2015年02月26日

エティオピア物語 第七巻 27-4

  Πληγώθηκε κι από τα δυό ο Αχαιμένης και τόση ήταν η οργή και η ζήλια του, ώστε ακόμα κι από την Αρσάκη δεν πέρασαν απαρατήρητα τα θυμωμένα βλέμματά του και τα παράπονα που έλεγε ψιθυριστά στους παρευρισκομένους. Όταν πιά διαλύθηκε το συμπόσιο, πλησίασε την Αρσάκη ο Θεαγένης και ≪ δέσποινα ≫, της είπε, ≪ ως πρώτη χάρη σου ζητώ να με προστάξεις, μόνο όταν σε υπηρετώ να είμαι ντυμένος με τούτη τη στολή ≫. Και καθώς η Αρσάκη συγκατατέθηκε, φόρεσε πάλι τα συνηθισμένα ρούχα του και βγήκε.





 こうして、アヘメニスは、テアゲニスとアルサキの二人に傷つけられたのです。そして、アヘメニスの怒りと嫉妬は相当なものだったので、アルサキでさえ、アヘメニスの怒った眼差しと声を潜めて出席者に話す不平に気付かずにはいなかったのです。宴が、やっと、御開きになると、テアゲニスはアルサキに近づいて、こう言ったのです。「奥様、私にお約束下さったご褒美の最初のひとつをお願いします。私が貴方にお仕えする時にだけ、この服を着る様にして下さい。」 アルサキが承諾したので、テアゲニスは、再びいつもの服を来て、出て行きました。 
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月25日

エティオピア物語 第七巻 27-3

  Και συνάμα ετοίμασε γλυκόπιοτο κρασί και το πρόσφερε με κομψό τρόπο στην Αρσάκη κρατώντας την κούπα με τα ακροδάχτυλά του. Κι εκείνη, που το πιοτό την είχε ξετρελάνει ακόμα περισσότερο από πρίν, σιγόπινε με τα μάτια στυλωμένα στον Θεαγένη και πιό πολύ μεθούσε από έρωτα παρά από κρασί κι επίτηδες αργούσε ν’ αδειάσει το ποτήρι αφήνοντας επιδέξια λίγες σταγόνες και πίνοντάς τες στην υγειά του Θεαγένη.





 そして、甘美なワインを用意すると、指先で杯を支える優雅な作法で、それをアルサキに差し出したのです。アルサキは、以前から酒に夢中になっていたので、眼差しはテアゲニスに留めたまま、ワインをちびりちびりと飲んだのです。そして、ワインではなくて恋にひどく酔ったのです。故意に、杯を開けるのを遅らせたのです。そして、巧みに、数滴を残したのです。そして、テアゲニスに乾杯して、それを飲んだのです。
posted by kyotakaba at 12:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月24日

エティオピア物語 第七巻 27-2

  Κι ενώ ο Αχαιμένης επιχειρούσε να τον διδάξει πώς να ασκεί τα καθήκοντα του οινοχόου, έτρεξε ο Θεαγένης σ’ έναν από τους κυλικοφόρους τρίποδες και, παίρνοντας μιά πολύτιμη κούπα, ≪ μαθήματα ≫, είπε, ≪ δεν χρειάζομαι・ αυτοδίδακτος θα υπηρετήσω την κυρά μου・ μπροστά σε τόσο εύκολο πράγμα δεν διστάζω・ άν εσένα, καημένε μου, η θέση σου σε αναγκάζει να γνωρίζεις κάτι τέτοια, εμένα το ένστικο και η περίσταση μου υπαγορεύουν τί πρέπει να κάμω ≫.


κυλικοφόρους : αυτός που φέρει κύλικες // κύλιξ : κύλικα : αρχαίο ελληνικό ανοιχτό αγγείο πόσεως για κρασί





 アヘメニスが宮廷酌人の職務を何の様に果たすのかを説明し始めると、テアゲニスは三本足の酒椀から跳び退り、高価な盃を取って、こう言いました。「教わる必要はありません。独学して、ご主人様に仕えます。こんな簡単なことを前にして、私は迷うことはありません。貴方の場合、可哀想に、貴方の地位が貴方に学ぶことを強いるでしょうけれど、私の場合、私の本能と状況が、私が何をしなければならないかを私に指示するのです。」
posted by kyotakaba at 13:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月23日

エティオピア物語 第七巻 27-1

  Μ’ αυτά και άλλα πολλά τέτοια κατάφερε ο Θεαγένης να εμψυχώσει κάπως τη Χαρίκλεια・ και την επομένη ήλθε και τον πήρε ο Αχαιμένης για να προσφέρει τις υπηρεσίες του στο τραπέζι・ έτσι είχε προστάξει η Αρσάκη. Φόρεσε ένα πολυτελές περσικό φόρεμα που εκείνη του είχε στείλει και στολίστηκε θέλοντας και μη με αλυσίδες χρυσές και λιθοκόλλητα περιδέραια.



λιθοκόλλητα : set with precious stones   





 あれやこれや多くのことを言って、テアゲニスは、どうにかハリクレアを励ましたのです。翌日、アヘメニスが、遣って来てテアゲニスを捉まえて、食卓での自分の役割をテアゲニスに渡したのです。アルサキが命じていたのです。そして、豪華なペルシャの衣装を着せました。その衣裳は、アルサキがテアゲニスに贈ったものでした。金の鎖や宝石が付いた首輪ではなく、その衣裳でテアゲニスが着飾ることをアルサキは望んだからでした。
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月21日

訂正:エティオピア物語 第二巻 1-1

 エティオピア物語、第二巻の冒頭、1-1 を読み返したら、全く間違っていたので訂正します。

  Το νησί είχε παραδοθεί στις φλόγες, αλλά, όσο ήλιος ήταν πάνω από τη γή, ο Θεαγένης και Κνήμων δεν μπορούσαν να δούν το κακό : η όψη της φωτιάς ξεθωριάζει την ημέρα καθώς καταυγάζεται από τις ακτίνες του θεού・ όταν όμως έδυσε ο ήλιος και απλώθηκε η νύχτα, τίποτε πιά δεν αντιμαχόταν τη λάμψη της φλόγας που τώρα φαινόταν από πολύ μακριά. Αλλά κι εκείνοι, ξεθαρρεύοντας με το σκοτάδι, ξεπρόβαλαν από το βάλτο και είδαν ολοκάθαρα την πυρκαγιά που κατάτρωγε το νησί.  





 島は炎に焼き尽されていました。けれども、太陽が地上の上にある限り、テアゲニスとクニモンは惨状を見ることは出来ませんでした。日中は、炎の外見はくすんでいたのです。神の光線で強く照らされていたのですから。ですけれど、太陽が沈み、夜が拡がると、炎の明るさには、もう敵わなかったのです。炎は、その時、とても遠くに見えたのですけれど。二人は、暗いので大胆になり、沼から浮かび上がりました。そして、島を飲み尽くした大火災をすっかり見たのでした。  


一番の間違いは、η όψη της φωτιάς ξεθωριάζει την ημέρα のところで、την ημέρα をξεθωριάζει の対格に考えていたこと。これは副詞句。
それから、ολοκάθαρα も副詞なのだけれど、実詞にとって訳していました。 

他にも、間違えたところはたくさんあると思います。  


エティオピア物語 第二巻 1-1: aimotokiyotakaba - β
posted by kyotakaba at 12:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月13日

エティオピア物語 第七巻 26-10

  Και πρόσθεσε ότι ήταν πολύ πιθανό να εκδικηθεί την Αρσάκη ο Αχαιμένης, που ήταν δούλος ― και ώς επί το πλείστον είναι ενάντιος ο δούλος στον αφέντη ― και επιπλέον θα ένιωθε αδικημένος από την αθέτηση του όρκου και, ερωτευμένος ο ίδιος, θα μάθαινε ότι κάποιος άλλος είχε προτιμηθεί από εκείνον・ καθώς μάλιστα ήταν μάρτυρας των πιό αισχρών και παράνομων πράξεων, δεν θα χρειαζόταν να πλάσει καμιά συκοφαντία για να βάλει σε ενέργεια το δολερό του σχέδιο ( πράγμα που πολλοί πληγωμένοι άνθρωποι αποτόλμησαν ), αλλά θα είχε στο χέρι την εκδίκησή του με μόνο μέσο τα πραγματικά σφάλματα της Αρσάκης.  





 それから、たぶんアヘメニスがアルサキに復讐するだろう、アヘメニスは、召使いだったのだけれど、今は大抵のことでご主人様に反対する召使いであって、その上に、誓いを破ったことで不当に扱われたと感じるだろうし、恋をしている彼は、他の誰かが彼よりも好かれていることを知るだろうからね、同時に、アヘメニスは、破廉恥で法から外れた行為の目撃者なので、狡猾な計画が進む様に、中傷を捏ち上げる必要はないのだ、( 実際には、多くの傷つけられた者たちが大胆にも行う行為なのだけれど ) 、アルサキの実際の不正だけで、彼は復讐を手に収めるだろう、と付け加えました。 




βάζω κτ σε ενέργεια : set something going
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

エティオピア物語 第七巻 26-9

  Γιατί θα τα μάθει όλα από τη μητέρα του που επίτηδες προνόησα να παρακολουθήσει τα λεγόμενα θέλοντας αφ’ ενός να τα διαβιβάσει στον Αχαιμένη και αφ’ ετέρου να είναι μάρτυρας ότι η συναναστροφή μου με την Αρσάκη περιορίστηκε στα λόγια. Βέβαια, η συνείδηση της αθωότητας αρκεί από μόνη της για να ελπίζεις στην εύνοια των θεών・ καλό είναι όμως να πείθεις και τους συνανθρώπους σου γι’ αυτήν, ώστε να περνάς χωρίς φόβο την εφήμερη αυτή ζωή ≫.  





 「アヘメニスは、彼の母親からすべてを知るだろうからね。私は、わざと、私たちが話すのをキベリーがじっと見る様にして置いたんだ。一つには、それをアヘメニスに伝えることを期待したからで、もう一つは、キベリーが、私とアルサキの仲は言葉だけに限定されているということの証人になることを期待したんだよ。潔白を自覚するのにはキベリーひとりで十分だよ。それで、君は、神々のご加護に望みを託せるだろう。けれども、そのことで、君の仲間たちを納得させるのはいいことだよ。そうして、君は、恐がることもなく、束の間の人生を送るんだ。」   


後半部分、
Βέβαια, η συνείδηση της αθωότητας αρκεί από μόνη της για να ελπίζεις στην εύνοια των θεών・ καλό είναι όμως να πείθεις και τους συνανθρώπους σου γι’ αυτήν, ώστε να περνάς χωρίς φόβο την εφήμερη αυτή ζωή.   
は、文の意味が分かりません。 
από μόνη της は、キベリー一人を指しているのだと思うのですが。
ελπίζεις の主格は、ハリクレア。 
καλό は、να 節の文章二つのカテゴリマティコスの形容詞だと思います。να πείθεις・・とνα περνάς χωρίς・・の。
posted by kyotakaba at 13:22| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月11日

エティオピア物語 第七巻 26-8

  ≪ από τη μιά ≫, της είπε, ≪ αποσοβήθηκε ο γάμος σου με τον Αχαιμένη κι από την άλλη βρέθηκε μιά πρόφαση για να αναβληθεί πρός το παρόν η εκπλήρωση του πόθου της Αρσάκης・ και το κυριότερο, ο Αχαιμένης θα χαλάσει τον κόσμο, απογοητευμένος με τη διάψευση των ελπίδων του αλλά και αγανακτισμένος με την υποτίμηση που του επέβαλε η Αρσάκη για χάρη δική μου.  





 そして、テアゲニスはハリクレアにこう言いました。「一つは、君とアヘメニスとの結婚が避けられた。もう一つには、私は一つの口実を見つけたんだよ。それで、当面、アルサキの恋の成就は、遅れるだろう。それよりも肝心なのは、アヘメニスが大騒動を引き起こすだろうことだよ。希望が消えて絶望していて、それに、アルサキがこの私の為に彼の価値を低くすることにとても憤慨しているのだからね。」
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

エティオピア物語 第七巻 26-7

  Κι εκείνη έσκυψε και, προτείνοντας το στόμα αντί για τα χέρια, τον φίλησε・ κι ο Θεαγένης έφυγε με το φιλί της, χωρίς όμως να τη φιλήσει ο ίδιος・ και μόλις βρήκε ευκαιρία, διηγήθηκε τα πάντα στη Χαρίκλεια, που ούτε εκείνη άκουσε μερικά απ’ αυτά χωρίς ζηλοτυπία, και της εξήγησε με ποιό σκοπό υποσχέθηκε τα αθέμιτα και πώς με ένα μέσο είχαν κατορθωθεί πολλά :  





 アルサキは身を屈めました。そして、手の代わりに口を差し出して、テアゲニスに口付けました。テアゲニスは、そのアルサキの口付けで、自分がアルサキに口付けをすることはなく、立ち去りました。機会を見つけると直ぐに、テアゲニスは、ハリクレアにすべてを詳しく話したのです。ハリクレアは、その話しのどの部分にも嫉妬を感じることなく、話しを聞いたのです。そして、テアゲニスはハリクレアに、ある目的があって、そのような不道徳な約束をしたのだ、そして、ある意味で、もう多くを成し遂げていると説明したのです。
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月09日

エティオピア物語 第七巻 26-6

  Ένιωσε βέβαια το δάγκωμα της ζήλιας η Αρσάκη ακούγοντας πώς δεν ήταν αδελφή του η Χαρίκλεια, πλήν όμως δεν αρνήθηκε : ≪ εντάξει ≫, είπε, ≪ θα παρηγορήσω με άλλο γάμο τον Αχαιμένη ≫. ≪ Κι από μένα θα γίνει αυτό που θέλεις ≫, της λέει ≪ αφού ξεκαθαρίσουν όλ’ αυτά ≫・ και συνάμα την πλησίασε για να της φιλήσει τα χέρια.





 ハリクレアはテアゲニスの妹ではないと聞いて、アルサキは、確かに、嫉妬が刺すのを感じたのです。けれども、否定はしなかったのです。そしてこう言いました。「わかりました。他の者と結婚させて、アヘメニスを宥めましょう。」 そうすると、テアゲニスは、「そして、私については、それらのことが全部きれいに片付いたら、貴女が望む通りになるでしょう。」と言いました。そうして、手に口付けをするためにアルサキに近づいたのです。
posted by kyotakaba at 11:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

エティオピア物語 第七巻 26-5

  ≪ Μά τί λές; ≫ είπε η Αρσάκη・ κι εκείνος ≪ την αλήθεια ≫, αποκρίθηκε・ ≪ σου το είπα, δεν είναι αδελφή μου η Χαρίκλεια αλλά αρραβωνιαστικιά μου, ώστε δεν σε δεσμεύει ο όρκος και μπορείς, άν θέλεις, να έχεις και άλλη απόδειξη γιορτάζοντας, όταν το κρίνεις σκόπιμο, τους γάμους μου μαζί της ≫.





 「おや、お前は何と言ってるのか知ら?」とアルサキは言いました。テアゲニスは、こう答えました。「本当のことを話しています。私がご主人様に言ったことは、ハリクレアは私の妹ではないと言うことです。そうではなくて、私の婚約者なのです。ですから、誓いは貴女を拘束しないのです。もし、貴女がそう望むのなら、他の証拠を得ることも出来ます。そして、貴女がそれが適当だと考えるのならば、私とハリクレアの結婚を祝って下さい。」
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月05日

エティオピア物語 第七巻 26-4

  Και η Αρσάκη ≪ μην αμφιβάλλεις ≫, είπε, ≪ ότι επιθυμώ να σου δώσω τα πάντα, εγώ που είμαι πρόθυμη να σου δοθώ η ίδια・ ήδη όμως έχω ορκιστεί να δώσω την αδελφή σου στον Αχαιμένη ≫. ≪ Πολύ ωραιά, κυρά μου ≫, είπε εκείνος・ ≪ την αδελφή μου λοιπόν, όποια και να ‘ναι, δώσ’ την・ αλλά την επίσημη αρραβωνιαστικιά μου ― γυναίκα μου θα την έλεγα καλύτερα ― δεν θα θελήσεις, το ξέρω, να τη δώσεις ≫.





 すると、アルサキは、「わたしがお前にすべてを与えたがっている、自分自身をお前に与えられることも、わたしは、喜んでするのだ、と言うことを、お前は疑うでないよ。けれども、すでに、わたしはお前の妹をアヘメニスに与えると誓ってしまっているのだ。」と言いました。テアゲニスはこう言いました。「ご主人様、私の妹については、それで結構です。それが誰であっても、私もその者に妹をやりましょう。けれども、私の正規の婚約者については、私の妻と言った方がよいでしょうけれど、その人を与えたがりはしないでしょう、そんなことは、私は分かっています。」
posted by kyotakaba at 13:25| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月04日

エティオピア物語 第七巻 26-3

  Μόνο μιά χάρη σου ζητώ, μολονότι πολλά και μεγάλα μου υπόσχεσαι・ μην επιμείνεις στο γάμο της Χαρίκλειας με τον Αχαιμένη・ εκτός από όλα τ’ άλλα, είναι και αθέμιτο να ενωθεί μιά τόσο μεγάλη αρχόντισσα με έναν υπηρέτη・ είδεμή σου ορκίζομαι πώς δεν θα ενδώσω στην επιθυμία σου και, άν εκβιαστεί με οποιοδήποτε τρόπο η Χαρίκλεια, θα με δείς σκοτωμένο με το ίδιο μου το χέρι ≫.  





 「ご主人様は、とても多くのものを私にお約束下さったのですが、私は、ご主人様にたった一つのお恵みをお願いします。ハリクレアとアヘメニスの結婚を強行しないで下さい。他のこととは違い、こんなに高貴な女性を一介の召使いと一緒にする事は、道理を外れています。そうでないのなら、私は、貴女の望みの通りにはしないと、貴女に宣言します。それから、もし、ハリクレアをどんな手段ででも強制するのなら、貴女は、この私自身の手で殺された私を見ることになるでしょう。」
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月03日

エティオピア物語 第七巻 26-2

  Αλλά ο Θεαγένης τη σταμάτησε λέγοντας ≪ άς μείνει για την ώρα και η Κυβέλη, κυρά μου・ ξέρω ότι της εμπιστεύεσαι όλα τα μυστικά σου ≫ και συνάμα, πιάνοντας τα χέρια της Αρσάκης, ≪ δέσποινα ≫, είπε, ≪ ώς τώρα ανέβαλλα την εκτέλεση των προσταγών σου, όχι βέβαια από ασέβεια πρός το θέλημά σου αλλά από πρόνοια για την ασφάλειά μας・ από τη στιγμή όμως που η τύχη ― ευτυχώς! ― με απέδειξε δούλο σου είμαι πολύ πιό πρόθυμος να υποχωρήσω σε όλα.





 けれども、テアゲニスは立ち止まってこう言いました。「ご主人様、キベリーは暫くここに居て貰いましょう。貴女がご自分の秘密を全部キベリーに打ち明けてることを、私は知っています。」 そして、同時に、アルサキの手を取ってこう言いました。「ご主人様、今まで、私はご主人様のご言付けを実行するのを延ばしていました。それは、ご主人様のご意志を蔑ろにしているからではありません。私たちの安全を慮ってなのです。運命が、私は貴女の僕であることを私に明らかにしたこの瞬間から、ああ幸運なこと! 私は、この上なく喜んですべてに屈服するのです。」
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月02日

Γεφύρι της Πλάκας

 北西部のアルタ県にあった、Άραχθος 川に架かる有名な「プラカの橋」が、洪水で倒壊したそう。

Γεφύρι της Πλάκας - Βικιπαίδεια 

かつては、ギリシャとオスマン帝国の境界でもあって、歴史の舞台にもなった橋と言うこと。1866年に建築された、石の橋。

350px-Plaka_Bridge_Epirus_Greece.jpg 

posted by kyotakaba at 18:43| Comment(2) | 新聞記事を読んでみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 26-1

  Η γερόντισσα, νομίζοντας ότι η δουλειά είχε τελειώσει και ότι ο Θεαγένης είχε υποκύψει, πήγε το μήνυμα στην Αρσάκη που την πρόσταξε να οδηγήσει κοντά της τον νέο μετά το δείπνο・ αυτό και έκαμε. Αφού πρόσταξε τους υπηρέτες της κυράς της να κάνουν ησυχία και να μην την ενοχλήσουν, έμπασε κρυφά τον Θεαγένη στο υπνοδωμάτιο ( μόνο αυτό φωτιζόταν από ένα λύχνο, ενώ όλο το άλλο σπίτι, αυτή την προχωρημένη ώρα της νύχτας, ήταν βυθισμένο στο σκοτάδι κι έτσι μπόρεσαν να περάσουν απαρατήρητοι ) κι αμέσως ύστερα ετοιμάστηκε να αποχωρήσει.  





 老婆は、問題は片付いた、と、それに、テアゲニスは服従した、と考えました。そして、アルサキに知らせに行ったのです。アルサキは、若者を、晩餐の後に、側へ連れて来る様にキベリーに命じたのです。キベリーはそうしました。キベリーは、ご主人様の召使たちに、静かにしてご主人様を煩わせない様に命じると、人目につかない様にテアゲニスを寝室に招き入れたのです。( 寝室だけが一点の燈火で照らされていました。館の他の全部が、そのような夜も遅くなった時間には、闇に沈んでいて、誰にも気付かれずに進めたのです。 ) そうして、直に、退出しようとしたのです。
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする