2011年11月30日

波の夢 6-4-2

Δεν ήξευρα καλά αν υπήρχον πρόχειροι φιμώσεις διά τα θρέμματα, επειδή δεν είχα μάθει ακόμη να κλέπτω ζωντανά πράγματα, καθώς ο άγνωστος εχθρός, ο οποίος της είχε κλέψει τον κωδωνίσκον・ αλλά δεν της είχε κόψει και την γλώσσαν διά να μη βελάζη.




幼い獣を直ぐに黙らせる方法を私はよくは知らなかった。生きているものを隠すことはまだ知らなかったのだ。一方で、誰だかは分からないけれど、山羊の鐘を盗んだものは、子山羊が鳴かないように、舌を切ってはいなかったのだ。



「 κλέπτω 」、κρύβω
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

波の夢 6-4-1

Ώ, αυτό δεν το είχα προβλέψει. Ημπορούσα να σιωπώ εγώ, αλλά δυστυχώς δεν ήτον εύκολον να επιβάλω σιωπήν εις την αίγα μου.




 ああ、そんなことは、予想もしていなかった。私は黙り続けることが出来た、けれども、運の悪いことに、私の子山羊を強いて黙らせることは容易ではなかった。
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 8-2

   Ίσως επίσης έχεις ακούσει ότι το φίδι ο βασιλίσκος, με τη ανάσα μόνο και το βλέμμα του, ξεραίνει και καταστρέφει ό,τι βρεθεί μπροστά του και δεν είναι ν' απορείς που μερικοί βασκαίνουν ακόμα και πολύ αγαπητά τους πρόσωπα, κι άς θέλουν το καλό τους : αφού τη φύση τους έχουν το κακό μάτι, δεν κάνουν ό,τι θέλουν, αλλά ό,τι θέλει η φύση τους".




 「「おそらく、蛇の王、バシリスコスは、眼差しと息一つで、自分の目前で見たもの全てを干上がらせて破滅させてしまう、と言うことを聞いたことがあるかもしれません。幾らかの者が、バシリコスの顔を、強く愛して、魅入るということを、貴方は不思議に思うことはありません。バシリコスのいいようにさせましょう。バシリコスは、その性質で、邪悪な目を持っています、けれども、バシリコスが望むもの全てをするのではないのです、バシリコスの天性が望むことをするのです、それが理由なのです。」」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ντίνος Κατσουρίδης

 Ντίνος Κατσουρίδης が亡くなったそう。映画編集、監督。キプロスのΛευκωσία ( ニコシア ) 出身、1927年生まれ。

 編集した作品に、Νικος Τσιφορος 監督の『 Η Ωραία των Αθηνών 』。お金のために、老年の醜い女性と結婚する男の話しのコメディ。

Cine.gr - Τανίες Η Ωραία των Αθηνών

I oraia ton Athinon (1954) - IMDb

posted by kyotakaba at 09:05| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月28日

波の夢 6-3-1

Και πάλιν δεν εχόρταινα να βλέπω το όνειρον... Αίφνης εις τας ανάγκας του πραγματικού κόσμου μ' επανέφερεν η φωνή της κατσίκας μου. Η μικρή Μοσχούλα ήρχισεν αίφνης να βελάζη!...




 結局、再び夢見を堪能することはなかった。…、突然、私の子山羊の声が、切迫した現実世界へ引き戻したのだ。小さなモスフーラが、やって来て、ベェーと鳴いた。





επαναφέρω
posted by kyotakaba at 16:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 8-1

   Άν εξάλλου χρειάζεται να παρατεθεί κάποιο παράδειγμα από τον κόσμο της φύσης, στα ιερά βιβλία για τα ζώα αναγράφεται ότι ο χαραδριός γιατρεύει αυτούς που πάσχουν από ίκτερο και όσοι έχουν την αρρώστια αυτη, άν αντικρίσουν το πουλί . . . κι εκείνο αποστρέφει το βλέμμα του και φεύγει κλείνοντας τα μάτια, όχι, όπως νομίζουν μερικοί, επειδή δεν θέλει να ωφελήσει τον άρρωστο, αλλά επειδή είναι στη φύση του, με το που θα τον δεί, να έλκει σάν ρεύμα την αρρώστια κι να την ιδιοποιείται・ γι' αυτό αποφεύγει σάν πληγή τη θέα των αρρώστων.




 「「その上、自然界の何かの例と比較することが役に立つのですが、動物に関する神聖な書物には、黄疸を患っている人をチドリが治す、と書いてあります。病気を持っている人は誰でも、鳥と顔を合わすと、……、鳥は、視線を逸らして、目を閉じて飛び去ります。いいえ、幾人かの人が考えているように、鳥が病人の役に立つことを望まないからではなくて、それは鳥の性質で、病人を見てしまうと、流れのように病気を引き寄せて、病気を引き取ってしまうのです。そう言う理由ですので、鳥は、祟りのように、病人を見ることを避けるのです。」」




「 παρατεθεί 」、
παραθέτω - παρατίθεμαι:引用する
のイポタティキ・アオリストが、παρατεθώ - παρατεθείς - παρατεθεί


「 χαραδριός 」、
チドリ科の鳥





「 με το που θα τον δεί 」、
θα の用法がよく分かりません。
posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月25日

波の夢 6-2-3

Να ριφθώ εις τα κύματα, προς το αντίθετον μέρος, εις τα όπισθεν, να κολυμβήσω όλον εκείνο το διάστημα έως την άμμον, και να φύγω, να φύγω τον πειρασμόν!...




反対側、後の方の波に飛込んで、砂浜までの距離を泳ぎ切り、誘惑するものから逃げると言う考えが…
posted by kyotakaba at 16:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 7-5

   Αλλά η πιό τρανή απόδειξη είναι η γέννηση του έρωτα που μεταδίδεται πρώτα με τα μάτια : σάν με βέλος που πετά στον αέρα χτυπάει την ψυχή το πάθος. Κι αυτό είναι απολύτως φυσικό : επειδή από όλες τις διόδους και τις αισθήσεις η πιό κινητική και η πιό θερμή είναι η όραση, γίνεται και πιό δεκτική σε καθετί που εκπέμπεται και, με τη φλογερή πνοή της, επιφέρει τη μετάδοση του έρωτα.




 「「ですけれど、最初にまなこを通じて、愛の芽生えが伝わるのが、一番確かなことなのです。空中を飛ぶ矢のように、魂、情熱に命中するのです。それは本当に自然なことなのです。ですから、あらゆる通り道、感覚の中で、一番よく動いて熱いものは、視覚なのです、ですから、視覚は、放たれたものを全て、よく受け取るのです。視線の熱い息吹が、恋の感染を起こすのです。」」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

波の夢 6-2-2

Αλλά την τελευταίαν στιγμήν, αλλοκότως, μου επανήλθε πάλιν η πρώτη ιδέα...




けれども、結局、奇妙な事に、最初の考えが私の中で繰り返されたのだ…
posted by kyotakaba at 16:10| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 7-4

   Σκέψου επίσης όλους εκείνους που προσβάλλονται από οφθαλμία ή από επιδημικές αρρώστιες μολονότι καθόλου δεν άγγιξαν τους πάσχοντες και ούτε έφαγαν ούτε κοιμήθηκαν μαζί τους, μόνο ανάσαναν τον ίδιο αέρα.




 「「また、目の炎症や、病人には触ってもいないし一緒に食べたり寝たりもしてないにも拘らず、ただ、同じ空気を吸っただけで、伝染性の病気に罹ってしまった人たちのことも考えていましょう。」」
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月23日

波の夢 6-2-1

Είναι αληθές, ότι δεν εχόρταινα να βλέπω το όνειρον, το πλέον εις το κύμα.




 けれども、波の上の船、幻を見て堪能することはなかった、と言うことが本当のところだった。
posted by kyotakaba at 15:51| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 7-3

   ο αέρας που κυκλοφορεί ολόγυρά μας εισδύει με την εισπνοή από τα μάτια και από τα ρουθούνια και από τα άλλα περάσματα ώς τα βάθη του είναι μας φέρνοντας μαζί του τις ποιότητες του έξω κόσμου. Ανάλογο με τις ποιότητες που περιέχει είναι και το πάθημα που προξενεί σ' αυτούς που δέχονται・ ώστε, κάθε φορά που κάποιος αντικρίζει την ομορφιά με φθόνο, η ανάσα του διαποτίζεται με κακοποιό ποιότητα και έτσι, γεμάτη πικρία, εκπέμπεται σ' αυτόν που είναι κοντά του. Αυτή η ανάσα, με τη λεπτότατη υφή της, είσχωρεί ώς τα κόκαλα και ώς το μεδούλι τους κι έστι ο φθόνος γίνεται για πολλούς αρρώστια και παίρνει το γνωστό όνομα βασκανία.




 「「私たちの周囲を経巡っている空気は、目や鼻の穴やその他の通り道から、吸入されることで、私たちの中に浸透しています。それは、空気の底なのですけれど、また、空気と一緒に外の世界の性質も持込むのです。中に取り入れた性質に応じて、疾苦があるのです。その疾苦は、その性質を受け容れた人々に引き起こされるのです。ですから、誰かが嫉妬を持って美しさに向き合う時にはいつも、その人の息には悪意のある性質が染み込まされているのです。そうして、満ち溢れた悔しさが、その人の側にいる人に伝わるのです。とても細かな構造を持ったこの空気は、人々の骨や髄まで入り込んで、その嫉妬が多くの病気を起こすのです。そして、邪視と言うよく知られた名前を冠したのです。」」




εισδύω:
εισχωρώ / μπαίνω κάπου σιγά-σιγά, τρυπώνω


εισπνοή:
η εισαγωγή αέρα στους πνεύμονες





「 ώς τα βάθη του είναι 」の節は、文にどのように構成されているのか、どういう意味なのか、よく分かりません。
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

ου γαρ έρχεται μόνον

ου γαρ έρχεται μόνον

: τα γηρατειά έρχονται με όλα τα (δυσάρεστα) επακόλουθα


老いは一人だけに来るのではない。
posted by kyotakaba at 17:47| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Greek Septuagint - Wiki English Translation - Contents

 『Greek Septuagint - Wiki English Translation - Contents』七十人訳ギリシャ語聖書
http://m.katabiblon.com/index.php?text=LXX

 『Wiki Greek-English Lexicon』聖書のギリシャ語辞書
http://m.katabiblon.com/lexicon.php?letter=a
posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 6-1-2

“Να εκινδύνευεν έξαφνα! να έβαζε μιά φωνή! να έβλεπε κανένα ροφόν εις τον πυθμένα, τον οποίον να εκλάβη διά θηρίον, διά σκυλόψαρον, και να εφώναζεν βοήθειαν!...”




その考えとは、こう言うもの。「少女は、海の底に大きな魚を見て、野獣と間違えて、鮫と間違えて、声を上げる。助けを求めて叫ぶ。そして、私は突然に危うくなる。」




κινδυνευω:
ヨナ書1:4
και κυριος εξηγειρεν πνευμα εις την θαλασσαν και εγενετο κλυδων μεγας εν τη(ι) θαλασση(ι) και το πλοιον εκινδυνευεν συντριβηναι


ροφός:
μεγάλο ψάρι

800px-Epinephelus_marginatus_1_by_Line1.jpg



εκλαμβάνω
posted by kyotakaba at 15:38| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 7-2

   Ταραγμένος από την απάντηση αυτή ο Χαρικλής, βγήκε μαζί με μένα από το δωμάτιο και, αφού πρόσταξε τις θεραπαινίδες να κάνουν ησυχία, έφυγε από το σπίτι λέγοντάς μου " τί άραγε συμβαίνει, καλέ μου Καλάσιρη; Ποιά αδιαθεσία βρήκε την κορούλα μου; " " Μή σου φανεί παράξενο", είπα, " άν, σε μιά τόσο πολυάνθρωπη πομπή, την έπιασε το μάτι". Γέλασε τότε ειρωνικά ο Χαρικλής λέγοντας " και συ λοιπόν, σάν τον απλό λαό, πιστεύεις στη βασκανία;" " Τίποτε δεν είναι πιό αληθινό", είπα・ " και να πώς γίνεται :




 「ハリクリスさんはその答えで動揺して、私と一緒に部屋の中から外に出て、召使たちに静かにするように命じたのです。それから、家から立ち去りました。その時、私にこのように言ったのです。「カラシリスさん、一体何が起こったのでしょう? どのような鬱屈が私の娘に取り付いたのでしょう?」 私は言いました。「可笑しく思うことはないですよ。とても人数の多い祭列が、その目で乙女を捉えたのですから。」 すると、ハリクリスさんは、嘲笑するように笑って言いました。「すると、貴方は、庶民のように、邪視を信じていらっしゃるのですか?」 私は言いました。「真実では全くありません。どのように起こるかと言えば、」」




「 κορούλα 」、
μικρή κόρη



「 βασκανία 」、
η (μαγικού τύπου) κακή επίδραση που ασκείται πάνω σε κάποιον (ή κάτι) από άνθρωπο ο οποίος κοιτάζει με φθόνο ή με θαυμασμό που υποκρύπτει φθόνο
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

波の夢 6-1-1

Δεν δύναμαι να είπω αν μου ήλθον πονηροί, και συνάμα παιδικοί ανόητοι λογισμοί, εν είδει ευχών κατάραι.




呪いの言葉の様な、邪で同時に子供っぽい莫迦らしい考えが浮かぶように、私が言うことは出来なかった。




κατάραι:
curse
posted by kyotakaba at 15:43| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 7-1

Σε λίγο φτάσαμε στην κατοικία της και τη βρήκαμε στο κρεβάτι καταλυπημένη και με τα μάτια πλημμυρισμένα από ερωτικά δάκρυα. Αγκάλιασε, όπως συνήθως, τον πατέρα της και, όταν εκείνος τη ρώτησε τι είχε, είπε πώς της πονούσε το κεφάλι και ότι, άν της το επέτρεπε, θα της έκανε καλό να ησυχάσει.




 「直ぐに、私たちは、ハリクレアの棲家に着きました。そして、寝台で疲れ切っている娘を見つけたのです。目には、恋の涙が溢れていました。ハリクレアは、いつものように、父を抱きしめました。ハリクリスさんが娘にどうしたのかと尋ねると、頭が痛む、そうしてもいいのならば、静かにしていると良くなるだろう、と言いました。」
posted by kyotakaba at 12:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

波の夢 5-12-4

Είχα μείνει χάσκων, εν εκστάσει, και δεν εσκεπτόμην πλέον τα επίγεια.




 私は大口を開けたままだった。恍惚としていた。地面のことはもう考えられなかった。
posted by kyotakaba at 16:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 6-4

   Χάρηκε με τα λόγια μου αυτά ο Χαρικλής κι εγώ, που ήθελα με κάθε τρόπο να τον ενθαρρύνω, είχα πετύχει, λέγοντας την αλήθεια, το σκοπό μου. " Τώρα πηγαίνω να τη βρώ ", είπε χαμογελώντας・ " και άν το θέλεις, έλα να την ανακουφίσουμε μαζί άν ίσως η ταραχή του πλήθους την έχει καταπονήσει ". Δέχτηκα με χαρά λέγοντας ότι καμιά ασχολία δεν είναι μένα πιό σημαντική από τη φροντίδα μου για κείνον.




 「私の言ったことは、ハリクリスさんを喜ばせました。私は、どんな方法ででもハリクリスさんを励ましたいと思っていましたから、本当のことを言うことで、私の目的を遂げたことになったのです。ハリクリスさんは微笑みながら言いました。「では、今から、私は見に行きましょう。貴方もそうされたいのでしたら、一緒にあの子の労をねぎらいに行きましょう。もしかしたら、大群衆の混乱があの子をとても苦しめているかもしれませんから。」 私は、貴方に対しての気がかりよりも重要な用事はないのだから、と言って、喜んでその誘いを受けたのです。」
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月17日

Γεια σας τριαντάφυλλα

 「 Γεια σας τριαντάφυλλα 」、詩人 Κωστής Παλαμάς ( 1859 - 1943 ) の詩に、Μιχάλης Τερζής が曲を付けたもの。1978年に、アナ・ヴィシーが歌ったのが最初。


Γεια σας, τριαντάφυλλα
και γιασεμιά
στου βράχου φέρτε με
την κυκλαμιά

Πάει της καλύβας μου
το χελιδόνι
Του κάμπου δώστε μου την
την ανεμώνη

Πάει κι’ η λιογέννητη
Καλοκαιριά
Καλό στα σύννεφα
με το βοριά

Αϊ Γιώργης έφυγε
τ’ Απρίλη η χάρη
δόξα στ’ αδέρφι του
στον καβαλάρη

Χινοπωριάτικος
με τα’ άλογό του
περνά και είν’ έρωτας
το πρόσωπό του

( 歌詞は、stixoi.info から http://www.stixoi.info/stixoi.php?info=Lyrics&act=details&song_id=29001 )



こんにちわ、薔薇、
それにジャスミン、
岩の上には、シクラメンも
連れて来てやるのね。

ツバメが
わたしのおうちにやってくる、
アネモネを原っぱに
持って来てくれるのね。

太陽燦々の
晴れた空が、
雲と北風を追いやって
気持ちよさを持って来るのね。

聖人ゲオルギオスは、
美しい四月に去って行った、
讃えられながら
馬に乗って。

秋は、
馬と一緒に
通り過ぎた、自分の
顔に恋しているのね。


三連からは、よく分かりません。

posted by kyotakaba at 16:10| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 5-12-3

Αύτη, επειδή η σελήνη ήτον εις τ' ανατολικά, θα έπιπτε προς το δυτικόν μέρος, όπισθεν του βράχου μου, κ' εντεύθεν του άντρου.




月は、東にあって、西の方、私がそこに隠れている岩の後、に落ちそうではなかった。





εντεύθεν:
από εδώ
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 6-3

   " Και τα σημερινά, καλέ μου Καλάσιρη, πώς σου φάνηκαν; Έδωσε τάχα κάποια χάρη στην πομπή; " " Άχ πάψε ", είπα, " είναι σάν να με ρωτάς άν το φεγγάρι λάμπει περισσότερο από τα άλλα άστρα ". " Αρκετοί όμως ", είπε, " παίνεψαν και τον νεαρό από τη Θεσσαλία ". " Του έδωσαν ", είπα εγώ, " το δεύτερο ή και το τρίτο βραβείο・ όλοι όμως αναγνώρισαν ότι το μεγαλύτερο στολίδι της πομπής, ο αληθινός της ήλιος, ήταν η θυγατέρα σου ".




 「「カラシリスさん、でも、今日は、どう見えましたか? 祭列には何か魅力があったのではないですか?」 私は言いました。「止して下さい。それではまるで、貴方は、他の星よりも月の方がもっと輝いているかどうかを、私に尋ねている様なものですよ。」ハリクリスさんは言いました。「ですが、ほとんどの人は、テッサリアから来た若者を賞讃していました。」 それで、私は言いました。「若者をご覧になったのですか、二等賞か三等賞ですよ。ですが、誰もが、祭列の一番すばらしい宝石だったと言うことは認めていました。ですが、本物の太陽は、貴方のご息女ですよ。」」
posted by kyotakaba at 12:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月16日

波の夢 5-12-2

Εκείνη έβλεπε προς ανατολάς, εγώ ευρισκόμην προς δυσμάς όπισθεν της. Ούτε η σκιά μου δεν θα την ετάραττεν.




少女は東を向いていた。私は少女の後で西に向いていた。私の影は、少女を脅かせはしないだろうと思った。




「 ετάραττεν 」、
サムエル記、列王記第一 第十六章14

Και το Πνεύμα του Κυρίου απεσύρθη από του Σαούλ, και πνεύμα πονηρόν παρά Κυρίου ετάραττεν αυτόν.


現代語の ταράσσω と同じだと思います。



「 ευρισκόμην 」、
ευρίσκω カサレヴサ、βρίσκω
古典語 (?) 動詞の tabele:
http://www.mfrance.org/VerbPrimaryandSecondaryEndingsJimWallace.pdf
posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 6-2

   Όσο για μένα, ακόμα πιό περίεργος για όσα είχα δεί και ακούσει, τρέχω να βρώ τον Χαρικλή・ κι εκείνος " είδες ", με ρώτησε, " το καμμάρι μου και το καμάρι όλου του κόσμου των Δελφών, τη Χαρίκλεια; " " Δεν ήταν η πρώτη φορά ", είπα・ " την έχω δεί πολλές φορές στο παρελθόν, οσάκις τύχαινε να πάω στο ναό, και μάλιστα όχι, όπως λένε, περαστικός・ συχνά θυσίαζα μαζί της και πολλές φορές ερχόταν να με συμβουλευτεί για να της λύσω κάποιες απορίες πάνω στα θεία και τα ανθρώπινα πράγματα ".




 「私はと言えば、見聞きしたことにもっと知りたいと思いましたので、ハリクリスさんを見つけようと急いだのです。ハリクリスさんは私に尋ねて言ったのです。「ご覧になりましたか、デルフォスの市民全員の誇りであるハリクレアをご覧になりましたか?」 私は言いました。「初めてではありませんよ。これまでに何度もあの娘を見ています。私が神殿に行くと偶々会うと言うことが、何度もあったのです。ですけれど、言う所の通りすがりと言う訳ではないのです。大抵は、あの娘と一緒に犠牲祭を行い、何度も、神や人間の諸事情の疑問について助言を頂いて、ハリクレアに解決してもらったのです。」」



「 οσάκις 」、
όσο συχνά, όσες φορές
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

波の夢 5-12-1

Ούτε μου ήλθε τότε η ιδέα ότι, αν επάτουν επάνω εις τον βράχον, όρθιος ή κυρτός, με σκοπόν να φύγω, ήτον σχεδόν βέβαιον, ότι η νέα δεν θα μ έβλεπε, και θα ημπορούσα ν' αποχωρήσω εν τάξει.




逃げるつもりで踏み降ろした岩が、真直ぐなのか曲がっているのかという考えは、その時、私の頭にはなかった。少女が私を見ていないだろうと言うことはほぼ確実で、上手く逃げれるだろうと思っていたから。
posted by kyotakaba at 15:09| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 6-1

   Και όταν, μετά από κάποια ώρα και σάν χωρίς τη θέλησή του, αποσπάστηκε ο Θεαγένης από την κόρη παίρνοντας τη λαμπάδα και άναψε το βωμό, διαλύθηκε η πομπή : οι Θεσσαλοοί το 'ριξαν στο φαγοπότι κι άλλοι έφυγαν καθένας για το σπίτι του. Η Χαρίκλεια φόρεσε μιά άσπρη κάπα και, μαζί με λίγες συντρόφισσές της, κατευθύνθηκε στην κατοικία της που ήταν στον περίβολο του ναού・ γιατί δεν έμενε μαζί με τον θετό πατέρα της : η ιερατική της ιδιότητα της επέβαλλε να ζεί εντελώς μόνη.




 「その時以来、意思がなくなったかのようなテアゲニスは、乙女から離されて、松明を手に持って、祭壇に火を点けたのです。そして、行列を解散しました。テッサリア人たちは他の何もかもを脇に置いてをご馳走に夢中になったのです。他の人たちは、それぞれ、家に帰ったのです。ハリクレアは純白の外衣を纏っていました。数人の同僚と一緒に、神殿の敷地にある住居に向かって進みました。ハリクレアは、養父と一緒には住んでいなかったのです。巫女と言うのはその性質上、巫女に全く一人で生活することを課しているからなのです。」
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月14日

波の夢 5-11-5

Ήτο πνοή, ίνδαλμα αφάνταστον, όνειρον επιπλέον εις το κύμα・ ήτον νηρηίς, σειρήν, πλέουσα, ως πλέει ναυς μαγική, η ναυς των ονείρων...




その薫りの中、その目には見えない幻の中、波の上の夢、女神ネーレーイスたちの中、半人半鳥セイレーンたちの中を、私は、魔法の船、夢の船が航行するままに曳かれていた。
posted by kyotakaba at 15:31| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

エティオピア物語 第三巻 5-7

   Αυτά βέβαια οι περισσότεροι δεν τα πρόσεξαν・ καθένας είχε τις δικές του έγνοιες και ασχολίες. Ο Χαρικλής ο ίδιος, που εκείνη τη στιγμή απήγγελλε την ευχή και την επίκληση, δεν πήρε είδηση τίποτε・ όσο για μένα, Κνήμων, από τη στιγμή που άκουσα το χρησμό που δόθηκε στον Θεαγένη όταν θυσίαζε μέσα στο ναό, δεν είχα ξεκολλήσει από πάνω τους τα μάτια μου・ οι ονομασίες με είχαν βάλει σε υπόνοιες, αλλά τα άλλα λόγια του χρησμού καθόλου δεν τα καταλάβαινα.




 「そのことに、大抵の人は気が付きませんでした。誰もが、自分自身の気がかりと用事があったからなのです。ハリクリスさん自身は、その時には祝詞と祈りを唱えていたので、何も分かりませんでした。私はどうだったかと言えば、クニモンさん、神殿の中で生贄を上げた時に、テアゲニスに与えられた神託を聞いて以来、目を離すことが出来なくなっていました。様々な名称は、私に疑いを抱かせていました。けれども、神託の他の言葉は、私は、全然理解出来なかったのです。」




「 απήγγελλε 」、
απαγγέλλω
posted by kyotakaba at 12:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

波の夢 5-11-4

Εμάντευα το στέρνον της, τους κόλπους της, γλαφυρούς, προέχοντας, δεχομένους όλας της αύρας τας ριπάς και της θαλάσσης το θείον άρωμα.




少女の胸、胸元を私は想像した。それは、海の突風から起こる神々しい薫りのすべてを受けていて、端正で優雅なのだろうと思った。




στέρνο:
η περιοχή του στήθους
posted by kyotakaba at 18:10| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-6

   Αμέσως ύστερα κοκκίνισαν από ντροπή, αλλά και πάλι τους κυρίεψε το πάθος την καρδιά και χλόμιασαν και γενικά, σε σύντομο διάστημα, άλλαξαν και οι δύο μύριες όψεις καθώς οι κάθε λογής μεταβολές στο χρώμα και στο βλέμμα μαρτυρούσαν το σάλο της ψυχής.




 「そして、直ぐに、恥ずかしさから二人は赤くなりました。ですが、また、心中の情熱が二人を捉えたのです。そして、二人は、あっという間に、全体が青ざめてしまいました。二人は、様々な色に変化して、見た目を色々と変えたのでした。その眼差しには、魂の動揺が明らかに見て取れました。」
posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

波の夢 5-11-3

Διέβλεπα την οσφύν της την ευλύγιστον, τα ισχία της, τας κνήμας, τους πόδας της, μεταξύ σκιάς και φωτός, βαπτιζόμενα εις το κύμα.




私は、少女のしなやかな腰を見分けることができた。そして尻、はぎ、足、波で濡れたそれらを、闇と月明かりの合間で見たのだ。
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-5

   Στο πρώτο ξάφνιασμα έμειναν ακίνητοι κι ύστερα κίνησαν αργά τα χέρια, εκείνη για να δώσει κι εκείνος για να πάρει τη λαμπάδα・ συγχρόνως κοιτάζονταν εντατικά στα μάτια σάν να πάσχιζαν να θυμηθούν άν είχαν και άλλοτε ιδωθεί ή γνωριστεί έπειτα χαμογέλασαν ένα μικρό και σάν κλεφτό χαμόγελο που μόλις και το πρόδωσε η λάμψη των ματιών τους.




 「最初の驚きで、二人は動けなくなりました。そして、手をゆっくり動かしたのです。ハリクレアはテアゲニスに松明を手渡したのです。二人は同時に、緊張して、瞳を見詰め合いました。まるで、以前に会ったことがあるかどうか、あるいは、知っていたどうかを思い出そうとしているかのようでした。そして、二人は少し微笑んだのです。人目を盗んでのような微笑みでした。けれども、二人の瞳の輝きで、直ぐに、そうだと分かったのです。」




ιδώ = βλέπω
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

波の夢 5-11-2

Έβλεπα την αμαυράν και όμως χρυσίζουσαν αμυδρώς κόμην της, τον τράχηλόν της τον εύγραμμον, τας λεύκας ως γάλα ωμοπλάτας, τους βραχίονας τους τορνευτούς, όλα συγχεόμενα, μελιχρά και ονειρώδη εις το φέγγος της σελήνης.




私は暗闇を見詰めた。少女の髪が仄明るく金色に輝いて見えた。少女の首の綺麗な線、ミルクのように純白な肩甲骨、整った形の腕、月の明りの下で、すべてが神秘的でやさしげで夢のようだった。




Χρυσίζω:
έχω το χρώμα ή τη λάμψη του χρυσού


εύγραμμον:
εύ+γραμμή


βραχίονας:
μέρος του χεριού, το μπράτσο


συγχέω

μελιχρός
posted by kyotakaba at 18:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-4

   Αυτά είπε και ο ίδιος άρχισε τις σπονδές, ενώ ο Θεαγένης πήγε να πάρει τη λαμπάδα. Και τότε, φίλε Κνήμων, είδαμε στην πράξη τι θεϊκή, τι επουράνια ουσία είναι η ψυχή : με την πρώτη ματιά έπεσαν οι νέοι στην αγάπη λες και η ψυχή από την πρώτη τους συνάντηση ένιωσε το όμοιό της και έτρεξε να ενωθεί με κείνο που της ταίριαζε.




 「このように言って、ハリクリスさんは献酒式を始めました。一方、テアゲニスは、松明を取りにいったのです。その時なのです、クニモンさん、神々しいとはどういうものか、魂が天上の存在であるとはどういうことなのか、私たちは実際に見たのです。一目で、若い二人は、恋に落ちたのです。あたかも、二人が初めてあったその瞬間から、魂は、対になる相手の魂が自分に似ていると思って、それと一緒になろうと急いでいるかのようでした。」
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

波の夢 5-11-1

  Ήτον απόλαυσις, όνειρον, θαύμα. Είχεν απομακρυνθή ως πέντε οργυιάς από το άντρον, και έπλεε, κ' έβλεπε τώρα προς ανατολάς, στρέφουσα τα νώτα προς το μέρος μου.




 それは、目に嬉しいもの、夢のような、見惚れてしまうような光景だった。洞窟から五尋も遠ざかっていた。東の方を向いて、私の方へは背中を向けて泳いでいた。
posted by kyotakaba at 17:04| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-3

   Φόρτωσαν ύστερα με σχίζες έναν τεράστιο βωμο, πάνω του κατά τη συνήθεια τοποθέτησαν όλα άκρα των σφαγίων και κάλεσαν τον ιερέα του Πυθίου ν' ανάψει τη φωτιά στο βωμό・ και ο Χαρικλής απάντησε ότι η μεν σπονδή ήταν δικό του καθήκον, " το βωμό όμως έπρεπε να τον ανάψει ο αρχιθεωρός με τη λαμπάδα που κρατούσε η ιέρεια της Άτρεμης ― έτσι όριζε η πατροπαράδοτη συνήθεια ".




 「それから、犠牲獣を破片も一緒に大きな祭壇に載せたのです。祭壇の上には、しきたりに従って、犠牲獣の四肢をすべて並べました。そして、祭壇に灯を点すようにピュシスの神官を呼んだのです。すると、ハリクリスさんは、先の献酒式は自分の義務だったと応えたのです。「祭壇には、アルテミスの巫女が持っていた松明で奉納の行列の指導者が灯を点さなければならないのです。― 伝統的なしきたりで決まっているのです。」」
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月05日

波の夢 5-10-1

Εντοσούτω όσον αθώος και αν ήμην, η περιέργεια δεν μου έλειπε. Και ανερριχήθην πάλιν σιγά-σιγά προς τα επάνω και εις την κορυφήν του βράχου, καλυπτόμενος όπισθεν των θάμνων έκυψα να ίδω την κολυμβώσαν νεανίδα.




 内面ではこのように、無垢であった私にも、好奇心がないわけではなかった。そして、岩の頂きに、ゆっくりゆっくりと、再び攀じ登った。茂みの後に隠れて、泳いでいる少女を見ようと身を屈めた。




Εντοσούτω :
εντοός +ούτως ?


κύπτω
posted by kyotakaba at 14:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月04日

波の夢 5-9-1

Δεν υπήρχεν άλλη αίρεσις, ειμή να περιμένω. Θα εκράτουν την αναπνοήν μου. Η κόρη εκείνη δεν θα υπώπτευε την παρουσίαν μου. Άλλως ήμην εν συνειδήσει αθώος.




他に選択すべき途はなかった、私は待った。私は息を殺していた。少女は、私がそこに居るとは疑いもしなかっただろう。けれども、私には、罪の自覚があった。





Θα εκράτουν την αναπνοήν μου.
動詞は、三人称複数形だと思います。この文の主格が何なのか、よく分かりません。非人称の表現のように読みました。
posted by kyotakaba at 19:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

波の夢 5-8-3

Το σχέδιον τούτο αν το εξετέλουν, θα ήτο μέγας κόπος, αληθής άθλος, θα εχρειάζετο δε και μίαν ώραν και πλέον. Ουδέ θα ήμην πλέον βέβαιος περί της ασφαλείας του κοπαδιού μου.




この計画を実行すれば、それは大変な苦労になるだろうけれど、真の偉業になるだろうと考えた。けれども、かなりの時間が要るだろう。それに、私の山羊の群れの安全についても、あまり確かではなかった。




「 εξετέλουν 」、
εκελώ
posted by kyotakaba at 15:54| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-2

   Κι όταν τελείωσαν αυτά, ≪ και λιοπόν ≫, είπε, ≪ η πομπή έφερε τρείς βόλτες γύρω από το μνήμα του Νεοπτόλεμου και άλλους τρείς κύκλους έκαμαν οι έφηβοι με τ' άλογα, ξεφώνισαν οι γυναίκες και αλάλαξαν οι άνδρες και τοτε, σάν από συνθήματος, βόδια, αρνιά, κατσίκια θυσιάστηκαν σάν ένα μόνο χέρι να είχε τελέσει όλη τη σφαγή.




 「それらが終わると、カラシリスは言いました。「さて、行列はネオプトレモスの墓の周りを三度回りました。若者達は馬に乗ってもう三周り回ります。合図があると、女たちは叫びました。男たちは喚声を挙げました。牛、子山羊、子羊が生贄に出されたのです。一つの手がその全ての動物を屠ったのです。」」
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月02日

波の夢 5-8-2

στάζων άλμην και αφρόν, θα εβάδιζα δισχίλια βήματα διά να επιστρέψω από άλλο μονοπάτι πάλιν πλησίον του κοπαδιού μου, θα κατέβαινα τον κρημνόν παρακάτω διά να λύσω την Μοσχούλαν την αίγα μου, οπότε η ανεψιά του κυρ Μόσχου θα είχε φύγει χωρίς ν' αφήση βεβαίως κανέν ίχνος εις τον αιγιαλόν.




海水と海の泡を滴らせながら、二千歩程歩けば、別の小径で、私の群れのところに帰れるだろう。そうして、下の崖に降りて私のモスフーラを解いてやるつもりだった。その時には、モスホス氏の姪のモスフーラは、きっと、海岸に足跡も残さずに立ち去っているだろうから。
posted by kyotakaba at 16:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 5-1

   Αυτά είπε ο πρεσβύτης και, αφού πρόσταξε μία θεραπαινίδα να φέρει μέσα λύχνο αναμμένο, τέλεσε τη σπονδή επικαλούμενος τους θεούς και κυρίως τον Ερμή. Τους ζήτησε να του στείλουν γλυκά όνειρα και τους ικέτεψε να του παρουσιάσουν, στον ύπνο έστω, τους αγαπημένους του.




 「大使はこのように言いました。それから、一人の召使に、灯の点いた灯明を中に持って来るように命じました。そうして、神々、特にヘルメスに祈りを捧げる献酒式を執り行いました。カラシリスは、神々に甘い夢を送って下さるようにお願いしたのです、それから、自分に、夢の中で愛する二人を見させてくれるように懇願したのでした。」




θεραπαινίδα:
=υπηρέτρια 

2014年5月15日訂正:
πρεσβύτης を大使と訳していたけれど、老人。

 「老人はこのように言いました。それから、一人の召使に、灯の点いた灯明を中に持って来るように命じました。そうして、神々、特にヘルメスに祈りを捧げる献酒式を執り行いました。カラシリスは、神々に甘い夢を送って下さるようにお願いしたのです、それから、自分に、夢の中で愛する二人を見させてくれるように懇願したのでした。」
posted by kyotakaba at 15:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

波の夢 5-8-1

Θ' άφηνα την Μοσχούλαν μου, την αίγα, εις την τύχην της, δεμένη εκεί επάνω, άνωθεν του βράχου, και άμα έφθανα εις την άμμον με διάβροχα τα ρούχα μου (διότι ήτο ανάγκη να πλεύσω με τα ρούχα),




 びしょぬれの服で砂浜についたら、 ( 服を着たまま泳がなければならなかったからだ ) 運が良ければ、岩の上に紐ので結ばれている、私の、山羊のモスフーラを解いてやるつもりだった。
posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 4-11

   ≪ Εγώ ≫, είπε ο Καλάσιρης, ≪ έτσι κι αλλιώς διστάζω να μιλήσω για πράγματα που μου ξυπνούν λυπηρές αναμνήσεις, αλλά και για σένα φοβάμαι μήπως βαρεθείς με τόση φλυαρία. Επειδή όμως μου φαίνεται πώς είσαι πρόθυμος και αχόρταγος ακροατής ωραίων ακουσμάτων, εμπρός, ας ξαναπιάσουμε τη διήγηση από το σημείο που την αφήσαμε. Πρώτα άς ανάψουμε το λύχνο και άς προσφέρουμε στους θεούς της νύχτας τις βραδινές σπονδές ώστε, αφού τελέσουμε τα καθιερωμένα, να μπορέσουμε να ξενυχτήσουμε με την ησυχία μας λέγοντας ιστορίες ≫.




 「カラシリスは言いました。「ともかく、私は、悲しい思い出を私に呼び起こすことを話すのには、躊躇いを覚えるのですけれど、それにまた、あまり長いお喋りで、貴方が機嫌を損なったのではないかと、私は不安に思ったのです。ですけれど、貴方はよい話しを聞くことには飽くことをを知らないし熱心な方だと、私には思えます。それでは、さあ、途中で放り出した時点から、物語りに再び手をつけましょう。まず、灯明を点しましょう。それから、夜の神々に、宵の神酒を捧げましょう。そうして、それらを慣習通りに行った後には、静けさの中で、物語りを語りながら徹夜することが出来るでしょう。」」




βαρυθυμώ :
είμαι, γίνομαι βαρύθυμος, στενοχωριέμαι αντίθετα


άκουσμα :
το αποτέλεσμα του ακούω/ είδηση, φήμη


τελώ
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Δημοψήφισμα και ψήφος εμπιστοσύνης

 カセメリニ web 版、11月1日付け記事見出し:


Γ. Παπανδρέου: ≪Δημοψήφισμα και ψήφος εμπιστοσύνης για τη συμφωνία των Βρυξελλών≫

G. パパンドレゥ「ブルッセル協定を国民投票と信任投票に」
posted by kyotakaba at 09:24| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする