2014年12月26日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 ある時、単衣の着物を差し出して、これを着なさい、と言う人がいた。僧は、「お気持ちを有り難うございます。私の様な無能の者は人の憐憫がなければ生きていけません。でも、私がいつも着ているのは筵なのです。今度、筵がありましたら頂きます。」と言って立ち去った。 





  Μια φορά βρήκε έναν πολίτη που του πρόσφερε την ρούχα χωρίς επένδυση και του είπε, ≪ Φέρετε αυτή ≫. Ο μοναχός είπε, ≪ Σας ευχαριστώ για την διάθεση σας. Όλοι ανίκανοι ίδιοι με μου δεν μπορούν να ζήσουν χωρίς την οίκτο άλλων ανθρώπων. Να η ψάθα που φέρνω πάντα κι εγώ. Αυτή την φορά έχετε την ψάθα, θα την λάβω ≫. Και έφυγε.  



posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月25日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 心根は素晴らしいものだった。たとえ小枝でも、持ち主に許されなければ取りはしなかった。それでも、都の人の慈悲で生きていくことは出来ていた。  





  Η διάθεση του ήταν ωραία. Αφού ο ιδιοκτήτης δεν το επέτρεπε, αυτός δεν πίανε ακόμα κι το κλαδί. Αλλά μπορούσε να ζήσει από τα ελέη των ανθρώπων της πόλης.
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月24日

エティオピア物語 第七巻 23-7

  ≪ Όλα θα γίνουν ≫, είπε εκείνη κι έτρεξε στο υπνοδωμάτιο της Αρσάκης και, πέφτοντας στα γόνατα, ≪ κουράγιο ≫, είπε・ ≪ τα πάντα, με τη θέληση των θεών, τακτοποιούνται・ μόνο πρόσταξε να φωνάξουν το γιό μου τον Αχαιμένη ≫. ≪ Άς τον φωνάξουν ≫, είπε η Αρσάκη・ ≪ εύχομαι να μην πρόκειται για άλλη μιά απάτη ≫.





 キベリーは「すべてそうなるでしょう。」と言って、アルサキの寝室へと急いで行ったのです。そして、跪いて言いました。「頑張って下さい。すべては、神々の御心で、片付くのです。ただ、わたしの息子、アヘメニスを呼び出すようにお命じ下さい。」 すると、アルサキは、「あれを呼び出させましょう。また嘘にならないことを、わたしは、こころから願います。」と言いました。
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月23日

エティオピア物語 第七巻 23-6

  ≪ Καμιά αμφιβολία δεν υπάρχει ≫, είπει η Κυβέλη・ ≪ και η κυρά θα δώσε ανενδοίαστα τη χάρη άν γίνεις ευεργέτης και σωτήρας της και ίσως και από μόνοι μας θα μπορούσαμε να πείσουμε το κορίτσι. Πές μου όμως, με ποιό τρόπο θα βοηθήσεις; ≫ ≪ Δεν πρόκεται να τον πώ προτού εμπεδωθεί με όρκους η συμφωνία μου με την κυρά・ και συ μην προσπαθήσεις να προετοιμάσεις την κόρη : κι εκείνην τη βλέπω κάπως αλαζονική και υπάρχει φόβος να χαλάσεις τη δουλειά ≫.





 キベリーは「何も疑わしいことはないよ。お前がご主人様に親切にしお助けしたのなら、ご主人様は、躊躇うことなく、お前に恩恵を下さるだろうよ。たぶん、わたしたちだけで、あの娘を承知させることが出来るだろう。だけれど、どう言う方法でご主人様を助けるつもりなのか、わたしに話してお呉れ。」と言いました。アヘメニスはこう言いました。「私とご主人様との合意が誓いを立ててしっかりする前には、それを言うつもりはありません。それに、母さん、あの娘に心積もりをさせようとしないで下さい。私は、あの娘は少々思い上がっていると思うのです、それに、母さんが努力を駄目にしてしまう恐れがあるのです。」
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月22日

エティオピア物語 第七巻 23-5

  ≪ Από μέρες, μητέρα μου ≫, είπε ο Αχαιμένης, ≪ εγώ είχα μπεί σε υποψίες και, μολονότι καταλάβαινα τί γινόταν, σώπαινα περιμένοντας τη συνέχεια. Ούτε πλούτη λοιπόν διεκδικώ ούτε αξίωμα・ την κόρη μόνο, τη φερόμενη ως αδελφή του Θεαγένη, άς μου δώσει η κυρά μας για γυναίκα και όλες οι επιθυμίες της θα εκπληρωθούν・ είμαι ερωτευμένος με την κόρη αυτή, μητέρα μου, με έρωτα τόσο τρελό, ώστε η κυρά μας, ξέροντας πόσο κυριαρχικό και πόσο βίαιο είναι αυτό το πάθος, εύλογα θα βοηθούσε τον ομοιοπαθή της, και μάλιστα εφόσον της υπόσχεται ένα τέτοιο κατόρθωμα≫.





 アヘメニスはこう言いました。「お母さん、私は、何日も前から、考えているのです。何が起こりつつかるのか分かってはいるのですが、引き続き起こることを待って、黙っているのです。ですから、富も高位も要求しないのです。ご主人様には、テアゲニスの妹だと言われてるあの娘を、私に妻として与えて下さることだけをして頂きましょう。そうすれば、ご主人様の望みは全部が叶うでしょう。母さん、私は、あの娘に恋をしているのです。とても狂おしい恋なのです。ご主人様はこの苦しみがどれほど支配的で暴力的かをご存知です、ですから、ご主人様は、当然、ご自分と同じ病気の者を救うことになるのです。そうすれば、ご主人様には望みの成就が約束されるでしょう。」 





εφόσον : με την προϋπόθεση ότι, επειδή, αφού

posted by kyotakaba at 15:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月20日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 1-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 




筵などを身体に巻いていた。そうして、都の中をさすらい歩いていた。 


Αυτός τύλιγε την ψάθα στο κορμό του. Και περιπλανόταν στη πόλη.
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Το Μαζί Είναι Δρόμος

 『 Το Μαζί Είναι Δρόμος 』、
Ανδριάνα Μπάμπαλη の2014年のアルバム。
Ανδριάνα Μπάμπαλη は、1976年生まれの歌手、ソングライター。アテネ出身。アンドリアーナ・ババリ

iTunes - Music - To Mazi Einai Dromos by Andriana Babali 

Facebookのページ:
Andriana Babali | Facebook 

Ανδριάνα Μπάμπαλη - Τίποτα : YouTube
posted by kyotakaba at 11:52| Comment(2) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Αποστολή στο διάστημα

 『 Αποστολή στο διάστημα 』
Πλήρη Ντάξει のアルバム。2014年。

iTunes - Music - Apostoli Sto Diastima by Pliri Ntaxei 

宇宙使節団 

Image7-04.jpg 

ホームページ:
πλήρη ντάξει 

ホームページには、『 Αποστολή στο διάστημα 』 は出てない様なのだけど? 
前のアルバム『 Πλήρη Ντάξει 』から、「 η Ανάφτρα 」: 
posted by kyotakaba at 11:37| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

Αναμνήσεις ενός Αθηναίου

 『 Αναμνήσεις ενός Αθηναίου 』 あるアテネ市民の回想 
Γιάννης Καιροφύλας 
出版社:Εκδόσεις Καστανιώτη 
2014年刊 

.:BiblioNet : Αναμνήσεις ενός Αθηναίου / Καιροφύλας, Γιάννης Κ. 

Γιάννης Καιροφύλας は、1927年生まれで、国営ラジオ放送局で働いていた人。
1940年代、50年代、60年代、70年代のこと。

b197953.jpg
posted by kyotakaba at 16:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『撰集抄』の槿歌讀聖人 1-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 

最初の行。


 昔、一人の僧が居た。頭顔から手足の先まで泥だらけで見窄らしかった。身に着けているものは、完全な形をしているものはなかった。  



  Τον παλιό καιρό, ένας μοναχός βρισκόταν. Αυτός ήταν φτωχός. Από το κεφάλι του και το πρόσωπο του ώς η άκρη των μέλων, όλα ήταν λασπωμένοι. Και όσοι φορούσε δεν είχαν την τέλεια σχήμα.
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月18日

エティオピア物語 第七巻 23-4

  Κι εκείνος ≪ και ποιά θα είναι η ανταμοιβή μου; ≫ ρώτησε. ≪ Γιατί δεν είναι η στιγμή να κάνω νάζια ούτε να μιλάω με περιστροφές και υπονοούμενα προκειμένου να υποσχεθώ βοήθεια σε σένα που έχεις πέσει σε τέτοια αγωνία και κοντεύει να σου βγεί η ψυχή ≫. ≪ Θα έχεις όλα όσα θέλεις ≫, είτε η Κυβέλη. ≪ Για το δικό μου το χατίρι σε έχει ήδη κάμει αρχιοινοχόο・ άν πάλι έχεις στο νού σου κάποιο ανώτερο αξίωμα, δεν έχεις παρά να το πείς・ και άν μιλάμε για χρήματα, αμέτρητα είναι τα πλούτη που θα αποκτήσεις άν αποδειχθείς σωτήρας της δύστυχης κυράς μας ≫.





 すると、アヘメニスはこう尋ねたのです。「私にどんな報いがあるのですか? そんな困難に陥っていて、魂が抜け出そうとしている貴女を、私が助ける約束をしてしまえば、取り繕ったり、遠回しな言い方や仄めかしをする場合ではなくなるのですから。」 すると、キベリーは「欲しいものは何でも貰えるだろうよ。このわたしの為には、もう、アルサキ様は、お前を宮廷酌人頭にしてくれたのだ。お前の心の中で、もっと高い位を考えているのなら、それを言う他はないだろうよ。わたしらがお金のことを言えば、お前が不幸なわたしたちのご主人様を助けたことが分かった時、お前が得ることになる富は、数えられないものになるだろうよ」と答えました。 





αρχιοινοχόος : [ ΕΤΥΜΟΛΟΓΙΑ :‹ αρχή + οίνος = κρασί + χόος ‹ χούς ‹ χέω = χύνω]
ο προϊστάμενος των οινοχόων, αυτός που έχει τη γενική εποπτεία στα συμπόσια
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月17日

エティオピア物語 第七巻 23-3

  Αλλ' από τη στιγμή που αυτός ο ανόητος και θρασύς και άπονος νεαρός αρνήθηκε την πρότασή μας, ξέρω καλά πώς κι εκείνη δεν θα ζήσει κι εγώ θα θανατωθώ γιατί την ξεγέλασα με απατηλές υποσχέσεις. Έτσι είναι τα πράγματα, γιέ μου, κι άν μπορείς κάπως να βοηθήσεις, κάν' το, ειδάλλως ετοίμασε την κηδεία της μητέρας σου ≫.





 「けどね、あの馬鹿で生意気で情け知らずの若造がわたしたちの申し込みを拒んだあの時から、わたしは、アルサキ様は生きていけないだろうし、嘘の約束で騙された為にわたしは殺されるだろうことは、よく分かっているのだからね。そう言うことなのだよ、お前、もし、どうにかしてお前がわたしたちを助けられるのなら、そうしてお呉れ。そうでないのなら、お前の母の葬式の準備をしてお呉れ。」
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

καμαρώνω

 カザンザキスの『旅行記』に使ってあった、καμαρώνω 。 
καμαρώνω は、περηφανεύομαι για κάτι の意味が第一義だけれど、βλέπω κάτι με αγάπη και θαυμασμό の意味も。
 カザンザキスの『旅行記』では、βλέπω κάτι με αγάπη και θαυμασμό の意味で。 

使っていた部分は、 
Αυτά συλλογιούμουν σήμερα το πρωί που κατέβηκα στο μικρό κήπο του ξενοδοχείου και παρακολουθούσα τον κηπουρό να σιργουλεύει, να χαδεύει, να σπρώχνει τα κλαριά μιάς μικρούλας δαμασκηνιάς να πάρουν το ειδυλλιακό και τόσο υποβλητικό σχήμα της κλαίουσας ιτιάς. Στάθηκα πολλήν ώρα και καμάρωνα τα λιγνά πιτήδεια δάχτυλα του γερο-κηπουρού που μέρωναν με τόση γλύκα τη φύση.  

 今朝、私はホテルの庭に降りて行き、庭師が、矮小なプラムの小枝に、田園的でとても暗示的な咽び泣く柳の形になるように、言い聞かせ、撫でさすり、仕向けているのを見ていた。そのことを、私は考えていた。長い間、私はそこに立って、その年老いた庭師の細い巧みな指を驚きの感を持って眺めていた。庭師の指は、とてもやさしく、自然を手懐けていた。
posted by kyotakaba at 09:11| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月16日

エティオピア物語 第七巻 23-2

  Τον νέο που μένει εδώ η κυρά μας τον έχει ερωτευτεί όχι με έρωτα υποφερτό και συνηθισμένο αλλά με αγιάτρευτο ερωτικό πάθος το οποίο εκείνη κι εγώ άδικα ώς τώρα πιστεύαμε πώς θα ικανοποιούσαμε. Και να ποιό σκοπό είχαν οι τόσες φιλοφρονήσεις και οι κάθε λογής ευγενικές προσφορές πρός τους ξένους.





 「わたしたちのご主人様は、今ここに滞在している若者に恋をしておいでなのだよ。いつもの様なたわいもない恋ではないのだよ。治すことの出来ない恋の苦しみなのだよ。アルサキ様とわたしは、今まで、上手く行くと信じていたけれど駄目だったのだよ。そのために、あの二人の外国人にこれ程たくさんの世辞とあらゆる種類の品のいい贈り物をやったのにね。」  



最後の文「 Και να ποιό σκοπό είχαν οι τόσες φιλοφρονήσεις και οι κάθε λογής ευγενικές προσφορές πρός τους ξένους. 」は、よく分かりません。
posted by kyotakaba at 11:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月15日

エティオピア物語 第七巻 23-1

  Τέλος, τον πήρε και τον οδήγησε σε κάποια απόμερη γωνιά του κήπου και ≪ σε κανέναν άλλο ≫, του είπε, ≪ δεν θα φανέρωνα τις συμφορές τις δικές μου και της κυράς μου・ επειδή όμως κι εκείνη βρίσκεται σε μεγάλη φουρτούνα κι εγώ δατρέχω κίνδυνο θανάτου ( το ξέρω πώς η λύπη και η τρέλα της Αρσάκης σε μένα θα ξεσπάσουν ), αναγκάζομαι να μιλήσω μήπως και σοφιστείς κανέναν τρόπο να βοηθήσεις εκείνη που σε γέννησε και σου έδωσε το φώς και σε έθρεψε με το γάλα της.  





 とうとう、キベリーは、アヘメニスを庭の隅の角に連れて行って、こう言いました。「他の者には誰も、わたし自身とご主人様の災難を明かさないつもりなんだよ。けれども、アルサキ様は、大変な不幸に見舞われていらっしゃるんだよ。わたしにはね、死の危険が差し迫っているんだ。( わたしは、アルサキ様がわたしに向けて嘆きや激昂を急に浴びせかけるのは、分かっているんだよ。 ) 仕方がないからお前に話そう、もしかしたら、お前がアルサキ様を助ける何かの手だてを考え出せるかも知れないね。お前を生んで、お前に光を与え、ご自分の乳でお前を養った方だよ。」  





δατρέχω は、そのまま写したのですけれど、διατρέχω かと思います。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月13日

Ο Χειμώνας

 『 Ο Χειμώνας 』。2013年 Κωνσταντίνος Κουτσολιώτας 監督作品。
『冬』、コンスタンティヌス・クツォリオタス監督作品。
主人公は、ロンドンに住んでいたギリシャ人作家。破産して、ギリシャ北部の町シアティッチャの山の中にある、見捨てられていた生家に隠れることになる。そこで、過去の幽霊に囲まれて暮らし、父の死の謎を…、

The Winter / Ο χειμώνας Independent Greek Fantasy Feature Film Official Page 

Cine.gr - Τανίες Ο Χειμώνας - The Winter 

O heimonas (2013) - IMDb 

posted by kyotakaba at 14:02| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月11日

エティオピア物語 第七巻 22-4

  Και συνέχιζε κάνοντας κι άλλες πολλές παρόμοιες ερωτήσεις. Κι εκείνη ≪ φλυαρείς ≫ του είπε κι έκαμε να φύγει τρέχοντας・ αλλά ο Αχαιμένης δεν σταματούσε την προσπάθεια : ακολουθώντας την και πιάνοντάς της τα χέρια και καταφιλώντας τα, την ικέτευε να εξομολογηθεί τον πόνο της στον ίδιο της το γιό.





 アヘメニスは、その他のたくさんの同じ様な質問を続けてしたのです。キベリーは、アヘメニスに「お前はおしゃべりだ。」と言って、アヘメニスを早く何処かへ行かせようとしたのです。けれども、アヘメニスは、聞き出そうとする骨折りを止めないのでした。キベリーに付いて回り、キベリーの手をとって、その手に何度も口付けして、息子であるこの自分に苦しみを明かしてくれるように懇願したのです。
posted by kyotakaba at 11:01| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月10日

エティオピア物語 第七巻 22-3

  Μόλις είχε βγεί από το γυναικωνίτη η Κυβέλη και, βλέποντάς την ο γιός της ο Αχαιμένης σκυθρωπή και δακρυσμένη, ≪ μητέρα ≫, τη ρώτησε, ≪ μην έτυχε κάτι δυσάρεστο, κάτι κακό; Μήπως κάποια κακή είδηση στενοχώρησε την κυρά μας; Μήπως κάποιο δυστύχημα αναγγέλθηκε από το στρατόπεδο; Μήπως οι Αιθίοπες στην παρούσα φάση του πολέμου καταπονούν τον κύριό μας Οροονδάτη; ≫





 キベリーが女性の館から外に出ると、直ぐに、キベリーの息子のアヘメニスが、キベリーが身を屈めて泣き暮れいてるのを見つけたのです。アヘメニスはキベリーに尋ねました。「お母さん、何か嫌なこと、悪いことが起こったのではないでしょうね? もしかして、何かの悪い知らせが私たちのご主人様を悩ませているのですか? まさか、今、戦争状態にあるエティオピア人たちが、私たちのご主人オロンダティス様を酷く苦しめているのですか?」
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月09日

エティオピア物語 第七巻 22-2

  Κι όταν εκείνος αρνήθηκε καθαρά και ξάστερα αποκλείοντας οποιαδήποτε μελλοντική μεταστροφή του, έτρεξε σκεπτική στην Αρσάκη. Κι εκείνη, μόλις η Κυβέλη της ανήγγειλε τη σκληρή απόφαση του Θεαγένη, προστάζει να πετάξουν έξω τη γριά, μπαίνει τρέχοντας στο δωμάτιό της, ρίχνεται στο κρεβάτι κι αρχίζει να ξεσχίζει τις σάρκες της.





 テアゲニスがきっぱりと断り、これからのどんな心変わりの余地も残さなかったので、キベリーは、考え込みながら、アルサキの元へ急いだのです。アルサキは、キベリーが自分にテアゲニスの固い決心を知らせると、直ぐに、老女を外に放り出すように命じたのです。そして、駈けて自分の部屋に入りました。寝台に身を投げて、自分の肉体を切り裂き始めたのです。
posted by kyotakaba at 13:19| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

エティオピア物語 第七巻 22-1

  Έτσι συσκέπτοταν αυτοί και η Κυβέλη πήγε στο μεταξύ στην Αρσάκη και, αφού της αναπτέρωσε το ηθικό λέγοντας ότι πρέπει να περιμένει ευχάριστα επειδή κάτι τέτοιο είχε δείξει ο Θεαγένης, επέστρεψε στο δωμάτιό της. Άφησε να περάσει το βράδυ εκείνο και, το πρωί ( τη νύχτα είχε παρακαλέσει τη Χαρίκλεια, που εξαρχής κοιμόταν μαζί της, να βοηθήσει την προσπάθειά της ), ρώτησε και πάλι τον Θεαγένη ποιά ήταν η απόφασή του.





 このように二人が相談している間に、キベリーは、アルサキの所へ行ったのです。これこれのことをテアゲニスが示したのだから、希望を持って待たなければなりません、と言って、アルサキを励ましたのです。そして、自分の部屋に戻りました。その夜は、そのままでした。キベリーは、ハリクレアに、自分の努力を助ける為にも、夜は最初から自分と一緒に寝るようにと頼んでいたのでした。そして、朝になると、テアゲニスに、再び、彼の決心はどういうものか、尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

エティオピア物語 第七巻 21-5

  Χαμογέλασε τότε ο Θεαγένης και ≪ εσύ καλή μου ≫, είπε, ≪ ούτε μέσα στα βάσανα δεν ξεφεύγεις από τη γυναικεία αρρώστια της ζηλοτυπίας・ όσο για μένα, μάθε πώς ούτε να προσποιηθώ κάτι τέτοιο δεν μπορώ・ γιατί είναι εξίσου απρεπές να κάνεις το κακό και να το λές. Άλλωστε, το να χάσει κάθε ελπίδα η Αρσάκη, έχει από μόνο του ένα πλεονέκτημα : ότι δεν θα μας ενοχλεί πιά. Άν πάλι χρειαστεί να υποφέρω γι' αυτό, η τύχη και η σκέψη μου πολλές φορές ώς τώρα με εξάσκησαν να αντέχω τα κακά που με χτυπάνε ≫. ≪ Πρόσεξε μη μας ρίξεις σε μεγάλη συμφορά ≫, είπε η Χαρίκλεια και σώπασε.  





 テアゲニスは微笑んで、そしてこう言いました。「僕の恋人、君、苦しみのなかにあっても、君は、嫉妬と言う女性の病気から逃れられないんだね。僕のことについても、その様な振りが僕には出来ないと言うことを分かってお呉れよ。だって、君が悪いことをするのも、言うのも、同じように、君には相応しくないのだから。その上に、アルサキがどの希望も失うと言うことは、それだけで、一つの利点なのです。もう僕たちを悩ますことがなくなるでしょう。それに、もし、また、このことで僕が苦しまなくてはならなくなったとしても、運命と、それに、僕の思考が、これまで何度も何度も、僕を打ちのめそうとする災難に耐えるように鍛えているのです。」 すると、ハリクレアはこう言って黙ったのです。「わたしたちを大きな災難に落とし込むことのないように、注意して下さい。」 



από μόνο του の του は、その前の το 節の文章。

με εξάσκησαν να αντέχω τα κακά 、εξάσκησαν が三人称の複数形なのは、η τύχη と η σκέψη のふたつだから。  

posted by kyotakaba at 14:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月04日

エティオピア物語 第七巻 21-4

  Άν πάλι κρίνεις άτοπη την πρόταση ― και καλά θα κάνεις να την κρίνεις έτσι ―, προσποιήσου παρ' όλ' αυτά ότι συγκατατίθεσαι και, τρέφοντας με υποσχέσεις την όρεξη της βάρβαρης, προσπάθησε να αποτρέψεις κάποια ξαφνική απόφασή της εναντίον μας γλυκαίνοντας με ελπίδες και μαλακώνοντας με υποσχέσεις τη φλόγα του θυμού της・ ίσως, στο διάστημα που θα μεσολαβήσει, με τη θέληση των θεών, θα βρεθεί κάποια λύση. Μόνο πρόσεξε, Θεαγένη, μήπως από τη μελέτη γλιστρήσεις και στην εκτέλεση της αισχρής πράξης ≫.  





 「もし、やはり、この申し出を、あなたが不適切なものだと思うのなら、あなたがそう考えるのならいいのですが、それでも、同意した振りをして下さい。そして、見込みを持たせて、野蛮な王女の欲望を満たすのです。そうして、わたしたちに対する突然の決定を防ぐようにするのです。王女の怒りの炎を、希望で温和にし、見込みで和らげるのです。たぶん、そうこうしている間に、神々の意思で、何かの解決策が出来るでしょう。テアゲニス、ただ、練習していて、破廉恥な行為の実行へと足を踏み外さないかどうか、と言うことに気をつけて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月03日

エティオピア物語 第七巻 21-3

  Η Κυβέλη βγήκε στη στιγμή και αμέσως ύστερα πήρε το λόγο η Χαρίκλεια λέγοντας ≪ Θεαγένη, οι καλοτυχίες που μας επιφυλάσσει η τύχη μας δίνουν πιό πολύ πόνο από τη φαινομενική χαρά・ αλλά ο μυαλωμένος άνθρωπος μπορεί εκ των ενόντων ακόμα και τα δυστυχήματα να μεταστρέφει στο καλύτερο. Άν λοιπόν έχεις την πρόθεση να φτάσεις ώς το τέλος της πράξης, δεν το ξέρω・ πάντως δεν θα εναντιωνόμουν πάρα πολύ άν αυτό και μόνο όριζε τη σωτηρία μας ή το χαμό μας.





 キベリーが出て行くと、直ぐに、ハリクレは言葉を取って話し出しました。「テアゲニス、運命がわたしたちに用意している幾つかの幸運は、目に見える喜びよりも、もっと、苦しみをわたしたちに与えるのです。けれども、良識のある人間は、思っても居なかった災難を、自在に、幸運へと変えて行くものなのです。ですから、あなたがのこのことを最後まで遣って見ようと言う気があるのなら、そうなのかどうかはわたしには分からないけど、どちらにしても、わたしは、そんなに反対はしないでしょう。たとえそれが、わたしたちが助かるのか死んでしまうのかを決めてしまうものであってもです。」 





εκ των ενόντων : από μέσα, από αυτά που έχουμε αυτή τη στιγμή στη διάθεσή μας, από τους παρόντες   

εναντιώνομαι : αντιδρώ   
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月02日

エティオピア物語 第七巻 21-2

  Στα λόγια αυτά πήδηξε πάνω η Κυβέλη, αγκάλιασε τη Χαρίκλεια και ≪ εύγε, παιδί μου ≫, της έλεγε γεμίζοντάς τη φιλιά, ≪ έδειξες ευσπλαχνία σε μιά γυναίκα όμοια σε σένα στη φύση και για την ασφάλεια του αδελφού σου φρόντισες・ αλλά γι' αυτό το τελευταίο μην ανησυχείς : ούτε ο ήλιος, που λέει ο λόγος, δεν θα το μάθει≫. ≪ Αρκεί για την ώρα ≫, είπε ο Θεαγένης, ≪ άφησε μας τώρα να σκεφτούμε ≫.





 その言葉で、キベリーは飛び上がり、ハリクレアを抱きしめたのです。そして、キスでいっぱいにしながら、こう言ったのです。「すばらしい、我が子よ、おまえは、おまえと同じ様な性質の女性への同情を示したのですね。そして、お前の兄の安全を気遣っている。けれども、結局は、心配をおしでないよ。言われるように、太陽も結末を知らないでしょうから。」 すると、テアゲニスが言いました。「時間は十分あります。私たちが考える間、二人にしておいて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:33| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Χριστουγεννιάτικα διηγήματα

 『 Χριστουγεννιάτικα διηγήματα 』 クリスマスのお話し
Αλέξανδρος Μωραϊτίδης 


 Αλέξανδρος Μωραϊτίδης アレクサンドロス・モライティディスは、1850年生まれ、1928年没の作家。Σκιάθος スキアソスの人。
 『 Χριστουγεννιάτικα διηγήματα 』は、何度も繰り返して出版されているよう。

.:BiblioNet : Μωραϊτίδης, Αλέξανδρος, 1850-1929 

.:BiblioNet : Χριστουγεννιάτικα διηγήματα / Μωραϊτίδης, Αλέξανδρος, 1850-1929 
電子版もあるようです。
posted by kyotakaba at 08:35| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月01日

エティオピア物語 第七巻 21-1

  Την κοίταξε η Χαρίκλεια με ψεύτικο χαμόγελο και, βράζοντας από μέσα της, ≪ το ευκταίο ≫, είπε, ≪ και το πιό ωραίο θα ήταν η υπέροχη αυτή Αρσάκη να μην είχε περιέλθει σε μιά τέτοια κατάσταση・ ειδάλλως καλό θα ήταν να υπομείνει με εγκράτεια το πάθος της. Επειδή όμως έπαθε κάτι ανθρώπινο και, καθώς είπες, νικήθηκε και κυριεύτηκε από την επιθυμία, θα συμβούλευα κι εγώ τον Θεαγένη να μην αρνηθεί, άν βέβαια υπάρξει εγγύηση για την ασφάλεια του・ γιατί υπάρχει φόβος μήπως κάμει ασυναίσθητα κακό στον εαυτό του και σε κείνην άν τυχόν έλθει στο φώς η παράνομη πράξη τους και τη μάθει από κάπου ο σατράπης ≫.





 ハリクレアは、作り笑いを浮かべて、キベリーを見詰めました。そして、心中から感情が沸き起こって、こう言いました。「そうあって欲しいこと、それに、一番に善いことは、優れたアルサキ様がそうような状態に陥っていらっしゃらないことだったですが。そうではなくて、ご自分の恋を慎んで我慢されていれば善かったのに。あなたが言われるように、ある種の人間は、欲望に負けて支配されるのです。わたしは、テアゲニスに拒まないように勧めるでしょう、でもそれは、テアゲニスの安全への保証が確実にあるのならばです。だって、偶然にこの不祥事が明るみに出て、どこかから、太守がそれを知ることになったら、テアゲニス自身とアルサキ様に、二人が知らないうちに、良くないことが起こるのではないかと言う恐れがあるのですから。」 





ευκταίος : αυτός τον οποίο εύχεται κάποιος να αποχτήσει
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする