσουν να ησυχάσουν και να με περιμένουν. Με άκουσαν κ' εκάθισαν ήσυχα.




山羊たちが座って穏やかになり、そして、私を待っているように、私はゆっくりと笛を吹いた。山羊たちは私の笛を聞いて、静かに座った。
posted by kyotakaba at 11:57| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月13日

波の夢 4-2-2

Δι αυτού είχα κατέλθει, και δι' αυτού έμελλα πάλιν να επιστρέψω εις το βουνόν, την νύκτα εις την στάνην μου. Άφησα εκεί τα γίδια μου διά να βοσκήσουν εις τα κρίταμα και τας αρμυρήθρας, αν και δεν επεινούσαν πλέον.




泳ぐのに疲れ、夜になれば、また、山の山羊小屋に、私は帰るつもりだった。山羊たちをそこに放した。山羊たちはもう空腹ではなかったけれど、クリタマ [ 地中海の沿岸の礫地砂地に生える多年草 ] と塩を食べさせた。




「 κρίταμα 」を紹介しているブログ:

Απ' τα ψηλά: 30 Οκτ 2010

このページにある写真:

_.JPG
posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月12日

波の夢 4-2-1

  Ανέβασα το κοπάδι μου ολίγον παραπάνω από τον βράχον, ανάμεσα εις δύο κρημνούς και εις ένα μονοπάτι το οποίον εχαράσσετο επάνω εις την ράχιν.
 




私は、群れを岩よりも少し上に上げた。二つの崖の間の岩の尾根に刻まれた小径に上げた。
posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月11日

Σ

Σ, σ / ς



文字の名前は、「シグマ」。 σίγμα 。子音。
読み方は、ス。けれども、β,γ,δ,λ ,μ,ν,ρ の前に σ がある時は、ズ。
σβήνω ズビーノ
σγουρός ズグロウス
προσδένω プロズデノウ
σλάβος ズラボス
σμίγω ズミゴウ
σνομπαρία ズノボリア
Ισραήλ イズライリ



Ο σκαραβαίος σάλπισε,
ήταν το σύνθημα.
Η συκιά σταμάτησε, σταθμιζοντας.
Σώθηκε η σιγή,
έσταζαν τα σαλιγκάρια από το σφιχτό σύννεφο.
Και τα σαλιγκάρια συνέτριβαν την σκιά σίγουρα.
Ο σκαραβαίος στέρησε το σέλας από το σύννεφο,
και το στραβώσε και στρογγύλευσε,
και συνέβηκε η στεφάνη.
Συνεπώς στεφανώσε την συκιά.



続きを読む
posted by kyotakaba at 15:55| Comment(2) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月10日

波の夢 4-1-3

καθώς είχα κατεβάσει, λέγω, τα γίδια μου διά ν' “αρμυρίσουν” εις την θάλασσαν, όπως συχνά εσυνήθιζα, είδα την ακρογιαλιάν που ήτον μεγάλη χαρά και μαγεία, και την “ελιμπίστηκα”, κ' ελαχτάρησα να πέσω να κολυμβήσω. Ήτον τον Αύγουστον μήνα.




海岸へ降ろしたのは、海で山羊たちに塩をやる為だったと私は思う。度々そうしていたから、海岸は楽しく魅力的だと言うことを、私は知っていた。それに、大好きなことがあった。海に飛込んで泳ぎたくて待ち切れなかったのだ。八月だったから。




Αρμυρίζω : προσθέτω αλάτι σε κάτι και το κάνω αρμυρό:

συνηθίζω

λιμπιστική

λαχταρώ
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月09日

波の夢 4-1-2

και ανάμεσα εις τους τόσους ελιγμούς και δαιδάλους του νερού, το οποίον εισεχώρει μορμυρίζον, χορεύον με άτακτους φλοίσβους και αφρούς, όμοιον με το βρέφος το ψελλίζον, που αναπηδά εις το λίκνόν του και λαχταρεί να σηκωθή και να χορεύση εις την χείρα της μητρός που το έψαυσε −




洞窟は曲がりくねり、そこに入り込んだ水には迷路になっていた。そして、そこで水は音を立てていた。そして、不規則な細波に合わせて泡が踊っていた。その様子は、揺り籠の上で飛び上がり跳ねて、立ち上がり、優しく触る母親の手に取られて踊ろうとする赤ん坊の様だった。
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月08日

波の夢 4-1-1

Μίαν εσπέραν, καθώς είχα κατεβάσει τα γίδια μου κάτω εις τον αιγιαλόν, ανάμεσα εις τους βράχους, όπου εσχημάτιζε χιλίους γλαφυρούς κολπίσκους και αγκαλίτσες το κύμα, όπου αλλού εκυρτώνοντο οι βράχοι εις προβλήτας και αλλού εκοιλαίνοντο εις σπήλαια・




 ある夕のこと、私は、山羊たちを海岸に降ろした。岩の間に、波を抱き入れている幾つものなだらかな入江が出来ていた。また岩は、ある所では、彎曲して桟橋となり、ある所では、中腹に洞窟を作っていた。
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月07日

波の夢 3-8-2

Μόνον ήξεύρω ότι μου έστειλε δι' αμοιβήν ολίγα ξηρά σύκα, κ' ένα τάσι γεμάτο πετμέζι.




ただ分かったのは、女の子が、私に褒美にと、干し無花果を少しだけ呉れたと言うことだ。それに皿いっぱいのペトメジ ( 葡萄をしぼった甘い液 ) も。
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月06日

波の夢 3-8-1

Είχα εγώ σουραύλι (ήτοι φλογέραν), αλλά δεν είχα αρκετόν θράσος ώστε να παίζω εν γνώσει ότι θα με ήκουεν αυτή... Την φοράν ταύτην εφιλοτιμήθην να παίξω προς χάριν της, αλλά δεν ηξεύρω πως της εφάνη η τέχνη μου η αυλητική.




 私は牧笛スウラウリ ( フロゲラ ) を持っていた。けれども、それを吹くほどの自信はなかった。だから、女の子が聞いたことがないと言うことになったのだ。… 女の子の所為で、おだてられて、私は、吹いてみる気になった。けれども、私の笛吹きの技量が女の子にどのように思われるのかは、分からなかった。
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

波の夢 3-7-1

Δεν ηξεύρω πώς της ήλθε να μου φωνάξη:
− Έτσι όλο τραγουδείς!;.. Δε σ' άκουσα ποτέ μου να παίζης το σουραύλι!... Βοσκός και να μην έχη σουραύλι, σαν παράξενο μου φαίνεται!...





 私は女の子がやって来たのが分からなかった。女の子は私に呼びかけた。
「それで、その歌の全部なの。私は、あなたがスウラウリ( 牧者の笛 ) を吹くのをちっとも聴いたことがないわ。羊飼いはスウラウリを持っていないもの、私は、不思議に思うの。」
posted by kyotakaba at 12:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月04日

スパムコメント

 今日は五つのスパムコメント。IP は、当然別々。メールアドレスも別々、hotmail ではなく、@jokey.pl、@me.com、@charter.net、@cjb.net、@ihug.co.nz 。リンクのホームページは、facebook が三つ。あと二つは、bing.com と goole 。
 二件は、古い記事に。三件は、「波の夢」3-3-1、3-4-2、3-5-1 に。

 ( 10桁の )認証コードは、無効化されて役には立たないようです。

 内容は、「You are so asweome for helping me solve this mystery.」「This is exactly what I was looking for. Thanks for wriitng!」「Very valid, pithy, siuccnct, and on point. WD.」「What a joy to find somoene else who thinks this way.」「I can't believe I've been going for years without konwnig that.」
と、一見、スパムコメントでもないようなものです。

 削除しました。一日に五件くらいなら、まだ、削除で済みますけれど。2、3時間置きに一件入っていましたから、丸一日だと10件くらいに? でも、間隔が短くなれば、何十件、何百件のスパムコメントになるかも。
 コメント投稿の為と思われる、異様な回数のアクセスはありませんでした。ですが、8月29日の15時に、一人で、500回近いアクセスをしている記録がありますから、その時に認証コードは無効化されたのかも。
 もし、500のスパムコメントが入るようでしたら、このブログ自体を削除しないと。


 上の用に書いた後も、一時間毎にスパムコメントが入るので、全ての記事を削除して、このブログを終了することにしました。コメント欄を閉じてのブログなど、意味がないですから。

 それで、コメントの認証コードは、32桁に設定してあります。画像には全部は表示されてません。この32桁をどれくらいで突破するのか?



 9月11日追記:先週はコメント拒否記録が少なかったので、記事を少し復活してみます。認証コードも12桁にしてみます。
posted by kyotakaba at 10:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月03日

To Γάλα

 9月28日に公開される Γιώργος Σιούγας 監督の『 Το Γάλα 』。

 悲劇。登場人物の名前が、Όμηρος ホメロス、Προμηθέας プロメテウス、とか。

 cine.gr 、IMbD には、まだ記載されてないようなのですが、

 Odeon のユーチューブ・チャンネルから、トレーラー:

posted by kyotakaba at 08:57| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月02日

波の夢 3-6-3

Ήμην πλαγιασμένος εις ένα ίσκιον, άφηνα τας αίγας μου να βοσκούν, κ' εσφύριζα ένα ήχον, εν άσμα του βουνού αιπολικόν.




その時、私は木陰で横になっていた。山羊達は草を食むままにさせていた。そして、口笛を吹いていた。山の山羊飼いの歌だった。





「 αιπολικόν 」、
山羊飼い。Θεόκριτος テオクリトスの詩に「 Αιπολικόν και ποιμενικόν 山羊飼と羊飼  」と言う題の詩があります。
posted by kyotakaba at 15:31| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月01日

波の夢 3-6-2

Μίαν άλλην ημέραν με είδε πάλιν από το παράθυρον της εις εκείνην την ιδίαν θέσιν.




その同じ場所の窓から、以前に、女の子は私を見たことがあった。
posted by kyotakaba at 14:52| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする