2014年06月30日

エティオピア物語 第七巻 7-5

  Είχε ακολουθήσει κατά πόδας τον Καλάσιρη και, αναγνωρίζοντας από μακριά τον Θεαγένη ( γοργά είναι τα βλέμματα όταν είναι να αναγνωρίσουν το αγαπημένο πρόσωπο και συχνά μιά κίνηση, μιά στάση, έστω και από μακριά, έστω και από πίσω, φτάνει για να κινητοποιήσει, μέσω της ομοιότητας, τη φαντασία ), σάν οιστρηλατημένη από τη θέα του, ρίχνεται σάν τρελή επάνω του, τον αγκαλιάζει και τον κρατεί σφιχτά και, έτσι κρεμασμένη στο λαιμό του, αρχίζει να τον καταφιλεί κλαίγοντας γοερά.





 ハリクレアは、歩いて、カラシリスの後を追っていたのです。そして、遠くからそこに居るのがテアゲニスであると分かったのです。( 恋する人の顔、時には屢々、動作や姿勢であるのですが、それを見分けようとする時の視線と言うものは、それが遠くであっても後ろからであっても、素早いものなのです。ハリクレアは、その類似性を通して、想像力を働かせると言う状況になったのです。 ) そして、ハリクレアは、テアゲニスが目に入ったことで、有頂天になり、まるで狂ってしまったかのように、テアゲニスに飛び付いたのです。そして、彼を抱擁して、きつく抱きしめたのです。それから、テアゲニスの首にぶら下がって、溢れるばかりの口付けをして、悲痛そうに泣き始めたのです。


οιστρηλατώ

κλαίω

καταφιλώ : γεμίζω κάποιον με φιλιά φιλώ πολλές φορές και ζωηρά  


( γοργά είναι τα βλέμματα όταν είναι να αναγνωρίσουν το αγαπημένο πρόσωπο και συχνά μιά κίνηση, μιά στάση, έστω και από μακριά, έστω και από πίσω, φτάνει για να κινητοποιήσει, μέσω της ομοιότητας, τη φαντασία ) の文章、
έστω και από πίσω までは、τα βλέμματα が主格、その後の動詞、φτάνει とそれにつながるイポタティキーの κινητοποιήσει の主格は、ハリクレアだと思います。αναγνωρίσουν は三人称の複数形、φτάνει は単数形なので。
それから、φτάνει για να κινητοποιήσει と、για が入っているのですが、それがどう言う働きをしているのか、私は分かりません。φτάνει να κινητοποιήσει のように訳しました。
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月26日

エティオピア物語 第七巻 7-4

  Κι ενώ αυτά διαδραματίζονταν μπροστά στα μάτια των πολιτών που παρακολουθούσαν με το στόμα ανοιχτό χωρίς καταλαβαίνουν τίποτε, χωρίς μιλιά, χωρίς κίνηση καμιά, όμοιοι με αγάλματα κατατρομαγμένοι από το θέαμα και μόνο, ένα άλλο πρόσωπο του δράματος εμφανίστηκε επί σκηνής : η Χαρίκλεια.  





 そうした劇が都市の人々の前で繰り広げられていたのです。人々は、口を開けたまま、何も分からないまま、お喋りもせず、身動きもせず見ていたのです。人々は、その光景に怯えていて、彫像のようになっていたのです。そして、ただ一人、劇の別の登場人物が舞台に現れたのです。ハリクレアでした。
posted by kyotakaba at 11:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月25日

エティオピア物語 第七巻 7-3

  Χαλάρωσαν εκείνοι τότε και, λιπόθυμοι σχεδόν, πρόσπεσαν κι οι δυό μπροστά πατέρα τους και, αγκαλιάζοντας τα γόνατά του, τον κοίταξαν πρώτα καλά καλά για να εξακριβώσουν την αναγνώριση και, όταν βεβαιώθηκαν πώς δεν είναι φάντασμα αλλά πραγματικότητα, πολλά και αλληλοσυγκρουόμενα ένιωσαν : χαίρονταν που ο πατέρας τους είχε ανέλπιστα επιστρέψει σώος, λυπούνταν και ντρέπονταν που τους βρήκε σε μιά τέτοια στιγμή και αγωνιούσαν μην ξέροντας τί επρόκειτο να συμβεί.





 すると、シアニスとペトシリスのふたりは、力を抜いて、ほとんど気絶しそうになりました。ふたりは、自分たちの父の前に跪きました。そして、父の膝を抱きしめて、誰だかを確かめる為に、初めてしげしげと見詰めたのです。幻ではなくて現実であることを確かめると、ふたりは、ひどく相反する感情を得たのです。一方では、自分たちの父が、思いも掛けず、無傷で帰って来たのを喜びました。また一方では、こんな時の自分たちを父に見られたことを悲しく思い、恥じたのです。また、父はこれから何が起こるかを知っているのではないか、と思い悩んだのです。





προσπέφτω : πέφτω στα γόνατα, ζητώ ταπεινά συγγνώμη  

αλληλοσυγκρουόμενος : αυτός που αλληλοσυγκρούεται
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Έγραψε ιστορία με πρόκριση-θρίλερ η Εθνική

 カセメリニ、6月25日00:58 付け記事の見出し

Έγραψε ιστορία με πρόκριση-θρίλερ η Εθνική

ギリシャ国代表チームは、スリリングな予選で歴史を書いた。
posted by kyotakaba at 08:15| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月24日

エティオピア物語 第七巻 7-2

  Καταλαβαίνει τότε ο γέροντας ότι το φτωχικό του ντύσιμο τον έχει κάμει αγνώριστο, βγάζει τα κουρέλια που φορούσε, αφήνει τα μαλλιά στους ώμους του λυτά κατά τον τρόπο των ιερέων, πετάει το μπαστούνι και το φορτίο που σήκωνε στους ώμους, στέκει απέναντί τους σεβάσμιος και ιεροπρεπής και, κλίνοντας το γόνυ, τείνει σε ικεσία τα χέρια : ≪ Παιδιά μου ≫, φωνάζει με λυγμούς, ≪ είμαι εγώ, ο Καλάσιρης, ο πατέρας σας. Σταθείτε εκεί που βρίσκεστε, δώστε τέλος στη μοιραία αυτή τρέλα, ο πατέρας σας είναι μπροστά σας, σεβαστείτε τον ≫.  





 そして、老人は、着ているものの貧相さが誰だか分からなくさせていると、気が付いたのです。着ていた襤褸を脱いで、司祭式に髪を結んで肩の上に落とし、肩に載せていた杖と荷包みを投げ捨てたのです。そして、二人に向かって、威厳を持って聖職にあるものらしい風情で、立ちはだかったのです。そして、跪いて懇願するように手を広げて咽び泣きながら叫んだのです。「子供たちよ、私だ。お前たちの父、カラシリスだ。今居るそこに止まりなさい。この運命に定められた狂気沙汰に終止符を打ちなさい。お前たちの父はお前たちの前にいるのだ、敬意を払いなさい。」 





ιεροπρεπής : αυτός που ταιριάζει σε ιερά πρόσωπα ή πράγματα, ο θεοπρεπής 

κλίνω το γόνυ: γονατίζω σε ένδειξη τιμής
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月23日

エティオピア物語 第七巻 7-1

  Μόλις λοιπόν τους έφτασε και πιά στο πλάι τους, βάλθηκε να φωνάζει : ≪ Τί πράγματα είν' Θύαμη και Πετόσιρη; ≫ και πάλι ξαναφώναζε ≪ τί είν' αυτά, παιδιά μου; ≫ Μα εκείνοι ακόμα δεν μπορούσαν ν' αναγνωρίσουν την όψη του πατέρα τους ( αυτός ήταν ντυμένος με κουρέλια κι οι ίδιοι ήταν όλοι δοσμένοι στον αγώνα ) και τον προσπερνούσαν με την ιδέα πώς ήταν κάποιος αγύρτης ή και τρελός・ κι από τους θεατές πάνω στο τείχος άλλοι απορούσαν που αψήφιστα ριχνόταν ανάμεσα στα ξίφη των μονομάχων κι άλλοι γελούσαν στη θέα αυτού του παλαβού που έτρεχε έτσι χωρίς λόγο.





 息子たちの背後にやっと着くと直ぐに叫び始めたのです。「シアニス、ペトシリス、一体何があったと言うのだ?」 そして、何度も繰り返して叫んだのです。「子供たちよ、これはどうしたことだ?」 けれども、二人は、まだ、その外観のため、それが自分たちの父だと見分けることが出来なかったのです。( カラシリスは襤褸を着ていましたし、当のシアニスとペトシリスは二人共に、戦いに没頭していたのです。 ) 二人は、カラシリスを詐欺師か狂人だと思って、そこに残して先に行ってしまったのです。城壁の上にいる見物人の中のある人々は、戦いの剣の間に向こう見ずに身を投げるとはどう言うことだろうかと不思議に思い、またある人々は、分別もなく走っている無鉄砲な光景を笑ったのです。 



δοσμένος : αυτός που έχει αφοσιωθεί σε κάτι 

αψήφιστα : με αψηφησιά, χωρίς υπολογισμό της σοβαρότητας του πράγματος / με θάρρος
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月21日

Έξω η ζωή είναι πολύχρωμη

 Αμάντα Μιχαλοπούλου の小説、短編集『 Έξω η ζωή είναι πολύχρωμη 』。
出版は、Καστανιώτη 、2014年刊。

 Αμάντα Μιχαλοπούλου は、1966年10月、アテネ生まれ。

.:BiblioNet : Έξω η ζωή είναι πολύχρωμη / Μιχαλοπούλου, Αμάντα

表紙が面白かったので、

b193598.jpg
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月20日

エティオピア物語 第七巻 6-5

  εκείνη ακριβώς τη μέρα και ώρα παρουσιάζει τον Καλάσιρη σάν από μηχανής τρίτο δρομέα και συνάμα δυστυχισμένο μάρτυρα του έως θανάτου αγώνα των παιδιών του・ βάσανα πολλά είχε περάσει και τα πάντα είχε σοφιστεί αυτοεξόριστος και περιπλανώμενος σε ξένα μέρη για ν' αποφύγει το τόσο τον ανάγκαζε να ιδεί όσα οι θεοί από παλιά του είχαν προορισμένα・ από μακριά είχε δεί την καταδίωξη και, προειδοποιημένος καθώς ήταν από τους χρησμούς, κατάλαβε πώς ήταν οι γιοί του και, αψηφώντας τα γηρατειά του, βάλθηκε να τρέχει με ασυνήθιστη για την ηλικία του ορμή θέλοντας να προλάβει την τελική τους συμπλοκή.  





 運命は、正にその日その時間、思いがけない救いの神のように、カラシリスを三人目の走者として登場させたのです。それは走者であると同時に、カラシリスの子供たちの死を賭けた戦いの不運な目撃者でもあったのです。カラシリスは、多くの苦しい時を過ごして来ました。そのすべては、カラシリスが考え出したものだったのです。自分を国外追放にすることも、見知らない土地を放浪することもそうです。その苦難は逃げ出す為だったのです。何から逃げたのかと言えば、神が元から定めていて、カラシリスを強いてそれを見るようにしていたものからなのです。兄弟の争いです。カラシリスは、遠くから、追いかけっこを見ていました。神託によって前もって知らされていたことでした。カラシリスは、走者が自分の息子たちだと分かっていました。そして、自分が年老いていると言うことを度外視して、走り始めたのです。カラシリスの歳にしては異常な勢いでした。争いを終わらせたいと思っていたのです。





από μηχανής θεός : απρόσμενος σωτήρας

αυτοεξόριστος : αυτός που από μόνος του εξόρισε τον εαυτό του
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月19日

エティオピア物語 第七巻 6-4

  Μιά φορά λοιπόν κι άλλη μιά έκαμαν τρέχοντας το γύρο του τείχους・ έκαναν τον τρίτο γύρο και ήδη ο Θύαμης άγγιζε σχεδόν με το δόρυ του τη ράχη του αδελφού του φωνάζοντάς του να σταθεί αλλιώς θα τον χτυπούσε ( και οι πολίτες όλοι καθισμένοι όπως σε θέατρο στον κύκλο των τειχών παρακολουθούσαν σάν αθλοθέτες το θέαμα ) όταν, δεν ξέρω πώς, κάποιος θεός είτε η τύχη που κυβερνάει τα ανθρώπινα παρενέβαλε στα δρώμενα ένα νέο τραγικό επεισόδιο σάν να υπέβαλλε σε διαγωνισμό δράματος την αρχή ενός άλλου :





 城壁の周りを一周、そしてもう一周したのです。三周目で、とうとう、シアニスは、自分の長槍で弟の背中に触ったのです。そして、ペトリシスに、止まれさもないと打ち倒すぞと叫んだのです。( 市民たちは全員が劇場に居るかのように城壁の環に座っていました。そして、賞金を提供する人であるかの様に、目で劇を追っていたのです。 ) その時です。どの神なのか、あるいは、どう言う運命なのかを、私は知らないのですが、人間を支配するそのものが、劇に新しい悲劇的な挿話を差し挟んだのです。まるで、劇の品評会に別の劇の第一幕を提出したかのようでした。
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月18日

エティオピア物語 第七巻 6-3

  Πίσω του έτρεχε και ο Θεαγένης που είχε αγωνία τον Θύαμη και δεν άντεχε να μη βλέπει τα πάντα・ δεν ήταν βέβαια οπλισμένος μην τυχόν και κανείς υποψιαζόταν πώς πήγαινε να βοηθήσει τον θύαμη, αλλά είχε αποθέσει την ασπίδα και το δόρυ του εκεί όπου καθόταν μπροστά στα μάτια της Αρσάκης ― και να που πάλι της έδινε την ευκαιρία να κοιτάζει, τα όπλα του τώρα αντί γι' αυτον ― και είχε βαλθεί να τρέχει πίσω από τους δρομείς, ενώ ο Πετόσιρης ούτε πιανόταν αλλά ούτε και προλάβαινε να προηγηθεί κατά πολύ : κάθε στιγμή έλεγες πώς να, τώρα θα πιαστεί και κάθε φορά ξέφευγε τόσο μόνο, όσο ήταν φυσικό να προηγείται, άοπλος εκείνος, από τον οπλισμένο Θύαμη.  





 テアゲニスは、後ろへ駈けて行ったのです。テアゲニスはシアニスが心配で、すべてを見るのに耐えられなかったのです。偶然ではなく、確かにテアゲニスは武具を着けていませんでした。彼がシアニスを助けに行くことを疑う者は、いはしなかったのですけれど。盾も長槍も置きっ放しにしてアルサキの目の前に座っていたのです。また、アルサキが自分を見る機会を夫人に与えてしまったのです。今度は、テアゲニスではなく、彼の武具を見るのでした。シアニスとペトシリスの走る二人の後を追わずには居られないのでした。一方、ペトシリスは、捕まりもしませんでしたけれど、ずっと先に行くことも出来なかったのです。つまり、捕まりそうになると、いつも、逃げるのですが、それは、武具を着けていないペトシリスが武具を着けたシアニスより先に行けるのは自然だ、というだけだからなのでした。
posted by kyotakaba at 12:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

έσερναν σάλτους

 カザンザキスの『旅行記』の中の表現、「 έσερναν σάλτους 」。これが何を表現しているのか、私には分からない。春日大社の猿楽を描いている部分。
έσερναν / σέρνω は、基本的な語義は、「引く」。
σάλτους / σάλτο は跳梁。
 σέρνω には、踊りの先頭に立ってリードするの意味もあるけれど、それとは違うように思える。σάλτο に別の意味があるのかとも思うのだけれど。「足を引き摺って歩く」と言う表現の時にも σέρνω を使うので、「跳ねて進む」と言う表現なのかとも思う。

その部分:
Αυτόν τον κωμικό χορό οι καλόγεροι του ναού Κασούγκα χόρευαν στις γιορτές με μουσική και παντομίμα. Φορούσαν άγριες ή κωμικές μάσκες, έσερναν σάλτους, έκαναν τούμπες, μούγκριζαν, σκλήριζαν σά μεθυσμένοι χορευταράδες. Κι η μουσική που έπαιζαν ήταν κι αυτή κωμική, σαρουγκακού, που θα πεί : μαϊμουδομουσική.

 その滑稽な踊りを、カスウガの神殿の神官たちは、祭りの時に音楽とパントマイムを交えて踊る。彼らは、野卑なあるいは滑稽な面を被り、跳ねて進み、筋斗返りを打ち、呻き、踊り好きの酔っ払いのように金切り声を上げる。それに、演奏される音楽は滑稽な「サルウガクウ」だ。猿真似の音楽の意味だ。
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月17日

エティオピア物語 第七巻 6-2

  Ο δε Θύαμης ρίχτηκε εναντίον του Πετόσιρη που δεν άντεξε την έφοδο αλλά, με το ξεκίνημα του αντιπάλου του, το έβαλε στα πόδια και όρμησε πρός τις πύλες πασχίζοντας να καταφύγει μέσα στην πόλη. Δεν τα κατάφερε όμως : οι φρουροί των πυλών τον απώθησαν ενώ άλλοι πάνω από τα τείχη, σε όποιο μέρος κι άν ορμούσε, του φώναζαν πώς δεν μπορούσε να περάσει. Πέταξε τότε τα όπλα του κι άρχισε να τρέχει μ' όλη του τη δύναμη ολόγυρα από την πόλη.





 一方、シアニスは、ペトシリスに向かって飛び掛かったのです。ペトシリスは、最初から相手の攻撃には耐えられませんでした。逃げ出して、門の方へ勢いよく走って行ったのです。そして、懸命に都市の中へ逃げ込もうとしたのです。けれども、上手くいきませんでした。門の番人たちは、ペトシリスを拒んだのです。その上、他の人たちは、ペトシリスが走り寄ってきた所の城壁の上から、通れはしないと叫んだのです。そして、ペトシリスは、武器を捨てて、都市の周りを、力のある限り、走り回ったのです。
posted by kyotakaba at 11:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月16日

エティオピア物語 第七巻 6-1

  Και με τα λόγια αυτά αγκαλιάστηκαν με δάκρυα και φιλιά ο μεν Θεαγένης έμεινε εκεί όπου βρισκόταν για να παρακολουθήσει τον αγώνα・ έτσι, έδινε εν αγνοία του στην Αρσάκη τη δυνατότητα να τον περιεργάζεται και, τρώγοντάς τον με τα μάτια, να ικανοποιεί, έστω και εξ αποστάσεως, τον πόθο της.





 そう言うと、二人は涙にくれ口づけを交わしながら抱き合ったのです。テアゲニスの方は、そこに残りました。そこで決闘を見届けるのです。テアゲニスは、知らないうちに、アルサキに自分を仔細に眺める機会を与えてしまったのでした。アルサキは、目でテアゲニスを食べたのです。距離があったけれども、自分の欲情を満足させたのです。 





εν αγνοία : χωρίς να το γνωρίζει 

έστω : ακόμη και αν  
posted by kyotakaba at 12:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月13日

Πάρε το μηδέν...

 Κωνσταντίνος Καμάρας の小説『 Πάρε το μηδέν... 』。コンスタンティノス・カマラス。

『 Πάρε το μηδέν... 』 は2008年出版の小説だけれど、つい最近、web書店のショーウィンドーで見たので。目に付いたのは、赤い公衆電話。ギリシャでも、赤い公衆電話だったのか知ら??

 Κωνσταντίνος Καμάρας は、1969年、アテネ生まれの人。
 『 Πάρε το μηδέν... 』は、2008年、Ωκεανίδα から出版。

.:BiblioNet : Πάρε το μηδέν... / Καμάρας, Κωνσταντίνος 

f9a9b7c9f33a923e5475b478a62125ae_XL.jpg
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(1) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

bouzouki's planet

 Αργυρώ Κεραμιδά さんのアルバム『 bouzouki's planet 』。アルギロ・ケラミダ。

ホームページ:
argyrokeramida.gr

Facebook:
Argyro Keramida bouzouki's planet official | Facebook



10338725_802868709726312_5414227033243848108_n.jpg
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 5-5

  ≪ Λόγια ευγενούς ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ και ανθρώπου που ξέρει καλά το νόμο・ αλλά σε μένα, αλήθεια, ποιά παραγγελία δίνεις; ≫. Κι εκείνος ≪ ο προκείμενος αγώνας ≫, είπε, ≪ φαίνεται ευκαταφρόνητος, αλλά επειδή πολλά και απροσδόκητα επιφυλάσσει η τύχη στους ανθρώπους, άν μεν νικήσω, θα έλθεις να κατοικήσεις μαζί μου στην πόλη συμμεριζόμενος την τύχη μου・ άν πάλι τύχει να διαψευσθούν οι ελπίδες μας, θα γίνεις αρχηγός των Βησσαέων, που σου είναι πολύ αφοσιωμένοι, και θα ζήσεις την επίμοχθη ζωή των ληστών ώς τη στιγμή που ο θεός θ' αποφασίσει να δώσει αίσιο τέλος στα δεινά σου ≫.





 テアゲニスは言いました。「法を十全に分かっている高潔な人間の言葉です。それはそうですが、貴方は、私には、どんな指図を呉れるのですか?」 シアニスは言いました。「件の決闘は取るに足りないように思える。けれども、運命と言うものは、人間に対して、多くの思いがけないことを用意しているものです。もし、私が勝った時には、君は、私と一緒に都市に住んでくれないか。そして、私と私の幸運を分け合ってくれないか。もし、私たちの希望が再び期待はずれになってしまったら、君が、ヴィサの人々の首領になってくれないか。ヴィサの人々は君をとても敬愛しているのだ。そして、君は、神が君の凄まじい人生に幸先の良い終末を与えようと決心するまでは、盗賊の辛い境涯を送ることになるだろう。」
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月12日

エティオピア物語 第七巻 5-4

  Και βλέποντας τον ο Θύαμης λέει στον Θεαγένη ≪ κοίτα, καλέ, τον Πετόσιρη πώς τρέμει από το φόβο του ≫. ≪ Τον βλέπω ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ αλλά τί σκέπτεσαι να κάμεις; Γιατί δεν είναι μόνο εχθρός, αλλά και αδελφός σου ο αντίπαλος ≫. Κι εκείνος ≪ έχεις δίκιο ≫, του είπε, ≪ και σωστά κατάλαβες τη σκέψη μου : σκοπός μου είναι να τον νικήσω, αλλά να μην τον σκοτώσω・ ποτέ η οργή και η αγανάκτηση για όσα έχω άλλοτε υποστεί άς μην κυριαρχήσουν τόσο στην ψυχή μου, ώστε να εξαγοράσω την εκδίκηση για τα περασμένα και τις τιμές του μέλλοντας με αίμα αδελφικό και με το μίασμα της αδελφοκτονίας ≫.





 シアニスは、それを見てテアゲニスに言いました。「友よ、ペトシリスを見てご覧。恐怖で震えているよ。」 テアゲニスは言いました。「それは見て分かります。けれども、君は、どうしようと考えているのですか? と言うのは、戦う相手は、敵であると言うだけではなくて、君の弟だからなのだけれど。」 シアニスはテアゲニスに言いました。「君がそういうのは尤もだ。それに、君は、私の考えを正しく理解しているね。私の目的は、ペトシリスに勝つことなんだ。けれども、弟を殺すことは目的ではないんだ。これまで私が蒙ったすべてのことについてのどんな私憤にも義憤にも、私の魂を捉えさせはしないのだ。そして、怒りに捉われた結果、過去のことへの復讐と未来に於いての名誉を弟の血と兄弟殺しの穢れで購うようなことはしないのだ。」
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月11日

エティオピア物語 第七巻 5-3

  Άξιζε λοιπόν να δείς πόσο γρήγορα εκτελέστηκε η προσταγή της : με ζέση μεγάλη ο Θύαμης άρχισε να προκαλεί τον αντίπαλό του σε άμεση σύγκρουση συμπληρώνοντας συνάμα ενθουσιασμένος τον οπλισμό του με την πρέπουσα τάξη ενώ ο Θεαγένης τον ενθάρρυνε φορώντας του στο κεφάλι το κράνος ― ανέμιζε η όμορφη φούντα του και έλαμπε στον ήλιο χρυσό ― και του έδενε σφιχτά για ασφάλεια τα άλλα του όπλα. Αντίθετα τον Πετόσιρη χρειάστηκε να τον σπρώξουν έξω από τα τείχη κατά διαταγήν της Αρσάκης ( ενώ μάλιστα φώναζε συνεχώς ζητώντας συγχώρηση ) και να τον εξοπλίσουν με τη βία.





 それですから、アルサキの命令がどれだけ速やかに実行されたかを、読者が見る価値はあるのです。シアニスは、強い熱意を持って、敵対者に直接に挑みたいと思ったのです。そして、直ぐに、相応しい武装を整えたのです。一方、テアゲニスは、シアニスの頭に兜を被せながら、シアニスを激励したのです。その兜には、美しい房がたなびいていました。そして、陽に当り、黄金に輝いていたのです。そして、テアゲニスは、その他の武具も安全なようにと、シアニスにきつく結んだのです。反対に、ペトシリスは、アルサキの命令で、兵士達が城壁の外へ押し出さなければならなかったのです。( 実際、赦しを求めて叫び続けていたのです。 ) そして、力づくで武具を着けなければいけなかったのです。




πρέπουσα : ο σωστός, ο κατάλληλος, που αρμόζει, αξίζει, ο ορθός, ο κόσμιος, καθώς πρέπει
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月10日

エティオピア物語 第七巻 5-2

  Αντίθετα, οι περισσότεροι από τους Βησσαείς δεν φάνηκαν ευχαριστημένοι και δεν ήταν πρόθυμοι να αφήσουν τον αρχηγό τους να κινδυνέψει αντί γι' αυτους ως τη στιγμή που ο Θύαμης τους έπεισε να συγκατατεθόυν τονίζοντας τους πόσο αδύναμος και άπειρος στα πολεμικά ήταν ο Πετόσιρης και ενθαρρύνοντάς τους με τη διαβεβαίωση ότι η δική του υπεροχή ήταν εξασφαλισμένη, πράγμα που, κατά τα φαινόμενα, είχε λάβει υπ' όψη της και η Αρσάκη όταν προκήρυσσε τη μονομαχία, με τη σκέψη ότι θα πετύχαινε το σκοπό της χωρίς να τη βαραίνει καμιά υποψία και ότι ο Πετόσιρης θα λάβαινε την τιμωρία που του έπρεπε μονομαχώντας με τον κατά πολύ γενναιότερό του Θύαμη.





 反対に、ヴィサ村の人々のほとんどは、満足していないように見えました。それに、自分たちの首領に自分たちの代わりに危険を冒させるのには気乗りがしないのでした。その時、シアニスは、村人たちに、ペトシリスはとても貧弱で戦いには経験がないと強調して自分に同意するように、と言いました。そして、自分の優位は確実だと確約して、村人を勇気づけたのです。また、実際見たところ、二人だけの決闘を宣言した時のアルサキの考えは、どんな疑いも蒙ることなく自分の目論みを達成出来るだろう、その目論みとは、ペトシリスがとても勇敢なシアニスと決闘して受けるべき罰を受ける、と言うことだと理解したと言ったのです。
posted by kyotakaba at 11:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月09日

エティオピア物語 第七巻 5-1

  Στα λόγια αυτά της Αρσάκης οι κάτοικοι της πόλης ζητωκραύγασαν όλοι με ενθουσιασμό : αφ' ενός τους είχαν κινηθεί υποψίες για την άνομη πολιτεία του Πετόσιρη και αφ' ετέρου καθένας τους επιδίωκε να σωθεί από τον προφανή και άμεσο κίνδυνο μέσω του αγώνα κάποιον άλλων.





 アルサキのその言葉を聞いて、都市の住人たちは、全員が熱狂して喝采したのです。それは、住人の中のある者たちは、ペトシリスの非道の振る舞いに疑いを持ち始めていたからであり、また、他のある者たちは、それぞれが、戦いの明白な差し迫った危険から何とか逃れることを切望していたからなのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月05日

エティオピア物語 第七巻 4-4

  Δεν βλέπω όμως γιατί πρέπει να ταλαιπωρούνται τόσοι άνθρωποι, εφόσον αιτία της εκστρατείας είναι μιά υπόθεση ιδιωτική και όχι κοινή ή δημόσια, και να μην κριθεί κατ' ιδίαν η αμφισβήτηση και εν συνεχεία οι δυό αντίπαλοι να αποδεχθούν τη λύση που θα δώσουν σ' αυτην οι θεοί και η ίδια η δίκη. Αποφασίζω λοιπόν ≫, είπε, ≪ και προστάζω οι μεν άλλοι πολίτες της Μέμφιδος καθώς και οι Βησσαείς να παραμείνουν ήσυχοι και να μη συγκρουστούν αναίτια μεταξύ τους, οι δε διεκδικητές της ιεροσύνης να μονομαχήσουν μεταξύ τους με έπαθλο το αξίωμα του προφήτη ≫.





 「この遠征の理由が個人的な事柄であり、人々の共通のことあるいは公のことでないのでしたら、このようにたくさんの人々が辛酸を舐めなければいけない理由が、私には分かりません。ですから、是も非もなく、これが異議申し立てだとは看做されません。そうですから、敵対する二人は、神々と裁判が与える調停を受諾しなさい。私は決心しました。」 そして、アルサキは続けて言いました。「まず、メンフィスのその他の市民には、また、ヴィサの者たちにも同様に、平静にするように、訳もなくお互いに衝突しないように命じます。そして、聖職の席は自分のものであると主張している二人には、自分たち二人だけで、予言者の席を賭けて決闘するように、命じます。」 




κατ' ιδίαν : χωρίς να είναι κανένας άλλος παρών σε συζήτηση, συνάντηση κλπ. 

εν συνεχεία : further to, following, then, afterwards, 

αναίτια : χωρίς αιτία, αδικαιολόγητα  
posted by kyotakaba at 10:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月04日

エティオピア物語 第七巻 4-3

  Για λίγο έμεινε έτσι σάν χαμένη κι ύστερα, σάν να συνερχόταν από κρίση επιληψίας, ≪ όλοι εσείς οι Βησσαείς ≫, είπε, ≪ πάσχετε από πολεμική μανία και περισσότερο απ' όλους εσείς, νέοι μου, που ενώ είστε τόσο όμορφοι και τόσο ακμαίοι και, όπως όλα δείχνουν, από αρχοντικές οικογένειες, ρίχνεστε σε ολοφάνερο κίνδυνο για χάρη κάποιων ληστών・ γιατί οπωσδήποτε, άν χρειαστεί να γίνει μάχη, δεν πρόκειται ν' αντέξετε ούτε την πρώτη έφοδο : δεν είναι δά τόσο ανίσχυρος ο στρατός του Μεγάλου Βασιλιά ώστε, ακόμα και εν απουσία του σατράπη, να μη σάς εξολοθρεύσουν ως τον τελευταίο τα λείψανά του που έχουν μείνει εδώ.





 まるで気を失った様にしばらくそのままでしたけれど、それから、アルサキは、癲癇の発作から回復したかの様にして、言ったのです。「ヴィサの皆さん、貴方たちは戦争の熱狂に捉われています。皆さんの中でもとりわけ優れた、二人の若者よ、お前たちはとても美しく、とても意気軒昂です、そのすべてが示している様に、二人は高貴な家の生まれなのでしょう、簒奪者の誰かの為に、このような目にも明らかな危険の中に陥っているのでしょう。いずれにしても、戦いが起こらざるを得ないとしても、この最初の攻撃に於いても、貴方たちが持ち堪えることにはならないでしょう。大王の軍隊は、無力ではないことは、正にその通りなのです。太守の不在に於いてさえ、ここに居る残りの者たちで貴方たちを最後の一人まで全滅出来ないほどに無力ではないのです。」
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

απάνω

 απάνω 、昨日と今日に読んだカザンザキスの旅行記の中での言葉。何度か、απάνω が使ってある。
春日大社を描いた部分。

Φανάρια στην είσοδο μεγάλα, σάν το μπόι του ανθρώπου, μεταξωτά, με τα ιερά χρώματα του ναού : φωτερό κόκκινο και άσπρο και γαλάζιο. Λάμπει το ξύλινο πάτωμα, καθαρότατο, σά νερό. Από τη μιά μεριά, οχτώ χαμηλά τραπεζάκια κόκκινα λακέ, κι απάνω τους από μιά ζώνη κι από ένα σείστρο χορού με μεγάλα κουδούνια. Από την άλλη μεριά, οχτώ σκαμνιά κόκκινα πάλι γυαλιστερά, κι απάνω στο καθένα από μιά βεντάλια. Στο βάθος, τέσσερα αναλόγια με ανοιγμένα παλιά βιβλία. Χάμω, σά θεριό που αναπαύεται, η κότο, η γιγάντια γιαπωνέζικη άρπα. Κι απάνω, γύρα στον τοίχο, σά διάζωμα, πλατιά λουρίδα μεταξωτό με ζωγραφισμένες απάνω χορεύτρες.


 この απάνω をグーグル・トランスレートにかけると、「ぶつかる」と言う動詞に訳してしまう。実際には、απάνω = επάνω = πάνω だと思うのだけど。

グーグル・トランスレートの「Από τη μιά μεριά, οχτώ χαμηλά τραπεζάκια κόκκινα λακέ, κι απάνω τους από μιά ζώνη κι από ένα σείστρο χορού με μεγάλα κουδούνια. 」の部分の訳「一方では、8低いテーブル赤ラッキー、バンドやダンスガラガラ大鐘でぶつかった。」
「πλατιά λουρίδα μεταξωτό με ζωγραφισμένες απάνω χορεύτρες」の部分、「ぶつかった塗装ダンサーと絹の幅のストリップ」

 ただ、私自身も、πάνω を使う時には、その後に、σε や από の前置詞、その後に冠詞・実詞の対格を置くように思う。あるいは、副詞として使うか。カザンザキスの文章では、απάνω τους από と、από が代名詞 τους の後にあって分かり難い。από は、その後ろの μιά ζώνη に関係しているように思えてしまう。απάνω τους では、確かに、απάνω が一人称単数の動詞のように見えてしまう。
 私の手持ちの辞書には、απάνω に bump の意味は書かれていない。それで、インターネットで簡便に検索してみた。一つ、Ελληνοαγγλικό Λεξικό WordReference.com と言うサイトで、動詞の bump の意味を書いているのが見つかった。
επάνω - Ελληνοαγγλικό Λεξικό WordReference.com
ただ、これ一つだけなので、分からない。
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月03日

エティオピア物語 第七巻 4-2

  Κυριευμένη από οργή εναντίον του Πετόσιρη, ξανάφερνε στο νού της τα περασμένα και μελετούσε την εκδίκησή της・ κοίταζε μιά τον Θύαμη και μιά τον Θεαγένη κι ο νούς της μοιραζόταν σπαράζοντας από πόθο και για τους δύο καθώς ένας έρωτας παλιός ξαναξυπνούσε και ένας άλλος καινούργιος και πιό βίαιος γεννιόταν στην ψυχή της, και τόση ήταν η αδημονία της ώστε ούτε από τους ακολούθους της δεν πέρασε απαρατήρητη.





 アルサキは、ペトシリスに対する怒りに捉われていて、過去の事どもを頭の中に取り戻したのでした。そして、復讐を思い立ったのです。一度、シアニスを見て、そしてまた一度、テアゲニスを見たのです。アルサキの心は、分裂してしまったのです。二人に対する恋情で心は散り散りになったのです。一つは、古い恋が再び目覚めたのでした。もう一つは、新しい恋で、アルサキの心に生まれたもっと激しい恋でした。あまりの激しさに、随行者たちに気付かれずにはいないのではないかというのが、アルサキの気掛かりでした。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Θύαμης

 エティオピア物語 の登場人物、Θύαμης 。ずっと、シアニスと書いていたのですが、シアミス、だと今更気が付きました。でも、もうこのまま、シアニスと書いていこうかと。
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年06月02日

エティオピア物語 第七巻 4-1

  Μ' αυτά του τα λόγια ταράχτηκε ολόκληρο το πλήθος των Μεμφιτών που αναγνώρισε τον Θύαμη του οποίου η απροσδόκητη φυγή είχε μείνει ως τότε ανεξήγητη και τώρα, απ' όσα άκουσαν ― και δεν είχαν λόγο να μην τα πιστέψουν ―, είχαν αρχίσει να υποψιάζονται την αιτία της・ αλλά περισσότερο απ' όλους αναστατώθηκε η Αρσάκη που βρέθηκε σε μιά τρικυμία από εναγώνιες σκέψεις.





 シアニスのその言葉で、メンフィスの群衆は全員が動揺したのです。メンフィスの人たちは、シアニスが誰だか分かったのです。シアニスの思いがけない失踪は理解出来ないままだったのですが、その時、すべての人がその訳を聞いたのです。それを信じない理由はありませんでした。群衆は、失踪の理由を疑い出していたのですから。人々の中でもアルサキが一番に動揺していたのです。アルサキは、不安に満ちた様々な思いの嵐の中にいたのです。 




εναγώνιος : είναι γεμάτος από αγωνία, ο αγωνιώδης, ο ανήσυχος
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする