2015年01月31日

Ντέμης Ρούσσος の訃報

 歌手のΝτέμης Ρούσσος デミス・ルソス さんが1月25日に亡くなったと言うこと。享年68。世界的に有名なヴァンゲリスが在籍していたバンド Παιδί της Αφροδίτης / Aphrodite's Child のヴォーカルだった人。ソロのヴォーカリストとしても、全世界で活躍。「 Forever and Ever 」「 So Dreamy 」「 My Friend the Wind 」「 Sing an Ode to Love 」の四曲を入れたEPは、1976年のイギリスのチャートで1位になった。

Demis Roussos - Excerpts From "The Roussos Phenomenon" (Vinyl) at Discogs 

アルバム:1973年にフランスでリリース。Démis Roussos* - Forever And Ever (Vinyl, LP, Album) at Discogs 

R-452229-1296491247.jpeg.jpg
posted by kyotakaba at 09:55| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

エティオピア物語 第七巻 25-7

  ≪ Σώπα! ≫ είπε ο Θεαγένης・ ≪ η αναποδιά της τύχης μου ποτέ άς μην αποκτήσει τόση δύναμη, ώστε να πλαγιάσω σε άλλης μιαρό κρεβάτι, εγώ που δεν έχω αγγίξει τη Χαρίκλεια. Αλλά μου φαίνεται ότι μου ήλθε μιά καλή ιδέα : η ανάγκη γεννάει και δεύτερες σκέψεις ≫. Και την ίδια στιγμή πηγαίνει στην Κυβέλη και της λέει : ≪ Ανάγγειλε στη δέσποινα ότι θέλω να τη συναντήσω ιδιαιτέρως ≫.





 「黙って。私の思いとは反対向きの不幸は、それ程の力はないのだよ。だから、私は、アルサキのベッドではなくて、虫だらけの寝床に寝そべることになるだろう。この私は、ハリクレアに触ったこともないのだから。けれども、今、いい考えが浮かんだ様に思えるんだ。必要は二番目の考えを生むものなんだね。」とテアゲニスは言いました。すると同時に、キベリーのところへ行き、こう言ったのです。「私が誰にも知られずに奥様に会いたいと思っている、と奥様に伝えて下さい。」
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月27日

エティオピア物語 第七巻 25-6

  τί όμως πρέπει να κάμουμε ή ποιό τέχνασμα να σοφιστούμε για να αποτρέψουμε τις δύο μισητές ενώσεις, τη δική μου με την Αρσάκη και τη δική σου με τον Αχαιμένη; ≫ ≪ Άν συγκατατεθείς στη μιά ≫, του είπε η Χαρίκλεια, ≪ θα εμποδίσεις την άλλη, τη δική μου ≫.





 「でも、私たちは何をすべきなのだろうか、私とアルサキ、君とアヘメニスと言う、二つの嫌な組み合わせ避ける為には、どう言う手だてを考え出すべきなのだろうか? 」 ハリクレアはこう言いました。「貴方が一つに同意すれば、もう片方、わたしの方は阻止出来るでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月26日

エティオピア物語 第七巻 25-5

  Κι αυτά ακόμα θα ήταν υποφερτά, αλλά το πιό βαρύ απ’ όλα είναι ότι η Αρσάκη υποσχέθηκε να σε παντρέψει με τον Αχαιμένη, το γιό της Κυβέλης・ και ναί μεν είναι προφανές ότι αυτό δεν θα γίνει ή, άν γίνει, δεν θα το δώ όσο υπάρχουν στη ζωή ξίφη και αμυντικά όπλα・





 「それに、そんなのには、私は我慢が出来ないだろう。すべての事の中で一番に辛いことだよ。アルサキがキベリーの息子のアヘメニスに君を嫁がせると約束するなんて。もちろん、そんなことが起こらないだろうことは分かり切っているよ。もし、起こったとしても、人生に剣と防御の武具がある限り、私がそれを見ることはないと思うよ。」
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Βραχνάς

 「 Βραχνάς 」、カザンザキスの『旅行記』で使ってあった語。

 「 βραχνός : しゃがれ声」に似ているのだけれど。
そうではなくて、「 εφιάλτης μέσα στον ύπνο / ότι προκαλεί άγχος 」の意味。悪夢。
posted by kyotakaba at 08:27| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月25日

リッツォス詩選集

 『リッツォス詩選集』 
中井久夫 訳 
作品社  2014年7月刊 
リッツォス詩選集 - Webcat Plus 
作品社|リッツォス詩選集 

中井久夫先生は、『括弧:リッツォス詩集』を1991年にみすず書房から上梓されています。
posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月24日

ΑΟΖ

 Books in Greek のショーウィンドーを見てたら、『 Η ΑΟΖ της Ελλάδας 』と言う本。  


 ΑΟΖ は、Αποκλειστική Οικονομική Ζώνη 、排他的経済水域でした。
posted by kyotakaba at 14:40| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Λεξικό του κωνσταντινοπολίτικου γλωσσικού ιδιώματος

 『 Λεξικό του κωνσταντινοπολίτικου γλωσσικού ιδιώματος 』  
Νίκος Ζαχαριάδης 
出版:Γαβριηλίδης 2014年刊 

ビザンチン時代から20世紀までの、コンスタンティノポリティカ ( セサロニキのピリアからホルティアティまでの地域だそうだけど、 ) の言葉、と言うことだけど。 


.:BiblioNet : Λεξικό του κωνσταντινοπολίτικου γλωσσικού ιδιώματος / Ζαχαριάδης, Νίκος
posted by kyotakaba at 14:38| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月23日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 6

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 見るぞやいかに あだにも咲けるあさがおの 花にさきだつ 今朝の白露 
 高僧は、とても感心した。




Τώρα συλλογίζομαι.
Βρίσκω μια δροσιά της αυγής.
Αυτά δροσιά προηγήθηκε της περικοκλάδας που είναι το εφήμερο λουλούδι.
 

  Ο αρχιερέας θαύμαζε πολύ.





おわり
posted by kyotakaba at 13:24| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月22日

エティオピア物語 第七巻 25-4

  ≪ Κόπηκαν, που λέει ο λόγος, τα παλαμάρια, κάθε ελπίδας άγκυρα έχει σπάσει, χάσαμε ακόμα και το δικαίωμα να δυστυχούμε με το όνομα του ελεύθερου και καταντήσαμε πάλι δούλοι ( και εξήγησε πώς ), σε βαρβαρικά χτυπήματα θα είμαστε εκτεθειμένοι στο εξής και ή θα εκτελούμε ό, τι αποφασίζουν οι αφέντες μας ή θα συγκαταλεγόμαστε στους καταδίκους.





 「言葉の通り、太綱は断たれたんだ。望みの頼みの綱のどれももう切れてしまっている。その上に、私たちは、自由人の名前で不運な境遇に陥る権利も無くしたんだ。また、奴隷になってしまった。( 奴隷が何の様なものかをテアゲニスは説明したのです ) これからは、野蛮な打擲が露わになるんだ。そうでなければ、私たちの主人たちが決めたことをなんでも実行するか、囚人の中に加えられることになるだろうよ。」
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月21日

エティオピア物語 第七巻 25-3

  Πήγε η Κυβέλη στον Θεαγένη και του ανέφερε τα λόγια της Αρσάκης προσθέτοντας και από μέρους της ό,τι της φαινόταν χρήσιμο για να τον πείσει. Και ο Θεαγένης, αφού την παρακάλεσε να περιμένει λίγο, πήρε κατά μέρος τη Χαρίκλεια και ≪ Πάει, χαθήκαμε, Χαρίκλεια ≫, της είπε.





 キベリーは、テアゲニスのところへ行きました。そして、アルサキの言葉をテアゲニスに伝えました。そうして、自分から見て、彼を説得するのに一助になると思われることを付け加えたのです。テアゲニスは、キベリーに少し待って呉れるように頼んで、ハリクレアを脇に連れて行きました。そして、ハリクレアに「ハリクレア、とうとう、どうしようもなくなった。」と言いました。
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月20日

エティオピア物語 第七巻 25-2

  Η δε Αρσάκη, αφού έδιωξε όλους τους άλλους κι έμεινε μόνη με τη γερόντισσα, ≪ τώρα, Κυβέλη ≫, της είπε ≪ δεν υπάρχει πιά καμιά πρόφαση και πήγαινε να πείς σ’ αυτόν τον φαντασμένο ότι, άν υπακούσει σε μένα και συμμορφωθεί με ό,τι έχω στο νού μου, θα κερδίσει την ελευθερία του και θα ζήσει μέσα σε άφθονα πλούτη, άν όμως επιμένει στο αντίθετο, θα μάθει τί σημαίνει η οργή μιάς περιφρονημένης ερωμένης που είναι συνάμα και αγανακτισμένη δέσποινα : στην πιό βαριά και στην πιό ταπεινωτική δουλεία θα ξεπέσει και κάθε είδους τιμωρία θα υποστεί ≫.





 一方、アルサキはと言えば、他の者たちを追い出したのです。それで、老婆一人だけが残っていました。そして、こう言いました。「キベリー、もう言い訳はありませんよ。お行きなさい、そして、己惚れの強いあの男に言うのです。もし、わたしの言うことに素直に従って、わたしが思い描いている通りにするのなら、自由を得られるだろうし、有り余る程の豊かさの中で暮らせるだろう。けれども、もし、反対し続けるのなら、足蹴にされた恋人の憤懣がどのようなものかを知ることになるだろう。その恋人は、同時にまた、義憤を抱えている女主人なのです。もっと辛いもっと屈辱的な奴隷に零落れて、あらゆる罰が下されるだろうよ。」
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月19日

エティオピア物語 第七巻 25-1

  Βγήκαν λοιπόν και οι δύο, ο μεν Θεαγένης σκεπτικός και αναζητώντας κάποια λύση, ο δε Αχαιμένης γελαστός και σαρκάζοντας τον Θεαγένη. ≪ Νάτος ≫, έλεγε ≪ ο σοβαρός και περήφανος που μόλις πρίν δεν έσκυβε το κεφάλι, ο άκαμπτος και μόνος ελεύθερος, που δεν ανεχόταν να λυγίσει το γόνατο για να προσκυνήσει, τώρα σάν να μου φαίνεται πώς θα το λυγίσεις ή οι γροθιές θα σε μάθουν να προσκυνάς ≫.





 それから、テアゲニスとアヘメニスの二人は出て行きました。テアゲニスの方は、何か解決法はないかと考え込んでいました。アヘメニスの方は、上機嫌で、テアゲニスを嘲笑っていました。アヘメニスはこう言いました。「ほら、見てみろ、深刻な顔をしているぞ。直前まで頭を下げない高慢ちきで、我慢して膝を曲げてお辞儀をしない剛直で自由人そのものだったのに、今は、俺にはお前が膝を曲げそうに見えるぞ、それとも、拳骨がお前が挨拶するするように覚えさせたのだろうかな。」
posted by kyotakaba at 13:40| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月18日

極楽のあまり風 : ギリシア文学からの眺め

 『極楽のあまり風 : ギリシア文学からの眺め』
中務哲郎 
ピナケス出版  2014年11月刊 

極楽のあまり風 : ギリシア文学からの眺め - Webcat Plus 
posted by kyotakaba at 10:39| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月15日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 5

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  





 また、ある時、この僧は、高名な僧侶のところへ行った。高僧はこの僧に対面を許した。そして、何か仏法を説く歌を歌うようにと言った。僧は、寺の庭の垣に朝顔が咲いていて、その花に露が載っているのを見て、その場で、一首の歌を作った。 





  Άλλη φορά αυτός μοναχός επισκέφτηκε στη διαμόνη του φημισμένου αρχιερέα. Ο αρχιερέας επέτρεψε να παρουσιάσει ο μοναχός στον δικό του. Και ο αρχιερέας ζήτησε να συνέσει ένα τραγούδι που εξηγούσε τον Βουδισμό. Ο μοναχός είχε δει μια περικοκλάδα που άνθιζε στον φράχτη του κήπου και η δρoσιά εμφανιζόταν στην περικοκλάδα. Έτσι ο μοναχός σύνθεσε ένα τραγούδι εκ του πρόχειρου.
posted by kyotakaba at 14:31| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

στραταρίζοντας σερτά

 カザンザキスの『旅行記』に、使ってあった表現。「 στραταρίζοντας σερτά 」

στραταρίζοντας : στραταρίζω : κάνω τα πρώτα μου βήματα, κάνω στράτα
オックスフォード辞書にも、川原辞書にも、lexigram にもなくて、Βικιλεξικό には項目だけで、Live Pedia.gr に説明がありました。けれども、カザンザキスの文章が用例になっていたので、他にはあまり使われないのかも知れないと思いました。 

σερτά は、συρτά の異表記なのかと。 

使われていた文章は、
Άνοιξε πάλι η πόρτα αθόρυβα και μπήκαν μικρά κοριτσάκια οχτώ έως δέκα χρονών, στραταρίζοντας σερτά・ ήταν ντυμένα εύθυμα κόκκινα κιμονό με μαύρους φιόγκους και τα προσωπάκια τους ήταν πηχτά πουδραρισμένα σά μάσκες.  

たぶん、摺り足で歩く様子を描写しているのだと思います。 


 戸が、再び、音もなく開いた。十歳よりも幼い少女が八人、足を引き摺る様な歩み方で入って来た。少女たちは、黒のリボンが付いた、明るい赤色のキモノを着せられていた。顔は、濃くパフを叩かれていて、仮面の様だった。
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月14日

エティオピア物語 第七巻 24-6

  Όσο για την αδελφή μου, που δεν είναι αιχμάλωτη και συνεπώς ούτε σκλάβα αλλά έχει επιλέξει να σε υπηρετεί και να φέρει όποιον τίτλο σου αρέσει, σκέψου και πράξε γι’ αυτην ό,τι νομίζεις ≫. Και η Αρσάκη ≪ να καταταγεί ≫, είπε, ≪ στους τραπεζοκόμους και να διδαχτεί από τον Αχαιμένη το έργο του οινοχόου ώστε να προετοιμαστεί από μακριά για την υπηρεσία του βασιλιά ≫.





 「私の妹についてですが、あの娘は、捕虜ではありません。ですから、奴隷でもありませんし。けれども、ハリクレアは、貴女に仕えることを選んだのです。あの娘に、貴女がお好きな肩書きを与えて下さい。考えて下さい、そして、貴女があの娘の為に考えたことを何でも実行して下さい。」 すると、アルサキはこう言いました。「この者を、給仕人に入れなさい。そして、アヘメニスから宮廷酌人の仕事を習わさせるのです。そして、早くから王への給仕の心構えを覚えさせるのです。」
posted by kyotakaba at 13:28| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月13日

エティオピア物語 第七巻 24-5

  Ο Θεαγένης σάν από βέλος χτυπήθηκε από τα λόγια της・ είχε όμως την πρόνοια να μην εναντιωθεί, αλλά να αποφύγει την ορμή του θηρίου παραμερίζοντας και ≪ κυρά μου ≫, άρχισε, ≪ ευχαριστώ τους θεούς επειδή εμείς που ανήκουμε σε μιά από τις πιό αριστοκρατικές οικογένειες, έχουμε μέσα στη δυστυχία μας την καλή τύχη να μην είμαστε σκλάβοι σε άλλον από σένα η οποία, ακόμα κι όταν μας νόμιζες άγνωστους και ξένους, μας μεταχειρίστηκες με τόση γλυκύτητα και τόση φιλοφροσύνη.





 テアゲニスは、アルサキの言葉に、まるで矢に打ち抜かれた様になったのです。けれども、反対する用意はしていたのです。だけれども、激情の噴出は避けて、脇に置いたのです。そして、話し始めました。「ご主人様、私は神々に感謝しております。最も高貴な家系の一つに属しています私たちが、不幸の渦中にあって、貴女以外の誰かの奴隷にならなかったのは、幸運でした。それに、貴女は、私たちを誰だか分からない外国人だと思っていられるけれど、こんなに優しく、こんなに礼儀正しくもてなしてくれました。」
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月09日

『撰集抄』の槿歌讀聖人 4

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「槿歌讀聖人」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 





 この僧は、食事の量も少なかった。それに、ごくたまに食べるだけだった。そして、時々、念仏を唱え、要文を讀んでいた。でも、その頃ひろく歌われていた法文とは違う様だった。 





  Για το φαγητό, εκείνος μοναχός έπαιρνε σε λιγότερη ποσότητα και έτρωγε σπανίως. Πότε-πότε έψαλλε την προσευχή και διάβαζε την πολύτιμο πρόταση. Για την φράση που εξηγεί τον Βουδισμό, αυτή ήταν διαφορετική από άλλη που εκείνο τον καιρό οι άνθρωποι τραγουδούσαν.   

posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

エティオピア物語 第七巻 24-4

  Κι όταν ο Θεαγένης και σ’ αυτό απάντησε ναί, ≪ ξέρε λοιπόν ότι είσαι δούλος μου≫, είπε, ≪ και εσύ μεν θα με υπηρετείς ως δούλος υπακούοντας θέλοντας και μη σε κάθε νεύμα μου, τη δε αδελφή σου την αρραβωνιάζω με τον Αχαιμένη από δώ που κατέχει την πιό διακεκριμένη θέση κοντά μας και λόγω της μητέρας του και λόγω της δικής του αφοσίωσης πρός εμένα・ τόσο μόνο αναβάλλω το γάμο όσο χρειάζεται για να οριστεί η ημέρα και τα ετοιμαστεί το λαμπρό συμπόσιο ≫.





 テアゲニスが、アヘメニスにそうだと答えました。そうすると、アルサキはこう言いました。「それでは、お前はわたしの奴隷であることをわきまえなさい。お前は、素直になってわたしが合図する度に是が非でも奴隷として私に仕える筈なのです。そして、お前の妹についてだけれど、ここに居るアヘメニスと婚約させました。この者は、この者の母とこの者自身のわたしに対する献身の故に、わたしの側の一番良い席を占めているのです。ただ、わたしは、日にちが決まり、華やかな宴会の準備が整うまで、婚礼を日延べしました。」  





θέλοντας και μη : αναγκαστικά
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月07日

エティオピア物語 第七巻 24-3

  Ανάσανε ακούγοντάς τον η Αρσάκη και, χωρίς ούτε στιγμή να χάσει, βγαίνει από το υπνοδωμάτιο, πηγαίνει στην αίθουσα των ακροάσεων, κάθεται στο θρόνο της και προστάζει να οδηγήσουν μπροστά της τον Θεαγένη. Κι όταν τον έφεραν, του έδειξε τον Αχαιμένη που στεκόταν δίπλα της και τον ρώτησε άν τον ήξερε・ ο Θεαγένης απάντησε ναί και τότε ≪ δεν είναι αυτός που σε παρέλαβε για να σε οδηγήσει εδώ όταν αιχμαλωτίστηκες; ≫ ξαναρώτησε.





 アルサキは、アヘメニスの言うことを聞くと、一息つきました。そして、間を置くこともなく、寝室から出て、謁見の広間に行き、自分の席に座ったのです。そして、テアゲニスを自分の前に連れて来るように命じたのです。従者たちがテアゲニスを連れて来ると、自分の脇に立っていたアヘメニスを示して、テアゲニスがこの者を知っているかどうか尋ねたのです。テアゲニスは、はいと、答えました。すると、アルサキは、「お前が捕虜になった時、お前をここに連れて来るように、お前を引取ったのは、この者ではないのか?」ともう一度聞いたのです。  
posted by kyotakaba at 11:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月06日

エティオピア物語 第七巻 24-2

  Κι όταν εκείνη τον ρώτησε πώς το λέει αυτό, διηγήθηκε τα πάντα : πώς ο Θεαγένης είχε πιαστεί στον πόλεμο αιχμάλωτος, πώς ο Μιτράνης τον έστειλε στον Οροονδάτη με σκοπό να προσφερθεί στον Μεγάλο Βασιλέα, πώς αυτός, ο Αχαιμάνης, τον είχε παραλάβει, πώς του τον άρπαξαν με έφοδο οι Βησσαείς και ο Θύαμης και πώς με δυσκολία γλίτωσε ο ίδιος・ τέλος έδειξε και το γράμμα του Μιτράνη πρός τον Οροονδάτη ― είχε πάει προετοιμασμένος ― και, άν χρειαζόταν, είπε, και άλλες αποδείξεις, μπορούσε να καλέσει για μάρτυρα τον Θύαμη.





 アルサキがそれはどう言うことかと尋ねると、アヘメニスは全部を詳しく話したのです。テアゲニスは、戦いの捕虜に捕られたこと。ミトラニスが、大王への贈り物にする目的でオロンダティスに送ったこと。アヘメニス自身がテアゲニスを引き受けたこと。シアニスとヴィサの者たちが襲って来て、アヘメニスからテアゲニスを略奪したこと。アヘメニス自身は難儀をして逃げ出したこと。最後に、ミトラニスのオロンダティス宛ての手紙を見せたのです。手紙を前もって用意していたのです。そして、必要ならば、他の証拠に、目撃者としてシアニスを呼ぶことも出来ます、と言ったのです。
posted by kyotakaba at 11:53| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月05日

エティオピア物語 第七巻 24-1

  Μπήκε ο Αχαιμένης, εξέθεσε τα πάντα η γερόντισσα, ορκίστηκε η Αρσάκη να παντρέψει την αδελφή του Θεαγένη με τον Αχαιμένη. Τότε ο Αχαιμένης ≪ δέσποινα ≫, είπε, ≪ ο Θεαγένης είναι δούλος σου κι άς πάψει στο εξής να κάνει κόνξες στην ίδια την κυρά του ≫.





 アヘメニスが入って行きました。老婆がすべてを詳しく述べました。アルサキは、テアゲニスの妹をアヘメニスに嫁にやることを誓ったのです。すると、アヘメニスは言いました。「奥様、テアゲニスは貴女様の奴隷です。これからは、彼奴がご主人様に強情を張るのを止めさせましょう。」
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする