2011年12月30日

波の夢 7-6-2

Δεν έπρεπε τότε να διστάσω. Η βάρκα εκείνη απείχεν υπέρ τας είκοσιν οργυιάς, από το μέρος όπου ηγωνία η κόρη, εγώ απείχα μόνον πέντε ή εξ οργυιάς.




その時、私は、尻込みすべきではなかった。その舟は、少女が藻掻いていた場所から十二尋より向こうに離れていた。私は、五か六尋程離れていた。





απείχεν :
απέχω

ηγωνία :
αγωνιώ
posted by kyotakaba at 16:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月29日

Λουκία Ρικάκη

 12月28日付け、ト・ビーマ記事から、



Πέθανε η σκηνοθέτις Λουκία Ρικάκη

映画監督ルウキア・リカキイ死去。


η Ρικάκη έπασχε από καρκίνο.

リカキイは癌に苦しんでいた。




 Λουκία Ρικάκη は、ピレウス出身の映画監督。61年生まれ、享年五十。

Cine.gr - Συντελεστές Ρικάκη, Λουκία


Lucia Rikaki OFFICIAL SITE

posted by kyotakaba at 18:02| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Υπερυψωμένο τρένο

 12月28日付け、in.gr の記事の見出し:


Υπερυψωμένο τρένο εντός της ζώνης του ΟΛΠ θα αποκτήσει το λιμάνι του Πειραιά


ピレウス湾は、ΟΛΠ の敷地内に、高架鉄道を設置させられる予定。



ΟΛΠ:Οργανισμός Λιμένος Πειραιώς Α.Ε. / Piraeus Port Authority S.A.
http://www.olp.gr/



Α.Ε. / Ανώνυμη Εταιρεία:株式会社

モノレールが予定されているようです。計画はこれからのようで、完成は??


0E2966067AAB143811A48323B71EF6AC.jpg
posted by kyotakaba at 17:12| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月28日

Σύγχρονα ελληνικά τοπία

 『 Σύγχρονα ελληνικά τοπία 』
空から現代ギリシャを撮影した写真集。

出版社:Μέλισσα

GreekScapes_Cover.jpg
posted by kyotakaba at 18:41| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΤΑΤΟΙ

『 Τατόι 』
 タトイ宮に関する書籍。
Κώστας Μ. Σταματόπουλος
出版社:Καπόν

TATOI - Kaponeditions

b172944.jpg

.:BiblioNet : Σταματόπουλος, Κώστας Μ.
posted by kyotakaba at 18:33| Comment(2) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 7-6-1

Αφήκε δεύτερον κραυγήν μεγαλυτέρας αγωνίας. Εν ακαρεί την είδα να βυθίζεται, και να γίνεται άφαντη εις το κύμα.




少女は、二度目の、そして前より苦しげな叫び声を挙げた。無慈悲なことに、私は、少女が沈むのを見た。波に消えてしまった。




Αφήκε:
αφήνω だと思います。


Εν ακαρεί:
Εν は、σε、ακαρεί は、α+χάρη ではないかと思います。
posted by kyotakaba at 18:02| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 13-3

  Γι' αυτό τα αγάλματα τών θεών στην Αίγυπτο έχουν τα πόδια ενωμένα και σάν να στέκονται πάνω σε ένα στήριγμα・ γι' αυτο και ο Όμηρος, που ήταν Αιγύπτιος και είχε λάβει τα ιερά διδάγματα, τα διατύπωσε συμβολικά στα έπη του επιτρέποντας σε όποιον μπορούσε να τα καταλάβει・ για μεν την Αθηνά έχει πεί

δεινώ δε οι όσσε φάανθεν

και για τον Ποσειδώνα

ίχνια γάρ μετόπισθεν ποδών ηδέ κνημάων
ρεί έγνων απιόντας
,

θέλοντας να πεί ότι κυλούσε καθώς έφευγε・ γιατί αυτο σημαίνει το " ρεί απιόντας " και όχι εκείνο που νομίζουν μερικοί που κατά λάθος το εξηγούν " εύκολα γνώρισα ".




 「そう言う訳で、エジプトでは、神々の像は、まるで一本の支柱の上に立っているかのように、一つに合わさった足をしているのです。ですから、エジプト人であり、神事の教育を受けている、ホメロスは、自分の叙事詩に象徴的に表現して、誰でもがそれを分かることが出来るように機会を与えたのです。
 それで、アテネ女神にについて
δεινώ δε οι όσσε φάανθεν
と言われ、
ポセイドンについて、
ίχνια γάρ μετόπισθεν ποδών ηδέ κνημάων
ρεί έγνων απιόντας
と言われたのですが、
逃れるように転げる、と、言おうとしたのです。ρεί απιόντας は、ある人々が間違って解釈している「すぐに分かる」と言うことを意味しているのではないのです。」
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月27日

波の夢 7-5-2

Εφάνη πλέουσα αργά, ερχομένη προς τα εδώ, με τας κώπας・ πλην η εμφάνισις της, αντί να δώση θάρρος εις την κόρην, επέτεινε τον τρόμον της.




多くの櫂のある船は、こちらに向かってゆっくり航行して現れた。その船の出現は、少女に勇気を与えはせずに、恐怖を強めただけだった。




επιτείνω:
αυξάνω την ένταση
posted by kyotakaba at 17:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 13-2

   Και οι μέν βέβηλοι δεν τους αναγνωρίζουν, αλλά δεν γίνεται να ξεγελάσουν τους σοφούς : εκείνοι τους αναγνωρίζουν από τα μάτια που έχουν το βλέμμα στυλωμένο εμπρός, από τα βλέφαρα που δεν ανοιγοκλείνουν και πιό πολύ από το βάδισμα・ τα πόδια τους είναι πάντα ενωμένα και δεν κινούνται το ένα μετά το άλλο, αλλά με κάποια σάν σφοδρού ανέμου ακατανίκητη ορμή, σχίζουν μάλλον τον αέρα παρά που περπατούν.




 「それで、世俗の人たちは神々を見分けられはしないのですが、しかしながら、神々は、知恵ある聖職にある人々を欺くことはないのです。知恵ある人々は、その目で見分けるのです。その目は、前をじっと見詰めているのです。また、瞼で見分けるのです。瞼は、開いたり閉じたりはしないのです。そして何よりも、その歩き方で分かるのです。神々の足は、いつでも、合わさっているのです。一歩一歩とは動かないのです。ですが、激しい風のような他に並ぶもののない勢いで、空気を切り裂いて、そうして進むのです。」
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月26日

波の夢 7-5-1

Συγχρόνως τότε, κατά συγκυρίαν όχι παράδοξον, καθότι όλοι οι αιγιαλοί και αι θάλασσαι εκείναι εσυχνάζοντο από τους αλιείς, μια βάρκα εφάνη να προβάλλη αντίκρυ, προς το ανατολικομεσημβρινόν μέρος, από τον πέρα κάβον, τον σχηματίζοντα το δεξιόν οιονεί κέρας του κολπίσκου.




 その時同時に、偶然にと言っても有り得ないことではないけれど、つまり、海岸や海では、漁師が頻繁に行き来しているので、一艘の小舟が反対側から船首を突き出すのが見えた。船は、東南に向けて、湾に角を付けたような岬の向こうから出て来た。




συγκυρία:
η κατάσταση που προκύπτει από τη σύμπτωση γεγονότων ή περιστάσεων σε μια ορισμένη χρονική περίοδο


συχνάζω:
πηγαίνω συχνά κάπου


ανατολικομεσημβρινόν:
ανατολικός +μεσημβρινός
μεσημβρινός:ここでは南向き


οιονεί:
κάτι σαν,
posted by kyotakaba at 17:56| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 13-1

   Σώπασε για λίγο ο Καλάσιρης και, υψώνοντας το νου του πρός τα ιερά μυστήρια, ≪ Κνήμων ≫, είπε ≪ οι θεοί και οι δαίμονες όταν επιφοιτούν σε μας ή όταν φεύγουν, πολύ σπάνια παίρνουν τη μορφή ζώου・ τις πιο πολλές φορές επιφαίνονται ως άνθρωποι, ώστε, μέσω της ομοιότητας, να μας εξαπατουν πιό εύκολα.




 カラシリスは暫く黙りました。それから、聖なる秘密のために自分の精神を高めてから言いました。「クニモンさん、神々や幽鬼達と言うものは、私たちの元に現れる時、立ち去る時には、動物の形を取ることはごく稀なのです。多くの場合は、人間の姿をして顕現するのです。よく似ているので、私たちは、簡単に騙されるのです。」




Επιφοιτώ:
για το Άγιο Πνεύμα, κατεβαίνω από τον ουρανό, έρχομαι από τον ουρανό
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月25日

Καλά Χριστούγεννα

Καλά Χριστούγεννα



http://www.youtube.com/watch?v=nR3PrUe_McI


posted by kyotakaba at 17:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

波の夢 7-4-2

Ήρκει η φωνή μου να της έδιδε μεγαλύτερον θάρρος ή όσον η παραμονή μου και το τρέξιμόν μου εις βοήθειαν.




私の声は、私がそこに居ること、助けに走っていることを、少女により以上に確信させるのに十分過ぎた。





Ήρκει:
άρκει
posted by kyotakaba at 17:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

波の夢 7-4-1

Και εσκεπτόμην λίαν τεταραγμένος αν έπρεπε να ριφθώ εις την θάλασσαν, μάλλον, διά να έλθω είς βοήθειαν της κόρης, ή να τρέξω και να φύγω...




海に飛込んで、少女を助けるか、急いで逃げ出すか、私は、ひどく混乱して考えた。…、




τεταραγμένος:
ταράσσω ( part sg perf mp masc nom redupl )
posted by kyotakaba at 14:28| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 12-3

   ≪ Στήν πραγματικότητα ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ φαίνεται πώς κι εγώ ανήκω στον πολύ κόσμο και ίσως ανέφερες το έπος θέλοντας να ελέγξεις την άγνοιά μου αυτή. Κι αλήθεια, έχω μέν μάθει τη σημασία των λέξεων, αλλά γνωρίζω μόνο το επιφανειακό νόμημα των επών・ τα θεολογικά μηνύματα που περιέχονται σ' αυτά τα αγνοώ ≫.




 クニモンは言いました。「実のところ、私も世間の大勢の一人のようです。もしかしたら、貴方は、私の無知を確かめたいとお望みなので、叙事詩に触れたのでしょうか。本当のところ、言葉の意味は学びましたけれど、叙事詩の表面的な意味を知っているだけです。叙事詩の中に含まれている神学上の伝承等については、私は、知識がありません。」




ανέφερες
「 ανέφερες 」、
αναφέρω のパラタティコス・二人称単数
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月20日

波の夢 7-3-2

Έξαλλος εκ τρόμου, ηδυνήθην ν' αρθρώσω φωνήν, κ' έκραξα:
− Μη φοβάσαι!... δεν είναι τίποτε... δεν σου θέλω κακόν!





驚愕に我を忘れて、声をはっきりさせるように強めて、私は叫んだ。「怖がらないで! … 少しも、… あなたに悪いことをしようとは思いません!」
posted by kyotakaba at 15:38| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 12-2

≪ Με τον τρόπο που υπαινίσσεται κάπου ο σοφός Όμηρος, γιέ μου ≫, είπε εκείνος, ≪ μόνο που ο πολύς κόσμος δεν προσέχει τον υπαινιγμό :
ποδών ηδέ κνημάων
ρεί έγνων απιόντας, αρίγνωστοι δε θεοί περ
≫.





 「息子よ、思慮深いホメロスが仄めかしている方法を使ってなのです。ただ、世間の多くの人は、暗示に気が付かないのです。
その暗示とは、
「ποδών ηδέ κνημάων
ρεί έγνων απιόντας, αρίγνωστοι δε θεοί περ」なのです。」
とカラシリスは言いました。




古典語の部分は、後の段で登場人物によって読み取りがされるので、そのままにしました。
私には読めない語ばかりです。
無理やり読むと、
両の足の脛を見よ、
飲み込まずに知ることを流せ、神々は映さない。


έγνων
"Ανέγνων, έγνων, κατέγνων…"= Διαβασα, εμαθα, κατανοησα
posted by kyotakaba at 14:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月19日

λουκάνικος

 シンタグマ広場の Λουκάνικος 君が、Times 紙の今年の人の中の一人に選ばれたそう。

http://www.time.com/time/photogallery/0,29307,2102191_2327694,00.html

FaceBookもあるのだそう:
http://el-gr.facebook.com/pages/Loukanikos/125246147492819

posted by kyotakaba at 18:48| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 7-3-1

Τότε με κατέλαβε τρόμος, συγκίνησις, λύπη απερίγραπτος. Τα γόνατα μου εκάμφθησαν.




 その時、震えが私を捉えた。動揺、何とも言いようのない悲しみも、私を捉えた。私の膝は、折られてしまった。
posted by kyotakaba at 14:46| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 12-1

   Έτσι είπαν και αποχώρησαν δείχνοντας μου πώς δεν ήταν όνειρο αλλά πραγματική παρουσία・ κι εγώ είχα μέν καταλάβει τα άλλα που είδα, αλλά δεν ήξερα καθόλου σε ποιούς ανθρώπους και σε ποιές χώρες ήθελαν οι θεοί να οδηγήσω τους νέους ≫. Και ο Κνήμων " αυτά ", είπε, ≪ πατερούλη, τα έμαθες εσύ αργότερα και θα τα πείς και σε μένα・ αλλά με ποιόν τρόπο σου έδειξαν, όπως είπες, οι θεοί ότι δεν ήλθαν στ' όνειρο σου, αλλά παρουσιάστηκαν πραγματικά μπροστά σου; ≫




 「「そう言うと、二人は、これは夢ではなくて、現実の存在であることを示してから、立ち去ったのです。私は、私が見たその他のことどもを理解していたのですけれど、それが誰であるかは全く知らなかったのですし、神々がその若者を導くように望んでいられる場所も少しも知らなかったのです。」 すると、クニモンが言いました。「お父様、貴方は直ぐにそのことがお分かりになったので、それを私にお話しされたのでしょうけれど。ですけれど、神々が貴方の夢の中に来たのではなくて、貴方の目の前に、現実に現れた、と言うことを示したのは、一体どういう方法なのですか?」」




" αυτά " は、何を指していて、どういう用法なのか分かりません。なので、省略して訳しました。
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月16日

波の夢 7-2-3

− είδε τον μαύρον ίσκιον μου, τον διακαμόν μου, επάνω εις τον βράχον, ανάμεσα εις τους θάμνους, και αφήκε μισοπνιγμένην κραυγήν φόβου...




− 少女は、岩の上、茂みのなかの、私の黒い影、私の輪郭を見た。そして、恐怖のため、半ば息が詰まった様な叫び声をあげた。…




διακαμός = περίγραμμα
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(2) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 11-5

   Έφτασαν τα μεσάνυχτα και να που βλέπω μπροστά μου τον Απόλλωνα και την Άρτεμη, όπως νόμισα, άν βέβαια το νόμισα και δεν τους είδα στ' αλήθεια・ ο ένας μου πρόσφερε τον Θεαγένη και η άλλη τη Χαρίκλεια・ και, καλώντας με τ' όνομά μου, " είναι καιρός ", μου είπαν, " να γυρίσεις στην πατρίδα σου・ αυτό προστάζει η μοίρα. Φεύγοντας, πάρε κι αυτούς, συντρόφους στο ταξίδι, και έχε τους σάν παιδιά σου・ μετά την Αίγυπτο, πήγαινέ τους όπου και όπως θέλουν οι θεοί ".




 「真夜中になると、私は、目の前にアポロンとアルテミスを見たのです。本当に見たのではなくて、頭で考えたままに見たのです。私には、一方はテアゲニスで、もう一方はハリクレアに当たると思われました。二人は、私を名前で呼んでいました。二人は私に言ったのです。「貴方の故国に帰る時が来ました。運命がそう命じた時なのです。二人を旅の同伴者として、旅立つのです。二人を自分の子の様にするのです。エジプトに着いたならば、その後は、神々の望むままに、何処へでも行きなさい。」」
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月15日

波の夢 7-2-2

Η νεαρά κόρη, είτε ήκουσεν είτε όχι την φωνήν της κατσίκας −μάλλον φαίνεται ότι την ήκουσε, διότι έστρεψε την κεφαλήν προς το μέρος της ξηράς...




若い娘は、山羊の声を聞いたか、聞いていなかったか、どちらであったにせよ、− むしろ聞いたように思われるが、頭を陸の方に振り向けたのだ。…
posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ΣΥΖΗΤΗΣΗ ΜΕ ΤΟΝ ΓΙΩΡΓΟ ΣΕΦΕΡΗ

 ヨルゴス・セフェリス没後四十年と言うことなのだと思います、関連の書籍が多く出版されてます。その中の一冊。

 『ヨルゴス・セフェリスとの対話』、ギリシャの現代詩の翻訳、研究の第一人者 Edmund Keeley の著作。初版は、1970年。
2011年に、ΑΓΡΑ 出版社から。ギリシャ語訳は、ΚΑΣΔΑΓΛΗ ΛΙΝΑ 。

AGRA Publications


keeley.jpg
posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 11-4

   Στο σημείο αυτό έληξε το συμπόσιο και φύγαμε καθένας για το σπίτι του αφού πρώτα ο Θεαγένης με έσφιξε στη αγκαλιά του και με φίλησε θερμότερα απ' όσο ταίριαζε σε μιά τόσο πρόσφατη γνωριμία. Σε λίγο έφτασε στην κατοικία μου και πλάγιασα, αλλά στην αρχή δεν μπορούσα να κοιμηθώ : στο νού μου στριφογύριζε η έγνοια για τους δυό νέους και πάσχιζα να καταλάβω τι τάχα σήμαιναν τα τελευταία λόγια του χρησμού.




 「宴会が終わりになると、私たちは、それぞれ自分の家へと帰ろうとしました。まず、テアゲニスが私を胸元に抱擁しました。それから、接吻をしたのです。それは、最近知り合った者がする接吻よりもずっと熱いものでした。すぐに、自分の棲み家に着いて横になったのですけれど、最初は、眠れませんでした。と言うのは、私の心では、二人の若者についての気掛かりが回り続けていたのです。そして、お告げの最後の言葉はどういうことなのか、理解しようと努めていたのです。」
posted by kyotakaba at 12:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月14日

波の夢 7-2-1

  Αλλ' όμως, η στιγμή εκείνη, που είχα πατήσει εις την κορυφήν του βράχου, ήρκεσεν.




 けれどもその時、私は岩の頂きを踏んでいた。それで十分だった。




「 ήρκεσεν 」、αρκεω
1aor act ind 3rd sg
posted by kyotakaba at 16:38| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 11-3

   Μόλις ο Θεαγένης άκουσε τις λέξεις Αιγύπτιος και προφήτης, γέμισε ξαφνικά χαρά και, σάν να είχει βρεί κάποιο θησαυρό, σηκώθηκε, ζήτησε νερό, ήπιε και " ω σοφότατε ", είπε, " δέξου τουλάχιστον αυτή τη φιλοφρόνηση που σου προσφέρω πίνοντας αυτό που σου αρέσει περισσότερο κι άς γίνει το τραπέζει αυτό υπόσχεση ιερή φιλίας μεταξύ μας ". ≪ Άς γίνει ≫, είπα, ≪ ωραίε Θεαγένη・ εγώ από ώρα νιώθω φίλος μου "・ και, παίρνοντας το ποτήρι, ήπια.




 「テアゲニスは、エジプト人で予言者と言う言葉を聞くや否や、突然に、宝物かなにかを見つけたかのように、喜色満面になりました。そして、立ち上がり、水を求めて、それを飲みました。そして言いました。「最上の賢者様、せめて、このあなたが最もお好きな水を飲むことを貴方にお勧めすると言う友好の印をお受け下さい。食卓の上で、私たちの間に聖なる友好の誓いを立てましょう。」 私は言いました。「そうしましょう、ご立派なテアゲニスさん。私は、今から、貴方を友人とします。」 そして、杯を取って、飲みました。」




δέχομαι のプロスタティキー:δέξου
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

波の夢 7-1-3

Το ν' ακούη τις φωνήν ζώου εκει που κολυμβά, αφού δεν απέχει ειμή ολίγας οργυιάς από την ξηράν, δεν είναι τίποτε έκτακτον.




陸地から、一尋も離れていないところを一人で泳いでいた少女が、子山羊の声を聞くことは、予想出来ないことではなかった。




ειμή :
παρά μόνο

οργυιά :
約1.8メートル

έκτακτος :
όχι τακτικός / απρόβλεπτος
posted by kyotakaba at 16:07| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 11-2

   Αυτα λέγαμε εμείς και, όταν ήλθε η ώρα της περιφοράς των ποτηριών, ήπιε ο Θεαγένης στη υγεία του καθενός, μολονότι δεν είχε διάθεση・ και όταν έφτασε η σειρά μου, " μένω υπόχρεος " του είπα, αλλά δεν άπλωσα να πάρω το ποτήρι・ με κοίταξε τότε εκείνος ξαναμμένος νομίζοντας πώς τον περιφρονούσα・ το πήρε είδηση ο Χαρικλής και είπε " δεν πίνει και δεν τρώει ποτέ κρέας ". Ο Θεαγένης ρώτησε το λόγο. " Είναι από τη Μέμφιδα ", απάντησε εκείνος, " Αιγύπτιος και προφήτης της Ίσιδος ".




 「ハリクリスさんと私の二人がこのように話していると、杯を回す時間が来たのです。誰かのために乾杯をした時に、テアゲニスも飲んだのですけれど、気乗りはしていなかったのです。それから、私の番が来ました。私はテアゲニスに言いました。「私には戒律があるのです。」 それで、私は杯を取り上げに手を伸ばしませんでした。すると、紅潮しているテアゲニスは、私を見詰めて、私があの方を蔑ろにしていると考えたのです。ハリクリスさんはそれを知って、言いました。「この方は、お酒を召し上がってないし、どの肉も口にされていません。」 テアゲニスは、そのことを尋ねました。ハリクリスさんは答えました。「この方は、メンフィス出身の方です。エジプト人で、イシスの予言者なのです。」」
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月12日

波の夢 7-1-2

Αλλά και αν την είχε ακούσει, τί το παράδοξον; Ποίος φόβος ήτον;




けれど、少女が聞いたとして、それが変なことだろうか? どんな恐れがあると言うのだろうか?
posted by kyotakaba at 15:41| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 11-1

   Καθώς μάλιστα φαινόταν να βασανίζεται από αδιάκοπα χασμουρητά, έγεινε πιά και στους άλλους φανερό ότι δεν ένιωθε καλά・ ο ίδιος Χαρικλής πρόσεξε την αδιαθεσία του και μου είπε χαμηλόφωνα " ε λοιπόν, είναι και τούτος ματιασμένος・ μου φαίνεται πώς έχει πάθει το ίδιο με τη Χαρίκλεια ". " Το ίδιο ", είπα εγώ, " και μά την Ίσιδα σωστό και φυσικό ήταν να το πάθει αφού, μετά από κείνην, αυτός διέπρεπε στην πομπή".




 「一見したところ、テアゲニスは、止まらない欠伸に苦しめられているように見えました。他の人たちにも、テアゲニスが心地よく感じてないのは、明らかになっていました。ハリクリスさんも、テアゲニスの気分が優れないことに気がついて、私に小声で言いました。「あの方は邪視でしょうか。私には、ハリクレアを苦しめる同じもののように思えます。」 私は言いました。「同じです。イシスの神に懸けて、邪視がこの方を苦しめるのは、当然で自然なことです。祭列では、秀でていたのですから。」」



ματιασμένος = βασκανία
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月09日

波の夢 7-1-1

Δεν ηξεύρω αν η κόρη η λουσμένη εις την θάλασσαν ήκουσε την φωνήν της γίδας μου.




海で水浴びをしていた少女が、子山羊の声を聞いたかどうかは、私には分からなかった。
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 10-5

   Γιατί οι σκέψεις του ερωτευμένου μοιάζουν λιγάκι με του μεθυσμένου : από τη μιά στιγμή στην άλλη μετατρέπονται και πουθενά δεν σταματάνε εφόσον και των δύο η ψυχή λικνίζεται πάνω σε υγρό πάθος・ να γιατί ο ερωτευμένος είναι επιρρεπής στο μεθύσι και ο μεθυσμένος στον έρωτα.




 「恋に落ちた者の物の考え方は、酔った者の考えに少し似ているのは何故なのでしょう。瞬間、瞬間、考えは変わってしまい、二人の心が涙に濡れた苦しみの上で揺らいでいる限り、何処にも留まることがありません。それで、恋する者は酔い勝ちで、酔っている者は恋をし勝ちなのです。」
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

波の夢 6-6-3

Τάχα μην “εσχοινιάσθη”, μην εμπερδεύθη και περιεπλάκη ο τράχηλος της, μην ήτον κίνδυνος να πνίγη το ταλαίπωρον ζώον;




おそらく、「紐で弱る」ことはなかったろう。紐が子山羊の首に縺れて絡まることはなかった。可哀想な生き物を絞め殺す危険はなかったのではないか。




「εσχοινιάσθη」
σχοινιον +ασθενω

「εμπερδεύθη」
μπερδεύω

「περιεπλάκη」
περιπλέκω
posted by kyotakaba at 15:16| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 10-4

   Ο Θεαγένης φαινόταν βέβαια εύθυμος και πίεζε τον εαυτό του να είναι ευγενικός με τους παρευρισκόμενους, αλλά τον έπιανα να έχει αλλού το νού του : πότε τα μάτια του κοίταζαν το κενό, πότε αναστέναζε βαθιά χωρίς φανερό λόγο・ τη μιά στιγμή ήταν κατηφής σάν είχε κάποια έγνοια στο μυαλό του, την άλλη άλλαζε διάθεση και ευθυμούσε ξαφνικά σάν να συναισθανόταν την πραγματικότητα και να ανακαλούσε σ' αυτη τον εαυτό του ― έτσι εύκολα περνούσε απ'ο τη μιά κατάσταση στην άλλη.




 「テアゲニスは本当に上機嫌に見えました。そして、出席者に好感を待たれるように自分自身に強いているようでした。ですけれど、テアゲニスの心の他のことが彼を捉えていたのです。ある時には、テアゲニスの瞳は、空を見詰めていました。ある時には、はっきりした言葉もなしに、深い溜息を吐きました。ある一瞬には、頭の中に気がかりでもあるように、憂鬱な様子になっていました。また別の瞬間には、気分を変えて、突然に、現実に気が付いて、そして、自分自身に気がかりを掻き消すかのように、陽気に振る舞ったのです。― このように、ある状態から別の状態へ、難なく変わったのです。」



παρευρίσκομαι : παραβρίσκομαι

έγνοια =έννοια

ευθυμώ : είμαι εύθυμος, χαρούμενος, διασκεδάζω
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月07日

波の夢 6-6-2

Το σχοινίον με το όποιον την είχα δέσει εις την ρίζαν του θάμνου ήτον πολύ κοντόν.




灌木の根に子山羊を結んでいた紐は、ひどく短かった。
posted by kyotakaba at 15:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 10-3

   Αλλά γιατί να σε κουράσω αναφέροντας τα άλλα του συμποσίου, τους παρθενικούς χορούς, τις αυλητρίδες, τον πυρρίχιο χορό των ενόπλων εφήβων και τα άλλα με τα οποία είχε διανθίσει ο Θεαγένης την πολυτέλεια των εδεσμάτων κάνοντας τη συντροφιά πιό εύθυμη και παρασύροντάς τη στο πιοτό; Πιό ευχάριστο μου είναι να σου πώ όσα εσύ είναι πιό αναγκαίο ν' ακούσεις.




 「ですけれど、クニモンさん、宴会の他のこと、乙女たちの踊りや笛吹きそれに軍装した若者のピリッホス踊り、それから、テアゲニスが豪華な食事に花できれいに飾りを付けて、同席者をとても陽気にさせたもの、お酒に夢中にさせるもの、そのほかのを述べることは、貴方を退屈させてしまわないでしょうか? 貴方が聞くべき最小限のことを話す方が、私にも有難いのですが。」




διανθίζω:
στολίζω με άνθη
posted by kyotakaba at 12:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η επιστροφή των ≪Μαγεμένων≫

 カセメリニ web 版、12月6日付け記事から、

Η επιστροφή των ≪Μαγεμένων≫
Ο δήμαρχος Θεσσαλονίκης εξασφάλισε τα χρήματα για την κατασκευή αντιγράφων τους από το Λούβρο


Οι ≪Μαγεμένες≫ -Las Incantadas στη σεφαραδίτικη διάλεκτο για τους Εβραίους, ≪Είδωλα≫ για τους Χριστιανούς-, που βρίσκονται ξενιτεμένες στο Παρίσι, επιστρέφουν στη Θεσσαλονίκη για να τοποθετηθούν και πάλι εντός του 2012 στο κέντρο της πόλης απ’ οπου φυγαδεύτηκαν πριν από 150 χρόνια με προορισμό το Παρίσι.




「マゲネメス」の帰還
セサロニキ市長は、ルーブルにあるもののレプリカを制作する費用を確保しました。

 マゲネメス ( Las Incantadas セファルディムのユダヤ人の方言で、キリスト教徒の言う所の「偶像」の意味。 ) パリにある在外ギリシャ人が、2012年内に本来の場所、セサロニキ市の中心に設置させるために、セサロニキに帰ります。そこから、150年前に、パリに向けて立ち去っていたのです。



Σεφαρδίτες:流浪のユダヤ人で、スペイン等に定着していた人々。その後、スペインから迫害されて、ギリシャに住んでいた。


Fichier:Thessaloniki Incantadas Cousinery.jpg - Wikipédia

File:Las Incantadas Louvre Ma1393 side A.jpg - Wikipedia, the free encyclopedia
posted by kyotakaba at 11:15| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月06日

Ημερολόγιο

 Το ημερολόγιο του επόμενου έτους
http://www.argies.gr/2012

 来年のカレンダー
http://www.himekuricalendar.com/year2012
posted by kyotakaba at 17:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 6-6-1

  Συγχρόνως μ' εκυρίευσε και φόβος από την φιλοστοργίαν την οποίαν έτρεφα προς την πτωχήν αίγα μου.




 同時に、戦きが私を捉えた。貧相だった山羊、それを私は育てたのだ、その深い愛情のために起こった戦きだった、それが私を捉えたのだ。
posted by kyotakaba at 15:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 10-2

   Έσκυψε τότε ο Χαρικλής και μου είπε στ' αυτι : " αυτος έρχεται φέρνοντας ' την από ξύλου κλήσιν ' : παράταιρος μου φαίνεται και μάλιστα πιωμένος・ άς πάμε γιατί υπάρχει φόβος τελικά να μας αρχίσει και στο ξύλο ". " Αστειεύεσαι βέβαια ", είπα・ " Και όταν φτάσαμε, ο Θεαγένης πρόσφερε στον Χαρικλή ανάκλιντρο στο πλάι του και, για χάρη του Χαρικλή, έδωσε μιά θέση και σε μένα.




 「すると、ハリクリスさんは、身を屈めて私にこう言ったのです。「今の人は、「これは木からの呼び出し」と叫びながら遣って来ました。私には、錯乱しているようにに思えます。きっと酔っぱらっているのですね。さあ、私たちも行きましょう。仕舞いには、あの人が私たちを木で殴り始める恐れがありますから。」 私は言いました。「貴方は、きっと、お巫山戯なのですね。ですが、さあ行きましょう。」 私たちが着いた時には、テアゲニスはハリクリスさんに、自分の側の寝椅子を勧めていました。ハリクリスさんに便宜を図って、席を呉れたのです。私にもです。」




' την από ξύλου κλήσιν ' は、ヘロドトスの第四巻127−4の文章を踏まえたもの。
ἀμφὶ μὲν μάχῃ τοσαῦτα εἰρήσθω, δεσπότας δὲ ἐμοὺς ἐγὼ Δία τε νομίζω τὸν ἐμὸν πρόγονον καὶ Ἱστίην τὴν Σκυθέων βασίλειαν μούνους εἶναι. σοὶ δὲ ἀντὶ μὲν δώρων γῆς τε καὶ ὕδατος δῶρα πέμψω τοιαῦτα οἷα σοὶ πρέπει ἐλθεῖν, ἀντὶ δὲ τοῦ ὅτι δεσπότης ἔφησας εἶναι ἐμός, κλαίειν λέγω„. τοῦτο ἐστὶ ἡ ἀπὸ Σκυθέων ῥῆσις.



12月8日訂正
「貴方は、きっと、お巫山戯なのですね。ですが、さあ行きましょう。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月05日

波の夢 6-5-2

Δεν εσκέφθην αν ήτον φόβος να με ίδη, και ημιωρθώθην κυρτός πάντοτε, κ επάτησα επί του βράχου, διά να προλάβω και φθάσω πλησίον της κατσίκας.




少女が私を見るかどうかは、私は考えなかった。先回りして、子山羊の側に行こうとして、半分唸りながら身を屈めて岩の上に踏み出した。
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エーゲ海 ハヤブサ大集団 驚きの狩りに迫る

 NHK・BSプレミアム、12月5日放送分は、「エーゲ海 ハヤブサ大集団 驚きの狩りに迫る」。
エレオノラハヤブサのドキュメント。

次回放送[080]ギリシャ エーゲ海 ハヤブサ大集団 驚きの狩りに迫る│ワイルドライフ
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 10-1

   Ακόμα συζητούσαμε γι' αυτα και να που φτάνει καποιος τρέχοντας και " φίλοι μου ", μας λέει, " εσείς σάν να σας είχαν καλέσει σε πόλεμο ή σε μάχη, έτσι καθυστερείτε, κι όχι σάν καλεσμένοι στο γλέντι που ετοιμάζει ο πανέμορφος Θεαγένης και εποπτεύει ο παμμέγιστος ήρωας Νεοπτόλεμος. Εμπρός, ελάτε, μη νυχτωθούμε ώσπου να γίνει το συμπόσιο・ μόνο εσείς λείπετε πιά απ' όλους ".




 「そのことにつて、私たち二人は話し合っていました。すると、或る人が急いで遣って来て、私たちにこう言ったのです。「貴方たち、お二人は、この上もなく美丈夫のテアゲニスが誂えて、この上もなく偉丈夫のネオプトレモスが見守る宴会の客人ではなく、争いか闘いに呼ばれでもしたかのように愚図愚図と遅れておいでです。さあ、いらっしゃいな、饗宴が始まる前に、日に暮れられないように。みんなの中で貴方たち二人だけが欠けているのです。」」




「 παμμέγιστος 」、
Πολύ μεγάλος
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月03日

Greek polytonic

 リンク元に、「mac+ギリシア語+曲アクセント+lion」の検索があったので。

 私は、現代ギリシャ語しか使わないので、システム環境設定の「言語とテキスト」では、Greek しか選んでいません。Greek Polytonic を使用可にすれば、
気息記号、各種のアクセント記号が使えると思います。使用の際には、キーボードビュアーを表示しておけば、入力キーも分かると思います。


追記:
 Greek Polytonic を追加しました。
ἆἂᾶὰάἀἄᾳᾰ
posted by kyotakaba at 11:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月02日

波の夢 6-5-1

Έτρεξα τότε παράφορος να σφίγξω το ρύγχος της με την παλάμην, να μη βελάζη... Την στιγμήν εκείνην ελησμόνησα την κόρην την κολυμβώσαν χάριν αυτής ταύτης της κόρης.




 そうして、私は動転して慌てて、子山羊の鼻を、鳴かないように掌で締めた。…、その時には、あの人のことを忘れていた、あの少女、あの泳いでいた、あの少女のことは忘れていたのだ。



「 εκείνην ελησμόνησα την κόρην την κολυμβώσαν χάριν αυτής ταύτης της κόρης. 」、
εκείνην とτην κόρην 、αυτής、ταύτης、της κόρης は、同じ。
κολυμβώσαν、形容詞化して対格になっている?
χάριν αυτής ταύτης της κόρης、「その娘の利益のために」? ελησμόνησα に対する副詞句ではなくて、
για に使い意味だと考えて、( 副詞句ではあるけど )、目的語のように考えました。「その娘のことは忘れた。」
posted by kyotakaba at 15:46| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月01日

波の夢 6-4-3

− Με ράμνον πολύκλαδον εις το στόμα, ή με σπαρτίον περί το ρύγχος, ή όπως άλλως・ αλλά και αν το ήξευρα πού να το συλλογισθώ!




− 口の中に棘の多い茨を入れるとか、鼻の周りに短い紐を巻くとか、その他のどれも、子羊が鳴くのを止めさせる術を私は知らなかった。




ράμνον いばら
士師記 9章14 :
και ειπαν παντα τα ξυλα τη(ι) ραμνω(ι) δευρο συ βασιλευσον εφ’ ημων


σπαρτίον 短い紐
ヨシュア記 2章18
ιδου ημεις εισπορευομεθα εις μερος της πολεως και θησεις το σημειον το σπαρτιον το κοκκινον τουτο εκδησεις εις την θυριδα δι’ ης κατεβιβασας ημας δι’ αυτης τον δε πατερα σου και την μητερα σου και τους αδελφους σου και παντα τον οικον του πατρος σου συναξεις προς σεαυτην εις την οικιαν σου



συλλογισθώ は、たぶん、conclude の意味。
posted by kyotakaba at 15:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 9-1

   Στα λόγια μου αυτά σώπασε λίγο εκείνος κι ύστερα ≪ την απορία μου ≫, είπε, ≪ πολύ σοφά και πειστικά ξεδιάλυνες・ και μακάρι να ένιωθε κι εκείνη κάποια τον πόθο και τον έρωτα. Τότε δεν θα έλεγα πώς είναι άρρωστη, αλλά πώς βρήκε την υγειά της・ το ξέρεις δά ότι γι' αυτό ζήτησα τη βοήθειά σου. Αλίμονο όμως, κανείς φόβος δεν υπάρχει να πάσχει τώρα από κάτι τέτοιο : αυτή μισεί το γάμο και τον έρωτα・ το βλέπω, είναι όντως βασκαμένη・ και δεν αμφιβάλλω καθόλου ότι εσυ, σάν φίλος μου που είσαι και σε όλα σοφός, θα στέρξεις να γιατρέψεις κι αυτο το κακό ≫. Του υποσχέθηκα ότι, άν της έβρισκα οποιαδήποτε πάθηση, θα βοηθούσα το κατά δύναμιν.




 「私がこのように話すと、少しの間、ハリクリスさんは黙りました。それから言いました。「貴方は、深く納得出来るようにとても巧妙に、私の疑問を解いて下さいました。ハリクレアが熱情や恋を分かってくれればいいのですが。それで、ハリクレアが病気であるとか、健康であるとかを、私は言わなかったのでしょう。そのことについて、私が貴方の助けを求めていること、そのものを貴方は分かっていらっしゃるのです。ああ悲しいことに、ですけれど今は、そのようなことで患う心配は全くないのです。ハリクレアは、結婚や恋をひどく嫌っているのです。あの娘が、実際に、顔を顰めて睨みつけるのを見ているのです。貴方を疑いはしていません、まったくです。貴方は、大変賢明な方で、病んだ所を治療出来ることは自明のことですから。」 どんな病気でもハリクレアに見つけさせすれば、全力を尽くして助けます、と、私はハリクリスさんに約束したのです。」




στέργω = αποδέχομαι
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする