2015年09月30日

エティオピア物語 第八巻 9-12

  ≪ Ήλιε ≫, είπε, ≪ και Γή και δαίμονες επίγειοι και υποχθόνιοι, έλεγκτές και τιμωροί της αδικίας, σείς είστε μάρτυρες ότι δεν είμαι ένοχη για τα εγκλήματα που μου αποδίδουν αλλά με τη θέληση μου υπομένω το θάνατο για να γλιτώσω από τα αφόρητα χτυπήματα της μοίρας・ σάς παρακαλώ λοιπόν εμένα μεν να υποδεχτείτε με ευμένεια, εκείνην όμως την ασεβή και κακοποιό και μοιχαλίδα, που όλ’ αυτά τα κάνει για να μου πάρει τον μνηστήρα μου, τιμωρήστε την το συντομότερο ≫.





 そうして、ハリクレアはこう言いました。「太陽よ、そして大地よ、地上の幽鬼たち、冥界の幽鬼たちよ、不正を吟味し裁く者たちよ、あなた方は、わたしがわたしの仕業だとされている犯罪の犯人ではないということの証言者です。けれども、わたしは望んで、死に赴くのです。運命の耐えられない打擲から逃れるためです。どうか、わたしのことは、慈悲深いお心で迎えて下さい。けれども、あの不敬な、犯罪を犯した、姦通を行った女のことは、直ぐにも罰して下さい。これらのこと何もかも、あの女がわたしから婚約者を取り上げるためにしたことなのです。」
posted by kyotakaba at 13:56| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月29日

エティオピア物語 第八巻 9-11

  Και όταν οι δήμιοι ετοίμασαν μιά τεράστια φωτιά από όπου άρχισαν να ξεπηδάνε λαμπρές φλόγες, η Χαρίκλεια παρακάλεσε τους φρουρούς που την έσερναν να την αφήσουν μιά στιγμή, υποσχόμενη ότι μόνη της θα ριχτεί στην πυρά και, υψώνοντας τα χέρια πρός τον ουρανό κατά το μέρος που έριχνε τις ακτίνες του ο ήλιος,





 死刑執行人たちが輝く炎が飛び出し始めている大きな火を用意すると、ハリクレアは、自分を引っ張っている守備隊に、少しの間放してくれないかと頼んだのです。空の中の光線を放っている太陽がある辺りへ向けて両手を掲げて、自分で火の中に落ちるからと約束したのです。
posted by kyotakaba at 13:38| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月28日

エティオピア物語 第八巻 9-10

  Αμέσως λοιπόν την άρπαξαν οι δήμιοι και την οδήγησαν λίγο έξω από το τείχος ενώ ο κήρυκας διαλαλούσε συνεχώς ότι οδηγούνταν στην πυρά ως φαρμακεύτρια και ακολουθούσε πλήθος κόσμου : άλλοι είχαν δεί τη συνοδεία να περνάει και άλλοι είχαν ακούσει τη φήμη που γοργά διέτρεχε την πόλη και έσπευδαν να παρακολουθήσουν το θέαμα・ κατέφθασε μάλιστα και η Αρσάκη και έλαβε θέση στο τείχος σάν θεωρός : θα ήταν φοβερό για κείνην να μη χαρούν τα μάτια της την τιμωρία της Χαρίκλειας.



οδηγούνταν : οδηγόμαι のパラタティコスの三人称単数 



 そうすると、直ぐに、死刑執行人たちはハリクレアを捉まえて城壁の外から少し離れたところに連れて行きました。その間、ずっと、触れ役人は、この女は毒殺の犯人として火に掛けられに連れて行かれるところだ、と触れ回っていたのです。そして、たくさんの民衆が付いて来ました。ある者たちは、通り過ぎる護衛を見て来たのです。ある者たちは、素早く都市に知れ渡った噂を聞いて来たのです。そうして、見世物を観ようと駆け付けたのです。アルサキは、まもなく、到着しました。そして、まるで見物人であるかの様に、城壁に席を取ったのです。アルサキは、自分の目でハリクレアの刑を楽しめないのではないかと心配だったからでしょう。
posted by kyotakaba at 13:41| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月17日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の2 





 ≪ Είναι γαλαζοπράσινο ≫, είπε ο Φάνης. ≪ Τι ωραίο χρώμα! ≫
 ≪ Αυτό το χρώμα ≫, είπε ο κυρ-Στέφανος, ≪ είν' από την ορμή που έχει το νερό. Εδώ επάνω η Ρούμελη είναι ανήσυχη. Πηδούν τα της σαν τρελά παιδιά. Μόνο στον κάμπο φρονιμεύουν. Και όσο πάνε κατά τη θάλασσα, γίνονται ήσυχα και συλλογισμένα ≫.  
  Όταν έφτασαν πιο ψηλά δεν είδαν πια τη Ρούμελη. Σε μια στροφή τούς κρύφτηκε. Ο Κωστάκης λυπήθηκε σαν να τους είχε λείψει κανένας σύντροφος.  
 ≪ Έννοια σου, Κωστάκη≫, είπε ο αγωγιάτης, ≪ και θα μας βγει πολλές φορές μπροστά. Φεύγει η Ρούμελη από δω; Έχει να θρέψει τόσα πλατάνια, να περάσει από τόσες λαγκαδιές! ≫  
  Παραπέρα που χαμήλωσαν, άκουσαν τη βουή της κι ένιωσαν πως η Ρούμελη είναι πάντα κοντά.





「青緑だ、なんてきれいな色!」とファニスは言いました。 
「あの色は、水が持っている勢いの所為なのだ。この様に高い所では、ルウメリは忙しないんだよ。ルウメリの水は、はしゃぐ子供の様に飛び跳ねているよ。平原に出て初めて、聞き分けが良くなるのだ。そう、静かにもの静かになって、海へと向かうのだよ。」とステファノスさんが言いました。 
 一行が、もっと上に行くと、もう、ルウメリは見えなかったのですよ。一曲がりすると、川は子供たちには隠れて見えなくなったのです。コスタキスは、まるで誰かお友達がいなくなったかの様に、残念がりました。 
「コスタキス、がっかりするな。これから、何度も前に現れるから。ルウメリはここから逃げて行くかい? たくさんのプラタナスを育てなければならないし、たくさんの渓谷を抜けなければならないんだぞ。」と荷役人夫は言いました。 
 ずっと下に行けば、せせらぎが聞こえて、ルウメリは、いつも側にある様に感じるのです。 




「子供たちはルウメリの水を見る」、おわり
posted by kyotakaba at 13:42| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月16日

エティオピア物語 第八巻 9-9

  Μετά απ’ αυτά οι δικαστές δεν άργησαν να βγάλουν κρίση και λίγο έλειψε να την υποβάλουν στις σκληρές τιμωρίες που συνηθίζουν οι Πέρσες, ίσως όμως συγκινήθηκαν κάπως από τα νιάτα και την ακαταμάχητη ομορφιά της κι έτσι την καταδίκασαν μόνο να καεί ζωντανή.





 その後、裁判官たちは、判決を出すのに手間取りませんでした。ハリクレアに、危うく厳しい処罰を出すところだったのです。ペルシャ人たちは、いつもそういう厳しい罰を出していたのです。けれども、おそらく、裁判官たちは、ハリクレアの若さと類いまれな美しさに感動していたのです。それだから、生きたまま焼かれると言うだけの判決を下したのです。
posted by kyotakaba at 11:57| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月15日

エティオピア物語 第八巻 9-8

  Την προηγούμενη νύχτα, μέσα στη φυλακή, είχε εξομολογηθεί όλη την περιπέτειά της στον Θεαγένη που επίσης της διηγήθηκε τα δικά του και είχαν συμφωνήσει ότι έπρεπε να δεχτούν αυτοπροαίρετα κάθε είδος θανάτου που θα τους επέβαλλαν και να απαλλαγούν από μιά ζωή χωρίς ελπίδα, γεμάτη μάταιη περιπλάνηση και ατελείωτα βάσανα. Τέλος, τον αγκάλιασε για τελευταία, καθώς νόμιζε, φορά, πήρε το περιδέραιο που είχε εκτεθεί μαζί της ( πάντα είχε το νού της να το κρατάει πάνω της κρυφά, τότε όμως το ζώστηκε κατάσαρκα πάνω στην κοιλιά της σάν ένα είδος εντάφιο ) και παρουσιάστηκε στους δικαστές έτοιμη όχι μόνο να ομολογήσει όλα τα εγκλήματα ( ακόμη και το φόνο ) που της απέδιδαν, αλλά και να επινοήσει άλλα.






εντάφιος:経帷子 





 前の夜、牢獄の中で、ハリクレアは、自分の冒険についてその全部をテアゲニスに告白したのです。そのテアゲニスも、同様に、自分のことをハリクレアに詳しく語ったのです。そして、二人は、どのような死に方も自ら進んで受け容れなければならない、と考えを合わせていたのです。その死は、二人に、甲斐のない放浪ばかりで際限のない苦しみに満ちた、希望の無い生から解放させることになるでしょう。最後に、ハリクレアは、今生の別れにと、テアゲニスを抱きしめたのです。そして、何かを思い付いて、さっと向き直り、首飾りを手に取ったのです。ハリクレアと一緒に捨てられた首飾りです。( ハリクレアが、いつも、気を付けて、こっそりと肌身に着けていたものです。けれども、その時には、まるで経帷子の様にお腹にぴったりと巻き付けていたのです。 ) そして、彼女の所為にされている( 殺人までもの )犯罪のすべてを自白するだけでなく、他のことも捏造する用意をして、裁判官たちの前に出たのです。
posted by kyotakaba at 14:49| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月14日

エティオピア物語 第八巻 9-7

  και γενικά ήταν σκληρότατη κατήγορος. Όσο για τη Χαρίκλεια, καθόλου δεν απολογήθηκε, αλλά ακόμα μιά φορά ομολόγησε το έγκλημα και παραδέχτηκε ότι είχε δώσει το δηλητήριο, προσθέτοντας ότι ευχαρίστως θα σκότωνε και την Αρσάκη, άν δεν την είχαν προλάβει・ τέτοια και άλλα πολλά έλεγε και περιγελούσε απροκάλυπτα την Αρσάκη, προκαλώντας με κάθε τρόπο τους δικαστές να την τιμωρήσουν.





 おおよそ、とても厳しい告発でした。ハリクレアと言えば、まったく、反論しませんでした。またもう一度、罪を自白したのです、毒を与えたと認めたのです。そして、もし、人々が自分の機先を制しなかったら、喜んでアルサキを殺したでしょう、と付け加えたのです。そうして、似た様なことをたくさん言いました。そして、公然とアルサキを嘲笑ったのです。そのどれもが、裁判官たちに、ハリクレアを処罰するようにさせたのです。  





άν δεν την είχαν προλάβει の部分、
την はハリクレア。三人称複数の完了動詞 είχαν προλάβει の主格は、居合わせた人々だと。
posted by kyotakaba at 13:43| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月12日

Ευτυχισμένος που έκανε το ταξίδι του Οδυσσέα

 『 Ευτυχισμένος που έκανε το ταξίδι του Οδυσσέα 』 
オデッセウスの旅をする幸せ 
Μαριάννα Κορομηλά  マリアーナ・コロミラー 歴史家。 
2005年   Άγρα 出版 

 1899年トラキア地方のある村で生まれた男性が、変動する歴史の中で、黒海世界を経巡る過程を叙述した本。 

.:BiblioNet : Ευτυχισμένος που έκανε το ταξίδι του Οδυσσέα / Κορομηλά, Μαριάννα 

1988年初版、写真を多く追加した改訂版。 

b102347.jpg
posted by kyotakaba at 14:51| Comment(0) | ギリシャ関連書籍など | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月10日

Τα παιδιά κοιτάζουν το νερό της Ρούμελης 1

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第六章「子供たちはルウメリの水を見る」の1  





  Όταν έφτασαν ψηλότερα, παραξενεύτηκαν με ένα ασυνήθιτο χρώμα που φάνηκε κάτω στο βάθος της λαγκαδιάς.  
 ≪ Τι είναι εκείνο; ≫ φώναξαν τα παιδιά. ≪ Είναι νερό; ≫
 ≪ Νερό ≫, απάντησε ο αγωγιάτης.
 ≪ Μα είναι ακίνητο ≫, είπε ο Κωστάκης.
 ≪ Νερό στον κατήφορο ακίνητο, πώς γίνεται; ≫  
 ≪ Είναι σαν ακίνητο ≫, είπε τότε το παιδί.  
 ≪ Βέβαια, γιατί εμείς είμαστε ψηλά. Πάρα πέρα που θα χαμηλώσουμε, θα δείτε πως τρέχει ≫.  
 ≪ Πώς το λένε αυτό το ποτάμι; ≫  
 ≪ Ρούμελη. Μα εδώ είναι ρέμα, δεν είναι ακόμα ποτάμι. Πρέπει να κάνει μεγάλο ταξίδι για να γίνει το ποτάμι της Ρούμελης. Έχει να συναντήσει πολλά νερά, να στρογγυλέψει πολλές πέτρες και να γυρίσει πολλούς μύλους ακόμα ≫.  





  子供たちはルウメリの水を見る 

 ずっと高いところに着くと、子供たちは、滅多にない色を見て驚いたのです。渓谷の底に見えた色ですよ。
「あれは何?」、子供たちは叫びました。「水なの?」  
「水だ。」、荷役人夫は答えました。
「でも、止まっているよ。」とコスタキスは言いました。 
「下り坂にあるのに、止まってる、どうして?」。 
「止まっている様に見えるの?」、とまた言いました。
「そのとおりだよ。わたしたちは、高所に居るからだよ。ずうっと下に降りて行けば、水が流れているのが目に見えるだろう。」 
「あの川はなんと言うの?」 
「ルウメリだ。だが、ここでは沢だ。まだ、川ではない。ルウメリの川になるには、長い旅をしなければならないんだよ。たくさんの水が集まらないとね。それに、たくさんの石を丸くして、それに、たくさんの水車を回さなければならないんだよ。」 
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月09日

エティオピア物語 第八巻 9-6

  Το επόμενο πρωί έφτασαν οι δικαστές και, όταν άρχισε η συνεδρίαση, η Αρσάκη κατήγγειλε καταλεπτώς τα πάντα ενώ παράλληλα έχυνε δάκρυα για την τροφό της ― στο πρόσωπό της, έλεγε, είχε χάσει ό,τι είχε πιό πολύτιμο και πιό αγαπητό ― και επικαλούνταν ως μάρτυρες τους δικαστές για το πικρό αντάλλαγμα που είχε λάβει από την ξένη, την οπία η ίδια είχε δεχτεί με τόση φιλοφροσύνη,




 翌朝、裁判官たちが到着しました。会議が始まると、アルサキは、自分の乳母の為に泣きながら、すべてを詳細に訴えたのです。アルサキの顔の様子からは、一番大切で一番に愛していた者を失った、と言うことが伺われたのです。それに、その顔は、外国の娘から得た辛い報酬の証拠として、裁判官たちに出されたのです。その外国の娘は、アルサキからとても歓待を受けていたのになのです。
posted by kyotakaba at 11:46| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月08日

エティオピア物語 第八巻 9-5

  Αλλά και με όσα είπε η θεραπαινίδα τίποτε δεν έγινε・ ≪ στην πραγματικότητα, είναι κι αυτή συνεργός ≫ είπε μόνο η Αρσάκη και πρόσταξε να αλυσοδέσουν τη μικρή σκλάβα και να τη φρουρούν ώς την ώρα της δίκης・ ύστερα έστειλε να καλέσει για τη δίκη της επομένης τους Πέρσες αξιωματούχους που ήταν αρμόδιοι να αποφασίζουν για τα κοινά και να δικάζουν και να ορίζουν τις ποινές.





 女中は同じことを言ったのですけれど、何も起こりませんでした。ただ、アルサキが「実際のところ、この者も共犯者です。」と言っただけでした。そして、アルサキは、幼い奴隷を鎖に繋いで裁判の時まで見張る様に命じたのです。それから、使いを出して、この後の裁判のためにペルシャの高官たちを呼んだのです。何が公益かを決め、判決を下し刑罰を決めるのに、その高官たちが、相応しかったのです。
posted by kyotakaba at 13:05| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月07日

エティオピア物語 第八巻 9-4

  Αμέσως οδηγήθηκε στην Αρσάκη καθώς όλοι θεώρησαν εξαιρετική τύχη τη μαρτυρία που αποδείκνυε την αθωότητα της Χαρίκλειας・ γιατί η ευγένεια του ήθους και της μορφής ακόμα και σε βαρβαρική ψυχή μπορεί να εμπνεύσει οίκτο.





 直ぐにも、少女はアルサキの下へ連れて行かれました。誰もが、ハリクレアの潔白を明らかにする、滅多には無い証人だと考えたのです。と言うのも、心根と容姿の高貴さは、野蛮な人々の魂に対してさえも、同情の気持ちを起こさせるからなのです。
posted by kyotakaba at 12:52| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月04日

Δύσκολοι Αποχαιρετισμοί: Ο Μπαμπάς μου

 『 Δύσκολοι Αποχαιρετισμοί: Ο Μπαμπάς μου 』、2002年の映画、Πέννυ Παναγιωτοπούλου ペニ・パナヨトプウルウ監督作品。 
 お別れ出来ない、ぼくのパパ 

 舞台は1969年のアテネ。主人公エリアスは10歳。エリアスは父が大好き。けれども、父は、全国を回るセールスマンで留守勝ち。アポロの月到着は、テレビで一緒に見ると約束をしていた。ところが、父は交通事故で死んでしまう。母と兄は、父の死を受け容れるのだけれど、エリアスにはそれが出来なくて、次第に、空想の世界に閉じこもる様になって…、 
 と言う映画らしい。 

Cine.gr - Τανίες Δύσκολοι Αποχαιρετισμοί: Ο Μπαμπάς μου - Hard Goodbyes: My Father 
Dyskoloi apohairetismoi: O babas mou (2002) - IMDb 

 

見てみたいなあ、
posted by kyotakaba at 14:15| Comment(0) | ギリシャ映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月03日

Το τραγούδι του Μπαρμπαφώτη 2

 ザハリアス・パパンドニウの『高い山々』の第五章「バルバフォティスの歌」の2 




  Κι αφού σήκωσε την τσίτσα του και τράβηξε δυο ρουφηξιές, άρχισε :

Καλότυχα είναι τα βουνά, ποτέ τους δε γερνάνε,
το καλοκαίρι πράσινα και το χειμώνα χιόνι,
και καρτερούν την άνοιξη, τ' όμορφο καλοκαίρι,
να μπουμπουκιάσουν τα κλαριά, ν' ανοίξουνε τα δέντρα,
να βγουν οι στάνες στα βουνά, να βγουν οι βλαχοπούλες,
να βγουν και τα βλαχόπουλα, λαλώντας τις φλογέρες.


  Δεν γερνά το τραγούδι! Ο Μπαρμπαφώτης γέρασε, μα η φωνή του έμεινε λυγερή όπως στα νιάτα του. Αν δεν του 'λειπε εκείνο το μπροστινό δόντι!  





 そうして、バルバフォティスは、自分のチッチァ( ワインを飲む木の器 ) を挙げて、ふた口吸い込んで、歌を始めたのです。 

山は幸せ、歳をとらない。 
夏には、緑。冬には、雪。 
春と美しい夏をを辛抱強く待つと、 
樹が現れて、枝の芽が出て来る。 
そうして、山に羊小屋が出来て、羊飼いの娘たちが出て来る。 
羊飼いの少年たちが出て来て、笛を鳴らす。 

 歌は歳老いないのです。バルバフォティスは歳を取ってしまっています。でも、バルバフォティスの声は、若い時の様に、しなやかなのです。前歯があったら、どんなに良かったでしょうね。 





「バルバフォティスの歌」、おわり
posted by kyotakaba at 13:15| Comment(0) | よみかた:『高い山々』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月02日

エティオピア物語 第八巻 9-3

  Κι επειδή οι παρευρισκόμενοι απόρησαν και την πίεζαν να εξηγήσει καθαρά τί ήθελε να πεί, ομολόγησε ότι εκείνη είχε δώσει το δηλητήριο στην Κυβέλη・ το είχε πάρει από την ίδια τη γριά για να το δώσει στη Χαρίκλεια, αλλά, αναστατωμένη καθώς ήταν από το έγκλημα που επρόκειτο να διαπράξει είτε και ταραγμένη από τις υποδείξεις της Κυβέλης που της ένευε να δώσει πρώτα στη Χαρίκλεια, μπέρδεψε τα ποτήρια και πρόσφερε στη γερόντισσα εκείνο που είχε το δηλητήριο.





 居合わせた者たちは当惑しました。そして、少女に何が言いたいのかすっかり説明する様に迫ったのです。それで、少女は告白しました。キベリーに毒を与えたのは自分だ、その毒は、ハリクレアに与えるために、当の老婆から渡されていたのだ、けれども、犯すことになる犯罪に取り乱したか、最初にハリクレアに与える様に合図をした、キベリーの命令に動揺したかで、杯を取り違えて、毒のある杯を老婆に渡したのだ、と言ったのです。
posted by kyotakaba at 12:00| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年09月01日

エティオピア物語 第八巻 9-2

  Την έπαιρναν ήδη όταν η κοπελίτσα που είχε προσφέρει το κρασί στην Κυβέλη ( ήταν το ένα από τα δυό σκλαβάκια από την Ιωνία που, από την πρώτη μέρα, είχε δωρίσει η Αρσάκη στους δυό νέους για να τους υπηρετούν ), είτε από συμπάθεια πρός τη Χαρίκλεια με την οποία είχε αποκτήσει οικειότητα είτε και από θεία έμπνευση, δάκρυσε και στέναξε και ≪ άχ καημένη μου ≫, είπε, ≪ που δεν έφταιξες σε τίποτε ≫.  





 キベリーに葡萄酒を出した少女 ( この少女は、ハリクレアたちが来た最初の日、アルサキが二人の世話をするように贈った、イオニア出身の二人の奴隷のうちの一人でした。 ) がハリクレアを掴まえると、彼女はハリクレアへ親しみを感じ初めていましたから、ハリクレアへの同情からか、神聖な発心からか、涙を流し、溜息を吐いて、こう言ったのです。「ああ、悲しい、あなたは何も悪いことはしてないのに。」
posted by kyotakaba at 12:07| Comment(0) | よみかた:『エティオピア物語』 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする