2012年12月31日

2013: Η χρονιά του Κ. Π. Καβάφη

 ト・ビーマに「 2013: Η χρονιά του Κ. Π. Καβάφη 」という特集。記事は、八つ。

 カヴァフィスは、1863年生まれ、1933年没だから、2013年は、生誕150年、没後80年。
posted by kyotakaba at 10:59| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月30日

Η Αθήνα γιορτάζει

Η Αθήνα ΓιορτάΖΕΙ | Facebook


posted by kyotakaba at 08:44| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月28日

エティオピア物語 第五巻 2-4

  ≪ Αυτό δεν το μπορώ ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ εσύ όμως κοιμήσου ήσυχος・ όσο για μένα, μου είναι αδύνατο να ζήσω άν δεν φροντίσω με κάθε τρόπο να μάθω το γρηγορότερο σε πλάνη έχει πέσει ο Ναυσικλής ή πώς μόνο στην Αίγυπτο ανασταίνονται οι νεκροί ≫.





 クニモンは言いました。「それは出来ません。ですけれど、貴方はぐっすりとお休み下さい。私はですね、ナフシキリスさんが出鱈目を言っているのか、あるいは、エジプトで死者が復活するのかどうかを早く知る方法を何とか見つけ出さないと、とてもじっとはして居られません。」
posted by kyotakaba at 11:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月27日

エティオピア物語 第五巻 2-3

  Κι εκείνος είπε ≪ τ' άλλα θα τα μάθεις αργότερα, όταν θα έλθει η ώρα να σου διηγηθώ και τα δικά μου・ όσα για κείνη, εγώ με τα ίδια μου τα μάτια την είδα σκοτωμένη και με τα ίδια μου τα χέρια την έθαψα στη χώρα των βουκόλων ≫. ≪ Κοιμήσου ≫, του είπε ο Καλάσιρης, ≪ δεν θ' αργήσουμε να μάθουμε πώς έγινε το πράγμα ≫.





 クニモンは言いました。「その他のことについて、それに私自身については、後ほど、私が貴方に物語る時が来たら、お分かり頂けると思います。あの女についてはですね、この私自身の目で、死んでいるのを見たのです。そして、私自身の手で、牛飼い達の土地に埋葬したのです。」 すると、カラシリスが言いました。「眠りなさい。どんなことが起こったかは、間もなく分かるでしょうから。」





έθαψα:θάβω
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

エティオピア物語 第五巻 2-2

  Ανακάθισε ο πρεσβύτης στο κρεβάτι και, ακουμπώντας στον αγκώνα του, τον ρώτησε τί είχε πάθει και τί του φέρνει αυτή την παράξενη ταραχή που τον κάνει να μοιάζει με τρελό. ≪ Και πώς να μήν τρελαθώ ≫, του απάντησε ο Κνήμων, ≪ ακούγοντας ότι η Θίσβη ζεί; ≫ ≪ Και ποιά είναι η Θίσβη ≫, είπε ο Καλάσιρης, ≪ που την ξέρεις εσύ και γιατί ανησυχείς μαθαίνοντας πώς είναι στη ζωή; ≫





 大使は寝床の上に肘で支えて、上体を起こしました。そして、何がクニモンを苦しめているのか、何が気の違ったかのような混乱にクニモンを落ち入らせているのかと、聞いたのです。クニモンは答えました。「シスヴィが生きていると聞いて、どうして、狼狽せずに居られましょうか。」 カラシリスは言いました。「シスヴィとは誰なのですか? どこでその女を知ったのですか、また何故、その女が生きていると知って、不安になるですか?」


πρεσβύτης = Καλάσιρης





ανακαθίζω : ανασηκώνω το πάνω μέρος του κορμιού μου και κρατώ τα πόδια ξαπλωμένα 





2014年5月15日訂正:
πρεσβύτης を大使と訳していたけれど、老人。


 老人は寝床の上に肘で支えて、上体を起こしました。そして、何がクニモンを苦しめているのか、何が気の違ったかのような混乱にクニモンを落ち入らせているのかと、聞いたのです。クニモンは答えました。「シスヴィが生きていると聞いて、どうして、狼狽せずに居られましょうか。」 カラシリスは言いました。「シスヴィとは誰なのですか? どこでその女を知ったのですか、また何故、その女が生きていると知って、不安になるですか?」
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月25日

エティオピア物語 第五巻 2-1

  Και με τα λόγια αυτά εκείνος μεν έφυγε βιαστικά για να κάμει ό,τι είχε πεί, ο δε Κνήμων έμεινε ξερός ακούγοντας το όνομα της Θίσβης・ εντελώς μπερδεμένος, στριφογυρίζοντας χιλιάδες σκέψεις στο μυαλό του και αναστενάζοντας αδιάκοπα, ταλαιπωρήθηκε όλη την υπόλοιπη νύχτα・ στο τέλος τον πήρε είδηση ακόμα κι ο Καλάσιρης παρ' όλο που ήταν βυθισμένος σε βαθύ ύπνο.




 こう言って、ナフシキリスは急いで自分が言ったことをするために出ていったのですが、他方のクニモンは、シズヴィの名前を聞いて驚きものも言えずにいるのでした。すっかり混乱して、無数の考えが、クニモンの頭の中を渦巻いて、頻りに溜息を吐いて、それからの夜の間中を苛なまれたのです。終には、カラシリスに気付かせてしまったのです。カラシリスは、すでに、深い眠りに就いていたのにも拘らずなのです。




στο τέλος τον πήρε είδηση ακόμα κι ο Καλάσιρης παρ' όλο που ήταν βυθισμένος σε βαθύ ύπνο.
「 τον πήρε 」、πήρε の主格は ο Κνήμων 。対格の τον は、τον Καλάσιρη で、
κι で導かれる節は、前の節の対格の語と関係代名詞で繋がれている感じ。関係代名詞は使われていないのですが。
posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月24日

エティオピア物語 第五巻 1-7

   ≪ Έ λοιπόν, και σείς την αυγή θα τα μάθετε・ για την ώρα φτάνει να σάς πώ ότι απόχτησα ακόμα καλύτερη Θίσβη. Τώρα πρέπει να κοιμηθώ λιγάκι・ η οδοιπορία και οι άλλες φροντίδες μ' έχουν εξουθενώσει ≫.



 「まあ、朝には、それが何かお二人には分かりますよ。その時間になれば、別嬪のシスヴィを手に入れたことをお二人にお話します。今は、私は少し眠る必要があります。徒歩旅行と気掛かりが私を打ちのめしていますから。」
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月23日

ΗΜΕΡΟΛΟΓΙΟ ΑΛΦΑΒΗΤΑΡΙΟ 2013

 『 ΗΜΕΡΟΛΟΓΙΟ ΑΛΦΑΒΗΤΑΡΙΟ 2013 』
昔の文字読本の挿画を使ったカレンダー。
出版は、ΜΙΛΗΤΟΣ 。
ΗΜΕΡΟΛΟΓΙΟ ΑΛΦΑΒΗΤΑΡΙΟ 2013


1410l.jpg
posted by kyotakaba at 21:01| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

Πολλές βλάβες σε ασθενοφόρα

 カセメリニ、12月21日付け記事から、



Πολλές βλάβες σε ασθενοφόρα

Χειρόφρενο σε 37 από τα 140

≪Χειρόφρενο λόγω βλάβης≫ έχουν τραβήξει 37 από τα 140 ασθενοφόρα του ΕΚΑΒ στο λεκανοπέδιο Αττικής. Ο στόλος είναι γηρασμένος, οι βλάβες είναι σχεδόν καθημερινό φαινόμενο και οι επισκευές δεν προχωρούν γρήγορα λόγω υποχρηματοδότησης του ΕΚΑΒ. Και τα εν κινήσει δεν επαρκούν, με αποτέλεσμα να αντιστοιχεί ένα ασθενοφόρο ΕΚΑΒ προς 75.000 κατοίκους, όταν στην Ευρώπη ο μέσος όρος είναι ένα προς 25.000. Την ίδια στιγμή δεν προχωρεί ο διαγωνισμός για την προμήθεια 200 νέων ασθενοφόρων.






救急車に多くの故障
140のうち37が使用停止

アティキ地域の国立保健機構の救急車の140台のうち37台のサイドブレーキが、「故障の為」、引かれたままになっています。救急隊は古くなっており、故障は、ほとんど毎日の様に起こります。修理は、保健機構の財源不足の為に直ぐには行われません。ために、稼働は、十分ではありません。ギリシャの保健機構の救急車は、一台が75,000人の住人に対すると言う結果になっているのです。他方、ヨーロッパでは、中程度であっても、25,000人に対して一台なのです。そう言う今この時に於いても、200台の新しい救急車の納入の入札は進んでいません。
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月21日

エティオピア物語 第五巻 1-6

  ≪ Όλα κατ' ευχήν ≫, είπε ο Ναυσικλής εμφανιζόμενος ξαφνικά μπροστά τους・ ≪ το ήξερα, καλέ μου Καλάσιρη, ότι είχες την έγνοια μου και σάν να με ακολουθούσες, με τη σκέψη σου・ το έβλεπα πάντα στον τρόπο που αντιμετώπιζες ό,τι με αφορά, αλλά το κατάλαβα και από τα λόγια σου που έπιασε τ' αυτί μου καθώς έμπαινα・ αλλά ποιός είναι ο ξένος; ≫ ≪ Έλληνας ≫, είπε ο Καλάσιρης・ ≪ τ' άλλα θα τα μάθεις σε λίγο・ εσύ όμως πές μας αμέσως ποιά πράγματα σού ήρθαν δεξιά για να πάρουμε κι εμείς μέρος στη χαρά σου ≫.





 ナフシキリスが、突然に二人の前に姿を見せて言いました。「すべては望み通りです。私は知っていました、カラシリスさん、私の後に従いて来て、手伝いをして下さったのは、何かお考えがあったのですね。私に関わるすべてのことに貴方が向かい合う仕方を、私はずっと見ていました。ですが、私の耳に入って来た貴方の言葉で、それが分かったのです。こちらの方は、外国の方なのですか?」 カラシリスは言いました。「ギリシャの方です。その他のことも、直にお分かりになりますよ。ですけれど、貴方の喜びに私たちが与るためにも、貴方の館の右側で何が起こったのか、直ぐに、仰って下さい。」
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

エティオピア物語 第五巻 1-5

   ≪ Εγώ βέβαια δεν άκουσα τίποτε ≫, είπε ο Καλάσιρης, ≪ ίσως επειδή η ηλικία μ' έχει κάμει λίγο περήφανο στ' αυτιά ( ανάμεσα σε άλλα πολλά και η ακοή μας αδυνατίζει με τα γηρατειά ), αλλά ίσως και επειδή ήμουν απασχολημένος με τη διήγηση・ μου φαίνεται πώς είναι ο κύριος του σπιτιού, ο Ναυσικλής・ αλλά, θεοί, πώς πήγαν άραγε τα πράγματα για κείνον; ≫.




 カラシリスは言いました。「私は確かに何も聞きませんでした。おそらくは、年齢が、耳のことで、私に対して横柄になっているせいでしょうか。( 多くの人たちが、年と共に聴力が弱くなるのです。 ) いやそうではなくて、おそらくは、私が、物語るのに手一杯でしたからでしょう。私には、この家の主人のナフシキリスの声だと思います。そうではなくて、神々が、本当にそこに行ったのか知ら?」
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

Νέφος και αιθαλομίχλη από τα τζάκια ≪σκεπάζει≫ τη χώρα

 12月18日付け、in.gr の記事から

Αποπνικτική ατμόσφαιρα
Νέφος και αιθαλομίχλη από τα τζάκια ≪σκεπάζει≫ τη χώρα


Ιδιαίτερα επιβαρυμένη είναι τις τελευταίες εβδομάδες η ατμόσφαιρα της Αττικής και της Θεσσαλονίκης λόγω της θεαματικής αύξησης της λειτουργίας των τζακιών, που χρησιμοποιούνται πλέον ως κύρια πηγή θέρμανσης.

Η κατάσταση ήταν ιδιαίτερα επιβαρυμένη το πρωί της Τρίτης και λόγω της βροχής, καθώς η αιθαλομίχλη κάλυπτε για αρκετή ώρα τον αττικό ουρανό, δημιουργώντας μία αποπνικτική ατμόσφαιρα.

Από τις απογευματινές ώρες ολόκληρες περιοχές καλύπτονται με κάπνα από σωματίδια διάφορων διαμετρημάτων που είναι εισπνεύσιμα.

Είναι χαρακτηριστικό ότι έως το 70% της χειμωνιάτικης ρύπανσης με ενώσεις άνθρακα προέρχεται από τα τζάκια.

Όπως αναφέρουν Τα Νέα, οι ενώσεις άνθρακα που απελευθερώνονται από τις καύσεις στα τζάκια και στις ξυλόσομπες, εγκλωβίζονται μέχρι και τις πρώτες πρωινές ώρες σε υψόμετρο 500 - 1000 εξαιτίας του φαινομένου της θερμοκρασιακής αναστροφής στην ατμόσφαιρα: στρώματα αέρα με διαφορετική θερμοκρασία δημιουργούν ένα ≪ταβάνι≫ που εμποδίζει τη διαφυγή των ρύπων.






息苦しい大気
都市を暖炉から出る雲とスモッグが「覆って」います。


アティキとセサロニキの大気は、この数週間で、暖炉の使用の目覚ましい増加のために、特に悪化しています。暖炉は、主に暖房源として、以前に増して使用されています。

状況は、火曜の朝に、雨のために特に悪化しました。スモッグは、しばらくの間、アッテイカの空を覆いました。そして、息苦しい大気を創り出したのです。

午後からの数時間、地域全体は、様々な直径の粒子の煤で覆われました。それが人々に吸い込まれたのです。

冬の汚染の約70パーセントは、暖炉から出る炭素化合物によると言われています。

『 Ta Nea 』紙が報道したように、暖炉や巻きストーブを燃やすことで排出される炭素化合物は、早朝まで、温度の逆転現象のために500から1,000メートル以下の大気に閉じ込められるのです。異なった気温の大気の層が、「天上」の様なものを作り出すのです。それが、汚染物質の逃避を妨げているのです。


εγκλωβίζω : κλείνω σε κλουβί, περιορίζω σε συγκεκριμένο κλειστό χώρο.
posted by kyotakaba at 14:55| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 1-4

  ≪ Σταμάτα, παππούλη ≫, είπε ο Κνήμων, ≪ όχι όμως επειδή εγώ απόκαμα με τη διήγησή σου ― πιστεύω ότι ποτέ δεν θα ήταν δυνατό να πάθω κάτι τέτοιο, ακόμα κι άν συνέχιζες νύχτες πολλές και μέρες περισσότερες, τόσο η ιστορία σου είναι σαγηνευτική και τόσο δεν χορταίνω να ακούω ― , αλλά επειδή από ώρα ακούω ν' αντηχεί στο σπίτι σάποιος σάλαγος και σάν φωνές ανθρώπων・ η αλήθεια είναι ότι κάπως ανησύχησα, αλλά τόσο με προσείλκυε η θελκτική σου διήγηση, ώστε πίεζα τον εαυτό μου να σωπαίνει ≫.





 クニモンは言いました。「御爺様、止して下さい。貴方の物語りに私が疲れたからではありません。― もっと多くの夜と昼を話を聞き続けることに費やしてさえも、何か苦痛に感じると言うことが起こりそうには、まったくないと思うのですから。それ程に、貴方の物語りは、魅惑的で、聞くのに飽きることはないのです。ですが、時間のせいで、家の中で何か地鳴りの様に響いているように、人が喚いている様に聞こえるものですから、止めましょう。何か少し騒がしいというのは、本当のところですから。ですが、貴方の魅力的な物語りは、私をとても惹き付けるものですから、私は、私自身に、黙っている様に強いていたのです。」




σάλαγος:μεγάλη βουή πλήθους ανθρώπων ή ζώων που κινούνται

σάποιος:σάν ποιος ?

προσελκύω
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

エティオピア物語 第五巻 1-3

   Αλλά γιατί να τα πολυλογώ μιά τέτοια προχωρημένη ώρα της νύχτας; Γιατί τόσο άσκεφτα αφήνομαι στο πέλαγος μιάς ιστορίας που μόλις έχει αρχίσει; Κάπου εδώ άς σταματήσουμε λιγάκι τη διήγηση κι άς πάρουμε έναν ύπνο・ κι άν είσαι ακούραστος, Κνήμων, στην ακρόαση, όσο σθεναρά κι άν αντιμάχεσαι τον ύπνο, πιστεύω ότι έχεις αποκάμει ακούγοντάς με να εξιστορώ τα βάσανά μου ώς τα βαθιά μεσάνυχτα・ αλλά κι εμένα, γιέ μου, με βαραίνουν τα γηρατειά και η θύμηση των συμφορών μου παραλύει το μυαλό και με αποκοιμίζει ≫.





 「ですが、夜の遅いこの時間に私がお喋りをしないといけませんか? 始めたばかりなのですけれど、この海の話しをそのままするのは、あまりに無分別ではないですか? ここら辺りで、物語りを少し休んで、眠ろうではありませんか。クニモンさん、貴方が物語りを聞くことには疲れ知らずだとしても、眠気に抗するのに貴方がとても強靭であるとしても、私が真夜中まで私の苦難を詳しく物語るのを貴方は聞いておられて、とても疲れていらっしゃると思うのです。ですが、我が息子よ、私自身については、老いが私に重くのしかかり、私の災難の思い出が私の脳を麻痺させて、眠たくさせているのです。」
posted by kyotakaba at 12:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月17日

エティオピア物語 第五巻 1-2

   Με μεγάλη χαρα μας υποδέχτηκαν σάν φτάσαμε και απέπλευσαν αμέσως・ στην αρχή, ώσπου να βγούμε απ' το λιμάνι, το πλοίο πήγαινε με τα κουπιά・ όταν φύσηξε αεράκι από τη στεριά και κύμα ελαφρό έτρεχε πίσω από την πρύμνη και σάν να της γελούσε, τότε πιά ανοίξαμε πανιά. Τον κόλπο της Κίρρας και τους πρόποδες του Παρνασσού, τους σκοπέλους της Αίτωλίας και της Καλυδώνος μόνο που δεν τους πέρασε πετώντας το καράβι, ενώ οι Οξείες νήσοι ( και στ' όνομα οξείες και στο σχήμα ) και η θάλασσα της Ζακύνθου φάνηκαν όταν πιά ο ήλιος έγερνε στη δύση.





 私たちが到着すると、フェニキア人達は、大喜びで私たちを迎えてくれました。そして、すぐに、出航しました。最初には、港を出るまで、船は櫂で進みました。風が陸から吹き、穏やかな波が船尾に流れて行くと、波は船に笑いかけているようでしたけれど、やっと、帆を開いたのです。キラの湾、パルナッソス山の麓を船は過ぎました。ただ、アイトリアとカリュドンの岩礁だけは、船を転覆させるので、通りませんでしたけれど、そして、オクセイア諸島 ( オクセイアと言う名前は、その形状から ) とザキントスの海が見えた時には、既に、日は西に傾いていました。
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

περγελαχτά

 カザンザキスの『日本旅行記』に使われている語。

περγελαχτά、περ は接頭語で、γελαχτά は、γελώ の分詞から補語になったものと思うのですが。
περ がどういう意味か分かりません。περα 越えて、向こうにの意味なのでしょうか?


― Γυναίκες; ουίσκυ; δολάρια; είπα περγελαχτά
posted by kyotakaba at 09:01| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Νέα ΜΕΘ στον Ευαγγελισμό

 カセメリニ、12月15日付け記事:




Νέα Μονάδα Εντατικής Θεραπείας, δυναμικότητας 12 κλινών, εγκαινιάστηκε χθες στο νοσοκομείο Ευαγγελισμός από τον Πρόεδρο της Δημοκρατίας Κάρολο Παπούλια, χοροστατούντος του Αρχιεπισκόπου Ιερωνύμου.


 昨日、エヴァンゲリスモス病院で、最大12床を稼働出来る新しい集中治療室が、イエロモニス二世大主教が祭事をして、カロロス・パプーリアス大統領により開室されました。


Μονάδα Εντατικής Θεραπείας:集中治療室

15-12-12_505176_1.gif.jpg
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

Σε ισχύ τέθηκε η ρύθμιση ≪δεν πληρώνω χωρίς απόδειξη≫

 in.gr 、12月14日付け記事から、



Σε ισχύ τέθηκε η ρύθμιση ≪δεν πληρώνω χωρίς απόδειξη≫

Τέθηκε σε ισχύ η ρύθμιση που επιτρέπει στους καταναλωτές να μην πληρώνουν το κόστος των προϊόντων και υπηρεσιών που αγοράζουν αν δεν πάρουν απόδειξη λιανικής, καθώς η σχετική Αγορανομική Διάταξη δημοσιεύθηκε στην Εφημερίδα της Κυβέρνησης.

Οι επιχειρήσεις υποχρεούνται επίσης να αναρτούν σε εμφανές σημείο του καταστήματος πινακίδα στα ελληνικά και τα αγγλικά που θα αναγράφει ότι ≪Ο καταναλωτής δεν έχει υποχρέωση να πληρώσει αν δεν λάβει το νόμιμο παραστατικό στοιχείο (απόδειξη-τιμολόγιο)≫.






「レシートなしには払いません。」の規制が施行されます。


レシートを受け取らなかった場合、消費者に購入した商品やサービスの代金を支払わないことを許可する規制が施行される、と、市場監査局が政府の公報で発表しました。

さらに、事業者は、目立つ所にギリシャ語と英語で書かれた商店の看板を掲げることが義務づけられます。看板は、「お客様が法的に有効な文書 ( 請求書、受領書 ) を受け取らなかった場合、支払いの義務はありません。」と書かれなければいけません。






αναρτώ:κρεμώ


απόδειξη:レシート、領収書
τιμολόγιο:勘定書

posted by kyotakaba at 13:30| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο Έλληνας βεζίρης

 『 Ο Έλληνας βεζίρης 』 Έργα και ημέρες του Ιμπραήμ πασά
Hester Donaldson Jenkins
ギリシャ語翻訳:Θεοδώρα Πασαχίδου
出版社:Αιώρα

 トルコの歴史学者 Hester Donaldson Jenkins が書いた、歴史小説(?) 。
16世紀のオスマン帝国のスレイマン一世時代に、宰相に取り立てられた、ギリシャのカバラ出身のエジプトの人、イブラーヒーム・パシャの物語り、のよう?
 題名はギリシャ人の大臣ですけど。ギリシャで生まれた人だから。

.:BiblioNet : Ο Έλληνας βεζίρης / Jenkins, Hester Donaldson, 1869-1941


Hester Donaldson Jenkins - Ibrahim Pasha - ΠΟΛΙΤΙΚΗ - ΙΣΤΟΡΙΑ - ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΑΙΩΡΑ

hester_jenkins_ibrahim.jpg
posted by kyotakaba at 09:44| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 1-1

   ≪ Αυτή λοιπόν ήταν η κατάσταση στούς Δελφούς και οι άνθρωποι έκαμαν ό,τι έκαμαν : εγώ δεν μπορώ να ξέρω・ σε μένα πάντως η καταδίωξη εκείνη έδωσε την ευκαιρία της φυγής. Πήρα τους δύο νέους και, την ίδια εκείνη νύχτα, τους οδήγησα όπως ήταν και βρίσκονταν στην παραλία και τους επιβίβασα στο φοινικικό πλοίο που ήταν έτοιμο να λύσει τα πρυμνήσια. Θαμποχάραζε κιόλας η μέρα και οι Φοίνικες δεν θεωρούσαν ότι παραβαίνουν τον όρκο που μου είχαν δώσει να με περιμένουν μόνο μιά μέρα και μιά νύχτα.





 「これが、デルフィでの状況と、人々がしたことです。人々がしたすべてのことを、私は知ることは出来ません。兎にも角にも、その追撃は、逃亡の機会を私に与えてくれたのです。私は二人の若者を迎えに行き、その日の夜に、海岸にあったフェニキアの船に連れて行って、それに二人を乗せたのです。船は、船尾の綱を解く準備が出来ていたのです。日はもうすでに暮れていました。フェニキア人達は、一日と一晩だけ待っている、と、私に与えた約束を破棄してまで、私を待つことは考えてはいません。」





Θαμποχάραζε :
θαμποχάραμα [ 夕暮れ:中性名詞 ] と言う語、θαμπώνω [ 光沢が消える:動詞 ] と言う語があるので。
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

Αλάστορα から

 グラフィックノベル『 Logicomix 』の中で、ラッセルが、ウェールズの山野を逍遙する場面で、彼が、シェリーの長詩『 Alastor 』から、幾つかの行を朗誦するので、それを。

Percy Bysshe Shelley:ギリシャ語表記、Πέρσι Σέλλεϋ

下のギリシャ語部分は、『 Logicomix 』から、対応の英語部分は、Poetry Foundation から
Alastor; or, The Spirit of Solitude by Percy Bysshe Shelley : The Poetry Foundation


Η ελπίδα κι η απελπισία,
δεινόι βασανιστές, κοιμούνταν.
Οι θλίψεις κι οι πόνοι των θνητών μ' είχαν αφήσει....


The hovering powers of life. Hope and despair,
The torturers, slept; no mortal pain or fear
Marred his repose, the influxes of sense,
And his own being unalloyed by pain,
Yet feebler and more feeble, calmly fed

Συστάδες δέντρων σκοτεινές ευώδιαζαν
αγριοτριαντάφυλλα μαζί και γιασεμιά....


One darkest glen
Sends from its woods of musk-rose, twined with jasmine
A soul-dissolving odour, to invite
To some more lovely mystery.

Λιγώνε την ψυχή έτουτη η ευωδία
καλώντας τη σ' ένα γλυκό μυστήριο....



Ώ, ρυάκι, με τη βαθιά, απρόσιτη πυγή,
που μ' οδηγούν τα μυστικά νερά σου....


O stream!
Whose source is inaccessibly profound,
Whither do thy mysterious waters tend?

Πανέμορφο πουλί, πετάς προς τη φωλιά σου,
εκεί που το γλυκό σου ταίρι σε προσμένει
τον απαλό λαιμό του να πλέξει στο δικό σου!


Thou hast a home,
Beautiful bird; thou voyagest to thine home,
Where thy sweet mate will twine her downy neck
With thine, and welcome thy return with eyes
Bright in the lustre of their own fond joy.


Ώ γη, θάλασσα, αγέρα,
'Ω αδελφότητα εσύ αγαπημένη!
Μητέρα του κόσμου του ανεπίγνωστου!
Δέξου το ιερό μου το τραγούδι
για τι εσένα, μόνο εσένα, αγαπώ!!!


Earth, ocean, air, belovèd brotherhood!

Mother of this unfathomable world!
Favour my solemn song, for I have loved
Thee ever, and thee only;





希望と絶望、
恐ろしい苦悩、それらが眠っている。
死すべき者らの悲嘆、苦痛、それらは私を放っている…

陰った木立が薫りを放つ、
野薔薇とジャスミンも一緒に。

その薫りは、甘い謎を呼び寄せながら、
魂に目眩を起こさせる。

ああ、渓流よ、その深み、その近寄れない水底、
そこに、不思議な水が私を導くのだ。

素晴らしく美しい鳥よ、お前の巣へと飛んで行くがいい、
そこでは、お前の優しい連れ合いが、お前を待っている。
そして、お前の柔らかい首に抱きつこうと構えている。

ああ、大地よ、海よ、風よ、
ああ、お前は、愛すべき同胞なのだ!

知り尽くすことの出来ない、この世界の母よ!
私の、この厳粛な歌を気に入って下さい、
これは、貴女のための歌、貴女だけのための歌、私は愛しているのです!!
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月12日

Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 5

Κι ύστερα απο καιρό πήγε πάλι να ξομολογηθεί
και πανώ στην εξομολόγηση έκλεψε το χρυσό ρολόι του πάπα...



≪ Και τί να 'κανα;
Δεκάρα δεν είχα!
Άσε που δεν το χαρήκα,
γιατί με πιάσανε και
με χώσανε μέσα. ≫




Θα πάς στην κόλαση για να τιμωρηθείς.





≪ Μωρέ κι εσυ σάν εκείνους τους παγαπόντηδες εκέι κάτω δικάζεις; ≫
≪ Αλλά τί να σου κάνω;
Έπρεπε να 'χα πάρει και το άλλο μου παπούτσι! ≫






それから、その人が、また告白に行った時には、
告白をしながら、神父の金時計を盗みました。




「だって、おれは、ほかにどうしたらよかったんだ。
小銭も持ってなかったんだ。
小銭もないおれを放してくれ。
なんで、やつらはおれをとっつかまえて、
おれのポケットを探るんだ。」




お前は、地獄に行って、罰せられることになっている。



「あんたねえ、下で放浪者の様になれという裁定を出すのかい?」
「でも、おれにどうしろと言うんだい?
歩くには、新しい靴がいるじゃないか!」
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月11日

Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 4

≪ Γιατί ... Γιατί ...
Δεν μ' άφηνε να μπω ... ≫



Για να μη σ' αφήνει, θα πει πώς δεν έπρεπε να μπείς!




Γιατί είσαι αμαρτωλός, είσαι κλέφτης.
οι κλεφτές τιμωρούνται.
Δεν ξέρεις τις 10 εντολές;

≪ όχι ≫





Αυτός μετανόησε μιά φορά και πήγε κι εξομολογήθηκε.
Μετά ομώς ξανακλέψε!





≪ Άφου δεν είχα δουλέια και πεινούσα... ≫








「どうして、どうして、おれを入れてくれないのだ…、」


お前に好きにさせない様に、あれは、お前は入ってはならぬと言ったのだろう!



お前は罪人だからだ。お前は泥棒だ。
泥棒は罰せられる。
お前は十戒を知らないのか?

「いいや、知らねえ。」


そのひとは、一度改心しました。それから、懺悔しました。
でも、その後、また盗みをしたのです。



「それは、おれは、仕事がなくて、腹がへってて…、」
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 3

Να λοιπόν


Οι μουσικές αμέσως σταμάτησαν και μιά βαθιά σιωπή έπεσε.




Συλλάβετε τον!!!




Γιατί το έκανες αυτό;







それならば



すると直ぐに、音楽は止んで、深い沈黙が降りて来ました。


「その者を捉えなさい!!」



「何ゆえに、あの様なことをしたのだ?」
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月08日

Αστέρια στον πάτο της λίμνης

 2012年のギリシャの児童文学賞を受賞した作品。
『 Αστέρια στον πάτο της λίμνης 』湖の底の星ぼし
Εύη Γεροκώστα
1200語で、叙情性が豊かな作品と言うこと。
ΜΕΤΑΙΧΜΙΟ 出版

Metaixmio. Αστέρια στον πάτο της λίμνης

賞を出す団体:Κύκλος του Ελληνικός Παιδικό Βιβλίο
www.greekibby.gr - Βραβεία


作者 Εύη Γεροκώστα のweb ページ:
Εύη Γεροκώστα


0003526_195.jpeg
posted by kyotakaba at 16:53| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 2


 Βρήκε τη σπιτονοικοκυρά του.
Που την είχε για καλή γριά.
Νά ψάχνει τις τσέπες του για λεφτά....




Και τόσο συγχυστήκε.
Που πρόλαβε ν' άρπαξει το νέα μόνο παπούτσι κι έφυγε !




  Έφτασε στην πύλη του παράδεισου
και τη βρήκε κλείστη.
Χτύπησε λοιπόν δυνατά.




≪ Τί θέλεις; ≫
≪ Νά μπω, τί άλλο; ≫
≪ Μά εσύ για αλλού! ≫




≪ Τί μου λές; Εγώ εδώ θα μπω....
Αλλού να πάς εσύ!
Κι εδώ που τα λέμε,
καλά ήμουν εκεί κατώ.
Γιατί να με πάρετε; ≫
≪ Δεν είσαι για εδώ.
Σού είπα! Δρόμο! ≫








 下宿の女主人がいました。
バラファスは、いいおばあさんだと思っていました。
でも今、女主人は、小銭がないかと、バラファスの遺体のポケットを探しているのです。


ですから、とても困惑したのでした。
それで、女主人より先に新しい自分の靴を引ったくり、逃去ったのです!


バラファスは天国の門に着きました。
門は閉まっていました。
ですから、強く叩いたのです。


「何ですか?」
「入るんです、他に何かあるの?」
「おや、あなたは他のとこですよ!」


「何を言う? おれはここに入る筈だろ…、
あんた、他所へ行け!
みんなは言ってたんだ、
地上では、おれはずっと善良だったんだ。
なんで、おれを通してくれないんだ?」
「あなたはここではない。
そう言いました。何処かへ行きなさい!」
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 1

 Δημοσθένη Βουτυρά の短編をグラフィック・ノベル化したものを集めた『 Παραρλάμα 』。それに収められた「 Ο ΜΠΑΛΑΦΑΣ ΣΤΟΝ ΠΑΡΑΔΕΙΣΟ 」のテキスト部分、吹き出しとナレーションの部分だけを読んでみます。





  Ύστερα από πολλά βάσανα και κόπους.
κατόρθωσε, πρώτη φορά στη ζωή του.
να κάνει παπούτια ο φτωχός Μπαλάφας.



  Ίσως από την πολλή χαρά που θα φορούσε
κι αυτός μιά φορά καινούριγια παπούτσια.
πέθανε....



 Καθώς η ψυχή του πετούσε ελεύθερη στον ουρανό,
θυμήθηκε τις αρβύλες.



 Ήταν τέτοια λαχτάρα του.
Που γύριζε πίσω να τις πάρει.








 たくさんの苦しみと苦労の末に、
やっと成し得たのです。それは、彼の人生で初めてのこと。
貧しいバラファスは、靴を誂えたのです。


 それを履けると言う大きな喜びからでしょう、
かれは、新しい靴を一度だけ履いただけで、
死んでしまいました。


 彼の魂は空を自由に飛んでいたのですが、
軍靴のことを思い出しました。


 それは、彼がずっと切望していたものなのでした。
それを取りに戻りました。
posted by kyotakaba at 14:19| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

はなだ 5

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「はなだ」のギリシャ語作文の続き、最後の文。





 そこへ、鵺が遣って来て、一声鳴きました。小鳥たちは、みな、松の枝の中に隠れました。 貴公子は、面白がって笑いました。





Τότε η τσίχλα ήρθε και φώναξε μια φορά. Ώστε όλο πτηνά κρύφτηκαν μέσα στη λόχμη του πεύκου τραγμένα. Το αγόρι διασκέδασε με αυτό γεγονός και γέλασε.
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

はなだ 4

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「はなだ」のギリシャ語作文の続き、まだ途中なのだけど、でも、ここは繰り返し。




 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした擬宝珠のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした紫苑のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした桔梗のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした露草のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした撫子のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした菊のように美しい。 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした朝顔のように美しい。」
 すると、また別の一羽が降りて来て、  「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした芸香のように美しい。」


Έτσι άλλο κατέβηκε, έριξε το λουλούδι, τραγούδησε.
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η χόστα.
Κι εγώ έριξα την χόστα, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η άστηρ.
Κι εγώ έριξα την άστηρ, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η κινεζική καμπανούλα.
Κι εγώ έριξα την κινεζική καμπανούλα, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η κομμελίνα.
Κι εγώ έριξα την κομμελινα, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο το γαρίφαλο.
Κι εγώ έριξα το γαρίφαλο, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο το χρυσάνθεμο.
Κι εγώ έριξα το χρυσάνθεμο, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η περικοκλάδα.
Κι εγώ έριξα την περικοκλάδα, τώρα. ≫
Και άλλο τραγούδησε,
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο ο απήγανος.
Κι εγώ έριξα τον απήγανο, τώρα. ≫
posted by kyotakaba at 15:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

παμίλες

 カザンザキスの『日本旅行記』に出ている語、παμίλες 。全く不明。果物が並べてある場面で使われているので、何かの果物か? 辞書を探して、見つけられた似ている語は、μπάμια オクラ。香港での場面なので、当地の言葉をそのままギリシャ語表記したものか?


― Εκεί στη γωνιά, του αποκρίθηκα, βλέπω μιάν παράγκα ξεχειλισμένη φρούτα ― ανάδες, μαγκό, παπάι, παμίλες. Εγώ θα πάρω αυτον το δρόμο !
posted by kyotakaba at 09:16| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

はなだ 3

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「はなだ」のギリシャ語作文の続き、まだ途中なのだけど、



 一羽の小鳥が枝から降りました。嘴から、一輪の花を池に落として、蓮の葉の露を飲みました。そして、歌いました。
「今日、わたしはあるお姫様のお庭に行った、そのお姫様は、今落とした龍胆のように美しい。」




Τώρα, ένα πτηνό κατέβηκε από το κλαδί. Και έριξε το λουλούδι στη λιμνούλα από το ράμφο του, και ήπιε την δροσιά από το φύλλο του ινδικού λωτού. Έτσι τραγούδησε.
≪ Σήμερα, πήγα στον κήπο.
Μιά πριγκήπισσα τον κατείχε.
Η πριγκήπισσα είναι τόσο όμορφη
όσο η γευτιανή.
Κι εγώ έριξα την γευτιανή, τώρα. ≫
posted by kyotakaba at 14:20| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

Μα ετούτη τη φορά ως μέλος του ακροατηρίου

 『 Logicomix 』の2章の冒頭の部分から。『 Logicomix 』は、バートランド・ラッセルが、アテネのアテネ大学、アカデミアで公演をしている設定で、その回想が物語りになっているのですが、折々、ラッセルが語っている『 Logicomix 』の現在時間に戻ることがあります。2章の冒頭もそうで、その台詞は、公演でよく使われる様なものだと思いますので。


Κυρίες και Κύριοι, φανταστείτε με τώρα σε μια αίθουσα αρκετά όμοια με αυτήν εδώ ... Μα ετούτη τη φορά ως μέλος του ακροατηρίου.




さて、紳士淑女の皆さん、此処とちょうど同じ様な講堂に居る、その時には、聴衆の一人であった私を思い描いて下さい。
posted by kyotakaba at 08:20| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする