2014年08月30日

Τζούντο: Παγκόσμιος πρωταθλητής ο Ηλιάδης

 8月29日付け記事見出し:
Τζούντο: Παγκόσμιος πρωταθλητής ο Ηλιάδης 
ジュンド:イリアディス、世界選手権チャンピオン
posted by kyotakaba at 09:23| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

エティオピア物語 第七巻 11-10

  Δεν πρέπει όμως να απελπίζεστε : ο Θύαμης φαίνεται πώς δεν κληρονόμησε μόνο την ιεροσύνη, αλλά και τα αισθήματα του πατέρα του για σας. Το πρώτο που έκαμε ήταν να δώσει διαταγή να σας φροντίσουν・ ένα λαμπρό κατάλυμα έχει ετοιμαστεί για χάρη σας, τέτοιο που θα το ζήλευαν οι πιό πλούσιοι εντόπιοι και όχι βέβαια ξένοι σάν και σας που για την ώρα φαίνεστε αρκετά φτωχοί. Ακολουθήστε αυτη τη γυναίκα ≫, και τους έδειχνε την Κυβέλη, ≪ που μπορείτε να θεωρείτε μητέρα σας・ αυτη θα σας οδηγήσει και σείς να κάνετε ό,τι σας πεί ≫.  





 「けれども、貴方たちは絶望しなくてもいいのです。シアニス様は、聖職だけを受け継がれるのではなく、貴方たちに対するお父様のお気持ちも受け継がれた様なのです。シアニス様が最初にされたことは、貴方たちのお世話をするようにと言う命令を出すことだったのです。素晴らしい宿が貴方たちのためにもう用意されています。それは、当地の最も裕福な者たちでも羨ましがるだろう宿です。貴方たちの様な、見た所、貧しい外国の者が望む様なものではないのです。この女性について行きなさい。」 そして、キベリーを示しました。「その人を、貴方たちは自分の母親の様に感じるでしょう。その人は、貴方たちを案内するでしょうから、貴方たちは、直にこのひとの言うようにしなさい。」 




και σείς να κάνετε ό,τι σας πεί のところ、
σείς は、古典語の「 σεύω 」だと思います。その命令形・複数形。put in quick motion の意味。
posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

エティオピア物語 第七巻 11-9

  Και όταν είδε τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια να πλησιάζουν σκυθρωποί και δακρυσμένοι, ≪ το ξέρετε ήδη ≫, τους είπε, ≪ ότι δεν είναι σωστό ούτε συγχωρείται από τα πατροπαράδοτα έθιμα να κλαίτε και να οδύρεστε για το θάνατο ενός προφήτη τον οποίο ο θείος και ιερός λόγος ορίζει να κατευοδώνουμε με χαρά και ευφημίες βέβαιοι ότι τον διάλεξαν οι θεοί για να του δώσουν καλύτερη τύχη・ αυτά ωστόσο είναι συγχωρητέα εφόσον έχετε χάσει, όπως λέτε, πατέρα και κηδεμόνα και τη μόνη ελπίδα σας.




κατευοδώνω

ευφημία : έπαινος  





 そして、番人は、顔をくずして涙にくれているテアゲニスとハリクレアが近づいて来るのを見ると、二人に言ったのです。「お二人はもうご存知ですか、予言者が死んだと言って、啜り泣いたり号泣したりすることは、正しくもないし、許されないことなのです。ここでは、神の神聖な論理が、私たちは喜びと心底からの賞讃をもって送ることに、決めているのです。神々が幸運を授けるために、その予言者を選んだのだと言う賞讃です。しかしながら、例えば、貴方たちの父か唯一の望みである後見人を亡くしたのであれば許されるのです。」
posted by kyotakaba at 12:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

エティオピア物語 第七巻 11-8

  Υπάκουσε ο νεωκόρος που δεν είχε υποψιαστεί τίποτε από όσα βυσσοδομούσε η Κυβέλη και πίστευε ότι και τους ξένους θα ευεργετούσε εισάγοντάς τους στη σατραπική αυλή και συνάμα θα κέρδιζε ― και μάλιστα χωρίς ζημία ή κίνδυνο ― την ευγνωμοσύνη αυτων που του το ζητούσαν.



βυσσοδομώ

σατραπικός





 番人は、キベリーが企んでいることを少しも疑わないし、太守の宮廷に招かれるのならば、二人に良いことをすることになり、自分は、損害も危険もなく、自分に何所か居場所を見つけるように頼んでいる彼らの感謝を得ることになるだろう、と信じていたので、素直に従いました。
posted by kyotakaba at 11:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハッピー・リトル・アイランド

 これは、Shoko Kawamasa さんのページで知ったのですが。ギリシャ映画『ハッピー・リトル・アイランド』が日本で公開されるとのこと。
 Greece-Japan のお知らせ:
ギリシャ・イカリア島での暮らしを描いたドキュメンタリー映画「ハッピー・リトル・アイランド」10月公開 | Greece-Japan 

東京だけか知ら、、

『 Little Land 』( 2013 )
イカリア島の生活を撮影したドキュメント。
監督は、Νίκος Νταγιαντάς 。
cine.gr には、何故かカタログされてなくて、、と言うか、見つけられなくて、、、

IMDb では、
Little Land (2013) - IMDb

それで、ギリシャ語タイトルは分かりません、、、セサロニキ映画祭には出品したみたいだから、そちらで探せばいいのか、、、
2013年5月13日付けのイカリア島の新聞の記事:
Το LITTLE LAND υποψήφιο για το βραβείο URTI GRAND PRIX for Author's Documentary | ikariamag.gr 
これを見ると、タイトルは、『 Το LITTLE LAND 』なのか、、、



Facebook のこの映画のページ、題名は、『 Little Land 』なのか、、、
Little Land | Facebook 

映画の制作会社:
Welcome to Anemon | Anemon 
LITTLE LAND | Anemon
posted by kyotakaba at 08:43| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

έβαλε λουκέτο στο

 ト・ビーマ、8月26日付け記事の見出し:
Η Κίνα έβαλε λουκέτο στο Φεστιβάλ Ανεξάρτητου Κινηματογράφου στο Πεκίνο 

中国は北京でのインディペンデント映画祭を中止

λουκέτο は、南京錠。βάζω το λουκέτο は、店をたたむ put up the shutters の意味の成句。

この記事だと、成句の意味でいいのか、鍵をかけるの意味なのか、よく分かりませんけれど。
posted by kyotakaba at 18:55| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 11-7

  Η δε Κυβέλη, που είδε στη σύμπτωση αυτη μιά χρυσή ευκαιρία, άρχισε αμέσως το κυνήγι λέγοντας ≪ έ λοιπόν, θεοφίλητε νεωκόρε, είναι η κατάλληλη στιγμή να ευεργετήσεις και τους ξένους κι εμάς ή μάλλον την Αρσάκη, την αδελφή του Μεγάλου Βασιλιά・ ξέρεις βέβαια πόσο αγαπάει τους Έλληνες και πόσο της αρέσει να δέχεται ξένους στο παλάτι. Πές λοιπόν στους νέους ότι, κατά διαταγή του Θύαμη, τους έχει ετοιμαστεί κατάλυμα στο σπίτι μας ≫.



θεοφίλητε: θεο-φιλέω





 一方、キベリーは、偶然にこの好機に出会ったのですが、直ぐに、「さあ、神のお気に入りの番人さん、貴方があの外国人たちと私、と言うよりむしろ、大王の妹君アルサキ様に親切をする好い機会ですよ。貴方は、アルサキ様が、あのギリシャ人達をとても愛していることを、そしてアルサキ様は、宮殿に外国の方を迎えるがとてもお好きだ、と言うことをご存知でしょう。ですから、シアニスの命令で、私たちの家に二人をお泊めする用意が出来ていると、あの若者たちに言って下さい。」と言って、追跡を始めたのです。
posted by kyotakaba at 12:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

Angelos Bratis

 ギリシャ、アテネ出身のデザイナー Angelos Bratis 。1978年生まれ。ギリシャ語表記が分からないのだけれど、Άγγελος Βράτις なのか知ら??

ホームページ:
Angelos Bratis :: Home 

YouTube のチャンネルの最新のビデオ:

posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | ギリシャのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 11-6

  ≪ Και που λοιπόν θα μείνουν οι ξένοι; ≫ ρώτησε η Κυβέλη. Κι εκείνος : ≪ Ο νέος προφήτης Θύαμης παρήγγειλε να τους ετοιμάσουν άνετο κατάλυμα κάπου εδώ κοντά, έξω από το ναό・ αλλά νάτοι που έρχονται : υπακούοντας στο νόμο, μετακομίζουν για την ώρα από το ιερό ≫.





 「それでは、外国の人たちは何処にいるのですか?」とキベリーは尋ねました。門番は「新しい予言者シアニス様は、神殿の外の何所か近くに二人の為に快適な好い所を用意するようにお命じになりました。ほら、二人です。遣って来ました。法に従って、ちょうど今、聖域から移動しているのです。」と言いました。  





αλλά νάτοι που έρχονται : να τος / τοι は、αυτός 複数形主格の弱形
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月23日

Πέθανε σε ηλικία 108 ετών

 ト・ビーマ、8月23日付け記事の見出し
Πέθανε σε ηλικία 108 ετών ο φιλόσοφος Εμμανουήλ Κριαράς 
哲学者エマニュエル・カリアラス、108歳で死亡

Εμμανουήλ Γ. Κριαράς、1906年11月28日ピレウス生まれ。
Biblio net の略歴:
.:BiblioNet : Κριαράς, Εμμανουήλ, 1906-
posted by kyotakaba at 11:06| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月22日

エティオピア物語 第七巻 11-5

  ≪ Και τώρα ≫, πρόσθεσε, ≪ έχουμε στείλει ανθρώπους να καλέσουν όλους τους ιερείς και τους προφήτες της πόλης για να του απονείμουν τις οφειλόμενες νεκρικές τιμές σύμφωνα με το πατροπαράδοτο έθιμο. Πρέπει λοιπόν να αποχωρήσετε : τις επτά επόμενες ημέρες δεν επιτρέπεται να γίνει καμιά θυσία αλλά ούτε και να μπεί κανείς στο ναό εκτός από τους ιερωμένους ≫.  





 それから、門番は付け加えて言いました。「それで今、伝統的な習慣に従って死者に相応の敬意を払う為に、都市の聖職者たちと予言者たち全員を呼びに人を遣っているところなのです。ですから、貴女方は退出しなければなりません。今後七日間は、どのような犠牲式を行うことも許されませんし、聖職者以外は、誰であっても、神殿に入ることは許されないのです。」
posted by kyotakaba at 11:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月21日

エティオピア物語 第七巻 11-4

  Ύστερα είπε στους γιούς του ότι ήταν η τελευταία φορά που έβλεπαν τον πατέρα τους και, αφού τους σύστησε θερμά να φροντίσουν όσο το δυνατόν περισσότερο τους δύο νέους Έλληνες που είχε φέρει μαζί του και να τους βοηθήσουν όσο μπορούν να πραγματοποιήσουν τα σχέδιά τους, ξάπλωσε στο κρεβάτι και, είτε επειδή οι αναπνευστικές δίοδοι είχαν υπερβολικά ανοίξει και χαλαρώσει από τη μεγάλη χαρά, είτε επειδή το γερασμένο σώμα του είχε χάσει απότομα τα υγρά του, είτε και επειδή του έδωσαν οι θεοί το θάνατο που τους ζήτησε, με το λάλημα του πετεινού ξεψύχησε μπροστά στα μάτια των γιών του που τον είχαν ξενυχτίσει ανήσυχοι από τα προφητικά του λόγια.





 それから、二人の息子に、お前たちの父を見る機会はこれが最後だ、と言ったのです。そして、自分が連れて来たギリシャ人の二人の若者を、出来るかぎり面倒見るように、二人の計画が実現するように助けるように言い付けたのです。そして、寝台に横になりました。大きな喜びで気も弛んで、気道も過ぎる程開いていたからなのか、年老いいた身体は水気を失ってもいたからか、あるいは、カラシリス自身が頼んでいた死を神々が与えたからなのか、カラシリスの予言の言葉で不安を感じていたので眠らずに居た息子たちの目の前で、雄鶏が鳴くと同時に、息を引き取ったのです。 






ξενυχτίζω

σύστησε : συνιστώ


λάλημα : ομιλία, φλυαρία / κελάηδημα
posted by kyotakaba at 11:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月20日

エティオピア物語 第七巻 11-3

  Ο προφήτης Καλάσιρης, που μετά από μακροχρόνια απουσία είχε επιστρέψει στη χώρα του, είχε δειπνήσει θαυμάσια το προηγούμενο βράδυ μαζί με τους αγαπημένους του και φαινόταν να χαίρεται και να διασκεδάζει μ' όλη του την καρδιά・ μετά το συμπόσιο πρόσφερε σπονδές και προσευχήθηκε για ώρα στη θεά.





 予言者カラシリスは、長い間の不在の後、自分の国に帰っていたのですが、昨晩、愛する者と一緒にご馳走を食べたのです。喜んでいるように、そして、すべてのことを心中で楽しいでいるように見えたのです。宴会の後、献酒式を行いました。そして、一時間の間、女神に祈りを上げたのです。
posted by kyotakaba at 12:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月19日

エティオピア物語 第七巻 11-2

  Όταν όμως έφτασε στα πρόθυρα και εξήγησε ότι επιθυμούσε να προσφέρει θυσία στη θεά για λογαριασμό της Αρσάκης, της κυράς της, που κάποια όνειρα την είχαν ταράξει και ήθελε να ξορκίσει αυτά που είχε δεί, ένας νεωκόρος την εμπόδισε και την έδιωξε λέγοντας ότι το ιερό ήταν βυθισμένο στο πένθος.   





 神殿の入口に着くと、キベリーは、主人であるアルサキの為に自分たちは女神に生贄を捧げたいのだと説明したのです。何かの夢が、アルサキを惑わしたので、その夢を払いたいと言うのでした。けれども、一人の門番がキベリーを遮りました。神聖な神殿は深い喪に服しているのだ、と言って、キベリーを追い出したのです。



ότι το ιερό ήταν βυθισμένο στο πένθος. のところ、
το ιερό は、神殿を指しているのか分かりません。神殿ならば、男性になる筈だけど。Ίσις だと、女性。
posted by kyotakaba at 11:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月18日

エティオピア物語 第七巻 11-1

  Αυτά είπε κι ύστερα πήρα το λύχνο, έκλεισε τις πόρτες του δωματίου και αποχώρησε. Και με το χάραμα πήρε έναν από τους βασιλικούς ευνούχους και μιά θεραπαινίδα και, αφού τους πρόσταξε να την ακολουθήσουν μεταφέροντας γλυκίσματα και άλλες προσφορές, κατευθύνθηκε βιαστικά πρός το ναό της Ίσιδος.  





 こう言うと、キベリーは灯火を取り上げて、部屋の戸を閉めて引き下がったのです。そして夜が開けると、王宮の宦官の中の一人と女中を一人選んで、自分について来て、菓子とその他のお供え物を運ぶように命じたのです。そして、急いでイシス神の神殿に向かったのです。
posted by kyotakaba at 12:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月15日

Δεκαπενταύγουστο

 Σήμερα, Δεκαπενταύγουστο.
posted by kyotakaba at 08:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月14日

増賀上人1の訂正

στη διάρκεια των χιλών ημερών のところ、
χιλών にι が抜けていたので訂正しました。
posted by kyotakaba at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の「増賀上人」4-3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 最後の行。





そして、ああ、なんて楽しい、と言って、駆け出して行きました。




Και κραύγασε, ≪ Πώς απολαυστικός! ≫, ορμώντας να αναχώρησει.   

おわり
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月13日

エティオピア物語 第七巻 10-6

≪ Άχ, άν το καταφέρεις, Κυβελίτσα αγαπημένη, θα μου γιατρέψεις μ’ ένα φάρμακο δυό αρρώστεις, τον έρωτα και τη ζήλια : τον έναν θα τον ικανοποιήσεις και από την άλλη θα με απαλλάξεις ≫. ≪ Θα γίνει ≫, απάντησε η γερόντισσα, ≪ όσο τουλάχιστον περνάει από το χέρι μου. Εσύ όμως γίνε μου καλά, ησύχασε και μην αφήνεις τον εαυτό σου να καταβάλλεται προκαταβολικά・ έλπιζε στο καλύτερο ≫.  





 「ああ、大好きなキベリッチャ、お前にそれが出来るのなら、お前は、恋と嫉妬の二つの病気を一つの薬で治してしまうだろうね。恋の方は満足させて、嫉妬からは、私を解放してくれるだろう。」 老婆は答えました。「少なくとも、私の手に掛かればそうなるでしょう。けれど、ご主人様、私の言うことを聞いて下さい。気を楽にするのです。先に病気に負けては駄目です。良くなると希望を持って下さい。」
posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月12日

エティオピア物語 第七巻 10-5

  ≪ Αυτόν, μητερούλα・ και έκαμες καλά που μου θύμισες κι εκείνο το ελεεινό πλάσμα, την αλιτήρια, την ξεσπιτωμένη, τη φαντασμένη για την ασήμαντη και κοινή και ψεύτικη ομορφιά της, που όμως είναι πιό τυχερή από μένα αφού της έχει λάχει τέτοιος ερωμένος ≫. Χαμογέλασε με τα λόγια της αυτά η γερόντισσα ένα χαμόγελο σύντομο και βεβιασμένο και ≪ ησύχασε, κυρά μου ≫, της είπε・ ≪ σήμερα ο ξένος τη θεωρεί όμορφη, άν όμως τον καταφέρω να προσέξει εσένα και την ομορφία σου, θ' ανταλλάξει, που λέει ο λόγος, τον χαλκό με το χρυσάφι παραγκωνίζοντας σάν μικρή εταίρα το αλαζονικό εκείνο πλάσμα που άδικα θα σκίζεται για να τον κρατήσει ≫.

αλιτήριος   





 「お前、その男だよ。それに、あの惨めな生き物、ふしだらな浮浪者の女、取るに足りないありふれた欠陥だらけの自分の美しさを勘違いしている女を、お前は私によく思い出させてくれたわ。でも、あの女は、偶々あんな愛人を得ることが出来て、私よりもずっと幸運だわ。」 老婆は、アルサキのその言葉を聞いて、短いそして不自然な笑いを浮かべました。そして言いました。「ご主人様、安心して下さい。今は、あの外国の方はあの女を美しいと思っているのでしょう。けれど、私が、もし、あの方をご主人様とご主人様の美しさに気が付くようにすることが出来れば、あの方は、世間で言われるように、銅を金と取り替えるでしょう。そして、あの方を得るために不当なことをしたに違いない、あの厚かましい生き物を、娼婦だと言って、無視するでしょう。」 
posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月11日

エティオピア物語 第七巻 10-4

  ≪ Τον ξέρω αυτόν τον νεαρό ≫, είπε η γριά. ≪ Έχει στέρνο ευρό και ανοιχτούς ώμους, λαιμό στητό που υψώνεται περήφανος, ανάστημα ένα κεφάλι πιό ψηλό από των άλλων, μάτια γαλανά με βλέμμα τρυφερό και οξύ συνάμα, μαλλιά σγουρά με μπούκλες ώς τα μάγουλα, όπου μόλις πρωτανθίζει ξανθό χνούδι. Μιά νέα γυναίκα ξένη, όχι άσχημη αλλά αυθάδης ― τέτοια εντύπωση μου έδωσε ― έτρεξε ξαφνικά και τον αγκάλιασε σφιχτά κι έμεινε έτσι κρεμασμένη στο λαιμό του・ αυτόν δεν λές, κυρά μου; ≫  





 老婆は言いました。「私は、その若者を知っております。広い胸、開いた両肩、頭を他の人々よりも頭一つ分身長を高くして堂々と擡げられている真直ぐな首、優しいと同時に鋭い眼差しの紺碧の瞳をしていました。縮れた髪は巻いて頬まであり、その頬では、金色の産毛が生え初めていました。それから、一人の外国の乙女が、その娘は醜くはありませんが厚かましい娘と言う印象を私に与えましたけれど、その娘が突然に走り寄って来て、その若者にきつく抱きついたのです。そしてそのまま、若者の首にぶら下がっていました。ご主人様、その若者のことですか?」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月08日

『撰集抄』の「増賀上人」4-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  



 けれど、上人は、誉れを捨てたので裸が当たり前、と言いました。




Αλλά ο Ζώγα επεμεινε ότι είχε ρίξει την τιμή του και ήταν φυσικό να στέκεται γυμνός.
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

投稿の不具合

ついでに、
この最近、Safariを使って、記事を投稿すると、上手くいかない。投稿ボタンを押すと、Googleの「 Error 404 (Not Found)!!1 」のページに行ってしまう。「 The requested was not found on this server. 」と。
それで、そのまま戻って、もう一度投稿ボタンを押すと、同じ記事を二度投稿することになるように思う。なので、記事一覧で、記事が保存されていると確認出来れば、設定のページで、最新の状態に更新のボタンを押す。それで駄目なら、記事一覧から投稿したものを選んで、編集したことにして保存ボタンを押す。記事一覧になければ、再度投稿しなければならない。
と、随分面倒。
問題が、シーサーのシステムにあるのか、ネットワークなのか、Safariなのか、分からない。

ついでのついでに、Google検索はあまり使わない。検索結果は芳しくないから。調べたいことがあれば、図書館に行った方がいい。

もう一つついでに、今朝は、aimotokiyotakaba-β παράρτημα で、投稿した後、すべての記事が非表示になってしまった。なぜだか分からない。記事一覧には記事はそのまま残っているから、削除されたのではないようだったから、設定のページで更新ボタンを使った。記事は表示されるようになったので、よかった。
posted by kyotakaba at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない、の続き

 カザンザキスの旅行紀、昨日の文の後半。

Να μπεί, άς είναι και προσωρινά, η σωστή, η δίκαιη ιεραρχία ― κι όχι η σημερινή, η άδικη κι απάνθρωπη, όπου οι πιό κουλήδες πηγαίνουν καβάλα κι ορίζουν.

これも、わからない。Να μπεί はプロスタティキだと思う。でも、μπαίνω は、「入る」の意味ではない様に思う。「理解する」の意味でもないように思う。そのあと直ぐに、コンマがあって、ας の節、これも命令法だと。μπαίνω の対格になるのが何なのか分からない。όπου の節は、δίκαιη ιεραρχία を説明しているのだと思うのだけれど。

次のように訳しては見たのだけれど。

そうして、今日の不当で非人間的なものではない、苦力が乗り物で行き命令する、と言う、正しく公平な階層に、一時的にさせるのだ。
posted by kyotakaba at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月07日

『撰集抄』の「増賀上人」4-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「増賀上人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  




 増賀上人に仏教を教えた高僧が会いに来て、身嗜みは正しくしなさい、と言いました。 




  Ένας αρχιερέας ήρθε να τον συναντήσει. Αυτός είχε διδάξει τον βουδισμό για τον Ζώγα πρίν. Ο αρχιερέας τον διέταξε α κάνει την περιβολή του καλή.
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

わからない

 カザンザキスの次の文章がまったく分からない。

Ποιό είναι το χρές μας; συλλογίζουμαι κοιτάζοντας μ' επιμονή την ιδρωμένη ράχη. Τούτο μονάχα : να προσπαθούμε, όσο μπορούμε, να εχτελούν το χρέος των κουλήδων μονάχα όσοι δεν μπορούν να προσφέρουν τίποτα καλύτερο στον κόσμο. Να μπεί, άς είναι και προσωρινά, η σωστή, η δίκαιη ιεραρχία ― κι όχι η σημερινή, η άδικη κι απάνθρωπη, όπου οι πιό κουλήδες πηγαίνουν καβάλα κι ορίζουν.


Ποιό είναι το χρές μας; συλλογίζουμαι κοιτάζοντας μ' επιμονή την ιδρωμένη ράχη. Τούτο μονάχα : να προσπαθούμε, όσο μπορούμε, να εχτελούν το χρέος των κουλήδων μονάχα όσοι δεν μπορούν να προσφέρουν τίποτα καλύτερο στον κόσμο. までの文。
μονάχα όσοι のμονάχα の意味がまったく分からない。副詞なのか接続詞なのかも分からない。
όσοι もまったく分からない。何の意味なのか?
μπορούν の意味もまったく分からない。προσφέρουν の意味もまったく分からない。何故、三人称複数形なのか、何を指しているのか、まったく分からない。κουλός の複数が主格なのか。
その前の εχτελούν も三人称複数形だ。το χρέος は中性名詞・単数なので、εχτελούν の主格ではないと思う。対格なのだと思う。προσπαθούμε は一人称複数なので、προσπαθούμε の主格と εχτελούν の主格は別なのだと思うけれど、το χρέος を修飾する属格の των κουλήδων のκουλός が主格になるのか?

追記:
προσπαθούμε が導入する να 節のなかの主格は、όσοι なのだと。
なので、文の意味は、次のようになるのかと。
 私たちの義務とは何だろうか? 汗に濡れた背中を執拗に見詰めながら、私は熟考した。私たちが出来るかぎりに於いて、世界に何もよくなるようなことを提供出来ない様なすべての人に、苦力の義務を実行させるように、努める。ただそれだけだ。
posted by kyotakaba at 08:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月06日

エティオピア物語 第七巻 10-3

  Ξέρεις βέβαια, μητερούλα μου, ποιόν λέω・ γιατί τόσο θαμπώθηκαν όλοι από την ασύγκριτη ομορφιά του, ώστε δεν πέρασε απαρατήρητος ούτε από άνθρωπο αγροίκο ή και ανέραστο, πόσο μάλλον από σένα που είσαι τόσο έμπειρη σ' αυτά. Ορίστε, αγαπημένη μου, ξέρεις τώρα το βέλος που με χτύπησε και βιάσου να κινήσεις κάθε μηχανή, κάθε φίλτρο και κάθε γλυκόλογο απ' αυτά που ξέρουν οι γριές, άν θέλεις να ζήσει η μικρή σου κυρά・ γιατί δεν πρόκειται να ζήσω άν δεν τον αποκτήσω πάση θυσία ≫.   





 「お前、お前は、私が誰のことを言っているのか、ちゃんと分かっているのね。何故と言って、その人の類いまれな美しさに誰もが目が眩んで、粗野な人でも恋を知らない人でも気付かずにはいなかったのだから。恋については、経験豊かなお前のことだから、なおさら分かったでしょう。お願いだよ、お前。矢が私を射抜いてしまったのだと、分かってお呉れ。そして、お前の可愛いご主人様をお前が助けたいと思うのなら、急いで、どの機械もどの媚薬もどの甘言も使ってお呉れ。それを老婆たちは知っているのだよね。だって、どんな犠牲を払ってでも、私があの人を得られなかったら、私は生き存えないだろうからね。」  





μητερούλα : άμια :: η θεία από την πλευρά του πατέρα, η θείτσα / χαϊδευτικά, η παραμάνα, η βάγια

ανέραστος : αυτός που δεν αγάπησε ή δεν αγαπήθηκε

πάση θυσία : με κάθε θυσία
posted by kyotakaba at 12:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月05日

エティオピア物語 第七巻 10-2

  Γιατί ο σημερινός σύντομος και απότομα σταματημένος πόλεμος μπροστά στα τείχη αποδείχτηκε αναίμακτος και είχε ειρηνική κατάληξη, για μένα όμως στάθηκε αρχή πιό αληθινού πολέμου και πληγή όχι μόνο μέρους ή μέλους αλλά της ίδιας της ψυχής καθώς, αλίμονο, μου παρουσίασε τον ξένο εκείνο νέο που έτρεχε δίπλα στον Θύαμη κατά τη μονομαχία.





 「今日、城壁の前であった、急に止められてしまった、短い戦いは、無血を実現させて、平和な結末になったわ。でも、私にとっては、本物の戦いの始まりにったのよ。苦しみは、魂のある部分とか肢だけではないの、ああ、あの戦いは、決闘をしていたテアゲニスの側に走り寄った、未知の若者を私に見せたのよ。」
posted by kyotakaba at 11:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

エティオピア物語 第七巻 10-1

  Αυτά και άλλα πολλά της έψαλλε και παράλληλα τριβόταν στα πόδια της και με κάθε λογής κολακείες πάσχιζε να την καταφέρει να της εξομολογηθεί το πάθος της. Κι εκείνη, ησυχασμένη λιγάκι, ≪ μητέρα μου ≫, είπε, ≪ ο έρωτας μ' έχει χτυπήσει όπως ποτέ άλλοτε και, μολονότι πολλές φορές εσύ μου στάθηκες σε ανάλογες περιστάσεις, δεν ξέρω άν και τώρα θα μπορέσεις να με βοηθήσεις.



ησυχάζω




 キベリーは、そう言うと、他にも多くのことを褒め称え、同時に、アルサキの足を撫でさすりながら、一つ一つのお世辞を言い、アルサキの苦しみを自分に告白する様に努めたのです。すると、アルサキは、ほんの少し平静になって、言いました。「お前、恋が、これまで全くなかった様に私を打ちのめしたのよ。お前は、何度も、同じ様な時に私の味方になってくれたのだけれどね。今度は、お前が私を助けてくれることが出来るかどうかは、私には分からないわ。」
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

エティオピア物語 第七巻 9-5

  ≪ τί σου συμβαίνει, κυρά μου; ≫ της είπε・ ≪ ποιό καινούργιο πάθος σε βασανίζει; Ποιός εΐν' αυτός που το αντίκρισμά του ταράζει και πάλι τη μικρή μου κυρία; Ποιός μπορεί να είναι τόσο αλαζονικός και τόσο ανόητος ώστε να μη νικηθεί από την τόση ομορφιά σου και να μη θεωρεί ευδαιμονία την εράσμια συντροφιά σου, αλλά να περιφρονεί το νεύμα και τη βουλή σου; Ονομάτισέ μου τον μόνο, γλυκό μου παιδί・ κανείς δεν είναι τόσο σκληρός ώστε να μην τον πιάνουν τα δικά μου τα φίλτρα・ ονομάτισέ μου τον και στη στιγμή θα αποκτήσεις ό,τι ποθείς. Πολλές φορές σου το έχω αποδείξει στην πράξη ≫.





 「ご主人様、何があったのですか? 新しいどんな病苦がご主人様を苦しめているのですか? わたくしの可愛いご主人様を取り乱させる、どんなものをご覧になったのです? ご主人様の美しさに打ち負かされもせず、ご主人様のご寵愛を受けるのを幸せと思いもせず、ご主人様の目配せや御意志を軽んじる様な、とんでもなく横柄で愚かなの者は、いったい何処の誰なのです? 私にだけ名前をおっしゃいなさい、可愛い我が子。私の母性愛を取り上げる程に非情な者は居はしません。その者の名前をおっしゃいなさい、そうすれば、恋い焦がれている者を手に入れられるでしょう。何度も何度も、私はそれを実行してご主人様に証明して来たでしょう。」 





αντίκρισμα : το να βλέπει κάποιος κάτι

εράσμιος : που μπορείς να τον αγαπήσεις
posted by kyotakaba at 12:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする