2012年02月23日

Πρόσκαιρη άνοιξη

 2月23日付け、 in.gr の記事の見出し:

Πρόσκαιρη άνοιξη και βροχές την Καθαρά Δευτέρα προβλέπουν οι μετεωρολόγοι

一時的な春の後、カサラ・デフテーラ ( 大斎の第一月曜日 ) には雨と、気象官は予報する。


今年のカサラ・デフテーラは、2月27日。
posted by kyotakaba at 23:14| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 19-4

   Η Χαρίκλεια δεν μίλησε, αλλά ένεψε ναί με το κεφάλι σάν να περίμενε με ευχαρίστηση τις συμβουλές που ήταν να της δώσω. Μ' αυτά και μ' αυτά χωριστήκαμε αφού προηγουμένως ο Χαρικλής μου θύμισε την προηγούμενη παράκλησή του να μεταχειριστώ κάθε δυνατό μέσο για να εμπνεύσω στη Χαρίκλεια κάποια έφεση για γάμο και για έρωτα. Τον έδιωξα ανακουφισμένο αφού του υποσχέθηκα πώς σύντομα θα ικανοποιούσα την επιθυμία του ≫.




 「ハリクレアは話しませんでした。けれど、頭で頷いて肯ったのです。ハリクレアは、私が与える助言を、心待ちに待っているようかのようでした。それまでに、ハリクリスさんが前に頼んでいたこと、ハリクレアに結婚と恋愛への意欲を吹き込む、あらゆる可能性のある方法を施すようにと言うことですが、それを私に思い出させたので、私とハリクリスさんは、それはそれ、これはこれ、と分けたのです。私は、ハリクリスさんに、直ぐにあの方の願いに応えますと約束して、安心したハリクリスさんを追い出したのです。」



νεύω

μεταχειρίζομαι :
イポタティキ−・アオリスト:να μεταχειριστώ




第三巻 終わり
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月22日

エティオピア物語 第三巻 19-3

   Μην ανησυχείς όμως・ έχω καλέσει τον σοφό Κλάσιρη από δώ για να σε γιάνει. Είναι άνθρωπος ικανός και, ώς προφήτης, κατέχει καλύτερα από κάθε αλλον τη θειά τέχνη・ από παιδί έχει αφιερωθεί στα ιερά μυστήρια και, το σπουδαιότερο, είναι πολύ αγαπητός μου φίλος・ ώστε θα έκανες καλά να τον δεχτείς και πρόθυμα να αφεθείς στις επωδές του είτε σε όποια άλλη θεραπεία θέλει να εφαρμόσει・ άλλωστε δεν σου είναι κάτι ξένο η συναναστροφή με τους λογίους ".




 「「けれども、心配しないでいいんだよ。ほらここに、お前を治療するために、賢者カラシリスさんをもう呼んでいるんだよ。カラシリスさんは、予言者として、有能な方なのだよ。それぞれの神の御業について、とても良くご存知なのだ。子供の時分から、神聖な密事に専念しておられるのだよ。何より重要なことは、私のとても親しい友人であると言うことなのだ。だから、あの方の言う通りにして、呪術にしろ、あの方が施そうとする他の治療にしても、されるままにしなさい。そうすればきっと良くなりますよ。それに、学者との交際は、お前に取って、関係のないことではないのだよ。」」




θα έκανες:
θα+ パラタティコス=可能法
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月21日

エティオピア物語 第三巻 19-2

   Την αγκάλιασε ο Χαρικλής και τη γέμισε χίλια φιλιά και χάδια : " Κορούλα μου ", της έλεγε, " παιδί μου, σε μένα, τον πατέρα σου, δεν λές τί έχεις; Είσαι ματιασμένη και σωπαίνεις σάν να έχεις πράξει το άδικο, ενώ εσύ έχεις αδικηθεί από το κακό μάτι;




 「ハリクリスさんはハリクレアを抱きしめました。それから、千の口づけと愛撫をハリクレアの身体中にしました。あの方は娘に言いました。「私の小さな娘、私の子供、私に、お前のお父さんに、何があったのかを言わないのかい? お前は、まるで過ちをしてしまったかの様に、じっと目を見張り黙ったままでいるけれど、お前は、邪悪な目にひどい仕打ちをされたのかい?」」



κορούλα:
μικρή κόρη

πράττω

αδικώ
posted by kyotakaba at 12:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月20日

エティオピア物語 第三巻 19-1

   Όταν λοιπόν βρεθήκαμε κοντά στη Χαρίκλεια … αλλά γιατί να τα πολυλογώ; Είχε τελείως υποδουλωθεί στο πάθος・ τα ρόδα είχαν φύγει από τα μάγουλά της και η φλόγα των ματιών της είχε σβήσει από τα δάκρυα που έτρεχαν ποτάμι. Όταν μας είδε, προσπάθησε να συγκρατηθεί και πίεσε τον εαυτό της να επανέλθει στην κανονική της όψη και ομιλία.



 「そして、私たちがハリクレアの近くにいた時に、…、けれど、こんな無駄話を私はどうしてするのでしょう? …、ハリクレアは完全に苦しみに捉えられていました。薔薇色はあの娘の頬から去っていました。瞳の輝きは、流れる河のような涙で消えていました。ハリクレアは私たちを見ると、感情を抑えようとして、自分自身に、無理に、普段の外観と話し方を繰り返したのです。」
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月18日

世界ふれあい街歩き

 NHK BS プレミアム『世界ふれあい街歩き』、
2月23日放送予定、
ミコノス、永作博美 語り。
3月1日放送予定、
コルフ、八嶋智人 語り。
posted by kyotakaba at 11:02| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ギリシア正教 東方の智

 『ギリシア正教 東方の智』
久松英二
講談社選書メチエ  2012年2月刊
ギリシア正教 東方の智 久松英二 講談社


久松英二:
東方キリスト教神秘思想
posted by kyotakaba at 10:48| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Εχει ανάψει κόκκινο στην επισκευή των φαναριών

 2月17日付け、カセメリニ web版記事の見出し。


Εχει ανάψει κόκκινο στην επισκευή των φαναριών

信号機の修理に、「赤」が点灯

度重なるストライキで、相当数の道路の信号機が壊れているのですが、とても修理が出来ないそう。
posted by kyotakaba at 08:52| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月17日

Κλοπή δεκάδων εκθεμάτων από το μουσείο αρχαίας Ολυμπίας

 2月17日付け、カセメリニweb 版記事、


Κλοπή δεκάδων εκθεμάτων από το μουσείο αρχαίας Ολυμπίας

古代オリンピア博物館から、数十の展示品の盗難。

 50から60の品が盗まれたそう。
posted by kyotakaba at 18:02| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 18-4

   " Πρός το παρόν άς πάμε κοντά της ", είπα, " να την εξετάσουμε πιό προσεκτικά και να την παρηγορήσουμε όσο είναι δυνατό. Θα ήθελα επίσης, Χαρικλή, να πείς στην κόρη σου δυό καλά λόγια για μένα για να την προδιαθέσεις να με εμπιστευτεί・ άν με νιώθει ώς άνθρωπο του σπιτιού, θα αφεθεί με μεγαλύτερο θάρρος στη θεραπεία μου ". " Πολύ ευχαρίστως", είπε, " αλλ' άς πάμε".




 「私は言いました。「取り合えず、ハリクレアの側に行きましょう。そして、あの娘を慎重に注意して調べましょう。そして、出来る限り、慰めましょう。それから、ハリクリスさん、私の為に、貴方の娘さんに二つの良い言葉を言って、ハリクレアを私を信頼しやすくして欲しいのです。ハリクレアが私を身内の人間だと思うようでしたら、私の治療に随分の自信が持てるでしょう。」 ハリクリスさんは言いました。「大変有り難うございます。それでは、行きましょう。」」
posted by kyotakaba at 12:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月16日

エティオピア物語 第三巻 18-3

   Ώστε, άν δεν το έχεις κάμει πρίν, πήγαινε τώρα και διώξε το κακό, δώσε της γιατρειά・ κάν το γιά μένα, για τη φιλία που μάς δένει, και συνάμα θα κάμεις έργο ευσεβές・ το ξέρω πώς, άν θέλεις, δεν σου είναι καθόλου δύσκολο να γιατρέψεις αυτό που εσύ ο ίδιος ονόμασες βασκανία・ ακόμα και τα πιό δύσκολα δεν είναι αδύνατα για τους προφήτες ". Παραδέχτηκα την αμέλειά μου και, κάνοντας τον μάγο και σε κείνον, του ζήτησα μιά μέρα προθεσμία γιατί έπρεπε να συνδυάσω κάτι για τη θεραπεία.




 「「それなものですから、貴方がこれまでに何もしておられないのでしたら、今、行って、禍いを追い出して下さい。ハリクレアに、治療を施して下さい。或は、私の為、私たちを結びつけている友情の為に、そうして下さい。それと同時に、貴方は敬虔な務めをされるでしょう。貴方がそうしようと望まれるのなら、貴方ご自身が邪視と名付けられている、あれを治療されるのは、貴方にとってはすこしも難しいものではないと言うことを、私は知っています。それよりなにより、予言者たちにとって、それが極めて難しいと言うのはありそうもないことです。」 私は自分の怠慢を認めました。そして、あの方に呪文を掛けて、治療の為にあることを考えなければいけないからと言って、もう一日の猶予を求めたのです。」




ευσεβής:
形容詞、-ής 語尾、男性形、女性形は、-ής。
中性形は、-ές
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビザンツ貴族と皇帝政権 ― コムネノス朝支配体制の成立過程

 『ビザンツ貴族と皇帝政権 ― コムネノス朝支配体制の成立過程』
根津由喜夫
世界思想社  2012年1月刊

世界思想社|ビザンツ貴族と皇帝政権 ― コムネノス朝支配体制の成立過程

根津由喜夫 1961年生まれ、西洋史、専攻:ビザンツ帝国史。



『メノン』光文社 古典新訳文庫
渡辺邦夫
メノン プラトン、渡辺邦夫/訳 | 古典新訳文庫 | 光文社
posted by kyotakaba at 11:37| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ερωτόκριτος

 ブログ『ギリシャへ ギリシャから』に、中世の叙事詩『 Ερωτόκριτος 』が紹介されていました。私は、もちろん知らなかったのですが、とても面白そうです。
300年 - ギリシャへ そして ギリシャから From Greece & To Greece

 17世紀に、クレタの詩人 Βιτσέντζος Κορνάρος ( 1553頃 – 1613頃 ) によって書かれた、恋愛叙事詩だそうです。アテネの王、ヘラクレスの娘アレトゥーサ Αρέθουσα と、市民の青年Ερωτόκριτος との恋なのだそうです。

 ウィキソースに、原文:
Ερωτόκριτος - Βικιθήκη




 それから、同じ記事に、民衆画の画家、Θεόφιλος Κεφαλάς - Χατζημιχαήλ も紹介されていました。1870年頃生まれ、1934年没の人。



posted by kyotakaba at 09:11| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月15日

エティオピア物語 第三巻 18-2

   Τον πλησίασα και τον ρώτησα γιατί είναι συλλογισμένος και σκυθρωπός. Κι εκείνος " και πώς να μήν είμαι ", μου λέει, " με τόσο κακά όνειρα που είδα και αφού έμαθα ότι η κόρη μου χειροτέρεψε και πέρασε όλη τη νύχτα άυπνη; Πάντα στενοχωριέμαι όταν δεν είναι καλά, αλλά πολύ περισσότερο λυπάμαι τώρα γιατί αύριο είναι η μέρα των αγώνων κατά την οποία το έθιμο επιβάλλει να τείνει η ιέρεια τους δαυλούς στους δρομείς και η ίδια να απονέμει τα βραβεία・ αναγκαστικά λοιπόν θα γίνει ένα από τα δύο : ή θα απουσιάσει σπάζοντας την παράδοση ή θέλοντας και μή θα πάει στη γιορτή με κίνδυνο να χειροτερέψει.




 「私はハリクリスさんに近付きました。そして、あの方が考え込んでいて不機嫌な顔をしている理由を尋ねたのです。ハリクリスさんは私にこう言いました。「とても悪い夢を見たのですが、それで、私の娘が、今よりももっと悪くなることが分かったのです。それで、一晩中、眠れずにいると言うのに、どうして、不機嫌な顔をせずにいられるでしょうか。上手くいっていない時は、いつでも心配しています。ですが、今は、特に悲しいのです。と言うのは、明日は競技大会の日なのです。その日には、習慣で、巫女は道で松明を掲げるか、または、賞を授けるのです。それで、その二つの内のどちらか一つに必ずなるのです。ところが、ハリクレアは欠席して伝統を壊しそうなのです、より悪くなる恐れがあって祭りに行かないと望んでいて、行きそうもないからなのです。」」
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月14日

エティオピア物語 第三巻 18-1

   Ακόμα συνέχιζε να με παρακαλεί και να μου τάζει για αντάλλαγμα όλη την περιουσία του όταν έφτασε κάποιος από μέρους του Χαρικλή λέγοντας " σε παρακαλεί ο Χαρικλής να πάς να τον συναντήσεις・ βρίσκεται εδώ κοντά, στο ναό του Απόλλωνα, και αναπέμπει ύμνο στο θεό γιατί κάτι τον τάραξε στον ύπνο του ". Σηκώνομαι στη στιγμή, αποχαιρετώ τον Θεαγένη και τρέχω στο ναό όπου βρίσκω τον Χαρικλή να κάθεται σ' ένα θώκο καταλυπημένος και στενάζοντας ασταμάτητα.




 「ですが、テアゲニスは、更に、あの方の財産全てと引き換えに私に約束する様に懇願を続けたのです。その時に、ハリクリスさんの所から来た誰かがこう言ったのです。「ハリクリス様が、貴方様に会いに来て下さいと言うことです。何かがハリクリス様の就寝中に心を乱せさせたものですから、アポロの神殿の近くに居て、神に讃歌を上げていますから、と言うことです。」 直ぐに、私は立ち上がりました。テアゲニスにいとまを言って、神殿に急ぎました。そこで、私は、ハリクリスさんが特別の席に座って、ひどく悲しまれているて、ずっと呻いていられるのを見たのです。」




αναπέμπω:
1. στέλνω προς τα πάνω, αναδίνω οσμή ή ατμό
2. κάνω δέηση


ταράσσω



θώκος:
ιδιαίτερο κάθισμα, έδρα σε θέση που εξέχει

καταλυπημένος:
καταλυπώ:
λυπώ κάποιον ή κάτι πάρα πολύ, προκαλώ πάρα πολύ μεγάλη λύπη, καταθλίβω, πληγώνω κάποιον βαθιά.
posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月13日

エティオピア物語 第三巻 17-5

   Κι εγώ προσπαθούσα να τον ενθαρρύνω και " μην ανησυχείς ", του έλεγα, " αφού προσέφυγες σε μένα・ δεν θα αποδειχθεί εκείνη πιό δυνατή από τη σοφία μου. Είναι βέβαια αυστηρή και δύσκολα θα νικηθεί στη μάχη με τον έρωτα : περιφρονεί το γάμο και δεν θέλει ούτε το όνομα ν' ακούσει της Αφροδίτης・ για σένα όμως αξίζει να κάμω τα πάντα・ η τέχνη και τη φύση ξέρει να νικάει・ μόνο να είσαι χαρούμενος και υπάκουος σε όσα σου λέω να κάνεις ". Υποσχέθηκε να ακολουθήσει όλες τις υποδείξεις μου, ακόμα κι άν τον πρόσταζα να βαδίσει πάνω σε ξίφη.




「それで、私は、テアゲニスを励まそうとしたのです。あの方にこう言いました。「心配をしないように。ハリクレアは、必ずしも、私の智慧よりももっと強力と言うことはないだろうと思って、貴方は私に助けを求められたのですから。確かに、恋の戦いに打ち勝つのは厳しくて難しいものです。ハリクレアは結婚を軽蔑していて、アフロディーテは、その名前さえ聞きたがりません。けれども、貴方の為に、私があらゆることを試す価値はあるのです。技巧と言うものは、本来、打ち勝つことを知っているのです。貴方は、ただ、朗らかにして、私が貴方にする様に言うことを何もかもに、素直に従うのです。」 テアゲニスは、私の助言全てに従うことを約束しました。私が剣の上を歩めと命じたとしても、従うと約束したのです。」




17時15分 訂正
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月11日

現代ギリシャ詩集

 東千尋 『現代ギリシャ詩集』
土曜美術出版社  2011年11月刊
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Greece-Japan.com

 Greece-Japan.com の日本語版が昨年末に開設されていました。

 …、、、知らなかった。

 Greece-Japan.com も、新しくなっていました。古いサイト http://www.greece-japan.com/index.htm もそのままあります、と言うか、英語版なので、そのままあります。
 日本語版は、
http://www.greecejapan.com/jp/
Greecejapan.com/jp | GreeceJapan.com in Japanese

 アンゲロプロスの記念公園がピレウスに出来るとか、フジテレビが、ミコノスを紹介する3時間の番組を制作、とかのニュースがありました。
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

波の夢 8-4-1

   Και τώρα, όταν ενθυμούμαι το κοντόν εκείνο σχοινίον, από το όποιον εσχοινιάσθη κ' επνίγη η Μοσχούλα, η κατσίκα μου, και αναλογίζωμαι το άλλο σχοινίον της παραβολής, με το οποιον είναι δεμένος ο σκύλος εις την αυλήν του αφέντη του, διαπορώ μέσα μου αν τα δύο δεν είχαν μεγάλην συγγένειαν, και αν δεν ήσαν ως “σχοίνισμα κληρονομίας” δι' εμέ, όπως η Γραφή λέγει.
Ω ας ήμην ακόμη βοσκός εις τα όρη!..."





 そして今、私の子山羊、モスフーラを苦しませ終に絞め殺してしまった、あの短い紐を思い出すと、私は、自分の飼い主の庭に紐で括り付けられている犬の譬え話の、その紐のことを考えてしまう。その二つには強い関係があるのか、あるいは、聖書が言う通りに、私のために「引き継がされた悲しみ」であるのか、そのどちらであるのか、私は、結論を出せないままでいる。
 ああ、もし、まだ、山の羊飼いのままだったら、、




終わり


 σχοίνισμα が使ってある例:

ΣΟΦΟΝΙΑΣ
( Sophonias (Greek: Σοφονίας; 13th–14th century) was a Byzantine monk who wrote commentaries or paraphrases of the works of Aristotle including De Anima, Sophistici Elenchi, Prior Analytics, and the Parva Naturalia,[1] which are still extant. )

Κεφάλαιον Β'
5.
οὐαὶ οἱ κατοικοῦντες τὸ σχοίνισμα τῆς θαλάσσης, πάροικοι Κρητῶν・ λόγος Κυρίου ἐφ᾿ ὑμᾶς, Χαναὰν γῆ ἀλλοφύλων, καὶ ἀπολῶ ὑμᾶς ἐκ κατοικίας.

Woe unto the inhabitants of the sea coast, the nation of the Cherethites! the word of the LORD is against you; O Canaan, the land of the Philistines, I will even destroy thee, that there shall be no inhabitant.
posted by kyotakaba at 11:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月10日

波の夢 8-3-2

Διά την σωτηρίαν της ψυχής μου ήρκουν τα ολίγα εκείνα κολλυβογράμματα, τα όποια αυτός με είχε διδάξει, και μάλιστα ήσαν και πολλά!...



魂の救済に最小限必要な知識も、私には殆どなかった。それを教えてくれたのは老人だ。それは、本当に沢山のものだった! …。




κολλυβογράμματα:
οι στοιχειώδεις πρακτικές γνώσεις
posted by kyotakaba at 16:12| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 17-4

   Γιατί, όπως υποστήριζε με όρκους, ποτέ ώς τότε δεν είχε πλησιάσει γυναίκα・ πάντα ένιωθε περιφρόνηση για όλες και για το γάμο τον ίδιο και τους έρωτες, άν τύχαινε να τους ακούσει από κάποιον, ώς τη στιγμή που η ομορφιά της Χαρίκλειας του απέδειξε ότι δεν ήταν από τη φύση του άτρωτος, αλλά δεν είχε δεί ποτέ στο παρελθόν αξιαγάπητη γυναίκα. Και λέγοντας αυτά έχυνε δάκρυα σάν να του ήταν βαρύ να ομολογεί ότι νικήθηκε από μιά κοπέλα.




 「そのように愛に苦しむ理由ですが、テアゲニスは、誓いに掛けてこのように主張したのです。その時まで、女性に近付くことは全くなかったと言うことなのです。そして、女性全てに対していつも軽蔑を感じていて、それに、誰かから、結婚と言うことを聞いた場合には、結婚についても恋愛についても、やはり、軽蔑を感じていたと言うのです。ところが、軽蔑を感じていたのは、ハリクレアの美しさが、テアゲニスはその性質からして不死ではないと言うことを、テアゲニスにはっきりと分からせた、その瞬間までだったのです。とは言っても、テアゲニスは、その瞬間以前には、愛すべき女性に会ったことがなかったのです。このようなことを話しながら、テアゲニスは、少女に打ち負かされたことを認めるのが、如何にも苦しいことであるかの様に、涙を流したのです。」
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月09日

波の夢 8-3-1

Ορθώς έλεγεν ο γηραιός Σισώης ότι “αν ήθελαν να με κάνουν καλόγερον, δεν έπρεπε να με στείλουν έξω από το μοναστήρι...”.




 シソイス老人は、「司祭になりたいのなら、修道院から外に私を送り出すべきではない。」と明言していた。
posted by kyotakaba at 15:33| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 17-3

   Κι επειδή εγώ τον εμπόδισα, ήλθε κοντά μου κι άρχισε να μου φιλάει το κεφάλι ευχαριστώντας τους θεούς που δεν διέψευσαν, καθώς έλεγε, τις προσδοκίες του και παρακαλώντας με να τον σώσω・ γιατί ήταν χαμένος, έλεγε, άν δεν τον βοηθούσα, και μάλιστα το γρηγορότερο, τόσο μεγάλο ήταν το κακό που τον είχε χτυπήσει και τόσο φλεγόταν από πόθο πρώτη φορά γνωρίζοντας τον έρωτα.




 「それで、私はあの方が倒れない様にすると、テアゲニスは私の側に来て、予言を言った通りに、見落とすことのない神々に感謝をしながら、私の頭に口づけを始めたのです。そうして、私に、自分を助ける様に懇願したのです。あの方が言うには、もし、私があの方を助けないならば、絶望的になり、確実に、直ぐさま、あの方を打ち拉ぐ不運はあまりに大きくなって、愛を初めて知ったのだから、切望の炎でもっと焼かれるのだから、と言うことでした。」
posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

波の夢 8-2-2

Τάχα η μοναδική εκείνη περίστασις, η ονειρώδης εκείνη ανάμνησις της λουομένης κόρης, μ έκαμε να μη γίνω κληρικός; Φευ! ακριβώς η ανάμνησις εκείνη έπρεπε να με κάμη να γίνω μοναχός.




四周を囲まれた修道院にあっても、水浴びをする少女の夢のような思い出は、私を司祭にはさせなかった。ああ! 本当に、あの思い出は、私を修道士にさせるべきだった。




περίστασις:
το να στέκεται κανείς σε κύκλο γύρω από κάτι, να περιβάλλει κάτι
posted by kyotakaba at 16:27| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 17-2

   Τον κοίταξα λοιπόν εύθυμα και " άν και εσύ διστάζεις να το πείς ", του είπα, " τίποτε δεν είναι άγνωστο στη δική μου σοφία και στους θεούς ". Ύστερα έμεινα για λίγο σιωπηλός και, αφού έπαιξα με τα δάχτυλά μου κάποιες ψηφίδες που δεν σήμαιναν τίποτε, τίναξα τα μαλλιά μου μιμούμενος τους μάγους και " γιέ μου ", του είπε, " είσαι ερωτευμένος ". Τινάχτηκε πάνω ακούγοντας το μάντεμα και, όταν εγώ πρόσθεσα " με τη Χαρίκλεια ", λίγο ακόμα και θα έπεφτε στα γόνατα μπροστά μου νομίζοντας πώς οι θεοί μιλάνε το στόμα μου.




 「それで、私は楽し気にテアゲニスを見つめて言ったのです。「もしも、貴方が話すのを躊躇うようでしたら、私の智慧でも神々でも何も分かりませんよ。」 そうして、少しの間、私は黙していました。そして、自分の指で幾つかの石を弄んでから、石は何の意味もなかったのですけれど、魔術師の真似をした髪を振り乱して言ったのです。「我が息子よ、汝は、恋をしておる。」 テアゲニスは予言の言葉を聞いて震えました。そして、私が直ぐに「ハリクレアと」と言葉を付け足すと、テアゲニスは、神々が私の口を通して話していると考えて、膝から地に落ちそうでした。」
posted by kyotakaba at 11:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

波の夢 8-2-1

Κ' εγώ έμαθα γράμματα, εξ ευνοίας και ελέους των καλογήρων, κ' έγινα δικηγόρος... Αφού επέρασα από δύο ιερατικάς σχολάς, ήτον επόμενον!




 それから、修道士の好意と慈悲のお陰で、私は文字を学んだ。…、私が弁護士になったのは、二つの神学校を卒業すると直ぐにだった。
posted by kyotakaba at 15:42| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 17-1

   Μπήκε λοιπόν ο Θεαγένης και, αφού αγκαλιαστήκαμε, τον έβαλα να καθίσει πλάι μου στο κρεβάτι και τον ρώτησα " ποιά ανάγκη σε φέρνει σε μένα τόσο πρωί; " Κι εκείνος έμεινε για ώρα να χαϊδεύει το πρόσωπό του κι ύστερα είπε " αγωνιώ για όλα, αλλά ντρέπομαι να σου φανερώσω το λόγο "・ και σώπασε. Σκέφτηκα τότε ότι ήταν η κατάλληλη στιγμή να παραστήσω τον μάγο και να κάμω τάχα πώς μαντεύω όσα ήξερα.




 「そうして、テアゲニスは入って来たのです。お互いが抱擁すると直ぐに、私は、テアゲニスを寝台の私の側に座らせました。そして、尋ねたのです。「どんな逼迫したことが、このような朝早くに、貴方を私のところに来させたのでしょうか?」 テアゲニスは、一時間の間、自分の顔を撫で回していました。それから、話したのです。「何もかもに私は苦しんでいます。ですけれど、言葉に表して貴方に聞いて頂くのは、恥ずかしいのです。」 そして、テアゲニスは黙りました。その時、私は、私が魔術師のふりをして、私が知っていることを言って予言をした様に見せかけをするのが、時宜に適っていると考えたのです。」




παριστάνω
υποτακτική αόριστος :
να παράστησω


τάχα :
δήθεν, φαινομενικά
posted by kyotakaba at 13:39| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月06日

波の夢 8-1-3

περιεπλάκη κακά εις το σχοινίον, με το οποίον την είχα δεμένη, και επνίγη!... Μετρίως ελυπήθην, και την έκαμα θυσίαν προς χάριν της.




不運にも、紐で絡み付けられた子山羊。その紐は、私が結び付けたのだった。それが、絞め殺したのだ! …、兎にも角にも、私は悲しかった。けれど、少女の為の犠牲にしたのだ。




περιπλέκω : twine
posted by kyotakaba at 15:46| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 16-5

   χάρη σ' αυτην κι εγώ έφυγα εγκαίρως από τη γενέτειρά μου, για ν' αποφύγω, όπως και πρίν σου είπα, όσα μου είχε προφητέψει για τη μάχη ανάμεσα στα παιδιά μου. Όλ' αυτά βέβαια τα εναποθέτω στις μοίρες και στους άλλους θεούς που μόνοι διαφεντεύουν τι είναι να γίνει και τι να μή γίνει・ κι εκείνοι ― τώρα πιά αυτό πιστεύω ― δεν μου επέβαλαν να φύγω από την πατρίδα μου για το λόγο που νόμιζα, αλλά για να βρώ τη Χαρίκλεια・ το πώς θα σου το δείξει η συνέχεια.




 「その叡智の恩恵で、私は母国を最善の機会で去ることが出来たのです。と言うのはですね、前にも貴方に述べた様に、私の子供たちの間に起こる争いを予言されていましたから、それを避けるためだったのです。運命や、何が起こり何が起こらないかを、それぞれ単独で決めることが出来る神々について、私は、予言されたことは、思っている通り現実になることは、確実だと思っていました。神々は、私が考えていた理由のために、私を故郷から追いやったのではなくて、私がハリクレアを探し出すために、出国を強いたのです。今では、私はそう信じています。この続きをお話ししましょう。」




εναποθέτω:
1.αποθέτω κάτι κάπου, αποθηκεύω, συγκεντρώνω
2. αναμένω από άλλον την εκπλήρωση προσδοκίας

διαφεντεύω:
υπερασπίζομαι κάποιον / κυβερνώ, εξουσιάζω, διοικώ

Όλ' αυτά βέβαια:
これで副詞句なのだと思います。
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月03日

エティオピア物語 第三巻 16-4

   Η άλλη, γιέ μου, η αληθινή σοφία, της οποίας η κίβδηλη έχει καταχραστεί το όνομα, εκείνη που εμείς οι ιερείς και το γένος των προφητών από νέοι ασκούμε, έχει το βλέμμα στραμμένο πρός τα άνω, πρός τα ουράνια, συναναστρέφεται τους θεούς και μετέχει της φύσεως των αθανάτων・ την πρόγνωση του μέλλοντας την κατορθώνει μελετώντας την κίνηση των άστρων・ στέκεται μακριά από τα γήινα και όλες οι ενασχολήσεις της είναι για το καλό και το ωφέλιμο στους ανθρώπους・




 「若い人よ、もう一つは本物の叡智なのです。それを、人々に対して偽物がその名前を不正に使用しているのですけれど、その叡智とは、私たち聖職者や予言者の家系にあるものが、若い時から働かせているものなのです。それは、視線を上の方へ空の方へ振り向けて、神々と交わるようになり、不死の性質を分ち持つ様にさせるのです。その叡智とは、星々の動きを学んで、未来の予測を成すものなのです。星々は、地上から遠く離れたところにあって、その星のすることと言うのは、すべて、善いことであって、人間の利益になるものなのです。」




καταχρώμαι
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月01日

波の夢 8-1-2

Αλλ' εγώ επλήρωσα τα λύτρα διά την ζωήν της. Η ταλαίπωρος μικρή μου κατσίκα, την οποίαν είχα λησμονήσει προς χάριν της, πράγματι “εσχοινιάσθη”・




一方、私は、少女の生命に代償を払った。それは、私の哀れな可愛い子山羊。その子山羊、少女のために忘れていて、本当に紐で弱ってしまった子山羊、だ。
posted by kyotakaba at 16:30| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第三巻 16-3

   Η μία είναι λαϊκή και έρπει, που λέει ο λόγος, καταγής, είναι θεράπαινα ειδώλων, κουλουριάζεται σε σώματα νεκρών, ανακατεύεται με βότανα και στηρίζεται σε ξόρκια. Σκοπό καλό δεν έχει αυτή κανέναν και ούτε κάνει καλό σε όσους τη μεταχειρίζονται・ επειδή η ίδια είναι λανθασμένη, πολύ σπάνια φέρνει κάποιο ευτελές και άθλιο αποτέλεσμα・ συνήθως μας κάνει να φανταζόμαστε σάν υπαρκτά τα ανύπαρκτα, διαψεύδει τις ελπίδες μας, εφευρίσκει πράξεις αθέμιτες και υπηρετεί τις ακόλαστες ηδονές.




 「一つは世俗のもので、流布しています。この世のことで、このような説です。偶像に仕えるもので、死者の身体に取り付いていて、薬草を混ぜて、呪文に基づくものだ、と言う説なのです。それは、良い目的ではないのです。それに、それを扱う人にも良いことではないのです。つまり、目的そのものが間違っているのですから、ごく稀に、価値のないものか悲惨な結果がもたらされるのです。よくあるのは、こう言うことなのです。それは私たちに、在りもしないものを恰も実在するかの様に夢想させて、そして、私たちの希望を潰えさせてしまい、自堕落な行いを編み出して、猥らな快楽に耽させるのです。」




θεράπαινα:υπηρέτρια

Έρπω:κολακεύω κάποιον

ευτελής:形容詞
-ής の語尾の形容詞は、男性、女性の語尾は、-ής で、
中性の語尾は、-ές
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする