2014年07月31日

エティオピア物語 第七巻 9-4

  και, μ' ένα λόγο, ο έρωτας ανεπαίσθητα την παρέσυρε στην τρέλα ώσπου μιά γερόντισσα ονόματι Κυβέλη, μιά από τις θαλαμηπόλους που συνήθως υπηρετούσαν την Αρσάκη στις ερωτοδουλειές της, μπήκε τρέχοντας στο δωμάτιο・ αμέσως είδε τα πάντα στο φώς του λύχνου που άναβε και σάν να ξάναβε κι εκείνος τον έρωτα της Κυβέλης και


ξάναβε : ξανάβω



 唯一の理由、気がつかない内に、恋がアルサキを狂気に引き込んでいたのです。そして到頭、普段情事のことでアルサキに仕えている寝室係の女中の中の一人、キベリーと言う名前の老婆が、部屋に急いで入って来たのです。キベリーは、自分の愛にもう一度火を点ける様に燈火を灯しました。その灯りですべてを見ると直ぐに、こう言ったのです。  


9-4 は、文章が終わっていなくて、9-5 に続いています。最後の部分は、9-5 の最初の「 της είπε 」を含んで訳しました。
posted by kyotakaba at 12:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月30日

エティオピア物語 第七巻 9-3

  Όλη νύχτα κειτόταν εκεί στριφογυρίζοντας αδιάκοπα κι αναστενάζοντας βαθιά・ πότε πότε σηκωνόταν όρθια και άλλοτε, καθισμένη ανακούρκουδα στο στρώμα, έβγαζε ένα ένα τα ρούχα της και πάλι ξαφνικά ριχνόταν στο κρεβάτι ή φώναζε αναίτια τη σκλάβα της και ύστερα την ξανάδιωχνε χωρίς να της παραγγείλει τίποτε  





 アルサキは、一晩中、そこに横たわり、絶え間なく寝返りを打ち、深い溜息を吐いていたのです。時々は起き上がり、ある時は、マットレスの上に膝を抱えて座り、服を一枚一枚脱いで、また突然、ベッドの上に投げるか、用も無いのに召使いを呼んで、何も命じないで、また追い出したりしていたのです。





ανακούρκουδα : όταν καθόμαστε στις φτέρνες μας, με τα γόνατα λυγισμένα


αναίτια : χωρίς αιτία, αδικαιολόγητα
posted by kyotakaba at 12:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月29日

エティオピア物語 第七巻 9-2

  Και όταν έφτασε στο βασιλικό παλάτι, τρέχει κατευθείαν στο δωμάτιό της, ρίχνεται στο κρεβάτι έτσι όπως ήταν με τα ρούχα και μένει εκεί άναυδη ― γυναίκα πάντα επιρρεπής πρός τις άσεμνες ηδονές, αλλά που τώρα είχε ανάψει περισσότερο χτυπημένη από την ακαταμάχητη και πρωτόφαντη για τα δικά της μάτια ομορφιά του Θεαγένη.


πρωτόφαντη : πρωτόφαντος  






 そして、アルサキは、宮殿に着くと、まっすぐに自分の部屋へと急いだのです。そして、服を着たまま寝台に身を投げて、口を利かなったのです。― アルサキは、普段は、猥らな快楽に耽り勝ちでしたけれど、その時は、彼女の目ではそれまで見たことのない美しさ、他に敵うもののないテアゲニスの美しさに、したたかに打ちのめされて、燃え上がっていたのです。
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月28日

エティオピア物語 第七巻 9-1

  Επευφήμησε ο δήμος και δήλωσε τη συγκατάθεσή του επαινώντας τον Καλάσιρη για την απόφαση του・ κι εκείνος, παίρνοντας μαζί του τους γιούς του και τον Θεαγένη, αποσύρθηκε στο μέρος του ναού το προορισμένο για τους προφήτες・ οι άλλοι όλοι έφυγαν καθένας για το σπίτι του・ αποχώρησε και η Αρσάκη απρόθυμα βέβαια και αφού πολλές φορές επέστρεψε τάχα γιά να προσφέρει και άλλη λατρεία στη θεά・ τελικά αποφάσισε να φύγει, χωρίς όμως να πάψει, όσο ακόμα μπορούσε να τον βλέπει, να στρέφει το βλέμμα της πρός τον Θεαγένη.





 市民は喝采して、同意したのです。そして、その決意のことで、カラシリスを褒め称えたのです。カラシリス自身は、二人の息子とテアゲニスに連れられて、神殿の中の予言者に割り当てられている場所に退いたのです。他の人たちは、それぞれ、自分の家へと帰って行きました。そして、アルサキは、明らかに渋々と退席したのです。何度も戻って来ては、あたかも、他の女神に祈りを捧げる振りをしたのです。そしてとうとう、立ち去る決意をしました。けれども、テアゲニスに視線を向けることは止めなかったのです。出来るだけ、テアゲニスを見たのです。
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月26日

Στους Δήμους η απόφαση για την καύση νεκρών

 in.gr の7月26日の記事から。

Στους Δήμους η απόφαση για την καύση νεκρών


Στους Δήμους περνά η αρμοδιότητα να αποφασίζουν τη δημιουργία Κέντρων Αποτέφρωσης, σε περιοχές εντός ή εκτός σχεδίου πόλεων, βάσει τροπολογίας–προσθήκης στο νομοσχέδιο του υπουργείου Περιβάλλοντος για το Ρυθμιστικό Σχέδιο της Αττικής και της Θεσσαλονίκης. 


いくつかの自治体で、火葬が決定

いくつかの自治体で、アッティキとセサロニキの調整計画のための環境省の法案の修正/追加動議に基づいて、都市計画の内外の地域に火葬施設の設置する法的権限が認められました。
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

『撰集抄』の「増賀上人」3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??


 増賀上人は、その言葉を聞くと、衣を脱いで裸になりました。そして、駆け出しました。
 ほう、ほう、ほう、と叫んで走りました。
 もと居た山の上の寺に行きました。




  Μόλις ο Ζώγα άκουσε αυτό λόγο, έβαλε τα άμφια του και στάθηκε γυμνός. Έτσι όρμησε και έτρεχε φωνάζοντας ≪ Άχ, χώ, άχ! ≫. Και διάτρεξει πρός το βουνό όπου στην κορυφή βρισκόταν το παρεκκλήσι που έμενε προηγουμένως.
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

συναπαρχτικό

 カザンザキスの旅行記に使ってあった語「 συναπαρχτικό 」。
分からない。手持ちの辞書にはない。インターネットで検索しても、この語を使った文章を検出しない。似た語として、「 συνταραχτικός 」が出て来る。συναπάντημα も似ているけど。συν は接頭語として、απαρχή も。συνεπαρμένος は? 


使ってある文章は、
Τί άλλες χαρές με περιμένουν άραγε στο Κυότο, στη χήρα βασιλικιά πολιτεία, όπου θα φτάσω απόψε; Το ταξίδι είναι ένα συναπαρχτικό, κυνήγι, και βγαίνεις έξω και δεν μπορείς να μαντέψεις τί πουλί θα σου λάχει.

 王を亡くした王妃の街、キオトでは、一体どのような新しい楽しみが私を持っているだろうか。私は、今晩には、そこに着くだろう。旅は、思いもしなかった邂逅であり、狩りなのだ。だから、出掛けて行っても、どんな鳥に出くわすかは、予言出来ないのだ。
posted by kyotakaba at 08:26| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月24日

『撰集抄』の「増賀上人」2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。 





 それで、広い海原に面した浜のお堂に、一人で籠りました。また、お祈りを上げました。
 すると、海面に佛様の頭が現れました。そして、誉れを捨てなさい、と言いました。




  Έτσι, ο Ζώγα κλεινόταν μόνας του στο άλλο παρεκκλήσι και προσευχόταν. Αυτό παρεκκλήσι βρέθηκε στην αμμουδιά και αντίκρισε τον ωκεανό. Λοιπόν, εμφανίστηκε το κεφάλι του Βουδά στην επιφάνεια θαλασσας και τον συμβούλεψε να ρίξει την τιμή του.
posted by kyotakaba at 14:03| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月18日

『撰集抄』の「増賀上人」1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。  





 むかし、増賀上人と言う人がいました。幼いときから、信心深い人でした。
高い山の上のお堂に一人で籠って、千日の間、お祈りを上げ続けました。
 けれども、仏教の教えをすっかり理解したようには、思えなかったのです。 



  Τον παλιό καιρό υπήρχε ο όσιος Ζώγα. Από κούνια αυτός ήταν ευσεβής. Μια φορά κλεινόταν μόνας του στο παρεκκλήσι που βρέθηκε στην κορυφή του ψηλού βουνού. Και προσευχόταν στη διάρκεια των χιλιών ημερών. Αλλά ο Ζώγα δεν ένιωσε ότι αυτός είχε καταλάβει την διδασκαλία του βουδισμού πλήρως.
posted by kyotakaba at 15:13| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月16日

エティオピア物語 第七巻 8-7

  Ο δε Καλάσιρης, μόλις μπήκε στον ιερό χώρο, πρόσπεσε μπροστά στο άγαλμα της θεάς και αγκαλιάζοντας τα πόδια του, έμεινε έτσι για ώρα πολλή και λίγο έλειψε να πεθάνει. Κι όταν, με τη βοήθεια των παρευρισκομένων, συνήλθε και μπόρεσε να σταθεί στα πόδια του, πρόσφερε σπονδές και ευχές στη θεά κι ύστερα έβγαλε από το κεφάλι του τον στέφανο της ιεροσύνης και έστεψε μ' αυτον το γιό του τον Θύαμη λέγοντας στο πλήθος ότι ο ίδιος είναι πιά γέρος και εξάλλου αισθάνεται να πλησιάζει το τέλος του, και ότι ο πρωτότοκος γιός του δικαιούνταν κατά το νόμο τα σύμβολα της προφητείας αλλά και διέθετε τις ψυχικές και σωματικές ικανότητες τις απαιτούμενες για το λειτούργημα της ιεροσύνης.





 一方、カラシリスは、神聖な場所に入ると直ぐに、神像の前に跪いて祈りを上げたのです。そして、子供たちを抱擁して、何時間もそのままだったのです。もう少しで死んでしまうところだったのです。そこに居合わせた人たちに助けられて、意識が戻り、自分の足で立ち上がることが出来ると、神に献酒と祈りを上げました。それから、頭の中から聖職者の冠を取り外すと、息子のシアニスにその冠を授けたのです。そして、群衆に、自分はとても老いている、それに、臨終が近づいていることに気が付いている、と言ったのです。そして、また、自分の第一子の息子は法によって予言者の徴を持つ資格があるし、また、聖職者の役目に要求される聖心と身体の能力を保持している、と言ったのです。 




προσπέφτω : πέφτω στα γόνατα, ζητώ ταπεινά συγγνώμη

λίγο λείπω :

συνέρχομαι

ιεροσύνη :
posted by kyotakaba at 12:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月15日

エティオピア物語 第七巻 8-6

  Αλλά ούτε και η Αρσάκη απουσίαζε από τα δρώμενα : περιστοιχισμένη από τους δικούς της δορυφόρους που σχημάτιζαν μιά χωριστή μεγαλόπρεπη πομπή, μπήκε καμαρωτή με τα χαϊμαλιά και τα χρυσαφικά της στο ναό της Ίσιδος τάχα για τον ίδιο λόγο που έμπαιναν και οι άλλοι πολίτες, αλλά στην πραγματικότητα με το βλέμμα καρφωμένο στον Θεαγένη, απολαμβάνοντας περισσότερο από καθετί τη θέα της μορφής του. Η απόλαυσή της όμως δεν ήταν ανόθευτη : ο Θεαγένης, παραμερίζοντας τον κόσμο που έτρεχε να τους δεί, οδηγούσε τη Χαρίκλεια κρατώντας την από το μπράτσο, πράγμα που έκανε την Αρσάκη να νιώθει έντονο το δάγκωμα της ζήλιας.   





 けれど、アルサキは、そういったお祭り騒ぎには出なかったのです。その騒ぎとは別に荘厳な隊列を成しているアルサキ自身の護衛兵に囲まれて、たくさんの護符と宝石を持って、イシスの神殿に気取って入って行ったのです。もしかすると、他の市民たちも入って来るのでは、とアルサキは考えたからなのです。しかし実際には、アルサキの視線はテアゲニスに釘付けになっていて、何よりもテアゲニスの姿態を賞味していたのです。ですけれど、アルサキの楽しみは、曇りのないものではなかったのです。テアゲニスは、自分を見ようと走り寄って来る多勢の人々を押しのけて、ハリクレアを腕に抱いて導いているのでした。それは、強い嫉妬が刺す様な感じをアルサキに起こさせるのでした。
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月14日

エティオピア物語 第七巻 8-5

  Το ίδιο έκανε από το άλλο μέρος και ο Πετόσιρης και, με λαμπάδες αναμμένες, οδηγούνταν ο πρεσβύτης στο ναό της Ίσιδος συνοδευόμενος από χειροκροτήματα και επευφημίες πολλές, ενώ συνάμα ηχούσαν σύριγγες και αυλοί ιεροί που παρέσυραν τα περήφανα νιάτα σε βακχικούς χορούς.





 ペトシリスは、もう片方で同じことをしていたのです。そして、老人は、拍手と多くの喝采を浴びながら、灯の点いた松明でイシスの神殿に導かれました。その間、ずっと、パンパイプと神聖な笛が鳴り響いていたのです。その音は、立派な若者たちを乱痴気踊りへと引き込んだのです。
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月10日

エティオピア物語 第七巻 8-4

  και όλοι αυτοί μαζί σχημάτισαν ένα είδος αυτοσχέδιας επίσημης πομπής. Ο Θύαμης είχε στείλει πίσω τους Βησσαείς αφού προηγουμένως τους ευχαρίστησε για την προθυμία τους και τους υποσχέθηκε ότι, λίγο αργότερα, με το γέμισμα του φεγγαριού, θα τους έστελνε εκατό βόδια και χίλια πρόβατα και, στόν καθέναν τους ιδιαιτέρως, δέκα δραχμές, και τώρα είχε περάσει στο λαιμό του το χέρι του πατέρα του για να τον ξαλαφρώνει στηρίζοντας το βάδισμα του γέροντα που η ξαφνική χαρά τον είχε κάπως εξασθενίσει.  





 それら全部が、一緒になって、急誂えの厳かな行進のようになったのです。シアニスは、その前に、ヴィサの人々に彼らの犠牲を厭わない行為にお礼を言って、そして、あまり遅くならないうち、満月までには、百頭の牛と千頭の羊を、それに、一人一人に十ドラクマを送る、と約束をしてから、人々をヴィサに送り返したのです。そうしてから、シアニスは、父に楽をさせようと、父の手を自分の肩に載せ、老人の歩行の頼りにさせたのです。父であるカラシリスについては、思いがけない喜びがカラシリスを多少衰弱させていたのです。
posted by kyotakaba at 12:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月09日

エティオピア物語 第七巻 8-3

  Ο κόσμος όλος είχε τώρα ξεχυθεί έξω από τις πύλες και ο χώρος μπροστά από τα τείχη γέμισε με ανθρώπους κάθε ηλικίας : οι πολύ νέοι που μόλις είχαν ανδρωθεί προσέτρεχαν στον Θεαγένη ενώ γύρω από τον Θύαμη είχε συγκεντρωθεί η ακμάζουσα ηλικία, οι ολοκληρωμένοι άνδρες, που κάπως μπορούσαν να τον αναγνωρίσουν・ οι νέες κοπελες εξάλλου, που ήδη ονειρεύονταν νυφικούς κοιτώνες, είχαν περικυκλώσει τη Χαρίκλεια, οι γέροντες και οι ιερείς όλοι συνόδευαν τιμητικά τον Καλάσιρη


ανδρώνομαι  





 そして、人々は全員が門から傾れ出てきたのです。城壁の前の地面は、あらゆる年齢層の人々で一杯になったのです。たくさんの若者が、それは成人したばかりの若者でしたけど、テアゲニスの直ぐ側に来たのです、一方、既に盛りの年齢に入ろうとしていたシアニスの周りには、すっかり成人した男たちが来たのです。男たちは、かろうじて覚えていてシアニスだと分かったのです。そして、若い娘たちは、皆が婚礼の寝室を夢見ているのですが、ハリクレアを取り巻いたのです。老人たち、聖職他たちは、皆が、カラシリスに誇らしげに付き従ったのです。





ανδρώνομαι : γίνομαι άνδρας

συγκεντρώνομαι = αφοσιώνομαι σε κάτι  



γύρω από τον Θύαμη είχε συγκεντρωθεί η ακμάζουσα ηλικία のところ、
動詞 είχε συγκεντρωθεί の主格は η ακμάζουσα ηλικία だと思います。
パセティキーで、三人称単数のイペルシデリコス。
συγκεντρώνω の集中するの意味でも、帰納動詞での αφοσιώνομαι の没頭するの意味でも、
文意にはならないように感じます。よく分かりません。
追記:ここでの συγκεντρώνομαι の意味、εισρέω なのでしょうか。
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月08日

エティオピア物語 第七巻 8-2

  Δυό γιοί ξαναβρήκαν τον πατέρα τους που επί δέκα χρόνια περιπλανιόταν στα ξένα, εκείνον ακριβώς που ήταν η αιτία της αιματηρής διαμάχης για το αξίωμα του προφήτη, κι αυτοί οι ίδιοι σε λίγο τον έστεφαν και τον συνόδευαν στολισμένον με τα σύμβολα της ιεροσύνης που του είχαν αποδώσει. Αλλά το αποκορύφωμα όλων ήταν το ερωτικό μέρος του δράματος : η Χαρίκλεια και ο Θεαγένης, τόσο νέοι, ωραίοι και αξιαγάπητοι, που είχαν ανέλπιστα ξαναβρεί ο ένας τον άλλον, προσείλκυαν περισσότερο από τους άλλους τα βλέμματα των πολιτών.





 二人の息子は、自分たちの父親に再び相見えたのです。父は、十年の間、外国を放浪していたのです。ですが、正にそれが、予言者の地位をめぐる血みどろの争いの原因だったのです。二人は、直ぐに、父を予言者の席に就け、返却した聖職者の徴で飾った父に付き従ったのです。ところが、この劇のすべての内の最高潮は、愛の場面だったのです。ハリクレアとテアゲニスの場面なのです。思いがけずお互いを再び見つけ出した二人でしたけれど、その二人は、あまりに若々しく、美しく、愛らしいものですから、都市のほとんどの人々の視線を惹き付けたのです。
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

清和文楽のレフカダ公演

 朝日新聞の石田博士記者報告で、レフカダ島に於いて、熊本の清和文楽の公演や俳優の佐野史郎さんによるハーン作品の朗読があった、と言うことを知る。
 詳しくは分からない。レフカダ島西部の野外劇場と言うことだけれど。記事は簡単なものなので。レフカダのwebページも見てみたのだけれど、私には探すことが出来なかった。


清和文楽:
清和文楽館公式サイト | 熊本県重要無形文化財指定・くまもとアートポリス参加プロジェクト

ΔΗΜΟΣ ΛΕΥΚΑΔΑΣ :: Επίσημη Δικτυακή Πύλη


追記:
ΤΑ ΝΕΑ に関連の記事を見つけました。
Εγκαίνια στη Λευκάδα για το μουσείο του εθνικού ποιητή της Ιαπωνίας Λευκάδιου Χερν - Πολιτισμός - Επικαιρότητα - Τα Νέα Οnline
レフカダ島に、ラフカディオ・ハーンの記念館が出来て、7月4日がその開館日だったので、記念の行事が開催されたそうです。佐野史郎さんの朗読と清和文楽の公演もその一環。
記念館は、Πνευματικό Κέντρο Δήμου Λευκάδας のイソゲイオ ισόγειο ( 地上階 ) に設けられたそうです。
Πνευματικό Κέντρο Δήμου Λευκάδας - Αρχική
posted by kyotakaba at 10:09| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月07日

エティオピア物語 第七巻 8-1

  Τερματίστηκε έτσι ο ανόσιος αδελφοκτόνος πόλεμος και ο αγώνας που όλοι νόμιζαν πώς θα κρινόταν με αίμα, είχε κωμική και όχι τραγική κατάληξη : ένας πατέρας είδε τους γιούς του να μονομαχούν έχοντας ξιφουλκήσει ο ένας εναντίον του άλλου και, τη στιγμή ακριβώς που κινδύνευε να ιδεί τα παιδιά του να πεθαίνουν μπροστά στα μάτια εκείνου που τα γέννησε, έγινε ο ίδιος χορηγός της ειρήνης : δεν μπόρεσε βέβαια να αποφύγει το γραφτό του, αλλά έφτασε εν καιρώ για να παρασταθεί σε όσα του είχε ορίσει η τύχη δίδοντάς τους ευτυχές τέλος.



ξιφουλκώ 





 こうして、忌わしい兄弟の間の戦いは終わらされたのです。誰もが血で決着するだろうと思っていた争いは、悲劇的な結末ではなく喜劇になったのです。一人の父が、息子たちが、剣を取ってお互いに威嚇し合って、決闘していたところに、鉢合わせたのです。自分の目の前で子供たちが死ぬところを今にも目にするところだったのです。正にその瞬間、二人を生んだ父は、平和を齎す者となったのです。その父は、定められた運命からは逃れられなかったのです。けれども、運命がその父に目出度い結末を与えると決めていた時間の内に着いて、子供たちの直ぐ側に立てたのです。



ξιφουλκώ : τραβάω το ξίφος από τη θέση του, απειλώ

εν καιρώ : αργότερα, στο μέλλον, κάποια στιγμή στο μέλλον, όταν έρθει η κατάλληλη στιγμή
ここでは、in time


運命が決めていたこと:
第二巻 25-5、第六巻 15-4,
エティオピア物語 第六巻 15-4: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 14:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月05日

ナナ・ムスクーリ、誕生日記念コンサート

 ナナ・ムスクーリさんが、7月14日に、イロディオ音楽堂で誕生日記念コンサートを催されると言うこと。

ナナ・ムスクーリ、イロディオ音楽堂で誕生日記念コンサート開催 | Greece-Japan

 ナナ・ムスクーリさんの誕生日は、10月13日。誕生日記念コンサート・ツアーが、7月14日から始まる、のかな?
追記:ではなくて、2013年からツアーをしているみたい、

ト・ビーマの記事から
Η συναυλία στο πλαίσιο της διεθνούς περιοδείας της Νάνας Μούσχουρη με τίτλο ≪Happy Birthday Tour≫ θα γίνει στις 14 Ιουλίου, στις 21.00, στο Ωδείο Ηρώδου Αττικού.

記事に付けられていた写真、若い時?

71171A0DCB52237819F727D17C5324D1.jpg
posted by kyotakaba at 08:51| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月02日

エティオピア物語 第七巻 7-7

  Κι εκείνη ≪ Πύθιε ≫, του είπε χαμηλόφωνα, ≪ ούτε τη λαμπάδα δεν θυμάσαι; ≫ Και τότε ο Θεαγένης, σάν με βέλος χτυπημένος από τη λέξη στην οποία αναγνώρισε το σύνθημα που είχαν συμφωνήσει, την κοίταξε καλά καλά και, θαμπωμένος από τις βολές των ματιών της Χαρίκλειας σάν από ακτίνα που τινάζεται ορμητικά έξω από τα σύννεφα, άνοιξε τα μπράτσα του και την έσφιξε στην αγκαλιά του. Και τέλος, όλο το πρός το τείχος μέρος, όπου πάνω στο θρόνο της καθόταν η Αρσάκη που ήδη είχε σκάσει από τη ζήλια της βλέποντας τη Χαρίκλρια, είχε γεμίσει από θαυμαστές θεατρικές σκηνές.





 ハリクレアは、声をひそめてテアゲニスに言いました。「ピュシアの人、「松明」も覚えていないのですか?」 すると、テアゲニスは、その言葉で、矢に打たれたようになったのです。テアゲニスは、その言葉が、ハリクレアと自分で取り決めた合い言葉だと気が付いたのです。そして、ハリクレアをよくよく見ました。そして、雲間から勢いよく投げ出される光のような、ハリクレアの瞳から放たれる視線に驚いて、両腕を拡げて、ハリクレアを自分の懐に抱きしめたのです。そしてとうとう、そうした二人のすること全部が、城壁に向けた素晴らしい劇の舞台をいっぱいにしたのです。城壁の上では、自らの椅子に座っているアルサキが、もう、嫉妬で逆上していたのです。
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

エティオピア物語 第七巻 7-6

  Εκείνος όμως, όπως ήταν φυσικό, βλέποντας το ακάθαρτο και επίτηδες ασχημισμένο πρόσωπό της και το τριμμένο και καταξεσκισμένο φόρεμά της, την πέρασε για ζητιάνα και αλήτισσα κι έκαμε να τη σπρώξει μακριά του・ τέλος, επειδή εκείνη δεν τον άφηνε, θυμωμένος που τον εμπόδιζε να παρακολουθεί τί γινόταν με τον Καλάσιρη, τη χαστούκισε.






 けれども、テアゲニスは、それが自然なことなのですが、ハリクレアの故意に醜くした汚らしい顔と着古してぼろぼろになった衣服を見ると、物乞いに来た放浪の女だと思って、自分から遠くに押し離そうとしたのです。結局、ハリクレアがテアゲニスを離さなかったので、テアゲニスは、カラシリスに何が起こったのかを見ようとすることを邪魔するので憤ってしまい、ハリクレアを平手打ちにしたのです。







ασχημισμένος

καταξεσκισμένος καταξεσκίζω
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする