2014年09月30日

エティオピア物語 第七巻 14-6

τον φυσικό πατέρα μου δεν τον γνώρισα, τον θετό, αλίμονο, τον πρόδωσα και τον μετά από κείνον τροφέα και προστάτη μου τον έχω τώρα χάσει και η τάξη των προφητών δεν μου έδωσε την άδεια ούτε κάν να τον κλάψω όπως ορίζει το έθιμο. Αλλά να, τροφέα και σωτήρα μου, και άς προσθέσω σ' αυτά και " πατέρα μου ", ακόμα κι άν δεν το θέλει η τύχη, όπου και όπως μπορώ, για σπονδές σου προσφέρω τα δάκρυα και για δώρα νεκρικά τα μαλλιά μου ≫・ και λέγοντας αυτά ξερίζωνε τούφες ολόκληρες από τα μαλλιά της.  





 「私は実父を知らないのです。養父は、ああ、私は養父に背いたのです。その育ての親の後、私の保護者、その人を、今、亡くしてしまったのです。でも、聖職者たちの一団が、習慣で決まっているように私がカラシリス様を泣いて悼むことを許しても呉れないのです。けれども、さあ、私の養い親で救済者だったカラシリス様、私は、あなたを「私のお父様」としてその人たちの列に加えましょう。その上、運命が望んでいないとしても、ここで私が出来ること、あなたへの献酒として涙を、贈り物として私の死んだ髪を捧げましょう。」、ハリクレアはこのように言うと、何房かの髪の束を引き抜いたのです。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月29日

エティオピア物語 第七巻 14-5

  Έφερναν στο νού τους το θάνατο του Καλάσιρη και το πένθος για κείνον τους κινούσε σε ακόμα πικρότερο θρήνο και πιό πολύ τη Χαρίκλεια που είχε απολαύσει πιό πολύν καιρό τις στοργικές φροντίδες του και ≪ άχ Καλάσιρη ≫, αναφωνούσε κλαίοντας με λυγμούς, ≪ ποτέ πιά δεν θα φωνάξω τη γλυκιά λέξη " πατέρα " αφού η τύχη τα κατάφερε, είτε έτσι είτε αλλιώς, να μου στερήσει τη χαρά μιάς τέτοιας προσαγόρευσης :





 二人の心には、カラシリスの死が思い浮かんだのです。そして、その悲しみは、二人にもっと苦い慟哭を二人に起こさせたのです。テアゲニスよりも長い時間、カラシリスの愛情のこもった保護を享受していたハリクレアは、より一層に泣いたのです。そして、啜り泣きながら叫びました。「ああ、カラシリス、私はもう、「お父様」と言う甘い言葉を二度と口にしないでしょう。運命は、兎にも角にも、私から挨拶を交わす喜びを奪うことを、上手く為果せたのです。」
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月27日

Μόνος στην κουζίνα

 『 Μόνος στην κουζίνα 』 
一人暮らしの台所
Ντίνα Νικολάου 
Μίνωας  2014年4月刊 
 親元から離れて、一人暮らしをしている若い人向けの料理の本。
.:BiblioNet : Μόνος στην κουζίνα / Νικολάου, Ντίνα 

b194107.jpg 



 Ντίνα Νικολάου ディナ・ニコラオウ は Κυρτώνη Φθιώτιδας キルトニ・フシオティダス出身の人。経済学を学んで、最初はファッションの仕事をしていたけれど、今は、料理や食文化についての仕事をしている人。現在は、パリとギリシャで半々の生活。新聞カセメリニの食に関する記事を担当していて、テレビの料理番組も持っている。 

Ντίνα Νικολάου のホームページ:Dina Nikolaou 
posted by kyotakaba at 09:27| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月26日

books in greek のショーウィンドウで見たもの何冊か

『 Η αρχιτεκτονική μιας εκατονταετίας: Θεσσαλονίκη 1912-2012 』
セサロニキの1912から2012年百年の建築
Βασίλης Κολώνας 
University Studio Press  2012年刊 
.:BiblioNet : Η αρχιτεκτονική μιας εκατονταετίας: Θεσσαλονίκη 1912-2012 / Κολώνας, Βασίλης Σ. 
55ユーロ
b186351.jpg 



『 Το ποδήλατο στην Ελλάδα 1880-2012 』 
ギリシャの自転車 1880年から2012年 
Economia Publishing  2014年8月刊
( ビルリオネットにはまだ記載されていませんでした。 ) 
カバー写真 - Εκδόσεις Κέρκυρα - Economia Publishing | Facebook 
10603197_550456275083822_6105896196044707087_n.jpg  




Πέτρος Μάρκαρης  ペトロス・マラカリス 1937年生まれの推理小説家。コンスタンティンノープリ生まれ。
『 Τριλογίας της Κρίσεως 』クリセオの三部作。
よく分からないけど、四冊。
『 Ληξιπρόθεσμα δάνεια 』 2010年刊 
.:BiblioNet : Ληξιπρόθεσμα δάνεια / Μάρκαρης, Πέτρος
『 Περαίωση 』  2011年刊 
.:BiblioNet : Περαίωση / Μάρκαρης, Πέτρος 
『 Ψωμί, παιδεία, ελευθερία 』  2012年刊 
.:BiblioNet : Ψωμί, παιδεία, ελευθερία / Μάρκαρης, Πέτρος 
『 Τίτλοι τέλους 』  2014年刊 
.:BiblioNet : Τίτλοι τέλους / Μάρκαρης, Πέτρος 

b195274.jpg  

posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月25日

エティオピア物語 第七巻 14-4

  Έτσι και έγινε・ όσο για τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια, δεν πρόλαβε καλά καλά να φύγει η Κυβέλη και, μόνοι τώρα, παραδόθηκαν στο θρήνο ελεεινολογώντας την κακή τους τύχη με τα ίδια σχεδόν λόγια και τις ίδιες σκέψεις, η μεν Χαρίκλεια στενάζοντας χωρίς σταματημό ≪ άχ Θεαγένη! ≫ και ο Θεαγένησ ≪ άχ Χαρίκλεια! ≫, εκείνος λέγοντας ≪ ποιά νέα δυστυχία μας βρήκε; ≫ κι εκείνη ≪ ποιά άλλα βάσανα άραγε μας περιμένουν; ≫ και σε κάθε φράση αγκαλιάζονταν και δώσ' του πάλι νέα δάκρυα και φιλιά.  





 それからはこうでした。キベリーが出て行くのはほとんど間がありませんでした。テアゲニスとハリクレアについて言えば、とうとう二人きりになったのです。二人は泣き暮れました。そして、自分たちの不運を二人がほとんど同じ言葉と考えで嘆いたのです。ハリクレアの方は、絶えず、「ああ、テアゲニス」と呻くように言っていました。そして、テアゲニスの方は、「ああ、ハリクレア」と呻いていたのです。そして、テアゲニスは、「どんな新しい不運が私たちのところに現れるのだろう?」と言いました。ハリクレアは、「それで、これまでと違うどんな苦しみが私たちを待ち構えているのでしょう?」と言いました。ハリクレアは、ひとこと言うごとに、テアゲニスに抱きついて、新しい涙と口付けを彼に与えたのです。  


δεν ...καλά καλά : scarcely, hardly
posted by kyotakaba at 12:50| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月24日

エティオピア物語 第七巻 14-3

  Πέστε μου όμως, ποιά ονόματα πρέπει να αναγγείλω; ≫ Και όταν της απάντησαν ότι ονομάζονται Θεαγένης και Χαρίκλεαια, ≪ περιμένετε εδώ ≫, τους είπε κι έτρεξε στην Αρσάκη αφού προηγουμένως παρήγγειλε στη θυρωρό ― ήταν κι αυτή γριά ― να μην επιτρέψει σε κανέναν την είσοδο, αλλά και να μην αφήσει τους δυό νέους να βγούν. Κι όταν εκείνη τη ρώτησε ≪ κι άν έλθει ο γιός σου ο Αχαιμένης, ούτε εκείνος να μην μπεί; Βγήκε λίγο μετά που έφυγες εσύ για το ναό・ πήγε να κάμει επάλειψη στα μάτια του που, όπως ξέρεις, ακόμα δεν του έχουν περάσει εντελώς ≫. ≪ Ούτε εκείνος ≫, αποκρίθηκε η Κυβέλη・ ≪ κλείσε την πόρτα, μη δώσεις σε κανέναν το κλειδί και λέγε σε όλους ότι το κρατώ εγώ ≫.   





 「でも、私にお話しなさい、どんな名前をご報告すればいいか知ら?」 そして、二人がテアゲニスとハリクレアと名乗って、キベリーに答えると、キベリーは二人に「ここで待って居なさい。」と言い、アルサキの元へ急いだのです。その前に、女の扉番に命じました。扉番は老人でした。その扉番に、誰にも入室を許さないように、また、二人を外に出させないように、命じたのです。そして、扉番がキベリーに、「あなたの息子のアヘメニスが来られた場合でも、中に入らせないのですか? あなたが神殿へお出掛けになったすぐ後に、アヘメニス様もお出掛けになられました。ご自分の目に目張りを描かれに行かれたのです。ご存知のように、アヘメニス様の目は、まだ、完全に描かれてないのです。」と尋ねると、キベリーはこう答えました。「アヘメニスもです。扉を閉めて、誰にも鍵を渡してはいけません。そして、誰に対しても、鍵はわたしが持っている、とお言いなさい。」  



Πέστε : λέω [ προστακτική αόριστος ]  
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月23日

エティオピア物語 第七巻 14-2

  Και ≪ πανέμορφε νέε μου≫, είπε, ≪ δεν θα μπορείς να μιλάς έτσι για την Αρσάκη όταν μάθεις τί γυναίκα είναι・ τα πάει καλά με όλους, όποια κι άν είναι η τύχη τους, και πιό πολύ συντρέχει εκείνους που αναξιοπαθούν・ και μολονότι είναι περσικής καταγωγής, στη διάθεση ελληνίζει : δέχεται με συμπάθεια και περιποιείται με χαρά όσους έρχονται από την Ελλάδα και της αρέσουν υπερβολικά οι τρόποι και η συντροφιά των Ελλήνων. Μην ανησυχείτε λοιπόν : εσύ θα γίνεις δεκτός με τις τιμές που οφείλονται σ' έναν άνδρα και η αδελφή σου θα γίνει σύντροφος των παιχνιδιών και φίλη αχώριστη της Αρσάκης.   






 そして、キベリーは言いました。「ああ、とても美しい若いあなた、アルサキ様がどう言う女性かをあなたがお知りになれば、そんなことは言われないでしょう。 どんなことでも切り抜けになるのです。悲惨な目に遭っておられる人たち、それがその人たちの運命だとしても、アルサキ様は、とてもたくさんの苦しんでいる人たちをお助けになるのです。生まれはペルシア人ですけれど、そのお気持ちはギリシャ人になっているのです。ギリシャからいらした方々を共感を持って迎え入れ、喜んでお世話をなさるのです。ギリシャの流儀、交際の仕方が度を超す程にお好きなのです。ですから、あなたはご心配しないで下さい。あなたは一人前の男性に支払われるべき価値のある方だと認められ、あなたの妹はアルサキ様のご遊戯のお相手、いつもご一緒のお友達になるでしょう。」
posted by kyotakaba at 14:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 14-2

Και ≪ πανέμορφε νέε μου≫, είπε, ≪ δεν θα μπορείς να μιλάς έτσι για την Αρσάκη όταν μάθεις τί γυναίκα είναι・ τα πάει καλά με όλους, όποια κι άν είναι η τύχη τους, και πιό πολύ συντρέχει εκείνους που αναξιοπαθούν・ και μολονότι είναι περσικής καταγωγής, στη διάθεση ελληνίζει : δέχεται με συμπάθεια και περιποιείται με χαρά όσους έρχονται από την Ελλάδα και της αρέσουν υπερβολικά οι τρόποι και η συντροφιά των Ελλήνων. Μην ανησυχείτε λοιπόν : εσύ θα γίνεις δεκτός με τις τιμές που οφείλονται σ' έναν άνδρα και η αδελφή σου θα γίνει σύντροφος των παιχνιδιών και φίλη αχώριστη της Αρσάκης.

私は無能なので、全く理解出来ない。
これ以上、読み進めるのは全く無意味なのでもう止す。
無意味なのではなくて不可能なので。
私の様な無能のものがそもそも始めるべきではなかった。
このブログも削除すべきだ。
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Άς είναι βλογημένη

 カザンザキスの『旅行記』の次の部分がまったく分からない。


Άς είναι βλογημένη η πολυτέλεια・ αυτό που λέμε λούσο, περίσσεμα, φτερό! Πολιτισμός θα πεί : να νιώσεις την πολυτέλεια σάν ανάγκη, να ξεπεράσεις το ζώο, μην μπορώντας πιά να χωρέσεις στο φαΐ, στο πιοτό, στον ύπνο, στη γυναίκα. Τη στιγμή που αρχινάει το ≪ άφτερο δίποδο ≫ να λαχταρίζει σάν ψωμί το περιττό, από τότε αρχίζει να γίνεται άνθρωπος.


βλογημένη は、ευλογημένος の意味? 
αρχινάει は、αρχίζει の異形? 
λαχταρίζει は、τρομάζω κάποιον の意味? 

でも、μην μπορώντας πιά να χωρέσεις の部分が分からない。それに、その後の文の το ≪ άφτερο δίποδο ≫ とその後の να 節の関係が分からない。  


追記:
分からないけれど、次のように訳した、

 奢侈を祝福しよう。私たちが、贅沢で余分な飾り羽と呼んでいるものだ。文化とも言うだろう。奢侈を必要なものと考えるのだ。動物を越えるのだ。食べること、飲酒すること、眠ること、女を求めることだけに汲々としていてはならない。パンと同じく余分なものを切望して「翼のない二足歩行」を始めた時、その時から、人間になったのだ。
posted by kyotakaba at 09:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月22日

エティオピア物語 第七巻 14-1

  Στα λόγια αυτά του Θεαγένη η Κυβέλη δεν μπόρεσε να κρύψει τα συναισθήματά της : η λάμψη του προσώπου της πρόδωσε την απέραντη ευχαρίστηση που ένιωσε σάν άκουσε πώς οι δυό νέοι ήταν αδέλφια : η Χαρίκλεια, σκεπτόταν, δεν αποτελούσε εμπόδιο στις ερωτοδουλειές της Αρσάκης.   





 このテアゲニスの言葉で、キベリーは、自分の感情を隠すことが出来ませんでした。キベリーの顔の輝きは、二人の若者が兄と妹だと聞いて感じている大きな喜びを伺わせてしまったのです。ハリクレアはアルサキの情事の邪魔にはならないと、キベリーは考えたのです。
posted by kyotakaba at 12:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月17日

エティオピア物語 第七巻 13-2

  Αυτά λοιπόν είναι τα δικά μας・ και σε σένα χρωστάμε μεγάλη χάρη για την εγκάρδια υποδοχή και τη φιλοξενία・ κι ακόμα περισσότερο θα μας ευχαριστούσες άν μας επέτρεπες να ζήσουμε μόνοι και αγνοημένοι αφήνοντας κατά μέρος την ευεργεσία που έλεγες μόλις πρίν, να μας γνωρίσεις στην Αρσάκη και να εισαγάγεις σ' ένα τόσο φωτεινό κι ευτυχισμένο σπίτι τη σκοτεινή ζωή δυό περιπλανώμενων ξένων・ το ξέρεις δα ότι οι γνωριμίες και οι συναντήσεις είναι ωραίο να γίνονται ανάμεσα σε όμοιους ≫.  





 「私たちはこのようなものです。心のこもった歓待とおもてなしに、私たちはあなたに対して大きな恩義を感じます。 先にご親切にあなたはアルサキ様に私たちのことをお知らせになるとか、外国を放浪する二人の暗い生活を明るい豪華な家に置いて下さると言われたのですけれど、もし、二人だけで過ごすことをあなたがわたしたちに赦して下さって、放っておいて下さるのなら、もっと私たちは嬉しいでしょう。交際や邂逅と言うのは、似たもの同士の間に起こるのがいいのだとご承知下さい。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月16日

エティオピア物語 第七巻 13-1

  Και ο Θεαγένης, καταλαβαίνοντας το νόημα των λόγων της, ≪ μητερούλα ≫, είπε, ≪ ότι είμαστε Έλληνες, το ξέρεις ήδη・ μάθε επίσης ότι είμαστε αδέλφια・ τους γονείς μας τους άρπαξαν ληστές κι εμάς που είχαμε εξορμήσει σε αναζήτησή τους, μας βρήκε πιό μεγάλη δυστυχία : ληστές ακόμα πιό σκληροί μας απογύμνωσαν απ' όλα μας τα πλούτη, που δεν ήταν και λίγα, κι αφού με δυσκολία γλιτώσαμε τη ζωή μας, τύχη καλή το έφερε να συναντήσουμε τον μακάριο Καλάσιρη και ήρθαμε μαζί του εδώ πιστεύοντας ότι θα ζούσαμε στο εξής κοντά του・ τα άλλα τα βλέπεις : μόνοι και έρημοι έχουμε απομείνει αφού, μαζί με όλα τ' άλλα, χάσαμε κι εκείνον που μας φαινόταν ― και στ' αλήθεια ήταν ― πατέρας μας.  





 テアゲニスは、ハリクレアの言葉の意味が分かったので、こう言いました。「おばさま、私たちがギリシャ人だと言うことは、もうあなたはお分かりなのですね。では、私たちは兄妹だと言うことをお分かり下さい。盗賊たちが私たちの両親を奪って行ったのです。両親を求めて遠くへ旅に出ていた私たちに、大変な不運が訪れたのです。とても冷酷な盗賊で、私たちの財産すべてを身ぐるみ剥がしたのです。財産は少なくはありませんでした。私たちの命を助けるのはありそうもなかったのです。けれど、やさしいカラシリスに会うと言う幸運が訪れたのです。そして、カラシリスと一緒にここに来ました。これからはカラシリスの側で暮らすことになるのだろうと信じていました。他はあなたがご覧の通りです。私たちは孤立無援で残されたのです。他の何もかもと一緒に、カラシリスさんを亡くしたのです。あの人は、本当に、私たちの父親の様でした。」
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月13日

εν ριπή οφθαλμού

 パパディマンティスの『 Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ 』で見た表現。

εν ριπή οφθαλμού : (μεταφορικά) πάρα πολύ γρήγορα, σε ελάχιστο χρόνο
posted by kyotakaba at 08:03| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月09日

エティオピア物語 第七巻 12-7

  Στο μεταξύ ο Θεαγένης παραλλήλιζε από μέσα του τα λόγια της Κυβέλης με τη συμπεριφορά της Αρσάκης την προηγούμενη μέρα και, φέρνοντας στο νού με πόση αναίδεια τον κοιτούσε συνεχώς δηλώνοντάς του τις πιό άπρεπες διαθέσεις, προμάντευε πώς τίποτε καλό δεν τους περίμενε στο μέλλον・ κι ενώ ήταν έτοιμος να πεί κάτι στη γερόντισσα, έσκυψε η Χαρίκλεια και του ψιθύρισε στ' αυτί ≪ σε ό,τι θα πείς, θυμήσου την αδελφή σου ≫.   





 キベリーが話している最中、テアゲニスは、心中で、キベリーの言葉と前日のアルサキの態度とを較べていたのです。その時には、ずっと自分を見詰め続け、下品な気持ちをあからさまにして、とても厚かましい女性に思えたのです。そして、自分たち二人の未来には良いことは何も無いような予感がしたのです。それで、老女に何かを言おうとしていたのですが、ハリクレアが身を屈めてこうテアゲニスの耳に囁いたのです。「貴方が何か仰るなら、貴方の妹を忘れないで下さい。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月08日

エティオピア物語 第七巻 12-6

  Όσο για μένα που θα σας ακούσω, δεν σας είμαι ολωσδιόλου ξένη : είμαι κι εγώ Ελληνίδα από τη Λέσβο και, μολονότι οδηγήθηκα εδώ αιχμάλωτη, ζώ πιό ευτυχισμένη απ' ό,τι στην πατρίδα・ είμαι για την κυρά μου τα πάντα και μόνο που δεν ανασαίνει και δεν βλέπει μέσω εμού・ και νούς είμαι για κείνην και αυτιά και όλα και τέλειους ανθρώπους της γνωρίζω και μου εμπιστεύεται όλα τα μυστικά της ≫.   





 「私のことを聞かせましょう。私は、あなたたちにとって外国人では全然ないのですよ。私もギリシャ女なのです、レスボス島出身なのです。捕虜になってここに連れて来られたのです。けれども、故郷に居た時よりもずっと幸せに暮らしています。私は、ご主人様にとってすべてなのです。ご主人様が息をすることだけは違いますけど、それに、私の中はご主人様も見ることは出来ません。私は、ご主人様の頭脳であり、両の耳であり、私は、ご主人様のその他人間としてのすべてを知っているのです。ご主人様は、ご自分の秘密を何もかも打ち明けなさるのです。」
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月06日

Είκοσι ένας νεκροί και εκατοντάδες τραυματίες από τροχαία τον Αύγουστο

 ト・ビーマ、9月4日付け記事。

Αττική: Είκοσι ένας νεκροί και εκατοντάδες τραυματίες από τροχαία τον Αύγουστο

Εικοσιένα άτομα έχασαν τη ζωή τους σε τροχαία στην Αττική τον Αύγουστο, στους κατά τα άλλα πιο άδειους, λόγω διακοπών, δρόμους του Λεκανοπεδίου.

Ειδικότερα, σύμφωνα με τα στοιχεία της Διεύθυνσης Τροχαίας Αττικής, τον περασμένο μήνα έλαβαν χώρα 411 τροχαία ατυχήματα με 538 παθόντες. Τα 21 ήταν θανατηφόρα με ισάριθμους νεκρούς, τα 17 σοβαρά με 21 τραυματίες και τα 373 ελαφρά με 496 ελαφρά τραυματίες.

Το ίδιο χρονικό διάστημα βεβαιώθηκαν 26.224 τροχονομικές παραβάσεις, από τις οποίες 468 ήταν σε βαθμό πλημμελήματος. 

Επρόκειτο, συγκεκριμένα, για :

745 παραβάσεις για οδήγηση υπό την επίδραση οινοπνεύματος, από τις οποίες οι 81 ήταν σε βαθμό πλημμελήματος,

1.596 παραβάσεις ορίου ταχύτητας,

429 παραβάσεις ερυθρού σηματοδότη,

843 παραβάσεις για χρήση κινητού τηλεφώνου,

486 παραβάσεις για μη χρήση ζώνης ασφαλείας και

1.360 παραβάσεις για μη χρήση προστατευτικού κράνους.





アッテイカ地方:八月の交通事故での死者21人、負傷者は数百人。

休暇でとても人気が少ないのにも拘らず、21人の方が、八月にアッテイカ地方のレカノペディオ通りで、交通事故により生命を失いました。 

具体的には、アッティカの交通管制局の統計に依ると、先月は、全国で、538人の被災者を伴う411件の交通事故が起きています。致命的な事故は、死者の数と同じ21件。21人の負傷者を出した重大な事故が17件。436人の軽傷者を出した373件の軽い事故がありました。

同じ期間に、26,224件の交通違反が確認されています。その中の468件は、第二級刑事犯に相当するものでした。 

具体的には、以下のものです。
1,596件のスピード違反。
429件の信号無視。
848件の携帯電話使用。
486件のシートベルト無装着。
1,360件のヘルメット無装着。
posted by kyotakaba at 14:22| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月05日

エティオピア物語 第七巻 12-5

  Αλλά από ποιό μέρος της Ελλάδας ή από ποιά πόλη και ποιοί είστε ή ποιές περιπλανήσεις σας έφεραν ώς εδώ, να τί θέλω να μάθω και πέστε το μου για το δικό σας συμφέρον, ώστε να μπορέσω να αναγγείλω τα δικά σας στην κυρά μου την Αρσάκη, την αδελφή του Μεγάλου Βασιλιά και σύζυγο του πρώτου απ' όλους τους σατράπες Ορονδάτη・ είναι γυναίκα όλο αβρότητα που αγαπάει τους Έλληνες και ευεργετεί τους ξένους・ γνωρίζοντάς σας θα σας περιποιηθεί περισσότερο και θα σας τιμήσει όπως σας πρέπει.  





 「ですが、ギリシャのどの地方で、どの都市なのか、それに、あなたたちは何者で、どんな流浪の旅でここに至ったのか、それを私は知りたいのです。あなたたち自身のためだから、それを私にお話なさい。そうすれば、私のご主人で大王の妹君そして太守オロンダティスの第一夫人であるアルサキ様にお知らせ出来るのです。アルサキ様は、ほんとにとてもおやさしい方なのです。ギリシャ人を愛しておられ、外国の方にご親切にされるのです。あなたたちのことをお知りになれば、それはそれはあなたたちをおいたわりになるでしょうし、しかるべく敬われるでしょう。」

posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月04日

エティオピア物語 第七巻 12-4

  Τέλος, τους οδήγησε στο ιδιαίτερο και κάπως απόμερο δωμάτιο όπου έμενε η ίδια και, αφού απομάκρυνε τον άλλο κόσμο κι έμεινε μόνη μαζί τους, κάθισε κοντά τους και, ≪ παιδιά μου ≫, τους είπε, ≪ γνωρίζω το λόγο της κατήφειας που σάς έχει κυριέψει και πόσο σάς έχει λυπήσει ο θάνατος του προφήτη Καλάσιρη που ήταν σάν πατέρας για σας・ σωστό όμως θα ήταν να μου λέγατε και ποιοί είστε κι από που. Ότι βέβαια είστε Έλληνες, κι αυτό το ξέρω, και ότι ανήκετε σε καλές οικογένεις μπορεί κανείς να το συμπεράνει από την εμφάνισή σας : το λαμπερό βλέμμα σας και η όμορφη και μαζί αξιαγάπητη μορφή σας δείχνουν καθαρά την αριστοκρατική καταγωγή σας.   





 そして遂に、キベリーは、二人をかなり離れたところにある独立の部屋に連れて行ったのです。そこに、キベリーも残りました。部屋は、他の人々から離れていたので、キベリーと二人だけでした。キベリーは二人の側に座って言いました。「あなたたち、私は、あなたたちを捕えている憂鬱の分けを知っているのよ。それに、予言者カラシリスの死が何れ程あなたたちを悲しませているかも分かっています。カラシリスはあなたたちにとって父親の様だったのね。でも、さあ、あなたたちは誰でどこから来たかを私に言ってくれるわね。あなたたちがギリシャ人だと言うことは、確かだわ。それは分かっています。あなたたちの見掛けから、あなたたちが良い家のものだと推察するのは、誰でも出来るわ。あなたたちの輝く眼差し、美しさ、愛されるに足る姿は、明らかに、あなたたちが貴族の家柄だと示しています。」
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月03日

エティオピア物語 第七巻 12-3

  Αυτοί λοιπόν, αμέσως μόλις έφτασαν στο σατραπικό παλάτι και αντίκρισαν τα επιβλητικά προπύλαια που υψώνονταν πιό μεγαλόπρεπα από κάθε ιδιωτικό κτίριο με το επιδεικτικό πλήθος των φρουρών και των άλλων υπηρετών, απόρησαν βέβαια και ανησύχησαν βλέποντας αυτή την κατοικία που τόσο λίγο ταίριαζε με την κακοτυχία τους. Ακολούθησαν ωστόσο την Κυβέλη που δεν έπαυε να τους προτρέπει και να τους ενθαρρύνει αποκαλώντας τους αδιάκοπα ≪ παιδάκια ≫ της και ≪ πολυαγαπημένους ≫ και διαβεβαιώνοντάς τους ότι πολλές ευχάριστες εκπλήξεις τους περίμεναν.  





 そうして、直ぐに、皆は太守の館に着きました。二人は、荘厳な門の前に立ったのです。門は、一般のどの建物よりもずっと豪華絢爛に聳えていました。それに、目を見張る程たくさんの番人や使用人がいました。テアゲニスとハリクレアは本当に驚きました。自分たちの不幸とほとんど釣合わない、その建物を見て、心配になったのです。それでも、キベリーの後に付いて行きました。キベリーは、二人を急き立て励ますを止めずに、絶え間なく、「さあ、可愛いお二人さん、」と二人に呼びかけていたのです。そして、とても楽しい驚く様なことが二人を待っている、と二人に断言したのです。
posted by kyotakaba at 12:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月02日

エティオピア物語 第七巻 12-2

  Τώρα λοιπόν η τύχη που οργάνωνε τις δοκιμασίες τους, αφού τους χάρισε λίγες ώρες ανάπαυσης και πρόσκαιρης χαράς αμέσως ύστερα όρισε ν' ακολουθήσει η λύπη και, εκούσιους, σάν να πούμε, δεσμώτες, τους οδήγησε στην εχθρά τους αιχμαλωτίζοντάς τους, νέοι καθώς ήταν και ξένοι και ανυποψίαστοι, με λόγια φιλάνθρωπης φιλοξενίας・ τόσο οι περιπλανήσεις επιφέρουν σάν ένα είδος τυφλότητας την άγνοια σ' αυτους που ξενιτεύονται.  





 そうして、二人の苦難を司っている運命は、僅かの間の休息と一時の歓喜で二人を喜ばせておいてから、そのあと直ぐに、悲しみに命じて、後を追わせたのです。自ら望んで囚われの身になった、と言えるでしょう。運命は、博愛と歓待の言葉で、二人を敵の元に導いて捕えたのです。二人の若者は外国人で疑いを知らないのですから。このように、放浪は、このような外国で暮らす人々に、盲目の一種の様な、無知をもたらすのです。
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年09月01日

エティオピア物語 第七巻 12-1

  Αυτά τους είπε εκείνος και οι δυό νέοι υπάκουσαν αφ' ενός επειδή ο νούς τους είχε ατονήσει από όσα απροσδόκητα τους είχαν συμβεί και αφ' ετέρου επειδή τους άρεσε η ιδέα να έχουν κάποιο μέρος να καταλύσουν και να καταφύγουν・ θα απέφευγαν, φυσικά, να πάνε άν υποπτεύονταν πόσο επιδεικτική και μεγαλοπρεπής ήταν αυτή η κατοικία και σε πόσο μεγάλο κακό θα τους έβγαινε.





 番人がこう言うと、二人の若者は素直にそれを聞いたのです。二人の心は、あまりに思いがけないことで、弱っていたからです。それに、別の見方からすれば、泊まれる所、頼れる所があると言う考えが、二人には気に入ったからなのです。もし、二人が、その住居があまりに派手で豪華であることを怪しいと思い、そこからどんな禍いが二人に降り掛かるかを疑っていたのなら、もちろん、行くことは止したでしょう。
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする