2013年07月31日

マグナ・グラエキア ギリシア的南部イタリア遍歴

『マグナ・グラエキア ギリシア的南部イタリア遍歴』平凡社ライブラリー 790
グスタフ・ルネ・ホッケ
種村季弘 訳
平凡社  2013年7月刊
平凡社[平凡社ライブラリー − マグナ・グラエキア]



Gustav René Hocke
1908年生まれ、1985年没。ベルギー出身、ドイツ語の文筆家。

原題『 Magna Graecia. Wanderungen durch das griechische Unteritalien 』1960年発表。
posted by kyotakaba at 12:32| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 27-8

  Έτσι λοιπόν, χωρίς τη θέλησή μας, πατήσαμε οι κακότυχοι στη γή των Αιγυπτίων και, ενώ οι άλλοι χαίρονταν, εμείε ήμαστε περίλυποι και καταριόμασταν τη θάλασσα που μας έσωσε και, αντί να μας χαρίσει έντιμο θάνατο, μας παρέδωσε σε στεριά πιό φοβερή από κείνην και σε μοίρα πιό σκληρή αφού την όριζαν οι άνομες βουλές μιάς συμμορίας ληστών.





 「そうして、そうしようとも思わずに、不運な私たちは、エジプトの地に足を踏み降ろしたのです。ある者たちは喜んでいたのですが、私たちは、とっても悲しくて海を恨めしく思ったのです。海は私たちを救いはしました。尊厳ある死を私たちに与える代わりに、海よりももっと恐ろしい陸に、そして、もっと過酷な運命へ、私たちを引き渡したのです。と言うのは、無法が海賊の一団を支配することになったのですから。」
posted by kyotakaba at 11:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月30日

エティオピア物語 第五巻 27-7

  Πειστικά τους φάνηκαν τα λόγια του και τον παίνεψαν και για τις δύο σκέψεις του αφού αμέσως κιόλας αποδείχτηκε σωστή η πρώτη : από τη στιγμή που χώρισε το πλοίο από το πειρατικό, ένιωσαν κάποια σύντομη ανακούφιση・ δεν απαλλάχτηκαν βέβαια εντελώς από τα δεινά : κύματα απανωτά συνέχισαν να πλήττουν το καράβι και πολλές αβαρίες χρειάστηκε να κάμουν και κάθε είδους κινδύνους να υποστούν ώσπου, αφού κύλησε η δύσκολη εκείνη νύχτα και όλη η επόμενη ημέρα, αράξαμε πρός το δειλινό σε κάποια παραλία στο στόμιο του Νείλου το Ηρακλεωτικό.





 「トラヒネスの言葉は、海賊たちには説得力があるように思えたのです。二つの点で海賊たちはトラヒネスを賞讃しました。もうすでに最初のことは正しいことが証明されていたからです。海賊の舟から商船を切り離した瞬間から、少しだけ安定を感じたのです。もちろん、苦難から完全に解放されたのではありませんでした。続けざまに押し寄せる波は、商船を叩き続けて、様々な危機の度にたくさんの投げ荷が必要でした。そうして、その危険な夜とその翌日の昼が過ぎて行ったのです。そうしてやっと、私たちは、夕方になって、ナイル河口のイラクレオティコの何処かの海岸に碇を下ろしたのです。」
posted by kyotakaba at 11:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月29日

エティオピア物語 第五巻 27-6

  τέλος, έκοψε και το σκοινί με το οποίο ήταν δεμένο το πειρατικό στο πλοίο μας διατεινόμενος ότι σέρναμε πίσω μας μία ακόμα τρικυμία και συνάμα εξηγώντας στους ληστές ότι έτσι προνοούσε για τη μελλοντική ασφάλειά τους : όπου κι άν άραζαν με δύο πλοία, έλεγε, θα τους υποψιάζονταν οπωσδήποτε και θα ρωτούσαν τί απέγιναν οι επιβάτες του ενός από τα δύο.





 「遂には、トラヒネスは、海賊の舟と私たちの船を繋いでいた綱を切ったのです。そして、後ろにまた別の嵐が迫っているのだ、と断言したのです。それと同時に、海賊たちの将来の安泰を用意している、と海賊たちに説明したのです。こう言いました。二艘の船が繋がっていれば、向こうの船に乗っている者たちはどうなるだろうかと、お互いに疑うようになるだろう。」
posted by kyotakaba at 13:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月27日

Πολιτιστικός ≪πόλος έλξης≫ το Παγκόσμιο Συνέδριο Φιλοσοφίας στην Αθήνα

 カセメリニ web 版、7月25日付記事から、

Πολιτιστικός ≪πόλος έλξης≫ το Παγκόσμιο Συνέδριο Φιλοσοφίας στην Αθήνα


Στην ιδιαίτερη σημασία που έχει η διοργάνωση του Παγκόσμιου Συνεδρίου Φιλοσοφίας για πρώτη φορά στην Ελλάδα, αναφέρθηκε ο πρόεδρος της Οργανωτικής Επιτροπής, καθηγητής Φιλοσοφίας του Πανεπιστημίου Αθηνών, Κωνσταντίνος Βουδούρης, σε συνέντευξη Τύπου που παραχώρησε ενόψει της έναρξης των εργασιών του συνεδρίου στις 4 Αυγούστου.





文化的「重力極」世界哲学会議がアシナにて

 ギリシャで初めての世界哲学会議の開催の持つ特別の意味を、アシナ大学哲学教授会会長のコンスタンティン・ブドゥリス氏が、八月四日の会議の開始を目前にして承諾した記者会見で述べました。
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

エティオピア物語 第五巻 27-5

  Κι ενώ ήδη βουλιάζαμε και λίγο ακόμα και θα πνιγόμασταν, μερικοί από τους ληστές επιχείρησαν να πηδήξουν στο δικό τους σκάφος κι έπειτα παραιτήθηκαν επειδή τους εμπόδιζαν τα κύματα αλλά και οι νουθεσίες του Τραχίνου που τους έλεγε ότι θα μπορούσαν ν' αγοράσουν μύρια τέτοια σκάφη άν διέσωζαν το εμπορικό καράβι και το πλούσιο φορτίο του・





 「私たちは沈み始めていましたが、溺れてしまうにはまだ少し間がありました。海賊たちの何人かは、自分たちの船に飛び乗ろうとしました。ですけれど、波が妨げるので諦めたのです。すると、トラヒネスは、海賊たちに、商船とその積み荷を救出したならば、海賊たちのそのような舟は幾らでも買うことが出来る、と訓戒を出したのです。」
posted by kyotakaba at 11:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

エティオピア物語 第五巻 27-4

  Βρεθήκαμε λοιπόν σε έσχατο κίνδυνο και όχι τόσο από τη βιαιότητα της θύελλας που δεν είχε φτάσει ακόμα στην πιό μεγάλη ακμή της, όσο από την απειρία του καπετάνιου που της αντιστεκόταν όσο έλαμπε κάποια ανταύγεια από το φως της μέρας, αλλά εγκατέλειψε τον αγώνα όταν νίκησε τη μερα το σκοτάδι.





 「それですから、私たちは、最悪の危険に直面していたわけなのです。その危険と言うのは、最高潮には達していない嵐の脅威によるものではありませんでした。船長の未経験の為だったのです。船長は、昼の光からの反照が輝いている限りは、嵐に立ち向かえたのですが、暗闇が昼を追い遣ってしまっては、嵐との戦いを諦めてしまったのです。」
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月24日

エティオピア物語 第五巻 27-3

  Έτσι λοιπόν, όπου έτυχε να βρεθεί καθένας τους, ασκούσε αυτοσχεδιάζοντας οποιοδήποτε μέρος της ναυτικής τέχνης και όλοι έπαιρναν το θάρρος να αναλάβουν αυτοδίδακτοι διάφορα έργα : άλλοι πάσχιζαν ταραγμένοι να μαζέψουν τα πανιά, άλλοι τακτοποιούσαν όπως όπως τα σχοινιά, σε άλλον αδαή λάχαινε η πλώρη, σε άλλον η πρύμη και το δοιάκι.





 「そうして、偶々そこに居た誰もが、航海士の役割をそれが何であっても兎も角、間に合わせで取りかかったのです。全員が、様々な役割を我流で果たそうとする気概を持っていたのです。ある者たちは、震えながら帆を降ろそうと奮闘し、ある者たちは、なんとかかんとかして綱を並べました。他の何も分からない者たちは、偶々舳先に居たり船尾に居たり舵に居たりしたのです。」
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月23日

エティオピア物語 第五巻 27-2

  Ακουγόταν το βούισμα του ανέμου που σηκωνόταν και σε λίγο ριπές ορμητικές και βίαιες ρίχτηκαν καταπάνω μας σκορπίζοντας ξαφνικό τρόμο στους ληστές που είχαν αφήσει το δικό τους σκάφος για να επιδοθούν στην αρπαγή του φορτίου, με αποτέλεσμα να τους βρεί η θύελλα μέσα σ' ένα πλοίο που, εξαιτίας του μεγέθους του, δεν ήξεραν πώς να το μανουβράρουν.





 「その時吹き始めた風の唸りが聴こえました。直ぐに、激しい荒々しい驟雨が私たちの上に落ちかかったのです。すると、海賊たちの間に突然に震えが広まったのです。海賊たちは、積み荷の略奪に没頭していて船にまだ居たのです。船に居る時に嵐に会ったのですが、その大きさの船を操る方法を海賊たちは知らなかったからなのです。」
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月22日

エティオピア物語 第五巻 27-1

  Κι ενώ διαδραματίζονταν αυτά, ο ήλιος έφτανε στη δύση του και απλωνόταν εκείνο το μισόφωτο που αποτελεί το μεταίχμιο ανάμεσα στη μέρα και τη νύχτα. Την ίδια ώρα στη θάλασσα ξέσπασε αιφνίδια ταραχή, ίσως επειδή άλλαζε ο καιρός, ίσως και από κάποια άδηλη βουλή της τύχης.





 「こう言ったことが繰り広げられているうちに、太陽は入りの時間になって、昼と夜の間に境を作っている薄暗がりが拡がって行ったのです。その同じ時に、海では、突然に時化が起こったのです。気候が変わったのかも知れないし、あるいは、計り知れない天命の所為だったのかも知れません。」





μεταίχμιο:το διαχωριστικό σημείο ανάμεσα σε δύο αντίθετα
posted by kyotakaba at 12:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月19日

エティオピア物語 第五巻 26-4

  Τελικά, καθώς μαλάκωνε η καρδιά του από τα δάκρυα και το βλέμμα της τον έκανε πιό υποταχτικό, σήκωσε την κόρη και “ τον αδελφό σου ”, είπε, “ σου τον χαρίζω μ' όλη μου την καρδιά・ αυτό το παλικάρι μου φαίνεται γεμάτο ανδρεία και ικανό να συνεισφέρει στο επάγγελμά μας・ όσο γι' αυτον το γέρο, άχρηστο βάρος είναι, αλλά για χατίρι σου και μόνο, άς σωθεί ”.





 「遂には、トラヒネスの心は、ハリクレアの涙で宥められ、ハリクレアの眼差しで従順になったのです。そして、娘を立たせて言いました。「貴方のお兄様については、まるっきり、貴女にお任せしましょう。あの若者は、勇気に溢れ、有能で私たちの仕事に寄与するように思えます。御老人については、まるっきり役立たずですが、貴女の便宜の為に、助命しましょう。」」
posted by kyotakaba at 11:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月18日

エティオピア物語 第五巻 26-3

  Αλλά άν όντως θέλεις να έχω θάρρος και τώρα και στο μέλλον, δώσε μου μία πρώτη απόδειξη της αγάπης σου・ σώσε τον αδελφό μου από δώ και τον πατέρα μου και μην τους αφήσεις να εγκαταλείψουν το πλοίο γιατί θα μου είναι αδύνατο να ζήσω άν τους αποχωριστώ ”. Και με τα λόγια αυτά πρόσπεσε στα γόνατά του και έμεινε εκεί για ώρα σφίγγοντάς τα ενώ ο Τραχίνος απολάμβανε το αγκάλιασμα και αργοπορούσε επίτηδες την υπόσχεση.





 「「けれども、貴方が、今もこれからも、本当に私に信頼を持たせたいのでしたら、まず、貴方の愛の証しを私に見せて下さい。ここに居る私の兄と私の父を助けて下さい。船から出ていかさせないで下さい。二人と別れては、私は生きてはいけないからです。」 ハリクレアはこう言うと、トラヒネスに跪いたのです。そして、トラヒネスが抱擁を楽しんで故意に約束をするのを遅らせている間、トラヒネスの両膝を抱きしめたままでした。」
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月17日

エティオピア物語 第五巻 26-2

  Αυτά είπε εκείνος κι η Χαρίκλεια ― το ευφυέστατο αυτό πλάσμα ―, ικανή καθώς ήταν ν' αρπάζει τις ευκαιρίες αλλά και ακολουθώντας τη δική μου συμβουλή, έδιωξε από το βλέμμα της την κατήφεια που της είχαν προκαλέσει τα δεινά που μας τριγύριζαν και, πιέζοντας τον εαυτό της να γίνει γοητευτική, “ δοξάζω ”, είπε, “ τους θεούς που σου ενέπνευσαν φιλάνθρωπα αισθήματα για μας.





 「海賊はそう言ったのです。ハリクレアは、最も秀でた創造物であるハリクレアは、機会を捉えられそうになると直ぐに、私の助言に従って、自分の眼差しの中から私たちを取り巻いている諸々のことが引き起こしていた憂鬱を追い払ったのです。そして、自分自身に、魅力的になるように強いたのです。そして言いました。「私たちの為に、貴方に博愛の感情を吹き込んだ神々を私は賛美します。」」
posted by kyotakaba at 14:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月16日

エティオピア物語 第五巻 26-1

  Όταν λοιπόν ήλθε και η δική μας η σειρά να εκτελέσουμε τη διαταγή, καθώς περνούσαμε από μπρός του, σταμάτησε ο Τραχίνος τη Χαρίκλεια και “ πολυαγαπημένη μου ”, της είπε, “ δεν είναι εναντίον σου ο πόλεμος αυτός αλλά για χάρη σου・ μέρες πολλές, από τη στιγμή που φύγατε από τη Ζάκυνθο, σε ακολουθώ, για χάρη σου επιχείρησα τόσο μακρύ και τόσο επικίνδυνο θαλασσινό ταξίδι・ μή φοβάσαι λοιπόν και μάθε πώς εσύ μαζί με μένα θα είσαι η δέσποινα όλων αυτων των θησαυρών ”.





 「そうして、私たちが命令を実行する番が回って来たのです。そして、トラヒネスの前を私たち三人が通り掛ると、トラヒネスはハリクレアを止めたのです。そしてハリクレアに言いました。「ああ、最愛の人よ、この戦いは貴女に対してのものではないのです。そうではなくて、貴女の美しさ故なのです。貴女がザキントス島を去ってから、何日もの間、私は貴女を追っていました。貴女の美しさ故に、私は、これ程に遠くにまで、これ程に危険な海の旅に乗り出したのです。ですから、怖がらないで下さい。私と一緒にいて、これらの財宝全てを支配する奥様になるのだと言うことをお分かり下さい。」」
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月14日

Φαράγγι της Σαμαριάς

 テレビのBS放送のBS日本テレビの番組『トラベリックス』で、ギリシャ・クレタ島のト・ファランギース・サマリアスを紹介していたので、YouTubeに何かビデオがないかと思って検索しました。




Καλώς ορίσατε στην σελίδα του Εθνικού Δρυμού Σαμαριάς - Φορέας Διαχείρισης Εθνικού Δρυμού Σαμαριάς
posted by kyotakaba at 21:59| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月12日

はいずみ 4

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「はいずみ」、最後の文。





 その翌日の昼、喜びいさんで化粧をした姫は、男の家に行きました。ところが、男は恐れて逃げ出しました。
 姫の顔は、化粧と間違えた墨で真黒でした。





  Την επόμενη ημέρα, το απόγευμα στο σπίτι του πήγε η πριγκίπισσα που μακιγιάρισε με χαρά. Ο άντρας όμως ξέφυγε από το φόβο. Το πρόσωπο της ήταν κατάμαυρο με την μελάνη που αυτή γελάστηκε.



おわり
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月10日

エティオピア物語 第五巻 25-3

  Φαίνεται όμως ότι για τον άνθρωπο τίποτε δεν μετράει όσο η ζωή・ γι' αυτό και τότε οι Φοίνικες, άν και απογυμνωμένοι από τα πλούτη που τους υποσχόταν το πλοίο, έμοιαζαν σάν μην είχαν χάσει τίποτε και παράβγαιναν ποιός θα προλάβει να επιβιβαστεί πρώτος στη βάρκα σάν να τους περίμενε κάποιο μεγάλο κέρδος καθώς καθένας τους αγωνιζόταν να βρεθεί το γρηγορότερο σε μέρος όπου δεν θα κινδύνευε η ζωή του.





 「どうやら、人間にとって、生命に匹敵するものは何もない様でした。そう言う分けですから、フェニキアの人たちは、例え、航海で見込まれていた富が無くなって丸裸になっても、何も失っていないかの様に装って、そして、誰が出し抜いて最初に小舟に乗るのかを競うのでした。それはまるで、大きな利益が自分たちを待っているかの様でした。それにまた、誰もが、生命を脅かされない場所を一番早く見つけようと競っていたのです。」
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月09日

エティオピア物語 第五巻 25-2

  Οι δε πειρατές, άν και ήδη διψούσαν για αΐμα ― είναι γνωστό ότι η θέα του αίματος παροξύνει το φρόνημα ―, με το πρόσταγμα του Τραχίνου, χάρισαν εντελώς ανέλπιστα τη ζωή στους ικέτες και έγινε ένα είδος άσπονδης εκεχειρίας που στην πραγματικότητα ήταν ο σκληρότερος πόλεμος μαλακωμένος με το απατηλό όνομα της ειρήνης, μιά και επέβαλλε όρους βαρύτερους από τη μάχη. Γιατί ο όρος ήταν να εγκαταλείψουν το πλοίο μόνο με τα ρούχα που φορούσαν και για τον παραβάτη η ποινή θα ήταν θάνατος.





 「一方、海賊たちは、いまだに血を渇望しているかの様でした、― 海賊たちは、血を見ると士気が昂ることがよく知られているのです ― トラヒネスの命令で、海賊たちは、全く思いがけず、その懇願を入れて命を許したのです。和議の無い休戦となったのです。実際には、平和と言う偽りの名前を使うことで穏やかに見せた、より厳しい戦いなのでした。その戦いは、より辛い条件を押し付けて来たのです。着の身着のままで船を置いて行くと言う条件なのでした。違反への罪罰は死なのでした。」





παροξύνω:παρορμώ / επιμένω σε μια πράξη που χειροτερεύει τη κατάσταση /χειροτερεύω ερεθισμό
posted by kyotakaba at 11:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月08日

エティオピア物語 第五巻 25-1

  Όταν όμως ένας ληστής, ο τολμηρότερος απ' όλους, πήδηξε πάνω στο πλοΐο και χτυπώντας με το ξίφος του όποιον έβρισκε μπροστά του, τους έδωσε να καταλάβουν ότι με φόνο και θάνατο κρίνεται η μάχη κι όταν, αμέσως ύστερα, πήδηξαν και οι άλλοι όλοι, τότε πιά άλλαξαν γνώμη οι Φοίνικες και, πέφτοντας στα γόνατα, ικέτευαν τους ληστές να τους χαρίσουν τη ζωή υποσχόμενοι να εκτελέσουν όλες τις προσταγές τους.





 「けれども、一番大胆な海賊が一人、船の上に飛び上がり、目の前に居た者に剣で襲い掛かると、人々に、人殺しとの戦いは必ず死に至ると分からせたのです。その後直ぐに、他の海賊たちも飛び上がって来たのです。すると、フェニキアの人々は、考えを変えて、跪いて海賊たちに、言われることは何でもするからと命乞いをしたのです。」

7月9日訂正

υποσχόμενοι は、παθητική φώνη の μετοχή で、形容詞化されている語の主格の複数形だと思うのですが、ここでは、ενεργητική φώνη の μετοχή のように、動詞の意味合いの方が強い様に思えます。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月06日

Δόμνα Σαμίου

 Δόμνα Σαμίου 、1928年生まれ2012年没の、ギリシャ民謡研究家で、演奏家。

ホームページ:
Δόμνα Σαμίου | Καλλιτεχνικός Σύλλογος Δημοτικής Μουσικής Δόμνα Σαμίου

YouTube のページ:
Domna Samiou - YouTube


Της Άρτας το γεφύρι  アラトス橋

posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月05日

エティオピア物語 第五巻 24-5

  “ Δυστυχισμένοι ”, έλεγαν, “ γιατί παραλογίζεστε και ετοιμάζεστε να σηκώσετε όπλα εναντίον μιάς τόσο ακαταμάχητης δύναμης που τόσο ξεπερνάει τη δική σας; Γιατί ρίχνεστε σε αναπόφευκτο θάνατο; Ώς τώρα σας φερόμαστε φιλάνθρωπα, σας επιτρέπουμε να επιβιβαστείτε στη σωσίβια λέμβο και να σωθείτε πηγαίνοντας όπου θέλετε ”. Και οι μεν πειρατές αυτά πρότειναν・ αλλά οι άνθρωποι του φοινικικού πλοίου, ενόσω μάχονταν μάχη ακίνδυνη και διεξήγαν πόλεμο αναίμακτο, έδειχναν θάρρος και αρνούνταν να εγκαταλείψουν το σκάφος.





 「海賊たちはこう言ったのです。「望みのない者たちよ、お前たちを遥かに凌ぐ抗いようのない力に対して、武器を取ろうとしているなんて、何故、お前たちは、そう理に疎いんだ? 何故に、避けることの出来ない死に、自らを投げ捨てるのだ? 今なら、俺たちはお前たちに友好的に振る舞うぞ、今なら、お前たちが避難する小舟に乗り込んで何処へでも好きなところへ行って命を永らえるのをを赦すぞ。」 海賊たちは、こう提案したのです。ところが、一方、フェニキアの船の人々は、安全な戦いを戦い、血を流すことのない戦いを実行している間は、勇気を示して、船を見捨てることを拒否したのです。」




Δυστυχισμένοι:呼格

παραλογίζομαι:κάνω ή λέω κάτι παράλογο

ενόσω:στο χρονικό διάστημα που..
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月04日

Concert in Athens

 ギリシャの作曲家、エレニ・カラインドルー Ελένη Καραΐνδρου のコンサートを録音したものが、ECMからリリース。

『 Concert in Athens 』
ECM New Series 2220

 それで、アンゲロプロスの『第三の翼』の日本での公開はどうなったのか知ら??
posted by kyotakaba at 16:41| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 24-4

  Αυτό ακριβώς και έγινε : πλησίασαν οι ληστές και τοποθετήθηκαν εγκάρσια πρός εμας αποπειρώμενοι να γίνουν κύριοι του πλοίου χωρίς να χύσουν αΐμα・ ακόμα δεν είχαν αρχίσει να χτυπούν, αλλά, κάνοντας κύκλους γύρω μας, δεν μας επέτρεπαν να κινηθούμε πρός καμιά κατεύθυνση και έμοιαζαν με πολιορκητές που πάσχιζαν να κυριέψουν το πλοίο με συμφωνία.





 「ちょうどこのように起こったのです。海賊たちは近付いて来ました。私たちの横手につけて、血を流すことなく、船の主導権を執ろうと企てていたのです。攻撃は、まだ始めていませんでした。ですが、私たちを取り囲んでいたのです。私たちがどの方向へも行くことをさせなかったのです。まるで包囲軍の様で、一斉に船を攻略しようとしているのでした。」
posted by kyotakaba at 12:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月03日

Αγαπάνθια του κάρδου

 この季節に咲いている、紫色で星形で、秋の彼岸花に似た花、アガパンサス。これは、ギリシャ語の αγαπο と άνθος の合成語と言うことですけれど。ギリシャでは、何と言うのかと思って、Agapanthus で検索してみたのですが、やはり分かりません。
 かわりに、カミキリ虫の名前が。Αγαπάνθια του κάρδου 。アガパンシア・トゥ・カルドゥ。でも、これは言葉の意味としては、どういうものなのでしょう。心から花好き、でしょうか?? 英文字表記:Agapanthia cardui 。日本では、ケブカカミキリ、と言うらしいのですが、

Αγαπάνθια του κάρδου - Βικιπαίδεια

800px-Agapanthia_cardui_nature.JPG
posted by kyotakaba at 19:04| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第五巻 24-3

  Εγώ εξάλλου και η Χαρίκλεια κρατούσαμε σφιχτά τον Θεαγένη που φλεγόταν από πολεμικό μένος και μόλις που τα καταφέρναμε να τον κρατήσουμε μακριά από τη μάχη, εκείνη μεν για να μην τους χωρίσει, όπως έλεγε, ούτε ο Θάνατος αλλά με ένα ξίφος κι ένα χτύπημα να υποκύψουν και οι δυό στην ίδια μοίρα, κι εγώ επειδή, μαθαίνοντας πώς ο επιτιθέμενος ήταν ο Τραχίνος, είχα βάλει με το νού μου κάτι που θα μπορούσε να αποβεί χρήσιμο στο μέλλον.





 「私とそれにハリクレアは、テアゲニスを固く押さえ付けたのです。テアゲニスは、戦いの激情に燃え上がっていたのです。なんとかテアゲニスを戦いから遠ざけることが出来たのです。ハリクレアは、死が一振りの剣か一撃の打撃かで二人を打ちのめしさえしても、二人は同じ運命にあって、別れ別れにはならない様にしたのです。私はと言えば、攻撃して来た者がトラヒネスだと分かったのです。トラヒネスはこれから何かの役に立つ様になるかもしれない、と言う考えが私の心の中に浮かんだのです。」




αποβεί : αποβαίνω : καταλήγω

βάζω με το νου μου : σκέφτομαι, συλλογίζομαι
posted by kyotakaba at 12:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月02日

エティオピア物語 第五巻 24-2

  Σείστηκε με την είδηση το πλοίο μας σε ώρα γαλήνης γέμισε με θύελλα και καταιγίδα θρήνων και οδυρμών : άλλοι κατέβαιναν στ' αμπάρια, άλλοι παρακινούσαν ο ένας τον άλλον να δώσουν τη μάχη στο κατάστρωμα κι άλλοι σκέπτονταν να ξεφύγουν πηδώνας στη σωσίβια λέμβο・ κι όλ' αυτά ώς τη στιγμή που, ενώ καθυστερούσαν, τους πρόλαβε ο πόλεμος που ήθελαν ν' αποφύγουν και τους ανάγκασε να οπλιστούν για άμυνα με ό,τι έπεσε στου καθενός τα χέρια.





 「その報で、私たちの船は、号泣と悲嘆の嵐に暴風雨のために、海が穏やかな時なのに、揺れたのです。ある者たちは、船倉に降りて行きました。ある者たちは、一人が他の一人を甲板で戦わさせようと煽っていました。その時までに、遅れてしまって、逃げようとしていた戦いに先を越されてしまった他の者たちは、全員が、防御のために各人の手に武装をする他はなかったのです。」




γαλήνη:ηρεμία της θάλασσας
posted by kyotakaba at 11:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月01日

エティオピア物語 第五巻 24-1

  Βρίσκονταν ήδη κοντά μας όταν κάποιος απ΄ κείνους που είχαν επιβιβαστεί στη Ζάκυνθο φώναξε “ αυτό είναι, φίλοι μου, χαθήκαμε・ πειρατική είναι η επιχείρηση, αναγνωρίζω το πλοιάριο του Τραχίνου ”.





 「小舟が私たちの側に来ると、ザキントス島で乗り込んだ者たちのうちの一人が叫んだのです。「皆さん、ああ、どうしよう、あれは…。海賊の仕業です。私には、あの小舟が海賊トラヒネスの船だと分かります。」」
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする