2014年11月29日

Αρχαία στα χωράφια της Αμφίπολης

 うちの畑に古代アンフィポリスの遺跡があると、カセメリニの記者に話す、老農夫。

posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

Απειλή τα μικρά, μη επανδρωμένα αεροσκάφη

 カセメリニ、11月28日付け記事の見出し

Απειλή τα μικρά, μη επανδρωμένα αεροσκάφη 


αεροσκάφος 中性名詞:航空機  複数形語尾は、 η 。
επανδρωμένα 受動態分詞: επανδρώνω 乗務員を乗り込ませる。英語の man 。

脅威:小さな無人機 


アメリカ、ワシントンでの無人小航空機の接近事故の報告の記事の見出し。
posted by kyotakaba at 17:05| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月27日

エティオピア物語 第七巻 20-6

  Στράφηκε ύστερα πρός τη Χαρίκλεια ― γιατί εξ ανάγκης είχε λάβει το θάρρος να κάμει τη συζήτηση αυτή παρουσία της ― και ≪ κόρη μου ≫, της είπε, ≪ παρακίνησε και συ αυτον τον... άχ δεν ξέρω πιά πώς να τον πώ ― τον αδελφό σου. Και σένα σε συμφέρει το πράγμα : όχι λιγότερο από κείνον θ' αγαπήσει εσένα η δέσποινα και περισσότερο θα σε τιμήσει・ πλούτη θα σε χορτάσει και γάμο λαμπρό θα φροντίσει να κάμεις. Αγαθά τέτοια ακόμα και οι ευτυχείς θα τα ζήλευαν, πόσο μάλλον άνθρωποι ξένοι και πρός το παρόν στερημένοι απ' όλα ≫.





 それから、ハリクレアの方へ向き直りました。思い切って、ハリクレアの居る前で話し合いをする必要があったからなのです。キベリーはハリクレアにこう言ったのです。「わたしの娘よ、おまえがこの子に勧めてくれないかい…、ああ、わたしはね、これ以上なんと言ったらいいか分からないんだよ、おまえの兄さんに言ってお呉れ。事はおまえに有利なのだよ。ご主人様がおまえを可愛がるのは、兄さんよりも少ないと言うことはないよ。それどころか、ご主人様は、おまえをそれは大切にされるだろうよ。ご主人様は、おまえに十分に財産を与えるだろうし、おまえが輝かしい結婚を出来るようにお世話をなさるだろうよ。そんな財産、幸運は、現今、すべてに困り果てている外国人なら誰でもが羨むだろうね。」
posted by kyotakaba at 13:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月26日

エティオピア物語 第七巻 20-5

  Λυπήσου λίγο και τον εαυτό σου, λυπήσου κι εκείνην・ αξίζει τη συμπόνια σου γιατί ο τρελός πόθος της για σένα την έχει ρίξει στο άδικο. Φυλάξου από την ερωτική οργή και από τη νέμεση που επιφέρει η υπεροψία・ ξέρω πολλούς που το μετάνιωσαν, είμαι πιό έμπειρη από σένα στα ερωτικά・ αυτά τα άσπρα μαλλιά που βλέπεις έχουν παρασταθεί σε πολλά τέτοια, αλλά άνδρα τόσο άτεγκτο και ανήμερο δεν έχω συναντήσει ≫.





 「少しは自分自身のことを哀れに思いなさい。そして、ご主人様のことを哀れに思いなさい。あなたが同情する程のことはあるのです。王女様のあなたへの激しい恋心は、王女様を非ぬ方へ放り投げてしまっているのですから。恋のための怒りと傲慢さが引き起こす天罰に用心しないさいな。わたしはね、拒絶したことを後悔した人をたくさん知っているのです。わたしは、恋のことでは、あなたより、ずっと経験豊かなのです。あなたが目にしているこの白髪はね、そういうたくさんのことを示しているのです。けれども、こんなに骨の折れる大人しくしない男に会ったことは、わたしはないですよ。」 





έχουν παρασταθεί : παρασταθεί は、παραστέκομαι ではなくて、παραστάνω ( παριστάνω ) 。
posted by kyotakaba at 11:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月25日

エティオピア物語 第七巻 20-4

  Και πλάι σ' όλ' αυτά εκτόξευε τελειώνοντας και κάποια απειλή : ≪ Οί επιφανείς γυναίκες ≫, έλεγε, ≪ που αγαπούν τους νέους γίνονται αμείλικτες και εκδικητικές οσάκις αποκρούονται και, όπως είναι επόμενο, τιμωρούν ώς υβριστές τους υπερόπτες. Και βάλε καλά στο μυαλό σου ότι αυτή είναι και Περσίδα και πριγκίπισσα ― έτσι δεν την προσφώνησες; ― και ότι διαθέτει και εξουσία μεγάλη και δύναμη που της επιτρέπει και να ανταμείψει την καλή θέληση και να τιμωρήσει την εναντίωση κι εσύ ― μην το ξεχνάς ― είσαι ξένος και έρημος και κανείς δεν θα βρεθεί να σε προστατέψει.  





 そして、次には、話す言葉の節々に、脅しをかけて来たのです。こう言いました。「少年を愛する、秀でた女性たちは、残酷になるものなのですよ。断った少年たちには誰にでも復讐心を燃やすのです。それが道理なのだけど、侮蔑的で高慢ちきな少年たちを罰するのです。ご主人様は、ペルシャ女性で、王女であられると言うことを、あなたの考えにちゃんと入れなさい。それでも、あなたはアルサキ様にご挨拶をしないの? それに、王女様は強力な権力を自由に出来て、善意に報いることも、敵愾心を罰することも、意のままなのですよ。ですから、あなた、忘れてはいけません。貴方は外国人で寄る辺もないのです。あなたを守ってくれる人は、誰一人いないのですよ。」  





Είναι επόμενο. - είναι λογικό  
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月21日

πρόωρος θάνατος

 カセメリニ web 版、11月19日記事見出し: 

400.000 πρόωροι θάνατοι ετησίως στην Ευρώπη από τους ρύπους 

ヨーロッパでは、一年間に、汚染による早死にする者が、400,000。
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月19日

エティオピア物語 第七巻 20-3

  Κι όμως κι αυτά συχνά τα παραβλέπουν πολλοί και μυαλωμένοι σάν ξέρουν ότι με την πράξη τους αυτή σε τίποτε δεν πρόκειται να βλάψουν τους δικούς τους κι οι ίδιοι θα ωφεληθούν κερδίζοντας και χρήματα και ηδονή ≫.





 「それに、多くの賢い人たちは、経験によって自分たち自身に損になる様なことは何もなく、金と快楽を得て儲けられる、と知っているので、大抵、そうしたことを見てみぬ振りをするのだよ。」
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月18日

エティオピア物語 第七巻 20-2

  ≪ Τί δειλία είναι αυτή; ≫ πρόσθεσε・ ≪ τί αποχή απ' τον έρωτα; Ένας νέος τόσο ωραίος, τόσο ακμαίος, γιατί να απωθεί μιά γυναίκα όμοιά του πού λιώνει από αγάπη; Πώς δεν την αρπάζει σάν σπάνιο εύρημα αφού μάλιστα κανένας κίνδυνος δεν υπάρχει ― ο σύζυγος είναι απών, εγώ η τροφός και η εξ απορρήτων υπηρετώ τη συναναστροφή κι εσύ δεν εμποδίζεσαι από αρραβωνιαστικιά ούτε από γυναικά;  





 キベリーは加えて言いました。「何に怖じけているかい? 何が恋を放棄させるのかい? これ程美男子で、これ程元気な若者が、どうして、愛のためにぼろぼろになった自分の美しい女を撥ね付けるのかい? どんな危険もないのに、掘り出し物をひったくるように、その女を攫わないんだい? 夫は遠くに居るんだよ。秘密も打ち明けてもらえる乳母であるこの私は、ご交際のお世話をするのです。それに、お前は、婚約者からも妻からも邪魔されないだろう。」 




η εξ απορρήτων : 刎頸の友 ( 川原辞書による ) 
posted by kyotakaba at 13:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月17日

エティオピア物語 第七巻 20-1

  Πέντε ώς έξι μέρες είχαν περάσει έτσι ( στο διάστημα αυτό και η Χαρίκλεια είχε προσκληθεί μιά-δυό φορές από την Αρσάκη και, για χάρη του Θεαγένη, είχε γίνει δεκτή με τιμές και φιλοφρονήσεις ), και η Κυβέλη αναγκάστηκε πλέον να μιλήσει ανοιχτά στον Θεαγένη και να του εξομολογηθεί απροκάλυπτα τον έρωτα της κυράς της, τάζοντάς του συνάμα μύρια όσα αγαθά άν έστεργε να συγκατατεθεί.





 五日か六日が過ぎていました。( その間に、ハリクレアは、二度程、アルサキから呼び出されたのです。テアゲニスのお陰で、敬意ある親しみを込めた待遇で迎え入れられたのです。 ) キベリーは、とうとう、テアゲニスに率直に話しをする他はなくなったのです。自分の主人の恋心をテアゲニスにはっきりと告白したのです。そしてまた、テアゲニスが黙って同意した時には、テアゲニスに無数の財産を約束したのです。
posted by kyotakaba at 11:58| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月16日

Κάνε Το Πόνο Σου Άρπα

 『 Κάνε Το Πόνο Σου Άρπα 』  ( CD )  
詩人 Κώστας Καρυωτάκης ( 1896- 1928 ) の詩、49編を朗読したもの。 
MINOS EMI から2013年リリース。 

iTunesで:
iTunes - Music - Κώστας Καρυωτάκης - Κάνε Το Πόνο Σου Άρπα by Various Artists 


Κώστας Καρυωτάκης - Βικιπαίδεια 


Κώστας Καρυωτάκης - Βικιθήκη
posted by kyotakaba at 11:42| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月14日

αξούριστος

 カザンザキスの『旅行記』には、私には、分からない部分がたくさんあるのですけれど。これもそう。

― Τον έχει συνθέσει η μεγάλη αρτίστα Σιμανό-σκέ. Ασαγκίρι τώρα και τριακόσια χρόνια... μου κάνει ο καλοθρεμμένος ολοξούριστος καλόγερος, ο φύλακας του κήπου. Καταλαβαίνετε τί νόημα έχει ο κήπος τούτος;
― Καταλαβαίνω, αποκρίθηκα, όσο μπορεί ένας χοντρόπετσος Φράγκος να καταλάβει.  

これは、Οι γιαπωνέζικοι κήποι の章の中の文章で、Χονγκάν-ζί の庭を見学した時の描写の様なのだけれど。

αρτίστα は、現代の意味では、女性の芸能人の意味だけれど。その後のギリシャ文字で表記された名前は、そのまま読めば、シマノ・スケ。江戸時代の芸人であれば、女性でも介を名乗っていたとは思うけれど。けれども、庭を描写している場面なので、舞踊とか音楽ではないと思うのだけれど。アサギリ、と言うのは何なのか、見当がつかない。それに、冠詞を付けていないのだけれど。ギリシャ文字表記の日本語ではなくて、ギリシャ語の副詞か何か? 
ολοξούριστος は、αξούριστος の異表記、αξύριστος 。
posted by kyotakaba at 09:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月13日

エティオピア物語 第七巻 19-9

  Από το άλλο μέρος η Αρσάκη είχε γίνει ανυπόφορη και την παρενοχλούσε συνεχώς λέγοντας ότι δεν αντέχει να περιμένει άλλο και απαιτώντας την εκπλήρωση της υπόσχεσης, την οποία η Κυβέλη ανέβαλλε συνεχώς με διάφορες προφάσεις, πότε ισχυριζόμενη ότι ο νεαρός ήταν μεν πρόθυμος αλλά δείλιαζε και πότε λέγοντας ψέματα ότι ήταν αδιάθετος.





 一方、アルサキの方は、もう我慢が出来なくなっていたのです。そして、頻りに、もう少しも我慢して待ってはいない、と言い、約束の履行を要求して、キベリーを困らせていました。そのキベリーは、様々な言い訳を使って、ずっと、引き延ばしていたのです。若者はその気になっているけれど怖じ気づいている、と言う時もあれば、若者は体調が悪い、と嘘を言う時もあったのです。
posted by kyotakaba at 12:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月12日

エティオピア物語 第七巻 19-8

  Και ο Θεαγένης συμφωνούσε μεν μαζί της στους επαίνους για τη φιλοφροσύνη και τον φιλελληνισμό της Αρσάκης και εξέφραζε την ευγνωμοσύνη του γι' αυτά, αλλά προσπερνούσε ευξύς εξαρχής τις άτοπες δελεαστικές προτάσεις σάν να μην τις καταλάβαινε καθόλου. Κόντευε να σκάσει η γριά και ράγιζε η καρδιά της στη σκέψη ότι ο νέος καταλάβαινε πολύ καλά, πλήν όμως είχε την αυθάδεια να αποκρούει με περιφρόνηση το διάβημά της.  





 テアゲニスは、アルサキの親しみを込めた振る舞いとギリシャ人好きについては、キベリーに同意しました。そして、そのことに対しての感謝の気持ちを表情に表していました。けれども、初めから、不適切な誘惑は相手にしていなかったのです。まるで、まったくそれを分かっていないかのようでした。この若者は、とても良く理解しているのだけれど、自分の遣り方を軽蔑して拒否しする剛胆さを持っているのだ、と考えて、老女は、もう少しで感情を爆発させそうになっていました。老女の心は、罅が入っていたのです。  



ευξύς は、分かりません。後ろの εξαρχής と一緒になって、成句になっているのだと思うのですが。
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

エティオピア物語 第七巻 19-7

  Κι εκείνη δεν φανέρωνε βέβαια τις προθέσεις της Αρσάκης, αλλά με περιστροφές και υπονοούμενα πάσχιζε να τον κάμει να καταλάβει παινεύοντας τη φιλοφροσύνη της κυράς της πρός εκείνον και, με κάποιες εύλογες προφάσεις, εκθέτοντας στα μάτια του τα κάλλη της, όχι μόνο τα φανερά αλλά και τα κρυμμένα μες στο φόρεμα, και εκθειάζοντας το χαρακτήρα της, πόσο αξιαγάπητη ήταν και πόσο κοινωνική και πόσο απολάμβανε τη συντροφιά των τρυφερών και αγέρωχων αγοριών και γενικά, με όλα όσα έλεγε, δοκίμαζε τον Θεαγένη για να δεί άν ήταν επιρρεπής στα ερωτικά.  





 キベリーは、アルサキの意志をはっきりとは示していなかったのです。けれども、遠回しにほのめかすようにして、自分の主人のテアゲニスに対する親しみを込めた振る舞いを褒めそやして、テアゲニスに理解させようとしたのです。そして、幾つかの尤もな口実を付けて、テアゲニスの目に、アルサキの良いところを見せたのです。目に見えるものだけでなく、服の中に隠しているものもです。そして、アルサキの性格を褒め称えました。とても愛らしくて、とても社交的で、優しく高雅な少年たちと交際するのがとても好きだ、とかあらゆることを挙げたのです。キベリーはそのように言いながら、常に、テアゲニスを調べていたのです。テアゲニスが恋に興じる傾向のある男なのかどうかを見ていたのです。
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月10日

エティオピア物語 第七巻 19-6

  Μαζί μ' αυτά έστειλε και δούλους για να τους υπηρετούν, μιά κοπελίτσα για τη Χαρίκλεια και ένα νέο αγόρι για τον Θεαγένη, Ίωνες στην καταγωγή και σε εφηβική ηλικία, και συνάμα δεν έπαυε να παρακαλεί επίμονα την Κυβέλη να επισπεύσει την επίτευξη του σκοπού ( γιατί ο πόθος της είχε γίνει αβάσταχτος ) και να πολιορκεί συνεχώς με όλα τα μέσα τον Θεαγένη.  





 それらと一緒に、アルサキは、二人の召使いも送りました。二人に仕える為です。一人の少女はハリクレアのために、一人の少年はテアゲニスのためにです。二人の出身はイオニアで、年は十代でした。また、それと同時に、アルサキは、キベリーに、目的の達成を急ぐことを執拗に要請するのを止めることはなかったのです。( と言うのも、アルサキの恋心は、抑制が出来なくなっていたのです。 ) そして、あらゆる手段を使って、テアゲニスに言い寄り続けるように言ったのです。
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月09日

Η φωτογραφία του ελληνικού τοπίου

 『 Η φωτογραφία του ελληνικού τοπίου 』  ギリシャ的風景の写真 
世界に広まっている写真でギリシャのイメージが固定化されている、と言う考察の様です。

著者:Ηρακλής Παπαϊωάννου 
1962年セサロニキ生まれ。アリストテレス大学では物理学を専攻。その後、ニューヨーク大学の大学院で、写真を学ぶ。それから、アリストテレス大学のジャーナリズム科で博士号を取得。2001年からは、セサロニキの写真博物館の学芸員。

出版社:Άγρα 

.:BiblioNet : Η φωτογραφία του ελληνικού τοπίου / Παπαϊωάννου, Ηρακλής, 1962-  

Άγρα のブログの記事: 
ΕΚΔΟΣΕΙΣ ΑΓΡΑ | AGRA PUBLICATIONS: Δελτίο τύπου | Η ΦΩΤΟΓΡΑΦΙΑ ΤΟΥ ΕΛΛΗΝΙΚΟΥ ΤΟΠΙΟΥ του Η. Παπαϊωάννου  

b197316.jpg
posted by kyotakaba at 11:50| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月08日

Rethink Athens

posted by kyotakaba at 08:18| Comment(0) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月07日

エティオピア物語 第七巻 19-5

  Η δε Αρσάκη παρέθεσε γεύμα στους Πέρσες αξιωματούχους δήθεν για να τιμήσει, κατά τη συνήθειά της, εκείνους, αλλά στην πραγματικότητα για να γιορτάσει με φαγοπότι τη συνάντησή της με τον Θεαγένη. Και δεν του έστειλε μόνο ένα μέρος από τα εδέσματα, όπως το συνήθιζε, αλλά του έστειλε και τάπητες και πλουμιστά κλινοσκεπάσματα, έργα από χέρια τεχνιτών της Λυδίας και της Σιδώνας.  





 一方、アルサキは、恰も表敬しているかの様に見せ掛けるために、いつもそうする様に、ペルシャの高官たちに正餐を供したのです。けれども、本当のところ、正餐は、テアゲニスに出会えたことをご馳走で祝うためだったのです。アルサキは、いつもそうする様に、幾つもあるご馳走の中からただの一つもテアゲニスに送りませんでした。けれども、何枚かの絨毯、刺繍飾りを施された毛布を何枚かを送ったのです。それは、リディアとシドナの職人たちの手で作られた品だったのです。
posted by kyotakaba at 13:27| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

τώρα και τριάντα χρόνια, αποκρίθηκεν ο καλόγερος, είμαι ηγούμενος

 ΝΙΚΟΥ & ΕΛΕΝΗΣ ΚΑΖΑΝΤΖΑΚΗ の『 ΤΑΞΙΔΕΥΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ 』。「 Οι γιαπωνέζικοι κήποι 」の章から 




  Ήρθε ο ηγούμενος. Ο χορευτής τον ρωτάει άν λείπει κανένα σκαλοπάτι.
  ― Τώρα και τριάντα χρόνια, αποκρίθηκεν ο καλόγερος, είμαι ηγούμενος. Όταν ήρθα στο μοναστήρι, τα σκαλοπάτια ήταν τα ίδια. Τίποτα δεν άλλαξε.  





 修道院長が来た。舞踏家は、階が一つ抜けているのではないかと、修道院長に尋ねた。
「三十年、私は修道院長です。私が、この修道院に来た時、階は同じでした。何も変わっていません。」と修道士は答えた。  



追記: この記事は、aimotokiyotakaba-β παράρτημα に投稿したのですが。編集ページから、投稿した時には、確かに παράρτημα だったのですが。プレビューも開いてみて、παράρτημα のΤΑΞΙΔΕΥΟΝΤΑΣ ΙΑΠΩΝΙΑ になっているのを確認してから、「保存」ボタンを押したのですが。結果、βの「日記」に入ってました。時々、起こりますが。
posted by kyotakaba at 08:27| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月06日

エティオピア物語 第七巻 19-4

  Επέστρεψε λοιπόν με τιμητική συνοδεία ο Θεαγένης και ο Αχαιμένης, βλέποντάς τον για δεύτερη φορά, τον αναγνώρισε με μεγαλύτερη βεβαιότητα και, υποπτευόμενος την αιτία των μεγάλων τιμών που του απονέμονταν, έμπαινε σε μεγάλη απορία, αλλά, τηρώντας την απόφασή του, δεν έλεγε λέξη.  





 そうして、テアゲニスは、立派な御供と一緒に帰って来たのです。アヘメニスは、二度目にテアゲニスを見て、絶対確実にその男が誰だか分かったのです。そして、彼にこれ程大きな名誉が与えられた原因を訝しく思っていて、大きな戸惑いを覚えたのですが、しかし、自分の決心を守って、何も言いませんでした。
posted by kyotakaba at 12:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月05日

エティオピア物語 第七巻 19-3

  Συγχρόνως και παρά τις αντιρρήσεις των παρευρισκομένων, έβγαλε την τιάρα από το κεφάλι της, πράγμα που για τους Πέρσες είναι σύμβολο φιλικής υποδοχής, και ≪ μην ανησυχείς, ξένε ≫, του είπε μέσω του διερμηνέα γιατί, ενώ καταλάβαινε τα ελληνικά, δεν τα μιλούσε・ ≪ πές μου τί χρειάζεσαι και θα το έχεις ≫. Κι αμέσως ύστερα ένεψε στους ευνούχους να τον συνοδέψουν έξω από το δωμάτιο.

ένεψε : νεύω   





 そう言うと同時に、アルサキは、居合わせた人たちの反対にも拘らず、ペルシャ人たちにとっては正に歓待の象徴である、ティアラを自分の頭から外し、通訳を通して、テアゲニスにこう言ったのです。と言うのは、ギリシャ語を理解出来なかったのだし、話せなかったからです。「外国の人、心配しない様に。お前が何を必要としているのか言いなさい。それを与えよう。」 そして直ぐに、宦官たちに合図して、テアゲニスに伴って部屋から外へ連れ出させたのです。  





11月06日訂正。
≪ μην ανησυχείς, ξένε ≫ の部分が抜けていたので。「外国の人、心配しない様に。」を加えました。
posted by kyotakaba at 12:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月04日

エティオピア物語 第七巻 19-2

  αλλά, σάν να είχε λησμονήσει όσα συμφώνησε με τη Χαρίκλεια για προσποιητή υποταγή, αντέδρασε με ακόμα πιό περήφανο φρόνημα στη θέα της περσικής αλαζονείας και, χωρίς ούτε το γόνατο να λυγίσει ούτε να προσκυνήσει, ≪ χαίρε πριγκίπισσα Αρσάκη ≫, της είπε. Κι ενώ οι παρευρισκόμενοι αγανακτούσαν και σιγομουρμούριζαν ότι η άρνηση του Θεαγένη να προσκυνήσει έδειχνε στασιαστική διάθεση, θράσος και αυθάδεια, χαμογέλασε η Αρσάκη και ≪ συγχωρήστε τον ≫, είπε・ ≪ άπειρος είναι και ξένος και, μ' ένα λόγο, Έλληνας και πάσχει από την υπεροψία όλων των συμπατριωτών του απέναντί μας ≫.  





 けれども、ハリクレアに従順さを装うと同意したこと何もかもを忘れでもしたかの様に、テアゲニスは、ペルシャの傲慢さの目の前でも誇り高い士気をあらわにして、反抗するようでした。膝を曲げることもしないし、頭も下げなかったのです。そして、こうアルサキに言いました。「ご機嫌よう、アルサキ王女。」 居合わせた人たちは、とても憤慨して、ぶつぶつと、テアゲニスが挨拶を拒否したのは、テアゲニスの反抗的な気質と不遜さと傲慢さを示している、と言ったのです。アルサキは、微笑んで、言いました。「その人を許しなさい。未熟でそれに外国人なのです。それと言うのも、その人の同朋の誰も彼が持っているわたしたちに対する蔑視に、その人は感化されているのですから。」  



μ' ένα λόγο, Έλληνας και πάσχει από την υπεροψία όλων των συμπατριωτών του απέναντί μας のところ、よく分かりません。
とくに、πάσχει από την υπεροψία と言う表現が理解出来ません。
posted by kyotakaba at 17:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする