2013年02月28日

エティオピア物語 第五巻 10-1

  Αυτά λοιπόν σχετικά με το γράμμα. Ο δε Καλάσιρης μαζί με τον Κνήμωνα, πρίν ακόμα καλοξημερώσει, πηγαίνουν να συναντήσουν τον Ναυσικλή ανυπομονώντας να πάρουν κάποια πληροφορία・ ο δε Ναυσικλής, όταν ρωτήθηκε τί είχε κάμει, διηγήθηκε τα πάντα :





 これが、手紙の中味でした。カラシリスは、新しい日がまだ開ける前に、クニモンとナフシキリスに会いに行きました。詳しいことを知りたくて居たたまれなかったのです。一方、ナフシキリスは、何が起こったかを尋ねられると、すべてを説明したのです。





Καλοξημερώνω :
ξυπνώ καλά, ξημερώνομαι στα καλά μου, η καινούργια μέρα με βρίσκει καλά
posted by kyotakaba at 12:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ビザンツ帝国の最期

『ビザンツ帝国の最期』
ジョナサン・ハリス
井上浩一 訳
白水社  2013年2月刊
白水社 : 書籍詳細|ビザンツ帝国の最期


『 The End of Byzantium 』
Jonathan Harris
Yale University Press  2012年7月刊
The End of Byzantium by Jonathan Harris - Yale University Press


ビブリオ・ネットでは、Jonathan Harris のギリシャ語訳の新しいのは2004年のもの、
『 Το Βυζάντιο και οι σταυροφορίες 』( ビザンチンと十字軍 )。
.:BiblioNet : Το Βυζάντιο και οι σταυροφορίες / Harris, Jonathan
posted by kyotakaba at 09:58| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月27日

エティオピア物語 第五巻 9-2

  Και να τί έλεγε το γράμμα : ≪ Στο σατράπη Οροονδάτη ο φρούραρχος Μιτράνης・ τον Έλληνα αυτον νέο, τον οποίο έχω συλλάβει και ο οπίος είναι τόσο ωραίος, ώστε εγώ δεν δικαιούμαι να τον έχω στην κατοχή μου και μόνο ο ισόθεος και μέγιστος βασιλιάς μας είναι άξιος να τον βλέπει και να υπηρετείται από αυτον, τον στέλνω σε σένα παραχωρώντας σου το δικαίωμα να προσφέρεις στον κοινό μας κύριο ένα τόσο ωραίο και τόσο πολύτιμο δώρο που κόσμημα όμοιό του δεν είδε ούτε πρόκειται να δεί ποτέ η βασιλική αυλή ≫.





 手紙にはこのように書いたのです。「司令官ミトラニスから太守オロンダティス閣下へ。わたくしはこのギリシャの若者を捕えました。この者は、とても素晴らしいです。わたくしにはこの者を所用する権利はありません。ただ一人、神にも等しい我らの偉大な王だけが、この者を見るのに値する方で、この若者に傅ずかれる資格があるのです。ですから、わたくしは、この者を殿に送り申し上げ、まことに素晴らしく価値のある贈物を、我らが共通のご主君へ上納する権利を殿に譲るものであります。この者はまことに素晴らしく、この者に似た宝は在りはしないし、王宮にも決してない程に、価値あるものです。」
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月26日

エティオピア物語 第五巻 9-1

  Και αφού άλλαξαν τα λόγια αυτά, διέσχισαν τη λίμνη και χωρίστηκαν : ο μέν Ναυσικλής παίρνοντας μαζί του τη Χαρίκλεια τράβηξε πρός τη Χέμμη, ο δε Μιτράνης κατευθύνθηκε πρός άλλες κωμοπόλεις της περιφέρειάς του・ συνάμα, χωρίς καμιά καθυστέρηση, έστειλε τον Θεαγένη στη Μέμφιδα μαζί με γράμμα πρός το σατράπη.





 それらの会話を交わすと、一方のナフシキリスは、ハリクレアを連れてヘミーへと急いだのでした。そして、他方のミトラニスは、自分の都の周辺にある大きな村へと道を向けたのでした。同時に、ミトラニスは、少しも間を置くことなく、テアゲニスを、太守宛ての手紙を付けてメンフィスに送り出したのでした。
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月25日

エティオピア物語 第五巻 8-6

αλλά, ελαφρόμυαλος καθώς ήταν, παρασύρθηκε από την ταχύτητα της απάτης που δεν του άφησε καιρό να το καλοσκεφτεί και ≪ πάρ' τη, δική σου είναι ≫, είπε στον Ναυσικλή・ και με τα λόγια αυτά του την παράδωσε κοιτάζοντάς την επίμονα και δείχνοντας καθαρά ότι την παραχωρεί με κρύα καρδιά και επειδή είχε πληρωθεί προκαταβολικά・ ≪ όσο γι' αυτον εδώ ≫, πρόσθεσε εννοώντας τον Θεαγένη, ≪ όποιος και να 'ναι, άς είναι δικό μου λάφυρο κι άς με ακολουθήσει φρουρούμενος・ σκοπεύω να τον στείλω στη Βαβυλώνα : είναι ό,τι πρέπει για να υπηρετεί στο τραπέζι του βασιλιά ≫.





けれども、ミトラニスは軽薄でした。自分にじっくり考える間を与えない速攻の偽りの所為で、愉悦に浸っていたのです。ミトラニスはナフシキリスに言いました。「この女を取れ、お前のものだ。」 そう言うと、ハリクレアをナフシキリスに渡したのです。それでも、ミトラニスはハリクレアを執拗に見詰めていました。そして、自分は冷淡な気持ちでハリクレアをナフシキリスに渡したと言うこと、それに、前払いが既に支払われていると言うことを、ミトラニス、はっきりと示したのです。それから、テアゲニスのことを付け加えました。「この者は、儂の戦利品としよう。逃げられないようにして儂について来させよう。儂は、この男をバビロニアに送るつもりだ。王の食卓へ給仕するのに相応しいだろう。」




「 είναι ό,τι πρέπει για να υπηρετεί στο τραπέζι 」、
ό,τι の用法、よく分かりません。
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

Ζαχαροπλαστείο

 ギリシャのお菓子やさんのビデオ:
Χατσή と言うお店、



http://www.chatzis.gr/index.php
posted by kyotakaba at 09:29| Comment(2) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月22日

エティオピア物語 第五巻 8-5

  Τρέχει τότε ο Ναυσικλής πρός τον Μιτράνη κι αρχίζει να του καταφιλεί την κεφαλή συγχαίροντάς τον με ενθουσιασμό για την επιτυχία του και κάνοντας τον βάρβαρο εκείνον να φουσκώνει από υπερηφάνεια που τάχα τόσα άλλα είχε κατορθώσει στους πολέμους αλλά και η παρούσα εκστρατεία του είχε ευτυχές τέλος. Κι εκείνος, παραζαλισμένος από τους επαίνους και συνάμα βεβαιωμένος ότι έτσι έχει το πράγμα μετά την απατηλή δήλωση της Χαρίκλειας για το όνομα, εντυπωσιάτηκε βέβαια από την ομορφιά της που, μέσα από το φτωχικό της φόρεμα, έλαμπε σάν αχτίνα φεγγαριού ανάμεσα στα σύννεφα,





 そうして、ナフシキリスはミトラニスの方へ走り寄って、頭に激しくキスをし始めたのです。そして、ミトラニスの成功に感激して彼に祝いを述べたのです。それから、その夷人に、一つには戦いに快勝し、もう一つには、ミトラニスの現下の遠征軍が幸運な結果を得たのだと言う自惚れで、高慢になるように仕向けたのです。ミトラニスは、その賞讃をひどく煩わしく思うと同時に、ハリクレアが名前について虚偽の申し出をした後には物事はそうしたものだと疑うこともなかったのですが、ハリクレアの、雲の中の月光のような、粗末な衣服の中の美しさをはっきりと心に刻んだのでした。






καταφιλώ : γεμίζω κάποιον με φιλιά φιλώ πολλές φορές και ζωηρά

ευτυχής:形容詞、主格・男性/女性の語尾は、-ής。中性の語尾は、-ές 。
中性は主格と対格が同形の語尾。

παραζαλισμένος:παραζαλίζω:ζαλίζω κάποιον υπερβολικά

έτσι έχει το πράγμα:物事とは大抵こんなものだ
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月21日

ΠΕΛΟΠΟΝΝΗΣΙΑΚΗ ΠΡΩΤΟΧΡΟΝΙΑ

 インターネットで、古書店のショーケースを見ていて、きれいな表紙の本があったので。

『 ΠΕΛΟΠΟΝΝΗΣΙΑΚΗ ΠΡΩΤΟΧΡΟΝΙΑ 1965 』
ペロポネソス新年 1965
作者は、Τσέλαλης Αγησίλαος 。

 ビブリオ・ネットではこの作品も作者も見つけられなくて。ウィキペディアでも。
Εθνικό Κέντρο Βιβλίου のデータでは、
1905年生まれ、1968年没の人らしいです。アンドリツェナ Ανδρίτσαινα の出身。アテネ大学で歴史学の教授だった人?

 ビブリオ・ネットで検索されないので、新刊は手に入らないのかもしれません。
『ペルポネソスの新年』も、内容はまったく分からないのですが。

Εθνικό Κέντρο Βιβλίου / Σύγχρονοι Έλληνες συγγραφείς

imagemagic.php.jpeg
posted by kyotakaba at 21:33| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 8-4

  Και δείχνοντας απέραντη χαρά, έπιασε τη Χαρίκλεια και, μιλώντας της ψιθυριστά στα ελληνικά ώστε να μην καταλαβαίνουν οι παρευρισκόμενοι, της σύστησε, άν ήθελε να σωθεί, να παραδεχτεί ότι είναι η Θίσβη・ η δε Χαρίκλεια, ακούγοντας να της μιλούν ελληνικά και υποθέτοντας ότι ο άνθρωπος εκείνος μπορούσε να τη βοηθήσει, μπήκε κι αυτή στο κόλπο και, όταν ο Μιτράνης ζήτησε να μάθει πώς τη λένε, παραδέχτηκε πώς το όνομα της είναι Θίσβη.





 ナフシキリスは大層な喜びを見せて、ハリクレアを掴んで、そこに居る者たちが分からないように、ギリシャ語で囁いて、助かりたいならば、自分はシスヴィであると認めるように、忠告したのです。一方、ハリクレアは、自分にギリシャ語で話されたのを聞くと、この人は自分を助けてくれることが出来るのだろうと考えました。そして、その人の懐に入ったのです。そして、ミトラニスがハリクレアに何と言う名前かと尋ねると、名前はシスヴィだと認めたのです。


παρευρίσκομαι:παραβρίσκομαι

συστήνω:= συνιστώ
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第二巻 24-2 の訂正

 エティオピア物語が第五巻の8で、物語り時制の現在に戻り、第二巻の24に続くようになっています。それで、第五巻の8を読んでいて、第二巻24 で間違っていたことに気がつきました。
 Μιτράνης を地名の様に読んでいました。人名でした。

Κι όταν ο γέροντας τον ρώτησε ≪ τί έπαθες; ≫, ≪ αναρωτιέμαι ≫, απάντησε, ≪ πώς και με τίνος υποστήριξη σχεδίασε την επιδρομή ≫. Και κείνος ≪ φίλε μου ≫, είπε, ≪ στο όνομα του Μεγάλου Βασιλιά την Αίγυπτο κυβερνάει ο Ορονδάτης κι έχει ορίσει φρούραρχο αυτης εδώ της πόλης τον Μιτράνη・ αυτον λοιπόν, αντί πολλών χρημάτων, έχει πάρει μαζί του ο Ναυσικλής με πολυάριθμο στρατό και πλήθος καβαλάρηδες.




 老人がクニモンに「何を苦にしておられるのか?」と尋ねると、クニモンは答えました。「一体、誰の差し金で、襲撃が企てられたのだろうかと、私は怪訝に思うのです。」 すると、老人は言いました。「優しいお方、大王の名の下にエジプトをオロンダティスが支配しています、そして、この都の守備にミトラニスを指定しているのです。そして、ナフシキリスは、大金の代わりに、ミトラニスと共に、大人数の軍隊と多くの騎兵を連れて行ったのです。」


エティオピア物語 第二巻 24-2: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月20日

エティオピア物語 第五巻 8-3

  Και όταν πλησίασε η συνοδεία και άκουσε ο Ναυσικλής τους δύο νέους να επικαλούνται συνεχώς τη βοήθεια των θεών, εμπνεύστηκε κάτι εμπορικό και δραστικό συνάμα : πετάγεται μπροστά, τους πλησιάζει και ≪ αυτή είναι η Θίσβη ≫, φωνάζει, ≪ αυτή είναι που μου άρπαξαν οι απαίσιοι ποιμένες και τώρα την κρατώ χάρη σ' εσέ, Μιτράνη, και στους θεούς ≫.





 御供の女が近づいて来た時に、ナフシキリスがハリクレアとテアゲニスが間断なく神の助けを祈っているのを聞くと同時に、取り引き出来る有効なことを思い付いたのです。前に飛び出して、二人に近付きました。そして、叫んだのです。「この女はシスヴィだ。忌々しい羊飼いどもが我らから攫って行った女だ。遂に、私はこの女を捕えたぞ。貴方、ミトラニス様とそれに神々のお陰です。」
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月19日

エティオピア物語 第五巻 8-2

  Οι δυό νέοι λοιπόν οδηγούνταν πρός τον αρχηγό που δεν ήταν άλλος από τον Μιτράνη, το φρούραρχο του Ορονδάτη, σατράπη του Μεγάλου Βαασιλιά στην Αίγυπτο, που είχε, όπως είπαμε, μεταβεί στο νησί, πληρωμένος αδρά από τον Ναυσικλή, για να αναζητήσει τη Θίσβη.





 若い二人は首領の元へ連れて行かれました。その者は、エジプトの大王の太守オロンダティスの司令官のミラトニスに他ならないのでした。これまで、語ったように、司令官は、シスヴィを探すために、ナフシキリスから大金を受け取って、島に来ていたのです。
posted by kyotakaba at 11:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月18日

エティオピア物語 第五巻 8-1

  Τους έπιασαν λοιπόν και τους οδήγησαν όσο πιό γρήγορα μπορούσαν στον αρχηγό τους συναγωνιζόμενοι ποιός θα του παρουσίαζε πρώτος το ωραιότερο απ' όλα λάφυρα・ ήταν εξάλλου και το μόνο που επρόκειτο να του προσφέρουν・ κανένας δεν είχε βρέι τίποτε άλλο, κι άς είχαν διατρέξει απ' άκρη σ' άκρη το νησί και σάν με δίχτυ το είχαν ολόκληρο τυλίξει με τα όπλα τους. Το νησί όλο είχε γίνει παρανάλωμα της φωτιάς κατα τον πόλεμο που είχε προηγηθεί και δεν είχε απομείνει παρά το σπήλαιο, που όμως δεν γνώριζαν την ύπαρξή του.





 そうして、男たちは二人を捕まえると、自分たちの首領の元へ二人を出来るだけ速く連れて行ったのです。競争相手の誰かが戦利品の中で最も素晴らしいものを一番に提出しているかもしれません。それに、この男たちが首領に差し出すのは、ハリクレアとテアゲニスだけだったのです。自分たちの武器をまるで網のようにして島中を隈なく漁り、島の端から端まで通ったのですが、他に誰もいなかったからです。島は、先に起こった戦いの炎ですべて焼かれていました。洞窟以外は残っていなかったのです。けれども、男たちは、洞窟があることを知らなかったのです。
posted by kyotakaba at 14:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

μετεωρίτης

 昨日の新聞の見出し。それぞれ、第一報と思うのですが。

カセメリニ:
Πτώση θραυσμάτων μετεωρίτη στα Ουράλια
ウラルに隕石の破片の落下


ト・ビーマ:
Ρωσία: Πτώση μετεωρίτη προκαλεί ζημιές και τραυματισμούς
ロシア:隕石落下が被害と負傷者を出す


ナフテムポリキ:
Ρωσία: Τραυματισμοί και ζημιές από βροχή μετεωριτών
ロシア:彗星による負傷者と被害
posted by kyotakaba at 08:16| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

Όταν περνούν οι γερανοί από τις Αλυκές Κίτρους

 ト・ビーマ、2013年1月30日記事


Όταν περνούν οι γερανοί από τις Αλυκές Κίτρους


Σπάνια είδη πτηνών καταγράφηκαν στο Εθνικό Πάρκο Δέλτα Αξιού - Λουδία - Αλιάκμονα


Επτά γερανοί καταγράφηκαν από τους επιστήμονες στις Αλυκές Κίτρους. Τα πτηνά ήρθαν στη χώρα μας από τις σκανδιναβικές χώρες και τη Βορειοανατολική Ευρώπη για να ξεχειμωνιάσουν. Επίσης, στο Δέλτα του Αλιάκμονα παρατηρήθηκαν 20 στικταετοί προερχόμενοι από την παγωμένη Ρωσία.

Στον κατάλογο των ειδών που βρέθηκαν στο Εθνικό Πάρκο Δέλτα Αξιού - Λουδία - Αλιάκμονα περιλαμβάνονται θαλασσαετοί, οι οποίοι φωλιάζουν εκεί, φοινικόπτερα (φλαμίνγκο) καθώς και χιλιάδες πάπιες, σήμα κατατεθέν της περιοχής κάθε χειμώνα.

Στις ανατολικές εκβολές του Αξιού παρατηρήθηκαν ακόμη 250 βουβόκυκνοι ενώ χιλιάδες πάπιες καταγράφηκαν στον υγρότοπο της Νέας Αγαθούπολης, όπου ξεχώρισαν τα 1.700 κιρκίρια (οι πιο μικρόσωμες πάπιες).

Οι μεσοχειμωνιάτικες καταμετρήσεις διοργανώνονται κάθε χρόνο από την Ελληνική Ορνιθολογική Εταιρεία στη συγκεκριμένη περιοχή (όπως και σε άλλες σημαντικές φυσικές περιοχές της χώρας), με τη συμμετοχή στελεχών του Φορέα Διαχείρισης του Εθνικού Πάρκου.






鶴がアリケス・キトルウスに立ち寄る
アクシウス、ルウディア、アリアクモナの国立公園で、希少鳥類が記録される。

アリケス・キトルウスで学者が七羽の鶴を観測しました。鳥たちは、スカンジナビア地方や北東ヨーロッパから、越冬するために、私たちの国に来たのです。また、アリアクモナのデルタ地帯では、凍てついたロシアから来ている二十羽のカラフト鷲が観測されました。

アクシウス、ルウディア、アリアクモナの国立公園のデルタ地帯で見られる種類のリストには、海鳥も含まれます。幾つかの種はそこに営巣します。フラミンゴや数千の鴨のように、この地域の特徴となっているものもあります。

アクシウスの東の河口では、ネア・アガスポリスの水域で、250羽に及ぶコブハクチョウ、更に、数千羽の鴨が観測されています。そこでは、1,700羽のコガモ ( 最も小さい鴨 )を見出すことも出来るのです。

ギリシャ鳥類学会による、真冬の特定地域( その他の重要な自然のある地域も )での羽数調査は、国立公園の管理局の職員の参加を得て、毎年行われています。




ξεχειμωνιάζω:περνάω το χειμώνα

σήμα κατατεθέν:
1. εμπορικό σήμα που προστατεύεται από πνευματικά δικαιώματα
2. (μεταφορικά) το κύριο χαρακτηριστικό γνώρισμα κάποιου τόπου, προσώπου κλπ
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月14日

Αύξηση εισαγωγών στα Νοσοκομεία λόγω αιθαλομίχλης

 ト・ビーマ、2013年2月8日付け記事


Αύξηση εισαγωγών στα Νοσοκομεία λόγω αιθαλομίχλης



Εντονότερα τα αναπνευστικά προβλήματα τις ημέρες που τα αιωρούμενα μικροσωματίδια ήταν πάνω από το επιτρεπτό όριο



Τα πρώτα σοβαρά προβλήματα στη δημόσια υγεία, εξαιτίας της αιθαλομίχλης, έκαναν την εμφάνισή τους.

Οι ειδικοί επιστήμονες διαπίστωσαν ότι τις ημέρες που τα αιωρούμενα μικροσωματίδια (ΡΜ 10) ήταν πάνω από το επιτρεπτό όριο (μεγαλύτερο των 50 mgr ανά m2), αυξήθηκε ο αριθμός των εισαγωγών στα Νοσοκομεία ατόμων με αναπνευστικά προβλήματα.

Η παραπάνω διαπίστωση έγινε κατά τη διάρκεια σύσκεψης της Ειδικής Επιχειρησιακής Επιτροπής του Εθνικού Κέντρου Επιχειρήσεων Υγείας (ΕΚΕΠΥ) για την αιθαλομίχλη.

Στη σύσκεψη συμμετείχαν, μεταξύ άλλων, ο πρόεδρος του ΕΚΕΠΥ   Παναγιώτης Ευσταθίου και ο καθηγητής Πνευμονολογίας Παναγιώτης Μπεχράκης.

Στη σύσκεψη αποφασίστηκε η συνεργασία του Ιατρικού Συλλόγου Πειραιά με το ΕΚΕΠΥ, με την δημιουργία δικτύου 15 πνευμονολόγων και δύο ειδικών Ιδιωτικών Θεραπευτικών Κλινικών, με σκοπό την καταγραφή επιδημιολογικών στοιχείων, που συνδέονται με την αύξηση των αιωρούμενων μικροσωματιδίων ΡΜ 10 και ΡΜ 2,5.






スモッグによる入院患者の増加

この数日に於ける呼吸器系の障害が極めて顕著に。空中に浮揚する微粒子は許容範囲を越えています。

スモッグによる公衆衛生への深刻な問題がついに表面化しました。

専門家たちは、この数日に微粒子 ( PM 10 ) が許容範囲 ( 平方辺り最大値50ミリグラム ) を越えていて、呼吸器の障害による入院患者数を増加させていたことを明らかにしました。

上の発表は、大気汚染に関するギリシャ中央保健機構の専門部門委員会協議の中で公表されました。

会議には、ギリシャ中央保健機構の総裁、パナギティス・エウスタシウ、呼吸器学の教授パナギオティス・ベフラキスもその中に参加しました。

会議では、空中に浮遊する微粒子PM 10 とPM 2.5 と呼吸器病が結びつくと言う疫学上のデータを記録する目的で、呼吸器医師の15のネットワークの設立し、また、専門の民営治療クリニックを2施設開設することに於いて、ピレウスの医師会と中央保健機構が協力することが合意されました。
posted by kyotakaba at 13:58| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月13日

エティオピア物語 第五巻 7-3

  Κάποιοι από τους επιδρομείς έκαμαν να τους χτυπήσουν・ όταν όμως οι νέοι σήκωσαν τα μάτια, θαμπώθηκαν οι επιτιθέμενοι, λύγισε η ψυχή τους και χαμήλωσαν τα χέρια : τους όμορφους κι οι βάρβαροι ακόμα ντρέπονται να τους προσβάλουν και στην εράσμια θέα τους και αλλόφυλου μάτι ημερεύει.





 強奪者たちの内の何人かが、二人に打ち掛ったのです。けれども、若い二人が目を上げたとき、攻撃して来た者たちは目が眩みました。男たちの魂は、屈服して腕を降ろしたのです。二人の美しさに、野蛮人たちは攻撃することが恥ずかしくなったのです。視線は、野蛮人たちの神それに外国の神へ注がれるように、穏やかになりました。





επιδρομέας:複数対格が επιδρομείς


εράσμιος:[ ΕΤΥΜΟΛΟΓΙΑ :‹ ερω = αγαπώ, συμπαθώ, ερωτεύομαι] αυτός που είναι αξιαγάπητος.

αλλόφυλος:[ άλλος + φυλή ‹ φύω = φυτρώνω ] αυτός που ανήκει σε άλλο φύλο ή φυλή, ο αλλοεθνής
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月12日

エティオピア物語 第五巻 7-2

   ≪ Άς κάμουμε ό,τι θέλεις ≫, είπε ο Θεαγένης και την ακολούθησε σάν να σερνόταν πίσω της. Αλλά δεν πρόλαβαν να φτάσουν στη σπηλιά : όσο εκείνοι εχθρών, που είχαν αποβιβαστεί απαρατήρητοι σε άλλο μέρος του νησιού, τους παγίδεψε από πίσω. Σταμάτησαν τρομοκρατημένοι・ η Χαρίκλεια έτρεξε κοντά στον Θεαγένη : άν ήταν να πεθάνει, ήθελε να πεθάνει στα δικά του χέρια.





 「貴方の言われたこと、そのままを私たちはしましょう。」とテアゲニスは言いました。それから、ハリクレアの後ろに這うようについて行ったのです。けれども、二人には、洞窟に辿り着く暇はなかったのです。敵の男たちは、島の目立たない別の所にすでに上陸してして、後ろから二人を罠にかけたのでした。怯えた二人は立ち止まりました。ハリクレアはテアゲニスの側に駆け寄りました。もし死ぬのならば、テアゲニスの手の中で死にたいと思ったのです。
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月11日

エティオピア物語 第五巻 7-1

  Η Χαρίκλεια δεν συμφώνησε με όλα του τα λόγια : ναί μεν είχε δίκιο, έλεγε, που κακολογούσε την τύχη, αλλά δεν επιδοκίμαζε την πρότασή του για την παράδοσή τους στους εχθρούς・ γιατί δεν ήταν βέβαιο ότι θα τους σκότωναν αμέσως ( δεν ήταν και τόσο ευνοϊκή η τύχη που είχαν ν' αντιπαλέψουν, ώστε να επιτρέψει γρήγορη απαλλαγή τους από τα δεινά ), αλλά ήταν ενδεχόμενο να θελήσαν να τους κρατήσουν ζωντανούς για να τους έχουν δούλους κι αυτό θα ήταν πιό πικρό κι από τον πιό κακό θάνατο : σκλάβοι στα χέρια αχρείων βαρβάρων θα ήταν υποχρεωμένοι να υφίστανται τις πιό φριχτές και αποτρόπαιες ταπεινώσεις. ≪ Κι αυτές ≫, πρόσθεσε, ≪ με κάθε δυνατό τρόπο άς τις αποφύγουμε βασίζοντας την ελπίδα μας στην πείρα του παρελθόντος : πολλές φορές ήδη και από πιό απελπιστικές καταστάσεις επιζήσαμε ≫.





 ハリクレアはテアゲニスの言葉の全部には賛成しませんでした。確かに、テアゲニスが運命を悪く言ったこと、そのことについては正しいと思ったのです。けれども、敵に二人が降伏するという案には賛成しなかったのです。と言うのは、敵達が即座に二人を殺すかどうかが確かではなかったからです。( 即座に殺して、災難から二人を解き放すことを許すほどに、運命は好都合ではなかったのです。 ) 一方で、敵達は、二人を奴隷にする為に、生きたまま捕まえることも考えられるのです。それは、最悪の死よりもさらに辛いものになるでしょう。下劣な野蛮人の手の中の奴婢とは、この上なく恐ろしい身の毛も弥立つような恥ずかしめを受けるでしょう。ハリクレアは、言い加えました。「私たちのこれまでの経験から得た希望に基づいて、出来る限りのあらゆる方法で、この運命から逃れましょう。そうして、何度も、切迫した状況から、私たちは生き残ったのです。」





αντιπαλεύω:ανταγωνίζομαι κάποιον στην πάλη

δεινά:συμφορά


「 άς τις αποφύγουμε 」、
τις は、η τύχη の複数だと思いました。
posted by kyotakaba at 11:54| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月08日

エティオピア物語 第五巻 6-4

  Γιατί λοιπόν να μην της διακόψουμε τη σύνθεση αυτής της τραγωδίας παραδιδόμενοι σ' αυτούς που θέλουν να μας σκοτώσουν; Διότι υπάρχει φόβος, στη φιλότιμη προσπάθειά της να κάμει πιό εντυπωσιακό το τέλος του έργου, να μας υποχρεώσει ακόμα και αυτόχειρες να γίνουμε ≫.





 「そもそも、この逃亡の中で、私たちを殺そうと望んでいる神々に身を委ねている私たちに、この悲劇を作り上げることを止めさせないのは、何故なのでしょう? 神が創るこの悲劇作品に印象的な最後を作ろうと言う並々ならない努力にとって、私たちに自殺をさせてしまうというのは、神には、恐いことだからなのです。」





「 να μην της διακόψουμε 」、
ここの της は、εξορία だと思いました。
διακόψουμε は、イポタティキの一人称複数の形です。
この接続法の節の主格は、παραδιδόμενοι です。
ここでは、ナレーターではなく、登場人物テアゲニスの発話の中なので、
話者であるテアゲニスが主格であり、複数となっているのは、自分とハリクレアのことだと思いました。
「 μας υποχρεώσει ακόμα και αυτόχειρες να γίνουμε 」、
私たちを自殺者となるように強いる、なので、自殺を動詞にして読みました。
posted by kyotakaba at 12:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月07日

エティオピア物語 第五巻 6-3

  Δεν βλέπεις πώς τα καταφέρνει την εξορία ν' ακολουθούν από κοντα οι πειρατές, τις συμφορές στη θάλασσα βαρύτερες ακόμα στη στεριά, πρίν από λίγο ο πόλεμος, σε λίγο οι ληστές; Μόλις πρίν μας κρατούσε στην αιχμαλωσία και τώρα μας αφήνει μόνους κι έρημους・ μας τάζει σωτηρία και ελεύθερη φυγή και την ίδια στιγμή στήνει μπροστά μας τους φονιάδες μας ― τέτοιον μας κάνει πόλεμο παίζοντας σάν δράμα επί σκηνής τις περιπέτειές μας.





 「この放浪の中で次々に起こったたくさんのこと、例えば国を出て直ぐの海賊、陸でよりも悲惨だった海での凄まじい出来事、その直ぐ後の戦い、そしてまた直ぐ後の盗賊、と、次々起こったことを、貴女は分かってないのですか? 運命は、前には、捕われの身にしておいて、今は、他に人も無い私だけにさせています。救済と逃亡を私たちに与えたかと思うと、同じ瞬間に、私たちの目前に、私たちを殺す者たちを送って来るのです。― まるで冒険活劇の舞台に立っているかのように、私たちを弄んで戦いを仕掛けるのです。」
posted by kyotakaba at 11:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

κανιά

 カザンザキスの旅行記で使われていた語、
「 κανιά 」、μάγκικος / 俗語で、足。

「 τάχα 」、τάχα / τάχτε、:δήθεν, φαινομενικά

Μπουχτίσαμε πιά να κοιτάζουμε τα στραβά της κανιά και τα χοντρά της τα γόνατα.

私たちは、この踊り子の曲がった足や太い膝を見るのには、もう飽きているのだ。
posted by kyotakaba at 08:47| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月06日

エティオピア物語 第五巻 6-2

  Αλλά ο Θεαγένης τη σταμάτησε λέγοντας ≪ ώς πότε θα αποφεύγουμε το ριζικό μας που παντού μας κυνηγάει; άς υποταχτούμε στην τύχη μας κι άς πάμε με το ρεύμα・ το μόνο που θα χάσουμε είναι η μάταιη περιπλάνηση, μιά ζωή χωρίς σπίτι και ο αδιάκοπος εξευτελισμός μας από τις προσβολές της τύχης.





 ですけれど、テアゲニスは、立ち止まって言いました。「私たちを追いかける宿命から何時まで逃れていられるでしょうか? 自分たちの運命に任せてみましょう。流れのままに進みましょう。私たちが失うだろうものは、ただ、家も無く運命に襲われた為の屈辱的な生活、と言う無意味な放浪だけですから。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Μη φεύγεις, μη μένεις

「 Μη φεύγεις, μη μένεις 」 行かないで、でも、ここに居ないで


Ελευθερία Αρβανιτάκη

posted by kyotakaba at 11:53| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月05日

エティオピア物語 第五巻 6-1

  Ίλιγγος έπιασε τους νέους σάν τους είδαν κι έμειναν άφωνοι για πολύ σάν να είχαν γίνει αναίσθητοι από τα απανωτά χτυπήματα της μοίρας・ μετά από ώρα και ενώ πιά οι επιδρομείς είχαν σχεδόν προσορμιστεί, πρότεινε η Χαρίκλεια να αποδράσουν μακριά και να κρυφτούν στο σπήλαιο, όπου ίσως δεν θα τους ανακάλυπταν・ και την ίδια στιγμή άρχισε να τρέχει.





 武装した者たちを見ると、二人を目眩が捉えました。長い間、二人は黙っていました。まるで、運命がひっきりなしに痛めつけるので、二人とも無感覚になってしまったかのようでした。暫く経つと、次々に男たちが港に入って来て、もっとたくさんの強奪が起こったのです。ハリクレアは、遠くへ逃げて洞窟に隠れようと意見を出しました。そこならば、敵達は二人を見つけられないでしょうから。そして、その瞬間、二人は走り出したのでした。





αποδρώ:δραπετεύω
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

エティオピア物語 第五巻 5-4

  Η Χαρίκλεια φρόντισε να μεταμφιεστεί : τα περιδέραια και τα στέμματα και την ιερή εσθήτα τα έκρυψε σ΄ένα σακούλι και φόρεσε άλλα ρούχα φτωχικά ώστε να περνάει απαρατήρητη・ το τόξο και τη φαρέτρα τα έδωσε στον Θεαγένη να τα κρατεί ― σε κείνον πολύ ευχάριστο φορτίο και στο θεό που υπηρετούσε όπλο αγαπητό. Μόλις όμως έφτασαν στη λίμνη και ετοιμάστηκαν να επιβιβαστούν σε μιά βάρκα, είδαν ένα πλήθος ενόπλων να διαπεραιώνεται στο νησί.





 ハリクレアは、どうにかして変装しました。首飾り、冠、巫女の衣裳などは、一つの袋の中に隠して、目立たず通り過ぎられるように別の貧相な服を着たのです。矢と箙はテアゲニスが持っているようにと渡しました。― 矢と箙は、テアゲニスには、喜んで引き受けたい荷物でしたけれど、ハリクレアにとっては、神に仕える為のお気に入りの武具だったのです。湖に出ると直ぐに、二人は、乗り込めるように小舟を設えたのです。そして、大勢の武装した者たちが、対岸の島へ渡るのを見たのです。





εσθήτα:γυναικείο ένδυμα, το φόρεμα, το φουστάνι

διαπεραιώνω:μεταφέρω κάτι ή κάποιον στην απέναντι όχθη ή ακτή
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ανιώ

 カザンザキスの旅行記で使ってあった語、「 ανιώ 」。
ανιώ : νιώθω ανία

Οι Εγγλέζοι επιμένουν, παίζουν ακόμα λίγο γκόλφ, μά ανιούν.

イギリス人たちは、少しでもゴルフをすることに固執する。しかし、退屈している。
posted by kyotakaba at 08:36| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月03日

η Αριστερά δεν είναι παρά μια ≪διαρκής ευαισθησία≫.

 きのう、インターネットをぶらぶら見ていたら、イギリスのポピュラー音楽家のロジャー・ウォーターズさんのインタビューに、ギリシャの作家の名前が出て来るものに、出会いました。
 その作家は、Γιώργος Ιωάννου ヨルゴス・イアヌウ。1927年生まれ、1985年没。セサロニキ出身。
 ウォーターズさんのインタビューでは、彼の言葉、「 η Αριστερά δεν είναι παρά μια ≪διαρκής ευαισθησία≫. 」が引用されていたのでした。検索すると、新聞カセメリニも、この言葉が引用されている記事があって、η γνωστή φράση του Γιώργου Ιωάννου / 有名なヨルゴス・イアヌウの言葉、とありました。他のブログ記事では、≪Η Αριστερά είναι μια διαρκής ευαισθησία≫.≪Η Αριστερά είναι μια διαρκής επιθυμία και ένα συνεχές και πάντοτε ανεξόφλητο χρέος≫. とも。
 出典は分からないのですが。

左翼とは、畢竟、何処までも続く感受性に他ならない。

.:BiblioNet : Ιωάννου, Γιώργος, 1927-1985
posted by kyotakaba at 10:04| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

Τα ψηλά βουνά

 Ζαχαρίας Παπαντωνίου、1877年生まれ、1940年没の作家。エヴタニア県の Καρπενήσι 出身。山岳地方で育ったのだと思います。
 ザハリアス・パパンドニオウが、1918年に、小学校三年生の読本のために書いたのが、『 Τα ψηλά βουνά 』。以来、現在まで読み継がれている本のようです。さすがに、教科書としてはもう使用されてないかと思うのですが。

.:BiblioNet : Παπαντωνίου, Ζαχαρίας Λ., 1877-1940

 ウィキソースには、詩作品は載っていますが、散文はないようでした。
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月01日

エティオピア物語 第五巻 5-3

   Ύστερα αγκαλιάστηκαν και πάλι και ξανάρχισαν το θρήνο σάν να επικύρωναν τη συμφωνία με δάκρυα για σπονδές και με φιλιά για όρκους. Ύστερα, αναδύθηκαν από το σπήλαιο χωρίς ν' αγγίξουν κανένα από τα κειμήλια που φυλάγονταν εκεί γιατί θεωρούσαν βέβηλα τα πλούτη που προέρχονταν από αρπαγές・ μαζί τους πήραν μόνο όσα οι ίδιοι είχαν φέρει από τους Δελφούς και τους τα είχαν αρπάξει οι ληστές.





 それから、二人は抱きしめ合って、また、泣き始めたのです。まるで、献酒式をして、取り決めたことに涙で裏付けを書き、口づけで誓約を立てるかのようでした。それから、二人は、そこに蓄えられていた遺物には何も触らずに、洞窟から外へ出たのでした。二人は、それらは、強奪で得られた汚れた財産だと考えたからです。二人と共にデルフィから来ていて、盗賊に奪われていた物だけを取ったのでした。




κειμήλιο:ονομάζεται ένα αγαπητό αντικείμενο που φυλάγεται διαμέσου των χρόνων, ό,τι πολύτιμο φυλάγεται σαν ενθύμιο.
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする