2015年03月31日

Το κυπαρίσσι

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Το κυπαρίσσι 」、やはり、分からないのですが、第三連も推測してみました。けれど、その推測は、私の頭の中にある概念に依っての推測で、ザハリアス・パパンドニオウの言葉に基づいての推測ではないので。 




Το κυπαρίσσι   糸杉

Εἶμαι τὸ δέντρο ποὺ ἀκολουθεῖ τὴ γραμμὴ τῆς προσευχῆς ὅταν ἀνεβαίνει

ἀπὸ ἥσυχη ψυχή.




Εἶμαι ἡ λόγχη ποὺ κοκκίνισε στὸ αἷμα τῆς δύσης καὶ φρουρεῖ τὸ Ἀόρατο

ἀπ᾿ τὴν ἄρνηση καὶ τὴν εἰρωνεία. 




Εἶμαι στὶς γιορτὲς τοῦ τοπίου τὸ μαῦρο ράσο ποὺ δὲν τελείωσεν ἀκόμα

τὴ δοκιμασία του. 




Εἶμαι τὸ καμπαναριὸ στὸ ναὸ τοῦ πόνου καὶ γιὰ τὶς ψυχὲς ποὺ ἔχουν σκοπὸ

σημαίνει τοὺς ὄρθρους καὶ τοὺς ἑσπερινοὺς ἡ σιωπή μου.
  





静かな魂から祈禱の一節が立ち昇る、そんなことを信奉している、
樹なのです、私は。 

日没の血に赤く染まり、否認や皮肉からアオラトを守っている、
槍なのです、私は。 

眺望の華やぎの中にあって、まだ試練を終えていない、黒い
被衣なのです、私は。

目的のある魂と苦しみの神殿に立ち、私の沈黙で早祷と晩祷を鳴らす、
鐘楼なのです、私は。  
posted by kyotakaba at 08:38| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月30日

Το κυπαρίσσι

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ Ζαχαρίας Παπαντωνίου、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、その中のひとつ、「 Το κυπαρίσσι 」を訳してみようと思いました。 
 けれども、まったく分からず、訳せません。 四連ある詩の、第一、第二、第四連は、せめての推測はしたのですが、第三連は、本当にまったく分かりません。  
 どなたか、ご教示下されば助かります。

Το κυπαρίσσι   糸杉

Εἶμαι τὸ δέντρο ποὺ ἀκολουθεῖ τὴ γραμμὴ τῆς προσευχῆς ὅταν ἀνεβαίνει

ἀπὸ ἥσυχη ψυχή.




Εἶμαι ἡ λόγχη ποὺ κοκκίνισε στὸ αἷμα τῆς δύσης καὶ φρουρεῖ τὸ Ἀόρατο

ἀπ᾿ τὴν ἄρνηση καὶ τὴν εἰρωνεία. 




Εἶμαι στὶς γιορτὲς τοῦ τοπίου τὸ μαῦρο ράσο ποὺ δὲν τελείωσεν ἀκόμα

τὴ δοκιμασία του. 




Εἶμαι τὸ καμπαναριὸ στὸ ναὸ τοῦ πόνου καὶ γιὰ τὶς ψυχὲς ποὺ ἔχουν σκοπὸ

σημαίνει τοὺς ὄρθρους καὶ τοὺς ἑσπερινοὺς ἡ σιωπή μου.






静かな魂から祈禱の一節が立ち昇る、そんなことを信奉している、
樹なのです、私は。 

日没の血に赤く染まり、否認や皮肉からアオラトを守っている、
槍なのです、私は。 

? 

目的のある魂と苦しみの神殿に立ち、私の沈黙で早祷と晩祷を鳴らす、
鐘楼なのです、私は。  








アオラト Ἀόρατο は、ニカイア信条のことのようなのですが?  
ἀόρατος - Βικιλεξικό 
posted by kyotakaba at 22:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月26日

Ο πλάτανος

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ Ζαχαρίας Παπαντωνίου、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。でも、とても難しい。 


Ο πλάτανος   プラタナス


Ἐνῶ σάλευε ἀκόμα τὴ δύναμή του ὁ πλάτανος καὶ τὸ πράσινό του ἦταν σὰν καμπάνα τῆς χαρᾶς, ποὺ χτυπᾶ στὸ διάστημα, τὰ στρογγυλὰ σύννεφα τοῦ φθινοπώρου ὑψώθηκαν ἀκίνητα στὸν ὁρίζοντα - καὶ τὸν κοίταξαν.

Τότε ἄρχισε νά ἑτοιμάζεται γιὰ τὸ θάνατο.

Τὰ πρῶτα φύλλα του, ποὺ κιτρίνισαν, σὰ μάτια ποὺ ἄνοιξαν στὸ φῶς τῆς ἀλήθειας, εἶδαν τὸ ἄπειρο, ποὺ τὸν περίμενε - κι ὁ πλάτανος ἀνατρίχιασε στὴ σκέψη, πὼς θὰ γνωρίση τὸ σκοπό του.
Ἀπ’ τὸ ρυάκι, ποὺ τὸν ποτίζει, δὲν παίρνει πλέον τίποτε ὑλικό. Ἀκούει μονάχα τὸ τραγούδι τοῦ νεροῦ στὸ φεγγάρι.


Λίγο λίγο κιτρίνιζε. Λίγο λίγο ἔφταναν στὰ κλαριά του χρυσοὶ στοχασμοί. Ὥσπου μιὰ μέρα κρατώντας ὁλάκερο τὸ θησαυρό του, ἄστραψε μὲς στὸ σκοτεινὸ Δεκέμβρη κι ἔστησε μὲς στὸ πάρκο τὸ χρυσὸ πολυέλαιο τοῦ μαρασμοῦ του ἀκίνητο.Οὔτε ἕνα φύλλο δὲν τοῦ ἔμεινε πράσινο - τίποτε πιὰ δὲν τοῦ θυμίζει τὸν κόσμο.

Σὰν ἄγγιξε ἔτσι τὴν τελειότητα, ἔριξε τὸ πρῶτο του μαραμένο φύλλο - μήνυμα, πὼς εἶν’ ἕτοιμος.

Καὶ τ’ ἄλλα φύλλα, βλέποντας ἐκεῖνο μὲ ποιά γαλήνη ξεκίνησε, φρόντισαν νὰ πεθάνουν σύμφωνα μὲ τὴν ἐνθύμησή του. Δίχως τὴ βοήθεια τοῦ ἀνέμου, ἀποχαιρετώντας τὸ κλαδὶ καὶ σταματώντας γιὰ μιὰ στιγμὴ στὸν ἀέρα, σὰν πουλί, ποὺ ζυγιάζει τὰ φτερά του, ἔπεφταν μὲ κίνημα ἄξιο τῶν ψυχῶν, ποὺ γνώρισαν τὸ Μοιραῖο καὶ δὲν ἔχουν γελαστῆ.




辺りに響く喜びの鐘の様な緑の、そして、まだ盛りの、プラタナスが揺れているのだけれど、秋の丸いいくつもの雲は、地平線の上に高く上がり動かない、そして、プラタナスを見詰めている。

それから、プラタナスは、死の準備を始めた。 

魁けて黄色になりだす葉、まるで、真実の光に開いた瞳のよう、その瞳は無限を見ている、自分を待ち構えている無限を見ている、そして、プラタナスは、無限がどうやって自分の意志を知るのだろうかと考えて、身震いをした。プラタナスを潤していた小川から、もう、何も得られない。月の上で、水の歌が聞こえるだけだ。 

少しずつ、少しずつ黄色くなる。少しずつ少しずつ枝々に黄金の思いが行き渡る。そして遂に、ある日、プラタナスの丸い樹冠はすべて金に捉われて、暗い十二月、公園の中で、枯れた樹は不動の金の燭台として直立し、輝き出す。緑のままの葉は一枚もない、もうプラタナスは、緑を思い出しもしない。 

そして、完成したかのように、プラタナスは、最初の枯葉を落とす、それは、準備が出来たと言う、知らせ。 

他の葉は、その最初の葉が静かに旅立つのを見て、その面影に重なって死ぬ様に合わせようとする。風の助けもなしに、枝に別れを告げて、ほんの一瞬を空に留まる、その様子は、翼で均衡を取る鳥の様、そして、落ちて行く、その様子は、死を知り笑うことのなかった蝶がする動きの様。  


posted by kyotakaba at 18:42| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月25日

Ο ύπνος της βαρκούλας

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。でも、とても難しい。 

Ο ύπνος της βαρκούλας  小舟での眠り 

Αγεράκι τα φτερά σου για λίγο κόψε...

Φόβον έχω το γιαλό μην ανασάνει,

τι εδώ πα στο φεγγαρόλουστο λιμάνι

μια βαρκούλα αποκοιμήθηκεν απόψε.
 



Λαγαρή και φωτερή η θωριά της πέφτει

στων νερών τον ολοκάθαρο καθρέφτη

και θαρρείς πως είδεν όνειρο η καϋμένη

από ανέμους κι από κύμα αποσταμένη.
 



Να γελούν οι φαντασίες εμάς μονάχα!

Νά που αράζει σε νησάκια διαμαντένια,

σε ουρανούς φωτοχυμένους λάμνει ― τάχα.

Μην ξυπνήσει απ’ το ταξίδι έχω έννια...
 


Κόσμε, αλάργευε από δω, λεφούσι, πέρνα.

Μην ταράξεις το υπνοφάντασμα, διαβάτη.

Στων νεράιδων τη σπηλιά κοιμήσου, μπάτη,

πίνε ακόμα συ, βαρκάρη, στην ταβέρνα!






風よ、すこしの間、おまえの翼をやすませてお呉れ…、 
わたしは、渚が一息つけないのではと心配しているのだ。 
月明かりの港に、おまえが置いたのは、 
昨日の夜、うたた寝をした、一艘の小舟。 

港の清々しく明るい風景が 
曇りのない水の鏡に落ちている。 
カイメニーの花が、風と波に疲れて、
どんな夢を見ると、おまえは思うのだろうか。 

わたしたちの幻想を、笑うのにまかせよう、それだけだ! 
見るがいい、小舟はダイヤモンドを鏤めた小島に停まる、
小舟は光が降り注ぐ空を漕いで行く。 まるでそう見える。 
この夢の旅から目覚めさせないでお呉れ、わたしは、九つの… 

世界よ、ここから遠ざかって行くんだ、人々よ、通り過ぎろ。 
通行人よ、夢に見る幻想を掻き乱すな。 
妖精の洞窟で眠るのだ、潮風よ。
それから、小舟よ、おまえは、タベルナでまた飲むのだ。   



死後、アンソロジーに入れられた詩の様で、書かれた年月は分かりません。
posted by kyotakaba at 15:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月24日

エティオピア物語 第七巻 29-2

μόλις έπεσε το βράδυ, κατάφερε να πάρει κρυφά ένα αρμενικό άλογο απ’ αυτά που φυλάγονταν στο στάβλο γιά να ιππεύει ο σατράπης στις πομπές και στις πανηγύρεις και όρμησε καλπάζοντας πρός τον Οροονδάτη που τότε βρισκόταν στη Μεγάλη Θήβα και συγκέντρωνε πολεμικό υλικό και κάθε είδους στρατιώτες για την εκστρατεία που ετοίμαζε κατά των Αιθιόπων και ήδη ήταν έτοιμος να εξορμήσει.





 その考えとは、夜になると直ぐに、太守が行進や祝典で騎乗するために馬小屋にたくさん置かれているアルメニア馬の一頭をどうにかしてこっそりととって、全力疾走でオロンダティスの元へ駆けつける、と言うものだったのです。オロンダティスは、その時、大都市テーベに居たのです。そこで、遠征のための軍事物資とあらゆる種類の兵士を集めていたのです。オロンダティスは、エチオピアに対しての遠征を準備していたのでした。そして、もう、出撃の準備は出来ていたのです。  



第七巻 終わり
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月23日

エティオピア物語 第七巻 29-1

  Έτσι μίλησε και, έξαλλος από οργή και ζήλια και έρωτα και απογοήτευση ― αισθήματα ικανά να ταράξουν οποιονδήποτε άνθρωπο, πόσο μάλλον έναν βάρβαρο ―, υιοθέτησε χωρίς δεύτερη σκέψη την πρώτη ιδέα που του ήλθε στο μυαλό :





 アヘメニスはこう言ったのですが、怒りと嫉妬と恋心と失望で我を忘れていたのですが、その様な感情はどんな人でも動揺させるのに、アヘメニスは野蛮人であったので尚更動揺していました。それだから、自分の頭に最初に浮かんだ考えを、再考することもなく、選び取ったのです。
posted by kyotakaba at 11:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月21日

Θεόδωρος Κουρεντζής

 Θεόδωρος Κουρεντζής、テオドール・クルレンツィス、1972年2月24日、アテネ生まれ、オーケストラの指揮者。ロシアで、ロシアのピリオッド・楽器を使っての演奏をする、MusicAeterna ムジカ・エテルナと活動している。 

Teodor Currentzis | Official website for Teodor Currentzis 

ムジカ・エテルナは、ペルミ国立歌劇場の座付きオーケストラ。ペルミ Пермь は、ウラル山脈の西側の麓の都市。
Main page − Perm Opera and Ballet Theatre
posted by kyotakaba at 11:48| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月19日

έσυρε τη βραχνή μοιρολογήτρα φωνή

 カザンザキスの『旅行記』、次の部分は、私には意味が分からない。 

Περιφέρουμαι γύρα από το σκοτάδι του ναού, άγγίζω τα σκαλοπάτια όπου χόρεψε η Σιζούκα μπροστά από τον Γιοριτόμο κι έσυρε τη βραχνή μοιρολογήτρα φωνή. Αίματα, έρωτας, απανθρωπιά και στέρεος, ανήλεος σκοπός να δημιουργηθεί ένας νέος τύπος ανθρώπου που να μη φοβάται το θάνατο.  

 鎌倉の白旗神社( だと思う )を訪れた場面。


 私は、神殿の暗闇の中を逍遙した。階に触った。そこは、シズウカがギィオリトオモの前で踊り、死者を悼む嗄れた声を長々と流した所だ。血、愛、無情。その厳しく冷酷な目的は、死を恐れない人間の神域を創ることである。 

と、訳したのだけれど。
έσυρε τη βραχνή μοιρολογήτρα φωνή の文も分からない。観覧者の男たちの声を「引き出した」のか、静御前の歌声が、嗄れ声で長々と延ばされているのか、どちらか判別が付かない。それ以外の意味なのかも。
その後の文章は、まったく分からない。
Αίματα, έρωτας, απανθρωπιά は主格。στέρεος, ανήλεος σκοπός も主格。ただ、και で繋がれる、この前者と後者の関係は分からない。それから、後者は、 να 節が続くのだけれど、その節の中の ένας νέος τύπος も主格であって、動詞 δημιουργηθεί の主格の様に見えるのだけれど、それだと対格が何なのかが分からない。
posted by kyotakaba at 08:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月18日

エティオピア物語 第七巻 28-6

  Μνηστή ονομάζει την αδελφή του ο κύριος λές και δεν καταλαβαίνουμε ότι το κάνει μόνο και μόνο για να την απομακρύνει από μένα・ άν βέβαια την αγκάλιαζε, άν τη φιλούσε, όπως κάνουν όλοι, και κυρίως άν πλάγιαζε μαζί της, θα ήταν σαφής απόδειξη ότι δεν είναι αδελφή αλλά μνηστή του. Έννοια σου, θα φροντίσω εγώ γι’ αυτά, θα φροντίσουν και οι θεοί και οι όρκοι που αθετήθηκαν ≫.




 「あの男は、自分の妹を婚約者だと称しているのです。まるで、ハリクレアを私から離すのには、ただそのように言えばいいのだ、と私たちが気が付かないでいるかの様ですよ。もし、あの男が、ハリクレアを抱きしめて、他の誰もがするように、彼女にキスしたとしたら、特に、彼女と一緒に寝たとしたら、妹ではなく婚約者だと言う、確かな証拠になるでしょうけれどね。見ていて下さい、私は注意しています。神々と破られた誓いの言葉が良い様にするでしょう。」
posted by kyotakaba at 13:20| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月17日

エティオピア物語 第七巻 28-5

  Στα λόγια της αυτά ο Αχαιμένης στέναξε βαθιά και, σφίγγοντας τις γροθιές του, ≪ εγώ ≫, είπε, ≪ πικρό γάμο θα ετοιμάσω για όλους τους μόνο προσπάθησε ν’ αναβληθεί ο γάμος όσο διάστημα χρειαστεί・ άν στο μεταξύ με ζητήσει κανείς, πές πώς βρίσκομαι στην εξοχή χτυπημένος από κάποιο πέσιμο.





 その言葉を聞いて、アヘメニスは、深い溜め息を吐きました。そして、両の拳を握りしめてこう言いました。「私は、あの人たち皆んなのために、その苦々しい結婚の準備をしましょう。ただ、必要なだけその結婚が遅れる様に努力します。その内、誰かが私を尋ねたら、母さん、この驚天動地の出来事に打ちのめされて田舎に居ると、言って下さい。」
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月16日

エティオピア物語 第七巻 28-4

  ≪ Άχ, μητέρα, στ’ αλήθεια του υποσχέθηκε κάτι τέτοιο; ≫ ≪ Του το υποσχέθηκε, παιδάκι μου ≫, αποκρίθηκε η Κυβέλη, ≪ ήμουν εκεί, τ’ άκουσα με τ’ αυτιά μου・ σε λίγες μέρες θα οργανώσει το λαμπρό συμπόσιο των γάμων τους・ όσο για σένα, υποσχέθηκε πώς θα σου δώσει άλλη γυναίκα ≫.  





 「ええっ、母さん、あの方は、あの男に何か約束をしたのですか?」 キベリーは答えました。「お前、私はそこに居てこの自分の耳で聴いたんだよ、ご主人様は、数日の内に、あの者たちの結婚の華やかな饗宴を催されるのだよ。お前についてはね、他の娘をお前に与えると約束されたんだ。」
posted by kyotakaba at 10:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月11日

Μια νύχτα στον σιδηρόδρομο του γαλαξία

 『 Μια νύχτα στον σιδηρόδρομο του γαλαξία 』。宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』のギリシャ語訳。2001年に、Μαρία Αργυράκη の翻訳で、Ολκός 社から出版されています。入手出来るかどうかは分かりません。

.:BiblioNet : Μια νύχτα στον σιδηρόδρομο του γαλαξία / Mijazawa, Kenji 

同じ訳者で、1999年に、『 Το άστρο του νυχτογέρακου 』も出版されています。『よたかの星』。

 Μαρία Αργυράκη は、村上春樹の『 1Q84 』を訳してます。  


出版社のホームページ: olkos.gr - Η Εταιρεία 

posted by kyotakaba at 17:21| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 28-3

  φταίμε που προτιμήσαμε εκείνην από την ασφάλειά μας και προτάξαμε τη δική της επιθυμία από τη σωτηρία μας και κάμαμε τα πάντα για την ευχαρίστησή της. Κι έφτασε μιά φορά να μπεί στην κάμαρά της ο κύριος αυτός και, μόνο με το που παρουσιάστηκε μπροστά της, την έπεισε να παραβεί τους όρκους της σε σένα και να του τάξει για γυναίκα τη Χαρίκλεια που, κατά τα λεγόμενά του, δεν είναι αδελφή αλλά μνηστή του ≫.  





 「自分たちの身の安全よりあの人を選んだのは、それに、自分たちの保障よりもあの人の欲求を選んだのは、そして、あの人の喜びの為にわたしたちが何でもしたのは、間違いだったんだよ。そして、とうとう、あの男が、あの人の部屋に入って来たんだけれど、一人であの人の前に現れて、お前との誓いを破り、そして、ハリクレアをあの男に与える様に説き伏せたんだ。あの男の言うのには、ハリクレアは、妹ではなくて、婚約者なのだそうな。」
posted by kyotakaba at 12:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月10日

エティオピア物語 第七巻 28-2

  Και η Κυβέλη ≪ ποιά μνηστή, παιδί μου; Έχω την αίσθηση ότι αγανακτείς για τα μικρότερα από τα κακα που σου συμβαίνουν επειδή δεν ξέρεις τα μεγαλύτερα. Δεν πρόκειται να παντρευτείς τη Χαρίκλεια ≫. ≪ Τί είν’ αυτά που λές; ≫ φώναξε ο Αχαιμένης. ≪ Δεν είμαι άξιος να παντρευτώ μιά σκλάβα σάν και μένα; Γιατί, μητέρα; ≫ ≪ Εμείς φταίμε ≫, απάντησε εκείνη, ≪ φταίμε που τόσο πιστά την υπηρετήσαμε στις παρανομίες της・





 すると、キベリーは、「お前、どの婚約者なのかい? どうも、お前は、お前に起こった災難のうちの一番些細なことに苦しんでいる様に、私には思えるよ。そうして、お前は、一番重要な災難を知らない様に思える。お前はハリクレアとは結婚しないのだよ。」と。アヘメニスは叫びました。「母さん、何と言ったのです? 私は婢を嫁にする資格がないと言われるのですか? 私と同じ召使いなのに。何故なのですか、母さん。」 キベリーはこう答えました。「ご主人様の悪事にわたしたちがあれ程忠実にお使えしたのは、間違いだったんだよ。」
posted by kyotakaba at 11:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月09日

エティオピア物語 第七巻 28-1

  Αλλά γι’ αυτά, μητέρα, θα ξαναμιλήσουμε, τώρα όμως θα ήθελα να δώ τη μνηστή μου, τη γλυκύτατη Χαρίκλεια που είναι τα πάντα για μένα, μήπως και η θέα της μπορέσει να γιατρέψει την πληγή της ψυχής μου ≫.  





 「けれど、それについては、また話しましょう。それよりも今は、私は、婚約者に会いたいのです。とてもかわいいハリクレアです、彼女は私のすべてなのです、たぶん、ハリクレアを見ることが、私の魂の傷を癒してくれるでしょう。」
posted by kyotakaba at 11:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月07日

Πρώτες Λέξεις

 Σωκράτης Μάλαμας ソクラーティス・マーラマスと Νατάσσα Μποφίλιου ナターシャ・ボフィリウのデュオ・アルバム『 Πρώτες Λέξεις 』。 

iTunes - Music - Protes Lekseis by Sokratis Malamas & Natassa Bofiliou 

Feelgood Records | Facebook 



posted by kyotakaba at 12:41| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ

 ギリシャの映画ではないけれど、マリア・カラスのパリ・デビューのコンサートフィルム。

「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」 

posted by kyotakaba at 12:35| Comment(2) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月06日

Songs of Thessaloniki

 サヴィナ・ヤナトゥが、ECMから新しいアルバムをリリースしました。タイトルは、『 Songs of Thessaloniki 』。
ECM 2398

Project - Savina Yannatou & Primavera en Salonico - Music of Thessaloniki - ECM 2398 - ECM Records 

posted by kyotakaba at 16:24| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月05日

Χρηστικό λεξικό της νεοελληνικής γλώσσας

 『 Χρηστικό λεξικό της νεοελληνικής γλώσσας 』
現代ギリシャ語の使いやすい辞書 
アテネ・アカデミア 

.:BiblioNet : Χρηστικό λεξικό της νεοελληνικής γλώσσας / 

ΑΚΑΔΗΜΙΑ ΑΘΗΝΩΝ
posted by kyotakaba at 17:52| Comment(0) | 現代ギリシャ語辞書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第七巻 27-8

  Και βέβαια το να τον τιμάει, το να του εμπιστεύεται τα πιό μεγάλα και τα πιό απόρρητα ― εφόσον βέβαια εμείς συμπράττουμε με τη σιωπή μας, και φταίμε γι’ αυτό ― είναι όντως κακό, αλλά όχι το μεγαλύτερο・ θα μπορούσε όμως να τα κάνει όλ’ αυτά χωρίς να προσβάλλει εμάς, τους συνεργούς και υπηρέτες της σε τόσο ωραίες πράξεις.  





 「王室のお方が、この男を重宝すること、この男により重要なより秘密にしておかなければならないことを任せること、私たちが沈黙を守って働き、責任を負っているものなのですよ、それをこの男に任せるのは、それが一番重要なものでないにせよ、絶対に、良くないのです。けれども、この男は、私たち、同僚やご主人様の召使たちの気持ちを傷つけることなく、あれ程の素晴らしい働きをすることが出来る筈です。」 




συμπράττω : συνεργάζομαι
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月04日

エティオピア物語 第七巻 27-7

  Κι εκείνος ≪ αυτό το ξένο παιδαρέλι ≫, είπε, ≪ το προτιμούν από μένα・ μόλις χτές τρύπωσε στο παλάτι και τον έκαμαν κιόλας οινοχόο・ όλους εμάς τους αρχιτρίκλινους και αρχιοινοχόους μάς γράφει στα παλιά του τα παπούτσια και τείνει το ποτήρι και παραστέκει το βασιλικό πρόσωπο παραγκωνίζοντας εμένα και αφήνοντάς μου μόνο το όνομα του αξιώματός μου.





 アヘメニスはこう言いました。「この外国のお坊ちゃんですよ、私よりも皆に好かれるのです。昨日、宮廷に入り込んだばかりなのに、もう、お坊ちゃんを宮廷酌人にしているのです。そして、このお坊ちゃんは、執事頭も宮廷酌人頭も歯牙にもかけず、杯に手を伸ばすのです。王室のお方も味方して、私の官位を名目だけのものにして、私を無視するのです。」 





αρχιτρίκλινος : ο συμποσίαρχος

γράφω στα παλιά μου τα παπούτσια : αγνοώ  



このアヘメニスの台詞は分かりません。
προτιμούν、έκαμαν は三人称複数の動詞なのですが、主格が何か分かりません。 
προτιμούν の対格は το で中性の弱格代名詞、έκαμαν は τον で男性代名詞、違うのですけれど、
先の το は、το ξένο παιδαρέλι で、テアゲニスのことで、 
後の τον は、Θεαγένης テアゲニス、なので、同じなのだと思います。 

γράφει と τείνει の主格は、テアゲニス、
παραστέκει の主格は、το βασιλικό πρόσωπο で、アルサキなのだと思います。
posted by kyotakaba at 17:31| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月03日

エティオピア物語 第七巻 27-6

  Τέτοια και άλλα παρόμοια έλεγε εκείνος κι ο Θεαγένης, χωρίς κάν να δείχνει ότι τον άκουγε, τον προσπερνούσε με σκυμμένο το κεφάλι ώς τη στιγμή που τους συνάντησε η Κυβέλη που πήγαινε βιαστική να ετοιμάσει την κυρά της για τον μεσημεριανό ύπνο. Κι επειδή είδε το γιο της σκυθρωπό, ρώτησε την αιτία.





 あれやこれや似た様なことを、アヘメニスは言いました。けれど、テアゲニスは、アヘメニスの言うことを聞いているふりさえも示さずに、頭を傾げてアヘメニスを置いて先に進んでいたのですが、その時、主人の昼寝の準備に急いでいたキベリーが二人に出会ったのです。そして、自分の息子が顰めっ面をしているのを見ると、理由を尋ねたのです。
posted by kyotakaba at 12:10| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年03月02日

エティオピア物語 第七巻 27-5

  Μαζί του βγήκε και ο Αχαιμένης που δεν σταματούσε να τον κατακρίνει για την προπέτειά του λέγοντας ότι η προχειρότητά του ήταν παιδαριώδης και ότι η δέσποινα για πρώτη φορά παρέβλεψε τα λάθη του ως ξένου και άπειρου, άν όμως επέμενε να κάνει βλακείες, δεν θα του έβγαινε σε καλό・ και πρόσθετε ότι τις συμβουλές αυτές του τις έδινε ως φίλος ή μάλλον ως μελλοντός συγγενής, εφόσον, κατά την υπόσχεση της δέσποινας, θα γινόταν σε λίγο άνδρας της αδελφής του.





 テアゲニスと一緒に、アヘメニスも外に出たのです。アヘメニスは、テアゲニスの無礼を批難することを止めませんでした。テアゲニスが普段着でいるのは幼稚であるとか、奥様は最初はテアゲニスの間違いを外国人で未経験だから大目に見られるのだけれど、愚かしいことをどうしてもし続けるのなら、上手くはいかないだろう、とか言ったのです。それから、今は奥様の召使いだけれど、直ぐにも自分はテアゲニスの妹の夫になるのだから、友人としてと言うよりはむしろ未来の親戚としてこれらの助言をテアゲニスにしたのだ、と付け加えました。 





του βγήκε σε καλό :   
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Πιτακωτός

 カザンザキスの『旅行記』で使われていた語、πιτακωτός 。

辞書では探せませんでした。Live-Pedia.gr には、項目がありました。
πλακουτσωμένος と。それも、カザンザキスの用例。
けれども、その πλακουτσωμένος も意味が分からないので。
つぶれて平たい、と言う様な意味なのかと思うのですが。  

使われていた文章: すき焼きを食べる描写: 
Σπάσαμε σ' ένα μικρό κεσέ ένα αυγό και το χτυπήσαμε. Σκυμμένοι απάνω στο σαγάνι παρακολουθούσαμε το ψήσιμο. Ευτύς ως ένα κομμάτι κρέας ψήνουνταν, το πιάναμε με τις δυό ξύλινες μπαγκέτες και το βουτούσαμε στο χτυπημένο αυγό και το τρώγαμε. Παίρναμε ύστερα το πιτακωτό πορσελένιο μποτιλάκι με το χλιαρό σακέ και γιομώναμε τα μικροσκοπικά φλιτζανάκια...  
小さなケセの中で卵を一つ割り、掻き混ぜる。フライパンの上に身を屈めて、料理が焼けるのをずっと見ている。それから、肉の一切れが焼けると、二本の木製の撥でそれを取り上げ、掻き混ぜた卵の中に浸す、そして、それを食べるのだ。それから、生温い「サケ」の入った底の平らな磁器のボトルを手に取り、極めて小さなカップに「サケ」を満たせて…、
posted by kyotakaba at 08:59| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする