2014年02月28日

Σήμερα κινήσαμε κι' αύριο πόσες έχουμε.

 ことわざ:Σήμερα κινήσαμε κι' αύριο πόσες έχουμε.
今日やろう、それだけ、明日持てる。
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月27日

τι του ορίζοντος

 アレクサンドロス・パパティアマンデスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』のなかの分、「 Ο ναύτης έδειξεν αυτή διά της χειρός σημεϊόν τι του ορίζοντος. 」が分からない。
ので、一語、一語、書いてみる。

Ο ναύτης は、実詞・男性名詞・単数、船員。 
έδειξεν は、動詞、δείκνυμι 。アオリスト、三人称単数。
αυτή は、人称代名詞、女性・単数。何を指しているのか? マリナなのか、マサリア ( マルセイユ ) なのか?
διά は、前置詞。για 。現代語だと後ろは対格だけれど? δια の用法、属格だと手段を表す、によって。
της は冠詞・属格か? 人称代名詞の女性・単数の属格あるいは与格か?
χειρός は、実詞・女性名詞:χείρ 。現代語の χέρι 。( 現代語だと中性名詞。 )
σημεϊόν は、実詞・中性名詞、カサレヴサ。現代語の σημείο 。
τι は、疑問代名詞。
του は、人称代名詞? 男性・単数の属格? 冠詞?
ορίζοντος は? 実詞 ὁρίζων? 動詞・分詞?

船員は手振りで彼女に示した。までは分かるけど、
やっぱり、
τι του ορίζοντος の節が分からない。

もう一度、考えれば、αυτή は対格なので、「彼女に」はおかしい。
だから、αυτή はマサリアに違いない。

そうすると、
船員は、手振りで、水平線にあるマルセイユを示した。
になる。
posted by kyotakaba at 12:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月26日

エティオピア物語 第六巻 9-6

  Και η Χαρίκλεια, πέφτοντας σε σκέψεις, ≪ άν βέβαια ≫, είπε, ≪ είναι γιός σου ο Θύαμης και είναι ο δικός σου κι όχι κανενός άλλου κάποιος άλλος, τότε διατρέχουμε πολύ μεγάλο κίνδυνο ≫. Κι επειδή ο Καλάσιρης απόρησε και ζήτησε να μάθει την αιτία, ≪ ξέρεις ≫, του είπε, ≪ ότι είχα αιχμαλωτιστεί από τους βουκόλους・ εκεί λοιπόν γοήτευσε και τον Θύαμη η ομορφιά που φαίνεται ότι μου δόθηκε για την κακή μου τύχη και υπάρχει φόβος, άν τον συναντήσουμε στο διάστημα των αναζητήσεών μας, μόλις με δεί να θυμηθεί ποιά είμαι και να με υποχρεώσει να υποστώ το γάμο που μου πρότεινε τότε κι εγώ με κάποιο τέχνασμα τον απέφυγα ≫.





 ハリクレアは、考え込んでから言いました。「シアニスが、他の誰の息子でもなく、貴方の息子だと言うことが確かなのでしたら、私たちはとても危険である恐れがあります。」 すると、カラシリスは、当惑して、訳を知ろうとしたので、ハリクレアはカラシリスにこう言いました。「私が牛飼いたちに捕われていたことをご存知ですね。そこで、私に悪運を与える恐ろしいものに思える美しさが、シアニスを魅了したのです。私たちがテアゲニスを探している最中に、シアニスに出会ったとすれば、あの方は私を見ると直ぐに、私が誰かを思い出すでしょう。それに、あの方が私に結婚を受け容れるように強いて、その筈だったのに、私が謀りごとをつかって、あの方から逃げ出したことも、思い出すでしょう。」
posted by kyotakaba at 11:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月25日

エティオピア物語 第六巻 9-5

  ≪ Όσο γι' αυτό, μη φοβάσαι ≫, αποκρίθηκε ο Καλάσιρης, ≪ ζεί ο Θεαγένης και θα σ' τον αποδώσουν οι θεοί άν πρέπει ― και πρέπει ― να πιστέψουμε τους χρησμούς που εκείνοι έδωσαν για σάς και τον άνθρωπο που χθές μας έδωσε την είδηση ότι τον αιχμαλώτισε ο Θύαμης ενώ τον οδηγούσαν στη Μέμφιδα. Και άν τον αιχμαλώτισε, σίγουρο είναι ότι ζεί : ο Θύαμης ήταν από πρίν φίλος και γνώριμός του. Αλλ' άς μην καθυστερούμε・ πρέπει το γρηγορότερο να σπεύσουμε στην κώμη Βήσσα και να αναζητήσουμε εσύ τον Θεαγένη κι εγώ, εκτός από αυτον, και το γιό μου・ γιατί το ξέρεις ότι είναι γιός μου ο θύαμης ≫.





 カラシリスは答えました。「そのことについては、心配をしないように。テアゲニスは生きているよ。私たちが神託を信じなければならないとすれば、実際、信じなければならないのだけれどね、神々があの男をお前に返して下さるだろう。神々はお前のために一人の男を送って来たのだよ。その男は、昨日、私とクニモンに、シアニスがテアゲニスを捕えてメンフィスに連れて行ったと言う知らせを呉れたのだよ。シアニスは、前から、テアゲニスの知り合いで友人だったのだよ。けれども、私たちは遅延しないようにしよう。出来るだけ急いで、ヴィサ村に駆けつけないといけないのだ。そして、私とお前はテアゲニスを探さなければならないのだよ。そして、私は、テアゲニスの他に、私の息子も探すのだ。と言うのはね、シアニスが私の息子だと、お前も知っているだろう。」  







Βήσσα:第六巻 3-4 では、普通名詞で訳していました。固有名詞に訂正しました。

エティオピア物語 第六巻 3-4: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

γκαρδιώνω

 カザンザキスの旅行記に使ってあった語、γκαρδιώνω:
ενθαρρύνω, εμψυχώνω

使ってあった文は、
Οι γονιοί όταν πεθαίνουν γίνουνται πνέματα Καμί και βρίσκουνται σε ακατάπαυτη επικοινωνία με τους απόγονους. Μοιράζουνται μαζί τους τις χαρές και τις θλίψες, βοηθούν και γκαρδιώνουν ή τιμωρούν κι εκδικούνται τους ζωντανούς. 'Ολος ο αγέρας είναι γιομάτος από τα πνέματα των πεθαμένων, στα κύματα, στους ανέμους, στις φλόγες κάθουνται τα πνέματα και δουλεύουν.


両親がは死ぬと、霊「カミ」となり、子孫と絶え間なく交信している。喜びや悲しみを子孫と共に分ち合っている。生きている者たちを助けたり励ましたり、あるいは罰したり復習をしたりする。すべての大気は死者の霊で満たされている。波や風それに炎に、霊は留っていて、作用を及ぼしている。
posted by kyotakaba at 08:14| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月24日

エティオピア物語 第六巻 9-4

  Ντράπηκε η Χαρίκλεια με τα λόγια του και περισσότερο ακόμα με τη σκέψη ότι την είχε βρεί σε τέτοια άθλια κατάσταση・ ώρα πολλή έμεινε σιωπηλή και τέλος, καθώς την πίεζε ο Καλάσιρης να δώσει απόκριση, ≪ πατέρα μου ≫, είπε, ≪ αληθινά είναι όσα μου προσάπτεις, αλλά ίσως και συγχωρητέα : άν παρασύρθηκα η δύστυχη σ' αυτά, δεν ήταν από χυδαία ούτε αθέμιτη επιθυμία, αλλά από αγνό και κόσμιο πόθο για κάποιον που, άς μη μ' έχει αγγίξει, τον θεωρώ άντρα μου ― κι αυτός είναι ο Θεαγένης・ ο χωρισμός μου από κείνον με λυπεί, μα πιό πολύ με βασανίζει ο φόβος για τη ζωή του ≫.





 ハリクレアは、カラシリスの言葉を聞いて、それに、このようにひどい有り様の自分をカラシリスは見てしまっただろうと考えると、恥ずかしく思いました。長い間黙ったままでしたけれど、とうとう、カラシリスが答えるようにハリクレアを強いると直ぐに、答えました。「お父様、私を咎められるのは御尤もです。でも、たぶん、許して下さるでしょう。不幸な私がこのようなことに夢中になっていたとしたら、それは、卑しい願望からでも邪な願望からでもないのです。そうではなくて、ある人のための純粋な慎み深い切望からなのです。ある人と言うのは、私の夫にと考えている人ですが、私に触れさせたこともありません。その人は、テアゲニスです。あの人との別離が私を悲しませるのです。それに、テアゲニスが生きているかどうかと言う不安が、とてもとても強く、私を苦しめるのです。」





προσάπτω:συνδέω κάτι με κάτι άλλο / καταλογίζω κάτι σε κάποιον 

η δύστυχη : η δύστυχη Χαρίκλεια
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月21日

Σπίτι κι' αμπέλι δεν κάνει όποιος θέλει.

ことわざ「 Σπίτι κι' αμπέλι δεν κάνει όποιος θέλει. 」

家とブドウ、欲しい人には誰でもではない。

意味:
Για να κάνεις κάποια δύσκολα πράγματα, δε φτάνει να θέλεις, πρέπει επιπλέον να έχεις τις ικανότητες και τις γνώσεις που χρειάζονται.

何か難しいことをしようとすれば、前もって、必要な技術と知識を持っていなければ、望む通りにはならない。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | 名言集から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月20日

よしなしごと 3

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「よしなしごと」、( 堤中納言物語りの「よしなしごと」を元に、自分で御伽噺風にしたもの )





富士の嶺がいいでしょうか、浅間の嶺がいいでしょうか。雲の上ですから、翼が要ります、下さい。日御碕がいいでしょうか、筑前の松原がいいでしょうか。海に入るかも知れないので、船が要ります、下さい。能登の絶壁がいいでしょうか、交野が原がいいでしょうか。風が吹くので、屏風が要ります、下さい。でも、無理ですね。さようなら。
 虫の音と鳥の声と風の音が聞こえました。





Είναι η καλύτερη και η κορυφή του όρου Φούτζι; Είναι η καλύτερη και η κορυφή του όρου Ασάμα; Αλλά, αφού βρίσκεται απάνω από το σύννεφο, εχώ ανάγκη από την φτερούγα. Με δώσε αυτή. Είναι η καλύτερη ακτή και το Χίνο-μήσακι; Είναι η καλύτερη ακτή και το Τσίκουζεν-ματσουμπαρα; Αλλά, αφού μπορώ να πέσω στο νερό, εχώ ανάγκη από το καΐκι. Με δώσε αυτό. Είναι ο καλύτερος και ο γκρεμός του Νότο; Είναι το καλύτερο και το λιβάδι του Κατανο; Αλλά, αφού ο αέρος φυσάει δυνατά, εχώ ανάγκη από τον ανεμοφράκτη. Με δώσε αυτό. Όμως ξέρω πως το είναι αδύνατο. Χαίρετε.
  Και άκουσαν τα ζουζούνισματα και τα κελάηδηματα και τα φύσηματα.




おわり
posted by kyotakaba at 15:28| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月19日

エティオピア物語 第六巻 9-3

  ≪ τί είν' αυτά, Χαρίκλεια; ≫ της είπε・ ≪ γιατί αυτή η υπερμετρη απελπισία; Γιατί τόσο ασύνετα αφήνεσαι να σε νικήσουν οι περιστάσεις; Δεν σε αναγνωρίζω πιά, εσένα που με τόση γενναιότητα και τόση σωφροσύνη σ' έβλεπα πάντοτε στο παρελθόν να αντιμετωπίζεις τις δοκιμασίες. Πότε θα πάψεις να παραλογίζεσαι; Πότε θα καταλάβεις ότι είσαι άνθρωπος, πράγμα υποκείμενο σε αιφνίδιες μεταβολές της τύχης; Γιατί προδικάζεις το θάνατό σου ενώ ίσως έχεις καλύτερες ελπίδες; Λυπήσου και μας, παιδί μου, άν δεν λυπάσαι τον εαυτό σου, λυπήσου τουλάχιστον τον Θεαγένη που δεν μπορεί να ζήσει χωρίς εσένα και που μόνο η δική σου σωτηρία δίνει αξία στην υπαρξή του ≫.





 カラシリスはハリクレアに言いました。「ハリクレア、これはどうしたのだい? どうして度を超して自暴自棄になっているのだい? どうしてそんなに愚かで、境遇がお前を負かしてしまうままにしているのだい? 私はね、たいへんな勇敢さと思慮深さとで、以前はいつであっても、試練に立ち向かうお前を見ていたのだけれど、そのお前を今は見出せないよ。いつ、じっくりと考えることを止めたのだい? いつ、自分が、運命の突然の変化の下にいる過当な族、人間であると分かったのだい? どうして、とても良い希望があると言うのに、自分は死ぬと早合点をしているのだい? お前が自分を哀れに思わないのならば、私たちのことを哀れに思ってお呉れ。少なくてもね、テアゲニスのことは哀れに思ってお呉れ。テアゲニスは、お前なしでは生きてはいけないのだよ。お前自身が生き残ることだけが、テアゲニスの生きる意味なのだよ。」
posted by kyotakaba at 12:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月18日

エティオピア物語 第六巻 9-2

  Εκείνη τρόμαξε με το αιφνίδιο κάλεσμα και, όπως ήταν και βρισκόταν, έτρεξε στην πόρτα, τράβηξε το σύρτη και άνοιξε στον πρεσβύτη. Και ο Καλάσιρης, βλέποντας τα ξεχτένιστα μαλλιά της, το σχισμένο στο στήθος φόρεμα και τα ταραγμένα ακόμα μάτια της που μαρτυρούσαν την κρίση της μανίας που είχε πρίν κοιμηθεί, κατάλαβε την αιτιά και, αφού την οδήγησε πίσω στο κρεβάτι και την έβαλε να καθίσει, την τύλιξε με μιά κάπα ώστε να είναι πιό κόσμια, και





 ハリクレアは、不意に呼ばれたので驚いたのです。そのままで、扉に駈けて行き、貫木を引き抜いて、老人に扉を開いたのです。カラシリスは、ハリクレアの乱れた髪、胸の所で引き裂かれた服、まだ動揺している瞳を見たのです。それらは、ハリクレアが眠る前に狂乱の発作にあったことを証しているのでした。そして、原因を見て取ったので、ハリクレアを寝台に連れ戻して、そこに座らせたのです。そして、品位があるように、外套でハリクレアを包みました。  




πρεσβύτης:ο γέρος 
posted by kyotakaba at 12:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月17日

エティオピア物語 第六巻 9-1

  Και με τα λόγια αυτά ρίχνεται μπρούμυτα στο κρεβάτι και, απλώνοντας τα μπράτσα, το αγκαλιάζει κλαίγοντας με λυγμούς και βαριαναστενάζοντας ώσπου η αχλή και η ζάλη της μεγάλης λύπης της σκοτείνιασε το νού και ανεπαισθήτως την παρέσυρε σε ύπνο που κράτησε ώσπου φώτισε για τα καλά. Απόρησε ο Καλάσιρης που δεν την είδε τη συνηθισμένη ώρα και, αναζητώντας την, πήγε στο δωμάτιό της και άρχισε να χτυπάει δυνατά την πόρτα φωνάζοντας ≪ Χαρίκλεια ≫ πάλι και πάλι για να την ξυπνήσει.





 こう言うと、目の前の寝台に身を投げ出したのです。腕を伸ばして、咽び泣きながら寝台を抱きしめたのです。そして、深い溜め息をつき続けたのでした。その内に、ハリクレアの大きな悲しみから来る霞と意識の遠のきがハリクレアの頭の中を暗くして行ったのです。そして、気が付かない内に、ハリクレアを眠りに引き込んで行ったのです。眠りは、すっかり明るくなるまで続いたのでした。カラシリスは、いつもの時間にハリクレアを見かけなかったのを不思議に思いました。そして、ハリクレアを探して、娘の部屋に行き、力強く扉を叩き始めたのです。そして、ハリクレアの目を覚まそうと「ハリクレア」と何度も叫びました。  





βαριαναστενάζω:αναστενάζω βαριά από μεγάλη στενοχώρια

κλαίω も泣く、λυγμός も咽び泣きの意味。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月14日

よしなしごと 2

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「よしなしごと」、まだ途中なのだけど、
( 堤中納言物語りの「よしなしごと」を元に、自分で御伽噺風にしたもの )





 もう一人には、母はいませんでした。母のいる僧の手紙を見た、母のない少年は、自分も手紙を書くことにしました。出す当てのない手紙でしたけど。
 お母さん、僕も大きくなりました。修行に出ます。何処がいいでしょうね。





  Όσο για άλλο αγόρι, κιόλας η μητέρα του δεν σωζόταν. Ο ορφανός είδε αυτή επιστολή και άρχισε να γράψει την δική επιστολή του. Και όμως ήταν κενή για την θέση της διεύθυνσης. Είπε :
  Μητέρα μου, εγώ είχα μεγαλωσει και είμαι έτοιμο να ασκηθώ. Που συμπεραίνεις το καλύρερος τόπος είναι;



σώζω、初めはアオリストのσώθηκε にしていて、後から、パラタティコスの σωζόταν に訂正しました。
それで良いのだと思うのですけれど。
posted by kyotakaba at 17:02| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月13日

よしなしごと 1

 aimotokiyotakaba-α でやっている、堤中納言物語りの「よしなしごと」、まだ途中なのだけど、
( 堤中納言物語りの「よしなしごと」を元に、自分で御伽噺風にしたもの )


 二人の少年の僧がいました。幼い時から、僧になるために、寺で暮らしていました。少年になったので、山奥で修行することになりました。それで、一人の少年は、母に、筵と盥を下さいと手紙を書きました。





  Βρίσκονταν δυό μικροί καλόγεροι. Τα αγόρια είχαν περάσει τον καιρό στο ναό από την κούνια τους. Αφού έφτασαν να ήταν έφηβοι, επρόκειτο να ασκηθούν στο βάθος του βουνού. Έτσι ένας έφηβος έγραψε μία επιστολή για την μητέρα του. Και είπε ότι του δώσε μία ψάθα και μία λεκάνη.


15日訂正:
Τα αγόρια είχαν περάσει τον καιρό στο ναό από την κούνια τους. の文、
για να γίνουν όσιοι を補う。

  Βρίσκονταν δυό μικροί καλόγεροι. Τα αγόρια είχαν περάσει τον καιρό στο ναό από την κούνια τους, για να γίνουν όσιοι. Αφού έφτασαν να ήταν έφηβοι, επρόκειτο να ασκηθούν στο βάθος του βουνού. Έτσι ένας έφηβος έγραψε μία επιστολή για την μητέρα του. Και είπε ότι του δώσε μία ψάθα και μία λεκάνη.
posted by kyotakaba at 14:41| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月12日

エティオピア物語 第六巻 8-6

  Κι εσύ Θεαγένη, μόνη γλυκιά μου έγνοια, άν έχεις πεθάνει ― άχ ποτέ να μη μάθω κάτι τέτοιο! ― τότε βέβαια θα έλθω αμέσως να σε συναντήσω. Πρός το παρόν σου προσφέρω αυτά ως χοές ≫, και συνάμα ξερίζωνε τα μαλλιά της και τα έριχνε πάνω στο κρεβάτι, και ≪ αυτά ως σπονδές από τα μάτια που τόσο αγαπάς ≫ και με ποτάμι δάκρυα μούσκευε το στρώμα. ≪ Άν όμως είσαι ― ώ χαρά μου! ― ζωντανός, έλα, αγαπημένε, στο όνειρο να πλαγιάσεις κοντά μου・ πρόσεξε όμως και τότε την αγνότητά μου και διαφύλαξέ την, καλέ μου, ώς την ώρα του νόμιμου γάμου・ αλλά να, είσαι εδώ, σ' αγκαλιάζω, θαρρώ πώς σε κρατώ και σε κοιτάζω ≫.





 「そして、貴方、テアゲニス、私が抱くただ一つの甘美な思い。貴方がもう死んでしまっているのなら、ああ、私にはどうなのだか全く分かりません! きっと、私も直ぐに貴方に会いに行くでしょう。今は、これを[ 死者に捧げる蜜と酒と水を混ぜた ] ホイとして供えます。」 そう言うと同時に、自分の髪を引き抜き、寝台の上に投げたのです。「貴方がとても愛して下さった瞳から流れるものを献酒として供えます。」 そう言うと、涙の川でマットレスをしとどに濡らしたのです。「でも、貴方が生きているとしたら、ああ、何て嬉しいことでしょう、愛する貴方、夢に出ていらして、私の側に来て下さい。でも、私の貞節には重きを置いて下さい。私の大切な方、正式な結婚の日までは、貞節を守って下さい。でも、あなたがここにいて下さったら、私は貴方を抱擁します、どんな風に、貴方を抱きしめて貴方を見つめるだろうかと、考えているのです。」 





χοή:στην αρχαιότητα, σπονδές από υγρό μείγμα κυρίως από μέλι, κρασί και νερό που χύνονταν προς τιμή ενός νεκρού πάνω στον τάφο του.
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月11日

エティオピア物語 第六巻 8-5

  Και δεν σας μέμφομαι, τύχη και δαίμονες, για όσα δώσατε σε κείνους, αλλά επειδή δεν δώσατε τα ίδια και σε μας. Τόσο μάκρος δώσατε στο δράμα το δικό μας, ώστε ξεπέρασε όλα όσα επινόησε ώς τώρα η τέχνη του θεάτρου. Αλλά πρός τί να παραπονιέμαι για όσα στέλνουν οι θεοί; Άς γίνει και στο εξής το θέλημά τους.





 「運命と鬼神たち。あの人たちに贈られたもののことで、それに、同じものを私には下さらなかったと言って、批難したりはしません。あなたたちは、私の劇には大変な長さを下さいました。その長さは、これまでの舞台演劇が創り出したどれをも越えるものなのです。ですけれど、神々が遣わせたものに、どうして私が不平を言うでしょうか? これからも、神々の御意志が成就するようにしましょう。」 





πρός τί:何故



「 Άς γίνει και στο εξής το θέλημά τους. 」の文。
主格は、το θέλημά τους 。
posted by kyotakaba at 11:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月10日

エティオピア物語 第六巻 8-4

  Τί νυφική παστάδα έστησε για μένα! Τί νυφικό δωμάτιο μου ετοίμασε! Μόνη και ανύπαντρη εγώ το κατοικώ και λείπει, αλίμονο, ο κατ' όνομα νυμφίος Θεαγένης. Παντρεύεται ο Κνήμων και ο Θεαγένης πλανιέται μακριά μου και μάλιστα αιχμάλωτος, ή ίσως και δέσμιος・ κι αυτό θα ήταν το πιό ευχάριστο, φτάνει μόνο να είναι στη ζωή. Η Ναυσίκλεια παντρεύεται, χωρίζεται από μένα η ομόκοιτη, μόνη και έρημη απομένει η Χαρίκλεια.





 「私には、どんなパスターダが建てられたでしょう! どんな花嫁の部屋を私に用意したでしょう。私は花嫁の部屋に独りで未婚のまま住み続けているのです、ああ、テアゲニス、いわゆる名前だけの花婿さん。クニモンは結婚します。テアゲニスは、私から遠く離れて放浪し、囚われの身になっているのか、そうでなくても、たぶん、監禁されているのです。ただ生きているだけで、何よりの幸せです。ナフシクレイアは、寝室を共にした私と別れて結婚します。ハリクレアは独り寂しく残るのです。」



παστάδα とνυφικό δωμάτιο は、ほとんど同じ意味。

ομόκοιτη は分かりません。κοιτη は寝床の意味。ομό がどう言う意味なのか分かりません。物語りでは、ハリクレアはナフシクレイアと一緒の部屋に滞在していたので、寝室を共にした、と訳しました。
posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月09日

νεο-πλάσμα

 ウィリアム・カーロス・ウィリアムズの短編小説集『農家の娘 The farmers' daughters』の「心と体 Mind and body」の中で使ってあった、医学用語。

「医者がいつもわたしに腹を立てていたのは、医者が何を考えていたのかわたしが探ろうとしてたからです。カルテをつかんで読んでみると、<ネオプラズム>と書かれているんですよ。わたしなりのギリシャ語の知識によりますと、それがどういう意味か知りましたよ。新腫瘍と。」( 飯田隆昭 訳 )

 neoplasm は、病理学での名前。現代ギリシャ語で、腫瘍は、ο όγκος 。


The farmers' daughters; the collected stories of William Carlos Williams (書籍, 1961) [WorldCat.org]
posted by kyotakaba at 18:37| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月08日

Το Μετρό της Αθήνας

 1869年に、地下鉄・メトロ・アテネ Μετρό Αθήνας が開通。

Στις 27 Φεβρουαρίου 1869, γίνονται τα επίσημα εγκαίνια της σιδηροδρομικής γραμμής Θησείον - Πειραιάς. Η πρώτη ατμομηχανή με 6 βαγόνια καλύπτει τη διαδρομή των 8,5 χιλιομέτρων από το Θησείο στον Πειραιά σε 19 περίπου λεπτά.





 1869年2月27日、セシオ・ピレウス線の公式な開通式が行われた。六両の客車を牽いた蒸気機関車は、セシオからピレウスまでの8.5kmを19分で走り抜けた。
posted by kyotakaba at 09:51| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月06日

オットー一世

 Όττο Φρίντριχ Λούντβιχ φον Βίττελσμπαχ 。1815年生まれ、1867年没。
 1833年2月6日に、近代ギリシャ王国の初代国王に就いた。
posted by kyotakaba at 11:04| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ἀναπέτομαι

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『 Η Μετανάστις 』に使ってあった語:ἀναπέτομαι

古典語だと思います。ἀνα は接頭語。翼を拡げる、と言う意味だと思うのですが。

使ってあった文は:

Τα δύο εκείνα άπειρα, θάλασσα και ουρανός, ανεπετάσθησαν τότε εις τους οφθαλμούς της.

 そこには、限りの無い二つのもの、海と空があり、娘の目に翼を展げて見せた。

と、訳してみたのですが。
posted by kyotakaba at 10:54| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月05日

エティオピア物語 第六巻 8-3

  Και οι μεν άλλοι το 'ριξαν στο χορό ψάλλοντας τα απρόβλεπτα επιθαλάμια και όλη νύχτα κράτησε η γαμήλια γιορτή φωταγωγημένο σπίτι・ η δε Χαρίκλεια απομακρύνθηκε από τους άλλους και, μόνη στο δωμάτιό της, με τις πότρες ερμητικά κλειστές, βέβαιη πώς κανείς δεν θα την ενοχλούσε, παραδίδεται σε βακχική μανία, αφήνει να χυθούν στις πλάτες τα μαλλιά της, σχίζει το ιμάτιο και ≪ εμπρός ≫, λέει, ≪ άς χορέψουμε κι εμείς στον δικό μας το δαίμονα με τον δικό του τρόπο・ θρήνους άς του τραγουδήσουμε, τον οδυρμό άς χορέψουμε・ ζόφος άς ξεχυθεί και νύχτα σκοτεινή άς κατευθύνει τα δρώμενα κι άς σπάσει καταγής ετούτο το λυχνάρι.





 他の者たちも踊りに興じて、即興の婚礼を祝う歌を詠唱したのです。一晩中、灯りの点いた家で、結婚祝いは続いたのです。一方、ハリクレアは、他の人たちからは離れて、固く扉を閉めた自分の部屋にひとりでいました。きっと、バッカスの大騒ぎに没頭している誰も、ハリクレアを邪魔することは出来なかったでしょう。ハリクレアは、髪を背中に垂れ流したままにして、ヒマティオンを引き裂きました。そして、言いました。「さあこれでいいわ。私たちは、私たちの流儀で、私たちの霊の前で踊りましょう。あの人に挽歌を歌いましょう。悲嘆に踊りましょう。暗闇を溢れ出させましょう。闇夜にこれから起こることを指し示させましょう。灯明を地面で打ち壊しましょう。」





επιθαλάμιος:που έχει σχέση με το τραγούδι του γάμου που το τραγουδούσαν στο δωμάτιο της νύφης 

ερμητικός:στεγανός

ζόφος:βαθύ σκοτάδι /το πυκνό σκοτάδι του Κάτω Κόσμου / ο τρόμος, κάτι που εμπνέει τρόμο
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月04日

エティオピア物語 第六巻 8-2

  Ούτε στιγμή δεν αργοπόρησε ο Κνήμων ν' απαντήσει στα λόγια του αυτά αφού ανέλπιστα του είχαν προσφερθεί όσα από καιρό ευχόταν και ποθούσε : ≪ Με χαρά δέχομαι όλα όσα μου προτείνεις ≫, είπε και έτεινε το χέρι. Ο Ναυσικλής του παρέδωσε την κόρη του και τους αρραβώνιασε και, αφού πρόσταξε τους δικούς του να ψάλλουν τον υμέναιο, έσυρε εκείνος πρώτος το χορό μετατρέποντας το συμπόσιο σε αυτοσχέδιο γάμο.





 クニモンも、間を置くことなく、ナフシキリスの言葉に答えました。思いがけなく、前から願い切望していたことが何もかも、自分に差し出されたからです。手を差し伸ばして、「貴方がお申し出になったこと、何もかもを喜んで受けます。」と言ったのです。ナフシキリスは、クニモンに自分の娘を引き渡して、二人を婚約させたのです。そして直ぐに、家の者たちに婚礼歌を詠唱するように命じたのです。そして、ナフシキリスは最初に踊りを先導して、宴会を即席の結婚式に変えたのです。





σύρω το χορό:ダンスをリードする
posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ξαναστελιώνουνται

 カザンザキスの『日本旅行記』で使ってあった語: Ξαναστελιώνουνται 。
 ξανα は、接頭語なので問題ないのですが、στελιώνουνται は分かりません。στελιώνω が元の形だと思いますけれど。ギリシャ語では、似た音が入れ替わることがよくあります。χ と κ とか。ε が α になることも。この語では、ρ が λ になっているのではないかと。( 英語では、r とl になるのかも知れませんが ) 
 στεριώνω だと、εγκαθίσταμαι ριζώνω の意味。

使ってある文章は、
Ο Διόνυσος παράτησε την Ελλάδα και κατέφυγε στα μακρινά τούτα ακρογιάλια ντυμένος τώρα κιμονό και μ' ένα ανθισμένο κλαρί κερασιά θύρσο στα χέρια του. Ξαναστελιώνουνται οι τρείς μεγάλοι χοροί ― γέροι, άντρες, παιδιά ― κι έτσι η ράτσα, μαζί με τα δέντρα, ανθίζει, κι η θνητή ζωή παίρνει απάνω στα χώματα αθάνατο νόημα.


私は、次のように訳したのですが、間違いであれば、それをご指摘くださると助かります。

ディオニッソスは、ギリシャを見捨てて、遠い海岸に避難し、今は、キモノを着、手には花の咲いた桜の枝を杖にしている。三つの大人数の合唱団、老人たち、男たち、子供たちの合唱団が、ここに再び根を張ったのだ。そうして、この樹々と共にある民族は、開花した。死が決まっている生が、この地上で不死を理解したのだ。
posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年02月03日

エティオピア物語 第六巻 8-1

  Πήρε τότε το λόγο ο Ναυσικλής・ ≪ στη μεν Χαρίκλεια ≫, είπε, ≪ μακάρι όλα να έλθουν κατ' ευχήν και, όπως ή ίδια ζήτησε, να έχει συντρόφους στο ταξίδι τους θεούς και βρεί τους δικούς της, τόσο γενναία που είναι και τόσο συνετή・ όσο για σένα, Κνήμων, μη σε στενοχωρεί που δεν θα οδηγήσεις τη Θίσβη στην Αθήνα αφού έχεις εμένα, τον υπεύθυνο της αρπαγής και της δραπέτευσής της από την Αθήνα ― γιατί εγώ είμαι ο έμπορος από τη Ναύκρατη, ο εραστής της Θίσβης ― μήτε να κλαίς και να οδύρεσαι για φτώχεια με την ιδέα ότι θα χάσεις την περιουσία σου・ φτάνει να το θελήσεις όσο κι εγώ το θέλω και θα έχεις χρήματα πολλά και θα απολαύσεις το σπίτι σου και τους δικούς σου・ εγώ θα σε οδηγήσω πίσω στην πατρίδα σου και, άν θελήσεις να παντρευτείς, θα σου δώσω την κόρη μου, τη Ναυσίκλεια από δώ, με την πιό μεγάλη προίκα, κρίνοντας από όσα έμαθα για την καταγωγή, την οικογένεια και το έθνος σου ότι και από σε θα λάβω άλλα τόσα ≫.





 すると、ナフシキリスが言葉を引き取りました。こう言ったのです。「ハリクレアについては、すべてが望み通りに、あの娘が求める通りに、神々が旅の道連れになり、思う人たちを見つけられれば、と思います。ハリクレアはとても勇敢で、とても用心深いですから。クニモン、君についてだけれど、君はシスヴィをアテネから逃がして奪ったと言う責めを私に対してあるのだが、と言うのは、実はだね、ナフクラティスの商人でシスヴィの愛人と言うのはこの私だからなのだけれどね、シスヴィをアテネに連れて行けないだろうと言うことが、君を悩ますことはないのだよ、それに、君が自分の財産を失うだろうと考えて、貧困になると言って、嘆いたり号泣したりもしないようにしなさい。君が望むこと、それに、私が望むことのすべてが叶うのだよ。君はたくさんの金を得て、自分の家と君のものを取り戻せるだろう。と言うのは、もし、君がこの娘のナフシクレイアと結婚したいと望むのならば、私は、君を故郷に戻して上げられるだろうし、莫大な持参金を付けて君に遣ろう、それも、君の素性、家柄を知って、君の国そして君自身から同じ程の他のものを私が手に入れられると判断したからなのだ。」



ここは、171語が、パノ・テリアがあるだけで、途切れずに続く一文です。内容の理解も難しいし、日本語へ変換するのも難しいので、私の訳には間違いが多いと思います。間違っている点をご教示下さると、助かります。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする