2012年09月28日

エティオピア物語 第四巻 18-4

   Αλλά η Χαρίκλεια με σταμάτησε πιάνοντάς με από το ιμάτιο και λέγοντας ‘‘ πατέρα μου, θα είναι αδικία ή μάλλον προδοσία άν φύγεις και μ' αφήσεις μόνη στην εξουσία του Θεαγένη・ δεν καταλαβαίνεις πόσο αναξιόπιστος φύλακας είναι ο ερωτευμένος άν τύχει να έχει στη διάθεση του το αγαπημένο πρόσωπο, ιδίως όταν λείψουν από κοντά του αυτοί που μπορούν να τον συγκρατήσουν;





 「ですが、ハリクレアは、外套をつかんで私を止めました。そして言ったのです。「お父様、貴方が行ってしまわれて、テアゲニスの支配の元に、私を一人で残されてしまうと、不正な行いは、もっと悪くなるでしょう。恋しい顔を思いかけず自らの手中に置いている時には、とりわけ、自分の側に自分を抑える人が居ない場合には、恋している者はどれだけ信用出来ない番人であるかを、貴方は分かってはおられないのですか?」」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月27日

エティオピア物語 第四巻 18-3

   Αναστατώθηκα με τα λόγια τους και δάκρυσα για τον πόνο τους πιό πολύ με το νού μου παρά με τα μάτια κι έτσι εκείνοι μέν δεν πήραν είδηση τα δάκρυα, αλλά εγώ ανακουφίστηκα・ τους σήκωσα, τους έδωσα θάρρος και καλές ελπίδες για το μέλλον ενός εγχειρήματος που ξεκινάει με την προστασία του θεού. ‘‘ Εγώ ’’, τους είπα, ‘‘ φεύγω τώρα για να κανονίσω τις επόμενες ενέργειές μας・ και σείς περιμένετέ με εδώ προσέχοντας καλά να μη σάς δεί κανείς ’’・ και με τα λόγια αυτά έκαμα να φύγω τρέχοντας.





 「私は、二人の言葉に狼狽えました。そして、二人の苦しみに、瞳ではなく私の心で、大いに大いに泣いたのです。ですから、二人は私の涙を知らなかったのです。それで、私は安心したのです。私は、二人を立たせて、勇気と危険な企ての行末についての明るい希望を与えました。その企ては、神の保護の元に始まったのです。私は二人に言いました。「私は、これからの行動の手配をしに、今から出掛けます。貴方たちは、此処で私を待って、誰かに見られないように、よく注意をしなさい。」 私はこのように言って、二人を残し、急いで行ったのです。」





εγχείρημα:επιχειρούμενο έργο. ριψοκίνδυνη προσπάθεια
posted by kyotakaba at 12:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月26日

エティオピア物語 第四巻 18-2

   Και η μέν Χαρίκλεια αυτό μόνο έλεγε κι είχε χαμηλωμένα τα μάτια από ντροπή για την πράξη που είχε αποτολμήσει・ ο δε Θεαγένης πρόσθετε κι άλλα παρακάλια. ‘‘ Σώσε μας Καλάσιρη ’’, έλεγε, ‘‘ σώσε τους ικέτες που απόμειναν ξένοι χωρίς πατρίδα και αποξενώθηκαν από όλους μόνο και για να κερδίσουν ο ένας τον άλλον・ σώσε ανθρώπους που έχουν γίνει παιχνίδι της τύχης και έχουν πιαστεί αιχμάλωτοι σε έρωτα αγνό, σώσε εξόριστους εθελοντές αλλά αθώους που έχουν εναποθέσει σε σένα κάθε ελπίδα σωτηρίας ’’.





 「ハリクレアの方は、そのように言うだけで、大胆な行動を取ったことへの恥ずかしさから目を伏せていました。他方、テアゲニスの方は、また別の願いを付け加えたのです。こう言ったのです。「カラシリス様、私たちをお救い下さい。故国もなく此処に居残っているよそ者である懇願者達、そして、二人がお互いに相手を勝ち得ようとしたことだけのために、誰からも疎遠にされている懇願者達をお救い下さい。運命の戯れに弄ばれる、純粋な愛の虜になっている人間達をお救い下さい。無実であるのに自ら進んで追われる者となった者達をお救い下さい。救われる望みは、どれも、あなた様に懸かっているのです。」」





εναποθέτω:αποθέτω κάτι κάπου, αποθηκεύω, συγκεντρώνω
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月25日

エティオピア物語 第四巻 18-1

   Κι όταν βγήκαν έξω από την πόλη, κάλπασαν όσο πιό γρήγορα μπορούσαν πρός τα βουνά της Λοκρίδας και την Οίτη. Ο δε Θεαγένης και Χαρίκλεια, όπως είχε συμφωνηθεί από πρίν, αφήνουν μπροστά μου και μου σφίγγουν για ώρα τα γόνατα τρέμοντας από φόβο και επαναλαμβάνοντας αδιάκοπα ‘‘ πατέρα, σώσε μας ’’.





 「若者達は都市から外へ出ると、ロカリダの山々、イティ山の方へ能う限り速く駆け出したのです。テアゲニスとハリクレアは、しかし、前もって申し合わせていた通り、私の前に取り残されて、恐怖で膝を震わせながら、暫くの間、私を抱きしめていたのです。そして、「お父様、私たちをお救い下さい。」と、休みもせずに繰り返したのです。」




καλπάζω:τρέχω με καλπασμό
posted by kyotakaba at 12:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月24日

エティオピア物語 第四巻 17-5

   Και όταν βρέθηκαν έξω από το σπίτι, ξεχύθηκαν οι έφηβοι στους δρόμους της πόλης και, αλαλάζοντας τον ενυάλιο και καταχτυπώντας με πάταγο τις ασπίδες τους, σκόρπισαν άφατο τρόμο στους κατοίκους ― η άγρια νύχτα τους έδειχνε πιό φοβερούς και ο Παρνασσός αντιλαλούσε τις φωνές τους・ έτσι λοιπόν διέτρεχαν τους δρόμους κραυγάζοντας αδιάκοπα ‘‘ Χαρίκλεια ’’ ο ένας μετά τον άλλον.





 「家から外へ出ると、若者達は都市の道へと溢れ出しました。そして、エニュアリオス神に喚声を挙げて、楯を強く叩いて大きな音を出し、住民たちに言うに言われぬ恐怖を撒き散らしたのです。― 若者達に依る野蛮な夜は、もっと恐ろしい様相をしていたのです。パルナッソス山は、若者達の声を反響させました。そうして、若者達は、一人また一人が次々に絶え間なく、「ハリクレア」と大声で叫びながら、道々を通り抜けたのです。」




άφατος:ανείπωτος

αντιλαλώ:αντηχώ τον ήχο
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

Σμύρνη: Καταστροφή μιας Κοσμοπολίτικης Πόλης 1900-1922

 『 Σμύρνη: Καταστροφή μιας Κοσμοπολίτικης Πόλης 1900-1922 』。
Σμύρνη ( イズミル ) を扱ったドキュメンタリー映画。監督である Μαρία Ηλιού マリア・イリオウと、歴史学者Αλέξανδρος Κιτροέφ が調査して、制作。

 ( イズミルは、現トルコの西部エーゲ海に面する町。以前にはギリシャ人が住んでいた所。 )

Cine.gr - Τανίες Σμύρνη: Καταστροφή μιας Κοσμοπολίτικης Πόλης 1900-1922 - Smyrna: The Destruction of a Cosmopolitan City 1900-1922

Smyrna: The Destruction of a Cosmopolitan City - 1900-1922 (2012) - Synopsis




.:BiblioNet : Kitroeff, Alexander





ΣΜΥΡΝΗ: Η ΚΑΤΑΣΤΡΟΦΗ ΜΙΑΣ ΚΟΣΜΟΠΟΛΙΤΙΚΗΣ ΠΟΛΗΣ 1900-1922


posted by kyotakaba at 13:23| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

エティオピア物語 第四巻 17-4

   Αυτοί λοιπόν, αφού τρομοκράτησαν τον κόσμο με ξαφνικές κραυγές και χτυπήματα των ασπίδων, όρμησαν με αναμμένες λαμπάδες στο σπίτι ― η αυλόπορτα είχε αφεθεί επίτηδες ξεκλείδωτη κι έτσι δεν δυσκολεύτηκαν να την παραβιάσουν ―, άρπαξαν τη Χαρίκλεαι, που ήξερε βέβαια τα πάντα από πρίν και ήταν έτοιμη να υποστεί αυτοπροαίρετα τη βία, αποκομίζοντας συγχρόνως και πλήθος αντικείμενα που εκείνη τους υπέδειξε να πάρουν.





 「それから、若者達は、突然の大声と楯を打ち鳴らす音で辺りの人々を怯えさせて、灯の点いた松明を持って家に突入したのです。― 庭門は、故意に鍵を掛けられないままにしてあったのです。ですから、若者達が庭門を押開けるのは難しくはなかったのです。― そして、ハリクレアを攫ったのです。ハリクレアは、前もってすべてのことを正確に知っていて、自分の中では、暴行を受ける準備が出来ていたのです。その時に乗じて、たくさんの物を若者達は持ち出したのです。ハリクレアが、若者達に待ち去るように、それとなく言ったのです。」





υφίσταμαι:να υποστώ

αυτοπροαίρετα:με προσωπική θέληση

υποδεικνύω
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月20日

エティオピア物語 第四巻 17-3

   Και να τί έγεινε την επομένη : μές στην καρδιά της νύχτας, όταν η πόλη ήταν βυθισμένη στον ύπνο, μιά παρέα ενόπλων επιτέθηκε στην κατοικία της Χαρίκλειας・ στρατηγός στον ερωτικό αυτον πόλεμο ήταν ο Θεαγένης που είχε συντάξει σε λόχο τους εφήβους της πομπής.





 「そして、その翌日に起こったことは次のようなことでした。真夜中のことです、都市は眠りに就いている時です、武装した一団が、ハリクレアの住居を襲撃したのです。愛の戦いに於ける指揮官は、テアゲニスだったのです。テアゲニスは、祭儀の行列の青年達で歩兵部隊を編成していたのです。」
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月19日

Κ.ΒΗΤΑ Το Τζιτζίκι

 Κ.ΒΗΤΑ の「 Το Τζιτζίκι 」。アルバム『 χρυσαλλίδα 』から。




 Κ.ΒΗΤΑ のwebページ:
http://www.kbhta.gr/kbhta/index.php

KBHTA
posted by kyotakaba at 23:01| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第四巻 17-2

   Επισκέφτηκα τη Χαρίκλεια που βρήκα να κρατάει ακόμη και να αποθαυμάζει τα κειμήλια που της είχε φέρει ο Χαρικλής, συνάντησα μετά απ' αυτήν και τον Θεαγένη και, αφού παρήγγειλα στον καθέναν τους τί έπρεπε να κάνει και πότε, επέστρεψα το σπίτι μου όλο αγωνία για ό,τι ήταν να συμβεί.





 「私はハリクレアの所を訪ねました。ハリクレアがまだそのまま宝物を抱えていて、それを感嘆の目で眺めているのを、私は見たのです。宝物は、ハリクリスさんがハリクレアに渡した物でした。私は、ハリクレアの後に、テアゲニスに会いました。二人にそれぞれ、何を何時すべきかを指示したのです。それから、私の家に帰りました。起こっていること何もかもが、ずっと不安だったのです。」





αποθαυμάζω:κοιτάζω με θαυμασμό

παρήγγειλα:παραγγέλλω
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月18日

エティオピア物語 第四巻 17-1

   Τούς άφησα δοσμένους ακόμα στη μουσική και στο χορό : χόρευαν κάποιο χορό ασσυριακό στους ήχους πηκτίδων που έπαιζαν μιά γρήγορη μελωδία・ πότε σηκώνονταν στον αέρα με ανάλαφρα πηδήματα και πότε κάθονταν ανακούρκουδα και στριφογύριζαν συνέχεια σάν δαιμονισμένοι.





 「音楽と踊りに夢中になっているその人たちを、私は、そのままに残して立ち去りました。その人たちは、速いメロディを弾く弦楽器の音に合わせて、アッシリアかどこかのような踊りを踊っていました。時には、軽々とした跳躍で空中に登り、時には、しゃがんで、取り憑かれたかの様に止まることなく回転したりしていました。」




δοσμένος:αυτός που έχει αφοσιωθεί σε κάτι

πηκτίδων:stringed instrument

ανακούρκουδα:ανά + κουκουβάγια:καθόμαστε στις φτέρνες μας, με τα γόνατα λυγισμένα
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

≪Ζήσε την Αθήνα χωρίς αυτοκίνητο≫ από 17 έως 22 Σεπτεμβρίου

 9月17日付け、in.gr 記事見出し:

≪Ζήσε την Αθήνα χωρίς αυτοκίνητο≫ από 17 έως 22 Σεπτεμβρίου

「アテネで自動車のない暮らし」九月17日から22日
posted by kyotakaba at 19:24| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月15日

Ανατροπή λεωφορείου με 4 νεκρούς στη Θεσσαλονίκη

 カセメリニ、9月15日付け記事から、見出し:

Ανατροπή λεωφορείου με 4 νεκρούς στη Θεσσαλονίκη

セサロニキで、四人の死者を出しバスが横転
posted by kyotakaba at 12:34| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月14日

エティオピア物語 第四巻 16-10

   ‘‘ Θα έχεις ’’, είπαν, ‘‘ την αυριανή・ μόμο να είσαι αύριο βράδυ στην παραλία γιατί πολύ βοηθάει η νύχτα τα ταξίδια : το αεράκι που φυσάει από τη στεριά βοηθάει τα καράβια ν' ανοιχτούν στο πέλαγος χωρίς καθόλου να σηκώνει κύμα ’’. Συμφώνησα να κάμω όπως μου είπαν αφού πρώτα τους έβαλα να επιβεβαιώσουν με όρκο την υπόσχεση ότι δεν θα φύγουν πρίν από τη συμφωνημένη ώρα.





 「その人達は言いました。「明日、時間はございますよ。明日の夜、海岸にいらっしゃればいいです。夜は、旅立ちを助けるものですからね。陸から吹く風は、船を助けて、波を少しも立てずに外洋へ出してくれます。」 私は、その人達が私に言ったこと、そのままに合意しました。最初に、私がその人達に、誓いを立てて、合意した時間より前に出発はしないと言う約束をさせたからです。」
posted by kyotakaba at 11:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

エティオピア物語 第四巻 16-9

   ‘‘ Έ λοιπόν, θα με έχετε συνταξιδιώτη άν το θέλετε・ κάτι υποθέσεις με καλούν στη Σικελία και το νησή αυτό είναι, όπως ξέρετε, στο δρόμο σας, μιά και πηγαίνετε στη χώρα των Λιβύων ’’. ‘‘ Μακάρι να έλθεις ’’, είπαν, ‘‘ θα ήταν για μας μεγάλη ευχαρίστηση να συνταξιδέψουμε με άνθρωπο σοφό και επιπλέον Έλληνα, ο οποίος, όπως μας έδειξαν όσα είδαμε πρίν από λίγο, είναι αφιερωμένος στους θεούς ’’. ‘‘ Θα έλθω ’’, τους είπα, ‘‘ άν μου δώσετε μιά μέρα καιρό να ετοιμαστώ ’’.





 「私は言いました。「それでは、貴方がたが親切な方だとして、もし、シチリアに行くことをお考えでしたら、私を道連れにして下さるでしょうね。ご存知のように、シチリアは島で、貴方がたが行かれるリビアの国への途上にあります。」 その人達は言いました。「どうそ、いらっしゃいませ。智慧のあるお方で、その上にギリシャ人であるお方と旅をご一緒に出来るとすれば、それは、私達にとって、とても喜ばしいことに違いありませんから。しかも、そのお方を神々が私達にお示しになって、私達が見たのは、ほんの少し前、奉納の儀式の時なのですから。」 私はその人達に言いました。「私に、用意をする時間を一日下さるのでしたら、私は来ます。」」
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月12日

η Παλιά Αθήνα

 『 η Παλιά Αθήνα 』と言う web ページ。昔のアテネの写真などで、アテネの魅力を紹介しています。Θωμάς Σιταράς さんが制作したもの。

http://www.paliaathina.com/gr/index.html

η Παλιά Αθήνα
posted by kyotakaba at 18:25| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第四巻 16-8

   Η γιορτή που τελούμε εδώ είναι αφιερωμένη σε κείνον το θεό που του έστειλε το μήνυμα ως νικητήρια και ευχαριστήρια προσφορά αλλά μαζί και ως δέηση για να 'χουμε καλό ταξίδι・ γιατί με την αυγή, καλέ μας φίλε, κάνουμε πανιά άν οι άνεμοι φυσήξουν κατά τις προσδοκίες μας’’. ‘‘ Στ' αλήθεια κάνετε πανιά; ’’ είπα. ‘‘ Μά βέβαια ’’. αποκρίθηκαν.





 「「私たちがここで行っている祭事は、この若者に知らせを下さった神様に対して、戦勝の感謝を捧げると共に、私達にとっては、よい旅になるように祈願をするものなのです。我らの友よ、夜明けになり、風が私達の期待通りに吹けば、出帆するのですから。」 「本当に出航するのですか?」と私は言いました。「もちろんです。」と答えられました。」
posted by kyotakaba at 12:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

エティオピア物語 第四巻 16-7

   ‘‘ Είχαμε περάσει τον Μαλέα ’’, συνέχισαν, ‘‘ και, αναγκασμένοι από ενάντιους ανέμους, είχαμε αράξει στις ακτές της Κεφαλληνίας όταν αυτός μας δήλωσε με όρκους σ' αυτον εδώ τον πάτριο θεό μας ότι ένα όνειρο του είχε προμαντέψει τη νίκη του στα Πύθια κι έτσι μας έπεισε ν' αλλάξουμε πορεία και να καταπλεύσουμε εδώ, όπου και επαλήθευσε εμπράκτως τη μαντεία κερδίζοντας, αυτός ο τέως έμπορος, τον καλλίνικο στέφανο.





 「その人達は話しを続けました。「マレアス岬を通り過ぎたところで、向かい風のため余儀ない状態になり、ケファロニア島に係留していました。その時に、この若者は、私たちの故郷の神に幾度も誓ってから、夢がピュシアでの自分の勝利を予言した、と、私たちに、申し出たのです。そうして、私たちは往き先を変更して此処へ向けて出航するように、私たちを説得したのです。そして、この地で、実際に、この元商人はこの輝かしく誇らしい月桂冠を獲得して、お告げを実現したわけです。」」





καταπλέω:φτάνω από το πέλαγος στο λιμάνι

καλλίνικος:gloriously triumphant
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月10日

エティオピア物語 第四巻 16-6

   Μου είπαν λοιπόν ότι είναι Φοίνικες από την Τύρο, έμποροι στο επάγγελμα, και ότι έπλεαν πρός την Καρχηδόνα της Λιβύης μ΄ ένα καράβι βαρυφορτωμένο με εμπορεύματα ινδικά και αιθιοπικά και από τη Φοινίκη και ότι εκείνη τη στιγμή γιόρταζαν με συμπόσιο αφιερωμένο στον Ηρακλή τον Τύριο τη νίκη ενός νέου ( και μου έδειξαν το παλικάρι που ήταν ξαπλωμένο απέναντί μου ) που είχε κερδίσει τον στέφανο στον αγώνα πάλης των Δελφών αναγορεύοντας την Τύρο νικήτρια στον Ελλάδα.





 「すると、その人達は、自分たちは、ティロスから来たフェニキア人で、職業は商人だと言いました。そして、リビアのカルタゴに向けて、インドの商品とエティオピアの商品を満載した一艘の船で、フェニキアから航海をしている、と言うことでした。そして、今はちょうど、ヘラクレスに捧げる宴を開いて、ある若者の勝利を、ティリオス神に祝っていた、と言うことでした。( その人達は、私にその勇敢な若者を見せたのです。若者は、私の向かいに、寝そべっていました。 ) 若者は、デルフォイのレスリングの試合で月桂冠を獲得したのです。ギリシャに於いて、ティリオス神の名の下に、勝利を授けられたのです。」




αναγορεύω:απονέμω τίτλο ή αξίωμα στο πλαίσιο κάποιας τελετής


ヘラクレスとティリオス神は同じ
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月07日

エティオピア物語 第四巻 16-5

   Δέχτηκα και τη δεύτερη αυτή πρόσκοληση, ξάπλωσα στο μαλακό κρεβάτι που είχαν στρώσει για τους ξένους οι μυρσίνες και οι δάφνες και, αφού γεύτηκα τα συνηθισμένα μου, ‘‘ Καλοί μου φίλοι ’’, είπα, ‘‘ απόλαυσα τα ωραία φαγητά σας, αλλά ακόμα δεν άκουσα τίποτα για σάς, ώστε είναι καιρός να μου πείτε ποιοί είστε κι από που・ είναι, νομίζω, ίδιον ανθρώπων πρόστυχων και αγροίκων να συμμετέχουν σε σπονδές και σε τραπέζια και ύστερα να φεύγουν χωρίς να γνωριστούν, χωρίς να κάμουν το άγιο αλάτι φιλίας αρχή ’’.





 「再度の招待を私は受け容れて、柔らかい寝台に横になりました。その寝台は、外国人のために、ミルテや月桂樹の枝が敷詰められいたので、私は、寛ぎを味わえたのです。そして、私は言いました。「友人の皆さん、上等なご馳走を賞味いたしました。しかしながら、未だに、貴方方について、私は何も伺っておりません。貴方達は誰で、何処の出身かを私に教えて下さる時間はあったのですけれど。私は思うのですが、宴に参加して食卓についたのに、互いに知り合いになることもなく、友情の始まりを示す聖塩の儀礼もせずに立ち去るのは、下劣で無礼な人のすることでしょう。」」
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月06日

エティオピア物語 第四巻 16-4

   Σταμάτησα αμέσως μόλις τους άκουσα ― θα ήταν αθέμιτο να αγνοήσω μιά πρόσκληση σε ιεροτελεστία ―, πήρα λιβάνι και λιβάνισα, πήρα νερό και έκαμα σπονδή κι εκείνοι απόρησαν βέβαια με την πολυτέλεια των προσφορών μου, πλήν όμως με κάλεσαν με επιμονή να πάρω μέρος στο συπόσιο.





 「その声を聞いて、私は、直ぐに立ち止まりました。― 儀式への招待に知らぬ振りをするのは非礼なことだったでしょう ― 私は香を取って焚きました。水を汲んで注ぎました。宴の人々は、宴に加わるように執拗に私を呼んでいたのですけれど、私の捧げ物の豪華さに、確かに驚いていました。」
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月05日

エティオピア物語 第四巻 16-3

   Αλλά είναι βέβαια η θεότητα γοργότερη από κάθε σκέψη και βοηθάει τα δρώμενα κατά τη θέλησή της και η ευμένειά της ακόμα και ακάλεστη εκδηλώνεται πρίν από την παράκληση・ έτσι έγεινε τότε : δεν είχα ακόμα πάει να τον ρωτήσω και πρόλαβε να μου αποκριθεί ο Απόλλων δίνοντάς μου με σημάδι καθαρό τη συμβουλή του. Ενώ ήμουν δοσμένος όλος στις φροντίδες μου και έσπευδα, όπως είπα, πρός τη μάντισσα, με σταμάτησε η φωνή κάποιων ξένων που μου φώναζαν ‘‘ έλα, φίλε, να προσφέρουμε μαζί τις σπονδές’’・ ήταν φανερό ότι ετοίμαζαν συμπόσιο με τη συνοδεία αυλών πρός τιμήν του Ηρακλέους.





 「しかしながら、あらゆる考えによると、アポロン神が最も迅速な神格であることは明白なのです。そして、ご自身の意図に基づいて、成される事々に救いの手を出されるのです。アポロン神のご神格でもあるご温情は、懇願を受ける前、まだ呼び招かれてもいないのに、顕現されるのです。ことの次第は次のようでした。私がアポロン神に尋ねに行っていないうちに、アポロン神は、先を見越して、明らかな印を通じて、ご自分の助言を私に下さり、私の問いにお答えになったのです。つまりです、私が、心底心配しながら女予言者の元に急いでいる時に、私に呼びかける見知らぬ人々の声が、私を呼び止めたのです。その声は、「さあ、ご友人、私共と一緒に献酒式にお出になりなさい。」と言っていました。見ると、ヘラクレスを主賓に招いての宴が、笛を吹く楽士も侍らせて、調えられているようでした。」




δρώμενα : ιδρωμένος

ακάλεστος : απρόσκλητος




「 του Ηρακλέους 」、語尾の形は、中性の -ος の単数複数形の属格のようですけれど?
posted by kyotakaba at 15:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

μερμηγκολόι

 カザンザキスの『日本旅行記』に使ってあった語。

μερμηγκολόι

Ό,τι σου προξενεί μεγάλη εντύπωση είναι το ανεξάντλητο μερμηγκολόι. Χύνουνται οι δρόμοι σάν ποταμοί. Θυμάσαι τα τυφλά μερμήγκια της Αφρικής που κατρακυλούν σάν καταρράχτες μέσα από τα χωριά και τα ρημάζουν.


 μερμήγκι = μυρμήγκι に接尾語が付いているのだと思いますが、分かりません。とりあえず、蟻の列と読みましたけれど。

 人すべてに、強い印象をもたらすのは、途絶えることのない蟻の列。河のように道に流れている。それは、アフリカの目の無い蟻を思い出させる。あの蟻は、滝の様に村々に傾れ込み、荒廃させて行った。




 同じ語は、カザンザキスは、『 ΟΔΥΣΣΕΙΑ 』で使っています。
Ζ 巻の86行

Ο μυριοβούλης σβάρνισε απαλά με τη σουρτή ματιά του
τους άρχους, τις αρχόντισσες, το αχνό ψηλά μερμηγκολόι・
κι απάντεχα, γλυκιά του θάμπωσε το νου του τρυφεράδα.

ここでは、ψηλά と言う形容詞が付いていて、違うようなのですが。

国会図書館のサイトで簡単な検索をした限りでは、『 ΟΔΥΣΣΕΙΑ 』の日本語訳は見つかりませんでした。
posted by kyotakaba at 08:59| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

エティオピア物語 第四巻 16-2

   Αυτά με πληροφόρησε κι εγώ του σύστησα τί έπρεπε να τους πεί και τί να πράξει ο ίδιος και του παράγγειλα να περιμένει έτοιμος το σύνθημα που θα του έδινα σάν θα έφτανε η ώρα και η στιγμή・ αμέσως ύστερα τον άφησα και κατευθύνθηκα πρός το ναό του Απόλλωνα για παρακαλέσω το θεό να μου υπαγορεύσει με χρησμό τον τρόπο της φυγής μου μαζί με τους δυό νέους.




 「テアゲニスがそう私に告げたので、私は、若者達に言うべきことは何か、テアゲニス自身が実行すべきものは何か、を勧告したのです。そして、その時が来たら私があの方に与える予定の合図に、何時でも応えられるようにして待つように指示したのです。それから直ぐに、私はテアゲニスをそこに残して、アポロンの神殿に向かったのです。アポロン神に、お告げを通じて、二人の若者と一緒に此処を立ち去る方法を教えて下さるようにお願いしに行ったのです。」
posted by kyotakaba at 12:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

エティオピア物語 第四巻 16-1

   Εγώ τότε πήγα να βρώ τον Θεαγένγ και τον ρώτησα που βρίσκονταν οι άλλοι πανηγυριστές・ κι εκείνος είπε ότι οι μέν κόρες είχαν ήδη αναχωρήσει : τους είχε παραγγείλει να ξεκινήσουν πρώτες επειδή βάδιζαν πιό αργά・ όσο για τους εφήβους, είπε ότι δεν άντεχε πιά τη φασαρία που έκαναν από την ανυπομονησία τους να επιστρέψουν στην πατρίδα.





 「それから、私は、テアゲニスを探しに行きました。そして、あの若者に、祭りの参加者の他の人たちは何処にいるのかを尋ねたのです。テアゲニスは、娘達はもう出立した、と言いました。テアゲニスは、娘達に、最初に出発して、最もゆっくり歩くように命じていたのです。それは、若者達のためにそうしたのです。また、若者達が故郷に帰ろうと焦れて起こす騒ぎに、もう我慢が出来ない、とも言いました。」
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

Το τελευταίο φεγγάρι του καλοκαιριού

 ト・ビーマ、8月31日22時14分付け記事 ( web版 )


πανσέληνος της 31ης Αυγούστου, όπως ανέτειλε από τον Υμηττό

8月31日の満月は、イミトスの上に登る。


Η πανσέληνος της 31ης Αυγούστου ξεπρόβαλε πάνω από τον Υμηττό λίγο μετά τις εννέα το βράδυ.

八月三十一日の満月が、間もなく、夕九時にイミトスの上に浮かびます。
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Για την κρίση δεν φταίει μόνο η Ελλάδα

 カセメリニ、8月27日付け記事。これは、ニューヨーク・タイムスの記事をギリシャ語に訳したもののようです。

The New York Times

  Η συζήτηση για την κατανομή του κόστους διατήρησης της Ευρωζώνης συχνά στηρίζεται σε ένα ερώτημα που σχεδόν ποτέ δεν διατυπώνεται: ≪Ποιος ευθύνεται για την κρίση στην Ευρωζώνη;≫.


Ε, λοιπόν, δεν φταίει μόνον η Ελλάδα.

  Στη Γερμανία πιστεύουν ότι οι Ελληνες κατασπατάλησαν τα προνόμια της συμμετοχής τους στην Ευρωζώνη. Είναι αισθητή η δυσθυμία των Γερμανών φορολογουμένων που αισθάνονται ότι τους ζητούν να πληρώσουν τις αμαρτίες των Ελλήνων, των Ισπανών και των Ιταλών.

  Τα πράγματα, όμως, δεν είναι τόσο απλά. Σίγουρα πολλές ελληνικές κυβερνήσεις φέρουν μεγάλο μέρος ευθύνης για την κρίση στην Ευρωζώνη, εξαιτίας του αλόγιστου τρόπου διαχείρισης της οικονομίας της χώρας. Ομως, υπάρχουν κι άλλοι ένοχοι. Ανάμεσά τους οι γερμανικές και οι γαλλικές τράπεζες, που δάνειζαν αφειδώς χρήματα στην Ελλάδα και πυροδότησαν την κατάρρευση της κατασκευαστικής ≪φούσκας≫ στην Ισπανία. Εξίσου ένοχοι είναι οι Ευρωπαίοι ηγέτες που προ δεκαετίας εισήγαγαν το ευρώ, παρ’ ότι γνώριζαν ότι υπήρχαν δομικά σφάλματα στα θεμέλια της Ευρωζώνης. Μεταξύ των ενόχων, επίσης, περιλαμβάνονται και οι επενδυτές που υποτίμησαν τους κινδύνους του ελληνικού χρέους πριν από το 2010 και που με τις νευρικές αντιδράσεις τους βάζουν φωτιά στο κόστος δανεισμού Ισπανίας και Ιταλίας. Επίσης, ένοχοι για τη σημερινή κατάσταση θα πρέπει να θεωρούνται οι ρυθμιστικοί φορείς και οι εθνικές κυβερνήσεις που δημιούργησαν κίνητρα και εξώθησαν τις τράπεζες να φορτωθούν τα ευρωπαϊκά κρατικά ομόλογα.

  Η συζήτηση για το ποιος πρέπει να επωμιστεί τις ευθύνες για την κρίση επί του παρόντος στηρίζεται σε πολιτισμικά στερεότυπα. Οι λαοί του Νότου είναι σπάταλοι και λατρεύουν την dolce vita, ενώ οι Γερμανοί –αλλά και κάποιες φορές οι Φινλανδοί, Αυστριακοί και Ολλανδοί– είναι τσιγγούνηδες και αδιαφορούν για την ευρωπαϊκή αλληλεγγύη. Αλλα στερεότυπα είναι απλώς προσβλητικά. Η Γερμανίδα καγκελάριος Αγκελα Μέρκελ απεικονίζεται σε ελληνικά και ιταλικά ΜΜΕ σαν σύγχρονος Χίτλερ.


Οι ρίζες στο 1990

  Η κρίση χρέους έχει τις ρίζες της στις αποφάσεις που ελήφθησαν το 1990, όταν οι Ευρωπαίοι ηγέτες σχεδίαζαν την Ευρωζώνη. Ηδη, τότε, πολλοί οικονομολόγοι επισήμαιναν ότι η Ευρώπη δεν διέθετε εκείνα τα στοιχεία που θα επέτρεπαν στο κοινό νόμισμα να λειτουργήσει, όπως, παραδείγματος χάριν, η ύπαρξη ενός κοινού φορέα ελέγχου των τραπεζών κι ενός συστήματος διαχείρισης των τραπεζικών ιδρυμάτων που αντιμετώπιζαν προβλήματα. Η Ευρωζώνη, εκτός αυτού, δεν διέθετε τρόπο για να επιβληθεί στα μέλη της που παραβίαζαν τα όρια δανεισμού και δημοσιονομικού ελλείμματος. Ο καγκελάριος Γκέρχαρντ Σρέντερ ζητούσε τη χαλάρωση των κανόνων προκειμένου να μην αναγκαστεί να προχωρήσει σε μεγάλες περικοπές των κυβερνητικών εξόδων. Ολα αυτά ήταν γνωστά. Οι Ευρωπαίοι ηγέτες, όμως, καθοδηγούμενοι από τη Γαλλία και τη Γερμανία, προχώρησαν στη δημιουργία του ευρώ.

  Η αλήθεια είναι ότι η Ελλάδα, τόσο πριν όσο και κατά την είσοδό της στην Ευρωζώνη το 2001, προσπάθησε να συγκαλύψει το πραγματικό χρέος της. Δεν ήταν μυστικό ότι ≪έπαιζε≫ με τους αριθμούς. Η Eurostat είχε προειδοποιήσει για το τι συνέβαινε, από το 2004. Παρ’ όλα αυτά, γαλλικές και γερμανικές τράπεζες εξακολούθησαν να δανείζουν στην Αθήνα. ≪Η Γερμανία έδινε δάνεια, προκειμένου να δαπανηθούν για την αγορά γερμανικών προϊόντων≫, υπογραμμίζει ο Ανταμ Πόζεν, Αμερικανός οικονομολόγος και μέλος της Νομισματικής Επιτροπής της Τράπεζας της Αγγλίας. ≪Η Γερμανία έκανε παιχνίδι υπέρ των συμφερόντων της≫.

  Σήμερα, το Βερολίνο προσπαθεί να σώσει την Ευρωζώνη. Η καγκελάριος Μέρκελ συναντήθηκε με τον Ελληνα πρωθυπουργό Αντώνη Σαμαρά και δεσμεύθηκε να στηρίξει στην Ελλάδα. Ομως και η δική της βούληση περιορίζεται από την πεποίθηση των ψηφοφόρων της ότι η Ελλάδα δεν αξίζει περαιτέρω βοήθεια. Η Ε.Ε. και οι εθνικοί ρυθμιστικοί μηχανισμοί διαδραμάτισαν τον ρόλο μαμής σε αυτήν την κρίση χρέους.







危機は、ギリシャのみに責任があるのではない
ニュース・タイムス

 ユーロ圏を維持するコストの配分についての議論は、しばしば、ほとんど筋の通らない「ユーロ圏の危機に対しては、誰がその責任を負うのか?」と言う問いに基づいています。

ところで、ギリシャのみに責任があるのではない

 ドイツでは、ギリシャ人達が、ユーロ圏に加入する特権をを浪費している、と信じられています。それは、ギリシャ人、スペイン人、イタリア人の犯した罪に自分たちが支払いを求められていると感じている、ドイツ人納税者の執拗な鬱屈した感情なのです。 しかしながら、問題は、それ程に単純ではないのです。確かに、ユーロ圏の危機に対しては、無分別な国家財政の運営の故に、歴代の多くのギリシャ政権は、大きな責任を負っています。しかしながら、他に犯人があるのです。ドイツ、フランスの銀行の中にその犯人がいます。ギリシャにいくらでも金を貸し、スペインで建設「バブル」を爆発させた銀行です。ユーロのリーダー達も、また、同様に犯人なのです。彼らは、十年前、ユーロ圏の基盤には構造的な欠陥があることを知りながら、ユーロを導入したのです。犯人たちの中には、また、投資家達も含まれます。彼らは、2010年以前に、ギリシャの負債の危険性を過小評価していました。また、スペインとイタリアの負債に、過剰反応して火を点けたのです。また、犯人たちは、今日の状況について、各調整機関、各国政府がインセンティブを作り、銀行を急き立てて、ヨーロッパ各国の国債を引き受けるように強いていることを、考慮すべきなのです。

 危機の責任を誰が負うべきかと言う議論は、目下、文化的固定観念に基づいています。南の人々は、浪費家で『 Dolce Vita / 甘い生活 』にいそしんでいて、一方、ドイツ人は、( しばしば、フィンランド人、オーストリア人、オランダ人でもあるのですが、 ) 吝嗇で、ヨーロッパの連帯に無関心だ、というものです。 危機の責任を誰が負うべきかと言う議論は、目下、文化的固定観念に基づいています。南の人々は、浪費家で『 Dolce Vita / 甘い生活 』にいそしんでいて、一方、ドイツ人は、( しばしば、フィンランド人、オーストリア人、オランダ人でもあるのですが、 ) 吝嗇で、ヨーロッパの連帯に無関心だ、というものです。ですが、固定観念と言うものは、ただ攻撃的なだけです。ドイツの首相、アンゲラ・メルケルは、ギリシャとイタリアのマス・メディアでは、現代のヒットルとして描かれています。


1,990年に於ける原点

 債務危機は、1,990年に採択された決定に原点があります。その時、ヨーロッパの指導者達は、ユーロ圏を計画したのです。当時から、多くの経済学者は、ヨーロッパは、正常に流通する共通通貨を許すような要素がなかったと指摘しています。それは、例えば、銀行を検査する共同の機関の存在、また、金融機関が直面する問題を管理する制度がそれです。それ以外にも、ユーロ圏は、財政赤字の為に借り入れ限度を破る構成国を強制するを手段がないのです。ゲルハルト・シュレイダー首相は、政府支出の大幅な削減を強要されないように、当初のルールを緩和することを求めたのでした。それらは、すべて周知のことでした。けれども、ヨーロッパの指導者達は、フランスとドイツに先導されて、ユーロの創設を進めたのです。 ギリシャはずっと以前、ユーロ圏の始まる2001年から、実際の負債を隠そうとした、と言うのが事実なのです。数字を「弄んでいる」と言うことは、秘密ではなかったのです。ユーロスタットは、2,004年から、何が起こっているかについて、警告を続けていました。それにも拘らず、ドイツとフランスの銀行は、アテネに貸し付けを続行したのです。「ドイツは、ドイツの製品の購入にお金が費やされる限り、貸し付けを行ったのです。」こう、アメリカの経済学者で、イングランド銀行の金融政策委員会のメンバーである、アダム・ポゼン Adam S. Posen は強調しています。「ドイツは、自らの利益のために遊戯を続けていたのです。」

 今日、ベルリンは、ユーロ圏を維持しようと努めています。メルケル首相は、ギリシャのアントニス・サマラス総理大臣に会い、ギリシャを支援することを約束しました。しかし、自らの意向は、ギリシャはこれ以上の支援に値しない、と言う有権者の信念によって制限されているのです。EUと各国の規制機関は、この債務危機に於いて、産婆の役を演じています。
posted by kyotakaba at 12:38| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする