2015年08月31日

エティオピア物語 第八巻 9-1

  Λύσσαξε η Αρσάκη μ’ αυτά της τα λόγια και πρόσταξε να τη ραπίσουν. ≪ Πάρτε την την αλιτήρια ≫, είπε, ≪ έτσι όπως είναι δέσμια, δείξτε της τον θαυμαστό ερωμένο της που επάξια βρίσκεται στην ίδια κατάσταση με κείνην, αλυσοδέστε όλα της τα μέλη και παραδώστε την και κείνην στον Ευφράτη να τη φρουρεί ως αύριο, οπότε θα εκτελεστεί η θανατική καταδίκη που θα της επιβάλουν οι περσικές αρχές ≫.





 アルサキは、その言葉を聞くと、怒り狂ったのです。そして、ハリクレアを平手で叩く様に命じたのです。こう言いました。「この娘、あばずれを連れて行きなさい。この娘は囚人なのだから。この娘に相応しい、自分と同じ様な目に遭っている素敵な恋人を、この娘に見せてやりなさい。ハリクレアの四肢をぜんぶ、鎖で繋いでしまいなさい。そうして、エウフラティスに引き渡すのです。そうすれば、エウフラティスは、この娘を明日まで見張っているでしょう。そうして、明日には、ペルシャの当局が課した死刑が執行されるでしょう。」
posted by kyotakaba at 12:55| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月27日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の1  





  ≪ Ε, Μπαρμπαφώτη!≫ φώναξε ο κυρ-Στέφανος, δεν θα μας πεις κανένα τραγούδι; ≫  
  Ο Μπαρμπαφώτης χαμογέλασε.  
 ≪ Κανένα που να λέει έτσι για ψηλά βουνά ≫, ξαναείπε ο κυρ-Στέφανος.  
 ≪ Σαν ποιο να πω; ≫ ρώτησε ο αγωγιάτης.  
  Πέρασε λίγη ώρα και δεν άρχιζε το τραγούδι ακόμα. Συλλογιζόταν : ≪ Να πω την αλαφίνα, να πω τον Κατσαντώνη, να πω τη βλαχοπούλα, τι να πω; ≫ Τέλος αποφάσισε : ≪ Εγώ γέρασα τώρα ≫, λέει, ≪ μα για το χατίρι του κυρ-Στέφανου θα το πω ≫.  





  バルバフォティスの歌 

 ステファノスさんが叫んだのです。「おおい、バルバフォティス、何か歌を歌ってくれないか。」 
 バルバフォティスはにっこりとしました。 
 「高い山を歌ったものなら、何でもいい。」とステファノスさんは付け加えました。
 「だれのために歌おうか?」と荷役人夫は聞きました。 
 時間が少し経ちましたけれど、歌い始めませんでした。「牝鹿を歌おうか、カザンドウニスのことを歌おうか、羊飼いの娘を歌おうか。何を歌おうか?」と考え込んでいたのです。そして、とうとう決めたのです。こう言いました。「儂は、もう、歳をとった。まあ、ステファノス旦那のために歌おう。」
posted by kyotakaba at 13:50| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Σαν ποιο να πω;

 Σαν ποιο να πω;   
σαν : オックスフォード・ラーンナーズ・ディクショナリーには、8 番目の意味に、( υπό μορφή ) として、by way of と書かれている。 
 Βικιλεξικό には、その様な意味はなさそうなのだけれど、by way of の意味で意味を取れるのかもと思う。
posted by kyotakaba at 13:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Σαν ποιο να πω;

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「 Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 」、まるで分からない。
最初の所、
≪ Ε, Μπαρμπαφώτη!≫ φώναξε ο κυρ-Στέφανος, δεν θα μας πεις κανένα τραγούδι; ≫
Ο Μπαρμπαφώτης χαμογέλασε.
≪ Σαν ποιο να πω; ≫ ρώτησε ο αγωγιάτης.
Πέρασε λίγη ώρα και δεν άρχιζε το τραγούδι ακόμα. Συλλογιζόταν : ≪ Να πω την αλαφίνα, να πω τον Κατσαντώνη, να πω τη βλαχοπούλα, τι να πω; ≫ Τέλος αποφάσισε : ≪ Εγώ γέρασα τώρα ≫, λέει, ≪ μα για το χατίρι του κυρ-Στέφανου θα το πω ≫.  

Σαν ποιο να πω; とは、どう言う意味なのだろう? まるで分からない。
Να πω την αλαφίνα は? αλαφίνα は ελαφίνα 、雌鹿。  


小学生向けの読み物なのに、まるで分からない。私がどれ程馬鹿かと言うことがよくわかる。
posted by kyotakaba at 12:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

λέει το πρόγραμμα

 カザンザキスの旅行紀次の文章、

≪Χαρά σε εκείνον, λέει το πρόγραμμα, που θα ευτυχήσει να βρεθεί στο Τόκιο τον Απρίλη τούτον! ≫

これは、歌舞伎を観劇に行った時、尾上菊五郎五世の三十三回忌奉納上演が行われていて、そのプログラムに書かれていたもの。元は、日本語で書かれていたものかも知れない。あるいは、英文のプログラムか? 

よく使われる慣用的な表現なのだろうとは思うのだけれど、意味が取れない。
λέει το πρόγραμμα は挿入句なので、除くと、
≪Χαρά σε εκείνον που θα ευτυχήσει να βρεθεί στο Τόκιο τον Απρίλη τούτον! ≫ なのだけれど。

Χαρά σε εκείνον που と ευτυχήσει να は、同じ様な意味なので、重ねてある理由が分からない。
あるいは、違うのか。 
βρεθεί / βρίσκομαι [三人称単数]は、「ある」の意味だと思うけれど、主格は不明。
posted by kyotakaba at 08:50| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月26日

エティオピア物語 第八巻 8-5

  ≪ Θαυμαστή αρχόντισσα ≫, είπε λοιπόν στην Αρσάκη, ≪ άν μεν ζεί ο Θεαγένης, δηλώνω ότι δεν είμαι ένοχη γι’ αυτό το φονικό・ άν όμως οι δικές σου ευσεβείς αποφάσεις τον έχουν οδηγήσει στο θάνατο, δεν υπάρχει καμιά ανάγκη να με υποβάλεις σε ανάκριση・ έχεις στα χέρια σου τη φαρμακεύτρια εκείνης που σε ανάθρεψε και σε μόρφωσε με τόσο ωραία διδάγματα・ σφάξε τη χωρίς αναβολή・ στον κόσμο όλο τίποτε δεν αγαπούσε σάν αυτήν ο Θεαγένης, που, πιστός στο νόμο, περιφρόνησε τα άνομα σχέδιά σου ≫.





 そうして、アルサキにこう言いました。「素敵な奥様、もし、テアゲニスが生きているのでしたら、わたしは、この殺人の犯人ではないと断言します。そして、もし、奥様ご自身の御勝手な思い込みでの申し下しで、あの人がもう死へ連れて行かれたのでしたら、奥様がわたしを尋問される必要はちっともないのです。奥様は、キベリーを毒殺した者を手中にしておられるのです。あなたを育て、あなたをこんなに素晴らしい教育で薫陶したキベリーを殺した者です。後回しにしたりぜずに、その女の喉を切って殺しなさい。テアゲニスがこの女の様に愛した者は、この世界に一人もいないのです。テアゲニスは、法を重んじていて、あなたの無法な計画を軽蔑していたのです。」 
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月25日

エティオピア物語 第八巻 8-4

  χωρίς ούτε να σκύψει το κεφάλι, χωρίς να κάμει οτιδήποτε αναξιοπρεπές, εμφανίστηκε να γελάει σάν να έβρισκε αστεία την κατάσταση・ αφ’ ενός, έχοντας ήσυχη τη συνείδησή της, δεν ανησυχούσε για τη συκοφαντία και αφ’ ετέρου χαιρόταν που θα ακολουθούσε τον Θεαγένη στο θάνατο με επιπλέον κέρδος το ότι άλλοι θα αναλάμβαναν να διεκπεραιώσουν το ασεβές έργο που είχε αποφασίσει να εκτελέσει η ίδια κατά του εαυτού της.





 頭を伏せる様なこともせず、品位を落とす様なことも何もせず、この状況の中に滑稽さを見出したかの様に、笑ってみせたのです。それは一つには、ハリクレアが平静さを自覚していて、誹謗に不安を覚えないからでした。もう一つには、テアゲニスに続いて死んでしまうことを喜んでいるからなのでした。それは、他の者たちが手を染めて成し遂げようとしている不敬な仕事、それを、自分自身が自分自身に対して実行しようと決心していたのですが、その方が良いと思っていたからなのです。  
posted by kyotakaba at 10:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月24日

エティオピア物語 第八巻 8-3

  Έτσι λοπόν, την ίδια στιγμή που πέθαινε η γριά, άρπαζαν τη Χαρίκλεια και την οδηγούσαν δέσμια στην Αρσάκη・ κι όταν εκείνη τη ρώτησε άν αυτή είχε ετοιμάσει το δηλητήριο, απειλώντας την ότι θα την τιμωρούσε με βασανιστήρια άν δεν ήθελε να πεί την αλήθεια, η Χαρίκλεια παρουσίασε μπροστά σε όσους την έβλεπαν το πιό παράδοξο θέαμα :  





 そうして、老婆が死ぬその瞬間、居合わせた人々は、引っ捕まえて、縛ってアルサキの所へ引っ立てて行ったのです。アルサキは、ハリクレアにお前が毒を用意したのか、と尋ねたのです。そして、もしハリクレアが真実を言おうとしないのならば、お前を拷問で罰する積もりだと脅しました。すると、ハリクレアは、自分を見詰めている人々の前で、とても奇妙な様子をして見せたのです。
posted by kyotakaba at 13:06| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月20日

Αδειάστε το σκοτάδι 読み方

 「 Αδειάστε το σκοτάδι 読み方 」と言う検索があった。Google検索で。 
Αδειάστε το σκοτάδι、どう言う意味だろう。 
αδειάστε : αδειάζω の三人称単数、アオリスト。語義は、空にする、人気がなくなるの意味にも。
το σκοτάδι 、語義は闇、は、主格なのだろうか、対格なのだろうか。
posted by kyotakaba at 08:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月19日

エティオピア物語 第八巻 8-2

  Τα μάτια της γριάς έκαιγαν, τα μέλη της, μόλις σταμάτησαν οι σπασμοί, παρέλυσαν και όλο της το σώμα πήρε μιά μαυριδερή απόχρωση. Αλλά κι από το δηλητήριο πιό πικρή ήταν, πιστεύω, η δολερή ψυχή της・ ακόμα και ξεψυχώντας η Κυβέλη δεν έστεργε να εγκαταλείψει τα πανούργα σχέδιά της : κάτι λίγο με νεύματα, κάτι λίγο ψελλίζοντας όπως μπορούσε, υπέδειξε τη Χαρίκλεια ως υπαίτια του κακού.





 老婆の両の目は高い熱がありました。四肢は、痙攣が止まると直ぐに、ぐたぐたになりました。身体全体が黒い色になりました。けれども、毒よりももっと酷かったのは、きっと、老婆の悪巧みで充ち満ちていた魂の方だったろうと、私は思っているのです。息を引き取っても、尚、キベリーは、狡猾な企みを諦めることを諾わないのでした。何か少し目配せをして、出来る限り何か少しもぐもぐと言って、ハリクレアが犯人だと仄めかしたのです。



δολερός : αυτός που είναι γεμάτος δόλο, ο ύπουλος, ο απατηλός


Τα μάτια της γριάς έκαιγαν と言う描写。目が爛々と輝いて生気に満ちているのではないと思いました。焼け焦げて爛れているような様子なのではないかと。καίω には、είμαι πολύ ζεστός, έχω πυρετό の意味もあるので、ここではその意味で訳してみました。
posted by kyotakaba at 14:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Η ΜΕΤΑΝΑΣΤΙΣ Κεφάλαιον Ι

次のところ、

― Αλλ' άς αφήσωμεν αυτά, επανέλαβεν ο πλοίαρχος. Ηθέλησα εγώ, ο άξεστος ναυτικός, να σε ομιλήσω με τοιαύτην γλώσαν! Αλλ' ενόμισα ότι είχα το δικαίωμα τούτο, διότι, κατά θείαν ευδοκίαν, πολλά είδα εις την ζωήν μου, κατά σύμπτωσιν δε επιδημίας και θανάτους συγγενών περισσοτέρους ή πάς άνθρωπος εν τώ κόσμω!   

まるで分からない。 


私は、余りに馬鹿なので、もう止めることにする。
posted by kyotakaba at 13:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 8-2

Τα μάτια της γριάς έκαιγαν, τα μέλη της, μόλις σταμάτησαν οι σπασμοί, παρέλυσαν και όλο της το σώμα πήρε μιά μαυριδερή απόχρωση. Αλλά κι από το δηλητήριο πιό πικρή ήταν, πιστεύω, η δολερή ψυχή της・ ακόμα και ξεψυχώντας η Κυβέλη δεν έστεργε να εγκαταλείψει τα πανούργα σχέδιά της : κάτι λίγο με νεύματα, κάτι λίγο ψελλίζοντας όπως μπορούσε, υπέδειξε τη Χαρίκλεια ως υπαίτια του κακού.


まるで分からない。
posted by kyotakaba at 13:08| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

エティオピア物語 第八巻 8-1

  Ταράχτηκε η Χαρίκλεια και προσπάθησε να τη συνεφέρει και η ίδια ταραχή είχε κυριέψει όλους τους παρευρισκόμενους : το κακό φαινόταν πιό οξύ κι από πληγή δηλητηριασμένου βέλους και ικανό να σκοτώσει και νέο ακόμα σώμα και γερό・ για έναν άνθρωπο εξαντλημένο από τα γηρατειά, ήταν ακόμα πιό δραστικό και, θα έλεγε κανείς, θανατηφόρο.




παρευρισκόμενος : παρευρίσκομαι =παραβρίσκομαι



 ハリクレアは、慌てふためきました。そして、キベリーを回復させようとしたのです。その混乱は、居合わせた人誰もを捉えていたのです。容態は、毒を塗った矢の苦しみよりももっと酷い様に見えました。それに、若くて丈夫な者でさえ死なせてしまう様に見えたのです。老いのために草臥れた人間にとっては、もっと毒が良く効いたのです。致死的だと言われる様だったのです。
posted by kyotakaba at 11:48| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月17日

エティオピア物語 第八巻 7-7

  Κάθισαν λοιπόν στο τραπέζι και έφαγαν・ και όταν η πιστή θεραπαινίδα τους έφερε τα ποτήρια με το κρασί, της ένεψε η Κυβέλη να προσφέρει πρώτα στη Χαρίκλεια κι ύστερα πήρε κι εκείνη το ποτήρι της και ήπιε. Αλλά δεν πρόλαβε να το πιεί όλο κι έδειξε να ζαλίζεται・ ρίχνοντας άγριες ματιές στην υπηρέτρια, έχυσε όσο είχε περισσέψει καταγής και άρχισε να συστρέφεται με βασανιστικούς σπασμούς.




θεραπαινίδα : υπηρέτρια
νεύω
συστρέφω : στρέφω κάτι γύρω από τον εαυτό του, στρίβω





 それから、キベリーとハリクレアは食卓について、食べたのです。忠実な女中が二人に葡萄酒の入った杯を持って来ました。キベリーが、女中に合図して、まず、ハリクレアに杯を差し出しました。それから、キベリーは自分の杯を取って飲んだのです。けれども、全部を飲む前に、目眩を起こした様子になったのです。女中に荒々しい視線を投げ掛けると、残っている葡萄酒を全部床にこぼして、酷く苦しそうな痙攣で捻れ出したのです。 
posted by kyotakaba at 14:18| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月13日

Οι μικροί ταξιδιώτες ανεβαίνουν στο βουνό

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第四章「幼い旅人たち、山に登る」 




  Όταν έφτασαν σε μια ράχη, τους καλωσόρισε ο κρύος αέρας. Αυτός ο αέρας είχε περάσει από κάθε κορφή και κάθε λαγκαδιά. Τον πήραν με μια βαθιά αναπνοή.  
  Πουλάκια με άσπρη τραχηλιά κουνούσαν την ουρά τους στους θάμνους κι ύστερα έφευγαν με γοργό λαρυγγισμό.  
  Ένα κατσίκι κατάμαυρο έστεκε στην κόψη του βράχου. Οι βράχοι έμοιαζαν σαν θεόρατα σπίτια, που δεν ξέρεις ποιος τα κατοικεί. Οι γκρεμοί ήταν φυτεμένοι με πουρνάρια και κουμαριές. Αλλού κατέβαιναν γυμνοί και απότομοι σαν να τους είχες κόψει με σπαθί. Ο βράχος επάνω στον βράχο, ο λόφος επάνω στον λόφο σχημάτιζαν το βουνό. Πελώρια ήταν όλα.  
  Και σ' αυτό το ύψος ανέβαινε με στροφές, όλο ανέβαινε ο δρόμος.  
  Ευτυχισμένοι σε τούτο το θέαμα οι μικροί ταξιδιώτες, κοίταξαν προς τις κορυφές. Ένας τους φώναξε : ≪ Γεια σας, ψηλά βουνά! ≫  





  幼い旅人たち、山に登る 

 子供たちがある尾根に着くと、冷たい風が出迎えたのです。それは、あらゆる峰あらゆる谷を渡って来た風なのです。子供たちは、深い息を一度して、その風を吸い込みました。 
 首回りの白い小鳥たちが、灌木で尾を振っていました。そうして、速いトリルで囀ると飛び去って行ったのです。 
 一軒の真黒な家が切り立った岩の稜線に建っていたのです。岩々は、巨大な家のようでした。そこに誰が住んでるかは、誰も知らないですよね。谷底には、柊や岩梨が生えていました。他のところは、刀で切られたように、山肌が剝き出しで無骨になっていました。岩の上に岩があり、小山の上に小山があり、そうして、一つの山を成しているのです。なにもかもが桁外れなのでした。 
 道は、この高さになると、全部が上りに変わるのです。 
 幼い旅人たちは、頂きの方を見詰めたのですけれど、その光景で、幸せに感じていました。子供たちのうちの一人が叫びました。「こんにちわ、高い山!」
posted by kyotakaba at 13:59| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月12日

エティオピア物語 第八巻 7-6

  Εύκολο δεν της ήταν, αλλά τελικά πείστηκε η Χαρίκλεια : από τη μιά υποπτευόταν κάποια από τις συνηθισμένες απάτες της Αρσάκης κι από την άλλη έτεινε να πιστέψε στους όρκους της και ποθούσε να δεχτεί την ευχάριστη είδηση・ γιατί όσα ποθεί η ψυχή, αυτά και συνηθίζει να πιστεύει.





 ハリクレアを納得させるのは簡単ではありませんでした。けれども、結局、ハリクレアは承知したのです。そうなった理由の一つは、ハリクレアが、アルサキのいつもの誤摩化しの一つではないかと疑っていたからなのですが、一方で、ハリクレアは、自分の誓いを信じてしまう傾向があり、幸運な知らせを希っていたからなのです。ハリクレアは、いつも、魂が強く願うものは何でも、信じてしまっていたのです。  



Εύκολο δεν της ήταν の文、Να της πείσει δεν ήταν εύκολο. なのかと思います。
posted by kyotakaba at 13:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エティオピア物語 第八巻 7-6

  Εύκολο δεν της ήταν, αλλά τελικά πείστηκε η Χαρίκλεια : από τη μιά υποπτευόταν κάποια από τις συνηθισμένες απάτες της Αρσάκης κι από την άλλη έτεινε να πιστέψε στους όρκους της και ποθούσε να δεχτεί την ευχάριστη είδηση・ γιατί όσα ποθεί η ψυχή, αυτά και συνηθίζει να πιστεύει.

まったく分からない。
Εύκολο δεν της ήταν の της とは何なのだろう?? 属格の用法なのだろうけれど、、 

私は、あまりにあまりに無能だ。ギリシャ語を勉強する資格など全くないのだ。
posted by kyotakaba at 13:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

θα τη μάλωσαν γιατί βρήκε τον αγαπητικό της

 カザンザキスの旅行記、次の文章が分からない。

Σίγουρα η χορεύτρα μας η Ό-Κούνι θα θύμωσε τη μέρα εκείνη με κανένα ιερέα, θα τη μάλωσαν γιατί βρήκε τον αγαπητικό της ― και πεισμάτωσε η μικρή γκέισα του Θεού, πήρε το κουδουνάκι της και τη βεντάλια και κατέβηκε στο ξεροπόταμο να χορέψει. Τίποτα δεν ήξερε για το μελλούμενο κι άν δημιουργούσε τη στιγμή εκείνη πολιτισμό ― και μήτε την ένοιαζε.  


Σίγουρα η χορεύτρα μας η Ό-Κούνι θα θύμωσε τη μέρα εκείνη με κανένα ιερέα, θα τη μάλωσαν γιατί βρήκε τον αγαπητικό της の文、 
この文の主格は、η Ό-Κούνι だと思う。動詞 θύμωσε の主格もη Ό-Κούνι。三人称単数。
ところが、コンマで続く次の句、θα τη μάλωσαν の動詞 μάλωσαν は三人称複数。代名詞女性対格のτη は、η Ό-Κούνι だと思うけれど、μάλωσαν の主格は何なのだろう。με κανένα ιερέα は単数だと思うけれど。
posted by kyotakaba at 12:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月11日

エティオピア物語 第八巻 7-5

  ≪ Και πώς να σε πιστέψω; ≫ είπε η Χαρίκλεια・ ≪ μου έχεις πεί τόσα ψέματα, ώστε έχω χάσει την εμπιστοσύνη μου σε σένα ≫. ≪ Ορκίζομαι σε όλους τους θεούς ≫, απάντησε η Κυβέλη, ≪ ότι τα πάντα θα τακτοποιηθούν σήμερα κιόλας και όλες σου οι έγνοιες θα τελειώσουν. Μόνο μη σκοτώνεις τον εαυτό σου μένοντας τόσες μέρες νηστική・ κάμε μου τη χάρη και δοκίμασε κάτι απ’ αυτά που σου έχω ετοιμάσει ≫.





 ハリクレアはこう言いました。「どうしたら、わたしはあなたを信じられますか? あなたは、わたしにたくさんの嘘を言いました。それで、わたしはあなたへの信頼を無くしたのです。」 キベリーはこう答えました。「すべてのことが今日にでも片付けられて、おまえの心配ごと全部が、終わるのだと、すべての神々に誓いますよ。こんなに何日も何も食べないで、自分を殺すことだけはお止しなさい。わたしのことも思って、わたしがお前に用意したものの中から何か一つ試しに食べてごらん。」  




σήμερα κιόλας : 今日にでも  
posted by kyotakaba at 13:45| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月10日

エティオピア物語 第八巻 7-4

  και ≪ ευλογημένη ≫, της λέει, ≪ δεν θα πάψεις να βασανίζεσαι και να ξοδεύεις τον εαυτό σου άδικα; Να που ο Θεαγένης σου είναι και πάλι ελεύθερος και θα έλθει απόψε. Η κυρά μας είχε θυμώσει λίγο μαζί του για κάποιο σφάλμα που είχε κάνει κατά την υπηρεσία του και είχε προστάξει να τον φυλακίσουν・ σήμερα όμως υποσχέθηκε να τον ελευθερώσει επειδή πρόκειται να τελέσει κάποια πατροπαράδοτη γιορτή και συνάμα επειδή εγώ τη θερμοπαρακάλεσα・ παρηγορήσου λοιπόν και σύνελθε και φάε κάτι μαζί μου ≫.





 そして、キベリーはハリクレアにこう言ったのです。「運のいい娘、お前は、悲しむのを止め、自分を無駄にしてしまうことを止めることはないのかい? いよいよ今、お前のテアゲニスは、また、自由の身になって、今晩には、遣って来るだろうよ。わたしたちのご主人様は、あの男のことで少し怒っておられました。彼の務めでしてしまった間違いのことでだよ。それで、テアゲニスを獄に入れるように命令をお出しになっていたのです。けれどもね、今日、伝統的なお祝いをすることになっているので、それにね、わたしがご主人様に懇願したものだから、あの男を自由にすると、お約束になったのです。安心しなさい、それから、わたしと一緒に来て、何か食べなさい。」
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月07日

σπιθαμούλα

 カザンザキスの『旅行記』、次のところがまるで分からない。 

Κι εγώ χαρούμενος πήγαινα κι ερχόμουν, σά να 'θελα να βρώ εδώ τη σπιθαμούλα της γής όπου πρωτοπάτησε το γυμνό της ποδάρι και χόρεψε η αντάρτισσα Ό-Κούνι. Γιατί τίποτα στη ζωή δε μου δίνει μεγαλύτερη χαρά από τις μικρές απαρχές μιάς μεγάλης δύναμης.  

まずは、単語。σπιθαμούλα と πρωτοπάτησε 。
それでも、πρωτοπάτησε は、πρωτοπηγαίνω かもしれない。
σπιθαμούλα は、σφιχτός に関係した語ではないだろうか。 

Γιατί τίποτα στη ζωή δε μου δίνει μεγαλύτερη χαρά από τις μικρές απαρχές μιάς μεγάλης δύναμης. の比較級を使った否定表現は、日本語では表現し難い。


私は、嬉しそうに、行ったり来たりした。それはまるで、叛逆する女、オ・クウニが、裸足の足で最初に歩き踊って、踏み固めた大地を見たいと思っているかの様だった。と言うのも、偉大な業績のこの小さな端緒から得られる喜びよりも、少しでも大きな喜びを私の人生に於いて与えられると言うことは全くないのだ。  


私には、能力が無さ過ぎる。
posted by kyotakaba at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月06日

Το ξεκίνημα 4

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第三章「出発」の4 




  Ο Φουντούλης αγωνίζεται να το φέρει μπροστά, μα εκείνο μένει τελευταίο. Στο τέλος ο Φουντούλης αρχίζει να φοβάται πως το ζώο του δεν είναι μουλάρι. Το κοιτάζει καλά στ' αυτιά. ≪ Μήπως κατά λάθος ≫, συλλογίζεται, ≪ μου έδωσαν κανέναν γάιδαρο; ≫  
  Μα κι οι άλλοι δεν τον αφήνουν ήσυχο και στο τέλος θα τον κάνουν να το πιστέψει.  
 ≪ Το άτι σου, Φουντούλη, έχει μεγάλα αυτιά! ≫  
 ≪ Περίμενε, Φουντούλη, και θ' ακούσεις και τη φωνή του! ≫  
  Μα ο Φουντούλης, που δεν θυμώνει ποτέ, βάζει τα γέλια μαζί με τους άλλους.  
  Το καραβάνι ανέβαινε στα Τρίκορφα, ξυπνώντας τις λαγκαδιές με τα γέλα του, τις φωνές του και με την περπατησιά του στους πετρωτούς δρόμους.  





 フォンドゥリスは、前に引いて行こうと一所懸命だったのです。でも、ラバは、どん尻にいるのです。とうとう、フォンドゥリスは、この動物はラバではないのかもと心配になり始めました。動物の耳をしっかりと見てみました。じっくり考えてみました。「もしかしたら、間違えて、ぼくにロバを呉れたんじゃないの?」 
 でも、他の子たちは、フォンドゥリスを一人で放っておきはしませんでした。最後には、ラバだと信じられるようにしたのです。 
「フォンドゥリス、きみのうまは、大きな耳があるよ!」 
「ちょっと待って、フォンドゥリス、その動物の声を聞いてごらんよ!」 
 でも、フォンドゥリスは、ちっとも怒ってはいないのでした。他の子たちと一緒に笑い出したのですよ。 
 一行は、トリコルファに登りました。谷々を、子供たちの笑い声、叫び声で目覚めさせながら登って行ったのです。それに、石だらけの道を行く子供たちの足どりが、谷々をはっとさせたのです。 






おわり
posted by kyotakaba at 13:26| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月05日

エティオピア物語 第八巻 7-3

  Κι εκείνη έτρεξε αμέσως στη Χαρίκλεια που τη βρήκε βυθισμένη στο πένθος να κλαίει και να οδύρεται και τίποτε άλλο να μη σκέφτεται παρά πώς θα λυτρωνόταν από τη ζωή ( όσο κι άν στην αρχή η Κυβέλη προσπαθούσε να την καθησυχάσει δικαιολογώντας με διάφορες προφάσεις την εξαφάνιση του Θεαγένη, εκείνη ήδη διαισθανόταν την κακή του τύχη )





 キベリーは、直ぐに、ハリクレアの所に駆け付けました。ハリクレアは悲しみに暮れて泣いて嘆いていました。そして、生から逃れること以外は何も考えられなくなっていたのです。( もし、最初に、キベリーがテアゲニスが居なくなったことについて様々な言い訳で誤摩化して、ハリクレアを宥めたとしても、ハリクレは、もう、テアゲニスの悪い運勢を直感していたのです。 ) 
posted by kyotakaba at 13:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月04日

エティオピア物語 第八巻 7-2

  Θα χρειαστεί λοιπόν να πλάσεις κατηγορίες κατά της κόρης για εγκλήματα, πράγμα κουραστικό και δύσκολο, χωρίς να λογαριάσεις ότι είναι άδηλο το άν θα μας πιστέψουν. Γι’ αυτό, άν συμφωνείς ( για το χατίρι σου το καθετί είμαι πρόθυμη να κάμω και να πάθω ), θα υπηρετήσω το σχέδιό σου χρησιμοποιώντας δηλητήριο και, με ένα μαγικό ποτό, θα βγάλω από τη μέση την αντίζηλό σου ≫. Επιδοκίμασε τα λόγια της η Αρσάκη και της έδωσε διαταγή να δράσει.





 「ですから、あの娘に対して罪の告訴を捏造する必要があります。人々がわたしたちを信じるかどうかはっきりしないと言うことを、考えに入れないでいると、厄介で難しい問題があるのです。ですから、ご承知して下さるのなら、( ご主人様のために、なんでもわたしは喜んでしますし、進んで苦難を受けますから。 ) 毒を使う計画を提案致しましょう。魔法の飲み物を使うのです。そうして、恋敵を取り除くのです。」 アルサキはキベリーの言うことに賛成したのです。そして、実行するように命令を与えたのです。
posted by kyotakaba at 12:13| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月03日

エティオピア物語 第八巻 7-1

  Τα λόγια της ξάναψαν ακόμα περισσότερο την παλιά ζήλια της Αρσάκης που άρπαξε αμέσως την ευκαιρία και ≪ έχεις δίκιο ≫, είπε・ ≪ θα φροντίσω να δώσω τις κατάλληλες διαταγές για να θανατωθεί αυτή η αλιτήρια ≫. ≪ Και ποιός θα σε υπακούσει; ≫, αποκρίθηκε η Κυβέλη. ≪ Έχεις βέβαια κάθε εξουσία, αλλά οι νόμοι σου απαγορεύουν να θανατώνεις χωρίς προηγούμενη κρίση των περσικών αρχών.


ξανάβω
αλιτήριος





 キベリーの言葉は、アルサキの以前の嫉妬に再び火を点けたのです。でも、前よりもずっと激しいのです。アルサキは、直ぐに、その機会を掴むと、言いました。「お前の言うことは尤もです。何とかして、あの罪深い娘が死んでしまう様な適当な命令を出しましょう。」 キベリーはこう答えました。「ですが、誰がご主人様に従うでしょか? もちろん、あなた様は権力をお持ちです。けれども、法律は、ペルシャ当局の裁判を先立ってすることなしに、あなたに人を殺すことを禁じているのです。」
posted by kyotakaba at 13:12| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする