2014年10月30日

エティオピア物語 第七巻 19-1

  Κι ενώ οι ευνούχοι του έδιναν οδηγίες για το πώς έπρεπε να παρουσιαστεί, πώς να απευθύνει το λόγο στην Αρσάκη και πώς, κατά το έθιμο, να προσκυνήσει μπαίνοντας, ο Θεαγένης δεν έλεγε λέξη. Κι όταν εν τέλει μπήκε και τη βρήκε καθισμένη σε ψηλό θρόνο, στολισμένη με πορφυρό και χρυσοκέντητο φόρεμα, να καμαρώνει με τα ακριβά περιδέραια και την επιβλητική τιάρα της, φτιασιδωμένη με κάθε λογής φτιασίδια, με τους δορυφόρους να την παραστέκουν και τους ανώτερους αξιωματούχους καθισμένους δεξιά και αριστερά της, ούτε στιγμή δεν ζάρωσε,





 宦官たちは、テアゲニスに、どのように会見に臨まなければならないか、どのようにアルサキ様に言葉を述べるか、そして、習慣に依れば、入る時はどのように挨拶するのか、と幾つかの手引きを与えたのです。その間、テアゲニスは、言葉を発しませんでした。そして、とうとう、中に入ると、テアゲニスは、高い椅子に座っているアルサキを見たのです。アルサキは、紫に金糸で刺繍を施された衣装で、着飾っていました。そして、テアゲニスは、アルサキが高価な首飾りと荘厳なティアラを自慢げにしていて、そして、あらゆる種類の化粧品で化粧をしているのを見たのです。そして、槍持ち従者たちが側に立ち、最高位の高官たちが右左の両側に居るのも見たのです。その時、テアゲニスは、尻込みはしませんでした。 





εν τέλει : στο τέλος
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

エティオピア物語 第七巻 18-3

  Για μιά στιγμή στάθηκα διστακτικός ο Θεαγένης κι ύστερα, σάν να τον έσερναν διά της βίας, σηκώθηκε και ≪ μόνο εμένα ≫, ρώτησε, ≪ έχει καλέσει ή και την αδελφή μου από δώ; ≫ Κι εκείνοι του απάντησαν ότι μόνο εκείνον και ότι χωριστά θα έβλεπε τη Χαρίκλεια : ≪ Τώρα ≫, του εξήγησαν, ≪ η Αρσάκη είναι μαζί με κάποιους Πέρσες αξιωματούχους και εξάλλου είναι έθιμο να δέχεται χωριστά τους άνδρες και κάποια άλλη ώρα τις γυναίκες ≫. Έσκυψε τότε ο Θεαγένης στη Χαρίκλεια και ≪ ούτε ωραία είναι αυτά ούτε αθώα ≫, της ψιθύρισε・ κι επειδή πήρε την απόκριση ότι δεν έπρεπε να εναντιωθεί, αλλά να πάει αρχικά με τα νερά της κάνοντας τάχα ότι ήταν πρόθυμος να υπακούσει σε όλα, ακολούθησε τους οδηγούς του.  





 テアゲニスは、暫く、躊躇してその場にいたままだったのです。それから、宦官たちが、力づくでテアゲニスを引き摺って行こうとするので、立ち上がって、「アルサキ様は私だけをお呼びなのですか、妹はその後なのですか?」と尋ねたのです。宦官たちはテアゲニスに、彼一人だ、そして、ハリクレアには別にご面会されるだろうと、答えました。そして、説明しました。「今、アルサキ様は、何人かのペルシャの高官とご一緒です。そこで、男たちに面会するのと、女たちに面会するのは別の時間にするのが習慣なのです。」 すると、テアゲニスはハリクレアの方へ身を屈めました。そして、「この者たちはいい人でもないし、純真無垢でもない。」とハリクレアに囁いたのです。そして、反対すべきではないし、すべてのことで喜んで言う通りのことをするふりをして、アルサキの配下のこの者たちと一緒に行き、案内の者に従うべきだ、とのハリクレアの返答を受けたのです。
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月28日

エティオピア物語 第七巻 18-2

  Κι εκείνοι, με την παρακίνηση της Κυβέλης και συνάμα για να μη δείξουν περιφρόνηση πρός τη φιλοξενία, δοκίμασαν λίγα από τα φαγητά που τους σερβίρισαν・ το ίδιο έγεινε και το βράδυ και όλες τις επόμενες μέρες. Την επομένη λοιπόν, κατά την πρώτη ώρα της ημέρας, παρουσιάστηκαν οι γνωστοί μας ευνούχοι στον Θεαγένη και ≪ τρισευτυχισμένε ≫, του είπαν, ≪ είσαι καλεσμένος της κυράς και έχουμε διαταγή να σε οδηγήσουμε κοντά της・ έλα να απολαύσεις τη μεγάλη εύνοια που μόνο σε λίγους και λίγες φορές παραχωρεί ≫.





 二人は、キベリーが熱心に勧めるので、それに、接待を見下した風を見せないように、自分たちに出された食べ物を少し口に入れたのでした。それと同じことが、夜もそして翌日も行われました。そうして、翌日の一日の始まりの時に、私たちには既知の宦官たちが、テアゲニスのところに姿を現しました。そして、こう言いました。「果報者よ、お前は、ご主人様の客人だ。我らは、お前をご主人様のお側に連れて行くように命を受けたのだ。さあ、来なさい。そして、ご主人様が僅かの人と僅かの回数だけお認めになるご寵愛を受けるのだ。」
posted by kyotakaba at 12:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月27日

エティオピア物語 第七巻 18-1

  Σώπασε στα λόγια της αυτά ο Θεαγένης καταλαβαίνοντας πόσο απεχθή και άκρως απειλητικά ήταν όσα υποδήλωναν. Σε λίγο παρουσιάστηκαν κάποιοι ευνούχοι φέρνοντας ≪ λείψανα ≫ τάχα από το σατραπικό τραπέζι μέσα σε χρυσά σκεύη που τόνιζαν με τρόπο υπερβολικό την πολυτέλεια και τη χλιδή και, ≪ μ' αυτά ≫, είπαν, ≪ η δέσποινα υποδέχεται και τιμά πρός το παρόν τους ξένους ≫・ και αφού παρέθεσαν μπροστά στους νέους το γεύμα, αποχώρησαν.  






 キベリーのその言葉を聞いて、テアゲニスは黙り込みました。そして、キベリーの言葉には、何か嫌なもの脅迫的なものを言外に含んでいると考えたのです。すぐに、何人かの宦官が現れました。そして、おそらくは、おそらくは太守の食卓のであろう、「残りもの」を金の器に入れて持って来ました。金の器は、度を超して奢侈と贅沢を強調しているのでした。宦官たちは言いました。「この「残り物」で、奥様は、差し当たり、外国の方たちをお迎えし、栄誉を与えます。」 そして、若者たちの前に食事を並べると、退出していきました。
posted by kyotakaba at 12:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

アシナ、洪水

 アテネ、洪水。


posted by kyotakaba at 12:57| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

Μιρέλα Πάχου

 Μιρέλα Πάχου 、1986年、ロドス生まれ。歌手。

Mirela Pachou | Facebook 


「 Πάμε μπροστά 」 前へ行くわ
posted by kyotakaba at 12:14| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

エティオピア物語 第七巻 17-4

  Μόνο να με υπακούτε : εγώ θα σας συστήσω πώς να την πλησιάσετε και πώς να την αντικρίσετε, όταν σας το επιτρέψει, και με ποιό τρόπο να την υπηρετείτε όταν προστάζει κάτι : όπως ξέρεις, έχει φρόνημα υψηλό, περήφανο και βασιλικό, που εξαίρεται ακόμα πιό πολύ από τα νιάτα και την ομορφιά της και δεν ανέχεται καμιά αντίσταση σε ό,τι προστάζει ≫.  





 「ただ、わたしの言うことに素直に従いなさい。わたしは、アルサキ様がお許しになったなら、アルサキ様と親しくなること、面会することを、あなたたちに薦めますよ。それに、何かをお命じになったのなら、あなたたち二人はあの方にどんなかの方法でお仕えするのですよ。あなたたちも知っているでしょうけれど、アルサキ様は、高く堂々とした王族らしい矜持をお持ちなのです。それも、アルサキ様の若さと美しさのことは少しも考えてないのです。アルサキ様の命じることには、どんな抵抗も用を為さないのですよ。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

エティオピア物語 第七巻 17-3

  Και ο Θεαγένης ≪ ο θάνατος του Καλάσιρη ≫ είπε, ≪ ήλθε στο νού μας και μας γέμισε λύπη・ σκεφτήκαμε τις πατρικές φροντίδες του που χάσαμε και δεν μπορέσαμε να κρατήσουμε τα δάκρυα ≫. ≪ Ανοησίες ≫ είπε εκείνη. ≪ Ο Καλάσιρης δεν ήταν πραγματικός πατέρας σας και επιπλέον ήταν γέροντας που, όπως όλοι, ενέδωσε στον νόμο της φύσης και στα γηρατειά. Κι εσύ, μέσω ενός προσώπου, έχεις τα πάντα : προστασία, πλούτο, λεπτές απολαύσεις και όλες τις χαρές που ταιριάζουν στα όμορφα νιάτα σου και, μ' ένα λόγο, θεώρησε ευλογία της ζωής σου την Αρσάκη και προσκύνα τη.  





 すると、テアゲニスは言いました。「カラシリスさんの死が私たちの心に思い浮かんだのです。そして、私たちを悲しみで満たさせたのです。私たちは、カラシリスさんがして下さったお気使いの数々のことを考えていたのです。それを、私たちは失いました、それで、涙を堪えることが出来ないのです。」 すると、キベリーは言いました。「馬鹿馬鹿しい、カラシリスはあなたたちの本当の父親ではないのですよ。そのうえに、老齢でした。誰とも同じで、自然の法則と老年に屈してしまったのですよ。あなたは、一人の人間として、すべてを持っているのですよ。庇護、富、あなたが儲けるお金、あなたの若さに似合った喜びです。ですからね、理性を使って、アルサキ様の元でのあなたの人生の有り難みを良く考えてご覧なさい。それから、アルサキ様を崇拝しなさい。」
posted by kyotakaba at 12:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

エティオピア物語 第七巻 17-2

  που έβαλε τις φωνές και ≪ άχ παιδιά μου γλυκύτατα ≫, έλεγε, ≪ γιατί τόσο παράκαιρα θρηνείτε ενώ πρέπει να χαίρεστε και να μακαρίζετε τους εαυτούς σας για την καλοτυχία σας; Η Αρσάκη σχεδιάζει για σας ό,τι καλύτερο μπορείτε να ευχηθείτε : δέχτηκε να σας δεί αύριο και ώς τότε πρόσταξε να σας παρασχεθούν οι πιό φιλοφρονητικές περιποιήσεις. Ελάτε λοιπόν, αφήστε αυτούς τους μάταιους και όντως παιδιάστικους θρήνους・ είναι πιά καιρός να ετοιμαστείτε και να φανείτε υποτακτικοί και υπάκουοι στις θελήσεις της Αρσάκης ≫.   





 老婆は声を上げていいました。「私の可愛い子供たち、どうして、そんなにも相応しくないように泣いているのです? 喜ばなければならないし、この幸運のことで自分たち自身を祝わなければならないと言うのに。アルサキ様は、あなたたちが心から望んでいるだろう一番良いことをお考えなのですよ。明日、あなたたちの面会をお受けになります。それまでは、敬意を払ったおもてなしをあなたたちに与えるようにとお指図なさったのです。さあさあ、そんな無駄で、実際、子供っぽい泣き言はお止しなさい。もう、アルサキ様の御心従順に何でも言うことを聞くようにする時になったのですよ。」
posted by kyotakaba at 13:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月20日

エティオピア物語 第七巻 17-1

  Η δε Κυβέλη, μπαίνοντας ξαφνικά στο δωμάτιο όπου ήταν οι δυό νέοι, διέκρινε τα ίχνη των θρήνων τους・ εκείνοι, στο άκουσμα της πόρτας που άνοιγε, είχαν βιαστεί να ηρεμήσουν και να ξαναπάρουν το συνηθισμένο ύφος τους・ αλλά τα δάκρυα που δεν είχαν προλάβει να στεγνώσουν στα μάτια τους δεν πέρασαν απαρατήρητα από τη γερόντισσα





 一方、キベリーは、二人の若者が居る部屋に急に入って、二人が泣いた跡を認めたのです。二人は、扉が開くのを聞いて、急いで落ち着いて、普段の顔付きを取り戻したのです。けれども、瞳の渇く間がなかった涙は、老婆に見過ごされることはなかったのです。  
posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

λιεϊζάν

 カザンザキスの『旅行記』で使われていた語、「 Λιεϊζάν 」。この語が、分かりません。原型は、「 λιεϊζώ 」なのだろうか? 全く見当がつかない。

 使われていた文章は、信長に関する場面で、以下のよう:
Σκληρός, σιωπηλός, ήθελε να γκρεμίσει τη θεοκρατία, να ξαναφέρει την ειρήνη και την τάξη στη χώρα, να σώσει τους ανθρώπους από τους θεούς. Ορμάει με το στρατό του στο πιό ιερό και πλούσιο βουδικό μοναστήρι. Λιεϊζάν, εδώ αντίκρα στο Κυότο.  

Λιεϊζάν は、三人称複数だと思われるけれど、その主格が分からない。 

続く文章は、
Ήταν ολόκληρη πολιτεία πεντάμορφη, θρησκευτικό κέντρο παντοδύναμο. ≪ Εμπρός! φωνάζει ο Νομπουνάγκα・ κάψετε το! ≫ Οι στρατιώτες τρέμουν, δεν τολμούν. ≪ Καψετέ το, να καθαρίσει η γής! ≫ φωνάζει πάλι ο φοβερός αρχηγός・ στάχτη έγεινε το μοναστήρι, χιλιάδες καλόγεροι και γυναίκες και παιδιά σφάγηκαν.
≪ ≫ がニ度使われている。二つ目の≪ ≫ は、信長の台詞と理解出来るけれど、最初の≪ ≫ は、分からない。何かの古典から引いたものなのか? 


追記:
Λιεϊζάν が、三人称複数なのは、το στρατό と三人称単数の属格の人称代名詞 του として書かれている αυτός を合わせて、複数になっているのだと。
それで意味は、λύνω に近いのか、荷物を解く、駐屯するのような意味ではないかと思う。  


追追記:私が文章を写し間違えていました。
「 Ορμάει με το στρατό του στο πιό ιερό και πλούσιο βουδικό μοναστήρι. Λιεϊζάν, εδώ αντίκρα στο Κυότο.   」ではなくて、
「 Ορμάει με το στρατό του στο πιό ιερό και πλούσιο βουδικό μοναστήρι Λιεϊζάν, εδώ αντίκρα στο Κυότο. 」でした。
Λιεϊζάν は、ギリシャ語ではなくて、日本語、それも、動詞ではなくて、βουδικό μοναστήρι と同格の Ορμάει の目的語である対格の実詞、外国語だから不変の中性名詞なのだろうけど、固有代名詞。それで、比叡山のことだと思う。カザンザキスが間違えて、Λ と書いたのか、出版の関係者が間違えたのか、分からない。あるいは、クレタ人のカザンザキスの耳には、京都言葉の発音のヒエイザンが、Λ の音に聴こえたのか?
posted by kyotakaba at 08:55| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月18日

Η άγνωστη πλευρά του Βυζαντίου

 『 Η άγνωστη πλευρά του Βυζαντίου 』 ビザンチン時代の知られざる側面

 通常歴史書は、戦争であるとか、社会的な対立であるとか、重要人物の決断であるとか、だけを取り上げて編成されるのだけれど、その時代の作家が書いたものは、些末な事柄に関するものが実は多い。
 この本は、そのような文章を集めたもの。大歴史の参照になるものもあれば、一般に考えられていたことを覆す様なものもあれば、ただ単に笑いを起こさせるようなものも。

Μεταίχμιο 出版 


.:BiblioNet : Η άγνωστη πλευρά του Βυζαντίου / Συλλογικό έργο
posted by kyotakaba at 16:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

エティオピア物語 第七巻 16-3

  Μήπως όμως με ξεγελούν τα μάτια μου; Αλλά η αρρώστια τους έχει υποχωρήσει και βλέπω σχεδόν όπως πρίν. Άκουσα εξάλλου ότι και ο Θύαμης ήταν εδώ χθές και, μετά από μονομαχία με τον αδελφό του, κέρδισε την ιεροσύνη・ άρα αυτός είναι κι όχι άλλος. Γιά την ώρα όμως άς μήν αποκαλύψουμε την αναγνώριση κι άς προσπαθήσουμε να μάθουμε τί σκοπό έχει για τους ξένους η κυρά μας ≫. Και ο μεν Αχαιμένης αυτά έλεγε με το νού του.  





 「けれども、もしかすると、私の目が私を騙しているのだろうか? けれど、病気がもう目を潰してしまって、私は、以前のようには、ちっとも見えないのだろうか。それに、私は、シアニスは昨日ここに居た、と聞いている。弟との決闘の後、聖職を得た、と言うことだけど。だから、あの人は他の人ではない。けれども、暫くの間、分かったことを明かさないでおこう。ご主人様があの外国人たちにどんな目的があるのかを知ることにしよう。」と、このようにアヘメニスは、心の中で言ったのです。
posted by kyotakaba at 13:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

エティオピア物語 第七巻 16-2

  Και καθώς έφευγε, ≪ δεν είναι αυτός ≫ , έλεγε με το νού του, ≪ που εγώ είχα παραλάβει από τον Μιτράνη το φρούραρχο γιά να τον πάω στον Μεγάλο Βασιλέα και μου τον άρπαξαν οι Βησσαείς κι ο Θύαμης; Παραλίγο να χάσω τη ζωή μου τότε και μόνο εγώ μπόρεσα να γλιτώσω από όλη τη συνοδεία.





 立ち去りながら、心の中で言いました。「あの人ではないよな? 守護司令官ミトラニスから私が受け取って、大王へ連れて行ったあの人、シアニスとヴィサの者たちが私から奪っていったあの人ではないよな? 私はもう少しで命を失うところだった。それで、同行した者の全員の中で私一人だけ、逃げることが出来たのだけど。」 

posted by kyotakaba at 14:23| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

エティオピア物語 第七巻 16-1

  Και όταν επέστρεψε, ≪ τί κοιτάζεις καλά καλά, γιέ μου; ≫ είπε στον Αχαιμένη. Κι εκείνος ≪ τους ξένους που είναι μέσα ≫, αποκρίθηκε, ≪ ποιοί είναι κι από που; ≫ ≪ Δεν επιτρέπεται να σου πώ ≫ του απάντησε η Κυβέλη, ≪ μόνο κράτα το στόμα σου κλειστό και μην το πείς σε κανέναν μήτε να ανακατευτείς πολύ πολύ με τους ξένους : έτσι έχει προστάξει η κυρά μας ≫. Έφυγε τότε εκείνος υπακούοντας χωρίς αντιρρήσεις στη μητέρα του : είχε την ιδέα πώς ο Θεαγένης ήταν μιά από τις συνηθισμένες ερωτοδουλειές της Αρσάκης.  





 キベリーは戻って来ると、「お前、なにをしげしげと覗いているのだい?」とアヘメニスに言ったのです。アヘメニスは答えました。「中に居る外国人たちをです。あの人たちは、どこの人たちなのですか?」 キベリーはアヘメニスに答えました。「私がお前に教えることは、許されてないのだよ。お前の口を閉じたままにしておくのだよ。見たことを誰かに話してもいけないし、あの外国人たちとちょっとでもちょっとでも交わってはいけません。そう、ご主人様がお命じになったのです。」 そして、アヘメニスは、母に反論もせずに素直に従って立ち去りました。テアゲニスは、いつものアルサキの愛人の一人なのだろうと、思ったのです。  
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

エティオピア物語 第七巻 15-5

  Κι αφού, με τέτοια κι άλλα, φούσκωσε τα μυαλά της Αρσάκης, μόλις που τη συγκράτησε να μην ιδεί εκείνη τη στιγμή τον Θεαγένη συμβουλεύοντάς τη να μην παρουσιαστεί στον νέο χλομή και με πρησμένα μάτια από την αυπνία, αλλά να ξεκουραστεί όλη εκείνη την ημέρα ώστε να ξαναβρεί τη συνηθισμένη ομορφιά της・ με τέτοια πολλά της τόνωσε το ηθικό και την έπεισε πώς όλα θα πάνε καλά και, τέλος, της σύστησε τί έπρεπε να κάμει και πώς να φερθεί στους ξένους.  





 それやこれやの言葉で、アルサキの考えを膨らませて、今直ぐにテアゲニスに会うことは控えさせて、若者に、不眠のために腫れ上がった目で青褪めた姿を見せないで、今日は丸一日休んでからいつもの自分の美しさを取り戻すように、と進言したのです。そのようなことをたくさん言って、アルサキに貞淑さを高めさせました。そして、最後には上手く行くと説得して、外国人には何をしなければならないか、どのように振る舞うかを忠告したのです。 
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月09日

エティオピア物語 第七巻 15-4

  Ο Αχαιμένης κοίταζε ακόμα όταν κατέφθασε η Κυβέλη επιστρέφοντας από την Αρσάκη στην οποία είχε αναφέρει όλα τα σχετικά με τούς δύο νέους, μακαρίζοντας τη γιά την καλή της τύχη που έτσι αυτόματα της χάριζε ό,τι δεν θα έλπιζε να αποκτήσει με μύριες σκέψεις και μύριες μηχανές : να έχει συγκάτοικο τον αγαπημένο της με όλη την ελευθερία να τον συναναστρέφεται.  





 キベリーがアルサキのところから戻って来た時には、アヘメニスはまだ見ていました。キベリーは、アルサキに、二人の若者についてのすべてを報告して、アルサキの運勢のことで、彼女は幸福だと言って来たのです。様々に思いめぐらし数え切れない程の策略を使っても手に入れられないだろう様なことが、何もかも、アルサキには自動的に送られる、と言う運勢なのです。同じ家に自分の愛人を持てる、そして、その愛人との行き来はまったく自由だ、と言う運勢なのです。  
posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月08日

エティオピア物語 第七巻 15-3

  Ξανάσκυψε στις τρύπες ο Αχαμένης μήπως και γνωρίσει τα πρόσωπα που είχε δεί. Και τη μεν Χαρίκλεια δεν την ήξερε καθόλου και μόνο θαμπώθηκε από την ομορφιά της, καθώς μάλιστα φαντάστηκε τί χάρμα οφθαλμών θα ήταν άν δεν έκλαιγε, και ανεπαίσθητα ο θαυμασμός τον έσερνε στον έρωτα. Τον δε Θεαγένη είχε μιά αμυδρή και αβέβαιη αίσθηση ότι κάπου τον ήξερε.  





 アヘメニスは、もう一度穴に身を屈めました。そして、見たことがある顔だと分かったのです。ハリクレアについては、アヘメニスはまったく知りませんでした。ただ、その美しさに見惚れただけでした。もし娘が泣いていなければ、確かに目も覚める程の飛び切りの美人であるように見えたのです。そうして、知らないうちに、その感嘆は、アヘメニスを恋に引き入れたのです。テアゲニスについては、どこかで見知っていたと言う、曖昧で不確かな感じを持ったのです。 




χάρμα οφθαλμών: για κάτι εξαιρετικά όμορφο
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月07日

エティオピア物語 第七巻 15-2

  Και όταν έμαθε ότι η μητέρα του είχε δώσει τη διαταγή, πλησίασε απορημένος στην πόρτα, άκουσε το θρήνο της Χαρίκλειας και σκύβοντας στις τρύπες από όπου περνούσε η αλυσίδα του σύρτη, είδε τα διατρέχοντα και ρώτησε τη θυρωρό ποιά ήταν τα πρόσωπα που βρίσκονταν μέσα. Κι εκείνη του απάντησε ότι για τα άλλα δεν ήξερε τίποτε και το μόνο που μπορούσε να πεί ήταν ότι η κόρη και ο νεαρός ήταν κάποιοι ξένοι που είχε φέρει πρίν από λίγο στο σπίτι η μητέρα του.  





 アヘメニスは、自分の母親が命令を出していることが分かると、当惑して、扉に近づきました。ハリクレアの泣声が聞こえたので、扉の穴の上に身を屈めたのです。その穴から閂の鎖が通っているのです。そして、起こっていることを見たのです。そして、女の扉番に、中に居る人物たちは誰なのかと、尋ねたのです。扉番は、アヘニメスに、このことについては何も知らないし、話せることは、少し前にアヘメニスの母親が館に連れて来た、どこかの外国人で、娘と若者だと言うことだけだ、と答えたのです。
posted by kyotakaba at 13:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月06日

エティオピア物語 第七巻 15-1

  Κι ενώ εκείνη ήταν δοσμένη σε τέτοιους και άλλους θρήνους, με τον Θεαγένη πότε να εντείνει το θρήνο προσθέτοντας τους δικούς του οδυρμούς και πότε, από έγνοια για τη Χαρίκλεια, να προσπαθεί να μερέψει τον πόνο της, καταφθάνει ο Αχαιμένης και, βρίσκοντας τις θύρες κλειδωμένες, ≪ γιατί αυτό; ≫, ρωτάει τη θυρωρό.  





 ハリクレアはこのようなあるいはまた別の悲嘆に暮れていたのですが、テアゲニスはどうしていたかと言えば、時には、自分自身の号泣をハリクレアの泣声に加えて、慟哭を強めたり、時には、ハリクレアが気掛かりで、彼女の苦しみを宥めようとしたりしていたのですが、そこに、アヘメニスが遣って来て、扉が閉まっているのを見て、女の扉番に「これはどうしてだ?」と尋ねたのです。  





μερεύω : ημερεύω
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

エティオピア物語 第七巻 14-8

  Τώρα κάθε οδοιπορία, κάθε θαλασσινό ταξίδι η άγνοια μας το απαγορεύει・ πάει, έφυγε η σεμνή και μειλίχια, η σοφή και όντως σεβάσμια ψυχή, χωρίς ούτε εκείνη να πετύχει το σκοπό των ευεργεσιών της ≫.  





 「徒歩の旅でも、海の旅でも、私たちの無知がそれをさせないのです。慎み深く優しい叡智、本当に尊敬出来る魂は、見返りを求めることもないご親切の目的を為果せることなく行ってしまいました。」 





μειλίχια : με γλυκό τρόπο, με ήπιο τόνο συνώνυμα
posted by kyotakaba at 11:34| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

エティオピア物語 第七巻 14-7

  Κι ενώ ο Θεαγένης της κρατούσε τα χέρια προσπαθώντας να τη σταματήσει, εκείνη συνέχιζε τον τραγικό μονόλογό της λέγοντας ≪ γιατί τάχα πρέπει να ζούμε ακόμα; σε ποιά ελπίδα μπορούμε να προσβλέψουμε; Ο οδηγός μας στην ξενιτιά, το στήριγμά μας στην περιπλάνηση, ο βοηθός μας στην προσπάθεια της επιστροφής, ο αναγνωρισμός των γονιών μου, η παρηγοριά στη δυστυχία, η διέξοδος και η λύση στα αδιέξοδα, η μόνη άγκυρα στις τρικυμίες της ζωής μας, ο Καλάσιρης, έχει φύγει εγκαταλείποντάς μας σε ξένη χώρα σάν άθλιο σακάτικο ζευγάρι άλογα χωρίς αγωγιάτη.  





 その間、テアゲニスは、ハリクレアを止めさせようとして、ハリクレアの手をずっと押さえていたのです。ハリクレアは、悲劇的な独り言を続けていました。こう言っていたのです。「一体なぜ、わたしたちはまだ生きていなければならないのですか? どんな希望に期待出来るのですか? わたしたちを導く人は他所にいるのです、わたしたちが頼りにする人は彷徨っているのです、わたしたちを助ける人は帰ろうと努めている最中なのです、わたしの両親をそれと分かる人、わたしを慰めてくれる人は不運に見舞われています、脱出口、解決策は八方塞がりなのです、わたしたちの人生の嵐の中の唯一の錨、カラシリス様は、行ってしまったのです。そして、わたしたちを知らない土地に置き去りにしてしまったのです。まるで、馬追いのいない惨めな不具の番いの馬のようです。」
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする