2015年06月30日

エティオピア物語 第八巻 5-6

  Τότε λοιπόν της λέει : ≪ Τί θα κάνουμε, Κυβέλη; Πώς θα γλιτώσω από τα βάσανα που με βρήκαν; Ο έρωτάς μου αντί να εξασθενεί, δυναμώνει ολοένα : σάν δαδί που το ρίχνουν στη φωτιά ξανάβει τον πόθο μου ο νέος. Κι εκείνος είναι σκληρός και αμείλικτος・ σάν πιό ανθρώπινος μου φαινόταν πρώτα : άλλοτε με παρηγορούσε με απατηλές υποσχέσεις, τώρα μου αρνιέται ρητά και απροκάλυπτα・ μά πιό πολύ με ανησυχεί η ιδέα μήπως και κείνος έχει μάθει κάτι από όσα εγώ υποθέτω για τον Αχαιμένη κι αυτό τον κάνει να δειλιάζει πιό πολύ.





 それだから、アルサキはキベリーにこう言ったのです。「キベリー、わたしたちはどうしましょう? わたしに直面している苦しみからどうやって逃れるのです? わたしの恋は、衰えるどころか、ずっと強くなり続けているのです。まるで炎の中に投げられた薪の様に、あの若者がわたしの情念にまた火を点けたのです。あの男は、冷酷で無情です。最初は、もっと、人間的に見えたのですけれど。前は、偽りの約束でわたしを慰めてくれていました。今は、わたしをきっぱりと公然と拒むのです。でも、わたしがアヘメニスのことで推測していることの内の何かを、あの男はもう知っていて、それが、あの男をとても恐れさせているではないか知らと言う考えが、わたしをとても不安にさせるのです。」
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

エティオピア物語 第八巻 5-5

  Ήδη είχε κάποιες υποψίες για τη μυστική φυγή του Αχαιμένη που είχε μέρες να φανεί・ πολλές φορές είχε ρωτήσει την Κυβέλη γι’ αυτόν, μα εκείνη σκαρφιζόταν κάθε λογής προφάσεις και έδειχνε ότι με κανέναν τρόπο δεν πίστευε ότι ο γιός της είχε πάει στον Οροονδάτη・ τελευταία δεν τα κατάφερε να γίνει απολύτως πιστευτή και, όσο περνούσε ο καιρός, τόσο μεγάλωνε η δυσπιστία της Αρσάκης.





 アヘメニスの謎の疾走については、アルサキは、元から、色々な疑惑を持っていたのです。アヘメニスが出て行って、一日経っていました。それで、キベリーにアヘメニスについて何度も訪ねていたのです。けれど、キベリーは、その度に、言い訳を思い付いて、どうしても、自分の息子がオロンダディスの所へ行ってしまったとは、信じないのでした。結局は、キベリーの言い訳は、アルサキを納得させることが全く出来なかったのです。時間が経てば、それだけ、アルサキの不信感は大きくなっていったのです。
posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

Το γράμμα του Αντρέα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の1 





  Και τάχα δεν μπορούσαν να είναι κι αυτοί εκεί ψηλά;  
  Πολλές φορές ο δάσκαλος τους είχε πει στο μάθημα πως τα παιδιά, που είναι στην τελευταία τάξη του ελληνικού, μπορούν να πάνε μόνα τους στο βουνό. Πως, άμα έχουν θάρρος και πειθαρχία, μπορούν να κατοικήσουν μόνα τους εκεί-δυο μήνες. Φτάνει να έχουν την άδεια του πατέρα τους, την κατοικία και την τροφή.  
  Τα παιδιά παρακάλεσαν τους γονείς τους να τα αφήσουν να πάνε. Εκείνοι αντιστάθηκαν στην αρχή.  
  ≪ Που ξέρουμε ≫, είπαν, ≪ τι θα κάνετε τόσο μακριά; Τάχα θα μπορείτε να βρίσκετε ό,τι σας χρειάζεται; Θα φροντίζει ο ένας τον άλλο; Θα είστε αχώριστοι; ≫  
  Υποσχέθηκαν πως και τα εικοσιπέντε παιδιά θα είναι σαν ένας. Μα ύστερα οι δικοί τους ρώτησαν : ≪ Που θα βρείτε τις καλύβες να καθίσετε; ≫ Ήταν η πρώτη δυσκολία. Έπειτα τους είπαν : ≪ Που θα βρίσκετε την τροφή για να ζείτε τόσο μακριά; ≫  





 まさか、あの子たちは、あの高い所に居ることが出来るのか知ら。 
 先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、と、授業の時、あの子たちに何度も言って聞かせていたのでした。勇気と規律があれば、自分たちだけで、二ヶ月もそこに生活することが出来ます、とお話になっていたのです。お父さんの許しと住むところと食べ物があればいいのです、って。 
 あの子たちは、両親に行かせて欲しい、とお願いしたのです。両親たちは、最初は、そうさせませんでした。 
 「分かっているんだぞ。そんな遠くでお前たちは何をするんだ? いったい、自分たちに要るもの何でもを見つけられるのか? お互いに面倒を見るのか? 離ればなれにならずにいられるのか? 」と言っていたのです。 
 二十五人の子供たちは、ひとつの様になります、と約束をしたのです。すると、大人たちは子供たちに尋ねました。「泊まる小屋を何処で見つけるのかい?」と。それは、最初の難問でした。そうして、また、子供たちに尋ねました。「そんなに遠い所で、生きるための食べ物を何処で見つけるのかい?」と。 






2016年7月14日、追記、訂正:  
先生は、今ギリシャ語のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、 
→ 
先生は、今ギリシャ語の最終学年のクラスにいる子供たちは自分たちだけで山に行くことが出来ますよ、
posted by kyotakaba at 13:36| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

Wiki Greek-English Lexicon

 右サイドバーの「 web ギリシャ語辞書」に入れてある、Wiki Greek-English Lexicon が改変されて、URLも変更されていました。 
 そのリンクを改めました。 

Wiki Greek-English Lexicon
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月25日

エティオピア物語 第八巻 5-4

  Και ο μεν Θύαμης τράβηξε πρός την έξοδο επικαλούμενος για μάρτυρες τους θεούς και προφητεύοντας ότι όλ’ αυτά δεν θα έχουν καλό τέλος・ είχε στο νού του να φανερώσει τα πάντα στους πολίτες και να ζητήσει τη βοήθειά τους・ η δε Αρσάκη ≪ καρφί δεν μου καίγεται ≫, είπε, ≪ για τις προφητείες σου・ ο έρωτας μιά μόνο προφητεία γνωρίζει : την επιτυχία ≫. Ύστερα αποσύρθηκε στο δωμάτιό της και κάλεσε την Κυβέλη για να εξετάσει μαζί της την κατάσταση.



καιώ - καίγομαι
"καρφί δε μου καίγεται", αδιαφορώ τελείως για κάτι  





 それで、シアニスはと言えば、神々に目撃者になってくれる様助けを求めながら、出口に急いで行きました。そして、万事が好首尾に終わらないだろうと予言したのです。シアニスはすべてを市民に明らかにして、市民たちの助けを請おうと考えていたのです。一方のアルサキはと言えば、こう言ったのです。「釘なんか全然気にならないわ。あなたの予言なんかちっともよ。恋はたった一つの予言を知っているの。成就だけを知ってるのよ。」 そうしてから、自分の部屋に引き上げました。そして、事態を検討するためにキベリーを呼んだのです。
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月24日

エティオピア物語 第八巻 5-3

  Κι εσύ ρητόρευε όσο θέλεις πασχίζοντας του κάκου να ορίσεις το δίκιο, το σωστό και το συμφέρον : τίποτε απ’ αυτά δεν χρειάζονται οι κρατούντες και άλλον δεν έχουν οδηγό παρά την όρεξή τους・ χάσου λοιπόν το γρηγορότερο από το παλάτι μου χωρίς πολλά πολλά, άν δεν θέλεις να σε πετάξω έξω ≫.


κρατούντες the party in office / in power , the people in power

του κάκου : χωρίς τελικά να υπάρχει κάποιο θετικό αποτέλεσμα  





 「お前は、自分が望むだけ熱弁をお振るいなさいな。何が正しくて、何が真実で、何がためになるのかを自分で決めようと、精々頑張りなさい、無駄ですから。そのどれも、支配者たちはちっとも必要ではないのですよ。支配者たちは、自分たちの希望に沿わない案内人は持たないのです。だから、早々にわたしの宮殿から出て行きなさい。わたしがお前を外に放り出すのをお前が望んでいないのなら、あれこれせずに出て行きなさい。」
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月23日

エティオピア物語 第八巻 5-2

  ≪ δεν πρόκειται ≫, είπε, ≪ να μείνετε ατιμώρητοι για όσα έχετε κάμει στον Μιτράνη・ θα ‘ρθει καιρός που ο Οροονδάτης θα εκδικηθεί τους υπαίτιους για το φόνο εκείνου και των δικών του. Όσο γι’ αυτούς εδώ, δεν πρόκειται να τους αφήσω : πρός το παρόν θα υπηρετούν εμένα και λίγο αργότερα, κατά το νόμο των Περσών, θα σταλούν στον Μεγάλο Βασιλιά.





 こう言いました。「あなたたちがミトラニスにしたことについて、罰を逃れたままではいないでしょう。オロンダディスがミトラニスと彼の家族の殺人の犯人たちに仇を討つ時が来るでしょう。ここに居る二人の外国人については、わたしは、手放しはしないでしょう。今この時には、二人は私に使えているのです。そして直ぐにも、ペルシャの法律によって、大王に送られるでしょう。」
posted by kyotakaba at 11:35| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

エティオピア物語 第八巻 5-1

  Στα λόγια του αυτά δεν κρατήθηκε άλλο η Αρσάκη κι έπαθε εκείνο που παθαίνουν τις πιό πολλές φορές οι ερωτευμένοι : όσο πιστεύουν ότι ο έρωτάς τους μένει κρυφός, ντρέπονται να τον δείξουν, όταν όμως αποκαλυφθούν, χάνουν κάθε ντροπή. Ο μυστικός έρωτας είναι ντροπαλός, αλλά άν ξεσκεπαστεί, γίνεται θρασύς・ έτσι ακριβώς κι εκείνην την έλεγχε η συνείδηση και, θεωρώντας ότι ο Θύαμης είχε υποπτευθεί το φταίξιμό της, παραβλέποντας εντελώς τον προφήτη και όσα πηγάζουν από το αξίωμά του και βάζοντας στην άκρη κάθε έννοια γυναικείας αιδημοσύνης,





 アルサキは、シアニスのその言葉で、もう自制が出来なくなったのです。何度も何度も恋人たちが苦しんだことをアルサキも苦しんだのです。自分たちの恋が人々に露見されていないと信じている間は、その恋を明らかにすることを恥ずかしく思うのです。けれども、一旦暴露されてしまうと、どんな恥ずかしさも無くなるのです。秘密の恋は、恥ずかしがり屋なのです。けれども、秘密が暴かれると、厚顔無恥になるのです。このように、良心の呵責がアルサキを抑制していたのです。けれども、シアニスが自分の過ちをずっと疑っていると考えると、どんな女らしい慎み深さも脇に置いて、シアニスが予言者であることそしてシアニスの高い地位から発せられた言葉も全く無視したのです。そして、   



παραβλέποντας εντελώς τον προφήτη και όσα πηγάζουν από το αξίωμά του のところ、
分詞の παραβλέποντας は、同様に分詞の θεωρώντας 、βάζοντας と同じく、主格はアルサキだと考えました。
それでも、意味がよく分からないので、上記の訳の様に、意味を補って訳しました。
posted by kyotakaba at 14:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 5-1

Στα λόγια του αυτά δεν κρατήθηκε άλλο η Αρσάκη κι έπαθε εκείνο που παθαίνουν τις πιό πολλές φορές οι ερωτευμένοι : όσο πιστεύουν ότι ο έρωτάς τους μένει κρυφός, ντρέπονται να τον δείξουν, όταν όμως αποκαλυφθούν, χάνουν κάθε ντροπή. Ο μυστικός έρωτας είναι ντροπαλός, αλλά άν ξεσκεπαστεί, γίνεται θρασύς・ έτσι ακριβώς κι εκείνην την έλεγχε η συνείδηση και, θεωρώντας ότι ο Θύαμης είχε υποπτευθεί το φταίξιμό της, παραβλέποντας εντελώς τον προφήτη και όσα πηγάζουν από το αξίωμά του και βάζοντας στην άκρη κάθε έννοια γυναικείας αιδημοσύνης,


私には訳せません。 


Google翻訳: 
それらの言葉で他のArsakiをキャッチし、最も頻繁に恋人に何が起こるか被っていない:彼らは彼を表示恥ずかしい、彼らの愛は秘密のままであることと思いますが、明らかになったときに、すべての恥を失っている。秘密の愛は恥ずかしがり屋ですが、明らかになった場合に、横柄になり、これだけと制御意識ekeininと、容疑者はThyamisを完全に預言者を無視し、彼のオフィスから生じるものと任意の概念を脇に置くの責任を持っていたことを考えると女性のはにかみ、 


WorldLingoの翻訳 
理由でこれらは他のArsaki保たれなかったし、eroteymenoi上のより多くの多くの時に苦しむものが苦しんだ: しかし隠される愛残物は恥じていることを彼らが信じる限り明らかにされるとき彼を、失う各恥を示す。 秘密愛はxeskepastei、それがthrasysになれば内気、である・ 従って正確におよびその制御ついに彼のランクそして各重大さの女らしいaidimosynisを置くことからはねる人および良心ことおよび、Thyamisがftaiximoを彼女、予言者を完全に見落とす考慮すること疑ったと、



古典語からの英訳 
At that Arsace could contain herself no longer; and that happened to her which is common to all lovers. So long as they think they are not spied, they blush; but when once they are perceived, they are past all shame. The secret lover hesitates; he that is detected becomes the more bold. 236 Since then her guilty mind accused her and she thought that Thyamis suspected somewhat, she set not a rush by the priest nor by the honour of his office, but elbowing aside all womanly shame she said:
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

Οι τρεις φωτιές 3

  Όσο νύχτωνε τόσο έλαμπε αυτή η φωτιά, κι όσο έλαμπε τόσο ο Κωστάλης πίστευε τη γιαγιά του.  
  Ο Μαθιός δεν πίστευε τίποτα. Γι' αυτόν τη φωτιά την είχε ανάψει τσοπάνης. Ο Φάνης δεν μιλούσε.  
 ≪ Φάνη! Φάνη! Τρεις φωτιές, τρεις φωτιές! ≫  
  Έτσι ακούστηκαν να φωνάζουν δυο παιδιά που έτρεχαν κατά το μέρος εκείνο για να βρουν τον Φάνη.  
  Ο Φάνης τις είχε δει εκείνη τη στιγμή. Στη μια φωτιά κοντά είχαν ανάψει κι άλλες δυο. Τρεις χρυσές φωτιές έλαμπαν αραδιασμένες στο βουνό, που δεν φαίνεται πια παρά σαν θεόρατος γαλανός ίσκιος επάνω στον ουρανό.  
  Η ευαίσθητη ψυχή του Φάνη έμεινε και στο θέαμα τούτο εκστατική.  
 ≪ Ποιος την άναψε; ≫ ρωτά και πάλι ο Μαθιός. ≪ Τι λες εσύ, Φάνη; ≫  
  Ο Φανής απάντησε: ≪ Να ήμαστε εκεί επάνω! ≫  





 日がもっと暮れて暗くなるにしたがって、明りはもっときらきらしたのです。光が輝けば輝くほど、コスタキスは、もっと自分のおばあちゃんを信じる様になったのです。 
 マシオスは、ちっとも信じませんでしたけど。マシオスが思うのには、羊飼いがあの明りを点けたのですから。ファニスは喋りませんでした。 
 「ファニス! ファニス! 明りが三つだ、三つの明りだよ!」 
 二人の子供は、ファニスに聞こえる様に叫んで、ファニスを見つけようと、彼がいる方へ走り出したのです。 
 その時、もう、ファニスは三つの明りに気が付いていました。一つの明りの側に、他の二つの明りが点ったのです。三つの金色の明りは、山の上に並んで輝いていました。山は、空の上にある途方もなく大きな紺碧の影にしか見えなかったのです。 
 ファニスの感じやすい魂は、まだ、その我を忘れさせる風景に残っていたのです。 
 「あれを点けたのは誰だろう?」と、マシオスがまた尋ねました。「ファニス、君は分かる?」 
 ファニスは答えました。「ああ、ぼくらは、上のあそこにずっといるじゃないか!」  





おわり  

posted by kyotakaba at 13:14| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月18日

Οι τρεις φωτιές 2

  Τα παιδιά την κοιτάζουν και ρωτούν το ένα το άλλο. Ποιος τάχα την άναψε; Μήπως οι τσοπάνηδες που βόσκουν τα κοπάδια; Μήπως οι λοτόμοι, που κόβουν δέντρα με τα τσεκούρια; Ή μήπως κανένας που πήγε να προσκυνήσει στον Αϊ-Λιά; Κάπου εκεί κοντά είναι αυτό το μοναστήρι.  
 ≪ Μπορεί να μην την άναψαν άνθροποι ≫ είπε ο Κωστάκης.  
 ≪ Τότε ποιος; ≫  
 ≪ Μπορεί να την άναψε ο αράπης ≫.  
 ≪ Και τι είναι αυτός ο αράπης; ≫ ρώτησαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Είναι ένας μεγάλος αράπης, που έχει τη σπηλιά του εκεί επάνω σε έναν βράχο. Στη μέση του βουνού λένε πως είναι αυτός ο βράχος≫.  
 ≪ Σώπα καημένε Κωστάκη ≫, λέει ο Μαθιός. ≪ Το πιστεύεις εσύ; Εγώ δεν το πιστεύω. Ποιος το είδε; ≫  
 ≪ Το έλεγε η γιαγιά μου ≫.  
 ≪ Και που το ξέρει αυτή; ≫  
 ≪ Είναι πολύ γριά η γιαγιά μου ≫.   




 子供たちは明りを見て、お互いに尋ね合ったのです。いったい、誰があの明りを点けたのでしょう? もしかしたら、羊の群れを放牧させている羊飼いでしょうか? もしかしたら、斧で樹を切る木樵でしょうか? もしかしたら、聖リアに参拝しに行った誰かなのでしょうか? あそこは、修道院の近くのどこかではないでしょうか。 
「人間はあの明りを点けられないだろう。」とコスタキスが言いました。
「じゃあ、誰が?」
「アラピスが点けたのではないか知ら。」
「でも、アラピスって何なの?」と他の二人が尋ねました。
「大きなアルピスさ。あそこの岩壁の上に自分の洞窟を持ってるんだ。山の真ん中にあると言われているあの岩壁だよ。」 
「お黙りな、かわいそうなコスタキちゃん。」とマシオスが言いました。 
「コスタキちゃんはそれを信じているの? ぼくは信じてないよ。誰が見たのさ?」 
「ぼくのおばあちゃんが教えてくれたんだ。」 
「おばあちゃんは、どうして知ってるのかい?」 
「ぼくのおばあちゃんは、とっても年寄りなんだ。」
posted by kyotakaba at 13:31| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月17日

Οι τρεις φωτιές 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第一章「三つの火」の1 





  Βραδιάζει. Τι λαμπρή φωτιά είναι αυτή που φάνηκε στο βουνό!
  Πρώτος ο Φάνης την είδε. Πρώτος αυτός βλέπει τις ομορφιές της γης και του ουρανού και τις δείχνει στα άλλα παιδιά : τον ήλιο που βασιλεύει, τα σύννεφα που τρέχουν στον ουρανό, το άστρο που καθρεφτίζεται στο ρυάκι.
  ≪ Κοιτάτε ≫, είπε, ≪ μια φωτιά εκεί επάνω ≫. Κι έδειξε τη φωτιά στα δυο παιδιά που ήταν μαζί του, στον Μαθιό και στον Κωστάκη.
  Κάθονται κι οι τρεις αυτή την ώρα στο πεζούλι της εκκλησίας. Είναι κουρασμένοι από το πολύ παιχνίδι. Έχουν διακοπές.
 ≪ Ναι, αλήθεια, μια φωτιά! ≫ είπαν οι άλλοι δυο.
 ≪ Πως λάμπει! ≫ είπε ο Φάνης. ≪ Σαν το χρυσάφι ≫.  





 日が暮れていきます。あのきらきらする光は何かしら、あの山の上に見えますよ。 
 最初に、ファニスが見ました。最初は、彼は、地上と空の美しさを見ていたのです。その美しさを他の子たちに教えていたのです。沈んでいく太陽。空を駈けていく雲。小川に映っている星。 
 「見て、上のあそこに明りがある。」とファニスは言いました。そして、一緒にいた二人の子供、マシオスとコスタキスに指差して教えました。 
 三人は、その時、教会の石垣に座っていました。たくさん遊んで疲れていたのです。休んでいたのです。 
 「うん、ほんとうだ、明りだ。」と他の二人は言いました。 
 「なんてキラキラしてるんだろう! 金みたいだ。」とファニスは言いました。 
posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

είχεν υπάρξει

 アレクサンドロス・パパティオマンディスの『メタナスティス』、次のところが、まるで分からない。 

Και ιδού πώς ο θείος Γουλμής, αφού εν τιμή και δόξη είχεν υπάρξει κυβερνήτης και αναβαπτιστής τριών μεγάλων πλοίων, όπερ ήτο πασίγνωστον, και θα ηδύνατο μάλιστα να καυχάται ότι ήτο ≪ πατήρ της ελληνικής ναυτιλίας ≫, κατήντησεν εν τώ γήρατι αυτού να γίνη σύντροφος από κυβερνήτου!   


挿入句をすべて除いて基幹だけにすれば、
ο θείος Γουλμής κατήντησεν εν τώ γήρατι αυτού. で、
グウルミス叔父は、年老いてしまった。と言う様な意味なのだろうと思う。
けれども、この後の節、να γίνη σύντροφος από κυβερνήτου! も分からない。 

その前に、
εν τιμή και δόξη、前置詞のすぐ後にあるので、τιμή も δόξη も名詞 ( 抽象的な ) なのだと思う、三人称単数の動詞ではないと思う。のだけれど、意味が掴めない。これだけだと、「名声と名誉に於いて」と言う意味なのだろうけど、文章の中でつながらない。 
υπάρξει は、είμαι と思っていいのだろうか? 
κυβερνήτης は、操舵士でいいのだろうか? 
αναβαπτιστής は、調べると、ある宗派のことを言う様なのだけれど、それなのか??? 
καυχάται は、自慢する、と言う意味??? 

それで、文の全体の構成がさっぱり分からないのだけれど、それは、
είχεν υπάρξει という、過去分詞、三人称複数に見えるので、その主格は?と思ってしまうから。 
είχεν、単数なのだろうか? 主格は ο θείος Γουλμής なのだろうか?
posted by kyotakaba at 08:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月16日

エティオピア物語 第八巻 4-2

  Όσο για την πραγματική σημασία της ειρήνης και του πολέμου, δεν μας την αποκαλύπτει η δύναμη των λέξεων, αλλά η πρόθεση εκείνου που τις χρησιμοποιεί・ άν μάλιστα πρόσθετες σ’ αυτά και το κριτήριο της δικαιοσύνης, ίσως θα έδινες καλύτερο ορισμό τους・ όσο για το πρέπον και το συμφέρον, ούτε κάν τίθενται σε αμφισβήτηση・ κι αλήθεια, ποιά τιμή και ποιό όφελος μπορεί να σου αποφέρει το να ομολογείς φανερά ότι ποθείς τόσο πολύ να κρατήσεις για τον εαυτό σου τους ξένους; ≫





 「平和と戦争の現実的な意味のことは、言葉の力ではその意味を私たちに明らかにしてはくれないのです。それをどう使うかと言う意図なのです。貴女がそれらに正しさの判定を付け加えるのでしたら、たぶん、もっと良い語義を与えられるでしょう。何が適切であるかと言うことと何が為になるかと言うことは、議論の余地はまったくありません。実際、その外国人たちを抱え込むことを切望していると公言することが、どんな価値どんな利益を貴女に齎すだろうと言うのですか?」
posted by kyotakaba at 12:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

エティオピア物語 第八巻 4-1

  Κατάλαβε τότε ο Θύαμης ότι εννοεί τα σχετικά με τον Μιτράνη και ≪ Άχ Αρσάκη ≫, της είπε, ≪ τώρα πιά δεν έχουμε πόλεμο, αλλά ειρήνη, και ο μεν πόλεμος σκλαβώνει τους ανθρώπους, η δε ειρήνη τους ελευθερώνει・ και ο μεν πόλεμος είναι επιδίωξη των τυράννων, ενώ η ειρήνη είναι απόφαση βασιλική.





 そうして、シアニスは、アルサキがミトラニスについてのことを言っているのだと分かったのです。そうして、アルサキにこう言いました。「ああ、アルサキ様、もう、戦時ではないのです。平和の時なのです。戦争は、人々を奴隷にします、そして、平和は人々を自由にするのです。また、戦争は、暴君たちが追い求めるものですが、平和は、王が決めるものなのです。」
posted by kyotakaba at 12:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

エティオピア物語 第八巻 3-8

  ≪ Έκαμες καλά ≫, του είπε η Αρσάκη, ≪ που απέφυγες τις παρακλήσεις και επικαλέστηκες το δίκαιο, μόνο που αυτό είναι με το μέρος μου διότι ο κύριος του δούλου έχει περισσότερα δικαιώματα ιδιοκτησίας από τον προστάτη του ≫. ≪ Εσύ κυρία τους και πώς; ≫ είπε κατάπληκτος ο Θύαμης. ≪ Με το νόμο του πολέμου ≫, του αποκρίθηκε εκείνη, ≪ που ορίζει να γίνονται δούλοι οι αίχμάλωτοι ≫.





 アルサキはこう言いました。「あなたはお上手ですね。懇願しないでいいようにして、正義に訴えるのですね。でも、わたしの立場からですと、奴隷の主人と言うのは、その奴隷を保護しようとする者よりも、所有権いついては、より大きい権利を持っているものですよ。」 驚いたシアニスは、「貴女が二人の主人なのですか? でも何故ですか? 戦争の決まりでは、捕虜は奴隷になると決められています。」と言いました。
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

エティオピア物語 第八巻 3-7

  ≪ Δεν είναι αυτό ≫, είπε ο Θύανης・ ≪ ξέρω ότι εδώ θα τους προσφερόνταν μεγαλύτερη αφθονία από κείνην που θα τους παρείχα εγώ, αλλά με την προυπόθεση ότι θα ήθελαν να παραμείνουν στη Μέμφιδα. Αυτοί όμως ― τέκνα ευγενών που κάθε λογής κακοτυχίες τους έχουν κάμει πλάνητες ― πρώτο μέλημα έχουν να ξαναβρούν τους δικούς τους και να επιστρέψουν στην πατρίδα τους. Ο πατέρας μου μού άφησε κληρονομιά την υποχρέωση να τους βοηθήσω σ’ αυτό, αλλά υπάρχουν και άλλα που μού δίνουν δικαιώματα στη φιλία τους ≫.





 シアニスは言いました。「それは違います。二人がメンフィスに留まりたいと思っているとするならば、私が二人に提供するだろうものよりも、ここにいた方がもっとたくさんの物が提供されるだろうことは、私にも分かっていることだからです。でも、彼らは生まれのいい者たちなのです。二人が放浪をしているのには、幾つもの不運と言う分けがあるのです。何よりの関心事は、自分たちを回復し故郷に帰ることなのです。私の父は、二人を私が助けることを義務づけて、私に遺産を残したのです。それに、二人の友情の故に、二人は私に何か要求することが出来るのです。」  


追記:訂正 
シアニスをテアゲニスと間違えていました。
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 3-7

 全く訳せないので: 

≪ Δεν είναι αυτό ≫, είπε ο Θύανης・ ≪ ξέρω ότι εδώ θα τους προσφερόνταν μεγαλύτερη αφθονία από κείνην που θα τους παρείχα εγώ, αλλά με την προυπόθεση ότι θα ήθελαν να παραμείνουν στη Μέμφιδα. Αυτοί όμως ― τέκνα ευγενών που κάθε λογής κακοτυχίες τους έχουν κάμει πλάνητες ― πρώτο μέλημα έχουν να ξαναβρούν τους δικούς τους και να επιστρέψουν στην πατρίδα τους. Ο πατέρας μου μού άφησε κληρονομιά την υποχρέωση να τους βοηθήσω σ’ αυτό, αλλά υπάρχουν και άλλα που μού δίνουν δικαιώματα στη φιλία τους ≫.  

Google翻訳: 
「それはない」Thyanisは言った、「私はこれは彼らに私が提供しているであろうことよりも大きな豊かさを与えることを知っているが、条件に、彼らはメンフィスに滞在したいと。しかし、これらの - 子供たちは不幸のすべての種類は、惑星を行います持っている貴族 - 最初の懸念は、自分自身を再発見し、帰国する必要があります。父は私にこのでそれらを助けるために、従来の義務を残したが、彼らの友情に私に権限を与える他の人があります。」 

WordLingo翻訳: 
「これは」、言ったThyanisをない・ 「私はここにそれらがそれらにそれらに私がiを提供するが、ほしいと思う条件とメンフィスに残るkeininより大きい豊富提供されることがわかっている。 しかしこれら-各種各様の不幸が惑星に作った子供の貴族-最初心配彼等の物を回復し、故国で戻ることを持つため。 私の父は私にこれで助ける相続財産を義務それら任せたが他私が友情で弾力性」訂正するまた存在している。  

英訳からのYahoo!翻訳: 
I know that they would fare better here with you than at my house, if they wished to stay. But seeing that they are of good parentage, and have been diversely tormented by fortune, and for the moment are far from their native country, they care for nothing so much as to recover their friends and get home again. Wherein that I should help them my father left me his heir, and I have besides other causes of amity with them.  

彼らがいたいならば、私は私の家であるより、彼らがあなたとより上手にここでやっていくということを知っています。 しかし、良い出身で、運によって多様に苦しめられて、当面は本国から遠いので、彼らは何も友人も回復しないで、二度と帰り着きたくもないと思います。 そこで私が彼らを助けなければならないために、父は私に彼の相続人を残しました、そして、私には彼らと友好のこの他、他の原因があります。
posted by kyotakaba at 11:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

エティオピア物語 第八巻 3-6

  ≪ Απορώ με σένα ≫, είπε η Αρσάκη. ≪ Από το ένα μέρος με επαινείς για καλοσύνη και φιλανθρωπία κι από το άλλο θα με κατηγορήσεις για απανθρωπία άν δεν μπορέσω ή δεν θελήσω να φροντίσω τους ξένους καθώς πρέπει ≫.





 アルサキは言いました。「わたしは貴方には戸惑っています。片方では、善良さと博愛のことでわたしを褒めたかと思うと、もう片方で、もしわたしが外国人たちの世話を適切にするのを出来ないか望んでいないとしたら、非人間的だと言ってわたしを批難するのですから。」
posted by kyotakaba at 13:17| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

エティオピア物語 第八巻 3-5

  Και όταν, μετά από επίμονες αναζητήσεις, έμαθε ότι κατοικούσαν στο σατραπικό παλάτι, πήγε χωρίς στιγμή να χάσει στην Αρσάκη και της ζήτησε τούς ξένους λέγοντας ότι ενδιαφέρεται γι’ αυτούς για πολλούς λόγους και κυρίως διότι ο πατέρας του Καλάσιρης, λίγο πρίν πεθάνει, του είχε παραγγείλει να τους φροντίσει και να τους προστατέψει με κάθε τρόπο・ της ήταν ευγνώμων, πρόσθεσε, που δέχτηκε με τόση φιλανθρωπία τους ξένους τις προηγούμενες ημέρες κατά τις οποίες ήταν απαγορευμένο στους μη ιερωμένους να μένουν στο ναό, αλλά τώρα είχε την αξίωση να του αποδοθεί η παρακαταθήκη.





 粘り強い探索を経て、太守の館に二人が住んでいると知ると、シアニスは、時を置かずに、アルサキの元へ行ったのです。そうして、二人の外国人に会わせる様にアルサキに求めたのです。沢山の分けがあって、自分は二人に関心があるのだ、そして、何よりも、自分の父のカラシリスが、死ぬ直前に、自分に、二人の面倒を見る様にそして何があっても二人を守るのだ、と託けたのだ、とアルサキに言ったのです。それから、この何日かその外国人たちにアルサキが応分の慈愛を見せてくれたことで、彼女に恩義を感じている、この何日かは、聖職者でない者が神殿に居ることは禁じられていたけれど、今や、父との約束を果たす時が来たのだ、と付け加えたのです。 





αλλά τώρα είχε την αξίωση να του αποδοθεί η παρακαταθήκη. の部分、よく分かりません。
「今や、父との約束を果たす時が来たのだ」と訳しましたけれど。
約束が彼に帰せられる要求がある。
posted by kyotakaba at 14:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月06日

古代ギリシア教に改宗することはできるか?

 第6回 東京大学文学部公開講座 
6月27日開催 
講師:葛西 康徳 教授 (西洋古典学)

第6回東京大学文学部公開講座(6月27日開催) - 東京大学文学部・大学院人文社会系研究科  



KAKEN - 葛西 康徳(80114437) 
posted by kyotakaba at 07:56| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月04日

エティオピア物語 第八巻 3-4

  Και να τί γινόταν στη Μέμφιδα τις μέρες που ακολούθησαν την απόδραση του Αχαιμένη : ο Θύανης, που είχε ήδη αναλάβει όλα τα καθήκοντα του προφήτη και συνεπώς κατείχε ένα από τα υψηλότερα αξιώματα, αφού τελείωσε με την κηδεία του Καλάσιρη και απέδωσε στον πατέρα του τις καθιερωμένες τιμές κατά τις ορισμένες ημέρες, ενδιαφέρθηκε να μάθει που ήταν ο Θεαγένης : ήδη είχε φτάσει η στιγμή που ο προφητικός νόμος του επέτρεπε να έλθει σε επικοινωνία και με αλλόθρησκους.





 ところで、アヘメニスの脱出の後にメンフィスで起こったことはこういうことでした。シアニスは、既に予言者の役目のすべてを引き継いでいました。それですから、最も高位の位の一つに就いていたのです。そうして、ある決められた期日に、カラシリスの葬儀を終えると、父に慣習に添った名誉を帰したのです。そして、テアゲニスがどうしているかを知ろうとしていたのです。その時には、もう、予言者の法は、シアニスに他の神を信仰する人々と交際を許していたのです。
posted by kyotakaba at 13:03| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月03日

エティオピア物語 第八巻 3-3

  Αναχώρησε λοιπόν ο Βαγώας για να εκτελέσει την αποστολή του παίρνοντας μαζί του τις επιστολές με το έμβλημα του σατράπη, ώστε να πιστέψουν στη γνησιότητά τους οι παραλήπτες τους στη Μέμφιδα και να του παραδώσουν αμέσως τους νέους. Αναχώρησε απο την πλευρά του και ο Οροονδάτης για τον πόλεμο με τους Αιθίοπες αφού πρόσταξε και τον Αχαιμένη να τον ακολουθήσει ― είχε φροντίσει να φρουρείται εν αγνοία του έως ότου επαληθευθούν οι καταγγελίες του.





 そうして、バゴアスは出発しました。太守の紋章が着いた手紙を携えて任務を遂行しにいったのです。紋章は、メンフィスでこれを受け取る人々が信頼して手紙を信じて、バゴアスに直に二人の若者を渡す様に着けられていたのです。オロンダディスも、彼の考えから、アヘメニスに付いて来る様にと命じると、エティオピアとの戦いのために出発したのです。アヘメニスの報告が確かめられるまで、アヘメニスに気付かれないで警戒する様に気を配ったのです。
posted by kyotakaba at 13:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月02日

エティオピア物語 第八巻 3-2

  Το δεύτερο γράμμα ήταν για τον Ευφράτη που ήταν αρχιευνούχος στη Μέμφιδα και έλεγε τα εξής : ≪ Για την αμέλεια που δείχνεις στην επίβλεψη του σπιτιού μου θα δώσεις λόγο・ για την ώρα, παράδωσε στον Βαγώα τους Έλληνες αιχμαλώτους για να τους οδηγήσει σε μένα είτε το θέλει η Αρσάκη είτε και όχι・ παράδωσε τους οπωσδήποτε, ειδεμή, ξέρε το, έχω δώσει διαταγή να μου φέρουν εσένα δέσμιο για να σε γδάρω ζωντανό ≫.


αρχιευνούχος : chief eunuch





 二通目の手紙は、メンフィスの宦官長であるエウフラティス宛てでした。次のように書かれていました。「私の家の監督と言う仕事でのお前の怠慢については、いずれ、弁明をさせよう。今は、バゴアスに捕虜のギリシャ人を引き渡す様に。アルサキが望もうと拒否しようと、バゴアスに二人を私の所へ連れて来させるのだ。兎に角、二人を渡すのだ。さもなければ、肝に銘じるのだ、私がお前を生きたまま皮を剥ぐために、捉えて連れて来る様に命令を出しているのだ。」
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

エティオピア物語 第八巻 3-1

  Του έδωσε επίσης και γράμματα・ το ένα ήταν για την Αρσάκη και είχε ως εξής : ≪ Ο Οροονδάτης πρός την Αρσάκη. Τον Θεαγένη και τη Χαρίκλεια, τους αιχμάλωτους αδελφούς και βασιλικούς δούλους, στείλε μου τους για να τους διαβιβάσω στο βασιλιά・ και στείλε τους χωρίς δεύτερη κουβέντα, επειδή και παρά τη θέλησή σου θα οδηγηθούν σε μένα και τότε θα πιστέψω τον Αχαιμένη ≫.





 オロンダディスは、また、宦官に手紙を持たせました。一つは、アルサキ宛てで次の様なものでした。「アルサキへ、オロンダディス。テアゲニスとハリクレアと言う、捕虜で王室の召使いの兄妹は、私の所に送る様に。すると、私が、二人を王に連れて行きます。それから、二度目の私信を待たずに二人を送ること。貴女の意志に関わらず二人は私の元へ連れて来られるべきで、それに、私はアヘメニスを信じるべきだろうからです。」
posted by kyotakaba at 14:26| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする