2012年01月31日

波の夢 8-1-1

Η Μοσχούλα έζησε, δεν απέθανε. Σπανίως την είδα έκτοτε, και δεν ηξεύρω τί γίνεται τώρα, οπότε είναι απλή θυγάτηρ της Εύας, όπως όλαι.




 モスフーラは生きていた、死んではいなかった。私は、それ以来、少女をほとんど見ていない。今、少女がどうなっているかも知らない。他の娘たちと同じ様に、イブの純真な娘であるのだろうけれど。
posted by kyotakaba at 16:50| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 16-2

   Χάρηκα ακούγοντας το όνομα του νέου και πρόσταξα να τον οδηγήσουν μέσα πιστεύοντας πώς αυτομάτως μου δόθηκε η αρχή της λύσης που ζητούσα・ γιατί ήμουν βέβαιος ότι, έχοντας ακούσει στο συμπόσιο πώς ήμουν Αιγύπτιος και προφήτης, είχε έλθει για να τον βοηθήσω στον έρωτά του, θύμα του λάθους των πολλών οι οποίοι πιστεύουν ότι η σοφία των Αιγυπτίων είναι μία και μόνη, ενώ υπάρχουν δύο.




「私は、その若者の名前を聞いて嬉しく思いました。そして、女中たちに内に招き入れる様に命じました。私は、何も思わず、私が求めていた答えの糸口が私にもたらされたのだと信じたからなのです。と言うのは、テアゲニスは、宴会で、私がエジプト人で予言者だと聞いていたので、恋愛問題で私があの方を助けるようにやって来た、と言うことだと確信していたのです。そして、テアゲニスも、多くの人が信じている、エジプトの叡智は一つで単独なものだと言う、多く流布している嘘の犠牲者なのは確かだろうと思ったのです。ですが、それは二つあるのです。」
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月30日

波の夢 7-12-3

Ποτέ δεν ησθάνθην τον εαυτόν μου ελαφρότερον ή εφ' όσον εβάσταζον το βάρος εκείνο... Ήμην ο άνθρωπος, όστις κατώρθωσε να συλλάβη με τας χείρας του προς στιγμήν εν όνειρον, το ίδιον όνειρον του...



私がその少女を担いでいる間、軽々となった私自身には、死に瀕することなど全くなかった。…、私は、自分自身の夢の中で、自分の手を上手く掴めたと言う人間だったのだ。





κατορθώνω

όστις:関係代名詞
posted by kyotakaba at 16:11| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 16-1

   Δεν είχε ακόμα καλοξημερώσει όταν χτύπησε η πόρτα και άκουσα κάποιον να φωνάζει " έ, παιδί! ". Κι όταν ο υπηρέτης ρώτησε ποιός ήταν και τί ήθελε, " ανάγγειλε ", είπε ο επισκέπτης, " τον Θεαγένη τον Θεσσαλό ".




 「誰かが戸を叩いて、「おおい、君!」と叫んでいるのが聞こえた時には、まだ、夜はすっかり明けてはいませんでした。女中が、誰なのか何をして欲しいのかと尋ねると、その訪問者は、「教えてくれ、セサロニキのテアゲニスのことを教えてくれ」と言いました。」
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月29日

Μιά Θάλασσα Αποχαιρέτησε το Θόδωρο Αγγελόπουλο 27.1. 2012

Η κηδεία του Θόδωρου Αγγελόπουλου έγινε την Παρασκευή 27.1. 2012 από το Α' Νεκροταφείο Αθηνών.

posted by kyotakaba at 11:52| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月27日

波の夢 7-12-2

Ήτο όνειρον, πλάνη, γοητεία. Και οπόσον διέφερεν από όλας τας ιδιοτελείς περιπτύξεις, από όλας τας λυκοφιλίας και τους κυνέρωτας του κόσμου η εκλεκτή, η αιθέριος εκείνη επαφή! Δεν ήτο βάρος εκείνο, το φορτίον το ευάγκαλον, αλλ' ήτο ανακούφισις και αναψυχή.




それは、心が浮かれる、痺れるような夢だった。利己的な抱擁、打算のある友情、世間にある性愛を求めるもの、そのような全てのものとは、選び抜かれた天上的な、その接触は違っていたのだ。その清い肉体は重さがなく、負荷にはならなかった。私を苦しみを和らげ、楽しくさせるものだった。



διαφέρω
περίπτυξη
λυκοφιλία

το ευάγκαλον 、Το ευάγκαλον σώμα και η ψυχή と言う言い方があるので、類推しました。
posted by kyotakaba at 18:53| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月26日

波の夢 7-12-1

Επί πόσον ακόμη θα το ενθυμούμαι εκείνο το αβρόν, το απαλόν σώμα της αγνής κόρης, το οποίον ησθάνθην ποτέ επάνω μου επ' ολίγα λεπτά της άλλως ανωφελούς ζωής μου!




一体、何れくらいの間、私は、汚れのない少女の、その優雅な柔らかい身体を覚えているだろうか。その少女は、愚にもつかない私の人生のほんの数分の間、私の上で今にも死にそうになっているのだけれど。
posted by kyotakaba at 18:14| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月25日

波の夢 7-11-2

Η καρδία μου ήτο πλήρης αυτοθυσίας και αφιλοκερδείας. Ποτέ δεν θα εζήτουν αμοιβήν!




私の心は、自己犠牲と無私の思いでいっぱいだった。報酬など全く望んでいなかった!
posted by kyotakaba at 15:26| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 15-3

   Χαιρόμουν με την ελπίδα πώς μου είχε δοθεί κάτι απροσδόκητο και με την προσδοκία της επιστροφής μου στην πατρίδα και στενοχωριόμουν με τη σκέψη ότι ο Χαρικλής θα στερούνταν την κόρη του・ αναρωτιόμουν με ποιόν τρόπο θα έπρεπε να πάνω μαζί μου τους νέους και να οργανώσω την αναχώρησή μας・ αγωνιούσα για την απόδραση μήν ξέροντας πώς θα φεύγαμε χωρίς να μας πάρουν είδηση, ποιό δρόμο θα παίρναμε και πώς θα ταξιδεύαμε, διά θαλάσσης ή διά ξηράς, και γενικά βρισκόμουν σε μιά τρικυμία από έγνοιες και βασανιζόμουν άυπνος όλη την υπόλοιπη νύχτα.




 「思いがけないものが私に贈られたと言う希望、それに、故郷に帰れるという期待で、私は喜んだのです。そして、ハリクリスさんは、あの方のご息女を奪われることになると言う考えで、私は、悩んだのです。私が二人の若者と行かなければならなくなるのか、出発を企てなければならなくなるのか、それが不思議に思えたのです。私は逃走について思い悩みました。どの道を通るのか、海や陸をどうのように旅するのか、そういう知識は私たちにもたされることがないまま、どうやって立ち去るのかを知らないのですから、ずっと不安の嵐が起こっていて、残りの夜を眠れずに苦しんだのです。」
posted by kyotakaba at 11:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Θόδωρος Αγγελόπουλος

Πέθανε ο σκηνοθέτης Θόδωρος Αγγελόπουλος

映画監督セオドロス・アンゲロプロス、死亡


スクリーンショット(2012-01-25 13.55.47).gif


posted by kyotakaba at 11:03| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月24日

波の夢 7-11-1

Ησθάνθην ότι προσεκολλάτο το πλάσμα επάνω μου・ ήθελε την ζωήν της・ ω! ας έζη, και ας ήτον ευτυχής. Κανείς ιδιοτελής λογισμός δεν υπήρχε την στιγμήν εκείνην εις το πνεύμα μου.




私の上にくっついている人は今にも死にそうだった。少女は生きたがっていた。ああ! 生きるんだ。運を掴むんだ。その時の私の精神の中には、利己的な思いは何もなかった。
posted by kyotakaba at 15:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 15-2

   ≪ Τα ίδια όπως και πρίν, καλέ μου Κνήμων : αγρυπνία και σκέψεις και έγνοιες που συνήθως φέρνει η νύχτα.




 「前と同じですよ、クニモンさん。夜は、ほとんど寝ないで熟考や心配をする様になりますよ。

1月25日 訂正

 「前と同じですよ、クニモンさん。夜になると、熟考と心配でほとんど寝られませんでした。」
posted by kyotakaba at 11:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月23日

波の夢 7-10-2

Την ετίναξα με σφοδρόν κίνημα, αυθορμήτως, διά να δυνηθή ν' αναπνεύση, την έκαμα να στηριχθή επί της πλάτης μου, και έπλευσα, με την χείρα την δεξιάν και με τους δύο πόδας, έπλευσα ισχυρώς προς την ξηράν. Αι δυνάμεις μου επολλαπλασιάζοντο θαυμασίως.




思わず知らず、少女を激しく揺すぶった。少女が息が出来る様に大きく揺すぶった。私の背中に少女を負って、右の手と二本の足で泳いだ。陸の方へと真直ぐに泳いだ。私の力は、不思議に、倍になっていた。


posted by kyotakaba at 16:08| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 15-1

   ≪ Καλά και αληθινά μου φαίνονται όσα λές και μου τα επιβεβαιώνει το αινιγματικό και γοητευτικό συνάμα της ποίησής του, στοιχεία και τα δύο αιγυπτιακά, και η υπέροχη φύση του・ δεν θα ξεπερνούσε τόσο όλους τους άλλους άν δεν είχε στ' αλήθεια κάποια θεϊκή και δαιμόνια καταγωγή. Τώρα όμως Καλάσιρη, αφού παρουσίασες τους θεούς κατά τον τρόπο του Ομήρου, πές μου τη συνέχεια ≫.




 「ほんとうに、貴方が言われたことの全ては、ホメロスの詩が謎めいていると同時に魅惑的であることを裏付けている様に私には思えます。二つのエジプト文字、それに彼の優れた性質が、その証拠なのですね。神に繋がるそして天才を輩出する家系でないならば、これほど多くの他の詩人を凌駕することはないでしょう。ですけれど、カラシリスさん、ホメロスに倣って神々を指し示した後に、続きを話して下さい。」




στοιχεία και τα δύο αιγυπτιακά, και η υπέροχη φύση του・ の部分、
よく分かりません。
posted by kyotakaba at 15:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月22日

スパムコメント

 また、スパムコメントが頻繁に入りだしました。まあ、その度に削除するだけにしようかと。
posted by kyotakaba at 15:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

波の夢 7-10-1

Καθώς την είχα περιβάλει με τον αριστερόν βραχίονα, μου εφάνη ότι ησθάνθην ασθενή την χιλιαράν πνοήν της εις την παρειάν μου. Είχα φθάσει εγκαίρως, δόξα τω Θεώ!... Εντούτοις δεν παρείχε σημεία ζωής ολοφάνερα...




 私は、左の二の腕で少女を包んでいた。私の頬に蓄えられた息では、弱った少女は今にも死にそうに思われた。私は間に合った。有難いこと!…、けれども、生きているという兆候は、はっきりとはされていなかった…。




βραχίονας

ησθάνθην:
ησ は、同じ、それに、θνηκσω なのだろうか、と思いました。
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月20日

波の夢 7-9-1

Είδα το εύμορφον σώμα να παραδέρνη κάτω, πλησιέστερον εις τον βυθόν του πόντου ή εις τον αφρόν του κύματος, εγγύτερον του θανάτου ή της ζωής・ εβυθίσθην, ήρπασα την κόρην εις τας αγκάλας μου, και ανήλθον.





 私は、うつくしい身体が打ち寄せる波に揺すられて、下の方へ曳かれるのを見た。身体は、海の底へと、あるいは、波の泡へと揺れ動いていた。海の底は死の、波の泡は生の側だった。私は潜って、少女を私の胸に抱いた。そして、離さなかった。




παραδέρνω

εγγύτερος

αρπάζω

α λύνω
解くを否定しているのかと思いました。
posted by kyotakaba at 15:17| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月19日

波の夢 7-8-2

Με τρία στιβαρά πηδήματα και πλευσίματα, εντός ολίγων στιγμών, έφθασα πλησίον της...




私は、三回の強い蹴りと掻きで、僅か一瞬の内に、側に着いた。…
posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 14-4

   ≪ Αλλά για ποιό λόγο, πατερούλη, έκρυβε την πατρίδα του; ≫ ≪ Είτε επειδή ντρεπόταν που ήταν εξόριστος ( έφηβο ακόμα, τον είχε διώξει ο πατέρας του όταν, ενώ κρινόταν για ιερωμένος, αποκαλύφθηκε από το σημάδι πώς ήταν νόθος ), είτε ήταν κι αυτο ένα από τα σοφά τεχνάσματά του : με το να κρύβει την πραγματική πατρίδα του, κατάφερε να έχει όλες τις πόλεις για πατρίδες ≫.




 「お父様、ですけれど、どういう理由で、偉大な詩人は自分の故郷を隠したのでしょうか?」
 「ホメロスは、亡命者であると言うことを恥じていたのです。( ホメロスの父親は、ホメロスを聖職者にと考えていたのですが、私生児である印が明らかにされたので、父親は、まだ幼かったホメロスを追い出したのでした。 ) ですから、亡命者であることを恥じていたのか、人の目を逃れる彼の思慮深い手段だったかの、どちらかなのです。本当の故郷を隠すことで、何処の都市でも、そこを故郷として上手くやって行ったのです。」

posted by kyotakaba at 12:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月18日

波の夢 7-8-1

Απείχον τώρα ολιγώτερον ή πέντε οργυιάς από το μέρος του πόντου, όπου εσχηματίζοντο δίναι και κύκλοι συστρεφόμενοι εις τον αφρόν της θαλάσσης, οι οποίοι θα ήσαν ως μνήμα υγρόν και ακαριαίον διά την ατυχή παιδίσκην τα μονά ίχνη τα οποία αφήνει ποτέ εις την θάλασσαν αγωνιών ανθρώπινον πλάσμα!...



外海からは、もうほとんど離れていなかった、五尋程だった。そこでは、海の泡が回る円が形作られていた。それは、水の墓であったのかもしれなかった。不幸にも即死した少女のための墓、海と言うところには、人間が苦しみに足掻いて残す筈の足跡を一つも残せなかった、少女の墓なのかもしれない!




συστρέφω
posted by kyotakaba at 14:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 14-3

   στον ένα του μηρό είχε μακριές τρίχες, γι' αυτό και άλλα μέρη, και προπάντων κατά τις περιπλανήσεις του στην Ελλάσα, πήρε το όνομα Όμηρος. Ο ίδιος δεν αποκάλυψε ποτέ το όνομά του ούτε και την πατρίδα ή το γένος του・ το όνομα του δόθηκε από αυτούς που γνώριζαν το σημάδι στο σώμα του ≫.




 「片方の腿に、長い毛が生えていたのです。そのために、他所の土地で、とりわけ、ギリシャで放浪した時に、ホメロスと言う名前を得たのです。彼本人は、自分の名前も、自分の出身地、あるいは、家系を明らかにしたことは、全くないのです。彼の名前は、彼の身体の特徴を知っている人々に依って、贈られたのです。」
posted by kyotakaba at 11:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月17日

波の夢 7-7-2

Πάραυτα ανέδυν και ανήλθον εις τον αφρόν του κύματος.




直ぐに、波の泡の上に真直ぐ頭を覗かせた。


αναδύομαι
posted by kyotakaba at 15:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 14-2

   Είναι γνωστό, φίλε μου, ότι το όνομα 'Ομηρος αλλιώς εξηγείται από τον καθένα και κάθε πόλη θεωρείται πατρίδα του σοφού στην πραγματικότητα όμως ήταν από δώ, Αιγύπτιος, γεννημένος " εις Θήβας Αιγυπτίας " που, όπως λέει ο ίδιος, " εκατόμπυλοι εισί ". Ο πατέρας του, κατά τα λεγόμενα του κόσμου, ήταν ιερέας, στην πραγματικότητα όμως ήταν ο Ερμής, ο δε υποτιθέμενος πατέρας του ποιητή ήταν ιερέας του Ερμή. Με τη γυναίκα του ιερέα αυτου πλάγιασε ο Ερμής μιά νύχτα που εκείνη κοιμόταν στο ναό τελώντας μιά πατροπαράδοτη γιορτή και έκαμε τον Όμηρο που είχε εκ γενετής ένα σημάδι ως σύμβολο της ένωσης μεταξύ ανομοίων :




 「君、色々な人が、それぞれ異なったふうに、ホメロスの名前を説明していること、それぞれの都市がこの賢者の故郷であると考えられていることは、知られていることです。だけれども、実際のところは、私の見るところ、エジプト人なのです。「エジプトのテーベ」生まれなのです。彼自身が「百の門」と言っています。ホメロスの父は、世界での呼び方に従えば、司祭であったのですけれど、実のところは、ヘルメスなのです。ですが、この詩人の仮に定められた父は、ヘルメスに仕える司祭だったのです。ある夜、ヘルメスは、この司祭の妻の側に身を横たえたのです。妻は、神殿に寝ていたのです。そして、父親譲りの息子が生まれたと言う訳なのです。ですから、ホメロスには、まるで似ていない人々の中で、父に結びつけられるようなある印を、生まれながらに持つようになったのです。」




「 εκατόμπυλοι 」、
よく分からないのですが、εκατό πυλή と思いました。
イリアスにあるのかもしれませんが、探せませんでした。

「 υποτιθέμενος 」、
υπο+τιθέμαι
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月16日

-24 βαθμούς στη Φλώρινα

 1月16日付け、in.gr 記事から、

Πολικές θερμοκρασίες σε πολλές περιοχές της χώρας, -24 βαθμούς στη Φλώρινα

多くの地区で、極地の気温。フローリナでは、マイナス24℃。


Φλώρινα は、マケドニアとの国境に近い、北部の町。





posted by kyotakaba at 21:52| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 7-7-1

Το βάθος του νερού ήτον υπέρ τα δύο αναστήματα. Έφθασα σχεδόν εις τον πυθμένα, ο οποίος ήτο αμμόστρωτος, ελεύθερος βράχων και πετρών, και δεν ήτο φόβος να κτυπήσω.




水の深さは、身の丈の二倍より深かった。やっと底に着いてみると、砂に浸食されて、巌や石の心配はなかった。ぶつける恐れもなかった。
posted by kyotakaba at 15:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 14-1

   ≪ Σε θεϊκά μυστήρια με μύησες, θαυμαστέ μου Καλάσιρη ≫, είπε ο Κνήμων. ≪ Πολλές φορές όμως αποκάλεσες τον Όμηρο Αιγύπτιο κι αυτο κανείς στον κόσμο δεν το άκουσε ώς σήμερα・ δεν έχω λόγους να μην το πιστέψω, αλλά επειδή με βάζει σε απορίες, σε ικετεύω να μου το εξηγήσεις με περισσότερη ακρίβεια ≫. ≪ Τέτοιου είδους αναλύσεις, Κνήμων, είναι έξω από το θέμα μας・ παρ' όλ' αυτά θα σου το εξηγήσω εν συντομία.




 クニモンは言いました。「入信の儀式の神秘に見惚れられたのですね、カラシリスさん。何度も、貴方は、ホメロスをエジプト人と言われています。今日まで、世間の人たちの中に、誰もそのようなことを伝え聞いた人はいません。そう信じない理由を私は持ってはいません。ですけれど、そう言われる貴方に、私は、戸惑っています。どうか、もっと詳しく説明して下さい。」「クニモンさん、貴方がそのような事柄に関連させて解釈されるのは、私たちの話題とは別のことですよ。それでもやはり、手短に説明しましょう。」




θαυμαστέ、
語尾のイプシロンにトノスが来ているのは?
posted by kyotakaba at 13:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

Τα κορίτσια της βροχής

 『 Τα κορίτσια της βροχής / 雨の中の少女たち 』

 1970年代、ギリシャは、軍事独裁政権下だったのですけれど、当時、まだ少女であったのに、投獄され拷問受けた女性たちの告白をドキュメントした映画。
 Αλίντα Δημητρίου 監督。

Cine.gr - Τανίες Τα Κορίτσια της Βροχής

Ta koritsia tis vrohis (2012) - IMDb




posted by kyotakaba at 16:56| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 7-6-3

Πάραυτα, όπως ήμην, ερρίφθην είς την θάλασσαν, πηδήσας με την κεφαλήν κάτω, από το ύψος του βράχου.




直ぐに、私は、岩の頂きから、頭を下にして飛び出して、海に身を投じた。




Πάραυτα:
αμέσως


ερρίφθην:ρίχνω
Psalms 22-10
Επί σε ερρίφθην εκ μήτρας・ εκ κοιλίας της μητρός μου συ είσαι ο Θεός μου.

φράσης του Ιουλίου Καίσαρα:
ἐρρίφθω κύβος



πηδήσας:
πηδώ たぶん、分詞になっているのだと思います。




όπως ήμην と言う挿入句、分かりません。
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする