2015年04月30日

『撰集抄』の讚州白峰 2-3

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「讚州白峰」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか?? 




鐘の音が聞こえる立派な寺院も、祈りを捧げる僧侶もいない。ただ、松の枝が風に鳴り、鳥の声が聞こえるだけ。 




Δεν ανεγειρόταν κανείς ωραίος ναός. Έτσι, δεν άκουγε η καμπάνα και δεν βρισκόταν κανείς μοναχός που προσευχόταν. Μόνο οι κλάδοι ηχούσαν από τον αέρα, και άκουγαν οι φωνές των πουλιών.  

posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月29日

『撰集抄』の讚州白峰 2-2

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「讚州白峰」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  



それに、春には花の宴を開き、秋には月の宴を開かれた。それなのに、争いが起こって、遂には、このような辺地の山の中で亡くなられた。



Και στη άνοιξη προέδρευε τα συμπόσια για τα λουλούδια, επιπλέον στο φθινόπωρο είχε τα επίσημα δείπνα για να θαυμάσουν την σελήνη. Αλλά η μάχη ξέσπασε και στο τέλος ο αυτοκράτορας πέθανε εδώ μέσα στο έρημο βουνό που τόσο μακριά από την πρωτεύουσα.
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο αέρας μυρίζει άνοιξη.

 単語ではなくて、句だけど。オックスフォード・ラーンナーズにあったので。

Ο αέρας μυρίζει άνοιξη. 

辞書には、Spring is in the air. と。

Ο αέρας μυρίζει άνοιξη. は、風は春の香りがする。の意味だけど。
「春めいて来た。」という表現なのだと。
posted by kyotakaba at 13:51| Comment(0) | 単語メモ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月28日

エティオピア物語 第八巻 1-2

  Η πόλη Φίλες είναι χτισμένη στις όχθες του Νείλου, λίγο πιό πάνω από τους μικρότερους καταρράχτες και απέχει περίπου εκατό στάδια από τη Συήνη και την Ελεφαντίνη・ κάποιοι Αιγύπτιοι εξόριστοι την είχαν άλλοτε καταλάβει και την εποίκησαν κι από τότε άρχισε η διαμάχη μεταξύ Αίθιόπων και Αιγυπτίων : οι μεν Αιθίοπες θεωρούσαν σύνορο της Αιθιοπίας τους καταρράχτες, ενώ οι Αιγύπτιοι ισχυρίζονταν ότι τους ανήκει ως κατακτημένη και η πόλη των Φιλών εξαιτίας του παλαιού εκείνου εποικισμού της από Αιγύπτιους εξορίστους.





 フィラの都市は、ナイル河の岸辺に建てられていました。幾つもの小さな滝のあるところから直ぐ上流にあるのです。シイニーとエレファンディニから凡そ百スタディオン[ 約2キロ ]離れています。エジプトから追放された者たち何人かが嘗てそこを占拠したのです。そして、そこを開拓し移住したのです。その時から、エティオピアとエジプトとの間の争いが始まったのです。エティオピアの人々は、滝をエティオピアの境界だと看做していたのです。一方のエジプトの人々は、エジプトからの追放された者たちによって開拓された古くからの土地なのだからフィラの都市と占領地はエジプトに属するのだ、と主張しているのです。
posted by kyotakaba at 12:47| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月27日

エティオピア物語 第八巻 1-1

  Εκείνο τον καιρό ο βασιλιάς των Αιθιόπων, εξαπατώντας με κάποιο τέχνασμα τον Οροονδάτη, είχε κατορθώσει να γίνει κύριος του ενός από τα δύο έπαθλα του πολέμου κατακτώντας αιφνιδιαστικά τις Φίλες ― μιά πόλη που ήταν πάντα διαφιλονικούμενη ― και είχε φέρει σε πολύ δύσκολη θέση το σατράπη που αναγκάστηκε να επιχειρήσει κατεπειγόντως μιά αυτοσχέδια σε πολλά σημεία της εκστρατεία.





 その時、エティオピアの王は、ある策略でオロンダティスを騙して、奇襲攻撃でフィラを攻略して、戦いの二つの争点の内の一つの主人になることに成功していたのでした。フィラは、常に争いの焦点になる都市なのです。王は、太守を非常に難しい状況に追い遣ったのです。太守オロンダティスは、遠征隊のほとんどで、至急に間に合わせの隊を作らなければならなくなったのです。


Διαφιλονικώ : διεκδικώ κάτι, αγωνίζομαι για ν' αποκτήσω ή να κρατήσω κάτι

Αυτοσχέδιος : αυτός που γίνεται χωρίς προηγούμενο σχέδιο, ο πρόχειρος, ο αυτοσχεδίαστος

posted by kyotakaba at 13:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月23日

『撰集抄』の讚州白峰 2-1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「讚州白峰」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??   




 都では、宮殿の豪華な寝室で休み、百人の召使いに傅ずかれ、幸せに暮らしておられた。万機を総覧された。 





  Στην πρωτεύουσα, στο ανάκτορο ο Σούτοκου ξεκουραζόταν στην πλούσια κρεβατοκάμαρα. Και οι υπηρέτηδες υπηρέτες των εκατών του υπηρετούσαν. Έτσι αυτός ζούσε ευτυχώς και επισκοπούσε τα πάντα.   



Στην πρωτεύουσα ο Σούτοκου ξεκουραζόταν στην πλούσια κρεβατοκάμαρα στο ανάκτορο.
のとろろ、 
Στην πρωτεύουσα, στο ανάκτοροο Σούτοκου ξεκουραζόταν στην πλούσια κρεβατοκάμαρα.  
に訂正しました。
posted by kyotakaba at 14:24| Comment(2) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月22日

『撰集抄』の讚州白峰 1

 αでしている、『撰集抄』のギリシャ語訳。と言っても、『撰集抄』を元にして、お伽噺風に簡単な話しに変えてですが。
 その「讚州白峰」を、少しだけ。 ちゃんと、現代ギリシャ語になっているでしょうか??  




 四国に行った。白峰と言う山に登った。松の林があった。その側に、簡単な柵で囲ったところがあった。
 崇徳帝の墓だった。   





  Επισκέφτηκα το Σικοκού. Και ανέβηκα στο βουνό που λένε Σιρμίνε. Βρέθηκε ένα άλσος του πεύκου. Δίπλα στο άλσος, υπήρξε ένας περίβλος με λίτο φράχτη. Ήταν ο τάφος του αυτοκράτορα Σούτοκου.  

posted by kyotakaba at 14:01| Comment(0) | ギリシャ語表現練習帳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月21日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 7

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、七段落目: 





  Ποιός εἶναι ὁ ἐξαίσιος τεχνίτης τέτοιων ἄκρων; Εἶναι, ὅπως νομίζεται, ὁ Πυθαγόρας ἐκ Ρηγίου, ποὺ ἔκαμε τὸ ἔργο; Ἦταν Ἀθηναῖος ἢ χαλκοπλάστης τῆς Αἰγίνης; Ἴσως αὐτὸ θὰ μείνη ἄγνωστο. Ἀλλὰ θὰ ξέρωμε πάντοτε, πὼς καὶ τὸ ἔργο τοῦτο τὸ ἔδωσε ἡ ἀόριστη ἐποχή, ποὺ εἶναι τέλος τοῦ ἀρχαϊσμοῦ, ἡ στιγμὴ ποὺ προαισθάνεται τὸ Φειδία. ῞Οπως τὸ δέντρο, ὅταν νιώθη τὴν παρακμή του, πετᾶ ὁρμητικὴ καὶ ἄφθονη ἂνθηση, ἡ ἀρχαϊκὴ τέχνη ἑτοίμασε τὸν ἀποχαιρετισμό της σὲ λίγα ἔργα, στὰ ὁποῖα τὰ ἀρχαϊκὰ στοιχεῖα συγκεντρώθηκαν κι ἔδωσαν τὸ ἀπροχώρητο τοῦ θελγήτρου τους, ἀφήνοντας στὴν ψυχὴ τῶν φίλων τῆς τέχνης συναίσθημα, ποὺ ἂν δὲν εἶναι θαυμασμὸς εἶναι χαρμόσυνη ταραχὴ κι εὐδαιμονία.   





 この四肢の優れた職人は誰なのでしょう? 今そう看做されている様に、リーヨのピタゴラスなのでしょうか、ピタゴラスが作品を作ったのでしょうか? アテネ人なのか、あるいは、エギナの銅職人なのでしょうか? おそらくは、それは不明のままに置かれるのでしょう。けれども、時期は曖昧のままだけれど、フェイデアス[ ペイディアス ]を予感させる古代の終わりの瞬間が、この作品を生んだのだと言うことは、私たちは間違いなく分かっているのです。自らの衰えに打ち克った樹木が勢いよく有り余る程に花を吹き出す様に、前古典的特徴が凝縮している幾つかの作品に於いて、前古典期の技術は、自らの告別を用意していたのです。そして、魂が技術を好む、驚異的でない限り喜び返りも至福を感じさせもしないと言う感性はそのままに、前古典期の魅力は限界を迎えていたのです。    

おわり



 上の様に訳しましたけれど、実際は分かりません。何方かご教示下さると助かります。
posted by kyotakaba at 13:48| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月17日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 6

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、六段落目: 





  Εἶναι νιάτα στὴν ἀρχαία γλυπτική, ποὺ δείχνουν τὸ χάδι τοῦ φωτὸς ἐπάνω τους. Εἶναι νιάτα μὲ τὴ σταθερὴ γραμμή τους, ποὺ δοξάζουν τὴν παλαίστρα καὶ τὴ δωρικὴ πολιτεία. Μὰ νιὰτα συμπυκνωμένα ἔτσι στὴν αὐστηρότητα μιᾶς λεπτῆς στήλης, τόσο δυνατὰ στὴν ἀκινησία, τόσο δροσερὰ ἔπειτα ἀπὸ τὸ ἄσθμα τῶν ἀγώνων δὲν ξανάγιναν. Ποτὲ ἀπὸ χιτώνα δὲν εἶδαμε βραχίονα νὰ προβάλη τόσο δυνατὸς καὶ γραμμένος. Ποτὲ χέρι σὰν τὸ δεξὶ τοῦ Ἡνιόχου, ποὺ κρατᾶ ἐλαφρὰ τὰ χαλαρὰ ἠνία, δὲν ἔδειξε γραμμὴ τόσο μουσική. 





 それは、自らの上に光の愛撫を受けている、古代彫刻が表す若さなのです。そして、競技場とドーリア式生活を信奉している、確固とした形象を持った若さなのです。細い円柱上の厳格さに集約された若さなのです。不動の中でとても力強く、涼しげになっていて、試合の喘ぎは治まってもう起こらないのです。私たちは、キトンから力強く美しく出た片方の二の腕を見ることができません。弛んだ手綱を柔らく握っている、馭者の右手の様に、音楽的な美しさを見せてないのです。   



 上の様に訳したのですけれど、実はさっぱりわかりません。何方かご教示下さると助かります。
νιάτα は、この馭者の像のことなのか、一般的な若者たちのことなのか、抽象的な若さなのか、分からないのが一つ。後半の Ποτὲ の文章は、実際の像は、左手がないのだけれど、そのことを言っているのだろうか、どうなのだろうか?
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月15日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 5

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、五段落目: 





  ῾Η μία εἶναι ἡ ἀκαμψία του, ποὺ δείχνει τὸ σῶμα ἀπὸ τὴ μέση καὶ κάτω ἴσιο καὶ ἀτάραχο, μὲ τὶς πτυχὲς τοῦ μακρύτατου χιτώνα βαριὲς καὶ ἀτρικύμιστες. Ἡ δεύτερη κίνηση εἶναι τὸ γέρμα τοῦ κορμιοῦ πρὸς τὰ δεξιὰ καὶ ἀκόμα ἐντονώτερα τῆς κεφαλῆς, ἡ ὁποία γέρνει κι αὐτὴ πρὸς τὸ ἴδιο μέρος. Ἡ κεφαλὴ εἶναι βυθισμένη, σ’ ἐλαφρὸ ὄνειρο εὐτυχίας. Ἀκούει τὴ μουσικὴ τοῦ πλήθους. Βλέπει τὸ μεγάλο παλμό του καὶ τὴ γραφικὴ ἀνωμαλία του. Τὸ στόμα του μισανοιγμένο. Τὰ χείλη μικρὰ καὶ σαρκωμένα. Στόμα λουλουδένιο. ῾Η ἴσια μύτη καταλήγει σὲ χαριτωμένο λέπτυσμα. Τὰ ρουθούνια ρουφοῦν ἀπολαυστικὰ τὸν ἀέρα, ποὺ χρειάζεται τὸ κουρασμένο σῶμα. Βλέπεις σ’ αὐτὰ τὸ λαχάνιασμα. Τρέμουν. Τὰ μαλλιὰ περιγραμμένα μὲ θαυμαστὴ λιτότητα, ἀφηνουν τοὺς λιτούς τους βοστρύχους νὰ ξεφεύγουν ἀπὸ τὴν ταινία τῆς νίκης, ποὺ τὰ δένει. Τὰ τόξα τῶν φρυδιῶν γράφουν τὴν καθαρὴ καμπύλη τους ἐπάνω ἀπὸ τὴ λαμπρὴ ματιά. Ἀλλὰ τὰ μάτια! Στὴν ἀσπράδα κάποιου σμάλτου ὁ τεχνίτης ἔμπηξε δυὸ κύκλους διαφορετικῶν μετάλλων μὲ ρεαλισμό*, ποὺ ἂν δὲν μποροῦμε νὰ τὸν συλλάβωμε, τοῦ χρεωστοῦμε τὸ θαυμασμὸ καὶ τὴν εὐγνωμοσύνη μας. Τὸ φῶς βυθίζεται καὶ παίζει σ’ αὐτὰ τὰ πετράδια. Τὰ μάτια χαίρονται καὶ σκέπτονται. Καθρεφτίζουν τὸ θρίαμβο.  





 その一つは、長いキトンの重々しく乱れのない襞で作られている剛直な動きなのですが、それは、腰から下の真直ぐな静かな身体を作っているのです。二つ目の動きは、胴体の右への傾きで、同じ方向へ傾いている頭は、もっと緊張しています。頭は儚い幸福な夢に浸っています。群衆が発する音楽を聴いているのです。大きな鼓動と絵に描いたような困惑を見ているのです。口は半開きです。小さくて肉感的な唇。花の様な口。真直ぐな耳は可愛らしい動物の様になっています。鼻の穴は風から美味しそうに息を吸い込むのですが、それは、疲れた身体に必要なのです。人々は、その鼻に、喘ぎを見るのです。震えているのです。髪の毛は驚く程に簡略に表現されているのですが、髪を束ねている勝利の帯から、その簡略な巻き毛が食み出るままにされています。眉のアーチは、輝く瞳の上にきれいな曲線を描いています。ところが、その瞳はと言えば! 純白の何かエナメルのようなものに、職人が二つの異なった金属の円を嵌め込んでいるのですが、そのリアルな感触については、私たちはそれがどういうものか知ることは出来ないのですけれど、私たちの驚嘆と感謝はそれに負っているのです。光はその宝石に深く差し込んで揺らめいています。瞳は喜ばしげで熟考している様です。大勝利を映しているのです。
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月14日

Σημειώσεις για μια ιδιωτική θεωρία της λογοτεχνίας

 ティトス・パトリキオスの本を出版している Κίχλη ( ツグミの意味 ) の本を見ていると( ホームページはないけれど、Facebook のページはあったので )、きれいな表紙の本があったので、備忘。 

『 Σημειώσεις για μια ιδιωτική θεωρία της λογοτεχνίας 』 
Αχιλλέας Κυριακίδης ( 1946年カイロ生まれ ) 
『文学の個人的理論の為の覚え書き』 

.:BiblioNet : Σημειώσεις για μια ιδιωτική θεωρία της λογοτεχνίας / Κυριακίδης, Αχιλλέας 

Εκδόσεις Κίχλη Kichli Publishing | Facebook 


b201255.jpg
posted by kyotakaba at 23:24| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Ο πειρασμός της νοσταλγίας

 ト・ビーマに、最新の詩集『 Ο πειρασμός της νοσταλγίας ノスタルジアの誘惑 』を出版した、詩人 Τίτος Πατρίκιος ティトス・パトリキオス のインタビューが掲載されていた。
 Τίτος Πατρίκιος ティトス・パトリキオス は、1928年アテネ生まれの86歳。

.:BiblioNet : Ο πειρασμός της νοσταλγίας / Πατρίκιος, Τίτος, 1928- 

posted by kyotakaba at 22:28| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月13日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 4

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、四段落目: 




  Ὁ ῾Ηνίοχος αὐτός, ποὺ ἔδωσε τὴ νίκη, ὑψώνεται χυτός μέσα στὸν ποδήρη χιτώνα του. Οἱ πτυχὲς πέφτουν ἴσιες καὶ βαριές. Πατεῖ καὶ στὰ δυὸ πέλματα. Εἶναι αὐστηρὴ στήλη στημὲνη στὴ δόξα. Οἱ φυσικὲς καὶ ἠθικές του δυνάμεις πειθαρχοῦν. Ἡ στάση του συγκρατεῖ τὸ θρίαμβο. Δὲν τοῦ ἐπιτρέπει καμιὰ κίνηση ἔξω ἀπὸ τὴ γαλήνη καὶ τὴν εὐπρέπεια. Δυὸ κινήσεις σχηματίζουν τὴ δωρικὴ αὐτὴν ἀρμονία. 





 この、勝利を齎した馭者は、長いキトンの中に屹立しています。襞は真直ぐに重々しげに落ちています。二つの足裏で踏みしめています。栄光に立てられた堅牢な柱なのです。馭者の物理上のそして倫理上の力は律されています。その静まりは大勝利を湛えているのです。この静けさ、慎み深さを一歩でも踏み外すことは、馭者には許されていません。二つの動きがドーリア式の調和を作り出しているのです。 
posted by kyotakaba at 13:47| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月11日

Μοναξίας

 アレクサンドロス・パパディアマンティスの『メタナスティス』の中の言葉、「 Μοναξίας 」、それに、この語で始まる文章が分からない。 

― Μοναξίας, ο Θεός να μας φυλάγη, επανέλαβεν η Ανθούσα. Έως πότε θα συλλογίζεσαι και θα κλαίης, θα κλαίης; Ο Θεός είναι ο πατήρ των ορφανών, και δεν θα σ' αφήση να χαθής. Εγώ θα είμαι μαζί σου και εις την ζωήν και εις τον θάνατον. Και φέρουσα τας χείρας επί των οφθαλμών, εξ ών ανέβλυσαν τα δάκρυα, έπεσεν επίστομα εις τα γόνατα της Μαρίνης.  

Μοναξίας は、μοναξία の属格なのだろうか? ς の語尾で呼格と言うことがあるのだろうか? 分からないので、副詞の様に考えてみたのだけれど。
下の様に訳してみた。


 アンスウサは言い換えた。「遠く離れて、神は私たちを見張っているわ。あなたが考え込んでいても、泣いていても、見守っているわ。でも、あなたは泣くでしょうか? 神は、孤児の父なのよ。あなたを迷ったままにしておかないわ。わたしは、生きている時も死ぬ時も、あなたと一緒です。」 そして、手を目の上に持って行った。そこから、両の瞳から涙が溢れて、マリナの膝にしとどに落ちた。
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月10日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 3

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、三段落目: 





  Στὴν ἀκινησία τοῦ ῾Ηνιόχου βλέπομε τὸν φρενιτιώδη ἀγώνα, ποὺ ἔχει προηγηθῆ. Πλούσια ἠρεμία. Εἶναι ἡ στιγμὴ ποὺ ἡ τρικυμία τῶν μυώνων ἡσύχασε. Τὸ σῶμα ἡρεμεῖ. Χαϊδεύεται ἀπὸ τὸ θρίαμβο. Ἦρθε ὁ ρόλος τοῦ πλήθους. Εἶναι ἡ ἀμοιβὴ τοῦ νικητοῦ. ῾Η παρέλαση. Ὁ νικητὴς μετὰ τὸ ἀποτέλεσμα περνᾶ σὲ ἀργὴ περιφορὰ μπροστὰ στὰ πλήθη καὶ δέχεται τὴ χαρμόσυνη βοὴ τῆς ἐπευφημίας, ἀκίνητος ἐπάνω στὸ ἅρμα του, τὸ ὁποῖο ἕνας πεζὸς ὁδηγεῖ κρατώντας τὰ χαλινάρια τῶν ἀλόγων. Ἀπὸ τὸ παιδί, ποὺ παράστησε στὴ θέση τοῦ πεζού γλύπτης, βρεθηκε ἕνα χέρι.  





 馭者の不動の中に、私たちは、熱狂的な試合、昔行われた試合を見るのです。贅沢な静寂です。それは、筋肉の嵐が静まった瞬間なのです。身体は落ち着きを取り戻しています。大勝利でもて栄やされているのです。群衆の番なのです。勝利者への報酬なのです。パレードです。試合の結果が出た後、勝利者はゆっくりとした歩調で群衆の前を通り過ぎると喜ばしい喝采の唸りを受けるのですが、一人の歩兵が馬の手綱をとって導いて行く戦車の上で、不動でいるのです。彫刻家が歩兵のものとして表現した手は、子供の手を見て作られたのです。 


歩兵の手と馬の断片: 
Cherioteer_Fragments : wikipedia
posted by kyotakaba at 14:36| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 2

 ザハリアス・パパンドニオウの「 Ο Ηνίοχος των Δελφών 」のつづき、二段落目:  





  Τοῦ ἡνιόχου τὸ λαμπρὸ μέρος εἶναι τὰ κάτω ἄκρα, ποὺ δὲν ἐπρόκειτο νὰ φανοῦν. Τὰ γυμνὰ πόδια. Χωρὶς νὰ λογαριάση, πὼς θὰ ἦταν κρυμμένα πίσω ἀπὸ τὸ ἅρμα, ὁ τεχνίτης ἔκαμε τὸ καθῆκον του πρὸς τὰ νιάτα. Στήριξε τὴν ὁλόρθη στήλη τοῦ νεανικοῦ αὐτοῦ κορμιοῦ στὸ ὡραιότερο ζευγάρι γυμνῶν ποδιῶν, ποὺ βγῆκαν ποτὲ ἀπὸ τὴν γλυπτικὴ στὴν ἀρχαία Ἑλλάδα καὶ κατόπιν. Τὰ γραμμένα δάχτυλα ξεχωρίζοντας ἕνα ἕνα, ἁπλώνονται στὸ δεξὶ μὲ κάποιο ριπιδωτὸ ἄνοιγμα. Οἱ κόμποι τῶν ἀστραγάλων καθαρὰ πεταγμένοι, τὸ λεπτὸ ἀνέβασμα τῆς κνήμης, τὰ πέλματα, ποὺ πατοῦν ὁλόκληρα καὶ κρατοῦν τὸ σῶμα ἀναπαυμένο καὶ βέβαιο, σχηματίζουν μιὰν ἑνότητα ξεχωριστή, ὅσο κι ἂν τὸ σύνολο ἦταν ἕνα καὶ ἀδιαχώριστο.  





 この馭者の華やかな部分は、見えない筈の下肢です。両足とも裸足です。戦車の後ろで隠れてしまうだろうことを考慮もせずに、職人は、若者に対しての自分の義務を果たしたのです。古代ギリシャの時代でもその後の時代でも、彫像から一歩も踏み出したことのない、最も美しい一組の裸足の上に、若者の真直ぐな胴柱は支えられているのです。指は、一本一本作り出されていて、右足では、ある生物の端の一本だけ離れて開いている扇状の触覚の様に、一本の指が伸び出しています。踝の瘤はきれいに飛び出していて、脛はほっそりと伸び上がっていて、全体的に踏みしめられて身体を安らかにけれどしっかりとさせている足の裏は、恰も全体が一つで不可分なものであるかのように、特別な一貫性を作り出しています。  




「 ριπιδωτὸ 」、flabellate 
flabellate - Wiktionary
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

Ο Ηνίοχος των Δελφών 1

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。

Άρθρα ( 記事 ) でデルフォイの馭者についてのもの。
Ο Ηνίοχος των Δελφών - Βικιθήκη 

792語、七段落の文章。

その一段落目: 

Ο Ηνίοχος των Δελφών

  Ὁ Πολύζαλος, τύραννος τῆς Γέλας, ἀδελφὸς τοῦ Ἱέρωνος τῶν Συρακουσῶν, νικητὴς στὴν ἁρματοδρομία, ἔστησε στοὺς Δελφοὺς ἀνάθημα, ἕνα τέθριππο ἅρμα μὲ ἐπιβάτη τὸν ἴδιο τὸν τύραννο καὶ δίπλα τὸν ἡνίοχό του. Στὰ 373 π. Χ. βράχοι ἀπὸ τίς Φαιδριάδες πέτρες κύλισαν ἐπάνω στὸ ἱερὸ καὶ μαζί μὲ ἄλλα ἀναθήματα ἔκαμαν συντρίμματα τὸ χάλκινο ἀναβάτη, τὸ ἄλογο, τὸ ἅρμα. Σώθηκε ὁ ἡνίοχος. Χάσαμε βέβαια μεγάλο καὶ ἐνδιαφέρον σύμπλεγμα, ἔργο τῶν χαλκοπλαστικῶν ἐργαστηρίων, τὰ ὁποῖα ἔδιναν στὴν ῎Ηλιδα καὶ στοὺς Δελφοὺς τὴν ὑστεροφημία τῶν ἀθλητῶν. ῾Ο νέος ὅμως, ποὺ ἔμεινε ὁλομόναχος, χωρὶς τ’ ἄλογά του, χωρὶς τὸ ἅρμα, ποὺ τὸν ἔκρυβε ὡς τὴ ζώνη, χωρὶς τὸν ἡγεμόνα στὸ πλευρό του, κεντρίζοντας τὴ φαντασία τῶν ἀνθρώπων γιὰ τοὺς συντρόφους του, ποὺ λείπουν καὶ γιὰ τὸ γλύπτη ποὺ εἶναι ἄγνωστος, ἔγινε ἡ πλὲον περίεργη καὶ θελκτικὴ μορφὴ τῆς ἀρχαίας γλυπτικῆς - αὐτῆς ποὺ μᾶς εἶναι γνωστή.   




デルフォイの馭者

 ゲラの僭主であり、シラクセスのヒエロン1世の兄であり、戦車競争の優勝者である、ポリザロスは、自分自身が乗り手で隣りに御者が乗った四頭立て二輪戦車の像をデルフォイに奉納しました。紀元前373年、フィダリアデス岩山の岩が聖域に転落しました。そして、他の奉納品と共に、銅製の乗り手と馬と戦車を粉々にしました。馭者は助かりました。ただ、私たちは、イリダやデルフォイで競技者の後世の評価を保たさせる、ブロンズ工房の作品、偉大で興味深い一組を失ったことは、確実なのです。けれども、馬を失い、腰まで覆っていた戦車を失い、側に居た主人を失い、ただ一人残った、若者は、不明の彫刻家について知りたがっている人々の、若者の同時代人をめぐる想像力を刺激し、私たちによく知られている、好奇心をそそる魅力的な古代彫刻の典型となったのです。
posted by kyotakaba at 15:57| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月04日

『ギリシャに消えた嘘』

 ギリシャを舞台にしたハリウッド映画。『ギリシャに消えた嘘』 

原作 :パトリシア・ハイスミス Patricia Highsmith 『 The Two Faces of January 』 ( 1964 )
The two faces of January (書籍, 1988) [WorldCat.org] 
邦訳:『殺意の迷宮』 
殺意の迷宮 - Webcat Plus 

監督 :ホセイン・アミニ Hossein Amini ( イラン出身の監督 )  


 4月11日から日本で公開。 

The Two Faces of January (2014) - IMDb  

映画『ギリシャに消えた嘘』公式サイト 


ギリシャでは、昨年11月に公開、
ギリシャ語タイトル『 Τα Δύο Πρόσωπα του Ιανουαρίου 』。
Cine.gr - Τανίες The Two Faces of January - Τα Δύο Πρόσωπα του Ιανουαρίου  

posted by kyotakaba at 09:59| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月03日

Χ

Χ, χ



文字の名前は、「ヒ」。 χι 。子音。
読み方は、ヒ。 





Χτές χιόνισε στο χωρίο.
Ήταν η χάση, ενώ το χώμα χαίνε.
Το χιόνι χάθηκε στο χάος.
Ή χελώνα χειμαζόταν, αλλά χωρούσε.
Της χρησίμευε τα χορτάρια.
Αυτή έχωσε το χάος με τα χαλίκια.
Στο χνάρι της το χελιδόνι έχυσε τον χυλό.
Και θα χορταριάσει εκεί.
Και θα της χορτάσει.
  



続きを読む
posted by kyotakaba at 08:00| Comment(0) | 文字 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

Προσευχή του μικρού κοριτσιού

 1918年に小学生向けの読本『 Τα ψηλά βουνά 高い山々 』( Τα ψηλά βουνά: aimotokiyotakaba - β ) を書いた、ザハリアス・パパンドニオウ、作品が、Βικιθήκη や Σπουδαστήριο Νέου Ελληνισμού にもあるので、ひとつを訳してみました。

Προσευχή του μικρού κοριτσιού - Βικιθήκη 




Προσευχή του μικρού κοριτσιού 幼い少女の祈り



Θεέ, ποὺ βλέπεις τὰ σπιτάκια

τὰ φτωχὰ σὰν τὸ δικό μου, 

στεῖλε στὸ παράθυρό μου 

μιὰ φωλιὰ χελιδονάκια. 




Θέ μου, πού ῾χεις ὅλα τ᾿ ἄστρα, Θέ μου, 

πού ῾χεις τ᾿ ἀγγελούδια, 

κᾶμε τὴ φτωχή μου γλάστρα 

νὰ γεμίσει ἀπὸ λουλούδια.




Θέ μου, δῶσε μου τὴ χάρη 

νά ῾χω δυὸ ἄσπρα περιστέρια, 

νὰ τοὺς δίνω ἐδῶ στὰ χέρια 

τὸ νερὸ καὶ τὸ σιτάρι!
  


神様、ご覧になっているのですね、
わたしのおうちと一緒の貧しい家々を。 
わたしのおうちの窓におくって下さった、
つばめの巣をひとつ。 

なんてすてきな、お星をぜんぶ持ってらっしゃる、ああ神様、 
小天使たちをつれてらっしゃる、 
わたしのみすぼらしい花鉢を 
お花でいっぱいにして下さる。 

なんてすてき、わたしを喜ばせて下さるの、 
わたしの掌に水をひとしずく、小麦をひとつぶ 
のせて下さって、
二羽のまっしろな鳩を持たせて下さるの。
posted by kyotakaba at 18:03| Comment(0) | お話から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする