2015年07月30日

Το ξεκίνημα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の3 





Σε μια ρόγα από σταφύλι
έπεσαν οχτώ σπουργίτες
και τρωγόπιναν οι φίλοι...
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Εχτυπούσανε τις μύτες
και κουνούσαν τις ουρές,
κι είχαν γέλια και χαρές,
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Πώπω πώπω σε μια ρόγα
φαγοπότι και φωνή!
Την αφήσαν αδειανή...
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.


Και μεθύσαν, κι όλη μέρα
πάνε δώθε, πάνε πέρα
τραγουδώντας στον αέρα.
τσίρι-τίρι, τσιριτρό,
τσιριτρί, τσιριτρό.



  Μονάχα ο Φουντούλης δεν μιλάει. Έμεινε τελευταίος. Ο καημένος, ο παχύς, ο στρογγυλός, ο μικρός Φουντούλης! Το μουλάρι του είναι πολύ οκνό. Δεν ακούει από φωνή κι από χτύπημα. Γιατί τον φόρτωσαν σ' αυτό το ζώο; Για να μην κυλήσει;  





ぶどうのみ、ひとつに、
八羽のすずめがとんでくる、
みんなで、のんでたべて…、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

くちばしをぶつけて、 
おっぽをふって、 
わらってよろこぶんだよ、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

わいわい、わいわい、みがひとつぶで、 
ごちそう、うたごえ、 
なにものこさない…、 
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

よっぱらって、いちにちじゅう、
あっちへいったり、こっちへきたり、
そうして、おそらでうたってる、
チーリ・チリ、チリトロー、  
チリトリ、チリトロー。 

 ただひとり、フォンドゥリスだけはしゃべらなかったのですよ。一番後ろなのでした。日焼けした、太ってまん丸、小さなフォンドゥリス! フォンドゥリスのラバはとてものろまだったのです。叫んでも打っても言うことを聞かないのです。どうして、みんなは、このラバをフォンドゥリスに押し付けたのでしょうね? 転ばないようになのか知ら? 
posted by kyotakaba at 13:16| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月29日

エティオピア物語 第八巻 6-9

  Άν λοιπόν συμφωνείς, άς ρίξουμε, που λέει ο λόγος, την τελευταία άγκυρα κι άς βγάλουμε από τη μέση εκείνην που μας στέκεται εμπόδιο : άν εκείνος μάθει ότι δεν υπάρχει πιά, θα χάσει κάθε ελπίδα για εκπλήρωση του έρωτά του πρός αυτήν και τότε είναι φυσικό να αλλάξει γνώμη και να κλίνει πρός τη δική μας επιθυμία ≫.





 「それで、ご主人様が承諾して下さるのなら、諺の言うように、最後の錨、望みの綱を降ろしましょう、わたしたちの邪魔をするあの娘を取り除きましょう。あの若者が、娘がもういないと知ったならば、娘に対する若者の恋の成就の望みはどれも無くなるでしょうから、そうすれば、考えを変えて、折れてわたしたちの意向に従うでしょうことは、当然ですよ。」



βγάζω από την μέση : εξοβελίζω / απομακρύνω 取り除く

240
posted by kyotakaba at 12:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月28日

エティオピア物語 第八巻 6-8

  Πάει λοιπόν στην Αρσάκη και της λέει ≪ άδικα κοπιάζουμε, κυρά μου・ δεν λυγίζει αυτός ο ξεροκέφαλος, αλλά γίνεται όλο και πιό θρασύς : συνεχώς έχει στο στόμα του τη Χαρίκλεια και η επίκλησή της φαίνεται να του γιατρεύει τους πόνους.





 そうして、キベリーは、アルサキのところにいって、こう言いました。「ご主人様、わたしたちは、無駄な努力をしています。あの頭の鈍い男は、己を曲げません。それどころか、だんだんと厚かましくなって行くのです。ずっと、ハリクレアを口にしています。そのハリクレアと唱えることは、テアゲニスの痛みを治しているようなのです。」
posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月27日

エティオピア物語 第八巻 6-7

  σκέφτηκε να δράσει αποφασιστικά και, διαπράττοντας κάποιο μεγάλο κακό, ή να ικανοποιήσει την επιθυμία της Αρσάκης, ώστε να διαφύγει πρός το παρόν τον κίνδυνο από την πλευρά της, ή να εξαφανίσει τα πειστήρια όλης της υπόθεσης επινοώντας κάποιο τρόπο ομαδικού θανάτου.





 キベリーは、何か大変な悪事を犯しても、敢然と行動するのか、そうでなければ、アルサキの思いを満足させるのか、そうして、目下のアルサキの方の危険を逃れるのか、そうではなくて、何とかして皆んな一緒に死んでしまい、事の証拠をすべてすっかり消してしまうか、どうするかをじっと考えたのです。
posted by kyotakaba at 13:32| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月25日

Παύλος Παυλίδης

 1964年ベルリン生まれ、セサロニキで活動する、シンガーソングライター。パウロス・パウリディス。 

PAVLOS PAVLIDIS OFFICIAL WEB SITE − ο επίσημος ιστότοπος του Παύλου Παυλίδη 

2015年リリースのアルバム『 Στον διπλανό ουρανό 』空の隣り 

posted by kyotakaba at 12:53| Comment(0) | ギリシャ 歌謡・音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月24日

Το ξεκίνημα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の2  





  Είναι ντυμένα για να ζήσουν σε βουνό. Το ίδιο ρούχο θα φορεθεί βράδυ και πρωί, θα παλέψει με αγκάθια και με πέτρες, θα σκίζεται και θα μπαλώνεται. Τίποτα καινούργιο δεν φορούν.  
  Τι απλά παιδιά που έγιναν! 
  Με τα βαριά σακούλια τους μοιάζουν με τους μαστόρους και τους πραματευτάδες που έρχονται κάτω στην πόλη. Όλους τους θυμούνται αυτή τη στιγμή, όλους τους παριστάνουν έναν-έναν, όπως είναι, όπως περπατούν, όπως φωνάζουν.  
  Ο Δημητράκης κάνει τον χαλκωματά και φωνάζει:  
  ≪ Χαλκώματα να γανώωω... ≫  
  Ο Κωστάκης τον μπαλωματή: ≪ Παπούτσια να μπαλώωω... ≫  
  Ο Γιώργος πάλι παριστάνει τον τροχιστή: ≪ Μαχαίρια, ψαλίδια, σουγιάδες, γι' ακόοο... ≫  
  Ο Φάνης θυμήθηκε έναν πραματευτή που τον είχαν ξεχάσει. Πουλάει τα βοτάνια, τη ρίγανη και τα χορταρικά. Τον λένε κορφολόγο και φωνάζει: ≪ Κάπαρη, καλή κάπ... ≫  
  Μέσα σ΄αυτά τα γέλια ο Καλογιάννης θυμήθηκε το ≪ Τσιριτρό ≫ και άρχισε να τραγουδάει. Όλη η συνοδεία πήρε το γελαστό τραγούδι και το έλεγε χτυπώντας τα ραβδιά στη γη:  





 それは、山で生活する服装なのでした。同じ服を、夜も朝も、着ているものなのです。茨や礫石と格闘し、破れて、それに継ぎを当てるのです。新しいものは着ていませんよ。 
 子供たちは、なんて、質素になったことでしょう! 
 重たい袋を担いだ子供たちは、町に降りて来る職人や商人の真似をしました。子供たちは、町に降りて来る時の職人たち商人たち全員のことを覚えているのです。一人一人がどう言うか、どんな風か、どんな風に歩くか、どんな風に叫ぶかをを思い出せるのです。
 ディミトラキスは、銅細工師の真似をして、叫びました。
「銅器、ひかるううう、」 
 コスタキスは、靴直し職人になりました。「くつう、なおしますううう、」 
 それに、ヨルゴスは、研ぎ師をしました。「ほうちょう、はさみい、ないふ、きれない…」 
 ファニスは、その時まで忘れていた、ある行商人のことを思い出したのです。薬草や香辛料や干草を売っているのです。コルフォロゴス[ 先端刈り師 ]と言う仕事でした。こう叫びました。「フウチョウ、上質な…、」 
 こうして起こる笑い声の中で、カロヤニスは、「チリトロ」を思い出しました。それで、歌い出したのです。一行の全員が、その陽気な歌を引取って、杖で地面を叩きながら歌うのです。
posted by kyotakaba at 14:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月23日

エティオピア物語 第八巻 6-6

  Και όταν πιά κατάλαβε ότι δεν επρόκειτο να καταφέρει τίποτε και ότι και αυτό το εγχείρημα δεν είχε καμιά ελπίδα επιτυχίας, συνειδητοποιώντας τον κίνδυνο που διέτρεχε ( από στιγμή σε στιγμή περίμενε την τιμωρία του Οροονδάτη που μάλλον θα είχε μάθει τα πάντα από τον Αχαιμένη, άν βέβαια δεν προλάβαινε να τη θανατώσει η Αρσάκη επειδή την ξεγέλασε τάζοντάς της βοήθεια στον έρωτά της ),





 キベリーは、少しも上手く行きそうにないこと、この企ては成功する望みが少しも無いことを見て取りました、それに、危険を自覚したのです。( アヘメニスからもうすべてを知っている、オロンダディスの罰が、今にもあるかも知れないし、それに、アルサキが彼女の恋人に助けると約束して自分を騙し、すぐにも自分を殺すのではないか、と言う恐れがあったのです。 )
posted by kyotakaba at 13:44| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月22日

エティオピア物語 第八巻 6-5

  Βλέποντας αυτά η Κυβέλη, αντί ν’ ακούσει την Αρσάκη, που της έλεγε να είναι ελαφρή η τιμωρία με σκοπό τον εξαναγκασμό και όχι το θάνατο, έκανε το αντίθετο και παρήγγελλε στον Ευφράτη να επιτείνει τα βασανιστήρια.





 キベリーはその様子を見ると、アルサキの命令には従わなかったのです。アルサキは、キベリーに、罰は、テアゲニスに強制するのが目的で死ではないので、軽くするするように言っていたのです。そして、キベリーは、反対のことをしたのです。エウフラティスに拷問をもっと酷くするように命じたのです。
posted by kyotakaba at 13:21| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 5-12 訂正

 エティオピア物語 第八巻 5-12 で、στον Ευφράτη の Ευφράτης を取り違えていました。河の名前と人名と。( ユーフラテス川は、エジプトを流れていないのに。 ) そのために、文章の動詞の主格になる語がその分少なくて、分からなかったのかも知れないです。
 それで、訂正しました。 

エティオピア物語 第八巻 5-12: aimotokiyotakaba - β  


posted by kyotakaba at 13:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月21日

エティオピア物語 第八巻 6-4

  Εκείνος όμως φερόταν σάν άνδρας και ακόμα πιό σθεναρά απέκρουε τότε τις δελεαστικές προτάσεις : στο σώμα ήταν καταπονημένος, αλλά στην ψυχή γινόταν όλο και πιό δυνατός και πιό συνετός και συνάμα καμάρωνε και ευλογούσε την τύχη του πού, άν και πολλές φορές τον πίκραινε, στο πιό σημαντικό τον ευνοούσε δίνοντάς του την ευκαιρία να αποδείξει την πίστη και την αγάπη του στη Χαρίκλεια・ και το μόνο που ευχόταν ήταν να ήξερε εκείνη τα βάσανά του και όλη την ώρα την καλούσε και ≪ ζωή μου ≫ την έλεγε και ≪ ψυχή μου ≫ και ≪ φώς μου ≫.  





 けれども、テアゲニスは、男らしくより一層強靭に振る舞ったのです。そして、魅惑的な誘いを撥ね付けたのです。テアゲニスは、肉体については、ひどく苦しんでいたのです。けれども、魂については、ますます強く、次第次第に慎重になって行ったのです。それと共に、自分の運勢を誇らしく思い、それに感謝するようになったのです。その運勢と言うのは、何度も何度も、テアゲニスを苦しめてきたのにも拘らず、より重要なことには、テアゲニスのハリクレアに対する信頼と愛情を明らかにする機会を与えてくれて、彼を助けてくれたのです。テアゲニスが願うことは、ただ、ハリクレアが自分の苦しみを知っていて欲しいと言うことであり、また、いつでも、自分がハリクレアを「私の命」と呼び、「私の魂」「私の灯明」と言うことだったのです。 





όλο και συγκριτικός : しだいしだいに 

να +パラタティコス:〜であったらなあ。
posted by kyotakaba at 14:16| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月17日

Το ξεκίνημα 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の1 




  Στον κυρ-Στέφανο το χρωστούν πώς ξεκίνησαν. Αυτός ο καλός άνθρωπος, όταν γύρισε από το δάσος, έδωσε τον λόγο του στους γονείς τους πως θα πάει μαζί με τα παιδιά. Είπε πως θα τα προσέχει εκεί που βρίσκονται, πως θα τους κάνει όσες ευκολίες μπορεί και θα τους φέρνει νέα τους συχνά, όταν θα κατεβαίνει στην πόλη.  
  Μόνο έτσι κατόρθωσαν να πάρουν την άδεια. Πέρασαν δυο-τρεις μέρες ώσπου να ετοιμαστούν και τέλος ένα πρωί το μεγάλο και ζωηρό καραβάνι ξεκίνησε.  
  Πάνε στα ψηλά βουνά. Είναι εικοσιπέντε παδιά. Τα δεκαπέντε πήγαιναν πεζή. Τα δέκα καβάλα στα φορτωμένα μουλάρια, που τα οδηγούν τρεις αγωγιάτες. Ακολουθούσε ο κυρ-Στέφανος, καβάλα στην κόκκινη φοράδα του.  
  Και τα εικοσιπέντε παιδιά έγιναν αγνώριστα. Κρατούν από ένα ραβδί. Σακούλια και παγούρια κρέμονται στην πλάτη τους. Φορούν μεγάλες ψάθες και χοντρά παπούτσια.  






 子供たちが出発出来たのは、ステファノスさんのおかげなのです。ステファノスさんは良い人で、森から帰ると、子供たちの親たちに、自分が一緒に行くことになるだろうと、話したのです。そして、子供たちがいるところで、どのように世話をするか、自分が出来る子供たちに便宜はどのようなものかを、話して、山から町に降りて来る時には、子供たちの親たちに知らせを頻繁に持って来よう、と言ったのです。 
 こうして、子供たちは、やっと、許しをもらうことが出来たのです。準備をしているうちに二三日が経ちました。そして、とうとう、ある朝、多人数の元気な一隊が出発したのでした。
 子供たちは、高い山に向かいました。二十五人の子供たちでした。十五人は、徒歩でした。十人は、荷を積んだラバに乗って行ったのです。ラバは、三人の馬方に引かれていました。ステファノスさんは、ご自分の赤い雌馬に乗って付いて来てくれたのです。 
 二十五人の子供たちは、誰が誰だか分からなくなっていたのです。皆んな、一本の棒を握りしめていましたし。背中には、小袋と水筒を背負っていましたから。それに、皆んな、大きな麦わら帽子を被り厚い靴を履いていたものですから。
posted by kyotakaba at 14:11| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月16日

χύνουνταν

 カザンザキスの次の文章がまったく分からない。

Ήρθαν κι άλλες χορεύτρες, ιδρύθηκαν κι άλλες σκηνές, χύνουνταν καινούριος αγέρας χαράς κάθε βράδυ, μετά τη δουλειά, στα παζάρια.  

Ήρθαν は動詞、三人称複数。
άλλες は形容詞、主格複数。 
χορεύτρες は実詞、主格複数。 
ιδρύθηκαν は動詞、再帰動詞、三人称複数。 
άλλες は形容詞、対格複数。 
σκηνές は実詞、対格複数。 
χύνουνταν は動詞、受動態、あるいは、再帰動詞、三人称複数。 
καινούριος は形容詞、主格単数。 
αγέρας は実詞、主格男性名詞単数。 
χαράς は実詞、女性名詞属格単数。 
κάθε βράδυ は副詞句。 
μετά は前置詞。 
τη は冠詞、女性名詞の冠詞、対格単数。
δουλειά は実詞、女性単数対格。 
στα は前置詞+冠詞、中性名詞複数対格。
παζάρια は実詞、中性名詞複数対格。 

それで、動詞 χύνουνταν の主格は何なのか? 文章は、άλλες χορεύτρες の様に見えるけれど、
καινούριος αγέρας が主格なので、コンマの後、主格が交替しているようにも見える、
けれど、動詞は複数で、αγέρας は単数、
では、άλλες χορεύτρες が主格なのかと言えば、αγέρας が対格でないので、
それに、καινούριος αγέρας には、冠詞が省略されている、その理由も分からない。
posted by kyotakaba at 08:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月15日

エティオピア物語 第八巻 6-3

  Εκείνη πήγαινε συχνά με το πρόσχημα ότι έφερνε κρυφά τροφή στον φυλακισμένο τάχα επειδή τον λυπόταν, ράγιζε η καρδιά της να βλέπει ένα φίλο να βασανίζεται έτσι, στην πραγματικότητα όμως πασχίζοντας να μάθει ποιό αποτέλεσμα είχαν όσα υπέφερε και άν τα βασανιστήρια τον είχαν μαλακώσει αρκετά ώστε να ενδώσει.





 キベリーは、頻繁に遣って来たのです。テアゲニスのことが可哀想で、友人が苦しんでいるのを見ると、自分の心が張り裂けそうなので、こっそりと食べ物を囚人に持って来たと言う口実で来ていたのです。けれども、本当のところは、テアゲニスが苦しんだ結果どうなったか、拷問がテアゲニスをしっかりと懐柔させて屈服したかどうかを、何とか知ろうとしていたのでした。
posted by kyotakaba at 12:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月14日

エティオピア物語 第八巻 6-2

  Κι εκείνος, που ούτως ή άλλως έπασχε από τη φυσική ζηλοτυπία των ευνούχων αλλά και έβραζε από θυμό κατά του Θεαγένη για όσα έβλεπε και υποπτευόταν, τον αλυσόδεσε ευθύς, τον έκλεισε σε κατασκότεινο οίκημα κι άρχισε να τον τυραννάει με πείνα και ξυλοδαρμούς・ στον Θεαγένη, που ρωτούσε να μάθει την αιτία ― την ήξερε βέβαια, αλλά καμωνόταν τον ανήξερο ―, δεν αποκρινόταν τίποτε και κάθε μέρα τον υπέβαλλε σε πιό σκληρά βασανιστήρια, πιό σκληρά κι από κείνα που ήθελε και του είχε παραγγείλει η Αρσάκη・ άλλον κανέναν δεν άφηνε να μπεί παρά μόνο την Κυβέλη ― αυτή ήταν η διαταγή.





 その宦官長は、兎にも角にも、宦官たちの当然の嫉妬に悩んでいたばかりでなく、見ること何もかものことで、テアゲニスを疑っていて、彼にに対する怒りで腑が煮えくり返っていたのです。それで、テアゲニスを立たせて縛り上げ、真っ暗な建物に閉じ込めたのです。そして、空腹や打擲でテアゲニスを苛め始めたのです。宦官長は、分けを知ろうと尋ねるテアゲニスに対しては、何も答えませんでした。宦官長は、実は、知っていたのですが、知らない振りをしていたのです。そして、毎日、テアゲニスを厳しい拷問に掛けたのです。アルサキが宦官長に命じていたもの、望んでいた罰よりもすっと厳しい拷問だったのです。キベリー以外の誰も自由に入ることは出来ませんでした。それが命令だったのです。 





ούτως ή άλλως: έτσι κι αλλιώς, σε κάθε περίπτωση


posted by kyotakaba at 13:02| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月13日

エティオピア物語 第八巻 6-1

  Πείστηκε η Αρσάκη ― ο απελπισμένος έρωτας διόλου δεν λυπάται το αγαπημένο πρόσωπο και η αποτυχία οδηγεί συνήθως σε εκδίκηση ― και, αφού κάλεσε τον αρχιευνούχο, του έδωσε την προσταγή που είχε αποφασίσει.


αρχιευνούχος : (L) chief eunuch (syn D αρχιμουνούχος): τα όμορφα αγόρια και κορίτσια τα παρέδωσε για φύλαξη στον αρχιευνούχο του (Vacalop)





 アルサキは納得しました。絶望した愛というのは、愛する人を哀れに思うことは決してないのです。不成就は、屢々、愛に絶望した人を復讐へと導くものなのです。そして、宦官長を呼ぶと、その時までに心に決めた命令を、宦官長に与えたのです。
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月11日

Το γράμμα του Αντρέα 3

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の3 





  Βρέθηκε λοιπόν το σπουδαιότερο, η τροφή. Από το κοπάδι θα έχουν το κρέας και τα γαλακτερά.  
  Ο Αντρέας έμεινε στο δάσος ανυπομονώντας να έρθουν οι βλάχοι. Κι όταν ήρθαν, έστειλε στην πόλη, στα δυο παιδιά, αυτή την παραγγελία :  


  Παιδιά  
  Στις εικοσιεννιά, των Αγίων Αποστόλων, εσείς οι δυο κατά το βράδυ να κοιτάζετε το βουνό, προς το μέρος μας, προς το Χλωρό. Αν δείτε τρεις φωτιές στην αράδα, να ξέρετε πως αυτό θα είναι μήνυμα δικό μου για σας. Θα σημαίνει πως όλα έχουν ετοιμαστεί, κι η τροφή, κι οι καλύβες, κι ό,τι άλλο χρειάζεται. Μόνο να ειδοποιήσετε τον Φάνη και τ' άλλα παιδιά. Και να κάνετε ό,τι μπορείτε για να έρθετε. Μη χά νετε καιρό. Τι ωραία που είναι εδώ ψηλά!


  Εικοσιεννιά, των Αγίων Αποστόλων, απόψε, να οι φωτιές!  
  Τα δυο παιδιά έφτασαν κι έφεραν το μήνυμα στον Φάνη, στον Μαθιό και στον Κωστάκη. Ανέλπιστη χαρά! Ποτέ δεν είχαν συνεννοηθεί από τόσο μακριά. Θα πάνε; Και πότε; Πώς;  
  Τρέχουν στο σπίτι με τα μάτια προς τις τρεις φωτιές.  
  ≪ Μας γνέφουν! ≫ φωνάζει ο Κωστάκης.  
  Κι αλήθεια οι τρεις φωτιές νόμιζες πως τους καλούσαν.  





 そうしてね、アンドレアスは、一番大切なものを見つけたのですよ。それは、食べ物です。羊の群れからは、子供たちは、お肉と乳製品を手に入れられるでしょうから。 
 アンドレアスは森にいて、羊飼いたちが遣って来るのを待ちかねていました。そうして、羊飼いたちが遣って来ると、町にいる二人のお友達に手紙を送ったのです。このようなものでした。

 みんなへ、 
 聖使徒の断食の日、二十九日( 6月29日 )、きみたち二人は、夕方、ぼくたちの方、ハロロの方を見て下さい。もし、きみたちが並んだ三つの明りを見たのなら、それは、ぼくのきみたちへの伝言だと分かって下さい。ぜんぶの用意が出来たと言うことです。食べ物も、小屋も、他の要り用のものもぜんぶです。ファニスと、その他のみんなにも知らせて下さい。そうして、ここに来るのに出来ることは何でもして下さい。時間を無駄にしないように。ここ、高地はとても素敵なところです。 

 聖使徒の断食の日、二十九日、それは今夜、あの灯! 
 ふたりは、知らせを持って、ファニスとのところへ行きました。それに、マシオスとコスタキスのところへ。思いがけない喜びです! 子供たちは、そんな遠くから知らせをもらったことは一度もなかったのです。子供たちは行くのでしょうか? でも何時? どうやって? 
 三つの明りに目を向けたまま、子供たちは、家へと急いだのです。 
 「三つの明りはぼくたちに合図を送っているんだ!」とコスタキスは叫びました。 
 皆さんは、本当に三つの明りが子供たちを呼んでいると思いますか。 




おわり  



Η νηστεία των Αγίων Αποστόλων : 29 Ιουνίου 6月29日
posted by kyotakaba at 12:56| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月09日

エティオピア物語 第八巻 5-12

  Μπορείς εξάλλου να μην υποστείς τη στενοχώρια βλέποντας τα γινόμενα. Δεν έχεις παρά να τον παραδώσεις στον Ευφράτη και να του πείς να τον τιμωρήσει για κάποιο σφάλμα του και να μην υποφέρεις παρακολουθώντας την τιμωρία ― λιγότερο βαρύ είναι ν’ ακούς παρά να βλέπεις・ άν πάλι δούμε πώς αλλάζει γνώμη, μπορούμε να του χαρίσουμε την ποινή θεωρώντας ότι διορθώθηκε αρκετά ≫.





 「それに、起こっていることを見てあなた様が憂鬱を被ることは多分ないでしょう。あの男を宦官長エウフラティスに委ねる他はないでしょう。自分の何がしかの間違いのことで罰するのだとあの男に言わなければならないのです。それに、処罰をご覧になってもきっと苦しみはしないでしょう。ご覧になるよりも、お聞きになる方が、苦しみはずっと少ないでしょうから。そして、あの男がどんな風に考えを改めたかを再度見て、ちゃんとあの男を正すと思われる罰をあの男に与えることになるでしょう。」




υφίσταμαι : να υποστώ   


分かり難い構成の文なので、よく分かりません。
Δεν έχεις παρά が να 節を三つ導入しています。
最初の二つは、〜する他ない。と読めるのですが、
三つ目の να 節は、節の中が否定の文になっているので、しないでいる他はない、というのだから、きっとそうなる、と言う意味なのだと思います。
それで、罰として、河に落とせば、音が聞こえるけれど、目には見えないから、と言うのではないかと思います。



7月22日訂正: στον Ευφράτη の Ευφράτης は人名、宦官長の名前。
それで、訳は違っていました。 


 「それに、起こっていることを見てあなた様が憂鬱を被ることは多分ないでしょう。あの男を宦官長エウフラティスに委ねる他はないでしょう。エウフラティスにテアゲニスの何がしかの間違いのことであの男を罰するのだ言うのです。それに、処罰をご覧になってもきっと苦しみはしないでしょう。ご覧になるよりも、お聞きになる方が、苦しみはずっと少ないでしょうから。そして、あの男がどんな風に考えを改めたかを再度見て、ちゃんとあの男を正すと思われる罰をあの男に与えることになるでしょう。」 
posted by kyotakaba at 13:37| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 5-12

Μπορείς εξάλλου να μην υποστείς τη στενοχώρια βλέποντας τα γινόμενα. Δεν έχεις παρά να τον παραδώσεις στον Ευφράτη και να του πείς να τον τιμωρήσει για κάποιο σφάλμα του και να μην υποφέρεις παρακολουθώντας την τιμωρία ― λιγότερο βαρύ είναι ν’ ακούς παρά να βλέπεις άν πάλι δούμε πώς αλλάζει γνώμη, μπορούμε να του χαρίσουμε την ποινή θεωρώντας ότι διορθώθηκε αρκετά ≫.

Google翻訳:
また、今何が起こっているか見て心痛を受けない。あなただけのユーフラテス川を放棄し、エラーのために彼を処罰し、罰を見て受けないように彼に指示する必要が - あまり重いが、彼らはまだ彼が彼の心をどのように変化するかを見れば、我々は考慮ペナルティを与えることができます参照してくださいするのではなく、耳を傾けることですそれは十分に修正しました。」

world lingo 翻訳:
彼に会っているginomenaさらに悲哀に苦しむことができる。 あなたよりEyfratiの彼を分娩するためにと彼に言う持たなくて彼の欠陥のために罰するべき彼およびあなたは苦しまないことを罰を見る-彼は意見をいかに変えるかあなたにより見るために私達が、十分」訂正されたと考慮している私達できる彼弾力性文もう一度見るあなたが聞くnであるより重い。

英訳からのYahoo!翻訳:
あなたは、彼にされることで、あなた自身のはいをいらいらさせる必要はありません。 彼をユーフラテス川に届けてください、そして、それが若干の他の罪のためだったので、彼に彼を罰しなさいと命じてください、そのため、あなたはあなたを苦しませるそれを見ないでしょう − 聴力のために、視力ほど重大な何も、ありません − そして、彼が考えを変えたと認めるならば、我々は彼を彼の痛みから彼の十分な悔悟に関して解放するかもしれません。』
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月08日

エティオピア物語 第八巻 5-11

  ≪ Σωστά μιλάς, μου φαίνεται ≫, είπε η Αρσάκη, ≪ αλλά, θεοί, πώς θα τ’ αντέξω να βλέπω μπρός στα μάτια μου να μαστιγώνεται το ωραίο εκείνο σώμα ή και με άλλο τρόπο να τιμωρείται; ≫ ≪ Νά που πάλι διστάζεις ≫, είπε η Κυβέλη, ≪ κι όμως εκείνος, μετά από λίγα χτυπήματα, είναι βέβαιο πώς θα διαλέξει το καλύτερο, κι εσύ, μετά από μιά μικρή στενοχώρια, θα έχεις αυτό που ποθείς.





 アルサキはこう言いました。「お前は誠実に話している、わたしにはそう見えます。ですけれど、ああ神々よ、わたしの目の前であの男の美しいからだを鞭打つとか他の方法で罰するのをわたしが目にするのをどうやって耐えられると言うのですか?」 すると、キベリーはこう言いました。「ですが、あの男は、打擲のすぐ後で、一番良いものを選び、あなた様は、ほんの少しの憂鬱の後、恋い焦がれているあの男を手に入れるだろうことは、確実なのですよ。」
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月07日

エティオピア物語 第八巻 5-10

  Γιατί, αντί να φέρεσαι εξουσιαστικά σάν δέσποινα που είσαι, σάν σκλάβα κανακεύεις τον νεαρό. Κι αυτό τις πρώτες μέρες, όταν εκείνος έδειχνε τρυφερός και καλόβολος, ίσως να ήταν σκόπιμο・ αλλ’ από τη στιγμή που σε αποκρούει ως ερωμένη, άς σε δοκιμάσει ως κυρία του : οι μαστιγώσεις και οι στρεβλώσεις άς τον μάθουν να υποτάσσεται στο θέλημά σου. Οι νέοι το παίρνουν επάνω τους όταν τους κανακεύουμε και υποτάσσονται όταν ασκούμε βία・ έτσι κι αυτός : όταν τον τιμωρήσεις, θα πράξει όσα αρνιόταν όταν τον κολάκευες ≫.





 「どうして、威厳ある奥様として振る舞うことをしないで、若者の奴隷の様になさるのですか。最初に日に、あの男が思いやりと親切を示していた時に、そうなさるのは適宜なことでした。ですけれど、あの男にあなたを愛人にさせようとして、あの男が愛人にであることを拒否した時からですよ。何度もの鞭打ちと捻じ上げで、あなたの御意志に従うことを覚えさせればよかったのです。若者たちを甘やかすとわたしたちの上に立つのです、暴力的に扱うと従順になるものなのですよ。ですから、あの男については、あの男を罰すれば、あなたが媚び諂った時に断ったこと全部をするでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:29| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

κατσουνωτά

 カザンザキスの『旅行記』に使ってあった語、κατσουνωτά 。
Spiky と言う意味らしい。確かには分からない。手持ちの辞書にはなかった。 

使ってある文章: 

― Όλα αυτά είναι φιλολογία! είπε τέλος με περιφρόνηση. Η πράξη! η πράξη! Κοιτάχτε τους Εγγλέζους, αυτοί, μόλις καταλάβουν τον κίντυνο να σκεφτούν, κρεμούν μιάν πέτσινη φούσκα κι αρχίζουν να τη γρονθοκοπούν・ ή παίρνουν χοντρά κατσουνωτά ραβδιά και χτυπούν ένα ξύλινο βόλι・ ή πιάνουν ένα μεγάλο τόπι και το κλοτσούν. Έτσι γλίτωσαν από τη σκέψη και κατάχτησαν τον κόσμο!   

 「今話したのは全部、愚にもつかないお喋りです!」と最後にその日本人は、蔑んで言った。「行動です! 行動なのです! 英国人をご覧なさい。考えなければならない危険を察知すると直ぐに、皮の袋を掛けて、それを叩き始めるのです。 そうでなければ、太い釘だらけの棒を手に取って、木製のボールを叩く、あるいは、大きな鞠を取って、蹴飛ばすのです。そうして、思索から逃げ出して、世界を獲得するのです!」
posted by kyotakaba at 08:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月06日

エティオピア物語 第八巻 5-9

  Και η Κυβέλη ≪ κυρά μου ≫, είπε, ≪ για το γιό μου και για την πίστη μου σε σένα έχεις λάθος και τα πράγματα θα σου το αποδείξουν・ αλλά εσύ, που τόση αδράνεια δείχνεις στο ζήτημα του έρωτά σου και όντως έχεις αποχαυνωθεί, μη ρίχνεις το φταίξιμο σε άλλους που δεν φταίνε.  





 キベリーはこう言いました。「ご主人様、わたしの息子について、わたしのあなた様への忠誠について、あなた様は勘違いをしておられます、事実があなた様にそれを明らかにするでしょう。ご自分の恋の問題にまるで進展がないからと言って、確かに、あなた様は弱っておられるけれど、だからと言って、過ちを犯していない他の人たちへ責任を負わせないで下さいませ。」 





αποχαυνώνω : [από + χαυνώνω ‹ χαύνος ‹ χαίνω = ανοίγω πολύ] : φέρνω κπ. σε κατάσταση νωθρότητας
posted by kyotakaba at 13:09| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月03日

Το γράμμα του Αντρέα 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第二章「アンドレアスの手紙」の2  





  Μπροστά στις δυσκολίες τα παιδιά σταμάτησαν. Άφησαν το ταξίδι για άλλη φορά.  
  Και όμως μαθητής, ο Αντρέας, προσπάθησε να κάνει, αυτός μόνος, εκείνο που οι άλλοι δεν μπόρεσαν να κατορθώσουν. Ήταν το παιδί που τολμούσε. Ο Αντρέας κυνηγούσε πιο πολύ τα δύσκολα παρά τα εύκολα. Δεν τον θυμούνται να δείλιασε ποτέ. Αλλά πιο γενναίος ήταν εκεί που θα ωφελούσε τους άλλους.  
  Ο πατέρας του, ο κυρ-Στέφανος, ήταν εργολάβος ξυλείας στο δάσος που τους είπε ο δάσκαλος να πάνε, στο Χλωρό. Είχε πολλούς λατόμους εκεί. Τον παρακάλεσε λοιπόν ο Αντρέας να δώσει χάρισμα την ξυλεία για τις καλύβες που χρειάζονταν τα παιδιά. Και για να πετύχει, ακολούθησε μια μέρα τον πατέρα του στο δάσος, όπου είχε πάει να επιβλέψει την εργασία.  
  Σε δυο μέρες οι λατόμοι έστησαν οχτώ καλύβες, οχτώ χαριτωμένες καλύβες, ένα χωριουδάκι. Η κατοικία ετοιμάστηκε.  
  Από τους λατόμους πάλι έμαθε ο Αντρέας πως οι βλάχοι θα πήγαιναν στα Τρίκορφα, καθώς το λένε εκείνο το βουνό, για να βοσκήσουν τα κοπάδια τους, γιατί φέτος βγήκε πολύ χορτάρι σε κείνο το μέρος.  





 難問を前にして、子供たちは、立ちすくんだのです。旅は、また次の時にとっておくことにしたのです。 
 けれども、一人の生徒、アンドレアスは、彼一人だけで、他の子たちが為終えることが出来ない旅をしようとしたのです。アンドレアスは、大胆なことをする子供だったのです。彼は、易しいことよりも難しいこと、とっても難しいこを追い求めていたのです。子供たちは、怖じ気づいたアンドレアスを覚えていません、ちっともないのです。でも、他の子の為になる様なことだったら、とても勇敢になるのです。 
 アンドレアスのお父さん、ステファノスさんは、材木業者なのでした。ステファノスさんが働いている森、ハロロに行ってご覧なさい、と、子供たちに先生が言ったのです。そこには、たくさんの石切り職人たちもいたのです。それですから、アンドレアスは、お父さんに、子供たちに必要な小屋を作る材木を下さいと、お願いしたのです。そして、ある日、材木を得ようと、お父さんの後を追って森に行ったのでした。そこで、お父さんは、仕事の監督をしていたのです。 
 二日間で、石切り職人たちは、八棟の小屋を建てたのです。可愛らしい小屋が八棟ある一つの小村を作ったのです。住むところは用意出来たのです。 
 それから、アンドレアスは、石切り職人たちから、羊飼いたちがトリコルファに行く筈だ、と言うことも教わったのです。あの山は、トリコルファと呼ばれていたのです。羊の群れを放牧しに行くのです。今年は、そこにたくさんの草があるからなのです。
posted by kyotakaba at 18:12| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Γεωγραφικές, οικονομικές, ιστορικές ανάγκες να μετατρέψει σε λευτερία.

 カザンザキスの『旅行記』の中の文章、
「 Γεωγραφικές, οικονομικές, ιστορικές ανάγκες να μετατρέψει σε λευτερία. 」という文の意味がまったく分からない。
Γεωγραφικές:地理的 
οικονομικές:経済的 
ιστορικές:歴史的 これらは形容詞。 
ανάγκες:必要 女性名詞、複数、主格。 
μετατρέψει:動詞、三人称、イポタテクティー、単数。 
λευτερία:ελευθερία 自由に。 

接続法で繋がれている句の動詞 μετατρέψει は、単数なので、主格はανάγκες ではないのだけど。
それで、この主格が何であっても、「自由に方向を変えられる」と言う意味と、ανάγκες が
私の頭の中では、意味の上で繋がらない。
必要があって、方向を変えるのだと、自分の随意で変えるのではないように思えてしまう。
と言って、地理的経済的歴史的必要が主格で、それが自由に変わっている、という文ではもちろんないし。
posted by kyotakaba at 08:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月02日

エティオピア物語 第八巻 5-8

  Γι’ αυτό, Κυβέλη, βρές οποιονδήποτε τρόπο, κίνησε κάθε μηχανή, γιατί τα πράγματα έχουν φτάσει στην κόψη του ξυραφιού・ σκέψου επίσης ότι, άν χάσω κάθε ελπίδα για τον εαυτό μου, δεν είναι δυνατό ― και πώς να είναι; ― να λυπηθώ τους άλλους・ πρώτη εσύ θα υποστείς τα επίχειρα των πράξεων του γιού σου που δεν μπορώ να καταλάβω πώς σου διέφυγαν ≫.





 「キベリー、だから、どんな方法でもいいから見つけなさい、どの策略も働かせなさい、今の事情は、剣の刃の上に来ているのですからね。それに、わたし自身のことに関係したどの希望もなくなったとしたら、でもそれってどんな風なのか知ら? そしたら、わたしが他人のことを憐れむなんて出来もしない、と言うことををよく考えなさい。まず、あなたの息子の行ったことの報いに苦しむことになるでしょうね。報いがお前を見逃すなんて理解出来ないわ。」  





επίχειρα : το αποτέλεσμα των ενεργειών κάποιου  

πώς σου διέφυγαν の διέφυγαν 三人称複数、の主格は、επίχειρα 。
posted by kyotakaba at 11:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月01日

エティオピア物語 第八巻 5-7

  Κυρίως όμως με στενοχωρεί ο Αχαιμένης・ μήπως έχει πάει να καταγγείλει το πράγμα στον Οροονδάτη; Κατάφερε τάχα να τον πείσει ή έστω να του κινήσει υποψίες; Άχ, άς έβλεπα μόνο τον Οροονδάτη! Ένα μόνο χάδι, ένα δάκρυ της Αρσάκης θα έφτανε για να λυγίσει την καρδιά του・ μαγική πειστική δύναμη έχουν για τον άνδρα τα βλέμματα της γυναίκας, της συζύγου. Το φοβερό όμως θα ήταν να πιστέψει ο Οροονδάτης την καταγγελία προτού καταφέρω τίποτε και να με προλάβει η κατηγορία ή, άν το φέρει η τύχη, και η τιμωρία, πρίν κατακτήσω τον Θεαγένη.





 「アヘメニスは、でも、何よりも、わたしを苛立たせるわ。もしかしたら、オロンダディスのところへ事を言い付けに行ったのではないか知ら。もしかしたら、アヘメニスはオロンダディスに自分を信じさせたのではないか知ら、それに、オロンダディスに疑いを持たすことさえしたかも知れないわ。ああ、わたしひとりで、オロンダディスに会えたら良いのに! このアルサキのたった一回の愛撫で、一雫の涙で、あの人の心を屈服させるのに十分なのに。女の眼差しは、妻の眼差しは、男を信じさせる不思議な力があるものなのよ。でも、わたしがオロンダディスをちっとも納得させないうちに、あの人が告げ口を信じてしまう恐れがあるのよ。それに、わたしがテアゲニスを射止める前に、訴えがわたしよりも先になる恐れも、いや、罰が先になる恐れがあるの。」
posted by kyotakaba at 13:04| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする